★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125 > 323.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
官僚とアメリカの関係、そして CIAの暗躍 ・・・ 真実を捉える考え方, 国内政治 (ニュースの真相) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo125/msg/323.html
投稿者 純一 日時 2012 年 1 月 25 日 11:39:06: MazZZFZM0AbbM
 

http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120125/1327453092


2012-01-25

前回、このブログで、政治家と官僚の力関係についての記事を書きました。
「実際に日本を支配しているのは官僚である!」なんてお話をしたと思います。

ん? でも、コレ、ちょっとおかしいですよね?
だって、このブログでいつも言っているのは、日本の真の支配者はアメリカだ!
実は、日本はアメリカの植民地なんだ!って事なんですから。

そこで、今日は官僚とアメリカ
いったいドッチが日本を支配してるの?なんてお話!

官僚と外国勢力の関係を考える時、一番参考になるのがインドのケース!
まずは、下記の記事を読んでみてください。

官僚階級と植民地支配とアメリカ留学…。

インドにおける英国の植民地支配の巧妙な方法の一つは、
インドの優秀な青少年を本国・英国に留学させ、みっちりと英国式の教育を施した上で、インドに帰国させ、インドの官僚や軍人として育成し、彼等を植民地支配の先兵として使う、つまり、英国人は姿を隠し、インド人によってインドを植民地支配するという方法だった。

そういう方法をとると、英国による植民地支配の実態はインド国民の眼には見えなくなり、つまり、あたかもインド人によって支配されているかのような錯覚状態になり、
それが、インド民衆の独立への意思を減退させることになるというわけだ。
そこで、支配階級としての資本家階級でも、被支配階級としての労働者階級でもなく、
官僚階級という新しい階級が成立することになる。


「小沢問題」における検察官僚の暴走という問題を考える時、
忘れてならないのは、この、植民地支配の先兵としての「官僚階級」という問題だろう。

すでに、東京地検特捜部だけではなく、多くの官僚が、米国留学組であり、
佐久間拓哉特捜部長がそうであるように、ある場合には在米日本大使館勤務の経験を持っていることが知られている
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20100122/1264117548#c

つまり、こんな感じでしょうか?
官僚とは、外国勢力の植民地支配を民衆に見えなくするための階級であり、
外国勢力のエージェントである!

ただし、官僚の全てがはじめから外国のエージェントで、
売国奴だった訳ではありません。

日本の官僚には、行政官長期在外研究員制度といって、
入省8年未満の若手官僚を2年間、海外留学させる制度があります。
アメリカは、この留学の時を利用して、様々な手練手管を用いて、
若手官僚をエージェントにしてしまう訳ですね。

つまり、何が言いたいのかというと、官僚は留学する事によって、
アメリカのエージェントになるっていう事!

ただし、官僚の中には留学しない人も居るでしょうし、
アメリカ以外に留学する人も居るでしょう。
さらに、留学してもこの国を愛している!という人も居るでしょう。

この人達は、良識派であり愛国派なので、
売国政策を推し進めようとする留学組官僚とは、当然意見が異なります。
そこには、もちろん摩擦というか軋轢というか、覇権争いのような物が生まれる訳です。

とくに、1985年の御巣鷹山のJAL123便事件以降、アメリカ主導の売国政策が激しくなるにつれ、愛国派と売国派留学組の摩擦は極限に達していきます。


そしてついに、この愛国派・良識派官僚の抵抗が邪魔になったCIAは、
彼等の一掃を狙った工作を仕掛けます。
それが、1988年のノーパンしゃぶしゃぶ事件です。

この事件が、CIAのハニートラップだった事は、もう有名なお話ですよね?


▼「日米同盟の正体」という本で元外務官僚が暴露しています
http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/837.html


事件の後、わざとらしく名簿を流出させ、
有力な大蔵官僚が軒並みパージされてしまいました。

もちろん、パージされたのは、愛国派と良識派の官僚だけ!
そして、権力の座に残るのは、留学組の売国官僚ばかり!という寸法です。

さらに、この事件がきっかけとなって、大蔵省は財務省と金融庁に解体されてしまいました。
それは、日本の官僚の本丸、大蔵省がアメリカに攻め落とされ、完全に占拠された瞬間でした。


こうして、この事件の後、官僚の上層部は全てアメリカ留学組になってしまいました。

これはつまり、アメリカのエージェントである売国奴が、
この国を支配するようになったという事です!

そして、トップに立った留学組が、後輩の留学組を引っ張り上げるシステムが出来上がり、ついには、アメリカにこの国を売る者だけが、
出世するという仕組みが完成しました!

今では、官僚の留学先の7割以上がアメリカ!
国費を使った留学で、日々売国奴が量産され続けています。

つまり、我々のあらゆる資産をアメリカに献上してしまう人間を、
給料から留学費用、住居や手当まで、しっかり我々が税金で養ってあげてるって事!
コレって、めちゃくちゃムカつきますよね?


でも、ムカつくあまり、『留学組官僚! この野郎!』なんて日本人同士で争いを始めると、
『うっしっし! バカが仲間割れ始めたぞ!』なんてあざけってる奴等がいる訳です。
そう! 後ろで操ってるアメリカのユダヤ金融勢力の連中です!

国を売る官僚や政治家、腐った財閥やマスコミと、
真実を知れば知るほど、色んな奴等に腹が立って来ると思います!

でも、心に湧き上がる全ての怒りは、
アメリカの金融ユダヤ勢力やCIAの連中に向けてやりましょう!
全ての元凶は、この「人間のクズども」が作り出しているんですから。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. siragajiji710 2012年1月25日 13:00:07 : 6dzNJYdrNBev2 : P1XKXlqNxc
この現実が多くの国民に知られるようにしたいものです。

それにより現下の政治状況を変えることができるでしょう。


02. 2012年1月25日 13:19:47 : VBBYgF81p2
全くおっしゃる通りです。腐った官僚をすぐ全部追いだしましょう。そして一日でも早く独立しましょう。もう限界に来ています。このまま放置したらまもなく日本にもスラム街が出現します。今でも十分貧乏国家になっているのにこれ以上アメリカの言う事を聞いたら益々貧乏になり税収は落ち生活保護世帯は増加する。生活保護世帯が2%で苦しんでいるのにアメリカと同じ15%になったら保護できるはずはない。犯罪が増え牢屋が増え監獄が工場になる。今でも派遣、パート、アルバイトと正に奴隷に近い労働を強いているのに今度は完全奴隷の生産にすすむ。アメリカではすでに監獄ビジネスが花盛りと聞き及ぶ。私はそんな国に日本をしたくない。

03. パルタ 2012年1月25日 14:03:37 : BeExvDE2jO5d2 : KWEa32Be12
>>02
最低賃金は絶対に生活保護よりも多くないといけません。
そうしないと国のあり方が狂ってしまいます。
今は夫が低収入なら妻は離婚して生活保護を貰った方が
医療費も免除になり、収入が増えるようなおかしいシステムです。
とにかくこのままでは毎年自殺者3万状況が続き、庶民は皆殺しにされるでしょう。
取るべき私有財産がないから消費税増税となるのでしょう。
野田のネクタイはゴメンだ。世界経済は四方から火の手が上がってますし、
直下型地震は4年以内に来るという予想もあるようです。
議員や官僚特権を廃止し、庶民のサバイバルを応援する政治家こそ支持しないといけませんね。

04. 2012年1月25日 14:31:24 : HzSdqSk57U
飛躍しすぎるけれども、こんなユダヤ-アメリカの世界支配体制を見るにつけ、果たしてヒットラーは悪だったのか、また大東亜共栄圏は悪だったのかとの思いが霞める。
極々単純に言ってアメリカは自国で核を開発し、広島長崎に二種類の核を投下して、その悲惨さを熟知しながら核を持ち続けているにも関わらず、他国の核開発を阻止しようとする。
他国の国内問題を人道上の理由と言う事で、軍隊干渉する。
そして、他国の指導者の殺害までをも行う。アメリカ流の正義の名の下に堂々と。

長年腐った生活をしていればそれが顔や体系に現れる様に、長年利己的な国家運営をしているとその結果としての国様は隠しようがなくなる。

いまこそはっきり言えるのはアメリカこそ悪の枢軸国と言う事だ。


05. 2012年1月25日 14:34:14 : VakF4nKSH2
>>03
>最低賃金は絶対に生活保護よりも多くないといけません。

無知な人間の理想にすぎない。

そんなことをすれば企業の海外流出にさらに拍車がかかることになる。
新興国の格安人件費に対抗するには、低コストの国内労働も必要なのだ。

生活保護に満たない分は、生活保護で補てんされるから問題ない。


06. 2012年1月25日 15:18:42 : 1rr4JnsIEU
レーガン政権の時のアメリカです。双子の赤字に苦しんでいました。特に対日赤字の大きさは深刻で、全米で日本車を壊すデモが頻発していた頃です。日本を無力化して再占領するための秘策を考えるプロジェクト・チームが作られました。MITやハーバードの学者達が駆り出されて到達した結論が、コードネーム「attractive policy」でした。これは「魅惑の国アメリカ」と呼ばれ、1984年9月に大統領の承認を受けました。プラザ合意の1年前の出来事です。この政策により、日本から優秀な官僚や学者達がアメリカへ留学し、親米派として取り込まれていったのです。その手法は愕くべき方法でした。これ以上は書けません。

07. 無生物 2012年1月25日 16:31:24 : ce0Ar6eaeTZ7w : 8cmLjyQH4H
>>05
生活保護もらえるんですか?
創価学会など何らかの組織に属すれば、簡単なのだそうですね。

生活保護を受給できずに、おにぎり食べたいと書き残して亡くなった方がいました。悲痛な出来事を忘れることはできません。


08. 2012年1月25日 17:22:00 : VEIBwAt3ag
04様と、全て同感です。

09. 2012年1月25日 18:20:13 : VBBYgF81p2
今日本の最低賃金は時給約750円ですが、アメリカはすでに3ドル以下でしょう。
もう無茶苦茶になりますよ。日本の銀行も御存じの通りメガバンクまでサラ金になりました。日本は金利上限一応20%ですが、アメリカは多分40%ぐらいだと思います。TPPに参加しアメリカと一体化したらそうなります。もちろん医療保険も追加で入らねば十分な医療を受けられなくなりそれで破産する家族続出間違いないです。簡単な盲腸の手術され受けられなくなります。そしてたぶん無料診療ができると想像しますが歯が痛くなって医者に診てもらおうとすると多分何ヶ月か待たねばなりません。そんな国になるのは絶対いやです。政治家も国も何を考えているのかと思います。

10. 2012年1月25日 18:22:27 : dlp5rHUhkk
管理人さん拍手がまた妨害されています。明治維新も伊藤や井上が密航してイギリスに留学しています。アーネスト・サトウの日記で彼らが顎で使われていることが良くわかります。伊藤も井上もイギリスのエイジェントであったのではないか。同じことが繰り返されているのです。

11. 2012年1月25日 19:20:26 : AcjCJq3jpg
10様、確かに拍手しにくいですね。
支配者層にとって、よほど知られたくない記事内容なのでしょう。
問題の根源は、銀行の所有者つまり国際金融資本が通貨の発行権を握り、秘密裏に通貨の信用創造と配分を行って実質の絶対権力者として経済を支配していることにありますね。

12. 2012年1月25日 21:45:59 : eEdDplVwaI
ユダヤ人(ロスチャ=IMF)が地球の悪魔。
ちょんが手先。(のだ、官、前原、小泉、・・・etc)

ユダヤが西に行き、ちょんが東に流れ・・・。共に地味豊かで無い土地の民は・・・「ジャパン as No1」が憎い。ものごと全ては、「しっと」「ジェラシー」で始まる。どれだけのシルクロードの都市が殺戮・炎上したことか。

アンネの日記・・・700万人の受難???(何かしたので、ヨーロッパ人も怒る?)

だけど、・・・ユダヤ人の発明は80億人の地球人を何百回も滅ぼせる。
1.「原爆」の開発。(「フクイチ」もこの流れ・・・)
2.「金融」工学、「CDS」の発明。

3.ユダヤ人の最大のやり口「消費税」は悪魔の搾取・・・、役人・役所は「無駄使いのし放題」1000兆などあっと言う間。日本・イタリア・ギリシャ・・・etcを何百回も滅ぼせる。

他の民族・人種ならやらない事でも・・・やってしまうのが「ユダヤ人」。

消費税が導入されて・・・1000兆が積み上がり、又ジャパンasNoどんべ。

イオンと松下は2度と買わなくとも、
「消費増税・・・」はさせない。

日本人の平均寿命を50歳にさせても・・・、日本をパレスチナにしてはならない。

以上


13. 2012年1月25日 21:51:21 : FxalUWGO3Y
>そしてついに、この愛国派・良識派官僚の抵抗が邪魔になったCIAは、
>彼等の一掃を狙った工作を仕掛けます。
>それが、1988年のノーパンしゃぶしゃぶ事件です。

>この事件が、CIAのハニートラップだった事は、もう有名なお話ですよね?


当時の大蔵官僚も現在の増税画策集団と変わらんだろ。

ノーパンしゃぶしゃぶはそういう風俗営業であって、所謂ハニートラップではない。

ノーパンしゃぶしゃぶで働いていた女性のインタビュー記事もあったが、乱暴に扱われて大迷惑だったそうだ。

金は遊びに来た官僚からたくさんもらっていたということだが。


14. 2012年1月26日 03:54:43 : 3OFfnVPXR1
ちゃんと敗戦を反省していれば連中がこういう手を使ってくるだろう事は予見が出来たはずだ。海軍の山本五十六大将もアメリカ留学組だった。そして開戦から山本五十六の暗殺までの過程を追っていけばいくらでも怪しい事実に突き当たる。特にミッドウェイ作戦の実行に当たり山本と対立していた軍令部の証言は貴重であっただろう。もしかしたら戦後すぐに口封じのために消されてしまったかも知れぬので、今さら残念ではあるが。あの戦争で犠牲になったのは戦死者ばかりではない。戦後アメリカの懲罰的な外交政策によって日本帝国の臣民だった者は数百万人も人生を狂わされた。そして今の日本の窮状がある。このまま行けば日本は滅びるのではあるまいか。

15. 2012年1月26日 08:47:30 : L5VU46Wy8E
TPPを勧めているのはこの連中だろう。

そもそも日本から言い出したことではない。日本に有利なわけがない。
国賊の売国官僚がアメリカの言いなりになって動いている。

だから反対する日本独立派の官僚もいるんだ。
しかし組織内で反対するのは反主流になってしまう構図だから上にはいけない。


16. 2012年1月26日 10:07:13 : K7Z0LZyAEE
なかなか面白く説得力のある仮説です。
確かにあのノーパンシャブシャブ事件は官僚間の力関係を変えた歴史的な重大事件と私は思っています。
これまでの私の理解では官僚の主導権を戦後の経済復興に功績があり、圧倒的力を持っていた「財務・大蔵官僚」に対して旧内務省の流れをくむ「司法官僚」が起こした奪権闘争と見ていました。
しかし支配力が「金権」から「拘束権」というより直接暴力に近づくという点で私は厭な予感を持ちました。
しかし、皆さんはあの事件を上手くかいくぐった人物がいることをご存知でしょうか? ノーパンシャブシャブ店の常連でその顧客リストに名を連ねていたのが今の宮内庁長官の羽毛田なのです。
こんな不浄な人物が宮内庁長官として天皇の側近におり、例の中国の習近平副主席の天皇謁見に関して鳩山民主党政権に噛み付くことで反中意識を煽りました。当時天皇のご健康を理由に挙げていましたが、その天皇は先日過労で入院されました。
今度は天皇のご健康を守る宮内庁長官としての謝罪の会見すらしていません。
しかしこの投稿と併せ考えると、彼こそアメリカの手先となって彼らの邪魔になる愛国経済官僚をノーパンシャブシャブ店に誘い込む役目を果たした人物ではないかと推認できます。その功績で彼は全く不浄の身でありながら宮内庁長官の地位を得ていると思われます。
日本の属国化はここまで進んでしまったようです。

17. 2012年1月26日 11:00:38 : 7C9Y5cQlhU
日本はアメリカに戦争で惨敗したので仕方がないといえばそれまでだが、アメリカもこれほどまで日本が経済発展するとは予想していなかったのではなかろうか?
それにしてもアメリカの日本に対する軍事、外交上の支配は完璧です!
世界情勢、とくに日本の周囲の国との関係をよく分析しなるべく早くアメリカの支配を日本は脱しなければならない。政治家は何をしている。とくに日本共産党は、日米安保破棄はどうなった?

18. 2012年1月26日 11:19:23 : VakF4nKSH2
>>07
>生活保護もらえるんですか?

無知にもほどがある。
収入が生活保護費に満たない場合は、その差額を受給できる。

健常者なのに介護の職を断り、金だけ要求するような人間には支給が却下されるのは当然だがね。


19. 2012年1月26日 11:49:47 : MP2kMieSbs
アメリカに運用できる資産はありません。借金だけで成り立っている国です。
そんな破綻した資本主義を勉強してきた官僚に日本の経営を任せられると思いますか、それはNOです。

20. 2012年1月26日 12:33:51 : FYruUgxTSA
>>18
Vak バカがこんなとこにでてくるなよ。
すっこんでいろっ!
あほんだらめが。

21. 日高見連邦共和国 2012年1月26日 13:11:19 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A
>>18 ID=VakF4nKSH2 通称『バカ』

何となく”普通のこと”を言ってるっぽくても”叩かれる”嫌われ者!

まあまあ、20さん。
投げるなら”石”ではなくて、ぶつかるともっと”痛い”ものにしましょ!!


22. 2012年1月26日 13:48:46 : 6lFxJQkvyg
<12. eEdDplVwaI 様

なるほど!

明解です。

「日本人の平均寿命を50歳にさせても・・・、日本をパレスチナにしてはならない。」

ユダヤ人(ロスチャ=IMF)
ちょんが手先(のだ、官、前原、小泉、・・・etc)

こいつらは棺桶に片足突っ込んでるから、ほっといても早晩逝く
(特に手先たちはいつヤラレルか気が気じゃないだろうな)

罪なき子供たちの未来を守れるのは我々しかいない。

心一つだ。


23. 2012年1月26日 14:05:19 : fqzPberNjI
売国奴守銭奴の寄生虫役人らは全てアメリカのスラムに島流ししてやれ。彼らは日本人同胞に寄生しその身代を食い潰しながらアメリカの手先提灯持ちデッチとしてこれまで散々ワルサしてきたゴクドーだ。各自一人ポッチにして、深南部や大都市スラムに送り込んでやれ。権力を傘にし集団で卑劣卑怯なワルし続けた糞らだ。一人キリでは何も出来まい。

イエロージャップを含む色つき人間には、あの深南部は今なおとてつもなく恐ろしいぞ。寄生虫役人には罪滅ぼしなどにはならぬが、しっかりと恐怖を味わうことだ、テメエらの大好きなアメリカ様の根城で。


24. 2012年1月26日 16:16:24 : 4D5j8TQjzg
ノーパンしゃぶしゃぶ報道で、メデアが踊り、大蔵省が解体されたことはまちがいない。
いま米国大統領選がはじまり、金融ユダヤがイラン攻撃の好機ととらえている。わが国民の取るべき態度は、彼ら汚い奴らを腹の中で軽蔑し、貧乏でもよい、自主独立でやればよい。

25. 2012年1月26日 17:29:08 : RzqCBoHeak
ノーパンしゃぶしゃぶの店は全部在日ややくざの店だったというから、罠だったのは事実だろう。

26. 2012年1月26日 17:58:04 : ESNPb3bF1s
アメリカはもう戦争はできない
昨年オバマが既にイランへの攻撃を指示したが米国防総省がこれを拒否している
もう、アメリカの政府機関にはなんの力もないし
軍隊が動かないので日本が保有する米国債も踏み倒せなくなってる
おまけにアメリカ国民によるクーデター一歩手前の状態

今までアメリカの支配層に飼いならされて特権階級を維持してきた
日本の官僚が最後の抵抗をしているだけで金融詐欺師どもの破綻はもう確定してる

TPPも水面下では既に保留
あとは次の選挙で国民が奮起して官僚組織を解体するだけの段階まで来ている
小沢氏や橋本、みんなの党がTPPに賛成していたのも官僚の邪魔さえなければ
既に米国との対等な交渉に持ち込める段階にまできているから


27. 2012年1月26日 18:11:37 : WRcvzABPLo
小沢先生は無実でも起訴されました。
過去ですが、石井先生は暗殺されました。
04さんの言うように、アメリカは意に沿わないと他国に軍事干渉します。
アメリカ=ユダヤに日本のワンワン官僚・政治家は逆らえません。
TPPも消費税も全てアメリカの為です。
行動を起こそうとしても、直ぐ監獄です。
成す術も有りません。
お先真っ暗です。

28. 2012年1月26日 20:26:49 : 6QKa77AQe2
アメリカともう一度戦争して勝利しない限り(すなわちその可能性は限りなくゼロですから)今生では、アメリカ様の支配はもう変わらないという前提で、物事を考えます。
したがって私は、日本国民は全員、アメリカ様の奴隷だと(仕方がないけれど)あっさりと認めてしまうことにしました。
その上で、今の日本を支配する官僚、大マスコミ、ドジョウと自民の一派を@傀儡派とし、小沢氏を中心とする一派をA奴隷頭派(小沢氏を奴隷頭などとお呼びするのは断腸の思いです)としましょう。
ところでアメリカ様の目下の関心事は、2015年に、消費税増税という貢物がキッチリと献上されるかどうかでしょう。
そこで、アメリカ様に少し考えてもらいたいのですが、@傀儡派が自分らの資産や贅沢な暮らしを温存したまま、消費税増税を頭ごなしに奴隸に強要するのと、A奴隷頭派が、傀儡派の資産や既得権益を処分してやるだけやった結果として消費税増税を奴隷にお願いする場合と、どちらが2015年に消費税増税が実現する可能性が高いか。
@で行った場合、おそらく、奴隷の反発は物凄く、政治は政局を繰り返し、何も決まらない決められないカオスのまま2015年を迎えるでしょう。一方、Aで行った場合、もしかすると、奴隷頭派の奮闘によって、消費税増税が実現しない可能性も僅かにありますが、現実は厳しく、結果として消費税増税をお願いするということになると思います。しかし私は、その時は奴隷の一人として、消費税増税を飲める気がするのです。
したがって、合理的なアメリカ様におかれましては、ドライに@をぶった切って(傀儡どもに考慮する必要はこれっぽちもありません)、Aを推してくれる(否、妨害しないだけでよいのです)ことをお願いしたいのです。
そうすれば、2015年に消費税増税が実現していると思います。
かつてケ小平は「黒い猫でも、白い猫でも、鼠を捕るのが良い猫だ。」と言ったそうですが、@とAとどちらが鼠(消費税増税)を捕ってくれる良い猫であるかは、明らかです。

29. 2012年1月26日 21:37:57 : vAG9WWMuLY
そもそも
アメリカが国際金融資本によって操縦されている傀儡国家だからな
その国際金融資本も
ロスチャイルドとロックフェラーはまったく別の利害で存在しているし
その二大勢力以外にも
国際金融資本は存在する

またアメリカも
国防総省はアメリカの軍部だが
CIAはアメリカの予算で活動しているだけで
アメリカのためではなく
紛争を管理するマッチポンプの敵と成りそうな
危険の芽を摘んで回る役目を担っている
英国聖光会・ガーター騎士団の私物だ

ちなみに、ヒロヒト天皇もガーター騎士団員よ

もっと簡単に言えば
全ての犯罪の主宰者になっておれば
新たな犯罪が誕生した際
必ずその傘下に収容できるため
主客転倒しないよう
予め犯罪を管理・主宰していくということ

日本においても
沖縄に駐留する海兵隊はアメリカ軍だが
創価学会や統一協会は別にアメリカ軍ではない

実はアメリカ政府なんてのは
日本の官僚ほどの能力は無い
軍産複合体として
国際金融資本の尖兵として利用された場合のみ
世界最強の脅威となるだけ

米軍とロックフェラーは関連はあるが
ロックフェラー=アメリカ政府ではない
CIAとロスチャイルドは聖光会繋がりはあっても
間にMI6が存在するため
アメリカ政府・ロックフェラー・ロスチャイルド・CIA
4者は別々の頭部を持っている
日本に対する要求も4者は相反していて連携する部分は少ない

増税やTPP参加は彼らの意思ではなく
紛れもなく
日本の官僚の意思だ

一言にアメリカで纏めるから
対応を誤るのだ
というより
アメリカの圧力で・・・という囮戦略にひっかかる


30. 2012年1月26日 22:10:14 : NizQOPCLy2
>増税やTPP参加は彼らの意思ではなく
>紛れもなく
>日本の官僚の意思だ


全て国外勢力の仕業に仕立て上げようとするのも官僚の常套手段ですよね。

マスゴミを使って外敵を作り、世論操作するのですよ。


31. 2012年1月26日 22:31:29 : dzqRyfwCmo
雅子妃は外務省時代、イギリスに留学したみたいですね。
その研修の成果はここでは書きません。
皆さん調べてみてください。

32. 2012年1月27日 00:00:06 : YceM4bea26

 日本では、2009年秋から2010年初夏まで続いた民主党の鳩山政権が、沖縄の米軍普天間基地の移設問題を皮切りとして在日米軍基地の国外移転の問題を盛り上げたり、日中協調を意味する「東アジ共同体」を作ろうとするなど、多極化の準備をしようとした。しかし、戦後の日本の国是である対米従属から離れることを拒否した日本の官僚機構によって、鳩山政権の動きは封じられた。与党の民主党内でも、対米従属からの離脱を目指す小沢一郎の派閥と、対米従属の維持(日米同盟の強化)にこだわる前原誠司やその他の派閥などとの対立が続いている。

 官僚機構の一部をなす法務省は、小沢に対し、検察審査会なども巻き込んで、政治献金をめぐって濡れ衣的な捜査や起訴、処分などを執拗に繰り返した。官僚機構が流す情報をそのまま書くことによって官僚組織の一翼を担うプロパガンダ機能と化しているマスコミも、小沢や鳩山を批判・中傷し続け、鳩山政権を辞任に追い込んだ。鳩山辞任後、2010年6月からの菅政権では、小沢の力と官僚機構の力が拮抗して何も決まらない閉塞状態が続き、その状態は2011年9月からの野田政権に引き継がれた。対立の拮抗によって、日本の政治は閉塞した状態になっている。

 鳩山政権が打ち出した「東アジ共同体」の構想は、官僚やマスコミの反対にあい、すぐに引込められた。日本の権力構造を地方に分散してしまうことで、官僚機構が権力を握る体制を潰そうとする地方分権の政策も、模索されたものの雲散霧消している。しかし、沖縄の普天間基地を国外(沖縄県外)に移転させようとする動きだけは、沖縄の圧倒的多数の人々によって支持され、日本の官僚機構が米国との政府間合意に基づいて普天間基地を名護市辺野古に移設する計画を事実上頓挫させている。

 民主党は、2005年に策定した「沖縄ビジョン」以来、在日米軍基地の負担を本土から押し付けられてきた沖縄県民の感情を扇動し、米軍基地を沖縄から追い出すことを目指す沖縄の政治運動を盛り上げることで、日本の対米従属の国是と日米同盟の基盤となっている在日米軍を日本から出て行かせ、日本を対米自立の方向に持っていこうとしている。沖縄県が米軍基地を受け入れないなら、他の都道府県も米軍基地を受け入れず、県外移転は国外移転とならざるを得ない。

 民主党の戦略を描いた小沢一郎が、沖縄の人々を煽って日本から米軍をなくそうとしている理由は、彼が反米・親中国だからではない。沖縄の米軍基地を永続させることで、日本の対米従属の国是を保持する戦略を続けているのが日本の官僚機構であり、米軍基地の存在に支えられた対米従属の国是が続く限り、官僚機構が実質的に政界よりも強い権力を持つ「官僚独裁」の構図が日本で続くからだ。

 外務省などの官僚機構は、戦後日本にとっての「お上」だった米国の意志の「解釈権」を握ることを通じて、政界を押しのけて日本の権力を握ってきた。沖縄県民を扇動し、沖縄そして日本から米軍基地を追い出せば、官僚機構は権力基盤を失い、相対的に政治家の力が強くなり、政界が日本の権力を得られる。政治家は民主的に選ばれた人々だが、官僚はそうでない。政治家が官僚から権力を奪うことは、日本の「民主化」である。小沢一郎が率いる民主党(特に鳩山政権)は、日本の戦後史上初めて、官僚の権力を構造的に剥奪して日本を民主化することを狙った勢力だった。

 沖縄から米軍基地を追い出すことが、なぜ日本の官僚機構の権力基盤を揺るがすことになるのか。それを説明するためには、まず沖縄の米軍基地が持つ状況の深いところを探る必要がある。


33. 2012年1月27日 00:26:35 : rqSDIAxJjw
だいたい、オックスフォード大学とか、ハーバード大学とかの英米エリート大学なんかに留学した連中は、ほとんど洗脳されて売国奴となって帰国する。

東大に留学した外国人を、日本のために働くスパイにする洗脳工作を日本もすべきだよ。

マイケルグリーンなんか、東大に留学しているのに、完全に日本イジメの王者になっている。何やってんだよ。日本は。


34. 2012年1月27日 00:28:13 : suOQMjVuC2
1月27日(1945年)はアウシュヴィッツが解放された日。

2ちゃんでは、あいかわらず、
ひどい差別用語が飛び交っていますが、
その異常性、極悪性をあらためて認識しましょう。

犠牲者の方々に黙祷。


35. 2012年1月27日 00:52:32 : k9Ny8nJzww
ハーバード大学学閥、これは魅力的だね。彼らは彼らなりに売国奴とは思わず日本のために世界のための働いていると思っているよね。どうもIQの高い人たちは洗脳されやすいみたいだね。(オームもあるね)なんだか狩猟民族と農耕民族の差を感じるね。農耕民族は狩猟民族には勝てないよ。強いほうにつくのも国家のためには大切なことだよね。・・・・農耕民族は搾取されても・・・・少しずつ・・・少しずつ・・・同化していく。同化するスピードと方法を考えてほしいな。どのように同化するのか?

36. 2012年1月27日 01:19:57 : wQoViPPC8o
だからこの手の資本勢力抗争論の最大の構造欠陥は、所詮50億人時代の古い
裏秩序観でしかないことだろう。
冷戦崩壊から世紀をまたいで30年を待たずに20億人も人間は増えている。

技術の成熟は良くも悪くも、知識と繁栄の底部の底上げを世界中で繰り返し
結果として今の国際資本の覇権抗争は、文字通り世界中から史上空前の数の
新興勢力集団が、かつてないスピードで総当たり戦を繰り広げているのが現
在の偽らざる実情だ。

ロスチャイルドもユダヤも結構だが、阿修羅でそんなピンボケを真顔で語って
ると大恥をかくのが落ちだぞ。


37. 2012年1月27日 01:55:09 : SkINGgzjfA
国会正門前で、小沢さんを励ましましょう。  参加自由。

2月22日午後2時、藤島さんの白いエスティマが、目印。

この画像は、前回。、12月のものですが、今回は、もっと盛りあがります。


http://www.youtube.com/watch?v=mCBRKI6HMPU


 この裁判は、思惑を秘めた「魔女狩り裁判」であり、
 構成員の実態すら不明の検察審査会による強制起訴という行為が、
 法の名を借りた<理不尽>の別名であることを、理解できるまでとなった。

 小沢一郎を見殺しにしてはならない。

その日。その時。小沢一郎は、きっと国会議事堂の中に、顔をしかめているだろう。
 彼は孤独である。小沢一郎は、たまらなく孤独である。
 そんな今の彼だからこそ、
 議事堂前から、「頑張れ。小沢!」と、激励の一言を送ろうではないか。
 たった一言の声援でも、痛みきっている心の励みにはなるはずだ。

 官僚やマスコミがどう言おうと、小沢一郎は戦後知性の象徴である。
 敗戦の教訓から得た知性を順守して生きてきた政治家である。
 彼を見殺しにすることは、<戦後知性>の自死を意味する。
 彼一人に戦わせてはいけない。僕たちもまた、戦わなければならない。
 そうした理由から、

 22日の国会議事堂前の散歩を呼びかけるものである。

参加自由



38. 2012年1月27日 01:57:25 : YbZdeBCI6l
>>35

外国の勢力に支配された後どうなるのか?一番身近な例が台湾だ。1945年以前は帝国最初の植民地として沖縄以外ではもっとも文化的に日本に近かった。1945年以降アメリカの意向により中国国民党が支配者として台湾を占領。まず日本の帝国大学などを卒業したエリート層が公職から追放され軍と秘密警察により殺害される。犠牲者は約2万。日本時代に成功していた商人や地主たちは法律を改竄して財産を取り上げ、中国から引き揚げて来た難民や敗残兵に分配された。学校では中国語以外は禁止。日本語を話す者は下品で愚劣な社会の底辺とされた。日本時代には犯罪者であった反日ゲリラは一転して祖国に忠誠を誓う英雄にとされる。中国への同化に逆らう者は秘密警察に殺されるか国外追放。残った者は中国への同調者と仲間を売るスパイだけ。こうして、台湾人は日本の臣民から中国人へと同化された。

日本が同化される時はもっとひどい事が起きると思うよ。なんせ公式には中国は台湾人を同胞だと認めている。しかし日本人を同胞だと認める国は日本以外にはこの世に存在しない。きっと日本人として生まれてきた事を後悔するような社会になるだろうね。それでも同化したいか?


39. 2012年1月27日 07:26:43 : rqSDIAxJjw
>38

>1945年以降アメリカの意向により中国国民党が支配者として台湾を占領。

38さんの文章で、気になるのが、この点だね。
アメリカが主導して、中国国民党のバックにいて「台湾の脱日本・中国化」を支援したということではないですか?。
戦後の、国民党による台湾人知識人(日本シンパ)の虐殺を裏から指示していたのはアメリカ、ってことになんとなく賛成するね。左近の現状をみると。日本を孤立化させるアメリカの思慮遠望でしょう。アメリカ自身は直接手を下さず、国民党に親日台湾人を虐殺する戦法でしょ。実に巧みだね。TPPみていても日本人の扱い方をみていても実に巧みだよね。アメリカは。


40. 2012年1月27日 07:58:25 : d07iybJkXA
 
同ブログより
 
●統一教会と創価学会、そしてCIAの関係とは?
http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120120/1327020002
 
創価 オウム で検索
 

41. 2012年1月27日 09:38:02 : z82Gd748Vw
9月入学もアメリカのさしがねのその一環だと思いますが、教えてください。

42. 2012年1月27日 09:55:10 : Qw1NWOIF42
世界大戦を好まないアメリカ利口層もいるでしょう。
IT社会を世界中に導入するにあたって、アメリカ利口層
は、日本にもぐりこませた日本の売国奴連中、や自国の
アメリカの金のあるバカ層を処理しないといけないなと
思っているはず。

バイオハザード見れば分かるよ。
ゾンビにならなかった人が、人間として勝利。


43. 2012年1月27日 11:29:54 : kVRjv6w4OQ
イヤダヨ〜こんな世界、考えたくもないよ〜
まるでハリウッド映画じゃん、とするとこの投稿者も暗殺されるん?

              byノータリン


44. Joe Black 2012年1月27日 11:35:09 : bW5IgvLHb59yM : dGc42tY2kg
あちらの戦略は、日本の官僚の解体。ですが。笑

官僚という、英単語までできていますよ。

今日まで日本を守ってきたのは、官僚制度である。笑

官僚制度が、日本を守ってきました。

それを壊すのであれば、それに見合う代替え案を提案してからでしょう。


45. 2012年1月27日 12:24:13 : g5YNM3KfF2
30、39さん
>アメリカ自身は直接手を下さず、国民党に親日台湾人を虐殺する戦法でしょ。実に巧みだね。TPPみていても日本人の扱い方をみていても実に巧みだよね。アメリカは。

■英米の外国支配の常套手段。

以前、BS放送で池上彰さんの現代史講義(だったと思います)を視聴しました。

そこで述べられていた英米の外国支配の手法は、当該国あるいは隣接国の中に傀儡を作り自分たちは決して表にでないというやり方だと解説していました。

その実例としてベトナムなどアジア諸国の支配の構図を説明していました。

顔が似ている当該国人や隣国人の傀儡を作ることで反感を持たれずに支配できるからだそうです。

この手法は世界中の植民地支配の常套手段として営々と受け継がれてきており、韓国、台湾、日本など極東地域でも同じなのです。

ただ、最近はあせっているのか、アーミテージなどが顔出しで恫喝・感化本を出したり、原発事故の頃は官邸野市部に常駐して直接支持をだしたりしていますが。
   ↓
「日米同盟vs.中国・北朝鮮」 (文春新書、リチャードアーミテージ)
『尖閣、尖閣、尖閣、俺たちをなめるんじゃないぞ!』
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%B1%B3%E5%90%8C%E7%9B%9F%EF%BD%96%EF%BD%93%EF%BC%8E%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%83%BB%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%EF%BC%AC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8/dp/416660788X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1327633861&sr=8-1

顔を見てください。赤毛のヤクザ。(毛はないが)

こいつらと一緒に若手政治家(前原、玄蕃等の従米7奉行)を教育指導してきたのが渡辺恒三の息子の渡部恒雄。
   ↓
●渡辺恒雄は渡辺恒三の息子。そしてその正体はCIAのエージェント!
http://snsi-j.jp/boyakif/wd201002.html

この渡辺親子が従米7奉行(前原、枝野、野田、玄蕃など)の教育、指導係なのだ。

以下、「CIAの陰がちらつく、渡辺恒三氏、前原誠司氏こそ諸悪の元凶ではないか」より引用します。

−−−−−−−一部引用−−−−−

 マイケル・グリーンが手足として使っている(長島昭久議員以外の)もう一人の男は、小沢一郎から分離、反抗の態度で、すぐに浮ついたこと発言するようになった民主党の長老の渡部恒三議員の息子の渡部恒雄である。

グリーンの教え子で、肩書きもCSIS(シー・エス・アイ・エス)の研究員である。

彼は、東北大学歯学部を卒業後、ワシントンCDで政治学を研究して、そしてグリーンの忠実な分子として洗脳されて今の立場にいる。

やはり渡部恒三氏も親バカ何とかという諺があるように、洗脳された息子のアポにひきづられて「小沢氏追い落とし」の攻撃を仕掛けているのである。

息子の恒雄が、そして、前原や枝野ら民主党内の反小沢グループを何かあるとすぐに唆し(そそのかし)て民主党分裂策動を開始する今は、「七奉行の会」とかを作って定期的に会っている。

ここに、岡田克也外務大臣までがひきづられて連れてゆかれる。
そうしてマイケルは「アメリカとしては、鳩山、小沢のあとは、お前たちに日本の政治を任せようと考えている」とマイケル・グリーンが渡部恒雄と出てきて盛んに扇動していたと言う。

−−−−−−引用ここまで−−−−


46. 2012年1月27日 12:52:42 : g5YNM3KfF2
■米国はリーダーか?

『私たち(米国)はもう道徳的なリーダーになれない』(米ロックフェラー財団会長)
(2011/12/25 東京新聞 一面記事を一部引用します)

(1945年当時)米ロックフェラー財団会長レイモンド・フォスティックの原爆投下を批判する手紙が、拓殖大学の日野川静枝教授によって米ニューヨークの米ロックフェラー財団資料館で発見された。

米国はヒロシマ、ナガサキに2発の原爆を投下し、20万人(最終的には40万人)の一般市民を虐殺した。そして米国内では次の発言に代表されるように原爆投下を正当化する論調が主流だ。

「原爆について道徳的に語るのは、愚かで無益だ。・・・二つの爆弾は多くの米国人の命を救い、たぶん日本人の命も救った」(ウオーレンウイーバー)

フォスティックは次のように反論している。

「だが、@米国が原爆の開発に成功した時、ドイツは降伏していた、A米国は日本が原爆をもっていないことを知っていた、と指摘し米国には原爆を投下する必要はなかった。

私たちはもう道徳的なリーダーにはなれない。

私たち何ら事前の警告もなしに、市民に逃げる機会を与えることもなしに、二つの原爆を落とした。日本の降伏がほとんど視野に入っていたのに、その機会を犠牲にしたのだ。」


47. 2012年1月27日 13:05:20 : 0EZ4BnKpdE

北朝鮮を利用していたのは内務省だろうな。
で単細胞な、内務省の天皇狂信者の国家主義者をたぶらかしていたのが中曽根だろう。
内務省と大蔵省は昔から根強い対立がある。

そういう暗闘を知らぬ若い平民出身の官僚は、
日米同盟を守るという意識で親米化して内務省に取り込まれ、大蔵省を抑える駒にされたのだろう。
要するに、霞が関分断作にはめられた。その手引き役は中曽根以外考えられない。

これに加えて、右翼活動家を朝鮮人が仕切っていて、
さらにそこに朝鮮人の反日感情が織り込まれ、左翼に朝鮮人が浸透していった。

そのだまし絵的な権力構造に対抗し、北朝鮮を懐柔し、
在日を取り込んで北朝鮮に送り込み北朝鮮政府の要職に就け、
そうすることで日本が隠然たる支配力を発揮することで、南北統一を目指したのが金丸。

それを恐れたのが中曽根だろう。当時は日米同盟は絶対で、これを言われたら誰も逆らえなかった。
宮沢に内務省の司法官僚を動かさせて、マスゴミも総動員して金丸を徹底的につぶした。
竹下・金丸がいなくなれば経世会はもたない。田中の遺臣が黙っていないからだ。
それで小泉を使ってマキコも取り込もうとしたようだが、さすがに手に合わなかったようだw

後はご存知の通り、エセ同和らによる在日叩きで、金丸の目論見はきれいに潰され、
その後小泉訪朝によって北の工作員の拉致被害者だけを連れ帰り、
残りの被害者は日朝分断のくさびとされ、金小日はその地位を安堵された。
なるほど小泉が忌問に総連を訪れるわけだ。忠実な家来を失ったのだから。

しかしそれは内務省の単純馬鹿どもが、結果的に自分で自分の首を絞めただけの事。
そんな感じでうまく操られて、日米朝韓全てがきれいに分断策にはまった。
つまり、ワシントン自身もこのインチキに巻き込まれていたということ。

そして今はワシントンはそれに気付いていて、
内務省の単細胞馬鹿や、中曽根のような朝鮮人の手羽先を、徹底的に無視している状態。



48. 2012年1月27日 14:27:17 : iToXUW0mpQ
昭和64年(寄生虫侵略100周年ゴロ)正月頃に

自衛隊かアメリカ軍のスクランブルか演習で

オールド・ドラコン。/デッド。デッド。/スネーク・モンスター。/キル。キル。/と
=今上陛下Or日本国/終った!終った!/(意味不明・説明デキズ)/殺せ!殺せ!

感情露に雄叫を挙た、外務省職員S.7/東大卒の様子を

テレビ画像で見た事が有ませんか。

                環境大学新聞  編纂室 家紋・分脈掛


49. 2012年1月27日 17:57:18 : YbZdeBCI6l
>>39

終戦当時中国国民党は大陸で共産党と内戦状態にあり、さらに日本とも15年の戦争を戦った後であった。そんなボロボロな状態で台湾に300万人もの軍民を輸送できる能力は無い。この大量輸送をアメリカが降伏した日本の海運力もこき使って全面支援しなかったら、たった数百人の軍隊で600万人いた台湾を占領する事など不可能だ。

アメリカは虐殺や圧政の表舞台には出てこないが、上記のように中国国民党はピンからキリまでアメリカの力に頼りきっていた。やたらと人権をほざくアメリカが止めろと言えば逆らえない。しかしアメリカはその後も中国国民党に軍事援助を続け、その意思ははっきりしていた。つまり、台湾人に対する虐殺や圧政はアメリカに公認されていたのだ。

冷戦が終わりアメリカと中国が対立するようになるとアメリカは掌を返したように今度は台湾独立派を支持し始めた。だが50年にもわたる中国化を経た後で独立したところで、まともな国家運営など出来るわけが無い。2000年に当選した民進党初の大統領は任期中汚職しまくりで逮捕。独立派には国家運営が出来る人材などいないのである。

国家は着せ替え人形ではないのだ。今さら中国に台湾を譲った事を反故に出来るとでも考えているのだろうか。

まぁ、別に台湾に限らずアメリカは南米でもひどい事をしている。アメリカがちょっかいを出した国は少数の飼い犬を除いて大多数の人間は悲惨な人生を送る事になる。日本が例外だったのは冷戦のおかげ。しかし今やアメリカの魔の手はどんどん本丸に攻め込みつつあるな。日本人にとっては未体験ゾーンだろ。台湾の例が参考になれば良いが。


50. 2012年1月27日 19:53:22 : BTfFJ4n7PM
>05. 2012年1月25日 14:34:14 : VakF4nKSH2
>>03
>最低賃金は絶対に生活保護よりも多くないといけません。
無知な人間の理想にすぎない。

そんなことをすれば企業の海外流出にさらに拍車がかかることになる。
新興国の格安人件費に対抗するには、低コストの国内労働も必要なのだ。

生活保護に満たない分は、生活保護で補てんされるから問題ない。

それで流出する企業はどんどん海外へ行けばいい。
自国民を安い人件費でこき使う様な企業はなくて結構。

こき使われて、貧富の差が拡大した社会になるくらいなら、国ごと萎んだ方がマシ。


51. 2012年1月27日 20:02:06 : mGD8007XVg
>>44

はい。残念でした。官僚の解体?(笑)

官僚が優秀でアメリカ様を向こうに回して日本のためにタイマン張って
くれるから、アメリカが邪魔だと感じるから解体しようとしてるのでは
ないよ。(笑)

明治維新からゾンビのように太平洋敗戦までもしぶとく生き残り、その
腐敗した組織益がとうとう今世紀、原発事故を介して人類の生死に関る

ほど汚れきってしまっているのに、日本の政治家もジャ−ナリストとす
ら呼べないようなサラリ−マン記者達もこいつらを駆除できないから、
世界の安全を守るためにアメリカは駆除を開始しようとしているだけ
だとさ。

そんなもんに守って欲しいわけ?(笑)


52. 2012年1月27日 20:36:39 : CoBB7HJnlc
ワンワールドを目指している奴が地球壊しを加速させている。
イラクの次はイラン。
ダボス会議にビルゲイツが顔を出しているのはどうしてか、考えてみるといい。
日本はアトミックボムNo.3で沈没させた、ロシア、中国にもちょっかいを出している。
この国には、証拠kがいる。
tomiman-daitokuのブログが証明している。

53. 2012年1月27日 21:38:09 : cVxoHb9ui2
>>04
当時の日本政府がそのダブルスタンダードに気付いたため不満を募らせ日独伊三国同盟を締結する方向へ舵を切ったのです
反日運動も当時アメリカで発生しても極力頭を下げながら外交方針を行っていたくらいです
松岡も太平洋問題調査会で何か見たんでしょう
何か裏を・・・

54. 2012年1月27日 21:38:55 : vAG9WWMuLY
だめだな阿修羅って・・・
官僚機構に対し「官僚機構」という見かけの名称にのみ捉われ
どうも本質をまったく理解していないな

ホントに知識人なのか?阿修羅の住人は・・・

日本の官僚機構とは、無理矢理だが一言に纏められる

学閥だ

官僚機構を解体するとか、官僚機構に守られてきたとか
わけのわからん議論に終始するんじゃない

官僚機構が、学閥から離れて、各省庁としての国民(または地方)に対し
納税者と国家予算のジョイントとしての役割を果たしておれば
政治が各省のトップ・人事を掌握することにより、官僚機構は管理できる

そもそも、官僚がいない国家など国家と呼べるわけがない

昨今飛び交う司法の問題についても、上級公務員に限らない法学出身者の
将来設計というものが、今までのように企業の顧問として立ち行かなくなってきている
そういう問題を踏まえて、学閥出身者の終身雇用状態を維持しようとする動きに繋がって
税金を取って学閥出身者の棲家を構築しようというのが増税の主たる狙いだ

だから官僚になった瞬間から、先輩の天下り先を探す・自分の天下り先を探す
また、同輩の生業を確保する・・・こういった活動に明け暮れて
ついに国民からの徴税額より、学閥出身者の報酬が上回ってしまったのが現在状況だ

学閥出身者が、巨大な生活保護不正受給組織と化してるんだよ


55. 2012年1月27日 22:42:36 : EVSlGH9HLQ
日本の官僚機構がジャパンハンドラーズの暗躍から目を逸らすためにスケープゴートにされてきたのは間違いない事実だ。

内、多勢を占めるハザール系ユ駄奴が何故何千年もの間世界各国で忌み嫌われてきたのかを理解するためには奴らのバイブルである「タルムード」を認識する必要性がある。
その発展系が「シオンの議定書」で恐るべき選民思想とその思想がベースになった他宗派、他民族への犯罪の肯定、残虐性の肯定の問題がそこにある。

被植民地化されてしまった日本人はこれらを勉強し、奴らの傾向を紐解き、次の一手を本気になって考えなければならない!


56. 2012年1月27日 23:10:17 : 5tXE7KyCZ6
官僚か色々細かい目で見てるね。太古の昔平和に自由に暮らしていた社会がある殺戮集団にその地を征服される。恐怖政治を敷き力で徴税を課し原始政治がはじまる。このための雑用係が今の官僚であり親玉が天皇。一時は天皇の威光により征夷大将軍の称号で治めた武士の時代もあった。戦後初めて外圧により新しい政治形態を強制的に導入されたが憲法では国民主権だが依然として概念は君主型大日本憲法である。中途半端な今の官僚だが君主型のため仮想君主が必要で戦勝国のアメリカを頼ってるわけである。明治の世はアメリカ型民主政治を目指した運動=自由民権運動があったが君主の力により国民を弾圧できた日本の支配階層だが果たして今、明治の世のように弾圧はできるだろうか?公権力のバックボーンは今の日本には国民不在、アメリカもそっぽを向く、天皇は天皇のほうからお断り。
日露で白人至上主義の終焉、第一次世界は立憲君主の終焉、第2次はおくればせながら日本では立憲君主が終焉し自由民権をアメリカの外圧により導入だが原発と同じで借り物の技術なので消化不良の日本国民と中途半端な官僚ということが言える。君主にしたい日本の官僚はアメリカCIAに対しては当然ペット状態が続いてるがそういうのをやめて対等な政府をいい加減作ってくれよう日本国民!と本音をアメリカが持ってるだろう。ま世界では多様な政府があってもいいのかも。間違いなく世界で一番従順な日本島の被征服民だろう。サムライとは関係ないけどこの単語を使いたがる百姓は少し歴史的生い立ちを考えたら。過去の殺戮栄光として官僚は可。 

57. 2012年1月28日 00:54:46 : OlOsJzfyIo
>>54

黙れよ売国壺売野郎
テメーのようなカスが阿修羅批判してんじゃねーよ


04. 2011年8月24日 23:52:17: vAG9WWMuLY
まあ昔も日中国交正常化発表した瞬間
周恩来・毛沢東と立て続けに死んで
田中角栄もあっという間に失脚させられたからな

神々にとって都合の悪い奴には
天罰が下るんだよ


58. 2012年1月28日 01:11:21 : YbZdeBCI6l
>今、明治の世のように弾圧はできるだろうか?

いんや、できない。でも怪死は多発。被害者は成仏できないだろうな。


59. 2012年1月28日 02:30:19 : pE5F5SalnQ
シオニストがラッパ吹けば、世界のアホどもが踊る〜♪
「ぴぃーひゃら♪ぴぃーひゃら♪」

60. 2012年1月28日 07:25:16 : 0Gjk7C0Ebs
長年続く「和の精神」が、明治維新から戦前までは英国、ドイツが手本となりこの国を形作ってきましたが、戦後は、心より物質に重きを置く米国流が浸透し、何が何だか分からない混沌とした社会が形作られました。
始末の悪いのは、米国流を日本に垂れ流すことが仕事になり、使命となっている売国奴が社会を牛耳っていることであり、その存在を知らず、指摘できず、自由に行動させてきた物言わぬ私たち国民に責任があると感じています。
自民党政権からど素人民主党政権にになり赤裸々にその実態が明らかになったことに対し、民主党に感謝しなければならないと思っています。国民が目覚めて官僚、政府、マスコミに騙されないことであり、厳しく政策を精査することによって国民に実権が取り戻せるのではないかと期待しています。

61. 2012年1月28日 09:02:59 : aQq0UGoaxY
編集手帳 2012.1.28
首相を本部長に全閣僚が出席する原子力災害対策本部は議事録を作成していなかった。
どんなふうに議論を深めたのだろう。エッヘンと威張って官僚を押さえつけ、多くの会議から記録役の官僚さえ排除してきた”政治主導”の正体見たり、である。
引用終わり

まるで、役人に責任が無く、管に排除されていたかのようにプロパンガンダしている。
議事録を作るのは、法律で決められた役人の義務でしょう。
売国CIA新聞は、対策本部の会議に役人が一人も出席していなかったことにしたいのかな。管も役人も売国CIA新聞も”同じ穴の狢”なのに、ゴミがカスの悪口を言っているだけにしか見えないね。

いや、売国CIA新聞のほうが、よっぽど腹黒いよね。



62. 2012年1月28日 11:06:47 : 27rlyKHdms
偏差値秀才(官僚様)の生きる目的は復讐だそうです。

どうしたらこのような哀れな存在たちを救うことができるのでしょうか?


63. 小沢チョン一郎 2012年1月28日 12:43:03 : UsiHXXuvXGF3s : gOzomngpLE

<国賊小沢の軌跡>

91年に海部内閣(事実上の小沢幹事長の内閣)が発表した 「公共投資基本計画」によって、10年間で430兆円を支出することが確定しました

日米構造協議の結果、小沢幹事長が決めたと言われています(石原都知事などが会見や書籍で明言)

さらに94年に村山内閣が追加して13年間で630兆の計画にしたものです

結果日本は土建国家となり、赤字国債残高の大半はこれが理由です
2005年ごろには国債残高が670兆に達します

国債残高はふくれあがり、巨額の利払いも産みやがて税収を上回ります
国債の増加は止まらず現在2年連続の新規国債40兆円発行という有様です

税収37兆円の日本、今年はすでに55兆円の国債発行が決まっています


小沢の書いたシナリオ通り、崩壊まっしぐら

堪まらず、消費税大増税で、ギリギリの攻防

世界銀行の提案通り、仮に消費税を一端15%まで上げるならば経済は10%縮小するわけで、未曾有の大不況が待っている


小沢は元々アメリカの子飼いで「小沢レバー」と呼ばれていた

つまり日本を操縦するために、アメリカが引くレバーの一つであった

パナマのノエリガも同様にアメリカの子飼いであったが、犬勢症候群(飼い主にちやほやされたりして、自分の地位が相対的に高いと勘違いする、ペットの立場逆転現象;思い込み症候群)で己の力を勘違いしたノエリガが、飼い主のアメリカの手を噛むようになった

そのため怒ったアメリカは、ノエリガを人道に対する犯罪者として米軍を使って逮捕し、アメリカ国内に収監してしまった
どう見ても米軍によるパナマ侵攻&国家元首の拉致監禁にしか見えないのだが、アメリカは犯罪者の逮捕劇だったと言い張っている

小沢の件も、飼い主のアメリカがアメをしゃぶらしたり、鞭でひっぱたいて、調教していることがハッキリうかがえる

又アメリカは、戦後自らの手先に朝鮮系を使うことが多い
元敵国日本を再び刃向かえないようにするために組織化したことが大きな理由であり、それらに関わった元アメリカ政府関係者・軍属が最初は反日的意志が非常に強かったことを何人も告白し出版している

又、日本の国益や日本人に情けを掛けない朝鮮系の方が特務機関・諜報機関要員には適任なわけである

小沢も朝鮮臭が非常に強い人物であることは今更言うまでも無い

長い間日本に君臨したため、飼い主のアメリカ(ロックフェラー)に対して、犬勢症候群を示し、中国にすり寄ったり、血筋が原因で朝鮮にすり寄るわけだが



64. 2012年1月28日 13:40:14 : vAG9WWMuLY
>>60
取り戻すだと?

日本は、ただの一度も国民主権になどなった試しはない
国民主権になれば、それが初めての試みとなる

だいたい、日本は自らの意思で民主を望んだことがあるのか?

民主にせよ・・・これは国際社会の意思だ

日本は江戸時代や更に前からの
極道の親分が好き勝手に奴隷を殺傷してきた封建国家に過ぎない

今でもそうなんだが
国際社会が「民主に見えないぞ」そう警告するため
国民への仕打ちが、この程度で済んでるんだ

国民にとって、政府・政治家・官僚が敵・掠奪者であって
国際社会・国際金融資本が庇護者・支援者なのだ

この国際社会の「いらん世話」が歯痒いのは日本の政治家・官僚・政府である
だから「日本の独立」などと、大概圧力の排除を国民の方から叫ばせようとしている

国民にとって、それは自殺行為だ
国際社会が作り上げた世界を物質としての地球と同じようにとらえ
その世界の一員として国際社会に国民レベルで認めてもらえるよう
メッセージを発し続けることが改革であり革命と言えるんであって
鍬もって蜂起が革命ではない

日本政府・特権階級は国際社会によって日本の統治者に置かれているだけであって
国民の中より国際社会に適応した政府が構成できて
金融も現物も国際化の潮流に乗っていければ
国際社会にとって日本の現政府・特権階級は自ずと不要になる
その方が国際社会にとって有益なのはわかりきっている

彼らが必死にアメリカからの独立を叫ぶのは
彼ら自身がアメリカから愛想を尽かされかかっているためで
ここで国民が政府の言いなりになってアメリカに楯つけば
また負けると分かかりきった戦争やって終わりだ

ちなみに戦争とは、システム戦争を意味する

現在の最も有効な実質稼働できて、各勢力の武器となりうるのはシステムである
戦争=ドンパチ、これ以外は平和
こんなめでたい認識で国防やら独立やらを語らぬことだ


65. 2012年1月28日 15:45:37 : kVRjv6w4OQ
64< 民主にせよ・・・これは国際社会の意思だ

読むの途中でやめちゃった(ツマンナイ)大分お疲れのようですね?

回復を心よりお祈り申し上げます。



66. 2012年1月28日 18:17:33 : rqSDIAxJjw
自民党=巧妙な売国奴

民主党、社民党、たちかれ新党=ど素人の売国奴

みんなの党=御笑い売国奴

共産党=根が深い売国奴

自民党の方がまし、とか言って
どっちかに味方する人は、間違いなく売国奴

国民新党、新党日本にわずかな期待


67. 2012年1月28日 20:57:38 : g5YNM3KfF2

今に見ていろ、『小沢真党』の誕生を!

68. 2012年1月28日 21:38:16 : YbZdeBCI6l
>>64

連中の気に入った人間だけに人権があって他の者は虐殺されようが弾圧されようが無視。そんな世の中がうれしいのは連中の飼い犬だけだろ。

あんたが言う国際社会・国際金融資本とは白人勢力の事を言ってるのだろうが、連中がなぜ文化的遺伝的に疎遠な日本人の面倒を見なければならないのだ。合理的な理由が挙げられるかね?


69. 2012年1月29日 00:03:23 : vAG9WWMuLY
>>68
だれかに面倒見てもらわなければ生きられないなら
そういう人間は生きられないだろう

そもそも血統によって人の取り捨てをやらせたら
日本人の右に出る民族はいない

アングロサクソン(半サクソン人)が血統を玩ぶ最大の理由は
アングロサクソン化した旧国家民族が持つ資産の所有権にかかわる問題だからで
彼らは統治者の数そのものを増えるに任せて放置したりしない
彼らの家族は、選ばれた定員以外の者は平民として生きていくのだ
ここが日本の特権階級と決定的に違う

統治者がポスト以上に増殖していくなら、人類はそれに等倍する奴隷と
献上金品を必要とする被扶養者の特権階級者数が増殖してしまう
すなわち貴君のような「誰に生かしてもらうの?」などという
国家寄生者を大量に生みだしてしまうだろう

日本は旧貴族が大企業の経営者になったり、政治家になったり
同族結婚を繰り返しながら、その数を増やすに任せてきた

政務を取り仕切る官僚は、上でも述べたが学閥化し、既得権益に貢献した者が
天下る形で国家の予算で作り上げられた巨大産業にその身を保全されながら
まだ増税しなければならいほど、こちらも増殖を続けている

これが日本の統治者が統治能力的にアングロサクソンに劣る理由だ

またアングロサクソンはヒロヒト天皇にガーター勲章を授与したように
仲間に入れるか入れないかを人種ではかるようなことはしない
貴君の言う「白人云々」など、取捨選択の基準ではないのだ

福沢諭吉の言葉にも「神は人の上に・・・」などは知ってるだろ?
諭吉は有名なメーソンで、アングロサクソンの行動基盤・思考原点とは
このメーソンリー精神が存在する

彼らの目指すのは「神の座」だ

つまり彼らの中には、日本という国の中の「為政者=官僚・政治家・大企業家」
と「平民=納税者」は同列であり、どっちが上でも別にかまわないのだ
日本という国ではなく国民が、神である彼らのルールを理解できるかどうかにある

従うではなく理解だ

日本という囲いの中だけにあって、人品の優劣をもって差別政策に奔っている時点で
日本の統治者が目指すのは、覇者の地位であり、不平等に身内を優遇する政策・政治だ
そこから生まれるのが不公平な裁判・法令・税制であり既得権益者である


さらに国際社会・国際金融資本は無道なものに無理矢理従えというんじゃない
彼らは平民レベルであっても、特権階級と平等に競争できるよう、環境を整備している
ネット環境などその最たる物だ

阿修羅の面々がよく言ってるだろ
昔なら情報は一部の発信者によって制限されてきた
今は自由な交信ができるため、既得権者の嘘がすぐバレてしまう

それでも日本のマスコミは真実を報道せず、今回の事故問題でも海外メディアより
情報発信し、国民が気づき、日本のマスコミが追従するように政府の言い訳を代弁する

この流れでしかないわけだが、日本の納税者に真実を告げている海外マスコミって
誰だ?
国際社会・国際金融資本ではないのか?
日本の政府・官僚・政治家と国際社会・国際金融資本
どちらが日本の納税者のために、真実を告げているのだ?
どちらが地球の環境と人口と経済の調整について気を配っている?
どちらが自分たちの維持にかかる費用を税金に転嫁させないよう自分を律しているんだ?

答えは明らかなんだよ


70. 2012年1月29日 01:42:05 : YbZdeBCI6l
>>69

神の座とか、そんなのはただのまやかしだ。あんたは福沢諭吉と同じ間違いを犯している。単純な話なのだ。生物は生存圏を確保して自分の遺伝子を残し他の個体の遺伝子を排除する、ただそれだけの話だ。自分の遺伝子以外の選択をしなければならないのなら、なるべく自分の遺伝子により近い遺伝子が生き残るように応援する。全ての生物は本能的にこのような行動を取る。逆にこのような行動パターンを取らない個体は自分の遺伝子を残す事が出来ずに歴史から消滅する。あんたの言う国際社会・国際金融資本も基本的にこのような鉄則に従っているのだよ。

だからガーター勲章とか名誉白人とか煽てられても上記の生物学的な大原則が存在している事を肝に銘じていれば、将来何が起きるのか想定できるのだ。あんたのような考え方では一時は美味しい思いが出来ても最終的に日本国も民族も滅びる。もちろんオレの代だけいい思いして後は野となれ山となれという売国的な態度なら、売国奴に言うことはもう何も無い。


71. amaoto 2012年1月29日 02:27:15 : 2bab7wjH6c.Ss : 01LCaPqtWU

>64様

貴方の認識されている

国防の”国”とは

民主主義の”民”とは 

国際社会・国際貢献の”国際”とは 

具体的に、誰を指し、何を指しているのですか?


問題の本質を見誤らないためには物事を分析・峻別してとらえることです。

貴方の論理は ”一括りに、情緒的に取り込むトリック”の罠にはまった 

一握りの強欲強者のための有難い論理であるとに気付いてください。

 
それらが戦争の名目に掲げる

国を守るための ”国”とは決して圧倒的多数の名もない国民を指すものでもなけ

れば、

民主主義のための”民”とは決して圧倒的多数の名もない人民を指すものでもない

のです。

国際社会の”国際”とは徒党をくんで侵略介入・強盗略奪を繰り返しているそれら

の国々を指すものでもなければ、

その尻拭いの為の国際貢献の ”国際”を指しているのでもないのです。 


72. 2012年1月29日 10:17:16 : 7C9Y5cQlhU
誰も日米安保条約破棄を言い出さない理由がはっきりしてきたぞ

73. 2012年1月29日 14:05:42 : FCVa9ymQs6
>43
いやだよ〜、こんな世界。考えたくもないよ〜

わかりますよ。でも、殆どのことには「裏と表」があるんですよ。
科学的な考え方、というのは裏が分かって、本当のことがわかる、ということなんです。

自然科学的な発見というのは、「神様が仕掛けた表面的な事象の裏を解明する」ことなのですよ。裏を解明するには「大変な苦労」を伴いますがね。

この大変な苦労を避けていては、何事も中途半端になります。信仰の世界です。


74. 2012年1月29日 21:11:33 : vAG9WWMuLY
>>71
わけのわからん、ロジカルな議論に持ち込んで
小沢一郎はじめとする、いかさま政治家の無能ぶりの誤魔化しと
官僚と名乗る、官僚の業務を放棄した不正給与受領者の庇い盾か

御用学者ならぬ、御用投稿お疲れ

1回きり、本質から外れた質問に答えよう
言語上、僕の使用用語の意味について答えておく

国 とは 日本国の国体を指す

民主 とは 議会の行政省庁に対する優越を指す

国際 とは 固有の国家ではなく、対話の可能な全ての国家との相関関係を指す

そして貴君の指す戦争とは
指摘した ドンパチ 国家パフォーマンス・増税の口実であって
その本来の国家間優劣を決定的にする、主導権の争いとはかけ離れた戯事
無意味な消耗のための消耗を意味する


75. 2012年1月31日 06:38:28 : rqSDIAxJjw
>>49

そういうことですか。
やはりアメリカですね。
日本人が、南米の国々の混乱を見て、アメリカはひどいことするななあと思うように、南米の人も極東アジアの混乱を見て、アメリカはひどいなあと思っているのでしょうね。

それにしても、台湾の民進党って、日本の民主党と同じですね。
いいこと言って汚職しまくり。国家運営などできない。
馬政権再選のように、次は自民党が政権につくのは間違いないでしょうね。



76. 2012年1月31日 13:57:07 : 2Vwna7ir3e
アメリカの所為だと言えば
庶民は対策なくなるからね

何も変えたくない人ほど
アメリカの責任にしたがる


77. 2012年1月31日 15:16:24 : rqSDIAxJjw
>>76
じゃあ、だれの仕業なの?どうすればいいのさ。

まずは、事実関係を知らないと何もできないでしょう。


78. 2012年2月02日 12:50:42 : vAG9WWMuLY
>>77
国際社会が作り上げた世界を物質としての地球と同じようにとらえ
その世界の一員として国際社会に国民レベルで認めてもらえるよう
メッセージを発し続けることが改革であり革命

既得権益層と学閥による官僚機構
これ以外の勢力が国際社会を認知できるか

そういう問題だ


79. 2012年2月03日 02:55:38 : CXit8maYyw
CIAは台頭する中国がアジア諸国を手を結び、米国が最もアジアで重要と
位置づける韓国、日本において軍備を縮小させる事の無いようにすること
が第一義の目的で或ことは、もはやそのへんのドラマ好きな主婦でも考え
ることである。

イラクを落とし、イランに揺さぶりをかける米国が、軍事費が足りぬだけ
で金王朝を攻撃しない理由などないからだ。その気になれば、二日で金を
追放することも出来るはず。二日ならアメリカ世論を気にすることもない。

日中友好ムードはCIA配下の朝日新聞を操って南京問題、慰安婦問題で
一転日中険悪ムードを煽り、反米思想の学者、政治家などは、これまた
CIA配下の検察、マスコミを操って、社会的に葬る。異論を唱えるモノも
同様に社会的に葬る。殺人、冤罪なんでもござれ。

一連の小沢冤罪事件を自分なりに考えると、たった一人の暴漢に刃物
を渡せば済むような事を、検察、弁護士、裁判官、全国のマスコミまで
総動員させるだけの動機は、宗教しかありえないと考えてしまう。

長年に渡り、個人を束縛できるような非常に強い力。ましてや田代など、
職を追われ、ムショに入るようなリスクを侵すものだろうか?それとも
いまは後悔しているのだろうか?

マントラの如く阿修羅の書き込みを平気で繰り返す仁は、同情もするが、
やはり「小沢」に反応する催眠術でもかけられているとしか思えない。

私は日本人の良心を期待しているのだが、、私の杞憂であって欲しいと
願っている。


80. 2012年2月03日 09:24:26 : vAG9WWMuLY
>>79
正解は

一連の小沢冤罪事件を自分なりに考えると、たった一人の暴漢に刃物
を渡せば済むような事を、検察、弁護士、裁判官、全国のマスコミまで
総動員させるだけの動機は、宗教しかありえないと考えてしまう。

この部分だけだ

アメリカが国家として1枚岩のように考えると
全ての判断を誤る

CIAと国防総省は、むしろ宿敵関係にあって
互いの米政府へ送り込んだエージェントを陥れあっている

CIAの前身組織OSSはマッカーサーの元に配置された秘密結社

戦後
フリーメーソンの資本ではなく米国政府の予算をその活動費に流用するため
米国家機関となっただけで、純粋に米機関とは呼べない

設立されたCIAは米予算を極東諜報活動にも流用しようとKCIAの設立を申請
米国議会は、これを却下した

そこで設立資金捻出のため
CIAは戦争犯罪人として勾留していた文鮮明を教祖として統一教会を設立
活動拠点のジョージア・ミッドアトランティック地方は昔からKKKの拠点だが
2者に大きな宗教トラブルは発生しなかった

単純に考えれば、ク・クラクス・クランもCIAの紐付きカルト教団で
この一件で統一教会に体制強化され、その前身と特定されることを避けるため
同名の教団活動は縮小して存在させているのだろう

統一教会の下部組織である創価学会には文鮮明の弟子である池田大作が
会長として就任

松下幸之助と池田大作の関係は先日、週刊朝日が詳述したとおりで
松下政経塾の誕生は池田の会長就任を待って発足された

つまり日本の政局においてCIAの話を持ち出すなら
創価学会と松下政経塾の話であり、彼らの主張=CIAの要望ということだ
創価学会と松下政経塾が積極的に推進してなければ
それは基本的にCIAの要求ではない

反対に日本の軍備に対する圧力は国防総省(共和党政権時は米政府と同一視可)
その利害は全く異なる

米政府の立ち位置は民主党政権下と共和党政権下で若干異なるが
これも日本の自民党・民主党とよく似ており、政府はお飾りで実質政務官に対し
影響を与えるのは外交問題評議会(構成員は英国人の方が多い)

だから松下政経塾の野田がTPPを積極的に発言しても
オバマは「まあアメリカに有利でなきゃけっこう」こういう態度なのは
CIAとCFRの利害は、必ずしも一致していないからだ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧