★阿修羅♪ > 議論31 > 362.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
龍馬“暗殺”の犯人は中岡慎太郎〜二人は、近江屋で激論を交わし決裂した/加治将一
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/362.html
投稿者 仁王像 日時 2016 年 3 月 03 日 20:03:29: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

第二章 龍馬“暗殺”の闇/加治将一(構成:編集部)
≪龍馬がいとも簡単に斬られることなど、100%あり得ない≫
 「加治将一の歴史」の土台は常識だ。
 龍馬を殺した実行犯は誰か。龍馬は、額を深く斬られ、中岡も後頭部を斬られた。龍馬はほぼ即死に近い状態だったが、中岡は二日後に死亡。
 龍馬と中岡の死に様がまずおかしい。剣道を極めた二人が不意に、出し抜けに斬られている。
 (犯人は)中岡慎太郎、その人である。話し込んでいた慎太郎なら、龍馬がピストルを抜く暇もなく斬りつけられるはずである(龍馬は何回も襲われているので用心深いはず。ピストルを撃ちまくって難をのがれたことも。ピストルも持っていたはずだ)。

 中岡慎太郎は龍馬らの無血革命工作を知ってあわただしく武力倒幕の頭目、岩倉具視を伴い、薩摩藩邸に入ったのは、龍馬暗殺の二日前であった。静かな殺気が流れている。慎太郎はこの時、刺客に変貌したと見るのが、妥当だ。
 事件当日、龍馬と中岡は近江屋で激論を交わす。中岡は狂信的な武力倒幕開国派で、過激な男。会談は決裂、中岡は龍馬を斬った。
 暗殺現場に集まったとされる谷干城、田中光顕、白峰俊馬、川村盈進らは、最初から現場にいたのではないかと思う(初代伊藤博文内閣で、奇しくも現場にいた谷、田中が抜擢されている。龍馬暗殺の恩賞とみる)。
 いずれにしても、龍馬暗殺については、関係者全員が真相を語っていないと思う。犯人は“新撰組”だ、“京都見回組”だ、とお題目のように出てくるが、おたずね者の命(たま)をとったのだから、大手柄。すぐさま名乗りでるはずである。

【出典】「暗殺の近現代史」井沢元彦・加治将一、他/洋泉社‘15年
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月09日 20:41:20 : Fd9cWePt23 : Dh2itmG5dOU[1]
中岡慎太郎のわけがない

2. 2016年5月24日 16:51:59 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[546]
まあ、歴史のミステリー この手の推論は 特に坂本龍馬の暗殺は 雨後の竹の子のように次々と現れるが
「新解釈」とか言われるのは、必ず過激でないと注目されず ワザと驚天動地な話を盛り付けるものである
これが、目立ちたがりのトンデモが現れる要因である

京都見回り組犯行説 新撰組説 薩摩藩説 紀州藩説 様々な推論が喧々諤々と語られてきたものの
この 中岡慎太郎説が、もっともトンデモに近い

なぜこれが“トンデモ”と言えるのか そりゃあ 中岡に心を許していた龍馬が斬られるなら
中岡までが二日後に死ぬのはおかしい 中岡ならば 殺そうと思えば背後から一刀両断に切れるはずで
不意を突かれれば いかに坂本龍馬とて、反撃など不可能 中岡だって幕末の乱世を生き残ってきた男である

しかも 中岡だって 龍馬と一緒に 薩長同盟に奔走した同志であり 立役者の一人でもある
竜馬よりも多少 過激だったというだけで この二人が まるで子供のケンカのように殺し合うとは
どう考えても信じられない そんな直情型な瞬間湯沸かし器人間など ここまで生き残れる訳がないと
考えるのが普通ではないか

【子供のケンカみたいな争いする人間に 歴史的な和解と言える 薩長同盟が成し得るか?】

常識的に考えれば 絶対に有り得ないとまでは言わないものの 極めて考えにくく トンデモでしかない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ