★阿修羅♪ > 議論31 > 690.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
金は世界通貨である〜七世紀にわたる金価格の上昇/牧野純夫
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/690.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 8 月 17 日 08:03:09: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

(回答先: 金本位制の自動調整作用〜金の現送点とは?/牧野純夫 投稿者 仁王像 日時 2019 年 8 月 16 日 08:02:55)

金は世界通貨である〜七世紀にわたる金価格の上昇/牧野純夫

] 金
 ≪金は世界通貨である≫
 金は人間労働の生産物の一つである。その意味で、他のもろもろの商品と同じく価値物である。だが、それが貨幣おされるのは、金が流通の手段、支払いの手段、価値蓄積の手段、あるいは価値の尺度として役割を果たすのにふさわしい性質を持つからに過ぎない。大昔から(さまざまな物質が貨幣に使われたが)、金はその希少性からわずかな分量で大きな価値を表す、貨幣となるにふさわしい自然的素材を持つからである。…1870年代を境に金本位制が世界の支配的貨幣制度となった。…金はそのようなものとして、またその自然的素材のゆえに、人類一般に受け入れられる世界性を持つ。金こそ世界通貨なのである。

 ≪七世紀にわたる金価格≫
 13図(略)のロンドン市場にみる金の価格は、この七世紀のの間に、このように上昇の線を描いたのである。次に1700−1900年の二世紀にわたり安定している。
 ≪両体制の通貨の比較≫
 金は貨幣として金に代り得るものが現れない限り依然として世界貨幣であるが、金は常に各国の通貨の価値をその価格や金量の上に移してきた。そして各国の通貨は、その生産力の発展の度合いに応じて金によって評価された。

 ≪金価格の新しい方向≫
 これは戦後の新しい現象である。価格の一途な上昇という金の短かからぬ半生が、こkで社会主義体制のもとに新しい方向を取り始めた。そして、強化されたルーブルはどういう役割を果たしてきたのか。
 ルーブルが社会主義諸国の社会主義建設に力を発揮したことはいうまでもないが、圏外の後進国に対するいわゆるルーブル攻勢は、それがいまd発展の過程にあうにせよ、借款の諸条件のうち利率ひとつとってみても、ドル、ポンドの借款はあるにせよ、戦後のソ連の生産発展率は米、英のそれを引き離し、その優勢は西側にもこれを認めざるを得ないこととなった。
 …
 円がいかに力を持とうとも、マルクがいかに国家権力を逞しくしようとも、第二次大戦は「貨幣は金でなければならぬ」という貨幣史の示すところを現実に証明した。そして、敗戦とともに「地下の金庫の封印」をみた円は、今度はドルを通して金に結びついている。
【出展】同前
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 仁王像[2820] kG2JpJGc 2019年8月17日 08:46:49 : FR5QOLxhH6 : Tk1tUElVYktXVFk=[2] 報告
 本書の改訂版はその後、「金の現送」との記述が消えている。…思うに、ブレトン・ウッズ体制のもと、金の現送というプリミティブな方法は合理的ではないということで、ブレトン・ウッズの米銀に各国が金を預けてそこで決済するようになったのではないか。
 少なくとも仏国は、決済に必要な最小限を残して金を自国へ引き上げたお見られる。
 中露は、元々必要最小限の金しか預けなかったかと。

 ニクソンショック(1971年)以降の今も、この帳簿の付け替えでの貿易決済は行われえているはずと思う(要検証)。

・ブレトン・ウッズ協定wiki
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%83%E3%82%BA%E5%8D%94%E5%AE%9A

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ