★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK138 > 731.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
太陽の党? (見るべきほどのものは見つ) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/731.html
投稿者 笑坊 日時 2012 年 11 月 13 日 22:00:15: EaaOcpw/cGfrA
 

http://mamishigemoto.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
2012-11-13 見るべきほどのものは見つ

石原新党の名前が 「太陽の党」 に決まった。

石原氏のただ一つの知られている作品 「太陽の季節」 にちなんだのだろうか。
だとしたら、何となく哀れだ。
作家としては、これ一作しか無いような人だもの。

それとも岡本太郎の 「太陽の塔」 をもじったのか。
芸術は爆発だ!! なんて、彼の好きそうな言葉でもある。

それにしても、今日のTVに映った移動中の彼の言葉。
記者から何かを聞かれた彼は、例のイライラした態度でいかにも面倒くさそうに返事をして、最後に バカ!と言ったのだ。

どこに、返事の最後に 「バカ!」 と言う政治家がいるだろうか。
こんなのが新党を作り、日本をリードしたい等と思っているんだから救いようがない。

この人を見ていると、道路ですれ違った時、肩が触れたと言って怒鳴りまくる老人を思い起こしてしまう。
政策以前に、あの態度だけで政治家失格だと思うんだけど。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年11月13日 22:08:34 : keq01DgxRw
それどころか、今夕の結党記者会見中には「野合でセックス」がどうたらこうたら、ぶっちぎりの暴走をしておりましたがな。

02. 2012年11月13日 22:08:49 : klqAKhrk9E

>政策以前に、あの態度だけで政治家失格だと思うんだけど。

書き間違いか?

政治家失格ではなく、人間失格だろ?


03. 2012年11月13日 22:20:50 : klqAKhrk9E

しかし、下品な自惚れ爺が風切って歩いている風景観るたびに、虫唾が走り、こいつを支持している奴らは何を考えているのかと思う。世も末である。

何処から「太陽」というフレーズが出てくるのか?

自己顕示欲の塊であることを晒している事に気付いていないセンスは、救いようが無い。

こいつについて真面なコメントが浮かばない。率直いってコメントの対象にならないレベルのジジイかな。


04. 2012年11月13日 22:22:13 : HNPlrBDYLM
ネットウヨは石原の事を知らないだけ:


秘祭 (新潮文庫) 石原慎太郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%98%E7%A5%AD-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%9F%B3%E5%8E%9F-%E6%85%8E%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4101119082


[削除理由]:アラシかも
05. 2012年11月13日 22:25:38 : 50jWuDPPQI
大ウヨの党

06. 2012年11月13日 22:26:54 : T4488vVmNY
太陽の党ロゴ
http://livedoor.blogimg.jp/dqnplus/imgs/6/7/672ff2eb.jpg

07. 2012年11月13日 22:34:23 : HNPlrBDYLM

日本人から相手にされなくなった詐欺師 小沢に代わって頑張って欲しい。

[削除理由]:アラシかも
08. 2012年11月13日 22:36:28 : BnZEbGDBC6

フォントとか見ても

なんか左翼サブカルぽい感じがするな

誰がデザインしたんだろ?


09. 2012年11月13日 22:39:51 : yTcg3sEL0g

06さんありがとうございます。
何十年かぶりに、たぶん小さな子供の時以来になるかと思いますが、涙を流してお腹を抱えて笑ってしまいました。
非常に貴重な忘れられない体験になりました。
この写真、サイコーです!

みなさんもぜひ!


10. 2012年11月13日 22:43:11 : SHIygWDA3A
「太陽の党」又何と申しましょうか 頭の中が大阪万博 岡本太郎の「太陽の塔」から

ヒントを得た?いや「太陽の季節」からか 一層の事「石原軍団党」にしたら

団長の「石原です」なんてサングラスかけて 馬鹿まるざし よほどナルシズムか

アナクロニズムもいいところだ もしかして頭の中が1970年代か

ある意味幸せな人物 無能なくせに威張り腐る 理屈だけはご立派 バックの保守マスコミ

の応援で生きて来た人物 もう終わった 裸の大将 石原


11. 2012年11月13日 22:44:35 : HNPlrBDYLM

No と言える石原

No と言えない小沢

[削除理由]:アラシかも
12. 2012年11月13日 22:49:57 : gA92dCAfVo
太陽の党ねえ ロゴは旭日旗、党歌は軍艦マーチの替え歌決定だな

13. 2012年11月13日 22:52:19 : gA92dCAfVo
>>この人を見ていると、道路ですれ違った時、肩が触れたと言って怒鳴りまくる老人を思い起こしてしまう。
>>政策以前に、あの態度だけで政治家失格だと思うんだけど。

いやぁ 政治を理念でなく好き嫌いで語る時点で政治家としてはアウトでしょう


14. 2012年11月13日 22:53:38 : c0UeqEikFs
そういや昔「太陽党」ってのがあったな・・・
羽田の親父が党首だったな。20年前の新党乱立の頃だった。
いつの間にか消えてしまった。

さて三島先生の命日は12日後です。42年が経ちました。早いものです。
自刃前夜「後に続く者を信ず」と書き残しておられました。

石原カッカ、今からでも遅くはないですよ
「烈士の後に続き」
歴史に名を残しませんか・・・?


15. 2012年11月13日 23:09:52 : 2x41b1WttY
あははははははは

本当、大笑いしてもうた

あのロゴ、どっかの幼稚園児が書いたクレヨンの絵のレベル

「コレで行こう」なんて酷どいセンス、脳味噌が園児レベルということか

ほいでもって「太陽党」って、バカ丸出し


16. 2012年11月13日 23:11:00 : HS4wqqhAr2
06氏
これ真面目なロゴなのか?幼稚園児のお絵かきじゃないのか?


17. 2012年11月13日 23:14:01 : HNPlrBDYLM

石原慎太郎先生はノーベル賞級の天才小説家にして、日本人の唯一の希望の星です。

[削除理由]:アラシかも
18. 2012年11月13日 23:23:55 : dHNluj81Fq
80歳の太陽族とは元気だね (大爆笑)

それに他に代え難い画才も凄いです(笑)


19. 2012年11月13日 23:25:09 : Q6eSmizdis
それでもさー、こんなの4回も知事に選んだ都民て、なんなの?

ここにも1匹それらしいのがいるけど------。w


20. 2012年11月13日 23:32:54 : nyqvj1RCZQ
下劣で無内容な文書?をコピペしまくっているHNPlrBDYLM は、下劣で無内容な石原信者だったのか。それとも石原自身?

21. 2012年11月13日 23:33:17 : HNPlrBDYLM
石原慎太郎先生はハンサムな上に身長も185cmあるんだぞ。

ちんちくりんで豚顔の小沢某とは格が違うんだ。

[削除理由]:アラシかも
22. 2012年11月13日 23:35:26 : HNPlrBDYLM
一橋出で天才作家の石原慎太郎先生と日大中退の小沢を一緒にするな。

[削除理由]:アラシかも
23. 2012年11月13日 23:38:18 : klqAKhrk9E

04、07、11、17のHNPlrBDYLM君、

ここは君の書き込む場所では無い。

しかし、安っぽい表現使うな。ノーベル賞級の天才小説家だと。ぷぅ!

それから、お前ひとりを以て「日本人」と表現するな!

君のお頭の程度がバレているぞ…。


24. 2012年11月13日 23:39:52 : kTDFIJTzxc
タイヨウノトウ?
内の娘(20代半ば)が「本部は吹田か?」と言ってた。(何の事?)

数分後、TVから聞こえてきたとき、私も「ん、太陽の塔?万博の岡本太郎の作品か?」と笑ったら、
娘が「だから、さっき言ったやん。」
さすがは、元関大落語部や!私よりも速い反応やった。(我が家は、万博の近所)

羽田さんが同名の党をつくったけど、党名発表時に(新党名の)看板が落ちてきたという験の悪い党名!

この小説の映画化のとき「弟を使わないと映画化させない」とごてて、スターが誕生したという家族思いな人。
しかし、気に入らないと政治家でも呼び捨てや「バカ!」の連発!
間違いなく、アスペルガー!(度合いは橋下よりも上!私もチョット入ってる。
亀井さんにも見捨てられ、今更何をすると言うのか!(自民と同じやん!)
平沼さんも、こんな人と?不思議ですな〜?


25. 2012年11月13日 23:53:53 : HNPlrBDYLM

日本人の誇り 石原慎太郎先生が企画・原作の映画『青木ヶ原』来年1月12日に公開決定!


 昨今、何かと話題の石原慎太郎10+ 件氏が企画・原作、新城卓監督の映画『青木ヶ原』が、2013年1月12日(土)に公開されることが決定した。

本作は、石原氏の短編小説集「生死刻々」の中の一編が原作で、過日に東京国際映画際に特別招待され、その後公開日の発表が待ち望まれていた作品。石原氏は「私は怪談が大好きです。怪談は人間の強い情念の表れです。それはつまり魂の問題なのです。現代では報われにくい純愛を、青木ヶ原を舞台に描きました」と語っている。

 物語の舞台は、富士山麓、苔むした溶岩の上に木々が鬱蒼と茂る青木ヶ原樹海。一度迷い込んだら簡単には抜け出せないその神秘の森には、日本各地から決死の思いを抱えた者が集まってくる。忍野村の村議、松村(勝野洋)は青木ヶ原の遺体一斉捜索で、幽霊の滝本道夫(矢柴俊博)に導かれ、その遺体を発見させられる。しかし丁重に葬ったにもかかわらず、滝本はその後も度々出没し、困った松村は滝本が入婿をしていた東京の老舗紙問屋を訪れる。ところが、その店では「決して遺骨は引き取らない。帰ってくれ」と、けんもほろろの扱いを受ける。やがて、加納純子(前田亜季)という若い女と失踪したことが分るが、二人はよくあるような不倫の関係ではなく、悲しく切ない、そして凄まじいほどの純愛がそこにはあった。しかし、二人は青木ヶ原では一緒に死んでいなかった。純子はどこにいるのか。やがて儚くも美しい男と女の愛の軌跡が見えてくる。

 私を好きにならないで、と女は言った。男はすべてを失ってでも女を守りたいと思った……。何ひとつ思い通りにはいかない世の中で、純愛を貫こうともがき続けた二人は、幽玄なる富士山麓の樹海に分け入り、自らの生に決着をつけようとした。やがて、二人の情念は時空を超え、彼らの人生に触れた者たちに不思議な縁をもたらしていく。
 原作者の石原氏が企画、製作総指揮を務め、「秘祭」「俺は、君のためにこそ死ににいく」でも石原と組んでいる新城監督が、万物の生命が生い茂る神秘の森・青木ヶ原を舞台に、魂を揺さぶる悲恋物語を描き出した。これまでの作品で、様々な死のかたちを通して生を照射してきたこのコンビが、年間自殺者が3万人を超える現代日本に、美しい死に様=生き様≠ニは何か?を問いかける。

■映画『青木ヶ原』
2013年1月12日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー

【出演】勝野洋、前田亜季、矢柴俊博、田中伸一、ゴリ (ガレッジセール)
【企画・原作】石原慎太郎10+ 件(文藝春秋 石原慎太郎10+ 件「生死刻々」所収)
【製作・監督】新城卓
【配給】アークエンタテインメント 
2012年/日本映画/104分/ヴィスタサイズ/DCP/5.1ch ©新城卓事務所

http://dogatch.jp/chumoku/index.html?bcplid=5053149002&bctid=328201569002

[削除理由]:アラシかも
26. 増税反対 2012年11月14日 00:02:07 : ehcoR2LmdzYII : i4ZGmhudKF
 あなどってはいけません。

あんな鬼畜のような男でも東京都民は大好きなようで、

なんと知事にまでしてしまうのですから。こんな老害ジジイを

知事にした東京都民を、私は心から軽蔑しています・・・


27. 2012年11月14日 00:04:08 : Jny2RmHXSQ
そのきもないのに第3極の結集とか言っているようだが
維新とみんな以外を馬鹿だの嫌いだの行っているのに
わざわざ第3極などと言わず維新さんみんなの党さん一緒にやってください
といえばいい
80歳ならもうすこし言葉遣いを考えてください
どうせそのうち暴言が飛び出すと思いますが?

28. 2012年11月14日 00:04:49 : HNPlrBDYLM

石原慎太郎先生の一刀両断

2010年2月5日の定例会見で、小沢一郎・民主党幹事長が資金管理団体の土地取引事件で不起訴となったことについて発言して、

「国民から見たらどう考えても非常識というか、我々の常識になじまないもんだと思いますな。非常に不愉快、不透明、不可解と言いましょうかね」

「私たちが一生かかったって使い切れないカネの問題が不透明にさらされてる。しかも、それが非常識な説明でまかり通ろうとしていることに(中略)国民はやっぱり反発しますよ」

2010年05月7日の定例会見で、小沢氏をどう思うか問われて、

「(政治とカネの問題は)やっぱり国民に対してはっきり説明をしないとね」「金銭に関する説明は国民にきちっとする必要があるんじゃないかと思いますけどね」


[削除理由]:アラシかも
29. 2012年11月14日 00:08:03 : HNPlrBDYLM

石原慎太郎先生の一刀両断


2010年4月17日、自民党を中心とした地方議員らによる永住外国人への地方参政権付与などに反対する集会で

「この中に、帰化された人とかね、お父さん、お母さんが帰化されて、そのお子さんって議員さんいますか」

「国会は随分多いんだね、調べてみると。インターネットの情報を見るとね。それぞれ検証しているんでしょうけれど、与党を形成しているいくつかの政党の党首とか、与党の大幹部ってのは、調べてみると多いんですな」

「ご先祖への義理立てか知らないが、日本の運命を左右する法律をまかり通そうとしている」

そういえば外国人参政権を推進している小沢先生は両親も愛人も朝鮮人でしたね。

[削除理由]:アラシかも
30. 2012年11月14日 00:11:19 : l1NPjWZAfD
>一橋出で天才作家の石原慎太郎先生と日大中退の小沢を一緒にするな

情弱のネトウヨ君、書く側からバカが露呈するね。みんなおまえのバカぶりに呆れ果てて突っ込む気も失せてるよ。
ニコニコ動画でミンスがとかコメ書いてクダ巻いてネトウヨうぜーんだよって嫌がられてるレベルなんだよ。徹底的に恥ずかしいな、おまえ。


31. 2012年11月14日 00:17:10 : HNPlrBDYLM

石原 慎太郎
出身校 一橋大学法学部

小沢 一郎
日本大学大学院法学研究科中退

この学歴差は大き過ぎるね。


[削除理由]:アラシかも
32. 2012年11月14日 00:19:43 : l1NPjWZAfD
HNPlrBDYLM こいつとあともう一匹、やたらゲスで下品な物言いをするクズゴミが徘徊してるが、ネトウヨはほんとうにもう終わったやつらだと再確認した。
哀れな連中だ。外国人板で妄想振りまいて自分の世界に浸っている木卯正一しかり、どうしようもない。

33. 2012年11月14日 00:26:36 : HNPlrBDYLM
小沢が少しでも批判されるとみんな必死になるんだね。

[削除理由]:アラシかも
34. 2012年11月14日 00:27:35 : yTcg3sEL0g

31さん、小沢一郎の学歴は

慶應義塾大学経済学部
日本大学大学院法学研究科中退

ですよ。

それから06さんの紹介してくれた写真、ぜひ感想を聞かせてもらえませんか?


35. 2012年11月14日 00:29:17 : l1NPjWZAfD
いや、そもそもおまえのは批判にすらなってないもん。↑ただひたすら哀れなだけ。

36. 2012年11月14日 00:32:48 : HNPlrBDYLM
岡本太郎は天才気取りのアホというのが定説ですね。

太陽の塔も餓鬼のクレヨン画と変わらないですからね。

岡本太郎を芸術家だと思うのは芸術がわからない人だけでしょう。

芸術作品に必要な翳が全然無いんですね。

まあ、石原慎太郎の小説も同じですけどね。

[削除理由]:アラシかも
37. 2012年11月14日 00:37:26 : kTDFIJTzxc
28さん
私たちが一生かかったって使い切れないカネの問題と言ってましたか?

石原さん、「私たち」は止めて欲しいな。
兄弟そろって放蕩三昧だった、あんたらは違うでしょ!
「普通の人が」としてチョ!

ま、橋下と同じで、普通は判っていても言わない事を言っているだけ!
ウジウジしていた連中は、スカッとするんやろね!

石原・野田内閣は、中国で日本企業が受けた損失の責任をとるか、
中国をギャフンと言わせるかのどちらかを実現してから政治をするべきだろう。


38. 2012年11月14日 00:41:40 : 9IH1PB0tus
都政は、財政面もガッカリ公明が握っています。

それこそ、洗脳奴隷、ガッカリ君たちにしか相手にされない

はったり石原、橋下などは、日本をより滅茶苦茶にするだけの連中

「石原慎太郎先生はノーベル賞級の天才小説家にして

日本人の唯一の希望の星です。」?!

「石原慎太郎先生はハンサムな上に身長も185cmあるんだぞ。

ちんちくりんで豚顔の小沢某とは格が違うんだ。」?!

「一橋出で天才作家の石原慎太郎先生と

日大中退の小沢を一緒にするな。」?!

こういった幼稚この上ないガッカリ君たちしか

石原や橋下などの旗振り役は既に、いないのです。

工作チーム・ガッカリ君たちよ!

軽い気持ちでいい気になって工作活動などに入り込むのはお止し!

気ずいた時には、その牢屋のような工作部屋から

出られない事になってるかもしれない!

そして、そこから出る事ができる時、それは

口封じに、心臓を止められた時、そんな事もないとは言えない!

それも、たっぷりと生命保険など掛けられて・・・

池ナイ大先生の為なら、などとその気になって

平気で世間を欺き、悪事を為してはいけない!

手遅れにならないうちに、そこからオサラバするがいい!



39. 2012年11月14日 00:43:09 : S57QJHub3w
>>36

寝言はいいから。かげりとかいいから。バカが背伸びするな。見苦しい。


40. 2012年11月14日 00:44:58 : HNPlrBDYLM
中国は周恩来の死後ずっと反日教育をしてきたから、石原が何をしたかは大した問題じゃないんだよね。半年早いか遅いかの違いしかないよ:


【討論!】中国の「日本直接・間接侵略」の実態[桜H24/11/3]
http://www.youtube.com/watch?v=af_ZgYgJv2s
http://www.youtube.com/watch?v=0yiaQYs6n3Q&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=N2ewXZGdTlw

[削除理由]:アラシかも
41. 2012年11月14日 00:44:59 : HS4wqqhAr2
>この学歴差は大き過ぎるね。(入った当時頭が良いのは認める。)
但し60年前の学歴、今も優秀とは限らない。(党ロゴを見る限り逝ってる。)
政治家に必要なのは政治力、何の関係があるのでしょう?

石原高齢党→5人ぐらい?(だれだっけ?選挙前に逝かなきゃいいが・・)
国民の生活が第一→50人(絆も+20人で70人)

政治家としての資質は小沢が10倍上。(お山の大将石原が嫉むわけ。)
今の現実の問題としてこの差はあまりにも巨大過ぎるよね。


42. 2012年11月14日 00:46:59 : HNPlrBDYLM
小沢はアメリカに400兆円貢いだ売国奴だろ。

石原とは被害額が全然違うよ。

[削除理由]:アラシかも
43. 2012年11月14日 01:01:51 : Q3qbpnbECo
石原氏個人の人気はかなりの脅威と思ってたが
”太陽の党”と聞いて
あ、これは終わってると思った
論理的な話ではなくて、直感的、感覚的な話です

44. 2012年11月14日 01:02:07 : yTcg3sEL0g

36さん
>岡本太郎は天才気取りのアホというのが定説ですね。

おもしろいですね〜
おそらく岡本太郎はウケを狙ってサルバドール・ダリのパフォーマンスを真似ていたんでしょうね。
テレビの演出家とつるんでたんじゃないでしょうか?

あら、日本人のみなさん、ガッカリ〜ということになりますね。
それに比べると06さんの写真、ホント面白いと思うんですよ。


45. 2012年11月14日 01:10:35 : 0L39XPBVvo
42.
あの〜、
やはり、精神科へ足を運び診察を受けた方が…

言ってる事がアホ過ぎて話になりません。
日本の方なんでしょうか?
確か、実話だか大衆だかを情報源にしている方でしたね。


46. 2012年11月14日 01:13:42 : bkCMKrr2iE
石原を支持しているコメントを読めば
どんな人間から支持されているか一目瞭然
さすがの石原もバカに俺を支持するコメントさせるな!と切れるだろうに


47. 2012年11月14日 01:19:30 : HNPlrBDYLM

小沢はアメリカに400兆円貢いだ売国奴で間違いない:

 「あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない」の中身、もうちょっと詳しく載ってるところはないやろか?と探したところ、産経新聞05年11月7日付に掲載された石原都知事の「日本へ」の中に、こういうくだりを見つけました。


 あの後とは、私が議員時代自民党が金丸信なる悪しき実力者の君臨の下経世会に支配され、その後体よく自民党を割って飛び出し新党を作って転々し今は民主党のフィクサーとして在る小沢一郎がその配下として幹事長を務めていた頃、日本はアメリカから構造協議なるものを持ちかけられ内需の拡大という美名の下に貿易を抑制し国内で無駄な支出を重ねることで国力を衰弱させよという圧力に屈した後々のことだ。

大体、「構造協議」などという二国間協議のもっともらしい名称は国民の目を憚(はばか)るために日本の役人たちが改竄(かいざん)したもので、相手側の原文はストラクチュラル・インペディメンツ・イニシャティブ(構造障壁積極構想)、その「積極性」を持つ者は当初からアメリカということだ。それを当時の政府は国民への体裁を考慮し敢えての改訳を行った。そもそもこうした経済会議はOECDとかWTOといった汎世界的な協議機関で論じられるべきなのだが、他の先進国たちも相手が日本なら放っておけということでアメリカの非を唱えはしなかった。

 その場でアメリカが持ち出した要求は二百数十項目にも及ぶ内容で、中には日本の実情を無視した荒唐無稽(むけい)なものも数多くあった。それに対して私たち有志の勉強会「黎明の会」は日本としての対案を百四十項目作って相手にぶつけさせようとしたが、その提案を申し込んだ自民党の最高議決機関の総務会を小沢幹事長は会期末に意図的に三度続けて開かずに封殺した。仕方なしに他に場所をもうけ、外国人記者クラブでもその案を発表したが、当時の日経連会長の鈴木永二さんにこんな良い案の発表が遅すぎると叱(しか)られたものだった。

 しかしその後金丸、小沢体制下の自民党政府はさらに、向こう八年間に四百兆の公共事業を行って内需を刺激せよというアメリカからの強い要請を丸呑みして、結果としてそれを上回るなんと四百三十兆の公共事業を行ってのけたのだった。その結果夜は鹿か熊しか通らぬ高速道路があちこちの田舎に出来上がった。


 1980年代から1990年代にアメリカは、日本に対しすさまじいばかりの金額の内需拡大要求をしています。その要求を丸呑みした小沢一郎は、元祖媚米派というべき存在です。

 金丸、小沢体制下の自民党政府は、日本に対してまるで、「北京ダック」のように内需拡大のための資金を飲み込ませた売国政府です。

 その後の日本があまりの内需拡大策に消化不良になり、バブル崩壊を起こしたのは周知の通りです。

 バブル崩壊により、体力を失いかけた日本に対し、アメリカから今度は、「財政再建」という課題が持ち込まれました。「内需拡大」というアメリカからの命令に従順に従った結果生じた、莫大な日本政府の借金。今度はそれを減らすことをアメリカは命令してきたわけです。

 そして、今度はそれを小泉純一郎が丸呑みしたわけです。元祖媚米派の小沢一郎に対し、小泉純一郎は第二期媚米派と言うべきかもしれません。

 経済政策において、「内需拡大策」と、「財政再建策」は水と油ですが、どちらも時期と規模を間違えれば碌な事にはなりません。日本経済を鉢植えの花にたとえれば、バブル前の日本は、「水を与えられすぎて根ぐされを起こしかけていた」状態だったのに対し、小泉改革時の日本は、「水が少なすぎて枯れかけている」状態です。どちらもあまりに極端なのです。そして、どちらもアメリカの指示なのです。

 アメリカは、80年代から90年代にかけては、アメリカ企業の需要拡大のために「内需拡大」を唱えていたものの、アメリカ企業の体たらくに匙を投げて、今度は日本企業そのものをアメリカ資本のものにしようという作戦に転じたのかもしれません。

 「アメリカは日本のためを思って『要望書』を作ってくれているのだ」と主張するアメリカ大好きの自称保守は、80年代から90年代にかけてのアメリカの理不尽とも思える「内需拡大要求」についてはどう弁明するつもりでしょうか。

http://blog.goo.ne.jp/sinji_ss/e/cfae6e2fa55379f912ddd6e54a402ef0

小沢一郎の過去の罪は重すぎる。


小沢一郎党首の過去、日米構造協議、430兆円、金丸信、海部内閣、幹事長で検索すれば、山ほど記事が出てくるように、彼の所行は、実は日本にとっては致命的な結果をもたらした。

それは、あの亀井静香氏や綿貫さんもご存じで、国民新党のご意見が民主党に通りやすいという事情の裏打ちでもある。

米国の走狗として、将来にわたって年貢を納めることに同意した小沢一郎にとって、政権奪取が最後の命取りになることは目に見えている。

年金問題や医療問題なら、埋蔵金の有効活用あたりで済んだ話だが、今の経済状況の悪化は、50年に一度、100年に一度、まして、米国、欧州が未曾有の経済危機、そして、お隣の韓国は信用不安、北朝鮮では、金正日が倒れ、中国、ロシアのバブルがはじけるとあっては、政権に就くメリットはほとんどない。

まして、日本の財政悪化の原因が自分の行った、430兆円、追加を合わせて630兆円の公共投資による無駄遣いと借金とあっては、身を引きたくなるのも解らなくはない、コレを怖じ気づくというのだろうか。

嘘は、すぐに見破られる。

ネットで、これだけ広まっている、元自民党小沢幹事長のお話が全く、マスコミに流れないのは、おいしいところを取っておこうという判断なのかもしれない。

民主党政権奪取の暁には、野党やマスコミからの総攻撃で公共投資のすべての罪を自らに押しつけれれることは明らかで、さらに、米国、欧州への支援策に頭を痛めることになることは大いに予想される。

影で操り、いつも実害を逃れてきた小沢一郎氏。

石原都知事をはじめ、野中広務氏や中曽根康弘氏など、彼の素行を熟知した人物も、発火点になることは明らかだろう。

真に日本の将来を思い、リーダーシップを発揮できるのは誰なのか、正邪を明らかにすべきであろう。

小沢一郎の罪は明らかで、一度やらせてみる時間も金も、今後の日本経済の致命傷になることは明らかだ。

参考ブログ

違法私営賭博であるパチンコ屋の倒産を応援するブログ : 細川内閣からまったく成長していない小沢

430兆円(630兆円)をどぶに捨てた小沢一郎を信じるな:我思う故に我あり:So-net blog

アメリカの本当の犬は小沢一郎!!  湾岸戦争時からの通信簿 - 多度津併合 - 楽天ブログ(Blog)

ヒトラー小沢よ、人の批判をする前にお前がやってきた国の借金を作った悪行の自己反省をしろ!! - 多度津併合 - 楽天ブログ(Blog)

2ちゃんねるの投稿より

日本が間違いなくトップランナーであった、1990年6月28日、時の海部内閣は日米構造協議を結んでしまった。

これは、日本の国家予算をIT技術を始めとする、技術開発、普及に使わず、公共事業に重点を置くべきとする条約。

表面上、この日米構造協議は、アメリカの膨れ上がった貿易赤字を解消すべく日本側に経済構造を開放するのが目的とされている。

具体的には、「大店法の撤廃」「政府、地方自治体による米国製スーパーコンピューターの入札参加の自由化」「商用通信衛星の購入の自由化」

「米など農産物の自由化」という「市場開放」を迫るもの。

そして、日本の国内においては、何故か、公共投資を、最大限度で増額することが要求されることになる。

日本の政治家が一番金になるもの、それは土木建築を中心とする公共事業である。

アメリカはそこに目をつけた。アメリカの提案に、金丸信が今後10年間で430兆円はやれると豪語。

しかし、ウェジントン米財務次官補は430兆円は小さいといったとか言わないとか。

その時の日本の対外黒字 
は1000億ドルを突破しそうなので、内需を拡大して必要がある (この辺の理屈がアメリカ中心主義)。

モンデール駐日米大使が600兆円なら歓迎の発言し、公共投資基本計画の発表は
 総 額 630兆円と決まった。

もうなんでもアリである。

公共投資の財源の半分は、国債、地方債財政投融資等の利子付きの資金であり、将来の国民の負担となるなるのだ。


民主党大阪14区総支部長長尾たかしHPより  ←故石井紘基の弟子を自認する長尾氏だが、党内にいて、果たして小沢批判ができるのだろうか。
http://www.tnagao.org/wake_02.htm


小沢 一郎(Wikipedia)

第1次海部俊樹内閣では党幹事長に就任。自由主義体制の維持を名目に経済団体連合会
(経団連)傘下の企業から選挙資金300億円を集め、第39回衆院選に勝利するなどの実績から「豪腕」と称された。

湾岸戦争に関連し国会で公明党の協力を得るため、東京都知事選挙で党都連が推す現職に代わり新人を擁立。しかし敗北したため責任をとり党幹事長を辞任したが、直後に経世会会長代行に就任。名実とともに派閥のNo.2となり、姻戚関係である竹下、金丸と共に「金竹小(こんちくしょう)」と称される。しかし次第に金丸は小沢に派閥を譲ろうと企図するようになり、竹下との確執を深めていった。

海部内閣が政治改革を巡り総辞職を余儀なくされると、金丸から後継首相になるよう説得される。 金丸の意を受けた渡部恒三なども必死に説得し、また渡辺美智雄や宮沢喜一などには「俺たちは降りるからおまえがやれ」と言われたそうだが、当時49歳であり若すぎる事を理由に、これを固辞する。また6月に心臓病(狭心症)で倒れ健康不安説が出た。


石原都知事会見録より

なた方は若いからね、小沢君の過去について知らないけど、私は彼を評価しません。
あの人はね、金丸信(元衆議院議員)というね、完全に、竹下登(元内閣総理大臣)も含めて、自民党を牛耳っていた、

結局ああいう末路になったけども自民党の幹事長を3回務めたって、その間、何をしたんですか。

あの人ほどアメリカの言いなりになった人っていないんじゃないですか。

8年間で400兆の公共工事をやると言って。そんな馬鹿なものを引き受けて、結局430兆やったんだもの。造らなくていいものをね
http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/TEXT/2006/060407.htm

問い〉 アメリカの要求だという日本の巨額の公共事業で、アメリカにはどんな利益があるのですか。


答え〉 自民党政権は一九九〇年に、日米構造協議でのアメリカの強い要求で、総額四百三十兆円の「公共投資基本計画」を決めました。 九四年には、アメリカの再度の圧力で、六百三十兆円に拡大しました。

このような政策をアメリカが要求したのは、▽巨額の公共事業をやらせれば、受注企業からの「波及効果」で日本が「内需拡大」し、アメリカなどからの輸入が増えるだろう▽貿易黒字で巨大化したジャパンマネーを競争力強化とは無縁の公共事業に投入させれば、日本企業の競争力を抑え、異常な対米貿易黒字も縮小できるだろう▽ハイテクなどが集積する大型公共事業なら米国企業も参入できるだろう−という思惑からでした。

しかし、公共事業がアメリカの思惑通りの効果をもたらすかどうかは別の問題です。飛行機のこない空港や船の入らない港をいくら造っても「波及効果」は広がらず「内需拡大」にならないことは、この間十分に経験しました。公共事業の拡大が直ちに貿易黒字解消につながるというような、決定的な因果関係もありません。 まして日米貿易不均衡といった、特定国との問題解決につながる保証はどこにもないのです。

アメリカの要求は、根拠薄弱でも“とにかくやってみろ”と一国の財政支出まで口出しする内政干渉でした。これを日本政府も受け入れたのは、ゼネコンなど財界の目先の利益になるからでもあります。また日本の輸出大企業の異常な長時間・過密労働や下請けいじめは問題にしないなど、日米双方の支配層の利害にかかわるような、貿易不均衡の具体的要因にはメスを入れない“解決策”でもありました。この無責任な政策決定の結果、日本の公共事業は九〇年代に国・地方あわせて年五十兆円にも膨張し、財政危機や社会保障の圧迫を招くにいたったのです。


政治って、黒か白という単純な図式ではないのがよくわかります。ただ、罪と罰をしっかりしておかないと、将来に禍根を残すと思うんですよね。麻生太郎がどういう人物で何をやったのか、小沢一郎がどういう人物で何をやったのか、マスコミの情報に踊らされることなく、吟味しないと大変なことになります。630兆円もあれば、日本の場合、小負担高福祉だってあり得たわけで、それをゼネコンがジャブジャブ使って、アメリカの資産を買いあさり、結局バブルが崩壊して、その資産を損切り、日本人の汗と涙が水泡に帰したわけで、さらに子供たちに総額900兆円の借金まで残して、その張本人を首相にしたら、世界の笑いモノになると思うのですが、間違ってるでしょうか?

http://tsujiyoshitaka.wordpress.com/2008/11/15/%e6%9c%ac%e5%bd%93%e3%81%af%e6%94%bf%e6%a8%a9%e3%82%92%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e6%b0%91%e4%b8%bb%e5%85%9a%e3%80%82%e5%b0%8f%e6%b2%a2%e4%b8%80%e9%83%8e%e3%81%ae%e9%81%8e/  



[削除理由]:アラシかも
48. 2012年11月14日 02:48:43 : yTcg3sEL0g

47さん
あら、なにか気に触りましたか?
そういうつもりではなかったのですけれども〜

47さんのおっしゃってることは、内需拡大のための1991年から2000年までの総額430兆円の公共投資計画のことですよね?
これがいわゆる「ムダな公共事業」として知れ渡ることになり、また「政・官・業の癒着」という最悪の事態をつくり出しました。

その時代を象徴する事件が、いわゆる「金丸ヤミ献金事件」ですね。
私は読んでないんですけど、面白そうな情報があるのでご紹介しますよ。

━━━━

村山治『小沢一郎vs.特捜検察 20年戦争』
朝日新聞出版 (2012/9/20)発売
http://d.hatena.ne.jp/yabuDK/20120923/1348367913

目次で内容をみると...

第1章 検察vs.小沢事件

第2章 反検察の政治家、小沢一郎

第3章 金丸「先行自白」の謎

第4章 カネの帰属をめぐる攻防と上申書決着

第5章 竹下ほめ殺しーー政・財・暴の構図

第6章 不発の政界捜査と弱り目に祟り目

第7章 国税アシストで逆転復活

第8章 小沢氏の検察批判と五十嵐氏の反論

第9章 特捜部の不都合な真実

第10章 小沢vs.国民検察

「実は、20年ほど前、一度だけ、小沢氏と懇談したことがある。小沢氏が自民党を離党し、新党を立ち上げる直前のころだ。ヤミ献金事件報道から約10カ月たっていた。小沢氏の後ろ盾だった金丸氏を失脚させる直接のきっかけとなったヤミ献金報道にかかわった朝日新聞の記者と小沢氏が一杯飲みながらざっくばらんに話そう、という集まりだったと記憶する。(略)

 このとき、小沢氏が上機嫌だったことが、実はずっと引っかかってきた。小沢氏が親とも慕う金丸氏の政治生命を失墜させるきっかけを作った朝日新聞と、その記事を書いた記者は、小沢氏にとっては仇敵だったはずだ。それが、わずか10カ月で、ああまで打ち解けるとは......。

 大物政治家の懐の深さなのか、とそのときは思ったが、その後、自民党竹下派時代から反小沢を標榜してきた野中広務氏の「金丸失脚=小沢謀略」説などを知るに及び、疑問が深まった。「小沢氏は、金丸氏の失脚を“黙認”していたとも言えるのではないか」と。その点も含め、今回、小沢氏に取材のお願いの手紙を差し上げたが、回答はいただけなかった。」

━━━━

今まさに話題の筆頭格「検察」と「小沢」の、ダブルでウマそうな本なので、読んでみると面白いかも知れませんよ。

話し戻りますけど、よくこの430兆円の話、「小沢がアメリカに貢いだ」とか「430兆円ドブに捨てた」とか言われていますが、頭のおかしな三文記者たちが騒いでいたホラ話で、何のためにアメリカが日本に内需拡大を求めてきたのかというと、対日赤字を削減するためなのです。

それでクリントン政権は日本の経常収支の黒字がGDPの1〜2%に収まるように数値目標を設定するように求めてきたのです。

要するに全部アメリカに430兆円を移動させたように言われているのは、まったくのつくり話で、主に内需拡大のために国内で投資されています。
私もそれだけのお金を、どういう方法で移動するんだろうと不思議に思いながらも笑って聞き流していましたけどね。
その証拠として、「ムダな公共事業」の産物が、道路とか、ナントカ開発とか、目に見える形で残っているわけですから。

詳しく誰がどのように関与したのかまでは私も知りませんが、自民党内でも争いがあったらしく、建設国際を財源とした予算では、族議員と関係省庁や業界に押さえられてしまうという危機感から、通産省や郵政省が「新社会資本計画」と銘打って情報や通信のほうにも回そうとしたのですが、当時の大蔵省は建設国債の発行対象とはならないとして潰してしまったのです。

みなさんもピーンと来るところあると思います。
情報通信が話題沸騰で騒がれて、すべての国民に待望されていたにも関わらず、何も進まず、日本は「情報後進国」と言われるようにまでなっても、そのかたわらでムダな公共工事ばかりが行われていたのはそのためなのです。
ちょうどwin95とかが出てきた、まさにその時代でしたからね。

ではなぜその430兆円が、「ドブに捨てられた」とか「小沢がアメリカに貢いだ」とか、「消えた」「なくなった」と言われているのでしょうか?
物理的に日本から「消えた」「なくなった」と不思議なこと言われてますよね。

ドロボウたちの懐に入っているのをゴマカスためですよ。
それでそれは国債発行して出てきたカネだから、国民が返済するのです。
現金はドロボウたちが受け取って、返済は何の関係もない他人に何代にもわたってやらせるわけですね。
だからそのお金は「なくなった」「消えた」と不自然なことをもっともらしそうに大げさに騒いできたんですよ。
景気が悪い財政がヤバイと言われながら、「個人の金融資産」はスゲー増えているわけですよね〜

マスメディアがあれだけ小沢一郎を迫害するのも、それと関係あると思いますよ。
「東京」の正体が明らかにされたら大変ですからね〜

結論として47さんの出してきた記事は、全部間違っているというわけではありませんけれども、政治批判を目的として書かれたものであると思います。

>小沢はアメリカに400兆円貢いだ売国奴で間違いない

というのは、残念ながら間違いと言わざるを得ないと思いますよ。

最大の問題は「政・官・業の癒着」です。
考えてみれば非常に単純な、古典的な問題だと思います。
「首都機能移転」しかありませんね。

06さんの写真、おかしかったでしょ?


49. 2012年11月14日 03:16:12 : HNPlrBDYLM

>よくこの430兆円の話、「小沢がアメリカに貢いだ」とか「430兆円ドブに捨てた」とか言われていますが、頭のおかしな三文記者たちが騒いでいたホラ話で、何のためにアメリカが日本に内需拡大を求めてきたのかというと、対日赤字を削減するためなのです。


これは違うんですよね。 小沢さんは日本のバブルを作るのに利用されていたんです。そしてバブルを作るのに使った430兆円の殆んどは株式投資に使われて、日経平均は38000円迄上がったのですが、それが国際金融資本の資金収奪の手口なのですね:


上のアメリカが小沢・金丸に八年間で四百三十兆円も公共事業に使わせた理由の推測は完全に間違っていますね。

真実は、純真な小沢信者さんが信じているより遥かに恐ろしかったのです:

現在(2005年後半時)の日本の株価はバブルではないか?

最近、株価が上昇してますが、日本経済に株価が上昇するようなファクターがあったっけかな?と不思議に思っていました。


GENDAI NETに気になる記述を見つけました

2005年11月30日 掲載


『改革はペテン 5年たったら元の木阿弥の小泉政治』
>1万5000円を突破する勢いの株価上昇の要因に、小泉政権の改革の成果と見る向きが多いが、それはペテンだ。

>日本企業の労働生産性も利益率も米国に比べれば圧倒的に低いのに、株価だけが上がっているのはバブルの再燃をたくらむ投機筋のしわざに過ぎない。

>それは世界中にだぶついているカネが日本になだれ込んできているだけで、小泉改革など全然関係ない。改革、改革と叫んでいるだけで、日本の構造も企業も何も変わらず、小泉政権が5年も続けば、元の木阿弥…。


なるほどそうかもしれない、と思いました。

今年1−10月の3市場の現物取引の売買シェアをみると、外国人投資家が46%、個人投資家が37%で、両者で8割超を占めます。主に年金勘定を表す信託銀行が9%のシェアで3位につけていますが、投信、銀行、生損保といった国内機関投資家のシェアは3%以下…。

'89年のバブルの時期と比べると、個人投資家のシェアが30.3%から37.0%に上昇しているのに対して、海外投資家の割合は、89年当時の11.3%から、今年10月にはなんと46.7%にまで上昇しています。

個人投資家が増えている、といのは最近よく話題になっています。その背景には、ネットで株式の取引を行う投資家の増加があるのは周知の事実でしょう(一日で何回も取引を繰り返して収益を狙う“デイトレーダー”と呼ばれる人たちが増えているようです。もちろんIT商取引のインフラや規制緩和などの背景にはアメリカの圧力があります98566)。

10月23日(日)の「がっちりマンデー!!」という民放番組を見ていると、ゲストに当時の竹中蔵相を招いて「竹中大臣の新日本経済入門U」みたいなのをやっていました(リンク)。

その番組中で竹中前蔵相は、「それを私の口から言ってしまうと問題がある」とは言いつつもニヤニヤしながら“これから投資の時代ですよ〜”、みたいなニュアンスを醸し出していました。民放とつるんで、朝からTV漬けの主婦など(竹中氏曰く“IQが低い”←リンク)の層を個人投資家として株式市場に参加させ、バブルを起こさせようというのが狙いか?と疑ってしまいます。それでも個人投資家のシェアは15年前から7%程伸びただけというのが実情。

注目はやはり、15年間で4倍にも跳ね上がって、いまやシェアの半分になろうとしている外国人投資家の方でしょう。日本の株式市場なのに、国内機関投資家のシェアがたったの3%以下(信託入れても12%)なのに、外国人投資家が46.7%もあるというのも、いかにも異常な感じがします。

国内機関投資家は、体力が無いのと前回のバブルでひどい目にあったので“羹に懲りて膾を吹く”みたいなことでシェアが少ないのかもしれませんが、個人投資家はしっかり37%のシェア。

もしかして彼らは、バブルを経験していない(orその当時ひどい目に遭わなかった?)新興の勢力なのかもしれません。

だとしたら、ゴールドマン・サックスにとっては、投資にそれほど慣れていない(でも、「もうからへんかいな〜」と甘い夢を見ている)連中は恰好の“カモ”に映っているのではないでしょうか(実際、投資経験の浅い学生や主婦がデイトレを始める中心層とよく聞きます)。

もしそうだとすると、いやな予感が脳裏をよぎります。

彼らの投資資金は、ゴールドマン・サックスに揺さぶりをかけられて丸ごと持っていかれる…というシナリオなのではないでしょうか。


1994年:メキシコをはじめとする中南米バブル、1997年:東南アジアバブル、1998年ロシア金融危機など、次々と各地でバブルを演出し、そのたびに自分達だけがっぽり儲けて、地元の経済や社会をボロボロに破壊し、そこに付けこんでIMFを介して世界各国の経済支配を強化してきた勢力(中川注 ロスチャイルドとジェイ・ロックフェラー)がいます。

今回は、小泉首相をはじめ官庁やマスコミまでがグルになって旗を振って、国民を道連れにバブルに突き進もうとしているかのように見えます。私達は、それらの勢力やエコノミストたちの戯言に惑わされて、前回のバブル崩壊や中南米・アジアと同じ轍を踏むようなことはあってはならないと思います。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=101985




[削除理由]:アラシかも
50. 2012年11月14日 03:18:45 : HNPlrBDYLM


秘祭 (新潮文庫) 石原慎太郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%98%E7%A5%AD-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%9F%B3%E5%8E%9F-%E6%85%8E%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4101119082


人口わずか十七人の南西諸島の孤島をリゾート化しようと、観光会社の青年、敏夫が島に赴任する。前任者が事故死した為だ。

島の和やかな雰囲気や、島唯一のいい女、タカ子に魅了され島に惚れ込む。タカ子も敏夫が気にいったようで、二人は即、獣のように愛を交わすようになる。社命で赴任したとはいえ、仕事らしい仕事はせず、タカ子とセックスばかりしている敏夫だが、島で生活していく内に、段々と島のタブーが見えてきた。

まずおかしいのは、檻に入れられている男、ミノルの存在。
言葉は発っせず、原始人のような風貌で獣のようにウーウー吠えているだけ。島の人は

「ミノルは頭が弱くて乱暴することがあるのでね」

とあっさり言うが、明らかに異常な光景だ。

さらにある晩、漁に出た敏夫が見たのはタカ子が他の男と交わっている姿。
タカ子に問い質すと、「嫌なら私を島から出して」と懇願する。
どうやらタカ子は島の男全員と寝ているらしい。このことから、段々とこの島の異常性が露わになっていく。

乱婚、近親相姦、暴力、拷問、殺人…。

近親による性交の歴史により、この島は狂人パラダイスと化していたのだった!
前述した、檻の中の男は島の秘密を漏らさないよう、舌を切られていたのだ。

敏夫の前任者もこの秘密を知って殺されたらしい。そして、知りすぎてしまった敏夫は、タカ子を連れて島を出るため島の老人たちに、「訴えることもできるんだぜ」と脅す。老人たちは

「わしらが島を出ます。だからあんたもこのことは黙っておいてくれんかね」

と、屈伏したように見せかけるが、結局、敏夫は別れの酒と称した杯に毒を盛られて眠らされ、ボコボコに拷問された揚句殺されてしまう。

時は流れ、何も知らない敏夫の後任の青年がまた島に赴任して来た。木の下に不自然に土が盛り上がった土饅頭が二つある。「あれは何ですか」と、島の人に聞いてみると、

「ああ、あれは昔から人魚の墓と言われておってな…」

…それが敏夫とその前の前任者の墓であり、

いずれ自分もそこに葬られることになるとは思いもしないであろう…。
http://hojomatsugoro.blog41.fc2.com/blog-entry-982.html

読んでね:


沖縄パナリの秘祭 _ 臨月になった美女を引き出して洞の中で行う秘密の儀式とは
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/331.html


[削除理由]:アラシかも
51. 2012年11月14日 03:25:08 : HNPlrBDYLM

小沢さんもアホ政治家やるよりこういうミステリーを書いてた方がお金になったのにね。

1997年 『秘祭』
Copyright (C)2011 Shinjo-Office. All Rights Reserved.
Home Company Taku's Films sale DVD Information


主演:
   大鶴義丹 倍賞美津子
   本田博太郎
   梅津栄
   石原良純
   嘉手刈林昌
   三木のり平
   田村高廣

製作・配給
    叶V城卓事務所
(C)Shinjo-Office

http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%98%E7%A5%AD-DVD-%E6%96%B0%E5%9F%8E%E5%8D%93/dp/B001B4P91O

[削除理由]:アラシかも
52. 2012年11月14日 03:36:40 : 58ct7cfasA
この老害爺をテレビで見ていると、いつも横柄に怒鳴ってばかり
で何でこんなチンピラ爺をデマゴミどもがヨイショするのか分からん。
もっとも野朗が口汚く喋る度に私も最後に「バカ!」と言っている。
ワッシも反省、反省。 

53. 幸せの経済学 2012年11月14日 05:58:31 : nv4W6f2InyLr6 : flJY0qS0ZI
それにしても、亀井さんは良いこと言ったね。
「愛国だ、愛国だ」と殊更大声で騒ぐ時代の危険性を鋭く突いた。

石原慎太郎万歳の諸氏に是非、読んで欲しい彼の著書がある。「華麗なる戴冠」だ。彼の初期の評論集だ。

成る程、華麗にコトバが踊る。が、これ、どこかで読んだ本と、同じ匂いだと私は気づいた。

そうだ、ヒットラーの「我が闘争」だ、と気づいた。

齢80にして尚、アジテーター。橋下氏がいみじくも言った。「価値観が同じ」。

橋下氏、土日ごとに、全国をアジリ回って、只今奮闘中。


54. 日高見連連邦共和国 2012年11月14日 06:20:14 : ywHYENWfNZCyM : wN3GZJJ33Q

ID=HNPlrBDYLM=『中川隆』くん

ID=yTcg3sEL0g =『ゼロG・LOVE』くん

が仲間内で低レベルな掛けあいを行うスレッド、お楽しみ頂けたでしょうか?

あえて私が“ちゃちゃ”を入れなくとも、この連中が語れるのは“この程度”

放っておいても“実害のないレベル”で有る事が見事に証明されました。

アーメンッ!!


55. 2012年11月14日 07:41:55 : SsXWlIyWKk
コンプレックスの塊石原君

確か、公認会計士の試験に落ちたよね


56. 2012年11月14日 07:51:19 : bffvqEw1aY
週、ふつかしかはたかないひとに
まかせられません、、

57. 2012年11月14日 08:28:17 : rfcCuFHQZE
「夕焼けの党」の方が、老人にもふさわしい、コトバも美しい。{尖閣戦争も辞せず」しか頭にない、石原は、ヤケクソで対中戦争へ暴走する「暴走老人」をめざすのか?。

58. 2012年11月14日 08:30:43 : BDDFeQHT6I
母体となった、と言うか名前を変えただけの「立ち枯れ日本」の所属議員は次回総選挙前に引退するような奴ばかりだろう、石原も一緒に党丸ごと引退となって欲しいものだ。

59. 2012年11月14日 08:46:53 : KQw762elEo
都政を私物化しました。
でも、バカ都民は、そんな石原がすきなようですね〜11年も、彼が
もう飽きたからやめると云うまで、都知事でしょ
都民て、全体では馬鹿なんだ、電通選挙に騙されて
好き勝手に貪られて、ぽいっと捨てられたとみにいの皆さんのお気持ちは
如何ですか

60. 日高見連邦共和国 2012年11月14日 08:54:12 : ZtjAE5Qu8buIw : wN3GZJJ33Q

太陽の塔の“ロゴ”

・・・夕陽?


61. 2012年11月14日 08:55:18 : t36eRciXC6
「たちあがれ日本」の党名が「立ち枯れ日本」と揶揄されだして、石原氏を担いで

躍動する太陽へとイメージアップしたいだけだと思うよ。

単なる老人政党の懐古趣味に付き合わされている日本国民は哀れだね!

日本の未来像を少しぐらい話したらどうなの。マニフェストはつくるのかね〜。

おそらく日本維新の会をベースにして少しだけ石原カラーを含ませた程度のものに

なるのだろう。それが限界だろう!


62. 2012年11月14日 09:16:23 : KuSFgnafTs
小澤さんはエロ作家のなれの果てなど、ジミントウの時代から相手にしてねーよ。
阿呆が小澤さんに相手にしてもらいたくて、何かにつけて小澤さんにからんできやがるが、小澤さんの口からコヤツの名前など聞いた事もね−よ。
何しろ、立ち枯れも維新もみんなも本当に下品で卑しい。「国民の生活が第一」の皆さんは、このクソみたいな政局の解散騒動に惑わされず、何か超然としているよな。小澤さんの薫陶よろしきをえておるのでしょうな。

63. 2012年11月14日 11:13:08 : amV9zCXtWI
年寄りの馬鹿ほど馬鹿はない・・・

日本がズッコケル前に、早くご引退を・・・


64. 2012年11月14日 11:52:39 : 43o6fQjfkw

本当は原発推進したいようの党


65. 2012年11月14日 12:48:52 : aRAJA9ogUQ
太陽=日の丸戦争党、危険な臭いがぷんぷん

66. 2012年11月14日 12:56:33 : KNO8pmdzDs
このロゴもしかして余人に変えがたい画家でいらっしゃる四男さんの作品?

67. 2012年11月14日 13:00:24 : yTcg3sEL0g

49さん
ご返事ありがとうございます。

あの、私小沢一郎を擁護するために書いているわけではないので、ご安心くださいね。
具体的に、実際に何が起こり、どういう経過をたどって、どうなっているのか、正確に把握しないと、だれも問題に対処することができないわけですよね?

それはいわゆる「改革」でも同じことだと思いますよ。
そもそも何が起こっているのかもわからずに、魔法の仕組みにこう変えるんだああ変えるんだなどと言ってみたところで、肝心の問題は置き去りですよね。

それに仮に、430兆円の現金全部小沢一郎が食べて消えてしまったんだと日本人が納得して、小沢一郎を政治の世界から追放して満足していたとしても、詐欺集団は「こいつらホントバカな奴らなんだよなーハッハッハ!」と大喜びしているに違いありませんよ!

430兆円は、どこに行ったんでしょうね〜
個人の金融資産は1400兆円あり、その大半を高齢者が握っているようですが?

━━━

家計金融資産 1,400 兆円の分析 - 国立国会図書館
www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0491.pdf

「世帯主の年齢が高い階層ほど平均貯蓄及び負債を控除した純資産が大きくなっている。
世帯主が 60 歳代以上の世帯 39%が、過半を上回る 56%の保有貯蓄シェアを持ち、特に純資産では、74%のシェアとなる(表9)。高齢者層が多くの貯蓄を持ち、負債が少ないことから、純資産ベースでは更に集中が進んでいることになる。」

━━━

ネットで情報収集するのに、内容の時系列を整理したほうがいいと思いますよ。
結構難しいんですよね。
ある事柄の、いつのことについて、いつ書かれたものなのかを調べるのって、検索してもなかなかズバリと検索はできませんからね。

430兆円の公共投資計画は、1991年から2000年までの話です。

>日経平均は38000円迄上がったのですが、それが国際金融資本の資金収奪の手口なのですね:

これは1991年よりも前の、まさにバブル期の最後のことですよね。

>現在(2005年後半時)の日本の株価はバブルではないか?

これは書いてあるとおり、2000年が過ぎたあとのことです。

いろんなところから切り貼りコピペされていると思うんですが、引用元をわかるように明示しなければならないのは法令でも定められていますから、49さんの意見なのか、どこかからコピーしてきたものなのか、誰の意見なのか、はっきりと明示する責任がありますよ。

「国際金融資本」が入り込んでいることは間違いないと思いますよ。
でもバブルを引き起こしたのも、430兆円食べてしまったのも、全部小沢一郎がやったんだという「常識」は、ちょ〜っとなにか悪魔伝説とか、そういう様な類のお話ですね。

問題は、ああ、そうかそうか、全部小沢が悪いから、小沢を叩き出せば全部ぜーんぶ解決するんだと思っている人が多いことです。
たとえ小沢一郎を政界から追い出したとしても、何も良くなりませんからね。

起こっていることは単純な古典的な問題で、「東京」は詐欺集団の梁山泊と化しています。
「首都機能移転」しなければ、「政・官・業の癒着」は絶ち切れませんよ。
その「政・官・業の癒着」の間に間に、「労働組合」までが入り込んでいるわけですよね〜
外国人には理解できないでしょう。
あまりにも醜い、吸血妖怪の国です。

そんなことのために日本は沈みかけているわけですよね。
小沢一郎をその難破船から海原に放り出しても、沈んでいくことに変わりはありません。

その辺り、もう一度ご確認されてみてはいかがでしょう?
06さんの写真、傑作でしたよね!
私は昨日笑いすぎて、まだお腹の筋肉が痛いです。


おやおや?

岩手の妖怪スレ汚し「日高見連邦共和国」がまた出没してますね。
他人のIDを晒してペッペッ!と汚い悪口を吐きかけるという習性を持った妖怪です。
スレが汚れますね。

>が仲間内で低レベルな掛けあいを行うスレッド、お楽しみ頂けたでしょうか?
>あえて私が“ちゃちゃ”を入れなくとも、この連中が語れるのは“この程度”
>放っておいても“実害のないレベル”で有る事が見事に証明されました。
>アーメンッ!!

なんだそうです。
「この連中が語れるのは“この程度”」などという単純な悪口を書き込むのに、なんの能力もいりませんからね〜

>ID=yTcg3sEL0g=『新自由主義クラブ』=s3vzXhnNp2=『真相の道』
 ↑
このホラどうなりました?
自分たちが言いふらしていたことですよね?
まだ懺悔の言葉も科学的証明も聞いてませんけど?

「日高見連邦共和国」のIDストーカーのでっち上げ、何言っても阿修羅サイトの管理人にはわかるわけですから、勝手にやってればいいんじゃないですかあ?

「日高見連邦共和国」のホラを信じこまされる人こそ不運だとは思いますけど。

岩手の在日共和国、今日の天気はいかがです?
罪人の国ですね。
小沢一郎や生活党とは何の関係もないようですが?


68. 2012年11月14日 13:01:53 : yPhOwnUqmE
>06さん

本当に笑えました。息子さんの作でしょうか?


69. 2012年11月14日 13:27:15 : HNPlrBDYLM

yTcg3sEL0g さん


阿修羅はコメント制限で貼れないものがお多いんですね。


国際金融資本がどうやってバブルを潰してお金を稼ぐかは:


平成バブル崩壊と ソロモン・ブラザース証券 相場師列伝3
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/258.html

ジョン・メリウェザーだけが同じ大失敗を何度繰り返しても再起できる理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/433.html


日経平均が38000円から7000円に下がったというのは国際金融資本がその差額だけ相場で利益を上げたという事なんですね。そして日本の会社の株の4割は外資のものになったんですね。

相場はゼロサムゲームですから、日本の投資家が損した分だけ外人投資家が儲けてるんです。



[削除理由]:アラシかも
70. 2012年11月14日 13:56:32 : 7HzeTJFiGw
人権法案⇒外国人参政権成立となる

(亀井)
闇法案は悉くつながっており、この「人権侵害救済法案」を通すようなことになれば、「地方参政権付与法案」に反対している意味が無くなる、との明確な認識にある、とのことでした
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3269.html

最大の問題は、都道府県で選ばれる人権擁護委員について、日本「国籍」を有する者ではなく「地方参政権を有する者から選ぶ」とあることです。民主党が進めようとしている「永住外国人に地方参政権」が付与されれば、外国人も人権擁護委員に就任できる余地を残しています。

その結果、将来、「外国人差別を無くす」という大義名分を立てて外国人が人権擁護委員に就くようなことがあれば、例えば、中国の軍拡に対する正当な批判も、「中国人の感情を傷つける言論であり、中国人に対する差別」だとして告発される可能性があります。

これは中国国内で行われている言論弾圧、思想弾圧を日本に移植するための工作であり、断じて法案を成立させてはなりません!

中国工作員と民主党議員達は、民主党が推進する「人権救済機関設置法案」と「外国人地方参政権」によって、ある日突然、日本人が中国人に人権弾圧される日を夢見て、着々と本法案成立の地歩を固めているのです。

小沢・生活だろうが野田・民主だろうが橋下・維新だろうが、外国人地方参政権賛成であり、人権法案成立で石原の嫌う支那の配下に下る。宇和島の同和出の石原は80歳すぎても同化できない奴だと疑われる。真の日本人になって下さい。


71. 2012年11月14日 13:59:12 : rs8uK2VNJo
オウム真党じゃまずかったで
すかね? さすがに

72. 2012年11月14日 14:15:12 : LRoIIXcxcM
ロゴ
チンタロのMRIか

73. 2012年11月14日 14:21:49 : sYiPNvl0bI
【菅原文太氏、新党結成を激白 国会議員は被災地で働け!】
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/606371/

74. 2012年11月14日 14:23:00 : rrhrFN6JLd
オウム信者で自称芸術家の四男に金つかまして作らせたんだろう。大笑い。原発は爆発だぁとでも言いそう。太陽に焼かれて燃えてしまえ。

75. 2012年11月14日 15:02:45 : iyx5ag0ZA2
※29
>日本の運命を左右する法律をまかり通そうとしている(外国人参政権反対の会)
慎太郎は「TPP」や「痴呆分権」、「道州制」も正に「日本を破壊」し取り返しつかない政策だと理解してないのか?

76. 2012年11月14日 15:05:15 : HFxAfm7kXg
 許せないだろう!絶対に! 前からずーっと思っていたが、記者たちがかわいそうだと思ったことは何度もある。マイクやレコーダーを手に持ってモミクチャになりながらインタビューをしなければならない若い記者たちなどは無念の気持ちでいっぱいなとこあるんじゃないだろうかと思う。記者クラブでも何でも記者の皆さんは元都知事をどう思っているのか本音が知りたいです。ほとんどのマスコミの記者たちは礼儀は正しかったと思う。

77. 2012年11月14日 16:18:20 : 43o6fQjfkw
石原って、自分に都合のいいことを有無を言わせず(時には恫喝まがいに)まくしたて、徹底的に相手を下に見て反論を許さず自分の主張を押し通すよね。

角田美代子と同じやり口だな
どっちも暴走老人だし


78. 2012年11月14日 16:47:48 : qD2BnGAIhE
何かしようとしたら官僚が邪魔する〜というのも、自分の意見が絶対正義という独裁思考によるものなのは明白だ。
それが正しいという保証はどこにもないから議論を重ねるのだし、それを争点に慎太郎に票が集ったのではない。
橋シタと同様に慎太郎も民主主義の悪用者。

79. 2012年11月14日 17:15:53 : Uk2cAAw566
日本の政界は太陽党が中心なる。

80. 2012年11月14日 17:29:03 : bAeNGmt5TI
都知事ぶん投げて突然出てきて、他人様の党を当てにして「おい一緒にやろうよナァ」などと馴れ馴れしく上から目線で、とやかく言われようもんなら「うるせ、ばか」とくる。
何なんだこのジサマは。
だまって草葉の陰から見ていたらいい人になれるのに。
こういうのを支持したくなるお方はかなり病が進行していると思われるので、
一度町医者で診てもらってから紹介状で御世の国の大病院に行ったほうが良いと思うよ。

81. 2012年11月14日 18:10:18 : RKrY4tleGM
太陽の党って、真正日本人に相手にされなくなった、石原某前東京都知事が、
在日などの、第三国人を結集して、お山の大将になりたいだけの事。
第三極などとんでもないこと。第三国人を結集後は、第三国人党と、改名すれば
よい。
総選挙後、議員として再選される可能性の低い、菅、前原、仙谷、野田などの、
在日、第三国人が合流するのでは、ないだろうか?。
在日、菅、前原、仙谷、野田の数々の日本人に対する差別は、決して忘れない。
ここでも、小澤一郎氏を、罵倒する輩が、出現しているが、この人物は、在日で、
国籍不明が、推認される。
小澤一郎氏は、「外国人、参政権付与」は、本音として、反対の筈。
小澤氏の、本音を知ったのであろう、その後の、菅、前原、仙谷、野田などの、
同氏に、対する、口撃、差別の凄まじさからも、証明される。
なお、在日朝鮮族の、隠れ蓑の疑われる、「部落解放同盟」各県別支部は、
岩手県など、東北六県と、北海道には、存在しない。

82. 2012年11月14日 18:20:01 : gGaW5oRJP2
♪た・た・た・た・たいよ〜

  ひたすら痛いよ〜♪

          (アセロラ体操のリズムで)


83. 2012年11月14日 18:32:40 : ztcAhWHHAw
どうせ、すぐに自民党に合流するのは目に見えてるぜ
口先だけの無責任ジジイが

84. 2012年11月14日 18:52:01 : XJsEwVNrC6
 東北電力は東北七県で営業していますが、このたび東京電力の原子力発電所が津波の被害により国難規模の災害に見舞われたことに対し、日本の技術の粋を結集して回復せしむるべく、業界もまた存立する地域において国民の利益を最優先にする指針を明確に表明していただかなければなりません。

 今まで数十年、原子力の平和利用は人類に多大な貢献をしてきたのですが、自然災害に対しては、原子力技術を一瞬にして人類の幻の文明の利器にしてしまうほどの脆弱さを露呈してしまいました。世界に向けて二度と繰り返さないことの意思表示の為にも、東北七県は一致結束して原子力技術の正しい処理能力を世界一のレベルまで高めていくべき責任があると思います。

 東北の復興のため、日本の再興のために小沢一郎に対して最後の支援を全ての政治家および東北の人々に対してご協力ならびに結束を願うものであります。どうか東北七県の皆様方におかれましては、何卒、日本で最も原子力に詳しくなった政治家、小沢一郎に対するご支持ご支援を賜りたくよろしく


85. 2012年11月14日 19:40:11 : doiIpij66Q

 バカ
 バカ
 大馬鹿ヤロ〜

  石原慎太郎の大バカヤロ〜〜〜。

 国民を舐めるなよ。


86. 2012年11月14日 19:56:37 : XJsEwVNrC6
84.ending

お願い致します。


87. 2012年11月14日 21:58:53 : 1QlPwy2Rek
この石原のおじいさん、もう、終わりね。
一族消えてね。棺おけだけは、都民の税金使わないで、自分で用意してね。
二度と立ち上がってほしくは無い。

88. 2012年11月14日 21:59:25 : P72t5iZbWk
>>06
おいおい。このロゴ本物? 合成じゃないよね? 初めて見たよ。
「太陽に顔が描いてあるんだ・・よく描けたね〜ボクちゃん!」ってレベルだな。
知能指数低そう。石原にはお似合いだwww

89. 2012年11月14日 23:02:16 : Eb8uULPm9g
小学校の子が良く書くじゃないの。
絵の上角に太陽をぐりぐりっと書いてそこに顔を書くあれ。
石原80歳でしょ。
もういくらかあれが来てるんじゃないの?

>>79 Uk2cAAw566
>日本の政界は太陽党が中心なる。

あぁこの人も来てるわ、気の毒に。


90. 中川隆 2012年11月15日 00:55:00 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM

石原慎太郎は朝鮮人か同和の出身で、それを必死に隠していたんですね。

それが弟裕次郎のカミさんが朝鮮人だというのを隠したり、中国人・朝鮮人差別発言の背景にあるのです。 :


|||||||||||||||''|||||||||||||゙|||||゙|||''|||||'゙||||゙||||||||||゙||||||||||||||||||||
|||||||||||||゙ || |||||||゙||' ||゙ ゙|| '||| ||| ゙|||||||゙ |||||||||||||||||||
|||||゙||||||゙ || ||||| ||  | || | |'||  ||  ゙||||゙  ||||||||||||||||||
|||| |||||__,,,|- ||| | '''|/| | | |\,,|''' ||| ,,,,,,||゙||| ||゙゙゙||||||
||||/|||゙ ,,,|,,|||--・''''゙゙  ゙  |  |・- |- ,,,,,,|| || ||  ||||||
|||| ,,|||-'''  | |   ::::::    ,.::::   |   |'''|-| 丿||||
|||| ''' ゙  ,,,,,,,,,,,   :::::    .:::''         ゙''- |||
| リ三,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::   :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,, 彡 |||
   'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::  .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,,:::||
 -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-ヾ 丿
゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶 '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ'''' /ソ  
''|,  ゙       ゙゙,-'''゙   ヽ-     ̄   ゙゙  | ,ノ゙
゙ヽ,   ,,,,      //   ,ヽ       .,,,  ,||||||
||||i,,  1゙゙,,-ヽ,,,,   ,/゙゙..  :ヽ,     ..,,,,,゙゙゙リ /|||||||
|||||ヽ ゙'' |ヽ''・,,,','-  ''''ヽ,,-''''゙ ,,,,:/.,,,./:リノ 丿||||||
:|| |||iゝ   fリt^-'',',,・-..,┬,,,,...--・・,゙゙_ リ//  /||| リノ
  ||||ゝ,,丶\::v || |:‖ -__w ヽリ゙リ゙|j:‖//  /|リ
   ヽヾゝ''ヽヽ::,, --v,‖ :リ,,リ,゙,,,,,::://ノ /リ
     ヾ|ヽ,゙ヽヽ,,   ''|'''_  :::ソ/  /リ
      | ゙ヽ.\゙Vri ri | ‖iヾソノ  / |
      |   \,゙' ,,゙''''''゙゙''''''゙゙/ /   |
      |    \ ゙゙'''''゙゙'''''''゙ /    |


60. 2012年9月19日 14:18:02 : 7HzeTJFiGw

石原の祖父が愛媛の宇和島か八幡浜の同和か在日で、息子の石原潔を兵庫の船会社(旧山下汽船)に奉公に出し須磨区で石原が生まれる。潔が小樽に行き樺太の木材運搬で成功し毎晩小樽の料亭でドンチャン騒ぎしていた。

石原潔に朝鮮の血が入っていたのは間違いないだろう。当然慎太郎にも入っている。あとはユダ鮮の法則からユダヤの欲する日中戦争を画策。前原・野田・岡田も根は同じ。皆朝鮮人の血が入っている。少数民族を利用するのがユダヤの手口。小沢が外国人参政権に反対すれば見直す。
http://www.asyura2.com/10/senkyo84/msg/763.html#c60


石原慎太郎の発言によれば、『朝日に反対の政治家は、○○地区出身』という予断・思...


reviveapocalpseさん

石原慎太郎の発言によれば、『朝日に反対の政治家は、○○地区出身』という予断・思い込みをルポライター佐野を初めとして、週刊朝日内で共有していたと理解してよいか。

反朝日は、○○地区出身だから排除せよ。

私(石原慎太郎)も被害者の一人。父親の本籍地に出かけ、石原一族は同和、部落ではないか、と(ルポライター佐野が)誘導尋問をしていたと報告があり、


石原知事、「週刊朝日」橋下氏出自記事を「卑劣」と批判2012.10.19

東京都の石原慎太郎知事は19日の定例会見で、橋下徹・大阪市長の出自をめぐる週刊朝日の連載記事について、「出自や親族の職業をあげつらい、それがDNAとして受け継がれて危険だというのは、中傷誹謗(ひぼう)の域を出ない卑劣な作業だ」と厳しく批判した。

石原知事は会見冒頭、「友人だから腹に据えかねて申し上げる」と前置きして批判を展開。
「橋下さんにも子供がおり、その子供にまで影響する。文筆を借りて、他人の家族までおとしめるという物書きは許せない」と語った。

記事を執筆したノンフィクション作家の佐野眞一氏については「同和や被差別部落の問題について強い偏見を持っている」と指摘。「私も被害者の一人。父親の本籍地に出かけ、石原一族は同和、部落ではないか、と誘導尋問をしていたと報告があり、あきれた」と語った。

また、佐野氏の作品には作家の深田祐介氏や山根一眞氏らの作品からの盗用があるとして事例を列挙。「卑しい。卑劣だ」と述べた。

朝日側が朝日新聞と週刊朝日10+ 件は別会社で編集権も別、と説明している点については、「ただのエクスキューズ(言い訳)だ」と述べた。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1496300774


石原慎太郎と朝鮮人コンプレックス(7) 2007/3/13(火) 午前 10:14在日・

マイノリティー・差別選挙 7 義妹が朝鮮人であることをタブー視

 何故、慎太郎氏のテンションは、朝鮮問題になると異常に高まるのであろうか?

 その原因の一つは、先に述べた敗戦トラウマである。

 慎太郎氏の父親は、特設油槽船で軍用重油の輸送を請け負って急成長し、大連などに支店を置いて朝鮮、中国で大儲けをした山下汽船の重役であった。
 愛知の船成金から身を起こし、同社を一代で築いた創業者には、済州島などから大阪に出稼ぎに来ていた朝鮮人労働者たちが故郷と往来する船会社を作ろうと集めた資金を横領した、というよくない噂が絶えず、何かと朝鮮と因縁が深い。

 その会社の重役の息子として何不自由ない少年時代を送った慎太郎氏が、敗戦に屈折した感情を抱くのは十分にありうる話である。
 厳しかった父へのファザーコンプレックスも手伝って、目標とする父親像が傷つけられることは自分のプライドを傷つけるように耐えがたかったであろう。

 さらに慎太郎氏には、朝鮮人コンプレックスを抱く個人的事情があった。

 選挙の度に世話になる弟・裕次郎の妻が、朝鮮人なのである。
 スラリとした長身と都会的センスにあふれたボーイッシュな容姿で、日活映画「狂った果実」に裕次郎の相手役として共演するなど、゛太陽族ブーム゛を起こした北原三枝が、その人である。
 少年時代に石坂洋二郎を愛読していた私も、「陽のあたる坂道」で、妾の子で少し反抗的な裕次郎の妹の家庭教師役を巧みに演じた美しい女子大生の姿を、今でも覚えている。

 裕次郎は彼女との結婚が許されないのに怒って、アメリカに駆け落ちし、日活社長が結婚を認めるから帰って来いと電報を打って取り成した、というエピソードが小樽の裕次郎記念館で紹介されているが、石原家の猛反対があったことがうかがわれる。
 デュエット・ソングのはしりとなった「銀座の恋の物語」は、裕次郎が結婚前日に録音したもので、出だしの「心の底までしびれるような〜」は、日活青春映画の主人公役を地で行ったナイスガイの純情であったが、周囲には歓迎されなかったようだ。

 美空ひばり、力道山など昔から芸能・スポーツ界には、朝鮮人・韓国人が多い。
 北原氏にもその噂があったが、『在日韓国人の底力』(植田剛彦著・日新報道)で在日コリア系著名人リストに、父親が韓国人として入っている。著者の植田氏は、最近も『三国感情―鮨とキムチとハンバーガー』(ケント・ギルバート、 池東旭共著)を著し、テレビ朝日の「朝まで生テレビ!」にも出演しており、よもや間違いはあるまい。

出典「石原慎太郎と朝鮮人コンプレックス(02・5・7)」
http://www8.ocn.ne.jp/~hashingi/page021.html

http://blogs.yahoo.co.jp/lifeartinstitute/15495708.html



[削除理由]:アラシかも
91. 2012年11月15日 06:24:45 : XJsEwVNrC6
 選挙で圧勝したって後がダメではがっかりするのは庶民の生活だと思う。今に始まったことではないが、そろそろ本当に国民は生活の安定を真剣に考えておかないと暮らしにくくなるばかりだろう。政治家の価値も口先や人気だけでは最初は良くても何もしないで平気で三年はもつみたいだ。切り詰めて国民は政治家を食わせてきたことにしかならないでは今がモクアミでしょう。口下手でも、テレビ映り悪くても、人気がなくても、いじめられても、やる時に堂々とできる政治家はいないのかな〜

92. 2012年11月15日 06:25:59 : CyDE7MNJKg
バカウヨのレスが増えているような気が。
バカウヨが小沢支持のふりなんかするな。
減税日本が太陽の党に合流するとか。
妄想老人は河村も批判してたはず。
河村も節操がなくなってなりふりかまわなくなってきたようだ。

93. 2012年11月15日 06:45:42 : sb3ARkwV06
減税日本
大増税を公約に掲げているハシシタと連携するという慎太郎に合流

甘言で国民を騙す汚沢の弟子である河村の本性を現している


94. 2012年11月15日 08:06:43 : CclTeVHBRQ
第三極の中心である太陽党は、政界制覇の手始めに、減税を吸収、
次は小沢上告を持ちかけ生活を崩壊させる。

95. 2012年11月15日 08:34:02 : Eb8uULPm9g
ヤタラ長いだけの駄文は止めなヨ。
苦労して書いても誰も読まないよっ!
くるくるスクロールが面倒くさい!
ウザイだけ!

96. 2012年11月15日 09:49:45 : kfuE0DjtF2
太陽の季節はずれ。

97. 2012年11月15日 10:00:46 : ILiTPGkN7Y
『太陽の季節』が芥川賞に選ばれた時、国語の授業で先生が「君達が読むには相応しくない」と話した。恐らく審査員には、新鮮に感じられたのであろう。今でいうポルノ小説のはしりだった。
しかし『太陽の党』=「ポルノ党」は、新鮮でも何でもない。
世も末!

98. 2012年11月15日 10:34:22 : yDXkDwupRA
きっとオウムの息子が書いたロゴかも?
だったら才能の塊なんでしょ?
珍太郎がほめたたえているんだから(笑)

自分と息子には甘いが人には厳しい石原珍太郎!


99. 2012年11月15日 10:36:23 : Ep1TBfq3TM
秘祭 本の表紙オウムを連想させる不思議な絵、四男の方が書かれたのかな?曼荼羅も書かれていますよね?
「太陽の季節」って古き良き時代のイメージ 昔は良かったと、内心思ってつけたのかな? 強欲な老人には、なりたくないです。

100. 2012年11月15日 11:59:03 : ruh0fVo3UU


>>47

400兆の話は「小沢が」ではなく「自民党が」の話ではないのか。

そんなに悪い金丸や小沢がいた自民党に慎太郎はどうしていたんだ

そんなに悪い自民党を慎太郎は今でも支持しているんじゃやないのか

君はどうして慎太郎を自民党を支持できるんだ

私は世の中に自民党ほど悪い奴らはいないと思っている。



101. 2012年11月15日 13:36:17 : JURBSud87w
園田あ当たりに「維新は自民の補完勢力だ」なんていわれて、協力なんかできるわけないだろ。

その時点でアウト。何で他党の人間にとやかく指示されるのだ、という単純な話。

それでも『石原さんは」と言うのは、「橋下の誠実さ」か、なにか別な理由。

これで減税の河村とも維新は距離がある。対立した大村は独自に動き維新と協調する、みんなは、維新と結び、太陽とは絶縁。

自民に擦り寄るものは「太陽へ」
自工民と対立するものは、「生活」と『維新へ」「みんな」地域によって使い分けることになる。


102. 2012年11月15日 13:48:35 : sb3ARkwV06
おはようございます。
慎太郎が減税日本を吸収した事で、ハシシタはこれでは合流できないと言っているようです。
でも慎太郎の発言からはハシシタの危険性を理解していない。
慎太郎が立ち上がれ日本とハシシタを取り込もうとしているのは、官僚制度に対する革命のためだとか。改善ではなく具体例が示されてないちゃぶ台返し。
そのためなら地方分権・道州制・外国人参政権による国家解体、TPPによる大資本への主権譲渡はいいと?
引き継がれてきた物を失ったら取り返しが付かなくなるという真剣さが無いとしか思えない。

>>100
そんな悪かった自民党を悪くせしめていた悪い政治家汚沢一郎などを追い出す事で
一時期、野中派(中国)や小泉(アメリカ)の危機もあったが
今は自民党の結成理由にまで踏み込める日本最後の希望にまで成って良かったです。
古賀誠も引退ですって。


103. 「生活党応援団」 2012年11月15日 14:21:59 : gx0s7Tp1IhHJo : LnYbrL9KEk
息子が自民党で親父が野党の代表
これで本当に国民は信用しますかね。四男のひろたかはどの党から立候補するのか
今から楽しみです。もし自民党から立候補すれば、太陽の党のお先が知れます。

104. 2012年11月15日 14:38:54 : INMupq3yFY
 やたら長い人は本屋のサイトにカキコしてください!!

105. 2012年11月15日 16:21:44 : FpcudWesAg
下らない書き込みは止めようよ!
読みたくもない。目障りで迷惑なのがいると思うと同じ人間、無駄だよ。

106. 2012年11月15日 16:59:18 : LjDUeYansg
老い先短いのだから、
自己満足に浸らせてやればよい、

107. 2012年11月15日 20:34:11 : O9lyJy2qCM
頭がおかしくなりそう!

みんなの太陽とかぁ・・・。

太陽増減税党とかぁ・・・。

自民主党とかぁ・・・・。


108. 名乗る程の者ではござらぬ 2012年11月15日 20:57:59 : jKMTQo9418XnM : dqfU0sXHPA
太陽の塔って、岡本太郎さんが作ってエクスポ70のあの塔?

109. 2012年11月15日 21:09:52 : HNPlrBDYLM
太陽の塔

太陽の塔は、丹下健三が設計した「お祭り広場」中央(やや南寄り)に、広場を覆う銀色のトラスで構築された大屋根から塔の上半分がつき出す形で建てられ、テーマ館の一部となっていた。そのさまからテーマ館サブプロデューサーであった小松左京(SF作家)が石原慎太郎の小説『太陽の季節』の中の障子を破る場面を連想し、それを聞いた岡本太郎が「太陽の〜」と命名したとの証言を、ノンフィクション作家の松浦晋也が小松から直接聞いている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E5%A1%94


本当は縄文土器に太陽の塔そっくりのがあるから、縄文土器の本も書いてる岡本太郎はそれを真似しただけだろうなwwwwwww

[削除理由]:アラシかも
110. 2012年11月15日 21:12:13 : HNPlrBDYLM

岡本太郎と縄文
http://homepage3.nifty.com/sugar-tr/joumonH.html
http://kirara.cyber.kyoto-art.ac.jp/digital_kirara/graduation_works/detail.php?act=dtl&year=2008&cid=551&ctl_id=54&cate_id=15

[削除理由]:アラシかも
111. 2012年11月16日 08:50:02 : PxDfaa2sd9
慎太郎やーい。中曽根や小泉がいくらアメリカにつぎ込んだんだ。
煽るんだったらこっちも煽ってくれ。

湾岸戦争はアメリカに嵌められた。
もちろん外務省や防衛省が共犯で馬鹿だった見積もりが甘かった。
アメリカが他人の金で戦争したんだ。
フセインの他国へ侵略だから協力せざるを得ないが余ったカネを返さないアメリカが悪い。

慎太郎、お前そのアメリカの友人とかに日本にカネ返せ詐欺だ言ってやったのか。

問題はその次小泉のイラク自衛隊派遣だ。血を流すか金を払うかだが先の戦争で騙されてカネだけ出せられたのだから拒否してやればいいもの。
まして大義がなかった。

アフガン戦争を小沢氏は拒否しているそれはアメリカの戦争だ。
だからアメリカに報復されて今の状態。官僚がアメリカの手先。

小泉と小沢氏どっちが気骨が有る。悪いのは誰だ。世界の番長だろう。



112. 2012年11月16日 09:30:16 : kVRjv6w4OQ
>>慎太郎やーい。中曽根や小泉がいくらアメリカにつぎ込んだんだ。
煽るんだったらこっちも煽ってくれ。

己がとち狂って(チンタロ一人の決断とは思えないが)尖閣問題で寄付金を募り
その後始末もほっぽらかしたような奴に大局的な思考が出来ないのは当然だろう。

現在の行動はひたすら小沢の生活潰し(これも背中を押されてるのだろうが)
己が国民からどう思われているかも判ってるのに(暴走老人でございますってか)
厚顔無恥に只ひたすら政界をかき回す、これがチンタロの使命(工作員)
今回の行動で一体幾らの金が転がり込んだのだい?教えて障子破りチンタロ。

更に今回の選挙で自民が政権復帰したら特別ボーナスも出るんだろ?


113. 2012年11月16日 10:15:54 : wnFyj058dg
>47. 2012年11月14日 01:19:30 : HNPlrBDYLM

ネットでは証拠が残るからね。

こんだけ嘘八百並べれば【風説の流布】で逮捕だね。

小沢総理になったら日本にはいられないね。

尤も母国に帰るつもりだろうがね。

だが、国際刑事警察機構もあることだし

時間の問題だね。



114. 2012年11月16日 10:40:27 : HNPlrBDYLM

岩手の人も毎日 ↑ みたいな脅迫受けて小沢に票入れてたのかな:


5.22小沢に怯える岩手県民[桜H22/5/24]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10845403?via=thumb_watch


■小沢一郎が当選する理由。岩手県の徹底言論弾圧


小沢一郎
選挙区は岩手県水沢市。

日本じゅうの大迷惑なコイツを選出してるってどんな人ら?!って思うよね


この地区は『徹底的な言論弾圧』が行われてるorz


○○町で、○人が小沢一郎に投票しなかった。

連帯責任でそれなりの制裁が来る


○○が小沢一郎に投票しなかった

旦那の勤務先の会社が倒産する

http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-84.html



[削除理由]:アラシかも
115. 2012年11月16日 11:32:07 : Eb8uULPm9g
>>28 HNPlrBDYLM
>石原慎太郎先生の一刀両断

それを昔から「年寄りの冷や水」と言います。

腰でもおっチョレるのが関の山、止めときなハレ、80歳の一刀両断は!

>「私たちが一生かかったって使い切れないカネの問題が不透明にさらされてる。>しかも、それが非常識な説明でまかり通ろうとしていることに(中略)国民は
>やっぱり反発しますよ」

はぁ?何その金の問題って?

だったら裁判でその「不透明な金」とやらを証明出来る筈でしょ、あれだけ国民の血税を30億円も使って調べたんだから。
検察は是が非でも、無理筋でも、有罪にしたくってしたくって延べ200人の捜査員で3年も掛けて関係者を徹底的に調べに調べた、で・・・・・・・・何も無い・・・
何回裁判しても・・・・・・何も無い・・・・・・

      それを日本語で言いがかりって言うんですぅ〜。

ところで、その反発している国民って誰の事?

自民党、民主党半分と司法関係者、官僚、石原一家マスコミ?

なんだ要するに既得権益者だね!
あぁ確かにそれも国民のうちには入るんだよね、一般国民からすれば僅かなものだろうけど。

了解!



116. 2012年11月16日 22:29:30 : HNPlrBDYLM

貧困なる精神(121) 本多勝一

石原慎太郎の人生

石原慎太郎と同世代になる私などのように、石原の若いときからの生態を観察してきた者からみると、今の若い世代には石原の基本的性格が理解されていないのではないかと思う。石原が都知事選に立候補したときの 「風速計」 で簡単にふれたが、ここでもう少しくわしく解説しておくことにしよう。

「ウソつき」 と 「卑劣な小心者」 とをこねて団子にしたような男。

これは本誌去年3月26日号の拙文 (風速計) からの引用ですが、東京都知事選に再び立候補して二四年ぶりに目的を果たした石原慎太郎 (敬称略、以下同) の基本的性格は、こう表現するのが適切でしょう。しかしこの人物に直接接したり具体的問題にかかわったことのない人々が、このへたくそな小説家のハッタリ人生にだまされて、そんな事実を知らないのも無理はないかもしれません。

この人が最初に世間に売り出したのは、小説家としてでした。株式会社文藝春秋が、自社の 「ショー」 としていくつもつくっている文学賞の類のひとつに 「芥川賞」 があり、石原は学生時代の1956年にそれを得たのです。

これが芥川ショーとしての、他の年の普通の同賞以上に騒がれたのは、学生時代の若さということ以上に、彼の小説の突出した下品さにありました。 『太陽の季節』 と題するその小説は、勃起した はせで障子紙を破る奇矯な描写がとりわけ評判となったのです。そんなことを書く小説家は 「純文学」 畑にはそれまで (たぶん) いなかったでしょうが、そういう描写それ自体が下品だというのではありません。描写の方法なり文体なりが 「文学」 になっていないから下品なのです。

こんなものになぜ文学賞が出されたのでしょうか。それは、かつて故・深沢七郎も言っていたように、これが一出版社の商売としてのショーだからです。話題性があること、巷間(こうかん)で騒がれることなどで売れればいいのです。かといって無茶苦茶低レベルのものばかりに毎年ショーを出していたら、その賞本体に権威がなくなりますから、真に文学の名に値する作品も時にはあるでしょう。しかし基本的には、文春が下選びした作品について、文春が選んだ 「選者」 たちが審査するのですから、文春の商売的意向が反映さぜるをえません。このあたりのことについては、かつてやはり文春のショーたる 「大宅賞」 の性格を論じたとき、この賞を逸した鎌田慧に対する選評をもとに詳述したことがあります (本多勝一著作集第19巻 『日本語の作文技術』 = 朝日新聞社 = 収録の 「茶番劇としての"大宅壮一賞"」 ) 。

以来、彼の書く小説は、ヘミングウエイの亜流の亜流というべきか、自分ではヘミングウエイていどの冒険さえ全くできないくせに作品だけはそれをまねようとして、一言で言えば 「三流以下」 の駄作を重ねてゆきます。もちろん私は小説界にくわしいわけではありませんが、彼の小説が 「文学」 としてはほとんど相手にされなかったことは、いわゆる文壇でも常識でしょう。ごく最近の例として金井美恵子の一文から引用しておきます。

「・・・・・・小説家としては三流以下だった都知事のお金に関する政策、外形標準課税は典型的なファシズムのやり口でしょうし、・・・・・・」
( 『一冊の本』 2000年6月号の 「 『お金』 については語らない」 から)

そんな 「三流以下小説家」 では未来が暗いことくらい当人でもわかりますから、タレント性が選挙に有利な分野たる政界に転進することになります。そしてその前後から、若いころにはかなり"進歩的"だったこの男がえらく反動的になっていって、ついには靖国神社復活をめざす 「青嵐会 (せいらんかい) 」 に加わるまでに到りました。日本の核武装も積極的に主張しはじめます。

以後の石原の軌跡については、あらためてここでたどる必要はありますまいが、その 「ウソつき」 ぶりと 「卑劣な小心者」 という基本的性格を知らない若い有権者も多いことでしょうから、私が直接知っているか体験した事実を、この機会に三件だけ紹介しておきましょう。

1.ベトナム戦争での卑劣さ

想えばもう三十余年も前 (1967年) のことになります。ルポ 『戦場の村』 (朝日新聞社連載、のちに朝日文庫) を書くため南ベトナム (当時) に滞在中、石原慎太郎がベトナムへやってきました。私がサイゴンにいるときだったので、何かの会合で他の記者たちと共に会ったことがあり、その帰りの夜道でニューギニアについて彼と話した記憶があります。

そのあと彼はサイゴンを離れて何ヶ所かの前線を取材に行ったようですが、肝臓だかを悪くしてひどい下痢で活動できなくなり、まもなく帰国したという噂をききました。もともと真の冒険家ではありえない人だから、修羅場には弱かったのでしょう。

それからほぼ一年のち、南ベトナムから私が帰国してまもなく、報道写真家の石川文洋が 『ベトナム最前線』 というルポルタージュを読売新聞社から刊行しました。これに序文を寄せた石原の文章を読んで、次の部分に私は少なからず驚かされることになります。


ベトナム戦線Dゾーンのチャンバンの砲兵陣地で、訪れた我々日本記者団に向かって、試みに大砲の引き金を引いて見ないかと副官にすすめられたことがある。 (中略) 番が私に廻って来そうになった時、同行していた石川カメラマンがおだやかな微笑だったが、顔色だけは変えて、

「石原さん、引いてはいけません。引くべきでない。あなたに、この向こうにいるかも知れない人間たちを殺す理由は何もない筈です」

といった。


躊躇(ちゅうちょ)している私に、陽気な副官は鉄兜をさし出し、”Kill fifteen V.C.!”
と叫んだが、幸か不幸か突然射撃中止の命令が入り、その時間の砲撃は止んでしまった。

私は今でもその時の石川君の、私を覗(のぞ)くように見つめていた黒いつぶらな瞳(ひとみ)を忘れない。童顔の、あどけないほどのこの若いカメラマンの顔に、私はその時、なんともいえず悲しい影を見たのだ。

彼がもし強く咎(とが)めていたら、私は天邪鬼(あまのじゃく)にその後まで待って引き金を引いていたかも知れない。

この文章からみると、石原は解放戦線または解放区の住民に対して、副官にすすめられるままに、大砲の引き金を引く寸前だったことになります。たまたま 「幸か 不幸か 突然射撃中止の命令が」 出たために、彼はそれを果たせなかった。もし中止命令が出なければ、第一には 「すすめられるままに」、そして第二の可能性としては 「彼 (石川文洋) がもし強く咎めていたら、私 (石原慎太郎) は天邪鬼にその後 (砲撃再開) まで待って引き金を引いていたかも知れない」 のです。

こういう小説家の神経と体質について、私がここで解説を加えるまでもありますまい。私はこのあと解放区の取材に長く潜入していましたから、時間と場所がすこしずれれば、ことによると石原の撃った砲弾が私のいた村にとんできたかもしれませんね。 (注1) 。

ここに見られるように、石原はベトナムへ行ってもせいぜい陣地までしか行けはしない。石川文洋の苛烈な体験はもちろん、私がやったていどの歩兵との最前線従軍さえできず、安全地帯にいて、卑劣にもそんな中から大砲だけは撃ってみるような、子どもの戦争ごっこくらいしかできないのです。しかも石川文洋が言うとおり、石原慎太郎にとって殺す理由など何もないベトナム人を砲撃しようとする鈍感さ。この卑劣で鈍感な男が政治をやろうというのであります。


2. ヨット世界一周への嫉妬

次は今から二六年前 (1973〜74年) のことです。真の冒険児たる かの堀江謙一が、ヨットによる単独の無寄港地球一周に275日と13時間10分の新記録で成功しました。

しかしながらこの成功は、その前年 (1972年) に失敗して二度目の挑戦による快挙です。前年には出港してまもなく、マストに欠陥があって折れたために、出直しをすべく計画を一年延期したということですが、この"失敗"にさいして、週刊誌をはじめとするマスコミ (情報商売 = ジャーナリズムではない) は堀江を徹底的に中傷・非難しました。女性週刊誌の一部にはプライバシー問題まで暴いたりして、あんまりひどいので当時の堀江との対談 (注2) で 「こんもの書いて (または書かせて) メシ食ってるヤツ、人間のクズだな。カスだ。これこそ告訴ものだ」 と発言したら、当のクズ・カスから私の職場に電話があって、ひとこと 「抗議する」 と言っただけで一方的に電話を切りました。抗議されるべきはクズ・カスの方ではありませんか。

余談ですが、この種の私事暴露や虚偽を掲載するゴロツキ雑誌やそれを書いている連中は、その卑しさ・汚さの点でいかなる破廉恥犯罪人よりも本質的に下等な人種に属すると思います。三年ほど前のことになりますが、講談社のある月刊誌が、私に対して一度たりとも取材をせずに、ジャーナリストの名誉の根幹にかかわるひどい加害報道を実行したので、その月刊誌編集長と筆者について 「よく卑しい職業の例にあげられる売春婦よりも本質的に下等な、人類最低の、真の意味で卑しい職業の連中である」 と論評しました。すると当の筆者などから、売春婦に対する差別発言であるかのような"反論"がありましたが、これは誤読・曲読の類というものでしょう。売春婦の中にも大いに尊敬すべき人物がいることは知っているからこそ、俗世間でよく卑しい職業の例にあげられることに違和感を抱いており、そんな例を挙げるとすれば、売春婦などよりも前述のような 「人間のクズ・カス」 こそ本質的に、真の意味で、本当の 「卑しい職業」 なのだと言っているのです。

それはさて措(お)くとして、堀江謙一のような真の冒険家は、日本ではよく攻撃されます。日本型社会の枠の中での冒険なら、たとえば植村直己の場合のように愛されたり称賛されたりもするのですが、その枠からとび出すほどの、日本的価値観では理解を絶する最先端の冒険には、逆に非難・攻撃を加えるのです。堀江が二三歳のとき成しとげた初の太平洋単独横断にさいして、日本のマスコミが加えた非難・批判の激しさとばかばかしさは、日本人の本質的な底流にかかわる問題として私に論文 「冒険と日本人」 (注3) を書かせました。二度目にマスコミから袋だたきにされたのが、前述の世界一周"失敗"のときです。

さらに、三度目の袋だたきはもっとひどいものでした。無寄港単独世界一周に新記録で成功した翌年 (1975) 、太平洋横断ヨットレースに堀江も加わったときです。堀江のヨットはこのときメイン = ブームの故障などで遅れたものの三位に入賞したのですが、問題は無線機が故障して四〇日余り連絡不能に陥ったこと。これでまたマスコミに騒がれて、自殺説だの遭難説だの、さらに私事暴露や、ひいては前年の世界一周が嘘だという暴言さえ出る始末でした。このとき私は 「またまた袋だたきの堀江謙一を激励する」 と題する堀江との対談 (注4) を発表しましたが、この、世界一周捏造説を断定的にとなえた人物こそ、石原慎太郎だったのです。


このあたりのことについて、かつて書いた中から一部を引用しましょう。

石原氏は好んで冒険的な題材を扱い、みずからもヨットをあやつり、エベレスト (チョモランマ) やベトナムにも行った。世間には 「男性的カッコよさ」 がイメージづけられた。しかし彼の 「行動」 を見ていると、かつて一度たりとも真の冒険に値することをやったことがない。本当に生命の危険があるようなところへは決して近づいていない。ヘミングウエイに彼は憧れていたようだが、実際に冒険にとびこんだヘミングウエイとは似ても似つかぬ"行動"だった。ヘミングウエイの亜流ならまだしも、幼稚な 「ヘミングウエイごっこ」 でしかなかった。

「男性的カッコよさ」 が虚像だったとすれば、女性的というべきなのだろうか。しかしそれでは女性に対して失礼になろう。ヨットなら小林則子氏、山なら今井通子氏、ベトナムならミシェル = レイ氏など、彼など及びもつかぬ冒険家が、女性の中にもたくさんいる。むしろ 「小心な男」 というべきなのであろう。その裏返しとして、自分のなれない冒険家に 「なりたがっている」 のである。だから本当の冒険家を嫉妬したり、時にはとんでもない 「冒険ごっこ」 もする。

かの堀江謙一氏がヨットによる単独無寄港地球一周に新記録で成功したとき、石原氏はこれをウソだと公言した。どこかにかくれていて、さも一周したかのように出てきて発表したというのである。さすがの堀江氏もこれには激怒していたが、これほどひどい名誉毀損(きそん)も珍しいだろう。小心な男の嫉妬として、これはまことに興味ある生態であった。エベレストのときも、三浦雄一郎氏ら本当の冒険家たちに山麓まで仲間入りさせてもらっただけであった。 (中略)

「朝日ジャーナル」 の1977年4月29日号は、編集部の取材記事として、 「その周辺で囁かれる人物評」 が 「女みたいですねえ」 だと書いている。最近の環境庁記者クラブとの深刻な対立の過程をみても、これは全く当然の人物評であることがわかるが、やはり 「女みたい」 では女性に失礼なことだ。もし女性が環境庁長官になれば、石原長官よりはるかに立派な腕前をみせてくれるであろう。この小心な男は、私たちの世代の恥を延々とさらしつづけてくれている。
(本多勝一 『愛国者と売国者』 収録の 「小心な男としての石原慎太郎」 から)

しかも石原は、堀江の世界一周にさいして、その航海日誌を朝日新聞社のヘリコプターが帰港直前に吊りあげて入手したことを 「検疫法違反」 と非難しています。ところがこれも 「無寄港」 の世界一周ですから、日本を出て日本に帰っただけ、どこにも寄らないのでは検疫法など無関係でした。アムンセンが人類初の南極点到達のあとオーストラリアのタスマニア島まで帰ったとき、無人の南極からでは税関に用事がなく、無菌の南極からでは検疫の医者も用事がなかったというアムンセンの手記を思い出します。

アムンセンや堀江謙一といった真に 「人類初の」 冒険をやる人物の行動には、なみの国際法や検疫法の類など問題外の場合が珍しくありません。石原と同じく反動側の"文学"畑から、江藤淳も堀江を非難していました。 (前述の 「冒険と日本人」 で詳述) 。

ヨットをめぐる石原慎太郎を一言で要約すれば、小心者の卑劣な嫉妬心。これだけです。


3.南京大逆殺をめぐる虚言

三つ目の例は、私自身が直接かかわることです。

石原慎太郎はテレビ発言その他さまざまな場で 「南京大虐殺はウソだ、なかった」 と述べてきましたが、これは 『月刊プレイボーイ』 誌 (日本版) 1990年11月号の場合です。

石原は南京大虐殺について自分では一度たりとも取材したことがない (取材する能力もない) ままに、日本を世界の孤児にする売国的"右翼"の虚言を受け売りしているだけですが、自民党代議士 (当時) という公人としての発言は、小林よしのり型の主体性なきマンガ家等の放言とは違いますし、これは私のジャーナリストとしての仕事を否定するものでもありますから、石原に対して次のような質問状を送付しました。


自民党代議士としての石原氏に対し、その選挙区の者ではありませんが、国政への有権者かつ納税者の一人として次の二点をただします。一ヵ月以内にお返事を下さるようお願いします。


一、 『月刊プレイボーイ』 誌の1990年11月号で 「プレイボーイ = インタビュー」 に答えてあなたは次のように発言されました -----

「日本軍が南京で虐殺をおこなったと言われていますが、これは事実ではない。中国側の作り話です。これによって日本のイメージはひどく汚されましたが、これは嘘です」

右は何を根拠としての発言ですか。


二、 同じところで 「どこで日本人は虐殺をしました?」 と発言されていますが、これは 「虐殺はどこにもなかった」 という意味ですか。あるいは 「どこどこの虐殺は認める」 という場所があればそれを挙げてください。

1990年11月23日 本多勝一


これがどうなったかは、石原側からの回答を含めて、拙著 『愛国者と売国者』 (朝日新聞社)の第四部 「南京大虐殺と 『愛国心』 」 に収録されています。こうしたやりとりの結論は、 『朝日新聞』 19991年11月9日付夕刊コラム 「深海流」 に、次のような私の署名記事として書いたとおりです。

石原慎太郎氏の 「うそ」

国会議員の石原慎太郎氏が南京大虐殺を 「中国側の作り話」 「うそ」 と発言 (米誌 『プレイボーイ』 誌昨年10月号 = 日本版は11月号) して問題化したとき、私は 『朝日ジャーナル』 (昨年12月7日号) で、これが何を根拠にしての発言なのか公開で質問した。

回答によると、 『プレイボーイ』 のインタビューは 「通訳を通して」 行われたので 「食い違いがあった」 とのことである。そのほか 「個々の質問」 については 『文藝春秋』 今年2月号の石原氏の 「論文」 (日本を陥れた情報空間の怪) をもって回答にかえるという。

そこで当の 「論文」 を読んだところ、これは違法行為としてのひどい改ざんや捏造、スリかえをもとにして個人攻撃をしたうえ、南京大逆殺についての朝日新聞の報道を 「売春と同じように一度始めたら容易には止められない」 といった差別表現をしてまで中傷する異様な"論文"であった。

このような"論文"に対して同じ 『文藝春秋』 誌上で反論する前に、まず事実関係をはっきりさせておくべく、次の二点について再度質問状を送った。


(1)通訳を通しての 「食い違い」 はどの部分か。

(2)インタビューが活字化されるにさいして原稿かゲラで自分の発言をチェックしたか。


だが、二月に出したこの再質問には回答がない。以後十月までに三回にわたって催促したが、まだない。

もはや回答は出たとみるべきであろう。 「作り話」 「うそ」 を語ったのは、中国側ではなくて、まさに石原慎太郎議員自身たったことになる。石原氏は何の根拠もなく、 『プレイボーイ』 誌で南京虐殺を否定したのであった。

「国際化」 とは、外国語会話をやることなどではなく、まず侵略の非は非と認めて再出発することこそその第一歩なのだ。せめてドイツが戦後やってきたような程度まで。

南京大虐殺を中国側の 「作り話」 「うそ」 と全否定した石原は、これはマズイと思ったらしく、この"論文"の中では卑劣にも黙ってひそかに部分否定に変更しています。つまり 「うそつき」 は石原の側だったわけです。

以上のような基本的性格が彼の仕事全体に反映するのは当然ですが、なぜか 『週刊朝日』 (去年3月26日号) は、石原慎太郎の 「滑り込み都知事選出馬」 を 「単独インタビュー」 して言いたい放題にさせました。選挙なら誰だって 「単独」 で応じるに決まっています。これは他候補たちが票を食いあっていることを見越した上での 「漁夫の利立候補」 にすぎません。こんな 策戦に利用されて 「単独インタビュー」 で応援する雑誌やテレビの見識の無さ。

今から二四年前になる1975年の都知事選に石原が出たとき、私は月刊誌 『潮』 (1975年4月号) で次のように書きました。

「石原慎太郎東京都知事。 −−劇画や漫画なら 「ドヒャーッ」 とか 「ケケケケ」 とか、そんなオノマトペで笑えばすむことだが、現実にそうなるかもしれないとなると、考えこまざるをえない。 (中略)

こんな男の 「支配」 する東京都にいることなど、恥ずかしくてとても耐えられない。もともと私などは住所不定で日本にいないことが多く、日本にいても東京にいないことが多いが、住民税の納め場所は東京になっている。少なくともこれだけは拒否すべく、彼の任期中は現住所を故郷の実家へ移してしまおう。いったいどうして、彼の支配体制のために財源を助けることができようか」

ここで冒頭の一文にもどります。

「ウソつき」 と 「卑劣な小心者」 とをこねて団子にしたような男。

東京都知事に漁夫の利当選した石原慎太郎の基本的性格は、やはりこう要約するのが適切でしょう。 「三国人」 発言その他は、すでに書いたように (本誌5月26日号 「風速計」 ) 、ブタがブーブー鳴いているだけのこと、問題はそんなものを支持する国辱的日本人が少なくないことです。
http://www1.odn.ne.jp/kumasanhouse/hinkonnaru_seisin/k121.html

[削除理由]:アラシかも
117. 2012年11月16日 22:34:02 : HNPlrBDYLM

石原都知事の名指し攻撃になぜかおとなしい『朝日新聞』

2012 年 3 月 23 日 6:20 PM


 石原慎太郎・東京都知事の記者会見の内容を、東京都のホームページが「正確に反映していない」ことを前回のブログ「石原都知事の発言を正確に伝えない東京都ホームページの不思議」で指摘しました。

 南京大虐殺めぐって石原都知事は、「昔、本多勝一ってバカがいたんだよ、『朝日新聞』の」と2月24日の会見で話しているのですが、都のホームページにある「都知事の部屋」(http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/index.htm)では、「昔、本多勝一(ジャーナリスト)というやつがいたんだよ」となっている問題です。

 この発言に続けて石原都知事は次のように話しています。
「結局、彼は最後に修正したけど、南京の占領の間だけで40万の人を殺せるわけがない」

 小誌連載「貧困なる精神――石原慎太郎東京都知事に訂正・謝罪を求める」で本多勝一編集委員が指摘しているように、本多編集委員は『朝日記者』時代もその後も「40万人説」を唱えたことはありません。そして、唱えていないのだから、もちろん「修正した」こともありません。

 では、当の朝日新聞社はこの石原都知事の「ウソ」発言についてどのように考えているのでしょうか。そこで下記の質問状を朝日新聞社に送りました。

(ここから引用)
//////////////////
「南京大虐殺」について石原都知事が次のような発言をしています。

「昔、本多勝一ってバカがいたんだよ、『朝日新聞』の。結局彼は最後に修正したけどね。あんな南京占領の間に40万人を殺せるわけはないんだ」(2月24日)、
「彼の論では40万人もの虐殺という数字が論拠がないものだからね」、(本多氏は人数を書いていないという指摘に)「『朝日』も書いて、あちこちで書いている」(3月2日)。

 そこで次のことをお聞きします。

1)本多勝一氏の記事(見解)、もしくは別の朝日新聞記者の記事(見解)として、いわゆる「南京大虐殺」の死者(犠牲者)が40万人とする記事を掲載したことがありますか。

2)いわゆる「南京大虐殺」の死者数についてはどのような掲載をしていますか。

3)『朝日新聞』が犠牲者数を40万人とする記事を掲載していないとすれば、石原都知事の記者会見での発言は事実と異なると考えてよろしいでしょうか。

4)都知事の記者会見はインターネットやテレビなどで生中継され、また録画視聴が可能です。石原都知事の発言が「虚偽」だとしたら、訂正の申し入れなど貴社としてなんらかの対応を取られるお考えはありますか。また、すでになんらかの対応を取られている場合は、その内容をお教え下さい。
//////////////////
(引用ここまで)

 続いて朝日新聞社広報部からの回答を掲載します。

(ここから引用)
//////////////////
 いただいたご質問の「1」から「4」についてまとめてお答えします。

 南京事件での死者数について、朝日新聞はこれまで、様々な説があることを報じてきました。なお、お尋ねの件に限らず、個々の記者会見の内容について、紙面などで報じる以外に論評することは差し控えます。

回答は以上です。よろしくお願いいたします。
                               草々
//////////////////
(引用ここまで)

 では『朝日新聞』は、今回の石原発言をどのように「紙面などで報じ」ているのでしょうか。私がさがした範囲では2月25日(土)の第3社会面に2段見出しで次のように報道している1本(写真参照)だけでした。河村たかし名古屋市長発言とその波紋については詳報し、3月8日には社説「河村市長発言 日中の大局を忘れるな」を掲載しているのと比べ、極端に扱いが少ないようにみえます。では、その記事の内容を見てみましょう。

(ここから引用)
//////////////////
河村市長の南京発言、石原都知事「正しい」

 東京都の石原慎太郎知事は24日の会見で、名古屋市の河村たかし市長が南京虐殺を否定する発言をしたことについて「正しい。彼を弁護したい」と述べた。

 石原知事は、南京陥落の数日後に現地に入った評論家らから聞いた話として、「死体はあったけど、山と積むような死体は見たことがなかった」と指摘。「相手も無抵抗に近かっただろうけど、あれだけの(旧日本軍の)装備、期間で40万の人を物理的に絶対殺せっこない」と話した。

 石原知事は衆院議員時代の90年に米誌のインタビューで南京虐殺を「中国人が作り上げたうそだ」と発言している。
//////////////////
(引用ここまで)

 いやぁ、驚きました。善意に解釈すると「南京大虐殺があったことを前提としているので石原発言の紹介だけでよい」と考えているのかもしれませんが、『朝日新聞』が攻撃されているのに、あまりにも及び腰だと感じるのは私だけでしょうか。
http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=3156

[削除理由]:アラシかも
118. 2012年11月16日 22:38:57 : HNPlrBDYLM


石原慎太郎のばかさ加減(21日の日記) 2008年06月21日


 ジャーナリストの本多勝一氏は、石原東京都知事の無知蒙昧ぶりについて、6日の「週刊金曜日」コラム「金曜日から」で次のように批判している;


 石原慎太郎という東京都知事の「バカさ加減」について、日本記者クラブ会員の谷久光氏(『朝日新聞』社会部OB)から実話をきいた。書いてもいいとのことだから紹介しよう。

 何年か前のある日、柳橋の料亭・亀清楼に、石原の一行が客として現れた。通された座敷の床の間にかかっていた平山郁夫の絵を見て、おかみに石原が言った −「こんな中国に土下座している絵描きの絵は不愉快だ。おかみ、はずしなさいよ」

 この料亭は横山大観以来、日本美術院の大家に歴代愛用されたのでかれらの作品の多くを所蔵し、平山郁夫の師にあたる前田青邨の絵もある。おかみが即座に言い返した − 「お気に召さないのなら、今すぐ別のお店へお移りください!」

 石原のこの「バカさ加減」は、おかみの旦那さんから谷氏が直接きいた実話である。大観から青邨・平山にいたる由緒も知らぬ石原であればこそ、いい気になってこんな態度もとるのだろうと谷氏は推測する。

 確かに。こうした無知なくせに(無知だからこそか)倣慢な石原知事の態度は、こんな男に投票する都民の責任に帰すべきことを長らく私は論じてきたが、当の都民ももういいかげんに目覚めていいころではなかろうか。(本多勝一)


2008年6月6日 「週刊金曜日」705号 66ページ「金曜日から」から引用

 単純な石原慎太郎は「オレは客だから」という意識の上に「都知事でもあるし」「都民の間では人気もあるし」などと思い上がっての暴言だったかも知れない。しかし、こっちもそれなりの矜持を持って商売をしているわけで、おかみの一喝は痛快である。
http://plaza.rakuten.co.jp/bluestone998/diary/200806210000/

[削除理由]:アラシかも
119. 2012年11月16日 22:43:35 : HNPlrBDYLM


2011年03月16日

石原慎太郎がとうとう馬脚を露わした。「天罰」発言である。

未曾有の大災害に家族や家を失いながらも、秩序を保ち節度をもって行動する被災者の姿は、外国メディアの感嘆を見るまでもなく称賛に値する。その彼らに向かって「天罰」である。

石原は日本人(たぶん自分はその中にはいないのだろう)の我欲に対する「天罰」と言いたいのかもしれないが、言葉をよく知らないようなので教えてさしあげると、天罰とは悪事を働いた当人に天が下す罰のことである。元小説家のくせにこんなこともわからないとは。

いや、元小説家といっても、知られているのは『太陽の季節』くらいで、男性のモノで障子を破るというエロ小説まがいのワンシーンで有名になっただけの駄作である。これが芥川賞をとるのだから噴飯ものである。選考委員の目が節穴だったか、どこからか圧力がかかったとしか思えない。ちなみに、現在この男は芥川賞の選考委員を務めている。文藝春秋よ、いったい何を考えている?

さすがに選挙前にこの発言はまずいと思ったのか、翌日に記者会見を開いた。

「まず、行政の長であります私が使いました、『天罰』という言葉が、添える言葉が足らずに、被災者の皆様、国民・都民の皆様を深く傷つけたことから、この発言を撤回し、深くお詫びいたします」

全然謝罪になっていない。どんな言葉を添えようと、天罰の意味は変わらない。


石原慎太郎はファシストである。あらゆる言動がそれを裏付けている。
本多勝一は今から36年前の1975年、こう看破した。

「(石原は)靖国神社復活に精魂を傾ける極右集団『青嵐会』の有力メンバーとなり、日本の核武装を積極的に主張し、ファッショ台頭に一種好都合な『天下大乱』の世相があらわれるにつれて、たくみに浮動票を集めて政治の場に出てきた」(「石原慎太郎という小説家の体質」本多勝一集 第21巻所収)

これに付け加えるとすれば、「弟の七光りを最大限に利用して」というところか。
この年、石原は都知事選に出馬した。この文章はその直前に書かれたもので、このあとこう続く。

「私はこんな男の『支配』する東京都にいることなど、恥ずかしくてとても耐えられない」

幸いなことにこのときは美濃部候補に敗れたが、悪夢は28年後にやって来たわけである。

心ある他府県の人々は東京都民をわらっている。いいかげんに目を覚まそうではないか。
http://blog.goo.ne.jp/sax-a-55/e/e4166661be973606bc521a04c528397e

[削除理由]:アラシかも

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK138掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK138掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧