★阿修羅♪ > 原発・フッ素25 > 295.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
木下黄太氏に関する疑惑情報まとめ[「てげてげ」より:正力=読売との関連や代理人が米人であることなど]
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/295.html
投稿者 一市民 日時 2012 年 7 月 01 日 02:37:02: ya1mGpcrMdyAE
 

注:以下は「一連の記事のまとめ」となるため、タイトルは30文字以内はそのまま、という阿修羅の標準規定を単純に当てはめることが出来なかったが故に、投稿者の責任において「まとめ表題」を↑に表示させていただくことを、予めお断りする。

http://grnba.com/iiyama/
◆2012/06/27(水) 木下黄太さん、質問します。
木下黄太さん、あなた、まだ日テレから給料もらっていませんか?

いや、木下氏への給料は今春早々止まったという情報もある。
だから、300円→500円→1000円→1800円と講演会のチケットが
暴騰してきたんだ、と。

それから、
木下黄太さんは、ガレキ受け入れについて、地方自治体の一課長を
執拗に攻撃したりする。その動画を見たが、ほんと、しつこい。
次には、その課長が属する地方の役所を猛烈に非難する。
さらに木下黄太さんは、ブログでも、
「〇○が瓦礫を受け入れます! 抗議を集中してください!」
「〇〇市が瓦礫受け入れを表明しました。こんなことは許されません」
と、地方の役所を激烈に攻撃する内容ばかり。

本来なら日本政府と東電に向けるべき非難と抗議の矛先(ほこさき)を
すべて地方自治体に向けさせるよーにしている。

人々の不安をあおり、一纏めにし、その怒りの矛先を自治体に向ける、
これって、真犯人を庇(かば)い、逃がし、責任の所在を曖昧にしてしまう
ということなんですが、木下黄太さんは意識してやっているのですか?

カネがでるので意識してやっている。そこまでは思っておりませんので、
悪しからず。

それから…、
木下黄太さんが今も執拗に東京脱出をすすめる…。これは駄目です。
東京から脱出できるシトは、とっくの昔に逃げています。
逃げるに逃げられない! こういうヒトに、「東京にいるのは馬鹿だ!」
と言う。これ、残酷なことだとは思いませんか?

それに、日本は、どこに逃げても放射能が拡散されきっています。
せっかく南九州まで逃げてきたのに、学校給食が「ベクれた米(まい)」
に、「ベクれた肉」に、「ベクれた野菜」。
沖縄の市販の米の大半がベクレてしまったので、南九州に移住希望!
こういう友人が何組も鷲を訪ねてきました。

せめて、自分の居室と浴室を『放射能ゼロ空間』http://grnba.com/iiyama/more27.html#rr01181にして生き延びてゆく!
そうやって東京のド真ん中で生き抜いているヒトが何万人もいる。
で、彼らの主食は、玄米仙人食http://grnba.com/iiyama/more24.html#ws0905と豆乳ヨーグルト、野菜は“自室菜園”。

東京脱出しなくても大丈夫なので↑読んでみてください>木下黄太さん


◆2012/06/27(水) 木下黄太氏から電話があった。
夕刻。木下黄太氏から電話があった。
「はい、飯山です!」と電話にでると、かん高い声の怒鳴り声…、

「ひじょーに不愉快です。こういうことを書くようでは弁護士を通じて
対処します!」(ガッチャン!!)

「飯山さんの書いたことはカクカク・シカジカで事実ではありません!」
とでも言えば、訂正の余地もあるのに…。

ワハハハハー。図星だったのかなーー?
図星だったんだろーなーー! この直前の記事の内容。

木下黄太氏は鷲の公開質問に公開で答えず、ガッチャン電話だけ。
まだまだガキなの鴨、木下黄太クンは。


◆2012/06/27(水) 木下黄太クンの米国事務所から電話が…
木下黄太クンてのは、カエルの小便だねーー。
カエルの小便、田にしたもんだ! 田いしたもんだ! たいしたもんだ!

だってさー、アメリカのオクラホマにあるー、
『木下黄太・マネジメント・オフィス』。ここの一際(ひときわ)美人で、知的、
かつ有能なスタッフで、名前がウェンリー・ブライアンとUー、男みたいな
名前の女性から電話が入ったんだぜーー。

だってさー、
「放射能が危険だ! 東京から逃げないヤツは馬鹿だ!」と、連日連夜
日本中を飛び回って、安い料金で(最近は高いけど)、日本の危機状況
を説き回っているボランティアが、アメリカにオフィスをもっている!
これは「たいしたもんだ!」と言うほかないっしょ?!→ みんな

そんで、彼女のUーことには、鷲が木下黄太くんを「誹謗中傷」したから
訴えるんだってさ。刑務所に入れるんだって。FEMAかな?

まってました! 隣のイヌにニラまれただけで飼い主を訴えちゃうとUー
裁判王国のお手並み、じっくり拝見させていただきます!

それにしても、木下黄太クンのバックって、凄い!
なにしろ、「誹謗中傷された!」って、アメリカに泣き込むんだぜ!
オクラホマ・ミキサーだぜ! これはカエルの小便だY。

あ、電話なのでブライアン姫が美人かどーかは不明です。 Bye!


◆2012/06/27(水) 木下黄太クンの代理人が言った。
鷲、アメリカのFEMAにブチ込まれる恐怖で、大切なことを言い忘れてた。

木下黄太クンの代理人が言うことには、木下黄太クンへの「誹謗中傷」を
すべて削除すれば、寛大な処置をとってあげます! とUーことだった。

鷲は、英語で「ノー!」と、小便をチビりながらも、言ってやった。
その次に、あわてて「もとい、ネバー!」と言い直した。
「もとい!」という部分は日本語だった。
英語的には、鷲も、かなりボキャ貧だ。

それにしても、すべて削除しろ! とは…、かなり図星ちゅーか、痛い!
ちゅー指摘があったんだろーなー、と思う。


◆2012/06/28(木) 木下黄太クンの化けの皮をはがす!
放射能地獄のなかでも、ヒトは知恵と工夫で生き抜くことができる。
その知恵と工夫を、鷲は、たくさん提唱してきた。
その要点(『耐放射能5大原則』)は…、

1.乳酸菌を活用して免疫力(マクロファージ)をアップする。
2.できるだけ長い時間を『放射能ゼロ空間』で生活する。
3.汚染されていない地域の食品を生産者から直接買う。
4.玄米仙人食http://grnba.com/iiyama/more24.html#ws0905などで、極力食べない生活をする。
5.放射能を極端に恐れて、不安とストレスを増加させない。

以上の5点を実行すれば、ヒトは絶対に短命にはならない!
と、鷲は自信と確証をもって断言し提唱してきた。

ところが木下黄太クンは、上の5大原則を全く知らない。完全無知。
乳酸菌の摂取が免疫力を上げるということは、常識どころかエビデンス
にまでなっているのに、木下黄太クンは完全に無知。
それどころか、木下クンは次のような妄言をツィートしている。

放射能による健康被害は、回避する最良手段は、避難以外ない。
コメのとぎ汁で、回避できるという話は完全な妄想。
https://twitter.com/KinositaKouta/status/217913945346945024

こうして木下黄太クンは、ひたすら東京脱出と放射能障害の実例?を
連呼して、善良無知なシトたちに恐怖感と不安感を植えつけ続ける…。
あげくは、東京から脱出しない人間は馬鹿だ! とまで罵倒する始末。

東京脱出がしたくてもできない母親たちは、不安と恐怖心にかられて
夜も眠れず、夫や舅姑(しゅうとしゅうとめ)と喧嘩しながら病院に駆け込み、
診療拒否されたり、逆に「甲状腺に異常あり」などと言われ半狂乱!
半狂乱になったまま電話口で泣かれて、一人あたり2時間も話を聞き、
一緒に泣き、説明し説得し説教する毎日で鷲までがヘトヘトの一年間。

放射能恐怖扇動のリーダー的存在である木下黄太クンの罪は大きい!
と、鷲は思う。

さて…、
元日テレ報道局デスクという要職にあった木下黄太氏。
彼の化けの皮をはがすと、その正体は、普通の報道局のデスクでは
ない。

ズバリ言えば、木下黄太という人間は日テレの「謀略機関」の細胞だ。
彼は、日本テレ会長・氏家斉一郎氏(故人)のスパイからのし上がって
きた人物だ。
スパイとして違法すれすれの取材をし、「偏向」した同僚や「反乱分子」
の情報を「奥の院」に報告する仕事もしていた。
そのような「仕事」は今もしている。
米国にある『木下黄太・マネジメント・オフィス』の経費も、日テレ系の
組織から出ているのではないか?!

木下黄太氏のような人間は、どこの大組織にもいる。当たり前のことだ。
しかし、木下黄太氏の「放射能の恐怖を煽る講演会ビジネス」は遺憾だ!
と、鷲は思う。

逃げたくても逃げられない! こういう可哀想なヒトを、
「東京にいるのは馬鹿だ!」とののしる。
さらに放射能障害の恐怖を、これでもか!とばかり植えつける…。
これは、どう考えても、残酷な「仕事」、いや「仕打ち」ではないのか?!


◆2012/06/28(木) きのうの敵は、きょうも敵?
なんかアクセス数が激増しているらしいが、火事と喧嘩は江戸の華!
ってことなんざんしょ? これはー(爆)

でも、「バックが恐い組織だから呉々も身辺には気をつけてね!」
つー電話が多かったぐらいだから、鷲的にも多少の緊張感はあった。

鷲のことよりも、放射能の恐怖をあおりまくるリーダーを叩いたことで、
被曝した子供が心配で心配で夜も眠れない母親たちが、
「なーんだ、心配しすぎも良くないんだぁ!」
と理解してくれたことが嬉しい。

放射能が恐いのは免疫不全と癌と循環不全なんだが、放射能恐怖症
になってストレスが増大すると、免疫力が激減する。
免疫力(マクロファージ)が激減すると、免疫不全や癌になりやすい…。

だから、不安と恐怖をあおりまくる木下黄太クンの「商売」は、ヒトを病気
にさせるビジネスだ。
Eーかげんにしなさい! と鷲は言いたかったわけだ。

鷲も、子供が4人、孫が6人も関東圏にいるので、心配でならない。
逃げるに逃げられない悲しくも苦しい事情があるのだ。(ここんところが
木下黄太クンは理解できないか、理解したうえで故意に煽っている。)

ま、こーは言っても、相手も “商売” だから、なかなかやめないだろう。
だったら、木下黄太の講演会には行くな! 木下黄太のブログは読むな!
と命をかけてでも鷲は言いつづけるしかない。

でもま、木下黄太君も、あまり意地をはらずに、放射線障害の恐怖を煽る
のもEーが、東京から逃げろ!脱出しろ!ばかりではなくて、東京にいて
も、なんとか生き抜くことができる乳酸菌生活! これを提唱するという手
もあるぞ!

やってみないか?!→ 木下黄太クン
それなら、鷲も、キミに全面的に協力! ということになる。
考えてみてくれたまえ。
                              飯山 一郎 拝


◆2012/06/29(菌) これまでの「あらすじ」など。
飯山一郎と木下黄太が乱闘中! 裁判沙汰にも!
などという文字がネット社会のあちこちで踊っているらしいが…、
実際は、鷲が一方的に喧嘩をうって、これに木下黄太氏が激怒して…、
「弁護士を通じて対処します!」(ガチャン!)という電話をかけてきた。
その直後、米国の木下事務所から「訴えます!」という電話が入った。

それでも鷲は連日、木下黄太氏を厳しく批判している。
その木下黄太氏はジャーナリストを自負し筆力もあるし、ブログを毎日
更新し、ツイッターの読者だって3万人もいる。
それなのに今回の“乱闘”のことについては、まったく何も書かない。
反論、弁解、説明、否定、議論…、いっさい何もなし。

木下黄太氏の態度・姿勢は、ジャーナリストらしくない。
彼は本当にジャーナリストなのか?!
木下黄太氏に関して、沢山の情報が入ってくる。
こんなメールもあった。

先生、お久しぶりです。
めっちゃ(バック)がヤバイ相手と喧嘩してますね。(笑)
しかしまあ初っ端から相手は師の事を(情報戦、話術)なめていたので、
先の先手を取られてどうしようかさまよっているのでしょうね。(大笑)
そして、さまよっているなか、もう落とし所を用意している師の先見と
喧嘩術に、彼の時間枠が全然ついていけず、多分そうとうショートして
いそうですね。(笑)
相手の器量がそろそろ見える頃かな?
窮鼠猫をかまれることだけは気をつけて下さい。笑(偉そうに)

このメールに、鷲は次のような返信をした。

ですが、蟷螂の斧でも、カマキリ自身は結構なスリルを味わえるので
ワクワクしてます。
ドキドキ感はないです。これは馬鹿ということですが…(爆)
次のような一節が書かれたメールもあった。
木下黄太相手の喧嘩は、正力日テレが今もバックにいるので
ヤバイですから用心してください。

次のメールは、二人の子供の母親からのメールだ。

木下黄太の所属する正力日テレから、働きもしないのに給料が
出てると言う事は・・・
情報収集した内容から、センセーショナルな健康被害の情報だけを
ブログで公開して、みんなを煽って、それを餌に、さらに、情報収集を
してる、という印象を受けます。

鷲のところに集まる情報は、みな「木下黄太氏の胡散臭さ」を指摘して
いる。
木下黄太氏の胡散臭さは、「めっちゃ(バック)がヤバイ!」という疑惑
を本人がキチンと説明しない姿勢から発生している。
だから、木下黄太氏には「説明責任」がある! と鷲は思う。
(つづく)


◆2012/06/30(奴) ♪ なーーんでか?
木下黄太氏のことを鷲がどんなに厳しく批判しても、彼はシカト。
経歴・識見・文章力、いずれも申し分なし。ジャーナリストであることを
公言し、ブログも頻繁に更新し、ツイッターでも3万人の読者をもつ…。
そういう木下黄太氏が、鷲のブログを読んで大激怒したが、それきり。
その後は、否定、反論、弁解、説明、議論…、いっさい何もなし。

木下黄太氏の「運動」において、何か問題が発生したときは、アメリカ
事務所の代理人に任せて、本人は一切シカト! 何もするな!
そういう決まりがあるのかなぁ?
そういう組織なのかなぁ? …と思いたくなってしまう。
これが木下黄太氏が「めっちゃ(バック)がヤバイ」http://grnba.com/iiyama/#MYBという噂の万華鏡だ。

さて…、
木下黄太氏が今も所属している?という疑惑の『日本テレビ、日テレ』。
このTV局は、日本を原発王国にした最重要人物 正力松太郎の設立だ。

正力松太郎は、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニの惨禍によって、“反米帝”
と、“核アレルギー症”になった日本の状況を変えるために、読売新聞と
日本テレビを総動員して原子力の平和利用の大キャンペーンを展開
してきた。
原子力の平和利用とは原発のことだ。

この原発賛美のメディア・キャンペーンの効果は抜群! 凄かった。
どんなに凄かったか?! 証拠がある。
証拠とは、日本列島の断層地帯の上にまで築造された54基の原発だ。

つまり…、
日本テレビと読売新聞は、日本の原発推進の総本山なのだ。

ところで…、
正力松太郎の原発賛美運動の片腕?として豪腕をふるってきたニ名の
人物こそ、読売新聞のドン・ナベツネこと渡邉恒雄と、日本テレビのボス、
氏家斉一郎である。

ナベツネの永遠の盟友氏家斉一郎が日テレ内に設けた「謀略機関」の
“細胞”として、また“パシリ”として、取材活動というよりは、“謀略活動”
に専念してきた人物こそ 木下黄太 という男なのでR!

日本の原発推進の総本山にいて“パシリ”をやっていた人物が、いまは、
「放射能は恐い! とにかく東京から逃げろ! 逃げないヤツは馬鹿だ!」
と、善良無知な女性や母親たちをオドしまくり、恐怖のどん底に落とす。

♪ なんでだろーぉ、なんでだろー、なんでだ なんでだろーー♪
つーか、
♪ なーーんでか? と訊きたい昨今。

◆2012/06/30(奴) あわただしく消された木下黄太氏の動画
なぜ削除?

木下黄太さん出演の動画が、慌ただしい! という感じで消された。
上の動画http://www.youtube.com/watch?v=1fEMTy1s3aA&feature=relatedは、今年の2月10日から昨日まで、5ヶ月近くも見られた。
それなのに、昨日の夕刻、突然、削除された…。
下の動画http://www.youtube.com/watch?v=4C3YnjAdu-o&feature=player_embeddedも、昨日の夕刻、突然、削除された…。
「Kinoshita さんによる著作権侵害の申し立てにより削除されました」
とあるが、「Kinoshita さん」て、木下黄太さん?

どーゆー理由があるのか? よくは分からないが、なんともかんとも
あわただしい感じだ。あわてて削除した! という雰囲気。

ま、鷲のHDDのなかにチャーンとダウンロードしてあるので、消されて
もEーんだけど…、多くのヒトに聞かれたくない発言があるのかな?
いずれにしても、“逃げ腰”になっていることが、バレバレだ。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年7月01日 03:25:32 : pPJ5gJb78A
単なる悪口を羅列しているだけ。工作員の知的レベルがわかる投稿だ。

木下氏を貶めるために投稿したのだろうが、こんな程度の低い内容では
阿修羅住民にバカにされて笑われるだけだ。

木下氏自体はどうでもよいのだ。彼の主張が正しいかどうかが問題だ。

首都圏が危険でないというのなら、その科学的根拠を論理的に説明しなければ、
誰も相手にしないよ。


02. 2012年7月01日 05:00:28 : txKoq6KBVw
管理人さんが何故あなたを閉め出したのかよくわかりました。

確かに乳酸菌発酵等は効き目があるのかもしれませんが、いかんせんあなたの態度がなってないです。

しかし、もし気づけば、あなたはいくらでも良くなるハズの人だと信じています。


03. 2012年7月01日 05:16:04 : r6MClJjEqI
>01

あなたは今から10ヵ月前の9月18日に、

高濃度セシウム、横浜市でも検出!首都圏は“総汚染”か
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110917/dms1109172234014-n1.htm#c02

のコメント02で、

「もう関東は終わりだな」と書いている。あれから10ヵ月、関東のどこがどう終わりになったのか。あなたはどこに住んでいるのか。

 それはともかく、首都圏が危険だと思う人は、とりあえず屋根や壁に鉛を貼り付けて見たらと思う。一番効果的なのは居間と寝室だろう。そこにいる時間が長いから。それから、鉛入りの帽子や服を着るとよい。そんなものなら素人にも作れるし、業者が作れば買う人もいるだろう。

 話は変わるが、去年の12月ころ、「今すぐ首都圏から逃げないと手遅れになるぞ」と触れまわったポリーティアという人がいたが、それから半年、逃げなくても手遅れになっていないので、デマがばれた。木下黄太さんは、そういう言い方はしないのでバレずに済んでいるが、この人の言論にみんなが飽きた時、放射能ヒステリーは終息したと判断できるだろう。

 「関東から逃げ出さないということは、自分の子供を放射能にさらしていることであり、ロシアンルーレットをやらせているのと同じだ。わが子に銃口を向けているのと同じだ。放射能の危険がゼロだとは、誰にも言えないはずだ」という木下さんの論法は、論理的に間違いではないが、どんな場所に住んでも、どんな行動をしても、危険がゼロなんてことはこの世界にはない。そんなことを言えば、「行ってらっしゃい」と言って子供を学校に送り出すのも、子供にロシアンルーレットをやらせているのと同じになる。多摩散人。


04. 2012年7月01日 05:20:42 : r6MClJjEqI
>03

 「これで関東は終わりだな」のリンク先のアドレスを間違えた。これでいいのかな。多摩散人。

http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/602.html


05. 2012年7月01日 05:44:33 : pPJ5gJb78A
>>03
相変わらず多摩散人は、月日も数えられないようだな。

被曝被害が顕著になるのは5年後からだと言ったろ?
まだ1年しか経っていないのがわからないか?

同じことを何度も何度も何度も尋ねる。耄碌しているとしか思えないね。

家を鉛で囲っても大して効果はない。
外部被曝より汚染食物の摂取による内部被曝のほうがはるかに深刻だからね。


06. 2012年7月01日 06:03:30 : r6MClJjEqI
>05

 それなら、なぜ10ヵ月前に「もう関東は終わりだな」ではなく、「5年後には関東で被曝被害が顕著になる」と書かなかったのか。5年後までにはあと3年8カ月しかない。5年後が近付くと、あなたは今度は「10年後には」と言うようになるだろう。

 それに、「被曝被害が顕著になる」とは、だいたいどのようなことが起きるのか。「終わりだ」とか「顕著になる」だとか、程度の分からないことを言いふらすのは、木下黄太と同じで、何も知らない人たちを不安に陥れて社会を混乱させようとするデマテロリストの手口だ。多摩散人。


07. 管理人さん 2012年7月01日 08:04:19 : Master
>>02 管理人ですが、閉め出してないです。

飯山さん関連での多重投稿・板違いをする人がいたので、それについては全削除・投稿禁止などの対処した記憶があります。

コレの勘違いがあるのかもしれませんね。

管理人さんからのご回答にやつがれの意見を対置し、ご質問にお答えする。
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/131.html


08. 2012年7月01日 09:37:42 : wmCnavg4yM
 木下黄太という人物には疑念を持っている。バンダジェフスキーというカリスマ的の人物を招聘したが、国会に連れて行き彼の研究の成果は、院内での講演の詳細は、USTRMにはとらせなかったことである。これはどういう意図であるか。バンダエフスキー氏は木下氏を信頼して、自身、投獄の危難に瀕しながら、世に問うた内部被爆の研究成果を日本に直接伝えることが、自分の歴史的使命であると自覚していらしたはずであるが、詳細動画は作成されたかもしれないが拡散されずに終わった。国会はそれを受け止め国に対応を迫るということも起きなかった。放射能汚染を放置拡散するとどのようになるか分かったうえで放置している、甲状腺がんなどを除いて、心疾患などは、放射能が原因ではないと処理する体制を構築して済ませる安上がりの対応を補強しただけである。逆にバベンコ氏を招聘した方々は、メディア関係の方々ではないが、役に立つ詳細動画を拡散した。
 バンダジェフスキー氏は日本が共産国でなく西欧文明国と同視して、日本の議会で訴えれば通じる、ベラルーシでは冷遇、無視されたが、自分の研究が生かされると思ってこのような企画に乗せられたのではないか。

09. 2012年7月01日 10:19:49 : 0FT04S6I8w
飯山氏は、放射能を避けるために、鹿児島県志布志市に避難した。
煽りすぎと言う批判は、自分に返ってくる、では、何故、避難したのかと。

チェルノブイリで、何が起きたかについては、ヤブロコフ、バンダジェフスキー博士などの労作がある。
福島原発事故では起きないと、だれも主張できない。

放射能とストレスは生体の防御機構を攻撃する。
ストレスをためないは、放射能防御の意味からも正しい。

放射線障害予防に乳酸菌が有効であることは、認知されているが、万能薬ではない。
(*高嶋康豪博士のEMBC(複合発酵)を使った除染実験が福島県川俣町で行われている。乳酸菌グルンバは、この点で遅れをとっている。)

東日本からの避難を呼びかける工作員木下氏の目的は何か、肝心な点が説明されていない。
(*自答してみる。飯山氏がリンクを付けている「独りファシズム」氏は、首都圏の地価が10%下がると、金融機関が軒並み破綻すると言っている。しかしながら、全原子炉廃炉でも、同じようなことが起きる。)

閑話休題。
投稿者一市民氏は、きっこのブログも投稿していますね。きっこ氏は縄跳び連続7回できたのでしょうか?興味深く読んでいます。


10. 2012年7月01日 12:19:13 : XtPCId5jNs
木下さんのブログが煽りなら飯山さんのも負けず劣らず煽りブログランクインでは
飯山さんなんども日本は終わり的な事を書いてたような
でもコメのとぎ汁乳酸菌を信じて使っていれば大丈夫

ようするに自分が一番正しいってこと
男はこれだからしょうがないね

読んでる人が判断するから「俺一番」の押し売りはいいよ〜


11. 千早@オーストラリア 2012年7月01日 14:21:54 : PzFaFdozock6I : B6jk0LdjAs
私も飯山氏の木下氏への批判に関連してブログに書きましたが

福島1号機地下の放射線量&飯山一郎氏 vs 木下黄太氏
&宮台真司さんの、(売国奴にとって)「デモは痛くも痒くもない」ほか、貴重発言
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/131.html

今の管理人下の阿修羅で、まともな板に転載できるかどうかは不明↓
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/714.html?c10#c10

01さんの

>木下氏を貶めるために投稿したのだろうが、

私が以前、木下氏の記事を転載するとよく非難されたものだが、
ここではそれと反対意見も出るのですね。
#この場合、それは「飯山氏への攻撃」とも解釈できるけど

02さんの、

>管理人さんが何故あなたを閉め出したのかよくわかりました。

は、07によって「閉め出してない」とされていますが
<実質的に「飯山氏の書いているものが転載されないようにした」>
と言えるかもしれません。

08さん、

>詳細動画は作成されたかもしれないが拡散されずに終わった。

著作権云々で、最初から「勝手にYouTubeなどにアップロードするな」という
お達しが出ていたし、今は「博士の講演DVDの"販売"が遅れている」という主旨の
メッセージが貼り付けられていますね。
#「拡散されずに終わった」わけではないが、いつになるか?&有料ということ

10さん、

>読んでる人が判断

仰るとおりですね。


12. 千早@オーストラリア 2012年7月01日 14:35:16 : PzFaFdozock6I : B6jk0LdjAs
>「博士の講演DVDの"販売"が遅れている」という主旨のメッセージ

申し訳ありません。様々な理由でバンダジェフスキー博士日本最終講演のDVDが遅れています。

もう少しかかりますが、価格2000円程度でどの程度の方がほしいのか、事前に確認をしたいと思います。

DVDをご希望の方は、下記アドレスに、お名前と希望枚数のみメールください。

これは、事前予約でなく、ほしい人がどの程度の人数なのかを、調べているだけですが、

こちらも予算がない中での作業ですので、メールを頂いてほしい枚数が全体でどのくらいかわかりたいです。

DVDの希望者の受付メールアドレスは dvdbandazhevsky@gmail.comになります。

メールのタイトルは「DVD希望( )枚」 ← ( )は数字を入れてください。

本文はあなたさまのフルネームのみお書きください。

正式に出した時点でお知らせメールも致しますので。よろしくご協力ください。

======================

木下氏が本当に工作員だったとしたら、これで
「DVDが欲しい人間のリストが作れた」ということは言えるでしょうね。


13. 2012年7月01日 16:12:30 : J9vEPUT0Y2
基本的に「中国野郎」と見て間違いないだろう。米国事務所というのは華僑に見られる動きだ。

日本を破壊し、「戦わずして勝つ」というふざけた中国の戦略が垣間見られる。


14. 2012年7月01日 18:08:10 : wvYe9jeB02
えーとですね、飯山先生も木下さんも、日本が滅びかかっている最中に、
言い争いだとか、裁判だとか、やっている場合じゃないと思うのですけどね。

こりゃ、早い話し、反原発者同士の内ゲバみたいなもんでしょ?

これを見て笑っている連中が誰か、ということをよく考えて下さい。

優先させるべきは、被爆地児童の疎開と避難であって、互いの面子ではないでしょ?


15. 2012年7月01日 19:56:23 : a9GzL2pA5I
木下氏とは会って話した事があるが、かなりネットで攻撃を受けている様でうんざりと言う感じでした。
彼の逃げると言う考えは、バケツ臨界の東海事故の取材時に被曝しているし、また、今回の事故後、明らかな健康不調がある事が彼の動機の中でかなりあるようです。

で、この頃は逃げれる人は逃げたから
もういいかなぁ〜と考えてるみたいですよ。
結構、いまは穏やかみたい。

ま、彼は攻撃的な言動で癖のある人であるのは確かだと思う。
嫌いな人は嫌いだろう。
それだけ、彼の中で切羽詰まっていたと思うよ。
俺的には、激怒しない彼は彼らしくないから面白くないかなぁ。


真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って
http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI


16. 2012年7月01日 19:59:26 : a9GzL2pA5I
真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って
http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI

上記、説明忘れてた。
とにかく安全房も危険房も上記のキエフの国際会議の実態は知っていた方が良いと思う。木下どうこうよりも、現在の安全基準がどうやって作られ、内部被曝を国際的に隠蔽しているか?と言う事を。
チェルノブイリ被爆国のスイステレビのドキュメンタリーです。
消えるまでにどーぞ!


17. 2012年7月01日 21:41:59 : Gxouj9jlaY
木下氏は言っている事に一理あると思う。すくなくとも間違ったことは言っていない。ただ人間性がちょっと。それだけ状況が逼迫して追い込まれているとも考えられますが。首都圏での健康被害、間違いなく現れています。

18. 2012年7月02日 00:14:44 : 5uvl0AM6Ng
同感です。
木下黄太氏は、自分の講演の動画をなぜ無料公開しないのでしょう。
バンダジェフスキー博士日本最終講演なぜ無料公開しないのでしょう。
費用を出す都合もあるのかもしれませんが、この国民的危機に際してです。
全部を無料公開することはないでしょうが、講演1回分なり、講演の一部なりは、無料で公開するべきでしょう。
また、逃げることばかりを強調して、防護することを言わないのも不自然だと思います。
国や東電に、危険物を回収させるということも言わない。
全ての放射性物質を回収するのは困難でしょうが、「南相馬の黒い粉」を回収するのくらいは、国も東電も簡単にできるはずです。
こういう危険度の高いものを放置すれば、黒い粉はどんどん風で全国に運ばれて行きます。

19. 2012年7月02日 02:45:53 : r6MClJjEqI
>18

 そう言われれば、私も同感です。

 この投稿の03にも書きましたが、木下黄太と山本太郎が、「今すぐ放射能に汚染されている関東から逃げ出さないのは、可愛いわが子にロシアンルーレットを強制していることで、わが子に銃口を突き付けているのと同じだ」というようなことを言っていた。放射能の危険性がどの程度かは云わず(少なくとも科学的には説明せず、突然死のうわさばかり持ち出し)、逃げ出さない奴は人間としての価値がないというようなことを言っていた。

 しかし、ほんのわずかでも危険があるから避けなければ人間として失格だというなら、子供に「いってらっしゃい」と言って学校に送り出すのも母親として失格だ。なぜなら、交通事故に遭う可能性はゼロではないからだ。

 この人は今のところ大もうけをしているのではないようだが、何が目的でこういう言動をしているのか分からない。動画を見ると、デマもそれを信じる人が百倍、千倍になれば社会を変える力になるということを言っていた。それも間違っている。多摩散人。


20. 2012年7月02日 13:06:05 : FM29MB1Idw
≫8さんのご意見に同意いたします。
バンダジェフスキー氏については、日本人のお役に立ちたいという彼の善意が利用されたと、認識しています。

特に、沖縄の講演では、通訳のレベルがとんでもないものだったそうですね。
有名なバンダジェフスキー氏の評価を貶めるのが、日本招聘の目的ではなかったかと、推測します。

また、がれき問題にしても、地方のがれき受け入れについては、つきつめるのに対して、東京で受け入れるのは、どうせ福一爆発の際汚染されてるから、いいでしょうと主張されてます。
でも、東京で請け負ったのは、東電の子会社なワケで、東電は、優秀な弁護士を200にん以上雇う算段があるそうですから(放射能被害の裁判を潰すため)、国策に沿って木下氏が活動されていると読めます。


21. 2012年7月03日 01:53:05 : ccIS8RZkoE
瓦礫は鹿島が筆頭で落としてます。
JVで色々裏から表から利権をあさってるだろうけどね。

二重計上疑惑を今の政権では追及は無理か・・
おい細野地獄行く前にちったぁいい事しろよ?

あの世は時間の概念無いから長いぞー
政治家なんてクソだろが?


22. 2012年7月03日 08:17:18 : FM29MB1Idw
>>21

鹿島が落としたのは、北九州市で処理するガレキ。


23. 2012年7月03日 23:43:30 : UC8c4iia9M
>>22
鹿島がJVの中心で有る事に変わり無い。
船まで出して、全国に瓦礫を拡げ様としたんだからな。

しかも、真っ先に受け入れた東京都知事の、石原の元秘書が天下ってる事実もある。


24. 2012年7月05日 19:07:33 : hOZVHNwCa2
木下さんのブログを読んでいて、人工地震や福島原発で多数の死者が出ているなどの情報を即効で根拠もなく否定していたのを見て、この人はあやしいなと以前から思っていました。(こちらの掲示板でも普段は反原発の味方のふりをして肝心な情報は即効で否定してくる工作員さんがいます。)
最近のブログではデモへの不参加を呼びかけていて、ますますあやしいなと思いました。
反原発の味方のふりをした工作員と言えば、武田教授もそうですよね。

ようするにデモにたくさんの人が参加するということはあちら側の人たちにとって困ることらしいのでどんどんデモには参加すべきだと思います。

文章がへたですいません。
飯山一郎さんの情報をすべて鵜呑みにしているわけではありませんが、木下黄太さんについての意見は同感です。


25. 2012年7月06日 02:24:08 : 5uvl0AM6Ng
木下黄太は、事故の初期に報道陣が現地に入るのを、危険だから入らせないようにしたと、以前見た動画で語っていました。
これは、言い換えれば「取材させないようにした」「現場に報道の目が入らないようにした」ということですよね。

それこそ、大爆発するような危険を想定した場合でも、放射能の届かない高高度に飛行機を飛ばして、そこから撮影するという取材方法だって、大手マスコミはとれるはずです。
現地に入らせないようにする一方で、そのような安全な取材方法を提案したというのなら、報道の人間としてのスタンスとしては理解できますが、現場を密室にして取材させないことを自慢しているのは、報道としては失格でしょう。

もちろん、実際の事故の規模はわかってきた時点では、女性や若者を現場にいれないようにするのは分かりますが、ある程度の年齢の人たちが回り番で入るようにすれば、ひとりあたりの被曝リスクは対して高くない状態で取材ができたはずです。
少しお金をかければ、取材車両を密閉性の高い防護力の高いものにして、メインは車で回るような取材の仕方もあったはずで、それなら人間が受ける被曝リスクは、微々たるものになったと思います。

報道のくせに、現場の取材をさせないのを自慢しているようでは、「回し者」と見られても当然かと思います。


27. @nanasayo 2012年7月13日 08:35:09 : nbGE4QWt0pReY : F1DodDE7CM
私も木下黄太氏から「虚偽の話を垂れ流すな。法的に訴えます」という威圧的なツイをいただきました(苦笑)
木下黄太氏について友人に尋ねたてたので、面識はないし、ここの記事を「こういう意見もある」と伝えたの。
いろんな考えがあって、当たり前なのに威圧的な人だと思いました。

28. 2012年8月18日 22:03:58 : OGx1xwhLtQ
木下黄太のブログにコメントを登録しても彼の意志に反する内容は全く載せられません。例えば、西日本でも放射能の影響があると具体的にコメントしても没。311直後に沖縄に避難していた知人が今年になって東京に帰ってきた話とかも没です。要するに木下ワールドを作り上げて彼の意志に反する内容はすべて削除されるわけです。
講演会に行ったが、やたらと怖い顔でどなりまくって、甲状腺が悪いんじゃない?と思わせる形相だった。不思議なのはこれだけ派手に行動していて、命を狙われたりしないんだろうか?

29. tanzawa1 2012年10月16日 19:46:39 : 3eeuVnhBezeiU : bDm0DWcMzo
木下黄太さんについて、

私は、秦野市民(名前を提示しました)です。

木下黄太さんが、2011年9月18日のブログで、秦野市内3箇所で高濃度の放射線を測定した。約290Bv/sとあるのを、2012年10月10日に初めて知りました。それで以下の内容で質問しました。


昨日、木下さんのブログを見つけました。
その中の、2011年9月18日に下記の放射能検査結果がありました。
秦野でこんな数値が出ていたのを知りませんでした。
再度、測ってみようと思いますので、
どこで計測したか、3箇所の地番の住所を詳しくお教え願えればと思います。
よろしくお願いします。
2012年10月11日 秦野市民 


木下さんのブログ
検査結果は、次のようになりました。ご報告致します。
全て、神奈川県です。ヨウ素は、全て不検出でした。

※採取月/日・場所・検体詳細・Cs134Bq/s…Cs137Bq/s
B9/6・秦野市西大竹上屋敷(自宅内の畑・耕運後)141.1…149.1
C9/5・秦野市柳川(窪地の湿地・不耕起田の畦)79.9…119.9
D9/7・秦野市西大竹上原(畑〜耕運後)61.1…80.0

回答は、公表以上の細かい住所は公にしていません。
まず、ご自身の気になる場所をご確認ください。

木下

でした。

木下さんのブログを見た秦野市民の幾人かは、秦野からさら西へ非難していきました。

さんざん、逃げることを勧めていて、当の秦野市民の素朴な質問に答えないのはおかしいと思い、

秦野市西大竹上屋敷、秦野市西大竹上原という場所を調べたら明細地図にも載っていませんでした。

木下という人の情報によって、秦野市民に影響が出ています。

どなたか、木下という人について情報をおしえてほしいと思います。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素25掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素25掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧