★阿修羅♪ > 原発・フッ素28 > 185.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人間が20秒で死ぬ「ガラス固化体」管理は10万年!?〈週刊朝日〉 
http://www.asyura2.com/12/genpatu28/msg/185.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 10 月 18 日 07:09:49: igsppGRN/E9PQ
 

人間が20秒で死ぬ「ガラス固化体」管理は10万年!?〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121018-00000006-sasahi-soci
週刊朝日 2012年10月26日号


 日本学術会議が高レベル放射性廃棄物をパックしたガラス固化体の地層処分の見直しを提言し、原子力委員会に報告した。早稲田大学国際教養学部教授の池田清彦氏はそのニュースを聞いて、学術会議もようやくまともなことを言い出したという想いと、人類は10万年も先まで生存しているのだろうかという想いが錯綜し、ちょっと複雑な気持ちになったという。

*  *  *
 御承知の方も多いと思うが、ガラス固化体は使用済み核燃料を再処理する際に必ず生産されるもので、極めて強い放射能を有し、そのすぐそばに人間が立つと約20秒で致死量の放射線を浴びるというすさまじい物体だ。現時点までに日本国内の原発で使用された核燃料をすべて再処理した場合、約2万6000本のガラス固化体になると推定される。

 問題はガラス固化体の放射能は10万年経たないと安全なレベルにならない点だ。そこで30〜50年ほど冷却しながら保管したあとで、地下300メートル以深の地層に埋めてしまおうというのが地層処分だ。しかし、地震のみならず、火山大国日本で、10万年も安定した地層を探すことは不可能であり、別の方法を考えろと学術会議は言っているわけだけれど、別の方法はあるかと言うと、どう考えてもないんだよね。

 原発を動かす限り、放射性廃棄物はどんどん蓄積し、未来世代は膨大な国の借金のみならず、膨大な量の放射性廃棄物に悩まされることになりそうだ。借金はハイパーインフレを起こせばチャラにできるが、放射性廃棄物にはいかなる手段をもってしてもチャラにできない。日本の政策を決定する議員や官僚は、今さえ凌げれば後は野となれ山となれと思っているのであろう。

 それにしても10万年も管理しなければ安全にならない装置って、いったい何なんだろう。現生人類はわずか1万年。化学燃料を大量に使い出してから200年しか経っていない。10万年とは言わず、1万年後のガラス固化体の面倒を誰が見るのだろう。自民党も民主党も電力会社もまず間違いなく消滅していると思いますがね。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月18日 07:33:05 : 8fvRDAdblE
それにセシウムは物質的な活性が高く考えられている保存期間よりも大幅に短くなり、チタン酸化物のセラミックに閉じ込めないといけないと言っている。
ガラス固化技術が実用化されていないにもかかわらずね。
大体何千年〜何万年、安定的に保存できる方法など検証も出来ないわけで、適当にでっち上げればよいとでも思っているのだろう。
高濃度の放射性物質というものは、一部にでも濃度の高まるような流動的ならば臨界に達し、下手をすれば核爆発しかねないもので、ガラス固化技術に代表される放射能物質の長期安定保存というものは、非常に重要な技術という事は間違いない。


02. 2012年10月18日 08:25:07 : 7RPmUxKEpo
人間が本当に責任持てるのは自分の寿命の範囲内。

03. 日高見連邦共和国 2012年10月18日 08:31:28 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A

冷却しなくても『ガラス固化体』が、“崩壊熱”でそれこそ分解・崩壊しない事が確認されなければ、『ガラス固化体』の技術が完成したとは言えない。

結局10万年単位で“冷却が必要”という事実は変わらんのでしょ?

技術の革新と進歩、それに伴う努力を全否定はしないが、事実と現実はしっかりと認識せねばならない。
“間違った科学知識”によって“間違った政策”が取られないように!


04. 2012年10月18日 08:32:11 : G3UdYLyhsI
利用可能なら、アレほど頼りになる物質はない。
原研が、たるみ過ぎなのだと思う。
宝の持ち腐れ!

05. 2012年10月18日 08:41:45 : 3nTXkp9TvA
高レベル放射性廃棄物処理は最終的に地球内では手に負えない代物な気がする。
何とか地球外に移送させるか、
それとも地球に残して人間を含めた生命体の側が外に出て行くか…。

06. 2012年10月18日 08:46:41 : 8fvRDAdblE
今の原発関係者の家の地下には、ドライキャスク1個づつ配置してもらって永代保管を義務付ける。
数世代は、温水のほか、放射能起電力の恩恵にもありつけるし、自ら放射線漏れのリトマス試験紙になっていただく。
これくらいの責任は取ってもらわないとね。

07. 2012年10月18日 09:13:56 : jBsZnCxchs
>05

自分も以前から、とんでもなくてかつSF映画ぽっいけれども、ロケットで無限の宇宙空間へ廃棄するしかないと思っているんだが…。
だからこそ、一刻も早く核兵器や原発は廃絶すべきだとも思う。


08. 2012年10月18日 09:22:45 : cqRnZH2CUM

>ガラス固化体の放射能は10万年経たないと安全なレベルにならない

いや、今でも、細かく、砕いて日本海溝に沈めれば、安全なレベルになる

安全なレベルなんて相対的なものだ


09. 2012年10月18日 09:26:10 : cqRnZH2CUM

原理的にはボールペンだって心臓に刺されば安全じゃないし

餅だって喉に詰まれば死ぬのと同じこと


10. 2012年10月18日 09:29:16 : cqRnZH2CUM

結局は、メリット、リスク、コストのバランスだ

ガラス固化体も戦争になれば役に立つだろう


11. 2012年10月18日 09:30:54 : cqRnZH2CUM

平和利用なら放射線治療や殺菌などにも使えるだろう


12. 2012年10月18日 09:33:52 : F4wswTerVI
09へ
違うと思う
ボールペンや餅は横に居ても死なないし
壊れて核のような汚染はしない

味噌も糞も一緒にするべきではない


13. 2012年10月18日 09:37:26 : 8fvRDAdblE
ウラン4%程度の濃度でもオクロの天然原子炉として、自然に出来た臨界状態が続くものが知られている。
件の高濃度放射能廃棄物はプルトニウムも混じっているもので、一箇所にプルトニウムが一定量以上集まってしまうと、核爆発を起こしてしまう。
天然核爆弾を現在の人類が仕込んでしまうかもしれない。
というのは、数世代で、保管場所さえ忘れてしまって、後は自然のままという可能性が高く、下手な保存技術が施されているなら、地震などの自然の営みによって、臨界核爆発の条件がそろう可能性があるという事だ。
何千、何万という時間感覚は、人知を超えたもので、ガラスさえも流体として振舞うことを忘れてはならない。

14. 2012年10月18日 10:12:57 : G3UdYLyhsI
放射線治療は、治療ではなく安楽死だと思うので、死刑方法の候補が妥当でしょう。
無菌室の立ち上げの殺菌処理法など、それも耐放射線対策の整った厳重な保管庫が必要。
その他、あらゆる材料に対する検証がまだ不十分なのだと思う。
戦争なら、ゲリラ対策として穴ぐらを自走させるロボットが有効でしょうが、
兵器として扱った場合、この世は闇と化す可能性大。

15. 2012年10月18日 10:37:07 : XUd48KYCio
国の法律では、未だにそれが「資源」扱いなんだろ。
絵に描いた餅「もんじゅ」といい、どうなってるんだ。
暴風雨を避け安全な航路へ舵を切ることさえもできないのか?

10万年安全管理って空想絵巻に近い。
個々の原発に溜め込んで満杯に近い。
そういうやり方はフクイチ4号炉で懲り懲り。

ただ、一か所に集めて、少なくとも100年間の集中管理っていうのも相当な覚悟がいる。万一に備えた防護対策が重要になる。

事故を想定すると恐ろしくなる。恐らく人類の存亡の話だろう。
猛毒核ゴミが想定外の何かが起きて再臨界を起こす。数日のうちに、処分施設では、コントロール不能となり、いくつかの建屋が爆発し、地域が超高汚染にさらされる。恐らく人が立ち入るだけで死亡するレベルだろう。
フクイチレベルの復旧作業すらできない。

あとは、燃えるに任せるだけ。
ただ毒性の強さとその量は極めて膨大。
悪性放射能が雲に乗って、近くは千キロ圏を絶え間なく、酷い汚染を繰り返す。
数か月で高層圏のジェット気流に乗って地球規模で汚染し、人類にとって深刻な事態に陥る。



16. 2012年10月18日 11:19:35 : jLyoYUXP1A
人類は核戦争で滅んだという本にモヘンジョ・ダロなんかの遺跡の近くにガラス固形化した砂が見つかったとあった…

そこから、遠い過去に人類は高度な文明を持ち滅んでしまうような事があったのでは?と想像する事も難しくない。

オーパーツというものが世界中に沢山あるが、水晶のドクロなどいい例だが、今でさえ作ることは出来ないものもあるという事が過去に今よりも優れた文明があった事を裏付けている…

また、面白い事に権力者はこうした事を決して認めようとしない…

全て闇に葬ってしまう…

決して認めてはいけないタブーなのだろうか?

話を戻して…人類は何度もこうした事を繰り返して来たのではないだろうか?


科学がある程度の水準に達すると核に手を出してしまい自ら滅びる…


仏教などの教えでもあるが、限りない欲望の果てに行き着く所は自らも消滅させてしまい無に帰すとある…


原発こそまさに究極の人間の欲望の塊だと感じる。


推進=無に向かっていると誰もが理解すべき。


17. 2012年10月18日 11:30:29 : pPJ5gJb78A
>>09
>原理的にはボールペンだって心臓に刺されば安全じゃないし
>餅だって喉に詰まれば死ぬのと同じこと

交通事故と変わらないというアホと同じだな。

こんな恥かしいことを平気で言うおバカがまだ阿修羅にいたのか。


18. 2012年10月18日 12:12:31 : ynSQvzTlvk

>問題はガラス固化体の放射能は10万年経たないと安全なレベルにならない点だ。

10万年もの間、ガラスを土や砂に触れなくするのは無理だろう。
銀化して脆くなり、環境中に拡散してしまうと思う。


19. 2012年10月18日 15:23:25 : 9OeN62iWZ6

   「ただちに影響はありません」 by枝野。


20. 2012年10月18日 17:26:17 : 8fvRDAdblE
09の家の地下にも、ドライキャスクを配置して永年管理してもらいましょう。
数代は、ただ温水に、ただ電力が使えますよ。

21. 2012年10月18日 18:03:00 : HYHUspnQ6g
ガラス固化体の放射能は、400万ミリシーベルト/hourだろ。ちゃんとデータを書けよ。

ちなみに、普通の使用済核燃料でも100万ミリシーベルト/hour出るので、200m以内にいれば死亡。水中でしか扱えない。使用前の核燃料は10ミリシーベルト/hourなので、空気中に出せる。


22. 2012年10月18日 20:16:56 : WXy8psLzCI
08〜11

無責任すぎる。
もう、出るな。


23. taked4700 2012年10月18日 21:21:33 : 9XFNe/BiX575U : 8WJxGoLS0w
>別の方法はあるかと言うと、どう考えてもないんだよね

別の方法はありますよ。

乾式貯蔵をすればいいのです。基本的に地上で、水で冷やす必要はなく、鉄筋コンクリートの建造物の内部でドライキャスクという容器に入れて保管します。現状の技術で50年程度なら詰め替えをしないで保管できるそうです。


24. 2012年10月18日 23:06:17 : EoXlNNJLwY
http://www.technologyreview.com/news/423649/the-case-for-moving-us-nuclear-fuel-to-dry/

アメリカは311直後にビビって使用済み核燃料をドライキャスクに移動しているのだが、なんでこれ、未だに翻訳すらされてないんだ?あるいは広まっていないだけかもしれないが、いまさらだが有志諸君に頼みたい。

まあ要約すれば、地震やテロにビビって使用済み核燃料をいれまくっていたようだが、それでも色々と問題があるとかかかれている。しかしこれがまともな国の対応だろう。

管の3000万人避難とかも四号機や福島東海第二まで誘爆したことも込だったのかもしれない。運良くそこまではいかなかったようだがな。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD#.E6.AF.94.E6.94.BE.E5.B0.84.E8.83.BD.E3.81.AE.E4.B8.80.E8.A6.A7

使用済み核燃料はいろいろな超ウラン元素がふくまれているが、全てウラン238よりも強い放射能をもっている。まず比放射能とはなにか?同じ放射性物質を1グラムあつめると、ベクレルが同じになるんだが、これを比放射能という。これがわかれば、質量、キログラムやトンだが、これがわかればベクレル値が公表されていなかったとしても、ベクレルを計算することができる。

で、ウラン238が天然貝の超ウラン元素の代表格なんだが、ほかの超ウラン元素をいろいろとあつめてきたときに、はたしてどれぐらい、ウラン238にくらべて強いベクレルをもっているのかな?というのが、ここにまとめた表なの。で、まあ数万から数兆倍ぐらいになっているわけ。

放射能が強ければつよいほど、崩壊熱も大きくなる。使用済み核燃料のほうが使用前よりも放射能が強くなっているというのはこういおうことだ。ウランよりプルトニウムのほうが18万5000倍放射能が強いというのもこういうことだ。

放射能がつよければ、発熱もつよくなるの。ようはビリヤードボールと同じで、放射線はビリヤードを突っついて動かすわけで、ボールが大量にあるのが普通の物質。で、どこかのボールを動かせば、まあぶつかったりしてほかのもうごいてく。人間が動かすボールがおおければ、周りにボールが大量にあれば、どんどんうごいていく。人間が動かすというのが放射性物質からの放射線で、動いているボールの数とか速さが崩壊熱。

で、いろいろやってみたが、時間かけて放置するしかないというところだろうというわけだ。今の科学は。半減期の3.3倍で最初の量の10分の1になるから、10ベクレルが1ベクレルになるのに半減期の3.3倍した量だけかかる。100ベクレルが1ベクレルになるから、3.3かける2。10分の1になると10ベクレルで、これがまた1ベクレルになるから。

で、この比放射能の表にあるように、たったの1グラムだろうとものすごい何億とか何兆ベクレルとか放射能をもっているのが多いのね。これをコントロールできないわけ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E6%B8%9B%E6%9C%9F

ここの冒頭に、

放射性核種あるいは素粒子の崩壊は自然に起きる物で、崩壊までの期間はその物質の置かれている物理的・化学的環境(熱・電磁場・化学反応など)には一切依存せず、確率によってのみ左右される。数千度の温度、数百気圧の圧力、数千エルステッドの磁場の中でも崩壊の速度に変化は一切みられない事が確かめられている(ただし崩壊の速度を変化させることが原理的に絶対不可能という意味ではなく、これらの作用が崩壊への影響を及ぼさず、原子核の中で起こっているという結論が重要なのである[1])。またこれは理論的には、原子核の結合エネルギーが数千万eVと原子の結合エネルギーに比してきわめて大きいため、原子核外部の物理現象では内部変化が起こらないためであると理解される[2]。

って書いてあるが、原子より外でいくらあがこうが、核の中身までコントロールできなかった。中性子や陽子とかをぶつけたりして壊すのも、ほんおわずかならできるんだが、使用済み核燃料を全て処分できるほどの能力はないわけ。使用済み核燃料は10年は冷やさないといけない。1年使ったら、10年かかる。目先の1年の電力のためだけに、10年間もの時間を犠牲にしなければならない。。まさに未来を先食いしているという愚かな行為だ。

プルトニウムは1グラムで32億ベクレルあるんだが、100億分の1になるにはなんと64万年もかかる。プルトニウムに汚染された土地は100万年は使えない。プルトニウムは天然ウラン238の18万5000倍の放射能をもっている!これだけほかの超ウラン元素がそれすら超越するが。

10万年では、プルトニウムはたったの10分の1ちょっとにしか減らない。10万年ごときではなくせない。本当に何百万、何千万年もかからないとなくならないだろう。。。。宇宙に処分するというのも手段だが、人類が恒星間文明を築くまではたして保管できるだろうか?巨大事故は10年から20年に1回は起こる。宇宙に進出するのに核燃料を用いて、太陽系植民地化、恒星間文明を築いたほうが有益だろう。化学燃料ロケットではまるでおもちゃだ。本来宇宙開発には原子力宇宙船を推進したかったが、核実験禁止条約のせいで頓挫せざるをえなかった。。。だから原発でまかなうしかなかったのだが、核時代到来直後に宇宙進出に舵を切っていれば、今頃アルファケンタウリへの往復飛行も達成されていただろうに。


25. 2012年10月18日 23:47:05 : 537H8QlWJc
どんなに頑張っても、50年か100年が限度
これから中国は100基建てるというしw

中国はありとあらゆるものがぶっ壊れる
地震でもないのに、高層ビル崩壊、道路陥落、橋崩壊
言うまでもなく手抜き工事で、中国人はいい加減な仕事しか出来ない
只でさえそんな状態なのに、原発なんて危険過ぎる
韓国の原発だって、非常危険だ

10万年管理と言うが、これだって極めて怪しい
本当は、数百万年とか数千万年じゃないの?w
まぁ、どっちにしろ地球も人類も、その遥か前に滅びるだろうからwww

俺の予想では、300年ー500年
大体300年持てば万々歳、500年も経てば確実に地球上の生命は全部滅びる

アメリカのような国に振り回され、その奴隷となって偽りの繁栄を謳歌してきたツケが、当然のように今、回ってきただけのことだよw

フクシマの原発事故は、寧ろ幸いなことだったと思う
あの事故が無くても、どうせ使用済み核燃料は行き場を失っていたし
どっちにしてもこの国は詰んでたのだ
アメリカ、官僚、財界、マスコミ、政治屋などの悪が白日下に晒されたのは
寧ろ平和ボケした日本人にとって良い刺激だったろうw



26. 2012年10月19日 02:05:31 : gbPCS3Ea1k
直近の野田首相官邸での会話

秘書:「首相〜今日も反原発デモやってますが〜〜どうしましょ?」
野田:「やかましい音だな〜! 僕はね〜儲からんことは嫌じゃあ〜 聞こえんことにしとけ!!」
秘書:「了解、無視しましょ^^」

秘書:「首相〜〜中山教授がiPSでノーベル賞とりましたが〜〜どうしましょ?」
野田:「ノーベル賞〜? ISP〜? 俺ネ〜、インターネットきらい!聞こえんことにしとけ!!」
秘書:「いやいや、ISPじゃなくてiPSですw〜、とにかくすごいですよ〜〜100兆円は下らない市場になりますよぉ〜」
野田:「なに〜そっか〜じゃあ、すぐ記者クラブで全面的支援の発表じゃ〜わはは〜〜」

秘書:「高レベル放射性廃棄物がどうたらこうたら言ってますが〜どうしましょ?」
野田:「そんなもん、わしゃ知らん知らん、電通に『金はいくらでもあるから、そんなもん、ないことにしとけっ!!』と言っとけ!!」
秘書:「了解しますたぁ〜」

秘書:「福島県民が、ものすごい勢いで怒って、今にも官邸に押し寄せてきそうですが〜〜」
野田:「なに〜、あああ〜『金はやらんけど“国民の生活が第一”になんとかせい』と言っとけ〜」
秘書:「……」

秘書:


27. 2012年10月19日 08:48:03 : yf8UkmwcBI
>>24
>アメリカは311直後にビビって使用済み核燃料をドライキャスクに移動しているのだが…

ビビるだけましですね。しかし、このドライキャスクも莫大な費用がかかる。が、放射能
漏れで国を滅ぼすことを考えればやらなくてはならないのでしょう。そして永遠の時間
管理つづけなくてはならない。

ウラン238は重さあたりの放射能は弱い。が、湾岸戦争、イラク戦争で重大な遺伝障害
を帰還米兵、現地人に出した。これの半減期が45億年ある。ウランも岩盤の中にあれば、
ラジウムに変化したときのラドンガスとかの危険があるだけだ。それが、環境中に紛れると
めんどうなことになる。永久的に。


28. 2012年10月19日 10:34:25 : 8nEEaJsXRY
>>09

ご飯だってのどに詰まった奴もいればフォークを呑み込んだ人もいるよ。
飯は食べるな!
ウンチが詰まって死ぬ事もある。
箸も危ないから使うな!
お前なんか生きる値打ちも無い!

この世に死なない生き物があったら安倍晋三さん教えてよ!
この世に壊れない物があったら安倍晋三さん教えてよ!

原発は又いつか壊れるよ!
ガラス固化なんかしたらもっと悲惨な事が起るに決まってる。
原発はもうこの50年使ってみて危険でダメだってみんな分かったんだよ。
それでも国民の意見を無視しても原発は稼動だなんて、安倍晋三の頭は狂ってるとしか思えないよ。

こんな事続けていたら地球から生命体がいなくなる。

これまでに出てしまった使用済み燃料や高放射能焼却灰は、海底トンネルを掘って海の下深〜〜〜くに海底倉庫を作って閉じ込め、その道を塞いで爆破して、もし漏れてもトンネルを通って放射能が漏れで来無いように海に閉じ込める事は出来ないだろうか?
二度と開かずの扉にして。
それでもいつかは漏れ出すだろうが、地中に埋めるとか、ただコンクリートやドラムカン詰めにして海に放棄すれば海水で浸食され腐食し、そう遠くない時期に放射能は漏れ出し海を汚染する。
それよりは海底倉庫にコンクリートや鉛の遮蔽をして保管し、通路も無くして海の中の倉庫にして閉じ込める方がより安全な気がするけど。

大金かかるけどその代わりもう二度と原発には手を出さない、って事でこれまでの使用済み燃料だけね。

これからの分は安倍の家の中に保管しろ。


29. 2012年10月19日 11:23:10 : B3qZyXrGIk
まあロケットにでも乗せて太陽に打ち込めばそれで終わるとは思うが
それが出来るようになるには、あと何年かかるのだろうか?

30. 2012年10月19日 12:38:47 : bPPLwmQnVo
宇宙旅行や宇宙ステーションが実現してるくらいだから、宇宙に核を捨てるのは、SF的ではないでしょ。
10万年も掛からないうちに実現可能と思われます。
汚染米とか汚染魚とか汚染瓦礫とかも太陽に打ち込んでほしいな。
その頃には「宇宙に優しい」なんて、変な言葉が出来てそうだ。

31. 2012年10月19日 12:48:54 : 8fvRDAdblE
ドライキャスクであっても、まとめて置くという発想がいけない。
ここは、原発関係者一家に一個づつ、ばらばらに置いておくほうが良いだろう。
もちろん、原発推進派の議員さんには、率先して永代管理を買って出てもらう。

32. 2012年10月19日 13:04:53 : 71j1qM1ANM
宇宙船事故は発射件数が少なすぎ、安全性を測れない状況です。
その少ない事例の中でも、大きな事故を15回前後、起こしています。
大量の廃棄物を打ち上げ、もし失敗すれば、どのような被害を被るかを考えれば、全く現実てきではありません。

ドライキャスクはあくまで50年仮置き、その時考えようという話です。
50年後には何とかなるかもしれないという無責任な考えです。
そして、ドライキャスクは追い込まれた結果、最悪の中の次善として唯一考え出された方法です。
さらには付帯条件として廃棄物の総量規制を行う事としています。
その上で、廃棄物の配分(発電地域、消費地域)を国民的議論で決めようという提言になっています。

個人的には最も利益を得た、電力会社経営陣、官僚の自宅は確定してもらいたいものです。また、懲りもせず推進を図る07〜11の方の自宅にもお願いしたいものです。


33. 2012年10月19日 19:38:26 : pPJ5gJb78A
>>29、30
ロケットの打ち上げに失敗して、お前らの家に落下したらどうするのだ?

バカバカしくて話にならんな。


34. 2012年10月19日 21:22:55 : SsdL8XFnCw
33は、航空宇宙工学の進歩を頭に入れてないな。
「10万年も掛からない」と書いてあるのが読めないのか。あるいは匿名という仮面をかぶって悪態をつきたいだけのバカなのか。

35. 2012年10月19日 21:54:13 : 1laTubqZew

1964年に人工衛星SNAP-9Aがインド洋上空で炎上して1kgの238Puを撒き散らかしたんだがなw

36. ケロリン 2012年10月19日 22:29:53 : 6aICm6xzPa6aE : nhPsiJqdrc

>匿名という仮面をかぶって・・・と言いながら、
匿名という仮面をかぶっている<匿名という仮面>。


ひとのフリみて、直すのは、我がフリだ。


37. 2012年10月19日 22:56:11 : SnXzI5ayGM
今、原子力規制委員会で原発が安全かどうかを判断して、再稼働を決定するとの
事だが、安全の意味をどの様に考えているのでしょうか?
建物等は建てる時のコストをイニシャルコストと言い、維持管理費用をランニング
コストといいます。更に解体までのコストをライフサイクルコストと言って、
建築から解体まで安全に対処出来る総費用算定をするものです。しかし、原発に
当てはめたら果たしてライフサイクルコストは算出出来るのでしょうか??
技術的に完成していないものを「安全」とする見解はどの様な思考回路を
持っても無理な事と思います。
経済界は原発再稼働を要請しているようですが、現在の経済界は国家・国民を
ないがしろにしてただただ、資本家の一時的な利益を追求するだけになっている。
派遣労働しかり、海外移転しかり、グローバル経済といって国民を欺く昨今の
経済課にはやがて、その報いが来そうな感もする。
「国破れて山河も無し」此れでは明るい将来は見えない。
昔の企業家は自社の社員が買える車を作ろうとしたのに、今は買える人も減って
いる現状をどんなに見えているのでしょうか??
経済界と政治家・官僚の意識を普通に状態にリセットしてもらわないと日本は
世界の孤児になるようだ。

38. 2012年10月19日 23:03:55 : tBKCM91vWQ

 再処理費用が発電単価に占める価格は、0.5円〜1.0円の間である。フロントエンドとバックエンドを合わせた価格では、再処理しない直接処分で1.0円程度、再処理を行った場合はその倍の2.0円程度になる。

 要するに問題は、この1.0円の差を大きいと考えるか小さいと考えるか、お金をかけてまで行う意味があるかどうかである。私は人類の便益に活用できる新たな資源と知財を生み出す可能性を冷静に見た場合、「安い」と考える。

 さらに、核燃料サイクルでは、プルトニウムやウランを再利用する過程で出る放射性廃棄物をどこかに保管ないしは、最終的に捨てる必要がある。この最終的に捨てる事を「最終処分」という。特に、核分裂によって生まれて、再利用されない物質の処分が重要となる。それはセシウムやストロンチウム、プルトニウムよりも重いアメリシウムやキュリウムなどの高レベル放射性廃棄物である。その処分には、海溝深くに沈める、南極大陸の氷床の下に沈める、宇宙空間に放出するなど、これまでに様々な方式が提案されてきた。現在では、環境への配慮や、コストの問題などから、地下の比較的安定した岩盤に部屋をくりぬいて安置し、その周りを何重もの障壁で囲う方式がフィンランドで導入され、ドイツ、スウェーデン、フランスでも具体的な検討が進んでいる。ちなみに、フィンランドでも2020年から操業し、100年間管理。そして、2120年には埋設処理され閉鎖される。

 高レベル放射性廃棄物は、地下300m以上の深さにある岩盤中に設置される。放射線を出す高レベル廃棄物を、ガラスを固めた円筒に閉じ込め、さらにその外を金属製の容器、粘土で覆う。いわば棺桶に閉じ込めて岩盤の中に部屋を作って安置するのである。

 部屋の規模は、高さ数m、縦横の広さは各数kmである。このような場所を1ヵ所確保すると、おおよその見積もりで、日本が40〜50年原発を使って出てくる高レベル放射性廃棄物を安置する事ができる。岩盤が将来いつまで安定的に存在し続けるのか、そこには尽きぬ議論がある。仮にフィンランドのように100年後に埋没処理し閉鎖したとして、その後何万年にもわたって、地殻変動や地下水の侵出などに影響される事なく安定するかどうか等、心配の種は尽きない。

 この最終処分のコストは、kw当たり0.1円程度と試算されている。ワンスルーであれ、再処理なども含めたリサイクルであれ、原子炉を動かす以上は、放射性廃棄物の問題の本質は変わらない。原子炉を使い始めた時点で、その量や形態にかかわらず、放射性廃棄物は発生しているからだ。

 形態とは、高レベル放射性廃棄物を出来たそのままの形、つまり燃料棒の中に混ざったままにしてどこかに安置するのか、新しく出来た再利用できる物質を選り分けて使用し、残った高レベル放射性廃棄物を集めてガラス固化体にして地中深くに安置するのかである。

 日本ではいま北海道幌延町と岐阜県瑞浪市で試験研究が進んでいる。地上で保管するのがよいのか、地下に保管しいずれ埋葬するのがよいのか、どちらの場合も放射性そのものは変わらない。どこでどのような付き合い方をするのかの違いである。それを考えれば自ずから解答は見えてくる。

 地上の保管場所が限られている事を思えば、ガラス固化体にして地中深くに安置する計画を早急に進めるべきだ。そのためには、社会の理解と合意が必要である。その機会と制度を作らないといけない。そのイニシアティブは政治が握っている。


39. 2012年10月19日 23:39:00 : 71j1qM1ANM
>>38

日本学術会議は地層処分の見直しを提言した。
記事をよく読むように。

>新しく出来た再利用できる物質を選り分けて使用し、

プルサーマル? それとも高速増殖炉w
今頃何言っているんだろうね。

>地上の保管場所が限られている事を思えば、ガラス固化体にして地中深くに安置する計画を早急に進めるべきだ。

後は野となれ山となれ、埋めてしまえばどうでもいいわけだな。
子孫にツケを残す最低な方法。


40. ケロリン 2012年10月19日 23:51:32 : 6aICm6xzPa6aE : nhPsiJqdrc

<ガラス固化体とは・・?>

直径43cm
高さ104cm〜134cm
重さ400kg〜500kg
ステンレス・キャニスタに覆われた円形筒。
※日本原燃タイプは、海外製より小さい。
※ホウケイ酸ガラスの化学構造は、主成分であるケイ素とホウ素とが酸素を介して網目状に配置する構造物。


●製造直後のガラス固化体1本(日本原燃(株)仕様、約500kg)あたりの放射能量は、その元となった燃料の製造に必要なウラン鉱石(1%の品位で約600t)の放射能量と比較して約2万倍(2×10の16乗Bq(ベクレル))。(セシウム-137,ストロンチウム-90,プロメチウム-147,セシウム-134等)が占めている。数万年後にはその元となった燃料の製造に必要なウラン鉱石と同程度の放射能量にまで減衰。なお、それ以降の放射能量は半減期の長い核種(テクネチウム-99,ジルコニウム-93,ネプツニウム-237等)が支配的となり、 ゆっくりと減衰。

●製造直後のガラス固化体(日本原燃(株)仕様)の放射線量は、その表面の位置に人間がいた場合、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告の中で100%の人が死亡するとされている放射線量(約7Sv(シーベルト))をわずか20秒弱で浴びてしまうレベル(約1,500Sv/h)。

●製造直後のガラス固化体でも、1m離れた位置に厚さ約1.5mのコンクリートの遮へいをほどこす必要がある。

●ガラス固化体は、処分するまで30年から50年の間貯蔵。処分を行う段階においてはオーバーパックという厚い金属製の容器に封入される。

●50年後には放射能が約1/5になり、表面の放射線量は約1/9になる(表面で約160Sv/h、表面から1m離れた位置で11Sv/h)。さらに、オーバーパック(厚さ19cm)に封入することにより、オーバーパック表面の放射線量は、表面で約 2700μSv/h、表面から1m離れた位置で約 370μSv/hとなり、1m離れた位置に約 80cmのコンクリートの遮へいが必要になる。

●ガラス固化体中には多くの放射性物質が含まれていて、この放射性物質が崩壊する時に出すエネルギーによって発熱する。 製造直後のガラス固化体(日本原燃(株)仕様)の1本当たりの発熱量は約2300W、表面温度はどのようにして熱を逃がしてやるのかによっても異なるが、200℃以上にもなると考えられている。これは、20℃の水1リットルを2〜3分で100℃のお湯にできる発熱量。

●ガラス固化体の発熱量が高いまま、地層に処分してしまうと、人工バリア(ガラス固化体自身も含む)の温度を上昇させてしまい、人工バリアは崩壊する。

●ガラス固化体は、処分するまで30年から50年の間うまく熱を逃がしながら貯蔵する必要がある。30年後には約560W、50年後には約350Wまで下がることになる。それから、<空冷>施設が整備されている地下施設の<埋葬管理>に、初めて、取りかかれる。空冷システムは長期に渡り管理する必要がある・・・。空冷がストップすれが、そこから新たな発熱が始まり、予測不能事態になる・・・。


平成11年11月に核燃料サイクル開発機構が
取りまとめた報告書の
「そう、考えたい・・」
「こう、書けば安心だ・・」
という、子供っぽい感情的偏向を
省いての記述だ。


カネを喰い続ける・・やっかい極まりないゴミを、
誰かが<管理>し続けなければならば、ならない。

それを、まだ、造りつづけると、
どこぞの、どアホが言ってるんだよ・・。


41. 2012年10月20日 00:10:02 : 8nEEaJsXRY
どんなにぶ厚いコンクリートも、鉛でも鋼鉄でも放射能にかかっちゃチンタロウの小説の中のチンちゃんが障子を破ったみたいに簡単な事。
そのうちチョロットぬけちゃうよっ!

42. ケロリン 2012年10月20日 00:20:52 : 6aICm6xzPa6aE : nhPsiJqdrc

抜けちゃうリスクを覚悟の上で・・・、
埋葬施設の近くで、人工火山として再利用するんだな・・。

パイプを引き込んで、固化体<温泉>・・・入場料、おひとりさま/10万円。
それとも、各家庭の床ににパイプを引き込んで、固化体オンドル・システム。
厳寒の東北地方でも、あったかポカポカ・・・、使用済の再利用だ・・・。

それこそ、核サイクル燃料と、いうものだ・・・。
一家に一台・・・サイクル・オンドル・・・、
政府の援助金付き・・導入システム、500万円。一千万の内、
500万円は政府が補助いたします。政府保証のローンもオッケ〜。


これで、長期に渡る、ゴミ処理代がカバーできる・・・。
イザというときには、建設省が主導で、コンクリート遮蔽壁も受注いたします。


・・てな、アイデアは、どうだ???



43. 2012年10月20日 00:25:41 : NDZvjM4HqQ
★Q:なぜ、食品・飲料による「内部被曝」は、外部被曝とは「比較にならないほど」恐
ろしいのでしょう?→★A:「内部被曝」で体内に取り込まれた放射性元素は、細胞内で、
(1)「ゼロ距離」で、(2)何十年という、外部被曝の何万倍ともいう「長期間」、常に、
まわりの細胞を破壊し、癌・奇形を永遠に引き起こしつづけるからです!一旦食べてしま
ったら、取り除くことは不可能。これに対し、医療レントゲンなどの外部被曝は、一瞬で、
しかも身体を透過してしまうだけ。「原子力ムラ」の専門家が、よく、被曝量は「レント
ゲン照射と同じ程度だから大丈夫」というのはまったくの間違いですのでご注意を。食品
すなわち「内部被曝」の問題の方が、「比較にならないほど」恐ろしいということをご注
意ください。いまの食品規準では、食品が流通する日本人全体に取り返しのつかない遺伝
障害がでてくるでしょう(遺伝子の劣化は永遠に子孫に受け継がれていきます、日本民族
の劣化=亡国・反日の所業ということです)。政権は、福島・北関東で多くのホットスポ
ットの農地を放棄し、一次産業からの産業構造転換をするよう、農協を説得しないと取り
返しのつかないことになりかねない(日本中に毒が回り始めています)。
★【たとえ規準値であっても、昔よりも1万倍!(4ケタ違い大)もセシウムが多い米を
食べさせられている私たち!】〔放射能資料〕福島原発事故前(2009年度)の「精米」の
中のセシウム137の測定値(単位Bq/kg)福島県福島市 0.027、長崎県佐世保市 0.016→
現在基準値100ベクレル!!!!http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2012/09/137.html
★【「韓国が、中国が、米国が、ロシアが輸入禁止にしているもの!」を日本国民は食べ
させられている!】→なんと!今現在でも!諸外国は日本の食品を禁止
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/295.html
========================================
★あれだけ情報統制されてきた専門家・医師達が認めだした!不治(癌奇形)で危険だと。
★【『自然状態では存在しない!!子供の甲状腺腫瘍』=原発汚染の最大の証明】が続々!
★【福島では、甲状腺3人に1人どころじゃない!ほとんど半分の子どもにのう胞や結節】
(みんな楽しくHappyがいいブログ9月17日)★【関東のホットスポットでも続々!柏
市や松戸市、茨城県内の子どもたちにも甲状腺に嚢胞やしこり、腫瘍が発見され始め・・】
(はなゆーブログ9月29日)★小児甲状腺癌の約4割は早期発見の時点で既に『転移!』
している(なんと山下教授の研究!同上10月7日)★東北大学循環器内科学の下川宏明
氏が「東日本大震災後、心不全、ACS、脳卒中、心肺停止、肺炎”のすべてが有意に増加」
と学会発表(日経BP2012.3.20)。★あなたから知能がなくなる日!被曝で知能低下、回
復不能になる・・・あなたが東日本に住んでいて黙って放射性物質を取り込み続けている
と、たとえ癌や白血病にならなくても「知能障害」に【原爆ぶらぶら病】(ダークネスブ
ログ10月6日)★福島県立医大の教授が「原発事故が原因の疾患」が4、5年後には発
症することを認めた(resurrectionのブログ2012年9月7日)。★「ミスター大丈夫」山下
俊一教授が「避難したほうがいい」と言い出した(週刊現代6月18日)。★【日本ペンク
ブが26年後のチェルノブイリ訪問】「処理作業にはキリがない。絶望的だ。大人は未来
に責任をもたないといけない」・・・胎内被曝をした子供が『健常で生まれてくるパーセ
ンテージが2.5%』つまり『97.5%は何らかの障害を持って生まれてくる』という
驚愕!(朝日5月3日)★病気でないレベルの変化が2〜3年後に病気に移行した例が多
い。文部科学副大臣森ゆうこウクライナ出張報告(はなゆーブログ10月7日)★カルデ
ィコット博士「白血病は事故後2〜3年で始まる」東葛の職場全員、健康診断で白血球が
1000減少(木下黄太のブログ10月6日)。
========================================
★【今現在も福島第一原発が毎時1000万ベクレル!!のセシウムを放出し続けている
ことが判明!】http://logsoku.com/thread/engawa.2ch.net/poverty/1348650968/
★【1号機再臨界の疑い、2号機メルトアウト、3号機核爆発、4号機ピサの斜塔】
このブログは本当に大問題→【福島原発の告発「衝撃の内容菅総理元政策秘書」の記録】
http://blog.goo.ne.jp/banbiblog/e/24fae3cd0f8482c11043090d5a95fc01
★【フクイチ溶融燃料取り出し『直接適用できるテクノロジー、存在せず!!』】世界的
な廃炉ビジネス・リーダーのES社(本社・米国ソルトレイクシティー)の社長が明言
〔ENEニュース〕
========================================
★国際的には不可能なことが証明されている「除染」に何兆円かけるより、その金を「移
住」にまわせば良かったのです。住民の移住先での生活保証に補助しても、キチガイじみ
た「除染」より安い!★世界的常識で、放射性物質は広大な国土の山々に拡散し、山から
ぼぼ永久的に放射性物質が流出し「除染は不可能」と世界的に何度も証明されている。チ
ェルノブイリのときのロシア、ベラルーシでも除染は不可能。はるか2000キロのドイ
ツやオーストリアの猪のような森の食材は実に26年たっても食えない(森の呪い)。除
染に何兆円もかけるより国が買い上げ(長期借り上げ)移住促進の方が安く、治療不可能
な健康被害をくい止められると有識者が何遍も通告しているのに!ゼネコン利権の方が大
切らしい!いまごろ政府が「やはり除染は限界」といっても、あきれて言葉もない。
★「除染費用1兆円を被災者に渡しては」とノーベル物理学賞受賞学者 江崎玲於奈氏提
言(週刊ポスト2012年1月13・20日号、NEWポストセブン2012.01.07)
◎平野復興相「除染に限界」モデル事業(朝日2012年6月17日)
◎「除染効果、一定時間で限界」平野復興相が自治体に説明(産経2012年6月17日)
◎復興相「現在の除染技術は限界も」(NHK6月17日)
◎「除染の限界」に苦悩する福島市の住民(東京新聞「こちら特報部」11月26日)
◎「福島県の人口、4割減少!」2040年、原発事故で流出(朝日2012年8月30日)
◎「今でも避難したい!」福島市民の34%市調査(朝日2012年9月17日)
★自然状態では存在しない「若者の甲状腺腫瘍」(原発の重要な証拠)が多数出ているの
に無視する日本人「福島の癌化のスピードはチェルノブイリの5倍。尋常でない”甲状腺
癌、白血病の報告が次々と届いている”」http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/797.html
========================================
【ミリの無い単なるSvとは以下の東海村Aさんの世界!それでも安楽死させない地獄!】
★『原発賛成派に福島原発作業員になってもらう会』を結成しよう!!安全だと思ってい
る「原発推進派」が原発作業してください!もう作業員は足りないんですから!
(1)「原子力ムラ・労働部隊」=電力総連→民主党支配の拠点。(2)「原子力ムラ・国
会部隊」=J民党全員と民主党内の推進派。(3)「原子力ムラ・広報部隊」=S経新聞、
S潮社、B藝春秋。(4)「原子力ムラ・財界部隊」=経団連、日商、同友会。(5)「原
子力ムラボス・日本国オーナー大本営」=9電力会社・電事連→上記すべてを支配する大
本営であり元凶=なぜなら、工作資金の源泉である「我々の電力料金」を水増しして徴収
し、上記に回せるから(地域独占+総括原価方式のため)。
★これらの幹部には、福島原発作業員になってもらいましょう!だって、安全だと思って
いるんでしょ。安全だと思ってるんだから作業員になれますよね!!会長、総裁、代表の
なり手はいくらでもおります!しかし作業員は足りません、是非行ってください!
★私ら日本人の多数を占める脱原発派は、危険だと思っているから行きません!廃炉にし
ます!★日本人の少数派・原発推進派が原発作業に行ってください!論理的にはそうなり
ますよ。(※注↓)このように、直ぐには、死なないですよ。それどころか最後の瞬間ま
で地獄だそうですよ。人間の原形を留めなくなっても・・・『癌』も『奇形』も、なった
ら『絶対に治療の方法がない』ところがこの「放射能」の最大の特徴ですからね。
★『東海村JCO臨界事故の被害者の写真!(文中Aさん)』
http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/572.html
★『劣化ウラン弾による内部被ばくで癌、奇形児がつぎつぎ!』
http://homepage1.nifty.com/KASAI-CHAPPUIS/ExtremeBirthDeformities.htm

44. ケロリン 2012年10月20日 00:41:20 : 6aICm6xzPa6aE : nhPsiJqdrc

もし、これからもゲンパツを続けるならば・・・だ、
全国の各・町内会に1本づつ配ってだな・・・、
町内10世帯ぐらいを固化体1本で、発熱を再利用するんだな。

『うちのお隣りさんでは、その熱で発電してまっせ』
『いやぁ〜おかげで、電気代タダになりましたわ』

地中深くに埋まっている・・使用済核燃料・固化体。
こんな科学時代・・・、

『何か起これば、町内で対処しまっさかいにな・・』
『うちらの町内では、コンクリート遮蔽は3m・・ソコが安心できるトコロ』
『リスクなんぞは、当たり前ですわ・・ははは』
『あんた、車の事故から比べりゃ、どうというコトはおへんえ』


・・てな、アイデアも、考えられる・・な???


日本人、全員でリスクを分散させていく・・・。
使用済み核燃料列島・ジパング。
領土・線量問題も解決させられる・・誰も近づく氣も起こらん・・。
これで、大規模爆発さえも、逃れられる・・・。


45. 2012年10月20日 03:35:54 : 8fvRDAdblE
38。
君の家にもドライキャスク一個お願いするわ。

46. 2012年10月20日 06:01:04 : VvJaORvaJA
>>44
>町内10世帯ぐらいを固化体1本で、発熱を再利用するんだな。

面白い皮肉だとおもうけど、間に受ける人も居そうなんだな。
このスレには、10万年後に宇宙ロケットが安全になって、それ
で使用済み核燃料を宇宙に廃棄すればいいなんて、真顔で言う
人さえいるのだから。

現実的にいえば、日本国民はダイナマイトのうえに布団を敷いて
寝ているより危険な状態にある。それでも、平気なのだから日本
人は絶望的阿呆なのだろう。だから阿呆な日本人が日本を滅ぼす
ことは確定的である。論理的に考えればそうなる。


47. ケロリン 2012年10月20日 06:49:09 : 6aICm6xzPa6aE : nhPsiJqdrc

身体細胞の還暦・・12×5=60年が、
議論の俎上に載せられる限界の青写真年数だろう。
倍数の120年は、次世代運営者の責任範疇だ。

核ビジネスのデマゴギーが、40年で瓦解している中で、
一万年、十万年のタイムスパンを持ち出すなんざぁ〜、
ただの、おめでたい、お子さま童話アタマだろ?

そんなコドモが、多過ぎるんだよ・・。
>46.・・・真に受けるヤツは、論外だ。

すべては、宗教問題に起因しているんだ。


幸福の科学、創価学会、統一協会・・・、
最近では、在特会宗教まで目立って来た。
あるいは、似非科学宗教・・・。アゴラっち。
<科学>をも、宗教にしちまう・・・。
<政治>も宗教。<経済>も宗教。<医療>も宗教。

とにもかくにも、てめぇ〜のアタマで、考えない。
<国家>そのものが、すでに『宗教』なんだな。


48. 2012年10月20日 09:35:31 : oPE860uakw
ていうかそのガラス固化技術とか云うのももんじゅが1KWも発電できてない
とかと一緒で成功してないとかって話なんでしょ

半ば処理場と云う体で青森にゴミ置き場押し付けたのが内情と云う話も出てる
原ムラのボット役人は初めからできるなんて考えてもいない


49. 2012年10月20日 10:17:41 : 8fvRDAdblE
ベーター線が出ているんだから電極でも置いとけば発電するんじゃない。
安定にというのは難しいと思うが。
それにしても、ガラス固化というのは、放射能汚染水を何百度の溶けたガラスに入れるという事だよね。
水分を蒸発して飛ばすのは良いけど、余計な放射性物質も気体としてかなり飛ばされるんじゃない。
キセノンなどの希ガスは、最初から放出し放題という話だしね。
溶けたガラスに水溶液を突っ込むというのもすごいが、ガラス固化じゃもたないので酸化チタンのセラミックに閉じ込めるというのも想像が付かない。
科学者がお金をもらいために色々口走っているのか分からんが、これをきちんと性能を満たしていると検証するなんて出来るのだろうか?

50. 2012年10月20日 10:23:12 : FraKlZvdHg
「10万年も掛からない」って書いてあるよ。
「10万年後に」とは書いてない。
発電技術としては原発は奇形でしかなく淘汰されるものだけど、航空宇宙工学の進歩はまだ未知数だ。
可能性のひとつとしては、ありじゃないかな。
なにも現在の未発達な技術で宇宙にポイ捨てしろと言っているわけではありませんので。念のため。

51. 2012年10月20日 10:30:27 : BKC3bJSpys
H2ロケットの安全性を極限まであげて宇宙に捨てに行くしかないでしょう。
核廃宇宙処理ビジネス。10万年めんどうみるより費用も安いのではないか?ロケット一発3000億ぐらいですよね。5トンぐらい積める?世界中から仕事とれますよ。事故ったら悲惨だな。

52. 2012年10月20日 10:32:37 : 8fvRDAdblE
放射線障害で、そのうち宇宙工学を理解する人もいなくなる。
人類は衰退するんだよ。

53. 2012年10月20日 10:36:41 : 8fvRDAdblE
ああ、リスクを承知で太陽にでも引き取ってもらったほうが良いのかもしれない。

54. 2012年10月20日 11:56:14 : RQpv2rjbfs
生き物をなめたらいかん。10万年あれば生き物は放射能に適応できる。放射能をエネルギー源とするカビだか蘚苔類がチェルノブイリで見つかったそうだ。

55. 2012年10月20日 13:02:26 : 8fvRDAdblE
かの共産主義、多少の個を犠牲にしても全体がよければ良いという国でも立ち入り禁止にした放射線濃度の場所に、人を住まわしておくのを決めた人たちはドライキャスク1個づつ、山下の関係も1個づつ分け与え、永年管理していただく。
これから、再稼動と騒いでいる人たちも、ドライキャスク1個づつもらっていただいて、覚悟の程を見せていただく。
いまでも沢山ある使用済み核燃料、その保管場所は、こうやって決めるのが良いでしょう。
利益を得るものに、当然責任を果たしてもらう。

56. 2012年10月20日 13:11:26 : 8fvRDAdblE
アメリカでも核兵器用のサイロを何千、何万も建設したんだから、実現不可能の話じゃないね。
特に中曽根君などの重責任者は、沢山引き受けてもらう。

57. 2012年10月20日 15:02:49 : 8fvRDAdblE
この人口密度の高い日本ではどこにおいても同じだし、高濃度放射能物質は。まとめておいてはいけないというルールもあり、受益者が責任を取るという社会の基本にも忠実な理論的な方法だね。
子孫を冒涜(文字通り汚れ汚すもの)するという事はどういうことか、推進派の諸君は良く考えてみると良い。

58. ケロリン 2012年10月20日 15:37:15 : 6aICm6xzPa6aE : nhPsiJqdrc

すでに、ゾンビとしてコントロールされている連中には、通じんだろ??

おそらくは、金玉握られていて、なすがままだ・・。
政治に気体するよりも、早めにメガバンクからカネを引き出してやな、
税金無視して、やりたいように、法律の穴抜け生活に、入るこっちゃな。


あほらしくて、まともに相手など、してられるかいな・・・。
それしか、ないぞ、・・どう考えても・・。


おととい、関電デモで、引っ張りやがった天満署に電話してやったら、えらいアタフタしてやがった・・・、税金で飯を喰う・・<高額生活保護世帯>人間を、どれほど減らして行くかだ・・。いまや、みかじめ料徴収・ゴロツキやくざ役人 vs 納税者・・・との闘いだ。えらそうにふんぞりかえっている、ハシシタも、タダの手弁当で、やらせろ・・・。税金で飯喰ってるにんげんに、金輪際、えらそうに、させるな・・。


今回のゲンパツ問題は、全部、ソコに原因があるんだ・・。


59. 2012年10月21日 04:43:09 : MDJmRor16I
>>47
>>46.・・・真に受けるヤツは、論外だ。

>>49のような人もいるのだから、真に受ける人もいるでしょう。
49氏発言、「ベーター線が出ているんだから電極でも置いとけば発電するんじゃない。」


>>50,>>51氏はとんちき言っているのに気づいていない。50氏曰く「10万年も掛からない」
51氏曰く「H2ロケットの安全性を極限まであげて宇宙に捨てに行くしかないでしょう。」

皆ジョークを言っていると思いたいが。そうでないとして、意見を言わせてもらえれば、
万年単位どころではなく、千年単位でもなく、100年単位でもなく、もっと短い時間
で緊急になんらかの安全策を講じないと高レベル廃棄物は危険なのです。福一4号機の
危険とおなじ日本消滅の危険性があるのです。高放射線で事故がひとたび起きれば、復旧
作業は不可能になり、座して死を待つのみとなる。

去年の311の余震で再処理施設は電源喪失をおこしてあわやといったところでした。
地震に限らず、テロもありうるし、想定外もおこる(作業員、研究者のへまとか)。

しかし、その安全策はないのです。


60. 2012年10月21日 05:21:40 : pPJ5gJb78A
>>34
そのうちできる、そのうちできるというのが原子力ムラの常套句。
放射能の無毒化も、高速増殖炉、核燃サイクルも、そのうちできると言われて結局できなかった。

どこの使用済み燃料プールもほぼ満杯で困っているのだ。
10万年どころか、10年でも間に合わないぐらいだ。

夢物語は自分のブログにでも書いてくれよ、お花畑君。


61. ケロリン 2012年10月21日 07:31:41 : 6aICm6xzPa6aE : nhPsiJqdrc

使用済を、済んでいる・・・と思わせる『安全神話』だな。

「勝っている勝っている」・・・と思わせる『勝利神話』にしがみつく、この国の、底無しの現実逃避の<大衆心理>。「バンザーイ!」「バンザーイ!」ともろ手を挙げる、脳無し大衆奴隷。

岩盤のような、そんなオッサン・オバハンが、底支えしている、この国の、ドンゾコ意識。ポポポッポポポォーーーーーンの「AC広告」より、まだ、遥かに酷い、<大衆心理>。

それが、使用済核燃料棒より、まだヤッカイな「意識放射能」を放ちまくっているんだ・・・。周りを見てみろ・・・危機感の「キ」の字すらない・・。・・周りで何が起こっていようが、「おのれさえ危害が無ければ」・・それでオッケ〜ケッコ〜。『電機、使うなぁーーーッ、電車でカエレェェーーー!!』・・などという、電事連が放つ、チンコロ犬より、まだ酷いかも知れんな・・??

番犬「在特」・室内犬「アゴラ〜」の方が、まだ、表に出て来るだけ、マシ、というものだ・・・。

『使用済核燃料プ〜ル』=『スッ裸の原子炉』。
プ〜ルの水が漏れりゃ・・それで一巻の終わりだ。
金輪際、誰も<近づけない>。電源がどうの、震度がどうの、じゃねぇ〜んだよ。1本のパイプのズレで、<近づけない>。

チェルノの事故の真相が、最近出だして、アレも地震だった。
地震による、制御不能で、爆発まで行ったんだ・・・。

『スッ裸の原子炉』のような<大衆心理意識>こそが、この国の最大の”ガン”だというコトだ。


62. 2012年10月21日 14:51:04 : mpquLhtFpm
では、60氏は、いますぐなんとか出来る方法を提示してくださいと言われたら、出来ないでしょう。
この件に関しては「推進派の常套句」と言ったステロタイプの思考は役に立たない。

こんなこと書くとまた空想とか妄想とか言われそうだけど、お花畑ではなく技術畑の人間にしてみれば、宇宙空間における構造物の進化形として宇宙に最終処分場を作るくらいは、リアルな可能性だ。
現実社会では、俺はリアリストだから、出来ることを淡々とやるだけ。
事故前までガスコンの設計をやってた。事故後はメガソーラーの設計も手掛けるようになった。
核ゴミの仮置き場は、赤字出しても可能な限り耐久性があるものを作るようにしている。
メガソーラーなんて夢物語って、未だに面と向かって言われるよ。
日本に将来性はないから、半分くらいは海外の仕事をして、海外移住の準備も出来てる。
海外移住なんて書くと、妄想と言われたことあったな。

高レベル放射性廃棄物最終処分場のひとつの可能性として、南極の安定した地盤を使うのも、ありだと思ってる。


63. 2012年10月21日 17:28:53 : pPJ5gJb78A
>>62
>では、60氏は、いますぐなんとか出来る方法を提示してくださいと言われたら、出来ないでしょう。

誰もできないから原発に反対しているのだということがわからんか?

>高レベル放射性廃棄物最終処分場のひとつの可能性として、
>南極の安定した地盤を使うのも、ありだと思ってる。

はいはい。空想なら何でも言えるね。


64. 2012年10月21日 19:35:48 : FraKlZvdHg
「空想」ではなく「可能性」と言っているんですけどね。
私も原発は反対だが、「反対」を言っていれば核廃棄物が無くなるわけではない。
簡単に解決できる問題ではないですけど、生きてるうちにやれるだけのことはやってもいいと思いますよ。

65. 2012年10月22日 03:11:43 : pPJ5gJb78A
10万年もの間、放射能を封じ込めることができるなど誰も保証はできないし、
そんな技術はどこにも存在しない。

核燃サイクルと同じ、見果てぬ夢である。

地球の地殻は常に変動している。
数万年前には、日本はアジア大陸と地続きだったのを知っているだろう。
国境すら大きく変わってしまう可能性がある。

永久地下埋葬は無責任かつ不可能である。

地上か地下はともかくとして、定期的に「お漏らし」をチェックできるようなところに
保管せざるを得ないだろう。

原子力ムラの連中は人里離れたところに廃棄すれば何とかなると思っているようだが甘い。

自分たちさえ良ければよい、後は野となれ山となれ、が原子力の基本的思想であり、
それが根本からまちがっているのだ。

提案だが、今後原発を稼動したい自治体には、今まで作り続けてきた使用済み核燃料の
すべての引き取りと保管を義務付けるようにすべきだ。

原発でさんざん甘い汁を吸ったくせにそのゴミを拒否するというのは虫が良すぎる。

どこも核のゴミなど引き受けたくないから、再稼動しないだろう。


66. 2012年10月22日 05:58:20 : UkhbViIvzM
>>62
>お花畑ではなく技術畑の人間にしてみれば、宇宙空間における構造物の進化形として宇宙に最終処分場を作るくらいは、リアルな可能性だ。

宇宙空間に構造物をつくるのは、可能だと誰も知っている。別に技術畑の人間に言われる
までもない。
問題は事故の確率を0にはできないということだ。スペースシャトルの事故率は運航開始
前の予測では、10万回に1回といわれていたが、実際は60回に1回程度だった。
より安全なソユーズにすればいいという話ではない。なぜなら、人間の科学の限界がはっき
り見えてしまったからだ。事故の予測がまるでできていないことからもそれがわかる。

ちなみに、南極云々は原発をやっていない国から抗議がでる。また、科学が当てにならない
以上(原発の事故率の予測もはずれた)、うまく行くだろうという予測も机上の皮算用で
想定外の悲惨なことが起きれば、何もできなくなり、地球全体の汚染を待って死ぬこととな
る。そんな賭けはできない。


67. 2012年10月22日 08:09:27 : NBzwmIuefY
66氏が言われてることは、もっともです。
できれば批判だけでなく実践的な可能性を拝聴したいし模索したいと思ってます。

68. 2012年10月22日 08:12:01 : 8fvRDAdblE
65さん。
人の意見に乗っての提案。
前者への意見があって議論して方向が見えてくるんじゃない?
無視して同じような意見言っていれば、まとまるものもまとまらないし、掲示板の意味が無いよね。

69. 2012年10月22日 08:21:53 : 8fvRDAdblE
67も、もう少しがんばってみれば。

70. 2012年10月22日 12:30:47 : pPJ5gJb78A
>>68
高レベル廃棄物の永久廃棄方法については、議論するほどいくつも選択肢があるわけじゃない。
どこに保管するかだけだよ。

地上は飛行機が墜落する可能性があるから、地下のほうがよいだろう。

私が強く反対するのは、絶対漏れませんから入り口を封鎖します。
あとは知りませんという無責任姿勢だ。

定期的に「お漏らし」をチェックすべきで、いつでもアクセスできるようになっていなければならない。

地震で落盤があって埋まってしまったら困るのだ。そんな安定した地盤が日本にあるのか疑問だが。

それから一ヶ所にすべての使用済み燃料を集中させるのも危険だ。
何ヶ所かに分散しないと危ない。

ま、どこでも最終処分場には猛烈に反対するだろうね。どうするのかね。


71. 2012年10月22日 13:00:53 : 7EJXZOpGtI
「低レベル」ですら、どうもならん。
ベラルーシでは、放射性廃棄物は火事を出さないように厳重管理されてるそうな。
瓦礫燃やしてる国じゃあ、どうもならん。
放射能と分からんチンからは、離れていくしかないという知恵はあるけど、どこまで通用するかな。

72. 2012年10月22日 15:41:55 : 8fvRDAdblE
そうだよな、放射能入り瓦礫燃やしている。
さっぱり意味が分からん。
自殺行為としか思えないね。

73. 2012年10月22日 15:53:48 : 8fvRDAdblE
使用済み核燃料をプールに保管しておくのは違反じゃないの?
原子炉の核燃料は5重の防護があると言っているが、使用済み核燃料は建屋だけの防護で、実際に4号機は、使用済み核燃料だけで吹っ飛んでいるんだよね。
安全対策上も問題があるんじゃないの?

74. royalFart 2012年11月08日 07:57:06 : MYTkj58BL0HcA : EI4IK5kpyN
常識的に考えて、支配層は地球以外にも住める惑星を持っている
とにかく必要なものは、地球とオサラバするための宇宙船の燃料となるプルトニウム
そう仮定しないと、つじつまがあわんわな
連中が無策無謀の基地外とも思えんしな

75. 2013年2月26日 20:05:22 : 0uakbCRtKo
>>04 G3UdYLyhsI
>利用可能なら、アレほど頼りになる物質はない。
>原研が、たるみ過ぎなのだと思う。
>宝の持ち腐れ!

頼りになる物質って何?
宝って何が?

>>05 3nTXkp9TvA
>高レベル放射性廃棄物処理は最終的に地球内では手に負えない代物な気がする。
>何とか地球外に移送させるか、
>それとも地球に残して人間を含めた生命体の側が外に出て行くか…

残念!
宇宙へ飛ばす事は国際条約で禁止されているそうですよ。
本気でそんなことを議論したって事だよね、バカみたいにさっ。
そんなに本気だったらその時に全世界で原発なんか止めりゃ良かったのに。

その最後の事もアメリカは本気で考えたのだろうか?
その為かどうかは知らないけど、火星に8万人規模で送るって書いてあったのを見た。
誰が行くんだろう?
ますますアホラシイ、その前に原発を止めりゃ良いだろうにっ!



76. 2013年2月27日 22:53:47 : 0uakbCRtKo
>>11 cqRnZH2CUM
>平和利用なら放射線治療や殺菌などにも使えるだろう

何が平和利用だ!
これまでだってそう言いながらせっせとプルトニュームを溜め込んできたじゃないか!

原子力だって、原発だって英語にすりゃ同じじゃないか!
nuclear【形容詞】核の;原子核の;原子力の, 核兵器の(【略】 N).

平和利用って何?
石破が言ってるよ。
「日本はいつでも核爆弾を作れるんだぞと近隣諸国を脅すためにも原発は無くせない」と。
現に日本は核爆弾を5000発も作れるほどのプルトニュームを持ってるそうだよ。
平和利用しかしてこなかった日本が何で核爆弾を5000発も出来るほどのプルトニュームを持ってるの!
あんたこれを聞いてもおかしいとは思わないの?


77. 2013年2月27日 23:02:52 : 0uakbCRtKo
>>23. taked4700 9XFNe/BiX575U : 8WJxGoLS0w
>鉄筋コンクリートの建造物の内部でドライキャスクという容器に入れて保管
>します。
>現状の技術で50年程度なら詰め替えをしないで保管できるそうです。

たった50年?
その後は?
50年後そのコンクリートはどうするの?


78. 2013年2月27日 23:21:48 : 0uakbCRtKo
>>25 537H8QlWJcさん
>フクシマの原発事故は、寧ろ幸いなことだったと思う

私はもっと何十年か早くこの地震や津波が起きていてくれたらとさえ思うよ。
日本に原発がこんなにたくさん出来る前にもっと早くこの地震や津波が来てくれていたらいくらなんでも54基も造らなかったのではないかと。

原発は悪魔の発電だよ。
こんなものに世界が魅了されてしまったなんて、よほど利権がおいしいのかそれとも核爆弾の方が魅力的なのか。



79. 2014年4月24日 17:24:41 : 9L5qHJyxOU
>>05 3nTXkp9TvA
>高レベル放射性廃棄物処理は最終的に地球内では手に負えない代物な気がする。
>何とか地球外に移送させるか、
>それとも地球に残して人間を含めた生命体の側が外に出て行くか…。

国際法で放射性物質を地球外に移送する事は禁止されているそうですね。
「人間を含めた生命体の側が外に出て行く」ってのは是非アメリカにやってもらいたいです。
アメリカ以外では宇宙へ移住するなんてとても無理でしょう。
それにアメリカは火星へ8万人送る計画も有るそうですし、「宇宙には銀河系と同じものがいくつも有る」とか言う記事を読みましたから。
希望者は一緒に連れて行ってもらえば^^


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素28掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素28掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧