★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 831.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
慈愛は従属で、自由は略奪、真実は偽りで、偽りは真実なのか
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/831.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2016 年 1 月 31 日 21:04:10: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 



人間には皆、良心が備わっており、現代社会の有り様のため、大部分の人は、それに逆らって生きていくしか仕方がないのだろう。 


人のあるべき立ち位置は、利他であり、そこには何のストレスもなく、心地よく、しかも、それは自分以外のあらゆるものに対して、幸福をももたらすはずであろう。


だからそれを広めようとするのは、読者である大多数の人々の利益につながるはずだろう。



そのように、頭で考え理想に到達するのは容易なんだろうけど、自分を含む、現実世界を見渡すと、そこにあるのは、それとは程遠い全然異質な混沌しかないから、未来に灯明を見出すことができなくて、幻滅に襲われてしまう、人が益々嫌いになっていく。



私論ですが、地球の生物をみると、進化論が正しいとは考えにくい。


私は私達を創造した何かの存在があるのではと思っています。



そして、なぜ、人間としての存在が地球にあり、その、あるべき真の姿とは何なのでしょうか。


異星体が奴隷として人を作ったのでしょうか。 でも、私達が本当に奴隷であるなら、思考するような能力や良心は必要なのでしょうか。



良心に従って生きてゆけば、良心は育つし、それに逆らえばそれは小さくなるのも事実なのではないのでしょうか。


我欲に任せて増やした財産はこの世でしか通用しませんが、育てた良心は、もし、次の世があるのなら、それを生かすことができるような気もするのですが…




おりじなる


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月02日 00:51:54 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[1]
調和する力とはあなたそのものである。中和する力とも言う。
循環する力は停滞を生まない。停滞は凍りつくものを生む。
差別はそこに生まれる。
ただ、利を思えばよく、利を思うのに自他の差別はない。
分離を解消すれば、すべては元の流れに落ち着き、鞘に収まる。

2. 2016年2月19日 21:50:14 : Eki9rRKb9U : Qh9knKTBlS0[1]
ある覚者が言うには、人は自分の中にあるものしか体験できないらしい。
つまり自分の意識のレベルに応じた体験しか出来ないということでしょうか。
そうすると世界がどうあろうとも、その人が全面的に利他的に生きることを徹すれば、その人が体験する世界は利他的な幸福な世界以外はあり得ないことになる。
つまり、世界がどうの、他人がどうの、だから出来ないのだと言うのは、自分自身が利他的になれないことを他を批判することで、ごまかしていることに他ならないと言うことでしょうか。
自分自身も変えられなくて、どうして他人を、ましてや世界を変えることが出来ようか、とその覚者は言っている。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ61掲示板  
次へ