★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK128 > 782.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新政研が、民主党を奪還する日。でもねぇ、気がかりなのは・・・これ、知っていますか?
http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/782.html
投稿者 阿闍梨(あじゃり) 日時 2012 年 4 月 12 日 17:15:47: X1PiEpHWt8BJA
 

東祥三新政研事務総長宛に、以下の「意見書」を提出いたしました。
4月26日の判決までに、「公訴棄却とする確実な方法」を実行しない限り、小沢さんが政治に復帰するのは困難ではないでしょうか?
「公訴棄却」を果たしてこそ、新政研が、民主党を奪還する日が来るのだと思います。
でもねぇ、気がかりなのは、前回の投稿も無視されたようですし、後述の『これ、知っていますか?』に新政研の皆さんは何時になったら気が着くのでしょうか?

------------------ 2012.04.12 16:58 送信 -------------------
4月4日に提出いたしました「新政研へ二つの意見書」は、届いていますでしょうか?
たぶん、新政研の皆様には、届いていないのだと思います。
何故届かないのかは、永遠の謎にしておきましょう。
でも、小沢一郎先生を「公訴棄却」とする確実な方法を、本投稿で提示いたしますので、東祥三新政研事務総長に、ご判断頂きたいと希望いたします。

昨今、検察審査会の手続き上の問題や、4月26日の判決の意味について国民は、誤った方向に意識誘導されています。
検察審査会の手続き上の問題を“うんぬん”言うことは、陸山会裁判及び石川氏等の「有罪判決」自体は正当であると認めていることになってしまいます。
4月26日の判決が「無罪となれば“良し”とするか」も同じです。

『そもそも、虚偽記載などまったく無い』ことは、私のブログで証明してあります。
私のブログの内容は、常識をわきまえた人間であれば誰でも辿りつく道理ですから、『知らない、気が着かなかった』という言い訳は通用しません。
ブログ名:陸山会事件の真相布教
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/

なので、「陸山会事件そのものが無かった」のであり、本件は不当逮捕(陸山会裁判)、不当起訴(陸山会裁判)、不当強制起訴(小沢裁判)、不当裁判(陸山会裁判、小沢裁判)であることを国民に周知させる必要があります。
そこで、私は、登石郁朗裁判長(陸山会事件)、大善文男裁判長(小沢裁判)に対する訴追請求をしたのですが、両方共「不訴追決定」という結果となりました。
しかし、大善文男裁判長(小沢裁判)に対する訴追委員会は、通知書によると平成24年2月7日に開かれたというのですが、その前に、小沢鋭仁訴追委員会委員長には、平成24年1月27日に【第26回】の「重大な事実確認の欠如事項」の調査要求をしておりましたので、裁判官弾劾法第11条(調査)で『調査しなければならない』と規定されており、訴追委員会事務局が「重大な事実確認の欠如事項」を調査報告書に記載してあったのかどうかを3月8日に参議院議員10名の訴追委員に対して質問状を送付いたしました。
返事は、お一人だけで『召集はあったが、参議院調査委員会があったので、欠席しました』とのお返事を頂きました。
このような状況であり、訴追委員会が平成24年2月7日に開かれたのかどうかも、今以て、判明しておりません。
【第26回】最後の聖戦!第二ステージは、調査要求!
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/201201/article_1.html

弾劾法第9条(招集)2項に「5人以上の訴追委員の要求があるときは、委員長は、訴追委員会を招集しなければならない。」とありますから、【第26回】の「重大な事実確認の欠如事項」の内容を読めば、当該参議院議員10名が常識人であれば「5人以上の訴追委員の要求」があるハズなのですが・・・・・。
また、小沢鋭仁訴追委員会委員長や最高裁にも、当該資料等は提出してあり、裁判官弾劾法第15条(訴追の請求)では、『最高裁判所は、裁判官について、弾劾による罷免の事由があると思料するときは、訴追委員会に対し罷免の訴追をすべきことを求めなければならない。』と規定されているにもかかわらず私の意見書は、ことごとく無視されております。

「新政研へ二つの意見書」が届かない理由も、ここにあるのでしょうね。


★★★【小沢一郎先生を「公訴棄却」とする確実な方法】
【1】平成24年2月7日に訴追委員会は開かれていないことを確認してください。
新政研常任幹事の中村哲治先生は、上記参議院議員10名の訴追委員の内のお一人ですので、平成24年2月7日には大善文男裁判長(小沢裁判)に対する訴追委員会は開かれていないことを知っているハズです。
もし、開かれていたのであれば、【第26回】の「重大な事実確認の欠如事項」の調査洩れのない調査報告書に基づき審議されたものではないことを確認して下さい。

尚、審議の内容は法律で「非公開」であっても、開かれてもいない、或いは捏造した調査報告書に基づいて訴追委員会で審議した結果として、「不訴追決定」との「訴発第109号」の通知を私に送付した訴追委員会事務局員の行為は犯罪であり、当該通知は無効であります。

【2】訴追委員会事務局員を刑事訴追してください。
裁判官や検察官と違い、訴追委員会事務局員は、タダの事務官(官僚)ですから公文書偽造、職権乱用罪等で告訴することができます。

【3】正式に訴追委員会を開き、弾劾裁判を開廷することを要求してください。
公開の場での弾劾裁判により、「陸山会事件は、検察官と裁判官がグルとなって、事件そのものをデッチアゲたものである」という事実を、マスコミを使って国民に周知させてください。

【4】最高裁に対して「公訴権濫用論」を適用するように要求してください。
最高裁権限で「公訴権濫用論」を適用して、小沢一郎氏、石川知裕氏、池田光智氏、大久保隆規氏の「公訴棄却」を、すみやかに、実現させることを小沢弁護団から要求してください。


★★★【これ、知っていますか?】
★★【4億円の真実】
★各年度の「翌年への繰越額」を見てください。
「H15:151,229,466円」⇒「H16:610,051,380円」⇒「H17:269,186,826円」⇒「H18:78,382,663円」⇒「H18:67,176,032円」
そして、H17、H18の収支報告書には以下のように記載されています。
「37頁 (2)政治活動費の内訳 借入金返済 200,000,000円 小澤一郎」
【第01回】陸山会事件の基礎資料
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/201101/article_1.html

つまり、H16に4億円を小澤氏より借入し、H17とH18に2億円ずつ返済していることが、ちゃんと、収支報告書に記載されています。

★尚、「本件4億円」を「預り金」として簿外処理するか、「借入金」として収支報告書に記載するかの判断は陸山会がする事項なのであり、検察に決定する権利は無い(民事不介入事項)のであるから、石川氏の逮捕は不当逮捕であります。
また、担保に差し入れた4億円の定期預金の名義は「会社法第356条1項三号(※)」を寸借するので、「小澤一郎(個人)」なのでありますが、この時点で陸山会は当該(本件)「預り金4億円」を小澤一郎(個人)へ返還したことになります。
つまり、石川氏は『すぐ返せよ』の小沢氏の言葉を、形式的(自由には使えないお金)ではありますが、忠実に守っていたのです。
(知らなかったでしょ。)
(※)【第2回】陸山会事件の基礎知識
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/201101/article_2.html

★★【期ずれの真実】
第14回公判で、大善文男裁判長は池田元秘書が小沢被告に対し、問題の土地代の支出を17年分の収支報告書に計上することを報告し、『ああ、そうか。分かった』といって了承を得たことが記載されているという供述調書「甲115」について「採用」としました。
⇒これについて、側近の誰も“つっこみ”を入れられなかったとは、悲しいね。

★売主の不動産業者が土地譲渡益を計上した日は、「法人税基本通達2−1−2」により平成17年1月7日です。

★本登記を17年1月にする、という内容の司法書士あての委任状の「1月7日」部分は手書きで記載されていました。(第11回公判)
つまり、平成16年10月29日の土地代金の支払い時点では、「引き渡しの日」は確定しておらず、合意書の「引き渡しの日」は司法書士に一任していたのであります。
話し合いの結果として、「引き渡しの日」は「1月7日」に決定(合意)し、手書きされたということであります。

★「特約事項の8:平成16年分の固定資産税・都市計画税は売主負担とする」

★「特約事項の6:本物件引き渡し日までに・・・本契約は白紙解約とし、売主は受領済みの金員を無利息にて速やかに買主へ返還するものとします。」
つまり、本登記日(1月7日)までに白紙解約となる可能性があったのであり、平成17年1月7日をもって、「みなし計上」したことは正しい会計処理であります。

★尚、本登記前に小澤氏が死んでしまった場合には、陸山会は解散することになり、「所有権移転請求権」は遺族に相続されることとなり、永久に陸山会が当該土地の利用権を取得することは無かったのであります。
なので、収支報告書の作成は平成16年の年末までに確定した情報に基づき作成するのであるから、平成16年分には記載してはいけないのであります。
よって、土地代金の支払いの原資となった「政治団体からの預り金」については、支出が確定した平成17年1月7日をもって、政治団体から寄附の入金があったものと“みなし”て「収入_寄附」を「みなし計上」したのであります。
同じく、「支出_事務所費 342,640,000円」、「資産等_土地 342,640,000円」についても、支出が確定した平成17年1月7日に支出があったものと“みなし”て「みなし計上」したのであります。

★「登記簿謄本:平成16年10月29日に根抵当権が解除されている」
もし、売主が「手形貸付け」により借入していた場合には、不渡りを出すことになる等との理由で本登記日まで待てず、そのため平成16年10月29日に前渡し(支払)を要求したのではないかと考えられます。

『ほらね、“つっこみ所”満載でしょ。』

★土地の取得経緯や、土地代金の支払い方法等の詳細については、【第14回】を、ご覧ください。
【第14回】石川氏等は、有罪にされるだろう。弁護人のせいで!
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/201103/article_1.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月12日 18:23:08 : dNK0iYzPhs
たしかに
有罪なら暗黒で無罪ならOKというのは向こう側の土俵に乗っちゃってる。
元々インチキ裁判なのに。

02. 阿闍梨(あじゃり) 2012年4月12日 20:23:13 : X1PiEpHWt8BJA : 9sg7ufukJI
投稿者です。
文中、訂正があります。
★各年度の「翌年への繰越額」
誤)「H18:67,176,032円」

正)「H19:67,176,032円」

お詫びして、訂正いたします。


03. 2012年4月12日 21:51:28 : N2lVoYK5nk
アーチャリーことドン・キホーテ、ロシナンテに打ち跨りサンチョパンサを引き連れて最後の聖戦、巨大風車に突っ込むの図。
それにしても愚にもつかないブログを性懲りも無く送られる身も大変、こりゃ暴力・ストーカーだよ。流石にジャーナルでは小沢氏に伝えろの強要投稿は二人の馬鹿な提灯記事ともども削除されてしまったようだ、いまじゃ誰も相手にしないのにすごい頑張り。

04. 2012年4月12日 21:55:57 : 9Ni0RoXeLg
投稿者へ

東祥三議員は検察審査会問題など全くわかっていない人です。
森ゆうこ議員に伝えた方がよいですよ。


05. 2012年4月12日 23:01:44 : dApGl4rfPA
>訴追委員会事務局員を刑事訴追してください

今まで弾劾されてこなかった歴史に区切りをつけましょう。
司法が聖域とされている現状をただすには実力行使あるのみです。
誰が途中で握りつぶしているのか細かく追求し
その情報を拡散していくことでどんどんプレッシャーをかけてやりましょう。
改革は期待するものではありません、勝ち取るものです。
たいへんな行動力に敬意を表します、がんばってください。


06. 2012年4月13日 08:58:05 : rrhrFN6JLd
小沢さんが有罪、無罪はどうでもいい。もともと無実のでっち上げ裁判。検察、最高裁判所、民主党執行部、マスゴミが犯罪者で有罪。

07. 2012年4月13日 12:24:25 : EfAT7r9fZg
今や民主党など、実も身も無くなって欲しい。

この中に小沢派が居ること自体、異常状態。
新政研は、民主党を奪還するのではなく、捨てて新しい国民第一党を、立ち上げよ。

今のオリ民主党の連中は、煮ても焼いても喰えない、第二自民党へ化けた者の集合体、それを乗っ取ってみたところで、意見が合うわけもなく、賛成してくるわけでもない。

所詮、育ちや、教育や、器が違うのだ。

呉越同舟は不可、意見の合う者同士の新政権が、望ましい。

小沢派、橋下維新、絆などで合体し、総理を出せ。
その他オリ民主党や自民党の、古い馴染みの顔は、捨て去れ。

急がなければ、原発は再稼働し、増税は進み、原子力村と支配階級は高笑いする。

国民第一政治家が、一刻も早くinitiativeを、執って欲しい。


08. 2012年4月13日 12:30:10 : 2Vwna7ir3e
こんだけ何回も送って採用されないのは、決定的な間違いがあるんじゃない?

09. 2012年4月13日 14:45:02 : 0EopofEgjc
>>阿闍梨

www
>>08に言われてるぞw
暇つぶしにオレも反論しちゃおっかな〜w
迷惑?

(茶魔)


10. 阿闍梨(あじゃり) 2012年4月13日 15:18:44 : X1PiEpHWt8BJA : 9sg7ufukJI
>09 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

迷惑なんて、とんでもございません。

「08」みたいにイジメる奴は、大嫌いだー。

どんどん反論してやってちょーだい。


11. 2012年4月13日 16:41:24 : 0EopofEgjc
>>阿闍梨

じゃ〜遠慮なく。
まず

>★尚、「本件4億円」を「預り金」として簿外処理するか、「借入金」として収支報告書に記載するかの判断は陸山会がする事項なのであり、検察に決定する権利は無い(民事不介入事項)のであるから、石川氏の逮捕は不当逮捕であります。

だが、屁理屈を言うと小沢は金を渡した時に「ちゃんと返せよ」と言っているね。
それじゃ〜やっぱ貸したんじゃねーか、じゃなきゃ「返せよ」なんて言わね―ぞ普通w
ま、冗談はさて置き、「預かり金」として主張するにはそれに手を付けていない事が条件となる(もし手を付けたら普通は横領だ)し、本来会計担当であるなら当然「預かり金」は使ってはいけない金として区別するのが当たり前。
石川はなぜそういう性質の金を、わざわざ分散して陸山会名義の預金に紛れ込ませるようなまねをしたんだろうね?

>また、担保に差し入れた4億円の定期預金の名義は「会社法第356条1項三号(※)」を寸借するので、「小澤一郎(個人)」なのでありますが、この時点で陸山会は当該(本件)「預り金4億円」を小澤一郎(個人)へ返還したことになります。

これはもうあり得ない。
裁判で銀行担当者が「陸山会名義」とはっきり言っているし、石川も同様。
こんなことを二人とも裁判で偽証するはずがない(それに調べればすぐに分かる)。
だからこの部分は削除する事をお勧めする。
そもそも4億円は陸山会にとって必要な金だったからこそ小沢があえて用意したんじゃないか。
だろ?
使えない金を「ちゃんと返せよ」なんて言われながら預かり、しかも一度も手を付けず小沢名義で定期預金して本人に返却?
あり得ねーぞ、ゼッテー!w
それなら最初から小沢名義で定期を組み、その通帳を渡すだろうがw
きっとオマエはこれを持ち出してくるんだろうな。

>全国銀行協会相談室に問い合わせしたところ、「会社法第356条1項三号」を寸借すれば、「団体の資産を私的流用する行為」となるので、銀行支店長には“『相当成る注意義務がある』”との見解を頂きました。

「銀行支店長には“『相当成る注意義務がある』”」
銀行は融資の目的(小沢が借りて陸山会へ転貸する)を知らされていたし、窓口となって手続をしたのは小沢事務所の会計担当だった石川だった。
つまり、「団体の資産を私的流用する行為」でない事はこれを持って確認済みだと言える。
それに大体石川はもう既に4億円の現金を陸山会口座に入金済みだったんだぞ?
石川が自分でその金を口座から引き出し、現金持って銀行に融資の申し込みをしない限り、オマエが言ってるやり方の方がよほど胡散臭いよw
だってそうだろ?
陸山会口座から4億円を小沢名義の定期預金に付け替えて、それを担保に小沢名義で4億円融資を受ける。
傍から見たら陸山会の金が小沢に流れてっているようにしか見えないぞ(ってか政治資金を小沢個人に還流させるために預金の名義を替え、間に融資を咬ませてグジャグジャにしてるってな)。
なんせ銀行は陸山会が小沢から4億円預かってる事なんて知らないんだから・・・

(茶魔)


12. 2012年4月13日 17:17:07 : 0EopofEgjc
>>阿闍梨

>どんどん反論してやってちょーだい

ってもしかして>>08に対する反論だと思ってた?w
ならゴメンwww
阿闍梨に対する反論でした・・・

(茶魔)


13. 阿闍梨(あじゃり) 2012年4月13日 18:20:51 : X1PiEpHWt8BJA : 9sg7ufukJI
>11 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

アッチャー。反論って、アタシにかい?

【陸山会裁判第2回公判の銀行支店長の証言】
『土地代の決済は29日午前で、融資が間に合わない可能性もあるので、決済後(土地代金の)でも融資できますか、と石川氏が聞いた』
⇒支店長の証言は、名目上、融資目的を土地購入としてあるが、結果的に、資金ショートに備えるための財務目的のものであることになっても問題がないかを、石川氏が尋ねたものです。

つまり、石川氏は、最初は小沢さんから「お預りした4億円」を担保(定期預金)に借入し、その借入した「4億円」を土地代金に充てようと思っていたが、小沢さんから担保提供契約書へ実印を貰うのが時間的に間に合わない状況となったことと、政治団体からの「預り金約3億円」が29日午前10時迄に入金できるメドがついたので銀行支店長に電話したのです。

結果的に、「お預りした4億円」は担保提供の定期預金となり、政治団体からの「預り金約3億円」等で土地代金を支払い、銀行からの融資金は陸山会に又貸しした、というストーリーとなったのだよ。

H16の「現金・普通預金繰越額」は、「138,551,380円」です。
29日午前10時には、
「お預りした4億円」+「預り金約3億円」+「138,551,380円」=「838,551,380円」
以上の金額が陸山会の普通預金通帳にあったのだよ。これが。

以上の状況で、ワザワザ名義を「陸山会」にするのはアホだけだ。
それから、「会社法第356条1項三号」は「利益相反取引の制限」と言われるもので、団体の資産を個人が私的流用する行為は、株式会社であれば株主総会の決議が必要とされるほど通常は決して許されない行為とされています。
もし、名義が「陸山会」であったのなら、マスコミがこれを報道した日にゃ、「りそな」は信用を失墜して潰れッちまうよ。
それほど、大きなリスクを負ってまで、銀行は「利益相反取引の制限」を無視する行為はしないよ。
よく、公判での証言の前後を読んでごらん。石川氏が「言った言葉」を証言しただけと支店長は逃げ道を用意しているよ。

それと、H16には、担保提供した小澤(個人)名義の「定期預金 4億円」と、銀行からの融資金を陸山会に又貸ししたお金で組んだ陸山会名義の「定期預金 2億円×2本」があることをしってるかい。
第7回公判と第13回公判で指定弁護士は、この二つの定期預金を認識しておらず、担保提供した定期預金のみと頭の悪さをひけらかしているぞ。(【第26回】)


14. 2012年4月13日 19:34:07 : Fx3YAXdToM
新政研皆様見ていますか?

http://www.shinseiken.jp/report.html


15. 2012年4月13日 20:49:51 : 0EopofEgjc
>>13 阿闍梨

>石川氏は、最初は小沢さんから「お預りした4億円」を担保(定期預金)に借入し、その借入した「4億円」を土地代金に充てようと思っていたが、小沢さんから担保提供契約書へ実印を貰うのが時間的に間に合わない状況となったことと、政治団体からの「預り金約3億円」が29日午前10時迄に入金できるメドがついたので銀行支店長に電話したのです。

違うよ。

>実印を貰うのが時間的に間に合わない状況となった

のは「融資申込書(当然「担保契約書」もセット。ってかおそらく同じ書面だぞ?)」だ。
それになぜ石川が陸山会の口座に分散入金をしたんだ?
それについて石川はどう答えてる?
_____________________________

証人「うーん、お預かりをして、あまり大きなお金を、えー、政治家自身が持っていると、えー、あまり芳しくない…と思って入金しました」
_______________________________

って言ってるぞ?
だから石川は同じ理由で定期預金の名義を「陸山会」にしたんだろうな。
なので

>以上の状況で、ワザワザ名義を「陸山会」にするのはアホだけだ。

そのとおりだが、結局アホはアホなりに気を使ったってことだ(わざわざ陸山会の口座に入金したのも担保の定期預金を陸山会名義にしたのも動機は同じ)。
そして

>もし、名義が「陸山会」であったのなら、マスコミがこれを報道した日にゃ、「りそな」は信用を失墜して潰れッちまうよ。

もう散々報道されてるけど・・・www
また

>それほど、大きなリスクを負ってまで、銀行は「利益相反取引の制限」を無視する行為はしないよ。

大きなリスクはないだろうね。
それは>>11でも言ったが、銀行側は陸山会に転貸されることを知らされていたんだからな。
虚偽の使用目的で融資を実行させ、小沢がネコババしたとしても民法の「表見代理」に当たると思われるので、事件になったとて訴えられるのは石川(共犯)と小沢(主犯)位だな、おまけに告訴するのは陸山会だw
有り得んわwww

>それと、H16には、担保提供した小澤(個人)名義の「定期預金 4億円」と、銀行からの融資金を陸山会に又貸ししたお金で組んだ陸山会名義の「定期預金 2億円×2本」があることをしってるかい。

「陸山会名義の「定期預金 2億円×2本」」は知ってるに決まってるだろ?
でも

>担保提供した小澤(個人)名義の「定期預金 4億円」

なんて知らない。
それに資産公開していない金だからな(預貯金にすると公開義務が発生する)。
オマエは確証(根拠)があって言ってるのか?
違うだろ?
推測だろ、それも石川の裁判での証言を無視して。
はっきり言うとオマエの意見が日の目を見ないのは、そういう事が意見の中に含まれているせいだと思う。

あと気になるところは

>★「登記簿謄本:平成16年10月29日に根抵当権が解除されている」
もし、売主が「手形貸付け」により借入していた場合には、不渡りを出すことになる等との理由で本登記日まで待てず、そのため平成16年10月29日に前渡し(支払)を要求したのではないかと考えられます。

これは不動産売買だと、一度締結した契約に関して売主・買主の一方が履行に着手すると(例えば本件では売主の根抵当権抹消手続きなど)、買主は「手付(1000万円だったな)流し」だけでは契約解除できない(民訴で損害賠償請求される)。
だからこの事は売主側の代金「前渡し要求」ではなく、買主側の「所有権移転の延期依頼」に応じたと解釈すべき事だ(これは前にも言ったよな)。
本来売主は「買主側の「所有権移転の延期依頼」」をっ突っぱねることだって出来たはずだよ。
それに根抵当権を設定しているという事は、抵当権者との間で結ばれた融資の契約は反復を想定していたはずだ。
だから短期融資契約で使用される「手形貸付」だとは考えにくいね。
もう一つ

>つまり、平成16年10月29日の土地代金の支払い時点では、「引き渡しの日」は確定しておらず、合意書の「引き渡しの日」は司法書士に一任していたのであります。

これもあり得んわw
契約やそれに付随する合意は、当事者間で決めてこそ効力を有する。
故に「合意書の「引き渡しの日」は司法書士に一任していた」なんてことは考えられない。
こう書き直せ。
「合意書の「引き渡しの日(=所有権移転日)」の決定は、10月29日〜翌1月7日の範囲内で買主に一任していた」と。
加えて「だからあえて売主は本登記に関する委任状の日付を空欄にしたのであって、買主の都合に合わせる意図があったのは明白。それは売主の帳簿上で譲渡益の計上が「1月7日」であることを見ても明らかだ」とね。

#参考になればいいけど・・・

(茶魔)


16. 阿闍梨(あじゃり) 2012年4月13日 22:49:14 : X1PiEpHWt8BJA : 9sg7ufukJI
>15 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

『石川は同じ理由で定期預金の名義を「陸山会」にしたんだろうな。』
⇒検察側は、分散入金した4億円は土地代金の支払いに充て、政治団体からの4億円の入金を担保提供の「陸山会」名義の定期預金にしたというストーリーだよ。
なので、融資金の4億円の顛末は検察ストーリーでは“抜け落ちている”ことになる。

でも、実際の顛末は、H17とH18に小澤さんに返済する原資となった「陸山会名義の「定期預金 2億円×2本」なのですよ。

『担保提供した小澤(個人)名義の「定期預金 4億円」』は、分散入金した方のお金が原資なのですよ。
尚、資産公開の話は本裁判には、まったく関係ない話なので【第26回】でも見てください。
少々、不愉快です。
(これを脅しに石川のバカは、洗脳できても・・・)

『もう散々報道されてるけど・・・』
⇒【第01回】の事項も全部報道していると言うのか?
国民は、まったく周知していないぞ。

それから、これはしっかり理解してほしい。
会社の社長が定期預金を持ちだして、それを担保に個人借入するには、株主総会の議決書がないと銀行は融資しません。
ぶっちゃけた話、石川氏と支店長との間だけで「陸山会」名義の定期預金を担保に小澤個人に融資が実行されることは100%無いということです。
何度も言いますが、団体名義の資産を担保に個人が借入するという、その構図がダメなので、分散入金とか、陸山会の通帳から定期預金にしたからとか、いかなる理由も、全く関係ない話ですよ。
これが事実だと報道されたら、取引会社は「りそな」との取引を止めるでしょう。
そりゃぁ、「会社法第356条1項三号」を無視するような銀行とは“つきあえません”もの。
でも、こんなことは税理士でも、経理屋でも、会社の社長でも、みーんな知ってることなのに、・・・やっぱり、このゾーン(時空間)は“まとも”ではありませんよ。

『はっきり言うとオマエの意見が日の目を見ないのは、そういう事が意見の中に含まれているせいだと思う。』
⇒【第01回】の事項も全部推測だと言いたいのか?
たぶん、このゾーン(時空間)では、小沢裁判が弾劾されることはないのだと思うよ。
そういう未来なのでしょうね。

『買主側の「所有権移転の延期依頼」に応じたと解釈』
⇒売主側の、そういう解釈も自由ですが、陸山会側の、本登記日に支払すれば良いのに売主側の都合で「前渡し」してやったという解釈もありでしょ。
それから、手書き部分は「1月7日」部分だけなので、「平成17年」は印刷されていたと解釈しています。
つまり、引き渡し日は「平成17年」とすることは既に合意されていたと解釈しています。


17. 2012年4月14日 01:12:03 : 0EopofEgjc
>>16 阿闍梨

まず2010年1月の報道。
_______________________________

これまで小沢側は、この4億円の借入金について、小沢個人の定期預金を担保に銀行から融資を受けていた、と説明してきた。
_______________________________

最初はオマエの考えているとおりの説明をしていたらしいぞ。
それが詳しく調べられるうちに担保の名義が陸山会だということが分かっちまったんだな。
じゃなけりゃ主張を変える理由がない、それも悪い方に。

こんな報道が2年前からされていて、途中で担保は陸山会名義だったって説明が変わった。
もしそれが嘘なら「りそな」は否定したはずだな、なんせ信用問題らしいから(オレは必ずしもそうだとは思わん。ちゃんとした書類もあるし、小沢が陸山会の通帳を持ち出してきてそこから自分名義の定期を組ませ、融資を受けたわけじゃないんだからね)。
オマエが主張すべきは「銀行支店長はスキームを把握していたんだから、石川に一言「陸山会名義でも融資できますよ」って言ってくれればよかったのに」ってことじゃね?
それにどっちにしろ権利能力なき社団の場合、訴訟になったら民訴29条が適用される。
_______________________________

民事訴訟法
第29条 法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあるものは、その名において訴え、又は訴えられることができる。
_______________________________

ことが事件になったとしても、原告、被告共に「小沢一郎」だ。
言っておくがオマエの主張を論破するためにこんなことを言ってるんじゃないぞ!
オレはオマエの主張を磨くために苦言を呈しているんだ、勘違いするな。

>売主側の、そういう解釈も自由ですが、陸山会側の、本登記日に支払すれば良いのに売主側の都合で「前渡し」してやったという解釈もありでしょ。

これはきっぱり否定する。
「してやった」のは売主の方だ。
買主は「してもらった」んだよ。
買主の側に主導権があるなら、前払いなんてもっての外だよ(その御陰でこんな騒ぎになってるんだからな)。
でもいいんだよ、それは。
売主も所有権移転の延期に合意したんだから、それこそ民事不介入。
所有権移転の延期も代金前払いも違法行為じゃないからさ。
だからこそ、表現を変えろって言ってるんだ。
反小沢側から見ても罪には問えない問題だ、ということを知らしめるためにね。
とにかく一度頭を冷やし検討してみてくれ。

(茶魔)


18. 2012年4月14日 02:29:22 : zM8H6Ww5QY

 大本営発表の報道が今も有る。

 ここに出てくる輩もお仲間の様だ。マッチポンプでオザワタタキ。

 北のミサイル騒動はマスゴミの意図がミエミエと成った報道でもある。
 


19. 2012年4月14日 09:35:11 : K3eYo4yofk
諸悪の根源は11社記者クラブ
こいつらが行政と適切な距離を保っていれば
公務員もこれほど勝手な公金強奪はできない
腐ったマスメディアからは腐った公務員が出来る

20. 2012年4月14日 09:47:37 : uzupVu3vxc
>16. 阿闍梨 X1PiEpHWt8BJA : 9sg7ufukJI 殿

>15 お子茶魔 クンは本当のお子ちゃまの様ですぞ!

阿闍梨殿はあらゆる角度から調べている事は、誰が見ても明らかですが、
お子ちゃまクンの情報源は、どうもテレビや新聞の範囲の様ですNe!。

お金の出入りについては争点にはなっておらず、検察が2年(延べ30億円
の血税を浪費して)も調べた上での、二度の不起訴が証明しています。

陸山会裁判の争点は「期ずれ」ですが、これもすでに、会計学の権威で
、筑波大教授、弥永氏が「期ずれは違法では無い」と裁判所で証言して
います。と言う事はすでに争点が消滅し、この裁判自体が破綻している
事に成ります。ここで常識的には控訴棄却が妥当と考えられますが・・・!

>お子ちゃま氏へ

迂回献金や不正献金について興味がおありなら! 
地獄への階段様ブログ
      ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop

賄賂性の高い献金を懐に入れた議員を知りたかったら!
    ↓
医薬品の通販規制に絡む献金受領議員一覧(楽天)
http://plaza.rakuten.co.jp/medicine/diary/200905040000/

小泉/竹中政権時の売国状況を知りたかったら!
    ↓
民主党、小泉俊明議員の国会質疑中継
http://www.youtube.com/watch?v=ugmZ83eJjBk


21. 2012年4月14日 10:04:34 : ZwQAHBqNPQ
「茶魔」vs「藤島サポーター」・・・楽しみな展開となって参りました、ヒヒヒ。
(日中)

22. 2012年4月14日 11:33:14 : lfk702LQks
=====================================
石川氏は、最初は小沢さんから「お預りした4億円」を担保(定期預金)に借入し、その借入した「4億円」を土地代金に充てようと思っていたが、小沢さんから担保提供契約書へ【@実印を貰うのが時間的に間に合わない】状況となったことと、政治団体からの「預り金約3億円」が29日午前10時迄に入金できるメドがついたので銀行支店長に電話したのです
=====================================
売主側の、そういう解釈も自由ですが、陸山会側の、本登記日に支払すれば良いのに売主側の都合で「前渡し」してやったという解釈もありでしょ。
それから、【手書き部分は「1月7日」部分だけなので、「平成17年」は印刷されていた】と解釈しています。
つまり、【A引き渡し日は「平成17年」とすることは既に合意されていた】と解釈しています。
=====================================

●A平成17年の『別に日付はいつでもいい』買い物するのに、@29日10時までに入金する為に小沢の実印貰う時間が無い・・・これは明らかに矛盾するだろ

※『必要だったから買いました』ではなく、10/29-翌1/7まで、土地は何かの目的で使用されていて、それが小沢事務所が関与していることが望ましくないのだ

====================================
29日午前10時には、
「お預りした4億円」+「預り金約3億円」+「138,551,380円」=「838,551,380円」
以上の金額が陸山会の普通預金通帳にあったのだよ。これが。

以上の状況で、【Bワザワザ名義を「陸山会」にするのはアホ】だけだ。
=====================================
それになぜ石川が陸山会の口座に分散入金をしたんだ?
それについて石川はどう答えてる?
_____________________________

証人「うーん、お預かりをして、【Cあまり大きなお金を、えー、政治家自身が持っていると、えー、あまり芳しくない…と思って入金】しました」
=====================================
【D分散入金した4億円】は土地代金の支払いに充て、政治団体からの4億円の入金を担保提供の「陸山会」名義の定期預金にしたというストーリーだよ。
なので、融資金の4億円の顛末は検察ストーリーでは“抜け落ちている”ことになる。

でも、実際の顛末は、【EH17とH18に小澤さんに返済する原資となった「陸山会名義の「定期預金 2億円×2本」】なのですよ。

『担保提供した小澤(個人)名義の「定期預金 4億円」』は、分散入金した方のお金が原資なのですよ。
=====================================

●Bその通り、しかも供述は当初・小沢預金としてあった・・・検察が資料公開しなきゃわからないが、実は、担保とは『小沢個人でも陸山会でもない、別の何か』なのではないか?間違えるわけなどありえない

●C今までタンス預金だったのに、急に口座になきゃ怪しまれるという考えが不自然

●DE当初から2分割の返済が予定として組まれていて、入金も一括ではなく分散入金された

※↑ならば『秘書に任せてたから知らない』という小沢発言がおかしい(後に4億渡したに訂正)

※単純に考えれば、出何処が小沢個人ではなく、他の誰かから石川らが預託された資金で、ロンダリングするために不動産と政治家事務所を利用しているのではないか?

●この対象の土地は、現在どうなっているのか?

●当初の目的で使用されているのか?

●この土地の取引価格は、実勢状況と比較してどのように判断されるのか?

※土地取引の話と、銀行融資の話と、小沢へ陸山会より分割返金・入金には分割あづけいれ・・・この3つは各々別の所作・目的が存在するのではないか?・・・1つの連動された事件?として扱おうとするのに不自然さが出ているのだろう(事務所側は、関連性を持たせて処理しようとはしていたが、稚拙にすぎ辻褄が合わないため)・・・間違うわけない供述を被告側が後から繕うような現象が起きている=おそらく検察が供述を誘導している

※法律を『こう持ってくりゃアウト、こう持ってくりゃセーフ』とか、そういう話じゃないんだよ・・・犯罪性を期ズレ(犯罪性の存在しない部分)のみに求め、資金の動きを1つ1つ興味を持たせない様にしないと、どんどん辻褄が合わなくなってゆく・・・いかに小沢側の辻褄が逢わせるか(検察側は、わざと辻褄を合せない=矛盾点を指摘しない)を、小沢側・検察双方が模索しているようだ


23. 2012年4月14日 12:04:25 : 0EopofEgjc
>>20 uzupVu3vxc

横レスするなら意味のある主張をしてくれw
オレの主張のどこがどうなんだ?
アンタに反論できるのか?

アンタが貼ったリンクはどれもきょうみがにゃ〜いw

またオレは小沢を批判しているのではなく、「阿闍梨説」の弱点を突いているだけだ。
中身のある反論待ってるぞ、アンタが仕掛けて来たんだ、スル―するなよ。

(茶魔)


24. 2012年4月14日 12:38:36 : ZwQAHBqNPQ
>>22
肝杉はすっこめ。

25. 2012年4月14日 12:50:45 : 0EopofEgjc
>>22「レイカウント」

相変わらず妄想癖が治ってないようだな。
アンタの●も※も全て妄想入ってるw
辻褄合ってないのはアンタの頭の中だよwww


26. 2012年4月14日 13:24:38 : ZwQAHBqNPQ
*
*
381. 2012年3月28日 23:58:48 : lfk702LQks
>>380
TPPは【協議参加することに意味が有る】んであって、既得権層は、協議参加されることを恐れ協議参加そのものをハナから拒否することを国民に選択させようとしている。
ズッと、そう言ってるだろ。参加したらしたで、政治家・官僚は全力で国民に不利な要件で条約締結するように働くさ。

しかし、漏れ伝わってくるもので気づくべきモノに気づいてくれればってこととさ。
本気で政治家・官僚が国民のために働くなら、火イ吹くようにTPP推してるところだ。
だが、政治家・官僚の目的は国民資産の強奪なので、TPPにしたところで成果はそれほど期待できんだろな。

382. 2012年3月29日 02:08:39 : 0EopofEgjc
>>381 レイカウント
オリンピックじゃあるまいしw あらかたアンタ得意の妄想だな。根拠がないんだよwww


27. 2012年4月14日 14:15:16 : JmkmeUZs8M
>>25
あったりまえだ

真実の公表が無いのに、矛盾点を整理していく以外に状況の判断などできるわけがない

そもそも、キズレを有罪に問おうと言うのが検察の論旨なら、センセの出張で充分だろ

キズレを生んだ原因のが問われなければ、石川らが有罪になるわけがない

ところが、検察はそれを証拠ではなく、言うなればによって有罪にした

これが問題なんであって、キズレのみを問おうと言いながら、センセの整理で間違ってるとする貴君の感覚の方がズレてるだろう

キズレのみなら、どっちで処理したって有罪まで持ち込める訳がない

何せ、訴えるとしたら小沢事務所が石川を訴えた場合に限り、ひょっとしたら有罪にできる供述が今後出るかもしれない、この程度のレベルだ

今のところ、検察の言い分だけならだ、GLAYで逃げきりなんだよ

センセにとっては、これが敗北=GLAYじゃ駄目、なんだと思うけどな

white全くの白にしたい=キズレに犯罪部分が存在しないを以て不透明な資金の流れまで消し去りたい=公訴棄却こそ勝利

でも
小沢事務所は動かない

ここで、vs、この対立点になってるんじゃないか


28. 2012年4月14日 14:17:49 : JmkmeUZs8M
5段目
言うなれば予測

携帯は打ちにくい

29. 2012年4月14日 14:42:52 : 0EopofEgjc
なんか読み直してて>>17でおかしなところがあったので訂正する。

>民事訴訟法
第29条 法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあるものは、その名において訴え、又は訴えられることができる。

>ことが事件になったとしても、原告、被告共に「小沢一郎」だ。

これじゃまるで「訴訟の時は代表者名「小沢一郎」で訴え訴えられる」って意味に取れるな。
違うよ、民訴に関しては「陸山会」が当事者能力を有するって事だ。
ただし、阿闍梨も言っている通り陸山会は小沢一郎と言う代表者がいなければ存続し得ない。
陸山会が小沢と分離して存続し得ないのなら、その代表者である小沢を訴えられる訳がない(と言う意味でカキコしたつもり)。
勿論第三者が私人「小沢一郎」が政治資金を私的流用しているとして告発する事はできるが、そもそも「事務所兼秘書寮建設の為」として小沢個人が融資を受けている時点ではその融資契約自体は私的流用には当たらず、事件性はその金を小沢が私化して初めて発生すると考えるべきだろうね。
そう考えると銀行元支店長にとっては「陸山会の預金を原資に小沢個人名義で4億円の定期を組む」方が余程不自然に見えただろう。
違うかなぁ?

(茶魔)



30. 2012年4月14日 15:06:55 : ZwQAHBqNPQ
>>27
上記で、阿闍梨と茶魔は「期ズレ」などという曖昧表現を使っていない。
両者が当該合意書に基づき、どのような表現を用いているかは、論点から10週遅れのレイカウント自身が、その不細工なアタマで熟読の上、無駄なアラシを控えること。

31. 阿闍梨(あじゃり) 2012年4月14日 15:47:10 : X1PiEpHWt8BJA : 9sg7ufukJI
>17 29 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

返事が遅れてゴメン。「カミ」のお告げ(命令)のせいです。

『こんな報道が2年前からされていて、途中で担保は陸山会名義だったって説明が変わった。』
⇒それは、石川のバカが検察に洗脳されたからだよ。
検察に資産公開の話で脅されて、「陸山会名義」だって言い張るようになっちまっただけだよ。
途中で説明が変わったのが、いい証拠だよ。
もう一度言うが、検察側は、分散入金した4億円は土地代金の支払いに充て、政治団体からの4億円の入金を担保提供の「陸山会」名義の定期預金にしたというストーリーなのだから、そのストーリーとしてもだよ、政治団体からの4億円の入金も「預り金」であるし、帳簿的には小澤さんに一旦返還した後、小澤(個人)名義の「定期預金 4億円」を担保提供したと経理屋としては解釈するのだよ。
「838,551,380円」もの金があるのに、なんで、担保提供の4億円を借入金計上しなきゃならんのよ。

⇒つまり、「陸山会」名義としても「預り金」でいいのであって、虚偽記載にはならないのだから、「陸山会」名義を正当化しても意味が無いッてことだよ。

会社の社長が会社の資産(定期預金)を担保に個人借入したなんて話は聞いたことがないだろう。あたりまえだよ。その逆は、よくある話だけどね。
その社長が、カジノとかで“スッテンテン”になっちゃったら、訴えればいいとか、そういう問題じゃないんだよ。

陸山会名義(陸山会代表小沢一郎)の定期預金を担保に小澤(個人)で借入できるのは「りそな」だけだろうね。
ちなみに、陸山会名義の定期預金が担保であれば、借入人は陸山会に限られるちゅーことです。
どーして、弁護士や側近は、この「常識中の常識」を知らないのだろう?

『オレはオマエの主張を磨くために苦言を呈しているんだ、勘違いするな。』
⇒解かってるッちゃ。
しッかし、疲れたー。
人に説明するって、こんなに大変だとは思わなかった。

『買主は「してもらった」んだよ。』
⇒まぁ、需要供給の力関係だからね。
売買契約を“はなっから”平成17年にすれば良かったものを、何故平成16年にしたんだろうね?
私の偏見なんだろうけど、陸山会側としては別に平成16年に売買契約しなきゃならん理由が見当たらないんだよね。
しいて上げれば、小沢さんから『何もたもた、やってんだ』ッて言われるのが怖かった、つーぐらいかな?

売主の方だけど、根抵当権を解除すると、融資枠が推定2億5千万円位減額されることとなるので、長期の証書貸付の方は月払い等のために影響はないけど、短期の手形貸し付けの「借り替え(反復のこと)」時に、融資枠に余裕があれば、先に新規手形貸付けが行なわれ、その融資金で旧手形貸付けを返済する手続きが銀行側で勝手にやってくれるので“ほったらかし”ておけばよいのですが、もし、融資枠に余裕がない場合には、返済金を前もって用意して自分で手続きをしないと、最悪の場合、手形の不渡りを出してしまうことになります。


32. 2012年4月14日 16:08:36 : 0EopofEgjc
>>27「多分レイカウントw」

めんどくさい奴だなぁw
じゃーアンタの●※全部潰してやるよ。

>●A平成17年の『別に日付はいつでもいい』買い物するのに、@29日10時までに入金する為に小沢の実印貰う時間が無い・・・これは明らかに矛盾するだろ

Aだが『別に日付はいつでもいい』ってどっから出て来たんだ?
「合意書の「引き渡しの日」は司法書士に一任していた」←これか?w
だから阿闍梨に書き直せって言ってるんだ、アンタみたいにおかしな事言う奴が出てくるだけだから。
おそらく阿闍梨は、「買主は『司法書士は売主の意向に沿って登記手続きをするはずだから』」という黙示の前提があった上でそう言ってるんだろうが、そこまでみんな理解しているとは思えない(アンタがいい例だw)ので誤解を生まないため(そもそも本件は誤解ばっかりだろ?)書き直しを提案したんだよw
でも@とAってどう矛盾するんだろう・・・w
支払いと引き渡しが分離してて、売主は早く金が欲しかったってだけの事じゃね?

>※『必要だったから買いました』ではなく、10/29-翌1/7まで、土地は何かの目的で使用されていて、それが小沢事務所が関与していることが望ましくないのだ

『必要だったから買いました』は事実だな(だから「ではなく」ではにゃ〜いw)、ただ売買行為全体(支払いも含めて)を延期するのを売主が承諾しなかっただけの話だ。
土地自体は立地、面積等買主の要望に合致していたんだろう。
「10/29-翌1/7まで、土地は何かの目的で使用されていて、それが小沢事務所が関与していることが望ましくないのだ」←また発作が起きたな、それはアンタの幻覚だwww

>●B「ワザワザ名義を「陸山会」にするのはアホだけだ」
その通り、しかも供述は当初・小沢預金としてあった・・・検察が資料公開しなきゃわからないが、実は、担保とは『小沢個人でも陸山会でもない、別の何か』なのではないか?間違えるわけなどありえない

まず「間違えるわけなどありえない」について。
きっとオザワは常々秘書が差し出してくる書類の中身を良く読まず、簡単に秘書に口頭で説明させ、その書類に依頼されるまま盲判押してたんだろうね。
だから「間違えた」んじゃなく「正確に把握していなかった」って事だろうよ。
その上の「その通り、しかも供述は当初・小沢預金としてあった・・・検察が資料公開しなきゃわからないが、実は、担保とは『小沢個人でも陸山会でもない、別の何か』なのではないか?」←おいおい、また発作だぞwww

>●C今までタンス預金だったのに、急に口座になきゃ怪しまれるという考えが不自然

どうやったらそんな解釈ができるのか不思議でならないw
「口座になきゃ怪しまれる」って誰が言ってる?どっから出て来た?w
石川は単に4億円も自分が現金で保管してて、万一無くなったりしたら大変だと思ってビビって陸山会の口座に預けただけだろ?
本当はそこでよーく考えるべきだったんだ、「この金は今後どう処理すべきなのか?」って事をね。
そうすりゃ、この金で同額の預担融資しかないって分かったはずだし、ならば最初から「小沢名義の定期預金」を組めば良かったんだよ(ま、後から言ってもしゃーないが)。

>●DE当初から2分割の返済が予定として組まれていて、入金も一括ではなく分散入金された
※↑ならば『秘書に任せてたから知らない』という小沢発言がおかしい(後に4億渡したに訂正)

まず「入金も一括ではなく分散入金された」←これは全くのウソ。
融資された4億円弱(利息天引き)は小沢の口座に入金されている。
「当初から2分割の返済が予定として組まれていて」←これはその通り。石川と銀行担当者でそう決めたんだろう。
だから石川が融資金4億円転貸後に2億づつの定期を組んだのは、返済に充てる目的で他の金と区別し、且つ簡単に下ろせないようにしたんだろうな(本当に資金繰りに困ったとき以外は使わないようにするために)。
その処理は正しかったね
文句を付ける所じゃないよ。

>※単純に考えれば、出何処が小沢個人ではなく、他の誰かから石川らが預託された資金で、ロンダリングするために不動産と政治家事務所を利用しているのではないか?

その妄想の根拠がほんの少しでも存在するのか?
ホントに入院した方がいいかもよw

>●この対象の土地は、現在どうなっているのか?

事務所兼秘書寮兼駐車場だw
知らんのか?

>●当初の目的で使用されているのか?

あーそーだよ、ちゃんと使われてるよ。
いちいちめんどくせ―奴だな。

>●この土地の取引価格は、実勢状況と比較してどのように判断されるのか?

この土地はもともと大きな面積の土地を不動産屋が買い取り、それを分筆し数区画に分けて販売した(他にも土地を買った人がいるんだよ)。
それに媒介業者もちゃんと通してるから、イカサマするのはムズイだろうな。

で、ここまで来るとその下二つの※は検討の余地なし。
病状悪化、要入院即手術、完治の見込みなし。
いっその事脳味噌全部切除しちゃいましょうか?

(お医者茶魔)


33. 2012年4月14日 16:49:38 : 0EopofEgjc
>>31 阿闍梨

な、ちゃんと誤解を生まないようにしないと、>>27みたいヤツが出てきて>>32のようにメンドイ回答をしなくちゃならないんだよwww

>>31の前半はオレも理解してるよ。
ただオマエの書き方だとこういう解釈をするヤツが出てくるぞって言いたかっただけ。
でも「経理屋の解釈」はそいつの脳内での話だから、本件ではそれが原因で石川が責められているともいえるよ。

>会社の社長が会社の資産(定期預金)を担保に個人借入したなんて話は聞いたことがないだろう。あたりまえだよ。その逆は、よくある話だけどね。
その社長が、カジノとかで“スッテンテン”になっちゃったら、訴えればいいとか、そういう問題じゃないんだよ。

別に“スッテンテン”になるまで待つ必要はない。
要は「会社に転貸する」目的で融資を受けたのに、融資が実行されても会社に金を渡さない時点でアウトだ。
それに会社と権利能力なき社団とは違うからなぁ・・・
これは阿修羅の過去スレだが担保の名義に関する事が取りざたされてるので参考までに(こういう事を言う奴がいるんだよ、それも現役弁護士でな。カバだけどw)・・・

あえて小沢裁判に言及しておくー重要なのは裁判官の質問だということについて  早川忠孝 
http://www.asyura2.com/11/senkyo121/msg/717.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 11 月 05 日 19:14:25

あとは>>32を見ればオレの言わんとするところは理解できると思う。

(茶魔)


34. 2012年4月14日 19:03:03 : CaX39qEdxQ

俺の読み落としかもしれんけど、一つ聞かしてもらってもいいかな?

政治家が資産公開を免れる目的で、
政治団体に預金の名義の付け替えをさせた場合どうなるの?
それがわからなくてモヤモヤしてるんですが・・・



35. 2012年4月14日 19:25:21 : bT6PilxUrM
何で日にちズラす必要あったの?

36. 2012年4月14日 20:34:38 : 0EopofEgjc
>>34

それは政治家の金を団体預かりにして、政治団体名義で「預かり金」として預金して資産公開対象とならないよう画策するって事?
なら公開義務はないし、政治団体の収報にも記載しなくていいよ。
でも別に団体預かりにする必要もないんだよ。
なぜなら資産公開法で義務付けられているのは
「土地」「建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権」「建物」「預金」「有価証券」「自動車、船舶、航空機及び美術工芸品」「ゴルフ場の利用に関する権利」「貸付金」「借入金」「所得」
で、その中の「預金」には当座預金と普通預貯金は含まれないからね。
だから普通預金にすれば公開しなくて済む(現金と同じと考えられているんだ)。
「有価証券」だって銘柄と額面だし、「自動車・・・美術工芸品」も買った値段が100万円以上で種類と個数、「ゴルフ・・・権利」はゴルフ場の名前、それに「貸付金」は同一世帯の家族への貸し付けには公開義務がない。
「土地」や「建物」は一応課税評価額でって事になってるけど、そもそも資産公開法に違反(虚偽記載w)しても罰則規定がない(意味ねぇじゃん!www)。
単なる形式上のもの。
究極のザル法だね。

(茶魔)


37. 2012年4月14日 21:25:15 : lfk702LQks
>>33
全然、答えにナッとらん
*************************************
@売り手が『欄の17年まで印字』ということは、翌年名変は、同意済だったはそのとおり
土地取り引きするのに、そんな時間が無く駆け込むような買い付けしながら、翌年の『Xデーまで、名変待ってくれ』となった理由は何ですか?
====================================
陸山会側の、本登記日に支払すれば良いのに売主側の都合で「前渡し」してやったという解釈もありでしょ。
それから、手書き部分は「1月7日」部分だけなので、「平成17年」は印刷されていたと解釈しています。
つまり、引き渡し日は「平成17年」とすることは既に合意されていたと解釈しています。
====================================
↑問題は、何故、手付じゃなく全額なのかが問題視されてんだろ(いまどき有限会社でも脱税嫌疑かけられるぞ)

※問題にしてるのは検察だからな、(僕はどうでもいいんだが)そこから突っ込まれてるんだから、不動産側が立っての願いで・・・というんなら、参考人か何かでしょっ引かれてるだろ、それが無いってことは、小沢側が払い込み終了させたかったんだよ
*************************************
Aしかも、その金は銀行から引っ張るのに、小沢の実印が無いから云々・・・これで本当に『銀行渡りの処理ができてた』んでしょうか?
=====================================
陸山会名義(陸山会代表小沢一郎)の定期預金を担保に小澤(個人)で借入できるのは「りそな」だけだろうね。
ちなみに、陸山会名義の定期預金が担保であれば、借入人は陸山会に限られるちゅーことです。
どーして、弁護士や側近は、この「常識中の常識」を知らないのだろう?
=====================================
↑これから行うことが、『行動予定が間違ってたから直します』じゃないからな・・・行ったことを供述してるのに、その手続き供述が法的に不首尾であれば、事実と違うに決まってるだろ
*************************************
スマホから書き込むと<>内消えて無くなるんだなあ・・・>>27は、必要とあらば仕切り直しするが、今はいい
*************************************
@Aとも、小沢の小遣い銭が出何処なら、不自然だと検察は言ってるんだよ

ただ@Aとも、小沢の小遣い銭ではないとしても、他の誰とも証拠は出ていない

だから検察は、期ズレを理由に『別件逮捕同然の切り口』にて秘書を拘束、誘導尋問で口を割らそうとした

それを手繰って、3段論法で小沢に迫っているわけだが・・・今のところ証拠不十分だろう

だが、秘書にも家族はいるし、いつ何で脅されて供述させられたっておかしくないんだから、期ズレが違法にならない(不自然というだけ)以上、そもそも別件身柄拘束の理由を消し飛ばして、裁判の無効性を訴える方が、良い悪いで戦うより裁判としても正当だし、小沢としても安全なわけだ

それなのに、受けて立とうとしているだろ

小沢事務所も貴君の言い分もそうだ

僕は小沢支持者じゃないし、受けて立ってくれた方が面白いから、それでもいいんだが、そうなると勝負は真実じゃない

『秘書に何を喋らせるか』それによって、検察の勝利の目が出てくるんだよ

>>センセ
僕は、センセが言いたいのは、そういうことだとズッと思ってきたんだが、違うんなら違うと言ってくれよ


38. 2012年4月14日 21:36:20 : 0EopofEgjc
>>35

元秘書らの裁判では判決で裏献金を誤魔化す目的だったと認定(推認)されたが、小沢裁判では石川は樋高代議士からのアドバイスがあったと認めた上で

証人「当時の政治状況でそうしました。16年ですと17年の収支報告書が公表されます。17年ですと18年に公表されます。総選挙や代表選があるかもしれないので、時間的に余裕を持っていた方がいいと思ったからです」

と証言してるね。
マスコミの執拗な反小沢報道(違法じゃない事をスキャンダラスに脚色し記事にする)が根底にあったんだろう。
所有権移転時期を当事者間の合意で延期する事は別に違法行為ではない(民法の「契約自由の原則」によって認められている)。

(茶魔)


39. 阿闍梨(あじゃり) 2012年4月14日 21:59:23 : X1PiEpHWt8BJA : 9sg7ufukJI
>33 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

人の投稿は、読むと腹が立ってしょうがないから読まないことにしているが、一応読んでみた。
『おもいっきり、腹が立った。』
虚偽記載の裁判で、本裁判には関係ない資産公開の話など、なんの必要もないではないか。

だって、担保提供したのが「小澤(個人)名義の定期預金」だとしたら、それがどーして虚偽記載になるんだい。

ついでに、担保提供したのが「陸山会名義の定期預金」だとしたら、それがどーして資産公開の話を第08回公判でしなくちゃならないことになるんだい。
それと、「陸山会名義の定期預金」だとしたら、それがどーして虚偽記載になるんだい。(「資産等_定期預金」を8億円で記載せよ、とは誰も言っていないぞ。)

それに、資産公開を避けるために「陸山会名義の定期預金を担保提供した」のであれば、銀行支店長は、「会社法第356条1項三号」の「利益相反取引の制限」を寸借して「陸山会名義で貸付けを行う」のが常識だ、と言っているのですよ。
これ、解かってよ。

担保の名義を、どちらにしたのかが問題では無く、借入人の名義が問題なのですよ。
担保の名義が個人名義であれば、借入人は「個人」でも「陸山会」でも良いけれど、担保の名義が陸山会の場合は、借入人は「陸山会」しか選択の余地は無いのですよ。

でね。こんな初歩的な実務知識が解からず、公認会計士や弁護士や会計学の大学教授が(銀行支店長もッてか)、こぞって「アホまるだし」の意見を述べていることに、このゾーン(時空間)の“おぞましさ”を感じるのですよ。


40. 2012年4月14日 22:31:08 : 0EopofEgjc
>>37「レイカウント」

オレご指名かいw
うぜ〜www

@について。
>>38を見ろ。
あと追加するとしたら

>、不動産側が立っての願いで・・・というんなら、参考人か何かでしょっ引かれてるだろ、それが無いってことは、小沢側が払い込み終了させたかったんだよ

このアホな主張への反論。
10月5日に契約書交わしてそれ以降に「マスコミと総選挙・代表選の事を考慮すると、やっぱ17年に売買の方が無難だ」と言う判断のもと売主に売買延期を申し入れた(20日頃らしい)。
だが契約自体は締結済みで手付も払ってる(1000万な)し、おそらく売主は既に抵当権者と根抵当権抹消交渉(10月29日=原契約の代金支払い日に抹消って事でな)に着手してたんだろ。
そうなると手付流しプラス売主から債務不履行で損賠の民訴提起される。
しかも陸山会は土地自体は欲しかったんだろうさ(前のレスで説明済みだ)。
だからアンタの「小沢側が払い込み終了させたかったんだよ」はアホの浅知恵(知恵とも言えないアホらしさ)w

Aについて。
全体のスキームについてはすでに銀行に説明し、融資OKの回答を既に得ている。
あとは小沢本人の融資申込書・約手・担保設定契約書への署名捺印をしてもらい、銀行に持って行けば定期を組んでその通帳を銀行に渡せば融資は実行される。
当然銀行側は石川が書類を持っていけば即融資手続きに入っただろう(審査・内部承諾は完了済みだった)。

小沢本人も事務所も何より嫌疑を晴らし、政治活動に専念できることを最優先とするだろう。
だから公訴の無効に拘り時間や労力をそこに浪費するのはあまり考えていないと思うぞ。
小沢を一所懸命支援している人達は忸怩たるものがあるかも知れんが・・・
それに元秘書らの控訴審で無罪判決を得れば(公訴棄却を求めてもいい)それで虚偽記載の事実は否定されるんだから、小沢がここで公訴棄却に拘る事もあるまい。

>>27はてんで内容がないので仕切り直す必要はない。
そんな事よりたまには自分で調べろ、どアホ!


41. 2012年4月14日 22:52:53 : ZwQAHBqNPQ
手付がどうたらこうたらの「カバ・カウント」

・契約書のコピーも見ていないんじゃ、話しにならん。
「江川紹子 小沢裁判証言」をググって、まず契約書のコピーを探すんだな。

・この事案でとっくに白旗を上げた検察が、どうかしたのか?
このバーカ、恥っつぁらしwww
Come the day before yesterday!


42. 2012年4月14日 22:59:15 : 0EopofEgjc
>>39 阿闍梨

細野って会計士とも争ってるんだな、オマエwww
オレにはどっちが正しいのか判断できん・・・
だが熱意ではオマエに軍配を上げる。
オレは法的な見地からしか言えないが、法律上は債務者と担保提供者が同一でなければならないという規定はない。
そして会社法356条1項の規定が権利能力なき社団に適用されるかどうかもオレには判断できない。
過去の判例でもあればいいんだがな・・・
恐らくないだろう、だって政治資金管理団体がその代表者である政治家を訴える事はまずあり得ないからね。
それに本件でもその事は検察も指定弁護士もスルーしてるし・・・
早バカはカバが人間の振りして弁護士のマネ事してるだけだwww

(茶魔)



43. 2012年4月14日 23:07:01 : lfk702LQks
>>40
『売主に売買延期を申し入れた』

ならば

『売主は既に抵当権者と根抵当権抹消交渉』

も延期で当たり前じゃないか
どうして、そこだけ突っ張る必要が出てくる

しかも

『マスコミと総選挙・代表選の事を考慮すると、やっぱ17年に売買の方が無難だ』

こう来ておきながら、更に10/5頃から交渉勧めてきながら
=====================================
★「特約事項の6:本物件引き渡し日までに・・・本契約は白紙解約とし、売主は受領済みの金員を無利息にて速やかに買主へ返還するものとします。」
つまり、本登記日(1月7日)までに白紙解約となる可能性があったのであり、平成17年1月7日をもって、「みなし計上」したことは正しい会計処理であります
=====================================
なのに、本登記との間に2カ月もの時差を生じさせた

そして、それを突っ込まれて

『裏献金を誤魔化す目的だったと認定(推認)された』

こうじゃないのか?

僕が言ってるんじゃなく、裁判所に認定された=ここは、貴君の論で押すなら、石川らは最高裁まで行っても有罪ってことだ

そう言ってるんだよ


44. 2012年4月14日 23:11:31 : lfk702LQks
>>41
流石、周回遅れだ

1審で有罪食らった戦法で2審も行くんだな

2アウト確定だな


45. 2012年4月14日 23:29:05 : lfk702LQks
既に日本の裁判は、推認が有効という事実を受け入れることからスタートせねばならない

アシュラーの法解釈など、焼け石に小便なのだ・・・ここに気づけよ

裁判所が推認すると分かっているのに、法がこうだからだとか、法令守れって守る相手なのか?土俵に上がったら勝ち目は無い

そもそも裏金という『対象相手を必要とする』代物に対し、それを不確定で有罪ときている相手なのだ

いつものように、他人を裁判所の味方みたいに思って発狂しているようだが、裁判所を相手にするには、貴君らの論では再度、有罪食らうのみだ

もう止めない・・・壮絶に爆死してくれ


46. 2012年4月14日 23:30:13 : ZwQAHBqNPQ
>>44

>何故、手付じゃなく全額なのかが問題視されてんだろ。
⇒また、>>40の茶魔に論破され済のカバ・カウント。>>3段論法で【小沢に迫っている】わけだが・・・今のところ証拠不十分だろう。
だが、秘書にも家族はいるし、いつ何で脅されて供述させられたっておかしくないんだから、期ズレが違法にならない(不自然というだけ)以上、そもそも別件身柄拘束の理由を消し飛ばして、【裁判の無効性を訴える方が】、良い悪いで戦うより裁判としても正当だし、小沢としても安全なわけだ。
⇒カバ・カウントは>>44「陸山会裁判」と「小沢裁判」の境目がない。
質の悪いアラシだな。


47. 阿闍梨(あじゃり) 2012年4月14日 23:39:25 : X1PiEpHWt8BJA : 9sg7ufukJI
>42 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

『細野って会計士とも争ってるんだな、オマエwww』
⇒それが、私の闘いの始まりなのだよ。

『政治資金管理団体がその代表者である政治家を訴える事は・・・』
⇒この法律の趣旨を勘違いしているよ。

-------------------------------------------
取締役は、次に掲げる場合には、株主総会において、当該取引につき重要な事実を開示し、その承認を受けなければならない。
三 株式会社が取締役の債務を保証することその他取締役以外の者との間において株式会社と当該取締役との利益が相反する取引をしようとするとき。
-------------------------------------------
この法律の趣旨は、株式会社(陸山会)が取締役(小澤さん)の債務を保証することを制限(やりにくくする)するのが目的であって、返済をしない等の事故が有った場合に訴えることを目的としているわけではありません。

だから、銀行支店長は「利益相反取引の制限」については「相当成る注意義務を要する」ちゅーことだ。
「りそな」のHPの一番下を見てごらん。
「利益相反管理方針の概要」つーので、解かりにくい説明をしているよ。
「お客様(小澤さん)と他のお客様(陸山会)との間に発生する利益相反を適切に管理いたします。」


48. 2012年4月14日 23:43:43 : 0EopofEgjc
>>43

アホ相手はもううんざりw

>『売主に売買延期を申し入れた』
ならば
『売主は既に抵当権者と根抵当権抹消交渉』
も延期で当たり前じゃないか

何言ってるんだ、アンタ?
売主はもう契約履行に着手しているんだから、そもそも買主の申し入れなんか一切聞く必要はない。
主導権は売主側にあるんだよ。
それに29日の入金見越して、売主が他の物権手に入れる段取りを進めてたかもしれないだろ?
大体買主が延期申し入れしたのは契約書交わした2週間以上後なんだぞ?
どこが「延期で当たり前」なんだ?w

3アウトでいいか?w
アホがwww


49. 2012年4月14日 23:48:33 : CaX39qEdxQ
>>36

サンクス。
資産公開法というのは、そんなもんだろうと思ってたw

>>39
資産公開法に、政治資金規正法との接点がないか、確認したかったんだよ。
知らないことは知らないというのが、責任ある社会人というものだから、悪く思わないでくれ。

ところで、指定弁護士の主張はあくまで、
4億円の原資に不正な金が含まれるので、4億円を所持していたことを隠したかった、
ということで訴えを起こしているのだから、いずれにしろかすりもしてない。

というわけで、横レス申し訳ないが、自分の理解をちょっと点検してもらいたい。
間違ってたら遠慮なく指摘してほしい。

小まず沢が個人資金を、石川に渡したところから始まる。
この時点で小沢は、土地購入と資金繰りの兼ね合いで金が必要になったと言う程度の認識。
何に使うかの指示はなかったし、後で返せといっただけ。

それを石川が預り金として処理。
そこで余計な気をきかせたというか、慣例通りのつもりで、
小沢の金を陸山会名義にかえて、さらに二つに分けて定期を組んだ。

ここは預り金でなく、借入金にすべきだったのでは?と思われるが、
勘定名が正当かどうかはともかく、
帳簿には「小沢から受け取った金」がバッチリ載ってるわけで、
小沢の金を隠す目的を果たせてないから、ただの書き間違い以上の意味はなさそう。

というわけで石川も証言している通り、結局は小沢の資産をより少なく見せたかっただけ。
それも土地購入取引時ではなく、それより未来の小沢の体裁を慮ったものと考えられる。
これでは政治資金法違反の裁判である。本件との直接との関わりは見いだせない。

要するにいっぺんに四億円返したら、その時小沢の体裁が悪かろうと思った。それだけ。
これは政治資金規正法に引っかかるかどうかは、かなり怪しい。遺憾な行為には違いないが、
政治資金の流れを透明化して有権者に判断してもらう、
という趣旨から外れているとは言い切れまい。

なぜなら金の流れを隠すつもりは全くなかったし、事実隠してもいないし、
石川も聞かれたら、その動機を正直に答えてるんだから、
有権者の判断をことさらに狂わせようという意思は、全く見られない。
遺憾な行為には違いないが。

また土地購入に際しては、登記名簿には小澤一郎名義でのってるわけだから、
小沢個人の買い物だったという体裁になっている。そこでやや話が入り組むが、
それは小沢が土地登記前に事故で世を去った場合なども考慮して、そうするのが妥当だったと。
そういうことになるわけだね?

で、その時定期預金の名義が陸山会だと、小沢個人が土地購入のため引き出すのは無理、
というのが阿闍梨と君の論争点になっているわけだ。

自分は、石川の証言からも察せられるように、
預金の名義は、陸山会代表小沢一郎なのだろうと思う。
これは事実確認しなければわからんだろうけど。

つーか阿闍梨って、本当に素直にまっすぐに物を見れる者か?ニセもんじゃね?w

政治団体は、企業法人とは性質も資格も違うし、そもそも法人ですら無い。
したがって、会社法の規定外の存在なのではないか?ここは俺はよく知らないが。
ぶっちゃけ、サークル活動みたいなもんだろ?

となれば陸山会代表小沢一郎だろうが、個人の小澤一郎だろうが小沢は小沢、
ここでは便宜上、そのほうが都合が良かったという以上の意味はなかろうし、
他にどうしようもあるまい?石川名義で融資を受けたんなら問題だろうが。

素直にまっすぐに物を見れる者は、昔ずっとそういうことを言ってたと思うが?

もしそこでその金を、小沢が違法な用途に使ったならまた話は別になるんだろうが、
本件はそもそも、小沢、お前は裏金をもらっただろう!、という前提なわけで、
小沢が裏金を誰かに渡した、という話ではない。というわけでこれは関係ない。

また、小沢が最初からマネロンの目的で土地取引を利用していたというなら、
政治資金規正法でなく、贈収賄などで起訴するのが妥当。

また本件では、検察側は裏金の存在が事実かどうかすら定かにしていない。
裏金の存在を証明できなければ、マネロンは成功するのだから、
まず、裏金を確実に立証して、その上で訴訟を起こさないと、意味をなさないはず。

何やら紛らわしい取引があって、その動機は裏金に違いない!とインネンをつけてるだけ。
これは循環論法。証明すべき結論が、前提となっている。
つまり今現在違法かどうか争っている会計処理が、裏金の根拠となっている。

つまり検察側は、裏金の存在も、裏金隠蔽工作を特定する行為すら明確に示せず、
ただ何となく、怪しい事をやってるから裏金だ!と言いはっているだけ。
マスゴミも例によって例のごとく、無責任にそれに乗っかった。

こんなんで裁判されたら、それこそ警察なんぞいらんわw
それだったらニートなんか、店に入った時点で万引きで訴えられるじゃねーかwww
指定弁護士は懲戒もんだろう。

つまりこんな裁判は、徹頭徹尾ただの嫌がらせ以上のものでしかあり得ない。

期ズレの方は結構微妙だと思うが、石川が聞かれれば正直にその動機を語っている以上、
有権者の判断を、違法な手段で狂わせようという意志があったとは断定できないと思う。
会計処理は合法だからいいんだという素人の思い込みで、わかりにくくはしたけどね。

政治資金規正法では、形式上誤りない場合はもちろん、仮に誤りがあっても、
それをやった動機を、正直に語ればとりあえずOKという判例を作るのが望ましいと思われる。
またそれで十分だろうさ。これなら法の趣旨にも格別反するまい。

そして石川の言い分には、疑わしい点は全くないし、つじつまも合ってる。
遺憾な行為には違いないが・・・

政治家を挙げるなら、あくまで贈収賄でやるのがスジ。それなら文句は言わん。
こういう無理筋のインチキ裁判リンチを、国家規模の犯罪としてやった奴らは、
草の根分けても探しだして、根絶やしにするべき。絶対許さん。



50. 2012年4月15日 00:03:52 : lfk702LQks
>>48
『売買』に条件『抵当権者と根抵当権抹消』が付いているのに

『売主に売買延期を申し入れた』
なら
『抵当権者と根抵当権抹消』
一緒に延期だろ普通

しかも『売主に売買延期を申し入れた』は、自分で言ってるんだぞ
僕が言ってるわけじゃない


51. 2012年4月15日 00:04:15 : ZwQAHBqNPQ
「茶魔」
これで、TPP推進員バカ・カウントの正体がわかったろう。
第一の本音が、TPP推進 (あいにく茶魔に論破されまくられた)
第二の本音が、>>45
これで、このバカ・カウントがJPN handlerの下請けだとしたら、これほどわかりやすい構図はない。
(日中)

52. 2012年4月15日 00:10:58 : lfk702LQks
>>51
そりゃ、仕事もせず、1日中板に張り付いてるお前だよ

53. 2012年4月15日 00:21:39 : ZwQAHBqNPQ
>>52 バカ・カウント
論に詰まると、根拠のない罵倒を一行しか書けない。
***
手付がどうたらこうたらの「バカ・カウント」
・契約書のコピーも見ていないんじゃ、話しにならん。
「江川紹子 小沢裁判証言」をググって、まず契約書のコピーを探すんだな。
・この事案でとっくに白旗を上げた検察が、どうかしたのか? このバーカ
Come the day before yesterday!
***
と、追いつめられると本音の>>45を吐く。
とてもわかりやすいバカ・カウントなのでした。

54. 2012年4月15日 00:32:39 : CaX39qEdxQ
>>49 補足。

また誤りを刑罰でもって脅すようなことをしたら、それこそ事実を隠そうとする動機を与えるので、
そのほうが政治資金規正法の趣旨により反する。

したがって、今回は厳重注意の上無罪放免。
再犯を犯したなら、その時は罪に問えば良い。

だろ?



55. 2012年4月15日 00:40:06 : 0EopofEgjc
>>50

4アウトにしてもう一回だけアンタのアホ主張に答えてやる(大サービス)w

>『売主に売買延期を申し入れた』

そもそも契約締結後に一方が契約条件変更を申し入れても、もう一方の当事者がそれを承諾するとは限らないし、そんな義務はない。
それに比べ変更を申し入れた側は申し入れを拒まれた場合、原契約通り契約上の債務を履行する責任がある。
だから今回の所有権移転時期延期は買主が譲歩してくれただけ。

異常www


56. 2012年4月15日 00:49:18 : 0EopofEgjc
>>50

ついでにもう一言。

アンタ少し民法をお勉強しなさい。


57. 2012年4月15日 01:09:09 : ZwQAHBqNPQ
ところで、藤島サポーターの>>20 uzupVu3vxcは突然横槍入れてきたくせして、どっかにトンズラこいたな。
まあ、アウトカウント「4」のアラシよりは少しマシだけれど。


58. 2012年4月15日 02:44:01 : 0EopofEgjc
>>49

「阿闍梨」は間違いなく「素直にまっすぐに物事が見れる者」だよ。
オレはその頃から議論してたから良く分かる。
で、>>49の内容について。

まず小沢が石川(陸山会)に4億円の現金を預けた経緯だが、大久保が秘書寮建設の為の土地を探していて、本件物件を見つけた(チラシを見たとか何とか言ってたはず)。
そんで小沢に土地を見てもらい(散歩中に見に行ったとかw)、OKをもらった。
それを大久保が石川に伝え、石川は小沢にその件を確認した。
その時に小沢は「了承済みだ」と答えたんだが、同時に「金は大丈夫か?」って石川に尋ねた。
石川は「かき集めれば何とか・・・でもちょっときついかもしれません」ってな事を言い「何とかなりませんか?」って小沢に頼んだ。
小沢は「分かった。用意できたら言うから取りに来い」と返答。
10月5日大久保だったと思うが正式な契約書を交わし、手付1000万(+仲介業者に手数料500万だったと思う)を支払った。
で後日(10月12日)小沢から連絡が入り、石川は金を取りに行き4億円預かった。
そん時に小沢は「ちゃんと返せよ」って言ったらしい。
そして通常小沢事務所ではマスコミがうるさいから、不動産購入の際は銀行融資で支払う形態を取っていたんだな。
今回もそれと同じ要領で進めるはずだったんだが、まず石川が4億円の大金にビビって分散して陸山会口座に入金した(失敗1)。
その後、総選挙や代表選の事を石川(か樋高)が思い出し、石川は樋高のアドバイスを受け売買を翌年に延期しようと思った。
で20日(かもう少し後か)に売買窓口だった大久保が、仲介業者に売買延期を依頼した。
が、所有権移転の延期は売主も承諾してくれたが(所有権移転だけずらす案は仲介業者が提案したようだ。恐らく売主が売買延期承諾を渋ったからだと思う。また間に司法書士が入って石川にアドバイスしてた)、支払い日は原契約通り10月29日に履行するよう求めた。
当然主導権は売主にあるので陸山会はその通りにする(か手付1000万+仲介手数料500万ドブに捨て、さらに損害賠償払って契約を破棄するか)しかない。
ので仕方なく29日に金を払う事にした。
その時石川は4億の不動産購入なんてした事なかったんで、融資は陸山会名義だと銀行がOKしてくれないと思ったらしい。
だから小沢個人名義で融資を依頼し、使途(陸山会に転貸し不動産を買う)や定期預金の担保(名義も説明してたと思う)や返済方法等を説明し、銀行がOKした。
で石川は会計知識がなかったんだな、融資の債務者(小沢)と担保提供者(陸山会)が同一じゃない形で融資をしてもらった事が不自然に見える事を気付いていなかったようだ(失敗2)。
さらにタイミング悪く小沢が多忙で融資申込書類に署名捺印してもらうのが遅れ、結局支払い(29日午前)後に融資実行となった(失敗3)。
その融資金転借分は、いざという時(資金ショート)に備えて出来れば手を付けず、そのまま融資金の返済(多分2億づつ2回〜1年後と2年後)に充てるべく定期預金2億×2本にした(それは正解)。
だがバカだから小沢から4億借りたって備忘録かなんかに記入し、おまけに他団体からかき集めた金をご丁寧にパソコンでエクセル使って明細ファイルを作ってた(失敗5)。
で、ここら辺の所有権移転延期等の経緯は小沢にちゃんと伝えてなかったと思う。
だから小沢は本件が事件に発展した後の説明で「期ズレ」や「記載漏れ」を認めちゃったんだなw
そんでさらにバカだから石川は小沢から借りた4億円を04年の収報(収支報告書)に記載した(不動産購入は記載してないのにw=失敗6)。
またまたタイミング悪く西松事件で捜査が始まり、大久保らが取り調べを受け、09年3月大久保が逮捕された。
その日陸山会事務所にガサが入り、そん時帳簿や備忘録、パソコンなどが押収された。
多分特捜は04年の小沢からの借入金4億って何だ?これが西松からの裏献金か?って思ったんだろうさ。
しかも借入日(29日)近辺にやたら他団体から金かき集めてる。
なんかあると思うのも無理ないよな。
でも調べ進めて行くうちに陸山会の土地購入の件が出てきて、本命の西松絡みの件はスカだったって訳だ。

て感じかな?
あとはご存知の通りだ。

チョンボ6回もした上に、西松事件と重なってホント石川らはついてないよな。
同情しちゃうよw

#「阿闍梨」が拘ってる融資名義と担保名義の件は、別に的外れな主張じゃない。
実際金融庁は「利益相反行為」(企業の代表者や役員が企業の資産を担保に個人的な借金をする事。中には認められるケースもあるがそれは利益相反ではない)を予防するため銀行等に事前に厳しくチェックする事、出来ればそれに類する行為は認めない事を銀行独自でルール化するよう指導・要請している(反するとお咎めがある)。問題はそれが政治資金管理団体にも適用されるのかと言う事だが、それに関する規定は全く(だと思う)見当たらない。
しかも特異なレアケースだから判例もないのでどう考えればいいのか分からない。
ただ「阿闍梨」のように法人と同様に厳しいチェックをすべきだと考えておけば、問題は起きないだろう。
ただ相手が政治家だからね、厳しくチェックしたり断ったりするのも骨だとは思う。

(茶魔)


59. 阿闍梨(あじゃり) 2012年4月15日 10:00:47 : X1PiEpHWt8BJA : 9sg7ufukJI
>58 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

ありがとう。
お子茶魔様には、勝てないワケがちょっと解かったかも。
情報量の豊富さもさることながら、いろんなことを深く知っているよね。
私の実務経験もかたなしなのだ。

でも、決定的なのはお子茶魔様の意見は「現実論」であることだと思います。
銀行支店長の「担保は陸山会名義」との判断は、実際はお子茶魔様の言う通りだったのかも知れません。

私の主張は、「青臭い論」なのですよ。
銀行支店長は、「陸山会名義で貸付けを行う」べきだったと言っているのです。何故出来なかったかというと、担保提供契約書に押す実印を陸山会は持っていないからです。
「陸山会名義の定期預金を担保に差し入れますので、4億円の融資枠を小澤(個人)に設定して下さい。」という担保提供契約書に小澤(個人)の実印を押すことを要求するという、こんなバカタレな銀行支店長の行為に腹を立てているのですよ。
前にも言いましたが、「利益相反取引の制限」の件をマスコミが一斉に報道したら、「りそな」は潰れますよ。

それに、「>39」の通り、こんなこたぁ虚偽記載に何の関わりもありゃぁしませんッて。

『石川は小沢から借りた4億円を04年の収報(収支報告書)に記載した(不動産購入は記載してないのにw=失敗6)。』
⇒この記載は、融資後に又貸ししたのを2億円×2本の定期預金にしたものなので収支報告書に記載して正解です。
これは、H17年とH18年に2億円ずつ解約して小澤(個人)名義の当座預金に振込んでおき、「りそな」で自動決済(借入金返済)されています。
この内容の内、収支報告書に記載すべき事項は全て洩れなく記載されております。


60. 2012年4月15日 11:30:41 : 0EopofEgjc
>>59 阿闍梨

>『石川は小沢から借りた4億円を04年の収報(収支報告書)に記載した(不動産購入は記載してないのにw=失敗6)。』
⇒この記載は、融資後に又貸ししたのを2億円×2本の定期預金にしたものなので収支報告書に記載して正解です。

言葉足らずだったな。
オレが言いたいのは、「土地購入を収報に記載しないと何のために4億小沢から借りたか説明できない(極めて不可解」って事だよ。
一連の動き全てが土地購入の資金工面から始まった事、それの一部(小沢からの4億の借入)だけ載せてもかえって不自然だろ?

(茶魔)


61. 2012年4月15日 12:55:12 : Mjtq9zP3Q6
5段目
言うなれば予測

携帯は打ちにくい

62. 阿闍梨(あじゃり) 2012年4月15日 16:33:26 : X1PiEpHWt8BJA : 9sg7ufukJI
>60 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

そーだよね。お子茶魔様らしくないから、おかしいなッて思ってたんだ。

『一連の動き全てが土地購入の資金工面から始まった事、それの一部(小沢からの4億の借入)だけ載せてもかえって不自然だろ?』
⇒その通りなんだよね。

支店長に『(借入目的が)財務目的になってもいいか?』と尋ねた時に、石川のバカは、本当は借入のキャンセルをすべきだったと言うことなんです。
どっちみち、「資産等_土地」と「支出_事務所費(土地代金)」は平成17年度の収支報告書に「みなし計上」するつもりだったんだからね。
平成17年になってから、資金繰りの為として小澤さんに銀行から借り入れてもらい、又貸ししてもらうという、いわゆる名義貸しで4億円を公明正大に計上すればよかったということです。

次回投稿のネタにしょうかと思ったりしてるので、これ以上の石川のバカへのつっこみはやめておくが、ちょっとだけ。
田中角栄は、小沢一郎と言う後継者を育てた。
小沢一郎は?
バカばっかり何人育てても、このザマだ。


63. 2012年4月18日 12:17:04 : Mjtq9zP3Q6
5段目
言うなれば予測

携帯は打ちにくい

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK128掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK128掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧