★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134 > 834.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
橋下氏 「河野談話が元凶」発言 ほぼ全文 阿比留瑠比   (杜父魚文庫ブログ)
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/834.html
投稿者 真相の道 日時 2012 年 8 月 26 日 19:04:45: afZLzAOPWDkro
 


最初に私のコメントを記載します。


[コメント]

橋下市長とと赤旗との記者会見でのやりとりです。

橋下の主張、説明は論理的。
赤旗側が、事実や証拠の把握がきちんとなされていないことがよくわかります。

ポイントは、

@ 日本軍が朝鮮女性を強制連行して慰安婦にしたという従軍慰安婦問題は、証拠がないということ。
それが日本政府によって2007年に閣議決定されているという事実。

A 一方の河野談話は、具体的な証拠に基づかない河野官房長官個人の談話にすぎない。

赤旗側も最後は反論できなくなって、「どうしてここまで突っ込んで発言するのか」と泣き言を言いだす始末です。
  
日本軍が朝鮮女性を強制連行して慰安婦にしたというのなら、韓国は具体的な証拠を出せ!
具体的な証拠の提示のない、閣議決定もされていない河野官房長官の個人談話では、何の証拠にもならない。

論理的かつ明快な主張です。
    
  
    
[記事本文]

本日(八月二十四日)の大阪市の橋下徹市長の慰安婦問題に関する記者団とのやりとりが実に興味深かったので、論評を加えずそのまま関連部分の全文を掲載します。なかなかポイントを押さえていて、やはり賢い人なのだろうと感じました。

Q赤旗 慰安婦問題だが、橋下市長は強制の事実は確たる証拠はないといったが、河野談話をみていると強制の事実を認めているが見直すべきか

橋下氏 2007年の閣議決定はどうか。鳥の目というか全体の視野を持たないと。2007年の閣議決定では、強制連行の事実を直接示す記述は見当たらなかったと、そういう閣議決定が安倍内閣のときになされている(※「政府が発見した資料の中に、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」)。

僕は歴史家ではないから、すべての資料について、古文書等含めて行政文書を含めて全部調べたわけではないので、政治家として93年の河野談話と、それについての2007年の閣議決定、この2つをもとにして自分の意見を組み立てている。

河野談話でいろんな表現はあるけれども、しかし2007年に強制連行を示す、それを裏付けるような、直接の証拠はなかったということを2007年の安倍内閣のときに閣議決定がされているわけです。そうであれば河野談話の中身をもう一度しっかり疑義がないように内容を見直すのか、それとも2007年の閣議決定が間違ったのかどちらかですよ。

で、僕は2007年の閣議決定というのは、河野談話出した以降、日本政府が閣議決定をやっている以上は責任をもってやっていると思いますよ。河野談話は、閣議決定されていませんよ、それは河野談話は談話なんですから。

日本政府が、日本の内閣が、正式に決定したのは安倍内閣のときの2007年の閣議決定であって、そこでは慰安婦の強制連行の事実は直接裏付けられていないと、これは日本政府の決定です。河野談話は閣議決定じゃないですから、官房長官の談話にすぎない。

そういう2つの文書が出てきたときに、2つの政府からの意思表示が出てきたときに、官房長官の談話と政府の、内閣の閣議決定どちらを尊重するのか、どちらですかね、赤旗さん、それでも河野談話ですか、法的な位置づけ、一般論としてどちらが重いのか

Q ちょっとそれは、
橋下氏 そこをまず確定しないと

Q 一般論として、閣議決定が重い
橋下氏 当たり前じゃないですか。談話よりも、閣議決定に決まっている。閣議決定には、内閣全員の署名が必要なんですよ、これは。

Q 河野官房長官の談話は、政府もいろいろ調査して、いろんな資料にあたって出てきているわけですよね。橋下氏 閣議決定もそうじゃないですか。どちらの調査に信をおかなきゃいけないんですか。

談話なんていうのは、誰でも談話やってますよ。談話と閣議決定には天と地の差がありますよ。公の仕事をやっていれば、文書のポジションは非常に重要でね、市長が何か意見を出した、個人的な意見ですとか、意見交換のなかで出た組織として決定していないコメントですというのと、戦略会議できちんと決定した意見です、というのでは全然ちがいますよ。

官房長官談話というのは、官房長官の談話なんです。閣議決定は政府の決定なんですよ。官房長官談話は閣議決定してませんよ。ただ、僕は官房長官談話を今の段階で全否定できるだけの、歴史的な知識とか、歴史家ではないから全否定するつもりはないけど、しかし日本政府が2007年にやっている閣議決定の中身でね、強制連行の事実を示す証拠はなかった、と言っている。

証拠がないとなったなら、証拠をちゃんと見つけて来ましょうよ、ということです。吉田清治さんの著作も、あれも後で虚偽の主張だったということが話題になったりとか、吉見(義明)さんという方ですが、あの方が強制連行の事実までは認められないとか、そういう発言があったりとか。

まぁ、強制連行の事実については、いろんな意見ある中で、それでも日本政府は国家としての意思表示として2007年に強制連行の事実を裏付ける証拠はなかったということを閣議決定している。

だから、僕は韓国側の方に事実の有無を問題視しているわけではないですよと、証拠の有無なんですと、日本政府が調べた限りでは証拠はなかったと。それから、済州島の方の吉田清治さんの主張について、新聞社か何かが済州島で確認したら、そういう事実はないという報道が済州島の新聞社がしたとか、いろんな情報が調べれば出てくる。

いろんな情報がある中で、強制連行の事実を裏付ける証拠があったかなかったかといえば、それは日本政府としてはそういう証拠はなかったといっているわけです。

それで今回、僕がこういう発言をしたら、韓国メディアは、証拠は河野談話といってきた。これは大変な、日本政府の大失態ですよ。河野談話は証拠ではないんですから。僕ら裁判やるときに、事実の主張と証拠は別のもの。次元の違うものです。

事実の主張というのは、証拠のあるなしに関わらず、事実として認識を表明すること。その認識を表明したことにかんして証拠があるかどうかというのは、証拠の問題なんでね。だから河野談話というのは、事実主張の段階なんです。まだね。

だって河野談話というのは、ああいうふうに認識を表明しただけ。証拠があるわけではないわけです。それを韓国側の方が、河野談話が強制連行を裏付ける証拠だと言ったというふうに言うのは、全く論理的に間違っている。

だから、僕は韓国サイドの方に、強制連行の事実の有無についてね、証拠があるなら出してください、と言いたい。証言者はいろいろいたが、証言の変遷についても、いろんなところで出回っている。いまのところは日本においては客観的な証拠はない。韓国サイドのほうに証拠があるというんだったら、それを出してもらいたい。

河野談話で重要なことは、軍の関与、だから僕は軍の関与までは否定していません。そりゃ、慰安所という施設の性質からすれば、公的な管理は必要、衛生上、そして秩序上、それから戦時下という状況上、公的な管理は必要ですよ。

今だって風俗営業は公安委員会の管理下にある、ある意味、慰安所という施設の性質からすれば公的な管理は必要。公的な管理があったということと、そこで働いていた慰安婦を強制的につれてきて無理矢理はたらかせていたかどうかは、別問題ですよ。

あと本人の意思に反してという言葉が河野談話のなかにあり、これを赤旗は問題にすると思うが、しかし本人の意思に反してというのは法律用語でも二つの意味があって、本人が不本意に感じているという意味と、第三者から強制的にやらされたということの意味が2つある。

裁判なら、どっちかを確定するわけです。自らの意思で行ったけど不本意だったという意味と、第三者に強制的に無理矢理させられたという意味と2つあって、どっちかはすごく重要なのに、河野談話をつくった作文者が誰か知らないけど、本人の意思に反してと入れちゃったから、不本意という意味か、強制の意味なのかはっきりさせずに入れちゃったから、これは大変な問題になった。

だって強制の意味にとられかねないから。だから河野談話というのはいろいろ問題あります。僕は今の段階で全否定するつもりはないけれども、軍の関与があった、軍が一定の管理をしていたのは、資料はいっぱいあり事実みたいです。

しかし慰安婦が強制的に暴行脅迫を受けて連れてこられたかについては、そういう証拠はないと言っている。あとは慰安婦とか、慰安所というのが倫理的にどうなのかという問題で、強制的に連れてこられたのでなければ、倫理的な問題で、倫理的にみればね、かわいそうだ、とか、不本意にそういう仕事に就いて心身共に苦痛をこうむったというのはかわいそうだという問題はね、人間としてそういう感情が起こるのは当然だと思いますけれども、強制的に連れて来たのでないという前提で、そういうしんどい仕事について大変でしたね、という気持ちを表すのは僕は否定しないけど、しかし強制的に連れてきたのではないということをはっきりさせた上で、そういう気持ちを表さないと、かわいそうですねという同情と、謝罪は別です。

だから河野談話は非常に問題で、僕はやっっぱり、ああいう形で自分の主張を、市長としてはいきすぎかもしれないが、維新の代表としてね、河野談話と2007年の閣議決定の2つの法的な文書をもとに僕の見解を述べたら、案の定、韓国サイドが強制連行の事実はね93年の河野談話だと言ってきた。

これは日本政府としては大変な大失態で、ただちに是正すべきです。事実と証拠は違うんです。河野談話は証拠ではありません。2007年の強制連行を裏付ける事実はなかったという日本政府の閣議決定があります。

Q赤旗 証拠がないという政府の話は、公文書のことだろうと思うが
橋下氏 そうですね。

Q そうすると、ずれのない証言あると韓国サイドはいう
橋下氏 それを戦わしたらいい、金(学順?)さんという方ですかね、最初いろんな問題出された方は裁判まで起こしたけれども、実は自分は身売りされたんだと、日本の官憲に強制的に連れて行かれたのではなくて、いわゆる公娼制度とか、慰安所に身売りされたんだという事実も訴状に入っていたことあるし、いろんな証言あったり、いろんなものあると思うので、それを整理したらいい。

日本政府は公文書だけではないですよ、河野談話やる前の証言者にも聞き取りをやったわけで、その揺れというのは客観的な証拠になりえなかったという判断の下に2007年の閣議決定やったわけですから。

日本人なんだから、何も自分たちで証拠もないのに、悪い方に悪い方に考えることはないじゃないですか。しかし事実の有無をこの段階で確定しなくてもね、証拠をもう一回持って行ってね、日本政府はないと言っているわけですから、あるというなら赤旗が出してきたらいいじゃないですか、赤旗、いつも見てますから慰安婦の問題は、2つの問題を間違っちゃいけない。

強制的に連れてきた、これはね、あってはならない。もしそれがあるなら、誤らなきゃいけない。しかし慰安所という存在について、韓国側の主張がどっちかよくわからない、強制的に連れてきたことを問題視しているのか、慰安婦とか慰安所の存在を問題視しているのか、もし慰安婦とか慰安所を問題視しているのであれば、それは日本だけじゃないですよ、もっといえば、現代社会にあっても同じような状態、各国によって制度は違うけれども、いわゆる性を商売にすることは世界各国でもあるわけです。

こういう問題について、それは倫理的によくないとか、いろんな経緯があってそうなったことはかわいそうですね、違う職業に就くならサポートしますよという話と、強制的につれて来たからごめんなさい、という話は別問題ですよ。赤旗の記者は、今までに風俗に行ったことないのか。

ないんですか、ないんですか、いままで、あ、そうですか。そしたら、まぁ、こんな所では言えないでしょうけど、世の中に風俗業なんていうのは山ほどあるわけです。倫理的に考え方はいろいろあるけど、それは強制的に連れてきて無理矢理働かせたということでなければ、それはもう倫理の問題ですよ、謝罪の問題じゃないです。慰安婦の問題というのは、整理をして、慰安婦の問題、慰安所、これを軍が管理していた、軍の管理というのは衛生上や秩序の問題で管理しなきゃいけない、そういう施設だから、そういう話と無理矢理慰安婦をつれてきたのかという話を2つにわけて、いまは前者にしか証拠はありません。

軍が慰安所を管理していました、というところの証拠しかない。慰安婦を強制的に連れてきたという証拠はない。そこを、あいまいに書いたのが河野談話で、これが問題で、慰安婦を強制的に連れてきたことを認めたのか、軍が管理していたことを認めたのか、それをはっきりさせていないというのが河野談話の一番の問題点です。

これが日韓関係をこじらせている最大の元凶です。結局こういうことをやって、領土問題にまで発展してしまった。僕は河野談話というものが、今回の日韓紛争のなかの一番の問題。日韓関係を修復する一番のセンターピン、これは韓国サイドからすれば激しい批判、反発くると思います。

それでいいじゃないですか。日本は日本でしっかり主張して、証拠のあるなしをしっかり検討して、証拠が出てきたら日本国家として謝らなきゃいけない、証拠ないんだったら、これは謝る問題ではなくて、それは大変でしたねと、そのときの状況でね、慰安婦、慰安所を、いろんな軍が併設していたり、性を商売にする場合もある、そういう問題として倫理的にどう考えるかであって、それは謝罪の問題ではない。

そこをあいまいにした日本政府の態度が、一番ダメなんですよ。そういう答弁を作ったことに関して、政治家がきちんと方針を示さなかったということが、今日における日韓関係をこじれさせている最大の原因だと思いますよ。僕は歴史家ではないですから、河野談話と2007年の閣議決定の2つの日本政府の認識の表明をされている、この2つをもって、僕は立場を表明しているんですけどね

Q 慰安婦の証言は証拠にはならないのか
橋下氏 閣議決定ではなっていない。

Q 橋下さんは証拠にならないという認識か
橋下氏 証言の信用性があるかどうかですね。言ったから証拠とはならない。裁判でもそうです。証人が何十人、何百人出てきても、そこが信用性に足りるかどうかというところが問題。いろいろ慰安婦が証言者として出てきたが、しかし、それが40何人の証言者のうち半数近くが身売りだったとかいう話だったから、強制の話ではないという整理されたこともある。身売りの話と、家と業者の間での身売りの話と、政府が国が強制的に拉致、暴行、脅迫をもって連行したというのは別の話です。

Q 暴行、脅迫じゃなくて、だまして連れてきて…
橋下氏 それは誰がだましたんですか

Q 業者とか含めて…
橋下氏 業者は国じゃないですよ

Q 軍の関与で業者がつれてきているという事実があります
橋下氏 その証拠はないです。出ているものはないです。

Q だまされて連れてこられた場所が慰安所だった場合も強制にはあたらないという考えか
橋下氏 それは日本政府の話じゃないですね。民間業者と慰安婦の話ですね。

Q 軍の関与で
橋下氏 軍が関与していたのは施設を秩序と衛生管理上の問題から、管理していたのであって、慰安婦をだまして軍が連れてきたという証拠はない。

Q もし、それが証言としてあったとしても、証拠とはならないのか
橋下氏 だから、先ほどから繰り返して言うが、証言が採用されるかどうかは信用性の問題ですから。聞き取り調査をして、本当にそれが信用性あるのかどうなのか、事実と照らしてね、それから吉田清治さんの本、何というタイトルでしたっけ(「私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行」か)、要は吉田清治さんという人が、女性を縄でくくって連れてきた、自分はこういうことをやったからごめんなさい、ということを言ったところから問題になったわけでね。しかし、吉田清治さんがいくら言っても、実際に済州島で現地調査をやったら、照らし合わせたら、そういう事実はなかったということになって、吉田清治さんがいくら悪いことやった、韓国の女性を無理矢理つれてきて強制的に慰安所で働かせたんだと言っても、吉田清治さんの言っていることは虚偽ですね、となったわけです。

証言はしゃべったからすぐ証拠ではなくて、事実と照らし合わせて信用性がどうなのかという信用性をチェックしなきゃいけない。いま慰安婦問題で、強制連行があった、あったと言っている人たちは、客観的な証拠はない中で、本人たちの証言で強制連行があったといっているが、その証言内容をしっかり精査する作業を韓国政府の方も日本政府もしっかりやらないといけないと思います。

日韓紛争の根底には、慰安婦問題があるわけだから、日本政府も領土問題で激しい応酬を繰り返していますけども、結論としては、韓国の実効支配を覆すところまではなかなかいかないのだから、こういう機会をとらえて、根っ子にある従軍慰安婦問題については、日本と韓国でしっかりと証拠の有無について、論戦すべきだ。ここをうやむやにするから、いつまでたっても日韓関係が成熟しない。

だから、日本人というか、日本政府の方は2007年の閣議決定で強制連行の事実はないという、そういうスタンスで韓国に臨む。韓国は韓国で、強制連行の事実なのか、慰安所の問題なのかわかりませんけれども、日本はとんでもないことをやったということで臨む。

そりゃ、日韓、レベルの高い関係にはならない。従軍慰安婦は、強制連行の事実について証拠があるかどうかを確認する。それで強制連行の事実がない場合は、慰安婦や慰安所をどう考えるのか、当時の社会的な状況、背景から、慰安府や慰安所をどう考えるかを整理する、その作業が絶対に必要だ。

93年の河野談話はなんかうやむやにしてしまって、強制を認めたんだか、謝ったんだか、何の事実を認めたのか、どの部分を謝ったのか、うやむやにしたような形で、最悪ですよ。2007年に閣議決定したんであれば、河野談話を僕は全否定はしないけれども、内容をきちんと明確に確定して、韓国の言い分を聞いてね、証拠のあるなしを日韓でオープンでやりあったらいいじゃないですか。

とことん腹の中にたまっているものを出し合って主張をぶつけ合わないと、双方の関係がレベルの高いところにいきませんよ。

Q 日ごろ外交問題は慎重に発言するが、この問題は、どうしてここまで突っ込んで発言するのか
橋下氏 そりゃやっぱり、韓国大統領の現状維持の外交の大原則を踏み外したところがある。野田首相との間で、慰安府の問題、首脳会談の間でどういう議論になったか、僕は知りませんけども、そりゃやっぱり、日本も1965年の日韓基本条約で解決済みというだけじゃ、やっぱりダメ。

裁判所の形式論理的な判断の下し方であって、従軍慰安婦について、どこが問題で、強制連行の事実があったのかどうなのか、いまの日本政府の立場はこうで、じゃあ証拠の有無についてきちんとやりましょうよとか、そういうコミュニケーションがあったのかどうなのか、僕はわかりませんけども、僕は韓国の大統領も野田首相もね、きちんとコミュニケーションとらずに、どんどんエスカレートしていく。

だけど、そんな中にあったとしても、やっぱり領土問題について現状維持を壊すのは韓国にも非があると思うし、いま応酬合戦になっていますけれどもね、やったところで実益ないわけですから、早くこの部分は収束を図って、でも、いうべきこととやるべきことはしっかりやらなきゃいけないけれども、でも、そのあとにね、慰安婦問題、93年の河野談話と2007年の閣議決定の整合性と、慰安婦の強制連行の事実の有無はね、しっかりやらないといけない。

ここにエネルギーをさかないといけないと思っている。本来は大阪市長の立場で言うべきではないけど、現状維持を韓国サイドの方が崩してきた。大統領が竹島に、これは不法上陸ですよ、わが日本国の立場からすれば、何で訪問なんて言葉を使うのかわかりませんけれども、わが日本国の立場からすれば不法上陸、そうなれば根っ子の部分については一政治家としてしっかり発言しないといけないと思っている。

しかし、隣国同士なので、早く事態の収束を図って、それから一番の根っ子の部分、慰安婦の問題が、両国の国民の心の中にくすぶっていることは間違いないから、この部分についてね、どうくすぶりを治めていくかといえば、やっぱり腹に入っているモノを表に出して、何が問題で、この問題についてはどうなんだというところをはっきりと明らかに、あいまいにせずに決着すべきだと思う。それが日韓関係をレベルの高いものにすると確信している。(了)

……李明博大統領の暴発をきっかけに、時代にいい風が吹いてきたようにもちょっと感じています。

杜父魚文庫

http://blog.kajika.net/?eid=1001351
  
    

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月26日 19:18:35 : H3TdM2KtLE
ニュース・コメンタリー (2012年08月25日)

中国国内の政争の具と化した尖閣問題と日本の対応

http://www.videonews.com/photo/news_593-1.jpg
ゲスト:葉千栄氏(東海大学総合教育センター教授・ジャーナリスト)

 香港の活動家らによる尖閣諸島の魚釣島への上陸に続き、日本の地方議員らが同島に上陸したことで、日中間の領土問題が再燃し、中国各地に反日デモが広がっていることが報じられているが、活動家の上陸についてもまたデモについても、どうも中国側の事情は日本のメディアが報じているような単純な愛国主義的動機に駆られたものとは言い切れないようだ。
 中国の国内事情に詳しい東海大学の葉千栄教授は、香港の活動家らの一連の動きをただの反日活動と見誤れば、日本は外交上の大きな間違いを犯すと警鐘を鳴らす。
 葉氏は、魚釣島に上陸した活動家らが、実は反中国政府の立場にある中国民主化運動の活動家として有名な人物たちであることや、各地で行われた反日デモの中で、毛沢東の肖像画が掲げられていたことなどを指摘した上で、中国国内では尖閣問題は反日の衣を借りた中国・胡錦涛体制批判の色合いが強いと解説する。
 中国の活動家が尖閣に上陸すれば、日本の警察はこれを逮捕する。中国では大半の中国人が尖閣の主権は紛れもなく中国にあると信じているため、中国の世論は日本の警察の「暴挙」を非難すると同時に、その「暴挙」を黙認している胡錦涛政権を「弱腰」と批判することができるというわけだ。
 胡錦涛体制は日本との東シナ海ガス田の共同開発に代表されるように、周恩来以来の日中間の「領土問題棚上げ合意」を継承しながら、日本との経済的な関係強化を重視する傾向が強い。しかし、反胡錦涛勢力にとっては、中国国内の反日的な感情を煽れば煽るほど、胡錦涛体制の弱腰を批判することが可能になる。日本、とりわけ尖閣問題は、中国国内の権力闘争の材料になっている面があると、葉氏は言うのだ。
 言うまでもないが、中国は今秋開かれる共産党大会において、中国共産党一党支配の頂点に君臨する中央委員会政治局常務委員が大幅に入れ替わる激しい権力闘争のただ中にある。以前にも葉氏は胡錦涛体制に楯を突く反対勢力の象徴的な存在として中国直轄市重慶のトップを解任された薄熙来氏の存在を指摘していたが、薄熙来氏は胡錦涛体制の番頭格の温家宝首相から「文化大革命のような歴史的悲劇が繰り返される可能性がまだ存在する」とまで批判され、失脚状態にある。妻の谷開来被告もまさに今週、執行猶予付の死刑判決を受けたばかりだ。しかし、薄熙来氏が失脚しても、まだまだ中国国内には胡錦涛体制に反旗を翻す勢力は多いと葉氏は言う。
 日本では尖閣も竹島もいずれも、純粋な領土問題として国やメディアをあげての熱い議論が交わされている。それはそれで重要なことかもしれないが、そうしている間にも、今秋には中国がアメリカ海軍と共同演習を予定するなど、米中の軍事的な関係はますます接近していると葉氏は言う。中国の国内事情や米中関係などを踏まえた上で、日本は尖閣問題をより複眼的に見るべきとの葉氏の言葉は重い。
 したたかに米国との軍事的距離を縮めながら、日本を材料に国内の壮大な権力闘争を繰り広げる中国に対し、日本のわれわれがどう対応すべきなのか、屈指の中国エキスパートである葉氏とジャーナリストの神保哲生、社会学者の宮台真司が議論した。

http://www.videonews.com/news-commentary/0001_3/002504.php


02. 2012年8月26日 19:22:01 : 3aTOtKB6rg
コスプレイ橋下擁護に方向転換ですかい、キムチの道さん笑

03. 2012年8月26日 19:25:07 : V1ktS70IDI
>オランダの軍事裁判の報告を調査した吉見義明によれば、
当時スマランには既に慰安所があったが、性病の蔓延から新たな慰安所の設置が計画された。慰安所設置を要請された幹部候補生隊長は、慰安所には自由意思の者だけ雇うようにというジャカルタの第16軍司令部のガイドラインを無視した。(ガイドラインは未発見であるが証言やスマトラの第25軍の類似の通達からそのように考えられている。)
複数の将校と慰安所業者は、ハルマヘラ抑留所、アンバラワ抑留所、ゲダンガン抑留所から17歳から28歳の合計35人のオランダ人女性を強制的に集め、スマラン市内のカナリ通りの建物で日本語で書いた趣旨書への署名を強制した後、スマランの4つの慰安所(将校倶楽部、スマラン倶楽部、日の丸倶楽部、青雲荘)に連行した。
3月1日から営業を始め、女性達は毎日強姦された。給料は払われず、暴行され、その上、性病を移された者、妊娠した者がいる。週に1度医師の身体検査があったが、充分な治療はほとんど行われず、医師が強姦することさえあった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%A6%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6


これはインドネシアの、オランダ人女性を強制売春させた例であるが、朝鮮や中国でも似た状況だったのではないか。

軍の規則としては、強引に現地女性を慰安婦として徴用することは禁じていた。しかし、実際、性病蔓延などで各慰安所は、需要に追いつかず、近くの現地女性を現地将校が業者がつるんで、勝手に拉致してきた例がたくさんあるんだろう。

だから、文書などの証拠というのはほとんど残ってないだけで、まちがいなく事実だ。


04. 2012年8月26日 19:31:57 : H3TdM2KtLE
❍野田総理会見(2012年08月24日)〘Videonews.com〙

http://www.videonews.com/press-club/0804/002218.php
http://www.youtube.com/watch?v=-AnFsGnscX8&feature=youtu.be


05. 2012年8月26日 19:33:51 : s3vzXhnNp2
>>03
>。慰安所設置を要請された幹部候補生隊長は、慰安所には自由意思の者だけ雇うようにというジャカルタの第16軍司令部のガイドラインを無視した。


つまり日本軍としては、「慰安所には自由意思の者だけ雇うように」というガイドラインがあったわけだ。

つまりこの件は、一幹部候補生隊長が日本軍の規定を破って勝手にやったことであり個人の犯行であって、日本軍が組織として行っていたわけではない。

逆に日本軍は慰安所を、「慰安所には自由意思の者だけ雇うように」という規定で運営していたという明確な証拠となっている。
  
  


06. 2012年8月26日 19:36:31 : 2b8w5T0V26
真相の道とやら、常にもっともらしいフリを装いながら、
最後には間違った結論へと誘導する・・・

何が目的なのか知りたくもないが、低劣なプロパガンダに踊らされる人々を欲するなら、
ここは場所違いでは?


07. 2012年8月26日 19:39:59 : zDPHvcYWiI
わたしは橋下氏」の政治理念には賛同できないが、この慰安婦騒動については非情に冷静に語っているとおもう。

とくにアカハタの記者の頭の悪さというか鈍さが際立っている。

橋下氏は「事実の有無」を決定できるのは「証拠」だけだといっている。いかにも法曹家らしい明確な指摘だ。

自称元慰安婦の「証言」は「証拠」ではない。当事者の「証言」はいかようにも歪曲できるし、まして、その背後に政治的意図をもつ団体がついているとなれば、もはや一慰安婦の正直で自然な「証言」とはいえなくなり、綿密な検証が必要になる。

また河野とかいう呆けた政治家の「談話」も「証拠」じゃない。
これは河野という頭のふやけた政治家の感想にすぎない。

なにか従軍慰安婦を擁護することが社会正義のような風潮があり、アカハタもそれに乗っているが、大事なことは真実はなにかということだ。
それを探ることがほんとうの社会正義だ。
よって「真相の道」氏の投稿はこの件に関してはまっとうな真相の道探しとして支持する。

*なを慰安婦であった韓国婦人には心から哀悼の念を禁じえないが、そのような悲惨はなにも慰安婦だけではなく多くの人たちが戦争によってこうむっている。
いつまでも死んだ赤子の歳を数えているものではない。不幸にこそなれ、幸せにはなれません。


08. 2012年8月26日 19:41:52 : V1ktS70IDI
>>05

でも、この一件だけで、強制された事実はない、などということも否定されている。

そして、日本も非を認め、オランダ人女性二、三百人に総額2億5千万の賠償金(あるいは慰謝料)を支払っている。

軍が組織的にやったものでなくても、それを黙認していたからには、日本国の責任は免れない。

また、当然この一件があるからには、他もごまんと同様のケースがあったと考えるざるをえない。

まして、インドネシアよりずっと多くの兵士を集めていた北部朝鮮や中国ではなおさらであり、ウヨが聞く耳を持たないだけである。


09. 2012年8月26日 19:49:17 : zDPHvcYWiI
追記

「いつまでも死んだ赤子の歳を数えているものではない。」これはわたしの知り合いの在日韓国人、金さんがわたしに語ったことばです。
金さんは五年前に高齢で亡くなられましたが、存命中、従軍慰安婦問題を尋ねたときの返事がこれでした。
日本軍が韓国を支配したことについても「立場が違えば韓国だってやっている」とこれまた冷静な感想を在日韓国人の金さんが語ったのでびっくりしました。
金さんはこんな考え方をもっているので民団から資格を剥奪され、韓国へ国帰りできなくなったといって嘆いていました。

金さんは戦前、韓国で仕事がなくなり神戸にある日本の造船会社に出稼ぎにきておりました。
戦後、サヨク団体から「強制連行でしょ」といわれ、「強制連行なんかされた韓国人はおらん」と語ったことでだれからも相手にされなくなったということです。
ほんとうのことをいうと在日として在留資格まで奪われる。
怖ろしいといっておりました。



10. 2012年8月26日 19:52:14 : V1ktS70IDI
>>07

>なにか従軍慰安婦を擁護することが社会正義のような風潮があり、アカハタもそれに乗っているが、大事なことは真実はなにかということだ。

>いつまでも死んだ赤子の歳を数えているものではない。不幸にこそなれ、幸せにはなれません。

それを言うなら、いちいち神経質に否定して騒ぎを大きくしてるウヨの方が、ずっと「死んだ赤子の歳を数えている」類だろう。

侵略・征服行為そのものが悪であり、従軍慰安婦が、消極的合意だろうが、強制だろうが、日本が加害者なんだから、日本は黙っておわびしなきゃしょうがないだろ?

まして、敗戦国だ。無条件降伏したんだぜ。中国に対しても。

ただし、お金の問題は、平和条約締結時にさまざまな賠償を放棄してくれたんだから、それとの関連で、反論すべきは反論したらいいだろうが。


11. 2012年8月26日 19:56:24 : tX4bkNStx6
■橋下・大阪市長の「慰安婦」暴言/「河野談話」も国連報告書も「強制」認定/安倍発言の蒸し返し
安倍発言の蒸し返し
「従軍慰安婦」問題に関し「強制連行というものの事実があったのかどうなのか、確たる証拠はなかった」という橋下徹大阪市長の発言は、
自民党の安倍晋三元首相の発言を蒸し返したもので、すでに破綻した議論です。
1993年の慰安婦問題に関する河野洋平官房長官の談話は、
「慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、
慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した」と明確に認定しています。
「慰安婦の募集」についても、朝鮮半島は当時日本の統治下にあったと述べ、
「その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反しておこなわれた」と断定。
「更に、官憲等が直接これに加担した」としています。
「本人たちの意思に反して集められた」というのは、まさに強制以外の何ものでもありません。
強制性の核心である慰安所における生活についても、「河野談話」は「強制的な状況の下での痛ましいものであった」と述べています。
こうした事実を裏付ける材料は無数にあります。
橋下氏は「日本政府も日本国民に対して、しっかり従軍慰安婦問題についてもっと明確に見解を示さなければいけない」と言う前に
「河野談話」をきちんと読むべきでしょう。
安倍首相(当時)はこの「河野談話」を「継承している」(2006年10月、衆院予算委員会)と述べざるを得なかったものの、
何とか旧日本軍の犯罪行為を免罪しようと、「狭義の強制性」として、
「家に乗り込んでいって強引に連れて行った」行為しか強制と認めないという理屈を持ち出しました。
しかし、強制性を否定した安倍発言は、米国など国際社会から批判が噴出。
米下院は2007年、「日本政府による軍事的強制売春である『慰安婦』システムは、その残酷さと規模の大きさで前例のないもの」との批判決議をあげました。
当時も違法
橋下氏はまた、「当時の時代背景において、慰安婦制度というものがどういうものだったのかということを真正面から議論しなきゃいけない」などと、
当時では許された行為であるかのように発言しています。
しかし、この問題についても国連人権委員会差別防止と少数者保護小委員会は1998年、慰安婦は事実上の奴隷であり、
「当時ですら、奴隷制を禁じた慣習的国際法に明らかに違反していた」との報告書を採択しています。
これがこの問題での国際社会の到達点です。
橋下氏と「大阪維新の会」は国政進出への野望を強めていますが、
橋下氏の発言は国政について論じる資格そのものが問われるものです。 (入沢隆文)
http://news.livedoor.com/article/detail/6880574/
石原と同じで、一地方の首長が何を言ってもムダ。それこそ、「言うだけ番長」。
橋下が本気で河野談話を破棄したいなら、衆院選に自ら出馬して、総理を目指すしかないな。
安倍首相でさえ、河野談話を破棄できず、それどころか、欧米諸国を激怒させ、
アメリカ、カナダ、EU議会、オランダなどは、「従軍慰安婦は旧日本軍による性奴隷」認定決議を招いた。
果たして、橋下は首相になったら、欧米諸国=旧連合国と戦争する気はあるのだろうか。

12. 2012年8月26日 19:59:18 : tX4bkNStx6
失礼。誤記訂正。

石原珍太郎都知事と同じで、一地方の首長が何を言ってもムダ。
それこそ、「言うだけ番長」。
橋下が本気で河野談話を破棄したいなら、衆院選に自ら出馬して、
過半数を取って、総理になるしかないな。
安倍首相でさえ、河野談話を破棄できず、それどころか、欧米諸国を激怒させ、
アメリカ、カナダ、EU、オランダなどの議会は、「従軍慰安婦は旧日本軍による性奴隷」と事実認定する決議を行った。
果たして、橋下は首相になったら、欧米諸国=旧連合国と戦争する覚悟はあるのだろうか。


13. 2012年8月26日 20:03:51 : zDPHvcYWiI
>それを言うなら、いちいち神経質に否定して騒ぎを大きくしてるウヨの方が、ずっと「死んだ赤子の歳を数えている」類だろう。


その言葉そっくりお返しするよ。w
橋下氏に厳しくその怠慢を追求された公務淫かなにかしらんが、
その鬱憤をこんなところで晴らしてどうする?
いつまで死んだ赤子の歳を数えていても、おまえら公務淫が浮かび上がるすべは
もうないんだ。
みっともない執拗な橋下攻撃はもうやめてはどうだ。見苦しい。


14. 2012年8月26日 20:13:31 : RsreIIQ23Y
協賛党員も尖閣突入反共中国人も
それぞれの国を困らせることを
主眼に置いてる点では
売国珍太郎知事とお友達

15. 2012年8月26日 20:18:27 : kaASOsrRhA
>>08

貴方の主張が最も当を得ているでしょう。

 証拠がないと主張する人が多いが、犯罪者(軍上層部は、慰安婦徴用が国際法違反であることを充分承知していた)が犯罪を犯した証拠を、間抜けにも後に残すはずがない。これは石井731部隊でも、その他でも当然のことであり、NHKの朝のドラマでも終戦を迎え証拠書類を延々と焼却する場面を放映していた。また、当たり前のことであるが犯罪に関った軍関係者などが素直に証言することはないであろう。証言するとすれば、動かしようのない事実を突きつけられたときしか有り得ない。ただ戦争責任から逃れたいだけの日本の現状から考えて有り得ない夢物語である。
 以上から考えてみれば直接的証拠は、元慰安婦の証言あるのみである。この証言を慎重に検証し、状況証拠から事実か否か判断するしか確認のしようがない。証言が歪曲されているというのであれば、それを立証する必要がある。国内犯罪でも、被害者の証言は重要証言である。その証言が事実か否か確認するのが、捜査当局の役目である。その後にできるだけ客観的に判断を下すことしか有り得ない。(でも日本では状況証拠から都合の良いところをつまみ食いして推認で判決を下す裁判が得意であるので・・・)
 以上の2点から考えて、従軍慰安婦問題が捏造であると現時点では証明されたとは判断できない。


16. 2012年8月26日 20:21:53 : V1ktS70IDI
>>13, 14

わかってないねえ。

勝手な「持論」をわめきちらし、いちいち寝る子を起こしてるおまえらウヨの方が、一般的日本人には大迷惑なんだよ。

ドイツ人はナチスの行為についていちいち反論するか?もし反論なんかしてたら、国際社会から余計に圧力が加えられる。

そんなパワーがあるなら、中韓に凄むんじゃなくて、原爆など、アメリカの行為に凄めや。自称「愛国者」どもよ。


17. 2012年8月26日 20:28:12 : XVPJ8MG0Qk
珍走の道はリトマス試験紙。
これで橋↓が売国系だと分かる。

18. 2012年8月26日 20:30:41 : kaASOsrRhA
>>13

 公務淫は橋本市長でしょう。コスプレが大好きだし。よくもまあコスプレ不倫にうつつを抜かして来ながら、公務員倫理(タトゥーを申告させるだとか、国旗・国歌問題で理不尽に教育現場に介入するとか)の確立であるとかまあ呆れ果てた主張を堂々とするものですな。本当に日本も「世も末」と言うところですな。
 


19. 2012年8月26日 20:32:11 : Eb48pxGbzI

 橋下には 官僚の改革は できない んじゃ〜〜なかろうか??

 そもそも 官僚の命令(行政指導)なんて 法律には どこにも書いてない

 官僚は 調査をするんですよね〜〜 しつこく 調査するんです 

 そして 今度は 許可をださないわけです なんで出さないかが わからないようになっている

 ===

 日本は アメリカが日本を占領したとき 一か月で 1500人の慰安婦を編成して

 アメリカ様に捧げた わけです これなども 「事実」としては 存在するけど

 証拠なんて存在しない ましてや 法律なんて 存在しないんです

 ===

 でもね 1万人の兵隊に 300人の慰安婦 なんて ちゃんとした 行政指導が

 太平洋戦争では 存在したし その数字は 正確に守られたわけでしょう??

 ===

 その 慰安婦は 何処からつれてくるんですか??? 全部日本の女衒で

 間に合ったわけですかね〜〜〜 足りないじゃ〜〜ないですか〜〜〜

 ===

 足りない 慰安婦は 何処からもってくるんですか??

 朝鮮と中国 ってことになるよね!! 

 足りない部分を 朝鮮は 「足りないんですよ〜〜〜」 「集まらないんですよ〜〜」 って

 許してね!! って 日本の軍隊に 許しをこうわけですか〜〜〜??

 ===

 許してね!!  って  許されるの??

 ココが 基本的問題の本質だと 思うのよね〜〜〜

 ===

 証拠のないものに 証拠を出せ って 傲慢な態度は 日本の軍隊と

 同じくらいの 横暴だと 思うがね〜〜〜
 


20. 2012年8月26日 20:46:42 : H3TdM2KtLE
【コラム】「桂・タフト協定」の影差す米国の動き

http://www.chosunonline.com/svc/view.html?catid=82&contid=2012082600165
▲池海範・中国専門記者


 日露戦争開戦直後の1904年2月、金子堅太郎という日本人が米国に特使として派遣された。長身で美男子だった金子は福岡藩士出身で、青年時代に明治政府初の海外留学生に選ばれ、ハーバード大学で法律学を学んだ。当時、同じ学科で学んだセオドア・ルーズベルトという学生がいたが、ルーズベルトはハーバード卒業から23年後、米国の大統領になっていた。同窓生に会うために太平洋を渡った金子は、流ちょうな英語と洗練された行動、白人好みの論理でたちまち米国世論を制した。


 ジェームズ・ブラッドリーの著書『インペリアル・クルーズ』によると、金子はある夕食会で「日本人は肌の色は黄色だが、心と魂は米国人と同じように白く、心臓もキリスト教徒の心臓のように脈打つ。(中略)日本はアングロ・サクソン文明(米国と英国のこと)の崇高な大義のためにロシアと戦っている。もし日本がロシアを撃退できなければ、アングロ・アメリカンの文明は決してアジアに根を下ろすことはできないだろう」と演説し、大きな拍手を受けた。アジア人初の米国ロビイストとも呼べる金子は、日本を「米国文明の執行者」と宣伝し、ルーズベルトの心をつかむことに成功した。その後、まるで自宅のようにホワイトハウスに出入りした金子のロビー活動は、翌年7月に桂太郎首相と米国のウィリアム・タフト陸軍長官の間で秘密協定を結ぶまでに至った。世界を見事にだました桂・タフト協定は、後日の歴史家が示したように、米英日3国同盟を基盤として米国はフィリピンを、日本は韓半島(朝鮮半島)を占領することを相互に認めたもので、韓国国民に苦難の歳月を強いた。


 振り返ってみるとこの協定は、1世紀前に超大国として浮上した米国が「日本」をアジア戦略のパートナーに選んだ歴史的決定だった。両国の好戦主義者たちが作り出したこの構図は、現在も変わっていない。同協定締結(1905年)から36年後、米国はそれまで信じてきた同盟国・日本から不意打ちを受けた。当時の米国大統領フランクリン・ルーズベルトは、1941年12月8日、連邦議会で「昨日、恥辱の日として永遠に残るであろうこの日、合衆国は日本帝国海軍および空軍から突然かつ計画的な攻撃を受けた。(中略)われわれに向けられた猛攻が持つ(奇襲という)特質を、合衆国民は忘れないだろう」と誓った。それからおよそ70年の歳月が過ぎたが、米国は今もなお日本をアジア戦略の中核的パートナーにしている。


 最近の韓日間の対立をめぐる米国の態度には、1世紀前の「桂・タフト協定」の影がちらついて見える。米国は、東海(日本海)表記問題で「慣行」を理由に日本の肩を持った。米国は、サンフランシスコ講和条約の当事者として、独島(日本名:竹島)をめぐる対立とは決して無関係ではないにもかかわらず「韓日が対話を通じてうまく解決せよ」と身を引いている。リチャード・アーミテージとジョゼフ・ナイが最近手掛けた日米同盟に関する報告書は「韓日間のデリケートな歴史問題に介入してはならない」と忠告するだけで、韓国人の歴史的傷跡には関心がない。米国のアジア戦略は、100年前のように日本一辺倒だとは言えないだろうが、中国の浮上とロシアの東進を前にして、再び「誤った密約」の力が強まっている。米国が描く大きな絵の中で、血でもって守ってきた韓米同盟は、徐々に小さくなっている。21世紀のアジアで戦争の再発を防ぐため、米国が果たすべき「歴史的責務」が何なのか、振り返るべきだと思う。


池海範(チ・へボム)中国専門記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/08/26/2012082600165.html


21. 2012年8月26日 21:15:06 : JxQdd0Mabk
橋下、安倍晋三にすり寄るの巻。

この国の中の一部だけで通用する論理とストーリーの蒸し返し。

何も慰安婦がいたのが悪いということではなく、いつまでもいつまでも日本は正しかったとか、旧日本軍は倫理的に優れていたとか言ってもどこの国でもそんな理屈は通用しない。

これを大きな題目にしてしまいアメリカでもカナダでも旧日本軍の行為に非難決議が出た。出させたのは日本の右翼勢力。

橋下、安倍に本当に全体を見渡す知能があるのか。


22. 2012年8月26日 22:11:09 : k4HoGIw4Wc
軍隊はやばい書類を残すほど間抜けじゃない。先日も、NHKで違法とおもわれる軍法会議の書類はほとんど残されておらず、かろうじて司法将校が個人的にのこした書類がある程度。陸軍は戦争裁判を恐れ関連する書類すべて焼却処分。一通たりとのこされていない。そのため、違法に処刑された日本兵の名誉回復もできない。

23. 2012年8月26日 23:34:28 : lzOcTKsnP6
法律論にもっていける問題ではない。日本の軍部が如何に人権無視であったか?今の北朝鮮を笑えないほど人道無視であったことは歴史上の事実だ。

本土決戦一億総玉砕を本気で唱えていた軍部が人道的扱いをするわけがない。橋本氏は戦後の若者で戦争を知らない年代である。

云っていることが如何に理路整然としていても、また法律論で対抗すればするほど「300万から400万の人命を犠牲にした日本軍国主義」を擁護することにしかならない。極論を云えば橋本氏の論法を使えば、北朝鮮の人道に反する行為も弁護できてしまうのではないかと危惧する。

東大話法とは正にこのことではないか?


24. 賢者の石 2012年8月27日 00:30:42 : Qf5ShLuWtoZHs : CNWc213ObU
歴史とは過去を引きずり出して

今の価値観でよい、悪いをいうものでも

謝罪と賠償を求める道具でもない。

自国の未来のため歴史に学び、反省活用するから利益になる。

だから国毎に歴史解釈は違って当たり前

竹島領土問題から話をそらす韓国の在日工作員の橋下に惑わされるな!

橋下徹「(過去の歴史に日本は)中韓やアジア諸国にきっちり謝れよ!」
http://www.youtube.com/watch?v=M66UE_3WvwE&feature=youtu.be&t=9m4s


25. 2012年8月27日 00:38:29 : 4cs2FvLpTw
1940年代に世界中で人権が存在していた国があるなら教えて貰いたいものだ。
今の倫理観で戦前を裁こうとする方がどうかしていると思うが。
まあ、アジアの国々に迷惑をかけたのは確かだが、倫理観の問題とは別。

26. 2012年8月27日 00:45:41 : 4cs2FvLpTw
>20
日米安保以前に日米が同盟を結んでいたなんて珍説初めてみました。
仮想敵国No1同士だった日米が実は同盟国だったんですね(笑)
満州や中国を巡る利権争いや、アメリカにおける黄禍論や排日移民法やら資産凍結やら輸出制裁と言った歴史を、朝鮮日報のこの記者はご存じないらしい。

27. 2012年8月27日 02:34:34 : v4FNUrgiyk
貧相の道およびエロ橋下は好きではないが、証拠について整理しろと言うのは正論かと思うが。
訴えるにも証拠が無ければ事実であったとしても泣き寝入りだ。
感情で訴えが引っ繰り返るなんてあり得ないだろ。
だから証拠なんだよ。

話違いで申し訳ないが、南京大虐殺(大屠殺)の件を挙げればよ、30万人殺されたとかまで出ている。訊けば「誰々の親戚が何人殺された」と云うような多数の証言を加算してこの数字にしていたらしい。馬鹿馬鹿しい。証言であって証拠じゃないとそうなってしまう。この件を否定してるのでは無く、証拠が無い事での歪曲が起きている。

だからイアンプ問題も証拠ありきの検証がなされないと歪曲が起きまくるよ。


28. 2012年8月27日 08:04:44 : V1ktS70IDI
>>27

河野談話なりで、日本国が慰安婦だった人に謝罪するのは当たり前だろ?

現地の人が勝手にやった施設じゃないんだ。日本軍専用施設だぜ。

「証拠」がどうのとほざくのは、例えば福一原因で癌が増えても、

「癌というのは原発事故以前からある病気だから、個々の因果関係の証拠はない。謝罪もしない」

などとほざくようなものだ。

あんた、どこに住んでいるのか知らないが、国がそんなんでいいわけ?

ただし、金銭補償に関しては、経済援助ということで、個々への補償は勘弁するということで国同士条約を結んでるんだから勘弁して貰えばいいだろう。

でも、謝罪するのは当然だし、その謝罪がまちがいなんてほざくのは、ますます事態をこんがらせるだけだ。


29. 2012年8月27日 08:08:41 : HjFUOmR2Qk
【ベトナム戦争時における南朝鮮兵の暴虐】

 我が国の進歩派とか言われる人々は、支那、ソ連の暴虐を責めないように、ベトナム戦争時にベトナムを侵略したアメリカを非難することはあってもそのアメリカの傭兵として、アメリカ以外では一番多くの将兵を派遣しベトナムを侵略し、ベトナムの人々を虐殺し、強姦などでベトナムで大勢の孤児を作った南朝鮮を非難することは少ない。南朝鮮はベトナムに常時五万人、十年間で延べ三一万人の兵を派遣しました。この時勇猛をもってなった「白馬師団」「猛虎師団」というのがありますが、白馬師団の連隊長はのちの大統領である全斗煥、猛虎師団の大隊長はおなじく後の大統領である廬泰愚でした。

 当時派遣された南朝鮮軍の給料はアメリカが持ちました。つまりアメリカの傭兵としてベトナムにいったのです。このことで、「六・二十五(朝鮮戦争)は同じ民族同士の殺し合いだったが、ベトナム戦争はアメリカの傭兵として参加したもので、大義名分の弱い戦争だった」という趣旨の発言をした文教部長官(文部大臣)が金泳三大統領によって平成七年五月十二日に解任されました。この発言の背景には、ベトナム派兵に対して当時の南朝鮮国内の平均給与の二倍がアメリカにより支払われ、派兵しはじめた一九六五年十二月に発効した日韓基本条約に基づく日本の請求権支払い(十年間にわたり有償無償あわせて八億ドル)とベトナム特需ともいえるこの派兵で、南朝鮮は派兵した十年間は年十%近い経済成長(当時世界一位)を続け、輸出も外貨も三十倍近くにふくれあがった現実がありました。

 この発言に対して国軍、在郷軍人会などが「ベトナムに派遣された韓国軍は平和軍の十字軍であった」「ベトナム戦争は自由と平和を守るための聖戦であった」などと抗議の意見を発表したために金泳三大統領は長官更迭という処置をとりました。我国とは逆の対応です。

 ベトナムでの南朝鮮軍の残虐極まりない行為は、まだその戦争の爪痕が消え去らないベトナムにおいて生々しく伝えられています。

この項の参考文献の一つである「日韓共鳴2000年史」の編者である名越二荒之助氏が平成八年ベトナム訪問時に直接ベトナムの方から伺った話として「第二次世界大戦後、我々はフランスとの戦争を含めて合計三十年間にわたって侵略者と戦ってきた。そのため国土は破壊され、経済成長は遅れてしまった。その中で特に残虐で野蛮なのは韓国軍であった。村を丸ごと焼き払い、死者の耳までそいでいった。アメリカの捕虜になった方が待遇が良かった。韓国の捕虜になったら殺されるのである。韓国兵はベトナム人を蔑み、人前で平気でビンタをとる。ベトナム人には美人が多いので、女は皆、慰安婦にさせられた。韓国との混血児は名乗りでないので、はっきりとした数は判らないが、一万人以上はいるはずだ」
「現在韓国企業(現代自動車、大字ホテル、その他建設業等)がどんどんベトナムに進出してきているが、彼らはベトナム人を見下げ、傲慢ですぐ暴力を振るう。ベトナム女性を妻にして混血児を作っても、サッサと帰国して責任をとらない」

 名越氏が聞いたこれらの証言とは別に下記のような報道もあります。
http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm

【子供も妊婦も容赦なく… 】

“軍人たちがまず僧侶に向かって銃を射ちました. 続いて、助けてくれと逃げる女性や菩薩様にも銃を射ちました. そして、屍体を皆燃やしました.”ユエンハンの証言だ. 当時やっと15歳になったばかりの彼は恐ろしさで真っ青になり、叫び声もあげられずに息を潜めていたと告白する。(略)

【女性たちを強姦した後、殺害】

韓国軍は残酷な大量虐殺を行ったため、南ベトナム民族解放戦線(NLF)さえ、できるだけ直接的な交戦は避けようとした程だったと伝えられる. 前線もなく、敵が誰なのかもわからないベトナム戦でベトコンの根拠地を捜索, 破壊するという作戦上の名分が老若男女を区別しない虐殺行為を正当化させた. 筆者が持っている記録は、その内容が非常におぞましく、詳細に明らかにするもので、負担がなくはなかったが, その一部をここに紹介する.

1965年 12月22日, 韓国軍作戦兵力 2個大隊がビンディンソン、クィニョン市に500余発もの大砲を撃ち込んだ後、“きれいに殺して, きれいに燃やして, きれいに破壊する”というスローガンの下、 捜索掃討作戦を繰広げた. 彼らはこの村で12歳以下の22人の子供, 22人の女性, 3名の妊産婦, 70歳以上 6名の老人を含む, 50余名を超える良民を虐殺した. "… などは、子供を出産して二日目に銃で射たれて亡くなりました. 彼女の子供は軍靴で踏み潰され、まだ血が流れていたお母さんの胸の上に投げ捨ててありました. 妊娠8ケ月に達していた友人は銃弾が貫通して亡くなり, 子宮が外に出ていました. 韓国兵は一歳になる子供を背負っていた娘を射ち殺して, 子供の頭を切り取って地面に放り投げ, あとはいろいろな形に切り出してくぼみに捨てました.

 彼らはまた、二歳の子供の首を折って殺し, ある子供のからだを持ち上げて、樹に投げつけて殺した後、焚き火に乗せました. そして、12歳の私は脚を射たれて倒れ、くぼみに捨てられたのです…" (略)

 生存者の韓国軍に関する証言で共通な点は, 無差別機関銃乱射, 大量殺戮, 妊産婦, 女性に対する強姦殺害, 家屋への放火などだ. 生存者の証言を土台に韓国軍の良民虐殺方式を整理してみると、いくつかの共通した類型が現れる.

-住民たち(大部分が女性と老人, 子供たち)を一ケ所に集めた後、あるいはいくつのグループにまとめて、機関銃を乱射して抹殺する.
-住民たちを一戸に追い詰めて銃を乱射した後、家と一緒に死亡者も生存者も全部燃やす.
-子供の頭を割ったり首をはね, 脚を切ったり四肢を切断して火にほうり込む.
-女性を強姦した後、殺害して, 妊産婦の腹を胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す.
-住民たちを村のトンネルに追い詰めて毒ガスを浴びせて窒息死させる.

 韓国軍の大量虐殺が強行された所では、子供たちの口にキャンディやケーキが含まされていた. 老人たちの口にはタバコが咥えられていた場合が多かった. 恐らく、村人を安心させながら一ケ所に集めるための手段だったようだ.
ホーチミン・パンラン=ク・スジョン 通信員
ハンギョレ21 1999年 05月 06日 第256号 .

 この朝鮮人の醜い行為は支那人が日本人がやったとよくいう醜い行為にそっくりです。

 朝鮮戦争時に南朝鮮軍に慰安婦がいたことも報道されている。

そして、朝鮮人の外国人差別については下記のような多くの報道があります。

http://www.han.org/oldboard/hanboard3/msg/5479.html
すさまじい就職差別ですって?。働く権利が与えられているだけまだ、<マシ>ではないですか。

http://www.tamanegiya.com/betonamudeno.html


30. 2012年8月27日 08:17:45 : RI9E3ZP1Pk
>>27


オレもハシモトあまり好きでないけど、この議論の整理は正しいと思うな。
まず、韓国は旧日本のどの行為を非難していて、どんな証言があり、それに対してどこまでが客観的事実・証拠と合致していてどこが一致していないのか、又は不明なのか。

>>28
こんな話がまかり通るんじゃ

「日本国が韓国デリヘル嬢だった人に謝罪するのは当たり前だろ?

現地の人が勝手にやった施設じゃないんだ。日本人向けサービスだぜ。…」

みたいな事を、20年後に言われていそう

福一の問題でも、きちんと統計をとって癌が実際どれだけ増えたのか確認するのが当たり前。


31. 2012年8月27日 09:44:46 : vQbBv9OPUk
>>20. 2012年8月26日 20:46:42 : H3TdM2KtLE
> 世界を見事にだました桂・タフト協定は、後日の歴史家が示したように、米英日3国同盟を基盤として米国はフィリピンを、日本は韓半島(朝鮮半島)を占領することを相互に認めたもので、韓国国民に苦難の歳月を強いた。

日本が朝鮮半島に進出するまではシナの属国で、朝鮮人は数百年間、シナに苦難の歳月を強いられていたことを忘れている?

> 韓国人の歴史的傷跡には関心がない。

朝鮮人はシナに苦難の歳月を強いられていた韓国人の歴史的傷跡には関心があるのか?

> 米国が果たすべき「歴史的責務」が何なのか、振り返るべきだと思う。

米国に「歴史的責務」を押し付ける前に、日本の敗戦のどさくさに紛れて、竹島を占領した韓国が果たすべき「歴史的責務」が何なのか、振り返るべきだと思う。

朝鮮全図「八道総図」では、于山島が鬱陵島の西に書かれ居るが、韓国政府はこの于山島を鬱陵島の東へ約90km動かして、「八道総図」で独島(=竹島)が描かれているから韓国領だと見え透いた嘘を吐いているのは有名な話。

朝鮮の古地図「八道総図」を書き換えて、捏造した地図を元に竹島の占拠を続ける韓国には、他国に「歴史的責務」を押し付ける権利はない。

>>28. 2012年8月27日 08:04:44 : V1ktS70IDI
> 河野談話なりで、日本国が慰安婦だった人に謝罪するのは当たり前だろ?

朝鮮人は売春後何十年か後に、売春婦に謝罪して金を払う伝統があるのですか?
日本にはそんな風習はないし、朝鮮式の伝統に従う義務もない。
朝鮮人がそんなことをしていることも聞かないが、朝鮮人は日本人にだけ謝罪して金を払わせたい、と言うことか?


32. 2012年8月27日 10:34:57 : l54fRsy0CA
朝鮮で強制連行して慰安婦にしたかどうか、まず軍が正式に前面に出てやつたとは思えない。{見たわけではないが」ただ軍が陰に陽に糸を引いて、業者の便宜を図り。事実上の支配権を持つていたということじゃ無かろうか?。日本軍は邦人に対しても満州でも沖縄でもサイパンなどでも、人間性無視の{いのちすら鴻毛より軽し」やり方をしていた。{私の身内も2人が犠牲になつた。」慰安婦強制連行と取られても仕方の無い残忍な行為があつたかどうかについて、旧日本軍が戦争で民間人にどんな蛮行をやつたか、政府は調査して見てはどうか?。

33. 2012年8月27日 11:18:27 : WMlnKuHOCs
>>30

> 現地の人が勝手にやった施設じゃないんだ。日本人向けサービスだぜ。…」
> みたいな事を、20年後に言われていそう

その通りだ。お前みたいな連中が言うんだろうよ。
「現地の人間が金儲けのために自らの意思で作った施設」と
「日本軍の主導で作られたシステム」との区別もつかないような連中がな。
つまりミソとクソの区別もつかないような連中がな。

> 福一の問題でも、きちんと統計をとって癌が実際どれだけ増えたのか確認するのが当たり前。

マジにそんな調査やるとは思えないが仮にそれを確認したところで
「癌は増えたが、それが福一由来のものという証拠はない」と言い出すのがオチ。

それが官僚(もちろん旧日本軍も含む)のやり方。
そんなことを知ってか知らずか、なにきれい事の建前論を言ってるんだよ。
そういう発想がすでに役人そのものだろ。


34. 2012年8月27日 13:06:30 : ALt4LUQ0Ds
ハシシタって名前日本で聞かないけど橋下コスプレ市長って
本当に日本人ですか?

35. 2012年8月27日 14:46:04 : kVRjv6w4OQ
なあぁ〜んだ、珍騒の無知か
読む気もせんよ、どうせ小沢叩きのハシゲよいしょじゃねえのか
マスゴミとおんなじ穴のムジナ つまらんプンプン!

36. 2012年8月27日 16:09:29 : Lm6Aa3rR3s
当時の世界の常識では、同性愛行為を強要した参謀本部の司令官たちは

従軍慰安婦集めよりも罪が重いんだから(これは日本の同盟国である

ナチズやムッソリーニ体制でも同じ)司法取引として

従軍慰安婦狩りをしたと偽証した場合が多岐にわたるのでは?

廃線の日から盛んに書類を焼き捨てしまくっていたお国柄だから

文書さえのこっていれば、現代人の地球人やアムネスティ会員の

感覚では、権力が証明せねばならぬ「無罪の証拠」が

かなり大量に出てくるのではないかいな?


それにしても赤旗の記者の劣化が激しいな。

gataro氏やダイナモ氏が共産党党首だったらと思うと

「失われた勝利」だぜ。



37. 2012年8月27日 17:17:46 : 6Munqv75ib
河野談話は噴飯もの以下

日本の歴史に汚点を残した

1)社会党と自民党のつるみ

2)架空の慰安婦問題で謝罪して点数稼いだ河野はダニである。

野田は最低内閣 人間の顔した豚根性  

聖書にある所の狂った豚の集団飛び込み自殺を待つ


38. 2012年8月27日 19:26:30 : RVnrE5OvJQ
 それぞれのコメントが殆ど言いっぱなしで論争としてかみ合っていません。どなたか賢い方が上手く整理をして、論争として意味のあるようにお導きください。他人頼みはいけないこととは承知していますが、余りにも虚しい状態になっていますので。(まあそれぞれ言いたいことをただただ言えば良いということであるなら、それでもやむをえないとは思うのですが)

39. 2012年8月27日 20:59:48 : WdT2DiPbag
この河野談話に基づき、村山内閣でもそれこそ小泉内閣でも日本の公式見解として何度も対外発表をしてきた。

否定する人間はその見解を聞いた全ての国へ行ってあれは間違いでしたと回ってこないと話にならない。

そうでなければ今後、日本の対外声明などどこの国も信用しなくなる。

今の橋下クンと同じで舌の根も乾かないのにまた言うことを変える国と成り果てる。


40. 2012年8月28日 11:00:16 : hFgoH0Molk
ハシシタ(が正しい)は、(在日で被差別で、親と叔父がやくざの幹部で、叔父が金属バットで人殺し)出自なんて、自分の責任でないし、いっパイいるんだからどうでもいい。

売春宿の顧問弁護士、ほとんどが借金のかたに売られてきた可哀そうな女性の上りの半分も搾取する、日本一の売春組織のお目付け役。売春組合の顧問弁護士。
法律知識を悪用し、女性たちを借金で縛ってきたのか?

それと並行して、悪辣な事で天下に名を売った、サラ金「シティズ」の顧問弁護士を6年間つづけ、庶民から・弱いものから、法外な高利搾取の片棒を担いできた。
サラ金時代「一回も負けたことはない」と自慢するのもあきれるが・・・・

一度どぶに落ちたもの・弱いものを徹底的に叩く

こんな、国辱、悪徳野郎、犯罪すれすれを応援する・・・???

ハシシタも似たよなうこと、数年前ににやってきたんだろう・・・

自分たちも、悪徳に、悪辣にハシシタの真似をしたいのか?

そうか、大人も、子供にならって、いじめたいのだ、弱者をたたいて、気晴らしを

したいのだろう。大阪人はそういうことが好きなんだろう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧