★阿修羅♪ > 雑談専用40 > 555.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民主主義は犠牲を求めて彷徨う
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/555.html
投稿者 あやみ 日時 2013 年 8 月 11 日 07:51:48: oZZpvrAh64sJM
 

つれづればなhttp://turezurebana2009.blog62.fc2.com/blog-entry-126.htmlより転載  
世は「民主主義とは何か」を滔々と語る。あたかもこの世の真理を語るが如く美しく。


ある空間を共有するためには何らかの「きめごと」が要る。共有される空間は家や寮や学校にはじまり、仕事場、地域、と規模を大きくしてゆけばやがて国に行き着き、いまのところ最大規模のそれは地球という惑星である。この地球での「きめごと」、それは民主主義である。いつのまにか何となくそういうことになっている。

それは筆者が生まれついた時代にはすでに日本に深く根付いていた。その国で育ち、教育を受けた。しかしどうも腑に落ちないままこの歳になった。そして世界中で「民主」「民主」と連呼される今、それを実現しようとする側と壊そうとする側の双方からその語がとびだすのが耳障りでならない。このブログを長い間読んでくださっている方であれば筆者が「民主主義」というものにえらく懐疑的であることはお気づきであろうと思う。

終戦記念日が近づいた。
アジアの盟主と呼ばれていた軍国日本は焼け野原になり民主国家として生まれ変わった。生まれ変わらせた戦勝国のアメリカは日本に原爆を二つも落とした民主主義国家である。その国はその後も朝鮮の、ベトナムの、フィリピンの、アフガニスタンの民主化に貢献し世界から深く感謝されているに違いない。各国はその感謝のしるしとして米軍基地の配備を請け負い、思いやり予算を差し出し、駐屯兵の起こす交通事故も婦女暴行も自国の法律では裁かないと約束した。
二度と軍隊を持たず二度と戦争に加わらないと憲法において誓わせたのは占領軍であった。それから半世紀後のイラク戦争に出兵しろと圧力をかけたのもかつての占領国である。


一月ほどまえにトルコで起こったデモは皆様のご記憶に新しいかと存ずる。
イスタンブールの公園開発を環境破壊であると叫ぶ集団がソーシャルメディアを駆使して参加者を募りいつの間にか民主化を求める反政府デモにすり替わった。バス停や車両に火を放ち商店のガラスを割りながら強硬に民主化を叫ぶ彼らを支援していたのは1980年の軍事クーデターの後20年以上政権を握っていた社会民主主義政党と、いずれも民主国家とされる欧米諸国とそのメディアであった。槍玉に挙げられたのはここ十年来トルコの民主化を進めた政権政党、つまり国民の投票によって選ばれた政権である。


前回の記事でエジプトについて書いた。
アラブ地域で民主化を求める市民が起こした一連の民主化運動はが飛び火したエジプトでは独裁者が政権から引き摺り下ろされ大統領選挙が行われた。そして民主的に選ばれた新大統領は民主化を求める反政府派市民から批判を受け大規模デモに発展、しかし同じく民主化を求める大統領支持派の国民も立ち上がる。混乱に乗じた国防軍が大統領の身柄を拘束し政権を剥奪、軍による暫定政府を立ち上げ大統領支持派の市民を大量に射殺した。民主主義の守護神を自称するアメリカ合衆国政府はこの身柄拘束は民主的でないとして民主的な解決を求めながらも国防軍による暫定政府に対し民主主義を築きだしているという評価を与えている。


もう矛盾が多すぎてどこが矛盾しているかを指摘できない。
言葉は身を離れてとして独り歩きをする。賛美されすぎたこの言葉は無条件で受け入れられそしてその中身が吟味されることはまずない。いま民主主義は両手に兵器を引っさげて世界を闊歩する。

理論上可能でも実現しようのないことはいくらでもある。
軍隊を持たず永遠に戦争を放棄する、それは素晴らしいことである。しかし戦争はひとつの国でするものではなく相手国が存在してはじめて成立する。だから日本だけ一方的に戦争を放棄してもはじまらないのである。この世のどこかに軍隊がある限り必ず攻めて来るだろう、なぜならそれが軍の仕事であるからだ。そうなれば自衛のために武器を取らざるを得ず、それをあくまで自衛であり戦争ではないというのは綺麗ごとだといっていい。軍備とは自衛という大義の元におこなわれるものである。そして武器を持てば使うことを余儀なくされてしまうのが常である。
戦争放棄、耳には美しく聞こえるそれを美辞麗句で終わらせないために払うべき努力というものがあった筈だ。自国、相手国、他国間におけるあらゆる侵略を否定し戦争撲滅を世界に毅然と働きかけるべきであった。しかし日本はこの憲法制定するやいなや勃発した朝鮮戦争でアメリカに武器を売り、その儲けで復興を果たしその後もアメリカの核の傘の下でぬくぬくと経済成長を遂げた。日本が戦争に巻き込まれないための外交はアメリカに丸投げし、そのぶん貿易に精を出し、アメリカの軍事活動に多額の資金を供出した。


この精神分裂症患者に近い言行不一致の後ろにあるのが民主主義である。冷戦以降のこの世界の全ての戦争は「民主化」の名の下に行われた。炸裂する民主化の爆弾に家や村を焼かれ民主化の銃弾に倒れた。孤児たちは民主主義の養子になった。

戦後アジアの民主化においての日本の役割は米軍の補給であった。極東に睨みを効かせたいアメリカは日本を基地だらけにし、食料と武器弾薬と燃料の補給庫として利用した。また格好の資金源でもあった。幕末に開国を求めて日本近海をうろつく外国船を体よく追い払うため幕府は外国船団に補給の協力はしても開国はしないという「薪水給与令」という苦策を講じたが、戦後は逆に桁違いの「薪水」をむこうから要求されることになる。


とある永久中立国すら世界中に武器を売ってはじめて経済・軍事ともに自立できるのであり時計を作って生計を立てているわけではない。二枚舌を駆使し何らかの形で戦争に組しているのならば中立も放棄もへったくれもない。この矛盾に気づかぬのは、あるいはこの詭弁に耳をふさいでいられるのは民主主義という言葉が眩しすぎるからである。


「人民による人民のための人民の政治」を執る民主国家アメリカは思うにすでに年老いた。かつて大航海時代から横車を押し続けていたイギリスが年をとり侵略に倦んだため敢えてアメリカを建国して汚れ仕事を任せたように、派手な軍事外交に疲弊したアメリカはイスラエルをして中東の、日本をして極東の遠隔操作を目論むようになった。これが日本の右傾化の背景である。民族主義を外から煽られて負け戦に手を染めた教訓は泡沫に帰し日本は今おなじ過ちを犯そうとしている。戦後日本をその庇護下に置くかわり軍備することを許さなかったアメリカが掌を反してこれ以上日本を防衛する気がないことを仄めかすと世論はすぐさま右傾化を煽った。そして再軍備を唱える政党が政権をとった。これは憲法に謳われた戦争放棄が日本国民に本気で相手にされていなかったことの裏返しである。


逆に、四面楚歌ならぬ戦争屋だらけのこの世界で国を挙げて毅然と戦争放棄の道を歩み出せばどうなるか。ひどい経済制裁を受ける。在外公館がテロの標的にされる。外交官が誘拐される。先の大戦の責任を問われ続ける。海外で差別を受ける。核兵器保持の濡れ衣をかけられる。伝染病と麻薬に侵される。頭の弱い学生が環境・人権保護団体に騙されて反政府デモを起こす。突然爆撃されて誤射だったといわれる。駐屯兵が傍若無人に振舞う。耳に民族自決の言葉を吹き込まれて陶酔し、どこからともなく供給された武器で武装する集団が現れる。戦争放棄と憲法に書くだけなら楽なものである。


エジプト軍によるムルシー大統領の拘束をうけて人道的立場から仲介に乗り出し大統領と面会したEUの外務官の「ムルシー氏の健康状態は良好」という発表に対し、炎天下でクーデターに反抗し続ける市民の一人が言った言葉が忘れられない。

「我々がこの広場に集まるのはムルシーの健康を願うがためではない、我々が選んだ政権を取り戻すためである」

老婆であった。EUの偽善に対するこの鋭い批判をしたのはソーシャルメディアで意見交換しあう若者ではなかった。外の国が「非民主的」と揶揄するこの国の秘められた力を感じた。


国民の代表を選んでそこで終わりではない。投票だけが権力の行使と義務の遂行ではない。選んだ候補者と政党の後ろ盾になり、監視し、その政策に責任を負わなければならない。政治家は国民のはしくれであり民意の請負人でしかない。日本では政治家だけが失政を責められているがそれでは国は作れない。政治家を厳しく躾けて育てなければならない。でなければ政治家は得票のために美味い話を並べるだろう、できもしない公約を掲げて支持を得るだろう、これが民主政治の弱点だということを忘れてはならない。国民は騙されてはならない。聡明でいなければならない。民意は国を作る。民意とは国民一人ひとりから生まれる。ならば我々は国の母体である。母体が愚かではそれなりの国にしかならない。民主主義とは、楽ではない。

民主主義には古代ギリシアで産声を上げたその当時からすでに「衆愚政治」という批判があった。書いて字のごとくであるが、今のままでは紀元前の批判がまさに的中したことになる。民主政治はそれを熱愛し過信し甘やかし放任すればするほど衆愚政治に近づくのである。衆愚のままでは軍隊など持っても国は守れない。どこぞの衆愚主義国家の後を継いで世界中を犠牲にするのが関の山である。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年8月12日 23:37:13 : g8w4gs1b86
欧米人が得意げに言う「民主主義とは、資本主義」以外の何ものでもナイ。

そして、その資本主義は大多数の犠牲によってのみしか成立せず、その犠牲システム故、自らが衰退そして崩壊へと向かう。否、既に向かっている。

>軍国日本は焼け野原になり民主国家として生まれ変わった。生まれ変わらせた戦勝国のアメリカは日本に原爆を二つも落とした民主主義国家である。

↑白人資本に洗脳されると、こういう誤った認識となる。正しくは↓だ。

正:「軍国日本は焼け野原になり資本主義国家として生まれ変わった。生まれ変わらせた戦勝国のアメリカは日本に原爆を二つも落とした資本主義国家である。」

>民主主義には古代ギリシアで産声を上げたその当時からすでに「衆愚政治」という批判があった。

だが、衆愚政治に至るのか否かのメカニズムは既に解明されており、現代の成熟した社会、一部の国家、又技術、教育によって民主主義が実は衆愚政治とはならナイという事実が実態として判明している。

が、今の欧米白人資本による「資本主義」=独占私有血縁資本支配は、それとは真逆で、国家がむしろ積極的に衆愚政策、愚民化洗脳教育を行っているのが、今正にアメリカ欧を始め、我々日本韓国など欧米資本の植民地の現実なのだ。

「資本主義は民主主義という皮を被り、独裁主義は共産主義という皮を被り、大衆を騙し続けて来た」

それもこれも一部の私有血縁者による”一方的支配”の為=つまりそれが資本主義の正体なのだ。

長くなるので端的に記す。今後例えば日本のアベノミクスは必ず崩壊の日を向かえ、EU米ドル等BIS軍事数字資本は、その数字支配であるが故に自分の首を絞めることとなる。

長い歴史の中で、今世界は大きな転換期を迎えていることは間違いナイ。

あれ程アジア全域に、嫌日反日を植え付けたアメリカ政府だが、もはやその効力は一部を除き完全に氷解した。戦後数十年という実に短い情報統制だった。

世界の諸悪の根源である米軍の国外駐留は、今後世界情勢に伴い益々不必要となる。※だがその維持の為に”打ち出の小槌米軍自演テロ”や中国煽り工作→日中対立工作をしている。

インターネットの普及は、米軍資本=アメリカ政府にとって最大の誤算だった。

資本主義、(資本家)自由主義経済、(資本企業)市場原理主義が全てを豊かにするということは、もはやナイということが実証された。

今後、あらゆる常識、概念が覆されていく。だがそれによって今までにナイ社会が実現可能であると判明し、結果その社会が出現する。それは、今までの常識では有り得なかったことが”当たり前”となるような社会である。※その社会への移行で人間の血が一滴たりとも流れさせることは物理的に不可能。(こう言うと、「では人間の血を流してやろう」と又、打ち出の小槌テロを白人資本がやるであろう。が、その時既にそのテロ発生のカラクリは公となっている)

その来るべき社会の青写真、基本設計は、ほぼ出来上がっている。

今の先進国と呼ばれる社会を実際に作ってきたのは、特定白人資本家達である。

これから、我々の社会を作っていくのは、我々一般市民である。何故ならこれから、本当の民主主義社会を我々自身が作っていくから。その人類の流れ、歴史を止めることは誰にも出来ナイ。


02. あやみ 2013年8月13日 04:48:08 : oZZpvrAh64sJM : JH6EATWEcw
01さま コメントありがとうございます。

過去の記事で私は「民主主義」について何度か触れています。

細かいことを抜きにして大雑把に言えば民主主義とは資本主義を覆い隠すための実体のないブヨブヨした袋のようなもので、甘い思い入れを充填すされて誰もが憧れる麗しい「姿」となり勝手に一人歩きしているようなものです。

民主主義=資本主義というご指摘は、まあそのとおりです。私は=ではなく≒だと認識してますが、それは細かいことです。

>白人資本に洗脳されると、こういう誤った認識となる。正しくは…

このご指摘も民主主義=資本主義なのでどちらも同じです。


今回の記事では敢えて資本主義という単語を使いませんでした。世の中の民主主義を信仰している少しでも多くの方々の理解を得たかったがためにそうしました。

>衆愚政治に至るのか否かのメカニズムは既に解明されており、現代の成熟した社会、一部の国家、又技術、教育によって民主主義が実は衆愚政治とはならナイという事実が実態として判明している。が、今の欧米白人資本による「資本主義」=独占私有血縁資本支配は、それとは真逆で、国家がむしろ積極的に衆愚政策、愚民化洗脳教育を行っているのが、今正にアメリカ欧を始め、我々日本韓国など欧米資本の植民地の現実なのだ。

衆愚政治に至るかどうかの構造が解明されているからこそ衆愚政治にならしめることができるのです。教育、経済機構、社会構造、娯楽、すべてが計画の上でなされおり、英米はその研究に国家予算をつぎこんでいます。ご存知とはおもいますが。

しかしそこで、
>インターネットの普及は、米軍資本=アメリカ政府にとって最大の誤算だった。

なんでこういうご意見になるのかがよくわかりません。
ソーシャルメディアは真実を映す魔法の鏡ではありません。たとえばアラブの春で世界中のFBマニアたちが騙されているではありませんか。欧米の思い通りの傀儡政権が新たに築かれようとしています。脱原発運動も憲法の問題も環境・人権保護団体にネット上で引っ掻き回されています。薄汚れた資本主義社会の価値観は、ネットなどでは壊せませんよ。

>資本主義、(資本家)自由主義経済、(資本企業)市場原理主義が全てを豊かにするということは、もはやナイということが実証された。

>打ち出の小槌テロを白人資本がやるであろう。が、その時既にそのテロ発生のカラクリは公となっている

それが実証されても公になっても、信じたくない、認めない、目を背ける人間が多いのが現時点です。中流以上の人間が特にそうです。自由主義経済の、競争というわかりやすい理論に撒かれていたほうが、考える必要がないので楽なのです。「もしかしたらバブルのころに戻れるかも…」「アメリカに頼っていれば大丈夫…」「ネットやってれば世界と繋がっていられる…」「何でもかんでも欧米イスラエルが悪い…」
…頭のねじを緩められた世代には考える力がありません。数の上ではこういう人間のほうが多いでしょう。まさに衆愚です、問題はここにあります。

>これから、我々の社会を作っていくのは、我々一般市民である。何故ならこれから、本当の民主主義社会を我々自身が作っていくから。その人類の流れ、歴史を止めることは誰にも出来ナイ。

これには大いに賛同しますが一点だけ申し上げます。「本当の民主主義」とは「本当の資本主義」のことでしょうか?違いますよね。

われわれ市民が我々のための社会を作るための「きめごと」はもう民主主義などというチンケなイデオロギーでは括れないのです。まずは市民が資本主義から離れて魂の贅肉を落としてからでないとそれを語ることはできないでしょう。

でなければまた元の木阿弥です。


03. 蒲田の富士山 2013年8月13日 23:25:52 : OoIP2Z8mrhxx6 : o788v5G4Ys
ちょっと前の日経新聞で、イオンが農業を始めた、という記事を見た。
それは、これまでの、契約農家を増やすとかではなく、会社の事業部門として、農業をする。その会社の、労働者が農業に携わる。らしい。
べつに、それは、悪くはないが、イオンが外資になってしまったら、その事業部門も、外資系となる。
社長がどのような考えを持っていても、20年、30年後に、それを、守れるか?
日本の商と、西洋の商は、まったく別物である。
「同じじゃないか?」と、お人よしな商店主が、大勢いるのが、神奈川である。
「スーパー」「コンビニ」は、コンピューターの活用により、成長してきたが、それは、技術であり、ただの技術なのだ。
それは、その店舗が海外に出店しても、もはや、日本の店舗とはみなされず、国籍不明の便利な店舗になることすぎない。
本店が日本にある必要はない。
「あくまでも、こういった技術が商業に必要だと」そう、思うのならば、姿勢を、改めるべきである。海外出店はやめる。やめないのならば、将来は、日本から出て行け。
 

04. あやみ 2013年8月14日 04:56:37 : oZZpvrAh64sJM : vuYlgirP3I
蒲田さん、お久しぶりです。お元気でしょうか。

「陰なる力」なしには国境を越えての企業展開はできないと思います。マクドナルド、スターバックス、ハードロックカフェ、ディズニーランド、プレイボーイクラブ…単に資本の大きさや経営力ではなく、普通は障壁が働いて締め出される筈なのにされなかった。グローバル化という言葉が一般に知られる前からとっくにグローバル経営をやっていたのです。

>日本の商と、西洋の商は、まったく別物である。

本当にそう思います。
日本は等価交換の国であり、需要に対しての供給をなす国であり、誰もあまり儲からない国です。
西欧は需要なき供給をし、消費を強制するシステムを敷きます。

イオンは日本中の不渡り企業を根こそぎまとめて海外に売り飛ばす、怖い話ですね。
イオンと密接につながるのは三菱グループですが、三菱自体が外国との資本提携をどんどん進めています。…佐渡金山はこの三菱が抑えているのです。金が枯渇したと言い出し閉山したのは三菱です。それが実はウソだったとしたら…なんて考えてしまいます。


05. 2013年8月26日 20:30:32 : 7CacKTUh7k
もう日本の民主主義は参院選でワタミが当選した時点で賞味期限切れとも言えるでしょう。
なんでマスコミは開票する前から結果が分かっているのか。まだ1%しか開票してないのに当選確実なら、こんなものはインチキ制度じゃないのか。
最初から結果は決まっている。まず結論があって、やりたい事があって、その後選挙をして「これが民意だから従え」
支配のボロが出過ぎた。彼らは全世界で自爆している。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧