★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134 > 832.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アメリカがひとこと命令すれば、韓国はすぐさま竹島から撤退するだろう。または日韓の武力衝突で韓国は負けることで日韓併合
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/832.html
投稿者 TORA 日時 2012 年 8 月 26 日 15:55:36: GZSz.C7aK2zXo
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu270.html
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
アメリカがひとこと「竹島占拠はやろよ」と命令すれば、韓国はすぐさま竹島
から撤退するだろう。または日韓の武力衝突で韓国は負けることで日韓併合

2012年8月26日 日曜日

◆「独立精神」なき「右派」の「似非ナショナリズム、似非愛国心」を問う  2012-08-25 07:40:11 「松本英志」氏
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22

アメリカ、ロシア、中共、これにヨーロッパの英国、フランスを加えた五ヶ国が「連合国」=「UN(「国連」ではない!)」の安保理=「軍事管理委員会」常任理事国。すなわち「連合国」の主要国、という第二次大戦の戦勝国にして大戦後の世界を仕切っている支配勢力である。

この内で、極東アジアの日本に直接関係しているのがアメリカ、ロシア、中共の三国。

韓国と北朝鮮という朝鮮半島の分断国家は、この三国の支配下にある。韓国はアメリカで、北朝鮮はかつてはソ連(現ロシア)で現在は中共の配下。要するに韓国は「アメリカの属国」で、北朝鮮は「中共の属国」である。

そして、日本は? アメリカの「属国以下の属領」、すなわち占領の60年固定化=「米領日本」という「アメリカの植民地」である。

これが「戦後日本」を巡る基本構図で、この構図の上に現在の日本に関する全てが成り立っている。

従って、この「基本構図」を常に頭に置いた上で、様々に発生してくる「出来事」の意味を考えなければならないのだが、いわゆる「日本の右派勢力」というのは、これがまるで出来ていない!!

だから、発生する「出来事」の表面(減少)だけでしか事の意味を考えることができずに、やれ「朝鮮、ふざけるな!」だの「支那(中共)、ふざけるな!」、と毎度こればかりやっている。いわゆる「『特ア』の対日侮辱を許すな!」というやつである!

今回の「竹島」「尖閣」の右派狂乱(?)も、この毎度のパターンの繰り返しに過ぎないことは言うまでもないだろう。

しかし、ここで考えてみて欲しいのは、そもそも「本国」が60年間も「植民地」のままであることには頬かむりをしたままでいながら、「領土が、領土が」と言っている「愛国派」の奇妙さ、である。

「ナショナリズム」「愛国心」というならば、「本国」がいまだに「植民地・米領日本」である事こそが最大の「屈辱」であり、「許すまじ!」き事であるはずなのに、そのことには「気付かない」、いや、実はそのことは「タブー」にして棚上げにしているのが、日本の(ごく一部の例外を除いた)「愛国派」であり「右派(保守、右翼、民族派)」なのである!

そもそもが、日本、韓国は共に「アメリカの支配下」にあるのであり、その韓国が「主人」のアメリカを無視して「竹島」不法占拠などという勝手な真似ができるはずがないのである。

アメリカがひとこと「竹島占拠はやろよ」と命令すれば、韓国はすぐさま竹島から撤退するだろう。その「勝手な真似」が長年できている、ということは「アメリカの許可」があるから、以外にはないではないか。

であれば、アメリカの目論みとは「共にアメリカの配下」である日韓を対立させておくこと、すなわち「分断統治」であると考えるのが当然、というものである。

そのアメリカの思惑がまったく目に入らないか、あるいはわかっていて「知らないふり」をした上で、ひたすら「韓国を許すな」とやっているならば、これはとんだ「茶番劇」でしかない。

「尖閣」の場合は、相手がアメリカの配下ではないアメリカと対等である中共なので、その辺で事情は違っているが、事の本質は同じである。日中間に緊張状態を創り出して、日本を中共に向き合わせるのがアメリカの思惑であろうから、これも「分断統治」の一つである。

無論、もう一方では中共の拡張主義の思惑も加わっているので「竹島」よりも複雑ではあるが、アメリカにとっては日本をアメリカの代役として中共に向き合わせる道具として、「尖閣」を利用しようとしている事に変わりはない。

「従軍慰安婦」「南京大虐殺」問題も、その事自体の真偽はともかく、その「利用のされ方」においては事の本質は同じであろう。

アメリカが「UN」と「特ア」諸国を手駒に使って日本叩きをやらせ、日本の「右派」勢力に反発を起こさせることによって、東アジアに対立構図を創り出すという目論みにおいて、である。

「南京」を巡っては、ハリウッドと中共の映画資本が合作で、大作の「南京もの」映画を十数本も製作しているという事実に、この筋書きが露骨に観て取れるではないか。次は、ハリウッドと韓国が合作で「慰安婦もの」映画を作り出すのではないのか?

ハナシを簡単にするために、ここで思い切った言い方をするならば、アメリカもロシアも中共も共に日本にとっては「敵」なのであるから、「アメリカ=味方で中共=敵」でもなければ、「アメリカ=敵で中共=味方」でもない。ロシアについても同じである。

すなわち、どの国家も固定的に支持も敵視もしてはダメなので、常に相手国の情勢を注視しながら、いかにすれば自国に有利なように事を運べるのか、と考えるのが外交であり国家間関係のあり方、というものである。

しかし、そもそもがいつまでも「アメリカの植民地」のまま、では外交も国家戦略もへちまもないのである。「領土」がどうこう言う前に、まずは「本国」が独立しなければおハナシにならないではないか。

「右派」の「ナショナリズム」だの「愛国心」だのが「茶番」にすぎないのは、この一番肝心な「独立回復」を棚上げにしたままで、「領土がどうのこうの」とやっている本末転倒ぶりだからである。この「植民地」のままで、「核武装」などと言っているのだから笑わせてくれる。

最大の問題は、「特ア」諸国が「正統な批判・抗議」ではなく、強請りタカリ的な「対日侮辱」を平然とやっていられるのは、そもそも日本がいまだに「アメリカの植民地」体制下にあり、またその「植民地傀儡たる日本の売国権力」が植民地体制を維持したいがために、「独立回復」して堂々と「特ア」諸国と是々非々で渡り合うのではなく、姑息な「上辺だけの謝罪・賠償」ばかりやってきて、事をうやむやにしてきたからではなかったのか。

まさに、「フクシマ」のいい加減さと同じであり、こうした「傀儡政府」のイカサマにとことん付け込んできているのが「特ア」諸国なのであるから、その根本要因はまさに「植民地」体制を維持したがっている「似非独立国家」体制にこそある。

また、この「右派」連中の大半が「原発を守れ」派、「日本の原発」なるものがまさに「アメリカの原子力利権植民地」であるということすらわかっていない連中である。

放射能を撒き散らして、平気で国民を被曝させて殺して行く原発などを支持していて、「国民の命」よりも「領土」とやらが大切な連中なのだから、その意味でも、日本の右派などごく一部の例外を除けば、しょせんは「アメリカの子分」である「保守」の補完勢力でしかなく、こんな連中の唱える「ナショナリズム」「愛国心」など、売国・亡国の似非ナショナリズムであり、似非愛国心でしかないのである。


(私のコメント)


今回の領土問題で「株式日記」で一番注目しているのは、アメリカはどう出るかですが、予想どうり中立でいる。竹島問題に関して言えばアメリカが一言言ってくれれば問題は解決する。しかし中立でいる事は何を意味しているかすぐに分かる。日本と韓国を対立させる事は米英流の植民地統治政策であり、アメリカの二枚舌外交が竹島問題の根源である。

しかし尖閣問題や北方領土問題は別であり、アメリカは尖閣は安保の範囲内と言っているし、北方領土は日ソの話し合いで解決しようとしたら、アメリカは沖縄を返還しないと圧力をかけてきた。日本とロシアの領土交渉は日本がアメリカの植民地である限り解決のつかない問題だ。日本とロシアが平和条約が結ばれない事はアメリカにとって利益になる。

領土問題でよく言われているのは、鳩山総理がアメリカとの関係を壊したからと言うのは関係が無い。ロシア韓国中国が一斉に領土問題を仕掛けてきたのは、中国や韓国の経済大国化とアメリカのリーマンショック以降の経済的衰退で、米中の軍事バランスが崩れて生きているからだ。特に中国の軍事力の近代化で空軍力や海軍力をつけてきて、中国近海ではアメリカは太刀打ちが出来なくなっている。

米中の経済・軍事バランスの変化は韓国や台湾などに特に影響が現れるのであり、中国は韓国やロシアと連携して圧力をかけてきたと見るべきだろう。最近では台湾も尖閣は台湾のものと言い始めている。既に韓国と台湾は経済的に中国無しでは成り立たなくなっており、経済は空洞化して工場はみんな中国本土にある。だから戦わずして韓国と台湾は中国の属領になっている。

残されたのは日本であり、アメリカとの関係を深めれば大丈夫と言う意見は現状をしらなすぎる。アメリカは中国と戦争をするつもりは無い。ロシアに対しても同じだろう。アメリカは目立たぬように戦力を撤退させているのであり、在日米軍基地も実戦部隊は無い。三沢のF16の部隊も本土に撤退するし沖縄の海兵隊もグアムに移転する。しかし基地は残しておいて日本を永久的に植民地にしておくつもりだろう。

在日米軍基地は日本を守る為ではなく日本を管理する為のものであり、思いやり予算で基地の維持管理まで日本の費用でやってくれるのだからアメリカとしては笑いが止まらない。それだけ外務省や防衛省がアメリカとの関係を維持しようと必死なのですが、日本にとってプラスなのだろうか? 韓国や台湾は米中のバランスの変化に敏感に反応して中国寄りの姿勢を強めている。

アメリカとの関係を親密にしていれば日本は安泰と考えるのはお人好しであり、冷戦時代の感覚でありアメリカはかつてのような超大国ではない。中国はアメリカの弱点をよく知っており「超限戦」戦略でアメリカを追い込んで行く。アメリカは民主国家であり大統領や連邦議会議員を利権や買収するのは簡単であり、キッシンジャーやブレジンスキーも買収されてしまった。

韓国の李大統領がはっきりと中国よりの姿勢をはっきりさせてきたのはアメリカの動きに対応したものであり、「株式日記」では2012年2月12日の日記でブレジンスキーの新著を紹介しましたが、それを読み直せば中国やロシアが日本に対して包囲網をかけてきたかが分かる。


◆「韓国は“米国の衰退”期に、新たな“核の傘”を求めるか、あるいは自ら核武装しなければならない状況に至るかもしれない」 ブレジンスキー 2012年2月12日 株式日記
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/e629925b8efb1b0c3410004b2766e48c

 国際政治学界の大物、ズビグネフ・ブレジンスキー元国家安全保障担当大統領補佐官(84)は、今週発売された新著『戦略的ビジョン』(仮題。原題=『Strategic Vision: America and the Crisis of Global Power』)で、米国の衰退に伴う世界の「核の勢力図」の変化について新たな分析を行った。

 同書には「ポスト米国覇権時代」に対する今後の展望も盛り込まれており、ブレジンスキー元補佐官は「米国の覇権は、中国だけにとどまらず、各国に分散され、やや混乱気味の時代が到来するだろう」と予測した。

■韓国、米国以外に安全保障を求めることに

 ブレジンスキー元補佐官は「韓国・台湾・日本・トルコなどは、米国の拡大核抑止力に安全保障を依存しているが、米国の衰退はやがて、米国が提供してきた核の傘の信頼性に危機をもたらすだろう」と語った。米国が国内問題によって特定地域から徐々に手を引くようになり、これらの国々が「米国が自分たちを守ってくれる」という確信を持てなくなれば「よそ(elsewhere)」に安全保障を求めざるを得ないというわけだ。

 この「よそ」について、ブレジンスキー元補佐官は「自ら核兵器を持つという道か、あるいは中国・ロシアなど他国の核パワーの保護下に入るという道、この二つ以外にない」と語った。

 特にブレジンスキー元補佐官は、絶えず核兵器を追及する北朝鮮の好戦性、6カ国協議の失敗などを考慮すると、「衰える米国」が東アジアの同盟諸国の核競争を阻止するのは困難だ、と予測した。

■韓国、選択の岐路に

 ブレジンスキー元補佐官は、韓半島(朝鮮半島)統一の時期が来たときには、韓国が中国の支援を得るために、米国との安全保障同盟のレベルをある程度格下げするという決断を余儀なくされるとの予想も示した。そして「韓半島に平和的統一の雰囲気が形成されるころには、中国のパワーは今よりもはるかに大きくなっており、南北統一の際にも中国は中心的な役割を果たすだろう。韓国は“中国の支援を受けた統一”と“韓米同盟の縮小”が、トレードオフの関係(一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという二律背反の関係)にあると考えるだろう」と語った。

 またブレジンスキー元補佐官は、米国の衰退によって「地政学的リスク」に直面する8カ国として、グルジア・台湾に続いて韓国を挙げ「韓国は、中国と日本の間で選択を迫られることになるだろう」と述べた。「中国の地域的優位を受け入れ、核武装した北朝鮮の手綱を握るため、さらに中国に依存するか、または平壌や北京による侵略に対する懸念と民主的価値を共有する日本と、歴史的反感に堪えながら関係を強化していかなければならない」というわけだ。

■「米国のスーパーパワー、中国が単独で継承する可能性は小さい」

 ブレジンスキー元補佐官は、歴史上唯一の「スーパーパワー」だった米国が王座から陥落した後、中国など特定の国が単独でこれを継承し「戴冠式」を行う可能性は小さいとの見方を示した。「かつてソ連が崩壊した際、米国には(世界ナンバーワンとしての)役割が委ねられたが、同様の役割を遂行できる国は、2025年になっても現れないだろう」というわけだ。

 ブレジンスキー元補佐官は「各地域のパワーとグローバルパワーの間で、多少混乱気味に力の再分配が起こる可能性が高い。この過程では、勝者よりも敗者の方がはるかに多くなるだろう」と語った。

(私のコメント)


ブレジンスキーはカーター大統領からオバマ大統領にいたる民主党政権の外交顧問であり、ブレジンスキーがアメリカの外交戦略に大きな影響を与えてきた。その新著を読めば韓国や台湾はアメリカに見捨てられる事がわかる。自前で核武装するか中国の核の傘に入るかということであり、韓国や台湾は中国の核の傘に入ると言う事なのだろう。

ブレジンスキーは次のように言っている。「韓国は、中国と日本の間で選択を迫られることになるだろう」と述べた。「中国の地域的優位を受け入れ、核武装した北朝鮮の手綱を握るため、さらに中国に依存するか、または平壌や北京による侵略に対する懸念と民主的価値を共有する日本と、歴史的反感に堪えながら関係を強化していかなければならない」と書いていますが、今回の李大統領の行動とパフォーマンスは、日本に対するSOSなのではないだろうか?

なぜ李大統領は十分に分かっていたはずなのに天皇に対する侮辱発言をしたのか? この戦略的な意味が分かる日本の戦略家はいないようだ。現状の日本では韓国や台湾が中国の支配下に入ることは避けられない。中国に対抗できる国はアジアでは日本しかなく、日本が核武装して中国を封じ込める事はアジア諸国やアメリカにとってもプラスだろう。それがブレジンスキーが考える戦略なのでしょうが日本は能天気で動かない。

ブレジンスキーは「韓国は中国と日本の間で選択を迫られる」と書いていますが、韓国人は中国を選ぶか日本を選ぶしかない。単独の核武装はアメリカも中国もやらせないだろう。その前に経済的に潰されるからだ。李大統領のSOSは何を意味するのかと言うと、竹島をめぐる日韓の武力衝突で韓国は負けることで日本の支配下に入る事をアメリカは考えているのではないだろうか? つまり第二次日韓併合だ。

と言っても植民地支配するというのではなく日韓軍事同盟のようなものであり、韓国や台湾はとても一カ国では中国に対抗できない。だからブレジンスキーは日本を核武装して韓国と台湾を中国から守れと構想しているのかもしれない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月26日 16:46:51 : Op2sM8LHZQ
日本の核武装は必要ない。
強力な電子兵器(プラズマ砲+レーザー砲)を開発して、専守防衛すれば良い。
使用済み核燃料も、使い用で核兵器と同じ。
しかし、日本が戦後66年間、アメリカの植民地であった事から脱しなければ、
次世代の日本人は流浪の民となる。
それを止めるのが,我々、戦後生まれの昭和の人間の責任だ。
もう、新聞テレビなどに騙されてはいけない。

02. 2012年8月26日 16:48:10 : ov1CTNAtfM
どうして、日本が中国と対立しなければならないか。

遠くの親戚より近くの他人と言うではないか。


03. 2012年8月26日 16:55:01 : Y28uZ2IjEw
おっしゃる通りだと思います。日本が独立しなければ何も解決しません。売国奴を追い払い小沢さんをたててまず自立への道を出発しなければなりません。国民の生活が第一を応援しましょう。

04. アサマタロー 2012年8月26日 17:00:50 : UiY46YlCu.Moc : QRDQsLPBIo
戦前の鬼畜米英戦争主導者の近親者が今はアメリカ命の従米隷属派だ。
多くの国民を殺した軍人・官僚・財閥の子孫が今はアメリカCIA代理人だ!
岸信介=安倍晋三、もう庶民は国に騙されてはいけない。少しは勉強しよう!!

===================================

前世紀遺物の領土問題に21世紀友好解決法は本当に無いのか?今、ワザと外に敵愾心求め放射能恐怖忘却?!
http://www.asyura2.com/12/senkyo133/msg/516.html
投稿者 アサマタロー 日時 2012 年 7 月 26 日 04:45:49: UiY46YlCu.Moc

アメリカが尖閣を安保の対象?何故、日本の主権を認めない?認めて下さい!!絶対服従しますから!ご主人様!下僕:外務省一同?でしょうか?
福一原発放射能被害が有るのに、無い様に装う政府民主裏切り党!国民の信任が一度もない管・野田一派。国民が負託したのは国民の生活が第一の小沢=小沢冤罪でリリーフ鳩山の命を守りたい!だった。彼ら以外に2009衆議院選挙の国民の信託=正統性は無い!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

尖閣諸島は日清戦争直前に領有権主張して国有化した?そうかもしれないが、火事場泥棒と言われることも分かる。

当時、中国は西洋列強に侵食され、植民地化の瀬戸際だった。日本は中国の植民地化を見て、倒幕・明治国家建設が出来、植民地化を防止した。半病人だった中国のお陰だ。世界の大国中国が西欧にやられたショックは大きかった。

そんな時に領有権主張して如何か?日中国交回復は難問は後世の両国民の英知に期待すると云う角栄・周恩来・毛沢東の世紀の大物の英断に従い、今はそれを強調すべきではないか?欲を掻かない程度で所有者の高齢化で東京都に売りたいなら、売ればよい。急にそこに国が出れば後世の英知に期待する両国の英断が台無しになる、と思わないか!浅薄患者内閣だ!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

来るべき日本大震災で中国・韓国と融和せずして大和民族の安寧は無い!と知るべきだ。中国が日本を攻めて来た事があるか?蒙古襲来は有ったが、中国では無い。韓国もしかりだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

21世紀の後半にでも、

尖閣も4島有るなら、一つの中国(中国+台湾):日本=2島+2島にして、海域は共同管理で如何か?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

竹島・独島も昔は高句麗・百済・渤海は日本と兄弟国だった。日本海は倭民族の内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
海だった。朝鮮半島から列島植民地への中継基地島だった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここも2島有るなら、西島を韓国、東島を日本で両島を橋で繋ぎ、兄弟橋と私なら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
命名する。
ーーーーー
=====================================

中丸薫『古代天皇家と日本正史』と金容雲『日本=百済説』で明確に小沢冤罪謀略事件の日本民族の闇が見えた!
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/821.html
投稿者 アサマタロー 日時 2012 年 5 月 08 日 16:47:52: UiY46YlCu.Moc

庶民を苦しめる酷税:消費【増】税を進める日本人政治家が居ること自体、信じれなかったが、日本民族の闇が明確に晴れて、日本民族の2面性が分かった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
倭は百済の植民地で白村江の敗戦で百済が消滅し、倭植民地に百済王家貴族が逃げ
                       ーーーーーーーーーーーーーー
込み、百済+倭=日本になったから、文物はインド・中国から来たが、朝鮮=新羅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
=高麗からは来ていないそうだ。記録者は全員百済から来た王侯貴族で新羅の播族
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
から何も貰うものはなかったのだそうだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本人は日・中・印と言うがその底流が南朝鮮と日本の王が天皇だからだ。仏=ノルマンジー候のイギリス、英国=アメリカ・ニューイングランド、と同じだと著者。世界史と日本史を知る人だからだ。日本人も高校2・3年で同時学習が必須だ!!女系天皇反対の日本神社連盟ポスターで疑問噴出が全て正解だった。

だから、竹島も独島も百済+倭連合国の内海に浮かぶ同じ国の島だったのだ。私の
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
説が正しかった。2004年以降、NHK・日経・みのもんた歴史ミステリー等に同時FAX送信。

正倉院御物や皇室書籍部?古墳を調べれば全てが判る。宇宙やアフリカ・エジプトより古代日本史を研究せよ!日本人!近隣と近親憎悪はやめよう!!


05. 2012年8月26日 17:25:00 : nxdqJ14JsE
孫崎「日本の自主グループの一人だった、石橋湛山。占領時、日本は米軍の駐留費を負担してた。1946年当時で日本の予算の32%。これを食糧に回せば、当時の国民は飢えることはなかった。米軍の食糧援助も必要なかった」
孫崎「ここで、石橋湛山はこの米軍駐留費のカットを要求した。これで石橋湛山は首を切られる。彼は一人が倒れても、二の矢三の矢が出てくればいづれは…と期待した」
山崎淑子「生き抜く」ジャーナルhttp://enzai.9-11.jp/?p=12418
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地位協定はごらんのようにアメリカ軍が武力=暴力をちらつかせて脅迫して日本に署名させた恥ずべきアンフェアな不平等人権侵害占領搾取条約である。それ以来凶悪な戦争犯罪者米軍はすべての軍費を日本人民の世界最高の生産技術力の結実である国民総生産から略奪調達してきた。吉田茂源田実731部隊一派が嬉々として米軍へ国民の築いた国益の大半を米占領軍へ地位協定戦費占領地現地調達ぶんとして横流しし続けてきて、残りの殆どを私物化し続けている。これが戦後日本のGHQスパイ政府の正体であり、戦争の狂犬に餌をやり泥棒に追い銭する吉田らはユダ金米軍よりも更に悪党である。
なぜ廉潔な日本人が泥棒が居直り強盗するための資金を出してやらねばならぬのか?傲慢無恥不正無法な戦争犯罪略奪協定である地位協定が唯一の元凶である。
憲法9条が希求する世界平和を踏みにじる真の人類の敵とはまさにこの地球上最も邪悪な地位協定スパイ吉田茂たち、〜中曽根〜森〜小泉〜菅野田民主党首相(最悪の狂犬米軍よりなお悪い)なのである。
http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120824/1345769525#c

「NOといえる日本・対等な日米関係」をあざ笑う官僚どもの戦後吉田体制の否定が最初に必要です


06. 2012年8月26日 17:26:34 : pa2ZBTFyAw
日本から米軍基地を撤収させることは、現状ではまず不可能に近い。
アメリカは機会があるごとに日本の駐留軍を東アジアの軍事的均衡
と平和を確保するため、と言ってきた。

仮に日本一国が、家は必要ないのでもうみんな帰って下さい。と言っ
たところで最初から日本の防衛など眼中には無いのだから、「東アジア
の平和」と袈裟の下から鎧をチラつかされ、スゴまれて終わりである。
そして首都から1時間と離れていないところに在日米軍がいるのに、本気で
アメリカに逆らおうという霞ヶ関の住人はいない。

無責任なこいつらと、こいつらとシガラミでガンジガラメになっている
自民党や自民党野田派がアメリカと本気で日米間の条件闘争を始めるなど、
この夏最悪の冗談でしかない。

しかし自立と共生、普通の国の実現を叫んでいる政治家には、厳しい選択と
つらい道のりであったとしてもこの巨大な難問に取り組んでいける可能性が
わずかに残されている。

この場合アメリカも、アメリカに魂をぬかれてるヘタレどもも一緒になって
凶悪な攻撃を始めるだろうし、すでに始めている。

だから真の愛国とは「国民の生活が第一」と同じ土俵に立たなければ、それ
はただのポ−ズでしかない証左だと言うことだ。
だから諸君にはよく目を開いて、自分の周りをもう一度調べ直す事をお勧め
する。
ポ−ズに騙されてはいないか?


07. 2012年8月26日 17:41:01 : RTvVyAek8s
04へ:あほ! 「来るべき日本大震災で中国・韓国と融和せずして大和民族の安寧は無い!と知るべきだ。中国が日本を攻めて来た事があるか?蒙古襲来は有ったが、中国では無い。韓国もしかりだ。」とはお花畑のB層と云っておく.
中国自身の地図で,尖閣が沖縄や日本のものであることを認めていたのに(http://www.asyura2.com/12/china3/msg/211.html),漁船団などを送って尖閣に攻めて来ている上に,中国の国内法で尖閣を中国領だと宣言しているではないか? そのうち,東京も中国領だと宣言するつもりでいるよ.

08. 2012年8月26日 18:06:56 : dzERZxdKJw
このブログも「私のコメント」も時代錯誤だな。

このブログに従うなら、日本はまたドイツ(現在完全ユダヤ支配)と組んで
アングロサクソンと戦い直す他ないじゃないか。

コメントのほうもアメリカによる沖縄の日本押しつけがいいことのように書いてあるし。


09. 2012年8月26日 19:12:11 : H3TdM2KtLE
<インタビュー>悪化する韓日関係 韓国専門家2人はこう見る 2012/08/26 13:48

【ソウル聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問や天皇謝罪発言で対立が深まる韓日関係について、韓国の国際政治専門家2人が26日、聯合ニュースの取材に応じた。国民大学国際学部のイ・ウォンドク教授は両国のあつれきは先週をピークにひとまず落ち着きを取り戻すと予想した。一方、民間シンクタンク、世宗研究所の陳昌洙(チン・チャンス)日本研究センター長は、両国の関係が1965年の国交樹立以前の段階に戻ってしまったと述べた上で、「日本は力による外交政策に転換した」と指摘した。以下は両氏の一問一答。

 (イ・ウォンドク教授)

――韓日対立のレベルは

「先週をピークに今後は落ち着きを取り戻す方向に進むだろう。24日の野田佳彦首相の会見内容を詳しくみれば、(独島の)紛争激化を警戒していることが分かる。日本は対立をあおったり、韓国の脅威となるような物理的な攻撃には出ないだろうが、国際広報の強化などに乗り出すことが予想される」

――両国関係は1965年の国交樹立以降で最悪か

「最悪ではないが、金大中拉致事件や在日韓国人による朴正煕大統領(当時)夫人の射殺事件があった1970年代以降では際立った状況になっている」

――韓日対立の要因は

「日本の持続的な独島問題の挑発で李大統領が独島を訪問したが、独島訪問は(韓国にとって)戦略的選択肢の一つだ。大統領の天皇謝罪要求発言が現在の状況を引き起こしたことは否定できない。韓国国民は天皇が謝罪すべきだと思っているが、(発言の)時期と方法が適切だったのかどうかは議論の余地がある」

――日本政府と李政権の対立は一線を超えてしまったのか

「そうだ。来月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)での両国首脳会談は難しいだろう。閣僚級対話も困難になった。両国の溝は深まった」

――今回の対立の影響は

「韓国にとって良いことはない。日本は友好国であり協力パートナーなのに日本国民の感情まで悪化した。日本は独島の紛争地域化広報で有利になったと思っているかもしれないが、独島の主権が変わることはない。国民感情を伴った対立で両国の品格は傷ついた」

――日本の副大臣が泳いで独島に渡るイベントに参加した俳優ソン・イルグク氏の日本訪問は難しいと発言した

「それについては、日本は良くないカードを切った。東アジアや国際政治経済では政経分離が暗黙の了解になっている。領土問題や歴史認識での対立が文化や経済に及ばないようにしないといけない」

http://img.yonhapnews.co.kr/Basic/Article/JP/20120826/20120826135146_bodyfile.jpg
イ教授=(聯合ニュース)
 (陳センター長)

――現在の韓日対立をどう思うか

「野田首相が親書を送ってきた後、感情的な対立が目立つようになり懸念している。野田政権は長く続かないため、出せるカードはすべて出すのだろう」

――ここまで対立が悪化した理由は

「李大統領の天皇謝罪要求発言が影響を与えたが、日本の韓国に対する政策も大きく変わってしまった。これまでは歴史認識問題などでやや配慮していたが、『韓国に譲歩してはいけない』という認識の下、力による外交をしていくとの感じを受ける。日本の外交政策の転換によって両国の関係は1965年の国交正常化以前に戻ってしまうだろう。今回の対立が、これまで積み上げてきた両国間の信頼を損なった」

――対立を収める方法は

「この1週間が山場だろう。韓国政府が日本の国際司法裁判所(ICJ)共同提訴に抗議する口上書(外交文書)を送るまで、日本政府は言うことを言ってくるだろう。この時期に韓国政府は日本政府に明確なメッセージを伝えることが重要だ。日本が今後も感情的に対応してくるなら、東アジアの平和や安定に影響を与え、日本の国益にならないということなどを伝えなければならない」

http://img.yonhapnews.co.kr/Basic/Article/JP/20120826/20120826135244_bodyfile.jpg
陳センター長=(聯合ニュース)
sarangni@yna.co.kr

http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2012/08/26/0400000000AJP20120826000600882.HTML


10. 賢者の石 2012年8月26日 19:14:20 : Qf5ShLuWtoZHs : CNWc213ObU
ハルフォード・マッキンダーによれば

世界覇権を握るハートランドは北米と世界島のハートランドの2つ

ロシアと共同歩調を取る中国を制するにはロシアと中国を分断対立させ

中国のハートランド支配を崩す事である。

韓国が助かるためには竹島を返還(竹島問題解決)し、反日をやめ

北方領土問題の緩和、仲介をしロシアと日本の中を取り持つ事である。

李は自分の命と政権維持のために中国に国を売り渡す韓国の自殺行為にでている。


11. 賢者の石 2012年8月26日 19:22:11 : Qf5ShLuWtoZHs : CNWc213ObU
>回の李大統領の行動とパフォーマンスは、日本に対するSOSなのではないだろうか?

韓国李の行動の意味がわかってないのは記事の御仁である。

大国にはさまれた韓国は戦前の李氏朝鮮よろしく

どちらかの大国について他国から利益を引き出そうとする

外交方針が定まらないよっぱらい亡国外交をはじめただけである。

似たような地勢にベルギーなどベネルクス三国や現在の東南アジアなどがあるが

過去の李氏朝鮮やベネルクス三国に見る限り外交方針がふらふらしている結果はろくな事にはならない。日本国内では徳川家康と毛利輝元などがそうだろう。

歴史事実を直視できなく、歴史から学べぬ、韓国の悲劇だろう。

そもそも一貫した国家戦略もてない主権国家を持つに値しない民族なのである。


12. 2012年8月26日 19:24:39 : keq01DgxRw
失敗に終わったとはいえ、李明博大統領は日韓軍事協力の始めの一歩を踏み出そうとした初の韓国大統領だ。これを成功に導くには、韓国内の反日勢力と反日を口実として大統領に対抗する勢力を抑えなければならなかったわけだが、そのために必要と大統領が考える日本側からの協力が思うように得られなかったようだ。

朝鮮儀軌の返還も、この目的のためにうまく利用できたのかもしれないが、菅・仙石あたりでは、たんなるお詫び外交の実践以上の何物でもなく、戦略的に利用することには無関心であったに違いない。また、日本の隷米従属派にも、日韓基本条約で解決済であるはずの財物のやり取り以上には価値を見出せなかったようだ。

李明博大統領の側からすれば、ちょうど韓国最高裁判決のせいで騒ぎを蒸し返された慰安婦問題で日本側から譲歩を引き出し、これをもって反日勢力を宥めて日韓軍事協力を進めるという一挙両得の算段だったのかもしれない。大統領の考えでは、日本側が一方的に不利益を蒙るわけではなく、安全保障上の利益が得られるのであるから、日本にも受け入れ可能な話であると踏んだのだろう。

前原の「人道的配慮」だとか野田の「知恵を絞る」というのをあてにしてたようなフシもある。

いずれにせよ、安全保障上は朝鮮半島全体が潜在的に中国側に行ってしまったということ、対馬の向こうは潜在的な敵となりうる状況になってしまったことは自覚せねばなるまい。例えは極端だが、日清戦争で日本側が負けたときの効果を現出させてしまったといいのかもしれない。

なお、私は、日韓軍事協力が日本の安全保障に有益か否かを論じているわけではない。しかし、少なくとも日本側では、朝鮮儀軌返還も慰安婦問題も日韓軍事協力もバラバラに扱われ、普段喧しくいわれている「国益」やら「戦略」やらと結び付けて総合的に論じられることがなかったことを指摘しているだけである。

結局、「国益」も「戦略」もお題目だけに終わるのは、日本が真の独立国ではないからだろう。


13. 賢者の石 2012年8月26日 19:35:05 : Qf5ShLuWtoZHs : CNWc213ObU
竹島を取り戻すのに利害関係を調整し
アメリカをコントロールして取り戻しても
アメリカに協力してもらって取り戻そうなんて発想は自立した国では無い。

同じく日本に協力してもらうなんて発想は亡国の発想である。

日本を動かしたいならそれなりの利害関係を説いて
説得しコントロールすべきで酷い李のやり方は酷い手法だ

日韓関係はこれがきっかけでおしまいになるだろう。
それは全土とはいわないが韓国が中国の手に堕ちる事を意味する。


14. 2012年8月26日 19:43:24 : H3TdM2KtLE
「冷戦後」という現実


 1991年12月にソ連が崩壊し第二次世界大戦後の冷戦体制に終止符が打たれた時、アメリカの政治家の多くはモスクワに向かった。歴史的瞬間を自らの身体で感じたいと思ったのだろう。また冷戦の終焉はそれまでの国家戦略を根底から見直す必要をアメリカに迫っており、そうした緊張感も多くの政治家をモスクワに向かわせたのだと私は思った。


 一つの歴史の終わりと新たな歴史の始まりを感じさせる動きだったが、日本に歴史的瞬間を体感しようとする政治家は現れなかった。冷戦の終焉を国会が議論することもなかった。政治家だけではなく日本全体が冷戦の終焉を遠くから見ていた。

 日本人にとっての戦後は、敗戦の荒廃から立ち上がり、他国にはない「勤勉さ」で高度経済成長を成し遂げたという成功物語である。平和主義に徹して冷戦による暴力の世界とは無縁でいることが成功の理由だと思い込んでいた。日本人は冷戦の終焉を「平和の配当が受けられる」と喜び、「自らの立場が根底から変わる」とは考えなかった。

 しかしアメリカは冷戦の終焉を喜んでなどいない。アメリカ議会では、ソ連の核の拡散をどう防ぐか、米軍の配備をどう変更するか、ソ連に代わる諜報の標的は何かなど、新たな秩序作りに向けた議論が3年余り続いた。その議論の前提にあるのは、米ソのイデオロギー対立で抑えられていた民族主義、宗教、文明の対立が世界中で噴き出し、世界は著しく不安定になるという認識である。

 その不安定な世界をアメリカが一国で管理する戦略とは何か。アメリカはそれまで以上に世界の情報を収集・分析する必要に迫られ、首都ワシントンのシンクタンク機能は強化され、諜報活動も冷戦時代以上に必要と認識された。一方で安全保障戦略の中枢は軍事から経済に移行すると考えられ、対ソ戦略を基にした米軍の配置を見直し、経済分野における諜報活動が強化されることになった。

 そうした中で「ソ連に代わる脅威」とみられたのが日本経済である。日本の経済力を削ぐ事がアメリカの国益と判断され、日本経済「封じ込め」が発動された。その一つが「年次改革要望書」を通して日本に国家改造を迫る事である。また一つは高度経済成長の司令塔であった官僚機構を弱体化させる事であった。さらに日本国家の血管部分に当たると言われる金融機関を抑え込むためBIS規制が導入された。

 アメリカの「年次改革要望書」は自民党の宮沢政権から麻生政権まで引き継がれ、小泉政権はこれに最も忠実に対応したが、09年の政権交代により鳩山政権の誕生でようやく廃止された。官僚機構でアメリカが標的にしたのは大蔵省と通産省である。東京地検特捜部が「ノーパンしゃぶしゃぶ」をリークし若手官僚を逮捕した接待汚職事件で大蔵省は威信を喪失、貿易立国を主導してきた通産省も輸出主導型経済を批判されて往時の面影を失った。そして自己資本比率8%の達成を迫るBJS規制は日本の銀行を貸し渋りに追い込み、企業倒産の増大と経済活動の停滞という「失われた時代」に日本を突入させたのである。

 アメリカが日本経済を目の敵にした理由は、戦後日本の経済成長は日本人の「勤勉さ」によるものではなく、冷戦のおかげだと考えるからである。アメリカのソ連封じ込め戦略は、アジアでは日本、ヨーロッパでは西ドイツを「反共の防波堤」にするため、両国の経済成長を図る事にあった。敗戦国の日本と西ドイツがアメリカに次ぐ経済大国となりえたのは冷戦のおかげである。しかし日本の高度経済成長はアメリカ経済にまで打撃を与えた。

 日本製品の集中豪雨的輸出がアメリカの製造業を衰退に追い込み、1985年、ついにアメリカは世界最大の借金国に転落する。一方の日本は世界最大の金貸し国となった。それでも冷戦体制にある間はアメリカが日本と決別することはできない。アメリカの軍事力に「タダ乗り」して金儲けに励む国をアメリカはただ批判するだけであった。

 ところが冷戦が終われば事情は異なる。もはや「タダ乗り」を許すわけにはいかない。アメリカの軍事力にすがりつかなければ日本の安全保障は維持できないと思わせる一方で、そのためには出費を惜しまないようにする必要がある。日米安保体制は冷戦の終焉で終わる運命にあったが、中国と北朝鮮の存在を理由に「アジアの冷戦は終わっていない」とアメリカは宣言し、日米安保は再定義され継続された。

 しかし中国と北朝鮮はかつてのソ連と異なる。ソ連は世界を共産主義化しようとしたが、中国も北朝鮮も世界を共産主義化しようとはしていない。していないどころか「改革開放」という名の資本主義化を目指している。ただ両国とも軍事に力を入れているところがアメリカにとって都合が良い。中国と北朝鮮の脅威を強調すれば日本から金を搾り取ることが出来るからである。

 北朝鮮がミサイルを撃てば日本はイージス艦やMD(ミサイル防衛)やアメリカの兵器を購入する。しかしその北朝鮮が最も手を組みたがっている相手がアメリカである事をアメリカはよく知っている。一方の中国はアメリカにとって今や日本以上に重要な経済パートナーである。相互依存度もダントツなら、日本をしのぐための技術開発でも米中は協力している。しかも核を持つ大国同士だから戦争することはありえない。アメリカは中国に追い越されたくはないが、いずれ米中2国で世界を管理する日が来るだろうと考えている。

 地下資源があるとみられる北朝鮮にもアメリカは興味がある。ミャンマーのような民主化を達成できれば、中国以上の影響力を行使できると考えている。日本の小泉政権がアメリカの頭越しに北朝鮮と国交正常化を図ろうとしたが、アメリカは断固としてそれを許さなかった。同じように日本が周辺諸国と手を結ぶことをアメリカは望まない。日本はアメリカとだけ友好関係を築き、中国が大国化するのを牽制するために利用できる存在であればそれで良いのである。それが冷戦後のアメリカの基本戦略である。

 8月10日に韓国の李明博大統領が竹島に上陸して領土問題に火をつけた。大統領はその後も民族主義を煽る言動を繰り返して日本を挑発している。この人物の政治手法は小泉総理と似ている。アメリカを政権運営の後ろ盾としながら、小泉総理が靖国参拝で日本国民の反中国感情を刺激したように、慰安婦問題を持ち出して韓国の反日感情を刺激している。おそらくアメリカの許容範囲と見ているのだろう。

 15日には尖閣諸島に香港の活動家が上陸して逮捕・強制送還される事件が起きた。いずれも日本にとっては許しがたいが、日本の領土問題には第二次大戦とその後の冷戦体制が色濃く影を落としている。北方領土問題はそもそも太平洋戦争に勝利するためアメリカがソ連に千島列島を帰属させると約束して対日参戦を促した事から始まる。竹島は冷戦体制であったが故に日本は日韓協力を優先させて韓国の暴挙を見逃してきた。そして尖閣問題でアメリカは介入しない事を明言している。

 竹島や尖閣をアメリカが「日米安保の対象地域」と発言しても、国益にならない領土問題にアメリカが介入する事はない。つまり領土問題は日本が独力で解決する以外に方法はないのである。すでに世界が冷戦型思考を切り替えているのに、日本だけは「アジアの冷戦は終わっていない」とアメリカに教えられて冷戦型思考を引きずってきた。しかしこの夏に起きた領土を巡る不愉快な出来事は、日本が自身の戦後史を振り返り「冷戦後」の現実を直視するための格好の機会である。日本は自力で生き抜くしかない「冷戦後」の現実を下敷きにして今後の国家戦略を構築していくべきなのである。

http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2012/08/post_312.html#more


15. 2012年8月26日 20:01:58 : tX4bkNStx6
なんだ、このタイトルは?
「日韓併合」とか100%ありえない妄想。
電波厨房の投稿か('A`)

16. 2012年8月26日 20:20:15 : VbWAbFllIA
日韓併合など日本からお断りします。
韓国は同胞の北朝鮮に併合されるべきです。
特亜は特亜に愛をです。 

17. 2012年8月26日 21:01:42 : Eb48pxGbzI

 戦争する前に

 日本から 韓国への 輸出をストップ させてみたら〜〜〜

 韓国の サムスンは 一発で 倒産するだろうね〜〜〜〜

 ===

 ま〜〜 同時に 世界恐慌 となるかも知れんが ま〜〜 そこのところは 御愛嬌よね〜〜
 


18. 2012年8月26日 21:29:31 : 2oB29ANLlA
戦後馬鹿な自民党は下朝鮮に譲歩に譲歩を重ね、官民の技術支援、無償援助は数知れず、
今日まで乞食根性を増長させ、何でも言う事聞く国日本を植えつけて来た責任は思い。
特に帰化議員等の横暴は酷いもんだ、朝鮮と一緒になって有りもしない被害をねつ造して金をムシンする事はそろそろ止めさせよう。
政、経、分化は分離なんて都合の良い勝手な世迷い言はいつまでも通用すると思うな。

朝鮮と日本は相互主義の原点に立ち帰り、朝鮮では日本文化は禁止されている事を十分承知のうえ、日本に於ける朝鮮文化は禁止すべきであり、朝鮮芸人の入国など持っての他である。

犯罪者の多い朝鮮人は指紋、写真、の義務付け、土地所有の禁止、朝鮮投資課税の強化を徹底し、断交しても良い。

朝鮮との商売人は朝鮮へ渡って貰えば良い。

喫緊の大問題は、在日の通名の禁止、産業スパイ、国家機密の漏えい、ザザ漏れ情報はこれも原因だ。

国の税金使ってスパイ留学生(朝鮮、中国)の呼び込みは止めろ、朝鮮、中国以外の世界から呼べばよい。この辺も売国議員の為せる業か。


19. 2012年8月26日 21:55:10 : GvRsSFw7re
韓国から独立したいです。

20. 2012年8月27日 13:22:09 : Pmvr4fEO8o
ハリウッドが慰安婦の映画を作るとか、何をふざけた話を無責任に書くのか、この男の頭の螺子が吹っ飛んでいるんじゃないか? ハリウッドとは何を指すのか?アメリカ映画のことか? いまやハリウッドではほとんど映画は作っていない。地方分散で資金を提供しているメジャーの映画会社のことを刺すのであれば、100%ないこと。アメリカの訳のわからぬ三流以下の映画制作会社であれば、韓国の乞食資金に乗るような会社はあるかもしれないが、それをハリウッドと一緒くたんにするのは、日本の何も知らないマスゴミの記事を鵜呑みにする阿呆であり、アメリカ映画界の本質を知っていれば、恥ずかしくて掛けないことである。むちゃぶりで書かれたTORAなる男の知的程度を疑う。

21. 2012年8月27日 21:52:59 : xtlWVCU5v6
ジャパンハンドラーズがチラチラと。。。

ネットゲリラ:アメリカ「メタンハイドレート寄越せ」韓国「わんわん」
ttp://blog.shadowcity.jp/my/2012/08/post-932.html


22. 2012年8月27日 21:53:53 : kU4ZpG7DNw
半島とかかわるべきでないし、在日も置いてはならないのが68年間の答え。

23. 2012年8月28日 05:33:35 : oVDoa7P1Ps
ブレジンスキーの書いた本などをまともに最後まで読む時間があれば、寝ていた方がましである。

24. 2012年8月29日 18:11:06 : Y28uZ2IjEw
>14
やはり全ての元凶はアメリカですね。一日でも早く日本は独立しなければなりませんね。

25. 2012年8月30日 22:50:39 : R8jf4ARtCQ
04さん

蒙古襲来は
中国や韓国では無いとのことですが
中国人や朝鮮人が大部分の攻撃部隊だったそうですよ。

モンゴルでは
中国人や朝鮮人が勝手に日本を攻めた
と言っているらしい。
もしくは中国人と朝鮮人のたっての希望で承認したとの認識らしい。

昔のことはわかりませんが
モンゴルの言う事とは違ったとしても
強制されたにしても
手先となって日本を中国人と朝鮮人が攻めたのは事実。

24さん
 日本は独立国ではないとの認識のようですが
ならばどうやって独立しますか?。
まさか話し合いでだとか
外交でなんて甘い考えは持っていないでしょうね。
植民地支配から独立した国々で
宗主国からすんなりと独立を認められたら例がありますか?。
24さんは超大国アメリカと一戦を交える覚悟で
意見表明している訳ですか?。
それともただの口から出任せ。


26. 伊太郎旅唄 2015年7月07日 18:14:16 : 9rOWcICGoSmPk : DSfBoaX7Mo
今日は日本は今でもアメちゃんの半占領国です。また日本国内だけで、100前後の軍事施設が有るのも異常なのです。70年間平和ボケ9条憲法縛られ今でも安保
条約は、志那、北鮮などの脅威が、有るいはロシアの脅威でも安保条約でアメちゃんが助けて繰れるだろうと、能天気で思っているボケ国民も少なくないでしよう。
集団的自衛権、有事などに、反対している平和ボケ国民の象徴を物語っています。
ですから回りに若し脅威が起きても他人事でぴ〜いんとこないのです。平和ボケ
国民はまだ日本がアメちゃんの半占領国に成っているいる事を認識して居ないのです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧