★阿修羅♪ > 原発・フッ素29 > 709.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東海アマ: これから何が起きるのか? その3 「ソビエト連邦1991年に崩壊」、「ソ連では崩壊後何が起きたのか?」
http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/709.html
投稿者 mainau 日時 2013 年 1 月 15 日 03:46:36: GgaPs4QXWLwO2
 

東海アマ:

1986年4月に発生したチェルノブイリ原発事故によって何が変わったのか? 
 もっとも巨大な変化といえば、それは戦後世界に君臨した鉄の帝国、ソビエト連邦が1991年に崩壊したことであった。
 これによって半世紀続いた「冷戦」が終わりを告げることになり、国家の命脈となる対立軸、競争相手を失ったアメリカが、欲に釣られデリバティブによる金融暴走によって自滅の道を歩むことになった。
 このとき、人口1.5億、影響下の社会主義圏人口は3億人、数千回も世界を滅ぼす軍事力持った巨大帝国が、自らの腐敗によって倒壊したのである。

 ソビエト連邦は、名前の通り中央政府の一元管理でなく、各共和国の連合体との位置づけだが、実際には各共和国は100%、秘密警察に監視され、共産党中央、政府の軍事支配下に置かれていた。
 しかし、硬直した官僚制度が利権の縄張り争いに明け暮れ、お粗末な政策にうんざりさせられ続けた国民の勤労意欲は大きく低下し、農産物が豊作でありながら大半を腐らせて食料危機に陥るなど、まともな国家運営すらできず、デフォルト状態の経済危機による共産党体制の低迷のなか、閉鎖的な利権体質に危機意識を抱いていたゴルバチョフ政権スタートの一年後にチェルノブイリ原発事故が起こった。

 最高幹部に君臨したはずのゴルバチョフに対し、事故発生による巨大な放射能漏洩危機の情報は、政府機関からではなくスエーデン政府と欧州マスコミからもたらされた。
 その後も、関連部門から上がってくる情報は「事故は適切に処理された、被害は軽微」という責任回避報告しかなく、彼はソ連体制の閉鎖体質がどれほど深刻なものか思い知らされることになった。

 首相ですら知り得なかった真実の情報が事故現場の民衆にもたらされるはずはなく、「パニック抑止」の名目で、危険情報はすべて隠蔽され、人々は何一つ真実の危険を知らされず、避難命令に右往左往し、取り返しのつかない被曝を重ねることになった。
 数年後、人々は、チェルノブイリ原発事故が何をもたらしたのか、次々に死亡する人たち、子供たちの地獄のような有様や自分の体の絶望的不調で思い知るところとなった。

 「お上意識」の傲慢、冷酷な官僚による口先だけの「安全デマ」や人命軽視、利権優先の姿勢をソ連民衆は自らの運命によって思い知らされることになった。やがて民心は離反し、政府はあらゆる信頼を失なって政権や共産党支配の秩序が根底から崩壊していったのである。

 ゴルバチョフはグラスノスチ(情報公開)ペレストロイカ(民主改革)によって体質改革を試みたが、長年、特権の座布団にぬくぬくと居座り続けた利権集団である官僚グループの激しい抵抗に遭い、あらゆる改革も失敗を重ねることになった。むしろ改革は逆進し、官僚独裁体制の強化が図られ、ゴルバチョフ自身が追放されそうにすらなった。
 
 こうした状況下で、かつて帝政ロシア国家が、クリミア戦争、日露戦争敗北による国家不信によって消滅した時と同じように、国民の政治不信、行政への不満が渦巻き、官僚が政策を発令しても、誰も見向きもしないという極度の組織崩壊に陥り、もはや政権の威信は地に堕ち、国家としての統制が困難になったのである。

 とりわけ、情報を与えられないことで何の対策も取れず、結果として膨大な人的経済的被害を被った地方政府の中央に対する不信が激化し、納税拒否や指令遂行拒否などが続くことで、中央政府は、もはや地方政府を制御できる状態でなくなってしまった。

 ベラルーシ、ウクライナなど被災地方国では、中央政府を見限って独立の機運が高まり、時を同じくして東ドイツ崩壊を突破口に東欧社会主義圏全体がソ連体制を見限ることになり、雪崩のような国家崩壊が進行していった。
 この当時の東欧ソ連情勢は、まさに朝から晩までテレビに釘付けになるほど緊迫したもので、我々は、未来永劫続くかに見えた巨大軍事帝国の崩壊が、これほどあっけないものであったことに驚かされたとともに、わが日本、そして米国政権すら、ある日突如として崩壊する可能性を肌身で知ったのである。

 事故の凄まじい被害に恐れをなしたソ連政府は、莫大な補償を回避し、被害を隠蔽して責任を逃れる手段として、ソ連帝国の規模を縮小し、もはや統制のきかないウクライナとベラルーシをソ連邦から分離独立させることを考えた。
 これは、中央政府の息のかかった傀儡政権を樹立して、パイプラインなどの利権を保全したままウクライナ政府に事故処理義務を押しつけ、補償や被害を握りつぶす作戦であった。

 その後、ロシア体制になって、燃料や食料などのライフラインをロシアに制御されている弱点を突かれ、両国とも再びロシアによる傀儡官僚に支配されることになり、事実上、かつての官僚利権体制が復活しつつあるが、「チェルノブイリのくびき」を抱える両国が再びロシアに併合されることはないだろう。

 人類を数千回も滅ぼせる核兵器を保有する鉄の巨大帝国、ソ連という巨大組織がいとも容易に崩壊していった最大の理由は、チェルノブイリという人類史上希有の破局、国家存亡の危機に際して、官僚による利権の争奪戦場のようになっていた国家機構が、臨機応変に対応できる能力を失っていたということに尽きるだろう。

 クリミア・日露戦争の敗北によるロシア帝国の崩壊は、軍部を掌握していた特権階級が特権意識と利権要求を剥き出しにし、大衆の命を奴隷のように使い捨てにするだけで能力を失っていたことが民心の決定的な不信と離反を招き、政府を信頼する者がいなくなってしまったことが最大の原因だが、まったく同じことがソ連でも起きたのである。原発事故は数千万の命と巨大な資産を崩壊させる、まさに巨大戦争なのであって、民衆はソ連国家が自分たちを守らないで官僚利権だけを守る体質を思い知らされた。

 国民から信頼を失った政府は、存続することが不可能なのである。
 チェルノブイリ事故が巨大なソ連体制を崩壊させたことを書いている意図は、もちろん、この歴史的教訓を理解せぬまま、当時のソ連と同じ絶望的失態を繰り広げている日本政府の運命を説明するためのものである。

 フクイチ事故は、まさに巨大な戦争の勃発であった。これに対し、日本政府はソ連と同様の隠蔽、責任回避のみをもって対処してきた。国民の不安、不信に誠実に対応する姿勢は皆無であった。
 東日本震災とともに、放射能が降下した地域の住民は、明日が見えない状況のなかで、子供たちの未来に見え隠れする恐怖が消えないのに、政権は安全デマだけで事態を沈静化させようとしている。
 もはや、それをまともに信じる者もいない。今はインターネットによって自由に正しい情報を得ることのできる時代なのである。政府が、マスコミを利用し、権威者を総動員してウソにまみれた安全デマを垂れ流し続けても、人々は自分の運命にかかわる真実を知ってしまっている。

 フクイチ事故の経過を、我々は毎日、憤激と慟哭の思いで見つめ続けているわけだが、チェルノブイリ事故当時の報道を知っている者にとって、フクイチ事故の経過が、まるでコピーのように再現されていることで、日本政府の運命がソ連政府に重なって見える人が少なくないであろう。

 少なくとも、3月以降、現在に至るまで、日本国民の大半が民主党政権が決して国民を守らず、産業界と官僚機構だけを守っている現実を、これでもかと思い知らされてきた。
 少しでも現実に責任を負うことを知り、子供たちの快適な未来を用意してあげようと願う人たちにとって、もはや日本政府に期待するものは皆無といっていい。
 我々は、その崩壊と新しい革命的再編を願うしかない状況である。新しい救世主はどこにいるのかと・・・・

 日本政府は、子供たちの未来にとって決定的に有害無益であって、もはや国民にとって排除追放の対象でしかない。大勢の母親たちは、我が子を守るために政府を見限るしかない現実なのである。
 おそらく日本国民の8割以上が、今、そうした思いを噛みしめているであろう。したがって次の総選挙で民主党政権が歴史的瓦解を起こすのは確実だが、その代わりに国民にとって真の利益、子供たちの安全な未来を導く新しい政権の受け皿が存在しないことが歯がゆい状況だ。

 もう一度言う、原発事故は巨大な戦争勃発と同じ意味を持つ。フクイチ事故は太平洋戦争よりも桁違いに多い死者をもたらすだけでなく、資産破壊も比較にならないほど巨大だ。
 政府は、事故賠償と収束費用をわずか数兆円程度と見積もっているようだが、お笑いの超過小評価であって、そもそも日本に原発を導入した時点で、正力松太郎や中曽根康弘は、原発事故による損害額は国家予算を超えるとの認識があり、このため渋る電力会社を説得するため、事故時の賠償を国家が担保するという法律(原子力損害賠償法)を制定したのである。

 太平洋戦争では8000万人中約500万人が死亡したが、フクイチでは、今後30年間で、おそらく数千万人以上の死者が出るだろう。太平洋戦争では北方領土などの土地を含む日本固有資産の数割が破壊され消滅したが、フクイチ事故では、おそらく福島県だけでなく、東北・関東の大半を含む資産が消滅してしまうであろう。

 我々が見ている現実は、毎日、静かに進む戦争に負け続け、大本営発表のウソしか公表しない政府とマスコミの姿であり、権威を嵩に着てウソしか言わない学者たちの姿である。
 こんな日本政府、国家は間違いなく崩壊するしかない。救世主はどこにもいない。
 我々は、数年後に、ソ連崩壊と同様の、恐ろしいほどの無政府状況に置かれる運命が確実なのである。当分続くはずの地殻変動、地球環境崩壊がそれに追い打ちをかけるであろう。

 国家が崩壊するということは何を意味するのか?
 これも、我々はソ連崩壊の事例から学ぶ必要がある。ソ連では、崩壊後、何が起きたのか?
 伝えられている事実は少ないが、国家デフォルトを起こしたことにより、ルーブルの価値がおおむね200分の1に暴落したともいわれ、外国から食料を輸入することが不可能になった。都市生活者の多くが飢えて、餓死者が続出するようになった。

 しかし、幸いなことにソ連では市民農園(ダーチャ)というライフスタイルが定着していて、無償で土地を借りて農園別荘を持つ市民が8割に上り、その市民農園こそロシア生鮮食料供給の土台になっていたのである。
 これによって、通貨価値が崩壊した後も、ダーチャで生産された馬鈴薯が通貨の役目を果たし、市民が大規模に餓死する最悪の事態は避けられた。
 共産党体制は崩壊したが、市民の自給自足体制が整備されていたことにより、命と生活そのものが崩壊することは少なかった。おまけに、数年後、ロシアを窮地から救う石油や天然ガス資源の値上がりがあり、瀕死のロシアは蘇り始めることができた。

 だが日本ではどうだろう?
 日本の食料自給率は40%と試算されている。かつて自給自足の豊かな農業国だった日本は、輸出産業の利権を延ばすために、外国に対して農業関税を撤廃し、自動車・機械など輸出産業の利益のために国内農業を売り渡す犯罪的政策をとってきた。
 これによって国内農業者は経営圧迫を受け、大半の農業が経済的に成立しなくなってしまったことにより、食料自給自足体制を崩壊させてきた。

 おまけに現在、民主党政権はTPP条約により、国内農業を完全に二度と立ち直れないほど抹殺しようとしていて、すでに農業人口老齢化や若者が継承しないノウハウ消滅により、自給率は4割でなく一説によれば二割にも満たず、イラン米国戦争が始まり石油供給が絶たれるなら、機械化農業ができなくなるため自給率は1割以下に落ちるとされる。
 我々は食料の6割を輸入に依存させられてきた。TPP締結後は、それが1割となり、極悪農業独占のモンサントの支配する野菜しか買えなくなるわけだ。

 こんな状況下で、日本政府が崩壊し、無政府的状況で輸入食料、石油もなくなったとすれば、我々の生活はいったいどうなるのか?
 これを予測して、対策をたてることが至急の課題なのである。

copy from ( http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-44.html )  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年1月15日 05:21:39 : CmCYYkxLWY
「直接処分に言及 原子力委」
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2013/01/09/new1301091102.htm

ちなみにアメリカも直接処分の方針でいくそうだ。

ソ連崩壊後のロシア文学は面白い。
悪いことだらけでも、悪いことばかりじゃないという救いはありますな。


02. 2013年1月15日 07:15:07 : PKGkYtkLoA
海に捨て山に埋めて暫し忘れる。

03. 2013年1月15日 08:36:55 : UtHRFJ4DmI
日本に原発を導入した正力松太郎や中曽根康弘は、国を滅ぼして、どのように責任を取るのでしょうね?

責任は取らないで、あの世に行くつもりなのでしょうか?


04. 日高見連邦共和国 2013年1月15日 08:45:46 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A

お〜、東海アマ健在!!

05. 2013年1月15日 08:53:51 : 2wYuIrXkEA
-----官僚による利権の争奪戦場のようになっていた国家機構が、臨機応変に対応できる能力を失っていたということに尽きるだろう。

日本の長期低迷も官僚の利権あさりとそのための規制による。が、そこにメスをいれる気は
政治家にはない。安倍政権のインフレ政策で日本は瓦解するだろう。物価高騰で国民は安倍
政権を見限る。長期金利の上昇で財政はパンク状態になる。消費税のアップでそれに加える
大不況がくる。札を刷りまくれば悪循環がさらに増強されるだけだ。

まさに国家崩壊の事態となる。

-----このため渋る電力会社を説得するため、事故時の賠償を国家が担保するという法律(原子力損害賠償法)を制定したのである。

これは間違い。昨年の東京地裁の判決でも全く想定できない数十万年に一度の事態でもない
限り電力会社は責任を負わなくてはならない。

------通貨価値が崩壊した後も、ダーチャで生産された馬鈴薯が通貨の役目を果たし、市民が大規模に餓死する最悪の事態は避けられた。

大いに参考になる意見。工業製品の輸出が駄目になれば、あるいは安倍政権の失敗でも
国家崩壊の危機はある。その準備をしなくてはならないだろう。


06. 2013年1月15日 10:54:05 : tc9BlcZSeQ
昔は、平安末期には京の都は餓死者だらけだった。何度もくる危機だろうね。現在の問題はチェルのは事故ではなくてヤらせ臭いということ。自作自演のテロでソビエトを解体してイルミナ亭幹部ゴルバチョフは莫大な成功報酬をもらったらしいとネットにでてたよ。世界の災難を自作自演する世界権力が支配してるのが永遠の問題だ。永遠にショックドクトリンは起こされ人口は減らされる。ヤらせだからいくら防いでもダメよ。裏で陰謀を企んで蠢いてる馬鹿がいるのが問題だ。

07. 恵也 2013年1月15日 11:02:37 : cdRlA.6W79UEw : RMM0f7SGkk
>>01 数十万年に一度の事態でもない限り電力会社は責任を負わなくてはならない。

そういう事にして誤魔化したのじゃないの。
原発を導入する時には説得材料として「万一の事故の時には国が責任を持つ」
という法律を通したが、この事故が起きたものだから法律解釈で万一じゃない
10にひとつであり、国の責任とはいえない範囲の自己責任ということで騙す。

これを国の全責任としたら、国民の不満が暴発して政権が持たない。
この際は東電に悪者になってもらいスケープゴートとして切り捨てるわけだ。
しかし本当は税金をジャブジャブ供給してる(たしか3兆円くらい出してるはず)

また原発廃止が確定したら、原発設備や使用済み燃料がマイナスの財産として
計算され電力会社が潰れ、資金を出した銀行なども大損害が計上されてしまう。
背後に控えてる銀行、大企業への赤字の付けをなんとか最小限にするための判決。


08. 2013年1月15日 15:33:58 : vfLZZUKUiI
日本は当然なんだけど東京を中心とする首都圏に住む高所得者の生活形態を中心に議論されているね。

原発による食料への影響のない西日本の田園地帯では、農産物の肥料とかを考えれば別だけど地産地消で自給率100%にすることが可能ですよ。
太陽光を導入してEVにすれば不便はあるけど今の生活水準を維持することは贅沢しなければ難しくないよ。

終戦直後は高価な美術品を東北でお米と交換したわけだから首都圏は貨幣経済が衰退しインフレになれば苦しいですよね。

一番の問題は税金ですよ。公務員はなんら生産せず金が足りなければ何か理由をつけて増税するだけだから、そのうちインフラ整備税、地震対策税、福島原発復興税とかなんでもいいから金をとる方法を考えてるんじゃないかな。

国債の暴落とか財政危機とか、国家と言う集合体が倒産して何が困るのかを議論すべきで、国民のためのように言ってるけど一番困るのは公務員だってことがわかるはず。公務員なんて一般企業では役に立たない奴が多いしね。

年収300万ぐらいで質素に生活してる人はそれ以上何が困るんでしょう。


09. ふぁ 2013年1月15日 17:57:01 : DYS6tV87OClVk : nOToGS60UU
田舎の人達は、今のうちに猟銃とか、日本刀とかを確保しておいたほうがいいよ。
ついでに、地元消防団とか猟友会と連携して自警団を編成して、訓練したらいいよ。
いまの都会の人達は、戦前と違って、日本人の矜持なんて持ち合わせてないから、
その時が来たらば、都会の人達は簡単に暴徒化して略奪しに来るだろうからね。

10. 2013年1月15日 19:25:12 : CGK1QuuD2w
運命のいたずらか、国家の経済破綻寸前の時に、原発事故が起きたという点で、旧ソ連と日本はあまりにも似通っている。

ただし違うのは、今は「瞬時に多量の情報が拡散するインターネット社会」であることだ。

インターネットは一般庶民にとって、便利であるだけでなく、国家破産時には「命綱」となるであろう。


11. 2013年1月15日 20:02:05 : USwTIheyAw
1986年4月26日チェルノブイリが暴走し爆発します。しかし、住民には知らされず多くが被曝しました。
27日の午後に避難命令がでますが避難場所が遠くなかったので更に被曝します。
しかも、その後も汚染された農作物が全国に出荷されたことでさらに被害が拡大しました。
ゴルバチョフはこの知らせを国内からでなくスウェーデンから批判とともに知らされます。これがサハロフによるグラスノスチ(情報公開)の推進に繋がります。
さらにミスによる旅客機の墜落や黒海で客船が沈没するなどだらけきった悪弊が噴出します。

なんか福島原発の事故の情報伝達経緯や福島の汚染農産物拡散、さらに笹子トンネルに見られるインフラの限界等、今の日本にそっくりですね。

ゴルバチョフはフクシマの対応を誤れば旧ソ連の様になると話しましたが、何もしなかった民主に比べ、良いか悪いかは別にして急速に何かをしようとしている安倍君を応援するしかないと思ってるのは間違いでしょうか。


12. mainau 2013年1月15日 20:09:26 : GgaPs4QXWLwO2 : 3re7W7wnos
過去の歴史をふりかえることは重要。
チェルノブイリ事故後の国家の対応、経済的状況、人口動態、農業の様子、情報統制などを比較すると役に立つ。
ゴルバチョフは今の日本の対応が根本的にまちがっていることを、わかっているのだと思う。
警告は彼の本心から出ている。日本の国家の対応は、大惨事をさらに拡大しているだけであるのだから。

13. 2013年1月15日 20:47:26 : HQ0kcn8GY6
滅びゆくことがサダメなら、何をしても手遅れさ。
せいぜい、楽しもうぜ。小さなシアワセを。

14. 2013年1月15日 21:39:17 : UmTwbMkrX2
11さん、甘いな。→「何もしなかった民主に比べ、良いか悪いかは別にして急速に何かをしようとしている安倍君を応援するしかないと思ってるのは間違いでしょうか。」

民主はひどかったが、自民党はもっとひどい。原発推進してきた党じゃないか。
バラマキで刷りまくったお金が流れ込んだ株式市場で、国民に「景気がよくなった」と勘違いさせて参院選勝利。そして消費税上げ。原発再稼働。ハイパーインフレで給料は上がらないまま、物価高騰で生活は益々苦しくなる。

アメリカからは円安と引き換えに米債買わされ、オスプレイ・兵器買わされ、TPP参加で日本の農業壊滅し遺伝子組み換え食品買わされ、国民皆保険・医療崩壊、郵貯も外資にのっとられる。

その頃には福一の健康被害も顕在化し、人口は減り、借金だけが残り財政破綻。
本当に日本人も文化も滅亡させられる。

尤もその前に老朽化した原発が事故るか、大地震が来て事故ってるかもね。



15. 2013年1月15日 23:27:12 : gMYm1mftE2
妄想としておこう。

世界の終末を経験するために、己のめぐり合わせがあるような気がしてならない。
3.11以来、観察モードに入っている。
世界の終末は稀有な体験だ。
だれもが立ち会えるわけではない。

放射性物質は、これまで出会った最大の師である。
沢山、大事なことを教えてもらった。
新旧聖書が述べていたことは事実だった。
福島原発事故の危機は、これから来る、終わっていない。


16. taked4700 2013年1月15日 23:50:40 : 9XFNe/BiX575U : EBcl4T4IrM
多分、みなさん見方が甘い。

チェルノブイリ事故は人工地震によりソ連崩壊を目指して起こされた可能性が高い。事実、日本のバブル発生とその崩壊がソ連崩壊にシンクロしていて、日本からの資金がソ連崩壊を仕掛けた資金となっていた可能性が高い。

つまり、今のロシアやベラルーシ、ウクライナの姿はそういった線の延長上にある。

翻って日本はほぼ戦後一貫して原発増設のために社会が作られてきたと言っていい。つまり、日本の場合は地震によって原発事故が起こり、その結果、汚染された日本の国土に世界中の核廃棄物を埋めることができることを目的として国家が運営されてきたのだ。

そして、この観点から今の状況を見ると多分かなりきれいに説明がつく。

1.なぜやがて顕在化するはずの低線量被ばくが手当てされずに隠されているのか。
2.なぜ、地震当日や爆発前の被ばくがなかったものとされているのか。
3.景気浮揚が叫ばれ、なぜ脱原発の議論がどんどん下火になっていくのか。

これらの答えは、次の原発事故が近いということです。数年のうちに次の原発事故が起こり、それによりほぼ全国的な放射能汚染がかなりの深刻さで起こるということです。

単に人口減ではありません。


17. 2013年1月16日 07:53:54 : wR2rD3nD56
>>07
>>01 数十万年に一度の事態でもない限り電力会社は責任を負わなくてはならない。

>そういう事にして誤魔化したのじゃないの。

東京地裁の判決は法制定時の議事録を参考にした厳密なものです。

東電はなんとか責任を回避したいとおもってきた。だから私としては電力会社の
責任を免除しようとする人は東電の味方ではないかと疑います。恵也氏はそうで
ないとおもいたいですがね。


18. 2013年1月16日 08:02:27 : oAd3IRFy3g
16さん
事項当時に米原子力空母が2隻も日本に居たことで初めから米国民の避難を準備していたとかHAARPとか、チェルノも人為的ミスではなく直下型の地震があったことが研究が進み言われていますね。

大甘かもしれないけど、庶民は海外に避難できないし、天災は忘れた頃にやってくるって言うから、その意味ではもうちょっと時間はあるのかなとも思うけど、今を全力で生きていくしかないとないと思ってます。

ここの住人だから危険は理解してるつもりだし、考えてもしょうがないと言うのは失礼だと思うけど、今の社会で生きていくだけでも大変です。


19. 2013年1月16日 10:38:07 : FkjuY3EE3I
>>11 USwTIheyAw さん
>ゴルバチョフはフクシマの対応を誤れば旧ソ連の様になると話しましたが、
>何もしなかった民主に比べ、良いか悪いかは別にして急速に何かをしよう
>としている安倍君を応援するしかないと思ってるのは間違いでしょうか。


安倍よりは何もしない民主党の方がはるかにましでしょう。
安倍晋三は「古い原発を全部廃炉にして福島とは全然違う原発を新しく造る」といってますがとんでもないことですよ。

2006年7月25日スウェーデンのフォルスマルク1号で全電源を喪失する深刻な事故が起きた。

正に今回の福島原発事故と同じである。
福島原発事故の5年前にこの事故が起きているのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここからは
2006年10月 [編集]ウィキペディア参照

2006年10月27日、吉井は、当時の原子力安全委員会委員長の鈴木篤之に対して、大地震等で送電鉄塔が倒壊するなどして外部電源が得られない中で、ディーゼル発電機とバッテリーも働かなくなった場合、原子炉はどうなっていくと想定しているのか、また、この場合、冷却系が働かず、崩壊熱を除去できなくなるが、核燃料棒のバーンアウト(焼損)の問題についてどう想定し審査しているのかと質問した

2006年12月 [編集]

2006年12月13日、「巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書」を提出し、原発の安全対策について当時の安倍内閣に見解をただした。

この主意書における質問は、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって福島第一原子力発電所が被った危機的状況を的確に予見したものであった。例えば以下のような質問をしている。
「原発からの高圧送電鉄塔が倒壊すると、原発の負荷電力ゼロになって原子炉停止(スクラムがかかる)だけでなく、停止した原発の機器冷却系を作動させるための外部電源が得られなくなるのではないか。」(質問1-1)
「大規模地震によって原発が停止した場合、崩壊熱除去のために機器冷却系が働かなくてはならない。津波の引き波で水位が下がるけれども一応冷却水が得られる水位は確保できたとしても、地震で送電鉄塔の倒壊や折損事故で外部電源が得られない状態が生まれ、内部電源もフォルスマルク原子力発電所のようにディーゼル発電機もバッテリーも働かなくなった時、機器冷却系は働かないことになる。この場合、原子炉はどういうことになっていくか。原子力安全委員会では、こうした場合の安全性について、日本の総ての原発一つ一つについて検討を行ってきているか。また原子力・安全保安院では、こうした問題について、一つ一つの原発についてどういう調査を行ってきているか。」(質問1-6)
「停止した後の原発では崩壊熱を除去出来なかったら、核燃料棒は焼損(バーン・アウト)するのではないのか。その場合の原発事故がどのような規模の事故になるのかについて、どういう評価を行っているか。」(質問1-7)

これらの質問に対する政府答弁はおざなりであり、対策を約束しながらも、実際には何もなされなかった。それが悲劇的事故を回避できなかった原因として指摘されている。

2010年4月 [編集]

吉井は2010年4月9日にも衆議院経済産業委員会で、「老朽化原発に巨大地震が重なったときに、(中略)大変な事態になる」と訴えたが、当時の経済産業大臣の直嶋正行(民主党)は、「安全第一の上でこれ(原子力発電)は推進をするというのが基本方針」と答弁した。

ウィキペディア参照終わり
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

然るに安倍晋三は古い原発を廃炉にし、今度は福島とは全然違う安心安全な原発を造ると言っているが、どういう原発なら安心安全な原発なのか?

ガス冷却高速炉だろうとなんだろうと、原発事故はいつか必ず起こる。
電気の不足なんか無い今、どうして原発でなければならないのか?!
事故は想定外でも起ると分かったいるくせに。
想定出来ないから想定外なんだろ!
電源喪失時でも対応できるとしても人的ミスならどんな事故でも起こり得る。
原発はひとたび事故が起きれば国が傾くほどの被害が出る。
たとえ50年に一回でも100年に一回でも1000年に一回でも事故が起きた時、人が修理に入れないということが問題なのです。

修理出来ると言うなら安倍総理!自分で福島の炉の中に入って修理してきて下さいよ!
原発の中の作業員は素人だって聞きますよ。
あなたなら出来ます、日本一頭の良い総理大臣なのですから!
安倍晋三様、お願いですから放射能を出しまくっているあのメルトダウンして地中深く落ちてしまった燃料をつかみ出して下さいよ



20. taked4700 2013年1月16日 16:37:27 : 9XFNe/BiX575U : 8arqT9gJEY
>>18

>事項当時に米原子力空母が2隻も日本に居たことで初めから米国民の避難を準備していたとかHAARPとか

人工地震は少なくとも311の地震についてはあり得ません。あんな大きな地震、それも海底のかなり深いところの地震なんてとても今の技術では無理です。更に、あの地震が起こったおかげで、日本は原発を止めるという選択をしそうになっている。これはアメリカにとっては一番困ること。

技術的にも、タイミング的にも、動機の意味から見ても、311が人工的なものと言うことは100%ありえません。


21. 2013年1月16日 17:01:15 : 8bGgmg6PnI
「フクイチでは、今後30年間で、おそらく数千万人以上の死者が出るだろう。」


何をいってるんだこいつはw
だいたいチェルノブイリの症状のほとんどは「ストレス」が原因だ
被爆じゃなくてな

なぜそんな話になっているかというと
欧州の反原発団体の資料・話をそのまま使ってるからだ
最初からバイアスがかかってるのさ

この点にかんしては副島隆彦の方が正しい
「原子力なんて実はそんなに大した害は無い」のである

しかし「ある」と思わせるところに核世界のバランスが成り立っているのでおおっぴらに否定できないだけだ。


22. 2013年1月16日 20:36:59 : NfHqvMXHrc
>21 君はどこの、工作員かね? 担当部署は?


23. 2013年1月16日 22:14:23 : 7UzM3DLtfg
荒唐無稽な事を、遠慮もなしに堂々とのたまうのがネット工作の王道

24. 2013年1月16日 23:58:11 : eJFrJkVOpE
副島隆彦ってさ、たしか2010年にオバマが暗殺されて、ヒラリー・クリントンが大統領になる、「100%確実だ」って予測してた人だよね(笑)

25. 2013年1月17日 04:04:11 : ExMVQrn3dQ
21、

馬鹿っているのねー。ズバリ、憲法全文を読んだことのない(理解できないのではなく、単に読んでないのが重要)日大法学部出身の方でしょう。かわいそ、馬鹿で。


26. 2013年1月17日 05:19:27 : ZvcGS9qUik
>もう一度言う、原発事故は巨大な戦争勃発と同じ意味を持つ。フクイチ事故は太平洋戦争よりも桁違いに多い死者をもたらすだけでなく、資産破壊も比較にならないほど巨大だ。

今度の選挙で、自公が改憲法できるだけの議席を取った、と言うか取らされた意味が分かった。
誰かが述べられていたが、改憲で日中戦争→国民皆兵→赤紙で召集し福島鎮圧人介作戦・・というシナリオではないか?

日本の富は日本のために使うべき。
民主が5〜60兆IMF?に出した。今度はアベが50兆出す?冗談じゃない。
どうしても出さなければならないのなら、中国がしたように米国の物を買え!
土地でも株でも兵器でも何でも良い。
売ることを禁じられている印刷物など買うな!

子供を戦地=福島に遣りたくは無い。
50兆出すなら、その金で放射能の無力化、各家庭に十分な太陽光発電などの設備を設置させる、逆浸透膜の浄水設備をあちこちに設置する、放射能を遮断する屋根・外壁・ガラスなど開発する・・・色々な事ができる。

TPP参加は、アメリカの法律・議会に日本が組み込まれると言うこと。
アメリカが闘えと言えば闘わなくてはならなくなる。
オバマは反日にに舵を切った、というか日本からカツアゲしようとしている。

子供を戦争に行かせたり、福島に行かせたりしたくないなら政権に暴走を許してはならない。


27. 2013年1月17日 06:30:23 : FCwwSxgiGA
原発にたいしては問題のある意見が多いブロゴスだが、LNGの輸入について的確な
記事があった。

原発停止でLNGの輸入が増えて貿易赤字を増やしているとマスコミでいわれる。
ところが事実としては輸入量はわずかに増えただけなのだ。

ここからは私の推定。
阿呆な値段で日本はLNGを買っているといわれる。それでも増加額は年2000
から3000億円といったところだろう。これが脱原発の費用ともいえる。事故
ですでに数兆の金がでている。最終的には100兆かかるともいわれる。

原子力の研究費用が年4500億、原発立地自治体への補助金も大きい。さらに
テロ対策にも莫大な費用がかかっている。廃炉、使用済み燃料の保管費用も電気
代でとられてきた分ではおさまらないだろう。

原子力で得られる経済的利益は微々たるものであるのに、コストは異様におおきい。


28. 2013年1月17日 09:48:42 : 4TPyDkfq7o
安倍売国政権は、これらを見越して、ちゃくちゃくと中国との限定戦争の準備を進めている。イギリスがやったフォークランド戦争程度の規模を考えているはず。戦端から数ヶ月で収束するようにして、その間に憲法その他の法律を変えて、徹底した統制政治にするだろう。

おそらく中国とも、話は付いている。仲介にはいるのはアメリカとロシアか。

憲法改正で、9条削除、人権はなくなる。愛国者法が施行される。

日本は真っ暗闇の世界に突入した。


29. 2013年1月17日 13:46:25 : 7QNEsHlAaY
>>28
そういう方向へ進む可能性は高いが、
陰謀は常に企まれるが、その通りに行く事は無いだろう。

大崩壊または破滅への道につながっているだろう。


30. 2013年1月17日 22:30:04 : CvQdXOJnNs
タイムトラベラーのタイターの日本地図というのがあって、未来の日本が3つに
分裂しているんだけど、原典がはっきりしてないのでその地図は捏造ではないか
とも言われてて、自分もその捏造説に説得力を感じるのだが、
ただ原発事故後に分裂というのはソ連の例を考えると補償の切り捨てのために
企てられて、本当にタイターの地図のように分裂してしまうという可能性はあるよね。

31. 2013年1月18日 11:30:10 : ILiTPGkN7Y
原発推進の評論家(大前など)が「事故による放射能の影響について冷静に判断するべきだ」などと、やっきになって「安全性」を強調している。連中は将来、どのような悲惨な事態が起ころうとも、その時には「この世にはいない」のだから無責任な発言を繰り返えすことができる。
しかし、今や、そんな発言を信じる「素人」はいない。
チェルノブイリの現実を見よ!
「理論」より、現実が実証しているのだ!

32. 2013年1月21日 20:17:51 : 7QNEsHlAaY
「事故による放射能の影響について冷静に判断するべきだ」
それをやったら、日本沈没みたくしなきゃならなくなるんだがな、
関東以東を放棄とかしゃれにならんな。


33. 2016年5月03日 13:54:21 : wzq6XqS3Ss : bU1u5QftYks[6]
54. 空虚[352] i_OLlQ 2016年4月30日 08:19:30 : IkEKTGMsOc : rgQc8bvmtAI[1]

▲△▽▼
>>52 >>53 様 情報提供感謝いたします。

○科学物質問題市民市民研究会
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/

○福島エートス 参考資料リンク集
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nuclear/Fukushima_ethos.html

反原発を自称する人は、必見ですね。

福島第一の原発事故・放射線汚染を隠蔽しつつ、住民の健康被害を

調査・研究するという国策が粛々と実行されている!

更に、、<放射線健康被害の心配はない>という結論へ誘導するための

あらゆる広報活動が展開中。

公共性のある報道機関は、一切この件について報道せず、且つ議論すらしない。

ママが死んじゃう異色の絵本「ママがおばけになっちゃった! 」が大ヒット中
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/602.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2016 年 5 月 01 日 16:34:12: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag


福島第1原発の放出セシウム一部が日本海域に環流(共同)最低の鹿児島県奄美大島付近でも1・39ベクレルを検出 海全体が汚染
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/611.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2016 年 5 月 02 日 22:27:16: KqrEdYmDwf7cM gsSC8YKzgqKBaYKigWo


3号機水素爆発発表が根拠無い口裏合せとバレても、確認作業しないまま口裏合せ内容を真実として扱い続けてる。
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/678.html
投稿者 命を大切に思う者 日時 2016 年 1 月 11 日 22:48:30: 3.LyAsjgHYOKs lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g


ウクライナでは事故で原発を停止させた。その結果、製鉄や造船の産業が停止。多くの人たちが働く場を失い、何万人もの人が餓死や
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/607.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2016 年 5 月 02 日 06:03:12: 8rnauVNerwl2s ie@I9ZTUjYY0MTUzlNQ


コラム:次は意図的な「チェルノブイリ」発生か
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/597.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 4 月 30 日 15:07:17: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q


放射性廃棄物 新ルール決定 濃度下がれば一般ごみ (東京新聞)
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/588.html


59. 2016年4月30日 19:20:48 : 5jcicNH08c : Km4AgCVfYPk[10]

▲△▽▼
>>58
日本国民のかたたち、自主的に判断してください
自ら放射能のことを詳しく学び、内部被曝しないように、自主的に対応してください

そして、決して被曝由来の心臓系病気や突然死、甲状腺被曝や甲状腺がんが、
放射能汚染によるものだと決め付けはしないでください

水俣病による国民の被害が国の責任と認められるまでに、長い期間がかかったように、
放射能被曝由来によるさまざまな突然死や甲状腺障害や甲状腺がんを、単純に放射能
が原因だと、現在の時点で決め付けてかからないでください

放射能とさまざまな病気は、因果関係が証明されていないのです、時間がかかります
放射能汚染地域を復活させるために、復興させるために、現地に留まる方達
そのためにも、放射能と長くつきあっていく方策を自ら身につけてください

元気に放射能汚染と長く付き合っていく、なるべく被曝を最小限にとどめる
ために、ストレスを溜め込まないようにしてください

チェルノブイリで報告されているとおり、放射能からの直接被曝によるよりも
そうした放射能汚染の実態や身体への影響を心配したり、被災地域から慣れない
土地へ避難移住したりして生じるストレスによって、病気になったり早死にしたりする
ひとびとが大勢発生しましたので、どうか放射能汚染のことついては、深く事実を詮索
しないようにしてください

国が放射能汚染地域の住民の避難や、経済的保障を面倒見る経済的損失は
計り知れないものがありますし、原子力政策推進の何より妨げになりますので
放射能汚染地域にとどまり、復興を目指してください

そのための健康維持のために、放射能に対する知識を自主的に学んでください

そういった原子力政策維持推進に有用な、活動については財団が費用を提供
し、学者やボランティア組織が積極的に地元の住民に寄り添い指導していきます

自主的に放射能汚染数値と身体の調子を詳しく、ノートにひかえてください
その情報が将来の原子力政策に大変役立つのです

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧