★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123 > 745.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
12月20 日「平均年齢クルクル言い直し」も"インチキ審査員選定"を誤魔化す算段だった!(一市民が斬る)
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/745.html
投稿者 メジナ 日時 2011 年 12 月 20 日 16:15:52: uZtzVkuUwtrYs
 

「平均年齢クルクル言い直し」も"インチキ審査員選定"を誤魔化す算段だった!
 2011年12月20日 :(一市民が斬る)
 
 
<"インチキ審査員選定"疑惑は深まるばかり>

12月15日検察審査会事務局から開示請求に対する回答が来た。審査員と審査員候補者の生年月日開示を求めたものだが、なんと「生年月日は個人識別情報だ」と言って開示を拒否してきた。
参照: http://civilopinions.main.jp/2011/12/1216.html
 

審査員になりうる人は東京都民成人850万人だ。生年月日で個人を特定できるわけがない。
事務局は生年月日を開示できない。
審査員と審査員候補者の生年月日を開示するなら、それらの名簿のうちどちらかを偽造しなければならない。そのような危険はとれないだろう。

この回答で、審査員選定でインチキをしたことがさらにはっきりした。

ところで、事務局は審査員平均年齢を3度も言い直した。
この事をもう一度振り返ってみたい。
そして3度も言い直さなければならなかった事情を考えてみたい。


<「平均年齢クルクル、3度言い直し」は事務局の計算ミスで発生したものでない>

検察審査会事務局言い直しの経緯
一回目議決平均年齢  34.27歳   →      34.55歳
二回目議決平均年齢  30.9 歳 → 33.91歳  → 34.55歳

東京新聞2010年10月16日「年齢クルクル検察審査怪」.pdf

たった11人の平均年齢の計算だ。3度も間違えることなどありえない。
言い直した理由「足し忘れがあった」「一部就任時の年齢で計算していた」はデタラメだ。

裏がある。
そのカラクリを以下に。


<「平均年齢3度言い直し」のカラクリをこう分析する>

1.初回呈示の34.27歳、30.9歳は、"審査員候補者以外から選定され議決の参加した人達"の平均年齢だ

一回目も二回目も、インチキ選定ソフトを悪用して"審査員にしたい人"を審査員として議決した。事務局は、その平均年齢を呈示しても疑われないと思い、そのまま呈示したのだろう。
その年齢が34.27歳と30.9歳だ。

2.二回目議決30.9歳を「若すぎる。確率的にもありえない」と疑われ、事務局は無理やり平均年齢のかさ上げを試みようとした

3.「平均年齢33.91歳。37歳の人を足し忘れていた」と言い直したが、足し忘れ計算ミスでさらに深みに嵌まった

足し忘れなどしていないのに、1人足し忘れがあったとして架空の平均年齢33.91歳を呈示した。
33.91歳は以下のようにして算出したと思われる。
平均年齢30.9歳は1人足し忘れた数値だとしたのだから、平均年齢30.9×11÷10=33.99だったとすれば辻褄が合う。
しかし、33.99歳とすると、11人の年齢合計は33.99×11=373.89となり、年齢合計は整数にならなくなってしまう。 そこで0.89歳だけ端数調整して年齢合計を373とし、平均年齢を 373÷11=33.91歳としたと考えられる。
次に事務局は足し忘れ年齢を計算することになるが、ここで重大なチョンボをした。
平均年齢に33.91歳を使えばよいのに、第一回議決平均年齢34.27歳を使って計算してしまったようだ。足し忘れを (33.91−30.9)×11≒33とすればよいのに、(34.27−30.9)×11 ≒37と算出してしまった。
頭の中の計算ごとなので、ついつい勘違いしてしまったと解釈した。

「37歳足し忘れだと33.91歳にはならない」と指摘されてしまい、再度修正を余儀なくされてしまった。

4.最終呈示の一回目34.55歳、二回目34.55歳は「選管候補者名簿から抽出した人達の平均年齢だ

審査員候補者10年2群100人と3群100人から、比較的若いメンバー11人を抽出し、二回目審査員の平均年齢としたと考えられる。その年齢が34.55歳だ。
11人の生年月日をこそっと拝借したということだ。
ついでに一回目審査員の平均年齢も同じような操作を行った。
審査員候補者09年4群100人と10年1群100人から、比較的若いメンバー11人を抽出し、一回目審査員の平均年齢とした。その年齢がたまたま一回目と同じ34.55歳になってしまった。

「一回目と二回目が34.55歳で一致した」などと公表できた謎は、審査員候補者名簿から若いメンバーを抽出したからだということにお気づき頂けたと思う。

このようにすれば、審査員と選管選出候補者名簿の生年月日の開示請求を受け、どうしても開示せざるをえなくなっても誤魔化せると踏んだようだ。

以上の分析で全てが説明できたと思う。
皆さんもぜひ検証していただきたい。


<「インチキ選定ソフトの存在」「平均年齢クルクル」「生年月日開示拒否」が揃ったのだから、インチキ審査員選定は明白だ!>

以下の事象から、インチキ審査員選定があったと決め付けることが出来る。

1.選定直前、局員2人の東京第五検察審査会事務局を設立した。
2.選定直前最高裁事務総局が、"審査員にしたい人"を審査員に出来る「審査員選定ソフト」を作成し、事務局に使用させた。
3.インチキ審査員選定があったと仮定すると、「平均年齢を3度言い直し」の説明が付く。
4.審査員と選管選出候補者名簿の生年月日の開示を拒否した。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. メジナ 2011年12月20日 16:19:09 : uZtzVkuUwtrYs : sy4SxNTKOI
投稿者です。

元記事のリンクを忘れた為、下記に記載します。
http://civilopinions.main.jp/2011/12/1220.html


02. 2011年12月20日 18:00:50 : WJ06VLV4gI
「一市民が斬る」です。
記述に間違いあり
「審査員候補者09年4群100人と10年1群100人から、比較的若いメンバー11人を抽出し、一回目審査員の平均年齢とした。その年齢がたまたま一回目と同じ34.55歳になってしまった」

→「 ………その年齢がたまたま二回目と同じ同じ34.55歳になったしまった」


03. 2011年12月20日 19:18:48 : SkuAZ53yWk
この事実を知ってまだ検察審査会がまともな方法でまともな「議決」を議決したと考える人の頭の構造を疑う。

ごみマスコミも事実くらい報道したらどうが。お前らに判断は委ねない。事実の報道を求める。


04. 2011年12月20日 21:18:19 : iJQPgdxUcw
元事務局長・傳田みのりの証言を。

05. 2011年12月21日 03:53:36 : A4GQ7o9O02
たぶん、いや、かなり確実に、真実は一市民が斬るさんのいうとおりでしょう。

06. 2011年12月21日 09:18:26 : wiT0X7dO8Q
小沢さんの裁判で、この件は問題になっていないのですか。
不服審査申し立てで、裁判ではっきりさせろ、と最高裁が回答した事案とは違うのですか。



07. 2011年12月21日 09:26:02 : WJ06VLV4gI
東京都民成人850万人から、二回11人をクジで選んで、その平均年齢が二回とも
34.55歳になる確率は100万分の1です。
これを最初に引き当てるなどありえない。
34.55歳はクジをやらず、名簿から抽出した平均年齢であることは明らか。

08. 2011年12月21日 11:53:29 : mp6fw9MOwA
検察審査会が公表した数少ない情報の平均年齢が間違っており、その修正した数字が間違っており再度修正との事態を招きながら間違いを引き起こした人に何のお咎めも無い事が疑問である。
検察審査会は何らかのけじめをつけなければならない。
しかも公表数字に、作為が有るとの計算例を示された質問状が有れば、生年月日は公表されなければならない。
間違いが無く平均年齢の修正が無かったとしても公表すべき内容と思われるのに、間違いを指摘されて、修正したから何故間違えたかの説明が不要では犯罪の隠蔽は合法と言っているのと同じだ。
しかも、検察審査会の審議内容が単純な期ずれという記載ミスで有り、このミスが大騒ぎされる中で平均年齢の故意による記載ミスが不問とされて良い訳が無い。
検察審査会の事務局に、大捜査を開始しないと、小沢さん事件に30億円投入したのは国策捜査と認める事になる。
司法が正義というなら、検察審査会に関する疑問を全て明らかにすべきであり、情報を開示できないとの子供も騙せない回答を認めてはならない。
検察の起死回生のチャンスである、検察審査会の闇を解明しなさい。

09. 2011年12月21日 15:59:06 : sIFn88Qhjo
100万分の1しか確立のない平均年齢を出して涼しい顔をしている鉄面皮官僚に対抗するため、次回総選挙時に「最高裁判事オール×」で対抗しよう。
幾ら論理的に攻めても黙秘権(非開示)だしエジプトのように暴力沙汰はしたくないし、唯一合法手段として「オール×運動」をやろうじゃないか。

10. 2011年12月21日 16:47:20 : jlQ3coStDc
ばれなきゃなんでもありの官僚体質。指摘されると喧嘩を買う。そして都合が悪くなると定期の人事異動と称して、左遷させて雲隠れ。ほとぼりが冷めるとちゃっかりと元の人事に戻して平気な顔。蛙の面にション便。どうしょうもない腐りきった体質は、もうどっぷりと首まで浸かっている。ちょっとやそこらで治そうという自浄努力もしない。それが組織という大樹の陰で責任逃れしてきた事実である。役人天国な訳だ。メスを入れたら、どろどろとした濃度の高い黒い血が流れ出ることだろう。循環もしない凝固した医者も投げ出す、どす黒い血である。

11. 2011年12月21日 19:22:37 : zEWfOckq8U
>09

100万分の一は起こりえない確率なのか?
福島の原発事故は1000万分の一でも起きたんだぞ。


12. 2011年12月21日 20:00:11 : zEWfOckq8U
>インチキ審査員

いい加減なことをいうな! 審査員は善良な市民だぞ。
彼らは良心に従って、小沢を起訴相当にしたんだ。



13. 2011年12月21日 21:44:47 : spGmF1Y2bo
最初から検察審査会など存在しなかったとしたほうがすべて
辻褄が合うというものです。嘘の上塗りとしか思えません。
審査員の平均年齢の確率と原発事故の確率を同じテーブル
で論じてはいけません。また審査員が善良だとしてもそれを
そそのかした悪人がいたんです。あっそうか、審査会は
無かったんだよね。

14. 2011年12月22日 00:18:08 : zEWfOckq8U
13はカルトの典型である。存在している事実までも目をそらそうと
している。なお、確率は、確率密度の分布が違うだけで、考え方は
同じである。

15. 2011年12月22日 04:08:35 : ZrMDpsyito
こういう数字のデタラメは、政府の数々の事業で行われている。ダム建設の流数量の意図的な数値の設定は、東京新聞などでも報道されて、いかに政府お抱え委員や国土交通省がデタラメをやっているか知られているけど、ODAなどでも、毎日、国土交通省や財務省、外務省などを集めた会議が行われ、事業実施の数字合わせを行っているそうな。サイテーの国だな。日本は。

16. 2011年12月22日 04:38:09 : rJ3CvdoiAw
審査会は開かれた???

一度も開かれていません。

平均年齢は 開かなかったことがばれない為にピエロを置いただけです。


17. 2011年12月22日 07:46:48 : WJ06VLV4gI
16様

「一市民が斬る」です。
私も当初は審査会議を開いていないと思っていました。
調べていくうちにわかってきましたが、審査員になる資格のない人達を集めて議決をしたようです。会議を開いた形跡もあります。
即ち、最高裁のインチキソフトに、審査員候補者でない“審査員にしたい人”をハンド入力し、どのように反応するかわからない審査員候補者の全てをこそっと消除し、選定のクリックを押すことにより、起訴議決に同意しやすいメンバーだけを集めたということです。さらにそれらの人を誘導すれば起訴議決に至ります。


18. 2011年12月22日 10:01:38 : K7Z0LZyAEE
17様 ご苦労様です。
貴兄の並々ならぬご努力に感謝申し上げます。
なるほど、全く作為ある人選をし、むちゃくちゃな日程で決議なるものを行った装いをしたのですね。
だから、検察審査会に関わる情報は一切公表できないわけだ。「臭いものには蓋をせよ」という諺どおりなのだ。納得

19. 2011年12月22日 12:37:28 : 4iCmrqWa6Y
>12.14さんへ
15.17.18の投稿すばらしいですね。優れた見識です。

目の曇ったあんたには理解不能だろうな。


20. 2011年12月22日 13:37:41 : Qz87sJNvtQ
>>19

身内可愛さに思わず書き込んじまった同じ穴の貉でしょうよ。


21. 2011年12月22日 21:54:27 : wgyB4ScOpE
一市民さん、ご存知でしたか?

小沢起訴相当の検察審査員が後悔/仙波敏郎 〜 街カフェTV藤島利久
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/819.html
投稿者 街カフェTV 日時 2011 年 12 月 22 日 17:48:03: FhSY.VZyAvKpM


22. 2011年12月23日 06:57:18 : F4KjVIwVtk

 「審査員選定ソフト」が存在する。このシステム設計に関する仕様書・指示書等は嘘をつけない。
 

23. 2011年12月24日 01:49:58 : QTsH6aVR3U

一市民さん、以下、投稿記事のコメント欄NO69も読んでください。


小沢起訴相当の検察審査員が後悔/仙波敏郎 〜 街カフェTV藤島利久
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/819.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧