★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK141 > 195.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
忌野清志郎の言葉「地震の後には戦争やってくる。軍隊を…俺はまるで共産党員みたいだな。」
http://www.asyura2.com/12/senkyo141/msg/195.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 12 月 15 日 14:13:28: KbIx4LOvH6Ccw
 



----------------------------------


忌野清志郎の言葉「地震の後には戦争やってくる。軍隊を…俺はまるで共産党員みたいだな。」



地震の後には戦争がやってくる。軍隊を持ちたい政治家がTVででかい事を言い始めてる。国民をバカにして戦争にかり立てる。自分は安全なところで偉そうにしてるだけ。阪神大震災から5年。俺は大阪の水浸しになった部屋で目が覚めた。TVをつけると5ヶ所ほどから火の手がのぼっていた。「これはすぐに消えるだろう」と思ってまた眠った。6時間後に目が覚めると神戸の街は火の海と化していた。この国は何をやってるんだ。復興資金は大手ゼネコンに流れ、神戸の土建屋は自己破産を申請する。これが日本だ。私の国だ。とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄ですと言って返り咲いた政治家。弟はドラムを叩くシーンで僕はロックン・ロールじゃありませんと自白している。政治家は反米主義に拍車がかかり、もう後もどりできやしない。そのうち、リズム&ブルースもロックも禁止されるだろう。政治家はみんな防衛庁が大好きらしい。人を助けるとか世界を平和にするとか言って実は軍隊を動かして世界を制服したい。


俺はまるで共産党員みたいだな。普通にロックをやってきただけなんだけど。そうだよ、売れない音楽をずっとやってきたんだ。何を学ぼうと思ったわけじゃない。好きな音楽をやっているだけだ。それを何かに利用しようなんて思わない。せこい奴らとはちがう。民衆をだまして、民衆を利用していったい何になりたいんだ。予算はどーなってるんだ。予算をどう使うかっていうのはいったい誰が決めてるんだ。10万円のために人を殺す奴もいれば、10兆円とか100兆円とかを動かしてる奴もいるんだ。一体この国は何なんだ。俺が生まれて育ったこの国のことだよ。どーだろう、‥‥‥この国の憲法第9条はまるでジョン・レノンの考え方みたいじゃないか? 戦争を放棄して世界の平和のためにがんばるって言ってるんだぜ。俺達はジョン・レノンみたいじゃないか。戦争はやめよう。平和に生きよう。そしてみんな平等に暮らそう、きっと幸せになれるよ。


忌野清志郎


--------------------------------------


2005年4月25日(月)「しんぶん赤旗」
「憲法9条知ってるかい」/忌野清志郎さん 「世界に自慢しよう」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-25/01_02_0.html


--------------------------------------



あすは投票日。天気予報によると、ぐずついた空模様のところが多そうだ、といいます。


▼「起きろよベイビー 今日はいい天気だ/選挙に行って投票しようぜ」。忌野清志郎さんが、軽やかに歌っていました。2000年の、20世紀最後の総選挙のころです。「目覚まし時計は歌う」。またの名、「選挙ソング」です。


▼もちろん、抵抗精神にあふれる忌野さんのこと。ただ投票をよびかけて選挙管理委員会を手伝っているわけではありません。飢えた子どもたちがさまよっていると心を痛めたり、「無能な政治家テレビでよく笑う」と皮肉ったり


▼記憶力のいい同僚記者が、投票日当日の忌野さんを追った新聞記事があった、と教えてくれました。調べると、目立たない小さな記事ながら確かにありました。2000年6月25日、東京・新宿歌舞伎町で公演。「選挙ソング」を歌うと、ファンから「初めて投票にいったぞ!」との声が飛びました(「スポーツニッポン」2000年6月26日付)


▼「選挙ソング」で、「誰か違うやつ」や「誰かいい奴」を選ぼうと訴えた忌野さん。本人はどの党に投票したのか、取材記者に問われたのでしょうか。記事の中で明かしています。「僕自身は小選挙区も比例も共産党に入れてきました」


▼その後の彼がどの党に投票していたのかは知るすべもありませんが、残念にも今年5月、反骨の歌手は病に倒れました。日本共産党は今、歴史的機会を生かしてがんばり通せば勝利をつかみとれる、総選挙をたたかっています。


(しんぶん赤旗」日刊紙2009年8月29日)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年12月15日 14:28:23 : 1oVkx1HV9o
共産党さん、確かな野党では無理です。
あなたたち、変わらなければなりません。自らを変えることなく守り続けたいのなら。

未来はまもなく、緑の風が席巻します。


02. 2012年12月15日 14:36:00 : RufpgDo1AM
「民衆をだまして、民衆を利用していったい何になりたいんだ。」
この言葉は、共産党中央の、ふんぞり返った連中に向けて言ったのかな。
ずばりそのものの指摘だからね。


03. 2012年12月15日 15:23:05 : cWIBtbognM
地震のあとは自民党あべしが憲法改悪して
戦争準備しようとしている、徴兵が待ってる

04. 2012年12月15日 16:33:47 : COZDqQJp2Q

 国政担当の共産党はだめだな。いつまでも硬直した考え方を持ちつづけて、他党と連携をしてでも自公を倒そうと言う大きく柔軟な戦略を持つことがない。
 
 地方議会の共産党は少数派でもよくやっている。地道に地域を歩き、地元の声をきいて議会に反映させる努力している。国政の連中と大違いだ。

 この党を見ていると、日本の伝統的な家元制度を思い出す。下部組織からの上納金で上の連中はただ現状を維持しておけばお家安泰というわけだ。


05. 2012年12月15日 17:49:57 : I0wUTwXRRk
アメリカという国と闘っているという認識は若干正確ではない。
確かに今は米当局が相手という形になるのだろうが、軍閥にとって国家は乗り物でしかない。
そして、政治状況は水物であって、支配層の都合で見掛けでは転々と変わると考えた方がいいだろう。

アイゼンバーグ・ロックフェラーは、統一教会を使って、日本で ・在日宗教、創価学会もまた、ユダヤ大資本の手先
http://ameblo.jp/fxasenshon1223/entry-11149733369.htmlより抜粋(転載開始)
アイゼンバーグのほうは、1940年に日本に来ています。戦争が始まるか始まらないかのタイミングです。このユダヤ人が戦中、日本でなにをやっていたのか、全く公表されていません。本人も語らないで世を去りました。日本人のハーフを嫁に貰い、日本国籍を取得して戦後も日本に留まり、永野重雄の知己を得て屑鉄商売などで随分と成功したようです。だが、突如日本を引き払い、韓国に渡ってしまいました。韓国でも事業を行い、晩年は中国の北京に居を移して、中国で客死しました。
判っている事はそれだけです。しかし、一つ注目すべき事実があります。彼が初代のモサド長官だったことです。彼は、極東におけるユダヤ勢力の拠点作りに派遣されたのではないか?彼が、半島人脈とユダヤを結びつける端緒になったのではないかと。そして、それは児玉、笹川と言った日本人売国奴との戦中からの秘密の関係をも含むものだったかもしれない。そうであれば、戦後、日本の裏からの経営を、これらの大陸ヤクザと在日勢力にGHQ〜ユダヤCIAが任せたのも、無理なく理解できるのですが。(中略)
自民党は、そもそも、大陸ヤクザ、児玉誉士夫が、戦犯容疑で収監中のところを、岸元総理らと共にGHQから特赦されて出獄してでっち上げた政党です。戦争中、麻薬密売を資金源として、旧日本軍の為に軍需物資の調達を中国大陸で行っていた児玉機関の長は、工業用ダイアモンドなどを隠匿していました。その一部を占領軍への賄賂に使って、戦犯容疑を不問にふしてもらい、その上で、残った貴金属を原資にして鳩山一郎に自由党を設立させた。その自由党が、自民党の母体となった。戦後のその時点で、児玉は岸信介らと、CIAとその背後の大資本家の下僕として、日本を経営する役割を与えられたのではないか?
自民党は、今でも、この児玉・岸のヤクザ人脈を受け継いで経営されていると解します。岸の直系の子孫も党の幹部の席に座っています。そして、児玉が、戦後に盟友となった笹川良一とともに、文鮮明なる韓国宗教詐欺師を日本に受け入れてしまった。そして、児玉と笹川は、文鮮明の「似非反共組織」と組み、自民党を裏から操縦してきました。文鮮明と共に韓国のヤクザ社会も日本にはいってきました。以後、文鮮明の統一教会傘下の勝共連合は、日本における在日右翼暴力団の纏め役として、日本社会に根を下ろしたのです。児玉らによる自民党支配は、今でも、文鮮明によって受け継がれています。自民党や民主党には、200名を超す勝共議員がいるといわれています。(中略)
さて、統一教会は、韓国のKCIAと深い関わりのある宗教です。当初は、「反共色」とは無関係のキリスト教っぽい普通の宗教だったらしいのですが、突如、文鮮明が「反共」を掲げ、韓国の軍事政権に取り入ることに成功したようです。
(以下略 転載終了)
以下 再掲載
アイゼンバーグのほうは、1940年に日本に来ています。戦争が始まるか始まらないかのタイミングです。
日本人のハーフを嫁に貰い、日本国籍を取得して戦後も日本に留まり、永野重雄の知己を得て屑鉄商売などで随分と成功したようです。
だが、突如日本を引き払い、韓国に渡ってしまいました。韓国でも事業を行い、
晩年は中国の北京に居を移して、中国で客死しました。
一つ注目すべき事実があります。彼が初代のモサド長官だったことです。


06. 2012年12月16日 14:20:28 : z8FNabwMfE
確かに野党の共産党

組織を守るための政党なんて論外です

小沢さんにたいしても、高裁で無罪が確定しても

説明責任とか市田が言ってましたが

あんまりバカなんで、無視する事にしました


07. 2012年12月17日 02:10:14 : 2GJZ0tYGHw
死んでも終わりじゃないんだぜ〜〜〜

清志郎元気で観てるか〜〜い?

魂を捨てずに死んでいった者たちだけで

派手にロックンロールしようぜBABY〜〜〜


8. 2016年4月02日 14:51:00 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[2173]
Domestic | 2016年 04月 2日 13:32 JST
忌野さん幻の創作ノート
http://jp.reuters.com/news/picture/%E5%BF%8C%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%93%E5%B9%BB%E3%81%AE%E5%89%B5%E4%BD%9C%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88?articleId=JP2016040201001342&slideId=1129615055
忌野さん幻の創作ノート

 2009年に58歳で亡くなったロック歌手忌野清志郎さんが、22〜24歳の時に記した創作ノートが見つかった。全30曲の一部は後のアルバムに収録されたが多くは未発表とみられる。率いたバンド「RCサクセション」が全国的に知られる前のもので、作品に対する自信の一方、世に認められるか不安を抱いていた様子がうかがえる。

 忌野さんの誕生日の2日から東京・原宿の喫茶店「シーモアグラス」で展示された。

 ノートは黒い厚紙の表紙が付いたB5判ほどの大きさ。「第六巻 ザ・マンション・マン」の題と、1974年2月から75年10月の日付があった。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016040201001342


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK141掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK141掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧