★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 128.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
天皇のお仕事(伊勢雅臣)
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/128.html
投稿者 真理を愛する者 日時 2013 年 2 月 10 日 16:51:47: NygxPubK8Q35E
 

(回答先: 神は貧乏神、厄病神、暴力神であってはならない 投稿者 真理を愛する者 日時 2013 年 2 月 08 日 15:53:25)


国柄探訪 : 花子とお祖父ちゃんの対話 〜 建国の理想

 天皇を中心にして被災者と救援者、国民全体が心を通わせる姿は建国の理想を現している。

■1.「仮設住居に住む人の冬の厳しさ」

花子: お祖父ちゃん、このケーキ、お母さんから。久しぶりに作ったからって。私は今日は祝日で学校が休みだから、お祖父ちゃんの所に持ってって頼まれたのよ。

祖父: おお、これは嬉しいね。そう言えば、いとこの太郎から何か便りはあったかい。震災後、もう2年近く経っているけど、まだ仮設住宅暮らしかな。

花子: 太郎ちゃんは仮設住宅暮らしも慣れて、元気でやっているみたいよ。この間、叔母さんから、うちのお母さんに電話があった。私は横で聞いていたけど、なんでも天皇皇后両陛下がお見舞いに来たって、大騒ぎしていた。

祖父: ありがたい事だね。陛下は昨年、2月に心臓の手術を受けられたけど、それも3月11日の東日本大震災の記念式典には何としても出席されたいとのご意向だからだったそうだ。そして5月には仙台市の仮設住宅をお見舞いされた。80歳近いご高齢を考えれば大変な強行軍だ。仙台市の仮設住宅を見舞われた時にこんなお歌を詠まれている。

__________
 禍(まが)受けて仮設住居に住む人の冬の厳しさいかにとぞ思ふ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

花子: そう言えば、気がつかなかったけど、仮設住宅って寒そうね。特に東北地方だし。太郎ちゃんは平気だったのかな。でも天皇って、どうしてそこまで気がつくのかしら。


■2.陛下の責務

祖父: 花子、それはね、国民の幸せをお祈りするのが、天皇のお役目だからだ。

花子: えー、そうなの。天皇も外国の王様と同じで、国賓を迎えたり、勲章を渡したりすることが仕事かと思っていた。

祖父: 国を代表する元首としてそういう国事行為もされけど、歴代の天皇の最も重要なお務めは、国家の平和と国民の幸せを祈ることなんだ。作家の曾野綾子さんは、こんな事を書いている。

__________
 陛下が国事行為と宮中の祭祀をお守りになることについては、ご御自分のお疲れも都合も一切お考えにならない、ということをいつか皇后陛下から伺ったことがある。

妻としては「お休み下されば」とお思いになった瞬間もおありかもしれないが、陛下はその責務に迷うことなく殉じようとしておられるように見える。[1]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
祖父:「責務に殉じよう」というのは、「自分の命をなげうってもその責務に尽くす」という意味だ。

花子: そうなんだ。でも、お祖父ちゃん、その気持ちはすごいと思うけど、天皇が一生懸命お祈りされても、神様が聞いてくれるかどうかは分からないでしょ。それより、実際に政府が被災者の人たちをどう助けるのかの方が大事じゃない?


■3.天皇を中心とした被災者と救援者の心のつながり

祖父: そこに「国民統合の象徴」という事に関係してくる。震災直後に、陛下がテレビでメッセージを伝えられたけど、こんな一節があったよね。

__________
 自衛隊、警察、消防、海上保安庁を始めとする国や地方自治体の人々、諸外国から救援のために来日した人々、国内の様々な救援組織に属する人々が、余震の続く危険な状況の中で、日夜救援活動を進めている努力に感謝し、その労を深くねぎらいたく思います。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 このメッセージで、自衛隊員など救援にあたった人々の志気が、いやが上にも盛り上がったと思う。実際に、こういう人たちの努力は凄まじかった。また自衛隊員や警察官だけでなく、ガス供給の復活に全国から3千人もの職員が集まったり、宅配業者やスーパーが一刻でも早く業務を再開しようと頑張った。[a]

 陛下の被災者へのお気持ちに感じて、さまざまな救援者が被災者のために頑張る、そういう精神的なリーダーシップを陛下は果たされているわけだ。

 また、国家を代表する天皇が、直接、被災者をお見舞いされた事で、被災した人々が自分たちは見捨てられていないんだ、と勇気づけられたと思う。

花子: へえー。確かに、心底、被災者のためを思っている人が国の中心にいたら、被災者も安心できるし、助ける方も張り合いが出るわね。

祖父: そう、祈るという事は神頼みじゃないんだ。心の底から、被災者を思う、心配する、ということで、そのお気持ちが、被災者や救援者を結びつける。国民統合と言うと抽象的で分かりにくけど、天皇を中心に被災者や救援者の心のつながりを想像すれば、もっと分かりやすくなるんじゃないかな。


■4.歴代天皇の国民への御思い

花子: そうねー。そこの所は分かったわ。でも、今の天皇が立派な人だと言うことは分かったけど、天皇も100代以上続いているんでしょう。たまたま今の天皇が立派な人だというだけじゃないの。

祖父: そりゃそうだ。古事記や日本書紀でも、非道の天皇もいたという記事がちゃんと書いてある。だけど、今の陛下から少し遡って事実を見てみるといい。たとえば、先代の昭和天皇は、終戦の御聖断に際して、次のようなお歌を残されている。[c]

__________
 爆撃にたふれゆく民のうへをおもひいくさとめけり身はいかならむとも
 身はいかになるともいくさとどめけりただたふれゆく民を思ひて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 そして、このお気持ち通り、日本を占領したマッカーサー将軍に対しては、戦争の全責任は自分が負うから、国民を飢餓から救って欲しい、と訴えられた。

 祖父にあたる大正天皇は劇的なエピソードは知られていないけど、この御歌などは子供たちへの温かい愛情が感じられるだろう。

__________
 学舎(まなびや)は遠くやあるらむ朝まだき野道を急ぐうなゐ子の群れ (うなゐ子:幼い子供)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 曾祖父の明治天皇は日清、日露戦争と国難を乗り切られたが、日露戦争中に詠まれた次の御歌は戦傷兵の身の上を思われた御歌だ。

__________
 いたで(戦傷)おふ人のみとりに心せよにはかに風のさむくなりぬる (みとり:看病)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 少し風が寒くなったら、すぐに戦傷兵を思う御心は、仮設住宅の寒さを心配する今上陛下の御心と同じだね。


■5.万世一系を実現してきた国民のすごさ

花子: へえー。4代も続けて、こんなに国民の事を思っているのね。どうして、こういう思いが続くのかしら。

祖父: 4代だけじゃないよ。まだまだ遡れるけど、このぐらいにしておこう。万世一系という言葉を知っているかい。今の陛下は第125代にあたるけど、初代の神武天皇以来、一つの血筋がずっと続いてきている事を指すんだ。

花子: 125代も続いているのはすごいと思うけど、なんで血筋がそんなに大切なの?

祖父: 万世一系というのは結果であって、歴代の天皇の多くが国民の幸せを祈ってきて、それを代々の多くの国民がありがたい、大切だ、と思って皇室をお守りしてきたんだ。皇室だけがすごいんじゃなくて、それをずっとお守りしてきた代々の国民もすごいんだよ。

 日本の歴史で平和な期間が長かったのも、こういう形で立派な国民が立派な皇室をお守りしてきたからだ。南北朝時代や戦国時代は戦乱が続いたけど、これは国民が皇室の祈りを忘れて、私利私欲に走った時期だ。それで戦乱の時代になる。


■6.王朝交代と戦乱の続く中国

祖父: 中国などでは、すぐれた人物が天下をとって新しい王朝を開いても、その子孫が国家を自分の私有財産のように思って搾取するから内乱が起き、その混乱の中でまた別の人間が新しい王朝を作る。その繰り返しで、戦乱が続てきた。

 今の中国でも、1パーセントの特権階級が国全体の40パーセント以上の富を独占するというように、まさに中国共産党が国家を私物化している。庶民への思いやりの深い事で人気のある温家宝首相ですら、一族で27億ドル、2千数百億円もの蓄財をしていると米紙に報じられた。

 今の中国共産党は、まさに中国の歴代王朝と同じで、こうした腐敗に怒った民衆がやがて内乱を起こし、その中からまた新しい王朝が生まれていくだろう。

 中国に比べると、我が国の万世一系の貴さ、有り難さが良く分かる。そして我が国は生まれた時から次代の天皇と決まっているから、周囲の人も、そのつもりで国民の事をひたすらに祈るように、お育て申し上げる。少し前の国際派日本人養成講座でも、山岡鉄舟という偉大な人物が、若き日の明治天皇を教育したエピソードを紹介していたね。[d]


■7.「一つ屋根の下の大家族のように仲よくくらそうではないか」

花子: 私たちも立派な祖先を持っているわけね。なんか、嬉しくなってきた。でも、この国際化の時代に、日本人だけがそういう形で続けていけるのかしら。

祖父: それは我が国の歴史が証明しているよ。昔から朝鮮半島や大陸の戦乱を逃れてやってきた人々は多いけど、その中には朝廷で高い地位を得て活躍した人もいるし、田畑を切り開いて地方の民となった一族もある。我が国はそういう人々も混じり合って、渾然一体となって発展してきたんだ。

 初代の神武天皇が即位された時に、こういう宣言をされている。我が国の建国宣言だ。

__________
 このうえは、天照大神のお心にそうように、大和の国のいしずえをしっかりしたものにするように、おたがいにゆたかな心をやしないましょう。人々がみな幸せに仲良くくらせるようにつとめましょう。天地四方、八紘(あめのした)にすむものすべてが、一つ屋根の下の大家族のように仲よくくらそうではないか。なんと、楽しくうれしいことだろうか。[e]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 今まではいろいろな部族に分かれていた人々も、大陸から逃れてきた人々も含めて、「一つ屋根の下の大家族のように仲よくくらそうではないか」というのが、日本の建国宣言なんだよ。

 そして、ここにある「天照大神のお心」とは、子孫である皇室に対して、日本国が豊かに栄えるように尽くせ、という命令だ。神武天皇はその使命を抱いて初代天皇として即位した。歴代の天皇も、神に祈る事で、その使命を受け継がれている。

 現在の陛下が心から被災者の身の上を案ずるのも、天照大神が命じ、神武天皇が志した「一つ屋根の下の大家族」を目指して、天皇としての使命を果たされているということだよ。


■8.世界が共感する「一つ屋根の下の大家族」

花子:「一つ屋根の下の大家族」と言えば、被災地では暴動も略奪もなく、皆が互いを思いやって、助け合っている姿がすいぶん報道されたわね。太郎ちゃんも水汲みや瓦礫の片付けで、近所のお年寄りを随分助けたって自慢していたわ。そういう姿も「一つ屋根の下の大家族」と言えるのかしら?

祖父: まさにその通りだね。皇室を中心にして、国内が長い間、平和にまとまってきたからこそ、あれほどの非常の際にも、互いへの思いやりができる。大震災で見られた思いやりの心というのは、日本人の生まれつきのものではなくて、長い時間をかけて、我々のご先祖様が積み重ねてきたものだ。

 さらに「一つ屋根の下の大家族」のように支え合い、助け合う姿が全世界から称賛された点も見逃せない。これは単なるお国自慢ではなくて、神武天皇の理想は世界の人々の共感を得られる、という事なんだ。

 今までは平和で安定した国内で、日本人はそんな理想も教えられず、天皇が秘かに国民の幸せをお祈りされていることにも気がつかず、呑気にやってきた。

 でも国際化が進むほど、外国の異質な思想も入ってくるし、日本人社会に溶け込もうとしない在日外国人が増えてくる。さらに近隣諸国が隙をついてくる。こういうい時代こそ、日本人一人ひとりが自分の国がどういう理想で建てられ、また先祖がどのような苦労をしてそれを守ってきたのか、よく知る必要がある。

 さらに言えば、世界が内乱や戦争で争っている時代だからこそ、日本人が「一つ屋根の下の大家族」の理想を実践し、世界に模範を示していく事の価値があるだろう。

花子: そういえば、今日は建国記念日だったからお休みだったのね。学校では、そんな事、教えてくれないから忘れていた。お祖父ちゃん、ありがとう。私ももう少し、日本の歴史の勉強をしたくなったわ。
(文責:伊勢雅臣)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年2月11日 01:14:24 : q931E3NW4E
今日は私の誕生日である

02. 中川隆 2013年2月11日 03:25:36 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

マスコミ報道等では、第二次世界大戦は日本の軍部が独走し、
天皇は仕方なくそれに引きづられた・・という事になっている。

そのため戦争中首相であった東条英機は戦争犯罪者として処刑され、
天皇は「罪を問われなかった」という事に「なっている」。


1944年7月20日、天皇の東条英機あての勅語。

「あなたは(東条は)、朕(天皇)の行う戦争において、朕の指導の下に
十分職務を果たした。」・・()内部、筆者の注。

ここで天皇自身「が」主体となって戦争を行っている事、つまり軍部に引きづられて戦争が行われているのでは無い事、

東条が「天皇の指導の下」にその命令通りに戦争を行って来た事を、天皇自身が証言している。 天皇は、自分の行った戦争の責任を全て東条に押し付け、東条を処刑させ、自分だけ生き延びたのである。

戦争中、東条は1日に3回天皇を「御機嫌うかがい」のため訪問し、政界では「ゴマすり東条」と批判されていた。 東条を始めとした政界軍部が「強引に戦争を行い」、天皇がそれに引きづられる等という事は、この東条と天皇の「力関係」から見て有り得ない。

天皇は東条に全責任を押し付け、自分だけ生き延びたのである。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49704032.html


昭和天皇の身代わりに処刑された東条英機

1947年の大晦日、東条への直接尋問のなかで、〔木戸の〕弁護人ログマンはこう質問した。

「天皇の平和に対してのご希望に反して、木戸侯爵が行動をとったか、
あるいは何かを進言したという事実を何か覚えていますか?」

 東条 
そういう事例はもちろんありません。私が知る限りにおいてはありません。
のみならず、日本国の臣民が、陛下のご意思に反して、かれこれすることはあり得ぬことであります。 いわんや、日本の高官においておや。

裁判長(ウェッブ) 
今の質問がどのようなことを示唆しているかは、よく理解できるはずである。

 まさしく、それは誰もが知っていたことだった。
http://www.retirementaustralia.net/rk_tr_emperor_13_3_4.htm

慰安婦強制連行も軍隊の食料・女性の現地調達も南京大虐殺も731部隊の人体実験もすべて昭和天皇が直々に命令したもの。

軍人も政治家も昭和天皇の指示通りに動いただけ。

マッカーサーも日本政府に全面協力して昭和天皇の戦争犯罪を揉み消すために最大限の協力をした。

東京裁判というのは戦争の勝者が敗者を裁いたのではなく、昭和天皇の戦争犯罪を陸軍の軍人に肩代わりさせるのが目的だった。

東京裁判で南京大虐殺や慰安婦強制連行や731部隊の人体実験が殆んど取り上げられなかったのにはそういう理由があった。

日本人はみんな,天皇家は精神薄弱の家系で昭和天皇も自分では何一つ決められない意志薄弱の知恵遅れだと思い込まされてきた.
しかし,それは世を欺く仮の姿だったのだ:


ある60才代の風変わりな華族は、私に英語で以下のように告げた。

「もちろん、貴君は私をたぶらかそうとしていると思う。貴君は私に何を言わせたいのかね。

私は裕仁を子供の頃から存じている。

彼は、戦争好きの馬鹿ロマンチストだったし、たぶん今でもそうだと思う。

しかし、もう数十年もご無沙汰している。私は、自分の古い時代に乱されたくはない。もし、貴君が私の名前をあげるなら、私が貴君には会ったこともないことにする。」
http://www.retirementaustralia.net/rk_tr_emperor_04_choshakara.htm


昭和天皇は若いころから、宮中の書斎にはナポレオンの胸像が飾られていた(有名な話らしい)。パリを訪問したときに土産として自分で買ったもので、珍重していた。

「ナポレオンの軍隊は安上がりの徴集兵で」彼は「この軍隊を愛国心に燃える兵隊の群れに仕上げた。日本の軍隊は葉書一枚で徴兵された“民草”といわれる安上がりの軍隊で、ナポレオンの軍隊以上に愛国心に燃えていた。

ナポレオンは補給のほとんどを現地補給とした。天皇の軍隊はこれを真似た。

ナポレオンは参謀部をつくり、機動力にまかせて、波状攻撃を仕掛けた。天皇は大本営を宮中に置き、参謀部の連中と連日会議を開き、ナポレオンと同様の波状攻撃を仕掛けた。」

「あの真珠湾攻撃は、そしてフィリピン、ビルマ、タイ…での戦争は、ナポレオンの戦争とそっくりである。」と鬼塚氏は書いている。そう言われれば確かにそうだ。

 つまり、昭和天皇はナポレオンを崇拝し、彼にならって大戦争を仕掛けるという壮大な火遊びをやったのである。真珠湾攻撃が「成功した」と聞くと、狂喜乱舞したと言われる。2・26事件当時の侍従武官・本庄繁の『日記』には、天皇がナポレオンの研究に専念した様子が具体的に描かれているそうだ。

終戦の玉音放送が流れる日の朝、侍従が天皇を書斎に訪ねると、昨夜まであったナポレオンの胸像がなくなっており、代わってリンカーンとダーウィンの像が置いてあった、と…。

 この変わり身の素早さには驚かされる。つまりもう占領軍が来てもいいように、好戦的なナポレオンの像は撤去し、アメリカの受け(好印象)を狙って、リンカーンを飾り、自分は生物学に専念している(政治に無関心な)人間なのだとの印象を与えるためダーウィンを飾ったのであった。天皇は書斎からしてこうなのです…といえば、戦争責任が回避でき、マッカーサーに命乞いできるという思惑である。

戦後、天皇が海洋生物の研究家になったのは、ただひとえに自分が専制君主ではなかったというポーズであり、戦争中の責任を隠す念のいった方便だった。国民もそれに騙された。

 そして戦争指導の責任を全部、東条ら軍人(それも陸軍ばかり)に押し付けた。

大東亜戦争で米英と戦った主力は帝国海軍である。陸軍の主任務地は支那およびビルマやインドであって、太平洋を主任務地としたのは海軍であったから、あの太平洋での拙劣きわまる作戦で惨敗につぐ惨敗を喫し、国家を惨めな敗北に導いた直接の責任は、海軍にあった。

ところが、戦後は「海軍善玉論」がマスコミや出版界を席巻し、あの戦争は全部陸軍が悪かったという風潮が醸成された。多くの作家(阿川弘之ら)がそのお先棒を担いだ。

だから後年、阿川弘之が(あの程度の作家なのに)文化勲章を授賞したのは、海軍と天皇の戦争責任を隠してくれた論功行賞であったとしても不思議はない。

海軍の作戦を宮中の大本営で指導したのが、昭和天皇だったから、天皇としてはどうしても敗戦の責任を海軍に負わせるわけにはいかなかった。そこから「海軍善玉論」を意図的に展開させたのではないか。

佐藤氏は太平洋の作戦全般を大本営の服部卓四郎や瀬島龍三ら下僚参謀が勝手に指揮したと書いているが、知ってか知らずか、さすがに本当は昭和天皇が指導したとは書いていない。

東京裁判で収監された東条英機は尋問に答えて、

「我々(日本人)は、陛下のご意志に逆らうことはありえない」と言った。

これは当時としては真実である。

しかし東条のこの発言が宮中に伝えられると天皇は焦ったと言われる。責任が全部自分に来てしまい、自分が絞首刑にされる。

それで天皇は部下を遣わして、東条と軍部に戦争責任を負わせるべく工作をした。

 それから天皇は、なんと東京裁判のキーナン検事に宮廷筋から上流階級の女性たちを提供し、自分が戦犯に指名されないよう工作した。キーナンはいい気になって、しきりに良い女を所望したと鬼塚氏は書いている。

キーナンに戦争の責任は全部東条ら陸軍軍人におっかぶせるからよろしく、との意向を女を抱かせることで狙った。女優・原節子がマッカーサーに提供されたという噂は、噂ではあるが、当時から根強くあったのは有名である。おそらくそういう悲劇が多数あったのだろう。

みんな天皇一人が責任を回避するためであり、東条らが天皇を騙して戦争を指揮したというウソの歴史をつくるためであった。
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/bd61d9d5c3085df3fddc6adf68c4c7d2


海軍の作戦を宮中の大本営で指導したのが、昭和天皇だった。

天皇は大本営を宮中に置き、参謀部の連中と連日会議を開き、ナポレオンと同様の波状攻撃を仕掛けた。

佐藤氏は太平洋の作戦全般を大本営の服部卓四郎や瀬島龍三ら下僚参謀が勝手に指揮したと書いているが、知ってか知らずか、さすがに本当は昭和天皇が指導したとは書いていない。

東京裁判で収監された東条英機は尋問に答えて、

「我々(日本人)は、陛下のご意志に逆らうことはありえない」と言った。
これは当時としては真実である。

しかし東条のこの発言が宮中に伝えられると天皇は焦ったと言われる。

責任が全部自分に来てしまい、自分が絞首刑にされる。
そして戦争指導の責任を全部、東条ら軍人(それも陸軍ばかり)に押し付けた。
大東亜戦争で米英と戦った主力は帝国海軍である。陸軍の主任務地は支那およびビルマやインドであって、太平洋を主任務地としたのは海軍であったから、あの太平洋での拙劣きわまる作戦で惨敗につぐ惨敗を喫し、国家を惨めな敗北に導いた直接の責任は、海軍にあった。

ところが、戦後は「海軍善玉論」がマスコミや出版界を席巻し、あの戦争は全部陸軍が悪かったという風潮が醸成された。多くの作家(阿川弘之ら)がそのお先棒を担いだ。
だから後年、阿川弘之が(あの程度の作家なのに)文化勲章を授賞したのは、海軍と天皇の戦争責任を隠してくれた論功行賞であったとしても不思議はない。
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/bd61d9d5c3085df3fddc6adf68c4c7d2


日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」
太平洋戦争の前夜に日本の対米英戦争を決定した1941.9.6の「帝国国策遂行要領」に関する所謂「御前会議」の内容を細大漏らさず、敵米国の駐日大使に通報していた、日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」とは吉田茂。
元自民党総裁選=麻生太郎の祖父。

また吉田茂元首相の再軍備問題のブレーンだった辰巳栄一元陸軍中将(1895〜1988年)も、米中央情報局(CIA)に「POLESTAR―5」のコードネーム(暗号名)で呼ばれていた。

「吉田は1878年(明治11年)、土佐自由党草分けの一人、竹内綱の五男として東京に生まれた。幼児に横浜の富裕な貿易商、吉田健三の養子となり、東京帝国大学政治科を卒業後、外務省に入省した。大久保利通の次男、牧野伸顕伯爵の長女、雪子と結婚。天津総領事、奉天総領事、イタリア大使、イギリス大使を歴任した。


吉田茂は取り巻く人間を通して、ロスチャイルドの影響を受けていた。

吉田茂の養父である吉田 健三。
吉田 健三(吉田茂の養父)は帰国後、横浜に移って英国商社・ジャーディン・マセソン商会横浜支店長に就任。日本政府を相手に軍艦や武器、生糸の売買でめざましい業績をあげる。
ジャーディン・マセソン商会はロスチャイルド系であり、設立当初の主な業務は、アヘンの密輸と茶のイギリスへの輸出。
富豪であった健三の急死後、わずか11歳の吉田茂に50万円(現在の六十億円に相当)もの莫大な遺産が残される。

そして吉田茂の妻となった牧野雪子。
牧野雪子はアリスを通じてモルガン=ロスチャイルドの洗脳教育を受けた。
在日大使ジョゼフの妻アリス・ペリー・グルーは、名前の示す通り「黒船ペリー」の末裔として日本・東京で育ち・教育を受けていた。アリスの「幼馴染」であり、華族女学院=学習院女子部時代から、常に、アリスと共に3人で行動し、アリスから世界経済・政治について「レクチャー」を受け、侵略者ペリーと、ロスチャイルド=モルガンの「情報操作教育=洗脳教育」を受けていたのが、クリスチャン・鍋島信子、と九条節子であった。九条節子は昭和天皇・裕仁の母であり、アリスの親友・鍋島信子の娘は秩父宮妃である。

このアリスの母の旧姓はキャボット。黒人奴隷売買と、麻薬売買で富を築いたキャボット一族である。

吉田茂は妻となった牧野雪子により、天皇ともつながりを持つようになる。
吉田茂ー牧野雪子ーキャボット=アリスー九条節子(昭和天皇・裕仁の母)=天皇

吉田もモルガン=ロスチャイルドに寵愛され、出世街道を上昇して行く。雪子は麻生太郎首相の祖母である。


麻生の正体                                                             
 太平洋戦争の前夜に日本の対米英戦争を決定した1941.9.6の「帝国国策遂行要領」に関する所謂「御前会議」の内容を細大漏らさず、敵米国の駐日大使に通報していた、日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」こと吉田茂は、今の自民党総裁選の本命=麻生太郎の祖父だった(鬼塚英昭「天皇のロザリオ」上p403、成甲書房)。
 その功績で、トルーマン米大統領と占領軍最高司令官Dマッカーサーの決定で、吉田茂が戦後最長の長期政権の首相になった。
 麻生一族は、明治期に天皇が50万人の日本女性を拉致・連行して欧州へ女郎として売り払った時の石炭会社と石炭船運行会社のオウナーだった。それで儲けた麻生の会社は資本蓄積して発展した(「オルタナティブ通信)。

http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/456.html


昭和20年8月15日には、実は広島にあった陸軍の半分を指揮する第二総軍司令部は、8月6日の原爆で既に壊滅していた。だからクーデターは起こせない状況にあった。天皇一派は、陸軍による戦争継続を求めるクーデターを一番警戒していた。そのために終戦決定に当たっては、陸軍の叛乱が絶対に起きないように手を打っておかねばならなかった。  広島にあった陸軍の第二総軍司令部が原爆で壊滅したのは、偶然ではなかったのだ。

 天皇一族は、なんと昭和20年6月の時点で(!)ヨハンセングループを通じて、原爆投下の情報を実質的米国権力者のスティムソン陸軍長官からの指令で受け取っていた。ヨハンセングループとは、米国機密文書に出てくる秘密名の日本側組織であり、参加者は、牧野伸顕・吉田茂・樺山愛輔・岡田啓介・米内光政たちであった。このグループは、当然ながら戦犯に指定されていない。

 スティムソン陸軍長官からグルー駐日米大使、さらにヨハンセングループへとルートがあり、そのルートを通じて天皇一派は戦時中も米英勢力と繋がっていたのである。
昭和天皇は20年6月にスティムソン側から、原爆投下の場所と日時を決めるよう要請を受けた。そして広島に、8月6日午前8時頃と回答したのは、天皇一派であったのだ。その仲介をしたのがヨハンセングループであった。

つまり天皇は敗戦によって自分の生命と財産が保全されることが連合軍に保障されたので、ポツダム宣言受諾という形で敗戦を決めたが、それを陸軍に邪魔されたくなかったので、米軍に頼んで広島の陸軍司令部を叩き潰してもらったのであり、広島市民40万人はその犠牲にされたのである。

 当時の陸軍大臣阿南惟幾は8月15日未明に割腹自殺を遂げているが、その直前に部下に「米内(海相)を斬れ!」と言い残している。阿南陸相は一連の原爆攻撃から終戦工作の経緯を知っていたのかもしれない。

 ヨハンセングループの連中は、戦後、口を揃えて、原爆投下は終戦のための「天啓」だったなどとヌケヌケと発言したのであった。 それにしても、天皇やヨハンセングループが原爆投下の場所・日時を指定していたことは、ソ連参戦をも承知していたのであろう。ソ連軍が満州に侵攻する準備が整うまで、戦争を引き延ばしていたとも取れる。
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/6670188e626bc9a6e9269a37b1c57f5e


03. 2013年2月11日 04:34:23 : nBs0yiTpZk
まあ、どちらも本当でどちらも嘘が混じっているのでしょう。

平成天皇が原発反対、2029年までに完全廃炉にすると命令されれば効果的な
のにな。そしてソーカナンミョーは解散とね。日本は放射能とソーカナンミョー
とパチンコで滅びようとしているからね。世界寡頭勢力に逆らうことを言えば毒
を盛られるかもしれないけどね。当たり障りのないことしか言えないだろうな。


04. 2013年2月12日 00:29:22 : hfD8riyeAY
>>02

どの様な歴史書も、時の権力者によって、都合よく 改ざんされてますし
近代史も 良いとこ取りしてます。

天皇家は、シリウス人の転生者に 乗っ取られています^^;
六十二代天皇 清和源氏あたりからです。

別スレで、福岡のニューエイジ・ウオッチャーさんに レスしましたが、

安倍総理、オバマ大統領、ベンジャミン・フルフォート氏も シリウス人だそうです。

在日宇宙人で、政治の世界にもいた方の話ですから、信憑性は高いです。
以下の古文書も 改ざんされているので、それを引き合いに ツイしてました。


>「竹内文書」と「先代旧事本紀大成経(せんだいくじほんぎたいせいきょう)」には、
> 天皇家の祖先がシリウスから来ていると書かれている。
> 神武天皇以前も、縄文時代2万年の間に二百代以上にわたって天皇家は連綿と続いているが、
> その歴史は闇に葬られている。


05. 2013年2月12日 06:22:03 : nBs0yiTpZk
宇宙人はともかくキリスト教神学から言うとキリストは天の父なる神が地球に遣わされた神の独り子ということになっていますからね。イエス・キリストの十字架の死、贖いの血を自分のため、人類のためと信じ、なおかつ復活、再臨を信じれば救われると言われています。普通の未信者は脅しとしか思われないでしょうが聖書に書かれたこの預言は必ず成就すると言われています。

06. 2013年2月12日 09:37:57 : hfD8riyeAY
>>05

宗教は、騙す物。 信仰は、個人の物。 と云う観念を覚えないと、妄想から脱出できません。

聖書は、洗脳本になっているので、イエスから読み解かないと 解釈を間違います。
キリスト教は、人殺しを命じる神(たぶん、レプティリアン)に乗っ取られています。

イエス・キリストは、天照一族です。黄色いセム族が、イエスと同じ人種です。
復活後のイエスが来日したので、秦・蘇我・藤原一族の祖になるユダヤイスラエル人が、遥々
日本へやって来たのですよ。

キリスト教は、本来、神道です。


07. 2013年2月12日 09:55:47 : hfD8riyeAY
>>05

長文で、説明しても、読まないのか忘れるのか、以前も何度も コメントしているのに。。。


高天が原が、イエスを降臨させた理由は、

 ユダヤイスラエル人の指導者達が、多神教から唯一神に変えた時、
 
   裁きの神(アルファ・ドラコニアン=悪霊)

 を選んで、悪魔崇拝になったのを改心させる為

でしたが、失敗して ゴルゴダの丘で処刑されました。

ハヤウェ=エホバ=八幡=天之御中主神のローカル神 ですよ。


結局、ユダヤは、いけにえ信仰のまま です。


08. 2013年2月12日 10:02:13 : hfD8riyeAY
今回、物的証拠を 表に出すようですよ。


> 伊勢神宮の内宮と外宮は旧約聖書と新約聖書の関係にあって外宮のしたには
> 旗竿に巻きついた青銅の蛇が3回半巻きついた形で安置されています。
> イエスキリストの罪状板は伊雑の宮の下に安置されています。

> ついに伊勢神宮の内宮の地下に聖櫃アークとともに、
> キリストの血が付いた”聖十字架”が発見された!
> これで消され縄文時代2万年の歴史が紐解かれ、
> イルミナティの世界支配は終焉です!今夜は祝杯だ!


だそうです。

御神輿の原型になった、契約の箱も、神武東征時、日本にやって来てます。
磐戸(別次元)に安置されており、入り口は、2つ。
ひとつは、御存じの 四国の剣山。


09. 2013年2月12日 10:05:37 : hfD8riyeAY
契約の箱は、別次元だったので、宇宙人が出したのだと思います。


10. 2013年2月12日 13:33:39 : nBs0yiTpZk
聖書のどこを読んでもそんなことは書かれていませんがね。キリストは今のイスラエルに再臨されるでしょう。

ただソーカとアーメンは相容れない宗教だというのは分かりましたね。他の宗教にしても自民にしても仲良くしたらソーカに喰われるだけです。アーメンがソーカを刺激するからソーカはこれだけ伸びたのですね。今は守るのに必死で可哀想なぐらいだ。


11. 2013年2月13日 02:00:37 : hfD8riyeAY
>>10

> 聖書のどこを読んでもそんなことは書かれていませんがね。

だから。聖書は洗脳本なので、いくら読んでも、正しい知識を 他で知って照合しないと解りません。

この動画のコメント欄を読めば、意味が解ります。
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=00BP86cks4w

 御神輿の原型が アーク
 狛犬・獅子舞の原型が、古代ユダヤイスラエル人が齎したもの
 稲荷の言葉の、原型は、罪状版のINRI(王)⇒ INaRIと変化した

などなど。 以下コピペ。


 この動画で、多くの方が誤解してしまいますので補足致しますが、秦氏は、北イスラエル­王国の十支族ではありません。

イスラエル十支族はアッシリア滅亡後、東進を開始し、紀元前には日本列島に到達してい­ました。
この際、契約の箱アーク(御船)、三種の神器(十戒石板・マナの壷・アロンの杖)、そ­して、モーセの作った青銅の蛇の旗竿(ネフシュタン)を携えていました。

現在、契約の箱と十戒石版(八咫鏡)は伊勢神宮内宮の地下殿に、マナの壷(真名之壷)­は外宮の地下殿に、それぞれ御神体として祀られ、ネフシュタンは、外宮の心御柱(しん­のみはしら)となっています。
このネフシュタンの別名を天御量柱(あめのみはかりのはしら)と呼びます。

アロンの杖(草薙剣)だけが、伊勢ではなく、名古屋市の熱田神宮に祀られていますが、­時代が満ちたときに、伊勢神宮に返還され、伊雑宮(いざわのみや)の心御柱となります­。

一方、秦氏は、イエス・キリストの磔刑・復活後、ユダヤ戦争から逃れ、中央アジア⇒朝­鮮半島に移住した後、最終的に日本列島にたどり着いた、南ユダ王国の人々です。
「ハタ」とは古代エジプト語で「ユダ」つまりライオンを意味します。
ユダ族の紋章はライオンであり、現在でも狛犬や、獅子舞にその名残をみることが出来ま­す。
彼らは、自分達の救い主イエス・キリスト磔刑の聖十字架を、はるばる日本まで運んで来­ました。

聖十字架は、縦木が「天御柱(あめのみはしら)」、横木が「忌柱(いみばしら)」と呼­ばれ、伊勢神宮内宮の心御柱として、地下殿に契約の箱(アーク)と共に祀られており、­ごく一部の祭祀一族のみしか、拝することを許されていません。
別名として、縦木は「轅(ながえ)」、横木は「軛(くびき)」と呼ばれます。イエスが­ゴルゴダまで担いで歩いたのは忌柱のみであり、
天御柱は、ゴルゴダの刑場に立てられていました。

驚くべき事に、イエスの磔刑から2000年を数える現在でも、十字架は一切腐らず、当­時のまま(血のついたまま)の姿を留めています。
ピラトが「ナザレのイエス ユダヤ人の王(INRI)」と書き、十字架上に打ち付けられた罪状板は、現在、伊雑宮­に保管されています。
このINRI, (INaRI)が、日本全国に散らばる「稲荷神社」の語源です。

欧州のさまざまな教会に、聖遺物として、十字架の欠片が保管されていますが、
残念ながら、それらはすべて偽物です。

日本の指導者達は、これら、大和民族の神権の証し(レガリア)であるヘブライの御神体­を、諸外国から守るために、渡来の記録が残る朝廷図書館を焼き、大陸から仏教を導入し­、律令制度を取り入れ、八百万(やおよろず)の神の信仰を作り出すことで、
大陸文化によって、ユダヤ=キリスト一神教を覆い隠しました。
これらの御神体を、諸外国に強奪される事は、絶対に許されません。

時代が満ちたとき、「本当の伊勢神宮」である伊雑宮が、本宮として巨大神殿に
建て替えられ、
本宮・内宮・外宮の三宮が並び立ちます。全ての準備が整ったとき、地上に
天照大御神(イエス・キリスト)が再臨します。そのとき日本人は、聖書の予言通りに、
神権の証である主の箱と、聖十字架を地上に復活させ、高く掲げなければなりません。

イエスの再臨を持って、古代より永きに渡った伊勢神宮の役割は、
終焉を迎えることとなります。


12. CオCオ 2013年2月13日 13:34:51 : FYMI8v89Iiu36 : DwNqdOAKhw
この奇怪なスレッドはプロパガンダなのか、人の注意を本当に大事な事から逸らすのが目的なのかは分かりませんが、それをスルーできる、すごいコメントの数々です。

13. 2013年2月16日 11:04:28 : FsXekMmeiw
このスレのコメントをみて素朴に思う。
なぜこの人たち、こういう道ハズレの気違いになっていくのかなあ。

もう机とパソコンと本だけみてちゃだめだよ。
たとえば実際に白装束にきがえて四国にいってお遍路さんを歩いてみたり、
伊勢なら五十鈴川のほとりで川につかって
もっと体を使って動きながら人生を考えたほうがいいよ。そのほうが健康的だ。


14. 2013年2月18日 19:16:16 : hfD8riyeAY
>>13

まぁ、信仰は理論理屈より 実践であり、神仏とは何かを 体得するのが重要。

自分の身の丈(霊格)も 霊能を開いて 他の霊能者と比較して 初めて解る。

先祖供養もしてない人は、もう問題外だね。


15. 2013年4月02日 17:37:28 : ks7hvxHL1E
東条英機さん、本当に気の毒です。
要領よく行き残ったヤツの孫といえば・・・

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧