★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 657.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
解け落ちる僞りの『81』 『西早稻田』『太陽を盜んだ男』『大宰府』『在日』 俳優の菅原文太さん死去 81歳
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/657.html
投稿者 不動明 日時 2014 年 12 月 03 日 00:07:05: yX4.ILg8Nhnko
 

(回答先: マルナカ中山明憲⇒平井卓也⇒林芳正⇒古賀誠⇒福岡⇒山崎拓⇒ブリヂストン⇒鳩山由紀夫⇒東亞細亞共同體⇒大亞細亞主義⇒玄洋社 投稿者 不動明 日時 2014 年 11 月 27 日 04:41:39)

 
 

In Deep: 「太陽を盗んだ男」がつくった原爆から東京を救えなかった菅原文太さんが亡くなった日に、もう何十年も前から私たちは自由を奪われていたことを思い出してしまった
 
 
俳優の菅原文太さん死去 81歳 「トラック野郎」主演:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASGD14CR0GD1PTFC00C.html
俳優の菅原文太さん死去 81歳 「トラック野郎」主演
2014年12月1日15時24分
 映画「仁義なき戦い」「トラック野郎」シリーズなどで知られる俳優の菅原文太(すがわら・ぶんた)さんが11月28日、肝がんのため死去した。81歳だった。葬儀は近親者で行った。喪主は妻文子(ふみこ)さん。
 仙台市生まれ。早稲田大第二法学部を中退後、58年に新東宝の「白線秘密地帯」で俳優デビュー。新東宝倒産後、松竹を経て東映に移り、68年に山下耕作監督の「極道」で主役の若山富三郎の子分となるやくざを演じるなど任?(にんきょう)映画で頭角を現した。
 72年に深作欣二監督の「人斬り与太」シリーズがヒット。73年には、やくざの抗争を実録風に描いた同監督の「仁義なき戦い」に主演し、強烈な存在感で一躍トップスターに。75年に始まった「トラック野郎」シリーズでは、男気あふれるトラック運転手役で人気を集め、全10作が作られた。
 
 
菅原文太さん葬儀、なぜ太宰府天満宮で? 13年前の「悲劇」以降、足繁く通っていた : J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2014/12/02222268.html?p=all
 祖霊殿の納骨堂には2001年に亡くなった長男、加織さんの遺骨が納められている。
 加織さんは高校在学中に俳優デビューし、テレビや映画で活躍していた。02年のNHK大河ドラマ「利家とまつ」で父と共演予定だったが、01年10月、小田急線の踏切で電車にはねられ31歳の若さで帰らぬ人となった。長男の不慮の死は菅原さんに大きな悲しみをもたらし、告別式でも報道陣に口を開くことはなかったと伝えられている。
 毎日新聞によれば、太宰府天満宮での納骨は知人の紹介を受けてのものだったそうだ。「学問の神様」菅原道真公と同じ「菅原」であることが決め手になったかは分からないが、東映広報室によると菅原さんはもともと神道だったといいう。
 
 
新宿区西早稲田2-3-18に集結する反日組織一覧表(随時更新) - Yahoo!知恵袋
菅原文太は在日韓国人だったことが判明!!! - 中国・韓国・在日崩壊ニュース
菅原文太さん死去 | 匿名党
宇梶剛士にロックオン! | 匿名党
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 不動明 2014年12月03日 00:47:51 : yX4.ILg8Nhnko : RX0uQlEi6M

事實を基にしてゐるからでしよ。
かたや地下核施設、かたやベルンハルト作戰。
そりや語り繼がれる作品に成るよ。

太陽を盗んだ男 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/太陽を盗んだ男#.E8.88.88.E8.A1.8C.E6.88.90.E7.B8.BE

評価
興行成績
映画評論家・轟夕起夫は自著で「振り返ると1979年とは、日本映画史上とても重要な年であったと思う。というのも、今後語り継がれてゆくであろう活劇ムービー、『太陽を盗んだ男』と『ルパン三世 カリオストロの城』が公開された年だからだ」「一部に熱烈に評価されたものの"79年" は決して恵まれた興行成績を得られなかったこの二作。しかし歴史は自らの誤りを認め、改めて審判を下し直し、時を経るにつれ、どちらもオールタイムベストの常連となった」等と述べている[24]。


レナード・シュレーダー - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/レナード・シュレーダー

レナード・シュレーダー(Leonard Schrader、1943年11月30日 - 2006年11月2日)は、米国の脚本家。苗字はシュレイダーとも表記される。

米国の映画監督、脚本家のポール・シュレーダーの実兄である。本人曰く、英語の脚本と日本語の脚本のどちらも書ける世界唯一の脚本家であった。

生涯
米国ミシガン州グランド・ラピッズ出身。ドイツ系アメリカ人とオランダ系の厳格なキリスト教カルヴァン派の家に生まれ、映画などのポップカルチャーに触れることは一切禁止された。

その抑圧的躾けの反動で、アイオワ大学の脚本家のワークショップで修士号を獲得する(カート・ヴォネガット、ホルヘ・ルイス・ボルヘスらを題材にした)。

1969年〜1973年の5年間、同志社大学と京都大学で英文学の講師として来日する。義侠の世界に興味を持ち、実在の暴力団にも出入りして、日本のアンダーグラウンドを研究する。帰国後、当時の東映ヤクザ映画を元に、『ザ・ヤクザ』(1974年、シドニー・ポラック監督)をポールと共に脚本を書き、映画化され、欧米圏だけでなくアジア映画などにも一大センセーションを巻き起こした。この映画の影響力の強さはクエンティン・タランティーノ監督の近作『キル・ビル』(2003年)にまで及んでいる。

また、生前の三島由紀夫とも親交があり、彼のオマージュとして"Mishima: A Life In Four Chapters"(1985年)の共同脚本を書いている。他に日本映画では『太陽を盗んだ男』(1979年、長谷川和彦監督)の原案と脚本や『男はつらいよ 寅次郎春の夢』(1979年、山田洋次監督)の共同脚本を、『ションベン・ライダー』(1983年、相米慎二監督)の原案をそれぞれ担当した。ちなみに妻(チエコ・シュレーダー)は日本人で、彼女と共同執筆した脚本『アメリカン・バイオレンス』(1981年)というドキュメンタリーもある。

また、その取材の中からニューヨークの実験映画作家デヴィット・ワイズマンとの交流が生まれた。その過程の中でマヌエル・プイグの実験的な小説『蜘蛛女のキス』の映画化で脚色を担当し、85年カンヌ国際映画祭の正式出品作となり、翌年アカデミー賞脚色賞にノミネートされた。

また、自身の脚本と初監督による耽美的な『ネイキッド・タンゴ』(1990年)を作り出している。近年は、一応完成されたシナリオにアドバイスを与える「スクリプト・ドクター」の仕事を行っていた。

1996年から1999年まで南カリフォルニア大学映画学科の修士コースで脚本家養成過程を担当していた。

1999年から2003年まではチャップマン大学で脚本家養成学科で指導を行っていた。2003年以降は、米国映画協会(AFI)の脚本家養成課程及び修士課程を担当していた。

2006年11月2日、心不全によって62歳で亡くなった。


主な担当作品
・ザ・ヤクザ - The Yakuza (1974) ※原作
・男はつらいよ 寅次郎春の夢 (1979) ※共同脚本
・太陽を盗んだ男 (1979) ※原案・共同脚本
・ションベン・ライダー (1983) ※原案 (監督:相米慎二)
・アメリカン・バイオレンス - The Killing of America (1982) ※共同脚本
・Mishima: A Life In Four Chapters (1985) ※共同脚本
・蜘蛛女のキス - Kiss of the Spider Woman (1985) ※脚本
・ネイキッド・タンゴ - Naked Tango (1991) ※監督・脚本

外部リンク
本人の公式サイト


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ61掲示板  
次へ