★阿修羅♪ > 雑談専用40 > 120.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
この世にキリスト教がなかったら、どれだけ世界は平和で爽やかな社会になるだろうか
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/120.html
投稿者 高橋是清会 日時 2012 年 7 月 08 日 17:02:46: fqnvpSFGv5aiA
 


想像してみたんです。

欧米の宗教が、ギリシャ神話やミトラス教であったら、
世界は、どれだけ平和で爽やかな社会になっていただろうか。

戦争を頻繁に引き起こしたり、
許してはいけない人間を許したり、
許されてはいけない人間が許されたり、

キリスト教は、わけのわからない、やっかいな宗教である。

キリスト教がなければ、世界はどれだけ平和になるんだ。
キリスト教がなければ、世界はどれだけ爽やかになるんだ。

反論する人もいるだろう。
キリスト教には「隣人愛」があるとか。

しかし、キリスト教徒で、隣人愛を実践してる人がどれだけいるんだ。

あのアメリカの荒んだ社会をみてると、とてもアメリカ人が隣人愛を実践してるとは思えない。

キリスト教のような複雑な教義をもった宗教は、人を不幸にさせます。
キリスト教は無くすべき宗教なのです。

教義らしい教義がない宗教が、望ましいのです。

欧米の宗教が、ギリシャ神話やミトラス教であったら、
世界は、どれだけ平和で爽やかな社会になっていただろうか。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年7月08日 17:03:21 : diARdfiz1w
高橋是清会


02. 2012年7月08日 18:19:00 : TzBF2uOUFs

世界平和の為に、この世から総ての宗教とUSAが消えてなくなりますように。

03. 2012年7月08日 19:59:45 : ZhUzZHEESo
ミトラス教のアケメネス朝ベルシャも、自らをヘラクレスの子孫だと信じたアレクサンドロス大王の帝国も他国を侵略しまくった大帝国だけどね。

教義が無いってことは毒にもならないけど薬にもならないってことだよね。
暴力や戦争に対しても抑止力にもならないってことだ。

(ピ)


04. 2012年7月08日 20:07:09 : Dw6TYdRU3M
ギリシャは各都市に守護神がいて都市同士で争ったけどね。

05. 2012年7月08日 21:42:24 : 5gMqKdMBFg
>>03>>04
ミトラス教もギリシャ神話も、教義がないから、戦争とはあまり関係がない。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は教義があるから、
いずれも、千年間以上、常に戦争状態。

「一神教」ということが、一番の原因だけどね。


06. 2012年7月08日 21:44:06 : 5gMqKdMBFg
>>03
>教義が無いってことは毒にもならないけど薬にもならないってことだよね。

そう。教義が無いことは毒にはならない。
でも、薬にはなるよ。多少はね。

教義があると、薬の面は小さく、毒の面がハンパなく強い。


07. 2012年7月08日 22:51:06 : ZhUzZHEESo
>>05>>06 是清ちゃんかな?

>ミトラス教もギリシャ神話も、教義がないから、戦争とはあまり関係がない。

そんなことはない。教義がない分いかようにも理屈や大儀がつけられる。


>薬にはなるよ。多少はね。

なるほど、アヘンのような鎮静効果かな。


ところで、一神教が排他的で攻撃的、多神教は寛容ってのは感覚的に言ってるだけな気がするな。実際にはそうでもない。

キリスト教以前の話し、古代アッシリアの宗教(もちろん多神教)は戦争遂行が教義だった。祭司たちは絶えず戦争を扇動し、征服による分捕り物を要求した。彼らの生活はそうした強奪物によって支えられていたんだ。アッシリア人は敵や捕虜に対し極めて残虐な仕方で扱うことで知られていた。生きたまま皮をはがしたり、目をくり抜いたりたりするさまが誇らしげにレリーフに記録されている。
相手が一神教徒でも多神教徒でも関係がない。敵の神々は認めるが、神々の中での最高神は自分たちの神であり、それを認めない者は容赦しない。

日本の国家神道も友好的で平和的な方向には進まなかったしね。


08. 2012年7月08日 23:06:58 : ZhUzZHEESo
人間って、いろんな神様がいてもみんな仲良くってより、どの神様が一番強い? ってことになりやすいよね。
そういう張り合いって一神教とか多神教とかって関係ないんじゃない。

(ピ)


09. 2012年7月08日 23:09:03 : OnmN2Lsfsk
>ミトラス教もギリシャ神話も、教義がないから、戦争とはあまり関係がない。
ミトラ教はちょっとわからんが、ギリシャポリスの守護神が侮辱されたって
口実で結構戦争してるはずだが。

10. 2012年7月08日 23:50:02 : 5gMqKdMBFg
ユダヤ系の宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)と、多の宗教を比較して欲しい。

この数千年間の世界の戦争の歴史をね。

どっちが目立っている。

世界の侵略戦争はどこの国が どの宗教圏が一番目立っている。

意見はあるだろうが、詭弁は通用しないぞ。


11. 2012年7月08日 23:55:20 : OnmN2Lsfsk
>世界の侵略戦争はどこの国が どの宗教圏が一番目立っている。
どの時代の、どの地域の話か明示しないと無理ですね。
日本の戦国時代なんて農繁期以外は常にどこかで戦争状態でしたからね。


12. 2012年7月08日 23:57:31 : 5gMqKdMBFg
この数千年間の世界の戦争の歴史。って書いてるじゃん。

あんた、どこ読んでんの。


13. 2012年7月09日 00:20:16 : ZhUzZHEESo
>世界の侵略戦争はどこの国が どの宗教圏が一番目立っている。

モンゴル!! かな。
でもモンゴル人の宗教って何だったんだろう?

(P)


14. 2012年7月09日 04:26:39 : lfhaV07tvQ
モンゴルは無宗教

15. 2012年7月09日 05:00:44 : hzsfPtuQQg
確かにある面ユダヤ・キリスト教は気味が悪いですね。キリスト教がユダヤ教の延長線上にあることは事実ですね。ユダヤ人の中でイエス・キリストをメシアとして受け入れた者がメシアニックジュ―と言われるクリスチャンです。若い頃激しくクリスチャンを攻撃していたパリサイ派のパウロはユダヤ人以外の異邦人伝道のために神が選ばれた器です。当然日本人も異邦人ですからパウロが地の果ての日本人クリスチャンを造ったとも言えます。

中川健一牧師が日本人のために意欲的に今までの常識を破る良い伝道をしておられます。
ユダヤ人の側に立ち過ぎるのがちょっと気になりますが、世界の歴史を聖書通りに徹底的に解釈すればユダヤ人クリスチャン的解釈になりますね。


16. 2012年7月09日 07:29:40 : c9lu1ybsCk
>>12. 2012年7月08日 23:57:31 : 5gMqKdMBFg
>この数千年間の世界の戦争の歴史。って書いてるじゃん。
>あんた、どこ読んでんの。

はい、では歴史上全ての戦争を並び立てて、比率を出してみてくださいね。
全てですよ。

ではどうぞ↓


17. 2012年7月09日 13:36:53 : uuhKzm0iOY
悲しいことですが、人類がどれだけ知恵を集め努力したとしても、今生きている世の中に、人間の寿命が終わるまでに平和が訪れる事はないでしょう。人間が生きる目的は幸せになることでは無いのです。

キリストを否定するということは、生きている間に犯した罪の償いを意味します。寿命を全うし、それなりに送れた幸せな人生など比べ物にならないほどの幸せが与えられるチャンスが、キリストを通して与えられたのです。罪の償いは地獄での永遠の苦しみを意味し、本来ならば人類が受けるべき罰なのです。唯一の救いは、キリストを通してのみです。


18. 2012年7月10日 10:40:21 : nOiJetovws
べつにイエス自身は罰することを否定していないよ、聖所で市場開いてる連中にキレて叩き出したりしてるでしょ。

問題なのはキリスト存在(弥勒、ズルワーンなど含む)を傘に来て、権力者の都合のいいように教義の幅を歪にした連中が良くない。

その筆頭がキリスト教(バール信仰、イスラム教も含む)、大乗仏教(バラモン信仰)ってこと。


19. 2012年7月10日 22:26:42 : l8JZvADdqo
チンギス・フビライ・オゴディー ハーン3代が支配したのは西はドナウ河まで南はイラン・アフガニスタン北部まで、宗教は各地域自由にして良い・各支配地域には領事のような小規模な出張所を設けただけで他から攻撃があった場合は本国から強烈な援軍を差し向けて鎮圧に当たる。平素はみかじめ料だけ納めれば大概のことは自由でなかなか優れものだったとユーラシア史研究の一人者「岡田英弘」氏の本に書いてあった。占領した後あまりに酷いことをするから嫌われて他に助けを求めて内戦戦争が絶えないのじゃないか。 とは云ってもモンゴル帝国もあまりに手を広げすぎて治めきれなかった・・・何事も程々が一番だと思います。

20. エリック・カートマン 2012年7月11日 16:14:48 : T4maj2bRinWc2 : Yc9Lhm6G5I
イエス・キリストは世界を終末に導く

キリスト信仰者には潜在意識に終末の到来を渇望する気持ちがある。

キリスト信仰者には特別な時代が二つある。

一つは神の子イエスの在世だ。
キリスト信仰者ならば、どれほどか、
この時代に生きて、生きている神の子イエスに直に出会い、
神の子〜じかに教えを乞いたいと思うことか。
しかし、時を遡ることは不可能でそれは叶わない。

もう一つは最後の審判の時だ。
この時、イエスが復活し、再び地上に降臨し姿を現わす。
そして、その時に生きる者はもちろんのこと、
死者さえも全て墓地から蘇り、神と対面し最後の審判を受ける。
信仰深き正しき者は神の王国で永遠に生き、罪深き背信者は地獄に落とされる。

その最後の審判の日にできることなら生きて神と対面したいのだ。
これは日本人の感覚では判りにくいことだが、
キリスト教徒はゾンビ物映画に本当に恐怖する。
ゾンビに襲われるのが怖いのではない。
自分が最後の審判の日にあんな姿で神に会うのが怖いのである。
できることなら半分腐りかかった肉と垂れた皮膚の体で神に対面したくない。
できることなら生きているあいだに、ちゃんと自分の顔が判別できる状態で。
さもなくばせめて神に対面する最後の審判の日に綺麗に白骨化していたい!
と恐怖するのだ。
だからゾンビ物映画を観て、バカらしくて笑ってしまう、
俄かキリスト教徒の日本人は、きっとその内キリスト教に
違和感を覚えるはずだから、深入りしないうちにやめたほうがいい。
もちろん、ご本人の自由ですが・・。

キアヌ・リーブス主演の「コンスタンティン」なんて映画も
マジであんな神と悪魔の戦いが現実にあると思ってる!
あれは生粋のキリスト信者にとってはSFでもファンタジーでもないのだ。
とてもリアルな話なのだ。(笑)

しかもキリスト教徒は現代、今までになく審判の日は近い、と強烈に考えている。
なぜなら、審判の日の前に、ユダヤの民が再び結集するとあり、
イスラエルの建国がこのユダヤの民の結集と考えている。

現代になって、核兵器が開発され、
人類は自らの手で人類を滅亡させることが可能になった。

人類滅亡の時が「最後の審判の日」であるかどうかは確信は持てないが、
論理的に考えれば、そうなる。
最後の審判の日」はキリスト教にとって教義上必ず在らねばならず、
その為には人類が滅亡するまでに在らねばならない。

人類滅亡後、1万年経って神が降臨し、
一万年前までに滅亡した人類が全て蘇り、
死者だけが審判を受けるということもありうるが、
最後の審判の前には、最終戦争(アルマゲドン)が起こることになっている。

ならば核兵器により、人類が滅亡するレベルの戦争を起こせば、
それが即ち、最終戦争(アルマゲドン)になり、渇望する審判の日の開始になる。
それを経れば正しきキリスト信仰者には至福のキリスト千年王国が到来する。

ちなみに最終戦争(アルマゲドン)とは、
地上の全てのものが善であるイエス率いる光の集団と
サタンが率いる悪の闇の集団のどちらかに属して戦う。
その場所はメギドとされ、その地はイスラエルに実在する。

アメリカがイスラエルの味方をするのも、
最終戦争において、光の集団に属したいが為なのだ。

つくづくキリスト教って強烈カルトだね〜。
愛という言葉で表面だけ繕っても核の部分が終末論だもの〜危険ですよ〜。
世界が滅びた後に建設される神の国に入れてもらうことが
キリスト教徒の最終的な信仰の成就なんですからね〜。
異教徒(仏教徒)の僕は、闇の軍団所属って決めつけられるんだろ〜なぁ〜。
えぇ〜? 改宗すればいいって〜?
だって、キリスト千年王国では一人一人に住宅も用意されてるっていうのが、
いまいち信じられないんだもん〜(笑)

映画のロード・オブ・ザ・リング。
あれって、人間や容姿の綺麗な種族はキリスト教徒、
(さまざまな種族があるのはカトリックやプロテスタントなどの諸派を顕しているのかな〜、ユダヤ教も入っているかな〜)
醜いのは異教徒を描いたものだと解釈すると判りやすい。
SFファンタジーなんてものじゃなくて、
西欧の宗教戦争虐殺史映画だと思ってしまいますな〜

同じキリスト教徒の隣人は赦し、異教徒は殲滅せよ。
怖い宗教ですな〜。


教義の核のところに終末論がある宗教は戦争を引き起こしやすい。
人格神をたてる宗教も戦争を引き起こしやすい。

これが僕の持論。

人格神を、聖職者と結託した権力者が利用し戦争を正当化する。
その戦いを「神さまの思し召し」「神が望んでいる」って言われたら
反論のしようがないもんねー。

ま〜神様が〜それは違うと〜言ってくれればいいんだけれど〜
黙ってるし〜
居てるか〜居てないか判らんねんし〜

黙っているから〜悪いヤツらに利用されちゃうんだよね〜

日本も、天皇を現人神に祀り上げて戦争に突っ走っていったもんね〜。


21. 2012年7月11日 17:22:30 : 7RU088Xctk
>>20
同意。終末論を肯定する(信じる)権力者達を見抜いて警戒する必要があると思う。

また、やっかいなのは、
“「キリスト教」と「科学」との融合”を図る動きがある事。

ヒッグス粒子、暗黒物質、隕石にDNA・・・ などの話は、
“神によるビッグバン(=天地創造)”を、
“科学的に裏付ける”目的で宣伝されている、と見ている。

実は、この辺を、まとめてひっくり返しちゃう可能性のある、ある“武器”を・・・

いや、なんでもないw 1qmOy4Hy0U


22. 2012年7月12日 07:45:52 : xcPwC6Povk
そもそもキリストは実在の人物ではないのでは・・・

23. 2012年7月12日 08:31:30 : yPGjKsnZpA
内心いつも「キリスト狂」と呼んでいる。
歴史的にもっともしつこい宗教戦争の火種は「異教徒は人に非ず」の一神教。
ユダヤ教とキリスト教とイスラム教はルーツは同じ旧約聖書。
つまり同族嫌悪でずっといがみあっている。

多神教だったら、文化的摩擦が起きても着地点を模索して折り合いをつけるというのに、一神教はいつまでも妥協しないから永遠に戦い続ける。


24. 2012年7月12日 09:53:17 : hzsfPtuQQg
キリスト教のあらさがしをしても何の役にも、救いにもならないのでは。
反キリストのサタンの罠に嵌っているだけでしょう。

それよりもイエス・キリストが私の罪、人類の罪のために十字架で死に、復活
し、それに伴いあなたも復活して、聖霊の助けを受けられ楽しい余生を生きら
れるという福音を信じた方がよほどためになると思うけどね。

聖書に書かれている神の計画は必ず実現されると言われています。
キリスト教指導者はもっと親切にどういう計画なのかを知らせる責任が
ありますね。


25. 2012年7月12日 18:04:19 : Tow0vuSbN2
キリスト信者は選びながら考えているはず。
盲目ではない。

ユダヤシオニストは悪い奴ららしい。又
天皇を神と仰ぐ人たちはもういないと思うが
戦前、何百万人もの日本の若い命を奪って行った。
臣民とか皇軍とか言いながら。それに抵抗しなかった
キリスト信者もいたらしい。これは悪い信者といえる。


26. 2012年7月14日 15:18:49 : Q49P8sgjm6
お前ら、いい加減陰謀主義どうにかしろよ。

27. 2012年7月14日 15:59:05 : ZhUzZHEESo
減陰謀主義って?

(ビ)


28. 2012年7月15日 12:01:02 : qUSkGme5LY
ギリシャ、ローマ、日本の多神教徒でも苛烈な殲滅はしますよ。古代から近世までは敵は皆殺しにするものです。
ミトラス教はキリスト教とほぼ同じと言われてますし、イスラム圏や仏教・ヒンズー圏の南アジア・中東・アフリカでも魔女狩りは行われています。
今、戦争体制の中心となっているのはユダヤ・キリスト教徒のシオニストと無神論者、
テロを起こしているのはイスラム原理主義の一部ですが。

29. 2012年7月15日 12:10:50 : qUSkGme5LY
多神教は寛容だと言われているが、実際は半分以上は嘘である。
ただ単に神は一つと言わないだけで寛容かどうかとはまた別だ。
多神教でも信長公とか天皇は神で絶対となれば、異端は徹底弾圧される。
古代ギリシャでもポリスにはそれぞれ祭神があり、これに忠誠を尽くす義務があった。
各地の社に色々な神が祭られているから自由な訳ではない。
天皇なり自民党員なり軍部官僚なりがクリスチャンか仏教徒か、どちらであっても本質的な違いはない。

30. 2012年7月15日 22:45:00 : F8kAfrcP4Y
この世の中に宗教がなければ、世界はどれだけ平和で爽やかな社会になっていただろうか。
と考えたほうがよいと思いますが・・・・

31. 2012年7月17日 06:41:17 : OEiZ4LirGI
キリストだけのせいにするのはどうかと思うし、さらに宗教だけを宗教とするのもどうかと思う。

宗教は宗教だけなんだろうか?免税措置が多いのは宗教だけだけど
宗教だけが宗教なんだろうか?


32. 2012年7月17日 14:19:15 : sNMIn2LE0M
イスラム教も入れろよ。「キリスト教、イスラム教」せめてこの二つが無かったら随分ましだったろうなと思う。
新興宗教も含めて「組織宗教」は全部駄目だとは思ってるけど。

33. 2012年7月23日 04:59:40 : hzsfPtuQQg
正攻法で勝てない人が宗教を求めるのかな。キリスト教系で言えば聖霊の火とか、聖霊のクスリとか言って、これを神様に求める。一般日本人の現代考えている正攻法的人生観、思想、価値観はどうなっているのだろう。キリスト教はソーカなどより遥かに正攻法の宗教だと思うけどね。キリスト教徒のゴールは狭き門だがソーカのゴールはどうなっているのかね?

34. 2012年8月10日 13:23:23 : mhCaiFHwiA
キリストの説いた教えと、パウロ(眼からうろこの)以降のキリスト教団が成立してからの教えが変質したのではないか。だんだん堕落して金積めばで天国いけますよというようなことをし始めた(免罪符)。所詮は教えを広める人間の側に問題がある。
マザ−テレサのような特別な人は別として、神がどっちにおられるか、人間にはわかりません。キリスト教(カソリック)はかつて異端者は火あぶりにした(フス、カルバンの時代)、暗黒の歴史がある。

35. 2013年1月29日 00:24:52 : Ll2XD16Qhk
20世紀以降だけをみてみよう。
国民を苦しめた代表国として、旧ソビエト・カンボジア・中華人民共和国・北朝鮮があるが、キリスト教国家ではない。
名目は人民の敵だった。まあ、「共産主義教」といってもいいが。

キリスト教だけをターゲットとするのは、近年では不十分です。


36. リバー 2013年3月05日 00:47:51 : VVdVhShg4px5w : EppdwTIO9Y
ヨーロッパの歴史は常にキリスト教に翻弄されてきた。そんなもんなかった方がよっぽど平和だったよ。

37. 幸盛 2013年5月15日 14:40:07 : 5UNk4ZNSYn8DE : osMohJsDmk
この世界に甚大な害を及ぼす宗教(1神教)と新興宗教が全滅するよう心から願います。
あと布教活動も(法律で)禁止にしてもらいたい。すごく迷惑です。

38. 2016年7月03日 01:02:38 : S3Ndvx16vI : ZfdaqUgFtDM[20]
大体の宗教って清貧や道徳的生活を奨励するでしょう。
(カルトは違うかもしれないが)

でもそれでは生きていけないし、
生きていてもつまらない。

だから、現実生活には適用されない。
しかし、自分が宗教を信じていると言えば、
自分は道徳的な批判からは逃れられるし、
別に道徳は実践しなくとも他者から批判もされない。
(もしくは批判を拒絶する)

それで、殺人さえ、国家の戦争という場合は宗教は許す。
(戦争でなくとも許容するカルトも存在するし)

日本くらいでしょう、大抵の宗教団体が戦争を否定するのは。
(そうでないカルトも存在するし、この頃は大手の宗教団体も認めたようですが)

それは憲法が戦争を否定しているというのが大きい。
結局平和を守れるかどうかは宗教がどうかではなく、
国民の意識だと思います。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧