★阿修羅♪ > 議論31 > 689.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
金本位制の自動調整作用〜金の現送点とは?/牧野純夫
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/689.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 8 月 16 日 08:02:55: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

≪金本位制の自動調整作用〜金現送点≫
 というのは、金本位制はそれ自身自動調整作用を持つからである。いまA、B二つの金本位制をとる国の間で、Aの輸出が増大してBからの輸入をしのいだとする。そうすると、AはBからその差額だけ金を受け取る。(BからAへ金は流出する)。そして、それだけAの金準備は増大すれば、それにともない通貨は増発され、物価は上がる。物価が上がればAの輸出は難しくなり、輸入が増えてくる。やがてAがBに対し入超となれば、今度はAからBへの金を輸出するようになる。金を輸出すれば、Aの金準備は減少し、それにつれて物価は下がっていく(金を輸入するBの方では逆に物価が上がっていく)。

 物価が下がれば、再びAの輸出は増大し、またBから金の流入を招くであろう。こういう作用がこの制度にはある。しかも、この作用は政府が手を加ないでも自動的に行われる。なぜならば、金の輸出入に制約を置かない金本位制では、相手国まで金を送る費用(荷造費、輸送費、保険料等、それらを合わせて金の現送費という)を限界点(これを金の現送点という)として、第一図(冒頭)に見るごとく、為替相場はそれ以上にも以下にも動かないからである。

 為替相場はその時々の市場における為替の需給によって決まるが、たとい取引相場が現送点を突破したとしても、その場合には為替で決済するより金を現送して決済した方が採算上有利となるからである。

 ところで、金本位という言葉は、人によっていろいろの定義が与えられているが、ここではこの当時を背景として考えてみれば、
 @ 金の一定量をもって価格の単位とする。
 A 金と通貨と兌換に制約を置かない。
 B 金貨の鋳潰し、溶解の自由を認める。
 C 金の輸入に制約がない。

 これらが金本位制成立のための条件と言えよう。この内@の条件から、AB両国の間に通貨の金純分量そのものの比較による為替相場が生まれる。これを金平価(gold parity)という。両国間の為替相場はこの金平価を中心として、そのときどきの為替の需給によって上下するが、さりとてCの条件がある限り、為替相場が上下二つの金現送点を逸脱することはない。

 この二つを限界点として、確実に安定する。為替相場が安定すれば、物価も安定してくる。少なくとも商品自体の需給によって物価が上下することはあっても為替の面から動くことは避けられる。これが金本位制の自動調節作用について、一般に言われるところである。
 だから英国が実勢から10%も開きのあるポンドを旧平価に引き上げ金本位制に復帰し、ひとたびこの作用が働き出せば、その圧力は物価を通して英国経済のあらゆる面に浸透していく。自然力のごとくのしかかる重圧という一面は、このことを言うのである。

【出展】
 「円、ドル、ポンド」牧野純夫/岩波新書1960年
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 仁王像[2819] kG2JpJGc 2019年8月17日 07:22:45 : FR5QOLxhH6 : Tk1tUElVYktXVFk=[1] 報告
 本書の目次の一部

T 1920年代ー金本位制への復帰ー
 …
 ≪金本位制再建の機運≫
 ≪金本位条例の成立≫
 ≪ポンドの伝統≫
 ≪金本位制の自動調節作用≫
 ≪金の需給とロンドン市場≫
 ≪英国銀行の金利政策≫
 ≪対外投資の手加減≫
 ≪資本の重圧はね返る≫
 
 (以下、略)

2. 2019年8月22日 12:44:26 : h6svF8I0fY : UHk4M094QUNrclk=[1] 報告
金の現物価値が全人口を賄う社会システムの上位にあるように見えているものは馬鹿者である。
金の価値はその中に収まるもので、謂わば社会国家の基礎体力を支えるために使われるものである。つまり国家の体力を上回るものであってはなら無い。国家及び社会の価値=あらゆるものの価値の原点とは「基本労働体制(社会国家の基礎体力)=基礎生産力(*1) to 基本的分配」という全体性の基本的合意において組織される枠組みに純粋に準拠したものでなければおかしい。現代の投機依存型経済学は夜盗が詐欺師に語らせているなぞなぞも同じ。
金の価値が人の価値を上回る事などあってはなら無い。金の価格が仮に売買で高騰するなどという事があるとするなら、そこに上乗せされた配当の均一的な分化も果たされねばならぬ。それはただ一方がせしめる結果に終わってるだけだろう。そこにいつしか人が売り買いされる事になる。
だからそうあってもよいなどとする言い腐れをする者が居たら、そいつは余程の思考停止の大馬鹿か、能無しの人でなし、はたまた人心喰らいの大嘘つきに落ちた憐れな下人である。
最後人でなしどもが救われる世界など無い。
故に今まさにそうなっているように金も売り払われれば値を下げ、偽金も紙くずとなり、全てを失う。
投資筆頭される投機対象とされるあらゆる売買品すべて本来の価値を失ってしまいとなる。

(*1) 労働は等しく分け合う事が出来ないため能力に見合う作業と効率化を全体性で担保し、能力に見合った分配、作業の分化などで個別に負担される労働稼動率の割合は全体で押し下げるべく知恵を出さなくてはなら無いし、またそうするべきものが本来の人間の生きる社会性と理解すべし。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ