★阿修羅♪ > 原発・フッ素23 > 246.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
岩上安身氏が体調不良だそうだが、ひょっとしてワナにはまったのではないか
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/246.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2012 年 4 月 25 日 15:21:46: FpBksTgsjX9Gw
 

この2月に福島第一原発を取材した岩上安身氏が体調不良のようです。

岩上安身氏 体調不良を語る
下品で愚劣なコメントの数々
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-403.html#comments


もちろん福一の取材でかなりの被曝をしたことは明白ですが、
症状が出るのが早すぎるような気がします。

今回、初めて独立系メディアにも取材が許可されたのですが、
これは実はワナだったのではないでしょうか?

彼らにとっては、岩上安身氏は目の上の大きなタンコブであり、
この世から消してしまいたい人間のトップであることは明らかです。

岩上氏は大量に被曝するようなワナにハマってしまったのではないでしょうか。
たとえば、彼に渡された防塵マスクは全く効き目のないものだった。
あるいは差し出された飲食物に大量の放射性物質が含まれていた、等々。

ある程度の被曝は覚悟の取材ですから、故意に大量被曝させられても
それをあとから証明することは不可能でしょう。

彼らは自分たちの権益を守るためにはどんなことでもします。
すでに原発反対を唱えた人が何人も殺されたり不審死をとげたりしています。
http://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/arano/arano120422.html

今に始まったことではなく、原発業界では何か大きな事故があるたびに
不審な死に方をする関係者が後を絶ちません。

ずいぶん前のことになりますが、広瀬隆氏が講演で、毒物を盛られないように気をつけている
という話をされたことを覚えています。
故高木仁三郎氏も車で轢き殺されかかったと言うことです。

反・脱原発活動をされている方、とくに有名な方、すでに妨害やいやがらせを受けている方は
十分気をつけていただきたいと思います。

いかにも熱心な支持者、ボランティアのふりをして工作員は近づいて来ます。
出所不明な飲食物には絶対に手を出さないことです。
必ず防護服・マスクや線量計は持参して下さい。

脇が甘いとやられます。細心の注意を払って行動をするようお願いいたします。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月25日 15:51:46 : pIxJxJwe72
岩上さんは早い時期から福島入りしていたと記憶してます
木下黄太さんのブログには、放射能が疑われる健康被害が数多く報告されています
私たちが想像している以上に、症状がでるのは早いという可能性も

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927


02. 2012年4月25日 16:57:11 : Dv5ASQYZAs
管でも仙谷、江田五月、野田、岡田、前原、政治的能力はないが、謀略、の知恵だけは廻る。

03. 2012年4月25日 17:00:32 : esmsVHFkrM

岩上氏体調不良報告に対するツィートを読みました。

その表現の下品さ、底意地の悪さ、心の貧しさ、人とも思えぬ冷酷さに驚かされました。この期におよんでも、放射能被爆の影響はない、原発は必要だ、再稼動すべきだと主張するような人々の人間としての「質」とはこういうものなのでしょう。また、そういう「質」の人間であるからこそ原発推進の主張になるのでしょう。

反原発を主張する人間として、改めてこれを他山の石とし人間の「質」においても原発推進派とは違うということを示していかなければならないものと自戒します。

それにしても、まことに原発は人間の「質」についての試金石となりました。

物事の道理が正しく判断できるように生んで育ててくれた両親に感謝します。


04. 2012年4月25日 18:05:47 : IYyRSPdFJA
低線量被爆や軽度の内部被爆は、すぐに出る。吐き気、頭痛、だるさ、発熱、鼻血などである。たいていは一時的に回復するから、風邪でも引いたのだろうという程度にしか認識されないが、後々に響く。人間には耐性があるため、次第にそれに慣れて行くが、その危険性は後に遺伝的変容などの形や発ガン、突然の心不全などで出る。いずれの場合も、他の要因のためだと言えばいうことができないから、気づくことは難しい。一番解り易いには、X線写真の場合にように、身体から出る放射能を写真に撮ることだろう。しかしこれを行う医師はいないはずである。そういうわけで、自分の身体の異変は自分で気づく他はないのである。

05. 2012年4月25日 19:30:45 : D4z0D8fOpI

東電OL殺人事件の被害女性社員は、原発反対行動をしており、汚名を被せられて殺された…との説有り。


06. 2012年4月25日 20:06:19 : Ed4X1QOznU
瀬尾健さん、平井憲夫さんも癌でしたね。

反原発の方はストレスが多いのも原因かもしれませんが。

大庭里美さんはクモ膜下出血
佐賀のプルサーマル阻止に尽力された増本亨県議は白血病


最近では、河野直践先生。

良心的な人ほど、自分の疲労に鈍感だったりしますので、
周りにいる方が、ときどき忠告してあげないと!


07. 2012年4月25日 20:14:35 : txKoq6KBVw
>>06
同意です。
本当に気をつけていただきたいですね。

08. 2012年4月25日 20:19:23 : 7gxD3P0Yv6
南相馬の「ぬまゆさん」のインタビューのために、現地に入った、岩上さんは、「咳き込んで」いたという表記が、彼女のブログにありました。

その後、岩上さんは入院しています。

それにしても?と思ったのは、ぬまゆさんの症状をストレスであると判断した動画です。あれは今になっても不思議でしょうがない。


09. 2012年4月25日 20:28:55 : pQmbKeVRPI
岩上さんの体調不良は、震災以後の過労が祟ったとも考えられる。また失礼ながら太り過ぎでもあった。
肥田舜太郎先生がおっしゃっているような、体の免疫力を最大限に高めるような生活を心掛けていただきたい。

何れにしても、ご回復を祈ります。


10. 2012年4月25日 20:36:27 : uh5wJsT1to
日本に必要なジャーナリスト

日隅氏と岩上氏


11. 2012年4月25日 20:52:28 : 6PjgQUGBT2
>>瀬尾健さん、平井憲夫さんも癌でしたね。
反原発の方はストレスが多いのも原因かもしれませんが。

バカも休み休み言え。ストレスで癌になるか!

岩上氏、日本にとって必要な人だ。彼の活動でどれだけ救われたことか


12. 2012年4月25日 20:54:35 : MqnR8SjevQ
>>08
岩上氏は、木村慎三がまともな研究者だと思っていたのではないでしょうか。
肥田先生など、本当にまともな人物にインタビューすべきだったでしょう。

しかし、「ストレスによってぬまゆさんのような症状が出る仕組みは?」と岩上氏が質問したことによって木村慎三という人物のデタラメさが暴露されたと私は思っています。ちなみに木村の回答は「分かりません」でしたね。


13. 2012年4月25日 21:34:05 : 5dcws9xd6M
医学ではI−131を初めとして様々な放射性物質が用いられている。
やろうとする意志があるならば、可能です。
毒を盛っても、放射性物質が、東日本一帯にばら撒かれている状態では証拠隠しも容易です。注意しましょう。

14. 2012年4月25日 23:57:48 : pPJ5gJb78A
タバコも危ないです。

一仕事終えたところに、よく知らない人から
  「おつかれさまでした、一服いかがですか」
などとすすめられても、絶対に吸ってはいけません。

容易に気化するセシウムがたっぷり含まれている可能性があります。


15. 2012年4月26日 00:05:53 : 1yUKpdrsFI
九州です。
周囲には被災地や関東からたくさんの方が避難しておられます。

皆さん、九州に来るまでの主な症状が共通しています。
一番わかりやすいのは下痢と鼻血です(鼻血は特に子どもが多い)

それと急激な歯茎の腫れを感じた方が何人もいました。
中には歯の抜けた方もいらっしゃいました。
ぬまゆさんを見て、私も最初は歯が抜けたのは別の原因ではないかと
思っていましたが、実際に避難した方々の声を聞くと歯茎に影響があるのは
間違いないと感じました。
あと、わかりやすいのは露出した部分の皮膚に赤みや湿疹が出た方が多いです。

皆さん一様に、九州に来て少したつと症状がなくなったとおっしゃっています。


16. 2012年4月26日 01:20:21 : Uzzt27smXI
心構えとして、
今僕たちは内乱のさなかにあると自覚した方が良さそうですね。
数では検視力村を圧倒する大多数の国民による“レジスタンス”の強みは、助け合いの精神と正義だと思います。

17. 2012年4月26日 02:11:54 : zDdgSw40yI
残念ですが、01さんの意見に同意します。

18. 2012年4月26日 02:54:55 : Mnxczxr6Dw
>>16さん、「検視力村」ではなく、ここはたぶん「原死力村」だと思います。

……という洒落はともかくとして、チェルノブイリ原発災害のときも
反原発で活躍していたジャーナリストや学者が現地に頻繁に
足を運び、それで被曝したのだと思いますが、まもなく
がんなどを発症して、まだ若いうちに死んだ人が少なくなかったのです。

わたしはそれを見てきましたから、放射能汚染をけっしてナメては
ならない、という教訓をここからつかみました。

いまは、内乱というよりも戦争です。内戦のようにみえるけれども
敵は国内ばかりではない。 なにしろ国連IAEAの連中がやってきて
日本の原発再開を後押ししているのだから。 国連マフィアの連中
にしてみれば、日本の「愚かな大衆」がこういう失敗で死に絶えても、
それは世界の大勢に教訓として役立つから、けっこうなことなのでしょう。
我々はアフリカなどの内戦や飢餓を、他人事として冷淡に受け止めて
きましたが、ヨーロッパなどの「先進国」が、“ぼくたちの失敗”を
他山の石として冷静に見ているのは確かでしょう。(我々だって
チェルノブイリの災害を、他人事として受け流してきたのですから。)

いまは昭和二十年の日本とそっくりなのかも知れません。
疎開しようとするオトナ、戦争反対を唱えるオトナを、権力も
狂信的であまりにも日常ボケした多数の一般国民が、「非国民」
呼ばわりして疎外し、弾圧する状況なのですから。

我々が直面している放射線障害は、イデオロギーではなく
科学的な現実です。 だから、安全神話を妄信してオカミに頼る
人々にはそれなりの報いがあるでしょう。残念ですが、自らを
助ける者しか、助けることはできないでしょう。 しかし、これは
社会的な大激変の過程ですから、とにかく、賢明な人々が
生き残り、日本の文明を継続させていきましょう。
いまはそれしか言えません。


19. 2012年4月26日 07:01:05 : aNKkKYEywV

 災害報道には、未確認情報を出さないとか、大きな数字が発表された時は小さな数字を報道するといったルールがある。マスメディアが不安を煽るとパニックによって二次災害が起こるからだ。ところが、今回の事故では、自由報道協会(上杉隆代表)の自称ジャーナリストが大挙して現場に押し寄せ、大量の危険デマを流した。

 特に有害なのは、クリス・バズビーという人物を日本に呼んで記者会見をさせたことだ。彼はECRRの代表と称して「福島第一原発の100キロ圏内で癌の発生率が今後10年間で33%上昇し、10万人単位の癌患者が出る」と予告し、その後「19万人」とか「40万人」などと話をエスカレートさせた。

 さらにバズビーは「日本政府は福島原発事故の影響をごまかすために福島から放射性物質を日本全国に輸送している」と主張し、事故を過小評価して子供を被曝させたとして、科学者の発言撤回を求める訴訟を起こすとホームページで発表した(提訴はしていない)。

 バズビーの正体が暴かれたのは、高価なサプリメントを売っていることが明らかになってからだ。彼は放射線の影響から日本人を保護すると称して5800円のミネラルサプリや98,000円の尿中放射性物質検査などを売り込んでいる。この他にもバズビー基金が募金を募っており、76万円余りを集めたという。

 バズビーを日本に招いて担ぎ回った岩上安身氏は、その後も「横浜で福島から飛んできたストロンチウムが見つかった」という「スクープ」を流したが、これは文部科学省の調査によれば「原発とは無関係」。その量も最大1.1ベクレル(kg当たり)と、暫定規制値の500分の1である。極めつけは、2011年12月4日に岩上安身氏がツイッターで放ったこの「スクープ」である。


 お待たせしました。この二週間あまり、議論になっていた、福島の新生児の中から、先天的な異常を抱えて生まれて来たケースについてスペシャルリポート&インタビューします。スクープです!!賛否はあるでしょうが、勇気あるカムアウトした当事者には温かいエールをお送りください。


 言うまでもないが、先天性異常は一定の確率で生まれてくる。ある奇形児が原発事故の放射線によるものかどうかは、疫学調査をやってその地域の奇形児の発生率が有意に高いことが明らかにならない限りわからない。この程度の常識もなしに、他人の不幸をワクワク感いっぱいで「スペシャルリポート」しようというこの発言には、さすがに多くの人々から「福島県人を差別する事実誤認だ」と批判が殺到し、岩上安身氏はこのツイートを削除して謝罪した。

 自由報道協会は記者クラブを批判しているが、新聞記者がこんな報道をしたら懲戒処分だ。組織は情報の品質管理を行う意味もあるのだ。ジャーナリストの価値を決めるのは、正しい知識を持ってきちんと取材するかどうかという個人の力量であり、組織に所属しているかではない。今回の事故で流れた危険デマの出所がほとんどソーシャルメディアだったことを見ると、「ネットの言論がマスコミを牽制する」というのは逆のようだ。


20. 2012年4月26日 07:41:12 : KbjUzFqPyw
ロシアが元KGBの工作員がイギリスに亡命し、反ロシア活動したので、ロシアしか作らない放射性物質で不審死したニュースがあった。それを思い出した。

東電が社長交代を恐れるのは、やくざ悪用等の裏工作が兵糧攻めでバレル事を恐れているからだ。警察が暴力団と縁切りするときに恐れた事と同じで、警察は暴力団と直接対峙せず、知恵者が国民を盾に使い、暴力団関連漫才師・歌手等も締め出した。

東電はもう暴力団を使った作業員獲得が難しくなりそうだ。


21. 2012年4月26日 07:53:12 : NPV2qxA1Ss
>>19

バカな奴だ。自分で自分の首を絞めていることが理解できないらしい。

愚かだ・・


22. 2012年4月26日 08:06:15 : ehdWinrvG2
19
意味不明なこと書いて幅とるな(怒)

23. 2012年4月26日 08:50:54 : famkQ0Wrag
12さん

木村氏については、NHKの番組『ネットワークでつくる汚染地図』を見て、正義のひとと評価しておりました。
が、ぬまゆさんの時の話は、私も???でした。
はじめから、あちら側のひとだったのでしょうか。


24. 2012年4月26日 08:52:15 : Q1AShcAlNU
>>11 ストレスで癌になるか。

ストレスは癌を誘引するというのは、アメリカでは常識になっています。

以前メキシコには癌という病気はなかったそうですが、近代文化のプレシャーが癌発生率を高くしたと英語の文献で読んだ記憶があります。

ストレスはあらゆる病気を助長するようです。


25. 2012年4月26日 09:13:39 : 6OzrDFDu5Q
日本人は、徒党組んだり集団になると途端に「悪魔」になる場合が多い。一人の時には善良な者でもだ。だから、これが一人で十分にワルな者が集団になった場合には最悪だ。金や欲得の為には平気で人殺ししたり際限のない残忍行為に及んだりもする。原発マフィアは正にそのような行為しているのと等しい象徴的存在だ。彼らには国や大資本などの権力が背後に控えているから、その悪魔ぶりの強度は筆舌に尽くせないほどのものである。利権や私利私欲のためには、国土や自然を滅ぼしたり子孫を滅亡させることさえ厭わないのが彼ら「悪魔」だ。

26. 2012年4月26日 10:39:20 : EA5lAC6Pxn
19さんの「おまたせしました」がツイッターでどれだけひんしゅくをかったか
知らないのか、知ってるのに岩上氏を擁護するのか。
「おまたせしました」つまり、奇形児の報告を楽しみにしていた
という日本語です、国語勉強してきた?

27. taked4700 2012年4月26日 11:28:31 : 9XFNe/BiX575U : k1ZEaQP2Gg
>>26

>「おまたせしました」つまり、奇形児の報告を楽しみにしていた

 違いますよ。奇形の問題は誰もが心配しているのです。そして、福島原発事故の影響はほぼ全国に及んでいるので、誰にでも生じる可能性のある問題なのです。それが、ほとんど政治からもマスコミからも無視されている。だから、どこかの独立メディアが取り上げてくれないかと多くの方が待っていたのです。

 桜の花びらなどでは原発周辺の桜の奇形花びらが数多く観察されています。動植物で現実にかなり観察されているのです。人間に影響が出ないはずがなく、そのことを単に覆い隠してしまったら、原発の是非について議論など出来るはずがないのです。

 多分、日本では出生前に診断がされ、生まれてくることはないのでしょうが、実態をたとえば産婦人科学会などがきちんと統計として表に出すべきだと思います。危機が隠れて進行することほど後になって困ることはないのです。ちゃんと直視するべきです。


28. 2012年4月26日 11:40:14 : ibzkZ5ZLcw
1985年8月12日のJAL123便自衛隊核撃墜惨事以降、
CIAにかわって
中国KMCが日本国内を牛耳っています。

日本国内の欧米系弾圧はたいてい中国のKMCになります。
http://www.asyura2.com/0601/social3/msg/819.html


29. 2012年4月26日 11:58:03 : i93ub11HLE
>12
早く精神科で診てもらいなさい!!明日まで行かないとゴールデンウイークで休診が多くなるから戯言言っていないで早く!!
木村真三氏は身分保障も捨てて、岩上氏は大マスコミは誰も行かない福一に行った
勇気ある稀有な人たち。あー情けなか。

30. 2012年4月26日 12:46:39 : pPJ5gJb78A
>>19
政府・東電の報道規制を無視して真実を報道する岩上氏のようなジャーナリストが、
彼らにとっていかに邪魔者であり憎悪の対象か、この工作員の書き込みを見れば
はっきりわかるでしょう。

チャンスがあれば闇に葬ってしまいたい、無理でもせめて冤罪でパクッって自由を奪ってやりたい、
と思っていることでしょう。

だから用心しなければならないのです。


31. 2012年4月26日 13:32:20 : gao6Zi0uMQ
>>24

バカみっけ。

動物も癌になるが、それもストレスが原因か?

なるほど、動物の癌も[近代文化のプレシャー]が影響しているわけだ

これからフク1事故が影響で病人が増えるごとに、ストレス説を言い張る奴らが増えてくるだろうな


32. 2012年4月26日 13:59:26 : VK8mZpF0P6
一緒だったほかのジャーナリストはなんともないのだろうか?
にこにこの七尾氏はピンピンしてそうだけれど。

33. 2012年4月26日 14:10:50 : pPJ5gJb78A
ストレスで歯が何本もグラグラになったり抜けたりはしないわな。
歯が抜けるのは、広島・長崎被曝者や原発作業者によく見られる典型的な被曝症状。

34. kokikokiya 2012年4月26日 14:29:17 : 0bb8QBtRSdjIA : zzzWynAWlw
木村真三は原子力帝国悪魔のダークサイドに寝返った、信じてはいけない。

NHKが最初に取り上げたネットワーク汚染地図の番組、放医研に逆らってやめたということで出てきたがどうもスパイ臭い?

今は御用学者唐木先生もビックリの安全デマ派だ。

NHKニュース深読み
http://www.nhk.or.jp/fukayomi/backnumber/120407.html
2012年4月7日放送
『あなたの不安なくせますか?
   〜食品の放射性物質に新基準〜』

〈唐木さん〉食品のなかには、自然の放射性物質カリウム40というのが元々入っています。カリウムをたくさん摂ると、そのわずかな部分は放射性なんです。自然のものについては基準を設けたら、全部の食品食べられなくなりますから、設けていません。

〈木村さん〉私が実測値で調べているお米のなかでも、カリウム40が、50ベクレルから140ベクレルぐらいまでの差で含まれています。


唐木以上のカリウム詐欺、セシウムは少ないから安全安心喰え。

テレビ見てて驚いたぞ、唐木先生、わし以上の御用ぶりにご満悦。後継者が育ったぞと。

ちなみにこの木村真三、顔が真っ黒でベータ線熱傷かとオレはひっくり返った。
かなり被ばくしているようだ。



35. 2012年4月26日 15:46:26 : Pj5FGKowrk
安全といわれる所にいても、免疫系に影響が出てくるというのは、弱いから順に、顕著に症状がということだなあ。

疲れやすかったり、目が急にかすんだり、この一年で急に老化が進んだような気がするという人は、多い気がする。私は、神奈川県民。50代はじめ。去年3月の中旬以降、外にいることが多かった。
5月と11月に髄膜炎を疑われて10日間ほどの入院を二回した。髄膜炎ではなく原因不明。高熱と激しい頭痛。抗生物質の投与が続いた。あんな頭痛は経験したことがない。

今でも良くないと走りながら、ずっと外食が続く生活でもある。体力精神力共に、数年前と比較にならないくらい衰えている実感がある。
不十分と思われる原発事故対応、放射能汚染食品流通放置の現政府は、のろわしい思いだ。加えてマスコミも。

原発作業員の被害を思うと恐ろしい。その恐ろしい現場で国家的危機に当たってくれている人達の待遇の改善を、政府も経済界もマスコミも東電も完全に放棄しているように思える。誰が忘れても心ある国民は彼等の存在と行為とを常にこころの中から消し去ってはならない。

岩上氏の原発事故関係の取材には、随分教えられた。政治の取材も日本の国の貢献度は、売国奴プロパガンダジャーナリストの比ではない。人の良心を刺激してくれる本物だ。売国奴は良心も良心に正しく結びつく言葉も(それがジャーナリストの命だろ)とうの昔に放棄している。さらに悪いことには、建前では良心をどこまでも装い続けて、腹の中では国民を騙しているのだ。そういう連中が、この国の言論観を独占していて同類相哀れむ徒党を組んでいる。一貫した正直なものが入ると、インチキ共同体ぶり癒着ぶりが露見して困るので、ジャーナリスト建前詐欺師互助会は、国家の貴重な情報源の独占をかたく維持し続ける。
原発には大金が動くことは、下請け作業員の内情をみてもよく分かる。大金が動く原子力村であれば、大金により、妨害者が傭われることは、不自然とは言えないだろう。暴力団とは、協力関係が明らかになっているのだ。


36. 2012年4月26日 16:22:19 : 6qGq9f6zSQ
>動物も癌になるが、それもストレスが原因か?

なりますよ。ほとんどの病気はストレスが引き金ですよ。


37. 2012年4月26日 16:27:10 : c3MGH08xSU
そんなことは、言わずもがな。(笑)いつでもガン心臓麻痺、脳卒中は起こせるようだ。其処まで暗札手段は進歩しているようだ?
 小沢さんも「無罪で」安座して入られない。第二・第三の刺客が訪れるでしょう!より一層の警戒が必要だ。
 鬼奴等、やりかねない。
 窮鼠臍をかむ?今こそ、国民の皆様!小沢を護ろう!(拝)

38. 2012年4月26日 16:54:09 : 3UWyUeUgH2
>>19
上杉隆は原発事故以降、極めて閉鎖的だった保安院会見や政府の会見にフリージャーナリストや海外のジャーナリストが参加できるように尽力してくれた。真実をひた隠す東電や政府に厳しく追及してくれたお陰で、明るみに出た情報は数えきれないぐらいあるだろう。岩上安身だってそうだ。IWJで1年以上も無償で情報を提供してくれたではないか。

上杉氏や岩上氏が大量の危険デマを流してきたとは思っていない。デマかどうかの判断は情報を受け取る側によるものだ。屁理屈と揚げ足取りでデマ扱いする側の考えを押し付けられる覚えはないし、デタラメかどうかの判断はこっちでする。


39. 2012年4月26日 17:01:01 : S3x2D2VdKo
岩上さんバリバリ元気じゃん

http://twitter.com/#!/iwakamiyasumi


40. 2012年4月26日 17:46:01 : bWBJvpY1cg
貢献者として上杉、岩上、そして日隅さんを忘れないでよ!

41. 2012年4月26日 18:37:11 : 7L7QchhKGA
>>31
アホめっけ(笑

>動物も癌になるが、それもストレスが原因か?
>なるほど、動物の癌も[近代文化のプレシャー]が影響しているわけだ

ものすごく短絡的な考え方ですね。
>>24は「ストレスは癌を誘引するというのは、アメリカでは常識になっています」
と書いているけど、「癌の原因はストレスでそれ以外の原因はない」とは書いていません。

それと、ストレスって心理的なプレッシャーだけじゃないですよ。
物理的なストレスもありますし。

揚げ足取りのような書き込みはやめましょう。
お里が知れますよ。
もう少し色々お勉強してから書き込みましょうね。


>これからフク1事故が影響で病人が増えるごとに、ストレス説を言い張る奴らが増えてくるだろうな

これはありえます。何しろ、政府や東電は放射能の影響での病気・死亡は認めたがらないから(認めたら補償しないといけないから)、震災によるストレスで、PTSDでとか言いかねませんね。


42. 2012年4月26日 18:56:08 : Mnxczxr6Dw
>>41
 ↑
馬鹿発見(笑)

>それと、ストレスって心理的なプレッシャーだけじゃないですよ。
>物理的なストレスもありますし。

そうそう。物理的なストレスで、細胞の変性にもっとも貢献するのは
ラジカルでしょ。そのラジカルの持続的・慢性的な起因としては、
化学物質や病原微生物よりも、電離放射線源による内部被曝の
ほうが格段に影響が大きいですけどなにか?(笑)


 
>揚げ足取りのような書き込みはやめましょう。
>お里が知れますよ。
>もう少し色々お勉強してから書き込みましょうね。
   ↑
自己紹介乙。(笑)


43. 2012年4月26日 19:11:01 : 2cIUw2Wa0Y
>>19さん、ありがとね、初めて知ったわ

これは酷いな、人としてどうかしてやがる
しかし、これは反原発派にはよく見受けられる傾向だ


44. 2012年4月26日 19:29:18 : Ed4X1QOznU
とうかいアマさんは知らない間に放射線浴びせられてたって言ってた。確かに放射線を
発射する銃みたいのがあれば、痛みがないので、気に入らない人を癌にしほうだいですね。

45. 2012年4月26日 19:57:35 : rYkMku2ZH2
そうだね〜。
ほとんどの病気は、放射線が原因だよ。
原爆実験での被曝
原発の隠された事故や基準内だから問題ないという漏出
医療被曝

ストレスだの、タバコだの、添加物だの、
わずかな影響を誇大にに評価して、
責任逃れをしているのだよ。

で、仮に放射能の危険に対してストレスを感じて癌になっても、
それは放射能のせいだろ?
東電がばら撒かなきゃ、そんなことはなかったんだから。
安全派の人は、理由にならない理由で説得しようとするのが意味分からん。


47. 2012年4月26日 21:12:19 : mSLnUUAie6
老婆心ながら岩上安身@iwakamiyasumi氏へ。OPKの件もあり、昨年夏の神奈川でのイベント含め、カンパの収支明細を明文化し、法人であれば連絡先も明記の上健全なIWJを目指した方が得策。そのうち鉾先が向かうのも時間の問題だろうし。やや遅きに失した感は否めませんが。
http://twitter.com/#!/seo_mitsuru/status/190725624183267328

48. 2012年4月26日 21:14:44 : SePyqm3D7g
わな! 米国の例に習って、マスコミの大掃除がわが国の緊急の課題だ。
岩上安身氏の一日も早い体調の回復を祈る。

49. 2012年4月26日 21:28:31 : EC3gWeI9N6
>たとえば、彼に渡された防塵マスクは全く効き目のないものだった。
>あるいは差し出された飲食物に大量の放射性物質が含まれていた、等々。

なるほど、マスクそのものが汚染されていたら?
確実に被爆しますね。


50. 2012年4月26日 21:37:46 : EC3gWeI9N6
>24. 2012年4月26日 08:52:15 : Q1AShcAlNU
>ストレスは癌を誘引するというのは、アメリカでは常識になっています。
>以前メキシコには癌という病気はなかったそうですが、近代文化のプレシャーが癌発生率を高くしたと英語の文献で読んだ記憶があります。
>ストレスはあらゆる病気を助長するようです。

おまえの話は、すべて、伝聞だな。
東大放射は、すべて伝聞だ。
根拠ゼロ。

ストレスで心筋梗塞になるって言ってたやつが、ここではガンになるって言ってるよ。でたらめだな。

放射能の危険が無いと言って国民を被爆させたら人殺しじゃないか。

放射能を食ったらだれでも人は死ぬ。
放射能を飲んだらだれでも人は死ぬ。
放射能を吸ったらだれでも人は死ぬ。
放射能を浴びたらだれでも人は死ぬ。
早いか遅いかだけだ。

野田佳彦の責任で言ってるのか?
環境省の責任で言ってるのか?
経産省の責任で言ってるのか?
農水省の責任で言ってるのか?
厚労省の責任で言ってるのか?


51. 2012年4月26日 22:47:17 : M1OtcjfsuE
あの頃は、ふくしまが又危ないのでは、と噂されていた時だったと思う。
何で、こんな時にジャーナリストに公開を?と不思議に思っていたが…。
反対派を集めて、一挙に被ばくさせるための罠だったのでは…と思うと恐ろしい。
岩上氏が一番症状が早く出たのか、それとも、他のジャーナリストに対し、くぎをさしたのか…。
どちらにしろ、策略を感じる。まっさきに「シルクウッド」を思い浮かべた。
岩上氏は気を付けてください。

52. 2012年4月26日 23:01:46 : 0CRchCj8vU
19さんの意見は意見として貴重

誰でもすべて完璧にはいかない

当然、岩上氏も人間、ヘマもする。

放射線量に関してはいろいろだが

私は、以下の説明を受け入れてます。

放射線医学の専門家数十人と実験をして

発表されたチュピアーナ博士の結論

「1時間あたり10ミリシーベルト以下なら

放射線によって損傷を受けた人間のDNAは

十分に修復され、ガンなどの発症はない。」

毎時10ミリだから一年だと87000ミリ

シーベルトと言う事で、福島の避難区域の

基準のなんと、4380倍!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チェルノブイリで活躍した米国の

ロバート・ゲイル博士の言

「今の福島の放射線レベルなら、一般の住民に

とっては、喫煙の方が発ガンリスクが高い。」

という事で、私は福島の米なども食べてますが

こわいこわい派、どうってこたない派、偏らず

どちらも納得いくまで調べ

自分で判断し行動するのみ。


53. 2012年4月26日 23:13:47 : Mnxczxr6Dw
>>52さんゑ


念のために注意を喚起しておくが
>>19は、自称「経済学者」の池田信夫の妄想エッセイにすぎず
その意味では門外漢の思いつき作文である。

あなたがおっしゃるように「納得いくまで」自分で調べて
自分で判断するという生活態度は、わたしも同感だし、そのように
生活しているつもりが、あなたはインチキ「経済学者」が自己顕示欲を
満足させるために原発問題の領域に(シロウトの分際で)頭を
突っ込んで書き散らした妄言にまんまと乗せられてしまったわけだ。

もうちょっと科学的、というか、デカルトのような懐疑精神を涵養して
言動を行なうことをお勧めします。

あなたのようなオッチョコチョイが、たとえば地域社会の校長先生とか
長屋のご隠居さんとして、大東亜戦争の旗振り役を担ったのである。
猛省して、さらに理知的な生き方をすることを望んでおります。


54. 2012年4月26日 23:38:13 : txKoq6KBVw
【拡散】五月五日こどもの日、上野公園、脱原発モデ、西郷さん銅像下、二時出発。メインエヴェントは、防護服、又は首に包帯の面々が、動物園の異(い)なる展示物として人々の視野の端に映ること(予定)。イケメン山口君、生チェブラーシカ人形ざらすとろさんと一緒に脱原発アクションしよう!


55. 2012年4月27日 00:01:41 : 0CRchCj8vU
『もうちょっと科学的、というか、デカルトのような

懐疑精神を涵養して

言動を行なうことをお勧めします。』

という結構な53氏は、科学的に、デカルト的に

結局、どう言う見解に至ったのかな?


56. 2012年4月27日 00:05:56 : Mnxczxr6Dw
>>55

とりあえず、世間の注目を引くために自己顕示欲を爆発させている
池田信夫の戯れ言には耳を貸さない、という見解に至りました。(笑)

それから、歴史から学ぶ、ということです。


57. 2012年4月27日 01:03:28 : 0CRchCj8vU
人をそこまでこき下ろし忠告する見知らぬお方よ

で、あなたはどんな人に耳を傾けますか?

後学の為に(宗教、哲学ではなく、原発、放射能関連ですよ)

それから、あえて一言しときますが

「まんまとのせられた・・・」とか記してるが

それがコピー文であれ、私が言ってるのは

「一つの意見として貴重・・」とだけ記したわけで

「のせられた」とか言うあなたの理解力、突っ込みそのものが

池田信夫の引用以上に鼻持ちならないけれどね〜

私に言わせると、あなた、何様のつもりかねといいたいね

失礼だが、その学生のような文面からすると

君はまだ衣食を親に面倒見てもらってる子供ではないのか?


58. 2012年4月27日 01:04:45 : VK8mZpF0P6
ニコニコの七尾はどう考えているのか知りたいな

59. 2012年4月27日 02:11:26 : JlhOElFGlE
池田の優生学的珍説を擁護する人間が後を絶たないな。

60. 2012年4月27日 03:19:13 : BovChV3VFM
福島第2原発・・・通称2Fの状況が明らかに異様だ。なにがあったとしかおもえない。

Fukushima Daini, 2F as they call, is very mysterious. Something must have happened there.

それほど2Fは汚染がひどい。

2F is that contaminated.

2Fの原子炉は4基、震災と津波によってそのすべてが停止している。冷却に問題はなく、原子炉の温度が安定しているが、復旧作業が行われたのは4号機だけだ。業者の証言を集約し、東電関係者に汚染の事実をぶつけると、急に腰砕けになった。

There are 4 reactors in 2F and all of them stopped. Coolant system is properly working and the temperature is stable, but it’s only reactor 4 to have been recovered. Collecting comments of subcontract companies, I asked about the contamination situation to Tepco workers. They turned to be helpless.

「たしかに・・・・まだ定検を開始していないのに、なんでこんなに汚染されているの?とおもいます。

最上階のオペフロ(オペレーションフロア)やコンクリート遮蔽プラグなんて信じられないほど放射能まみれ。・・・ペデスタルにも水が溜まっている。」東電関係者

“Yes, true.. I wonder why it’s so contaminated. The operation floor on the top and concrete shielding plug are unbelievably contaminated. Water is even in pedestal (=The room under pressure vissel).”

「ペデスタルに水が溜まってるといった・・・それが事実なら、すごい圧力がかかったということ

・・・制御棒か配管か、壊れた場所は特定できなくても、とにかく原子炉の底は抜けている。福島第1原発と同じく水素爆発があったと考えるのが妥当。ウランを核爆発させている原子炉格納容器・・・

つまり心臓部が破損したから、釜の上下に異常がある」某電力会社OB


A retired employee of an electric company said, “If water is in pedestal, it means pressure vessel had excessive pressure. Control rod or pipes are severely damaged. The bottom of the reactor is broken through. Like Fukushima Dai ichi, it is rational to think there was a hydrogen explosion.”
12月の終わりに東芝が3号機に入る予定だったのに、入らなかったんですよ。

Toshiba planned to enter reactor 3 it the end of December, but they didn’t.

8月の終わりに4号機に日立が入ったあとで、「4号機が爆発してるんじゃないか」というウワサが広がったの。

After Hitachi went into reactor 4 in the end of August, the rumor spread that reactor may have exploded.

メディアも事実確認に行ったけど、掴めなかったみたい。

Media tried to report but they couldn’t confirm.

現状に関しても、現場のごくごく一部の人しか知らないみたい。第二原発は一見普通に見えるんだけど、

Only few plant workers know the current situation. 2F looks normal but

炉心周りの業者に聞くと、みんな「怪しい」と口をそろえるわけ。

Subcontract companies to work around the vessel all say it’s suspicious.


http://fukushima-diary.com/2012/04/possible-melt-out-in-fukushima-daini/


61. 2012年4月27日 04:01:33 : 7Fr6I8TbZq
黒木氏のように自殺に見せかけて暗殺される例もあるからね

62. 2012年4月27日 04:04:34 : BjQiK0Joww
 岩上さんは日本を救った貴重な方々の一人です。

 相変わらずNHKはニュースで“証人喚問”を放映していた。
 自公とNHKのルート追跡が検察審査会の解明の近道だろう。しかし、“井の中の蛙連中の情報空間”も発狂寸前である。
 
 昨日はマスゴミが過去の遺物と成る転換期。


63. 2012年4月27日 04:22:06 : A1M4pD4AN6
>>52
>「1時間あたり10ミリシーベルト以下なら…」

放射線安全デマにもいろいろあるけれど、ここまで荒唐無稽だと呆れるほか
ない。年間87000ミリシーベルトではガンになる前に、急性障害で
死んでしまう可能性が高いのでガンの発症はないかもしれない。笑い。

>「今の福島の放射線レベルなら、一般の住民にとっては、喫煙の方が発ガンリスクが高い。」

あの国民に対して酷薄といわれたソ連ですら、年5ミリシーベルト以上は
政府の補償で避難の権利を認めています。福島では33ミリシーベルトまでは安全と日本政府は言っています(20ミリはいんちき)。これに内部被爆を最小限に考えて
同量としますと、66ミリとなります。この計算は、原子力推進の組織でも
認める数でしょう。アルファ・ベータ線も考慮すると少なくともこの倍
132ミリシーベルトとなります。放射線影響研究所の数字で計算すると
30歳のひとの70歳までの発ガン率を11パーセント高めます。もしこの
状態がつづけば、さらに来年も11パーセント高めることになります。
福一から今も放射性物質の放出は続いていますので、ずっとこの状態が
続く可能性があります。とんでもない発ガン率になることがわかります。

なおガンには、非致死性ガンも致死性ガンと同数あると考えています。
普通は1.5倍はあるそうですが、控えめにみています。
非致死性ガンも激しい苦痛、治療費、手術の後遺症、薬の副作用等あるからです。

また、子供の場合は放射線に対する感受性を3〜5倍にみなくてはならない
ので、恐ろしい結果がでます。内閣参与小佐古敏荘氏が涙ながらの辞任を
したわけです。


64. 2012年4月27日 06:04:46 : yoTVwEbWGM
今回の原発事故はいずれにしても、人類の分水嶺だわね。

危険だと言って、安全な場所に退避して、種の保存をするか、
安全だと言って、放射線を浴び続けるか、それは自己責任。

政府とか、メディアとかが何をどう判断するかはどうでもよい。

先日、東北にボランティアに行っていた人から聞いた話。
福島に近くなると下痢や頭痛がしたと、離れると直ると。

スマトラの地震の時、タイの象が一斉に山に逃げたと言う話。
生物としての生体反応にはリスク回避のシステムがあるんだね。

人類として生き延びましょう。岩上さんお元気で。


65. 2012年4月27日 08:11:22 : EbGt98gFtw
いちど海外から日本はどう報道されているか調べてみたらいいよ。

いかに上杉、岩上さん達がごく当たり前の報道をしてるか。

ごく一部の言葉尻をとらえてすべてがインチキかのように批判する連中の醜さと言ったら。


66. 2012年4月27日 08:18:25 : EMWOa5Yg6Q
岩上さんの 素晴らしい活動には いつも感動しています。
岩上さん くれぐれも体に気をつけて 頑張ってください。
いつも応援しています。

67. 2012年4月27日 09:58:15 : WRcvzABPLo
我々日本人は、大変酷薄です。

何か問題が起こると、大衆の前では正しそうな事を
言いますが、陰では自分に関係ないと、楽しみます。

人を殺すのも、非難するのも平気です。

自分に関係無い事は、全く関心を持ちません。

政治も含め全てです。

そんな国民の為に働く方が、皆やられます。

岩上さん、くれぐれもご注意下さい。


68. 2012年4月27日 10:43:26 : 0CRchCj8vU
CTスキャンは瞬時に3ミリシーベルトの線量を浴びるそうな

瞬時に浴びる放射線量が、特に問題とも言われてますよね・・

ICRPの基準はいい加減というかなんと言うのか

年間1ミリシ−ベルト〜100ミリシーベルト内は

OK、問題なし、その時々の状況で判断せよとのこと。

別に慎重派の方を否定したいとかではないので誤解のないよう。

微妙なところはありますが、ひやかしや工作などでなければ

いろんな側面からのコメント、意見があるのは

ごく健康的なことだと思いますよ。

一つの意見、流れしか受け付けないようなサイトになったら

私などの出る幕はないですね。その前に壊そうとしますが・・

多種多様で誠実なコメント、意見からは、私も含め

新たな理解や認識を得ることができる場になると思います。


69. 2012年4月27日 11:14:20 : Mnxczxr6Dw
>>68さん、

ICRPの歴史的歩みを調べてみればわかりますが、
本来、あの団体は核エネルギール業者の職業安全こそが
「安全問題」の関心の焦点です。 そして当然のことながら、
職業的に放射線を扱う人々は、自分でそれを飲んだりはしません。
(人間ポンプみたいな見世物の役者じゃないわけで。)

ですからICRPの「被曝安全」論議は、内部被曝の問題には
最初からなじまぬものだったし、能力的にも、内部被曝を正確に
測定評価して対策を講じる。という「原子力災害」の次元とは
馴染まぬものです。 役不足だし能力不足だということです。

アイソトープの医学的目的での体内投与も行なわれているので、
そういう処置をうけた患者は当然、内部被曝しますが、
この問題に対しても、医療目的でのX線照射などのような
「管理された外部被曝」での知見を外挿することで、推測に推測を
かさねた実証性の低い一種のみなし仮説を用いています。
(みなし仮説を用いるに際しては、フェイルセイフの思想に基づいて
 安全を重視する方向に仮説を適用するか、業務上の実益追求主義に
 もとづいて、仮説を「安全軽視」の方向に適用するか、という実践上の
 正反対の対応があるわけですが、ICRPは伝統的に後者の選択を
 してきました。)

 
「管理された外部被曝」と、管理できない「慢性的な内部被曝」は
もともと同じ枠組みで議論するに価しないものだし、比較しても
意味がありません。 まして福島の原発災害をめぐって現在起きている
のは、原発からの高レベル放射性物質のたれ流しであり、放射能
汚染された食品とかがれきなどの「低レベル放射性廃棄物」の
全国拡散です。これらは最初から管理を放棄した慢性被曝を
増長させているだけのことです。
 
 
なにごとも、発言するならまず調べて学んでから行動するのが賢明ですよ。
新しい理解や認識を得るには、それなりの勉強をしなきゃなりません。
戯れ言を書き散らしたいのなら、2ちゃんねるのニュース板に言ったほうが
楽しめますよ。


70. ももん爺 2012年4月27日 12:36:18 : QnfuyB5RKZq9U : dL1HaeyBvc
>31さん
ストレスでガンになる?・・の件。
ストレスが人体に与える影響を過小評価してはいけません。人間の内分泌を支配する仕組みは複雑ですが、例えば、あなたが気掛かりな事があれば、脳からのシグナルで血流内に分泌する物質の成分が変わるのです。もちろん一種類だけに限りませんので、結果として身体への影響が生じます。怒りでカッとしたときなど、アドレナリンなどの分泌が変わるのは明らかな科学的な事実です。

したがって、廻りまわってガンの発症の遠因になると言う考え方自体は間違っておりませんが、実際のガンの発症とストレスによる内分泌の変化との関連付けは非常に難しい問題ですので、特定するのは困難と言えば正しいので、あなたの言われる事は、その困難さを指していわれているとは思いますが、間違いです。

心理的なストレスだけでなく、物理化学的なストレスも人体への影響を与えますから注意が必要ですが、」それらが全て、ガンの発症に関係するのではないので、放射線の影響の大きな部分が人類の恐れるガンへの道を開く原因になり得ることが想定できる事は間違いないので、放射線の影響を避ける努力は、特に311以後の時代には必要な事は確かでしょう。

しかし、心理的なストレスの影響は放射線だけでありませんので、通常のストレスとの合併で負担の増加する影響には注意は必要ですので、その辺の事情を加味して発言するとき、コト、ココロザシと違って誤解をされかねない表現になる可能性がありますので、そのような言葉尻を捕らえて発言者を非難したりするような過ちは控えて欲しいと思います。

他人を非難したら、「自分が正義の立場に立てる」と誤解なさる方が多いのですが、それこそ非常に危険な事であり、全ての人が気を付けなければならないと思っています。

人を例えにして非難するのでなく、ご自分の信念を正確に表現なさる事を皆さんに期待しますし、私がコメントを書き出した原因なのです。

ご理解願います。


71. 2012年4月27日 13:26:56 : 0CRchCj8vU
ここぞとばかり、ずいぶんな言いっぷりだね

まるで大学院の研究生でもなければ

ここには書き込みできないような言い方に思えるが

それはさておき、それでは69の優等生よ?あなたは

どう言う仮説を、あるいはどなたの研究成果を

ご推薦でしょうか?

ずいぶんお詳しいようですので

いくつか書物になってるものなどお教え下さい。

もしご自分で実際に研究し書いてるものがあれば

なおいいかもしれませんね。よろしく。


72. 2012年4月27日 14:18:56 : kejlwA5Rsw
池田信夫ってある意味では優秀だよ、
権力で白を黒と言いくるめようとしてる、
その種の勢力の代弁者として。

何をしようとしているか何を誤魔化そうとしているのか、
それをはっきり示しているから、彼に物の道理や合理性などを求めるのは
愚の骨頂結論有りきのソフィスト的戯言なんだから。


73. 2012年4月27日 15:27:38 : 3IrMZz04wc
一般人としては、何ミリや何ベクレルは安全とか、
何%で病気になるとか、考える必要は無いよ。
細かいことは、識者ですらわからずに言い合いをしている。
そんなもの答えを、一般人が見つけられるわけが無い。

まずは放射能がどんなものかということを調べなさい。
そうすれば実に簡単なことだとわかる。
細菌のように活動しているわけではない。
単に、放射線と呼ばれる高エネルギーを持った光のようなものを
発射し続ける物質だ。

高エネルギーが体を突き抜けたらどうなるだろう?
強い放射線を浴びるととても危険だ。どういうこと?
簡単です。
火傷のようなものです。火傷は、皮膚の20%で死ぬといわれます。
放射線の場合は、皮膚だけでなく突き抜けた細胞全てを焼いていきます。
電子レンジのイメージでも良いかもしれない。
弱い放射線を長く浴びたら?
低温火傷のようなことが起こりますよ。
時間をかけて壊れていく細胞は、体の治癒力で回復が間に合うかもしれない。
持病を持った人は?お年よりは?子供は?女性は?
ほかの事に治癒力を割いてる人は、間に合うのか?
全力で放射線に対処している時に、他の病気にかかったら?

癌になるのは、なぜ?
火傷で死に切れなかった細胞が、増殖してるだけです。
内部被曝は何故危険か?
放射能のことを知れば、問答無用で理解できます。
アルファ線やベータ線が危険ってのはどうして?
貫通力が低いだけです。止まってしまうというのは、持ってるエネルギーを失うということです。
ボールを投げると落ちる。空気の摩擦でエネルギーを失うから。失ったエネルギーは空気を暖めている。
アルファ線が細胞内を1oで止まるなら、その1oに全エネルギーを放出しているという意味だ。
内部被曝においては、貫通してしまうγ線とは比較にならないエネルギーだよ。

放射能のことを知っていれば、物理なんか知らなくても常識の範囲で何が起こってるかはわかるんだよ。
そうすると、安全だという人がいかにでたらめを言ってるかがわかるようになる。


74. 2012年4月27日 16:57:51 : 0CRchCj8vU
「一般人としては、何ミリや何ベクレルは安全とか、
何%で病気になるとか、考える必要は無いよ。
細かいことは、識者ですらわからずに言い合いをしている。
そんなもの答えを、一般人が見つけられるわけが無い。」

ほ〜、放射能を知る!?ことはすごいことですが

まあ微量ならラドン温泉という手もありますが・・・

上記の文面を踏まえると、では危険地帯と言われる所で

活動し、生活してる人たちは

何を基準にして生きてけばいいのですかね?

あなたの考える、安全圏とはどのようなところですか?

あなたが安全圏ではないと考えられる場所に

暮らしている、あるいは暮らさざるを得ない

莫大な数の人たちはどうしましょうか?

彼らに対するあなたからの提言、メッセージはおありか?


75. ももん爺 2012年4月27日 17:37:27 : QnfuyB5RKZq9U : dL1HaeyBvc
放射線はある種の日焼けです。皮膚に吸収されやすい放射線(光)は皮膚を黒く色付けるでしょうし、吸収しにくいものは皮膚より深くで吸収されますから、表面からは変化を確認できません。

人間の身体は表面の皮膚から筋肉や血管、さらには血液骨などの種々の器官でできていますから、それぞれの部分での違いを反映するので一概に同じような変化として現れません。

一方で、吸収される方の放射線も各種の違いがあり、それが吸収されるされ方も多種多様になるのは当然なのです。吸収されるエネルギーも違いマウスから、総合した結果は、当然のこと多種多様な変化をするしかありません。

ですが、一般に理解できるような表現をするとき受け取る放射線量を基にして説明してしますので、この説明の仕方が多くの誤解を生むのだと思います。

一般の人々が知りたいのは、多分、直感的に分かる知り方ですので、そんな直感的に理解できるような説明が可能なのかどうか、と言う点で考えると殆んど不可能ではないかとも考えざるを得ない現象を相手に議論してるようです。

そのように考えますと、「まー、ソコソコの程度は安全だと思いますよ」と言われる人々の中に、お医者さんが多いように思うのです。そこには、常ずね、お医者さんとして病を恐れる患者さんをあいてにして、「大変ですよ」というより「気を楽にしてください」と言う意味で「大丈夫ですよ」ということを言いたくなる気持ちと考えるなら分かるようなきがするのです。

でも、そう言うと「あいつは原発推進派だ」と烙印を押されて毛嫌いされてしまうという実情を見せられてしまいます。

一方で、放射線物理の専門家で有名な京大助教の小出先生などは原理的な問題点を主体にご説明しますから、非常に分かりやすい反面、実際の病と病人との関係への不快精神面までの理解を含めた説明でないので、技術面にも医療面にも疎い一般の人が聞くと、必要以上に恐ろしいものという解釈に結びつきやすいのではないかと気掛かりになります。

ご推察いただけるとありがたいのですが、以上の2例で説明した説明者が、特別の意図を持って説明をしているのではなく、同じコトを通常のご自分たちの社会での位置付けにあわせて良心的に説明しているに過ぎないのではないかと思うのです。

(なかには、私にも裏の意図を持ちつつ{故意の安全}を煽る方も見受けられますが、そんな人は少ないのではないでしょうか?)

結果的に私が言いたいのは、人の発言を非難しても何も生まれないという事実です。(違うと思われる方もいるとは思いますが)

まー、年寄りの冷や水として一服、お考え下さい。自分の考えを伝えるのって、大変に難しいと思い知らされております。

私自身は、小出先生のICRPの低線量域の人体への影響の適応についての考え方は科学者としては正しいと思いますが、私が育った子供のころの放射線降下物の量を参照したり、私自身がX線を多量に浴びて貧血状態を経験したにも拘らず後期高齢者として健康でいられる事からの実証経験からは「まー、くよくよ気にしないで気楽に生きようよ」と言いたくなる方々の気持ちも分かるように思うのです。

ですから、東北地方の方はできるなら関西方面への移動が望ましい、とは思いますが、思いつめるほどではないと思います。直接、判断しなければならないか、と迷っておいでの方のお気持ちを察すると政府の無策には怒りを感じております。

ですから、他に怒りをぶつけるだけでなく、全ての方々に道が開けるのを祈るのみです。お許しください。


76. 2012年4月27日 18:01:30 : S3x2D2VdKo
岩上さん
熱いぜ
iwakamiyasumi カーティスの愚痴、ただいま翻訳中。何でもかんでもアメリカの言いなり、思い通りになってたまるか。 RT @tachitora: 2012/04/26 ジェラルド・カーティス氏講演「小沢裁判、判決結果とそのインパクト」 iwj.co.jp/wj/open/archiv…
2 minutes ago · reply · retweet · favorite

http://iwj.co.jp/


77. 2012年4月27日 20:11:03 : J0gs4wirrY
67 ←多数者のコメントの陰に隠れて、火病国工作員のまぬけコメントの見本を発見。こんなことを、どこの日本人が言うよ!

我々日本人は大変酷薄です→そんな国民のために働く方が、皆やられます→岩上さん、くれぐれもご注意ください。つながっていねえよ(笑)

陰では自分は関係ないと、楽しむ… ←それは、日本の大地震をお祝います、のあなたがたでしょう。

大変、酷薄な日本人より


78. 2012年4月27日 20:19:02 : esmsVHFkrM

「原発事故は絶対ありません」       事故発生
「緊急停止していて危険はありません」   爆発
「放射能漏れはありません」        しっかり漏れてるじゃん
「燃料は健全です」            メルトダウン露見
「圧力容器は健全です」          メルトスルー露見
「直ちに健康に影響はありません」     「たった3回しか言ってません」

ここまで嘘ばっかり。

「事故前は1ミリシーベルトでしたが、実は年間100(20、10)ミリシーベルトまでは大丈夫」

と言われてそれを信じる馬鹿だどこにいるんだ。今度は本当だという保証がどこにあるんだ。

信じてガンにかかったら原発事故由来だと認定してくれるのか。裁判しなけりゃ認めないだろう。裁判だってあのインチキ裁判所相手に勝訴する保証があるのか。

それなのに、わざわざここへ出てきて「安全です」といっている連中は何者だ。
   


79. 2012年4月27日 20:59:52 : PyqVAeSx5w
疲労が蓄積したせいだと思うけど、
南相馬市のぬまゆとかのインタビューしたせいで頭が変になったのもあるだろうな。

80. 2012年4月27日 21:28:06 : aETGJRmKlE

 放射線の影響を考える場合、確定的影響と確率的影響を分けて考えることが重要である。強い放射線による急性の確定的影響についての専門家の意見は一致している。

 チェルノブイリ事故では237人の作業員が強い放射線にさらされ、数週間で28人が急性放射線障害で死亡した。6000ミリシーベルト〜10000ミリシーベルトでは21人中20人が死亡し、4000〜6000ミリシーベルトでは21人中7人が死亡した。2000ミリシーベルト以下の低線量被曝のリスクはゼロである。つまり、脱毛・皮膚障害・白内障などの急性障害には閾値(しきいち)がある。

 意見が分かれているのは、被曝によって数十年後の発癌率が高まるかもしれないという慢性の確率的影響である。これについて1回200ミリシーベルト以上で健康被害が出ることについては広く合意があるが、100ミリシーベルト未満についても悲観派は、生涯線量として蓄積されて健康に対して消えない傷を残すと考える。

 楽観派は、それは生物学的メカニズムとも疫学データとも矛盾すると批判する。1回あたり100ミリシーベルトの被曝で健康被害が起こらないのだから、それより低い線量で合計100ミリシーベルトになっても起こることは考えられない。放射線によるDNAの損傷は、一時的に集中して細胞の自己修復能力を超えて照射されて起こるので、問題は放射線量の「瞬間的な最大値」である。

 したがって「毎時*マイクロシーベルトだから年間*ミリシーベルト」とか「内部被曝の預託線量が生涯で*ミリシーベルト」という計算には意味がない。福島のようなマイクロシーベルトの瞬間的な被曝で健康被害が起こったという記録は世界のどこにもないので、何回被曝しても障害は起こらない。

 広島・長崎の被爆者の慢性死亡率
(Preston et al.Radiation Rsearch,2004)
@被曝レンジ(ミリシーベルト)、A生存者数、B1950〜2000年の癌死者の「事実」、C1950〜2000年の癌死者の「予想」、D1000人あたりの余剰リスク の順

(A) @5以下A38507人B4270人C4282人D-2.0〜1.4
(B) @5〜100A29960人B3387人C3313人D0.0〜3.5
(C) @100〜200A5949人B732人C691人D3.5〜12.5
(D) @200〜500A6380人B815人C736人D9〜18
(E) @500〜1000A3426人B483人C378人D25〜37
(F) @1000〜2000A1764人B326人C191人D63〜83
(G) @2000以上A625人B114人C56人D72〜108
     計  A86611人B10127人C9647人D5.0〜5.2

 上記表は、広島・長崎の被爆者の癌による慢性死亡率がどれくらい増えたかを示すデータである。これは爆発当時どこにいたか、その後どいう病気をしたかなどの履歴が、被爆者手帳で追跡され、多くの被爆者訴訟でも争われたため、詳細で信頼性の高い疫学データである。それでも100ミリシーベルト以下では、発癌リスクは0.35%以下だが、0とは断定できない。リスクが小さすぎて誤差に埋もれてしまうので、それを厳密に検定するには8万6000人ぐらいのサンプルでは足りないのだ。

 したがって統計的には、「低線量被曝は健康に有害だ」という仮説も「無害だ」という仮説も棄却できないが、確実に言えるのは「100ミリシーベルト以下の健康被害は0.35%以下だ」ということである。日本人の30%は癌で死ぬので、その確率が0.35ポイント増えるというのは、死亡率が1000分の1増えるだけだ。

 福島については、外部被曝は極めてわずか(マイクロシーベルトのオーダー)なので、健康被害は考えられない。問題は、放射性物質を吸引したり食べたりして微量の放射線を長期間にわたって浴びる内部被曝の影響である。現在の国の基準では、マイクロシーベルト単位の被曝でも影響が蓄積すると考えて「年間線量」や生涯の「預託線量」で規制しているが、これには科学者の批判が強い。前述のように放射線の影響は瞬間の最大値が重要なので、その影響が長期にわたって蓄積するとは考えられない。


81. 2012年4月27日 21:34:12 : Bv0B5xPsiY
69. 2012年4月27日 11:14:20 : Mnxczxr6Dw
>>68さん、
ICRPの歴史的歩みを調べてみればわかりますが、
本来、あの団体は核エネルギール業者の職業安全こそが
「安全問題」の関心の焦点です。 そして当然のことながら、
職業的に放射線を扱う人々は、自分でそれを飲んだりはしません。
(人間ポンプみたいな見世物の役者じゃないわけで。)

ICRPの中心性格を的確につかんでいる意見ですね。
ICRPの基準は非常に厳しく信頼できるものだ、などと言う見解が垂れ流されている中で、この問題が、NHK番組をめぐっても、論争になっています。
どの角度から見ても、ICRPは、「リスク・ベネフィット」論から「コスト・ベネフィット」論へと「進化」して、金銭勘定で人の命をあつかう姿勢をつよめてきました。
今、ICRPを見るときに、福島原発事故で、多くの公衆の被曝、避難基準などが問題になっているので、この面を中心に見がちになるかもしれません。もちろん、この角度(一般公衆にとっての基準)からも、ICRPの正体はいくらでもつかんでゆくことができますが、ただ、69さんがいうように、ICRPが、高まってゆく被曝への批判に対して、被曝許容限度を厳しくしないよう防衛することに一番力を注いだのは、原子力産業にかかわる作業員・労働者にとっての基準です。
事故が起これば、避難基準などが賠償額を大きく左右しますが、しかし、事故の起きていないときに、原子力産業の利益を左右する一番の要因は、作業員をどれだけ被曝させて働かせることができるかにあります。

ICRPが、自分から、この基準を厳しくしていったようにいうのは笑いものです。こうした労働者・作業員の多くの障害と、それに加えて、日常運転時の、また事故によって原発から放出される放射能や核実験による放射能被害が拡大したことへの批判が強まる中で、ICRPは、それによって基準が厳しくなることを、「コスト・ベネフィット論」で、できるだけ抑え込むことに腐心してきたのです。
ICRPが厳しくして行ったのではなく、厳しくすることが当然とされていった社会状況の中で、その度合いを小さくすることに貢献したということです。
「コスト・ベネフィット」論なるもものは、受ける利益と、被曝を防ぐためのコストとのバランスをとるという論理ですが、しかし、その利益は、作業員でも一般公衆でもなく、原子力産業であり、あるいは核兵器を扱う軍部、それらと結びついた政治勢力などです。

なお、原発などの作業員にとって、一般公衆より高い基準が設定されていることを正当化する理由に、こうした人たちは、個々人が、被曝量や健康状態を厳重に管理されている、ということが言われます。これは、どこまで実際に管理されているのか(下請け、孫請けの原発労働者など、ほとんどないに等しいですが)、また、そのことをもって、どこまで許容できるのかは、現行基準との関係で重大な論点になりますが、ただ、比較と言うことでは一面の真理です。

ところで、福島原発事故での作業員の基準は、一時250mに引き上げられ、現在、100mになっていますが(途方もない高さです。たとえばドイツでは20mです)、一般公衆と原子力施設関係者との、一応の「境界線」ということでは、放射線管理区域の5,2mSv/年をあげることができます。
ここにはいる際には厳重に管理され、飲食・就寝禁止などの制約もつきます。
ところが、なんと、その4倍もの20mまで、福島市などでは子どもも含めて被曝され続け、避難の権利が拒否されています。

この問題について20msv学校基準を決めた当事者高木文科相(当時)が、放射線管理区域が5,2mなのに、学校がその4倍ちかいことをどう思うのかと国会で質問されたときに、「放射線管理区域は危険なものがあるので厳重に管理されているが、学校にはそんな危険なものがないので、比較するのがおかしい」と答弁しています。
これほどの、少し難しい中学校なら受験すらできないような知能の人間が、文科相となって、何十万の生徒の健康・命に直結する基準を決め、文科省が決めた基準の中では安全だ、と繰り返しているのです。
原子力施設が、周囲の住民に1mSv以上の被曝をさせることは違法と言う法が存在するにもかかわらず、また、5,2m以上は厳重に管理しなければならないという法があるにもかかわらず、20mSvまで(実際はそれ以上)の被曝をしいる無法地帯がつくられています。
こんな連中の作った無法地帯をいつまでも放置しておくなら日本もおしまいです。


82. 2012年4月27日 22:00:28 : lNniYTMNak
どこにいても、放射能の危険が増えたということ。せめて、低被爆地への避難、移動とその受け入れが、公共の福利、福祉、公衆衛生上、ひとつの方向。体内や身辺環境に、放射性物質が欲しいか要らないかという、二者択一の単純な事実。私は一粒さえそれを要らない。犯罪者には、はっきり物申す。要らないものは要らない。技術や科学やただの数字のお金が、ばら撒かれた核物質一粒残らず回収、再閉じ込め、それをやれるものなら、してから来い、と。出来ないのが現技術、科学、ただの数字のお金の到達点。閉じ込め、核パワーの即時廃絶は、事実を土台とした科学法則。核物性自体、その存在がストレスであるというのは、正常な防御本能。逆は、夏山の雨に打たれれば死にますから、対策は必要でですが、そんなものは不要だと一般公衆に言いふらし押し付けるに等しい殺人者、又は自惚れモノや天邪鬼・・・非法、詐欺、ペテン師、押し売り、宗教勧誘・・・しつこいなんてものではないので、問答無用の門前払いでよい。

83. 2012年4月27日 22:12:56 : PyqVAeSx5w
内部被曝治療サプリとか、個人宅の除染や自然エネの押し売りにも注意いた方がいいね。

84. 2012年4月27日 22:14:34 : rYkMku2ZH2
>>74
>>上記の文面を踏まえると、では危険地帯と言われる所で活動し、生活してる人たちは何を基準にして生きてけばいいのですかね?

各自の思う基準だろう。他人が言ってくれる基準ではないよ。

>>あなたの考える、安全圏とはどのようなところですか?

より汚染の薄いところが、より安全ということだ。

>>あなたが安全圏ではないと考えられる場所に暮らしている、あるいは暮らさざるを得ない莫大な数の人たちはどうしましょうか?

知っていて住んでる分には、止めようがないよ。
知らないなら知ってから決めるべきだ。
どうしましょうなどと他人が考える必要はない。
本人がどうするか決めるべきだ。
他者が考えることは、逃れたいという人をどう受け入れるかだ。
何百万人だろうと何千万人だろうと、無理だと突き放さずに、どうすれば良いかを考えなくてはならない。そんなことは無理だから死んでくれという政府は、どうかしている。
東京のような都市を作った我々が、たかだか数百万・数千万人の居住地域を用意できないわけがない。

>>彼らに対するあなたからの提言、メッセージはおありか?

後悔しないように、知って決断するように。
僕から見て、死に突き進んでるように見えても、
後悔しない選択として、そこに残ることを選んだなら、
否定はしないよ。良い選択だとは思わないけどね。
いずれにしろ、他人が責任を肩代わりしてくれることはないよ。
自分で決めることだ。


85. 2012年4月27日 22:41:00 : PyqVAeSx5w
なんだかんだ長々と理屈言っても結局は予防疫学的な観点でしかないんだよな。
出来るだけリスクを減らすべきだ、と言われるともっともらしく聞こえるけど、
そもそものリスクが数十年後に数千人に一人癌になる可能性が増える仮説があるといったレベル。

86. 2012年4月27日 23:27:12 : QrlnZQO5b4
>>85

電離放射線による人体の損傷は、大別してDNAの共有結合破壊、体内6〜7割の水分の電離による活性酸素発生、そのほかの酵素などへの直接損傷―――に分類できます。別の面から分類すれば、DNA破損だけでなく、神経細胞や造血幹細胞などの損傷、筋肉(心筋を含めて)の損傷、等の面からもみることができます。
活性酸素は、老化、免疫不全、血管を脆くする・・等々、感染症以外の9割の疾患の原因になることが明らかになりつつあります。
外部被曝でもそうですが、とくに、体内に入った放射性物質は、付着した周囲をこのように損傷し続けます。

以上は、一例、一面にすぎませんが、このことを踏まえるだけでも、ガン、白血病、遺伝障害がなん%か起こる際には、その「すそ野」に軽度から十度に至る広範で深刻な健康障害が広がるのです。
ときおり、交通事故の比率と比較する愚かな人間がいますが、事故にあわない限りは(一応は)影響のない交通事故と、ガン、遺伝障害という形に現れなくとも(望みもせず、原発推進派の利権のために)常に人体を損傷され続ける被曝とを数値で比較するなど、無茶苦茶なことです。

幼児、子どもが被曝して、1%、あるいは、それ以下の比率でガン、白血病を発症することだけでも、当人にとって大変なことです(大人になることが当たり前とされる社会で、子どもが、大人になれずに死ぬことが、どれほどのことなのか、数字であれこれいう御用学者は、考えることもできないのでしょうが)。そして、御用研究者、ICRPなどが、この数値を(たとえば広島、長崎の「調査」結果を)低い方に捻じ曲げている証拠はいくつもあります。

しかし、以上のことを抜きにしても、放射線による人体損傷の基本性格を知れば、「なん%」がガンになるだけに「すぎない」などと言って「安心」「受け入れ」など到底できないことをつかむことができます。
(被害をガン,DNA障害にしぼりこもうとしている最近の原子力村のごまかしも容易に見ることができるようになります)

>>82さん、同意です。

>>80
原爆被爆データは、「被爆者」と、その周辺の「(相対的に低線量の)被爆者」とを比較したもので、これ以下ではない(これより安全ではない)というデータになるかもしれないけれども、危険度がこれ以下だというデータになどならないしろものです。
こんなものを振り回している80さんの安全デマの意図が透けて見えます。


87. 2012年4月27日 23:46:27 : PyqVAeSx5w
本当のところは、分からないから怖い。この恐怖が一番の根拠なんじゃないの?
分からないのは素人だから。放射線研究の専門家を御用学者だと決めつけずに話を聞いた方がいいよ。

88. 2012年4月28日 00:25:36 : Y2NLS94DDc
防護マスクが怪しい!!!!!

89. 2012年4月28日 00:30:04 : X5CWd85MK2
>>82
専門家にもいろいろいる。
100mSv以下安全論を主張する山下俊一を筆頭とする一群(数からいえば多数派)が、まったく破たんした論理で「安全」を繰り返しているから御用学者と規定しているまでで、話を聞かずに決め付けているわけではない。
決め付けているのはどちらなのか。

山下俊一は、事故直後、100m以下は絶対に大丈夫だといってまわった。
ところが、その後、100m以下は分からない、自分は安全ではなく安心を説いている、と前言を翻し、新興宗教まがいにことを言い出した。
ところが、11月の国民の健康会議では、100m以下安全と言うのは、被曝をめぐる「黄金律」だと断言した。
他方、かつて、10m−100mでも、18歳未満に影響が出る可能性があるという学会への論文が露呈した。
福島県の雇われ山下俊一のこの経緯は、御用学者のでたらめさの一例ではあるが、それ以上のことを示している。
山下俊一は、とにかく、避難をおしとどめたい佐藤雄平県政の手先として、100m以下安全を説きたくて仕方ない。そのため、ときには(まわりに専門家がいないときには?)「黄金律」とまでいう。
このように、安全を言ってまわりたくて仕方ない人物なので、もし、100m以下安全と言う学術的論拠が(こじ付け的な研究でさえ)あれば、山下が、それに「確固として」依拠しないはずがない。だが、山下ですら、それができきれずに、ときによって、「安全」と言ったり「今後確かめなければわからない」と言ったりしている。
御用学者が言う100m以下安全とは、こんな代物なのだ。
同種がいくらでもいる。
これを御用学者と言って、どこが不正確なのか。

なお、同じことは、原子力安全委の広報担当の様な役を務めた副委員長の代谷もまったく同様。
100m以下安全と言って、記者に、100m以下ははっきりしないというのが主流ではないのかと突っ込まれ、それは晩発性のことですねと言い返した(はじめからあたりまえだ!)。

87さんは、御用学者を擁護するなら、もう少し実態を知ってから言うべきだ。


90. 2012年4月28日 00:32:04 : X5CWd85MK2
89です。
すみません、まちがいです。

一行目
× >>82
○ >>87


91. 2012年4月28日 00:54:08 : PyqVAeSx5w
山下教授は放射能を巡る言論がどうしたって宗教論争となってしまうことに気づいたんだろうな。
科学者として、これまでの研究の成果から確信を持って安全だと主張したところで、
100%絶対安全かと問われたら、そんなもんは神様しか分からんもんね。
(例えばチョコレートが本当に絶対的に体に害がないかということを世間に証明しようとした場合、非常に困難でしょ)
科学に対する世間の相場が一番底値だった悪いタイミングでの発言だったね。
苦悩と混乱と科学者として誠実さがにじみ出てる。

92. 2012年4月28日 02:20:13 : PyqVAeSx5w
でもその後はどうだ?
結局は科学が事態を解決してくれるだろう、と世間は元の科学信仰に戻りつつあるんじゃないか?
原発の技術を完全に封印したいと思ってる人間は実はそんなに多くは無いように思える。
自前でエネルギー資源を調達できる可能性のある唯一の手段でもある。
原発の技術改良に向けて風潮が切り替わるのも時間の問題だろうな。

94. 2012年4月28日 03:53:03 : pDEZ0ujLdh
>>91
子どもの被曝を心配する親を「利己的」と罵倒する山下俊一のどこが「苦悩と混乱と科学者として誠実さがにじみ出てる」のか。
「(被験者は)200万人の福島県民全員です。科学界に記録を打ち立てる大規模な研究になります」などと口を滑らす山下のどこが科学者としての誠実さなのか。人体実験による功名に意気込んでいる姿以外の何なのか(もしかすると、恐ろしいことに、91は、それを科学者としての誠実さと考えているのかもしれない)。
どこの世界の山下俊一のことを言っているのか。
この一文で91の正体が割れる。

95. 2012年4月28日 03:58:09 : nL7U6ZGGJQ

ガンマ線を主体とする外部被曝であっても、核種によってエネルギーの違いがある。

コバルト60の放出するガンマ線は著しく危険である。

さらに、同じ放射線の影響でも外部被曝と内部被曝ではその結果は著しく異なる。
内部被曝を考慮しない検討は、「検討に値しない」

私には、「シーベルト」という単位そのものが詐欺のような気がしてきている。


96. 2012年4月28日 04:04:34 : nL7U6ZGGJQ
ここで、こういった議論が進行することで、ひとり、ふたり・・・と、「自分で考える」人間が増えていくことは大変良いことである。

支配層が恐れるのはまさにそのことだと思う。


97. 2012年4月28日 04:29:17 : PyqVAeSx5w
>>94
疫学的調査と人体実験をごっちゃに考えてないか?
調査を怠り後世に何も残せなかったら、それこそ科学者としての誠実さに欠けるだろ。
94が散々引用してるチェルノブイリ事故のデータも当時のソ連科学者による調査の成果なんだが?
恐怖に駆られてる人間は科学的で冷静な視点に欠けていて、それに全く気付いてないんだよな。

98. 2012年4月28日 05:06:09 : nL7U6ZGGJQ
ニュールンベルク綱領(生体実験に対する反省から起草された) 第一条

医学的研究においては、その被験者の自発的同意が本質的に絶対に必要である。

このことは、その人が同意することができる法的能力を持っていなければならず、暴力、ペテン、欺き、脅迫、騙し、あるいはその他の表面には現れない形での強制や威圧を受けることなく、理解した上での間違いのない決断を下すのに十分な知識と包括的な理解を持って、自由に選択できる状況の下で、被験者となる人が自発的同意を与えるべきであること、を意味している。

そのためには、医学的研究の対象とされている人から確定的な同意を受理する前に、研究の性質、期間、目的、実施方法や手段、被験者になったために起こり得ると考えられるすべての不自由さや危険、健康や人格に対する影響について、医学的研究の対象とされている人は、知らされる必要がある。

同意の内容が妥当なものであるかどうかを確かめる責任は、実験を開始し、指導し、あるいは実施する各個人にある。

これは、実施責任者が難を逃れて他の人に責任を押しつけることができない実施責任者個人の義務であり、責任である。

・・・

上記綱領に抵触する研究の一例
米国連邦政府公衆衛生局(PHS)によって行われたタスキギー事件(1930年代)
梅毒の自然史を研究する目的で、黒人男性400人が、政府により意図的に梅毒に罹患させられ経過が観察された。1972年に事件報道がなされ、1974年にNational Research Actが成立。


99. 2012年4月28日 05:12:25 : 9vypDhgLKM
>>85
>そもそものリスクが数十年後に数千人に一人癌になる可能性が増える仮説があるといったレベル。

1ミリシーベルトを一回だけ浴びたとき、国際放射線防護委員会(ICRP)
の勧告によると確かにそうなります。でもICRPも参考にしている放射線
影響研究所の数字はそのおよそ10倍です。それをICRPの委員も正しいと
認めています。去年のNHKの低線量被爆についての番組では、現行の2
倍の発ガン率を委員みずから認めてもいます。ICRPの勧告にあるAL
ARAの考え方(「すべての被ばくは,経済的及び社会的な要因を考慮に
入れながら,合理的に達成できる限り低く保たなければならない」との考
え方)があるから早急に現行の年間1ミリシーベルトの公衆の被爆限度の
基準値を変更する必要はないとICRPは考えているそうです。

ドイツではその考え方をいち早く取り入れたのか、年0.1ミリシーベルト
が基準値です。

ですから、その数値できちんと計算すると、毎年被爆は続きますし、子供の放射線
に対する感受性を最小限で考慮しても、福島市等の高汚染地の現在の子供はほとん
ど全員将来ガンになるとみなければなりません。恐ろしいことですが、現実です。
小佐古敏荘氏が涙ながらの辞任をしたのもよくわかります。

また、国民に対して酷薄といったところのあったソ連ですら、年間5ミリ
シーベルト(日本式の計算では3ミリ)で避難とその補償を認めたことを
忘れてはいけないでしょう。


100. 2012年4月28日 05:43:23 : bi392M2Vqo
岩上安身氏「デマといったね。デマだと立証してもらおうか」「えっ?」
http://togetter.com/li/214214

101. 2012年4月28日 06:12:39 : EbGt98gFtw
IWJはどうして小沢判決の取材してなかったんだろ。一番のクライマックスなのに。
画が一つもないなんて信じられない。


一説によるとニコニコ動画から圧力があったそうだが。本当なんだろうか?


102. 2012年4月28日 06:37:01 : gPpLkbk3to
本当に小沢カルトはやり方が汚い

真っ黒小沢を応援して、嘘をつきとおした結果、ストレスで様々な症状が出たというのが本当の原因だ。

それを福島のせいにして、今度は被害者として保障でももらおうと企んでいるに違いない


岩上 いい加減な嘘はつくな、お前の病気は小沢が原因・・・これが正解だ

治るためにすることは、病院ではない。藁人形が一番良い!


103. 2012年4月28日 08:44:22 : S3x2D2VdKo
岩上安身およびIWJは、2009年9月より、小沢一郎氏、およびいわゆる「陸山会事件」について、さまざまな側面からの報道を続けてきました。このページでは、それらの記事を一覧でご紹介します。

http://riku.iwj-beta.com/


104. 2012年4月28日 09:00:13 : VrrMTgkHi2
>>85
>>なんだかんだ長々と理屈言っても結局は予防疫学的な観点でしかないんだよな。

予防する以外に、一般人に何ができる?
毎日歯を磨きましょう!帰ったら手洗いうがいをしましょう!
それと同じレベルで、内部被曝はできるだけ避けましょう!
と言わなければならない国になったということだよ。

ちなみに医者も、内部被曝の治療はできない。
何処にあるかもわからない、微小な原子、それを切開してピンセットで摘み取るなんてことは不可能だ。ただの物質だから薬で殺すこともできない。
唯一の方策は予防で、それを突破されたら半減期で減っていくのを待つしかない。

>>できるだけリスクを減らすべきだ、と言われるともっともらしく聞こえるけど、そもそものリスクが数十年後に数千人に一人癌になる可能性が増える仮説があるといったレベル。

なぜ、楽観的な仮説を元に考えなければならない?
仮説レベルしかないのだから、危険な仮説に対処できるようにするのが予防だろう。
そんな事言ったら100mの防潮堤が必要だと言った人がいるけど、
100mの津波が来る仮説があるなら、作らなきゃならないんだよ。
それを考えないから、事故が起きたんだろうに。
安全サイドの意見を疑わないでいれば、あなたの身に原発事故が起きるんだよ。


105. 2012年4月28日 09:00:20 : wrG33VcnSY

100.へ、
記述は正確にね。印象操作しようとしているね。

http://togetter.com/li/214214
岩上安身氏「デマといったね。デマだと立証してもらおうか」「えっ?」

・元ツイート消えてる
・友人の話
・岩上安身
なんで、多分デマだと思う。

放射能(放射線)と無脳症の関係は立証されてません。
出生時障害(1948−1954年の調査)-放射線障害研究所
http://www.rerf.or.jp/radefx/genetics/birthdef.html
>>
どの種類の妊娠終結異常も親の放射線量または被曝との関係を示さなかった。
>
ベラルーシにおいて先天性障害の増加をもたらしている原因として最も考えられることは,慢性的な被曝またはネガティブ要因の複合的な影響による,突然変異レベルの増加である.
<<


108. 2012年4月28日 10:47:12 : PyqVAeSx5w
どっちがパラノイアなんだろうな?
事実と妄想の区別がついてないのはどっち?

109. 2012年4月28日 10:52:44 : PyqVAeSx5w
>>104
いや、危険を煽ってる方の科学者の仮説だけど。
武田教授とか。武田教授も放射線の専門家ではないけどな。

110. 2012年4月28日 11:16:41 : S3x2D2VdKo
2012/04/22 市民と科学者の内部被曝問題研究会 総会&シンポジウム

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12438


111. 2012年4月28日 11:24:59 : PyqVAeSx5w
いいなさん(神戸大学博士)が肥田舜太郎の『内部被曝』を買って読んでみた!! http://togetter.com/li/279843

112. 2012年4月28日 11:31:11 : S3x2D2VdKo
青山貞一:福島原発事故で本当に怖いのは魚介汚染 E-wave Tokyo

http://www.youtube.com/watch?v=ALvIdgc824Q&feature=related


113. 2012年4月28日 12:20:07 : UUHjZl9diA
>>97
疫学的調査と人体実験をごっちゃに考えてないか?
調査を怠り後世に何も残せなかったら、それこそ科学者としての誠実さに欠けるだろ。

本当に「誠実」に正体をあらわしましたね。
ナチスや731の人体実験も、たしかに後世に役に立つデータを残しています(だからアメリカは731残党を優遇し、とりこんだのですが)。
こうした「有益性」から、人体実験まで許容する論理、思想に97さんが落ち込んでいることに気づかないのだろうか。それを臆面もなく表明することには、感嘆もするが、恐怖も感じる。この点で山下俊一と一体であることが良く分かる。
山下を「誠実」と持ち上げるのも、ある意味、当然であった。

これは98さんが具体的に述べているところです。

福島では、問診票の回収率が低迷していますが、当然です。
治療のためでなく、「調査」だけのものであること、すなわち人体実験であることを県民の多くが感じているからです。実際に、こうした意見が多く出ています。
原爆投下後の米国の調査団ABCCが、調査すれど治療せずで批判を浴びたことと根本は同一です。


114. 2012年4月28日 12:46:57 : PyqVAeSx5w
>>113
なんで「調査」が「人体実験」になるの?頭おかしくないか?
学者に何を求めてるんだか。113は恐怖で感情的になり過ぎてる。その自覚もなし

>福島では、問診票の回収率が低迷
まぁ提出は任意だからな。
自身がどれだけ被曝したかを調べたい需要だってあるよ。


115. 2012年4月28日 13:00:00 : PyqVAeSx5w
100mSv/y以下は全く問題ないと山下教授はこれまでの研究の結果から
学者として誠実に確信を持って安心宣言をしたのに、
当時科学への信頼性が暴落していたのと、
113のように恐怖でヒステリックになった被災者に
「100%絶対安全と言えるのか」とか詰め寄られていじめられて
教授は言説を曲げさせられたんだろうな。

116. 2012年4月28日 13:03:04 : S3x2D2VdKo
ウラジーミル・バベンコ氏来日講演 2011.10.15
自分と子どもを放射能から守るには
ベラルーシの経験を日本のみなさんへ

http://www.ustream.tv/recorded/17879550


117. 2012年4月28日 13:29:13 : PyqVAeSx5w
今の放射線は本当に危険レベルか、ズバリ解説しよう
「水道水、牛乳は飲んでも大丈夫か」「暫定規制値とは」「チェルノブイリと何が違うのか」
――第一線の専門家(山下教授)にインタビューhttp://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110323/219112/

原発事故から2週間あまり後に、すでに的確な意見を述べておられていた。
幾分は冷静になった今なら多くの人は教授の意見に納得するんじゃないか?


118. 2012年4月28日 13:32:06 : o6DkehNVr6
>>115
100mSv/y以下は全く問題ないと山下教授はこれまでの研究の結果から
学者として誠実に確信を持って安心宣言をしたのに、

100m以下も影響がある可能性を論文で書いている。それを撤回したわけでもない。ドイツ誌とのインタビューでは「わからない」を繰り返している。どこが誠実だ。

>>115
113のように恐怖でヒステリックになった被災者に
「100%絶対安全と言えるのか」とか詰め寄られていじめられて
教授は言説を曲げさせられたんだろうな。

ヒステリックにデマをねつ造しているのはどちらか知らないが、山下派、佐藤県政を後ろ盾に絶大なる権力を持っている。福島に行ってみたらいい(といっても、行ったと言ってまたデマを飛ばすだけだろうが)。
山下などが、被曝を正当に心配する親たちを断罪し、放射能の話ができないような空気を作りだし、非難を妨害し(昨年12月の策動は撤回させられたが)マスクをしていない子どもになぜかと聞くとマスクをすると教師に怒られるという。
「いじめ」はどちらなのか。
少しでも常識ある人間なら、権力者が弱者にいじめられている、などという呆れた逆立ち話は笑いものではない。

底の割れたデマは、いい加減にやめたらどうだ。
とはいえ、山下は誠実だ、と途方もないことを言ってくれればくれるほど、そのでたらめさ、二枚舌、三枚舌をより明らかにできるので、ありがたいことでもある。


119. 2012年4月28日 13:36:23 : S3x2D2VdKo
福島原発微量放射性粒子で何万人も発癌の可能性拡散!Dr ウィング

一般に、安全な放射線量はなく、
癌や遺伝への影響はある。
放射線に閾値はなく、放射線量が下がれば、
リスクは下がる。ただ、リスクは消えない。

http://www.youtube.com/watch?feature=iv&v=u_NAb-dyNAY&annotation_id=annotation_645977&src_vid=TTHNoabwD4w


120. 2012年4月28日 14:10:02 : PyqVAeSx5w
岩上氏は山下教授や中川恵一氏のような安全派の学者にも平等にインタビューをすべきだった。
当然岩上氏ならそうするものとの思い込みもあった、
それがインタビューしないどころか、自由報道協会の記者会見に招いて
会見を行ったロシアアカデミーのアルチュニアン教授が原発安全派だった事が
分かるやいなや御用学者呼ばわりしたこともあったり、全く公平を欠く姿勢が続いた。

とはいえ東電の会見生中継なんて、岩上氏がいなければ見ることもできなかったろうし、
岩上氏の活動全てを否定するわけじゃない。

特に専門外の分野については、日頃信を置いている著名な言論人であろうと、
鵜呑みにするのは危険だし、中立的な意見なんてものはあり得なくて、
誰しもそれなりに偏向していることに気づかされたのは収穫だった。


>>118
私、福島県民ですけど。


121. 2012年4月28日 14:16:06 : S3x2D2VdKo
「子どもには年1ミリシーベルト適用を」山内神戸大教授

福島第1原発事故で放射線が検出された福島県内の小中学校について、国が屋外活動制限の可否を判断する目安とした年間の積算放射線量20ミリシーベルト。「子どもが浴びる線量としては高すぎる」「放射線の専門家でもそこまでの被ばくは少ない」などの研究者の懸念に対し、国は暫定措置であることを理由に譲らない構えだ。「子どもには年1ミリシーベルトを適用すべき」と4度にわたって国に申し入れている神戸大大学院海事科学研究科の山内知也教授(放射線計測学)に聞いた。

http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/0004098692.shtml


122. 2012年4月28日 14:19:06 : PyqVAeSx5w
現地にいて実情が分かってると、デマ(一つの事実を全体であるかのように言う人も含む。上杉とか)をまき散らしてる人と、誠実な人の区別が良く分かるよ。


>山下などが、被曝を正当に心配する親たちを断罪し、放射能の話ができないような空気を作りだし、非難を妨害し(昨年12月の策動は撤回させられたが)マスクをしていない子どもになぜかと聞くとマスクをすると教師に怒られるという。
「いじめ」はどちらなのか。

こんな空気もどこにあんの?どこの雑誌の記事で聞きかじったの?って感じ。


123. 2012年4月28日 14:28:33 : S3x2D2VdKo
県民健康管理調査の問題点

この「県民健康管理調査」をめぐって、「福島県民はモルモットではない」「繰り返すな!検査すれども治療せず」等、福島県民の間には依然根強い批判がある。日本弁護士連合会は、昨年11月15日付けで「福島第一原子力発電所事故による被害者の健康管理調査の適正確保等を求める意見書」を取りまとめ、内閣総理大臣、厚生労働大臣、文部科学大臣、原発事故の収束及び再発防止担当大臣及び福島県知事に提出した。しかし、重要な指摘にもかかわらず、未だ改善されてはいない。

http://skazuyoshi.exblog.jp/17306306/


124. 2012年4月28日 14:47:09 : PyqVAeSx5w
放射能に対しての話題も、数ヶ月間ずっと考えてきて、
ある程度リスクと現実とを鑑みて、各人それぞれの生活の指針を決めてきたんだから、
よっぽど新しい情報が入ってこない限り、わざわざ話す必要もないよ。うんざりもしているし。
新聞とかじゃ毎日原発や放射能に関して取り上げられてるけど。

125. 2012年4月28日 15:14:05 : S3x2D2VdKo
子どもたちの未来を守ろう!
広がる子どもたちの内部被ばく − その低減のために
続・子どもたちの尿検査から見えてきたもの

@ 子どもたちの内部被ばくの地域的な広がり
・・・福島県内だけでなく、宮城県、岩手県、千葉県など広い範囲で子どもたちの尿からセシウムが検出されている。

A 子どもたちの内部被ばくレベルは自然に低下するわけではない
・・・事故後1年以上経過していますが、子どもたちの尿から検出されるセシウムのレベルは昨年夏ごろと比べて同程度かそれ以上の場合もある。

B 検出される子どもたちの内部被ばくレベルは放置して良いレベルではない
・・・チェルノブイリ事故による内部被ばくの危険性を指摘する研究結果と比較しても健康影響が出るレベルである。

C 生活パターンの改善などで予防ができる
・・・食生活の改善などにより体内のセシウム量は確実に減る。
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2012/04/post-405e.html


126. 2012年4月29日 03:15:31 : 9hUmGZfvBg
>>121
>「子どもには年1ミリシーベルト適用を」山内神戸大教授

ICRPの年1ミリシーベルト基準について言えば、ここまでは安全ですとは、
ICRP言ってないんですね。可能な限り低くが本意で、たとえ原発推進派と
言っても、権威を維持するためには、まともなことも言う。しかもこの1ミリは
内部、外部被爆をあわせたものです。それと、被爆は放射性セシウムのみを考えて
いるのでもないのです。また、毎年1ミリまでならOKというものでもない。
むしろ、ある年1ミリ浴びたなら、ほかの年は0であってほしいというものです。

だから外部被爆だけで、しかも放射性セシウムのみを測って、毎年20ミリ被爆
するなどということは恐ろしいことなのです。最近それがわかりました。

ただ山内教授の説を批判しているのではないです。ぎりぎりこの線は守ってくれ
というお気持ちなんでしょうね。


127. 2012年5月01日 03:03:45 : qXLrlBRO2k
すっごいなー。

なんだー、今年度の工作員の予算が下りたのか?

最近減ったのにやたら沸いてくるな。しかもその傾向はフリージャーナリスト叩きと、御用学者擁護。

目的がよく分かるね。

特に沸いてくるのがフリージャーナリスト叩き。

今年の標語は言論統制か?


128. 2012年5月01日 20:51:11 : PyqVAeSx5w
>>127みたいなのが、そのうち信じてた人達の酷いデマに気づいて目が覚めた時、何を思うのか興味ある。

129. 2015年2月24日 22:48:53 : aiMZAOJQqY
>>128みたいのが、人がバタバタ倒れ始めてその原因に気づいて目が覚めた時、
何を思うのか興味ある。

130. sarabande[6] c2FyYWJhbmRl 2016年9月14日 22:38:04 : YlxIfWXhO6 : ZBVrszKG2fE[1]
【岩上安身のツイ録】「勝負」の第7期に向けた岩上安身の「覚悟」――体調不良を乗り越え、9月からはいよいよ前線に復帰! 2016.9.13
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/331309

2012年2月に福一見学してから、4年半。
読んでいて、痛ましくなるぐらいであった。普通の狭心症や高血圧のみでは、説明つかないぐらいの、体調不良の連続に見舞われているように思う。右腕の可動範囲がせばまるというのは、50代半ばで加齢現象とは、なかなか言えないように思われる。もう、誰も、内部被曝の影響は指摘されなくなった頃に、いろいろでるんだろう、それも、非特異的な、よくある病気の悪化として。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素23掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素23掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧