★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 535.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「原発の、その先へ ミツバチ革命が始まる」著者インタビュー 鎌仲ひとみ
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/535.html
投稿者 CERISES 日時 2012 年 8 月 16 日 14:43:39: TSAYrSdovqusM
 

「原発の、その先へ ミツバチ革命が始まる」著者インタビュー 鎌仲ひとみ

「まず自分が変わる。ミツバチのような小さな力が世界を変えるんです」

日刊ゲンダイ8月16日著者インタビュー

「ヒバクシヤ 世界の終わりに」「六ヶ所村ラプソディ」など、核と被爆の問題を撮り続けてきた鎌仲ひとみ監督。昨年3月の福島第1原発事故後、多忙を極める中で書き下ろされたエッセーが本作だ。タイトルには、彼女の3作目の映画[ミツバチの羽音と地球の回転]からつながるメッセージが込められている。

「ミツバチの羽音と地球の回転」と上関原発問題:鎌仲ひとみ

LunaticEclipsNuclea2さんが 2011/03/08 にアップロード
"原発"に揺れる町〜上関原発計画・住民たちの27年〜
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/documentary/2010/03/27-931e.html

 「『ミツバチの羽音と地球の回転』では、山口県上関原発建設計画に30年以上反対運動を続けているる祝島の人々と、80年代に原発から自然エネルギ-ヘと政策転換したスウエーデンを取材しました。原発をやめたくても代替エネルギーはどうするの?どうやったら変えられるの? 誰もがぶつかるその問いに答えを示した映画です。
ミツバチは一匹一匹は小さいけれど、蜜を集め植物を受粉させ、その働きがあるからこの世界が持続している。私たちも同じです。大きな何かに変えてもらうのではなく、まず”自分が”変わる。行動する。それが結果的に世界を変えるんですよね」 映画を見た人が上映会を企画し、その映画を見た人がまた……、というように、
ミツバチ的な□コミの力で映画は全国に広がった。だがその変化のさなかに、あの震災と原発事故が起こってしまった。
 「絶対安全といわれていた原発が爆発して。安全がウソだとわかたのに、今また、このくらいの放射能なら安全だというウソを、多くの人が受け入れてしまっています。
自分の頭で判断するより、そのほうがずっと楽だから。どうしていいかわからないと言うけれど、例えば食べ物に気をつける。電気の使い方を考える。今すぐできる小
さい選択肢はいっぱいあるのに」
取材先のイラクで、劣化ウラン弾の被曝に苦しむ子どもたちと出会ってから十数年。ミツバチのように地道な活動で多くの人々を変えてきた鎌仲氏の「あきらめない力」
「変化をもたらす力」がこの本には詰まっている。
 「今すぐに変えられない と意味がないと思わないで。たとえ自分の人生のスパンの中で解決しなくても、”今”自分がいいと思う方向に向かって何かをするということが大事です。
自分でできなくても、変える力がある人を支持すること。会社の省エネを徹底してやることでもいい。想像力を巡らせて自分なりの答えを探すことは、何もしないで未来をあきらめることよりもずっと楽しいはずですよ」
(集英社 1300円)


「ミツバチの羽音と地球の回転」の鎌仲ひとみ監督のトーク

joetsujournalさんが 2011/06/12 にアップロード
東日本大震災からちょうど3か月が経過した2011年6月11日、原発から再生可能なエネルギーへの転換を提案する映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映会が上越市本­町6の高田世界館で開かれました。その中で企画された、映画を製作した鎌仲ひとみ監督のトークの模様を質疑応答を除いてすべて収録しました。


△かまなか・ひとみ 1958年、富山県生まれ。「ヒバクシヤ 世界の終わりに」など世界が依存する核エネルギーと、それに伴う被曝の問題を追い続ける映画監督。この春、自主上映権付きDVDとして発売された新作「内部被ぱくを生き抜く」は発売3ヵ月で、全国350ヵ所で自主上映された。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 恵也 2012年8月17日 12:51:14 : cdRlA.6W79UEw : 2x7q7qWS4U
>> 安全がウソだとわかたのに、今また、このくらいの放射能なら安全だ
>> というウソを、多くの人が受け入れてしまっています

これは仕方ないよ。
日本全体が汚染されたんだし、どの程度を我慢できる限度と見るのか
一応の目安を数字でつけないと生活が出来ません。

空間線量は0.3μSv/h、土壌汚染は200Bq/kg、食べ物は10Bq/kg
を俺は限度と見てます。
それでも日本では東京都など1000万人以上が逃げ出す必要がある。

空間線量は米軍基準0.32μSv/h
土壌汚染はベラルーシ医師スモルニコワ氏の基準 200Bq/kg
食べ物はドイツ放射線防護協会基準 8Bq/kg

これを無視したら25年もしたら、徴兵検査で40%くらいの若者は
落第してしまうでしょう。

ーーーー引用開始ーーーー
2011年春、徴兵に行かねければならない少年のうちに、38%は全然適合
できませんでした。そして、徴兵行った少年のうちに、34%はいろいろな機能
疾患で制限があります。
妊娠の女性のうちに85%は何か病気があります。
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/164.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧