★阿修羅♪ > 議論31 > 210.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ピンフボケした日本でバレバレのことをシリアやロシアが察知していないはずはない
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/210.html
投稿者 仁王像 日時 2014 年 11 月 03 日 09:37:05: jdZgmZ21Prm8E
 

 ピンフボケした日本の素人が集まるこのサイトでバレバレのイスラム国の米国・イスラエル黒幕説を、常に戦禍にさらされ国家存亡の危機にあるアサド政権が察知していないはずがない。ロシアのインテリジェンス部門も見逃すはずがない。
 では何故にシリア内のイスラム軍への空爆をシリアもロシアも容認したのか。それは両国とも黒幕だという認識は少しもないからである。アサド政権やロシアが判断を間違うほど脇が甘いだろうか。
 このサイトではシリアやロシアの国家指導者もまったく感知してないことを、勝手に感知して大騒ぎしているのである。ピンンフボケで退屈している裏返しだろう。

 上のように考えることがマクロな政治現象を合理的に説明できるというものだ。
 インポ脳では最初から予断を持って見るから、いろいろな現象をムリに我田解釈してサーカスのごとく繋ぎ合せてはしゃいでいるのである。シリア政府やロシア政府より高い知見を持ったつもりでいる。ピンフボケ・ニッポン。


・シリア副首相:領内でのイスラム国空爆を容認する国連演説/毎日新聞 2014年09月30日 
 http://mainichi.jp/select/news/20140930k0000e030174000c.html

・シリア空爆容認も=アサド政権同意で、安保理決議触れず−ロシア大統領/時事ドットコム(2014/09/23)

(モンスターに豹変したターニング・ポイント)
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/542.html#c2

(イスラム国を通した世界中の民衆の反乱)
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/552.html#c3

(世界の方向性を据え直す)
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/327.html#c5  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 仁王像 2014年11月03日 10:50:58 : jdZgmZ21Prm8E : WW8xU98ulg

(離れ業ができるか?)
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/531.html#c9

02. 2014年11月03日 11:27:41 : LBtbDXFoS6
バレさえすればどんな「陰謀」でも止められるもんなら世界の歴史は変わっていたよ。
アメリカもアジアもアフリカも植民地になんかならなかった。
とりあえず、止める手段がないから、「容認」したに過ぎない。

03. 2014年11月03日 11:31:28 : LBtbDXFoS6
こちらの先生なんかは「陽謀」という言葉さえ使っている。
http://huzi.blog.ocn.ne.jp/darkness/2014/10/post_4131.html

04. 2014年11月03日 14:14:49 : LBtbDXFoS6
まあ、ゲームだったら「バレたら終わり」っていうのもありだけど、現実には力の差もあるからね。
のびたとジャイアンで「だるまさんが転んだ」をやるとどうなるかって考えればわかるかな?

05. 2014年11月03日 15:06:45 : OIxNYWfJog
>では何故にシリア内のイスラム軍への空爆をシリアもロシアも容認したのか。

冗談でしょう。
シリア政府はシリアへの爆撃は、シリアへの宣戦布告と見做すとプレスTVが伝えて居たよ。
しかし軍事的に対抗できないので見て居るだけでしょう。

ロシアはシリア爆撃はシリア政府の承認が必要と伝えて居た。
しかし軍事的に止めようとすれば核戦争に成るので、仕方なしに見て居るだけでしょう。

どうして勝手に容認したことに成っちゃうのだろう?
武力で抵抗できないだけでしょう。


06. 仁王像 2014年11月03日 15:47:11 : jdZgmZ21Prm8E : V6lur8sU22
 >>05

 >シリアへの宣戦布告と見做すとプレスTVが伝えて居たよ。

 これは副首相の国連演説前のことだ。
 シリア副首相の国連演説や、実際のシリア内空爆に対して、シリアが事前了解していないと言う非難声明を発表していない以上、容認した上の空爆と心得るが、どうかな。
 シリア政府が、「仕方なしに見て居る」というのこそ勝手解釈ではないかな。


07. 仁王像 2014年11月03日 16:16:42 : jdZgmZ21Prm8E : V6lur8sU22
 「シリアへの爆撃は、シリアへの宣戦布告と見做すと」とまで息巻いていたシリアが事前の了解もなしに空爆されて黙って指を咥えて見ているわけがない。
 ロシアもその面目にかけて強く反発するだろう。でなければロシアの権威も失墜する。
 シリアやロシアはそんなに弱腰かな。いつから急にしおれてしまったのだろう。
 このままだと、誤爆だと称してシリア政府機関を空爆しても、しおしおと、「仕方なしに見て居る」ことになる。アサドとはそんな男かな。

・米国:シリアで空爆 シリア、事実上容認  毎日新聞
 http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/303.html
 投稿者 ダイナモ 日時 2014 年 9 月 24 日 08:49:44: mY9T/8MdR98ug

・安保理決議は不要=アサド政権同意なら空爆容認−ロシア外務省  時事通信
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/300.html
投稿者 ダイナモ 日時 2014 年 9 月 23 日 21:46:50: mY9T/8MdR98ug


08. 仁王像 2014年11月03日 17:23:14 : jdZgmZ21Prm8E : V6lur8sU22
 プーチンが自国が核大国であることを誇ったのは、ウクライナ騒動がたけなわの頃であった。そのプーチンがたとえ米国の核の脅しがあったとしても一歩もひるむことはない。そんな兆候を少しでも見せれば、阿修羅のプーチン人気も一晩でゼロになる。
 アサドもいくつかの修羅場をくぐり抜け政権を維持してきた悪党である。簡単にひるむことはない。

09. 2014年11月03日 18:16:47 : xJfl4mPLV6
紛争がスポーツなら即反則負けになるようなミエミエの陰謀も国際紛争じゃやった者勝ちだろう。

10. 2014年11月03日 18:33:41 : DjHpedkkkM
>阿修羅のプーチン人気も一晩でゼロになる。
>アサドもいくつかの修羅場をくぐり抜け政権を維持してきた悪党である。

この2行に正体が?w

狂言。某(なにがし)が無一文の男を仁王に仕立てて参詣人の供物を集めるが、足の不自由な男が仁王と縁を結びたいと身体をなで回し、正体がばれる。

えらそうになにが仁王なの? 誰を守り何から護るんだい?


11. 2014年11月03日 18:45:10 : OIxNYWfJog
>>06

> シリア政府が、「仕方なしに見て居る」というのこそ勝手解釈ではないかな。

一回一回の生命ごとに容認しないと述べて居ないと容認したということにされるのですか。大変ですねww
『シリア政府は米軍の空爆を容認した』とシリア政府のどの機関の誰が言ったのですか?
勝手な解釈は止めましょう。
自国を勝手に空爆するのを容認する国など何処に有るのですか?

>プーチンが自国が核大国であることを誇ったのは、ウクライナ騒動がたけなわの頃であった。そのプーチンがたとえ米国の核の脅しがあったとしても一歩もひるむことはない。そんな兆候を少しでも見せれば、阿修羅のプーチン人気も一晩でゼロになる。

キチガイに核兵器。キチガイが核兵器を持ってるのに戦争しようなどと考えるのは馬鹿でしょう。

 >アサドもいくつかの修羅場をくぐり抜け政権を維持してきた悪党である。簡単にひるむことはない。

冷静に戦力比較できなきゃ阿呆ですよ。

>・米国:シリアで空爆 シリア、事実上容認  毎日新聞

日米欧のマスコミの記事が事実だ何て思って居る所がお花畑なのです。
都合の良いように捏造する何て当然のことです。
読む価値さえ有るかどうかさえ、、、


12. 仁王像 2014年11月03日 19:20:17 : jdZgmZ21Prm8E : AfxeB6wT7U
 >>11

 これ以上は議論にならないが、一言いっておく。

 米国はまだロシアに核の脅しはしていないよ。

 シリアの副首相の国連演説をもって、シリア政府の容認のもとに空爆を容認したと受け取るのが常識だ。
 空爆を始めても、非難声明を出していないのは、これまでのところすべてシリア政府の容認のもとに行われていると受け取るのが大人の考えだ。
 「仕方なしに見て居る」というのは、シリア政府のどこで確認をとったのだ。毎日の記事がウソを書いているとと、どこで確認したのだ。


13. 仁王像 2014年11月03日 19:48:34 : jdZgmZ21Prm8E : AfxeB6wT7U
 >>09

 陰謀はバレれば、相手に手の内を読まれて非常にやりにくくなるばかりか頓挫する可能性の方が高い。
 強引に力づくで推し進めようとすれば、それはもはや陰謀ではない。(たとえは悪いが、株の敵対的公開買い付け?のようなものかな)。
 陰謀は極秘で進めてこそ、必要最小限の労力で目的を達成できるというもの。バレた陰謀を強引に進めるのはインテリジェンスが足りない。作戦家ではない、軍師ではない。


14. 2014年11月03日 20:10:45 : OIxNYWfJog
委任と容認

委任は誰かに委任すると意思表明したことで成立する。

容認は黙って認めるというような意味でしょう。

殺人犯が銃を構えて人を殺そうとしている。貴方は何の対処のすべも無いから黙って居る。それを殺人を容認した共犯者だとは言わないでしょう。

小さな子供が赤ん坊に危害を加えようとしているのを黙って見て居た。止められるのを止めなかったら容認したと言えるでしょう。
この場合、ポイントに成るのは行動を阻止できる力が十分に有ったかどうかです。

シリア政府はアメリカの行動を止める力などまったく持っていない。
従って容認したというのは言い掛かりに過ぎない。

仁王像さんの論理は論理に成って居ないのですよ。


>バレた陰謀を強引に進めるのはインテリジェンスが足りない

その通りですよ。そういうことをしているという話ではないですか。
だからしないというのは見当違い。人間は愚かなこともしますし、力任せに押し通そうともする。


15. 2014年11月04日 21:26:02 : bfaVkIfPYc
>>13

仁王像様、本当に権力を握った連中にとっては
「勝つこと」が全てではないでしょうか。
世界中の人々が、現代日本人の大半の人々のように
「お上意識」の強いプロ奴隷いえプロ家畜となってしまうのを勝つとするなら。
拙い説明不十分なコメントだけど、仁王像様が本物ならば
ワタクシの言わんとしてる詳細が先読みできるはずです。



16. 仁王像 2014年11月04日 23:15:59 : jdZgmZ21Prm8E : J7oW8ecSiE
 >>15

(的外れかと思いますが)

http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/502.html#c1
≪「政治(なるもの)の本質は悪である」マキャヴェリ≫
 (副島隆彦)人間(人類)の歴史とは何か。それはまず「自分たちを食べさせてくれ、食べさせてくれ」と集まってくる大勢の人間の群れがいることだ。そして、その人々を何とか食べさせることのできる、その時代の権力者や企業経営者のような人々の存在に行き当たる。
 人類(人間たち)の歴史はきれいごとではない。おそらく政治(統治)の本質は悪であり、巨大な悪が人間の群れを支配している。近代政治学の祖であるニコロ・マキャヴェリが見抜いたとおりだ。

http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/510.html#c4

 副島隆彦が指摘していない部分で、社会のはみ出し者を食わせるヤクザ組織もあります。宮崎学によると、こうした組織は、警察権の介入がなくても(ない方が)社会の底辺のさまざまなトラブルを解決し、社会底辺の人間関係が滑らかに回る役割も果たしてきたとしています。
 ですが近年、バブルとともに「侠(きょう)」の精神は投げ捨てられたと盛力健児は嘆いています/仁王像

・カネ(バブル)はヤクザも変質させた/盛力健児
 http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/836.html
 投稿者 仁王像 日時 2014 年 6 月 21 日 16:01:44: jdZgmZ21Prm8E


17. 仁王像 2014年11月04日 23:22:18 : jdZgmZ21Prm8E : J7oW8ecSiE
 >>16

 中段の http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/510.html#c4 を 
 →http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/545.html#c6 に訂正。


18. 2014年11月05日 00:04:13 : bfaVkIfPYc
>>16 >>17
仁王像様、どうもです。
陰謀脳の連中の弱いところは、敗北主義者の脳内にしか存在しない
「民衆の虚像」を、実像と錯覚しまくっているトコロです。

確かに民衆どもは、gataro氏やダイナモ氏のハナシすら
聴けないドキュンどもが多いのですが、それだけで
権力のいうことなら盲従するワケではない脳の壊れた連中なのに
一足とびに権力の言い分は何でも盲従して
自滅の道にまっしぐらとの事実誤認をしまくっているところです。

ワタクシは陰謀論者こそが、病識をもって
自らこそが、権力垂れ流すニセ情報を鵜呑みにしてしまう
鬱病にさせられてしまったことを何度でも念入れに注意して
良心的に治療してくれる存在の基で脱鬱病の
治療からまず始めるしか解決の方法しかないと結論します。
拙い文章の書き方で申し訳ありません。


19. 2014年11月05日 15:03:15 : LBtbDXFoS6
2004年に関岡英之氏が『拒否できない日本』を書いて年次改革要望書の存在を明らかにしても、それどころか、日本のアメリカ大使館のHPに、その日本語訳の全文が堂々と年次ごとに掲げられていることが知られるようになっても、この国の対米従属は変わらなかった。(現在はこの要望書の交換は廃止になったが)
そしてその間、ほとんどのマスコミはその存在に触れようとさえもしなかったものだ。
これを「陽謀」という。確かに日本は「ピンフボケ」しているかもしれない。w


20. 2014年11月06日 21:15:53 : EwONPbnokE
「陰謀論」のレッテル貼りは、CIAの手になるものだ。

最新の研究では、陰謀論者とレッテルを貼られた人々の方が、健全な精神を保持していることが判明した。

マスコミ発表を信じきっている人々は、世間に喧伝されているイメージと反対に、クレージーで敵愾心の塊だと言う。

>New studies: ‘Conspiracy theorists’ sane; government dupes crazy, hostile

http://www.veteranstoday.com/2013/07/14/whatabout7/

>"What about building 7?" A social psychological study of online discussion of 9/11 conspiracy theories. Wood MJ1, Douglas KM.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23847577

ロシアもシリアも、米国による一方的なシリア領内の爆撃に対して強い警告を発していた。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2752054/Iranian-Syrian-officials-slam-Obama-s-strategy-fighting-militants-shuns-support-mission-destroy-ISIS.html

ロシアもシリアも、黙認したとは言え、最大限の警戒を以って、爆撃の行方を注視しているはずだ。

シリアの国営通信社は、チェチェンの大統領の話として、米国とイスラエルの情報機関が、欧州、サウジ、カタールにいるチェチェンの若者をシリアでの戦闘に誘っていることを伝えている。

>President of Chechnya: U.S. and Israeli intelligence agencies luring Checehn youths to join terrorists in Syria 03/11/2014

http://www.sana.sy/en/?p=16812

米国は支援物資を誤って?、ISに投下したり、ISの手に落ちた石油精製施設を爆撃したり、存在しない穏健派をISに降伏させて武器を渡したり、石油パイプラインの爆撃まで画策して、いよいよ本性を現してきた。


21. 仁王像 2014年11月07日 20:02:52 : jdZgmZ21Prm8E : 9GCZLqbC0E
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/559.html#c8
 >だから核戦争までは前哨戦としていろいろな核の脅しをかけて、相手から譲歩を引き出そうとする過程がある。
 双方、そこで押したり引いたり駆け引きした上、核戦争に至る場合もあれば、逆に仕掛けた方をひるませて双方手を引くこともある、ということだ。

 前者の例は、幸い未だない。後者の例こそが”キューバ危機”であった。


22. 仁王像 2014年11月07日 20:08:03 : jdZgmZ21Prm8E : 9GCZLqbC0E
 筆者の考えに沿う記事がアップされたので、要点をピックアップしてここに記す。

・"欧米の訓練"と、イスラム国との戦い(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/571.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 11 月 07 日 01:14:05: igsppGRN/E9PQ
>アメリカは過去数年間、何十億ドルも経費をかけてイラク軍を訓練した。軍は攻撃されるやいなや崩壊した。イスラム国の、むしろ弱体な軍に攻撃されて、4個師団が逃亡したのだ。

 イスラム国は、現在、4から6百万人を支配している。イスラム国は、軍隊規模を拡大すべく、こうした人々の中から兵士を採用・徴兵している。伝統的に子供の多い国民総勢数百万人から、一体何人の戦える年頃の有能な若者が生まれるのだろう。100,000人? 300,000人? イスラム国には、かつてのバース党イラク軍出身の有能な教官達がおり、ゲリラ戦術と通常戦争を混合させた戦闘手法を用いている。イスラム国は、数万人の兵士を装備させるのに十分な武器・弾薬を既に捕獲している。

 航空支援があったにせよ、アメリカが訓練を計画しているわずかな軍隊は、イスラム国が保持しようとしている地域に入ろうとするやいなや、挽き肉と化するだろう。

 "欧米"軍モデルは、世界の他の場所で起きている種類の紛争に適合していないのだ。気質、伝統、イデオロギー的動機や教育水準が全く違うのだ。
 "欧米"軍が植民地戦争で勝てたのは、テクノロジー上の優位性のおかげだった。しかし、少なくとも、地上戦では、今や双方が基本的に同じテクノロジーと、同様な兵器を使用する。もはやテクノロジー上の優位性は無く、機関銃の熱い銃弾が延々打ち込まれる中では、多少の基本"訓練"は、たいして役には立たない。

 イスラム国と、その軍を殲滅する力をもった軍隊は、少なくとも、イスラム国戦士のそれと同等なイデオロギー的な動機と、戦う意思が必要だ。攻撃軍として、人数の上でも優位であることが必要だ。アメリカや他の"欧米"軍隊は、そのような軍隊をイラク国内で作り上げることができずにいる。ごく短時間の事前通知で、それができる唯一の組織と言えば、イラン革命防衛隊とヒズボラしかない。こうした組織を取り込まない、対イスラム国新軍隊"訓練"のあらゆる取り組みは無駄だろう。

 外国軍を"欧米が訓練"する近年の歴史は、失敗と敗北の歴史だ。今度は、そうならないと考えるのは愚かなことだ。もしアメリカが、イスラム国を打ち破りたいのであれば、他の"敵" 連中と仲良くし、そうした連中に訓練と戦闘を主導して貰わねばならない。それ以外のどの方法も、失敗し、数十年後には、イラク、シリアや、イスラム国が切り取ると決めた他の国の元の領土にできた新国家を受容する困った事態を招く可能性が高い。

01. 2014年11月07日 10:26:20 : YylixLkL5Y
欧米が”勝てた”のはもう70年以上も前の話 戦後では以下のとおり
ベトナムではホートミンに負け フランス
インドネシアではスカルノに負け オランダ
インドでは手がつけられなくなり イギリス
ベトナムでは再度ホーチミンに負け アメリカ
アルジェリアではゲリラに負けた フランス

02. 2014年11月07日 12:41:55 : jMClRB0Nlk
アフガニスタンではソ連が負け、
今またアメリカが敗北しつつある。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ