★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK126 > 810.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「虚偽供述」を上司引用 東京地検、小沢氏捜査で (朝日新聞) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo126/msg/810.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 2 月 26 日 10:47:16: igsppGRN/E9PQ
 

「虚偽供述」を上司引用 東京地検、小沢氏捜査で
http://www.asahi.com/national/update/0226/TKY201202250674.html
2012年2月26日8時1分 朝日新聞


 強制起訴された民主党元代表・小沢一郎被告(69)の元秘書を取り調べた東京地検特捜部の田代政弘検事(45)が、実際にはないやりとりを捜査報告書に記載した問題で、当時の上司だった特捜部の副部長が作成した別の捜査報告書にも、問題のやりとりが引用されていたことが分かった。

 この副部長の捜査報告書も、田代検事の報告書と同様に、小沢氏の強制起訴を決めた検察審査会に提出されていた。検察当局は田代検事から事情聴取を進めており、副部長ら当時の上司からも聴取を行い、事実の解明を急ぐ方針だ。

 石川知裕・衆院議員(38)を2010年5月17日に調べた結果をまとめた田代検事の捜査報告書は、同日付で作成されていた。副部長の捜査報告書は、その2日後の同月19日付。石川議員らの供述調書をはじめとする証拠を評価し、小沢氏を起訴できるか検討した状況をまとめたもので、当時の佐久間達哉・特捜部長にあてたものだった。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年2月26日 10:50:40 : 2wI5gJuOkE
こんなもん昨年、公判で明らかになっていた事だ、、、

 さっさと関係者を逮捕拘留しろ!!!


02. 2012年2月26日 11:13:45 : 0ykO0fMDik
>検察当局は田代検事から事情聴取を進めており、
>副部長ら当時の上司からも聴取を行い、
>事実の解明を急ぐ方針だ。

メディアも遂に隠し立て出来なくなって、「事実の解明を急ぐ方針だ」と
検察内部の決定事項だと断定して報道している。
国民を欺きつつ重大且つ深刻な違法行為および報道を続け、また国政に
多大な影響を及ぼしてきた輩に一体何ができるのか。
どんな懺悔の道を歩むつもりなのか、よく見極めよう。



03. 2012年2月26日 11:27:58 : LUUjPJTYoQ

 三宅が 引退するらしいけど みのや 星など

 次々に 引退するのかな〜〜〜
 


04. 2012年2月26日 11:38:46 : 4IoFwq6fRU
「ラ・ターシュ」さんが指摘しているように、田代検事の「数日かけて作成したため記憶が混乱した」という弁解が偽証であることがはっきりしましたね。2日後には引用されているのだから。

05. 2012年2月26日 11:53:03 : d07iybJkXA
荒らしVakaが田代は混乱しただけだから作為性はないので調書の信用性は揺るがないとか強弁してたけど嘘っぱちだったということだ。
荒らしVakaは腹をかっ捌いて死んで詫びろ。

06. 2012年2月26日 11:58:27 : lRYfivAqeo
01さんに同感です。

浅非のアホ共!!!体制不利と思いきや急に寝返るのかい??
お前ら屑古珍蚊屋には、共同責任と云う大罪が付いて回る事を忘れるな!!!

あれだけ誤報垂れ流し記事飛ばして於いて、謝罪もせんのか????

我々が願った政権交代。小沢総理誕生を悪盗妖怪組織に阻止され国内全体が停滞
してしまった。

管屑無能クーデター一派、ポーク野田小砂利居抜き内閣側と一緒に手を組み、
国民の生活、国民の命より、常に己達の保身の為、既得権益維持死守グループと、
共に、小沢さん叩きを2年半以上にわたり、バッシングをし続けた。

全屑マスゴミは、小沢さんと秘書3人とその、関係者に対して一生償わなければ、
いけない。全社一面トップで謝罪しろ!!!トップの責任を徹底的に糾弾する。


07. 2012年2月26日 12:38:41 : A8UwGNW9tA
「勘違い」では済まない!
ハッキリとした「謀略」だな。

08. 2012年2月26日 14:04:33 : BIgfJMRMNE
バカマスゴミもいい加減「強制起訴」なんて表現は止めろ。
石川調書が捏造だとバレた今、検審による検審起訴自体が違法による不当議決だろ。

09. 2012年2月26日 16:11:18 : cmTEaHFJ2w
実際は吉田副部長が石川への取り調べであったことを、田代に書かせたんだろう。

最初から、吉田による大筋の原稿も出来てたんじゃないか?だから、田代は取り調べ当日にすぐ提出できたんだ。

で、吉田はされに自分の報告書にも知らぬ顔で「引用」した。

吉田と田代は、報告書は決して表に出ないだろう、と高をくくっていて、それが石川の隠し録音によって、ウソがばれたというわけだ。


>3)この法廷での田代検事の「三ヶ月前の取り調べと混同した」という言い訳は、現役の検事としても、常識的にありえない間違いであるだけではなく、添付資料2にあるように、2010年の12月10日に出た、「実録 政治vs.特捜検察 (文春新書)  塩野谷晶著」113頁で、

石川 私の場合はむしろ副部長に涙ながらに諭されたことがありました。「あんた、真実を言わないで、(あなたに投票した)十一万八千六百五十五人の有権者に申し訳ないと思わないのか」と。

塩野谷 わかります。わかります。

石川 あれは一番効きましたね。いや効いたっていう意味は、なんで信じてくれないんだろうとショックを受けるわけですよ。だから土下座もしましたよ。「五千万は断じてもらっていません。もう勘弁してください」って。向こうが涙を流してくるから、こっちは土下座しかないなと思って。涙腺は強い方なんで、ほとんど泣けないもんですから。

という会話が収録されている。つまり、田代検事は、自分ではなく上司の吉田副部長がだいぶ前にやった取り調べの文言を、そっくりそのまま、しかも、結論だけ180度変えて記憶していたというトンデモなことになってしまうのです。

つまり、どう考えてもありえない記憶混同なのです。

http://www.asyura2.com/11/senkyo124/msg/689.html


10. 2012年2月26日 16:35:38 : swsf4Tw1P2
まだ朝日は吉田の名前を出さない。ネットを見る人はみんな知っているぞ。

今、検察内部で鳩首会談をしている。どこまで出して事態を収拾するか。

@田代一人を切る
A吉田副部長までを切る
B佐久間、大鶴までに影響が及ぶことを容認する

早い話@はやむを得ないが出来ればAまで行かせないため必死の状態である。
そんなところで止めさせてはいけない。捜査の全面可視化、特捜の全面廃止つまり捜査権と逮捕権の両方を持つ状態の廃棄させなければならない。


11. 2012年2月26日 17:50:56 : eJcwQUA9aU
田代の言い訳は明かに偽証である。
事情聴取した同日に報告書が作成されているのだから。
虚偽報告書は故意にしかも悪意を以て捏造されたものであることが判明した。
田代検事の虚偽報告書だけで良いのに、
どうして吉田副部長までもが小沢に不利な報告書を検察審査会に提出したのか、
解せない。
思うに、二人で共謀して同じことを言うことによって虚偽内容を確たる真実として
審査員を欺いたと言える。

12. 2012年2月26日 18:02:37 : VOBVKWoOKw
毎日のバカもこの部分を全く意味を逆にして引用してたな
どあほうが、
こいつらも共犯確定だろ

13. 2012年2月26日 18:45:15 : U9ju6hgBpc
上記皆さんのご指摘は、的確ですね。
04さんのご指摘は、朝日記者が書くべきこと。敏腕記者ならね。(小沢氏記事では余計な邪推を書き連ねていたね)
09さんのご指摘は、なるほど、です。悪党度は吉田正喜がはるかに上です。田代はそこそこできるので「犬」にちょうどいいと見込まれたのでしょう。出世のチャンスが一転、奈落の底へ。上は悪ばっかりだから、事情聴取で言いなりになっていると、一人だけお縄になりかねませんぜ。一緒に出世の夢を見た女房と子供は今はもう、亭主は見限った方がよいでしょう。汚名がついて回るものねえ。両家の親は泣きの涙なのでは。田代よ、出世の足がかりとおもったお前が甘かったな。我々の標的は、田代を足場に(こんなの目じゃねえ!)、吉田より上です。検察審の闇を暴き、仙石をふくめ一網打尽といきたいね、いや、いかねば気が済みません。

14. 2012年2月26日 18:55:28 : DGwPzwvcIs
2月23日付けの日経の記事:

ーーー引用始ーーー
小沢元代表側、捜査報告書を証拠請求せず 陸山会事件
2012/2/23 23:32

 資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡り政治資金規正法違反罪に問われた民主党元代表、小沢一郎被告(69)の公判で、元代表の弁護側は23日、新たに開示された東京地検特捜部副部長作成の捜査報告書を証拠請求しない方針を固めた。予定されていた証拠調べは前回公判で終了していた。
 問題の報告書は、強制起訴を議決した東京第5検察審査会に東京地検が送付した資料の中に含まれていた。
 弁護側は既に元秘書の取り調べを担当した検事が作成した捜査報告書に虚偽の記載があったことから「起訴議決は無効だ」として公訴棄却を求めている。副部長作成の報告書にも事実と異なる記載があったが、取り調べ検事の報告書を引用する形のため、「既に提出している証拠だけで十分証明できる」(弁護人)と判断した。主任検事が作成した別の捜査報告書も証拠請求しない方針。
 3月9日の次回公判で検察官役の指定弁護士が論告求刑をし、同19日の弁護側最終弁論と小沢元代表の最終意見陳述で結審。判決は4月下旬にも言い渡される見通し。
ーーー引用終ーーー

この日経の記事と上に紹介されている朝日の記事との関係に興味があります。

強制起訴議決の無効を訴えるためには、東京地検から検察審査会へ送られた資料に強制起訴議決を正当化するだけの価値がないことを示せばよいわけです。ですから、田代の虚偽の捜査報告書に加えて副部長の捜査報告書もあわせて証拠申請したほうが小沢氏側に有利になるはずです。当該資料の一部に虚偽があることが証明できたのですから、さらに資料の他の部分にも信憑性に疑いがあることを示し、資料が全体として強制起訴の根拠とするに値しない無価値な物であると主張・証明すればいいからです。

ところが日経の記事のとおり、小沢さんの弁護団は副部長、主任検事らの報告書を証拠申請しないことに決めたようです。

報告書とは別の話として、前田元検事が12月に法廷証言していたゼネコンを聴取したときのメモ70通についても弁護団は開示請求だけにとどめており、開示そのものを強く迫ってないようです。(その後のことをご存知の方、できましたらコメントをお願いします)

小沢さんの弁護団は、有利になることをあえてしようとしない、そのように見えます。公訴棄却または無罪判決を勝ち取ることに余程の自信があるのでしょうか。

小沢さん側は、公訴棄却ないし無罪判決を最短時間、最小労力で勝ち取るために田代の首一つで十分としているのかもしれません。

と、お上品に書いた後で最後にどうしても一言。
検察とマスゴミの糞虫どもら、タヒね。ついでに法匪登石と陪席判事の蛆虫ども、認知症の女房にはせいぜい気をつけろwww


15. 2012年2月26日 19:37:36 : 8dKCLC0Lxo
本当に朝日というのはさりげなく読者を欺こうとする。

「石川知裕・衆院議員(38)を2010年5月17日に調べた結果をまとめた田代検事の捜査報告書は、同日付で作成されていた。」

12月15日の法廷で田代の証言は、5月17日の取調べ内容、5ページか、10ページ程度のものを「数日かけて」書いた、ということだ。問題は報告書の日付が同日付けかどうかなどということではなく、田代が数日かけて書いたものを、吉田が2日後に引用しているということだ。

朝日の記者は読者がこの点に気付いてくれないように祈りながら書いている。


16. 2012年2月26日 20:37:47 : U7dQSKufMk
月曜日の「朝ズバッ」反響が楽しみだ。
みのはスルーするだろうな。
卑怯者のTBS一家だから、ある時は報道番組、ある時はバラエティと使い分けする。
まったくもって日本国に不要な番組だ!

結論がわかっているから当然視聴しない。


17. 2012年2月27日 04:09:35 : fPrDOtlFII

フジテレビも見るたびに、平井とか偉くなってた・・・

だいたい厚労省の局長無罪で、報道各社は
両者言い分のある公判報道にすべきなのに
各社相変わらずの逮捕報道優先・・・

総務省主導で、検討すべきなのに日弁連も動かない・・・


鳥越キャスター等復権かな!?

週刊朝日の元編集長の山口さん、異例の出世するのでは!?



18. 2012年2月27日 08:10:47 : X3KuYBbemw

>>14 さま

とても重要な指摘だと思います。

自分も同じ点で納得ができません。
なぜ小沢弁護団が吉田氏やその上司の報告書を証拠申請しないのか。

小沢氏は公訴棄却のため、検察上層部と取引するはずはないと思っているのですが。



19. 2012年2月27日 09:53:32 : yrazYPVgOy
15様>
なぜ田代検事が報告書の日付を後で当日の日付にしたことをご存じなのですか?
15様>は当事者なのですか?
報告書は多分パソコンで作成されているはず。作成日を見れば一目瞭然。タイムスタンプ変更ソフトで変えてもフロッピー前田と同じ結果になり、大問題になります。田代検事は報告書データの日付の変更は怖くて出来なかったでしょう。
朝日が正しいか、15様が正しいか、パソコンを調べれば解決です。しかしパソコンを調べずに断言されると言うことは、15様は当事者にかなり近い方?
もっと重要な話しもご承知でしょう?
是非匿名で結構ですので教えてください。

20. 2012年2月27日 10:38:10 : AiLAb5G776
田代検事は石川さんの任意の聴取後、”数日かけて捜査報告書を書いた”と言っているのは去年12・15の公判でのものです。数日という時間の範囲を2、3日と解釈するか4、5日と解釈するかの問題にされているようですが、その議論は重要ではないと思います(なぜなら水掛け論になるから)。事実は、そのねつ造捜査報告書が聴取の2日後(5・19です)に吉田副部長に渡されていることです。
大善裁判長は田代検事の証言;数日かけて書いたから他の事案と記憶が混同したため(やりとりのなかったこと)を書いてしまった、この証言を”信用できない”と断定したのです。裁判官は;プロの検察官が大切な捜査報告書を書くのに記憶が混同したからありもしない会話を作って書いちゃった、なんてことがあるか!そんな検察官はプロじゃない、と言ったのと同じことなのです。つまり上司が部下に、大前何年検察官やってんだ、ええかげんにせえよ!と言ったのと同じ。そのことは5時間にも亘る証拠録音がしっかりはっきり証明してるから、記憶が混同したなんて言い訳するな!となったわけです。
強制起訴の議決文を書いた吉田弁護士さん(麻生太郎事務所の人です)、こういうのを誰も反論できない”具体的証拠”と言うのですよ、わかってますよね、あなたプロですから。

21. 2012年2月27日 19:21:41 : DTFD9fSJk6
私は「手打ち」のサインだと思います。さすがに裁判所が、ここでチンケな罰金刑の有罪判決を推認で下して、小沢氏の公民権を停止するほど恥しらずではないでしょう。それこそ司法の死です。それは司法が日本の破局の引き金を引くことを意味します。ま、現状でも、司法は国民の信用を失い、ほとんど死んでますが、“自決”という格好くらいは整えさせてあげようということだと思います。
政治家、小沢一郎の真の目的である日本の救国は待ったなしの状況で、ゾンビ司法にトドメを刺しているような暇はないということです。

22. 2012年2月27日 20:01:38 : 8dKCLC0Lxo
19様、
書き方が悪く申訳ありませんでした。追加します。

20様が書かれているように、2010年5月17日から数日かけて書かれたとの田代証言が産経の速記メモで報道されています。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111215/trl11121515460008-n1.htm
(もちろん、田代証言が偽証かどうかも頭にいれつつ考える必要はあります。)

そして、朝日の昨日の記事は、田代報告書が5月17日付け、吉田報告書が5月19日付け、となっています。これは恐らく場合によっては公開される可能性のあることなので虚偽報道ではなく事実なのでしょう。
田代が石川さんを取調べたのは17日です。田代報告書が17日付けになっているのならば、実際には数日後に完了したのに報告書の日付を取調べをした日にしたのでしょうが、数日かけたと言っているのに翌々日に完成していたとは考えにくいと思います。だから、田代報告書の内容を引用した、吉田報告書の日付が19日になっているのは引っかかります。吉田報告書が19日に完成していたのなら矛盾だし、そうでなければ田代も吉田も数日かけて調整し合って作成したのか。

問題は、なぜ、5ページか10ページ程度の取調べメモ(事実を書けば良いだけのもので、調べたり、考えたり、開発したり、悩んだりするような文書ではなく、またそのようなことをしてはいけないものです。)に数日もかけたのかです。

一方、八木啓代さんが明らかにしていることですが、塩野谷さんの「実録 政治vs特捜検察」に石川さんが吉田副部長から(田代からではなく)取調べを受けたときの状況が書いてあって、
http://iwj.co.jp/wj/open/wp-content/uploads/2012/01/120112Tennpu.pdf
その中に出てくる吉田の発言、
「あんた、真実を言わないで、(あなたに投票した)十一万八千六百五十五人の有権者に申し訳ないと思わないのか」
が田代による取調べでないのに、田代報告書の捏造部分の表現に極めて似ている(結論は反対だが)わけです。つまり田代報告書に出てくる、石川さんが供述していないのに供述したと捏造している部分は、田代の全くの妄想、想像、独創による捏造ではなく、吉田と石川さんとのやりとりから流用した盗作だという疑いが強いわけです。(盗作小説で主人公が殺される場面を主人公が殺す場面にするようなもの。)

吉田は石川さんを取調べた時、調書は作っていなかったかもしれませんが(小沢に有利な情報は調書にしないようなので)メモにはしていた筈です。田代は報告書のストーリーを吉田などと調整するのに数日かかり、その過程で吉田の取調べメモが田代の作品に入り込んだ、ということではないでしょうか。

そもそも、調書ではなく捜査報告書にした事自体が、公判廷に対しては存在自体を秘密にし、検察審査会に対する欺罔を目的としたものです。欺罔を目的とする以上、リアリティが必要でそのために作成者自身では体験していなくとも現実のシーンからの流用が必要だった、検察組織の中の可能な材料は何でも使った、だから上記の捏造部以外にも複数存在する、よく調べればもっともっと出てくる、ということではないでしょうか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK126掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK126掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧