★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 878.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人類の肉體は12重螺旋構造のDNAを持ち完成する? リー・ルーみたいに? でもだうやつて?だうすれば? 其れが知りたい。
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/878.html
投稿者 不動明 日時 2016 年 6 月 01 日 00:01:06: yX4.ILg8Nhnko lXOTrpa@
 

(回答先: 人類強制進化計劃。 祕密の超大吉 TERRA=法隆寺 東洋に比定される東院伽藍夢殿封印祕佛『救世觀音』 投稿者 不動明 日時 2016 年 5 月 30 日 02:12:07)

 
 
 
 
    
 
 
 
 
デオキシリボ核酸 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%9C%E6%A0%B8%E9%85%B8#3.E6.9C.AC.E9.8E.96DNA.E3.81.AE.E5.AD.98.E5.9C.A8.E3.81.AB.E3.81.A4.E3.81.84.E3.81.A6


3本鎖DNAの存在について


これまで2本鎖、もしくは1本鎖のみと考えられていたDNAであるが、近年3本鎖DNAの存在が示唆されてきている[12][13]。


通常、DNAは真核生物の細胞内では2本鎖の状態で存在している。そのDNAのGC含量にもよるが、DNAは60℃前後で水素結合が壊れて1本鎖となる(Tm値)。逆に温度が下がり、0℃を下回るあたり(Bm値。若干の幅がある)で細胞質内のリン酸基を中心に3つの塩基が同じ高さに来ることがある。


この場合、事実上3本のDNA鎖が並列に存在することとなり、DNAは3本鎖となる。リン酸を必要とするため、単純なDNA溶液のみでの実験を行っても、in vitro(試験管内などの人工的に構成された条件下)での証明が難しい。今後はより再現性を高めた研究が進むものと期待されている。


3本鎖となったDNAにおいても、そのねじれは2本鎖の場合と変わらず、約10.5塩基ごとに1周である。3本鎖になることにより、2本鎖の場合のDNAの一次構造の保持への負担はより軽くなると思われがちである。しかし、実際に保持エネルギーを計測すると3本鎖DNAの方がエネルギーが大きく、遥かに不安定であることが実験的に証明されている[14]。


なお、一部の担子菌類では、自然界で正常に存在している状態で3本鎖のDNAを有するものが見つかっている。これらのDNAが転写・複製される場合、3本が同時にほどけるのではなく、1本ずつ順番にほどけて複製される。そのため、これらの生物がDNA複製を行う際生体内のDNA量を計測すると、ある1点で急激に増加するのではなく段階的に増加していることがわかる。
 
 
 
 
遺伝子は3重螺旋構造である 環境免疫学 人の幸せを祈る
http://www.kmk21.com/new_page_9.htm


 ※ 現代科学・現代医療では、未だ解明されていませんが、この3本セットが実際は2本、合わせて
   6本、この6本が、さらに表裏関係で12本のスパイラル(螺旋)構造が、本来の遺伝子構造です。
   この状態で、脳内回路も100%稼働が可能です。これがある外的な力の作用により、現代の螺旋
   構造となったのです。(この分野で専門の方のために伝えておきますと、この12本の表裏関係など
   の秘密は、遺伝情報を担う生体物質、染色体の姿を解明すれば解けてきます。)
    よく脳科学において、「人間は脳の5%も使っていない」と言いますが、これは正解です。遺伝子
   構造の欠損が、脳の稼働力をおとしめている原因です。
    そして、理解しなければならないのは、繰り返しますが、人の愛念以外に修復は不可能だという
    ことです。いくら現代科学の先端を投入しても不可能です。5%しか使えていない人の頭脳の領分
    をはるかに超えているのです。
 
 
 
 
此の(Watch from Brasilより転載)進化する人類のDNAは12重らせんを持つ?
と云ふ記事を搜してたんだが中々見つからなかつたのだが轉載してゐた人がいた。
元ブログは無い模樣。


宇宙の変化と同時にDNAも変化している? ― アラフォーママの日記
http://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/entry-11503683386.html


アラフォーママの日記
宇宙の変化と同時にDNAも変化している?
2013-04-02 23:20:11


ブラックホールの渦巻きと太陽系の各惑星の極の渦巻きは連動しているのか?


そして、同時に惑星内の生命体のDNAにも変化が起こっている?


また興味深い記事を見つけた。


(Watch from Brasilより転載)
進化する人類のDNAは12重らせんを持つ?
http://watch-fr-br.iza.ne.jp/blog/entry/705836/


エントリー、「アセンションについて」の中で、遺伝子が変化した子供の話を紹介し、
「アセンションについて−2」でエイズに免疫を持つ子供たちの話について挙げましたが、
これらの情報には、信憑性の面でイマイチ問題があると思っていました。
それでさらに調べていたところ、「New Form Of Humans Being Made? DNA, Cellular Upgrades?」
(人類の新種?DNA・細胞がアップグレードする?)を見つけました。
この情報も信頼できるかどうか疑問だけれど(みなさん、あんまりマユにツバをつけないでね)、紹介するには問題ナシと思えましたので、以下になんとか訳してみました。


パトリシア・レッシュによるインタヴューの中で、
ベレンダ・フォックス博士はDNAと細胞の変化について明らかにしました・・・・


フォックス博士はカリフォルニアのマウント・シャスタにあるアヴァロン・ウエルネス・センターのホリスティック療法士です。
アヴァロン・クリニックはアヴァロン島で独特に行われていた理想的な治療を再現し、実行しています。
フォックス博士は血液検査を介し、いくらかの人々が未知のプロセスよってDNAを作り出していることを証明しました。


パトリシア・レッシュ: べレンダ博士、あなたの背景を教えてください。


ベレンダ・フォックス:
私は自然療法生理学の博士号を得ました。
ヨーロッパで研修中、あるメディアにかかわっていました。
そして引き続いて映像製作にかかわっています。
あなたも知っているように、ETに関してと、この時点で人類に起こっていることに対するその役割を理解してもらうため、FOX・TV局で働いています。
そのもっと知られているものは、「サイティングス」と「X-ファイル」です。


パトリシア・レッシュ: この時点で地球に起きている異変はどんなことでしょう?
そしてどのように我々の体が影響を受けているのでしょうか?


ベレンダ・フォックス:
遺伝学者たちによると、我々がおそらく水中から出て以来、突然変異など起きなかったとされるぐらいの、大きな変化があります。
数年前に、メキシコシティーで世界的な遺伝学会議が開催され、主要議題がDNAの異変でした。我々はどのように変化するか知らないにもかかわらず、進化の過程にあります。


パトリシア・レッシュ: 我々のDNA異変とは、どのようなことです?


ベレンダ・フォックス:
誰でも二重らせんのDNAを持っています。
我々が見つけたのは、人間を形成する別のらせんがあることです。
二重らせんの中に二よりのDNAを絡ませたらせんがあります。
私が理解するところによると、我々に12条のらせんが発現されます。
おそらく5〜20年前に始まったらしく、そのあいだに突然変異が起こったのです。
これが科学的な説明です。
それは人類にとってどんな最終結果をもたらすか、まだ知ることができない突然変異です。


この異変は公表されていません。
なぜなら科学者たちは、民衆を驚かせることになると感じているからです。
しかしながら、人々は細胞レベルで変化しています。
私は現在、三重らせんDNAを持った三人の子供を調べています。
多くの人々がそれを知っているし、感じています。
多くの宗教で変異について話されていて、それが様々な方法で起こることを知っています。
心身や感情に誤解や驚きを起こすにもかかわらず、我々はそれがポジティヴな突然変異だと知っています。


パトリシア・レッシュ: それらの子供たちは他の子供たちと違った特徴を見せていますか?


べレンダ・フォックス:
部屋の向こう側からただ精神を集中させるだけで物を動かすことができるか、
あるいは、コップを見つめるだけで水を満たすことができる子供たちです。
彼らはテレパシーを使えます。
まるであなたには、なかばエンジェルかスーパーマンと考えられるでしょうが、彼らはそうではありません。
私は次の10年のあいだに我々が彼らのようになるだろうと思います。


パトリシア・レッシュ: あなたはそれらが我々のすべてに起こることだと思いますか?


べレンダ・フォックス:
それは1940年以前に生まれたほとんどの人たちで、変化することができなかった、
しかしその次世代で始まったなにかが、我々の寿命があるあいだに他のらせんを形成する能力を与えたようです。
我々の免疫と内分泌システムは異変のもっとも明らかなものです。
それは私が免疫力テストと治療を研究する理由の一つなのです。


私がテストしたいくらかの成人には、別のらせんが形成されています。
いくらかは、三番目のらせんをすでに持っています。
これらの人々の多くが、自覚と肉体における主要な異変の中を通過します。
なぜならそれら二つは一つのことだからです。
私の意見では、地球とそこに住む誰もが自らの振動を増幅しています。
最近生まれた子供の多くが磁気的に体を輝かしています。
我々のように、もっと年をとった者は変化を選択することになります。
多くの肉体的な変異を通過しなければなりません。


パトリシア・レッシュ: なにがノーマルな二重らせんを持って生まれた肉体に変異をもたらすのですか?


ベレンダ・フォックス:
もっとも簡単にDNA変異を起こす方法は、ヴィールスによります。
結果的にヴィールスは、悪いそれである必要がありません。
ヴィールスは生きた組織の中で生きます。
エプスタイン・バールやヘルペスのようなDNAヴィールスは細胞構造を変異させません。
レトロヴィールスのHIVはDNAヴィールスではありません。
替わって体に異変を起こすそれは、実際のところ(細胞を)破壊してしまいます。


このプロセスを通過するもっとも多くの、そして別の方向へ活路を見出す人々は、
新しい職業に換え、新しい考え方に変え、または少なくても新しい生活スタイルを始めます。
彼らが実際に病気や疲労・絶望を感じたとしても、それは贈り物であると。
それは彼らのDNAや肉体の変異を起こし、輝いた、もっと健康的な肉体を次世代に出現させるチャンスを与えてくれることです。
エンジェルが見られることは、我々が変化しているサインなのです。
私の理解としては、およそ2012年までにこのプロセスが完成されます。


パトリシア・レッシュ: 別のどのような変化が起こると我々は期待すべきでしょうか?


べレンダ・フォックス:
病気がなくなり、死ぬ必要のないことでしょう。
我々は苦難を通してではなく、喜びと愛を通して、レッスンによって学ぶことができるでしょう。
古いシステムが崩れさり、それは大きな戦いなしに起こることではないでしょう。
そのため、あなたたちには、治療するための多くの医療方式が効果を持たないとか、政府が機能しないといった、すべての戦争があるでしょう。


多くの古いパラダイム(物の見方や捉え方)が存在しなくなるでしょう。
存続するためにそれらは戦うだろうけれど。
しかし、疑問の余地なく変化しています。
この時点で生きることを選択した我々の中の彼らは、ほとんど新しい種族の前走者です。
同時に、実際的に地球の楽園を表すにもかかわらず人類なのです。
我々は(ヨーガの?)師とET(例えばユミットのことか?)、エンジェル種(すでに変異した人間のことか?)から特別な援助を受けて、心の内部へ導かれるために学んでいます。
さらに我々がそこへ入ることができ、静かなる声を聞き、さらに起こっている変化と調和します。


パトリシア・レッシュ: これらの変化のいくらかの副作用はどんなことでしょうか?


ベレンダ・フォックス:
細胞の変異によって、あなたはときどきそこにいないと感じるでしょう。
我々は文字どおり細胞が異変し、新しい人類になろうとしているので、あなたは疲労を感じるかもしれない。
新生児のように、あなたは多くの休養を必要とするかもしれない。
精神的な混乱と、なにか大きなことのために予定されたような日常の仕事に集中できないことが起こるかもしれません。


体のいたるところで、とくに原因のない痛みや苦痛が起きることが普通でしょう。
多くの人々にとって、自分が狂ったように感じられるでしょう。
もし彼らが通常の医者にかかったら、なにが原因なのか正しく診断できないために、おそらくほとんどはプロザック(抗うつ剤)を処方されるでしょう。
それはエネルギー体を読み取る経験のない医療者にとって難しいことなのです。


なぜならチャクラ(ヨーガでエーテル体にあるエネルギー・センター)は、我々の内分泌システムに関係しているので、女性はホルモンの異変をきたすでしょう。
ホルモンを分泌することにより、なぜかわからずに泣くかもしれません。
我々(の成長?)が加速しているため、多くの女性たちが早期に更年期をむかえるでしょう。
アクティヴであることに慣れている男性は、たぶん極度の疲労によって大きな挫折感を抱くでしょう。
彼らは直感的になるため、女性的な内面をあらわにするかもしれません(えっ?よーするに、ゲイっぽくなるってこと?そういえば、近年ゲイが増えてないかな?)。


ここ20〜30年に出現した精神不安定の治療では、これらの変化によって新しいテクニックが促進されてきました。
実際のところ我々は、ごく短いあいだに数千年もかかるような、すさまじい量の感情的な行為(戦争・紛争・社会問題・ストレスといったことをさしているのか?)をしています。


パトリシア・レッシュ: これらの変化を通過している誰かをあなたはどう扱うのですか?


ベレンダ・フォックス:
私は個々の人について仕事をする観点から病気を治療する代わりとして、それにアプローチしています。
ラテン語の「ドクター」は教育者を意味します。
唯一有効な仕事としては、真の治療者として、必要なツールによって人々を強化し、
実際になにが起こっているか知らせて彼らを安心させ、彼らは治ることができるし、
治療中は「ネガティヴ」症状から開放させる、といったことが実行できることです。


最初に、私は今まで行われることがなかった免疫力のテストを要求します。
それはラボでの血液検査です。特別な先進的研究ラボで実行されます。
そこで、私は患者についての情報を彼ら自身に伝えます。
これは彼らが治癒力を持つことができるための、変異のマップといったことに大変近いでしょう。
私は治療者ではありませんが、ただ彼らの個々の治癒プロセスの手段になります。


患者には、自らの血液検査を見る能力があります。
そして彼らの体になにが起こっているのか、潜在意識にクリックするように起こっている、なんらかのマップを見ています。
実際のキーは、患者自身が責任を取り、自身で働くことです。
私がツールとして使っているものは、普通に使われるものではありません。
体のホルモンシステムがDNA変異を受け入れるための、ヨーロッパから持ち込んだ腺治療である、様々なオーガニック治療(Organotherapy)を使用します


さらに、エネルギッシュな体に働くホメオパシーやヴィタミン・ハーブ、そして低温レーザー治療を使います。
治療は完全に個別な必要性によります。
私がすることの多くは、我々より先に去ってしまった古いシスター&ブラザーと呼ぶ、それらから得たことです。
我々がそこからここへやってきたところから、他の太陽系からこの惑星の異変を助けるために彼らは来たのです。


パトリシア・レッシュ: あなたは自分の仕事の進展をどう見ますか?


べレンダ・フォックス:
私は自分の仕事を暫定的、あるいは過渡期のそれと見ています。
それは科学であり芸術でもあります。治療は芸術であり科学です。
ただ、科学、または治療芸術のみを使うことは、完全な健康にとって十分ではありません。
私は生涯治療者であるつもりはありません。
なぜなら病気は消滅すると信じるからです。
我々のように自覚した人々にとって、病気や苦難はなくなってしまうでしょう。


------------------------------------------------------------------------------------


次の話には、ヴィデオ・ゲームやマンガの物語のような、さらに印象的なことが書かれています。
これを読むと、どうやらあの奇怪な「レプティリアン」は「シリウス星人」ということらしい。
そしてベレンダ・フォックス博士の話と合わせて読むと、終局的に人類がクリスタル体に変化する以前に自滅してしまう危険から人類を救済するためにETが地球を訪れる、といったことは、
今年亡くなったアーサー・C・クラークの「地球幼年期の終わり」のプロットそのものといった感じです。


DNA AND BODY CHANGES AND REMEDIES(DNAと肉体変化と治療)
スザーナ・ソープ−クラーク著、「The Bigger Picture」より転載


我々は肉体的に二重らせんDNAを持った炭素ベース人類から、1024重らせんDNAのクリスタル(結晶?)人類へと終局的に変化します。
なぜならクリスタル物質のみが高次元レベルで存在できるからです。
実際に我々は、きわめて姿が我々のものに近いながらも、比較的小さな副作用をともなって結合したシリウス星人のらせんDNAと合成された肉体をもちます。


それは我々人類のみが変化するということでではなく、すべての地球の生物がクリスタル体に変化します。
海にいるすべての魚、あなたの庭にある花や木、空の鳥、あなたのペット犬や猫も一緒です。
すべてが変化します。
我々すべてが新しい生命体へと一緒に移行するために、なにも死んだり破壊されたりしません。
新しい生存形体は、肉体的・精神的・感情的に三次元的な概念から自由になるよう要求します。


本来なら、変化プロセスのほとんどが死によってのみもたらされるはすです。
すなわち現世の古い価値観と生存方法は、完全に違ったあの世では通用しません。
そのため、この変化を通じた進歩では、新しい生存形体ために、我々を現在の人間関係・仕事・キャリヤー・家庭の所有などから開放します。


それは驚きでないけれど、ほとんどの人々がそれを自覚していないにもかかわらず、すでに変化が進行しているため、
巨大な不安と生存する恐れを抱くでしょう。
さらに、我々の心理的変化は、現在の加速によって起こります。
多くの一時的な実質的症状が、その結果として我々の肉体に起こります。


これらのいくらかの症状は:


インフルエンザに似た症状 ― 高熱・発汗・骨や関節の痛みなどで、抗生物質が効かない。
強度の頭痛 ― ひどい痛みで、鎮痛剤が効かない。
ときどき下痢をする。
ときどき鼻水が出る ― 24時間続く鼻水で、カゼや花粉症と結びつかない。
めまいがする
耳鳴りがする。
胸の動悸。
全身に震え。とくに夜にリラックスしているとき。
激しい筋肉ケイレンと一緒に起こる体の痛みで、たびたび背中に起こる。
腕や手・脚や足に起こるうずき。
筋肉が力を失う。とくに血液循環の変化による手の筋肉。
ときどき呼吸困難になる。それ一緒に、あるは強く、大きく呼吸できない。とくにリラックスしているとき起こる。
免疫力の低下
リンパ腺の機能低下
ちょっとしたことで疲れる、または過労を感じる。
普通より長くたびたび寝不足を感じる。
足の爪や髪の毛が普通より速く伸びる。
原因不明のウツ症状が起こる。
ノスタルジーに陥り、人間関係を注視し、個人的な問題により明るくなる。
心が非常に清められたと感じる。
緊張・不安・強いストレス ― なにかが起こっていと感じられるが、それが理解できないために起こる。


これらの症状のいくらかが非常に多くの人々によって感じられています。
多くはパニックを起こして医者や脊柱療法士・エルバ療法士などへ駆け込み、そして、なにも問題がないと言われます。
それが現実です。
これらの症状は一時的なものであり、単に心理的な変化が起きているためだと示すことができます。


$アラフォーママの日記


上の症状を和らげるいくらかの処方を以下に挙げます。


流れるままに任せましょう。戦ってはいけません。
もし疲れや過労を感じるなら体を休めて、より多くの睡眠をとりましょう。
早めに解毒と脱水を防ぐため、普通よりたくさん水を飲みましょう。
感情の高揚やストレスを和らげるため、キツソウコン(神経鎮静剤)を飲みましょう。
フェヌグリーク(ハーブ)はリンパ・システムやヘルペスのストレスを和らげ、解毒します。
筋肉ケイレンを和らげるため、キツソウコンを飲み、泥風呂を試すことや、エプソム塩を入れた風呂へ毎日入ることです。


もしあなたに心臓の動悸があるか、呼吸困難なら、チャクラ胸かチャクラ喉が閉塞しているのではなく、
一時的な症状だと認識しましょう。
あなたは変化しているだけで死ぬわけではありません。
しかし、私の言うことだけを真に受けてはいけません。
もしあなたに確信がないなら、医者にかかることを勧めます。


もしあなたがキツソウコンかフェヌグリークを手に入れる場所がわからないなら、インターネットで探しましょう
(これは、ソースの記述と異なり、私が勝手に書きました)。
ほとんどの症状は二週間ほど続くようです。そして消失します。
いくらかの症状はときどき再発します


これらの変化は、すべての人々にとって同時に起こるということではないようです。
ごくわずかなパーセントの成人がすでに完全なクリスタル体へと変化し、すでに1024重らせんDNAを持っています。
ある女性に関する報告では、足が7センチメートル成長しました。


7歳以下のすべての子供たちも変化したか、じきにするでしょう。
この2年で誕生した赤ん坊は、すでにすべて変異したDNAを持っています。
いくらかの人々では、変化がまだ始まったばかりです。
多くの人ではこれから始まるでしょう。
この変化プロセスは、「覚醒」またはアセンション・プロセス、あるいはメルカバ(Merkabah)の達成、ないし輝く肉体( light body)として知られています。


我々は我々の恐れを超越し、我々自身で始めるべき愛、真実の愛について学ぶ必要があります。我々自身を愛し、信頼することができるまで。なぜなら、我々はなんについてでも、あるいは誰についでも真に愛し、信頼できるようにはなっていません。
New Form Of humans Being Made? DNA ,Cellular Upgrades?


------------------------------------------------------------------------------
(転載おわり)



$アラフォーママの日記



過去記事、六角形構造と元素変換・生体内核変換の関係性の中でメモしておいたものがあった。


DNA Can be influenced and reprogrammed by words and frequencies
(グーグル翻訳:DNAは、言葉と周波数の影響を受け、再プログラミングすることができます)


ヒトのDNAは、生物学インターネットと人工的なものに多くの面で優れています。
最新のロシアの科学研究は、直接または間接的にそのような千里眼、直感、人々の周り癒し、自己治癒、
肯定のテクニック、珍しい光/オーラの自然とリモート行為(すなわちスピリチュアルマスター)、
気象パターンと、はるかに上の心の影響力などの現象を説明しています。
さらに、DNAを切り出し、単一の遺伝子を交換せずに単語や周波数に影響を受け、
再プログラムが可能な医療の全く新しいタイプの証拠があります。


私たちのDNAのわずか10%が蛋白質を構築するために使用されています。
それは西洋の研究者に関心があって、検査と分類されているDNAのこのサブセットです。
他の90%が"ジャンクDNA"ロシアの研究者、しかし、自然のダムではなかったと確信し、
のそれらの90パーセント探求するベンチャーで、言語学者や遺伝学者に加わった"ジャンクDNA"を
彼らの結果は、調査結果と結論しているだけで考えられている画期的な!
彼らによると、私たちのDNAは私たちの体の建設のための唯一の責任を負うものではありませんが、
データストレージとして、通信で提供しています。
ロシアの言語学者は特に明らかに無駄な90%の遺伝コードは、
すべて私たち人間の言語と同じ規則に従うことがわかった。
この目的のために彼らは、構文の規則(単語がフレーズ、文章を形成するために一緒に置かれている方法)、
意味論(言語形式の意味の研究)と文法の基本的なルールを比較した。


Garjajevの研究グループは、この方法で、
例えばX線によって損傷染色体が修復することができることを証明することに成功した。
彼らは、特定のDNAの情報パターンをキャプチャし、そのため別のゲノムに細胞を再プログラミング、
別のものにそれを送信。
そこで、彼らは成功し、単にDNAの情報パターンを送信することにより、サンショウウオの胚に、
例えば、カエルの胚を変換! この方法では、全体の情報はDNAから単一の遺伝子を切り出し、
再導入時に発生した副作用またはdisharmoniesのいずれかなしで送信されました。
これは信じられないほどの、世界的に変換する革命と感覚を表しています!
すべてこの単純ではなく、古風なカットアウト手順の振動と言語を適用することにより!
この実験は明らかにアルカリ系列の生化学的プロセス以外の生物の形成に大きな影響を持っている
波遺伝学、の巨大な力を指しています。


---------------------------------------------



やはり、生命のDNAも周波数の変化によって自在に変化すると思われる。


ブラックホールから新たなエネルギーが放出され、太陽系全体の周波数が変化しているとすれば、


恐らく、必然的に惑星も、そして各惑星の生命体の周波数も同期していくということになるだろう。


メトロノームの振動が同期していくのと同じように。





この新しい周波数とは、


チャネリングメッセージ等でしきりに伝えられている「結晶構造の周波数」なのだろうか?



・結晶構造の周波数?
http://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/entry-11137373228.html


結晶構造のグリッドが優勢になっているため、今、磁気グリッドは縮小ささせられた状態になっています。
重力場は既に移行していて、これからもこの転移を続けることになるでしょう。


二元性の振幅の弧は減少させられ、
さらに巨大な次元に向けた運動、結晶構造の周波数が今、具体的なものになっています。
それは皆さんに作用し、移行の中で強力な状態で皆さんの存在性に影響を与えています。



【関連記事】


・内部被爆したDNAを修復できるか? 〜ソルフェジオ周波数のメカニズムとは?〜
http://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/entry-11086456999.html





*↓こちらの異変はまた別の話になるだろう。


・福島原発周辺で「動植物異常」相次ぐ
http://toyokeizai.net/articles/-/13516






未だ世界は、光と闇が戦っている幻想を見て、


被支配者側は、支配者側を「闇、悪魔」という植えつけられた恐怖の概念で捉えるが故に、


仕掛けられたシステムのマジックにかけられて、それに怯え、


その恐怖によってさらにその「闇、悪」とするものにまた余計に力を与え続けている。


しかし、悪魔や悪霊などというその物体、or物質、or概念も、


ミクロの分子レベルや粒子レベル、エネルギーレベルで捉えると、


ただの振動数の違う低振動エネルギーというものにすぎないのだろう。


ただ単に、同じエネルギーでも正か負か、陽か陰か、プラスかマイナスかの違いなのだ。


正が負に、陽が陰に、プラスがマイナスに怯える必要はないのだ。




目が覚めてみたら、闇とは何てことはない、ただの「ヒヒーン、ワンワン、ニャオー、コケコッコー」と


ブレーメンの音楽隊の正体見たり・・・くらいのものかもしれない。


$アラフォーママの日記



マイナスエネルギーに押されそうになったら、プラスエネルギーを強化すればいいだけなのだ。



どうやって強化するか?


想念でしょ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年5月20日 15:57:13 : FgqaWer19u : oxgRCfVZnCs[85]

どうして「だう・だう・だう」と書くのか知らんが気持ち悪い。
とりあえず、AIDSもEVORAも生物兵器であるということだけは覚えておきましょうね!
だからアフリカでのエボラ騒動では、米軍が出動したのさ。もちろん、人体実験だよ。

日本会議もカケ学園を隠れ蓑にして国費を使った生物兵器の研究施設が欲しいんだよ。だからほかの大学は絶対にダメなのさ。そもそもアベ案件ではなく、カルト日本会議マターなんだよ。わかりる?

>これがエボラウィルスの内部構造だ!:エボラは人造ウィルスか?長すぎますナ!
http://quasimoto.exblog.jp/d2014-08-22/
>エボラ欧州上陸。アフリカは道に遺体、アメリカは政府がエボラ特許
http://www.gizmodo.jp/2014/08/post_15233.html
>疑惑のSTAP細胞の特許、エボラ出血熱ウイルスの特許
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/f80a921decfbe2a820827df5a931acf2

>エボラやAIDSは生物兵器として開発されました。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51938957.html
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1871441.html
Dr.ブロデリックが世界中の人々に以下の手紙を送っています。この手紙は世界中に拡散されるべきだと思います。エボラについてです。彼が調査した結果、エボラ(そしてAIDSなども)は完全に生物兵器として米軍が中心となって開発・人体実験されているということが分かりました。きっとそんなことだろうとは思いましたが。。。エボラの感染がこれまでにないスピードで広がったのも非常に不自然ですから。。。
それに。。。日本のデング熱に関しても、きっとどこかの研究施設が感染かを代々木公園にばら撒いた結果、感染が広がったのではないでしょうか。そう思っても不思議ではないほど、アメリカや他の同盟国は極悪非道なことを行ってきているのです。冷戦時代には、ソ連とアメリカは競い合ってこのような非常に危険なウイルスの開発を行ってきたのでしょうが、アメリカは今でも致死率が非常に高く感染力の強い遺伝子組み換えウイルスをアフリカ人に感染させたのです。これ以上の極悪犯罪はありません。彼らの悪行により感染が世界中に広がり、世界中の人々が犠牲になることも全く考えずにです。。。それが彼らの望むところなのでしょうか。本当に酷いことです。
このような極悪犯罪を主導しているのがアメリカです。本当にどうしょうもない奴らがアメリカに生息し、アメリカだけでなく世界を支配しているのです。彼らはサイコパスのキチ害集団です。地球に生息させても地球や人類を滅ぼすだけです。要りませんね、あんな人種は。それに。。。オバマが3000人の兵士を西アフリカに派遣すると言っていますが、なぜ、兵士?なのでしょう。エボラを退治するのに戦争で闘うだけの兵士は必要ないでしょう。彼らが必要なのは専門家や医療従事者です。きっと、この機会を利用して、オバマは米軍兵士にも感染させようとしているのでしょうか。自衛隊は絶対に派遣させてはいけませんね。日本政府が米政府のように極悪非道の集団でなくて本当に良かったと思っています。完璧ではないにしろ、世界でも良識ある政府の内に入ると思っています。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/09/ebola-and-aids-manufactured-by-western-pharmaceuticals-and-us-dod-3030890.html
(概要)9月18日付け:世界中の人々へ、

リベリアや他の西アフリカ諸国ではエボラ・ウイルスにより大勢の人々が死亡し、地域が破壊されようとしていると伝える記事を、あなた方のサイトや他のサイトで読んでいますが、1週間ほど前に、Friends of Liberiaというサイトに載っていた記事は、西アフリカでエボラ・ウイルスの感染が広まった原因は、コンゴで2歳児が感染コウモリに接触したとによるものだと認識されていると伝えていましたが、私はこの記事に非常に驚かされました。そしてFriends of Liberiaに以下のコメントを送らずにはいられませんでした。「アフリカの人々は皆さんが思っているほど無知で単純ではありません。」と。。。すると、Dr.バーロン・ストーンから以下の返事を貰いました。「この記事はFriends of Liberia自身が書いたものではありません。彼らは情報を提供する場を与えているだけです。」と。。。そしてDr.ストーンは私に私の手紙の内容をネット上に公開しても良いかと尋ねました。私はもちろん承諾しましたが、未だに私の手紙の内容は公開されていません。。。

リベリアでは、大勢の人々がエボラで亡くなったため、人々は、恐怖心、心理的トラウマ、絶望感でいっぱいです。西アフリカの破壊的状況を少しでも緩和するための方法を提供することが私の義務ではないかと思います。今後、エボラと徹底的に戦わなければ、状況は悪化するだけです。エボラについて、私が知っている5つの事を、以下の通り、みなさんにお教えします。

1. エボラは遺伝子組み換えによって作られたウイルスです。
Dr.ロバート・ストレッカーの著書には:
新たに作り出されたウイルスとはAIDSとエボラです。冷戦時代にロシアのKGBとアメリカのCIAは相手国を攻撃するために其々がAIDSに似たウイルスを作り出しました。
メリーランドのフレデリックでエボラウイルスが作り出された時、地域住民は原因不明の病気を患いました。実存することが確認された米軍の医療産業では、アフリカ人(黒人)の病気予防と健康改善のためにワクチンの管理・接種を行っているとの口実で、実際は、生物兵器の実験が行われていたのです
このような著書が出版されたにもかかわらず、アフリカのリーダーらは何も知らなかったことに非常に驚いています。

2. アフリカで、秘密裡にエボラウイルスの実験が行われました。。
リチャード・プレストンの著書で、エボラに感染して死んだ動物の体内がどうなっていたのかを説明していますので、感染が拡大しているギニア、シエラレオネ、リベリアのエボラウイルス感染者の身体がどのような状態になってしまうのか想像できます。
エボラ・ウイルスは感染者の内蔵を破壊し、死に至らせます。そして遺体はすぐに腐敗します。エボラ・ウイルスは、遺体を冷蔵保存しても、体内組織をゼリーのように溶かします。
感染者が死亡すると、遺体は自然に液化します。遺伝子組み換えのエボラ・ウイルスがアフリカで初めて使われたのは、1976年のザイール(現コンゴ)であり、モブツ・セセ・セコ大統領時代です。

3. 西アフリカを含むアフリカの各地では、長年の間、最新型のウイルス、特にエボラ・ウイルスを使った実験が行われてきました。WHOと国連機関は様々な医療実験やワクチンの接種を行う実験場として、アフリカの国々を選択しました。しかし実際は軍事的目的で生物兵器をアフリカの人々に試していたのです。
2014年8月2日、「西アフリカ」と題する記事には、エボラ感染が拡大している西アフリカの地域で米生物兵器研究者が目撃されたと書いてありました。さらにアフリカ諸国の政府が直面している問題にも言及していました。

エボラ・ウイルスの研究に携わっている組織、機関とは:
(a) メリーランド、フォートデトリックの米軍の感染病の医学研究所(生物兵器研究所)
(b) ニューオーリンズのテゥーレーン大学ではラッサ出血熱の研究費として政府から7百万ドル以上の補助金を受け取っています。
(c) 疾病管理センター(CDC);
(d) 国境のない医師団
(e) カナダの製薬会社 テクミラ社
(f) イギリスのグラクソスミスクライン社
(g) シエラレオーネのケネマ国立病院

米国防省はエボラの人体実験を行う機関に資金を提供しました。人体実験はエボラ感染拡大の数週間前にギニア、シエラレオネで開始されました。国防省はカナダのテクミラ社に1億4千億ドルの資金を提供し、エボラの研究を行わせました。
今年1月に、テクミラ社の研究者らは、西アフリカの健康な人たちに致死率の非常に高いエボラ・ウイルスを注射したのです。国防省も共同研究者として資料に記録されています。その2ヶ月後の3月に西アフリカでエボラの感染拡大が発表されました。 ケネマには米政府のウイルス性の高熱を発する生物テロ研究所があります。この街はエボラ・ウイルスの発生地なのです。
米政府からの資金提供により、西アフリカの健康な人たちはエボラ・ウイルスの実験台になってしまいましたが、このことに対して、ハーバード大学やイェール大学の著名な科学者らはそのような実験を行うと世界中にエボラ感染が拡大すると警告していたのです。その危険性は今や現実のものとなっています。

4. エボラや他の病原菌によって西アフリカの人々が深刻な被害を受けたことに対して何等かの法的手段が必要です。 アメリカ、カナダ、フランス、イギリスは、極悪なエボラ実験に関わっている国です。これらの加害国は、西アフリカの被害者、犠牲者に対し市民救済を行うべきであり、アフリカ諸国はこれらの国々や関連企業そして国連に対して損害賠償を請求するべきです。
さらに、テューレーン大学がエボラ実験に関わったことを証明する証拠資料が数多くあります。
エボラ感染が拡大した時と並行して国連のワクチンキャンペーンが行われていました。

5. アフリカ諸国やリーダーらは、アフリカの乳児、子供、女性、男性、高齢者たちを守らなければなりません。彼らは実験用のモルモットではないのです。アフリカ大陸を非常に危険な化学物質、危険な薬品、未知の感染病を発症させる化学兵器、生物兵器の処理場にさせるべきではありません。生物兵器として遺伝子組み換え細菌類を開発してきた欧米諸国のように、産業も科学も発展していない貧しい国々の人々、特にアフリカの人々を守るための対策が急務です。

驚くべきことに、米政府はシエラレオネの実験施設で出血熱ウイルスを使ったバイオテロを行ってきたのです。彼らが行ってきたバイオテロは直ちに全て消滅させるべきです。シエラレオネ政府はシエラレオネにある米政府の生物テロ研究所を直ちに閉鎖させるべきです。また、テュレーン大学で行われているエボラウイルスの実験を止めさせるべきです。
世界中の国々が深刻な事態に直面していることを知るべきです。これは世界中の人々が驚愕する事件なのです。アフリカ人、特にリベリア、ギニア、シエラレオネの人々は被害者であり、毎日のように多くの犠牲者が出ています。
病院を信用できず、友人や家族と手を握ったり抱き合ったりできない人たちが大勢います。
罪のない人々が犠牲になっています。彼らは助けを求めています。彼らは自分達をエボラから守る防御服を購入するお金もありません。

エボラの脅威にさらされている国、地域はアフリカの一部だけではありません。世界的な対策が必要です。我々は世界中の国々に支援を要請します。中国、日本、オーストラリア、インド、ドイツ、イタリア、そしてアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、朝鮮、サウジアラビアの親切な人々からも。。世界中の人たちからの支援を待っています。

状況は想像以上に深刻です。皆ができる限り多くの支援を行うべきです。この状況を改善させるためにも自国の政府にこの問題に対し、正直に、公正に、効率的に、そして透明性を持って対応するように要求することが重要です。各国政府は国民の要請に応えなければなりません。皆さん、立ち上がってください。そしてエボラの実験とエボラ感染の拡大を阻止しましょう。

Thank you very much.
Sincerely,
Dr. Cyril E. Broderick, Sr


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ61掲示板  
次へ