★阿修羅♪ > 戦争b8 > 553.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリア監視団派遣後も弾圧続く、各地で銃声 アラブ連盟報告  CNN
http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/553.html
投稿者 ダイナモ 日時 2012 年 1 月 03 日 14:14:21: mY9T/8MdR98ug
 

(CNN) 反政府デモ弾圧が続くシリアに監視団を派遣しているアラブ連盟のアラビ事務局長は2日、シリアの各都市で戦車は居住地から撤収したが、街にはまだ銃声が響き、死者が発生し続けていると現状を報告した。

アラビ事務局長によれば、「さまざまな方向から銃声が聞こえ、誰が撃っているのか分からない。殺戮(さつりく)が続いているのは間違いない。だが数は特定できない」という。

同国から戻った監視団の先発隊は数日中に報告書をまとめる見通しで、アラブ連盟の外相級会合はこの報告を受けて対応を検討する。アラビ事務局長は「監視団の任務終了を待たずに」行動に出ると表明した。

監視団は12月27日にシリア入りした。これに先立ち国連は、同国で昨年3月に反政府デモが始まって以来の死者は5000人に上るとの推計を発表しており、アラビ事務局長は、監視団の目的は「シリアの市民を守ること」にあると強調。同国に対して停戦と拘束者の氏名公表を求め、これまでに約3500人が釈放されたと明らかにした。監視員は6都市に70人以上を派遣しており、近く100人以上に増やす予定だという。

一方、アラブ連盟の諮問機関「アラブ議会」のディクバシ議長は1日、監視団の存在がシリア当局によるデモ隊弾圧の隠れみのになっているとして、監視団の撤収を求めていた。


http://www.cnn.co.jp/world/30005136.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年1月03日 22:09:42 : S57QJHub3w
シリア政府 都市部から軍撤退 政治犯を釈放

アラブ連盟のナビル・アル=アラビ事務総長は2日声明を表し、シリア政府が都市部から軍を撤退させたほか、3400名以上の政治犯を釈放したことを明らかにした。しかし、未だ完全な暴力の停止には至っていないという。アラビ事務総長は改めて、【すべての勢力】に対して、即座に暴力を停止するよう呼びかけた。

 アラビ事務総長は、10ヶ月以上にわたって続いているシリアでの暴力を停止するために派遣されているアラブ連盟の監視団について、結果を急ぐべきではない、としており、大きな結果を達成するためにはさらなる時間が必要だ、と述べている。

 アラビ事務総長によれば、監視団は今週末にも最初の報告書を出すとのことで、それはアラブ連盟外相会議で検討されることになるという。

http://japanese.ruvr.ru/2012/01/03/63333041.html


02. 2012年1月03日 22:12:15 : S57QJHub3w
シリア:ホムス県のガス・パイプラインでテロ攻撃 停電拡大へ
2012/01/03 19:37[下へ]
今朝8時半、ラスタン近くを走る天然ガス・パイプラインが、武装集団が仕掛けた爆弾によって破壊され、ザーラ火力発電所とザイズーン火力発電所への燃料供給が止まった。

ここで使われているパイプラインは、国内で貯蔵分がないため、復旧に時間がかかる。今回の事件で400MWhが失われた。従って、全国で実施中の計画停電は、拡大運用される。前の記事

・・・よく狙って攻撃してますね。アラブ連盟を叩き出してでも、武力で鎮圧したほうがいいんじゃないかなぁ。この種の破壊活動は、放置していいことはない。叩きつぶすメリットのほうが大きいだろう。あとでまた書き直します。取りあえず。

http://m.webry.info/at/hibikan/201201/article_53.htm;jsessionid=8E14EC32865868F89D5A1F508E5CC399..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


03. 2012年1月03日 22:13:58 : S57QJHub3w
シリア南部県で、遺跡の盗掘と破壊が進む 治安悪化で
2012/01/03 11:33[下へ]
国内の治安悪化を受け、盗賊が遺跡を盗み、破壊する事件が多発している。中には、ごっそり持って行かれたケースもあるという。コピペ記事は、ダルアー県とスワイダー県にある遺跡の記録作業に資金を拠出しているギリシア・カトリックから聞き出した話を扱っているが、他の県も同様だろう。前の記事


Diocese of Hauran and Jabal al-Arab sounding the alarm ... theft of antiquities active during the crisis .. Vandalism and threatened with extinction
http://www.alwatan.sy/dindex.php?idn=114793
http://backupurl.com/m8t7gi
02/01/2012

With the beginning of the crisis which the contry has faced since mid-March, the looters and terrorists found their unique opportunity to flirt with and for sabotage to remove our significant historical monuments, and - according to images and documents available - this is happening every day and heavily in broad daylight, after the robbers used to hide in the night before the crisis to implement their goals ..

This is confirmed by the team «Documentation visual effects Syria from Horan», which was launched in 2007 and is based upon three young volunteers roam with cameras and spirit fraught with responsibility, driven by the dream are still trying to achieve, to make a - so far - an archive, including Tens of thousands of images, documenting scores of archaeological sites, which appear in many cases the changes, which affected these sites in recent years.

And for this purpose, "Greek Catholic Archdiocese of Bosra and Hauran, Jabal Arab," which submitted pages annual «calendar», contributed to this project, and a definition of the sons of the country by the effects of civilizations and their ancestors.

And by informing them of league to develop archaeological sites in some areas of Syria, these young men felt negligence and the size of the destruction, which these sites are for them, but their cries have not received yet be heard, at a time when some of the archaeological sites «a day, and the speed record for theft and vandalism, and even in some cases for the systematic removal and full », says young people in the cry across the «alwatan.sy», warning that go away, with this act, the spirit of the place and his memory and his philosophy, and shows conclusively that a legacy of our ancestors before us, who lived before us on this earth pure.

(omitted)

http://m.webry.info/at/hibikan/201201/article_50.htm;jsessionid=8E14EC32865868F89D5A1F508E5CC399..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


04. 2012年1月04日 19:24:39 : d07iybJkXA
シリア:かつての反政府デモ拠点で、政府支持デモ デールッズール県
2012/01/04 10:43[下へ]
デールッズール県al-Qawriyyahアル・カウリーイェ(デールッズールからユーフラテス川沿いに南東50km)で1月3日、政府支持のデモが行われた。

・・・この町では、かつて反政府デモが盛んだった。似たような記事が相次いでいることから、デール県では風向きが変わったと見てよさそうですね。前の記事、その2

コピペしないSANA記事によると、同じ日、デールッズール市とホムス県の郊外の村で、政府支持の集会が開かれた。


Syrian Citizens in Deir Ezzor Express Support to National Unity, Reform Program
http://www.sana.sy/eng/21/2012/01/03/391961.htm
Jan 03, 2012

DEIR EZZOR, (SANA)- Huge masses on Tuesday flocked to al-Qurieh City in Deir Ezzor to express support to national unity and the independent national decision.

Participants in the rally voiced support to the comprehensive reform program led by President Bashar al-Assad and rejection of the foreign interference in Syria's internal affairs.

http://m.webry.info/at/hibikan/201201/article_63.htm;jsessionid=CF562D5C79D2954F0C87C6A4C6156E2F..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


05. 2012年1月04日 19:26:28 : d07iybJkXA
アサド大統領がハマース指導者と近く会談、アラブ連盟復帰 レバノン紙観測記事
2012/01/04 09:10[下へ]
レバノンal-Akhbarアル・アフバール紙の情報。アサド大統領は2週間のうちに、ダマスカスでパレスチナ指導者複数と会談するが、その中に、ハマース指導者ハーリド・ミシュアルが含まれる。

また、3月にバグダードで予定されているアラブ連盟首脳会議に出席する。シリアは、その原則を何一つ捨てることなく、アラブ世界に復帰する。

アラブ・サミットの前後のいずれかに、イラン政府の高官、恐らく大統領がダマスカスを訪問し、支持表明する。

アサド大統領に近い情報を流すことで知られているこのレバノン紙は、シリアの内閣改造にも言及している。

・・・シリア紙が何度も触れていた「2012年になったら世界を驚かす」とは、このことだろうか?どの案件をどのようにまとめてくれるのかかわかれば、驚くことができるかもしれない。


Lebanese al-Akhbar: President al-Assad meets Khaled Meshaal soon .. And participate in the summit of Baghdad, after unexpected views
Written by Albaath media http://goo.gl/Uzk7l
http://megalodon.jp/2012-0104-0445-26/goo.gl/Uzk7l
Tuesday, January 3, 2012 13:51

Lebanese newspaper Al-Akhbar said that President Bashar al-Assad will meet with leaders of Palestinian factions based in Damascus during the next two weeks, will also participate in an Arab summit in Baghdad in March, according to the regional sources close to Damascus.

It is assumed in this last post to be articulated, as will be an opportunity for the return of Arabs to Syria, especially as the summit venue happens to Baghdad, which proved beyond doubt it is a strategic ally of Damascus, which enhances the relevance of this occasion to President Assad, that the summit will see the participation of Iranian high-level likely to be at the level of the presidency of Iran.

For the reception the leaders of the factions, the ends of which, according to the newspaper double as is the first in the Declaration of the return of vital Syrian Arab arena without giving up any of the constants of Damascus, by the title the most prominent of this arena is the Palestinian issue, and the second target is assumed to be to break the estrangement between President al-Assad and President of the Political Bureau of Hamas, Khaled Meshaal, but not through a bilateral meeting but through meeting with President Assad and Abu al-Walid in a group of Palestinian leaders, according to the same sources.

The newspaper also reported on the visit of Iranian high-level and close to Damascus, either before the summit to be a message of support to President Assad and unambiguous, or comes after the summit will achieve the culmination of President Assad.

The newspaper had predicted earlier views close to President Bashar al-Assad, is supposed to revolve around the government files, namely the government grafted.


http://m.webry.info/at/hibikan/201201/article_54.htm;jsessionid=CF562D5C79D2954F0C87C6A4C6156E2F..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


06. 2012年1月05日 10:11:44 : l1NPjWZAfD
シリア正教アレッポ大主教「全てのキリスト教徒がアサド大統領支持」
2012/01/05 09:35[下へ]
シリア正教アレッポ大主教がベイルートで、テレビのインタビューを受けて発言。「一般的に全てのキリスト教徒は、特にシリアックの宗派は、バッシャール・アル・アサド大統領に率いられたシリアを支持している」「シリアは改革と民主主義に向けて動いている。イラクはシリアを支持しているが、トルコは何の支援も提供していない」。前の記事、その2

・・・もちろん、正確には「全て」の部分は嘘になるが、教会の指導者が発言した場合には、信者の8割方は大統領支持と見て構わない。


Archbishop Ibrahim: Syria Moving Towards Reform and Democracy
http://www.sana.sy/eng/22/2012/01/04/392164.htm
Jan 04, 2012

BERUIT, (SANA)- Head of the Syriac Christian Denomination in Aleppo, Archbishop Yohanna Ibrahim affirmed that the Syriac denomination in particular and all the Christians in general support Syria under the leadership of President Bashar al-Assad.

In a TV interview on Tuesday, he added that Syria is moving towards reform and democracy, hailing Iraq's support to Syria, indicating that Turkey hasn’t provided any support.

In the same context, the Regional Leadership of al-Baath Arab Socialist Party in Lebanon condemned the systematic attack against Syria by some of the Lebanese.

http://m.webry.info/at/hibikan/201201/article_75.htm;jsessionid=71A2C7702E01DCDB2936F5D6877442E3..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


07. 2012年1月05日 10:12:39 : l1NPjWZAfD
シリア反体制派SNCが、別グループとの共闘合意を3日で破棄(笑)
2012/01/05 09:39[下へ]
イスタンブールを拠点とするSNCが、パリを拠点とするハイサム・マンナーアのグループと1月1日、反アサドで共闘する合意文に署名し、アラブ連盟に反政府勢力の(一部)統一を報告するとともに、マスコミ発表もした。

協議には、双方とも代表を含む(たしか)7人ずつ出席し、内容を吟味したうえで調印に至ったのだが、合意内容に「外国軍による侵略反対」を盛り込んだため、発表直後から、CIA系列のスパイ組織であるSNCから、「とんでもない」と猛烈な反発を招いていた。

結局、合意文は3日で破棄された。

・・・いつまでもやってろって感じですね(笑)。最初のニュースの翌日には、SNCの主体であるムスリム同胞団の、ブルハーン・ガリユーン議長に対する怒りが収まらないので、彼を追放するという情報が流れていたが、どうなるんでしょうか。

私が反体制派をフォローするのは、まだまだ先のこととなりそうです。


Syrian opposition signs plan for post-Assad future
January 01, 2012 03:28 AM
By Erika Solomon
Reuters
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Jan-01/158494-syrian-opposition-signs-plan-for-post-assad-future.ashx

BEIRUT: Two leading Syrian opposition parties have agreed a road map to democracy should a popular uprising succeed in toppling President Bashar Assad, according to a copy of the document seen by Reuters.

(omitted)

The leading opposition group in exile, the Syrian National Council, signed the deal Friday with the largely Syrian-based National Coordination Committee, according to Moulhem Droubi, a top SNC member from Syria's Muslim Brotherhood.

The two groups have received attention from Western powers, but it is not clear how much sway they hold with the mass of protesters. The document seen by Reuters says the deal will be presented to other opposition groups at a conference next month.

The National Coordination Committee had disagreed with the SNC's calls for foreign intervention - one of several disputes that had prevented opposition groups agreeing on what a post-Assad Syria should look like.

In their pact, the two sides "reject any military intervention that harms the sovereignty or stability of the country, though Arab intervention is not considered foreign."

The groups outlined a one-year transitional period, which could be renewed once if necessary. In that period, Syria would adopt a new constitution "that ensures a parliamentary system for a democratic, pluralistic civil state."

The document also stresses that religious freedom will be guaranteed by the new constitution and condemns any signs of sectarianism or "sectarian militarisation."

(omitted)


"Syrian National Council," the opposition "terminate" Paper of Understanding with the coordination
http://www.aksalser.com/index.php?page=view_news&id=438500088b87c1effab370d2184e7c0a&ar=324878450
Wednesday - January 4 --2 012 - 14:46:22

Rejection of "the Syrian National Council," the opposition paper of understanding signed with the national coordinating body in Syria.

The Executive Office of the Council in a statement posted on his site via Facebook that he "did not agree on a sheet of understanding with the coordinating body for the conflict with his political agenda and the demands of the revolution in Syria."

The statement added that the Executive Office "called unanimously to adopt the new document submitted by the National Council to the political forces and personalities emerge, which passed by the General Conference in Tunisia and reflect the demands of the youth revolution."

He also stressed on the efforts of some to present a paper of understanding signed on December 30 in Cairo, "which included the ideas a priority for the talk" as a "close bilateral political, which took her out of context and try to employ them for the purposes of party does not serve the unity of the national and the opposition."

The national coordinating body to the forces of the Syrian Democratic Change said in a statement Saturday that it had reached an agreement with the Syrian National Council defines the "rules of the political struggle of the democratic transition."

The agreement, signed by the President of the Syrian National Council proof pipe and a member of the national coordinating body in Syria, Haytham Manna, especially on the "rejection of any foreign military intervention affects the sovereignty and independence of the country," but he stresses that he "is not the Arab foreign intervention."

And includes "National Council" composed of 230 members, including about 100 living in Syria, including Islamic parties, such as the Brotherhood of Muslims, while the coordinating body of the left parties gathered the Syrian and the Labor Party and the Communist Party, the Socialist Union party, 11 to the Kurdish opposition figures.


http://m.webry.info/at/hibikan/201201/article_79.htm;jsessionid=71A2C7702E01DCDB2936F5D6877442E3..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


08. 2012年1月06日 22:47:36 : 6kuobrWeYc
ちなみに、「自由シリア軍」とはトルコに拠点をもち、
シリアへ越境攻撃している武装集団です。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧