★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 876.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人類強制進化計劃。 祕密の超大吉 TERRA=法隆寺 東洋に比定される東院伽藍夢殿封印祕佛『救世觀音』
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/876.html
投稿者 不動明 日時 2016 年 5 月 30 日 02:12:07: yX4.ILg8Nhnko lXOTrpa@
 

(回答先: 『惡魔や魔の民や、諸天や龍や夜叉やクハンダ等に便りを得せしむる事勿れ。』 天魔との鬪ひ。暗黒天體生命體『ラジヤサン』 投稿者 不動明 日時 2016 年 5 月 26 日 01:41:25)

 
 
 
 
        世間虚假 唯佛是眞 
 
 
        
        「ヨハネの黙示録」開封 法隆寺と『ヨハネの黙示録』(その2) 據り 
 
 
 
 
     『そこはちゃうように思います。たしかに“太子の未来記”
      でも、これから、信じられへんような大変化が人類に起こる
      ことになってます。 
       けど、それはハルマゲドンではおへん。そうではのうて、
      ハルマゲドンいうものを、根本からひっくり返してぶちこわす
      ようなことどす。その大変革に比べれば、ハルマゲドンなんて
      予言、ここの京都の和菓子より甘い思います。
       そやから、世界はその大変化で、めちゃくちゃになって
      ストップします。けど、そのとき、こんどは日本や人類にとって、
      もっと信じられへん最良のことが起こってきます。
       それは聖書のメシアの出現とか救世主の降臨なんて
      問題にならへん、人類がいっぺんも経験したことない、想像
      もできんような秘密の超大吉や、いうことになってます。』
 
 
 
 
小出「国家破産と大災害の場合、日本は周辺国の援軍により災害復旧を図ろうとし、そのまま進駐を許すというわけですか?・・・これじゃ主権も何もあったもんじゃない。しかし、それが『ジパング』の最終目的ではないでしょう?」
L女史「そのとおりです。『東方見聞録』では、なぜ黄金の国と言われたのでしょう?」
小出「たしか、平泉の中尊寺金色堂がモデルだとか・・・奥州、今の東北・・・東日本大震災と関係しているのですか?」
L女史「それから、原発です。この一帯が日本が主権をもつ自治区であり、やがて"神国"といわれるようになるでしょう」
小出「先ほどおっしゃられたように、<『ニホン』は第二の聖書、東にあるキリスト教国>になるということですか?」
L女史「いいえ。"超人"を生み出す奇跡の国になるのです」
小出「超人!?奇跡? ・・・イエス?・・・まさか放射能で・・・」
L女史「日本神話では、イザナギとイザナミが天の橋にたち矛で混沌をかき混ぜ島をつくったとされます。国生みは世界のどこの神話で同じように登場し、かき混ぜてつくります。これは遺伝子操作を意味しています。日本神話の場合、第1子と第2子は死産し、その後生まれる子供(島)も奇形が多くなっています」
小出「今度は日本神話と関係してくるんですか?」
L女史「イザナギはヘブライ語で『神の救いの君主』『イザヤの王子』を意味しています。イザナミは同様に『救いの統治者』です」
 
 
 
 
遺伝子のON,OFF


最近の遺伝子研究で、大変面白い事がわかってきました。生物の体の細胞は何十兆あろうと、上記のようにどの全ての細胞の遺伝子も全部同じ情報を持っています。まさに爪の先の細胞の遺伝子も心臓のものも全く同じ遺伝子情報を持っており、どの細胞も一人の人間をつくる為の全ての情報を持っています。
しかし、不思議なことに、心臓には心臓に必要な遺伝子のスイッチしか入っていません。後は皆切れているわけです。髪の毛のはえる遺伝子情報も持っているのですが、心臓には毛がはえてこない。つまり毛がはえるという情報のスイッチは切れているということです。髪の毛ならば、髪の毛に必要な遺伝子しかスイッチが入っていない。後はすべて切れている。つまり、「ほとんどの遺伝子は眠っている」ということになります。
現在、大まかに分かってきていることは、遺伝子は、周りの環境とお互いに作用を及ぼし合いながら、スイッチをONにしたりOFFにしたりしているのだということです。その仕組みについてここ10年くらいで、非常に研究がすすんでいます。たとえば、クローンのことです。


最初に出来たクローン羊はどのようにしてつくったかという話しをお聞きしました。それは、ショッキングではありますが、
「まず妊娠した雌の乳腺細胞というミルクを出す細胞を取ってきて、これを試験管の中で培養します。すなわち、試験管の中で殖やしたり、生かしたりするこの乳腺細胞の遺伝子の一番大切な務めは、ミルクを大量に作るという事です。従って、ミルクをつくる遺伝子は、全部スイッチが入っている。ところが、他の臓器で働く遺伝子は、ほとんど眠っている。
学者達は、なんとかこの眠りこけた遺伝子のスイッチをONにしようと考えました。しかし30年間誰も成功しなかったのです。ところが3年前、成功したのです。どうしたのか?
ある学者が、やはりあらゆるトライをして、眠っている遺伝子を起こそうとしたけれど、どうしてもうまく行かず、諦めて、「もう、この細胞を殺そう」と考え、栄養状態をストップしました。細胞は飢餓状態に陥り、半殺しの目に遭ったわけです。すると、死んだらだめと、死ぬ寸前に全ての遺伝子のスイッチがONになったのです。そして、普通ならミルクを作る為の遺伝子としてしか主として働いていないその遺伝子が、「一匹の羊を造る」という事をやったわけです。」
この話は、クローン人間を造るとか、安くて美味しいクローン牛をたくさん造るとかいうことで注目されていますが、研究自体に与えたショックは「遺伝子はたとえ眠りこけていても、条件次第で目を覚ます」という事を示したことでした。
ここから、遺伝子の研究では、「遺伝子はどんな環境で目を覚ますか?」という事が大きなテーマになっています。
たとえば、火傷をした場合、その部位の細胞の遺伝子は「熱」というショックで熱に対抗するたんぱく質を大量に造りだすとか、運動の訓練によって、筋肉たんぱく質をつくっている遺伝子のスイッチをONにし、そのため筋肉がもりもりしてくるとか、様々です。
言い方を変えるならば、遺伝子というのは何の暗号を伝えているかというと、
「こういうたんぱく質を造りなさい」
という情報を伝えているといえます。
また、最近分かってきた面白いこととして、いろんな食べ物によっても、遺伝子のスイッチがONになったり、OFFになったりするということだそうです。
具体的には「ガンになりやすい食べ物」は、ガンの寝ている遺伝子を叩き起こしてしまうといったことになるわけです。多くの人は、病気の遺伝子もみんなもっているのですが、それが寝ていればいいわけで、叩き起こすには、食べ物というようなものが一つの因子になる。また様々なストレスによって、その遺伝子のスイッチが入るらしい、ということも分かってきたということです。
 
 
 
 
この「東方の巨大な実験場」とはどこの国か? どこにあるのか?


といえば、まぎれもなくこの日本である。昔の天皇家と比べて、今の天皇家が子供のような存在に見えるのも不思議なことではない。毎年、園遊会を開いて、世の中の成功者とのほほんとしていればことたりる国へと変貌したからである。


同様に、軍隊を持たない国となった日本は、両方のはさみを切断された蟹のような存在、すなわち、永遠の子蟹のような存在になったわけである。


そういう社会情勢や社会システムの激変の結果、国民にはいっさい難しいことを処理する必要がなくなり、大人になっても子供のような存在でも事足りるという、一種異様な国へと変貌を遂げたわけである。


ところが、実は、これは日本の外の国々から見れば、”一種の実験”でしかない。なぜなら、歴史的にも現実的にもそういう状況は滅多に訪れるものではないからである。例外中の例外なのである。言い換えれば、日本という国は、あらゆる意味で、「実験場」なのである。
 
 
 
 
 人類は、ある意味ではまったく新しい生命形態へと進化する直前にあるのかもしれない。心
理工学の専門家トーマス・E・ベアデンによれば、人類の進化は7段階に分かれ、現在、人類は
第5段階にあるという。つまり、道具を使う知的生物としての存在である。だが、人類がさら
に発展していくためには、もはや第6段階を迎えなければならないところにきているという。
 第6の段階では、知能をもつ生物体としての人類が統合されてひとつの超頭脳、超精神へと
結合していかなくてはならない。この存在は完全な制御能力をもち、ついには時空を超えた超
存在へと進んでいくことになる。そして、神的な存在である第7段階に達して完結するのであ
る。
 ところが、ベアデンによれば、生命体が自然に進化していけるのは、第5段階までだという。
確かに、人類は他の動物のように本能という制御機能をもたなかったために、優れた適応能力
を発揮し、飛躍的な技術的進歩を遂げることができた。だが、その自動的な制御機能をもたな
い技術的進歩によって、人類は必然的に滅亡への道を辿ることになるという。
 この破局を乗り切り、第6のステーシに進化していくためには、人類が意図的に技術準備を
していくと同時に、破局の構造を自らつくり出していかなければならない。
 破局の構造? そう。それは、一種のカタストロフィーであり、たとえ大多数の人がそれに
よって滅びようとも、その中で選ばれた種が「超人類」として新生し、新たな文明を築くよう
になればいいというのだ。そうしなければ、人類はともに滅びるほかないというのである。
 べアデンは、しかしながら人類が自ら破局の構造を用意することは、きわめて困難であり、
外部からの干渉なくしては不可能だろうという。
 
 
 ともあれ、守備よく神の計画どおりに、人類最期の戦いが行われたとしよう。するとはたし
て、日本人は、ベアデンのいう第6段階の超存在になるだろうか? 日本および日本人には、
その資格はあるのだろうか?
 ベアデンは、進化の第6段階になれば、人類は超頭脳、超存在に統合されていくという。そ
のためには、人間のさまざまな能力を、あるいは代行し、あるいは増幅する技術が必要となる。
その技術には、大まかに2とおりのものがあるだろう。ひとつは、大脳のまだ使われていない
部分を活性化させていく方法、もうひとつは、いまのところまだ未知な新しい機能を物理的な
方法によって誘発していく方法だ。
 日本では、密教や禅の修行によって、潜在意識を司る大脳旧皮質を活性化させる方法が確
立されている。そのため、大義のために自己を奉仕する伝統、個人の利害を共同の繁栄とうま
くバランスさせる伝統が、しっかりと根ざしている。
 今日の経済の繁栄も、こうした日本人の特性があったればこそと主張する意見も多い。いわ
ゆる日本式マネージメントやQCサークル(職場における小集団活動)などの品質管理は、世
界に冠(かん)たるものがある。また、創造性と合理性をそれぞれ司る右脳、左脳のバランスがもっと
もとれているのは日本人だとの意見もある。
 こうした日本人の頭脳構造は、文明のクライマックスと破局を体験した後、
まったく新しい能力を発揮する可能性がないとはいえないだろう。
そして、『死海写本』に予言されているアロンのメシアとは、まさにこのことをいっている
と思われるのである。
 
 
この文明の飛躍には、多大な犠牲を避けて通ること
はできない、いや、あえて人為的に破局的状況をつくり出し、そこでの絶体絶命の危機感の中
で生み出される強烈な生の衝動によってのみ、この飛躍は可能になると確信している。
 それは、ちょうど美しい枝ぶりといっそうの生育を願って、無駄な枝葉を切り捨てるいわゆ
る剪定とよく似ている。生き残る枝も、切り捨てられる枝も、同じ命ある枝にはちがいないの
だが……。
 私は、神の計画の前にあえて口をつぐまざるをえない。
 
 
 
 
 
 
 
福島は肖えて被爆させ強制退去させ更地にして遷都地として。
彼の地が佛人・~人・ポリープの地として。
然し、低線量被爆した程度で遺傳子に影響を與へて進化するものなのだらうか?
低線量被爆で進化するのならば日本よりも線量が高いといわれている韓國や
世界一天然の線量が高いといわれていたと思ふがブラジルの何處かの海岸附近
の人々は既に進化していなければ成らない。
チエルノブイリはだうか?
彼の地の人々が進化したと云ふ話も聞かないし
ベラルーシやウクライナの現状を見ても進化したとは思へない。
斷食をするとサーチユイン遺傳子が起動すると云ふやうに
死ぬ間際に成ると起動する、進化に直結する樣な遺傳子が起動するのだらうか?
人類史に於いて今迄幾度も飢饉が有り餓死した人々も多かつたであらう。
斷食した程度で進化するのならば人類は既に進化していなければ成らない。
眠つてゐる、封印されてゐる何かを發動・起動させる、突然變異を引き起こす。
肉體拐~兩面に於いてもつと強烈な衝撃を與へる外部要因が必要に思ふ。
ネオは撃たれて死に、アンジエラは溺死寸前で覺醒した。
其れ等に例えられる位の死程の衝撃が必要なやうだが其れは一體何だらうか。


何かが決定的に足りない。
其れを知りたい。
 
 
 
 
「ヨハネの黙示録」開封 法隆寺と『ヨハネの黙示録』(その2)
http://kojiki.imawamukashi.com/j01kosatu/horyuji2.html


廣隆寺牛祭 終末の時に嚮け、肖えて隱れてゐたんです?
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/210.html


ポール・シフトと~人(ゴツド・メンシユ)
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/179.html


「死海寫本が告げる人類最後の戰い」 超古代から未來にかけての壮大な「~の計劃」
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/161.html


日本は「東方の巨大な実験場」!?:ヒットラー予言の新人類誕生物語! : Kazumoto Iguchi's blog
http://quasimoto.exblog.jp/16119042/


遺伝子と環境 TORTOISE LAND
http://www.st.rim.or.jp/~samacha/ArtF/gene/Gene.html


「才を與へる 天の賜物」 圖案化された鍵となる遺傳子コード
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/223.html


極東軍事シナリオ 『ジパング』
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/873.html


大摩邇(おおまに) : 再掲載  アーモンドの花が咲き誇る 春の太陽の光の中に (追記)
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1776913.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ61掲示板  
次へ