★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 170.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「『無罪は無罪』の重み」 小町谷育子弁護士 2012/05/13(東京新聞)
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/170.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 5 月 13 日 19:46:43: igsppGRN/E9PQ
 

「『無罪は無罪』の重み」 小町谷育子弁護士 2012/05/13(東京新聞)
http://ameblo.jp/heiwabokenosanbutsu/entry-11249506977.html
2012-05-13 15:23:47 平和ボケの産物の大友涼介です。


社会的に着目された刑事事件は、刑事手続きの在り方や報道に根本的な疑問を投げかける。小沢一郎民主党元代表の無罪判決に対する控訴の記事(5月10日)を読んで、そのことを強く意識した。

無罪判決の控訴に対して、刑事被告人の立場が続くことへの問題性をクローズアップした報道は、これまであまり見かけなかった。強制起訴の事件を特別扱いする必要はないという識者の意見は理解できるし、別に扱うならば、指定弁護士は控訴できないという制度設計にしておかなければならなかったはずだ。そうでない以上、控訴の判断は他の事件と同じように判断されなければならない。

ところが、今回は、刑事被告人の人生、生活に与える重い影響が取り沙汰される。それっておかしくないだろうか。他の事件の刑事被告人が置かれている境遇もまったく同じである以上、想像力をめぐらせて、その痛みを感じるべきであろう。厳しい攻防が続く刑事裁判の法廷に毎回出席し、無罪で喜ぶ間もなく控訴され、延々と刑事手続きに拘束される。最高裁で無罪が確定する頃には、ゆうに十数年が経過していることも珍しくない。

裁判員裁判が始まり、第一審の事実認定が重視される傾向になったのは、大きな変化だ。同じように市民が手続きに関わる強制起訴の事件を機に、この際、無罪判決に対する検察官控訴を認めない制度を採用することの当否を検討してもいいのではないか。三審制を維持するのであれば、強制起訴の事件とその他の事件との間で、控訴の当否を左右するような違いがあるのかどうかの議論を深めていくべきだ。そのための材料を提供するのにふさわしいメディアは、詳しい解説を掲載することができる新聞だ。

被告人の負担は刑事裁判だけではない。無罪判決を手放しで喜べないのは、判決報道の内容にもある。「無罪あろうと倫理的な責任があるのではないか。限りなく有罪に近いグレーだ」というトーンが目につく。イタチの最後っ屁のような印象を受ける。無罪は無罪。そのことの重みを感じ取り、冷静に判決の分析を行い、どこが決め手となったのかを分かりやすく市民に伝えることが報道の第一の役割ではないか。

無罪判決に対する評価は簡単ではない。別な裁判官になれば、証拠の評価が簡単に変わるかのような意見が出てくるのは、裁判官の事実認定を軽視しているとしか思えない。私たちはそんな不安定な裁判制度を抱えているはずはない。刑事控訴審の構造が事後審であることも理解されていないに違いない。刑事手続きを正確に知り、的確な批判や理解をすることで、感情的な意見の表出が減ることを願う。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月13日 20:04:40 : CxLuvj9qvg
何でこのような声が、民間に広がらないのか。
このような考えの弁護士は少ないのか。
権力に立ち向かってくれるのが、弁護士ではないのか。
罪悪人、極悪人でも、執拗に弁護するのに。



02. 2012年5月13日 20:09:57 : UPdFbAR04Q
その通り。馬鹿な報道するテレビや新聞反論する気にも慣れない。余りにも馬鹿すぎて。小町谷育子先生のようなまともな弁護士は案外少ないのかも。テレビに出てくる弁護士は小沢控訴を肯定する。しかし面白い事に参加のコメンテーターに正論でコテンパンにやられ意気消沈してる姿を最近よく見る。賢い弁護士は出演依頼を断っているようだ。それにしても自民の谷垣や公明の山口は弁護士だから 小沢の控訴がおかしい事を解っている筈。それが証人喚問とかおかしなことを言っている。谷垣は最悪。魂を簡単に捨てる奴ばかり。社民党の福島も弁護士だが、彼女は小沢控訴はおかしい。理解に苦しむ、起訴されるとまず有罪がの世界が少し変わってきて言い流レだと思ったのにと言っていた。それをマスコミは小沢をヨイショして協力体制を期待していると非難的。

03. 2012年5月13日 20:14:24 : UXhu94hgUo
このような声が掲載されるのが東京新聞などごく一部に限られる。

この世の中、おかしい。
損得勘定で物事を判断し律される、いやな世の中だ。

どんな事情があるにせよ、日頃偉そうなことを言っても、
百日の説法屁ひとつ。

大手新聞の記事は今後いっさい目にすることはない。


04. 2012年5月13日 20:16:16 : M05iN7XtB2
三審制は、被告人の人権を守るためにあるもので、行政(検察)が司法(裁判所)の処分に不満をもち、より厳しい刑罰を求めるためのものではないはずだ。それが、権力の慎みというべきであろう。外国なら、被告に無罪が出た時点で裁判は終わるはずだ。ただし、日本では有罪判決の場合は、量刑、事実認定などで黒から灰色の濃淡に差があり、さらなる上級審の判断を仰ぐこともあろうが、無罪判決は真っ白しかない。「無罪は無罪」の重みと三審制は人権配慮のためであるという本来の意味をかみしめてもらいたいものだ。マスコミも、指定弁護士も、前原もこの観点をおのれの利益のために無視している。

05. 2012年5月13日 20:31:29 : R4GMPKSQSE
沢氏の生活上の不利益より、政治的活動の制約が許されないのではないかということが問題の本質だろう。
一般の事件とは比較して、検察官上訴の問題を持ち出すのはナンセンスだ。

検察官上訴が合憲でも、司法が政治に大きな影響を与えてはならず、政治は選挙を通じたプロセスで動かされなければならない。 権力分立や議会制民主主義といった憲法レベル要請だ。
そこでは、「控訴できないという規定がない」といった法律レベルの形式的かつ消極的な論理は意味を持たない。

特に、検察の捏造資料をもとに、非公開の審理の末、形式犯で強制起訴され、結局無罪になった有力政治家の活動を、裁判所から指名された3人の弁護士限りの判断で制約できる道理がない。 子供でも分かることだ。


06. 2012年5月13日 20:32:33 : R4GMPKSQSE
訂正
沢氏>小沢氏

07. 2012年5月13日 20:35:56 : 6xIxi52akg
ま、腐ってるな。いまの世の中。子どもの笑顔は変わらないし、
それをみつめる親の微笑も変わらない。
だけど、全体としてはまごうなく腐って狂っている。
それに気づかなければ、子どもの笑顔はいずれこわばり、
親の微笑は暗い皺に覆われる。
現にいま街を歩いてみなさい。すれ違う人たちの暗い顔を
みてごらんなさい。
これで日本に未来があるといえるでしょうか。

08. 2012年5月13日 20:50:14 : CxLuvj9qvg
考えてみれば、インターネットがあればこそで、真実を読み取れるが、
インターネットが無かったら、結局今頃、小沢さんは世の中から抹殺されて
いただろう。
それだけに、今のマスコミの報道、我々の手で糾弾しなければ。
ペンは暴力とはこのことだ。

09. 2012年5月13日 20:51:40 : kGbqE4QVtQ
マスゴミはマスゴミ。放っておくしかたない。

しかし問題は、控訴規定がないのに、控訴がまかり通っていること。

要するに、法律の問題じゃなくて、司法官僚側が勝手にふるまっているのだ。

もし、高裁までこの控訴を認めたとしたら、まさしく無法国家である。

無責任な言い方だが、

もし控訴が通ってしまうなら、

当事者である小沢さんが、政治のことは仲間と後継者にまかせるつもりで、断固控訴拒否すべきである。

そうでなければ、彼は今後の影響力すら、失われるだろう。

最低でも、秘密会と、検察官への訴訟が住むまで延期させるべきである。それが彼の政治家としての責務である。


10. 2012年5月13日 21:05:35 : QmyrjoZuIs
日本人はTVばかり見ているからどんどんバカになる。
矛盾した事を云う人がいてもそれに気付く人はほんの一握り。
文章を読まないのでリテラシーが生まれて来ない。
TVで詐欺まがいの事を言う人がいても可笑しいと思う人が少なくなってしまった。
大宅壮一の言葉に「TVは一億を総白痴化する」と云うのがあるがまさにその通り。
文字を読めばその論旨におかしなところがある事に気付く筈だ。TVでは判らない。

東京新聞のこの記事は弁護士でもあり物の見方事の本質が判っている。
皆さんもっと文字を見よう。
文章を読もう。


11. 2012年5月13日 21:07:05 : xq0Gegs2oA
検事が調査報告書を捏造したことが分かっていながら、検察審査会について疑問を抱くことすらしない新聞・テレビって、権力を監視するという本来の役割をどこかに置き忘れてきているよね。いつからこんなに恥ずかしい新聞・テレビになったの。官房機密費ももらってからか・・・早くまっとうな記事を書いて欲しい。新聞・テレビの罪は大きいぞ。

12. 2012年5月13日 21:26:36 : DWOficeX6U
東京新聞、良い記事書いてる。
まともな弁護士もいるのに、、、本当にマスコミの皆さんは、、、ダメダメというか、サラリーマンですね

13. 2012年5月13日 21:46:43 : jw8eYuRoVU
指定弁護士達は、法律論の問題うんぬんよりも、もはや医学的に興味深い連中だね。

控訴すれば、もっと証拠が出てくるかもしれないなどと言っているが
結局のところ1審での自分達の無能を自らさらけ出しているようなもんだろ。

それに、別の裁判官であれば別の判断があるかもしれないとか言ったらしいが
これは大善裁判長を小バカにし、さらには小沢起訴に反対した最高検の幹部達も敵にまわしたようなもんだな。

これから弁護士として生きていけんのかよ。

村木さんに対する国家賠償が3,770万円だったそうだ。(村木さんは全額社会福祉関係に寄付したらしいが)

今度は、金額も桁外れになるし、専門家によると国からは出しようがないらしいぜ。
なにしろ検察審査会は、3権の枠外らしいからな。

ということは、この3人で出すんだろうな。

この連中は、多分、被虐性癖かなんかがあるんじゃねぇの?


14. 2012年5月13日 22:04:09 : LvshxwWRYA
検察の目的は小沢一郎を総理にしないことであり、その目のある内は緩めない。
次回の選挙で民主党が与党の座から落ちれば、彼らの目的は達成される。
嫌な世の中になったな。

15. 2012年5月13日 22:08:38 : vQEc4Xa8jI
情報戦と割り切って、金太郎飴は無視をして、見れども食さずがよろしいかと思いますな。

小沢氏への情報戦略はもうそろそろメッキがはがれています。見聞きするほうは、(これは、東電・原発の話だっけ?、消費税の話だっけ?)と混乱してしまうほど、構造が似ていて、(あ!、オカミメディアだあ、もとい、オオカミメディアだあ)と辟易している。

結果として、現場からの真摯な意見には以前にも増して耳を傾ける情勢になっている。

東京新聞、がんばれ。



16. 741953KAWA 2012年5月13日 22:37:06 : LV7Xc13VDy4Q. : i1dDrKhXcQ
05の方に同意。
この弁護士さん 合っていることもあるが、ずれていることもある。我々の社会 民主主義は選挙の結果ですべて動いていく。選挙の結果、代表になった者の活動を妨げることは基本的に許されない。

17. 2012年5月13日 22:44:29 : V2aPhaLL1k
無罪判決に対する評価は簡単ではない。別な裁判官になれば、証拠の評価が簡単に変わるかのような意見が出てくるのは、裁判官の事実認定を軽視しているとしか思えない。私たちはそんな不安定な裁判制度を抱えているはずはない

とまじめな弁護士さんが言ったところで、歯牙にもかけないでしょう。そんなにフェアーな裁判制度ではなかったのです。ゆがめたのは自民党です。政権の座から滑り落ちることさえ思いもしなかった時の権力者たちの傲慢さが、なれきった最高裁の裏金か゜発覚して弱味を握られたために権力の言いなりになってしまったのです。毒を喰わらば皿まで喰ったのが事の真相。まともになりたくてもなれないのです。身内が身内を裁けない。父親の不正を娘息子は庇うもの。責任負わされたらたまったものじゃない。内緒にしますわな。それが人情というもの。すなわち情で動くのが日本の司法。父親からの世代交代ができていないと同じ。他人がとやかく言おうと、がん無視です。幼い司法制度です。だから馬鹿な弁護士は調子に乗るのです。原発存続問題と一緒。交付金は差し上げませんが、地方自治体のみなさま、それでも再活動に協力していただけますよね?と問えばいい。金の切れ目が縁の切れ目。原発抱える地方自治体はいっせいに引きます。そう裁判所も裏金の闇のけじめをつけたら弱みもなくなるのです。まじめな弁護士さんの意見も通るのです。
この世はすべて金が絡んでなんぼ?です。3人の馬鹿弁護士も、税金は使えませんよ、と釘を刺しておけば、一斉に引くのです。税金の無駄遣いを気にもしない馬鹿弁護士たちの無責任な行動に、裁判所はどのようなけじめをつけてくれるのでしょう。果たして控訴の行方は?   控訴棄却でしょう。


18. 2012年5月13日 23:28:18 : BxRQSSAPXw
小沢さんの批判するばかりで、そのあとどんな立派なことを言っても空しく響くコメンテーターと呼ばれる人達。インターネットがなければほんとに真実に近ずく事はできなかった。

 検察の犯罪をいっさい口にしないコメンテーター達。局の方針でそうなっている筈だけど不思議です。国民は本当のことを知らないから小沢=悪人とマスコミに洗脳されている。

 


19. 2012年5月13日 23:40:16 : rvlkbRvhMs
一審の無罪判決に対する検察側の控訴(今回は指定弁護士による控訴)の是非については、この記事のような問題提起は当然あってしかるべきであろう。

 だが、それはそれとして、今回の指定弁護士による控訴、それを受けての東京高裁での控訴審は、ここ阿修羅では「どうせやってもまた無罪、やるだけ無駄」という論調が大勢であるが、それに対してはいささか危惧を感じる。

 ここ20年あまりの間で、政治家が刑事責任を問われた事件で、一審無罪でありながら控訴審で逆転有罪になったものが2つある。そして2つとも最高裁で有罪が確定している。1つは、リクルート事件で受託収賄罪に問われた藤波孝生元官房長官である。もう1つは今回と同じく政治資金規正法違反(不記載)の罪に問われた日歯連1億円ヤミ献金事件の村岡兼造元官房長官である。

 2つめの日歯連事件については、自民党旧橋本派の派閥の政治団体である平成研究会が日本歯科医師会の臼田貞夫元会長(有罪確定)から1億円の献金を受けながら(形式上は日本歯科医師会の政治団体である日本歯科医師政治連盟からの献金)、派閥の幹部会でこれを政治資金収支報告書に記載しないことを決定し、平成研の元会計責任者滝川俊行が不記載の収支報告を行って有罪になった。そして、この不記載を決定した幹部会に出席していたのは滝川、村岡のほか、青木幹雄元自民党参院議員会長、上杉光弘元自治相、野中広務自民党元幹事長であった。橋本元首相は入院中で欠席だった。このうち罪に問われたのは、実行行為者である滝川と不記載を決定した幹部のうち派閥の会長代理を務めていた村岡のみであった。青木は証拠不十分で不起訴、野中は起訴猶予になった。その後、野中は検察審査会で不起訴不当の議決を受けたが、検察は再度不起訴にして野中が罪に問われることはなかった。なぜ政治家では村岡だけ罪に問われたのか、当時多くのマスコミが疑問を呈したが、それについて三井環元大阪高検公安部長は検察の裏金による「けもの道」が理由であると言っている。なお関係ないことであるが、小沢さんについても東京第1検察審査会は不起訴不当の議決をし検察は再度不起訴にした。東京第5検察審査会も不起訴不当の議決だったら今日の政治の不毛状態もなかったのではなかろうか。だが、当時の東京地検特捜部はそうした事態だけは絶対に認められないという強い意志を持っていたということだろう。

 話しを元に戻すが、日歯連事件の控訴審でも新たな証拠はなかった。公判では滝川を含む証人2人の証人尋問と村岡に対する被告人質問だけであり、補充捜査もなかった。小沢さんの事件でも同程度のことしか行われないだろう。だとすると、ポイントは一審の事実認定に対する評価である。日歯連事件では控訴審は一審とは真逆の事実認定をしている。今回もその危惧があるのである。指定弁護士が看過しがたい事実の誤認がありそれが控訴理由だと記者会見で述べていたが、私が指摘する次の部分もその一つになるかも知れない。

それは、今回の判決で、「第7 被告人の故意・共謀」「4 各取引等における被告人の関与,認識(故意共謀の妨げとなる事情) (1)本件土地取得及び取得費支出時期の認識」の中で、P.86
『オまとめ
以上のとおり,`被告人は,本件土地公表の先送りのための交渉は不成功に終わり,所有権移転登記手続の時期のみを先送りする旨の本件合意書が作成され本件土地の取得費が平成16年10月5日及び同月29日に支出され同日本件土地の所有権を陰山会が取得したこと等については,報告を受けず,これを認識していなかった可能性があり,かえって,本件売買契約の決済全体を先送りしようとしていた当初の方針どおり,本件土地の取得や取得費の支出が,実際にも平成17年に先送りされたと認識していた可能性がある。
したがって,被告人は,本件土地の取得及び取得費の支出を平成16年分の収支報告書に計上する必要があり,平成17年分の収支報告書には計上すべきでないことを,認識していなかった可能性がある』の部分である。
 そもそも小沢さんが1月に決済が延ばされたという認識のままであれば、10月に小沢さんの現金が必要とされるわけが無く、小沢さんは石川秘書(当時)にその点を質すだろう。小沢さんが10月29日に土地代金が支払われるという認識でいたことは間違いないのではないか。
 この点は小沢さんが平成22年1月23日の検察の事情聴取後の記者会見の際に配布された資料の中で『そこで、この土地を購入することになりましたが、当時陸山会の経理を担当していた秘書から各政治団体の資金をかき集めればなんとかなるが、そうすると各政治団体の活動費がほとんどなくなってしまうので、私に何とか資金調達できないかと言ってきました。そこで、私は自分個人の資産の4億円を一時的に陸山会に貸し付けることとしたのです。』また『所有権移転日を平成17年にした理由について
そのことについては何の相談も受けていません。購入資金は自分で出しており隠し立てする必要はないし、また所有権移転日を翌年にすることに政治的にも何のメリットもないので、何故翌年にしたのか私にはわかりません。』と述べている。判決の見方は明らかに間違っているのではないか。資料は小沢さんのサイトから引用。
http://www.ozawa-ichiro.jp/massmedia/contents/appear/2010/ar20100124150021.html

他にも疑問点は有るかも知れないので単純な楽観論は慎むべきかも知れない。

確かに、ジャーナリストの江川紹子氏や東京新聞は今年2月に出た最高裁の逆転無罪判決(1審の裁判員裁判では無罪、2審は有罪にしたが、最高裁は、「2審は1審と同じ立場で審理するのではなく、事後的な審査に徹するべきで、1審判決が不合理な場合にだけ破棄できる」とした)を根拠に、控訴審での逆転有罪は難しいのではないかとの見方をしているようである。確かに2審は医者のセカンドオピニオンとは違うのであり、あくまでも1審を前提にしたものであり、証拠の証明力の評価について,法律上何らの拘束も設けず裁判官の自由な判断にゆだねるという自由心証主義の歯止めの意味合いがこの最高裁の判決には感じられる。しかし、東京高裁が「1審判決には不合理な点がある」として有罪にする可能性がないとは限らないことを心にとどめ置くべきではなかろうか。


20. 2012年5月14日 00:00:45 : lRYfivAqeo
屑屑マスゴミ編集委員共は、官房機密費吸いつきゾンビ共!!!最低〜〜屑

橋本五郎、岩見隆夫、星浩、こいつらは日本国民の白蟻=ゴキブリ共だ!!

やはりクロスオーナ―シップを禁止するしかない!!!
原口一博氏は、この事で屑マスゴミから叩かれた。

自滅党が日本メディアをコントロールする為に餌ずけした。
だから長期政権が続いたんですよ皆さん!!!

インターネットの、おかげで暴き出されてきました。



21. 2012年5月14日 01:14:48 : KbjUzFqPyw
事後審って何?最後に?ついてしまいました。

22. 2012年5月14日 05:43:38 : 9pZjZOACTE
>03 大手新聞の記事は今後いっさい目にすることはない。

そういう方たちが激増していますね。新聞の購読者が減れば
減った分は官房機密費で補填してくれるので大手新聞どもは
痛くも痒くもなしってか。厚顔無恥が肩で風きる愚国・日本。


23. 2012年5月14日 05:58:01 : GlvDx1uuww
テキも必死だし、裁判なんだから当然
控訴はありうると考えて先手を打って控訴規定
をクリアしておけばよかった。
何をするにも後手後手だ。

24. 2012年5月14日 07:15:13 : PrhvI2ceEg

政権交代を阻止するために、麻生内閣が仕掛けた
「小沢叩き」キャンペーンだと言われる。

検察が必死に、取り調べたが、事件にすることができなかった。
それは鈴木宗男議員の外務省疑惑とそっくりだった。
検察は石川知裕さんを階段に、小沢事件にしたかったが、
起訴されて取り調べの「誘導・捜査報告書偽造」が発覚した。

小沢一郎の『無実』は当然だが、しかし、指定弁護士は、
迷ったあげくに『控訴』した。

まだ、インチキ裁判ごっこ、継続するのか!。あきれる。


25. 2012年5月14日 07:35:58 : afOUrPTNcc
>19さん
お考えはよくわかりますが、2つの事件とも政治的な事件で冤罪が強く疑われている事件でることご存知のことかと思います。その意味で無罪判決が覆り有罪になることはあり得るかもしれません。この事件が政治的であり、検察が政治的に小沢氏を抹殺することを目的に操作したことは前田さんの法廷証言や田代さんの虚偽記載で明らかです。また、2つの事件は贈収賄に絡むもので今回の形式的な犯罪とは大きく異なります(記載に関する判断の相違であり、不法なお金を隠すことを共謀したものではないことは裁判で認められています)。よって、国民によって選ばれた国会議員の政治活動がこれ以上阻害されないために、1審無罪の段階で控訴しないという判断が間違っているとは言えないと思います。国会議員だと軽い罪だと許されるのかと反論されるかもしれませんが、国会開催中の不逮捕特権のように国民に選ばれて国民に代わりその権利を履行している国会議員は一般人とは完全に同じとは言えないのではないでしょうか?

26. 2012年5月14日 08:16:57 : C3ExWDHMP6
最高裁、己の犯罪隠すため、無罪の、小沢一郎また縛る。正義を殺す、

 自民党と、最高裁が、隠蔽する、柏市戸籍改ざん事件の闇。


27. 2012年5月14日 08:20:59 : GIvSzWlmIT
テキも必死なんだ。

どんな手でも今後も使う。

テキは小沢抹殺が目的なんだ。こんな明確な裁判はない。

国民が立ち上がるしか、くつがえす方法はない。


28. 2012年5月14日 09:31:45 : K7Z0LZyAEE
小町谷弁護士のご意見に賛成し、賞賛する声が多いようだが、私はもろ手を挙げて賛同できない。
職業柄仕方がないことであるが、法曹界に属する方は今の司法が法律にきちんとのっとって運営されているとの大前提があるように思う。
問題はそこにあるのだ。殺人事件でも様々な冤罪事件が現実に発生している。今回の陸山会事件はそれらとは少し趣きを異にし、当初から一政治家を狙った冤罪事件という極めて政治的な事件、法の運用が委ねられている国家権力による壮大な計画犯罪が実行された状況にあるのだ。
この犯罪の一端は検察による捜査報告書の捏造として既に露顕している。検察審査会疑惑も含めて全容が解明されれば、二二六事件に匹敵するかあるいはそれ以上の平成の大疑獄事件になる。
主権者国民の選挙での政権交代を阻止し、さらにその政権を実質的に転覆させた事件ではないのか。
一法手続きの話に矮小化されてはたまったものではないと私は考える。

29. ももん爺 2012年5月14日 09:34:40 : QnfuyB5RKZq9U : dL1HaeyBvc
小沢さんは一審で無罪なんです。告訴した連中が、裁判の結果に不満をもつのは当たり前のことで、意味不明な控訴をしたら被告に戻ると考える方の「気が知れない」と考えるべきでしょうね。

無罪で、ミョウチキリンな党員資格停止処分も解除されたなら、当然、党首選に立候補すべきであって、何を言い出すのやら?おかしいですね。

控訴だって、検察審査会が控訴するには、それこそ裁判所審査会なんていう制度でも作らなければ成り立たないと考えるべきでしょ? 検察審査会として可能な審査はすでに終わってるのですから。

誰もが、変な空気にフラフラするようじゃ、困ったものですね。


30. 2012年5月14日 11:10:44 : Re2E2SO8No
裁判の制度の問題が本質的な問題ではない。法曹制度を含む日本の既得権構造の問題だ。もちろん放送界も含む。

既得権益連合 対 国民 の問題だ。今や法律の条文の解釈以前の問題だ。

最初からはっきりしている。


31. 2012年5月14日 11:26:32 : esu9RRhqSw
19氏の杞憂こそが仙谷の狂信的な願望であろう。

最高裁にたどり着き、仙谷の望む判決が出たとしよう。

それまでに、仙谷とその後継者は、最高裁事務総局との共謀の果実を享受できるだろうか?

政治的なポジションを維持できるのだろうか?

自分等を守る、政治勢力にバトンタッチをし、自分等の保身と政治力の維持が可能だろうか?←小沢氏以外の政治勢力が政権を取ったとして、自分等が小沢氏にしたことを自分等にして抹殺したほうが、利益は極大化する。←キャスティングボードを握る形のほうが安全だが、その工作はうまくいくだろうか?

上記の事柄に対する、楽観的な予想が立たなければ、杞憂などではなく、日々の恐怖感に襲われるであろう。

そのような人物がすくなくとも、一人はいるでしょう。


32. 2012年5月14日 11:36:26 : cedE3ruGMg

世論調査でみる小沢復権のきびしさ だと ゴミ売り新聞。

さんざん購読者を洗脳しておいて

今度は購読者を出汁にして

世論をあざむく とんでもない腐りきった 糞メディアだ。

腹の底から いきどおりを覚える。

体制のちょうちん持ち 星の朝日 橋本の読売 岩見の毎日は

潰さなければ ならない。


33. 2012年5月14日 11:42:11 : WRcvzABPLo
マア〜〜この様な弁護士も居るという事です。

世の中、全て悪人ばかりでは無い、のです。

でも悪い奴等は、現実に居ますので、こやつ等には
キッチリ落としまいをつけましょう。

風向きは、徐々に変わっています。

頑張れ、小沢先生!!!!


34. 2012年5月14日 11:42:29 : FyVa1hxc20
残念なことですが、私たちがどう叫ぼうが、小沢一郎を政界から葬り出したいマスコミも含む国家権力は、あまりにも巨大です。

『無罪判決』を不服として控訴し、東京高裁で再び『無罪判決』がなったなら、次に最高裁に上告すること間違いありません。

東京高裁、最高裁となりますと、これから三年も四年もかかります。その間に総選挙もありますし、最高裁で『無罪が確定』しても、そのときではあまりにも遅すぎます。

小沢一郎を抹殺したい権力は、最高裁で最終的に敗訴となろうが、勝利の祝杯をあげてバンザイを叫ぶてしょう。

この不満を解決するには、ここで幾ら愚痴を述べようが、私たちは余りにも無力です。この憤りを解決いる方法をご存じの方がいらっしゃるなら、ご教授下さい。


35. 2012年5月14日 11:52:29 : cedE3ruGMg

24さん

なにも迷ったあげくに控訴したわけではないよ

粟たぬきに言われて控訴したのさ

登石ではないが 毒まんじゅうつき と推認される。

推認だから証拠なんかなくてもいいんだもんねえ。

結果、3人の指定弁護士は末代まで 

後ろ指をさされることになりました とさ。


36. 一番町のボケ爺 2012年5月14日 11:52:43 : f.FP6saV8REc. : yBmmA3sXwo
屁の河童!

この事件が最高裁、検察のでっち上げ、謀略犯罪であることを度外視した論評は

無意味です。

「裁判」ではなく、法の名を借りた小沢氏抹殺手続きを<合法>に

見せているに過ぎない。裁判ゴッコだ。

最高裁・検察の犯罪の上に重ねた<裁判>なんて、砂上の楼閣だ。

無罪は無罪としたり顔で論ずることすら、口幅ったい。

お猿のお尻は糞だらけだ。


37. 2012年5月14日 12:26:52 : g5YNM3KfF2
■薬害エイズ事件の安倍英医師も結局無罪判決を聞いて人生を終えた。

要は検察が起訴し、マスゴミが徹底的に悪人にしたてて国民を洗脳し、結局最後に無罪とするわけだが、そのときは全てが終わっている。

犯罪を他人になすりつけて逃げる奴はやすやすと逃げおおせて、裁判にしばりつけられた被告人は長く続く不毛の裁判に命をすり減らす。

そして「無罪」とすることで誰も責任を問われることもなく事件は霞んでゆく。

そしてこうした検察・司法・官僚・政治家の悪業はすべて何十億という巨額の『税金』の壮大なムダ使いによって成り立っている。

いつまでも許されるはずはない!


38. 2012年5月14日 13:50:40 : iRuQR8Zp9M
> そしてこうした検察・司法・官僚・政治家の悪業はすべて何十億という巨額の 『税金』の壮大なムダ使いによって成り立っている。

 暗黒組織は、こうした官僚機構を変える大改革をしようとした小沢一郎元代表の
政治力を封じ込めた。

今回のように権益と利益のために検察司法官僚大手マスゴミ政治家 は
公約違反も何のその、必死に消費税増税をしたいようです。


39. 2012年5月14日 14:03:32 : K0kvx0RxBk
小沢さんへの日本の司法やメデイアの対応は、ナチスによるユダヤ人への迫害とパターンが同じで、歴史的には相似的反復行為である。歴史は繰り返し新しい事など何一つ無い。ナチスはユダヤ人へのホロコーストを目指した。裏で事実上支配している日本の旧体制権力「ナチズムとフアシズム」の残党が中心の悪党一味「官僚。大手メデイア11社。既得権益勢力」は、「小沢さんの政治的殺処分」をリンチ同然に今でもやつて居る。「ウオルフレン著「誰が小沢一郎を殺すのか?」を読めば小沢さん攻撃の裏の勢力が良くわかる」これは何を意味するのか?。それは小沢さんの「国民の生活が第一」とか「日本の真の民主化への改革」とかの「小沢主義」が、「現憲法の即時廃棄宣言」や「日本の核武装」や戦争視野に国軍創設を目指すタカ派や旧体制復活を目指す悪党一味を震いあがらせた。そこで追い落としを企てた。しかし検察不起訴になつた。そこで市民悪用のリンチと言う禁じ手に乗り出した。連携して、マフイアのリンチ以上のの合法を装つた「検察審査会」悪用の人権蹂躙極まりない迫害を未だに受けているのだ。無罪判決に控訴する権限など検察審査会の3人の指定弁護人に与える条項などないのだ。ナチスは全メデイアに連日ユダヤ人を罵倒させて憎悪を煽動し市民突撃隊にユダヤ人を襲撃させた。小沢さんを攻撃している悪党一味も同じ戦法をとつた。蝮のように執拗に言いがかりをつけるやり方はナチスのゲシュタポのやり方に倣つたものだ。もういい加減に小沢さんと言う真の 自由と民主主義者への迫害を止めたらどうだ。碁でもそうだが調子に乗る無理攻めの相手の石を皆殺しにと言う残忍な打ちすぎは己らが全滅するだけだ。

40. 2012年5月14日 14:07:33 : MHUK0423DI
古いことと並べるのもなんだが、田中角栄のときに無罪判決が出ていたら今の小沢擁護のやつは何て言ったか、というのは興味があるところだ。
法律が全てという考え方は、東電があれだけひどい被害を出して誰一人有罪にならないのは当然、ということなのだろう。

41. 2012年5月14日 14:15:50 : HGIeJj9Cr2
日本では、知識至上主義=洗脳教育だけで、理工系を除き文系では、学問は殆んど存在しない。個人では成立するが教育機関では、排除されるシステムである。

「自分の頭で考え、自分で疑問を持ち、自分で調べ、自分で答えを導く」=学問は、成立するが、文系特に、法学部では、知識至上主義=洗脳教育が主流となる。
従って、法はどうあるべきか?とか哲学的思考は、排除され、法解釈論や「判例至上主義」となり、立法後、裁判官の解釈で法の主旨等どうにでもなるシステムである。

国民も早く目をさまし、東大法学部崇拝主義を改めなければ、仙谷のような狂気裁判官や狂気検察官又は狂気政治家だらけの暗黒社会国家になってしまいます。


42. 2012年5月14日 14:31:26 : qmFnOI1nEE
裁判官の気分で判決が決まるって何なんだ。イカレテルヨこの国は。

43. 2012年5月14日 15:21:33 : zwS3aoaHNM
あの三馬鹿トリオの糞弁護士が控訴を決定するにあたり、政治的な判断はしなかったとほざいていたが、この横暴は政治的な判断そのものだろうが・・・

仙谷が後ろで、仙谷の後ろでマイケルグリーンがほくそ笑んでるのが見えるではないか

三馬鹿トリオの家に石でも投げ込んでやろうと思うのは、私だけだろうか・・・


44. 2012年5月14日 17:16:07 : 9P5kEVCdik
知らなかったが栃木県でも東京新聞は、購読可能だ。

45. 2012年5月14日 17:52:17 : RFglTXcsms
 裁判は感情ではなく理性で行うもの

ユダ金宣伝ペーパーやユダ金宣伝映像媒体が、国民の理性を完全に逸脱したところの、理性関連情報隠蔽の感情扇動の悪手を打つ。戦略破綻、自滅コースに自ら入る。これは殆ど☆勝負放棄の態度である。

あと十日後、一ヶ月後に、全将来にわたる決定が確立してしまうのだ、とでもいうようなことであれば別だが…… こんな悪手。国民詐欺の証拠を残しているということだけだろう。

いくら占有スペースで、度を越えた演出・脚色に足並み遭わせて努めようが、そもそも素材がインチキ≠ナある以上、勝つ見込みなど無い。

マスコミ全体が売国奴ツールであることは、賢い中学生でも理解する所だ。小学生でもいるだろう。多忙で疲れ切って余裕の無い国民がテレビ新聞の伝える情報をちらと見て、なんとなく事実と思いこまされているが、この深く物事を考える余裕と機会に恵まれてこなかった日本人が、余裕の無いユダ金参謀の悪手からの杜撰さに気がつき真相の理解へ接近しつつある。辛坊治郎の悪あがきなどは、最早ユーモアの分類だ。
ユダ金支配の押さえきれない内部崩壊と各所の破綻から、国民間に拡散し始める真実の情報伝播の前に、墓穴を掘っている。

すでに、ユダ金の二大支配ツールである、勝手な広告売文ペーパー、公共電波放送使用の共謀詐欺演出捏造報道全体を、不正な資本の基礎段階から、総て一端解散・分解・整理し、日本国民によるユダ金財閥解体会議が作られているという。尤もなことだ。正しい法的な☆不正の追及に、基礎・根本段階から不正な手段により構築されてきたこの巨大な虚栄の城は非常に脆弱性を有していることが明白になったためである。
この虚栄の悪質支配の巨体城。その組成は根本からウイルスプログラムにより形成されていたことが判明した。
つまり、正当性の根拠がはっきりしている正しいプログラムにより、どこもかしこも崩壊させされてしまう空中楼閣に過ぎないと言うことなのだ。

日本国の真の独立のための戦いは、現実に具体的な、戦略の獲得に成功している。不正な支配の横暴は、日本の国土の上に、足下から崩壊していく。この過程で次々と今まで隠蔽してきた悪事の数々が現れてくるだろう。

真実、日本国の正当な後継者たる国益に立つ日本人のグループは、この戦いの道を次々に勝利を重ねながら突き進むと確信する。

おごれる者は久しからず 
ユダ金は法律に関して日本人は無能と判定したことが間違いであった。日本には新しい時代を担う法律の精鋭部隊が既に誕生している。今後日本の国益に真摯な精神の若い血を導入してますます実力を高めるであろう。ここに、今後の日本の独立の基礎・新しい伝統の一ページを築く頼もしい真実誇らしい勇姿を見る。

日本国ユダ金資本☆財閥解体。国民の新聞、国民のテレビ放送、メディア部門の解体・整理の大刷新後、(つまりは電通や時事通信、共同通信などの悪質情報統制組織、読売や産経や朝日等々現行の大新聞、日テレ、TBS、フジテレビ等々現行のテレビ局。これらは消えて無くなると言うこと)日本国のメディアの立て直しの中心になるのが『日刊ゲンダイ』『東京新聞』の基本方針と経営態度であろうと思う。


46. 2012年5月14日 18:35:51 : encvnEx2OI
 私も産経から東京新聞に変えてホットしています。それを伝えると
産経新聞の販売所の人まで「東京新聞はいいですよ」と褒めていましたよ。

「小沢裁判控訴」に異議
東京新聞 5/12 読者の声千葉県 79歳男性
政治資金規制法違反の罪で強制起訴された小沢一郎民主党元代表が
無罪となった裁判で、検察官役の指定弁護士が控訴したことに
不快感を抱いている。
そもそも起訴の内容が毛を吹いて疵を求める類いのもので、
しかも、検察の作為が介在した事実も明かになった裁判だ。
上級審に勝てる新証拠もなしに控訴することは、およそ熟達した
弁護士のやることではない。ましてや、本件が大疑獄事件のように
国民に重大な損害を及ぼすものではないことを考慮すると、
国費の無駄遣いでしかない。
国民が望んでいると判断したのであれば、大きな判断ミスである。
つまるところ、小沢一郎という影響力のある政治家の活動を抑止する
ためだけが狙いの控訴と推測されても仕方ないのではないか。
指定弁護士は、一人の有力な政治家の抹殺を図ることの社会的・歴史的
責任を顧みて一刻も早く控訴を取り下げてもらいたい。


47. 2012年5月14日 18:39:16 : itFdVAHWx2
★>43さま. 2012年5月14日 15:21:33 : zwS3aoaHNM
・・三馬鹿トリオの家に石でも投げ込んでやろうと思うのは、私だけだろうか・・・
@@@@@@@@@@@@@@@@@
いいえ、わたしは「この国の愚民」が「正義の過激論」を言わないから・・

糞どもが舐めきっている・・「正義の脅し!」も必要と思う。

皆さんのご意見はごもっともで「非の打ち所」がないが・・聞いているだけでは

「虚しさ」が募るだけである・・

声を上げろ!⇒「ノーベル賞受賞者よ!」
声を上げろ!⇒「専門家・有識者・学者・研究者・教授・・」
声を上げろ!⇒「宗教家」
声を上げろ!⇒「マトモな検察官・裁判官・警察官・・」
声を上げろ!⇒「有名人とやら・・」

んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんm

結論:「長いものに巻かれる!バカ日本人」・・一億総白痴化大成功♪


48. 2012年5月14日 19:29:03 : 2GjqTkCj4c
明治時代から脈々と続く官僚国家は一筋縄では行かないことを示しています。
この国は、自民党の一党独裁が半世紀も続いた異常な国です。
そのからくりは、自民党と官僚とマスコミの魔のトライアングル。

やっぱ本当の民主主義は国民が血を流して勝ち取るのもかもしれません。
しかし、日本ではアラブの春のような革命は起きません。それは、若者の人口が圧倒的に少なく、文句をいいながらも現状に甘んじる中高年が多いからです。


49. 2012年5月14日 21:03:22 : M9k4DeRSKE
この3人は論外
彼らは 人間じゃない
弁護士は辞めろ
死ぬまで 検事で頑張れ
弁護士には 戻るな
弁護士には ハートが求められる
あなた達 3人にハートはない

50. 2012年5月14日 21:04:35 : BBEfCgGLfE
「白」か「黒」かを決めるのが裁判。
黒の場合のみ、罪の深さが刑の重さとなる。
極めて単純!

その結果をみて、「グレー」などというのは
人格も知識も良識も0。

グレーなどと言うような輩はマスコミの第一線から撤退させよう。


51. 2012年5月14日 21:08:37 : M9k4DeRSKE
育子弁護士 頑張れ
人間は パンのみに生きるにあらず

52. 2012年5月14日 21:54:13 : XhpX8jbLoU
今の私は新聞を見なくなった、新聞に目をとうすと吐き気を感じる
国民を情報操作する国営新聞に感じる、(朝日・読売・サンケイ・毎日)
本当の真実が分かった国民は裏が読めるのでそういう気持ちになれる人が多いと
思う

53. 2012年5月14日 22:15:55 : oU58rWQM7E
控訴はもともと決まっていたでしょうね。

じゃなきゃ無罪判決にしないです。
控訴するつもりがなければ、公訴棄却だったでしょうね。

法律や常識の範囲、評論家の意見等で考えている限りは、必ず後手に回るでしょうね。
そりゃ、表向きは裁判を傍聴したり、指定弁護士も検討しているように見えますが、それはあくまで通常に合わせる為であって、そもそもの目的が違うのですから。


54. tomym 2012年5月14日 22:24:53 : UWfxJEGrqwDI2 : jqpsTZ0qfY
今日の読売ひどかったね。小沢は説明すべきだの、責任を負うべきとか、今やうわ言の世界。検察があれだけ起訴したかったのにできなかった。裁判でも無罪。それよりも犯罪ともいえないほどの罪状。たちしょんべん程度の罪状でなんで政治家の活動が駄目になるのか。
総理大臣になる事になんらの不足もない。小沢さんは東北人。我慢しすぎる。立派すぎる。我慢したからと言って、えらいなんて言うマスゴミは絶対にない。絶対に開き直ってほしい。

55. 2012年5月14日 22:33:14 : EspInLwjcU
無罪は無罪の重みと言う事ですが、逆を言えば有罪は有罪の重みとも聞こえます。
この事は秘書は有罪なんだからその結果を重く受け止めないといけないと言ってる
事では有りませんか?
西松事件は結局どうなった?事件そのものが無くなって大久保秘書は訴因変更で
有罪?残りの石川議員や池田氏も有罪。問題は有罪となった罪状は「期ズレ」のみ
で有り、此れまで有罪になった議員や秘書はいたのでしょうか?まして、修正報告
をした議員は何故訴えられなかったのでしょうか?大いなる疑問です!!
ましてや訴因と異なる4億円の出所を裁判で争うなら、何故「期ズレ」なのか。
この裁判は訴えた方の役者が見えず検査審査会や指定弁護士の陰に隠れて
不透明さが多い。この様な事態を許す裁判所にも責任は無いだろうか??

56. 2012年5月14日 23:15:06 : nbdcFbB3wI
「小沢氏は無罪」という主文は納得できる。
しかし、その理由についてはほんまいかいなという印象だ。
公訴事実は、@期ズレの共謀とA小沢氏の4億円の個人資金の貸付けの不記載だが、@の期ズレの共謀の否認の理由はややトンチンカンの印象だ。
指定弁護士が控訴したい気持ちも分かるような気がする。

@について、裁判所は小沢氏もH16年の売買、H16年の収支報告書への記載、H17年秋に公表という流れは秘書からのアドバイスもありまずいと思っていた。だからH17年に決済を先延ばしして、H18年の秋に公表される方がよいと考えた。その方向で石川が相手と交渉しうまくやっていると思っていた。ところが石川がとちって相手の了解が得られず、金は10月に払うが登記だけは来年という小沢氏の認識とは違う方向に行ってしまった。石川はまずいことをしたので小沢氏には報告しなかった。だから小沢氏はH17年に土地を買い金を払ったのだからH17年の収支報告書に書くのは当然という認識だった。よって小沢氏には「期ズレ」という認識はないのであり石川らと共謀したなんて考えられない。というのが裁判所の見方だ。可能性の話だけどと付け加えてはいるが。ラフに言ったが判決書に書いてあるのはこんなことだろう。

だけど、この見方は少しこじつけっぽいんじゃないかな。私から見れば、登石判決が「推認判決」なら大善判決は「妄想判決」と言いたい。小沢氏は10月に決済し、登記も10月に行っていたと思うのが素直な見方じゃないかな。石川がこんな小細工をしているなんて思わなかった。代表選も考えられるので公表を先に延ばすためにやったと後で聞いて馬鹿なことをしたと思ったんじゃないかな。小沢氏の座右の銘は「百術は一誠にしかず」だったはずだ。そんな小沢氏がこんな小手先なやり方を認める訳がない。と考えるのが常識的な見方だ。

大善判決が変なことを書くから指定弁護士だって控訴したくなる。こんなとんちんかんな判決なら控訴審でひっくり返せる。指定弁護士達がそう考えても不思議ではない。

それから念のため言っておくけど、この裁判は、政治資金規正法の虚偽記載という形式犯についてのものだ。裏献金を隠したとかましてや贈収賄があったとかいうものじゃない。そんなことはこの法廷では最初から考えていない。実質犯うんぬんは鼻から問題にしていない。だが、罰金刑であっても有罪は有罪だ。仮に東京高裁で公民権は停止されなくても罰金刑が言い渡されるような事態になれば、マスコミは号外でデカデカと「小沢元代表に逆転有罪」と書くだろう。小沢氏にとって罰金の20〜30万とは天と地とほどのダメージだ。

もはやこの裁判は「マスコミ対小沢」という構図になってしまった。そしてそれを利用しようとする永田町の住人達。多くの国民はウンザリというのが本音ではないか。


57. 2012年5月15日 00:31:10 : qJtFafy0zg
気持ち悪いな、「指定弁護士」って誰が指定したの?
最高裁事務総局というのがバレバレで日本の最高裁が犯罪者じゃ終わりじゃない。
ホントに気持ち悪い国にした手下も歴史的に明記されるべき犯罪者です。

(1)大室俊三冤罪加担人権無視犯罪者弁護士 クズ大室俊三法律事務所
東京都千代田区永田町2-14-3 赤坂東急ビル8階
TEL:03-3581-5758

(2)村本道冤罪加担人権無視犯罪者 クズマトリックス法律事務所
東京都港区虎ノ門1-16-8 虎ノ門石井ビル6階
TEL:03-5532-1156 FAX:03-5532-1157

(3)山本健一 冤罪加担人権無視犯罪者 クズ六番町総合法律事務所
東京都千代田区六番町5-18 六番町ステートビル101
TEL:03-3515-8640 FAX :03-3515-8643

売名と裏金で人権無視の犯罪に加担してる貧相メタボ3人組みに天誅を。


58. 2012年5月15日 03:39:38 : gPpLkbk3to
>刑事被告人の人生、生活に与える重い影響が取り沙汰される。それっておかしくないだろうか

刑事被告人になるようなこと・・すなわち政党助成金猫糞をして、生活に与える思い影響って意味不明

私達こそ被害者だ。なんだこの小沢一郎とかいう犯罪者は。国民の善意の政党助成金は一円たりとも粗末に使うべきではないのに、なんと不動産を通じて蓄財するとは

正に水戸黄門に出てくる悪代官そのものだ 死刑でも良い!

頑張れ指定弁護士


59. 2012年5月15日 08:00:01 : 5UPa2nCBEM
>>58 gPpLkbk3to
 がんばれ工作員、がんばれgPpLkbk3to! 統合失調症に負けるな。工作員どものすぐばれる嘘がわれわれに真実を明らかにしてくれる。

60. 2012年5月15日 08:24:36 : tIARoawYTw
「三馬鹿指定弁護士」

コイツラは凶悪犯に匹敵する下衆野郎だぜ。

たかだか記ズレ程度で控訴...l

日本ではまれな無罪判決!
それを政治的な裏の輩と手を組み控訴するなんて.....???
コイツラ天に唾吐きやがった。


61. 2012年5月15日 09:39:41 : FIxVutSLUE
小町谷育子弁護士の様なまともな弁護士は少ない。

大部分の弁護士が自分自身の利益を最優先に考えている。

依頼人の利益を最優先なんていうのは建前。

綺麗事・理想では食って行けないのが弁護士の現状。

まともな弁護士を探すのは苦労する。


62. 2012年5月15日 10:55:01 : i6nItLFlJ2
いいね。

63. 2012年5月15日 11:24:38 : encvnEx2OI
http://www.youtube.com/watch?v=WUUVZbQHXv8[小沢氏の強制起訴]
http://www.youtube.com/watch?v=o028cWQOdwU[10/3 推定無罪の限界]
http://www.youtube.com/watch?v=0kvHj0VP8pI[10/10 異様な秘書判決] 

朝日ニュースター「ニュース解説・眼」で、ジャーナリストの青山 理さんが
小沢さんの強制起訴について解説しました。

今回の検察審査会の市民の目線は【「市民」の暴走】として非常に危険。
起訴する権利があるのは検察だけ→起訴独占主義
起訴するか、しないかを判断する権利を持つのも検察→起訴便宜主義
検察が、有罪であっても情状酌量の余地があるとして不起訴にしたり、
政治的な圧力から恣意的に不起訴にしたものを
市民の目で検察をチェックするのが本来の検察審査会の役割。
今回は、恣意的に不起訴にしたものではないのに、
市民が検察役になってしまった稀有な強制起訴である。
小沢さんを好きか嫌いか、良いか悪いかは別にして、
政権交代が起ころうとしている時期に、突然その代表の秘書を逮捕して、
一年をかけて徹底的に調べても起訴できなかったものを、
しかも、告発内容を途中で変えて検察審査会が起訴した。
しかし、今回の裁判では、秘書の調書は取り下げられて、証拠さえ揺らいで
最初から起訴するに値しなかったのが、更に悪化している。
こんなもので有罪にできるはずがないし、検察役の弁護士も頭を抱えているのではないか。
今後の裁判員裁判でも、市民が刑事事件に参加する意味をもっと考える必要がある。


64. 2012年5月15日 12:46:49 : wtaojTrMlQ
>56番さんへ
@の見立てで、私も同じ感想を持ちました。

ただ・・・
>だけど、この見方は少しこじつけっぽいんじゃないかな・・・・

小沢氏サイドからH17に先送りとの話が出たのであれば、確かにこじつけと
言われても理解できますが、今回は公判の不動産屋サイドからの証言であれば
判決は正しいと、私は思うのですが・・

http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/647.html


65. 2012年5月15日 14:45:55 : 5qSHCwjzvQ
>>21 さん

控訴審の構造には、「覆審」「続審」「事後審」の3つの“理念型”があるとされています。それぞれ、定義を述べますと、

「覆審」・・・第1審の審理と判決は全てなかったものとし、事件について全く新たな審理と判決をやり直す形態。

「続審」・・・前審における判決前の審理手続を引き継ぎ、さらに新たな証拠資料を補充して、事件につき審理と判決を行う形態。

「事後審」・・・控訴審は事件そのものではなく、原判決の当否を審査する形態。この考え方からは、控訴審は原判決を審査するのであるから、審査の基準となる時点は第1審の判決となり、第1審判決の当時の事実だけが審査の対象となり、また、第1審で取り調べなかった新証拠の取調べはできないことになる。


日本の現行刑事訴訟法における控訴審の構造は、基本的には、事後審であると解されています。
(もっとも、事後審構造を修正する条項もあるので、純粋な事後審制ではありません)
また、最高裁は、最近、刑事裁判の控訴審が事後審であることを強調する判決を出しています。

なお、民事訴訟法は、控訴審について続審主義を採用しています。


66. 2012年5月15日 15:29:20 : 5qSHCwjzvQ
>>65

と、抽象的に書いても、具体的にどういう問題なのか、分かりにくいと思いますので、その最高裁判決に関する記事を紹介します。

1審尊重の姿勢鮮明 最高裁、裁判員無罪判決支持(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120213/trl12021322090006-n1.htm

最高裁判決(判決文は全文PDFをクリック。判決文の8頁以降がポイント)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81993&hanreiKbn=02

社説(論説)群
http://tamutamu2011.kuronowish.com/saibanninnsaibannmuzaiaikouronnsetu.htm

この最高裁判決については、指定弁護士控訴を受けて行われた小沢弁護団の会見で、弘中弁護士も言及しています。

なお、この判決は、裁判員裁判に関するものですが、最高裁は、裁判員裁判だからという趣旨のことは一切述べていない(もっとも、裁判員裁判を意識した補足意見あり)ことから、裁判員裁判でないケースも射程範囲内だというのが、法曹界の一般的理解だと思います。


67. のぼっさん 2012年5月15日 16:06:18 : fkt3FbbrckgTg : rYwDG0Aezg
本当に存在したのか、架空の疑惑がある、如何わしい検察審査会による強制起訴によって起訴された「小澤裁判」ですが大善判決は「無罪」でした。
この判決は、検察の虚偽の報告書など無理やり証拠をねつ造してまでも「有罪」に
追い込みたいと言う、検察の暴走が明らかになった以上、従来ならば検察の調書で
有罪判決とするところですが、「調書がねつ造虚偽記載」ではさすが有罪には出来なかったというのが一般の素人の判断です。
これだけはっきりした冤罪事件は珍しいほどです、がこれは単なる冤罪ではなく
「総理大臣になるべき政治家の抹殺、選挙妨害、政治謀略」であり大疑獄事件です。
が大手メデイアは全く報道しない、検察がねつ造報告書を書きまくった事実が
ネットのなかで世界中に流失しているのに全く報道しない、調査もしない、追求もしないこの報道姿勢、また如何わしい強制起訴であるにもかかわらず指定弁護士が
控訴すると言う、暴挙を実行した。
この件に対し、むしろ煽ると言うか応援する姿勢に「日本には人権もない法治国家でない」人民裁判、魔女狩りを行う戦前の軍部官僚の独裁国家かナチスの独裁国家かと思われ、恐怖を覚えています。
特に司法関係の法律専門、法学部の教授先生たちの発言が全くないことに脅威を
覚えています。
下名のように田舎のぼけ老人でも「常識」法律の知識があります。
この判決を読んで、おかしいなと感じていましたが、マスコミの「真っ黒な無罪」
の煽りには心底、マスコミの下劣な姿勢に情けなく思うとともに、法律の専門家の
反論が全く表に出ないマスコミに偏向、プロパガンダに日本の危機を感じます。
ここまで国民を馬鹿にする報道を続けていると、怒りが爆発するのでは
ジャスミン革命でなないが、ネット情報による国民の一斉蜂起がじわじわと湧き上がる気配を感じます。
その時は下名のような田舎のぼけ老人でも汗をかこうと気になっています。
大学の法律を教えている先生方、こんな司法の実態を学生にどのように教えるのですか。
凶悪を眠らさない、正義と公正の館である「検察」と「裁判所」がじつは
「巨悪の巣窟」「不正、犯罪の元締め」であったとしたら、法治国家と言えますか。
小澤裁判は日本の危機的状況であり、指定弁護士の所属、属性を知っていますか。
まさに政治的な陰謀そのものではないのか、指定弁護士の選出の手続きの情報公開を願いたい。誰がいかなる手続きで、かの三名の如何わしい弁護士が選出されたのか。ここの日本の司法の権力乱用の「闇」があるのかもしれない。
こんな如何わしい輩の一存が国民目線であるはずがない。むしろ国民の敵です。

68. 2012年5月15日 17:39:46 : 3ff8mCBLic

15日、図書館で新聞数紙をひろげていた。
「新聞を読んで/無罪は無罪の重み」という女性弁護士の意見に感動した。

「毎日新聞」もまともな意見を載せる、と感心した。

編集方針が変わったのか?、といぶかりながら、
新聞をひっくり返した・・・・・
あれれ? 毎日新聞ではなく『東京新聞』だった。納得だ。

地方でも「東京新聞」を購読できるのだろうか。
正義と良識の新聞を、なんとか応援したい。


69. 2012年5月15日 17:49:50 : 4xuVyZUJwE
私も検察審査会のメンバーに一度はなって過去に政治献金問題で訂正で済ました政治家を告訴に持ち込んでみたい、

70. 2012年5月15日 17:59:35 : gPpLkbk3to
>小沢氏の座右の銘は「百術は一誠にしかず」だったはずだ。そんな小沢氏がこんな小手先なやり方を認める訳がない。と考えるのが常識的な見方だ

そりゃそうだ。小沢は会計・法律の専門家を何人も雇っている。彼らに誤魔化し工作を指示し、それを秘書たちにさせる。つまり小沢の作った策略ではない

ただ悪を指示して手下に罪を負わせる。ひどい悪代官だね♪

ただコソ泥と同じうまく行くとだんだんエスカレートして最後にはお縄 この典型だ

小沢は土地を自分のものにするマネーロンダリングだけでなく陸山会の政治資金も常に自分の物に・・深沢の土地の関連の宿舎で月に340万も奥さんの預金に還流

上手い話だね!

本物の国民の敵 いかがわしい守銭奴 小沢カルトの皆様の浄罪もどんどん小沢家族の私財へと還流中 気を付けてください


71. 2012年5月15日 18:16:13 : GSUnPjR8J6
本当に新たな証拠は出てこないのでしょうか?(質問)

小沢裁判の指定弁護士が、控訴審で、第1審では主張しなかった、水谷建設からの5000万円裏献金の主張をしたならばどうなのでしょうか。

刑事訴訟法には次のような規定があります。

刑事訴訟法第316条の32第1項
「公判前整理手続又は期日間整理手続に付された事件については、検察官及び被告人又は弁護人は、第二百九十八条第一項の規定にかかわらず、やむを得ない事由によつて公判前整理手続又は期日間整理手続において請求することができなかつたものを除き、当該公判前整理手続又は期日間整理手続が終わつた後には、証拠調べを請求することができない。」
第2項
「前項の規定は、裁判所が、必要と認めるときに、職権で証拠調べをすることを妨げるものではない。」
第382条の2第1項
「やむを得ない事由によつて第一審の弁論終結前に取調を請求することができなかつた証拠によつて証明することのできる事実であつて前二条に規定する控訴申立の理由があることを信ずるに足りるものは、訴訟記録及び原裁判所において取り調べた証拠に現われている事実以外の事実であつても、控訴趣意書にこれを援用することができる。」

指定弁護士が、控訴審で、5000万円裏献金の主張をしても、原則として許されないはずですが、裁判官次第では許す可能性はあるのではないでしょうか。

仮に許されないとしても、指定弁護士が主張するだけで、そこだけをとらえてまたマスコミは過剰に報道するでしょうし、裁判官もそれをまったく気にしないというわけにもゆかないでしょう。

仙石氏の暗躍云々よりも、実際、東京地検特捜部同様、法曹界には、小沢極悪人説が根強く浸透しているので、有罪の結論先行で控訴審が決まらないか、心配です。


72. 2012年5月15日 18:54:10 : gPpLkbk3to
>小沢裁判の指定弁護士が、控訴審で、第1審では主張しなかった、水谷建設からの5000万円裏献金の主張をしたならばどうなのでしょうか

やばいね♪ 小沢は・・・

しかしそんなことを無理に主張しなくても有罪は確定だから、特に主張しないと思いますよ


73. 2012年5月15日 19:05:04 : 5UPa2nCBEM
>>72 gPpLkbk3to
 いや、主張してほしいですね。TBSが放映した現金授受の再現ビデオという動かぬ証拠があります。裁判員の証言もスクープした取材力を法廷で炸裂させましょうよ。
 gPpLkbk3to工作員は呑気に構えているようですが、こうした有力な隠し玉を持っていることをアピールしないと控訴棄却されますよ。

74. 2012年5月15日 19:52:39 : NxAFoEh9JE
裁判所や法律などいらない。官僚とマスゴミが法律なんだ。なのかな。

75. 2012年5月15日 23:11:55 : Z29CQmjnEk
>>71 さん

その点は、先行する秘書公判では争点となっており、小沢氏の公判前整理手続でも、その点が争点となるかどうか注目されていました。

文字通り、「やむを得ない事由」がないので、主張と証拠請求をしても認められません。
これは、誰が裁判官でも変わりません。


76. 2012年5月16日 00:37:44 : nbdcFbB3wI
>>64さんへ
>小沢氏サイドからH17に先送りとの話が出たのであれば、確かにこじつけと
言われても理解できますが、今回は公判の不動産屋サイドからの証言であれば
判決は正しいと、私は思うのですが・・

それはどうだろうか。あなたが紹介した江川紹子 Twitter 2011年10月14日
「今日の小沢氏裁判に出廷した不動産会社担当者は、大久保氏からは、残金支払いも含めて全体を遅らせられないか、という話だったと証言。「仮登記と本登記(を分ける)とかは大久保さんもよく分かってなかったみたいです」と。それを提案したのは「こちらからだった」と繰り返し証言しています。」

この不動産会社担当者というのは売主の東洋アレックス鰍フ人間ではなく、仲介業者の潟~ブコーポレーションの社員だが、彼は、大久保さんから決済全体を来年に延ばせないかと提案された(>>56で私は石川が相手と交渉したように書いたけど江川Twitterでは大久保氏のようだね、その点は訂正する)と言っているよね。それでこの社員が提案したのが仮登記を今年やって本登記を来年にするというやり方。判決は、登記うんぬんではなくデリバリー自体をH17にずらすと小沢氏は認識していた可能性があると言って故意や共謀を否定しているんだよ。そしてデリバリー自体をH17にずらして欲しいとお願いしたのは大久保さんで仲介業者の提案ではない。

だけどもう一度言うけど、10月に金を払わなくてはいけない。かき集めればなんとかなるが運転資金が心許ない。だから小沢氏に頼んで4億用立てて貰った。そんなバタバタなことをしておいて10月に払う必要がなくなった。来年で良くなったと小沢氏が認識していた可能性があると言う方がおかしいんじゃないの。法律論じゃなくて、あなたの常識で考えてみてくださいよ。そんな非常識な妄想をする判決の方がおかしいと思いませんか。

指定弁護士がそのあたりのほころびからこの判決のおかしさを指摘し、この仲介業者の社員の提案を秘書から聞いて、司法書士もOKというならその方法でやればいいんじゃないかという認識でいた可能性があるなんて言って控訴趣意書を書いたらそれこそ「逆転有罪」の危険性が出てくるよ。蟻の穴から堤も崩れるの喩えもある。この点はよくよく注意しないといけないんじゃないか。郷原弁護士などはよく書けた判決と評価しているけど、勘ぐった見方をすれば、大善らは控訴を誘うような判決を書いたとも考えられる。よくよく注意しないとね。



77. 2012年5月16日 07:08:13 : jDRJKfNANc

指定弁護士って、誰が「指定」したのだろう。

検察村の悪に人事だろうね。

指定弁護士報酬120万。(ほかに官房機密費の手当あるのか?)


78. 2012年5月17日 19:47:50 : AA8Bw2cIbE
ここでこの裁判はおかしいと思い書き込んでいる人へ。

出来ることをしよう。デモに参加、マスコミへの抗議、チラシ投函、街頭演説、署名活動、集会に参加、支持する議員へのメール・献金。知人、友人への情報拡散。

何もしないで長いものに巻かれるのは罪ではないだろうが被害は受ける。

日本国民がかつてたどってきた道。ウソに騙され家族を殺す集団自決をした人もいる。その本質は今も変わらない。


79. 2012年5月19日 19:11:16 : 8TMRJoT2aM
少なくとも検察から悪意のある情報を垂れ流したゴミ新聞・TVは見ない、購読しない事が一番の圧力なるのでは。東京新聞を除く4大新聞と言われてる新聞は下駄をはかせても部数を減らしています。我々ができる事は目に見える行動が大切です。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧