★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK142 > 763.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
特集 安倍晋三総理 対談 「独立自尊! 私は経済を 立て直す!」  (櫻井よしこ オフィシャルブログ)
http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/763.html
投稿者 真相の道 日時 2013 年 1 月 19 日 17:31:32: afZLzAOPWDkro
 


最初に私のコメントを、次に記事本文を記載します。
  
  
[コメント]

安倍総理と櫻井よしこの対談です。

安倍政権の基本的な方針が語られています。
安倍総理の主張が全面的に正しいわけではなく、国民による注意深い監視が必要と思われますが、少なくとも外交、安全保障、日本の財政、経済をガタガタにした、鳩山―小沢政権なんぞよりははるかに良いと言えそうです。
   
   
■ アベノミクスで株価上昇、過度な円高の是正など、景気回復への光が見えてきた
  
  
>ご存じの通り、2%という目標を示しただけで、実際に為替は動き、株価も上昇しましたね。

たしかに自民圧勝の予測が出始めたあたりから、株価は大きく上昇の傾向に変わり、総選挙後、過剰な円高も一段落して円高の方向に振れています。
アベノミクスをマーケットが好感している証拠と言えます。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=NKY%3AIND
  
  
逆に鳩山―小沢政権では大きく株価が下がっています。
※ 日経平均をグラフからざっくり見ると、09年総選挙時10492円 → 鳩山―小沢内閣退陣時 9537円
  
  
   
>仮に株価が上がったって、一部の金持ちの利益にしかならないじゃないかと批判する方もいる。
しかし、これは間違いです。なにしろ年金の運用の一部は、株式市場で行っているのですから。
したがって、株価を上げていくということはとても大切なんです。
たとえば、先に私が政権を担わせていただいた2006年から翌年にかけては、日経平均が約1万4,000円から約1万8,000円にまで上がりました。これによって、3兆円の運用益が出たんです。つまり、経済成長を続け、確実に株価を上げていけば、年金などの財政的な基盤も強化されていくわけで、非常に重要な点だと考えております。
  
  
株高は安倍総理の説明する年金運用以外にも、GDPの増大につながり、よって雇用の増大につながります。
株価の上昇がGDPを増大させ、景気を良くし、雇用を生み、税収も上がりと良い循環を生むことは当然です。
インフレターゲット政策には厳格な金利の監視・管理が必要ですが、それがきちんと行なわれるならハイパー・インフレを招かずに、日本の景気を上昇させることが可能でしょう。
   
   
    
■ 自衛隊から国防軍への変更は必要
  
  
>櫻井 国防軍創設には随分批判もありましたが、ナンセンスです。

>安倍 そうなんです。これは憲法9条を改正し、現に存在する実力組織を国防軍として定め、シビリアンコントロールも明記するというものです。むろん集団的自衛権の行使も可能とします。
自衛隊は国際社会においてはジュネーヴ条約上、軍隊として取り扱われる。そうしなければ権利を失い、たとえば相手国に捕まった時、捕虜として認められず、ただの人殺しとされてしまうんです。
「自衛隊を国防軍にするということは、戦争することを前提にしているんですか」と愚かな質問をする人達もいました。
なにもこちらから戦争を行うのではなく、攻められた時に対抗して、国民や国土を守らなければいけないでしょう。
そういう人には「防衛しなくていいんですか」と言いたい。たとえば、暴漢が家に押し入ってきて、自分の娘や息子をナイフで刺そうとしたら、必死に子どもたちを守って、相手を殴り飛ばすでしょう。治安の悪いところに住んでいて、いざという時に備え、日ごろから体を鍛えている人に、「それは暴漢が襲ってきた時に、相手を殴ることを前提にしているんですか」と訊くのと同じですよ。
  
  
安倍総理の説明する通り、自衛隊を国防軍に変更することは、自衛隊員の生命を守るために必須です。

どういうことかというと、有事の際に軍人が捕虜となった場合、ジュネーブ条約のもとでは捕虜として生命の安全が保障されます。
ここで最大のポイントは、その対象が軍人だけであることです。

ジュネーブ条約では、捕虜待遇の対象が「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員」(第四条(1))と、明確に限定されています。
  
※ 「捕虜の待遇に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーブ条約」は、下記を参照してください。
http://www1.doshisha.ac.jp/~karai/intlaw/docs/gc3.htm
  
  
ところが自衛隊は日本国憲法の規定により軍ではありません。
したがって自衛隊員は「軍隊の構成員」とはならず、捕虜としての扱いがされずにただの大量殺戮者、テロリストなどとして惨殺される可能性が高いわけです。
  
以上のような事態を是正し、自衛隊員が捕らえられた場合に他国に捕虜として待遇させ、自衛隊員の生命を守るためにこそ、憲法を改正し、自衛隊の国防軍化をすることが必須なのです。

安倍総理の主張する通りです。
  
  
    
[記事本文]

『週刊新潮』 2013年1月3・10日合併号
2013年 日本の針路を明らかにする!

安倍晋三総理(58)主導の金融緩和を市場が好感、久々に経済は明るい兆しを見せた。しかし尖閣を巡り中国に翻弄されるなど外交は劣化の一途を辿り、復興や拉致問題等の難題も山積している。新総理と日本復活への展望を語り合った。

櫻井よしこ この度は総選挙での大勝と、総理就任、おめでとうございます。

安倍晋三総理 どうもありがとうございます。

櫻井 「もう一度、日本の立て直しに挑戦しなさい」という神様の思し召しに思えます。すでに様々な仕事を始めておられますが、総理に再登板され、どんな日本を創っていきたいか、存分に伺いたいと思っております。

安倍 はい、確かに今回の総選挙では大勝できましたが、これは自民党に完全に信頼が戻ったうえでの結果ではないと自らを戒めなければいけません。2013年に行われる参院選までに成果や実績を出していかなければならず、緊張感を持った戦いが今後もなお続いていくわけです。

櫻井 その成果についてですが、安倍総理主導で日本銀行に2%のインフレ目標を掲げた金融緩和を促し、同時進行で政府も財政政策と構造改革を行う経済政策、いわゆる「アベノミクス」がすでに市場に好感されています。円高が是正され、長く低迷していた株価が上昇するなど具体的な効果が表れています。今朝、タクシーに乗ったら、運転手さんが「なんだか物事が動いてきましたね」と、なんとなく嬉しそうな声で話していたのが印象的でした。閉塞感に包まれ、塗炭の苦しみに喘いでいた日本経済が良い方向に動き始めたという実感を多くの人が共有する。それがとても大事なことだと思います。

安倍 経済においては、我々は金融政策と財政政策、それに成長戦略の3本柱で危機を突破していきたいと考えております。先の自公政権時代は、円高は是正出来ましたが、デフレからの脱却はあと一歩のところで果たせなかった。この反省の上に立って、経済政策におけるパワー不足を補うため、次元の違う政策を打ち出していこうとしています。とりわけ金融政策については、伝統的な手法にとらわれず、インフレ・ターゲットを設けて、大胆な金融緩和を行うという目標を掲げました。いろんな批判があるかもしれませんが、ご存じの通り、2%という目標を示しただけで、実際に為替は動き、株価も上昇しましたね。

櫻井 日本の株価は2008年のリーマン・ショック以降、半分ほどにまで暴落していました。もちろんどの先進国もリーマン・ショックでダメージを受けましたが、下落率は2割弱です。日本ほど惨憺たる数字に陥った国はありません。

安倍 それは民主党政権下において、政府がやるべきことをやらなかったためです。一方では、仮に株価が上がったって、一部の金持ちの利益にしかならないじゃないかと批判する方もいる。しかし、これは間違いです。なにしろ年金の運用の一部は、株式市場で行っているのですから。したがって、株価を上げていくということはとても大切なんです。たとえば、先に私が政権を担わせていただいた2006年から翌年にかけては、日経平均が約1万4,000円から約1万8,000円にまで上がりました。これによって、3兆円の運用益が出たんです。つまり、経済成長を続け、確実に株価を上げていけば、年金などの財政的な基盤も強化されていくわけで、非常に重要な点だと考えております。我々はこの経済政策で断固としてデフレから脱却するんだ、円高是正を進めるんだという強い国家意思をマーケットに示していきたい。

独立自尊の精神

櫻井 景気浮揚では、物事を前向きに捉える気持ちを持てるか否かが本当に重要ですね。小泉政権時代に経済財政担当相等として構造改革を進めた竹中平蔵さんにお聞きした話ですが、「景気」という言葉は英語にはないんだそうです。日本人はこの「景色を見る気持ち」を持っている。新生安倍政権の全体像を見て、国民の期待が膨らみ、気持ちが上向きになることが、景気を上向きにする大きなきっかけになります。その意味で国民の信頼を勝ちとれるように実績をあげてほしいです。

安倍 分かりました。先の安倍政権時代には、金融の量的緩和のおかげもあり、名目GDPが513兆円に増え、税収も51兆円まで数兆円増加した。しかし、そんな中、2006年の前半に日銀は金融の量的緩和をやめてしまったんです。デフレ・ギャップが埋まったという判断からです。しかし、その後、デフレ・スパイラルに陥り、日本経済は閉塞状況から抜け出せなくなった。もしあの時にインフレ・ターゲットを導入していれば、まだ物価上昇率が足らなかったわけですから、量的緩和は続けられていました。そうすれば、GDPは名目が実質を逆転し、デフレ不況からも脱却出来ていたのではないかと悔やまれてなりません。

櫻井 06年のことは本当にそうでしたね。一方で、物価だけ上昇して、給与が上がらず、ハイパー・インフレになるかもしれないと危惧する声もあります。そうならないように対処できますか。

安倍 それを心配する声があるのは承知しています。しかし、かつて物価目標を設けた国でハイパー・インフレに陥ったところは世界中、探しても一つもないんです。なぜなら、当然、リミットの目標を超えれば、日銀が引き締めに入って、物価を抑制しますから。それができないなら、中央銀行は要らないですよ。

櫻井 なるほど、政策および独立性の両方において日銀問題は非常に重要ですね。ところで、民主党政権を振り返ると、その根本的な欠陥の一つは、バラマキによって、国民の政府への依存心を強めたことです。自分で難局を切り開く気持ちを後退させてしまった。

安倍 経済においても、社会保障においても依存心を強くする政策でした。かつて私が政権を運営していた時より、今は労働者人口が140万人も減ってしまった。その一方で、生活保護受給者は増え続けて200万人を突破し、これにかかる費用は4兆円近くにまで膨張してしまいました。やはり独立自尊の精神が欠如していますね。

櫻井 外交でも独立自尊の精神こそ、非常に重要ですが、いかがでしょうか。

安倍 まさにその通りです。この精神を持っている国には、どこの国も尊敬の念を抱く。しかるに民主党政権にはそんな矜持がなかった。何の戦略もないまま、徒に日米同盟を悪化させ、対中国、対韓国関係においては、非常に低姿勢で臨んだにもかかわらず、結局、どれもうまくいかなかった。

櫻井 尖閣を国有化したのに、民主党政権は何もできませんでしたね。この間、中国には領土や領海、領空侵犯までしたい放題、されてしまった。歴代の自民党政権も本質的に尖閣問題を放置してきた。安倍政権はこの中国の横暴にどう対処しますか。毅然とした態度で臨んでもらえるのでしょうか。

安倍 民主党政権では非常に腰を低くして、中国に対応していましたが、それで結果は逆になった。中国に進出している企業や店舗が中国人に襲われ、焼き討ちに遭ったり、日本人が危害を加えられる事態に発展しましたが、言語道断で、お互いに絶対やってはいけないことです。お互い価値観が違いながら、一衣帯水の関係にある日中が、何かと問題を抱えるのは仕方がない。でも、こういう時に、外務省の人たちは黙って嵐が過ぎ去るのを待とうとしがちです。結果として嵐は過ぎ去らない。いよいよ激しくなって、何度も襲ってきます。だから、譲れない点は譲れないとはっきり相手に伝え、戦略的にきちんと我が国の意見を表明することが肝要なんです。

櫻井 靖国参拝も、他の国からするなと言われたから、しないということはあってはならないことです。相手と真剣に話し合い、こちらの主張を少なくとも論理的に理解させて、総理が靖国を参拝できる状況を作るのが、外務省の本来の役割です。それなのに他国の価値観に従って、外交を推進しているように見えます。安倍総理はどうお考えですか。

安倍 前回の総理在任中に靖国を参拝できなかった事は痛恨の極みだと申し上げました。やはりお国のために一生懸命働き、尊い命を失った英霊たちに国のトップが崇敬の念を表明するのは当然のことで、どの国のリーダーもそうしています。

櫻井 それが出来て初めて日本はまともな国になれますし、国民は日本のために力を尽そうという気持ちにもなれますね。

なぜ「国防軍」が必要か

櫻井 韓国では女性の朴槿恵さんが大統領になります。前任の李明博大統領が竹島上陸を強行し、日韓関係は悪化、朝鮮半島への中国の影響力が強まっていくかに見えます。高まる中国の脅威の前に、アジア太平洋諸国は史上初めて激しい軍拡の時代に入っています。この事態に対し、安倍総理は従来とは違う方向性を打ち出しています。早くからインドとの戦略的関係の重要性を強調なさったように、日本が海洋国家であることを明確にしました。そして日本の海を守るため、海上保安庁を強化し、巡視船など船舶数を増やす。自衛隊の人員や装備、予算も拡充すると仰っています。これらは他の東南アジア諸国もインドも「もっと早くやってほしかった」と、強く要望していることです。

安倍 確かに中国の軍事力だけが突出して、パワーバランスが崩れると、結果として不安定化して、紛争が起りやすくなります。それを崩さないようにするため、日本は日本の役割を果たさなければいけない。そのために総選挙では憲法を改正し、自衛隊を国防軍にすることの必要性を訴えました。

櫻井 国防軍創設には随分批判もありましたが、ナンセンスです。

安倍 そうなんです。これは憲法9条を改正し、現に存在する実力組織を国防軍として定め、シビリアンコントロールも明記するというものです。むろん集団的自衛権の行使も可能とします。自衛隊は国際社会においてはジュネーヴ条約上、軍隊として取り扱われる。そうしなければ権利を失い、たとえば相手国に捕まった時、捕虜として認められず、ただの人殺しとされてしまうんです。「自衛隊を国防軍にするということは、戦争することを前提にしているんですか」と愚かな質問をする人達もいました。なにもこちらから戦争を行うのではなく、攻められた時に対抗して、国民や国土を守らなければいけないでしょう。そういう人には「防衛しなくていいんですか」と言いたい。たとえば、暴漢が家に押し入ってきて、自分の娘や息子をナイフで刺そうとしたら、必死に子どもたちを守って、相手を殴り飛ばすでしょう。治安の悪いところに住んでいて、いざという時に備え、日ごろから体を鍛えている人に、「それは暴漢が襲ってきた時に、相手を殴ることを前提にしているんですか」と訊くのと同じですよ。

櫻井 そもそも自衛隊は英語にすると「セルフ・ディフェンス・フォース」で、国防軍は「ナショナル・ディフェンス・フォース」。「隊」も「軍」も同じ「フォース」です。自衛隊が軍とは違うなんて主張は、国際社会では全く通用しません。安倍政権では、かけ声だけではなく、実際に国防軍創設の実現に向け、歩を進めていただけますか。

安倍 私は自衛隊の諸君に対し、立法府の一員として責任を感じています。彼らが何を嫌がるかというと、海外に出て行った時に、他国の兵士から「お前たちは、『セルフィッシュ・ディフェンス・フォース』だ」とからかわれることなんだそうです。要は、利己的に自分たちだけを守っていると思われている。これに対し、隊員の諸君たちは、「私たちは地域の平和のために命をかけている」という自負がある。だから、セルフという文字を外して、名前を変えてほしいという気持ちが強いんです。だから私はこれをナショナルに変えて、国防軍にしたいと考えているんです。

櫻井 北朝鮮による拉致問題についてもお聞かせください。民主党政権は松原仁担当大臣を置きながら、野田佳彦前首相自ら、松原さんとは異なる人脈を使って交渉しようとしたという確度の高い情報があります。同じ政府内でバラバラの動きをするようでは成果は望めず、結局、何も進みませんでした。いま被害者家族の総理に対する期待感には高いものがあります。

安倍 北朝鮮の体制が変わり、金正恩政権になりました。父親と違い、本人が直接、拉致に関わっていないわけですから、そこに交渉の上でチャンスはある。とはいえ、やはり父親の判断を否定しなければなりませんから、一筋縄ではいきません。私はこの数年、新たに科されなかった圧力をもう一度かけていく必要があると思います。アメリカとともに行う金融制裁などは効果があったんです。こうした金融封鎖に果敢に挑戦して、「拉致問題を解決せよという日本の要求を受け容れざるを得ない」と判断させていきたいですね。

櫻井 震災復興についてもお尋ねします。これも民主党政権によって、「人任せ」の傾向が強まり、福島県の復興が遅れていると思います。震災以降、私はボランティアで福島を訪ねています。避難生活の方々は本当にお気の毒です。ただ、福島市や郡山市で避難生活を強いられている人には、政府の支援に加えて東京電力から1人月額10万円の補償が出ます。所得税もかかりません。このような援助に依存し続けると、故郷に戻って生活を立て直そうという気持ちになかなかなれないのではないかと、被災地の人々自身が真剣に心配しています。私も実は同感です。警戒区域の指定が解除されて、帰れる故郷がある人は、戻って生活を立て直すことこそ大事です。援助はそのような自立を促す方向で行い、生きたお金の使い方をしてほしいと願わずにはいられません。依存心ではなく、自立心を促す援助と補償が、いま何よりも必要だと思います。

安倍 そうですね。復興が遅れているのは、復興庁のあり方にも問題があると思っています。東京で物を言うのではなく、まず現場に赴いて、市町村レベルに出て行き、復興に立ち上がろうとする人々と共に取り組むという姿勢が必要です。補償についても、東電任せではなく、最終的には国が責任を持ち、もっと前面に出て行くべきだろうと考えています。

櫻井 国が責任を持つということを、言葉だけで繰り返し、殆どの施策を現地に任せたのが民主党で、住民の国への不信感もそこから生まれています。ですから、言葉だけでなく、復興の具体策を通して被災地の人々に復興にかける国の意思を実感してもらうことが大事ですね。放射線の除染も問題です。私はかねがね、「年間1ミリシーベルト以上を除染対象値とする」と定めた民主党政権の非科学的な方針が復興を遅らせていると批判してきました。

安倍 櫻井さんの仰る通り、「1リシーベルト」という基準が一人歩きしてしまいました。

櫻井 1ミリシーベルトが安全か危険かの限界線と誤って捉えられています。私たちは普通に生活していて、自然界から年間1・5ミリシーベルトの放射線を、レントゲンなど医療から4ミリシーベルト、食べ物からも0・5ミリシーベルトを受けています。それなのに、すべて1ミリシーベルト以下になるまで除染するというのは非現実的というほかありません。このせいで、本来なら帰れる故郷があるのに、怖くて戻らない人たちがたくさんいます。地域復興を徒に遅らせた民主党政権の責任は本当に大きいです。

2番ではなく世界1の国へ

安倍 いずれにせよ、日本が抱える諸問題を解決するには、国力を上げていく必要がある。そのためには、やはりまず第一に日本経済の再生が急務です。先ほど、金融緩和と財政政策をセットで行うと申しました。この財政政策は、公共投資による財政出動になります。世の中の評判は必ずしも良くありませんが、民間の投資、消費を引き出し、雇用を生み出すため、国民の安全を守るための未来への投資を行いたい。

櫻井 加えて規制緩和等による成長戦略も必要ですね。

安倍 はい。その一例として医療分野が挙げられます。我が国の医療技術は世界に展開出来る力があるのに、薬事法などの規制が厳しくて、医療機器や薬は世界の最高水準には達していない。潰瘍性大腸炎という難病を患っている私が再び総理の座に就くことを可能ならしめた「アサコール」という薬も2009年にようやく認可されたもの。これは他の国より十数年も遅れているんですよ。なぜなら治験の段階で一度、「薬効なし」という判断が下されたからだそうです。私には劇的に効果があり、他の多くの患者もこの薬に救われているのに不思議な話です。それに我が国が誇る、ノーベル賞受賞者の山中伸弥・京大教授のiPS細胞・再生医療に関わる薬についても然り。日本ではまだ3つしか創られておらず、それに比べ、他の国はたくさん創薬していると聞きます。それも規制や税制上の問題ゆえです。他にもこういう分野があり、それらを網羅的に見直していきたいですね。

櫻井 国際社会での競争力は即ち教育力です。子どもから大人にいたるまでの教育改革にも取り組み、日本再生を推進してください。期待しております。

安倍 ありがとうございます。我々は民主党政権と違い、「2番」ではなく、「世界1」を目指しますから。あらゆる分野で世界1になることによって、日本を復活させます。

http://yoshiko-sakurai.jp/2013/01/10/4477
  
  
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年1月19日 17:51:31 : EcvzSYHECy
不正選挙の次は日中核戦争ですか。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/007/135857125014213105386_kmkw.jpg


02. 2013年1月19日 17:58:25 : Lqbf10IX7E
いや、現在でも自衛隊はジュネーブ協定で「軍隊」と見なされているんじゃないの?対外的に見れば軍隊だからね。安倍首相も、ちょっと曖昧な言い方をしている感じがするが、どうなのかね?例えば、仮に尖閣を巡る戦闘で自衛隊員が中国の捕虜となった場合、条約上の権利が適用されないのかな?PKFで派遣された自衛隊が、捕虜になった場合、ジュネーヴ条約の保護を受けないとは考えにくいのだが。つまり、交戦中の敵国に「捕虜として扱わない」口実を与えかねないという意味なのかな?

それから、国防軍は別にNationalではくともいいんじゃないの。イスラエルだって英訳はIDF、または ISDFだからな。ま、名称「国防軍」でも全く構わないけどね、私は。

では爺


03. 2013年1月19日 18:12:39 : 65vt3h07xM
しったかぶりの櫻井よしこに評価されると、アベノミクスの不安要因になるからやめさせろ。

こういう連中を晋三に近づけるな。
晋三は景気対策を旗振り役であれば良い。

それ以外に何もするな。何も考えるな。


04. 2013年1月19日 18:21:12 : 4dMv2IFoM6
ばかばかしい。ものは言いよう。

そりゃあ、日米共同で株買い上げ、さらに円安誘導すれば、株価は上がるだろう。

でもそのかわり、輸入品、とりわけエネルギー価格や食料品価格が上がると、いちばん苦しむのはカネのない庶民だ。


05. 2013年1月19日 18:23:42 : t4OE8qwFPM
ぷっワロタwww
アベノウンコミクスってこの程度というより

頭の弱い安部晋三を利用して

きっかけ作りだけ

あとは用なしアベしんぞう

所詮お坊ちゃまの発想では

日本経済建て直しなど程遠い

さすが貧相の馬鹿が必死こいて盛り上げても

所詮下痢ピー晋三とイカズ後家の桜井

日本はこの二人無用。


06. 2013年1月19日 18:24:03 : s3vzXhnNp2
>>02
>現在でも自衛隊はジュネーブ協定で「軍隊」と見なされているんじゃないの?対外的に見れば軍隊だからね。安倍首相も、ちょっと曖昧な言い方をしている感じがするが、どうなのかね?例えば、仮に尖閣を巡る戦闘で自衛隊員が中国の捕虜となった場合、条約上の権利が適用されないのかな?
  
  
それは論理的根拠のない楽観論だな。

日本国憲法の規定により、現在日本には軍はない。

『陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。』(憲法9条)

一方、捕虜の待遇規定は投稿記事にある通り、ジュネーブ条約で明確に「軍」に限定されている。
つまりジュネーブ条約の規定上は、自衛隊員は捕虜として扱わなくていいということになる。

以上のロジックにより、自衛隊員が敵国に捕まった場合は、これは軍の構成員ではない、ただの大量殺人者だとして殺害される可能性はあるね。

捕まった先は日本の敵国なのだから、ジュネーブ条約の規定通りに日本にとっては厳しい対応を取る可能性が高い。

上記のロジックで、軍隊の構成員ではないんだろ、だって日本自身が憲法によって軍隊だと認めていないじゃないかと言われて捕虜が殺害されても、論理的な反論は不可能だ。

安倍総理の主張するように憲法を改正して国防軍にすれば、そういう危険性はなくなるわけだね。
  
  


07. 米犬 2013年1月19日 18:35:41 : PUHl6PtDGaXFs : 4Q80R8Zler
すべて安倍氏の言う通り!

自衛隊の地位を法的にもしっかりとして、世界の平和、中国共産党打倒に役立ってもらいたい。

共産党に弾圧されている中国国民を救うことも日本にとって大切なことだ
もう少しだろう!


08. 2013年1月19日 18:41:24 : 4dMv2IFoM6
>>06

おい、売国の道、どうして安倍内閣に竹島の国際司法裁判所提訴を訴えないのか?

おまえは、それが正しいと阿修羅でも何度も投稿していたくせに、野田内閣が結局提訴を引っ込めても何も怒らないじゃないか?

小沢に関してはあれこれ重箱の隅をつつくくせに、

自民党や、隠れ自民党ウヨ政治家には何も言えないから、バカウヨ・クズウヨ・工作員とバカにされるんだよ。

お前自身が、自分の言動がいつも一致してないだろ、卑怯者。

竹島、共同付託 提案へ … 韓国拒否なら 単独提訴  (YOMIURI ONLINE)
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/652.html
投稿者 真相の道 日時 2012 年 8 月 21 日 10:34:52: afZLzAOPWDkro
>韓国による竹島への軍事侵攻、実効支配は、領土問題がある中で一方的に行われたこと、領土問題があるにもかかわらず韓国は軍事侵攻し、平和的な解決策である裁判をこれまでも拒否してきたこと。
つまり韓国は、裁判という平和的解決を拒否し、一方的に軍事侵略する軍事侵略国家であること。
これらを世界中に知らしめることになるわけです。
国際司法裁判所への提訴は、このように非常に効果的なのです。


09. 佐助 2013年1月19日 19:07:20 : YZ1JBFFO77mpI : TUhrPgEJIU
アベノミクス&素材技術ブームは一年半で終わるだが
新しい基軸通貨体制により、戦争なしに世界信用収縮恐慌が収束できる
ドル暴騰ユーロ・円下落は金本位制を一部の州が行ったからです。ドル・ユーロ・円がそれぞれ25%の金を分かち合い確保しないと続きません,またドル崩壊が続きます。ブームは2013年のみ,素材ブームは一年半で終わります。

日本商品の世界的優位性は2019年まで継続するが、次々と後進工業国にイニシアチブを奪われる。そして米国のようにサービス産業の優位は2040年まで維持できる。金本位制によってドル円ユーロ三極通貨による固定為替体制が安定する。そして、サービス分野での優位性は上昇する。

中国とインドと南アフリカとロシアは,溜め込んだドル・ユーロ・円の基軸通貨と保有キンのバスケットのペッグ制によって、間接的に為替レートに、自国通貨を固定化することができる。そうして、その輸出大国を維持することが可能となる。だが、これらの国は、多民族国家&多部族国家であるから基軸通貨になれない。

現在香港ドルの崩壊消滅を、秒読み段階に突入している。米ドル大暴落は、確実に、香港銀行のデフォルト(債務不履行)を発生させる。現在先延ばしされているだけである。通貨の垂れ流しは、必ずインフレ=物価の上昇を発生させる。だが、通貨の価値の下降=物価の上昇を発生させるハズなのに、インフレが発生しない現象だから、デフレ(インフレにならないインフレ)とよばれる。ハイパーインフレとよぶ、急激な通貨の価値の下降=物価の上昇は、預金凍結や新紙幣の発行交換をしても、沈静化には三年以上かかる。今回は米ドルが、第三次金本位制を採用するまでは、どの国も、米ドルとのぺッグ制によって、ハイパーインフレから脱出することができなくなる。

2013年は、商品を構成する素材・デザイン・色彩・プリント・技術などの要素が、一斉に反転する珍しい年になる。この大反転は2008年からはじまり、2013年に、誰もが、大反転したことを認識できる。認識した時に、一時的に消費ブームとなり「景気は回復した」とマスコミは騒ぐ。だが、一斉に増産するため、ブームは一年半で終わる。そして我々は古今未曽有の地獄絵図を2015年〜2017年に体験することになる。しかも弱肉強食の政策なので証券・銀行・為替の一時閉鎖は絶対に避けられない。政権交代も続く。

「予測される進捗状況」
2008〜13米国は、通貨の発行尺度を保有キンにする政策,金本位制を一部の州が行った。すると2013年にドル暴落が一時止まり,ドル暴騰ユーロ・円下落している。しかしアベノミクスバブルを繰り返すとドル暴落から円高が進む,円安では世界商品優位性が成り立たない。円安200円越えても景気は回復しない。

2013〜ユーロも、加盟各国の保有キンを合算し、ユーロ通貨の発行尺度とする。その結果、ユーロ上昇。ドルと円下落。世界の国が、激烈なキン争奪戦争をスタートさせる。それでも世界恐慌とドル崩壊は沈静化しない。

2014〜日本政府が、日本国民のキンの輸出入と売買を禁止し、日銀のみの買上げ実施。世界の保有キンは、ドルとユーロと円に、ほぼ三分割され、世界通貨は三極支配体制となる。金本位制採用すると,1ドル200円は超える。世界恐慌とドル崩壊も収束する。

2013にスタートする第二次産業革命と今後の金本位制採用による自然エネルギーの産業革命を10年前倒しすると景気も雇用も回復し,素晴らしい世の中を満喫することができる。


10. JohnMung 2013年1月19日 19:38:52 : SfgJT2I6DyMEc : NCGVbPobWU

06. 2013年1月19日 18:24:03 : s3vzXhnNp2
     ↑
 ID= s3vzXhnNp2 =「真相の道」=Vaka=権力・日米既得権益亡者(シロアリ)の犬=大多数の国民の敵・売国奴よ

 安倍自公政権の「竹島の日の国の日指定ずらし」はどうするのだ?
 安倍自公政権が竹島の国際司法裁判所提訴を逡巡しているざまをほったらかすのか?

07. 米犬 2013年1月19日 18:35:41 : PUHl6PtDGaXFs : 4Q80R8Zler
     ↑
 ID= 4Q80R8Zler =「米犬」=アメポチよ
 貴様にも同じことを問う。

 安倍自公政権の「竹島の日の国の日指定ずらし」はどうするのだ?
 安倍自公政権が竹島の国際司法裁判所提訴を逡巡しているざまをほったらかすのか?

 その上で、貴様らネトウヨどもには、問いただしたいことがあるから覚悟していろ!


11. S.T 2013年1月19日 20:08:44 : TNEHs1z1b5edM : dhZI7NKdtA
こりゃ詐欺師の言う事だわ。

私たち国民が求めているのは
普通に生活を営み、普通に働いて普通に休んで普通に遊んで普通に死んで行く事なんだよね。

>我々は民主党政権と違い、「2番」ではなく、「世界1」を目指しますから。あらゆる分野で世界1になることによって、日本を復活させます。

肝心な事を言っていない。
もしもアメリカ、中国、ドイツ、フランス、イタリア、韓国、インドなどの世界中の国家や国民が「世界一を目指す」と言えばどうなるのか想像出来るのか?
身分相応って言葉があるように、世界中から争乱の元凶を無くす事で、例え世界一を目指した結果が貧民世界一になっても、それが紳士的社会であるならばお互いに助け合い、発展して行く社会を目指すもんなんだよね。

普通の生活が営める国家ばかりならば、戦争が起きる可能性も極端に低くなる。

ちなみに世界一とは、一体どんな世界一なのか?
そしていつまでに達成するのか?
こういった「主語の無い」目標は詐欺師そのものだよ。

大事な事だからもう一度書いておく。
世界一なんてどうでもいいんだよ。
普通に暮らせて普通に生活が出来て普通に食べて普通に遊んで普通に働いて普通に休んで普通に競争したり助け合って、普通に家族に見送られながら死んで行きたいんだよ。
普通の生活の出来ない国家は最悪の国家だよ。
そんな普通の暮らしを捨てて何でもかんでも世界一を目指すなんて狂っている。


12. 2013年1月19日 20:29:01 : cWIBtbognM
不正選挙をして平和憲法ぶっ壊し
徴兵、米国のために戦争準備あべし

13. 2013年1月19日 21:10:07 : WLxNps94HA
詭弁の極み

ガソリンとかじわじわ上がってきてるぞ、それでいけるんだな?


14. 2013年1月19日 21:49:12 : VtOEAeXZZM
安部が又、下痢で政権を投げ出すのはいつの日か?
遠くないぞ!阿部はキャンキャン言うけど、口だけ!
実力「O」は証明済み。

安部にクチャクチャにされる前に、庶民の財産は
きっちっと保全することが大事だな。

何せ、不況のどん底で消費税を上げる狂った集団だからな!


15. 2013年1月19日 22:06:50 : lRYfivAqeo
「年金は最後のお一人まで」「ウチュクチュ〜国」「拉致被害者全員の帰国」

「日本を取りもろす」????あまり大口叩かん方がいいぞ!!ゲリゾ〜〜君。

国民は何も期待してないよ!!!君には無理!!!早晩行きずまる。


16. 2013年1月19日 23:10:23 : Lqbf10IX7E
>>6 日本はジュネーブ諸条約の締結国だからね。自衛隊の捕虜が「単なる殺人者」と見なされて敵国に処遇されることはありえないんじゃないの?ただ、日本政府が、ジュネーブ条約に基づいて紛争相手国に、要求や、申し入れをするときに、憲法に抵触するとして、国内で問題になる可能性があるということではないの。社民党や共産党が横槍をいれてきたりとかね。

では爺


17. 2013年1月19日 23:56:59 : 7oSKGju5kA
花見酒再開に便乗する様な株価などどの道健康ではない。
寧ろ低迷していた期間の其れが虚を排した日本の実態なのだろう。

次は何を踏みつけて花見酒始めるのか
既に踏み台は壊れかけている


最近大規模にあちこちで壊れてすらいる
人が。 物が。

もう身の丈何倍も越えた蝋燭足の背伸びに付き合う余裕など無い筈だ
まだやるのか。 次は何を贄にする


18. JohnMung 2013年1月20日 03:47:04 : SfgJT2I6DyMEc : mroDvzkVpw

 06>ID= s3vzXhnNp2 =「真相の道」=Vakaと07>ID= 4Q80R8Zler =「米犬」は、下記に答えろよ! 答えられないのか? いつもように、一方的なカキコをして、トンズラするのか?

 安倍自公政権の「竹島の日の国の日指定ずらし」はどうするのだ?
 安倍自公政権が竹島の国際司法裁判所提訴を逡巡しているざまをほったらかすのか?

 安倍晋三自公政権のこと、心配しているバカメディアやネトウヨ・バカウヨどもへ!

 訪米時期を延ばされた挙げ句、2月に実施される訪米第一次試験での傾向と対策は、下記の通り、ばっちりなそうな。

 朴女史の大統領就任日前に、「竹島の日」を国の日に指定すると、後が怖いので、しばらく様子を見ます。
 「自民党政権が韓国と締結した日韓漁業協定の暫定水域は竹島を「韓国領」とした場合よりも大幅に日本側に食い込んでいた」
 http://gaikoanzenhosyo.blog4.fc2.com/blog-entry-610.html

 尖閣ではすでに、戦争お宅の茂ちゃんと、びびり実績があるので、前例に倣うようにいたします。
 「安倍氏と石破氏 過去に尖閣めぐり中国に弱腰外交の経験あり」
 http://www.news-postseven.com/archives/20121214_159120.html
 「安倍晋三氏 2004年の中国人尖閣上陸事件で長時間の上陸許す」
 http://www.news-postseven.com/archives/20120914_142610.html
 「対中外交 強気な安倍氏も本気で構えたら大変との指摘出る」
 http://www.news-postseven.com/archives/20121001_146532.html
 佐藤優「自民党時代に結んだ奇妙な協定で尖閣周辺の中国漁船を取り締まれなくなった」
 http://blogos.com/article/46928/
「安倍ちゃん! 都合の悪いことは報道規制ですか? 中国漁船の船長ら、日本側が釈放−新華社」
 http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/197.html

 靖国参拝は、韓国だけではなくて、中国からどやしつけられそうなので、行かなくて済むように、やりくり中です。
 「安倍晋三氏「この状況では靖国参拝表明はない」と安倍氏側近」
 http://www.news-postseven.com/archives/20121120_155817.html

 原発については、福島県連向けのようなことなど総選挙中のリップサービス・まやかしサービス等はなかったことにします。
「原発狂の自民党が、福島の人らに約束したこと!ど〜ん!」
 http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/368.html
 投稿者 mainau 日時 2012 年 12 月 19 日 19:35:26: GgaPs4QXWLwO2

 近々、訪米しますが、何があっても、藪(ブッシュ)にキジ撃ちに寄らずに、小浜(オバマ)に直接行くようにします。

 オスプレイはじめ軍備増強費、原発関連投資、TPP(農業〜製造業、金融・保険〜医療・福祉、文化・地方自治等々)まで、USAと国際資本のご意向を伺って参ります。
 「尖閣問題 オスプレイ配備を目指した米国が焚きつけたとの説も」
 http://www.news-postseven.com/archives/20121014_148219.html

 ここだけの話ですが、国民のいのちと暮らしなんて、二の次、三の次、・・・どうとでもいいことというのが、安倍自公政権の本音です。弱者の味方の振りをしている股座膏薬の公明党は、「悪の自民党が悪いことを少しでも薄めるように、政権に入っているのです」といつも僕ちゃんは好い子ぶっているのです。自公政権は、消費税増税の前に、カルト教団も含めて税逃れに悪用されている宗教法人課税をしっかり進めてみろ。

 バカメディア対策は時々、官房機密費を使って、手土産に二段重ね菓子折付きで、高級料亭接待すれば、懐柔します。

 女性問題については、子鼠の引き起こした問題をもみ消した実績を持つ飯島某を、官邸入りさせているので、ご安心下さい。

 「真相の道」=Vakaはじめネトウヨどもは、上記で取り上げたことをなぜ追求しないのか? やってみろよ! アメポチ・売国奴にはできないだろうな!
 貴様ら、日本人か? 潜りではないか?


19. 2013年1月20日 09:57:34 : oQcsEYbqAI
晋三の道クン、晋三いのち? 
詐欺師というよりただ知的レベルに問題があるだけでは?
晋三総理もご同様ですが、桜井ヨっちゃんなんかにコロリとだまされる手合い。
世のため人のためと信じて必死に投稿を頑張ってるつもりのようですが・・・。
まーこの投稿で最下層階級ネトウヨの典型だと証明されました。

20. 2013年1月20日 11:02:00 : DcxDg6lzRM
安倍と櫻井はなにワケのわからないことをくっちゃべってんの?
   
   
■ 自衛隊から国防軍への変更は必要
  
  
>櫻井 国防軍創設には随分批判もありましたが、ナンセンスです。

>安倍 そうなんです。これは憲法9条を改正し、現に存在する実力組織を国防軍として定め、シビリアンコントロールも明記するというものです。むろん集団的自衛権の行使も可能とします。
自衛隊は国際社会においてはジュネーヴ条約上、軍隊として取り扱われる。そうしなければ権利を失い、たとえば相手国に捕まった時、捕虜として認められず、ただの人殺しとされてしまうんです。


??ジュネーブ条約をちゃんと読んでりゃこんなアホみたいなことを言うやつを我々は政治の上に立たす愚を恥じるはずだ。
また真相の道の自衛隊は日本国憲法では認められていないからという屁理屈も輪をかけて酷い。アホはアホに通ずの見本だ。
安倍が拘る国防軍の対象にされている防衛省からジュネーブ条約の捕虜の条文をコピペしてやったから真相の道は文章をちゃんと読め。
読み込む能力がないオマエでもコレくらい読めるだろ。
それでも理解できなけりゃオマエの脳みそは壊れて死んでいるってことだよ。


捕虜の待遇に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(第三条約)

第一編 総則

第一条〔条約の尊重〕

 (第一条約の第一条と同じ。)

第二条〔条約の適用〕

 (第一条約の第二条と同じ。)

第三条〔国際的性質を有しない紛争〕

 (第一条約の第三条と同じ。)

第四条〔捕虜〕

A この条約において捕虜とは、次の部類の一に属する者で敵の権力内に陥ったものをいう。
(1)  紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員
(2)  紛争当事国に属するその他の民兵隊及び義勇隊の構成員(組織的抵抗運動団体の構成員を含む。)で、その領域が占領されているかどうかを問わず、その領域の内外で行動するもの。但し、それらの民兵隊又は義勇隊(組織的抵抗運動団体を含む。)は、次の条件を満たすものでなければならない。
(a)  部下について責任を負う一人の者が指揮していること。
(b)  遠方から認識することができる固着の特殊標章を有すること。
(c)  公然と武器を携行していること。
(d)  戦争の法規及び慣例に従って行動していること。
(3)  正規の軍隊の構成員で、抑留国が承認していない政府又は当局に忠誠を誓ったもの
(4)  実際には軍隊の構成員でないが軍隊に随伴する者、たとえば、文民たる軍用航空機の乗組員従軍記者、需品供給者、労務隊員又は軍隊の福利機関の構成員等。但し、それらの者がその随伴する軍隊の認可を受けている場合に限る。このため、当該軍隊は、それらの者に附属書のひな型と同様の身分証明書を発給しなければならない。
(5)  紛争当事国の商船の乗組員(船長、水先人及び見習員を含む。)及び民間航空機の乗組員で、国際法の他のいかなる規定によっても一層有利な待遇の利益を享有することがないもの
(6)  占領されていない領域の住民で、敵の接近に当り、正規の軍隊を編成する時日がなく、侵入する軍隊に抵抗するために自発的に武器を執るもの。但し、それらの者が公然と武器を携行し、且つ、戦争の法規及び慣例を尊重する場合に限る。

B 次の者も、また、この条約に基いて捕虜として待遇しなければならない。
(1)  被占領国の軍隊に所属する者又は当該軍隊に所属していた者で、特に戦闘に従事している所属軍隊に復帰しようとして失敗した場合又は抑留の目的でされる召喚に応じなかった場合に当該軍隊への所属を理由として占領国が抑留することを必要と認めるもの。その占領国が、その者を捕虜とした後、その占領する領域外で敵対行為が行われていた間にその者を解放したかどうかを問わない。
(2)  本条に掲げる部類の一に属する者で、中立国又は非交戦国が自国の領域内に収容しており、且つ、その国が国際法に基いて抑留することを要求されるもの。但し、それらの者に対しては、その国がそれらの者に与えることを適当と認める一層有利な待遇を与えることを妨げるものではなく、また、第八条、第十条、第十五条、第三十条第五項、第五十八条から第六十七条まで、第九十二条及び第百二十六条の規定並びに、紛争当事国と前記の中立国又は非交戦国との間に外交関係があるときは、この条約の利益保護国に関する規定を適用しないものとする。前記の外交関係がある場合には、それらの者が属する紛争当事国は、それらの者に対し、この条約で規定する利益保護国の任務を行うことを認められる。但し、当該紛争当事国が外交上及び領事業務上の慣習及び条約に従って通常行う任務を行うことを妨げない。

C 本条は、この条約の第三十三条に規定する衛生要員及び宗教要員の地位に何らの影響を及ぼすものではない。


21. 2013年1月20日 12:09:23 : s3vzXhnNp2

>>20 = DcxDg6lzRM は、『なにワケのわからないことをくっちゃべってんの?』
  
  
条文を引用しただけで、具体的な論理構築ができないところを見るとよほど頭が悪いのだろうw
  
  
投稿記事にもある通り、下記のように自衛隊はジュネーブ条約の捕虜待遇規定の適用される団体には該当しない。
ここまで詳しく説明しないと理解できないようではお気の毒としか言いようがない。
 
  
@ 投稿記事にある通り、憲法の規定からして自衛隊は軍隊ではない。
『陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。』(憲法9条)

つまり自衛隊は自衛のための組織でしかなく、軍隊ではない。
  
  
A 自衛隊は民兵隊でもないし、義勇隊でもない

民兵とは、
『民兵は本来的には、平時においてその他の職業についている民間人が、緊急的な軍事要員として短期的な軍事訓練を受けた上で戦時において召集されたもの』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E5%85%B5

義勇兵とは、
『義勇兵(ぎゆうへい、英: volunteer)は、正規軍に所属せず、金銭的見返りを求めずに自発的に戦闘に参加した戦闘員を指す。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%8B%87%E5%85%B5

自衛隊員は上記のいずれにも当てはまらない。
従って、自衛隊は民兵隊でもないし、義勇隊などでもない。
  
  
B 以上から自衛隊は、ジュネーブ条約の捕虜待遇規定で限定されている軍隊でも民兵隊や義勇隊ででもない。

また、ジュネーブ条約の捕虜待遇規定のその他の限定条件、下記などにも該当しない。

『実際には軍隊の構成員でないが軍隊に随伴する者、たとえば、文民たる軍用航空機の乗組員従軍記者、需品供給者、労務隊員又は軍隊の福利機関の構成員等。』
『占領されていない領域の住民で、敵の接近に当り、正規の軍隊を編成する時日がなく、侵入する軍隊に抵抗するために自発的に武器を執るもの』
『紛争当事国の商船の乗組員(船長、水先人及び見習員を含む。)及び民間航空機の乗組員で、国際法の他のいかなる規定によっても一層有利な待遇の利益を享有することがないもの』
『被占領国の軍隊に所属する者又は当該軍隊に所属していた者で、特に戦闘に従事している所属軍隊に復帰しようとして失敗した場合又は抑留の目的でされる召喚に応じなかった場合に当該軍隊への所属を理由として占領国が抑留することを必要と認めるもの。』
『本条に掲げる部類の一に属する者で、中立国又は非交戦国が自国の領域内に収容しており、且つ、その国が国際法に基いて抑留することを要求されるもの。』
  
  
以上@ABにより、自衛隊員はジュネーブ条約の捕虜待遇規定には該当しない。
  
以上のように、安倍総理の主張する通り自衛隊の国防軍化は、自衛隊員に捕虜待遇を適用させ、自衛隊員の生命を守るために必須ということ。
  
  


22. 2013年1月20日 13:37:05 : DcxDg6lzRM
>>21真相の道> >>20のDcxDg6lzRMだよ。
> @ 投稿記事にある通り、憲法の規定からして自衛隊は軍隊ではない。
『陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。』(憲法9条)

>つまり自衛隊は自衛のための組織でしかなく、軍隊ではない。
  
??まだワケのわからんこと言ってるのかオマエさん。
軍隊の規定は兵器や武器の所持の多さにあるのではないのだよ。
国際法の規定に合致していれば国内法に左右されず、国際的には軍隊と規定される。
ジュネーブ条約の捕虜規定の(a)(b)(c)(d)(3)(4)がそれ。
また各国に措いても軍隊の規定は国内の主観によって決められており、自衛隊だけをその埒外にあり軍隊ではないと決め付けることはできない。
なにより批判している櫻井自身が安倍との対談でこう言っている。

>櫻井 そもそも自衛隊は英語にすると「セルフ・ディフェンス・フォース」で、国防軍は「ナショナル・ディフェンス・フォース」。「隊」も「軍」も同じ「フォース」です。

オマエがアヤをつけてる自衛隊という組織は義勇兵にも民兵にも当たらないというイチャモンはだから噴飯物でしかない。
俺が杞憂したとおり、オマエはこんなわかりやすい条文すら読み込める能力がないようだ。
オマエは2ちゃんのニュー速でネトウヨ同士、愚にもつかない駄弁をくっちゃべってマスでもかいてるのがお似合いだ。



23. 2013年1月20日 15:20:58 : RDpY5bo2m2
>>22 = DcxDg6lzRMさん

あなたの言っていることのほうが間違っているよ。

>国際法の規定に合致していれば国内法に左右されず、国際的には軍隊と規定される。
>ジュネーブ条約の捕虜規定の(a)(b)(c)(d)(3)(4)がそれ。
  
  
まず(3)(4)は、あなたの言う「国際的には軍隊と規定される」根拠とは無関係。

だって、
>(3)  正規の軍隊の構成員で、抑留国が承認していない政府又は当局に忠誠を誓ったもの
>(4)  実際には軍隊の構成員でないが軍隊に随伴する者

なのだから。 「国際的には軍隊と規定される」根拠ではないよ。


また、あなたが言っている(a)(b)(c) (d)も、民兵隊又は義勇隊で捕虜規定が適用されるための条件でしかないわけでしょ。
だからこれも「国際的には軍隊と規定される」根拠とは無関係。
   
    
おまけに>>21さんが民兵隊や義勇隊の定義をウィキから引用した通り、自衛隊は民兵隊や義勇隊ではないしね。


英文名称にしたって、Forceには「軍」という意味もあるけど、「部隊」という意味もある。
だからForce=軍とは決め付けられないから、これでは何の理由付けにもなっていない。

つまり、あなたの言っていることはトンチンカンすぎる。

>>21さんの説明が正しいと思う。

横から失礼しました。
    


24. 2013年1月20日 16:26:48 : d07iybJkXA
>>23

ジュネーブ条約4条は軍隊とそれに「属すもの」を規定し、捕虜として扱われることを謳ったもの。
国際法上、規定されるとはそういう意味。
自衛隊の性格が軍隊か軍隊でないかを意味づけするのは日本国内で決めることだが、国際法上は関係ない。
真相の道の言う民兵や義勇兵の位置づけと自衛隊は違うというような指摘は、捕虜規定の条文を読んでいないか読み込む能力の無い証拠。
(3)(4)だが>>23は>「なのだから。 「国際的には軍隊と規定される」根拠ではないよ。」というが根拠の意味を取り違えているようだ。
>>21でも書いたが軍隊の定義は武器の多さを持って決めるものではない。
そもそも軍隊であるかそうでないかは国内の問題であり、各国それぞれ問題を抱えており一様ではない。
従って軍隊とそれに属するものを規定する条文が捕虜規定に謳ってあるのは、一応軍隊とはこういう装備と隊列と武器を所持していればそうなりますよという標のような意味合いもあるので、そこを読み込める能力がないと言葉のアヤを揚げ足にして違う違うと文句垂れる真相の道のようなアホが出てくるわけ。
尚、自衛隊は軍ではない、なぜなら軍法がないからだという意見もある。
しかしそれは日本国内の問題であってジュネーブ条約では軍隊に属すことはいうまでもない。
それから櫻井の言ったことに対する解釈、部隊という意味もあるについてだが軍は部隊の編成で成り立っている。何が違うのか?言葉が違うからか?君も真相の道と同じくバカなのか?

安倍の国防軍解釈についてだが、私見では専守防衛をどうしてでも取り払いたい意識の表出がそれを言わせていると俺は見ているので捕虜云々は取ってつけたイイワケだろう。
ところで>>23よ、真相の道はいくつもIDを使い分けるんで有名だが、古いIDでログインしてきたのかな?2年ほど前、よく見かけたが。
ま、どうでもいいが、くだらん瑣末なことに異常に拘るあたりもよく似ているもんでね。
DcxDg6lzRM


25. 2013年1月20日 16:54:23 : UB1CzGO0Hs
>>23 政府の公式解釈は、自衛隊は対外的には「正規の軍隊」と見なされており、従って、自衛隊員はジュネーブ条約に基づいて「捕虜」としての扱いを受けうるというものでしょう。ICRCのサイトなど見ても、自衛隊は軍隊という解釈をとっておるね。

しかし、例えば、尖閣事態で自衛隊員が捕虜になり、中国側の捕虜の扱いに条約上の不備があった時、日本の抗議、申し入れに対して、相手側が、日本の国内法上の矛盾を突いてくる可能性はあると思う。民主党など、ジュネーブ条約批准は憲法違反ではないのかと、自民党政権を攻めたてていたからね。疑義を呈する材料には事欠かないわけよ。安倍首相の言い方は極端するぎると思うが、自衛隊員は命を懸けて国を守るのだから、相手につけいれられかねない国内法上のアナはふさいおくべきだと、俺も思うね。

しかしまあ、この問題にしろ、違った意見を持った人間を「馬鹿だのチョンだの」(失礼)と罵倒できるほど、簡単、明瞭な話ではないんじゃないの?もうちょっと普通の言葉で議論できんのかな。

ほんじゃ


26. 2013年1月20日 18:12:43 : uYy44oBpxE
安倍見てると、船場吉兆の会見を思い出しちゃんだよなw

安倍は何もわからんバカだから、悪知恵を持った奴らが利用しまくってる。
そしてバカだからそのことに気づかない。


27. 2013年1月20日 20:54:32 : GDetOw0tis
>>投稿者 真相の道 日時 2013 年 1 月 19 日 17:31:32: afZLzAOPWDkro

はっきり言って馬鹿記者のレベルだろう。小沢一郎氏などに比較できるなら、はるかに危険な安全保障観の持ち主だ。米軍との関係と日米関係全体を混同した論理で日本の安全保障など語ることこそ馬鹿者の論理だろうが! 馬鹿野郎!!


28. 2013年1月20日 20:56:49 : s3vzXhnNp2

>>23さん

>>22 = DcxDg6lzRMの主張が「トンチンカン」というあなたの指摘は全くその通り。

>(3)(4)は、あなたの言う「国際的には軍隊と規定される」根拠とは無関係。
>(a)(b)(c) (d)も、民兵隊又は義勇隊で捕虜規定が適用されるための条件でしかないわけでしょ。
だからこれも「国際的には軍隊と規定される」根拠とは無関係。

その通りとしか言いようがない。
まともな思考能力があればそう考えるでしょう。
というより、DcxDg6lzRMは日本語がまともに理解できず、そのため条文も理解できていないようだ。

あなたの言われる通り、(3)(4)は「 国際的には軍隊と規定される」根拠とは無関係。
おまけに自衛隊とも関係がない。

(a)(b)(c) (d)に至っては、DcxDg6lzRMの喚く軍隊とは無関係。
『但し、それらの民兵隊又は義勇隊(組織的抵抗運動団体を含む。)は、次の条件を満たすものでなければならない。』(条文)
このように民兵隊や義勇隊の場合で、捕虜待遇規定が適用される条件として(a)(b)(c) (d)を謳ってあるだけ。
軍隊についての規定などではない。

おまけに自衛隊が民兵隊や義勇隊ではないことは、>>21で民兵隊や義勇隊の定義から実証した通り。
   
  
このように、DcxDg6lzRMの喚きはたしかに「トンチンカン」だらけだ。

フォースについてもあなたの言う通りで、Force=軍ではない。Forceには部隊という意味もある。
そして部隊は軍にだけあるわけではない。
警察や消防、自衛隊にもある。
つまり、Force=軍=部隊ではないということ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A8%E9%9A%8A

このように、DcxDg6lzRMは日本語が理解できておらず、論理的思考力も欠けている。
>>23さんのようなまともな人にはそれがわかっているということですね。
  
    
>>06で詳しく説明した通り、自衛隊員が捕まった場合は捕虜として扱われない可能性が高い。
その危険回避のために、国防軍にすることは必須ということ。
  
  


29. 2013年1月20日 23:50:41 : VoHQXX9kmw
桜井はアベシンゾーの愛人か何かだろうなw

30. 低脳の真相 2013年1月21日 01:10:55 : DhxNZ1zBRJJxI : w08v0PDanQ

ぷっ 相変わらず低脳丸出しだな。

>>06. s3vzXhnNp2=真相の道 

> 以上のロジックにより、

> 上記のロジックで、

ロジック、ロジックって、最近覚えたのか、ロジックって言葉?(大笑)

キミのその「ロジック」とやらの核は、要するに

> 日本国憲法の規定により、現在日本には軍はない。

だけだよな。

一方、日本はその捕虜の待遇を定めた「ジュネーヴ第3条約」に調印している。

捕虜の待遇に関する1949年8月12日のジュネーヴ条約(第三条約)(捕虜条約)
日本語条文 (防衛庁HP)
http://www.mod.go.jp/j/presiding/treaty/geneva/geneva3.html

まず大雑把に言って、
日本の自衛隊が他国の軍隊と交戦した場合
他国の兵士を捕らえた場合は同条約に従って捕虜として待遇しなければならないが
自衛隊員が捕らえられた場合(例えば活動中の自衛艦が撃沈され、乗員が敵艦に拾わ
れたケース)は、「軍ではないので」捕虜として待遇されず、虐殺もあり得る──
そんな不公平な条約に調印するほどニッポン人はバカだとキミは思うのかな?
(キミやアベシンゾーみたいに○○なニッポン人はむしろ珍しい存在だと知れ。)

次にもっと細かく見てみよう。
同条約の第4条から引用する。

第四条〔捕虜〕
A この条約において捕虜とは、次の部類の一に属する者で敵の権力内に陥ったものをいう。

(1)  紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員
(2)  紛争当事国に属するその他の民兵隊及び義勇隊の構成員(組織的抵抗運動団体の構成員を含
む。)で、その領域が占領されているかどうかを問わず、その領域の内外で行動するもの。但し、
それらの民兵隊又は義勇隊(組織的抵抗運動団体を含む。)は、次の条件を満たすものでなければ
ならない。
(a)  部下について責任を負う一人の者が指揮していること。
(b)  遠方から認識することができる固着の特殊標章を有すること。
(c)  公然と武器を携行していること。
(d)  戦争の法規及び慣例に従って行動していること。
[引用ここまで]

少し長くなったが、キミに読解できるだろうか?

ここで特に重要なのは(a)(b)(c)(d)だ。
この4項目はどんな意味を持っているのか?
ごく普通の良識を持つ大人が解釈するなら、これは「ゲリラ」や「テロリスト」を除外するためのものだろう。
つまりゲリラやテロリストを捕まえた場合は、捕虜として待遇する必要がないという主旨だ。

この4項目のどれかに自衛隊は当てはまるか? もちろん当てはまらない。
だから自衛隊はゲリラやテロリストと見なされることはなく、ちゃんと軍隊として扱われる──こう解釈するのが普通ではないか。

それに、そもそも、アベは
> 自衛隊は国際社会においてはジュネーヴ条約上、軍隊として取り扱われる。

と言ってるじゃないか。
その直後の
> そうしなければ権利を失い、たとえば相手国に捕まった時、捕虜として認められず、ただの人殺しとされてしまうんです。
の「そうしなければ」は「軍隊として扱わなければ」の意味で、「だから当然軍隊として扱われるべきだし、実際そう扱われる」とアベは言っているのだ。

それを受けて、桜井も、
> 自衛隊が軍とは違うなんて主張は、国際社会では全く通用しません。

と言っているではないか。
相変わらず、日本語がまともに読めないようだな。

自衛隊は軍じゃないからどうのこうの、とバカ言ってんのは、キミだけなんだよ。
低脳宰相アベ閣下のおっしゃることに逆らっちゃ、ダメでしょ。
アベ閣下も、迷惑してると思うよ。こんなデタラメ言われたら。


31. 低脳の真相 2013年1月21日 01:18:46 : DhxNZ1zBRJJxI : w08v0PDanQ

>>16. 2013年1月19日 23:10:23 : Lqbf10IX7E

あんたがたびたび賛同したり持ち上げてきた>>06ほか s3vzXhnNp2=真相の道 は
こういう極度のバカなんだよ。

いい加減に気づけ…と言ってもムリだろうな、真相の道より少しマシな程度のあんたの思考力ではな。
ムリを言って悪かったな、では爺くん。


32. 2013年1月21日 07:40:56 : vgEZH8ZEBU
>>31 あのね、「低能」君(悪い、省略するとこうなる)。結局のところ、俺も含めて、ここに投稿する人の頭脳とか、思考力は五十歩百歩だと思うよ。だから議論になるんじゃないの。(笑)

そう、安倍氏の言い方はかなり曖昧なのよ。現在の自衛隊は、ジュネーブ条約でも「正規の軍隊」と見なされている、だから国防軍と称することは当然だ・・・と主張しているようにも読めるね。しかし、「真相」氏のような意見は、小沢和久とか、他の軍事評論家も主張しておるようだな。また、野党からも同じような疑義が提示されている。真相氏オリジナルの意見ではないんじゃないの。

では爺


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK142掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK142掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧