★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 427.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
チョウの羽や目に異常=被ばくで遺伝子に傷か―琉球大
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/427.html
投稿者 ピノキ 日時 2012 年 8 月 11 日 02:41:39: /cgEbzQ/iEx0c
 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120810-00000172-jij-soci
時事通信
8月10日(金)21時29分配信

 東京電力福島第1原発事故の影響により、福島県などで最も一般的なチョウの一種「ヤマトシジミ」の羽や目に異常が生じているとの報告を、大瀧丈二琉球大准教授らの研究チームが10日までにまとめ、英科学誌に発表した。放射性物質の影響で遺伝子に傷ができたことが原因で、次世代にも引き継がれているとみられるという。
 大瀧准教授は「影響の受けやすさは種により異なるため、他の動物も調べる必要がある。人間はチョウとは全く別で、ずっと強いはずだ」と話した。
 研究チームは事故直後の昨年5月、福島県などの7市町でヤマトシジミの成虫121匹を採集。12%は、羽が小さかったり目が陥没していたりした。これらのチョウ同士を交配した2世代目の異常率は18%に上昇し、成虫になる前に死ぬ例も目立った。さらに異常があったチョウのみを選んで健康なチョウと交配し3世代目を誕生させたところ、34%に同様の異常がみられた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月11日 04:59:18 : txKoq6KBVw
??なんで沖縄の大学に福島の蝶の検査させるの
福島大学要らないんじゃないでしょうか??

02. 2012年8月11日 06:17:07 : uqr7wBXI5i
国が現地の教育機関に干渉しているはず。
放射線、放射性物質、放射能が遺伝子に与える影響の
調査研究はタブー?かも。
タブーを犯すと、補助金停止か。したくてもできないか。
原発利権マフィア、原子力ムラの住民しかいない…という
わけでもあるまい!?

03. 2012年8月11日 07:24:28 : FoU2FqLenE
蝶と人とは違います。

04. 2012年8月11日 08:02:26 : ZhUzZHEESo
確かに違うんだけれど、自分の生活する環境で、生き物たちが奇形化していってるってのは福島の人たち人にしてみれば、心穏やかではいられないんじゃない。

(ビ)


05. 2012年8月11日 08:04:02 : Lh1BdZoqgY
>>03
>蝶と人とは違います。

遺伝子DNAというものが、生命の基本となっているところは同じ。

-----人間はチョウとは全く別で、ずっと強いはずだ

だとしても、どの程度強いのか。蝶の異常出現率がこれほど大きいと人間を心配
しないとね。


06. 浅見真規 2012年8月11日 14:04:20 : AiP1TYI88G3dI : pRYBjx23ok
>>1
>なんで沖縄の大学に福島の蝶の検査させるの


断定はできませんが、もしかしたら電力会社で原発保有していないのが沖縄電力だけという事と何らかの関係があるのかもしれません。


07. 2012年8月11日 16:34:08 : BUPFQulGRk
福島でこれからうじゃうじゃ奇形児生まれそうですね!大こわ〜!

08. 2012年8月11日 17:42:48 : YUsp65Cqww
植物も奇形多いよね。
去年、巨大野菜が話題になってたけど、
ホルモン異常を起こすような
「遺伝子改造食品」ばかり食べていれば
それだけでも影響あるだろうなぁ。

09. 2012年8月11日 18:25:34 : 9LtQEkFrfw
堕胎した奇形児は、放影研でホルマリン漬け保存なのか?
内部被曝だか、内部被曝を建前上無視するアメリカは要らんだろう?

10. 乃依 2012年8月12日 00:12:35 : YTmYN2QYOSlOI : chusqvNaOI
>>05
人間は複雑なので、むしろ、弱いかもしれない。
世代を重ねるごとに悪くなっているという報告もある。

11. 浅見真規 2012年8月12日 09:18:20 : AiP1TYI88G3dI : pRYBjx23ok
>大瀧准教授は「影響の受けやすさは種により異なるため、
>他の動物も調べる必要がある。人間はチョウとは全く別で、
>ずっと強いはずだ」と話した。


被曝量の差異にも着目すべきである。

大瀧准教授が調査した「ヤマトシジミ」は福島県下の野生のチョウであり、屋外でカタバミという背の低い雑草にとまって食べ、カタバミの葉の裏に卵を産むので外部被曝・内部被曝共に被曝量は平均的福島県民より桁外れに多かった事にも留意すべきである。

平均的福島県民は一日の大半を屋内で過ごして比較的放射能汚染の低い食物を食べ、人間の胎児はチョウよりはるかに大きな母親の胎内で過ごすのに対し「ヤマトシジミ」の卵は小さく地面近くのカタバミの葉の裏に産み付けられ原発事故で放出された放射性物質からの外部被曝量は桁外れだったはずだ。

屋内で1kg500ベクレル未満のカタバミをエサに飼育すれば遺伝的影響は大幅に少なくなるはずだ。


12. 2012年8月12日 12:16:44 : JwDwgGy09c
>>06.
このことは今日12日の毎日新聞朝刊で報じられましたが、記事の中で「事故による放射性物質の影響がほとんど無いと見られる沖縄のヤマトシジミに低線量の被曝をさせた実験では、同様の異常が出た」との記載があります。
福島県など既に放射性物質汚染がされた東日本、関東地方では、放射性物質の影響のない環境での異常発生率との比較実験ができない可能性が高いです。
そこで、琉球大がその立場を生かした実験を行ったのではないでしょうか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧