★阿修羅♪ > 議論31 > 644.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
古代の性の観念は性交は新しい生命を造り出しーだった。女性は神聖視された。性交とは、それを通じて男性は神 との交流を果
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/644.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 1 月 12 日 14:35:46: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

古代の性の観念は性交は新しい生命を造り出しー奇跡の最たるものーだった。女性は神聖視された。性交とは、それを通じて男性は神との交流を果たすことができる/『ダヴィンチ・コード』

@『ダヴィンチ・コード(上)』ダン・ブラウン/角川 2005年から

・シオン修道会の総長;ダヴィンチ、ボチェチェルリ、ニュートン、ヴィクトル・ヒゴー、ジャン・コクトーら。

・キリストは恐るべき影響力を備え歴史上の人物で…最も、霊的な力に富んだ指導者だった。ソロモン王とダビデ王の末裔であるイエスは、ユダヤ王たる正当な権利を持っていた。新約聖書を編纂するにあたって、80を超える福音書が検討されたが、採用されたのは、わずかマタイ、マルコ、ツカ、ヨハネ伝だけだった。皮肉にも今日の聖書をまとめたのは、異教徒のローマ皇帝コンスタンティヌ帝だった。帝は太陽神を信仰し、その大神官だった。当時キリスト教の信者がすさまじい勢いで増えたために、キリスト教を公認し、帝国の統一に利用しようとした。コ帝はやり手の実業家だった。単に勝ち馬に賭けただけだ。

A『ダヴィンチ・コード(下)』ダン・ブラウン/角川 2005年から

・「最後の晩餐」の中央部がV字またはM字になっているのは、盃型であり、女性の象徴(子宮)でもある。マグダラならマグダラのマリアや結婚の頭文字 にもなる。ダヴィンチは二人が夫婦であることを知っていた。
  マグダラ・マリアは娼婦などではない。初期の教会による組織的中傷の名残りだ。教会がマリアを貶め、−聖杯としての役割をー闇に葬るためだ。

・かつての教会は、人間の預言者であるイエスが神だと世間を納得させなくてはならなかった。それゆえ、イエスの生涯の世俗的な面を記した福音書をすべて聖書から除外した。
「死海文書」にあるピリポ福音書には、「そして主の連れはマグダラのマリアである。キリストはどの弟子よりも彼女を愛し、しばしば唇に接吻した。…」。アラム語では当時”連れ”というのは配偶者を意味した。
 イエスは自分が自分が間もなく捕えられ、処刑されると察していた。だから、死後にどう教会を運営していくべきかマグダラのマリアに伝えている。そのためペテロは女性の下の地位に甘んじると思って、不満をあらわにした。女性差別の傾向があったのかもしれない。手の加わっていない福音書には、キリスト教会を設立するよう指示した相手はペテロではない。マグダラのマリアだ。

・マリアはベニヤミン族の出身だった。つまり王族の地を引いていた(その証拠を隠すため、娼婦とされた)。マグダラのマリアだけでなく、その伴侶のキリストにも王家の血が流れていた。マタイ福音書は、イエスがダヴィデ家の出であると述べている。つまりソロモン王ーユダヤ人の王の末裔だ。強力なペニヤミン族と姻戚になることによって、イエスは二つの王家の血筋を融合させて、…強大な政治的統一体を作り上げ、王統を復活させようとした。

・シオン修道会によれば、イエスの磔刑時、マグダラのマリアは妊娠していたという。そのころガリアと呼ばれていたフランスにひそかに渡り、ユダヤ人社会にかくまわれた。そこでひとりの娘サラを出産した。マグダラのマリアとサラの生活について、保護したユダヤ人たちが詳細に書き残している。その後の家系図までも記している。

・古代の性の観念は現代の考え方と対極をなしていた。セックスは新しい生命を造り出しー奇跡の最たるものー奇跡をなしうるのは神だけだった。子宮から命を産み落とすその能力ゆえに、女性は神聖視された。まさに神だ。性交とは二つに分かれた人間の魂(男と女)の尊い結合であり、それを通じて男性は無欠の精神を手に入れ、神との交流を果たすことができる。聖婚の儀式は性的倒錯じゃない。精神の営みだ。神聖でおごそかな儀式だ。

・初期の教会にとって、人類がセックスを通じて神とじかに交流できるという概念は、カトリックの勢力基盤を揺るがす深刻な脅威だった。そういう考えが広まれば、…教会の地位は低下し、主導権を失いかねない。教会は明確な目的を持って、セックスを悪しきものと断じ、罪深く忌まわしい行為へと貶めたんだ。ほかの主だった宗教でも似たことが行われている。(世界中の十指に余る秘密結社が、いまなお性の儀式を実践し、古代の伝統を守っている)


・福音書 wiki
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E6%9B%B8  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 仁王像[2519] kG2JpJGc 2019年1月12日 17:58:50 : SK7aNF1oE6 : qTTnDCX3tsE[42] 報告
 (本文「古代の性の観念」の前に次の一節を挿入)

・聖婚はエロティシズムとは無縁だ。それは崇高な意味を持つ行為だ。歴史を紐解けば、性交とはそれを通じて男女が神にふれるための営為だったことが分かる。古代には、男性は精神的に未完成であり、聖なる女生との交接によって始めて完全な存在になると信じられていた。女生との肉体的結合は、男性が精神的に成塾し、ついには霊知ー神の知恵ーを得るための唯一の手段だった。
 女生と通じることで、男性は絶頂の瞬間を迎え、頭が空白になったその刹那に神を見ることができるんだ。生理学上、男性は絶頂の訪れとともにいっさいの思考から解き放たれる。つかの間の思考の真空というわけだ。すべてが澄み渡みわたるその瞬間、神の姿を垣間見ることができる。
 瞑想の達人は性行為に頼ることなくそれと似た境地に至ると言われ、尽きることのない精神的オーガニズムをしばし涅槃と称する。

2. 仁王像[2522] kG2JpJGc 2019年1月13日 10:51:39 : SK7aNF1oE6 : qTTnDCX3tsE[45] 報告
 女性は出産時、超能力を発揮するのではないかと常々思い、その能力に畏敬の念を持っていたが、アラビア文明をの発祥地の古代人も同じ考えを持っていたとの指摘に違和感は感じない。

 また、男女とも交接を通して神と接するという考えも、”天の原理”に接すると言い換えると違和感はない。
 古代人の直観力は現代人より優れていたと考えられる。

@http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/542.html#c2
 女性が赤ちゃんを産む時、超能力を発揮するのではないかと常々思っていた。
 女性が妊娠し身重のなるにつれ体つきが達人の域に達するとの知見は、妊娠した時点から超能力を発揮する準備を整えていたのか、と思わせる。

 女性の超能力を讃えたい。

Ahttp://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/631.html#c7
 子宮口に心があるなら、その延長の膣(膣口)にも心があるのではないかと発想するのは自然。
 どうも膣・子宮臓器系というのは、一つの人格を持って哲学しているように思えてならない。
 深遠な宇宙の実相を垣間見ることの出来そうな扉ではないのか。

(女性好きだったというアインシュタインもこの扉を通して宇宙の秘密を教えてもらったか)

Bhttp://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/631.html#c13
 松原泰道(臨済宗の僧侶)は、幕末の剣豪・山岡鉄舟が女性遍歴が激しかったのは、悟りを開くためのものだ、という解釈を語っている。ここでも女性のチャネルが必要とされたのか。

(補)
 これまでの女性チャネルの話は、男女の性差からくる役割の違いぐらいで捉えているが、女性の神秘性は奥が深そう。
 いずれにしても女性は、何物にも替えがたい偉大な存在として天がこの地上に降ろしめたものであることに変わりない。
 (「世界は、そして宇宙は女性を中心に回っている」という言葉が喉元まで出かかっているが、飲み込んでおく。あっ、言っちゃたか)

3. 仁王像[2525] kG2JpJGc 2019年1月14日 10:02:37 : SK7aNF1oE6 : qTTnDCX3tsE[48] 報告
 (2の「女性の神秘性は奥が深そう」を受けて)

 交接による男女のオーガズム曲線の違いは、男性は鋭く狭く、女性のそれは深く幅広いことは良く知られている。
 この曲線から判断されるのは、女性のほうが「宇宙の原理」を悟る可能性が大ではないかということ。
 だが、自然科学の分野では圧倒的に男性の活躍が目立つ。この違いはどこからくるのか? という疑問を持つのは正当なことと思われる。

 ひとつ考えられるのは、男女の脳の性差から来るのではないかということ。女性は俗に右脳型で、子宮で考えるとも言われる。こちらは論理的というよりも直観力であろう。男性は左脳型であり論理脳が発達していると考えられる。身体の構造から性差があるのは自ずから明らかであり、脳にも性差があるとされているようだ。

 しかし、男性はこの女性の「宇宙の原理の感知能力」を女性というチャネルを通して体得する仕組みになっているのではなかろうか。女性の介在がなければ自然科学(さらには各種芸術、文化)の発展も望むべくもなかったのではないかということ(仮説)。

4. 仁王像[2526] kG2JpJGc 2019年1月14日 16:35:03 : SK7aNF1oE6 : qTTnDCX3tsE[49] 報告
 (3に関連) 

 カール・マルクスのどれかの著作に、古代の神殿には巫女たちがいて、参拝者と性交渉を行った云々という記述があったと記憶する。今それを引用できないので wikiから一部引用。ここでは娼婦となっているが巫女との見方もあるようだ。
 神殿の巫女たちは参拝者と交わることで彼らに霊力を授ける風俗があったと考えられる。
 マルクスは唯物論者であるから、このような風俗を怪しいものとして否定的に捉えていたと思われる。

・メソポタミア wiki
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E8%81%96%E5%A8%BC%E5%A9%A6
 >古代メソポタミアの巫女は、寄進を受けた者に神の活力を授けるために性交渉を行う風習があったとも言われる。
『ギルガメッシュ叙事詩』でもギルガメッシュの友エンキドゥの獣性を鎮めるために、娼婦を派遣して性交渉を行ったという伝説がある。
 また、古代メソポタミアのイシュタルや古代ギリシアのアフロディーテ、北欧神話のフレイヤなど、多くの神話では愛と美を司る女神は性に奔放な姿で描かれているのも、こうした神殿娼婦の影響によるものと考えられている。
 古代ギリシャの歴史家ヘロドトスは古代メソポタミアにおいて神殿売春が行われていたと初めて言及した人物である。

5. 仁王像[2527] kG2JpJGc 2019年1月14日 17:46:22 : SK7aNF1oE6 : qTTnDCX3tsE[50] 報告
 シオン修道会というのは、ある人物がねつ造したものを小説に取り入れたことは確かのようなので、本文のシオン修道会の総長云々の拙は削除します。
6. 仁王像[2529] kG2JpJGc 2019年1月15日 12:26:08 : SK7aNF1oE6 : qTTnDCX3tsE[52] 報告
 (これまでの考察の延長線上に浮かんで来ることを以下に論じる衝動を抑えられない)

 安部政権のやること成すこと、すべてチグハグであり唾棄すべき事柄ばかりである。これはこの夫婦が「宇宙の原理」に繋がってはいないことの証である。
 言い換えれば細君が俗に言う”下げまん”であるということ。”下げまん”であるがゆえに、国民を大不幸に陥れているという言い方が出来よう。

 他方、一井のの庶民の間には円満な夫婦も沢山おられる見られる。これらの夫婦は、宇宙の原理との繋がりが良く、そこから知らず知らずの裡に滾々(こんこん)と生活上の智慧を得ていると考えられる。夫人たちは皆”上げまん”に違いない。
 人は大宇宙を支配する物理法則から逃れて生きることは出来ない。食べなければ餓死するし、空中歩行もできない。

 ここ数千年の自然科学の発達によって宇宙の原理は大分解明されてきたが、まだ全てではないだろう。癌治療の新しい免疫療法もつい最近、日本人がノーベル賞をいただいたぐらいだ。
 坂田晶一や武谷三男らの弁証法的自然観によれば、自然は無限の階層構造を持っているという。宇宙の原理と繋がりの太い人々は、まだ解明されていない原理からも知恵を授かれるはずである。
(輝かしいイスラム文明を築いた古代人は宇宙の原理と繋がる方法論を直観的に会得していたと思われる)

 (関連)
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/701.html
 >経済活動を含むすべての人間活動は、自然界を支配する物理法則から逃れることはできない。その物理法則を否定した上に成り立っている経済学が現実に役立つはずがない。

7. 仁王像[2530] kG2JpJGc 2019年1月15日 20:00:12 : SK7aNF1oE6 : qTTnDCX3tsE[53] 報告
 (再掲)

・イスラムこそ1000年以上にわたって世界史の中枢であった。その絢爛豪華さは中国すら及ばす、同時代のヨーロッパに至っては、ゲルマン人はいまだ汚い野蛮人であった/小室直樹
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/336.html
 投稿者 仁王像 日時 2016 年 1 月 13 日 20:01:05: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc

「日本人のためのイスラム原論」小室直樹/インターナショナル‘02年 (はじめに)から抜粋

≪はじめに≫
 イスラム世界の本質は、比較宗教社会学的にイスラム教を研究して、はじめて明らかにされるであろう。イスラム世界とは、イスラム教を奉じる社会だからである。
 イスラム教では、宗教とは法である。
 では、法とは何か。
 法とは神との契約である。神との契約は宗教の戒律であり、社会の規範であり、国の法律である。この四つがまったく一致するのが宗教の理想であり、イスラム教はまさにそのとおりである。
 イスラムの信者にとって、法を守ることは、そのまま神を信じることにつながる。法を守ることによって、ムスリムは容易に安心立命の境地に達する。
 しかるにキリスト教には法もなければ、規範もまた存在しない。このような宗教において、信者が神を信じるには、絶大な努力を要するのである。
 また、イスラム教とキリスト教とは、同じ一神教であっても天地雲壌の違いがある。
 また、イスラム教はキリスト教と違って、原罪論およびイエスの贖罪による人間の救済、三位一体説、予定説、神の母マリアなどの奇態きわまりない教説を持たない。
 イスラムでは教えのエッセンスが「法を守れ」に縮約され、理解を絶するような教義は、一つもない。誰にでも至極分かりやすい。

 イスラム教が沖天の勢いで広まっていったのは、まさに当然すぎるほど当然のことであった。
 マホメットの死後100年ほどで、イスラム帝国は全盛期のローマ帝国より広大な領域を支配した。この大帝国においてイスラムは被占領地の住民を和合し、同化し、その都であったバグダートは世界経済の中心となって繁栄をきわめた。生産力は進歩し、富は蓄えられ、貨幣経済も伸展をきわめた。

 イスラムこそ1000年以上にわたって世界史の中枢であった。その絢爛豪華さは中国すら及ばず、同時代のヨーロッパに至っては、ゲルマン人はいまだ汚い野蛮人であった。
 大航海時代、ルネッサンスを契機として、ヨーロッパは近代へ向けて発進することになるが、いずれもイスラムの文化的指導がなければありえなかった。世界がイスラムに負うのは、アラビア数字だけではない。代数学、天文学、化学はもとより、ギリシャ、ローマの思想研究もまたアラブを母体とする。
 このことを欧米人がすっかり忘れてしまっている忘恩こそが、イスラムと欧米の紛争の原因なのである。  

 
(補)
 トランプ夫妻も 宇宙の原理とかなり良く繋がっているように思える。トラ大の前後の脈絡のない不規則発言を積分していくと、今世紀、米国が執るべき行動に不思議に沿っている。国内の反対勢力をとぼけながら良く制御しているのではないか。得意の直観力が働くようなのは、宇宙の原理からの補助があるのではないか。
 二人の世界ウォッチャー田中、副島もトラ大を評価し何かとヨーゴしている。

 世界政治のド素人を大統領の座に押し上げ歴史の要請に応えられるまで来られたのは、メラニア夫人が”上げまん”であったから と考える。

8. 仁王像[2531] kG2JpJGc 2019年1月17日 12:21:25 : SK7aNF1oE6 : qTTnDCX3tsE[54] 報告
 ≪余談≫

 稀勢の里の不運はどこから来たのか?

 『ダヴィンチ・コード』には「古代には、男性は精神的に未完成であり」(コメ1)とある。他の箇所には「古代ユダヤ社会では男性は結婚すべきものとされていた」とある。

 今回の不運は、稀勢の里が所帯持ちでなかったことと関係しているように思える。相撲は「心技体」と言われる。単身であるということは、円満な「心技体」の形成に不利であったことが考えられる。
 もし、連れ添う夫人がいて、彼女に巫女的体質があればあるほど、相撲道についての天の智慧を自然に授かり、運勢も大きく違ってきたのではないかと思うのである(これがすべてではないだろうが)


(『ダヴィンチ・コード』からー本文[V字M字の節の後に入る)
・イエスがユダヤ人だったから、当時の社会秩序は、男性が結婚しないことを事実上禁じていた。ユダヤの慣習では、独身は非難され、…もしイエスが結婚しなかったのなら、福音書のどれかがそれに言及した(いたはず)。ところが、そんな記述はどこにもない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ