★阿修羅♪ > 原発・フッ素45 > 597.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
コラム:次は意図的な「チェルノブイリ」発生か
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/597.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 4 月 30 日 15:07:17: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

http://jp.reuters.com/article/ramberg-chernobyl-idJPKCN0XR01B?sp=true Column | 2016年 04月 30日 11:11 JST コラム:次は意図的な「チェルノブイリ」発生か

[26日 ロイター] - チェルノブイリ原発事故からちょうど3 0年が経過するなか、原子炉がテロの標的になるのではないかという不安が高まっている。

3月に発生した過激派組織「イスラム国」によるブ リュッセル攻撃では、深刻な懸念が生じた。実行犯たちが核関連施設への攻撃を検討していたことを 示す証拠もある。同組織がベルギー原子力当局の責任者を監視しており、原発の元従業員2人がイス ラム国に身を投じたという報道もある。

ベルギー当局が原 発警備のために軍を急派した理由も、これで説明できそうだ。

この恐怖は、原電がテロリストも利用できる放射性物質の宝庫である ことを思い出させる。原発を破壊すれば、テロ攻撃としては最高の成果を挙げられるだろう。放射性 物質は国境を越えて拡散する。多くの人々の生命を脅かし、チェルノブイリや福島での爆発のように 、経済・環境に大惨事をもたらす。

西側諸国をはじめとす る地域は、このリスクにどう取り組むべきだろうか。これほど深刻な危険性が残っているのだとすれ ば、なぜ国際社会は強制的な警備基準を課さないのだろうか。

実は、米政府はそうした基準の策定を試みたことがある。1946年 6月14日、米国は国連に「バルーク・プラン」を提案した。これは、「世界の安全保障にとって潜 在的な危険を有するすべての原子力関連活動に関する管理権または所有権」と、「その他すべての原 子力関連活動に対する規制・検査・認可権限」を有するような国際原子力開発機関の設置を求めるも のだった。

冷戦期の政治に邪魔されなければ、今日の原子 炉はより安全・安心なものになっていた可能性がある。だがその代わりに今、国際社会は各国が場当 たり的な原子力規制を実施する状況に直面している。結果として、テロリストから見れば核というパ ンドラの箱は開きっぱなしになっているのだ。

適切な訓練 と装備を与えられた十分な人数の武装警備員、重要部分を守る物理的な防壁、検知・警告・通報シス テム、テロリストや犯罪者の浸透を防ぐための発電所従業員全員に対する慎重な身元調査、その他諸 々の厳格な保安基準を導入するコストは、意図的なものであれ事故であれ、再びチェルノブイリや福 島のような事態を回避するためであれば安いものである。

だが、惰性というものを考えれば、我々が行動を起こすためには、意図的なチェルノブイリの再発を 待たなければならないのかもしれない。原発に批判的な人々が数十年にわたって「原子炉はテロの格 好の標的になる」と懸念しているにもかかわらず、十分な防護措置が取られていないことを考えてみ ればいい。

批判派は、先進的な携行兵器、携行式ロケ ット弾、自動車爆弾、船舶又は航空機を使ったテロ攻撃により、原子炉の格納容器が破壊される可能 性があると主張している。また、発電所の重要なライフラインが内部潜入者によって破壊され、コア 部分から致死レベルの放射性物質が放出されるという警告もある。

だが、これまでのところ深刻な攻撃が起きていないだけに、油断が生 じている。ベルギーでは、昨年のパリ同時攻撃の発生後、ようやく原発に武装警備員が配置された。 原子炉を保有する国は他にも30カ国あるが、同じくらい無頓着な国はいくつあるだろうか。

こうした油断が厄介な問題であることはすでに暴露されて いる。2012年、環境保護団体グリーンピースの活動家がスウェーデンの核施設に侵入した。彼ら は2基の原子炉を囲むフェンスを乗り越え、メンバーのうち4人が原子炉1基の屋根に一晩中隠れて いた。2014年には別のグリーンピース活動家のグループが、ドイツ国境に近いフランスの原子力 発電所に侵入し、原子炉の建屋に大きな横断幕を掲げた。

こうした大胆な行為は、この2カ国の、そして恐らく他の多くの国における原子力発電所の警備体制 に深刻な欠陥があることを証明している。

国際原子力機関(IAEA)、世界原子 力発電事業者協会(WANO)、そして欧州連合は、いずれもガイドラインを提示して原子炉の危機 管理・安全確保を推進している。こうした機関では、立地国の要請に応じて調査チームを派遣し、原 発保安体制の評価を行っているが、各国に保安慣行の変更を強要することはできない。

一般的に、こうした油断や過信といった意識のあり方は容易に変化し ない。変化させるには、仮定の話ではなく、実際の事件が必要だ。

たとえば米国では、1993年のニューヨークのワールド・トレード ・センタービルにおける爆発物を積んだトラックによる攻撃を契機として、原子炉を自動車爆弾テロ から防護するために、より厳しい基準を策定しようという動きが始まった。

その後2011年9月11日の同時多発攻撃を機に、米原子力規制委 員会は地上からの攻撃に対する防護を強化した。委員たちは、空港での保安体制が強化されることで 、原子炉に対する「9.11」式の空からの攻撃は防げると考えたためである。

だが、究極の保安基準を適用していると自 称する米国においてさえ、攻撃のシミュレーションによって、原子炉防護の欠陥が繰り返し発見され ている。

油断している各国の危機管理文化が劇的に変わる とすれば、それは人為的な「チェルノブイリ」級の事件が起きるときだけだ、とわれわれは想定して おくべきなのだ。国際的なグループが権限を得たとして、この問題に対処するための計画として考え られるものを挙げておこう。

こうした計画では、世界中の 原発に関する義務的な保安・安全要件を定め、IAEAもしくは他の操業認可を与える権限を持つ機 関がこれを主管する。もし、認可された原発の保安体制が不十分であることが判明した場合には、事 業者が必要な改善措置を完了するまで、認可を一時停止する。

残念なことに、こうした予防的な行動を引き起こすためには、我々は 意図的な「チェルノブイリ」がまず発生することを待たなければならないかもしれない。

*筆者はジョージ・H・W・ブッシュ政権において、政軍関係担当局 の政策アナリストを務めた。著書に「Nuclear Power Plants as Weapons for the Enemy(原題)」が ある。

*本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれて います。(翻訳:エァクレーレン)

カメラマン
Stringer .
場所
CHERNOBYL, Ukraine

An aerial view of the Chernobyl Nuclear Power Plant in Ukraine with an arrow pointing to the location of the explosion. On the morning of April 26, 1986, no one could yet tell that a meltdown in reactor 4 of the nuclear plant in then-Soviet Ukraine was poisoning the air with so much deadly radioactivity that it would become the world's worst nuclear accident. REUTERS/File

An aerial view of the Chernobyl Nuclear Power Plant in Ukraine with an arrow pointing to the location of the explosion. On the morning of April 26, 1986, no one could yet tell that a meltdown in reactor 4 of the nuclear plant in then-Soviet Ukraine was poisoning the air with so much deadly radioactivity that it would become the world's worst nuclear accident. REUTERS/File
Close
1 / 20
カメラマン
Itar Tass
場所
CHERNOBYL, Ukraine

A helicopter sprays a decontaminating substance over the region surrounding the Chernobyl nuclear power plant. The accident killed 31 right away and forced tens of thousands to flee. The final death toll of those killed by radiation-related illnesses such as cancer is subject to debate. REUTERS/Tass

A helicopter sprays a decontaminating substance over the region surrounding the Chernobyl nuclear power plant. The accident killed 31 right away and forced tens of thousands to flee. The final death toll of those killed by radiation-related illnesses such as cancer is subject to debate. REUTERS/Tass
Close
2 / 20
カメラマン
Itar Tass
場所
CHERNOBYL, Ukraine

A traffic policeman checks vehicles entering the restricted zone surrounding the Chernobyl nuclear station. Mikhail Gorbachev has since said he considered Chernobyl one of the main nails in the coffin of the Soviet Union which eventually collapsed in 1991. REUTERS/File

A traffic policeman checks vehicles entering the restricted zone surrounding the Chernobyl nuclear station. Mikhail Gorbachev has since said he considered Chernobyl one of the main nails in the coffin of the Soviet Union which eventually collapsed in 1991. REUTERS/File
Close
3 / 20
カメラマン
Reuters Staff
場所
WARSAW, Poland

A child drinks an anti-radiation iodine solution in a Warsaw clinic following the Chernobyl disaster. A Greenpeace report ahead of the 30th anniversary cites a Belarusian study estimating the total cancer deaths from the disaster at 115,000, in contrast to the World Health Organisation's estimate of 9,000. REUTERS/File

A child drinks an anti-radiation iodine solution in a Warsaw clinic following the Chernobyl disaster. A Greenpeace report ahead of the 30th anniversary cites a Belarusian study estimating the total cancer deaths from the disaster at 115,000, in contrast to the World Health Organisation's estimate of 9,000. REUTERS/File
Close
4 / 20
カメラマン
Stringer .
場所
CHERNOBYL, Russian Federation

An aerial view of the Chernobyl nuclear power plant still smoking shortly after the explosion of its fourth reactor. In particular, "the 30 km exclusion zone around the Chernobyl reactor remains highly contaminated and unsuitable to live in," it said. REUTERS/File

An aerial view of the Chernobyl nuclear power plant still smoking shortly after the explosion of its fourth reactor. In particular, "the 30 km exclusion zone around the Chernobyl reactor remains highly contaminated and unsuitable to live in," it said. REUTERS/File
Close
5 / 20
カメラマン
Stringer .
場所
CHERNOBYL, Russian Federation

A Ukrainian policeman decontaminates a bus used to carry workers who built a sarcophagus around the fourth reactor of the Chernobyl nuclear station. REUTERS/File

A Ukrainian policeman decontaminates a bus used to carry workers who built a sarcophagus around the fourth reactor of the Chernobyl nuclear station. REUTERS/File
Close
6 / 20
カメラマン
Stringer Russia
場所
CHERNOBYL, Russian Federation

The Chernobyl nuclear power plant after the explosion of its fourth reactor. REUTERS/Vladimir Repik

The Chernobyl nuclear power plant after the explosion of its fourth reactor. REUTERS/Vladimir Repik
Close
7 / 20
カメラマン
Stringer .
場所
CHERNOBYL, UKRAINE

An aerial view of the fourth reactor of the Chernobyl nuclear power plant after its explosion. REUTERS/File

An aerial view of the fourth reactor of the Chernobyl nuclear power plant after its explosion. REUTERS/File
Close
8 / 20
カメラマン
Stringer .
場所
CHERNOBYL, Russian Federation

A helicopter drops concrete onto the fourth reactor of the Chernobyl nuclear power after its explosion. REUTERS/File

A helicopter drops concrete onto the fourth reactor of the Chernobyl nuclear power after its explosion. REUTERS/File
Close
9 / 20
カメラマン
Stringer Russia
場所
POLESSKOE, Russian Federation

A wedding party crosses a street weeks after the Chernobyl nuclear disaster in the settlement of Polesskoe, near Chernobyl. REUTERS/Vladimir Repik

A wedding party crosses a street weeks after the Chernobyl nuclear disaster in the settlement of Polesskoe, near Chernobyl. REUTERS/Vladimir Repik
Close
10 / 20
カメラマン
Itar Tass
場所
MOSCOW, RUSSIA

Major Leonid Telyatnikov, one of the first firefighters at the Chernobyl nuclear power plant disaster and head of the Chernobyl fire brigade, hugs his wife Larisa in the hospital grounds where he is being treated for exposure to radiation. REUTERS/File

Major Leonid Telyatnikov, one of the first firefighters at the Chernobyl nuclear power plant disaster and head of the Chernobyl fire brigade, hugs his wife Larisa in the hospital grounds where he is being treated for exposure to radiation. REUTERS/File
Close
11 / 20
カメラマン
Stringer .
場所
Munich, Germany

Representatives measure the level of radioactivity on the Koenigsplatz in Munich to combat radiation fears following the Chernobyl disaster. REUTERS/Claus Hampel

Representatives measure the level of radioactivity on the Koenigsplatz in Munich to combat radiation fears following the Chernobyl disaster. REUTERS/Claus Hampel
Close
12 / 20
カメラマン
Itar Tass
場所
CHERNOBYL, UKRAINE

A worker at the Chernobyl nuclear power plant checks the radiation level in the engine room of the first and second power units. REUTERS/File

A worker at the Chernobyl nuclear power plant checks the radiation level in the engine room of the first and second power units. REUTERS/File
Close
13 / 20
カメラマン
Stringer .
場所
CHERNOBYL, Ukraine

The building of the sarcophagus around the fourth reactor of the Chernobyl nuclear power plant after its explosion. REUTERS/File

The building of the sarcophagus around the fourth reactor of the Chernobyl nuclear power plant after its explosion. REUTERS/File
Close
14 / 20
カメラマン
Itar Tass
場所
CHERNOBYL, UKRAINE

The number four reactor at the Chernobyl nuclear plant after completion of the work to entomb it in concrete. REUTERS/File

The number four reactor at the Chernobyl nuclear plant after completion of the work to entomb it in concrete. REUTERS/File
Close
15 / 20
カメラマン
Stringer .
場所
CHERNOBYL, Russian Federation

Workers enter the Chernobyl nuclear power plant weeks after the 1986 explosion in its fourth reactor. The sign reads: 'Comrades, we guarantee the launch of the first and second bloc by October 1986', referring to the first and second reactor that were switched off after the accident. REUTERS/File

Workers enter the Chernobyl nuclear power plant weeks after the 1986 explosion in its fourth reactor. The sign reads: 'Comrades, we guarantee the launch of the first and second bloc by October 1986', referring to the first and second reactor that were switched off after the accident. REUTERS/File
Close
16 / 20
カメラマン
Stringer .
場所
CHERNOBYL, Ukraine

A technician monitors nuclear reactor number 3 in a control room of the Chernobyl power plant. REUTERS/File

A technician monitors nuclear reactor number 3 in a control room of the Chernobyl power plant. REUTERS/File
Close
17 / 20
カメラマン
Itar Tass
場所
CHERNOBYL, Ukraine

Evacuees from the Chernobyl region's collective farms walk through the streets of a newly built village in Makarovsky district near Kiev. REUTERS/Tass

Evacuees from the Chernobyl region's collective farms walk through the streets of a newly built village in Makarovsky district near Kiev. REUTERS/Tass
Close
18 / 20
カメラマン
Stringer .
場所
Chernobyl, Ukraine

Alexander Kovalenko, the former Information Chief of the Chernobyl clean up, holds a radiation meter showing a level of 2.3 milliRoentgens (hundreds of thousands of times less than in the first days after the accident). In the background are the third and the adjoining damaged fourth reactor now entombed in concrete. Photo is undated. REUTERS/Meg Bortin

Alexander Kovalenko, the former Information Chief of the Chernobyl clean up, holds a radiation meter showing a level of 2.3 milliRoentgens (hundreds of thousands of times less than in the first days after the accident). In the background are the third and the adjoining damaged fourth reactor now entombed in concrete. Photo is undated. REUTERS/Meg Bortin
Close
19 / 20
カメラマン
Stringer .
場所
Chernobyl, Ukraine

A view of the Chernobyl nuclear plant, with reactor no. 4 in the foreground. REUTERS/Dominique Dubouble

A view of the Chernobyl nuclear plant, with reactor no. 4 in the foreground. REUTERS/Dominique Dubouble
Close
20 / 20
http://jp.reuters.com/news/picture?articleId=JPRTX2BMDJ&slideId=1134459055   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月30日 21:15:05 : fwoCXfjHRQ : xree379ruJw[8]
米国やEUの1%と中近東の傀儡(サウジ、カタール、トルコ、パキスタンなど)の協力によって、テロ組織「イスラム国」が作られた。

傀儡国においては、傀儡政権に対する民衆の不満を吸収し、政権の安定化をはかると共に、不満分子をジハード戦士として、1%に従わない外国に送り込み、その不満のはけ口をはかる。

ジハード戦士は、1%の欲望の玩具となる。

同じように、米国やEUの被抑圧民衆においても、上述のメカニズムは働いている。

西洋社会に対する憎悪をかき立て、内政的には、分断して統治するための先兵として使われる。

シリア難民問題は、EUの1%が、テロリストを潜り込ませるために、意図的に企てたことで、99%に対する宣戦布告である。

99%同士を争わせて、1%が支配利権の安定化をはかることは、常套手段だ。

原発テロは、現在のところ1%が99%に仕掛けた脅迫、心理戦争の一環であるけれど、1%の支配が危機に瀕した場合、テロは実行されて、社会的混乱を引き起こし、1%が支配の延命をはかる可能性はゼロではない。

バルーク・プランに対する、夜郎自大的な自画自賛には反吐が出る。

バルーク・プランの本来の目的は、その後の核不拡散条約と同じように、米国の支配、さらに、その米国を通して1%の支配を確立することであった。

ソ連は、バルーク・プランの「原子力エネルギー委員会」が、安全保障理事会に所属して、拒否権が可能であることを、米国に逆に提案したけれど、米国が拒否したので、バルーク・プランは、ついに陽の目を見ることがなかった。

米国のバルーク・プランでは、「原子力エネルギー委員会」は、多数決で、物事が決められ、当時、少数派であったソ連は、拒否権が使うことができず、国益が損なわれることが必定であった。

スリーマイル原発は、加圧水型で、福島第一原発は、沸騰水型である。

どちらも、欠点が指摘されていた。

ソ連が開発したチェルノブイリ原発も安全とは、ほど遠かった。

現在、フィンランドで建設中の、第三世代の原子炉も安全性の問題が起きて、完成は伸び伸びになっている。

「原子力エネルギー委員会」があったとしても、原発の過酷事故が防げたとは、とても思えない。

核兵器全面廃棄は、意志さえあれば、実現可能だ。

先ず、手始めに、核保有国は、非核国に対して、核兵器を使った攻撃を仕掛けないことを保証する。

それから国際機関の管理の下に、核兵器を完全廃棄に持って行く。

原発についても、全面廃炉の方向で、強い権限を有する国際機関の査察管理の下で、危険な原発から廃炉に持って行くことは可能だ。

さて、1%は、自分を超えた存在がある可能性に思いを至らせないのか?

ガイアは、地球上から、人類を滅ぼそうとしてないか?

1%は、飽くなき己が欲望が、人類滅亡のために、ガイアが利用しているとは思わないか?

悍ましい、ヒラリー・クリントン大統領候補の姿は、インドの黒い母、破壊神カーリーを髣髴とさせる。

もしかしたら、彼女は核戦争を始めることになるかもしれない。


2. 2016年5月01日 17:10:43 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[740]
大きな画像をいくつも貼り付けるのは見にくいのでやめてほしい。
写真の説明もきちんと日本語に訳すべきだ。

読む人のことをもっと考えてほしい。


3. 2016年5月01日 22:55:40 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[635]
原発にミサイルを撃ちこんでも核爆発はしないが
放射性物質が飛び散れば、その地域の者は職場、工場を放置して逃げるわけだから
戦略的には核爆弾と同等だろう
ならば核ミサイルを打ち込む必要はなく、攻撃したい地域に原発を作らせればいいわけだ
朝敵会津が憎いと天皇が思えば、福島に原発を作っておくという感じだな

4. 2016年5月01日 23:45:23 : bkTIDlz0eY : JTN7CNZoyO8[69]
>傀儡国においては、傀儡政権に対する民衆の不満を吸収し、政権の安定化をはかると共に、
>不満分子をジハード戦士として、1%に従わない外国に送り込み、その不満のはけ口をはかる。

<<まったくです。

>>ヒラリー・クリントン大統領候補の姿は、インドの黒い母、破壊神カーリーを髣髴とさせる。
>>もしかしたら、彼女は核戦争を始めることになるかもしれない。

<<オバマはすでに、汚い爆弾=小さな核兵器 をISに使用させている。
  1%金融屋の手先ですから。

  裏で、小さな核兵器量産に踏み切ってるオバマが、広島に来て、偽善、ノーベル平和賞狙い。

  核弾頭を取り外しても、核が削減されてなく、すぐ取り付け可能。
  魔法で消せるなら、オバマが福島に行って、呪文でも説いてくれ。

=====

>>フィンランドで建設中の、第三世代の原子炉も安全性の問題が起きて、
<<だから、1兆円をゆうに超えてしまって、大赤字。

  大間の原発は、安全対策を手抜きして、6,000億円ほどで完成させた。おもちゃ。

 =====

    海外に越後屋ODAを70兆円ばら撒いて、国内の原発はケチって不良品。

         三菱の燃費詐欺の比じゃない、殺人鬼の手抜き原発。

 =====

  ◆:青森沖トラフが、確立90%でヤバヤバなのに、六ヶ所も手抜きのおもちゃ。

     青森の半分が大熊町になっちゃうんかなぁ・・・・水が抜けたら即アウト。

       大陸棚に青森県と同じ大きさの巨大活断層が走ってるので、最大M8.5〜9が予想

        桜祭りだ、ねぶただと、脳みそが<腐った鰯>で、ほとんど県民は知らないなぁ。

 ・・・


5. 2016年5月02日 00:40:46 : fFg6BEaQs6 : pNHrYqbya48[14]
>核兵器全面廃棄は、意志さえあれば、実現可能だ。

可能だとは思えない、核兵器の内包する兵器級プルトニウムはどうする。
テロリストや軍事国家に奪われない、完全管理なんてとても無理だろ。
実際に行方不明のプルトニウムは有るし、イスラエルは90kg盗んだと言われてるし
単純に兵器級プルトニウムをばら撒くだけで核爆発など無しに、テロは
可能だろうに。

>原発についても、全面廃炉の方向で、強い権限を有する国際機関の査察管理の下で、危険な原発から廃炉に持って行くことは可能だ。

これも不可能、国家と言う単位が有る以上、不可能ですよ。
なら、核兵器を開発してる北朝鮮は核兵器を開発できないはず。
国連そのものが機能しない状態で強い権限を持つ機関を作るって言ってもね
それこそ、核兵器を装備した常設国連軍でも作らない限り無理でしょ。


6. taked4700[5327] dGFrZWQ0NzAw 2016年5月02日 09:16:49 : pqd6xHdldc : q8@nvaA5TNU[10]
>>05

>>核兵器全面廃棄は、意志さえあれば、実現可能だ。

>可能だとは思えない、核兵器の内包する兵器級プルトニウムはどうする。
>テロリストや軍事国家に奪われない、完全管理なんてとても無理だろ。
>実際に行方不明のプルトニウムは有るし、イスラエルは90kg盗んだと言われてるし
>単純に兵器級プルトニウムをばら撒くだけで核爆発など無しに、テロは
>可能だろうに。

>>原発についても、全面廃炉の方向で、強い権限を有する国際機関の査察管理の下で、危険な原発から廃炉に持って行くことは可能だ。

>これも不可能、国家と言う単位が有る以上、不可能ですよ。
>なら、核兵器を開発してる北朝鮮は核兵器を開発できないはず。
>国連そのものが機能しない状態で強い権限を持つ機関を作るって言ってもね
>それこそ、核兵器を装備した常設国連軍でも作らない限り無理でしょ。

なにか、部屋は汚れるから掃除をする意味はないとか、腹は減るのだから食べる必要はないという議論に似ていますね。

原爆、原子炉は人類全体にとって間違った選択だった。このことをきちんと認識しないと、事態は改善しないのでは?


7. 2016年5月02日 22:41:48 : bkTIDlz0eY : JTN7CNZoyO8[76]

  ★>放射能汚染で65カ国で輸入停止が続く福島県産品、著名人起用しテレビ番組<★

    (2016/5/1 福島民報)

  
   世界の人々は、福島の

     【 インチキ・ベルトコンベア 】 & 【 インチキ・モニタリングポスト 】

   の現状を知ってる。

    ZDFやFR2やFR3などなどが、がんばって世界中に放映しているから。

   =====


    ★>福一がチェルノブイリ以上の大惨事であると理解してるから<★

     
       日本人より世界中の人が正確に把握できている悲しい現実。

   =====

    青森県の野生きのこの、たった一種類のクリタケのみが、線量が下がって出荷解除。

      しかし、他のきのこは線量が高くて国内でさえ出荷禁止令が解除されないのに、

         日本人は道の駅などで購入し、山で採って、食べ放題。

    =====

    ★:アメリカでも輸入禁止の青森のきのこ・・・・

       福島が安全な訳がないし、

         インチキコンベアをやめて、Ge半導体測定器で、全量測定しろ。


      10Bqでも、45Bqでも、正直に表示し、

           買う買わないは、消費者に選択させろ。

     
      風評とぼやく前に、しっかり測定し、1Bqでもしっかり提示することだ。

。。


8. 2016年5月03日 01:16:28 : WMJxreUfvU : Ccp1ax_dgPI[43]
>原爆、原子炉は人類全体にとって間違った選択だった。このことをきちんと認識しないと、事態は改善しないのでは?

実際に核技術が開発されて、
癌治療や建物非破壊検査や地質の精査にも利用されている。
外惑星探査も核技術なしにはできなかっただろう。
外惑星探査機は殆どがプルトニウム燃料電池(プルトニウム238)を積んでるって知ってますか?
ガリレオもキュリオシティもカッシーニ、アポロもそうですよ
放射性同位体熱電気転換器が無ければ出来ない事も多かったはず。
核技術を人類が取得する事は歴史の必然と思える、発電についても
最小の土地であれだけ大きな発電量を誇れる技術は存在しない
兵器として使った部分は人類の過ちだとは思うが。

>なにか、部屋は汚れるから掃除をする意味はないとか、腹は減るのだから食べる>必要はないという議論に似ていますね。

意味が違いすぎる、言うなれば作ってしまった物を、人類が完全に保管する
方法は無いという事。核兵器を無くしても内包しているプルトニウムは完全管理する
事は出来ないだろうという事。
だから、捨て去っても廃棄しても、物質の内包する問題の解決には繋がらないので
廃棄しても意味が無いと言っているのです。
発電もそう、原子炉を無くしても使用済み核燃料は残る、再処理をやめれば余計保管が無理になる
だいたい、その資金を誰が出すのか、原発反対派が出す訳ですか?
結局は富を生み出さない物に、資本主義では金を出すものは居ないでしょう。
八方ふさがりになるんではないかと思いますが。


9. 2016年5月03日 07:39:04 : A8TkJgVfWY : ElZ2VPqyLpM[1]
火と車輪と核技術は同じものだろうか。

10. 2016年5月03日 13:42:24 : 8v8Y9gL6W3 : JJ08U@8pGmg[8]
放射性廃棄物 新ルール決定 濃度下がれば一般ごみ (東京新聞)
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/588.html


59. 2016年4月30日 19:20:48 : 5jcicNH08c : Km4AgCVfYPk[10]

▲△▽▼
>>58
日本国民のかたたち、自主的に判断してください
自ら放射能のことを詳しく学び、内部被曝しないように、自主的に対応してください

そして、決して被曝由来の心臓系病気や突然死、甲状腺被曝や甲状腺がんが、
放射能汚染によるものだと決め付けはしないでください

水俣病による国民の被害が国の責任と認められるまでに、長い期間がかかったように、
放射能被曝由来によるさまざまな突然死や甲状腺障害や甲状腺がんを、単純に放射能
が原因だと、現在の時点で決め付けてかからないでください

放射能とさまざまな病気は、因果関係が証明されていないのです、時間がかかります
放射能汚染地域を復活させるために、復興させるために、現地に留まる方達
そのためにも、放射能と長くつきあっていく方策を自ら身につけてください

元気に放射能汚染と長く付き合っていく、なるべく被曝を最小限にとどめる
ために、ストレスを溜め込まないようにしてください

チェルノブイリで報告されているとおり、放射能からの直接被曝によるよりも
そうした放射能汚染の実態や身体への影響を心配したり、被災地域から慣れない
土地へ避難移住したりして生じるストレスによって、病気になったり早死にしたりする
ひとびとが大勢発生しましたので、どうか放射能汚染のことついては、深く事実を詮索
しないようにしてください

国が放射能汚染地域の住民の避難や、経済的保障を面倒見る経済的損失は
計り知れないものがありますし、原子力政策推進の何より妨げになりますので
放射能汚染地域にとどまり、復興を目指してください

そのための健康維持のために、放射能に対する知識を自主的に学んでください

そういった原子力政策維持推進に有用な、活動については財団が費用を提供
し、学者やボランティア組織が積極的に地元の住民に寄り添い指導していきます

自主的に放射能汚染数値と身体の調子を詳しく、ノートにひかえてください
その情報が将来の原子力政策に大変役立つのです

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素45掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素45掲示板  
次へ