★阿修羅♪ > 議論31 > 709.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「7. 超陰謀論」について
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/709.html
投稿者 AN 日時 2019 年 11 月 28 日 00:42:02: /YP.3B0UurBCM gmCCbQ
 

(回答先: 工作員の手引き書! 投稿者 AN 日時 2019 年 11 月 17 日 20:42:15)

(”レスポンス”で投稿しようとすると何故か二重投稿扱いになってアップできないので、フォローアップにしました。他意はありません)

「7. 超陰謀論」について
 カッコ書きで、陰謀論一般は”工作”とはみなしません」としましたが、それでは、”陰謀論一般”と”超陰謀論”とは何が異なるのかを説明します。 ……と思っていたわけですが、これは結構大変な作業で、実例を阿修羅の中から探していましたところ、政治板に、【前河さん】が的確な例を挙げてくださいましたので、許可を得て使わせていただくことにしました。

 陰謀論一般とは、”陰謀論”と同じ意味です。
 陰謀論とは、「特定の組織や人物にとっての利益に繋がった策謀や事実の存在を指摘する呼称」(ウィキより)です。
 ウィキにはありませんが、陰謀論は、『有り得る』ものと『有り得ない』ものに分類することができるでしょう。
 ”超陰謀論”は、”有り得ない陰謀論”を指した小生の造語です。

 以下は前河さんが挙げた実例を、有り得る陰謀論と有り得ない陰謀論に分類してみました。 ★マークは前河さんの解説で、番号は小生が振りました。()内は小生の意見です。

『有り得る陰謀論』
1. 産経新聞は統一教会系の世界日報系
★もしかしたらあるかも。自民議員が統一協会のイベントに祝電なんかやってから怪しい点ではある。

2. 2012年12月15日の衆議院選挙は不正選挙だった。
★確かめようがない。
(”不正選挙”は実際に”有り得る”のですが、個々の例では検証不可能であることが多く、要注意です。 ただし阿修羅内の”不正選挙”は圧倒的に工作方法として使われています)

3. ユダヤが日本人がバカになるように、ゆとり教育を導入させた。
★意味不明。ゆとりは、そういう一部のゆとり強行派の意見が盛り上がり、当時の文科省役人の寺脇が主導したんじゃないか?
(諸外国が日本を植民地/属国にしようと、様々な手段を用いてきたことは史実ですから、これも有り得ないことではありません)

4. 北朝鮮が崩壊しないのは在日と米国1%が支援している
★在日は知らんが、米が北を支援してるはずがない。
(考えにくい話ではありますが、有り得ないとは言えません)

5. 電通はCIAの工作機関である。
★有り得る。電通、読売グループ、文春、財務省…辺りが怪しいというのは、コシミズとは関係なく疑っている人が多い。これは陰謀論か?

6. 在特会は北朝鮮右翼が母体
★在特会などアホ過ぎて知った事ではないが、朝鮮ヘイトをしてる連中が朝鮮人とは不自然。
★ただし、そういう事をする人間もいることは知っている。例えば、朝鮮人は出ていけ!といってる奴が朝鮮人だったとか。これは自作自演だな。

7. 9.11(米同時多発テロ)はアメリカの自作自演
★あんな簡単にビルが崩壊するはずがない事を考えるとこれは少しは有り得る。根拠が薄いか?

『有り得ない陰謀論』(=超陰謀論)
1. 政治家の全員がLGBTである
★意味不明。根拠がない。有り得ない。
(”人間は全員LGBTである”という主張なら個人的に賛成するんですけど(笑))

2.地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教は創価学会の別働隊
★有り得ない。創価が絡んでたら、創価も捜索の対象になっているはず。滅茶苦茶だな。

3. ヒトラーはユダヤ人だった
★確めようがないが、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」が元ネタか?
(これは”有り得る”のですが、「それがどーした?」「ふ〜ん」レベルのお話)

4. 3.11(東日本大震災)はHAARPという地震兵器によるテロ
★ある訳ないだろ。兵器を使えば証拠が必ず残る。こんなのを信じたら頭がおかしいと思われるな。都市伝説レベル

 以上全部で11種挙げられている中の7種は”有り得る”わけで、そこに4種の”有り得ない”が混在していることが、「工作」の基本的な手法です。 ”不正選挙”はその変形で、実証困難な事例を敢えて中心に据えることで、混乱を狙います。 一番良い対処法は無視することだと思うのですが、工作員はまた”ムキになって反論”することによって混乱を拡大しようとします。


 有り得ない陰謀論(超陰謀論)の狙いは上記のように”混乱させる”ことのほか、”仕方ない”という諦めの気分を広める目的があります。
 つまり我々は実体を持つものとは戦えますが、オバケ(有り得ないもの)と戦うことはできません。

 ということで、超陰謀論や陰謀論一般と遭遇したときには、それが”建設的”であるか否かを判断して対処することが工作員と戦うために必要と考えます。
 
 文末ではありますが、改めまして前河さんに感謝いたします。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-15243] koaQ7Jey 2019年11月28日 11:49:42 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-2321] 報告
>地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教は創価学会の別働隊


要するに彼等は、世界支配中枢の手先なんです。

つまり、さまざまな謀略を仕掛ける上で「閉鎖的で・従順な」集団というものが必要なんです。それにはどうしてもカルトが一番適している、というところを世界支配中枢はわかったから、それぞれの国でそういったカルト的な組織を育成して、巨大化させて、権力を持たせてきたわけです。

それを日本においては戦後GHQそしてCIAが主導権を握って、創価学会と統一教会という2つの宗教に主としてその役割を担わせてきたと、考えていますが、ただし、その二つの宗教だけではありません。そういったCIAの息のかかった宗教というのは、例えば真光系のいくつかの教団にしてもそうだし、幸福の科学とか、そういったものもそうだと思います。

まあ、ある意味、それぞれの教団に対して統一教会が人間を送り込んで内側から支配構造を作っていく。いつのまにか支配中枢に座っている、ということで大元は実は統一教会であるという場合が多いと思います。つまり創価学会も実は統一教会の連中が入りこんで中から動かしている。

その結果として何が起きたかというと、オウム事件において統一教会だけではなく創価学会も暗躍したというのはそういう意味だったと思います。

つまり中核でおかしなことをやってる連中はみな同じ連中なんです。つまり、統一の服を着てその上に創価学会の着ぐるみを着て、さらにその上にオウム真理教の気ぐるみを着た三重なんです。十二単みたいな連中なんですね。そういう事なんです。

で、オウム信者というふうに新聞に出るけども、皮むくと創価、もう一回むくと統一教会。これが謀略に謀略を重ねた結果なんですね。

ということで、この連中は宗教というもの、閉鎖的で外に情報が洩れなく、そして非課税特権で守られているから、おかしな金の流れというものに手を染めても司直が手を出せない。というメリットを利用してるわけです。

つまり宗教は非課税特権だからこそおかしなことに手を出せる。犯罪・謀略、全て非課税特権があるからこそ出来るんです。したがって創価学会あたりに対して民主党の議員さんあたりが「宗教の非課税特権を撤廃するべきである。」ということを一言でも言ったら、公明党創価学会大騒ぎして叩きのめそうとする。

つまり彼等にとって一番のウィークポイントがここなんです。つまりこの非課税特権がなければ、宗教はいかなる謀略も出来ないんです。そして、金を集めてその金をどうしようがわからないからこそ、おかしな犯罪に金を投入することが出来るんです。麻薬にしろ保険金殺人にしろ、非課税特権があるから出来るんです。

その結果として、戦後六十数年たって、わが国は完全にこのカルト集団によって略奪されてきています。

あの〜ここに、今朝見つけたんだけど「くたばれ創価学会、お国の為に」あのこれは僕が書いたわけじゃないけれど、実に達筆だよね。というかこういうソフトがあるんだろうけれども本当にそうだ。わが国のためにはこんなのいらないよ。 

そりゃね、信者さんの大半はね、変な人じゃないの。信心してるの。でもね、ここをね、大きく2つに分けて考えなきゃいけない。

創価学会は日蓮正宗の信徒団体であって、そもそも最初は日蓮の教えを勉強したい人達がいたわけ。ところが今は、そういう人達とは別に池田教になっちゃっているわけ。池田大作という在日朝鮮人の2世が神様になっちゃってる。

つまり1つの宗教の中に2つの要素が入り込んじゃってる。これが間違いなんだ。
だいたいが教祖を神格化するというのはこれCIAの手口なんだよね。

そもそも本来は仏教団体なんだから、仏教団体として活動してくれる分には全然問題ないわけですよ。どうぞお好きになさいと。仏法、立派なもんです。ゴータマ・シッダルダ以来、人間に生きる道を教えてくれる。素晴らしいものです。

ところがそれと池田教とは全然違うもんなんだよね。で、そこのところに気がついて止めた人も一杯いる。気がついたってことは、あの〜まだ頭がちゃんと働いているっていうことだと思う。

さて、このこういう映像・画像見てもらえればだいたい分かると思う。どんなに偉そうなこと言ったって、北朝鮮の親分と手を握り合ってる親父、こんなの信用できるわけ無いじゃないよ。

この親父が、自民党の議員さんに自分のところの信者を沢山送り込んでいるんだよ何百人も、文鮮明が。北朝鮮のボスと手を握った男が自民党のボスなんですよ。こんなことが許せるんですか?

統一教会の信者さん、ここ説明してください。これをどう解釈したらいいんですか?わが国の敵じゃないんですか、北朝鮮は?わが国の人間をどんどん勝手に拉致して行方不明にしてさせて、変なミサイルを飛ばすとか飛ばさない
とか・・

今日はどうやらぶっ壊れたから飛ばないみたいだけども(笑声)そりゃまあそうでしょう。ま、その程度のレベルだと思うから。

そしてこの人、いい顔してるね(文鮮明の写真を指す)こんな人がメシアの再臨のわけないでしょう、顔見れば分かるでしょうが。これがメシアの再臨?そう信じているとしたらあなた頭がおかしいよ!この人、北朝鮮やオウムや麻薬に関わっている犯罪者ですよ。

それからまだ分からないで、いつまでたってもぐずぐず統一教会に引っ張られて搾取され拘束されている人達、可愛そうですね。早く気がついてください。
                  
それからこの三色のうちわ、韓国に行くとおみやげやさんで売ってます。で、あのWBCの野球の大会で日本と韓国が対戦する時は、チアガールの綺麗な女の子がこのうちわを持って「コリアン頑張れ」ってやります。韓国のスリーカラー、韓三色です。

この同じ色が見たかったらそのへんに一杯あります。創価学会の旗です。
創価学会の旗になぜこの色を使ったのか?つまり、池田大作さんは、自分の創価学会の信者の中のごく一握りの、コリアンを源泉に持つ人達にメッセージを与えているんです。

「創価学会はコリアンの為の宗教だよ」ということを伝えるためにわざわざこの色で3色旗を作った、というふうに私は解釈しています。

もう1つ、聖教新聞を読むと、池田大作さんの回顧録として子供の頃お父さんから

「日本人は戦争の時、韓国をいじめた。それに対して反省しなければならない」

ということを先生書いてる。そりゃ結構ですよ。で、同じ聖教新聞には「韓日友好」とか平気で書いてるわけ。日本国の宗教で、日本人のための新聞で、何で「韓日友好」なんですか?

これも同じこと。創価学会の中のコリアンのメンバーに対してメッセージを伝えてるんです。聖教新聞は「創価学会はコリアンの為の宗教なんだよ」ということを暗に伝えている。

http://blog.goo.ne.jp/candy-cats7/e/307813e14d625928891ad4b7150528ba


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

2. 中川隆[-15242] koaQ7Jey 2019年11月28日 11:53:08 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-2320] 報告

幸福の科学も創価学会の別働隊


幸福の科学を大教団に育て上げた小澤利夫は元創価学会のNo.2

736 名前:聖杯と剣 ◆mV44sBgxwA [2009/09/27(日) 12:36:12 ID:Qt1zxBwg]

幸福の科学の歴史を見ると総裁ときょうこさん以外で幸福の科学の実質的なプロデューサー、経営者であったひとはみんな終わりが良くない。 教祖一家をあやつろうとした人は最後にはうざがられて消されてる。

リョフイが始皇帝に消されるようなもんだよ。

幸福の科学の裏経営者変遷の歴史


善川三郎・・・名誉顧問に追いやられ、実権剥奪。

原久子・・・破門。仏敵認定。

小澤利夫・・・査問され追い出される。後に退会。

山本無執・・・追い出される

小林早賢・・・今ここ

吉田一派・・・多分小林政権はそろそろ倒れて吉田政権に移ると思われ。

http://yomi.mobi/read.cgi/gimpo/gimpo_psy_1253728917

要するに彼等は、世界支配中枢の手先なんです。

つまり、さまざまな謀略を仕掛ける上で「閉鎖的で・従順な」集団というものが必要なんです。それにはどうしてもカルトが一番適している、というところを世界支配中枢はわかったから、それぞれの国でそういったカルト的な組織を育成して、巨大化させて、権力を持たせてきたわけです。

それを日本においては戦後GHQそしてCIAが主導権を握って、創価学会と統一教会という2つの宗教に主としてその役割を担わせてきたと、考えていますが、ただし、その二つの宗教だけではありません。そういったCIAの息のかかった宗教というのは、例えば真光系のいくつかの教団にしてもそうだし、幸福の科学とか、そういったものもそうだと思います。

まあ、ある意味、それぞれの教団に対して統一教会が人間を送り込んで内側から支配構造を作っていく。いつのまにか支配中枢に座っている、ということで大元は実は統一教会であるという場合が多いと思います。つまり創価学会も実は統一教会の連中が入りこんで中から動かしている。

その結果として何が起きたかというと、オウム事件において統一教会だけではなく創価学会も暗躍したというのはそういう意味だったと思います。

つまり中核でおかしなことをやってる連中はみな同じ連中なんです。つまり、統一の服を着てその上に創価学会の着ぐるみを着て、さらにその上にオウム真理教の気ぐるみを着た三重なんです。十二単みたいな連中なんですね。そういう事なんです。

で、オウム信者というふうに新聞に出るけども、皮むくと創価、もう一回むくと統一教会。これが謀略に謀略を重ねた結果なんですね。

ということで、この連中は宗教というもの、閉鎖的で外に情報が洩れなく、そして非課税特権で守られているから、おかしな金の流れというものに手を染めても司直が手を出せない。というメリットを利用してるわけです。

つまり宗教は非課税特権だからこそおかしなことに手を出せる。犯罪・謀略、全て非課税特権があるからこそ出来るんです。したがって創価学会あたりに対して民主党の議員さんあたりが「宗教の非課税特権を撤廃するべきである。」ということを一言でも言ったら、公明党創価学会大騒ぎして叩きのめそうとする。

つまり彼等にとって一番のウィークポイントがここなんです。つまりこの非課税特権がなければ、宗教はいかなる謀略も出来ないんです。そして、金を集めてその金をどうしようがわからないからこそ、おかしな犯罪に金を投入することが出来るんです。麻薬にしろ保険金殺人にしろ、非課税特権があるから出来るんです。

その結果として、戦後六十数年たって、わが国は完全にこのカルト集団によって略奪されてきています。

あの〜ここに、今朝見つけたんだけど「くたばれ創価学会、お国の為に」あのこれは僕が書いたわけじゃないけれど、実に達筆だよね。というかこういうソフトがあるんだろうけれども本当にそうだ。わが国のためにはこんなのいらないよ。 

そりゃね、信者さんの大半はね、変な人じゃないの。信心してるの。でもね、ここをね、大きく2つに分けて考えなきゃいけない。

創価学会は日蓮正宗の信徒団体であって、そもそも最初は日蓮の教えを勉強したい人達がいたわけ。ところが今は、そういう人達とは別に池田教になっちゃっているわけ。池田大作という在日朝鮮人の2世が神様になっちゃってる。

つまり1つの宗教の中に2つの要素が入り込んじゃってる。これが間違いなんだ。

だいたいが教祖を神格化するというのはこれCIAの手口なんだよね。

そもそも本来は仏教団体なんだから、仏教団体として活動してくれる分には全然問題ないわけですよ。どうぞお好きになさいと。仏法、立派なもんです。ゴータマ・シッダルダ以来、人間に生きる道を教えてくれる。素晴らしいものです。

ところがそれと池田教とは全然違うもんなんだよね。で、そこのところに気がついて止めた人も一杯いる。気がついたってことは、あの〜まだ頭がちゃんと働いているっていうことだと思う。

さて、このこういう映像・画像見てもらえればだいたい分かると思う。どんなに偉そうなこと言ったって、北朝鮮の親分と手を握り合ってる親父、こんなの信用できるわけ無いじゃないよ。

この親父が、自民党の議員さんに自分のところの信者を沢山送り込んでいるんだよ何百人も、文鮮明が。北朝鮮のボスと手を握った男が自民党のボスなんですよ。こんなことが許せるんですか?

統一教会の信者さん、ここ説明してください。これをどう解釈したらいいんですか?わが国の敵じゃないんですか、北朝鮮は?わが国の人間をどんどん勝手に拉致して行方不明にしてさせて、変なミサイルを飛ばすとか飛ばさない
とか・・

今日はどうやらぶっ壊れたから飛ばないみたいだけども(笑声)そりゃまあそうでしょう。ま、その程度のレベルだと思うから。

そしてこの人、いい顔してるね(文鮮明の写真を指す)こんな人がメシアの再臨のわけないでしょう、顔見れば分かるでしょうが。これがメシアの再臨?そう信じているとしたらあなた頭がおかしいよ!この人、北朝鮮やオウムや麻薬に関わっている犯罪者ですよ。

それからまだ分からないで、いつまでたってもぐずぐず統一教会に引っ張られて搾取され拘束されている人達、可愛そうですね。早く気がついてください。
                  
それからこの三色のうちわ、韓国に行くとおみやげやさんで売ってます。で、あのWBCの野球の大会で日本と韓国が対戦する時は、チアガールの綺麗な女の子がこのうちわを持って「コリアン頑張れ」ってやります。韓国のスリーカラー、韓三色です。

この同じ色が見たかったらそのへんに一杯あります。創価学会の旗です。

創価学会の旗になぜこの色を使ったのか?つまり、池田大作さんは、自分の創価学会の信者の中のごく一握りの、コリアンを源泉に持つ人達にメッセージを与えているんです。

「創価学会はコリアンの為の宗教だよ」

ということを伝えるためにわざわざこの色で3色旗を作った、というふうに私は解釈しています。

もう1つ、聖教新聞を読むと、池田大作さんの回顧録として子供の頃お父さんから

「日本人は戦争の時、韓国をいじめた。それに対して反省しなければならない」

ということを先生書いてる。そりゃ結構ですよ。で、同じ聖教新聞には「韓日友好」とか平気で書いてるわけ。日本国の宗教で、日本人のための新聞で、何で「韓日友好」なんですか?

これも同じこと。創価学会の中のコリアンのメンバーに対してメッセージを伝えてるんです。聖教新聞は「創価学会はコリアンの為の宗教なんだよ」ということを暗に伝えている。

http://blog.goo.ne.jp/candy-cats7/e/307813e14d625928891ad4b7150528ba

名前: 特撮オタ 投稿日: 2000/11/23(木) 13:17


●幸福の科学の創設時からの大幹部に創価学会の元大幹部がおり、彼が宗教ビジネスとしての「幸福の科学」のモデリングを行ったのではないかという説がある。


小澤利夫さんの講演を聞きに行きました。 小澤さんは現在85才。背筋のピンとした、元気なおじいさん。

ご本人は静かにし話そうと思われるのですが、とうとう最後まで大きな声は変わらなかった。(笑)

小澤さんの経歴を講演会の案内によってご紹介しますと…

1926年 茨木県生まれ、18才で海軍、特攻隊員、レイテで終戦。

1948年 22才創価学会入会。

1958年 茨城県の公明党市議会議員5期20年務める。本部理事就任。

1978年 創価学会脱会。
      その後霊友会、佼成会、などの宗教遍歴。

1986年 「幸福の科学」に入会し、組織設立時から10年間かかわる。
      7年間理事長を務める。

1997年 「幸福の科学」脱会。

2001年 シロアム教会( 韓国系, 元やくざの鈴木啓介牧師)にて信仰告白し洗礼を受ける。

創価学会幹部、幸福の科学幹部からキリストへ

かつて「創価学会」幹部として歩み、その後「幸福の科学」の幹部だった小澤利夫さん。


小澤利夫(おざわとしお 七五歳)さんは、かつて創価学会幹部として、熱心に仏法に励んでいました。

 創価学会時代は、二五六世帯ほど折伏(伝道)して、創価学会に入信させたほど。公明党に属し、市会議員も務めていました。

 彼は創価学会理事会のメンバーとなり、会長の池田大作氏のもとで、側近中の側近として熱心に活動していたのです。

 けれども、創価学会のあり方に失望して脱会。そののち、「幸福の科学」に入信します。

 そこでも彼は熱心さと誠実さを買われ、やがて幹部となります。教祖・大川隆法氏の側近、幸福の科学のナンバー2として活動していました。

http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/149souka.htm


創価学会幹部、幸福の科学幹部からキリストへ


かつて「創価学会」幹部として歩み、その後「幸福の科学」の幹部だった小澤利夫さん。彼はその後、いかにしてキリストを信じるようになったか。

創価学会時代の小澤利夫さん。公明党推薦で、市議会議員選挙に第二位当選(37歳の時)。


[小澤利夫さんプロフィール]

 小澤利夫(おざわとしお 七五歳)さんは、かつて創価学会幹部として、熱心に仏法に励んでいました。 創価学会時代は、二五六世帯ほど折伏(伝道)して、創価学会に入信させたほど。公明党に属し、市会議員も務めていました。 彼は創価学会理事会のメンバーとなり、会長の池田大作氏のもとで、側近中の側近として熱心に活動していたのです。

 けれども、創価学会のあり方に失望して脱会。そののち、「幸福の科学」に入信します。そこでも彼は熱心さと誠実さを買われ、やがて幹部となります。教祖・大川隆法氏の側近、幸福の科学のナンバー2として活動していました。


 しかし幸福の科学でも、失望を味わいます。そこを抜けた彼は、今はクリスチャンとして生きるようになりました。 

http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/message008.htm
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/149souka.htm


幸福の科学は創価学会により買収された新興宗教団体であるが、(小澤利夫という池田大作の右腕により次々に創価学会に買収され染められてゆく

池田大作は現在カトリックに夢中で病気の最中時々牧師を呼んでいるそうだ韓国人にはカトリックが多いので池田大作もこと自分の生死のことになるとカトリックしか受け付けないのだろう)

景山民夫などなぞの死であったことでも暗殺の疑いが強い景山民夫も不幸の封印をしたくてその負のエネルギーをどこでもいいからということで幸福の科学へ矛先を向けて蓋をし心の中の幻想にひた走った。

幸福の科学が創価学会脱会者の受け皿として「私達は創価学会を撲滅します」というチラシを持って創価学会脱会者の入信に成功するというシナリヲどおりに現在ことが運ばれているのである。

そして今池田大作の右腕の小澤利夫は


創価学会理事 → 幸福の科学理事長 → 韓国系カトリック教会トップ


として支配の裾野を広げているそうです。

http://karupara.exblog.jp/

▼6576.Re: (untitled)

名前:ララル〜 日付:12月21日(月) 23時52分

小澤利夫さんは、職員を辞めてからも口止め料が毎月払われ、論文提出もしてたそうです。


Re: 初代さんの部屋(11) ( No.16 )

日時: 2005/08/31 15:17
名前: ◆JBL


>閉会の挨拶  小澤利夫 
>こらまた、ビッグネーム持ってきますね。

創価学会で磨いた折伏と組織作りの腕を買われてKKにヘッドハンティングされた人物が、またまた意外なところで登場しましたね。

KKの「大躍進」時代の中心人物ですが、さすがにDILを大きくするのは、いくら小澤氏の剛腕を持ってしても難しいのではないか

http://happiness.lib.net/db/storage/syodairoom11.htm


きょう子の潔癖性が、古参幹部の命運を左右することになる。 そもそも、一般会員から、突如、主宰夫人におさまった場合、古参幹部は、どうしても以前の立場できょう子を見てしまう。義父の善川三朗、理事長の小澤利夫らは陰ではきょう子のことを「小娘」と呼んでいたのだし、会員で同等レベルだった斎藤(旧姓伊藤)真理子らは、胸中、複雑な心境だったろう。


必然的にきょう子の立場が上がれば、古参幹部はいやがられる。何かの理由をつけて、大川先生を唆せば大川先生から排除してくれる構造ができる。きょう子を本質的に見下していたのは、理事長の小澤利夫で、この人は霊道が開いていたこともあり、きょう子に対しても同格意識が強かった。釈迦の両脇に侍るのは、文殊菩薩と勢至菩薩(小澤と言われていた)だからという理由で・・・

小澤が失脚したのは、直接のきっかけは、東北での講演会(セミナー?)の随行の際、悪霊をつけてきたので大川先生を苦しめたというのが理由である。その前日、元婦人部長のS女史と長時間あっていたのが原因=このS女史、悪霊に魅入られているという噂の人だった。

しかし、本質は、その数ヶ月前に、きょう子と小澤には一悶着あったのだ。それは、小澤がきょう子に直接、次のようなメモを渡したことに端を発する。(本来なら秘書経由でわたすというプロセスも無視して)

「総合本部長の山本進の奥さんに、きょう子が婦人部の○田講師を推薦した」

というきょう子の指示に対して、○田講師が断りの手紙(=山本には奥さんがいるのでお断りする)をもってきたので、それを、直接渡してしまったのだ。 ところが、これを渡されたきょう子が珍しく困惑した。そんな結婚せよと言った覚えはないというのだ。これ以降の事実関係の調査については割愛するが、最後に小澤は「あぁ、勘違い」ですませてしまった。

それをきょう子は苦々しく思い、当然大川先生に言いつけますわね。これが小澤失脚の第一原因であった。

http://maruta.be/ours/19


#251 2010/10/01 14:26

次に、血祭りに上げられたのが、初代の理事長、小澤利夫氏。

小澤氏は、鬼嫁きょう子にいやがられていたし、小澤氏もきょう子を陰で「小娘」と呼んでいた。

小澤氏ときょう子の角逐はたびたびあったのだが、講談社事件後の東北地方でのセミナーの際、大川先生が猛烈な頭痛に見回れたが、それは小澤氏が悪魔を帯同したという理由で、即帰京命令がでて、その数ヶ月後、顧問に格下げされ、しばらく後に退職した。

しかし、裏で給与が支払われていた。口封じですな。

http://maruta.be/ours/37

[告発]幸福の科学 10年続く『仏敵』への謎の給与支払

36 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 20:06]

kk信者の皆さんにとって「仏敵」「破門」って、どんな位置づけですか?

まあ、「堕地獄」「悪魔にとりつかれた」ということでしょうかね。でも、実際は既述のとおり、「原さんはまともだった」の大川の言葉があります。 まとも、と教祖が認識している人物を「破門者」としてしまいます。 ま、きょう子の恣意的なものですね。大川はそれを止めようとしない。

はっきり言えば仏敵、破門とはいいかげんな物なんです。幸福の科学では。 別に霊的にどうのこうのなんてのは関係ありません。 証拠があります。


仏敵に認定された小澤氏に毎月17万円の給料を払い続けているんです。幸福の科学職員として。


宗教法人の長たる者は、非課税の特典を公共の利益に供与するために一時的に与えられているだけであって、他の非営利事業である福祉法人とかと同じく、私財を蓄えたり、税を逃れたりする目的でこれを利用した場合は、違法であり脱税です。 すなわち、宗教法人の認可を文部科学省から取り消されるケースも大いにありえます。

脱税とか私財を蓄える目的で職員に対して「退会後の守秘義務」 を誓約書に書かせるのは違法です。


37 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 20:06]

以前の大有名職員、小澤氏(総合本部長など歴任)は如何なる理由か不明ですが仏敵と認定されました。説明を受けなかった支部もあるとは思いますが「仏敵です」と説明された支部もあります。要するに用語はともかく「幸福の科学的にとんでもない悪人」と認定されたわけです。

宇宙の創造主エル・カンターレ、9次元霊、再誕の仏陀に歯向かった大悪人、のはずですが・・・・

彼は幸福の科学職員として登録があり、17万円の給料が毎月振り込まれています。給与はごまかしようがないですからね。嘘つけません。 支払いの条件は

「毎月幸福の科学法理論論文を書いて郵送し、種村氏や高橋氏のチェックを受けること」

おいおい、そのチェックする人間もとっくにクビになったぞ(藁


小澤氏あての給料振込みをKKがしても、改宗した彼が受け取るのでしょうか?

確か「親分はイエスさま」と言う映画で有名なった韓国系のプロテスタント教会に入信されたはずですが。在日韓国人とか風俗関係が多いユニークな所です。

これは「温情のお金」ではありません。歴代の職員上層部で、この給与支払いを何とか止めようと画策した人もいましたが、できませんでした。 この秘密を知っている人間はごくわずか。給与袋も通常は氏名は印刷ですが彼のは手書きですからね。ひたすらばれないように関係者を限定しているわけです。

小澤氏が去ってから延々これが続いていました。ここ数ヶ月で止められか、否かはわかりませんが、10年近い謎の給与支払いです。 これ、はっきり言って、大川夫妻の指示が無ければ絶対にできないことですからね。絶対に不可能です。下が勝手にできることではありません。

http://trident02.voila.net/index.html#ozawa


Re: 統一教会の仏教版ですかね。 - 引き寄せの法則 2009/09/21 (Mon) 16:11:39

まあ、とにかく、布施!伏せ!言い始めた90年代から証拠は残さんように徹底しているよ。賢明だ。
http://www.geocities.jp/hs_cult/


▲△▽▼


電通を通して の意のままに動かされている幸福の科学・幸福実現党

484 : 神も仏も名無しさん: 2012/01/31(火) 21:15:20.51 ID:hmeztExC [1/1回発言]

kaminoishi井上太郎

創価も幸福の科学も宣伝媒体は電通です。

年間二つで200億円近い売り上げです。

幸福の科学は今年日本の映画公開しますが、 企画・脚本・監督は隆法の長男のまだ大学生の大川宏洋です。 幸福の科学内では「鬼才」笑 だそうです。

電通第10営業局が宣伝します。見る気のかけらもありません。

http://twitter.com/#!/kaminoishi

80 :名無しさん@1周年 :02/04/03 18:10

思えば電通がKKに関わった90年ごろからKKのカルト化は始まったのかもしれない・・・

http://mimizun.com/log/2ch/psy/1017751087/

211 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2001/02/28(水) 10:27

まあ、総裁の大川某氏の世の中に対する考えが甘かったことは、自分の著作を実際には広告代理店関係者などにまかせたりしていたことじゃないの。 幸福の科学という団体そのものが、某広告代理店によって作られたようなものだったけどね。 彼らは大衆を洗脳するプロだがら、力を借りる気持ちは分かるが、日本の大衆だって馬鹿ばかりじゃないよ。もうそろそろ、化けの皮がはがれつつあるね。

それと、大川某というさえない顔の総裁を、宗教的タレントに仕上げたこと、これが失敗の元だよ。日本人は、もうそんなおかしな信仰もどきに騙され続けたりしない。
彼のあの冴えないサラリーマン的なモンゴロイド顔を、王冠を乗せたり、高価そうな仏教的お飾りを着せた写真を宣伝したり、広告代理店も焼きが回ってきたのも失敗だね。

http://rain.prohosting.com/sachiko1/74_2801_2850.htm


デビュー当時の九一年だけで電通に約二十億円の企画宣伝費を投入するといった布教宣伝の方法でも注目を集めました。 霊界との対話もGLA教団の故高橋信次教主が普及したもので、大川氏も「(高橋の)著作から大きな影響を受けた」(『新宗教事典』)とされています。

http://rain.prohosting.com/sachiko1/4_akahata.htm


●メディアが宗教をつくる

 このシリーズの第二部として、「神々のメディア」と題し編集された。メディアが宗教を作るとでも言えようか。

 広告代理店の電通が、宗教を通して経営を拡大しようとする。そこで目をつけたのが、阿含宗や幸福の科学。例えば、阿含宗の星まつりはその一つ。  幸福の科学は、メガトンキャンペーンと題して実行し100万人もの信者を増やしたと言われる。

http://web.kyoto-inet.or.jp/org/catholic/cn894.html

115 :会員NO3:02/04/03 20:48


電通に関しては90年以降かも知れないが、講演会開催した当時から広告代理店は参加してます。ポスターや看板1つだって自分たちで作ったものは無い。
だから、86年から関与は始まってます。

http://mimizun.com/log/2ch/psy/1017751087/

82 :神も仏も名無しさん:2010/09/21(火) 19:41:08 ID:XFyg/g1L

電通との関わりは、会の発足当時からずっとありますよ。

でなければ、「仏陀再誕」を全国ロードショー出来ません。
「霊言本」を続々と、大手書店に配置することも出来ません。

幸福の科学は電通との繋がりによって、維持されておるのです。

http://mimizun.com/log/2ch/psy/1285037545/


109 :元汽車[sage]:2010/09/21(火) 21:51:19 ID:FNSaiLBy

え〜、54歳の元電通社員に話を聞いたことがある。
初期の幸福の科学が宣伝を打つときに最初に話を持ち込んだのは電通だったのは確からしい。 が、あまりの胡散臭さに電通は二の足を踏んだ。 で、博報堂にまわしたということなんだ。

ただその後、世間の反発が電通の想定していたレベルより低かったので、ある時期から電通が直接担当することになった。 そこら辺のいきさつはよくわからんが、景山氏の影響力も噂されている。

http://unkar.org/r/psy/1285037545


76 : ◆riphRx9D4. :03/07/02 10:18

故・景山民夫氏の入信は関谷氏の退会前後と推定され、丁度バブル期であり 数多くの出資者が幸福の科学と言う教団に期待を持ち”出資”した時期でもあり、また高額な家賃で知られる紀尾井町ビルに入居した時期でもある。 「入会金は無料。会費は年間1000円」の号令の下に、講演会も次第に派手な衣装 と演出を重視し、広告代理店・電通をとおして年間30〜50億の予算で電車の中吊り広告とかTVコマーシャル、タクシーのシートへチラシ作戦も展開されていった。 キャッチ・フレーズは

「時代は今、幸福の科学」

であった。

この広告の真の出資者は誰だったのだろうか?

紀尾井町ビルへの入居の保証金は誰が出したのだろうか?

TVコマーシャルを製作した広告代理店・電通は誰の紹介があったのだろうか?

http://mimizun.com/log/2ch/psy/1056979465/


391 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2001/03/20(火) 05:58

無垢な関係者ってのは、おそらく幸福の科学信者で、大川氏が神様の化身または救世主だと純粋無垢に信じ込んでいる、おめでたい人達のことだろうよ。 そういう洗脳を受けている連中は、ここに限らず、世間の人達が何を言っても聞く耳を持たないんだろうね。

はっきり具体的に言えば、広告代理店によつ大衆洗脳に引っかかって心を奪われた人達ってことかな。


393 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2001/03/20(火) 15:00

広告代理店の洗脳マニュアルみたいなものは、科学的に研究されたもので、ある特定の人物を新興宗教の教祖様にすること位は、お茶の子さいさいだそうだ。

どういう種類や宗派の集団を作るかということについても、詳しく研究されているとか。たとえば、

「ユダヤ教系、イスラム系、クリスチャン系、カトリック系、日蓮系、真言宗系、悪魔崇拝系、宇宙人崇拝系、その他いろいろ。」

とにかく、アングラな科学として凄いものらしい。俺も、具体的な内容までは聞いてないけどね。

大川氏は、少し霊感と霊媒的能力があることで、日本人大衆を洗脳するテストケースとして選ばれたのだ、とある宗教ジャーナリストは言っているようだ。

397 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2001/03/21(水) 11:15

393氏の言っていることは、広告代理店が大川を使ったという意味ではなく、ある外国の組織が大川を日本人大衆を洗脳する実験台として利用する過程において、広告代理店に協力を求めたということでしょう。


私も、その話しは某ジャーナリストから聞いたことがあります。代理店に支払われた多額の金は、宗教団体(幸福の科学だけではないらしい)だけでなく、外国のどこかからも支払われたことは事実のようです。代理店が使った新興宗教の教祖様を作り上げる技法は、米国の某カルト団体が研究したものと酷似していたそうです。

それと、これは確かな証拠はありませんが、彼らの不祥事を裏で処理する連中がいるようですが、あれは幸福の科学が発足する当初から存在したようですが、それは元々、大川氏らを持ち上げた組織によって用意されていたものではないでしょうか?

そう考えないと、不自然です。

428 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2001/03/24(土) 14:31

洗脳(マインドコントロール)を受けることの怖さは、自分でそれを意識できないことだよ。何が正しくて何が間違っているかを、常識的・客観的に考えることができなくなる。幸福の科学は、まさにそれに成功した一例だね。本当は、「洗脳の科学」だろう。

彼らを裏から支えていた、外国の洗脳科学研究組織(オームと同じだと言う人もいる)と日本の広告代理店(電通)は、非常に勝ち誇った気持ちだろうね。

しかし、悪いのは大川達だけじゃない。あんなものに引っかかるアホな、自分だけよけりゃいいと思っている、そして自分達の考えを綺麗な宗教的教義のベールをまとって正当化することを恥とも思わない、そんな教養のない日本人が多数いることの方が大きな問題だと思う。

まさしく、あそこは偽善者教団である以外の何者でもあるまい。 しかし、もうあそこも年貢の納め時らしいね。外国の元締め組織や広告代理店からも、サジを投げられたらしいとジャーナリズムでは言われ始めているそうだ。

http://mentai.2ch.net/psy/kako/972/972070616.html


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

3. 中川隆[-15245] koaQ7Jey 2019年11月28日 18:45:12 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-2323] 報告
オウム真理教を操っていた朝鮮カルト宗教


オウム真理教がロシアから大量に買い付けたと噂される自動小銃のAK47。その行方は未だに不明のままである。

麻原は主役ではなかった

「麻原によるマインドコントロールの結果、信者が暴走してもろもろの犯罪を犯した。悪いのは、麻原だ!」

という、大衆向けのわかりやすい「オウム像」を、マスコミの皆さんが、国民に押し付けてこられたわけですが、当初はそれを信じ込んだ方たちも多かったようです。しかし、事件後10年程が経過し、どうやら騙されていたと、気がつ きはじめた人たちもが増えてきたようです。(マスコミが大衆を騙したのではなく、マスコミもまたオウムの黒幕から、騙されていたのですけれど。)

オウム事件は、「麻原の個人的な犯罪」ではありませんでした。つまり、麻原は、主役ではなかったのです。主役を演じさせられていただけなのです。


オウムの背後の創価・統一・北朝鮮

オウム事件を精査していくと、オウム以外の宗教が、オウムに関与していたことに気がつきます。そのなかでも、統一教会と創価学会は、あらゆる場面で顔を出します。

どうやら、両教団とも95年あたりから、大量に信者をオウムに潜り込ませていたようです。オウムのナンバー2、早川は、統一教会の出身です。逮捕された時点でも、統一教会系の企業の社長の職にありました。そして、オウムには北朝鮮の影もちらつきます。

統一も創価も朝鮮人が主体の教団であり、朝鮮人脈が支配しています。統一の文鮮明は、北朝鮮生まれの朝鮮人ですし、あまり知られてはいませんが、創価の池田も朝鮮人二世であり、創価学会の幹部の大半は在日か帰化人です。

統一は、北朝鮮の政権中枢と直接のパイプを持っています。ピョンヤンには信者数千人が常駐して、なにやらおかしな事業に手を出しています。文鮮明は、金日成と義兄弟の間柄ですし、北のマスゲームでは、「真の愛国者」として、金日成同様に賛美を以って描かれるそうです。また、北の独裁政権に最大の援助を行ってきたのも、統一教会です。


●「麻原オウム真理教と統一教会を結ぶ点と線」

前述の「週刊現代」に載っている栗本慎一郎氏の「麻原オウム真理教と統一協会を結ぶ点と線」という一文で、栗本は専攻する「経済人類学」の立場から、オウム真理教を巡る一連の疑惑を解くキーワードとなるのは「北朝鮮」と断定する。「意外な事実を掴んだんです。麻原の父親は朝鮮から日本へ渡ってきた人だったんです」
この事が栗本氏の研究では大きな意味を持つ。

「朝鮮半島のキリスト教史を見ると、現地に昔からあった土俗宗教に異文化であるカトリックが侵入し、土俗宗教が危機に陥った結果、両者が融合された『危機宗教』というのがある事が分かる。この『危機宗教』の1種に、朴秦善が起こした伝道館(長老教ともいう)があった。伝道館では、信者は1カ所に集められ毛布や醤油を作って生計を立てているんですが、その収入は全て教祖に入ってしまう。この朴秦善の『集金システム』を受け継いだのが、『文鮮明』の『統一教会』なんです。

そして、オウムも朴秦善・伝道館の支流だろうと思われます。というのも、伝道館では一カ所で生活する際、信者に財産の全てを寄進させている。血分けの儀式(悪魔の儀式!忍)も『危機宗教』独特のものです。つまりオウムは、このやり方を露襲しているのです。 朴秦善・伝道館を『父』とするなら、オウム真理教と統一協会とは『兄弟』のような関係といえるでしょう」

だが、まさか北朝鮮と伝道館とは関係あるまい、と思うと、栗本氏によればそうではなかった。故・金日成の父親は「伝道館の源流ともいえる教団の信者」だった。金日成の叔父は朝鮮キリスト者連盟の中央委員長で、祖父は西欧のキリスト教信者を迫害してカルト性を加えた人物。朝鮮半島のキリスト教は反日運動の拠点であった事は有名だが、麻原が生まれた熊本は日本での明治維新後のキリスト教発祥の地。こうも色々な事が符号すると、北朝鮮・統一協会・オウム真理教は一本の線で繋がる。
 
「オウムの『反日本社会的意識』はそこに根ざしていると考えられる。決して『革命』とか解脱とかカッコイイものではない。又北朝鮮にとってオウムは、利用するだけの価値があったのではないか。麻原は3年間だけ阿含宗にいましたが、宗教法人の経営を学ぶ為の入信だろうと思います。この阿含宗から麻原が脱会するとき、統一教会から送り込まれていた人物が麻原についていったという確かな情報もある」


●オウム真理教は統一教会の仏教部か?

麻原が阿含宗を脱会した時、早川紀代秀他数人が一緒に阿含宗を辞めて、麻原に付いて行った。その中に「統一教会から送り込まれていた人物」がいたと、栗本は指摘する。平成5年の春頃、三橋はある宗教ウォッチャーと雑談して、話がオウム真理教に及んだとき、その人は、「オウムは統一教会の仏教部です」といった。その頃の三橋はオウムには全く関心がなかったが、彼が「会員や信徒が500人以上いる宗教団体には、決まって隠れ統一教会員が入っているか、入ろうとしていますよ」と言い添えた事は記憶している。

忍者のような彼等(必ずしも統一教会員とは限らないようである)は、最初は熱心な信者であり、幹部の注目を惹く。やがて抜擢されて、教団の出版部とか事業部とかに入る。いったんそこに入ったら、教祖や幹部の思惑を越えて、いろんな事をやり出す。そしてその教団はガタガタになる。前に引用した統一教会員がオウムの雑誌に投稿した記事を見れば、接近の仕方が見えようというものだ。


●ロシア、北朝鮮、韓国、日本、米国を結ぶ忍者

これまでも統一教会批判はあった。一つには、「勝共連合」に対する批判である。勝共連合は統一教会と表裏一体の組織で、文字通り”反共”が旗印だったから、左翼には不倶戴天の敵だった。統一協会とは、世界基督教統一神霊協会の略である。文鮮明が1954年に韓国で創立、その4年後に日本名・西川勝こと崔翔翊により日本に上陸した。日本で宗教法人認可になったのは、昭和39年。その会長の久保木修己が勝共連合のトップを兼ねた。 以後、統一教会や勝共連合は、文化人に、政界に食い込む。代議士の秘書には多くの統一教会員を送り込み、選挙には、統一教会・勝共連合の力を借りなければ当選しないとまでいわれる程の勢力を持った。昭和61年の衆参ダブル選挙では、130人の”勝共推進議員”が当選したと「思想新聞」(同年7月20日号)が伝えている。又、その3年後に東京で開かれた勝共連合推進国会議員の集いには、自民・民社などの国会議員232名が参加している。

1984(昭和59)年、文鮮明は米国で脱税の為有罪の判決が下り、1年余りダンベリー刑務所に収監された。その為、平成4年に来日の際は入国出来ない筈だったが、超法規的に日本に入国した。文鮮明を招待したのは6名の「北東アジアの平和を考える国会議員の会」名義だが、実際に動いたのは統一教会直系の「スパイ防止法制定促進国民議会」で、法務大臣に口をきいたのは、金丸信自民党副総裁だった。この時、文鮮明から金丸氏に巨額の(億単位の)カネが送られたという噂がある。

統一教会・勝共連合は「原理研究会」なる団体を通じて学生に食い込んだ。勝共連合や原理研学生達が、選挙運動の時の手足に駆り出される。 かっては”親泣かせ”の「原理運動」「花売り」、後には「霊感商法」「集団結婚」で有名(?)になった統一教会、勝共連合だが、原理運動、霊感商法という面での批判者はいても、幾つもの宗教団体に隠れ協会員を送り込み(或いは統一教会の脱会者と称して)破壊工作を進める裏部隊としての統一教会の活動について追究している人がいるかどうかは知らない。


●統一教会の目的は各国の愛国者を骨抜きにすること

統一教会が何の為に、とりわけ宗教団体に会員を潜らせているのか。統一教会自身が、その目的を公表するはずもない。

ここに極めて興味深い文献がある。アメリカの歴史修正学者であるF・スプリングマイヤー著『蛇の如く狡猾に』(1991年)である。 スプリングマイヤーは、色々の団体(特に最近はニューエイジ宗教)に入り込むモルモン教とよく似ている団体として統一教会を挙げ、

「如何に洗脳(マインドコントロール)してカネ集めをさせるエセ宗教をつくる事が出来るかの良い例である」

と見ている。が、次の事実は日本では知られていたかどうか。

韓国政府はロックフェラーの銀行であるチェース・マンハッタン銀行を取引先に指定した(韓国は、北朝鮮を実質的に支援している共産主義者に魂を売った!忍)。1962年10月、米国政府は同銀行の助言に従って、韓国諜報機関であるKCIA(韓国中央情報局)の局長に金鍾泌を就任させた。1962年10月、いわばCIAの出先機関であるKCIA(韓国中央情報局)の金局長が訪米した。その際に同行したのが文鮮明だった。金と文はCIAのジョン・マッコーン並びにキャロル陸軍中将と会談するのが目的だったが、この訪米でネルソン&ディヴィッド・ロックフェラーと会った。文鮮明とネルソン・ロックフェラーは、ぜひ自分達の目で『世界統一政府実現』を見届けたいと、たちまち意気投合した。

スプリングマイヤーによると、第2次世界大戦直後にロックフェラーは日本で密かにかなりの株式(又は資金)を保有していたが、その日本セクターが隠密裡に文鮮明に資金援助する事を決定したという。彼の反共十字軍は、「ロックフェラーの新世界秩序に反対する日本の愛国的保守勢力を骨抜きにする」事を使命にして動き出した。これが勝共連合だった。スプリングマイヤーは、ロックフェラーと仕事をしている弁護士が自信をもって語った事を次の様に紹介している。

「ディヴィッド&ネルソン・ロックフェラーは、熱狂的なグローバリストだ。文鮮明だって、そうだ。統一協会の目的は、ロックフェラーが世界各国をがんじがらめにしようとしている国際的なタガを、基督教にはめ込んでしまおうというのだから。このゴールに到達する為には、チェース・マンハッタンの連中は、いわゆる共和党右翼と呼ばれる愛国者達を骨抜きにしなくちゃならんのだ。よく見てご覧なさい。文鮮明がやっている事は、それなんだよ」


北朝鮮の故・金日成首席とがっちり握手をする統一教会の文鮮明教祖。北朝鮮と統一教会との関係は非常に密接だが、アメリカのユダヤ勢力も、統一教会を通じて北朝鮮への影響力を保持していると言われている。


オウムと創価学会

●オウムと統一教会を結ぶ線

オウム真理教とはいったいどんな宗教団体だったのか。一億総オウム・ウオッチャーとなった今、改めて語る必要もないと思うが、本誌なりにちょっと纏めてみよう。

 1:輪廻転生、前世、来世、地獄や天国(極楽)を信じている。
 2:超能力、あるいは神通力といった摩訶不思議な能力に憧れる。
 3:世紀末思想、終末思想を持つ。
 4:科学的、論理的思考を大切にする。
 5:一般には無価値な物を高額で売りつけ、多大なカネを得ようとする。(この無価値な物には、超能力を引き出したり、人格を高めたりする力があるとされる。)
 6:統一教会の元信者が、高い位置にいる。
 7:創価学会との関連、協力が噂される。
 8:ロシアとのコネクションに力を入れる。
 9:武装し、武力行使を考えている。
 10:自衛隊、警察、やくざといった武力集団に接近を図る。
 11:全国に支部を広げるが、最大の拠点を富士一帯に置く。
 12:女性信者が多く、また一般信者は平均して若年である。

まだあるが、とりあえず気にかかるのはこれくらいだろう。これはオウム真理教について述べたものである。ところが不思議な事に、日本中のさまざまな新興宗教団体、新興思想団体には、この十二の条件のすべて、あるいはかなりの条項があてはまるのである。逮捕された早川紀代秀(建設大臣)は、御存じのとおり元統一教会の人間である。それが阿含宗に入り込み、そこで麻原彰晃とめぐり合い、後にオウム神仙の会を作ることになったのだが、もし早川が麻原と会わなかったらば、彼は阿含宗の信者として、阿含宗を統一教会の目的通り操ることにすべてを賭けたことだろう。阿含宗には現在も統一教会の元信者が入り込んでいるが、これは阿含宗に限ったことではない。幸福の科学にも、エホバの証人にも、いや、あらゆる新興宗教団体、思想団体に、統一教会は人を送り込んでいるのだ。もちろんその中には、ほんとうに統一教会をやめた元信者もいるだろうが・・・。

この早川紀代秀は、ロシア射撃ツアーを企画したり、軍事訓練を受けたりと、非常にロシアに接近している。麻原オウムがロシアに接近しようとした最初のヒントは、恐らくはこの早川紀代秀によるものだろう。ここでちょっと、オウム真理教の歴史をざっと見てみよう。

阿含宗で麻原彰晃と早川紀代秀が運命の出会いをしたのが昭和六二年(一九八七年)、その翌年には、麻原も早川も阿含宗を飛び出してオウム神仙の会を作っている。オウム真理教と名称を変え、平成元年(一九八九年)八月には東京都から「宗教法人」の認証を受ける。この頃からすでに、山梨県上九一色村の土地を買い始めている。そして翌年、平成二年(一九九〇年)二月、麻原彰晃は「真理党」を組織し、二五名が選挙に打って出るが、惨敗する。この総選挙出馬は、早川紀代秀の案によるもので、当時は幹部の上祐史浩らが猛反対したと伝えられるが、早川が押し勝つ。この選挙惨敗によりオウム真理教は、「米びつに米一粒さえもなくなった」(元信者の話)というほどの経済的打撃を受ける。

ところが、資金ゼロのはずのオウムが、その年の五月には熊本県波野村に六ヘクタールの土地を購入。そして翌年平成三年にはロシアを訪問、エリツィン大統領の側近のロボフ氏に面会して、有名な「ロシア日本大学」構想をぶち上げる。これによりロシア政府の有力スポンサーとなった麻原彰晃は、平成四年には信者三〇〇人を引き連れてロシアを訪問、政権中枢に接触して本格的な布教活動を開始する。

さてここで問題なのは、資金ゼロのオウムがいったいどこからそのカネを持ち出したのかということである。立証はされていないが、統一教会が五〇億円を出したといわれている。だが当時、統一教会にそんなカネがあったのだろうか。

「文鮮明が池田大作にたのんで五〇億円を出させ、そのうちの三〇億円をオウムに渡したといわれる。なぜオウムにカネを渡したのか−−それは、創価学会の最大の敵をオウムの力で叩かせるつもりだったのだ。」(信頼できる事情通の話)

噂話は信頼できないかもしれない。現実にオウム真理教とロシア政府との仲を取り持った人物は、加藤六月、草川昭三、後に山口敏夫が関っている。この三人の政治家のなかで、とくに熱心だったのが草川昭三である。では、草川昭三とはどんな人物なのか。

草川昭三 昭和三年生まれ。名古屋第一工芸高卒。愛知県選出の衆議院議員。最初は民社党から出馬、後に公明党となる。当選七回。早くから在日朝鮮人の差別問題に取り組み、公明党のなかでも朝鮮半島に明るい人物とされる。オウム真理教麻原彰晃をロシア政府に紹介した政治家とは、創価学会員であり、朝鮮と密接な関係を持つ男だった!

創価学会と統一教会が密約を交わした関係にあることは明々白々である。この両者の接点にオウム・麻原がおり、オウムはサリン作成を実験し実行に移した可能性がある。それ以外にも、銃器・細菌兵器の研究等を進めていた。オウムは強引な信者獲得、お布施の強要によって資金を作っていったが、実際に使用された資金はそれを遙に上回る。ということは当然、創価学会あるいは統一教会から出資があったと推測されるし、さらにオウムの武装化について、創価学会・統一教会が理解していなかったとは、考えられない。オウムの施設が林立する上九一色村という所は、日蓮正宗総本山・大石寺から直線距離にして三キロの位置にある。

「当時、日蓮正宗と創価学会は激烈な宗教戦争を行なっていた。創価学会はもともと、日蓮宗を叩き潰す目的で作られた宗教団体。その創価学会が大石寺を破門された時、日蓮宗との全面戦争を考えたはずだ。オウムが作ろうとしたサリンは、ほんらいは大石寺の日蓮正宗信徒を狙ったもの。大石寺を叩く、といって統一教会経由で創価学会からカネを受け取ったのだ」(事情通の話)という見方も出てくる。

「オウム=創価+統一ではないのか?を議論していた」2チャンネルのスレッドに書き込まれた元オウム信者の述懐


927 名前:エレンサテギデドール投稿日:2001/03/28(水) 14:31

こんちわ。はやいね・・あの事件から、、そっかー 気づいてる人いてくれたというだけで・・・嬉 

創価学会員の人はたくさんおりました。
確かに 統一教会の信者さん?は、おりませんでした。 そうです。騙されたとしかね、今は・・・。

日本は 間違い無く 近い将来、創価さんに汚染される事でしょー 創価さんをなめてたら怖いですよ。

おあと、業界では有名な話ですけど、創価さんは法の華とも つながっております。 

どうでも、いいですけど・・・村山さん(←あえてこういう言い方します。)すみません。は、創価さんの指示の元殺された・・・海外に永住したくてもマークされてるかもしれないので、怖くて申請もできません。ちなみに富士で作ってた覚せい剤は、注射用ではありません。


日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画も オウム松本被告の公判で明らかに
http://fnn.fujitv.co.jp/headlines/article1120518.html(リンク元記事消失)

オウム真理教が、日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画を立てていたことが新たに明らかになった。 これは、東京地方裁判所で行われた松本智津夫被告の公判に証人として出廷した元教団幹部、中川智正被告の証言でわかったもの。証言によると、中川被告は、松本サリン事件の前の1994年6月、遠藤誠一被告、新実智光被告とともに、静岡・富士宮市にある日蓮正宗大石寺にサリンをまくための下見に行ったという。中川被告はこれについて、「サリンをまくための候補地だったと聞いた記憶があるが、なぜ大石寺を襲撃しようとしたかはわからない」と述べた。


オウム真理教に攻撃目標とされていた日蓮正宗の総本山・大石寺。オウム真理教への創価学会の関与がなければ、大石寺を攻撃目標とすること自体、考えられない話である。

口封じの為に獄中で薬を盛られて廃人にされた麻原彰晃

獄中の麻原彰晃は糞尿を垂れ流すため、おむつを使用していると報じられている。風呂にも自力で入れず、面会中でも平気で自慰行為を行うなど、奇行が伝えられているが、いかに極悪人のカルト教祖であっても、拘置所や刑務所に入ったとたんに勝手に廃人になることはない。オウム真理教のバックにいた勢力について麻原に裁判で喋らせないために、薬を盛られて廃人にされたと考えるべきだと思う。死刑確実の極悪犯であるため、廃人になろうが発狂しようがマスコミや一般人は大して関心を払わないが、要は麻原に薬を盛れるだけの力を持った組織がオウムの背後にいたという証拠の一つであることは間違いない。


関連記事

北朝鮮の金正日総書記が死亡
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-840.html

オウム真理教の逃走犯であった平田信容疑者が、新年早々、警察に出頭してきたということで、テレビのニュースでは連日大騒ぎだが、オウム真理教の下っ端の実行犯が何人逮捕されようとも、オウム真理教の最大の闇がテレビで解明されることはないだろう。

オウム真理教の最大の闇とは、武器購入や毒ガス製造施設建設のための巨額の資金をどこが提供したのか、ということであり、資金の流れをつかまない限り、オウム事件の真相は見えてこない。ただ言えるのは、麻原彰晃に薬を盛って廃人に出来る力を持った組織がオウムの背後にいたということは間違いなく、知りすぎていた村山を在日右翼を使って刺殺した後は、廃人にした麻原を死刑台に送り込めば、全ては闇から闇へと葬り去られ、秘密は守られるという算段なのだろう。

統一教会や創価学会という二大朝鮮カルト宗教がオウムの背後にいたことは間違いなく、うっかりするとアメリカのユダヤ勢力にまで辿り着いてしまう。こんなことを麻原が裁判で証言したら大騒ぎになるわけで、裁判で証言する前に、食事に薬を混ぜられてすっかり廃人にされてしまったようである。

http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-843.html


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

4. 中川隆[-15244] koaQ7Jey 2019年11月28日 18:46:22 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-2322] 報告
苫米地英人の「洗脳」秘録

http://www.youtube.com/watch?v=qgWRTfhtbEM
http://www.youtube.com/watch?v=hPOfJ0PT-gA&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=4AaaR6Dksfg&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=2TUSLPeV0Q4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=DH8C82U-BIM&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=lSsqyyDm24Q&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=5Y3JL5FlGkE&feature=related

新装版『CIA洗脳実験室 父は人体実験の犠牲になった』
ハービー・M・ワインスタイン/苫米地英人訳(WAVE出版、2010年)

http://www.amazon.co.jp/CIA%E6%B4%97%E8%84%B3%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%AE%A4%E2%80%95%E7%88%B6%E3%81%AF%E4%BA%BA%E4%BD%93%E5%AE%9F%E9%A8%93%E3%81%AE%E7%8A%A0%E7%89%B2%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F-%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BBM-%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3/dp/4925140183

アメリカ政府が隠し続けたCIA機密プロジェクト「MKウルトラ」。

試薬の処方、ショック療法、感覚遮断、強制睡眠……。

同プロジェクトは1940年代に始まり、自白薬の開発から洗脳へと発展していった。本書は洗脳の実験台にされた父親を目撃し続け、精神科医になった著者が告白する衝撃のノンフィクション。


新装刊にむけてのまえがき 苫米地 英人

 2010年3月末日、警察庁長官狙撃事件の公訴時効を迎えて、警視庁公安部は「オウム真理教のほかに犯人はいない」と異例の発表をした。といっても、私が洗脳を解いた元警察官・K氏を04年に不起訴にした時点で事件の迷宮入りは決まったようなものだった。自白も状況証拠もそろっていたのに、彼らは不起訴に持ちこんだ。K氏から情報が漏れるのを恐れていたのだろう。この事件のオウムの役割はヒットマンに過ぎず、背後に別の組織が存在する。その組織に話が及ばないようにするためどうしても、オウムの仕業で幕を閉じる必要があった。

 本書で、著者の父親が入院した病院がCIAの洗脳実験に利用されたように、オウム真理教がなにかに利用されていた大きな実験場であったことは、今でもあまり知られていない。オウム真理教にかんする事件がうやむやに終わるのは当然といえる。隠したいことがたくさんあるのだ。

麻原こと松本智津夫死刑囚にしても、本人が何かを話してしまう前に、裁判をせずにそのまま消されてしまうのではないか。知人の精神科医が麻原の医療接見の許可を取り会いに行ったが、本来四時間認められる医療接見のはずが、通常接見と同じで一時間、実際は30分ぐらいで追い出されてしまった。もちろん何も訊けなかった。麻原は脳梅毒でかなりやられてはいるけれど、精神的に崩壊はしていないから話しはできるはずだ。でも語らない。村井(秀夫・元幹部。1995年に刺殺された)のように口を封じられてしまうからだろう。上祐(史浩・元幹部)もいまだにいっさい口を割らない。

 地下鉄サリン事件では、発生直後に各国のエージェントがデータを取りに来ていた。日本以外はみんな事件を知っていた。本書で、アメリカ人であるCIAが、同じ人間ではないかのように、カナダ人に洗脳実験を施したように、欧米人にとっては日本人はただの実験材料だったのだろう。オウム自体も実験の対象であり、食事に炭素菌やLSDを混ぜられるなど、信者たちは知らぬうちに実験材料となっていた。これがオウム真理教の実態である。

http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20100602/p5


オウム真理教とCIAの洗脳技術 2009年09月08日


『ウイークエンド・マガジン』のインタビューでキャメロンは精神誘導の普及促進に努めていた。この言葉を利己的な目的に利用してきて、博士はこの技法を「有益な効果をもたらす洗脳」と呼んでいた。

このインタビュー記事には、ヘッドホンをつけた若い女性の写真が一枚つけられ、何回も行った「告白」に、みずから耳を傾けているところ、という説明がつけられていた。さらに、この記事では、キャメロン博士が「改良された洗脳方法を利用することによって、神経症に悩む患者の救済を意図した大胆な考え」を提起したものとして称賛されていた。このインタビューで、博士は「洗脳を実施するプロが抱えるのと同じ問題」に直面していたが、その理由は自分が担当している患者が、「まるで共産側に捕らえられた者のように、抵抗を示す傾向があり、したがって意気阻喪させなくてはならないからである」と付け加えている。

患者がまず三日間眠りつづけさせられ、そのあとまだ人事不省にあるにもかかわらず、短時間に三十回から六十回の電気ショックを与えられ、不安感を抑制するために、強力な鎮静剤である塩酸クロルプロマジン注射液「ラーガスティル」1000ミリグラムが、各電気ショック間に注射される療法を見て、長期にわたる効果はない、とクレッグホーン博士は思っていた。

……その目的とすることこは、価値あるなんらかの情報を新たに抽出するということにより、むしろ対象を疲労させることにある。対象者が物事を思い出すことができなくなりはじめると、ひとつの話題に集中することがむずかしくなって、その結果、これまでになく強い不安感に襲われだす。最終的には、なんらかの偶発的な出来事によって、実験を中止せざるをえなくならない限り、対象者の脳は精神的にあまりにも混乱してしまって通常の対応ができなくなる。限界を超えて抑制されることもあり、他人の考えに惑わされやすくなる。その結果、逆説的なあるいは超逆説的な言葉を併発するに至り、対象者のこもる牙城は終局的に無条件に陥落することになる。

言うまでもないが、キャメロン博士の「知への意志」を誰よりも称賛したのは、ダレス CIA 長官だ。このアメリカ、カナダ両精神医学学会の会長は、アメリカの市民権を放棄していない。四年ごとにカナダからアメリカへやってきては必ず共和党に投票する。

ダレスはキャメロン博士を「真の愛国者」と呼んでいた。長官が授け得る最高の敬意の表明であった。より現実的な問題としては、博士の秘密の研究がアメリカの国内法の及ばない外国で実施されていること、それにニューヨークの人間生態学財団による CIA との関係を遮断する工作が順調に進んでいるので、CIA本部としては安心していられることをダレスとその側近は忘れなかった。仮にカナダ当局のだれかが、博士の研究所で行われたことについて疑問を持ちはじめたとしても、その震源地が CIA であることを突き止める可能性はほとんどなかったからであった。


キャメロンの実験は「実践」された。ベトコンの兵士の収容所にて。ページ=ラッセル電気ショック療法装置によって。

収容者では、CIAの精神科医は実験を継続していった。彼らが立証しようとしていたのは、「非パターン化」によって、人のイデオロギー的見解を劇的に変えることが可能であるとした、キャメロン博士が主張した見解が、果たして正しいかどうかを確かめることであった。ベトコンの捕虜が選ばれたのは、CIAの医師が「共産主義者による政治教化の典型的な例」と位置づけられていたからであった。

それから一週間後、最初に電気ショックを受けた捕虜が、さらに六十回も受けたとき、彼は死亡した。

一方、コッター博士は、「計画に従って、週に監房をひとつずつの割合で始めると、数千回の電気ショック療法」を実施することになり、忙しい夏になりそうだ、といいながら働いていた。それから三週間後、最後のベトコンの捕虜が死亡した。


ゴードン・トーマス『拷問と医者 人間の心をもてあそぶ人々』(吉本晋一郎 訳、朝日新聞社)
http://www.amazon.co.jp/%E6%8B%B7%E5%95%8F%E3%81%A8%E5%8C%BB%E8%80%85%E2%80%95%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%82%92%E3%82%82%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%9D%E3%81%B6%E4%BA%BA%E3%80%85-%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3-%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9/dp/4022562447


より


1994年1月16日に『USニューズ&ワールド・レポート』誌は以下のような報道をしている。

、「冷戦時代にCIAが中心となって、麻薬や催眠術を用いた人体実験──洗脳実験を行なっていたことは、紛れもない事実である」と報じた。大学や監獄、精神病院で、CIAは被験者に麻薬を与えて薬がどのような影響を及ぼすかを観察、電気ショックと睡眠薬を交互に与えるなどの人体実験を行なったという。」


「父は人体実験の犠牲になった・CIA洗脳実験室」ハービー・ワインスタイン著、苫米地英人訳

という本がある。この本は、父親が精神科医のキャメロンの治療を受けてボロボロ状態になった苦闘の歴史と、やがて著者であり、息子であるハービー・ワインスタインが精神科医になり、ある日、情報公開法に基づき、機密文書を入手したライターの記事を目にして、父親が人体実験されたことを知り、立ち上がる。

しかし、相手はカナダ政府であり、アメリカのCIAであるために、筆舌に尽くしがたい苦労と妨害、裁判や弁護費用などの困窮と戦いながら、最後に和解し、不十分ではあるが補償金を得るまでの記録です。

「はじめに・・・・・苫米地英人(この本の翻訳者)」

・・・・本書に登場するユーイン・キャメロンという精神科医の異常な医療行為は、我々日本人にとって、決して絵空事の出来事ではない。宗教の皮を被ったテロ組織、オウム真理教(現・アレフ)の内部でも同様の行為がなされていたからだ。

それが行なわれた理由として、オウム真理教付属医院の医師であった林郁夫は、自著「オウムと私」(文芸春秋刊)の中で、信者の記憶を消す方法を考えろという麻原教祖の命令から、「拷問と医者」(ゴードン・トーマス著、朝日新聞社刊)というユーイン・キャメロンにつて記した本を参考に、信者に電気ショックを与えたと記している。


「オウムで行なわれていた医療的洗脳行為は、『拷問と医者』に書かれた内容より、遥かに詳細なレベルで再現されていた。また、CIAの洗脳手法とオウムの洗脳手法には類似点が多い。

林郁夫は夫婦でデトロイトに出張していたそうだが、洗脳テクニックについての関連本を入手するためだったのかもしれない。アメリカのエージェントか、逆にそれを研究した共産主義圏の人間かは不明だが、そういったプロから林郁夫が直接情報を仕入れていた可能性は、否定できない。」


 「いずれにせよ、オウムにおける洗脳テクニックは、たんに麻原彰晃が信者をコントロールする方法として利用していただけでなく、麻原自身が『LSD』によって人格崩壊したことを考え合わせても、オウムのサティアンが1つの洗脳実験室であったような、オウム全体が、ユーイン・キャメロンの運営していた精神病院であり、信者一人一人が実験台にされた患者であったような印象も受ける。

それほどキャメロンの実験と、オウムの洗脳テクニックは、類似点が多い。」

・・・・・これもまた、キャメロンの「デパターニング(パターン崩し)」という、チオペンタールと電気ショック(ECT)を組み合わせたテクニックと酷似している。この方法も当時、思考や行動パターンを変更させるために被験者の記憶がなくなるまで、あるいは、反抗心が完全に除去されるまで、繰り返し行なわれていた。


キャメロンはこういったテクニックのほかに、「感覚遮断」についても実験を重ねていた。人は何もない真っ暗な部屋に長時間拘束されていると、聴覚、視覚、触覚、味覚、知覚を遮断され、変性意識状態に陥り洗脳されやすくなる。オウムだけでなく自己啓発セミナーなどでもその方法は応用して使われており、長時間同じ部屋に参加者をずっと座らせておくことで、変性意識状態にトレーナーが導いている。


以下は


脳機能学者・計算言語学者・認知心理学者・分析哲学者・実業家とされる苫米地英人と松本智津夫(麻原彰晃死刑囚)の四女である松本聡迦の対談である。

苫 80年中頃までの、ヨガの団体であった「オウム神仙の会」のとき入信した人たちは、どっちかというと、「麻原尊師」というより、「麻原先生」という感じでの付き合い方だよね。

松 はい、そうですよね。

苫 確かに洗脳って、いま言ったような2レベルあって、オウムでいえば、

末端信者にされているような、行動から思考まで完全にコントロールしちゃうようなレベルの洗脳と、

自分自身の思考が残っている中で、神秘体験──実際には、ヨガや修行による過呼吸、LSDなどの薬物で生じる幻覚──や権力という快感にとらわれて、第三者が思い描く方向に動かされてしまっているようなレベル。


まぁ、俺がよく言っていることだけど、日本人はすべて、ごく一部の人間に都合のいいようにできた資本主義というシステムを素晴らしいものだと洗脳されて生きているよね。これは後者だよ。一方、サリン事件の実行犯は前者。だから実行犯は、かわいそうといえば、かわいそうだよ。いちばん問題なのは、それを仕掛けた側の罪が問われず、のほほんとしていること。俺はその中に、上祐だったり、元幹部のIが入ると思っている。

松 そうですよね。ただ、苫米地さんの本を読んで、自分も強い洗脳は受けていたと思いました。

苫 俺の本のどこを読んでそう思ったの?

松 全体的に思いましたけど、特に「アンカー」という概念が自分自身の経験と合致して、すごく納得できました。

苫 アンカーっていうのは、記憶の中に植え付けられてしまう「いかり」のようなものだよね。本人は無自覚なのに、「トリガー(引き金)」と呼ばれる特定の条件が加わると、アンカーが表に出てきてしまう。オウムの場合で有名だったのは、教義に疑念を抱くと、体が震えだすというアンカーを信者に埋め込んでいたりしたこと。この場合、疑念を抱くということが、トリガーになるわけ。聡迦さんの場合は、どんなアンカーを?

松 オウムの真理とか父とかに逆らうくらいだったら、死んだほうがましだという考えを起こしてしまうことは、苫米地さんは本の中で「一部の幹部に」と書いていましたが、きょうだいやたぶん母も植え付けられていたと思います。ほかに、子どもにだけ植え付けられたアンカーもあると思います。

苫 それはどんなもの?

松 「あなたたちは現世(オウム以外の社会)で生きたことがないんだから、常識を知らないし、絶対生きていけないから、オウムの中で生きていくしかない」というものです。

苫 教団の外には出さない、社会の価値観に染めさせないということだね。

松 それを姉たちも私も弟たちもみんな植え付けられているので、仕事に就いたとしても、トリガーとなる何かのきっかけで、それが蘇ってきちゃって、不安になって仕事が続けられないんですよね。

苫 それは大丈夫。アンカー、トリガーを外していくための基本的な考えは、嘘は信じなくていいってこと。何度か出していくと、自然に弱まるしね。だからそういうのが出てきちゃったら、逆に出てきて良かったと思えばいい。「あっ、これはアンカーの影響だ」と思えるようになれば、大丈夫。気がついていないから、アンカー、トリガーって効くの。

まぁ、オウムに限らず、日本の親はみんな自分の子どもを洗脳しているんだよ。俺だって大学行くまでは、銀行マンの父親の影響で、「銀行業に身を置いて、生きないといけない」って思い込んでいたんだから。今は逆に銀行を、資本主義社会を支配する悪の権化みたいにぼろくそ言っているけどね。だからそれは、どこの家庭でもそうだよ。親は子どもを自分の知っている環境や価値観の中に置きたがる。麻原家の場合は、教団の外に出すことが大きなリスクになるからね。

http://blog.livedoor.jp/nohohonkoubou/archives/51617007.html


            ____
         __,,/  _, ----`ヽ  :.
     :.  / _     ___   、\
       / /   i      \   \\ :.
     :. ,'./       i  ヽ:.   ヽ:.:.. ヽ.ヽ
      ,'/    / .ハ ヽ ヽ:.:.:.:. ヽ::.. ヽヽ :.
     :. |i .i i  .i /  ヽ ト 、 \、:.:.:. ',:.',:.:.lヽ}
       |i .i l  :N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}
    :. |i∧ ', :{ ,ィjモト \  イjミトイイV :.  な…
       .|  :メヽ.', `ozZ}      izN。ハ::{     なんなんですか?
      :. |  :ヾ_! ゝ "゙゙    '  `゙ ハ.:', :.   ここ、どこですか?
      |  :.:_イ .:.ヽ.   (二フ , イ :.:.:!:.ヽ     なんであたし
   :.  / rィイ | :.:.ヽ: >r/`(ノ .:.::.}ヽ、\:.   ここに居るんですか?
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\
 :.  / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.:.
   / /  ) ヽ ヾ、ヽ:.ハ ヤ{   ∧/.-‐'": : |:.:. i ',
  ./ .,イ .:..} : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l:.:.: .ハ ',
  { /| .:.:ハ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/:.:.:/ }:.}
  V | .:.:/:.:|_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/:.:i.:{  リ
    ヽ:.:{、.:.V     : : ヘ     : : {: : :/:.::∧|
     ヽ! )人    : : :人      : : : / \! :.
      "  ヽ : : : : :/イ{     :.ノ: : : :.\ :.
       :.  \__///: :\______/: : : : : : : ヽ
           / //: : :|;|: : : : : : i: : : __: : : : ',
       :.     / 、 {;{   |;|   . : i/. : : : : : :|
          / `Y;{. . . .|;|. : : : /i: : : : : : : : :l


 洗脳というと、「CIA洗脳実験室」っという本が思い浮かぶ。これは、Harvey Weinstein氏が書いた、米国のCIAと民間企業による資金提供を受けて、米国と加国の各大学、医療機関、刑務所を使ったMK-ULTRAという洗脳人体実験を暴いたFull Storyである。WWIIの敗戦国ドイツにおける人体実験を意識したかは知らないが、Mind Kontrolというドイツ語の頭文字をとって、MK-ULTRAとしたようだ。このMK-ULTRAは1950年にまで遡り、元々はArtichokeという実験計画であったが、反共の流れと、共産主義国における洗脳の脅威に驚愕した米国は、自国でも洗脳という行為を研究するようになった。

 我が祖国、米国が恥じるべき行為を加政府と一緒に行っていたことをここに記す。この計画は、より効果的な洗脳方法を得るために、長期の感覚遮断、薬物投与、音声ガイダンス(ドライヴィングメッセージ)、ECTを使ったマルチモダルな内容となっていた。心理学者で学習関連で名を連ねていたDonald Olding Hebbも登場している。彼は、感覚遮断の研究を行い、長期の感覚遮断で人がどのような反応を示すのか、そして、その後、どのように学習するのかを述べている。また、薬物投与についても、ただの薬物ではなく、LSD-25や動物用麻酔や各鎮静剤、旧式の麻酔薬を用いるなど悪質極まりないものであった。音声ガイダンスもスピーカーの配置(まるで、音響心理学を研究しているBOSE社のような。)を工夫、最終的にはヘッドホンにまで行き着き、更にECTも使われた。

 総じて、洗脳は行われた・・・っが・・・当たり前だが動物用麻酔は精神病を発症、麻酔の処置も悪く、長期の低酸素状態が齎した高次脳機能障害によって、被験者は廃人のような生活を余儀なくされた。また、音声ガイダンスによる情緒障害も併発していたことも書き記しておく。

オウム真理教

 これに目をつけたのは、日本のあるカルト宗教団体だった。他のカルト宗教団体も極端な洗脳方法をとっているとも聞くが・・・事実、某有名カルト宗教団体は脱退者を不安神経症と統合失調症にして始末すると聞いている。私も正直、それは、関係のない者に対しても牙を向けているという確信を得ている。

 このカルト団体は短絡的にこれを模倣したらしい。彼らは、LSD-25やRavonalを使うなどし、ドライヴィングメッセージ、ECTを使った。報道で映ったあの不気味なヘッドギアはECT用のものである。

これに加担していたのは、この日本の事案でも麻酔科医と精神科医である。これには、疑問点がいくつかある、LSD-25は不純物が多かったようでバッドトリップしてしまうことが多かったらしいこと、Ravonalは自白剤として不完全であることだ。チオペンタールとして幅広く知られているこの麻酔薬は、自白剤というイメージがある。だが、大脳新皮質の活動低下を期待するにしては、全身麻酔の導入に用いられ、短時間で作用が強い麻酔薬という特性上、自白剤としての効能が矛盾するのである。人工換気(人工呼吸器)も行われていない・・・

謎である。そういえば、最近、話題になるケタミンもセルニール同様、動物用麻酔で使用されるが、人に使うことは、まず、ない。なぜ、知識のある麻酔科の医師が、自ら、精神病になるようなこと、それも、人工換気(人工呼吸器)が必要な麻酔薬をやったりするのだろう。また、巷に出回っているのだろうと考え込んでしまう。ECTは、今は使われない医療行為である。元々は、イタリアのUgo CerlettiとLucio Biniが豚を食肉処分する前におとなしく(精神的平穏)させるため、行ったのが始まりである。これを、イギリスのPage and Russell(方法)が電気ショック療法として、精神医療に持ち込んだのだが、主作用よりも副作用が問題になる医療行為ということが検証され、現代では使われなくなった。

 いずれにせよ、どのようにして、彼らはこの技術を知ったのか・・・

Donald Ewen Cameronなどの人物が書き残した研究論文である。

なんのために・・・

洗脳、そして、従順なる奴隷として働かせるためにである。


政治的に見ると、オウム真理教という宗教は露国の`民間'(Covert)諜報機関のようである。オウム真理教がメディアに露出するようになった時期は、ちょうど、彼らの輸出入していた物などを分析するなり、露国がインターネットにおける活動を拡大していた時期だということを踏まえても、そうだと大凡の見当がつく。この他、オウム真理教の主要構成メンバーが、いわれもなき差別を受けていた人々の末裔、もっと、分かり易く書いてしまえば、旧ソ連のアフガン侵攻で情報をCIAや日本の公安調査庁にあげていた`外部団体'(公安調査庁のアンテナ組織)、差別糾弾会を構成していた人々(連れ)であったことだ。あの教祖の出生もそうだったということである。

社会学的見地から見るオウム真理教

 社会学的な見地からオウム真理教を見てみよう。「カルマを取れ」(`業'を取れ)というとんでもないことを言っていた教祖の通り、危険分子の`欲'を取り除くために存在した宗教団体だともいえる。つまり、短絡的に権力を振りかざそうとする人、権威的な人ほど危険である。

オウム真理教には、医学生や物理学者など、極めて能力に自信がある人が集まっていたらしい。そのような人が社会に出て、自らの能力で政治的に権威を振りかざそうとすると危険である。そのような危険分子を社会から取り除くことを目的として存在したという説である。かつて、存在した上九一色村の同教団施設の一部にはヒトラーが建設することを命令したホロコーストの収容所に書かれていた言葉が書かれていた。このことは、社会学的見地からしても、興味深いことである。

 同時に巨大な構造型・非構造型エンカウンターグループセラピーでもあったことを付け加えておく。高学歴、富裕層と、賤民としていわれなき差別を受けていた者の末裔が交わる宗教という形での触れ合いである。これは、確実に言えることで、オウム真理教の事件以降も別の形で残ってしまった。脱退者の多くが、臨床心理士や医師との転移、逆転移を体験し、結ばれている。通常は、この逆転移という行為は、カウンセリングの中で見られていても、プライヴェートを共にするような関係は築いてはならないとされているからである。

 洗脳を通じて、カルト宗教団体(諜報機関、社会の危険分子を取り除く、エンカウンタームーヴメント)・・・様々なことが分かった。今でもオウム真理教以外に洗脳活動が密かに行われている。もしかしたら、あなたの身近なところで、それは行われているかもしれない。

http://heavenlyladen.blogspot.com/2010/09/cia.html


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

5. 中川隆[-15243] koaQ7Jey 2019年11月28日 18:47:33 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-2321] 報告
創価とオウムの麻薬ビジネス


なんと、創価学会員から集めた浄財を南米コロンビア産コカイン密輸に運用!

その利益は政界工作資金として自民党リーダーに渡る!

その事実はCIAが察知。

米政府はその事実を日本政府の弱点として脅迫、外交交渉の場で大いに利用。
結果、日本は国益に反しても従米政策を取らざるを得ない羽目に。

池田大作はノリエガ将軍に、麻薬取引の資金を提供していた

鶴見芳浩(つるみ よしひろ)ニューヨーク市立大学教授(熊本県出身)は、ニューヨークの太平洋経済研究所理事長も務め、国際経営学の分野で世界的に著名。『日本企業の悲劇』その他多数の著書の中に『アメリカ殺しの超発想』(1994年徳間書店発行)の206頁以下に、驚くべきことが書いてあるので紹介する。

小沢一郎氏と池田大作氏とノリエガ将軍の三角関係


94年5月以来、ワシントンを起点にしてアメリカの各所に配られた「小沢批判リポート」はもう一つ重大なことに触れている。(中略)

同リポートは、小沢氏が、創価学会名誉会長で偽本尊を作ったりしてとかく会員の中でも批判のある池田大作と連携して、池田大作氏の野望である政教一致による日本の支配と、そのためのハク付けとして「ノーベル平和賞」の獲得に、小沢氏が協力している事実も暴露する。池田氏と同盟を結んでいる小沢氏は、アメリカにとってますます好ましくない人間だとも明言している。

実はこのくだりを読んだとき、私もひとつ思い出すことがあった。それは、ブッシュ前大統領が金丸、そして小沢両氏を思うままに操っていたころ、両氏に与えるアメ玉だけでは説明がつかないと思うことがいくつかあったのだ。

そこで、CIAに近いアメリカ人が聞かせてくれたのが、小沢氏、池田氏、そしてパナマの独裁者だったノリエガ将軍を結ぶ線だった。

ノリエガ将軍は、ブッシュ氏がCIA長官時代には、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループ攪乱に協力した。

そして、その代償として、パナマを中継地として、時にはCIAの輸送機も使ってアメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出(?)する暴挙を大目に見てもらっていた。

このためにブッシュ氏の弱みを握ったとして、ノリエガ将軍は、ブッシュ氏が大統領となったアメリカを、好きなように操れると過信したのだ。

しかし、こんなノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと知って、ブッシュ大統領は89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕らえ、アメリカのフロリダにさらって来た。

そして、同将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし、特別監獄の奥に閉じこめてしまった。

このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していた、というものがあった。

ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。

この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。知らぬは日本のみということだろうか。

学会員は、池田大作の「広宣流布には金がかかる」の言葉を盲信し、生活費を切りつめた金や、老後の貯え、はては全財産までも、騙し取られている。ところが、その血の滲むような金が、池田大作の手から世界の麻薬王といわれたパナマのノリエガ将軍の手に渡って、全世界の麻薬犯罪の資金源になっていたとは、学会員たちは夢にも知らないだろう。

その当時、池田は、富士の聖地にノリエガ庭園をつくり、世界中の人々に、ノリエガとの親交ぶりを誇示していた。

しかも、その麻薬で儲けた莫大利益のリベートが、小沢一郎と金丸信に渡り、その秘密を握ったブッシュ大統領が、アマコスト駐日大使を使って、日本を意のままに操っていたという。

学会員から集めた金を池田がノリエガに渡し、それが基となって、世界の麻薬犯罪となり、さらには日本をアメリカに売り渡す結果となっていたのである。

日本の多くのマスコミがこの事実を報道しないのも、池田の金の魔力に屈服していたからかもしれない。

ともあれ、ノリエガは今、アメリカの刑務所で百年の刑に服している。その一方で、池田は今、新進党と自民党を両天秤に掛けて政権を狙っている。(1995年当時)

このまま放置してよいのだろうか。ノリエガの何倍も罪が深い池田こそ、刑務所で余生を送らせる必要がある。

−−−−−−−−−−−−−−− 


創価学会の指導者池田大作氏は自らを「偉大な仏法指導者」として会員に印象づけるため、機関誌「聖教新聞」をプロパガンダに活用してきた。会員から集めた浄財を使い、有名人との対談を実現して写真と記事を報じたり、大学に寄付をして名誉博士号を得、自らに箔を付ける活動をしきりにしていた。

しかし彼の本質を見抜く人達は、そう簡単に創価学会の思うようには動いてはくれない。入国にストップがかかったこともある。そんなときに助け船を出したのがノリエガ将軍。

ノリエガ将軍はここでも書かれているように元々はCIAのエージェント。恐らくCIAは創価学会の金と集票能力を利用して日本を操るため、わざとノリエガを池田大作に近づけたものと思われる。その罠に創価学会はまんまとはまってしまったという訳だ。

CIAの上にはブッシュ一族、そしてロックフェラー財閥をアメリカのエージェントとして操る国際金融資本家達が存在する。彼等は米FRB(連邦準備銀行)を始め、日銀を含む殆ど世界中の中央銀行を所有し、景気不景気を自在につくりだして各国の経済を支配する金融の王として君臨。また特定の宗教(悪魔教)を信じ、長い年月をかけてその理想世界実現に向けて手段を選ばぬ悪の限りを尽くしてきた。過去300年間の戦争は殆ど彼等が起こしてきたと言っても過言ではない。

ノリエガの導きで南米での活動が容易になった創価学会。しかしその瞬間から創価学会は国際金融資本家の信ずる悪魔教の手下に堕してしまった。すなわち、創価学会員が拝む偽本尊の先には悪魔教の本尊が存在する。文字通り、創価学会員は悪魔に魂を売ってしまった、ということになる。道理で創価学会員の犯罪が増える訳だ(本家に比べればまだカワいいレベルだが)。

創価学会の池田大作氏は、国際金融資本家達にとって日本でのエージェントとしての地位は無い。単に、一方的に奴隷として利用され、価値が無くなれば捨てられる、ただのゴミ的存在でしかない。その理由は長くなるのでここでは省略する。

創価学会が国際金融資本家達の軍門に降ってしまった代償は余りにも大きい。創価学会員だけでなく日本国民にとっても。世界にとっても。国際金融資本家達が目指す日本国民奴隷化のスピードをぐんと加速させ、とてつもなく巨額の国富を彼等に差し出してしまったからだ。

そんなこととは露知らず、今日も創価学会員、そして一般日本国民も、せっせと悪魔のために働かせられている。

http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm


   i           l
.   !             __ !
    !      __/  `77y'7:7フ⌒`:.ー-- 、_     ,. -‐:::r:、
    |'. /⌒`く一'__  ,イ-‐':⌒ヽ ̄ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ-y'´     ヽ.
 _r_‐"   、  ,>_、  ̄入:.:.:.:.:∠:二:入,. --一‥' ´ ̄`ヽ         '.__        --、=-、
┴――‐(´∨/:/´ ,ゝ-、.:_ア´:.:.:.:.:.:.}.:/_         ,. ---- 、    i--/ヽ          \::`ヽ、
       `//:/ /.:.:.:.:.:.\---一(´:/           /    ..._.. ヽ   ヘ. ̄ ̄`'.  _ 二≧ニミ、:::::::::\ 池田先生
          \l /:\:.:.:.:.:.:.:\-:一!:f        /       :::`:'::: '.   ヽニニト/  r_ァ .::ヘ、r\::__:::::`:ー-- 、
        /ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:|_|,. -───‐┴、          }   __}___ト!    .::::::::    '´ `丶、\::::::`!
        /.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:`ン: ̄`ヽ ̄ ̄ ̄ヽ\,r‐、――一'、 〉     |   .::::::,ィ            〉ノ:::::,.ヘ
     /.:.:.:.:._:./:/:\:.:.:.:.ヽ:.:.:.:f.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:ー-- 、-一\\\   \ -==、ー-、 \:::〃 ---/---- 、/_'::/:::r′
      /ィア´:.:.|/:.:.:.:.:`丶、:.ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.`: ̄:.:.\\\   \  _`ト `二≧=一'´:: ̄ ::::::::::::::::: ̄`7
------/.:.:.:.:.:.:|-----‐一ヘ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.\\\   〉´::::::ヽ. イ´ ̄-‐::::::::::::::__:::::::::-:一::7
     \:.:.:.:.:_」-、----一''´;ゝ--―=ニ二:_ー-:.:.:.:.:丶、:.:.:.:.:.:.:.\:ヽ i:.:l /::::::::_:::`/:::::::::::::,::::::':´::::::::::::::::/::j
        ̄    \:.__:/:::::::::::::::::::::::::::::::::`::ー─::- 、_:.丶、:.__:ノ:.:,|ヘ:.V::::::/::::::::/:::::::::,::::'´:::::::::::::::_,:::-::´:::/
               ` ー-_,. -一‥ァ=--::::::::::::::::__:>ァ一 '´ ヽ.V::::/::::::,.イ::::::::::/::::::_,:::-‐::':´:::::::::_/

CIAと統一教会


ネットの普及で統一信者より最近は、一般の方のほうが教会の「裏情報」を知っている方が増えてきました。

その一つに「CIAと統一教会」の関係があります。今までは、統一教会側は、韓国諜報機関であるKCIA(韓国中央情報局)とのかかわりを今までは、否定してきましたが、『日本統一教会「空気銃摂理」の出発点(5)』で、KCIAと文教祖の関係性がみ言葉で明らかになりました。

そして、統一教会と親交の深い元大統領ジョージ・H・W・ブッシュ(前ブッシュ大統領の父)が元CIAの長官だったことは、ご存知でしたか?
1976年1月30日〜1977年1月20日CIA長官を勤めていました。


《第41代大統領ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ
ウィキペディアより》


■世間・信者内で噂されているCIA、ブッシュと統一教会の関係


897 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 02/10/19 00:01

日本の統一信者が資金集めに売春みたいなものをやっていることがあるというのは本当ですか?


900 名前: JUSTICERE 投稿日: 02/10/19 00:20
>>897
それはネタかな?
かつてはKCIAの要人とのつながりを確保するために信者の女性にそういったお偉いさんの愛人になることをセンセーが命令するということはあったと聞く。古い人は結構知ってる。


901 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 02/10/19 07:26
>>900
そういうこと、あったなー

海外に派遣される女性食口の前で、先生が 「君たちは貢ぎものになるんだよ」と言われて、心に起きた葛藤、試練に躓くことなく、この時今こそイサクが神の前に献祭される心情を復帰せねばと、議員の私設秘書にされ体を陵辱されても先生によって与えられた持ち場を離れない女性がいた。


925 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:46

PART1より
【お父様のご正体をご説明申し上げましょう。】

統一凶怪の問題点は、霊感商法やビデオセンターのレベルの話ではないんですね。

もともと、ヤクザ兼右翼の大物、笹川良一に宗教が儲かることを伝授された文鮮明が作った似非宗教で、設立にはKCIAやCIAも関与している。そして、文鮮明が、今力を入れている金儲けは......なんだと思います?


【ブッシュと文鮮明】

ブッシュ元大統領は、元CIA長官でもあり、現在でもCIAの影の支配者である。CIAは、ブッシュが長官になってから、秘密裏に麻薬密輸に積極的に取り組んだ。CIAはいまや、世界最大の麻薬密輸組織となった。そのブッシュの中南米での麻薬密輸事業には、統一教会が深く関与していた。

ブッシュ・CIAと文鮮明は、麻薬を介して繋がっていたのだ。いや、むしろ文鮮明の方が主体だったかもしれない。文は、ブッシュの大統領選に資金提供し、見事当選させた。その見返りに、ブッシュは、文の麻薬組織が大量のクラックとコカインを米国内に持ち込む手伝いをしたのだ。勿論、その仕事に携わったのは、ブッシュ子飼いのCIA要員である。麻薬に手を出しているのは、CIAだけではない。イスラエルの諜報機関、モサドも関わってきている。

知ってた?こんなこと、誰も知らないんだよねー。基地外と騒ぐ前に、もうちょっと読んでねー。

926 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:46
PART1より

【文鮮明と笹川良一、そしてCIAの飼い犬たち】

統一の文は、どこから麻薬密輸ビジネスのノウハウを学んだのか?笹川良一からである。戦前からの右翼にして、暴力団の首領である笹川は、戦前、日本が中国向けにやっていた麻薬を用いた撹乱作戦を伝授した。文は、南米での麻薬ビジネス展開に際しても、笹川の援助を受けているのだ。笹川をはじめとする右翼暴力団や保守政治家が、勝共連合と言う統一協会の傘下団体に名を連ねているのは、麻薬ビジネスの利権に群がっていたからなのだ。勝共に身をおく連中の多くは、麻薬ビジネスを通じて、CIAの犬でもあることを忘れてはならない。統一は宗教じゃないんだ。麻薬組織なんだね。


【文鮮明に飼われた朝鮮半島の指導者たち】

文鮮明が麻薬取引で得た金で買収し、掌中に引き入れたのは、ブッシュだけではなかった。北朝鮮の金親子も、韓国の金鐘泌も金大中も、文に金で飼われていたのである。中南米で文とブッシュが連携して、麻薬ビジネスをやったのと同様に、日本では、オウムを隠れ蓑に統一とCIA、それに創価が、麻薬商売に精を出していたのである。加えて、文鮮明と北朝鮮の金正日との深い関係が、北朝鮮の麻薬ビジネスの謎を解く鍵でもある。統一教会の日本での暗躍を知ることで、オウム事件の闇が、北朝鮮の関与が見えてくる。北朝鮮も韓国もブッシュも文鮮明の手中にあるんだな。

927 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:47
【CIAのスポンサー】

ブッシュやCIAを陰で操っているのは、当然ながら共和党。ブッシュへの大口献金者である、軍産複合体、国際金融資本、石油メジャー、穀物メジャーなど米国経済界の根幹と言われる連中である。ブッシュは彼らの利益のために動く小物に過ぎない。

彼らの利益のために、地域紛争が喚起され、世界中に麻薬が蔓延する。テポドン発射騒ぎ、湾岸戦争、TMD・NMD計画.....全てに彼らの計算が見て取れる。米国と北朝鮮は表面上は激しく対立しているように見えるが、水面下ではCIAと金正日のあいだで、互いの利益のため、協力するところはしている。そして、その仲介役を果たしているのが、文鮮明である。北朝鮮の延命は彼らCIAとそのスポンサーの利益に合致する。

そして、オウムも北朝鮮延命の一つの方策であったし、日本の(暴力的)政変を演出する上での橋頭堡だった。霊感商法なんかどうだっていいんだ。文の暗躍は、極東の安全に直結している。

928 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:47

はい、ここまで読んできた人の大半は、こいつ基地外間違いなしと思ったろうけど、じゃ、絶対読んだことのない海外記事読んでみてね。


Dubya Debate ....ブッシュの中南米麻薬戦略は、文鮮明との共同作戦だった。


「ブッシュと南米の犯罪組織との関わりは、文鮮明の商業・政治・宗教帝国を通じて拡大している。60年代と70年代、文の統一教会は、南米とアジアの組織犯罪者たちと密接な関係を築き上げた。1980年には、文の組織はボリビアの右派軍事クーデターの首領と協力関係を築いた。その結果、ボリビアは地域で最初の麻薬汚染国家となった。」

http://members.boardhost.com/gwbush/msg/240.html


まだあるよー。

David Icke Magazine

文鮮明は、南米の麻薬カルテルにとって、よく知られたマネーロンダーリング業者であり、CIAの麻薬密輸組織と資金面で提携している。(文は、CIA元長官であるブッシュを買収している。)

http://www.davidicke.net/emagazine/vol18/research/moon.html

929 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:48
EX-SITE


「ブラジルのニュースメディアの最近の記事によると、文鮮明のセクトがパラグアイとブラジルの国境での麻薬や禁制品の密輸に関わっているのではないかとの疑惑を表明している。」

http://www.sekten.ch/ex-site/events-folder/moon.htm

Bush consorts with Moonies, criminals in Ibero-America

中南米において、ブッシュのパワープレイを資金援助したのは、統一協会の文鮮明である。文は銃と麻薬の密輸、マネーロンダリング、その他の凶悪な活動に関わったことが立証されている人物である。従って、ブッシュが南米諸国歴訪の際、大英帝国の植民地政策とでも言うべき、自由貿易政策(つまり、麻薬密輸のこと)を擁護し、ペルーでやったと同じく、クリントン政権の麻薬対策を非難したのは、全く驚きでもなんでもなかった。

http://www.sonofbush.com/

この後、延々とニカラグアやホンジュラスでの文と麻薬組織との関わりが書いてあります。この記事を書いたニューズウイークの記者は、大ブッシュが編集部を直接訪れた後、解雇されたそうです。やっぱり。ニューズウイークの記者も、基地外だったのかねー?


930 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:49
名前:Rev. Moon 投稿日:2001/07/01(日) 09:38


【ブッシュと統一教会の文鮮明】(Bush and the Moonies)

ブッシュ一族について私が心配しているもう一つのことは、統一協会との関係である。世の殆どの人が知らないが、文鮮明は、数千人のヒッピー信者を従えた東洋のちんけな洗脳者というわけではない。文は億万長者であり、アメリカで巨額の金を使うことで、選挙やニュースメディアへの影響力を買ってきた。殆どの人が知らない事実だが、文の組織は、ワシントン・タイムスを所有している。文は、同紙を80年代初頭に設立し、20億ドルを注ぎ込んできた。文は、同紙を通じてアメリカに多大な影響を及ぼしたと」主張している。文が、SDIもしくはスターウオーズ計画を実現し、88年にジョージ・ブッシュを大統領に就任させた主張する。


1.統一教会は、韓国朴政権の時に設立された。

2.アメリカは、北朝鮮と中国の共産勢力に対抗する親米政権を作るため、朴将軍をCIAがサポートして、軍事クーデターを起こさせた。CIAの造った政権。

3.統一と言う宗教団体も、朴政権下、CIAの影響のもとで造られた。だから、反共を旗印にして、傘下に「国際勝共連合」を造った。もちろん、KCIAとも繋がってる。

4.ちなみに、「勝共」の日本の初代名誉理事長が、「人類皆兄弟...」の笹川良一。 戦前からの右翼。戦犯で収監されるところを、CIAに助けてもらい、以後CIAの協力者となったと噂されてる

http://www.sonofbush.com/


こういう構造なんですね。


931 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:49

【統一の真の姿を見てちょうだい】

統一の本当の怖さは、霊感商法や洗脳セミナーではないんですね。
麻薬で儲けた金を米、日、韓、朝にばら撒いて、政治を動かしているわけです。おまけに、オウム事件も、統一と創価の仕組んだ事件だった。

右傾化扇動教科書で有名なサン●イとかも、文の支配下です。この辺のこと知りたい方は、↓へ、どうぞ。霊感商法とかの話題は、一切ないよ。
(オウム事件の謎もわかるよー)

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=police&key=988414794&ls=100

932 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:50

【統一協会の麻薬・マネーロンダリング拠点は、ウルグアイ】


REV. MOON'S URUGUAYAN MONEY-LAUNDRY
http://www.ainfos.ca/98/sep/ainfos00005.html


●文鮮明は、ウルグアイ国内に大規模なマネーロンダリングセンターと思われるものを開設した。

●文は、信者を使って資金をウルグアイに秘密裏に移送している。その額は少なくとも数千万ドルに上る。

●1996年、文の日本人女性信者4200人が、モンテデビオの、文の支配するBanco de Credito 銀行にやってきて、各々、25000ドルの預金をしていった。これらの預金は、Cami2と呼ばれる、文支配下の匿名の組織の口座に入った。日本女性の行列が終わった時に、預金総額は、約8000万ドルに上っていた。

●1997年、文のマネーロンダリングを取材していたEl Observador紙のP.Alfano記者が、誘拐された。二人の誘拐犯は記者の口に拳銃を突っ込み、文の非合法活動の情報を漏らした奴が誰なのか、口を割らせようとした。

●1980年、文は、ボリビアの軍事クーデターのお膳立てをした。首謀者に400万ドル以上の資金援助をして、政権を奪取させた。以後2年間、ボリビアはコカインの大量生産拠点となり、コロンビアへの原料供給の役を担った。


★右派軍人を取り込み、資金援助して、暴力革命を起こさせる。政権掌握の暁には、麻薬生産を行わせ、統一自ら、密輸やマネーロンダリングに関わり、巨額の資金を儲ける。利益は、日本人の馬鹿女信者に持たせ、陸路、ウルグアイに運ばせ、(南アメリカのスイスを目指す)ウルグアイの銀行でマネーロンダリングする。

このカネが廻りまわって、ブッシュや金正日、金大中、中曽根、亀井らの懐に入る
わけですね。

統一協会って、すばらしい宗教....じゃなかった...麻薬組織ですね。


933 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:50

The Bush-Kim-Moon Triangle of Money  by Robert Parry
http://www.commondreams.org/views01/0310-03.htm


当時、文鮮明は、(アルゼンチンで)Tiempos del Mundoなる新聞を発行しようとしていたが、南米の新聞界は、文の組織が、1970年代に右派「殺人組織」政府や、1980年初期のボリビアのいわゆる”コカイン密売”政府と密接な関係を持っていたことを指摘していた。そこに現れた、大ブッシュは、米国元大統領の名において、文の組織の麻薬取引関与を否定した。文の組織の麻薬スキャンダルは、立消えた。


★馬鹿言ってんじゃないよ。麻薬王ブッシュが、文鮮明の麻薬関与を否定するって、それ身内の庇いあいじゃないか。統一信者よ、目を覚ませ!

http://ameblo.jp/chanu1/entry-10817887046.html


                   ,... -――-- 、
               /         ,イ^\
            /  /        ´ ̄`ヽ、
              /   |        /  、 、 ヽヽ
           '   /! /イ /! ,イ,ハ !  } ', ',ヽ ',
            |   / ! /!/|_/_l/ ||ノ {| イ  | ム、} |
            |  /| |/ {! リ ル ̄{!  }!/、|  }  |/,イ
            | / | i; |下赱オヽ   ,ィ、 } / , j/
            | ∧{!   | ///     tテ {/l/ /
           ;'/  ム  ‘,      , // /{/ イ
            / {   }   }     っ  イ |l/ i
            イ |   |   |> _ ,... イ/ /| } ム
         /| |_l_,..|!  |   |__ ,.イ / j! |  ム
          /ィ| | 、.   |  {    _ ,: | { ̄`ヽ、 }
       /  | |  `ヽリ /r‐ '´    |/     ∨
       ,   | {    /イ        |       }
       {,ノ  Y!  /              |
      /   ヾ!          ∨、     {
      ,         ,           }ム
    /..       ;:: /    .:,::.    | }     i
   ゞ::'         , {   ゞ::'     ;' > -―- 、!
   人      / 八           / /      {
      r  ._ /   \      / /       i
     j!   }      ` ー ´ ,:'  ,
     {    ',             /  |       i
     |     、}             /    !       ',
     ',   ',        ,'    |       ',
:\    、    ', 、       ,       ',       }ヽ
:::::´`ヽ、  ,    ', i}     j!      {.         ,
/    \',    ',        j!      ',        ', }
         ヽ   ヽ      j!
        ヽ    ゙、     |           ':,       ', }
         }    ヽ   |         ',      ,
         |      ‘, !          l、        , i
         {     } | ム         j!ム      {
、            マ{ ', } ト、} { i         jヽム       ',`ヽ、
 \        `ゝ}ハ、ヽ |             /  }  ,     } つ`マ
   `ヽ、       ヽ.   {        , '     ',    ',`  ̄´

統一教会と創価学会、そしてCIAの関係とは?

真実を捉える考え方

最近、このブログに おかしなトラックバックや妙なコメントが増えています。
それらの内容を読むに、この人達の考えている事は、どうやらこんな事のようです!

統一教会や創価学会が、CIAの下部組織である事をあまり拡散されたくない!
特に政治好きでない普通の方の目に触れられたくない!

というのがビンビン伝わって来ます!

そこで本日はCIAと統一教会や創価学会の繋がりについて、たっぷり書かせて頂きまーす ( ^ー゚)V


さてさて、CIAと言われると、映画やドラマの世界の事!

なんてイメージがあるかと思いますが、あんなカッコ良くもないし、もちろん英雄なんかでもありません。どちらかと言えば、カスのような連中で、毎日そこら中で下らない事をやっています。

小沢さんや鈴木宗男さんを冤罪で追い詰め陥れたり、尖閣諸島で騒動を起こし、日中間を分断して、共同油田開発を邪魔したり、北方領土問題を煽り立てて、ロシアと日本を分断したり、従軍慰安婦・教科書問題で、日韓をいがみ合わせたり、そして、最後にマスコミ操って、こういう事実を隠蔽したり。


破壊工作って言うんですか?

他国の足を引っ張るのが、毎日の仕事な訳です!

ホント、三等国家って、アホだしヒマなんでしょうね?
世界中で人の邪魔するエネルギーを、全部生産活動に向けたら、どれだけ良いか?


さてさて、そんなCIA!
自分達に足がつかないように、何層にも下部組織を作る習慣があります。

その時に、すごく使いやすいのが、実は宗教団体!
他人の生活の中にさり気なく入り込める上に、日本では宗教団体は非課税。
要は、人脈と裏金のブラックボックスに出来る訳です。

怪しい人物が出入りしていても、カルト宗教に溶け込んでしまうし、
おかしな金が流れてきても、詮索される事はない!って訳ですね。

CIAの工作資金源は、もちろん麻薬です!
って言うよりも、世界中の諜報機関の資金源が麻薬っていうのは、
公然の秘密のようなものですよね?

Wiki Pediaにも

「工作費用の捻出のために現地で麻薬を販売する方式をいまだに採用する」
なんて普通に書いてあります CIAと麻薬の関係 >>


さてさて、そんな麻薬資金のような汚れた金を扱うには、非課税で資金の流れが不透明な宗教団体が 絶好の隠れ蓑になる訳です。

まずは、北朝鮮や南米辺りから持ち込んだり、日本国内で作らせた麻薬を販売して資金を作ります!

そして、巨額な政治献金をして、政治家を傀儡化!

東京地検・警視庁・公安・国税などの売国官僚に金をバラまいたり、信者を配置したりして圧力機関を支配!

もちろん、各省庁にもポイントに、金と人を配置!

さらに、マスコミは電通を通じて圧力をかけたり、会社自体を買収したり、
エージェントやカルト信者を送り込んだり、金をバラ撒いたりしてコントロール!

こんな感じで、宗教団体経由の麻薬マネーと人脈の配置で、裏支配の骨組みを作る訳です。骨組みが出来たら、あとはしゃぶり尽くすだけ!

金で動く権力者達を使って、税金から国の資産から、何から何まで収奪します。
そして、さらに膨れ上がった資金で、また新たに権力者を買収したり、傀儡を権力の座に送り込む。

こうして、権力中枢の腐敗が進んで行く訳です!


で、実際に今の状況を見てみると・・・

アメリカ・財界・官僚のためだけの政治をする野田政権!
無実の小沢さんを叩く創価学会付属東京地検!
オウムの平田が北朝鮮から帰国した事を隠し続ける創価学会付属警視庁!

マスコミはCIAの指示に従って、おかしな報道で国民を騙したりetc.

クッキリと、この構図が見えてますよね?

そう! アメリカ金融ユダヤ勢力とCIAが、創価学会・統一教会を使って社会を裏支配している!

これが、今の日本という国の実態!

という事で、結局何が言いたいかというと、

創価学会や統一教会は、実は宗教団体じゃないんです!

本当の姿は、諜報機関であり、地下銀行だって事!

http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120120/1327020002

世界最大の麻薬組織CIA 2009年10月30日


新しい駐日大使としてアメリカから派遣されて来た、ジョン・ルース。
この駐日大使を影から支える「対日洗脳工作組織」の実態。

 現在も、アフガニスタンに次ぎ、世界2位の麻薬生産を「誇る」、タイ・ミャンマー・ラオス国境の麻薬生産地帯ゴールデントライアングル。この地域で生産される麻薬は、アメリカ空軍の「民間下請け航空会社」エア・アジア社によって、世界各地に「運搬されて行く」。

このエア・アジア社の輸送機の「専属」操縦士であったCIAエージェント=ウィリアム・クーパー機長、その部下ウォレス・ソーヤー副操縦士、ユージン・ハーゼンファス荷物(麻薬)搬出入担当官の3人は、

「麻薬の商談は、主にタイの、バンコク・オリエンタルホテルで、行われ」、

「ゴールデントライアングルでは、1万人のCIAメンバーが、麻薬生産に従事している」

と証言している。米軍・CIAが、世界最大の麻薬製造・精製組織である事実が、浮かび上がって来る。

http://alternativereport1.seesaa.net/article/131603232.html


         /  . :          . :`ヽ     `ヽ
         / . : : /      . : :}  . : : : : : }      ハ
       / . : : : : / : / . . : : : : :ハ: : : : : : : }   トヘ  .ィハ
        / . : : : : / : /. : : : :./!: : : :ト、: : : : : :!  人 Y フハ
      ' !: : : : /i: /: : : : :./ j: :.八:! ヽ: : : :,′ (⌒ o く : ハ
     / : : : : :/ j:ハ: : : :/,,-ァァ¬ト ハハ/   `7 ト、 ヽ∧
.    /  .ハ : : :レ'「`ヽ: :i :{ / /´ァテ示ミV/     いノ: :`^′: \    
   / . :/∧: : {    ヽ|八   /・\》 . : : : : : : :.:i: :i : : : : : :\  
   ,′. :// ∧ハ/・\      ニ二ニ/. : : : i| : : ト、ノ:八: : : : ト、: : \ \
   . : : : : : : :ゝ:}ニ二ツ      ´ ̄ //!: : :||: : ノく Y: : :\: 八 \: : :ヽ
  i : i : : : i : : : :.:} ^´ 〈        /(  |: :ノj/) } ハ : : : iト、: ヽ  ー-=ミ
  |:i i: : : :ハ/|: i    ____,     |'´〃^   イ: : : : : 八: : : : \     `ヽ
  |:! i: /   j从    Y^ ⌒^'|        r‐( : |: : : : :/: : \: : : : \
.  从 !'    /. :.:.\   V  丿      |: : : :.从: : :/: : : : : \: : : : `: ー--‐==
        / . : : : :.:\ u`こ´|'|     イ  ├‐-=ミノ : /: : : : : : : :`ヽ: : : : : : : : : : : : :
        , '. : : : : : : : : \   U        ∨ .:/: : /三二>(: : : }ヽ: : : : : : : : : : :
      /. :/. : /!: : : : : : :` ¬!          / /. : : /:::::::://⌒>x   ): : : : : : : : : :
    / . :.:/. : / j: : : : : : :_/:::|        /.: : : : : :/::::://  ´   寸ニニニニニ==ミ
.   / : :.:/: : / r┬一'´.::::::/j      /. : :/} : :/:://  /      \::::::::::::::::::>>::ヽ

CIAと麻薬の結びつき  05/11/16


>事実関係が不足しており、まだ仮説ではあるが、アメリカの国益を守るために作られたCIA組織が既にアメリカ政府のコントロールが効かない段階まで来ているのではないか。ブュシュはだから別組織を作った。CIAは、その背後に国家より市場を牛耳る巨大企業・多国籍企業がこの情報機関と強く結びついているのではないだろうか。>

 CIA(中央情報局)が大統領府国家安全保障会議の管轄下に設置されて以降、政府全体の諜報活動を調整するもその活動はしばしば議会などで取り上げられ問題視されるようになり、上院では76年に、下院では77年に秘密会形式の「諜報特別委員会」が設置され、監督されるようになる。1986年10月には、政府職員がイランに武器を売却し、その利益をニカラグアの反政府勢力コントラの支援にあてていた問題が明るみになり(イラン・コントラ事件)窮地に立たされて以降は、議会の承認が必要な「独立会計検査官」のもとで、機密性を保ちつつ納税者への「説明責任」として97年度、98年度だけ予算を公開している。その額は約3兆円だとか。

 槍玉に挙げられていたCIAの問題とは、冷戦時代の共産主義勢力をはじめとする敵対国家・勢力に対峙する際、反政府勢力に資金・武器援助する手法をとってきた点。こうした資金支出の承認を議会に認めさせることは難しいとみると、その代わりに反政府勢力の麻薬取引の黙認、もしくはその取引自体を手助けすることで独自の資金源とするようになっていく。少なくとも過去30年半ばにわたって公然と行われ、現地の警察の協力もとりつけていたらしい。

しかも、この密輸ルートは麻薬売買に伴う多額の資金をもたらしただけでなく、帰路アメリカからの武器供与にも利用されていたりもしたようである。冷戦期はもっぱら反共工作がターゲットだったが、冷戦終了後はテロ対策を口実に、圧倒的な軍事力を背景になりふりかまわぬ米国ルールの押し付けと、工業資源・経済の独占を図るようになった(この路線の延長上に日本の「構造改革」推進がある)。

 CIA出身の父ブッシュがレーガン政権時代に副大統領(このとき政府の麻薬対策キャンペーンのヘッドに就任)、そして大統領へと上り詰める頃にはこの傾向がますます強まり、湾岸戦争を乗り切ってクリントン政権を2期経た後、2世大統領を表に繰り出し、父ブッシュ人脈が操る、いわば「極道政権」が成立して以降はなりふりかまわぬ様相を呈している。

いわば「民主的な手段」によって選ばれる公の政府とは別に、50年代からCIAが主導権を握る闇の政府・秘密の政策によって、もう一つの現代史を紡いできたのだ。

生半可なマフィア以上の恐るべき略奪組織が暗躍している。

http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=100927

世界最大の麻薬販売企業CIAと麻薬王ブッシュ 07/10/14

アメリカは、アヘン戦争で儲けた連中が支配層を形成し、その麻薬業者がCIA設立に関与し、世界中の工作にこの資金が使われ、ビンラディンへも資金提供している。


世界の麻薬王ジョージ・ブッシュ 


1.「ゴールデン・トライアングル」と呼ばれるタイ、ラオス、ミャンマー国境の麻薬生産地帯、そこを支配する麻薬マフィアのボス「クンサー」は言う。「生産した麻薬は全て米国政府が買い取ってくれる」。

 クンサーの言う米国政府とはCIAの事で、中国共産党に追放された中国国民党を武装させ、中国共産党を倒すため、再び中国政府と台湾政府、そしてゴールデン・トライアングルの反共産軍に戦争を行わせる。

 その武器購入の資金源としてCIAが、この地域で50年前から麻薬生産を推し進めてきた。かつて、世界最大の麻薬生産地帯だったゴールデン・トライアングルを育ててきたのはCIAであり、その中心、アジア麻薬の父が、ブッシュの前国防次官リチャード・アーミテージである。

 同様の事は、かつてソ連と米国が戦ったアフガニスタンでも行われた。米国側ゲリラの武器購入費用捻出のため、CIAがアフガンで麻薬生産を推進して来た。 現在ではゴールデン・トライアングルを上回る麻薬生産地であるアフガンも、CIAが育成して来たのである。
(トウ賢著「ゴールデン・トライアングル秘史」NHK出版 P144、154、167、177)

2. 米国に大量に麻薬が流入し始めた70年代、コロンビアからの麻薬密輸業者でありマネーロンダリング(麻薬資金洗浄)の草分け的存在でもあった伝説の人物、アイザック・カッタンは銀行デューク・ベレラの全米支店を利用し、麻薬密売の代金を回収していた。ベレラ社は麻薬資金と知りながら、カッタンに協力し続けていた。
(ロバート・ポウィス著「マネーロンダリング」西村書店 上巻 P110〜113)

3. ベレラ社の創立者ニコラス・デュークはCIAの創立者であり、デュークは第二次大戦中、児玉誉士夫と共に中国でアヘン売買を行っていた。アヘン密売業者がCIAを創立し、米国の麻薬の黎明期、麻薬密売代金を回収して来たのもCIA創立者の銀行だった。
(アルフレッド・マッコイ著「ヘロイン」サイマル出版 上巻 P19)
(中略)

6. 70年代から30年間に渡り、ゴールデン・トライアングルから麻薬を米国に運んでいたのは、CIAの輸送会社エア・アメリカだった。この会社は、ブッシュの部下オリバー・ノースが経営していた。
 父ブッシュは90年代、大統領命令でベネズエラから1トンもの大量のコカインを米国に輸入し、街頭で販売していた。
(ジェフリー・ロビンソン著「マネーロンダリング」三田出版会 P388)

7. エア・アメリカで運び込まれる麻薬は、CIAの銀行BCCIで支払いが決済されていた。この銀行を使い、CIAは世界に米国製武器を密売し、麻薬資金を回収し、テロリスト、ウサマ・ビン・ラディンに資金を提供していた。

8. ブッシュとCIA、BCCIの武器密売が明るみに出たのが、89年のイラン・コントラ事件だった。ブッシュとCIAは敵国イランとニカラグアに武器を売り、代金を受け取っていた。代金は一部現金でBCCIに振り込まれ、特にイランからは麻薬の形で代金が支払われた。イランから支払われた麻薬は、ブッシュとCIAにより米国の街頭で若者に販売された。
(ジャン・ジグレル著「スイス銀行の秘密」河出書房新社 P155〜157)


9. ブッシュとCIAの下部組織として麻薬を街頭で販売しているのが、イタリア・マフィア、コーサ・ノストラである。
互いの利益は麻薬販売という点で一致した。コーサ・ノストラは、麻薬の利益をCIA銀行BCCIから本国イタリアのアンブロシアーノ銀行に送金し続けた。(リチャード・ブルム著「オフショア市場の犯罪」東洋経済新報社 P294)

10. 銀行を支配する持ち株会社インター・アルファ・グループの中に、アンブロシアーノ銀行とブッシュのハリマン銀行はあり、この2つの銀行は同一組織の手足である。(布目真生著「ユーロバンキング」日本経済新聞社 P133〜135)

11. 世界最大の麻薬販売企業はCIAである。アフガン戦争は、麻薬生産を拒否するタリバン政権を倒し、米国内の麻薬不足、CIAの裏金不足解消も目的の1つだった。

http://alternativereport1.seesaa.net/archives/200611-1.html

麻薬の親玉がアメリカ大統領ブッシュというのは、アメリカ人はどの程度知っているのだろうか?少し調べれば、彼らのルーツとともにわかってくるはずである。
しかしブッシュだけではなく、アメリカの支配層・経済界も、ロンダリングする銀行含めて、麻薬産業と深く結びついていることが分かる。もともとギャングの元締めが、欧米の支配層の一角を形成しているのだ。

http://www.financial-j.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=163494

ブッシュ大統領が麻薬に対する戦争等を宣言しても、最初から真に受ける者等いない。其の理由は、ブッシュがCIA長官になるやいなや、CIAに依る麻薬取引が飛躍的に拡大したからである。彼が長官になる以前からCIAは麻薬取引に従事していたが、ブッシュの到来に伴って、全ての足枷が外されたとしか思えない。此の様な政策転換は、最高責任者の意向無しには有り得ない。

マヌエル・ノリエガはパナマの独裁者であったが、ブッシュに依る平成元年(1989)年のパナマ侵攻で逮捕された。米国に於いて使用されるコカインは大半がコロンビア産であるが、此の元独裁者はコロンビア産のコカイン売買に関連してCIAから利益供与を受けていた。ノリエガはブッシュとも繋がりがあり、コントラへの武器供給に関わっていたが、ブッシュは自らの権益を守る為に、此の男を捕獲する事を選んだ。其の勝手な目的の為に、多くの人命が犠牲になろう事も厭わなかった訳である。

イラン・コントラ事件の際にも、報道機関は麻薬に関する件では沈黙を守ったが、其の真の理由は、麻薬売買を通して膨大な利益を上げながら米国政府を動かしている集団と、報道関係を世界的に管理する集団が、同一だったからである。其の犯罪の為に直接働かされたグループの中に、米国大統領及び副大統領がいる。
「麻薬売買を通して膨大な利益を上げながら米国政府を動かしている集団と、報道関係を世界的に管理する集団が、同一だったから....」 ここなんです.ポイントは。ニューヨーク・タイムスやワシントン・ポスト、ABC、CBS、ロイターなんかを誰が所有しているかが!

http://www.asyura.com/sora/bd14/msg/749.html


●今日の麻薬産業

 北米の土地を強奪する為に米国・インディアン社会にアルコールを持ち込み、故意に廃頽に導いた事実は良く知られている。しかし、アルコールよりも手っ取り早い方法が麻薬である。麻薬の浸透は低所得層だけでなく、社会全体を廃頽に導く。更には麻薬使用の増大に依って社会不安や犯罪が増加すると、本当は最ずっと重大問題である筈の国際金融財閥の人類に対する犯罪から国民の関心を反らす事が出来ると云う利点もある。

 若い世代の米国人に麻薬使用、中毒が広がった事は決して偶然では無く、中国の場合と同様、周到に準備された計画の通りに為っただけの話である。中国の場合は先ず阿片市場が準備され、其の後にベンガル産の阿片で其の市場が満たされた様に、米国ではマリファナとLSD(合法的LSDと言って、インターネット上で売却している!忍)の市場が準備された。

 中国で麻薬文化を伝道したのが、基督教の中国内陸伝道団であったのに対し、昭和35(1960)年代に世界的に麻薬文化を伝道したのは彼の有名グループ、ビートルズである。同様に、中国の麻薬市場を満たしたのが英国の300人委員会の前身である貴族のグループであったのに対し、米国の麻薬市場を満たしているのが国際金融財閥である。

 米国民に対して仕掛けられた麻薬戦争は、今日でも大々的に継続され、多くの米国民が洗脳されてしまっている。ワシントンの支配階級に迄広まりつつある。

 特定の国民を阿片其の他の麻薬の常用者にする試みは決して目新しい物では無い。国民を医療の名目で、有害無益な新薬に依って藥漬けにする事も行われている。麻薬も必ずしも非合法とは限らず、合法的な麻薬は薬局で簡単に入手出来る状況と為っている。米国では米国医師会の支持の下、ロックフェラー系統の薬局のチェーンで新薬とうたわれた麻薬が販売された。

 悪者のマフィアや各国のギャングが麻薬密輸を行っている等と一般市民は考えているが、其れは大きな誤りで、麻薬貿易は一国の政府と他国の政府とが真っ昼間に堂々と行っている物である。時々空港で運び屋が逮捕されたり、密輸船が捕獲されたりする事があるが、此れは単なる見せ掛け(ショー)に過ぎない。カリブ海上空等で麻薬を運送する飛行機が強制着陸させられ、麻薬商品が押収される等と云う事もあるが、此れ等は新参の組織が既成の機構(システム)に割り込もうとして頭を押さえられる場合(ケース)である。

 国の軍隊等は、政府絡みの麻薬貿易の安全を保証する為に機能しているに過ぎない。例えば米空軍から大量のコカインが発見されたり、麻薬を満載した東欧の車両番号のトラックが一切の検問を受けることなく国境を通過し、NATO基地に乗り入れたとしても、何等驚くに値しない。米国の麻薬取締局は元々麻薬戦争に勝つ意志等持っていないし、検挙されるのは米国の金融財閥以外の組織が経営する麻薬流通ばかりなのである。


●麻薬取引は財閥の伝統家業

 英国は2世紀以上に亙り香港を経由して中国と麻薬貿易を行って来たが、ヘロイン製造に就いても香港を抜きにしては考えられない。中国経済自体が香港の麻薬経済と密接に結び付いているのだ。麻薬貿易で財を為した家系は今日、其の財力を活用して国際政治・経済を自由自在に操っている。ロスチャイルド家と縁組みのあるサスーン家は、19世紀以来、国際金融機関を所持する事で中国経済を上海から調節して来た。其の香港上海銀行は今日、世界最大規模の麻薬資金洗浄機関(偽装機関!忍)と為っている。

 英国香港統治当時から今現在迄の中国返還の香港に於ける最大の問題点は、実は共産主義に依って残虐扱われた人権問題等では無い。其れは麻薬貿易が生み出す利益を如何に配分するかであり、麻薬貿易は国際銀行がなければ成立しないの話である。

 麻薬貿易を継続する上で、香港は中国にとっても非常に重要な意味を持っている。詰り、英国は決して民主主義の為に香港を維持しているのではないと云う事である。香港に関する中国の動向も、土地投機家に利用されている。結局、香港の将来的な政治不安は人工的な演出で、本当の所は中共絡みの土地暴落でも儲けようとする動きなのである。

 今日の麻薬密輸の現状は可成悪化しており、国際売買は拡大している。昔の中央亜細亜の絹の道(シルクロード)の事を今日、「麻薬ロード」と呼んだとしても間違いではない。麻薬貿易の障害と為る者は、一国の大統領であろうと、民間人であろうと即刻排除される。麻薬貿易を平然と行う国際金融財閥の力に依って暗殺された大統領、著名な政治家の数は枚挙に暇が無いが、此処ではアリ・ブット、J・F・ケネディ(J・F・ケネディの場合は、同じ国際金融財閥が主宰した「MJー12」の中身を全世界に公表しようと考えたら、暗殺されたのです。因みにイスラエルに近付くUFOは、日本(ユダヤ)の神であり、プレアデス星人の責任者である「エホバ」に対する反逆者の異星人として受け取っても宜しい。今、異星人も含めて「最後の審判」を行っている。最終的には、余りにも改正の兆しが無ければ、最後の手段「宇宙戦争」の行動も辞さないでしょう!忍)、アルド・モロの名を挙げるに留めて置く。

 米国は唯(たった)一人の人間を捕獲する為に第三国の主権を平気で踏み躪る。一例を挙げると、米国大統領が正規軍を持ってパナマ国に侵攻し、数千のパナマ一般市民を巻き添えにしたとしても、侵攻の真の理由が報道される事は無い。其れは何故か。侵攻の真の理由には、ノリエガ将軍が拉致された裏には米国CIAに依るヘロイン貿易が絡んでいるからである。ブッシュ元米国大統領に依るパナマ侵攻は飽く迄もパナマに於ける国際銀行を介した麻薬取引に関わる事であり、ノリエガ告訴に向けた証言等は日時が矛盾した儘であって、其処には全く信憑性等は無い。ブッシュと麻薬密輸の関係も、此の時から始まった訳で無く、彼はCIA長官になる以前より南米からの麻薬密輸に関与していた。

 注意したいのは、此等が米国の利益の為に行われていると云う場合の「利害」とは、一般の米国市民には何等縁もゆかりも無い事である。米国の利害とは、市民が知らない所で米国政府を陰から操る特定の自称「選民(エリート)」集団、国際金融財閥に取っての利害である事を忘れてはならない。既に長い間、米国政府は一般国民の権益等は決して代表していないのである。

 米国の歴代の大統領の内、麻薬に非常に縁が深い大統領に、フランクリン・デラノ・ルーズベルト(FDR)が居る。FDRの母方のデラノ家は阿片貿易で膨大な利益を上げ、其の財産が今世紀になってルーズベルトの選挙資金として活用された。

 ニクソンのウォーターゲート事件の裏にも、やはりCIAと麻薬の米国流入が絡んでいる。ウォーターゲート事件は基本的にはキッシンジャーが演出し、何も知らない大統領を卑劣な遣り方で陥れたものであるが、此の人工的な醜聞(スキャンダル)が表面化した時、ニクソンは彼に向けられる攻撃を乗り切る積もりでいた。併し彼への追及に伴って極秘文書(ファイル)が暴露される事を恐れたCIAは、キッシンジャーからの命令を通して軍部に非合法的政権奪取(クーデター)を起こさせ、強制的にニクソンを退陣に追い込んだのである。


●国際協調は皮肉も麻薬の世界で実現化

 麻薬売買は完全に国際的に組織されている。昭和48(1973)年にオーストラリアでヌーガン・ハンドと云う銀行が設立されたが、此の銀行の設立に名を貸したマイケル・ハンドなる人間は、CIAの亜細亜要員であった。オーストラリアでは可也著名な此の銀行は、CIA関連の企業として大いに発展したが、当初から麻薬貿易に従事しており、非常に血生臭い歴史があった。オーストラリア当局の調査に依れば、オーストラリア経由でヘロインを米国に運搬する際に生じるシドニーから東南亜細亜への支払に此の銀行が利用され、麻薬貿易の中枢たる香港上海銀行の支局としても機能していた可能性がある。現に、「黄金の三角地帯」(麻薬の一大生産地とされるタイ、ラオス、ミャンマの山岳地帯)にも事務所(オフィス)があった。

 各国政府は麻薬撲滅に躍起となっており、例えばマレーシアでは麻薬犯罪は死刑に直結する。しかし西欧諸国、特に米国に於ける麻薬使用の蔓延ぶりの酷さは、政府工作を除外しては考えられない。政府や政府高官に依る麻薬犯罪は当然ながら、報道関係では報道されない。

 私達は何でもかんでもマフィアの所為にする事は出来ても(此のマフィアの歴史を真剣に考える必要がある。其れはユダヤ人の金融財閥と繋がりもあるからだ。詳しくはエノク出版「ユダヤの告白」に著述している。だから米国高官との繋がりも考慮する必要がある!忍)、米国政府自体を麻薬犯罪の犯人として死刑に処する事は中々難しい(否、米国政府の中に、麻薬を合法化する法律を考えている議員もいる!忍)。麻薬売買に手を出しているのはイタリア系のギャング(イタリアは、ユダヤ・フリーメーソンの活動地域でもある!忍)に限らないと云う事実は、もう改めて云う迄も無いだろうが、「何故麻薬か?」と云う問に対する答は至極簡単である。麻薬は手っ取り早く大量の現金を齎らすからである。


●麻薬とブッシュ元大統領

 中毒性が強い阿片は、各種の薬剤にも多かれ少なかれ、混入されている。近頃流行のハーブ・ティ等も例外では無く、紙巻き煙草の紙にも阿片が染み込んでいる。麻薬問題が根絶されない真の理由は、英国王室の家系が其の運営に従事しているからである。ブッシュ大統領も其の家系の一人であり、英国女王の遠い親戚に当たる。英国は今でも南米、カリブ海から膨大な利益を挙げているが、地元民の多くは奴隷同然の生活を強いられている。此の様に、立派な会社が堂々と運営されている陰で、麻薬は堂々と売買され、大銀行は其の麻薬の利益を偽装(洗浄)していると云う構図に為っている。

 ジョージ・ブッシュが大統領の地位に迄登る事が出来たのも、単に日米欧三極委員会の力に依る。日本人の中にも数十人の会員がいるが、彼等が三極委員会の狙いを本当に知っているのか、知らない振りをしているのかは分からない。ジョージ・ブッシュの出世の秘密は、彼が英国女王の遠い縁者に当たるからであり、両者とも5千年の歴史を持つ黒い貴族の子孫である。

 陰の世界権力の親玉はロスチャイルドと英国の貴族、王族達であるが、彼等の多くは1700年以来。英国銀行の株を所有している。其れに続くのが、ロックフェラー家、モルガン家、ハリマン家の会員であるが、彼等は親玉のロスチャイルド等に仕える形に為っている。ジョージ・ブッシュを生んだブッシュ家は、此のハリマン家に仕える形と為り、第三階層に属している。

 一万人以上のイラク兵を生き埋めにしたのもブッシュである。彼はサダム・フセインを現在のヒットラーと呼ぶが、其処には明確な根拠はない。其の時の都合で、極最近まで同盟国だったイラクが諸悪の根源だと云う宣伝が始められたが、何等事実に基づいて等いない。逆に米国こそイラクの市民、子供達を殺害しているのであり、米国は200万人虐殺のポル・ポト政権の事も承認している。

 因みに、イラク兵大虐殺の真の目的は都市人口削除実験であった。ブッシュは10万人以上のイラク兵を虐殺したが、此れは王立国際問題研究所(RIIA)の命令に従った物である。選出された大統領が議会の宣戦布告無しに戦争を開始したのも非合法であるが、此の事実を報道関係は無視した為、一般市民も問題にしなかった。しかし、此の様な実績が重なれば、次に首を絞められるのは一般市民である事を忘れてはならない。

 麻薬の流通は小売段階で可也複雑な経路を通る。併し、流通の根幹部分では国際銀行、各国政府、各国諜報機関の援助が無ければ実行不可能であるのは純然たる事実である。ジョージ・ブッシュは副大統領の時にパナマの反政府ゲリラ(コントラ)に違法な援助を行ったが、武器の見返りとして大量のコカインが米国に流入した。当然ながら、レーガン政権、ブッシュ政権は麻薬取引の調査を妨害した。

 一般にはパナマ侵攻は、報道関係に依って世界的悪者に仕立て上げられたマヌエル・ノリエガの麻薬貿易を阻止し、彼に罰を与えるものとされている。併し実際は、此の流通騒動は単なる麻薬貿易の縄張り争いに過ぎなかった。そんな事の為に米国軍が使用され、多くの市民が尊い命を犠牲にさせられたのである。此れは、アル・カポネ等のギャングの縄張り争いに一般市民がとばっちりを受けた所の話では無い。ノリエガは捕獲され、口を封じられ、其の後、パナマを介した麻薬貿易は飛躍的に増大する事に為った。

 更にブッシュ大統領はパナマ侵攻に先立ち、英国大使から数回に亙って連絡を受けているが、此れは何を意味するか。大西洋を隔てた英国と米国、更にはカナダでは一体、何が起きているのだろうか。英国大使は一体誰の意志をブッシュ大統領に伝えたのであろうか。そして、数多くの障害にも関わらず麻薬貿易が継続された最大の理由は何か。そう云った事を知りたければ、誰が最大の受益者だったのかを調べれば良い。此の単純な事実は、勿論現在の状況にも当て填まる。

 例えば、ブッシュ大統領が麻薬に対する戦争等を宣言しても、最初から真に受ける者等いない。其の理由は、ブッシュがCIA長官になるやいなや、CIAに依る麻薬取引が飛躍的に拡大したからである。彼が長官になる以前からCIAは麻薬取引に従事していたが、ブッシュの到来に伴って、全ての足枷が外されたとしか思えない。此の様な政策転換は、最高責任者の意向無しには有り得ない。

 マヌエル・ノリエガはパナマの独裁者であったが、ブッシュに依る平成元年(1989)年のパナマ侵攻で逮捕された。米国に於いて使用されるコカインは大半がコロンビア産であるが、此の元独裁者はコロンビア産のコカイン売買に関連してCIAから利益供与を受けていた。ノリエガはブッシュとも繋がりがあり、コントラへの武器供給に関わっていたが、ブッシュは自らの権益を守る為に、此の男を捕獲する事を選んだ。其の勝手な目的の為に、多くの人命が犠牲になろう事も厭わなかった訳である。

 イラン・コントラ事件の際にも、報道機関は麻薬に関する件では沈黙を守ったが、其の真の理由は、麻薬売買を通して膨大な利益を上げながら米国政府を動かしている集団と、報道関係を世界的に管理する集団が、同一だったからである。其の犯罪の為に直接働かされたグループの中に、米国大統領及び副大統領がいる。

 ジョージ・ブッシュがザパタ・オイル社を設立した時、初代の重役達は米国の英雄に因んだ名称を選ぶ代わりに、有名な共産主義者であるエミリアノ・ザバタの名を採用した事は象徴的である。此の人物はメキシコで多くの殺人を犯している。此のザパタ・オイル社は当初からCIAの活動に関わりを持っていた事を考えれば、ブッシュが後にCIAの長官に為った事も偶然ではない。

 曾って英国と仏国が麻薬売買で巨額の富を為した実績に暗示(ヒント)を得て、新しい資金獲得の方法が追求される事に為った。外交問題評議会(CFR)の会員でもあったジョージ・ブッシュのザパタ・オイル社は、当時沖合ドリリングを実験中で、沖合にはプッットフォームが建設されていた。CIAと共謀し、南米から漁船に積んで来た麻薬を其のプラットフォームま運び、其の後、普通の資材運搬船に載せて米国内に持ち込むと云う此の方法は大成功を収めた。大量の麻薬が流れ込み、CIAの財源は大いに潤った。CIAは現在でも世界の麻薬市場の大きな部分を支配している。

 ザバタ・オイルの名はメキシコ革命時に多くの殺人を犯した共産主義者エミリアノ・ザパタに因んだ物だが、米国大統領の取り巻きやホワイトハウスは現在迄半世紀以上に亙って、共産主義者、社会主義者の活躍・暗躍の舞台と為っている事は、良く知られた事実である。エレノア・ルーズベルトは共産主義者であったし、フランクリン・ルーズベルトは原水爆製造技術、精製ウラニウムをスターリンのソ連に直接渡し、東欧の共産化を図った。

 其の後の歴代大統領も、ハンガリー弾圧やベルリンの壁・地雷の設置、プラハ占領を認めた事を見ても解る通り、米国大統領の座等は単なる権力の象徴に過ぎず、最強大な実権は別の所にある。此の単純な事実を無視して書かれた米国解説書等は、読んでも時間の無駄であろう。


●報道関係(マスコミ)と麻薬密輸組織

 麻薬は石油に次ぐ世界第2の国際貿易商品である。「黄金の三角地帯」とコロンビアのカルテルだけが麻薬売買の根源であるかの様な印象は、報道関係が故意に作り上げた虚構である。

 麻薬貿易に手を貸している銀行は枚挙に暇がないが、大きな所だけでも、ロスチャイルド銀行、英国銀行、香港上海銀行、バンコック銀行等の名前が挙げられる。香港上海銀行はRIIA関連のロンドンの自称「エリート」等が管理している。ロンドンの銀行の重要な業務の一環が国際麻薬資金の隠匿なのである。

 米国政府に至っては、国際的な麻薬流通に関係している。国内的には麻薬撲滅を謡ながら、実際には麻薬取引を推し進めている訳が、此れは禁酒法に依って競争者(ライバル)を抑えながら、其の陰では密輸を行っていたのと全く同じ手口だ。又麻薬は、FBI、BATF(アルコール・タバコ・銃火器局)等の連邦政府下の軍隊に依る一般市民に対する人権侵害に、良い口実を提供してくれると云う側面も持つ。報道関係を使用した誤報を一般化させ、市民には真実を知らせずと云う国民愚民化政策は大成功を収め、一般人はすっかり真実を聞く耳を失ってしまった(特に日本人が其の傾向が大である!忍)。

 米国政府が本当に其の気に為れば、麻薬を根絶させる機会等は、過去に於いても現在に於いても幾らでもある。例えば、第二次世界大戦中の海上経路は危険極まりないものだったし、国境や税関の検査・警備はスパイや破壊工作者、密入国者に対して厳しく行われていた。そういった機会を活用すれば麻薬撲滅等は簡単に出来た筈である。

 現在でも相変わらず、報道関係は賑やかに麻薬撲滅を大騒ぎして訴えている訳だが、其れでも一向に麻薬が減らない理由は、政府機関、特にCIAが大々的に関与しているからである。又報道関係が騒げば騒ぐ程、其れが宣伝と為って麻薬使用が増えるのは、日本でも米国でも同じ現象である。

 CIA要員と米国政府の或る高官等は、コントラに依る麻薬売買を承知して頂けでは無く、自ら此れに関与していた。ニカラグア内戦激化に伴い、コカインが急激に出回り始めた頃から、非常に危険なクラックも同時に大量に出回り始めた。旧ローデシア、ジンバブエの例からも明白な様に、米国の対外援助は其の国を監視する為の強力な武器と為っている。

 米国の真の支配者に取って、正確な情報程危険な物は無い。彼等は徹底した報道関係支配には成功したが、インターネットや動作管理機(コンピュータ)を介した一般市民同士の直の情報伝達は彼等に取っても盲点であった。其処で、ポルノグラフィーがどうのこうのと云う口実で現在、此の情報網さえも監視しようとしている。

 伊国の重要性は、中近東産の麻薬の入り口である事にある。伊国にはアダム・ヴァイスハウプトが殲滅を命じた(天の守護神が居る反共ののカトリックの総本山である)バチカンがあり、又ベニスとジェノアと云う黒い貴族に縁のある土地を有する国でもある。

 「ローマクラブ」は、英米の金融資本家や欧州の黒い貴族が合併した陰謀機関に過ぎないし、ローマクラブ等と云う名称自体一つの煙幕である。米国の諜報機関はローマクラブの諜報機関と綿密に協力している。ローマクラブの重要な主題(テーマ)は世界人口の削減である。初代会長アウレリオ・ペッチェイは民族国家に強烈に反対している。ローマクラブの支持者の中には、ロックフェラーの名も挙げられている。

 国際金融財閥は、過酷な景気後退と大不況を人工的に作り出し、「生活保護」を受ける麻薬中毒者を大量に作り出し、管理・調整しようとしている。此の様な麻薬を使用した化学戦争は世界的規模で行われており、其処では麻薬は心理操作の為の非常に有効な道具と為っている。其の間、善良な市民は(警察 VS 麻薬取引をする国際ギャング・暴力団>等と云う単純な図式を報道機関に依って故意に信じ込まされているが、此の様な見方は、真実からは遠く掛け離れてしまっている。

 歴史上有名な米国の禁酒法にも、ロスチャイルド家とロックフェラー家が深く関わっている。此の禁酒法下の米国に英国、カナダから蒸留酒、麻薬が密輸され、膨大な利益が両家に齎らされる事に為った。此の取引では、英国の企業が海外運送を担当していた。

 第二次世界大戦末期には、ヘロインの需要が米国内で50年来の最低水準に落ち込むと云う状況が発生し、ヘロインは根絶されてしまう「危険」に陥った。此の「苦境」を克服する為、CIAの前身たるOSSは国際麻薬貿易を復活させる為の状況作りをせざるを得なかった。其処に功績を上げたのが、フランクリン・ルーズベルトである。


●ネルソン・ロックフェラーは暗殺された?

 ワシントンのコスモスクラブで米国の上院議員から直接話を聞いた所に依ると、国際金融財閥の関係者が、背広室で白昼堂々と麻薬を売っている上に、其の様な犯罪を取り締まるべき立場の人々が同じグループに属していると云う。

 ネルソン・ロックフェラーは米国大統領に為る機会は持たなかったが(実際には、何回か、大統領選に立候補しているが、予備選で落ちている!忍)、副大統領には為った。私も何度か彼と会って話した事がある。ロックフェラー一族が南米に多数の銀行を所有しているのは周知の事実である。其の目的は麻薬や武器の密輸に依る売上金の偽装(ローンダリング)であり、英国其の他の国の国際金融財閥の関係者が紳士顔で銀行に出入りしている。

 彼等の所業を長年、苦々しく思っていたネルソン・ロックフェラーは、腹に据えかね、弟のデビッドに電話で斯う叫んだと云う。
 「もう良い加減にしてくれ。私の銀行で麻薬金の偽装(ローンダリン

 グ)なんてとんでもない。彼等の顔等もう見たくもない」
 ネルソンは其の2時間後に急死。例に依って死因は心臓麻痺とされた[心臓麻痺の死は、霊体にも出来る技で、犯人が、五感で見える人間の仕業か、霊体の仕業かを確認する必要がある。此処で霊界を統率する最高責任者は、陽成天皇陛下の子孫の源為朝の子孫でムー王国の天帝(ラー・ムー)を引き継いだ千乃裕子先生に側に遊ばらせている(本当に遊んでいる。コンピューターを買えるぐらいの資金援助をしろよ。自分は此れ以上生活を切り詰める事も投資も出来ない)エル・ランティ様が、ユダヤ・基督・イスラム教の神エホバである。此処を中心に世界の宗教を纒める必要がある!忍]。

 米国が未だ英国の植民地であった頃、欧州から多くの基督教徒が移民したが、ロックフェラー家は其の子孫である。ジョン・D・ロックフェラーは1870年にスタンダード石油を創設する等、一代で財を為したが、彼に対する世評は辛辣を極めた。彼の父親は石油から作った偽藥の行商人であった。其の縁あってか、ロックフェラー家は石油と製薬業で繁栄を築く事に為った。しかし其の陰には、ロスチャイルド家による支援があった事を忘れてはならない。

 ネルソンが死ぬ2時間前の会話は完全に盗聴されていたと云うが、此の様な話を聞く度に、ロックフェラーの立場とは一体何の様なものなのかと考え込まざるを得ない。ネルソンはロスチャイルドと並んで、国際政治、国際金融を支配する人物ではなかったのか。何故、そんな立場に居た彼が、其れ程簡単に殺されたしまうのか(主犯は、ユダヤ人の長老会議であり、此処で策謀を考え、異星人と霊体も使って世界支配を考えているのです。全て監視されているのです!忍)。


●キッシンジャーの事務所は要塞だった

 この様な事件が何回も繰り返されるのを見て来る中で、私はキッシンジャーこそが陰で世界を動かす大きな組織に於ける重要な鍵を握っているのではないか、と云う疑いを抱く様に為った。彼にはパーティーの席等で何度か顔を合わせているが、此の件に関しては、歓談で取り上げて済ます訳にはいかなかった。イラン・イラク戦争や湾岸戦争の時、或いは其処から更に遡った以前から、何か事ある度に関与が取り沙汰される彼の言動が非常に気に為っていた。とにかく彼がニューヨークに出て来るのを機に、1時間でも2時間でもじっくりと話し合って見たかった。

 デービッド・ロックフェラーの寵愛を受けていたキッシンジャー(其れよりも直接に英国と繋がっている噂がある!忍)は、昭和54(1979)年に国際金利の20%引き上げを求めたが、此れはIMFに対して債務のあるラテン・アメリカ諸国を締め上げ、麻薬貿易に転じざるを得ない状況を作り上げる為の物である。換金可能な輸出品としての麻薬に就いては、既に言及した通りである。

 キッシンジャーの事務所はニューヨークのビジネス街の大きなビルにあった。床面全部(ワンフロア)を借り切っているのに、ビルの案内版にはキッシンジャーのキの字も出て来ない。事務所の存在自体が完全に隠藪されている感じがした。

 目的の階までエレベータで上がり、戸(ドア)が開いた瞬間、私は思わず目を見張ってしまった。真正面に現れたのは何と防弾ガラスが張られた分厚い小窓であった。いきなり異様な、薄気味悪い光景を目の当たりにしてしまった。

 秘書を経由して戸口(ドア)の中に入ってみると、其の内部は例え武装した敵が乗り込んで来て銃撃戦が始まったとしても、十分に防衛出来そうな構造に為っていた。床面(フロア)は幾つもの小部屋に仕切られている為、中に何があって、何を遣っているのかを知る事は出来ない。試しに近くにあった小部屋の戸を開いてみようとすると、此れも又異常に厚く、鋼鉄のズッシリとした重みが手に伝わって来る程であった。

 キッシンジャーは大学で教鞭を取った学者であるが、大統領補佐官迄歴任している。同様の経歴を辿ったシュレシンジャーやブレジンスキーは退官後、最簡素(シンプル)で学者らしい事務所を構えている。ところがキッシンジャーの事務所の場合は、単なる研究目的とは到底思えない。ビジネス街の中にあっては、全く異様としか言い様のない砦である。此の秘密めいた事務所と、彼が「死の商人の番頭」と迄陰で噂される事実とは、何か関係があるのだろうか。

 ニクソンを辞任に追い込んだ原因はウォーターゲート事件であるとされるが、此の人工的な醜聞(スキャンダル)の陰で糸を引いていたのはキッシンジャーである。ニクソンが大統領を辞任する前、クーデーターを起こしたのも彼である。此の件に関しては、多くの退役軍人が其れを裏付ける証言を行っている。此れだけでも、キッシンジャーの行為は米国に対する反逆罪に値する。パキスタンのブット大統領暗殺、伊国のモロ大統領暗殺、イラン・イラク戦争及び湾岸戦争勃発等を含む多くの世界的な大虐殺事件に、キッシンジャーは関与していたのであろうか。

 彼の家族は独逸から米国に移民した貧しいユダヤ人だった。ニューヨーク市立大学の学生であった彼は、第二次世界大戦中、徴兵で欧州に送られた。クレーマー将軍の運転手兼通訳を務めながら、次第に才能を見込まれて(闇の政府>の代理人(エージェント)として組み込まれる様になった。其の後、ハーバード大学で学び、講師に為った。其の頃、彼が開いたハーバード国際セミナーには、日本からも著名な政治家達が参加している。

 此の演習(セミナー)は注目を集めたが、背後には国際金融財閥の支援があった。将来性のある有望な若い政治家を世界から集め、(力の道>に依る世界統一の為に有用な政治家をリクルートする事が其の隠れた目的であった。

 キッシンジャーは其の後、ロックフェラー主宰の外交評議会の会員にも選ばれ、ビルダーバーグの円卓会議にも参加している。戦略を立案する重要な地位に置かれ、其処での功績を買われて欧州のビルダーバーグと北米の外交問題評議会の橋渡し役を努める事となる。

 大統領補佐官になる以前には国務省の相談役(アドヴァイザー)にも為っている。キッシンジャーを原型(モデル)にした映画『Dr.Strangelove』(『博士の異常な愛』)には当時の状況が余りにも真実(リアル)に描かれている為に、国務省の役人を震い上がらせたと言われる通り、此の映画は決して架空の物語では無い。

 ワシントンのジョッキークラブで昼食を共にした或る上院議員は、
 「米国を信じていたブット大統領は気の毒だった」
とポツリと漏らしたが、此れは彼が核武装しようとして昭和54(1979)年に暗殺された実相を表すものであった。パキスタンのブット大統領はキッシンジャーの忠告にも関わらず、核武装への道を選んだのだった。と云う事は、キッシンジャーの忠告に耳を貸さない政治家は最悪の運命を想定しなければならないのであろうか。

 もう何年か前の話に為るが、私は東京で、キッシンジャーがエドモンド・ロスチャイルドに鼻であしらわれている姿を目撃している。デービッド・ロックフェラーから庇護を受け、大統領専用ジェットで世界を闘歩していたキッシンジャーも、実はロスチャイルドに取っては単なる使用人に過ぎないのである。其処にロスチャイルドとロックフェラーの実力の差というか、地位関係が表れていた。

 キッシンジャーは又、第4次中東戦争、其れに続く偽りのオイル・ショックの犯人でもあった。アラブ・イスラエルが開始した平和交渉を中断させ、両者を戦闘に導いたのも、英国諜報部の代理人としてキッシンジャーの為せる技である。
 ニューヨークの事務所では、ゆっくり話す事が出来なかったが、別の機会に彼とは次の様な遣取りがあった。
 「貴方は外交官として実に見事な外交を展開しておられる。確かに

 大国の指導者を手玉に取れる様な人材は我が国にはいない。しかし、

 貴方の外交手段(テクニック)には決定的に欠如している点が一つ

 あるのを御存知でしょうか」
 彼はガラス製の杯(グラス)を片手にかなり上機嫌で、是非私の提言を聞かせて貰いたいと答えた。
 「ミスター・キッシンジャー、貴方の外交に欠けているのは、指導者

 だけで無く民衆との心の部分(レベル)での触れ合いです。其れが無

 ければ真の世界平和は達成出来ないでしょう」
 其の時、彼は丸で大きな衝撃(ショック)を受けたかの様に、目を見開いて一瞬、黙り込んでしまった。

 ニューヨークの彼の事務所からの帰りがけに秘書から聞いた話が本当ならば、彼は今でも精力的に世界中を駆け回っていると云う。又、彼はインタヴューや講演で法外な謝礼を要求する事で有名だった。因みに米国内での講演料を聞いてみると、一時間10万ドルだと云う答が返ってきた。此れは1千万円以上にも為る。
 キッシンジャーは米国政府の要所に自らの立場を置く事で、IRS(国税庁)に対して、米国内のADL(ユダヤ名誉毀損防止連盟)其の他のユダヤ組織が非課税と為るような便宜を計った。此の様に、キッシンジャーは飽く迄もロスチャイルドの使用人であり、彼が其れと同時に忠誠を捧げているのは英国秘密諜報部なのである。


●洗脳技術とタビストック研究所

 リビエラは、伊国から仏国に掛けて地中海沿岸に伸びる高級保養地である。穏和な気候に恵まれたサンレモ、ニース等の都市を観光で訪れる日本人旅行者も多い。其の様なリビエラに位置するモナコ公国は、3万をフランスに囲まれ、南は地中海に面した丘陵地帯に位置している。モンデ・カルロは賭博の街であったが、今世紀になってバレーや演劇等「文化」の注入が人工的に行われた(此れは価値ある文化ならば、良い傾向と考えられるが!忍)。東で沿岸沿いにリビエラを走っても、モナコと仏国の間には国境らしい国境は無い。

 ヘロインが欧州に齎らされる重要な源は其のモナコを経由している。コルシカからモナコを経由して、仏国本土に運ばれる迄、実質的な国境が存続しない為、ヘロイン運搬の際にも国境検査は問題にならないと云う訳である。此の様な形でモナコ王室は何世紀にも亙って麻薬密輸に関与して来た。

 米国の若者を麻薬中毒にしたのがベトナム戦争であったなら、ロック音楽を大々的に活用したのがタビストック研究所である。此の闇の世界からの管理はロンドンから実行された。此のタビストック研究所の本来の目的は、第一次世界大戦中に砲弾衝撃(ショック)を受けた兵士の研究である。当時の英国陸軍は、人物の物理的緊張(ストレス)に対する精神的限度を研究していた。

 精神分析で名をなしたシグムント・フロイトはロンドンに在住したが、此れは当研究所との関連を示すものである。研究所本部はロンドンに置かれているが、其の情報網たるや各種大学から米軍諜報部に迄及ぶ。要員は各地の施設で教育(洗脳)を受けなくてはならない。各種の情報はローマクラブや日米欧3極委員会等の秘密組織を経由してタビストックに齎らされる事になるが、此の研究所の成果は何と云っても大規模な洗脳技術である。 群衆心理学を利用して群衆を管理する方法は可也大々的に実践され、此の方法を使えば群衆は自分達の自由・人権が侵されている事に気が付かない。現に、第二次世界大戦中に独逸に対する宣伝を広げたハーバード心理学研究所は、一朝にして独逸と独逸人は邪悪の象徴であるかの様な印象が捏造される事に成功したのである。イラクとサダム・フセインの場合も、全く同じである。

 米国の警察は英国の特別組織の管理下に置かれ、米国市民が全く知らない間に、米国は英国に主権を与えてしまったと言っても過言では無い。其れにしても、CIAにせよ其の前身たるOSS(戦略事務局)にせよ、其の基本はタビストック研究所の要綱である。

 大量虐殺の際に群衆が如何なる恐怖心反応を示すかを調べる為に、ルーズベルトとチャーチルに都市の住宅地域への空襲を行わせたのもタビストック研究所である。当研究所及び米国の諸財団の目標は一つである。其れは、如何にして個人の精神的抵抗力を崩壊させ、世界秩序の独裁体制を実現するかであった。

 又、宗教、愛国心、名誉等の根幹を為すものが家族である事から、家族を崩壊させる為の技術が考案される事になった。ウーマン・リブ等と呼ばれる男女同権運動の究極の狙いは、夫婦の調和を乱し、家庭を破壊崩壊に導く事である。

 性的倒錯を一般化させる事も、タビストックの群衆管理の一環であった。フロイトの精神分析に基づく「治療」は逆に情緒不安定、性格異常を招き、恒久的な精神病に至る。犠牲者は新しい「人間関係」、詰まり無目的の性的関係を結ぶようになり、家庭を維持する能力を破壊させられてしまう。斯うして大衆を人生目的や義務感の無い方向に誘導するのがタビストックの目標である。米国、日本に限らず、各国に発生した新興宗教の中にも、此の研究所と関係がある所が多い。

 第二次世界大戦中にドレスデン其の他の大都市の住宅地帯を集中的に爆撃させたタビストックの戦略の今日版が、スリーマイルで起きた原発事故である。此の人為的な事故でも女性雑誌等を利用して核への恐怖心を煽っていた。此の様にタビストックは世論操作の大名人であるが、其の技術は各種の違法行為、不法行為を通して自ら開発・作成したものである。其の間、国民は情報を知っていると信じ切っているわけだが、其の陰で見事に操作・洗脳されてしまっている(結構、今現在日本人が、此の洗脳の専門のタビストック研究所で働く人達が多いのである。其れは、英国が自由主義国だと考えている人が多いからである。併し、共産主義は、ユダヤ・イルミナティ社会主義から産まれたのである!忍)。

 過去・現在を通して米国民は独逸人、日本人に関する印象(イメージ)を其の儘受け入れてしまっているが、此の様な固定観念は非常に危険である。此れに引っ掛かると、独逸や日本が本当の敵に見えたり、イラクが本当の脅威に見えたりする様に為る。此れはタビストック研究所の研究の成果で、事実、唯の2週間で全世界の世論がイラクとサダムに対抗する様に為ってしまった。

 しかしサダム・フセインは、決して報道関係が宣伝する様な悪魔的な人間では無い。此の様な宣伝工作に対する唯一の防衛手段は、彼等の陰謀と偽装組織を正確に知って置く事である。

http://www.asyura.com/sora/bd14/msg/753.html


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

6. 中川隆[-15251] koaQ7Jey 2019年11月28日 18:49:46 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-2329] 報告
オウム真理教の修行


当初は、専らヨーガの手法を用いた修行が行われていた。その後、オウム独特の「イニシエーション」という修行が始まり、徐々に薬物や機械による「洗脳」が行われるようになった。

1994年頃になると、LSDの幻覚作用を利用した「キリストのイニシエーション」が大掛かりに行われた。そして最終的には電気ショックで記憶を消す「ニューナルコのイニシエーション」まで行われるようになった。薬物や電気ショックという手法まで駆使したため、他のカルトと異なり、オウム真理教の教えは潜在意識のレベルにまで浸透しており、そのことが教団からの脱会をより困難にしている。

各種イニシエーション


愛のイニシエーション

麻原彰晃のDNAを抽出した液体を飲むイニシエーション。別名「DNAイニシエーション」。弁護士の坂本堤は、このイニシエーションの欺瞞を追及していたため、一家皆殺しされることになった(坂本堤弁護士一家殺害事件)。 キリストのイニシエーション LSD入りの液体を飲むイニシエーション。LSDの幻覚作用で手取り早く神秘体験を体験させるために用いられた。尚、このLSDは麻原が一度口に含んだものである。

           _、-‐--、,,,,,,,,,,__
            ̄~^ヽ、;ヽ;;;;ヽ;:ヽ
           '~" ̄ヽヽ;i;;;i;;;;i;;;;i
              ノ:ノ::ノ;/;;;;;i;;i
        __,,,,,,,,,,,___/:/;/:/;;i::ノ/ 
  /^~"´ ̄-‐‐‐'''"´/:/;ノ;;;;ノ://    
 /::::::/:::::::_,,,、---‐‐'''`~,、-''/::/
/:::/:-‐''''"~~::::::::;;;;-、,,,,、-,,、-‐ヽ,,_
;/;;'`"~、-''''''~^'''''ー-、_,,i:i、  ヽ`ヽ、;ヽ、,,,ノ.   /"´ ̄~''.、
;;;/~":、---、___/´ ,,i:'''  ::   ヽ. ヽ.`'''"´  /´    :::  _ヽ_
;;;;;'''''^~~~~^'''''/ー-  ';、 :::    `  ヽ`''ー-,,,i_    -‐''"´ .::。::.`''ー-、,_
;;;、;;;`''ー-,,,,,,,,,,,,,,_,,,,,、_   ''       ',::::    `'ー            ::::: "ー-、
;;;ヽ、ー、;;ー-、,,,,,,,、-‐''"    .;´ ̄`,   ',::::,,,,、-     ..:::  、   ..::::       `''ー-
:::::ー、ヽ、,,''ー-ヽ.''''",.,;' "^' 'ー-‐'' . _、-''''''"´        ヽ|
:::ヽ、`''ー-、ー-、'ヽ"、i;.     ヽ /"             i:   ...
、::ヽ;;ヽ、:ー-、,,,,,、.ヽ ';''   ノノノ/;/      ::::    ::。::  υ    .:::
ヽ,,_::''‐、,,,,''ー-''ー-"''/~'"''"/:/::      ::、:::..          ...::
  ヽー''"~´     ヽ、  "`'i::::::::i、:..    :~^ヽ:..        ....:::::::::::::
~´   ::: :::::::::;;;;;; ;;;;;;;;;;;_,,、--、_i.::::::'ノ::::::::     `''ー-、,...... ....:::::::::υ:::::υ:::::::::::::::
    ヽ'''''''''''''' ''  :::::;;;;;;;;;;;;;;;;`-、:::::::::::::::::iノ:::::::::::   """`''ー、,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::''''''''''ー‐‐‐‐'''''''''~^~^~^ー--‐''''`~~`ー-、 _,,,、,,,,,,,,,,___      ヽ,---- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
,,,,,,,,,,`''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,,,、-‐‐''''"´      ̄`'''''''''''    ヽ    ヽ::::::::::::::::

ルドラチャクリンのイニシエーション


LSDと覚醒剤を混ぜた液体を飲むイニシエーション。林郁夫によると、決意文の教義を表層意識、潜在意識に記憶させた後、このイニシエーションにおける薬物飲用で、音や光や言葉に誘導されやすい状態におき、「肯定・否定・正当、批判・糾弾、優しさ・いたわりを駆使」して、記憶を揺さぶり定着させ、神秘体験を誘導し教義を受容させる。なお、強制捜査の際、麻原彰晃はまず決意文とこの「ルドラチャクリンのイニシエーション」関係の資料を破棄するよう指示したと言われている[2]。

バルドーの悟りのイニシエーション

チオペンタールやイソミタールを注射するイニシエーション。幻覚状態のもとで、グロテスクな画像を見せて死の恐怖を煽った。また麻原の考えた時代観、社会観、人間観を「決意文」により刷り込み、弟子達を犯罪すら肯定する兵士に育て上げることを意図した[4]。

ニューナルコのイニシエーション

電気ショックを与えることで記憶を消失させるイニシエーション。ルドラチャクリンのイニシエーションを併用することで教義の刷り込みを行ったり、教団にとって不都合な記憶を抹消させるために使用された。麻原は当初「どっかん」と命名したが、林が「ニューナルコ」に改めた[3]。


左道タントライニシエーション

麻原と性行為するイニシエーション。当然の事ながら妙齢の女性限定である。

             ,.へ、  ,.へ、/ 小\____
          ┌―‐' 小 `'           |___
       __|   _,.- 、._       >へ _    !
       「ヾ   / :|     ` ー‐ '´    ヽ \ |__
       |    /   |                  ヽ  `、 | 
      ∧  /    !                     '. L__
      ト、ヽ /                         '. /
       レ  |                         V
     く    |         i                 '.
      |:\ |      ト、 |          ト、 |          '.
      |:/ |   _, -┼VT「`   i    'Tヘ.卞、     ト、ハ
      |:\,.イ   ´ |  |_,.ヒヘ   |     「 V!      |ハ |
      | /: |     | ,xう芹ミ、  :|    /弐示 ヽ   ./: : | !
      レ': : :| i     《 ゞ‐┴  | :ト、 /.ゞ‐┴!  i   /!: : :j/\
    /: : : : | |ト、   | :|:::::::::::::::::ヽ! ヽ/:::::::::::::::|  | / |: : :i: : : : \
   く: : : : : :N:|∧  \|::::::::::::::::    r     八/j/  !: : :|: : : :/
    \: : :/: :| |∧  八     r_‐ァ   ,イ j/ :!  :|: : ∧: /\
      ∧/ : : | !  \  ` 、       / :| ト、ト、  ト、∧ V: :_\
    /: : V : : | |   \ | ` 、  ,.イ  :/|ヽ!  ヽ |   \/   `
     ´ ̄>:∧|\ト、ト、. `レ-――┬‐┐/ ,レ'´ ̄ ̄ ` 、
.      /      ` (V_j       !  :「 ̄  \     `ヽ
    /    >― 、  }ヽ        〉 }      〉    \  \
.  /    /     \  \  \ 〈 / / ̄`  、     ヽ  ヽ
/      /  ,. ----( 〉     冫⌒Y /     `(     `、  〉
      / /       ̄ ̄`ヽ {{   !V         \    `、 ヽ
    / /           `‐┐ヽ_ノ〈_/|  、      ヽ.   `、 .〉
   /   /           ,. イ !/ Y: :\ /{___,.{ '- _     |     V
  /   ノ――-、/  ̄ ̄ ̄`ヽ八_/: : !: : : : `ヽ. _ `ー'´  `ヽ. ノ\   〉
. /   |    /          /: : : |: : :iヽ: : : : 〉      ヽ ̄\ /
〈     |   /          `ヽ>!: !: ! | \/           '.   ヽ
 ト、  /   .,'             \: :|: |: !: :/          '.   |
 | } 〈     :|   . : : : .         Y: レV        . : : :. !    |
. 八`ーヽr―.|   : rぃ: :            V´  U        : : r; : |   |
/::::|\__/::::::八   `                           八   |
:::::::!::::::/::::::::::::::..            /              ,::::::〈ヽ/
::::::::::::∧:::::::::::::::::\       _,.イ     ` 、      ,.イ:::/:::::〉
::::::::::/::::\::::::::::::::::::::≧==≦:::::::::\     /`  -=≦:::::::::/:::::/

PSI(パーフェクト・サーベーション・イニシエーション)

オウム真理教の修行の一つ。または、この修行に使用する装置であるヘッドギアそのものを指す。

このヘッドギアはオウム真理教科学技術庁大臣村井秀夫[注 1]の発明品で、教団の説明によると、「ヘッドギアには電極が付いており、麻原彰晃の脳波を再現した数ボルトの電流を流すことで、麻原の脳波と自分の脳波を同調させるもの」といううたい文句であった。以前は電極を直接頭に貼り付けて電流を流していた。

レンタルは月額10万円、購入の場合100万円という多額の布施が必要であった。当初は、単なる布施集めの道具と考えられてきた。しかし、PSIにはそれ以外の真の目的があったことが後に信者の証言により明らかになる。
頭の地肌に何らかの薬品を塗りつけ、ヘッドギアを着用、電源を入れると、額にピリピリと電流が流れて来る。林郁夫などは、頭部が頂部まで禿げ上がっていた。出家信者は、着用を義務付けられ、独房修行においてはヘッドギアを苦痛のあまりとってしまう信者も続発したため、そうさせないよう手錠がかけられた。PSIの使用によって多くの信者の視力が落ちた。


もうひとつのPSI、その真の目的

PSIには、ワークをしているときや在家信者が使用する携帯用がよく知られているが、それとは別に出家信者が寝る際やひとりの時に使用するものはコンピューターから直接信号を取っていた。このPSIはAC電源から電流を取り、接続されたコンピューターの画面に麻原の脳波が映し出されていた。信者はその脳波形から、次に強い電流がくるのことが予測できるため、非常な恐怖に襲われる。強いときは爆発するような痛さがあり、眼前に閃光が散る。1994年春頃からは、出家者全員に24時間のPSI着用が義務付けられた。

第6サティアン2階には木組みの3階建ての500人分のベッドが隙間なく作られていた。信者はベッドに寝かされ、すべてのPSIにそれぞれ1台ずつのコンピューターがつながれたいた。3階には100の金属張りの個室がありPSIが無造作に置かれていた。ここにはコンピューターはなく小さな覗き穴があけられ、隣の部屋から監視できるようになっていた。隣室では別の信者がPSIに接続されたパソコンを動かし調整していた。

こうした異常なまでにPSIにこだわる目的は、単に麻原の脳波を信者に同調させるだけではないことは明らかだった。真の目的は、洗脳であった。信者の証言によれば、PSIの使用でぼおっとしたり、記憶に欠落ができることがあった。苫米地英人によれば、これだけ強烈な電気を受けると、記憶が部分的になくなる可能性が高く、そうであれば真の目的は記憶変容、人格変容ではないかと推測された。古い記憶を消し新しい記憶を入れ、全く別人格を作り奴隷化を目指すというものである。この変容にはステップがあり、


第1段階、初期変容(アンカーリングに恐怖体験を結びつける)、

第2段階、人格変容(人間の価値観、認識を変える)、

第3段階、記憶変容(永遠に醒めない催眠サイクルを人工的に作る。例えば「赤いものを青く見える」ように変容させてしまう。)


であるという。こうした意識変容プログラムは、6月にはサットヴァレモン(LSD入りジュース)を使用したキリストのイニシエーションへと受け継がれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%A0%E7%9C%9F%E7%90%86%E6%95%99%E3%81%AE%E4%BF%AE%E8%A1%8C
http://ja.wikipedia.org/wiki/PSI_(%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%A0%E7%9C%9F%E7%90%86%E6%95%99)

        ヾミア<三三三三三三三三三三三三∨ハ.'//ヽ     , ', ̄‐ ´  ̄ ̄ ` ` ‐ - 、
         `ヾミア<、三三三三三三三三三三V´.// ,イVハ、  , ' ´         , - ‐ 、=、―`ー,
           `ヾミア<、三三三三三三三三∨//.,イ三三三、,','   , '    ,r '´ , - ‐'  ` 、, ' `,ー-、
             `ヾミ<、三三三三三三V´//.,イ三三三三 ,'    ,'   , '´ , r '´        ,',   i
              `ヾミ<、三三三三V.// ,イ三三三三三,'    ,'    ,', r'           ,' ',、 _ i
                `ヾミ<、三三'´.// ,イ三三三三三',,','   ,'   ,' '__ _,r '´ _,      ,イ  ,' i ', i
                ,_、`ヾミ</// ,イ三三三三三三,' i   ,'  ,' ∠>、'_'´,r´_ ,r'  ,r' , ,'' ,'  i i
              ,ィ圭ア',ヘ、`/巛、/ ,イ三三三三三三、,',','',   ,' ,' `仍不、 _`‐- , r ' ,', '  ,'   ii
             ,ィ圭/`/ィ圭ア、,'、巛,`く=三三三三三三 ,',' i i   ,' ,',' //`弋乃  ̄´   _、, ' , ,'     '
          ,ィ圭ア'/ィ圭ィ圭ア l l`くミ<三三三三三= ,' ,' i ,'  ,',' ,'   '//     , r ', ∨´, ','     '
          Vミ'彳'ィ圭ィ圭/l  ヽ>`ヾミ<三三三三,' ,', ,'i ,'  ,'' ,'          _ -'_',´乂,' , '  ,' ,'
          `くィ圭ィ圭ア/  \,イ   ,∠ヾミ<三三',' ,',i ,'i ,'  ,' ,'i           衍う,'/,', ','  , ' ,'
            ヾミ圭アハ、  //  , '    ` ヾミ<三i ,'=i =i,'  ,',' '    くー, ´ //`ソ'イ, r' , ',' , '
     _ _      ヾミィ圭ア,イ` l , '       ヾミ>、i'三=,'  ,' iiヽ、',    ´     /´, -´ , ',イ,','
 ̄  ̄     ̄ ` ‐,、-,-弋 _ ハ_ /,'          ヾミ>三'  ,'',i i三≡、- , - ― -, ' ´,' , ', r 7','=,'/、'
            ,'   , ' ,' , '`-,'            ヾミ', ', 'ヽ三', 三三三三,r'_,- ' ,', ' ,' , r'´,','='//,>、
           /   , ' ,' ,-`ー'             ', ,r' , ', 'く三`三三三三= , '´,' ,' ,'   ,',' ,'//,イVハ、
           ,'ヽ, '´,'_i ,'´  ,' _             ,'、__二ヾミ>`三三三=, '=´','  , '   ,' ,' ,'//,イ三三ミ、
         ,'  i   ̄ i   ,〈、::ヽ         , '´ .,'´    ヾミ>三三=, ' -´ ,. ' ,'   ,' ,' ,','/,イ三三三三=,
        ,'   i、    i  _,r'='ー='、_ _ _ _ _, - ' ´  ,'       ヾミ>、三,'三'´ ,イ  , ',', ' /,イ三三三三三/
       .i   i ヽ. _ ,.r.'´   `、   ,‐ ',、三三,-‐'´,'         ヾミ>、'三三= , r ', '/ /,イ三三三三三=/
       ',   レ' .`Y`‐、   _,-`,´,‐'´      _l           ヾミ> ' ´, '―'´/ /,イ三三三三三三/
       ,'  、' -、ヽ/  _L三=‐'´   _  , ' _<i           ,'´ヾミ>三三/ /,イ三三三三三三=/
          ヽ_>'``く> '´     〈´_  〉く〉7三'ハ',          ,'    ヾミ>'//,イ三三三三三三./
_、        / ` ` ‐ 、_     /`  ,'' Vハ∨、_         , '      く/>,',イ.三三三三三三/
      `、       ' ー ― ― ―'- /     l  .`'´ .',::::`..、 _ , r ' ´         く,イヽ三三三三三三/
        `、_  _ _ _ , - - - -         ,'     r,Y‐'´              `く三ヽ三三三三=/
         ',                  ,'     /´                   `く三ヽ三三=/
          i                 ,'     /                      `く三ヽ三./
         .i                  ,'   ./                         `く三∨
            i                   ,' /´`,                            ̄
         i   , - ‐ ' ´  ̄ ` ` ‐ -、  ,' 〈-、ヽ/
         i ,-'´ _,-‐―――‐-、_  `/  ー''´

(ところでお前たちはなんなんだ)この日、Aはかねてからの疑問を口にしたという。

(五十キロのシャブを作るといえば、原料や反応釜などの機材を用意するだけでも3,000万
円ぐらいの金が必要だ。不思議に思って、そう聞くと早川が、宗教法人です。というわけだ。
宗教法人がそんなもの作っていいのか、と聞いたら、何だかんだ、といっていました。
それと、オウム帝国という言葉もしきりに使っていましたね。

さらにどこで作っているのかと聞くと九州です、と。反応釜を使ったにせよ、多少の異臭は
出るだろう、といったら、いや、人里はなれたところだから大丈夫です。とね。だから
おそらく熊本の土地(並野村)で作ったんじゃないかと思うんだ。)

A氏は今年一月にも新宿のホテルで早川と合ったという。早川はそのとき、髪の長い女性を
同席させ、(百億円を貸したいが、誰か紹介してくれないか)といった。A氏はさっそく
ある筋にこの早川を紹介している。

このオウムとの一連のやりとりを振り返って、エー氏はこう語るのだ。

(私が早川たちとあったときにはすでに作っていたわけだから、あれから二年、両は不明だが
おそらくこれまで百億近い金は入っているのではないか。というのも、うちは日本から年間
二百キロのシャブの注文をうけていたのだが、オウムが作り出してからは、まったく注文がこなくなった。彼らは百〜百五十キロのシャブを作っていたのではないか。

昨年あたりから日本ではシャブの密輸入の検挙もほとんど聞かなくなったでしょう。これも日本国内でオウムがシャブを製造していたからです)

さらに、覚醒剤のほかにオウムは銃の取引の話もA氏にしていたという。

(去年十一月ごろ、Bのグループがオウムの依頼で10丁の中国製トカレフを四百万で売りました。まず私がBのグループに二百万で売って、それをBがオウムに四百万で売ったんですよ)

このA氏の証言にたいして、オウムに詳しい暴力団幹部は(台湾マフィアでしられるA氏が今回真相を告白したのは、オウムの覚醒剤が大量にでまわったことで、休業状態に追いやられたからでしょう。日本の暴力団がオウム製であることをひたかくしにしていた覚醒剤が、強制捜査前は暴落していたが、ここにきて値を持ち直している。 今後は値崩れはないぞという台湾マフィアからのメッセージだと思います。)


一方台北にあるオウムの会社とされる日商大繁栄股○公司の責任者でオウム幹部P氏は(私は以前から台湾の責任者だったが、(台湾マフィアと)覚醒剤やトカレフの取引はありえない)と否定している。
↑週刊ポスト95.6,2


↑Aは台湾のマフィアの幹部で、BはAの弟分で、日本の暴力団に覚醒剤販売ルートをもっている人物、だと

雑誌記事に中田が逮捕されたとき?の写真が出ているんだけど どえらい怖い顔しているね
頭つるっぱげで、鼻ひげだけ生やしているのこの人って、修行してました?


で、このシャブを作ったらしい並野村の土地購入に関して、すごい攻防があったんだよねえ

土地を売りに出している人がいて、たいした値段でもなかったんだけどオウムが買いたいといってきた

売主は借金があったんで、買ってくれてありがたいとすぐ売るつもりが 町の役人が、あやしい宗教団体だから、売らないように、って注意してきて売主は断ろうとしたんだけど、青山とじょうゆうで、買った金額よりさらに高い金額を提示

現生二千万ほどを机の上に積んで(オウムではいつでも現金を用意しているんだ)ってすごんだんだと、、

役人からは売るなと言われるし、でも金は積まれるしで、悩んでいるところをこの売主はホテルに軟禁されて

(すでにオウムはこの土地に機材そのほか運び込んで作業している、もしあなたが売りたくないというならば、いままでオウムがこの土地に使った一億数千万をそっくり返してもらえますね)
ってすごんだと、そのとき、売主の奥さんは泣き出しちゃったんだとさ、、

で、もう荷物だけもって、ほうほうのていで夜逃げしたんだとかこのとき、麻原もこの売主に直接談判しにいったらしい
どうしても、この土地が欲しかったようだ

薬物に関して詳しく調べたことはないが薬物体験の内容は様々だったぞ。

気持ちいいと言っていた人、気持ち悪いといっていた人。
叫んだ人、暴れた人。

さまざまだだ。


また、LSDを投与されるまでに、全員が同じビデオテープを長時間にわたって見せられていた。
なんの薬品かは覚えていないが点滴をうけながら。 また、LSD投与後に、シールドルームと呼ばれる個室に入れられるが、その壁には一様に曼荼羅が飾られていた。 体験内容に、ある程度共通の方向性があることにはそれらのことから説明がつく。


また、ルドラチャクリンとキリストのイニシエーションでは、体験内容、快感の種類、儀式の形式などは異なっていた。おそらく、キリストのイニシエーションで使われたのがLSDでルドラチャクリンで使われたのが大麻、または大麻と何かの混合物だろう。

誰か、書いていたけど上をシャツ着て下フリチンで走っている奴がいたとか、、
薬物やると体温上昇するらしい

キリストでは前期にLSD、後期にはLSDに覚醒剤も混ぜたものを投与
そのあと、薬物反応を消すために、大量に水を飲ませて熱い風呂につける温熱をやって死亡ゆくえ不明あわせて十人くらいを出したらしい

この人らは起訴すらされていないし、存在がまるで虫けら同然に扱われた
キリスト受ける寸前に、当日か、(なにがあってもたとえ死んでも尊師と教団には迷惑をかけません)って念書を書かされている

事実死んでいる。受けに行って帰ってこなかった人で、親が心配して探してた例もある
それを支部サマナに訴えると

(何があっても教団に迷惑かけないって書いたでしょ)って言われたとか


薬物密造四件については、途中で時間短縮のために審議とりやめになったんだけど直接の死人が出てないってのが取り下げ理由の一つにもなっていると思うが実際は、キリストで死んでいる。でも、取り扱われない

いわゆるバッドトリップして、自殺未遂した例も2,3はあったらしい 。シールドの中でなんにも自殺はかる道具はなかったんだけど上をみたら、蛍光灯がついていたんで、ジャンプして取ってそれを割って、首を切ったんだとさ

まあ、軽症ではあったらしいがまったく死ぬ気がなかったのに、薬物のせいで死んでしまうんだぜ
もし、傷が深かったら金はらっていって、死んでしかも死体も返らないってか

そういえば、岡村の近くの鉄塔で自殺してたって奴も薬物を盛られたんじゃないかと思う。記事をよく読むと、数日前には、(聞こえる聞こえる)とかいっておびえていたっての。2ちゃんの裏事情通みたいのの言うには、信憑性はどうかしらないけど覚醒剤盛ると寝ないで仕事させるのには都合よかったって。岡村のところでは睡眠三、四時間でなれない作業させて 怪我人が続出したと


http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1258250372/801-900

LSDは0.1gで(あっちの世界にぶっ飛んで行ってしまう)らしいが
井上はワークをしないと(LSDを飲ませるぞ)って、麻原に脅されたって

それで、井上の証言では1g飲まされて、トイレの水を飲んで吐いたと言っていた
0.1でぶっ飛ぶわけですから、その十倍量を盛られたわけだ

しかし、どのように飲まされたんだろうか
(飲め、と言われて 素直に飲んだ)のか
仲間に羽交い絞めにされて、無理に飲まされたのか?
そこまで書いてなかった気がした

なぜ、LSDを飲ませる、というのが、脅迫になるんだろうか
ま、本人が薬中になるのを恐れていてなのか
それとも、人前で醜態でもさらしたことがあって、トラウマなのか
あるいは、突然死を恐れたのか

23歳の女性患者は、ケタミンを吸うこと3年、頻尿や失禁の症状が出て、
その若さで成人用おむつを着用しなければならなくなった。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1013&f=national_1013_005.shtml


薬物乱用すると、失禁を繰り返すようになるらしいな
、、盛られているのか?

ウンコもでちゃうかな


         /  . :          . :`ヽ     `ヽ
         / . : : /      . : :}  . : : : : : }      ハ
       / . : : : : / : / . . : : : : :ハ: : : : : : : }   トヘ  .ィハ
        / . : : : : / : /. : : : :./!: : : :ト、: : : : : :!  人 Y フハ
      ' !: : : : /i: /: : : : :./ j: :.八:! ヽ: : : :,′ (⌒ o く : ハ
     / : : : : :/ j:ハ: : : :/,,-ァァ¬ト ハハ/   `7 ト、 ヽ∧
.    /  .ハ : : :レ'「`ヽ: :i :{ / /´ァテ示ミV/     いノ: :`^′: \    
   / . :/∧: : {    ヽ|八   /・\》 . : : : : : : :.:i: :i : : : : : :\  
   ,′. :// ∧ハ/・\      ニ二ニ/. : : : i| : : ト、ノ:八: : : : ト、: : \ \
   . : : : : : : :ゝ:}ニ二ツ      ´ ̄ //!: : :||: : ノく Y: : :\: 八 \: : :ヽ
  i : i : : : i : : : :.:} ^´ 〈        /(  |: :ノj/) } ハ : : : iト、: ヽ  ー-=ミ
  |:i i: : : :ハ/|: i    ____,     |'´〃^   イ: : : : : 八: : : : \     `ヽ
  |:! i: /   j从    Y^ ⌒^'|        r‐( : |: : : : :/: : \: : : : \
.  从 !'    /. :.:.\   V  丿      |: : : :.从: : :/: : : : : \: : : : `: ー--‐==
        / . : : : :.:\ u`こ´|'|     イ  ├‐-=ミノ : /: : : : : : : :`ヽ: : : : : : : : : : : : :
        , '. : : : : : : : : \   U        ∨ .:/: : /三二>(: : : }ヽ: : : : : : : : : : :
      /. :/. : /!: : : : : : :` ¬!          / /. : : /:::::::://⌒>x   ): : : : : : : : : :
    / . :.:/. : / j: : : : : : :_/:::|        /.: : : : : :/::::://  ´   寸ニニニニニ==ミ
.   / : :.:/: : / r┬一'´.::::::/j      /. : :/} : :/:://  /      \::::::::::::::::::>>::ヽ


麻原裁判アニメ
http://www.nicovideo.jp/playlist/mylist/15774140?sort=1

麻原法廷漫画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3873148
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3873257
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3873365
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3873469
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3873562

麻原法廷漫画〜判決編
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3895590
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3895660
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3895712
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3895763
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3895802


弁護団関係者によれば麻原死刑囚は独りごとを呟きながら、トイレにも行かず、常時おむつを着けているという。東京高裁に提出された、麻原死刑囚が“現状況では裁判が出来る状態ではない”ことを伝える弁護士側の「意見書」には、2004年一審判決当時の様子が綴られている。

〈夜間に布団の中で「うん、うん」と声を発し、笑い声をあげたが、その後は房内に安座して独り言を言っている〉〈接見の最中に服の上から股間を擦り、ついには陰茎を露出させて自慰行為をし、射精にまで至った〉

自慰行為は娘との接見の際にも行なわれたとされ、これをもって麻原死刑囚の精神疾患を疑う向きもある。

だが、塀の外から麻原死刑囚を判断しても、想像の域を出ない。憲法学の権威である慶應大学法学部・小林節教授はこう断言する。

「三審制の裁判を終え、死刑判決が下ったなら死刑が確定したということ。最終的には、法務大臣の判断一つで死刑を執行できます」


控訴審の弁護人である松井武によると、麻原は東京拘置所における松井との接見の最中に
服の上から股間を擦り、さらに陰茎を露出させて自慰行為をおこない、射精に至ったという。
自分の娘たちとの接見でも自慰行為を行ったことがあった。

2005年8月、3人の娘と面会の際には麻原はせわしなく動かしていた手を止めると、スウェットパンツの中から性器を取り出すとオナニーを始めた。 3人の娘たちが沈黙している不自然な空気を感じ取った看守が気付き「やめなさい!」と制止したものの、 3回ほど繰り返した。3人の娘たちは絶句したまま呆然と父の自慰を見つめたまま接見時間の30分が過ぎた。 精液の飛沫は娘たちの顔にかかったという。

昔新庁舎が出来る前に麻原の世話をしてましたが、リスパダール5mgと10mgがあって毎食のスープに刑務官がこっそり入れてました。
糞尿垂れ流しで植物人間みたいになってます。普段は見ることができない(麻原が部屋から出るときは、【待機】という声がかかって刑務官以外部屋から出られないようになる)けど、一度覗いたことがありますw

白黒のスウェット上下であぐらを組んで瞑想してました・・・
普段は話しもできないくらいなので静かにしてますが、たまに大声でわめくことがありました

知り合いが、以前サイゾーの編集長から

苫米地はオウム四姉妹全員とやって、結局長女と結婚したっときいたらしい。
異常な時代だったんだろうが、どっかのホテル王か昔の豪族を思い出したよ。
金持ちで権力もあると無茶やりたくなる。人間なんてそんなもの。
あさはらは、シャブ漬けにされてるんじゃなく、向精神薬・おそらくリスパダール漬けにされてるとおもいます。加療投与で口もきけなくなるおそろしい薬です。精神科3回入院したことありますけど、これで口もきけなくなり、お風呂では自分で体を洗う事もできなくなります。

おそらくこれはリスパダールだと思います。いくらなんでも拘置所でシャブ漬けというのは言いすぎだろうし、これについては妄想批判されてもしかたないとおもいます。向精神薬漬けが正解です。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1013&f=national_1013_005.shtml


麻原は東京拘置所で薬漬け 2005/01/11

真相暴露を恐れるオウムの黒幕が口封じ。廃人化完了。死刑確定を急ぐ暗黒勢力。

東京地裁での死刑判決後、東京高裁に上告しているオウムの麻原ですが、東京拘置所にいる当人の様子が普通ではないようです。面会者にも弁護人にも殆ど全く反応せず、まるで「植物人間」のようだというのです。朝日記事に

「接見に訪れた弁護人や子供の呼びかけに一切反応しない状態が続いているが、東京拘置所が照会に応じないために健康状態は不明」

とありますが、東京拘置所には、照会に応じられない格別の事情があるのではないでしょうか。


▲オウム松本被告に面会の子供「お父さんは人形みたいだ」

オウム真理教(アーレフに改称)の元代表・松本智津夫(麻原彰晃)被告(49)=一審死刑・控訴中=の弁護人が29日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、10月末に被告の心身の状態について鑑定を請求するとともに公判手続きの停止を申し立てたことを明らかにした。接見に訪れた弁護人や子供の呼びかけに一切反応しない状態が続いている。

「私はオウムの看板に過ぎない。黒幕がいたんだ。」

そう言わせないための.....

オウムの麻原が

「自分はオウムの主役ではなかった」
「オウムは、創価と統一の傀儡であり、北朝鮮勢力の集合体だった」

と法廷で暴露することを恐れたオウムの真の黒幕たちが、麻原を薬漬けにして廃人に改造したと、考えます。

「オウム事件は麻原によるマインドコントロールの結果であり、多くの若者が盲従して罪を犯した。麻原は大罪人だ。」

..というのが、世間一般の理解であると思います。そのように、メディアによって誘導され思い込まされてきました。しかし、麻原は、世間の目を集中させ、「麻原」以外の要素に注意が行かないようにする目的で、最初から祭り上げられた「象徴」に過ぎないと解します。オウムとは、現実にはオウムではなかったのです。我々が想像するより、はるかに大きな謀略の一部を担う組織だった。突き詰めていくと911とオウム事件は同根だと解ります。黒幕は同じでした。

■そもそもオウムの中核メンバーは、統一・創価の送り込んだ、北朝鮮シンパの在日朝鮮人と帰化人。 統一・創価の在日たちは、北朝鮮とつるんで、オウムで何をしようとしたのか?


オウム事件とは、

「オウム、創価、統一が共同でやっていた覚醒剤密造などの不法行為がばれそうになり、全ての罪をオウムに押付けた。」事件であると理解しています。

統一教会は、その起源から考えて、KCIA及びCIAの影響下にあると考えるべきです。日本側のCIA専属のお爺さんたち、つまり、笹川さん、児玉さん、中曽根さんたちが、統一とつるんでいたのも、CIAの犬同士という絆があったわけです。一方で、創価は創価で、笹川一派を通じて、統一と繋がりがありますし、それ以前に創価内部に深く入り込んでいる暴力団、後藤組のもつ北朝鮮コネクションから、オウムの麻薬ビジネスに関わっていたわけです。もちろん、日本社会に創価マフィアのネットワークをはりめぐらした学会を、CIAが放っておくわけがなく、マネーロンダリングなどに、しっかり利用されています。宗教法人の財務の閉鎖性をCIAが利用しないと考える方が異常です。

そして、CIAお得意の麻薬ビジネスの日本支部が、オウムだったわけで、その収益が北朝鮮に還元されていたのも当然のことであり、北の現体制を維持するための、CIAの有難い配慮だったわけです。なにしろ北の体制が崩壊すると、一番困るのは、CIAのスポンサーである軍産複合体と国際金融資本であり、極東の緊張は、彼らの飯の種なわけですから。麻薬王にして、CIAの帝王である大ブッシュさんが、統一の文と仲良しなのも、アッタリマエなわけですね。今度の米大統領選でも、随分と統一のカネが小ブッシュ陣営に流れたようですね。

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=police&key=985780338&ls=100


しかし、東京拘置所に「薬物投与・口封じ」要員を意図的に集中配置し、麻原の廃人化を進められる組織は、あるのでしょうか?

あります。創価学会ならやりかねないし、やる能力はある。

日本には、あらゆる役所に信者を送り込んで、組織内組織を構築してきた犯罪的な宗教があります。創価学会といいます。彼らならば、東京拘置所も東京地検も東京地裁東京高裁も、実質支配できるだけの組織力を持っています。日本人のほぼ10人にひとりが創価学会員です。公務員に限定すれば、創価学会員比率は、さらに高いでしょう。東京拘置所の麻原を管理する部門に、集中的・戦略的に隠れ創価学会員の法務職員が戦略的に配置されている。外部の精神医学専門家を巻き込んで、麻原の「無害化・家畜化」を進めてきた。そう考えると、麻原の現状は容易に理解できます。

勿論、「麻原は死刑を逃れるために、心身損耗を繕っているだけだ。偽装だ。」という分析がなされると思います。しかし、オウム事件の真相に少しでも近づいたことのある人物なら、もはや、「オウム=麻原」という電通主導のプロパガンダを鵜呑みにすることはないでしょう。オウム事件は、麻原個人のマインドコントロールの結果などではなかった。オウムには、はっきりとした黒幕集団があり、さらにその後ろには、黒幕の黒幕である世界権力が控えていた。彼らは遠大な世界と極東の改造計画を進めつつあった。そういった裏事情をなんとしても隠蔽しとおしたい勢力が、麻原の口に蓋をしたのです。

麻原弁護団の精神科医は、どうやら、麻原が薬漬けになっていることに気がついているようです。東京拘置所の異様な対応を鋭く指摘しています。「東京拘置所が嘘を言っている」とまで断言しています。一方で拘置所側は、麻原は正常であり会話もあると印象付けようと必死の様子です。「薬漬け」を悟られないために腐心しているのではないでしょうか?


  「拘置所報告おかしい」 オウム松本被告接見 医師が指摘 (西日本新聞)

東京高裁に公判停止を申し立てているオウム真理教松本智津夫被告(49)=教祖名麻原彰晃=の弁護団が三日、記者会見し、東京拘置所が高裁に報告した松本被告の検査結果について、弁護団依頼の精神科医が「(報告は)根本的におかしい」と意見を述べていることを明らかにした。

この精神科医は松本被告に接見しており、公判停止の申し立ての際の意見書で「詳しい鑑定が必要」としていた。今後、拘置所の報告を詳しく分析し、意見を高裁に提出する予定という。 弁護団は「拘置所が本当のことを書いているとは思えない。公判を停止し、きちんと鑑定をするべきだ」と話している。

弁護団によると、拘置所の報告書は「CT検査の結果、脳腫瘍(しゅよう)による精神疾患はない」としているが、精神科医は「意見書で『脳委縮の疑いもある』としたのに、脳腫瘍を調べたのは根本的におかしい」と指摘。

また弁護団によると、報告には「十月二十日、運動の際に投球フォームをして『大リーグボール3号だ』などと言った」とあるが、精神科医は「弁護団に反応しない現状では、考えられない行動」としているという。

麻原の家族は、麻原が薬漬けにされていると、もうわかっているのでしょう。人身保護を申し立てています。もはや手遅れでしょうけれど。また、拘置所での麻原の糞尿垂れ流しという噂も流れてきました。薬物で廃人にされていれば、それも不思議ではありません。


拘置所内での”ショウコウ”松本某。 【6/16(木)9:30】

ある件で、しばらく拘置所に入っていた大物がいる。この間そのとある大物から、

「麻原いるだろ。あれ、拘置所の独房がコロコロ変わるんだ。何でかわかるかい?」

といわれ、「わからんですなぁ」と言うと、

「わざとかなんだか知らないけど、脱糞、まぁ大小の垂れ流しがすごくて掃除してるんだよ。じゃないと臭くてたまらんから」

との答えが返ってきた。なんでもオムツをしているらしいのだが、本人は本当にボケているようだ。新しい東京拘置所の独房内部でどのような”介護”が行われているのかは定かではない。

シャブの打ちすぎかアルツハイマーか知らないが、わざとやっているとすれば相当の演技派・・・いや、キチガイだ。万が一無罪になったとしても(そのときは日本の司法制度は終わりを告げるが)、もはやあの気持ち悪い”塊”は実権掌握は無理であろう。上祐、天下取ったりである。

麻原薬漬け説は、今に始まったことではありません。かなり前から、勘の良い人にはわかっていたのです。オウムの黒幕が、麻原に自由に喋らせるわけがありません。

「麻原は法廷で爆弾告白する機会を失った。自分は傀儡だったと弁明する機会を。」

....これが、シンプルな現実です。

  ■2000年に既に出ていた麻原薬漬け説
オウム裁判を「大邪推」

http://www.asyura.com/sora/bd5/msg/917.html

「ならば、私は法廷で全てを話すからな」と麻原が裏の勢力や事件の全貌に関する暴露をほのめかしたため、薬物を投与され、また催眠によって口封じをされて、以後、法廷で意味不明の狂言を繰り返すことになった。実際、彼の証言内容は「幻覚症状下の患者」のものに酷似してはいないだろうか?。

  麻原はくすり漬けだった=>思考能力を奪った??
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1016.html

オウム事件を、精神医学面から分析しているぐるーぷと意見交換しました。麻原はくすり漬けだったようで、団体内の精神医師が、彼の正常な思考能力を奪ったようだ。これ以上言うと、恐ろしいのでやめておく 東大の精神医学の流れも問題であると認識した。


Re: 麻原はくすり漬けだった=>思考能力を奪った??
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1019.html

麻原彰晃が薬漬けにされているという話はけっこう有名な話ですね。なにしろオウム真理教と北朝鮮は繋がっているようですし、そのまた上には旧KGB(現在はSVR)、CIAとも何らかな関係がありうると判断しています。(暴露されたら困るでしょうな。)怖い怖い


85 名前:茶々丸[] 投稿日:03/02/08(土) 23:10

麻原側は大きな秘密を握っていたから、弁護士は追放された。国選弁護人は国の回し者だ。これで、麻原は法廷で爆弾告白する機会を失った。自分は傀儡だったと弁明する機会を。これは、オウムを操っていた闇の勢力にとっては自分たちの姿がさらされないために必要であった。こうして、村井同様麻原も口を封じ込められた。北朝鮮や統一教会とオウムを結ぶ糸はまた切れた。


 
★阿修羅♪K氏の投稿1/4

オウムには2つの核. 諜報・武器取引・麻薬販売など主宰の早川. 早川は統一協会元幹部. 警視庁自身初めてオウムに関心を持ったのは詐欺(fraud)容疑を持たれた早川が 統一協会を辞めて移って来た時以来. 辞める時に$数百万の現金・不動産・ビジネスを東京・神奈川から持ち出し、少 なくとも10数人のフォロワ. 問題は辞めさせられたのか、オウムに資産を供給する使命を持って出て来たのか. 後者であれば資金提供者は北朝鮮(親中国? ロシア?)?南?or両方?(金ヨンサム・金ジョンイルは一時休戦中)

 
高沢皓司著 「『オウム真理教と北朝鮮』の闇を解いた」 (「週刊現代」講談社)

◆第1回 麻原被告の側近には、北朝鮮の潜入工作員がいた。  オウムには、北朝鮮の主体思想(金日成・金正日を絶対化した 思想)を身に付けた工作員Aが潜入していた。その頃から、オウ ムは急激に変質、過激化した。Aは村井・科学技術省長官に重用 されて武器製造に関与していた。  オウムは、北朝鮮に「徹底的して領導され、誘導され、利用さ れ尽くしたともいえるのでは」と高沢氏は見る。「サリンをはじ めとした一連のオウム真理教のテロ事件は、日本かく乱工作(クーデター工作)の、いわば予行演習でもあり得たのである」と。
オウムの村井には、正真正銘の北朝鮮工作員が張り付いていた!

 
オウムの闇の朝鮮人人脈
http://mimizun.com/log/2ch/korea/994547447/


1995年のオウム真理教事件に闇の朝鮮人人脈が絡んでいるという噂がある。元々、統一教会がオウムと密接な関係にあるというのは有田有生などが主張していた。また、事件に北朝鮮の影もちらつく。政治の世界に君臨している創価学会も朝鮮人の支配している団体だ。

創価学会も統一も日本を食いつくしテロもいとわないという点では共通している。デマや先入観、陰謀史観じゃなくて真の情報を提供してくれ。統一協会が日本でさらに活動をするために作ったダミー団体がオウムという説がある。いわば、オウムは統一の仏教版だということだ。確かに大学でのサークル活動を通じての勧誘。専業主婦、お年寄りを狙った布教。瓜二つの所が多い。初期の教団施設が統一と同じビルだった事も複数あった。教団実務を仕切っていた早川は統一出身だし。

http://www.asyura2.com/0406/war56/msg/405.html


 創価学会が麻薬ロンダリングで多大な利益を得ていることは常識として知るべきことですが、99%の創価学会員は「麻薬ロンダリング」を創価学会が行っているということは知らないと思います。毎年の「財務」が2500億円ですが、創価学会の総資産は池田大作の資産と合わせると11兆円といわれます。13兆円という意見も強くあります。2500億円を20年間続けても5兆円にしかなりません。

 少数の創価学会員は創価学会が株取引を行って多大な損失を受けたことを知っていますが、ごく少数です。確実性があり利益も多大な麻薬ロンダリングを行わないはずがないことを常識として考えるべきですが、私もごく最近になって知ったことです。

 財務調査が入らない宗教団体を使って麻薬ロンダリングすることが常識化していることを一般の創価学会員は知らないのです。


        { `¨⌒}
          ..>'⌒'〈
        {__,,ノ´ 、}
       {___,,ィ ,〉
           { リ'^i
           、{_,ノ
           | -‐…‥‐-  .,,_
           i: : : : : : : : : : : : :`丶、
           l: : : : : : : : : : : : : : : : :\
           l: :/: : : : : : : : : : : : : : : ` 、
           |/: : : /: /: :/: : : : : : : : : : : :'.
           |:,_:_:/|:〃 /:/ : : : : : : : : : : : :
             〔_、{`刈、:|: | : : / : : : : : : : : :
           i==ミぃW|/|: :/: : _j: : : : : : : :
           :'⌒i 犲i  |/|: :_/ }: : : : : : : :
           i:....ノ }}    .ノイ}`メ:i:| : : : : : :
           |ミ    _    =ミ: :从:| :i: : : :
           l     i|{、_  '⌒i 狐\/: : : :
           |  r   ミ{:.....ノ }}i|从 : : : :
           | _   ´    `弌 ノ代:八: : : :
             〔_ `Y           '| / : : :、ト、|
           ト .`’       / /|: : : : : :
           |        . イ-イ: :|: : : : : :|
       , /   _}├‐…=≦{:! : |: :|: |: : : : : :|
     { {'⌒¨´ ̄`'く_/ 从: :|: :|: |: : : i: : :
       `て¨i≧r‐ } _/ }iW|: :∧: |: : : |ト、
      、_{'⌒¨´ ̄`ヾ     ∨八{ }:i|: : : || .
      `下≧zr‐ }}    \__ノ リ }: :リ  }
         (⌒“ ̄`Y”,    ⌒て¨}ノイ .ノ'
       、(⌒¨⌒'〈、‘,      '.
          `で下.,__}} ‘.       }、
          {」 ,リ      .≠⌒i
             i | √}     |_/    }
             i 「 }八   ´}      ノ


オウムとは、「麻原なるカリスマ的リーダーの周りに帰依者が集まってできた組織」ではなかった。創価、統一の朝鮮人・帰化人信者を含めた北朝鮮勢力が、オウムに集まり、北朝鮮のための秘密工作を進めていた。

なにもかもが麻原の単独犯行だったことに丸め込み、背後関係への追及を遮断するために。麻原は、本人が気づかぬうちに、周りを外部の北朝鮮に直結した勢力の工作者に取り囲まれていたのです。(勿論、麻原も北朝鮮人脈の人物です。しかし、主役ではない。ただただ単純に傀儡であり、装飾物であり、罪を背負わされる役割の「醜い羊」だったのです。もともと、たいした人物ではなかったのです。その怪異で不潔な容貌の通りの価値しかなかったのです。

そして、この隠蔽工作に創価学会が組織をあげて取り組んでいます。

警視庁、東京地裁の判事、東京地検の検事、東京高裁も、創価の裏部隊の面々で固められているようです。そして、東京拘置所も。日本の司法は朝鮮の犯罪宗教によって、完全に支配されてしまっているのです。麻原は、このカルト包囲網の手で、上告を棄却され、死刑判決が確定し、永遠に口を封じられたまま、刑務所で一生を終わるのでしょう。一方で、オウムの真の黒幕である池田大作や文鮮明は、真相隠蔽に成功して、逃げおおせる日を心待ちにしているはずです。彼ら、裏社会を支配する朝鮮人犯罪者にしても、ネットを含めた全ての言論を封殺することはできないのですから。

オウムの黒幕の方々は、麻原を植物人間に改造することには成功したようです。しかし、弁護団から「精神鑑定の必要性」を持ち出され、薬物疑惑に衆目が集まることを嫌がるでしょう。裁判が長引いて麻原の死刑が確定しないのも、避けたい事態だと思います。早く死刑を確定させ、世間が麻原のことを忘れてくれるのが、彼らにとって望ましい状態でしょう。東京高裁での上告審を棄却させ、死刑を確定させたい。池田さんも文さんもそのために手下の日本人を必死に動かしているのでしょうね。裏金幾ら使っても足りないですね。

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/asahara_kuchifuuji.htm

週刊現代 1995年7月29日号

警察も手を出せない恐怖の「組織」がある!?

「村井刺殺・国松長官狙撃」事件はなぜ全容解明できないのか


 実は、この二つの事件の背後には、巨大な国際シンジケート=「組織」が潜んでいるという
説がある。  ある捜査関係者がいう。

「世間の見方と違い、オウムの犯罪の中で、公安が一番注目しているのは、覚醒剤製造です。 あれだけ大きな教団を維持できたのは、信者の布施だけではなく、キロ単位の覚醒剤を製造し暴力団に流して多額の収入を得ていたからだ。

この覚醒剤を製造させたのがこの『組織』。この『組織』は、自らもケシを栽培しヨーロッパで売り捌いている。オウムは暴力団の販売ルートを使って覚醒剤を売り捌いていたが、『組織』はこの販路を利用しようとした。それに、この『組織』は武器売買もやっている。オウムに武器を購入させれば、その分稼げるわけです」


 この捜査関係者は、オウムと「組織」をつなぐ窓口が早川紀代秀だったという。

          
「早川のロシア娘好きは有名ですが、ロシア娘に骨抜きにされ、『組織』に取り込まれたのです。

仲間にするのに女を使うのはよくある話だ。早川は、『組織』のスパイだったとみます」

(ある公安 捜査官)

 さらに、この公安捜査官は、村井刺殺、長官狙撃両事件の背景をこう絵解きする。


「村井が刺殺されたのは、麻原オウムの犯罪のすべてを知りつくしているだけでなく、逮捕されれば、そのバックにある『組織』の名前もあがってしまうからだ。早川は、そのため、麻原に村井殺しを積極的に進言したといわれています。国松長官狙撃は、示威行為。つまり『組織』に捜査の手を伸ばせば、要人テロも辞さない。それだけの力があるということを見せつけるためにやったのでしょう」


 この「組織」に関しては、こんな情報もある。ある公安関係者はこう打ち明ける。
「国松長官狙撃の犯人に関しては、自衛隊のオウム信者が本命と見ています。しかし、『組織』の秘密工作員が関与しているのではないかという話があり、極秘に捜査を進めています。それに、台湾マフィアがその秘密工作員の逃走に協力したという話も出ています。」


 事実なら、警察や軍も手を出せない中南米のマフィア並みの恐怖の「組織」だ。
          
 また、ある月刊誌で最近、村井刺殺事件の徐も北朝鮮との接点がとり上げられたし、さかのぼれば、坂本弁護士一家拉致事件のときも、北朝鮮の影が見え隠れしている。

「拉致事件の前後一週間ぐらい、北朝鮮の船が横浜港の沖合に入港するでもなく、停泊していた。 公安当局が、事件との関連で関心を持っていたのは事実です」
(ジャーナリスト・伊勢暁史氏)


 昭和45年3月、赤軍派学生が日航機よど号を乗っ取り、北朝鮮に亡命した。赤軍派学生に乗っ取りのための活動資金を出したのは、有名女性歌手の夫で、元学生運動家だったといわれている。

 当時、元学生運動家は、統一教会の資金援助を受けて事業を行っており、赤軍派学生への本当の資金源は、統一教会だったようだ。

 統一教会は、教祖文鮮明のカルト資質に目を付けた韓国中央情報部と、反共カルト宗教育成に血道を上げていた米CIAのバックアップによって育成された、米韓情報機関お抱えの擬似耶蘇教団体で、その主要任務は資金獲得と情報収集にあった。統一教会が赤軍派学生に資金を提供して、北朝鮮に亡命させた目的は、米CIAと北朝鮮軍・情報機関とのパイプを設置するためだった。

 米朝「核危機」の最中の平成6年、オウム真理教は「松本サリン事件」を起こし、翌7年には「地下鉄サリン事件」を起こした。

 オウム真理教幹部はたびたび北朝鮮、ロシアを訪問し、麻薬、覚醒剤、武器取引に手を染めていた。日本国内の暴力団が、オウム、北朝鮮絡みの薬物売買に関与していた経緯を、警察当局は追跡していたにもかかわらず、なぜか上部からの圧力で沙汰止みになっている。オウム真理教幹部には多数の元統一教会会員が潜入していた。

 CIAは、アフガニスタンでの対ソ連戦、南米での対左翼ゲリラ戦などを戦うため膨大な資金を必要としていた。  議会の承認を得ることのできない、クーデター、要人暗殺、ゲリラへの武器補給などの秘密工作のために、アフガンの麻薬、南米のコカイン売買は格好の資金源となった。これに協力したのが統一教会だった。

 オウム真理教事件で、垣間見えた北朝鮮からの麻薬、覚醒剤密輸問題は、CIA=北朝鮮軍・情報機関の闇の関係を暴露しかねない一大事だった。北朝鮮の麻薬、覚醒剤利権は、米CIAの東アジアにおける最大の資金源であり、北朝鮮もこれをアメリカの裏体制保証と認識していた。

 その発端となったのが、「よど号事件」だった。赤軍派学生の北朝鮮亡命以降、統一教会とCIA関係者の北入国が認められている。

 平成10年(1998年)8月31日、北朝鮮はテポドンミサイル打ち上げ実験を行った。翌日に行われた自民党国防部会で、米ミサイル防衛構築のための研究開発費の大幅増額が認められ、今後10数年をかけて、数兆円に上る支出が既定方針となり、アメリカ国防省と軍需企業を喜ばせた。

 クリントン政権までは、米朝はCIAと北朝鮮軍・情報機関との緊密な関係を背景に、テーブルの下で手を握りあう関係であったことは間違いなく、米朝の喧嘩漫才に翻弄されながら、日本は双方からいたぶられ、搾り取られていたのである。

地下鉄サリン事件のあと、ただちにソウルとニューヨークで、地下鉄の駅が毒ガスのテロに遭ったことを想定した救助訓練が、国防・治安関係者によって行われた。このことから見て、この事件が、日韓米に敵対的な某国と関係があることは、「その筋」の人々のあいだでは「公然の秘密」なのだろう、と断定できる。

4月23日 オウム真理教村井刺殺事件で、村井を刺殺した徐が犯行直前まで住んでいた家の所有者である女性の姉とかつて同居していた相手は、実は北朝鮮の大物スパイ、辛光洙(シンガンス)であった。

オウム真理教の一連の事件の背後には、北朝鮮やロシアの影が見え隠れしていたことは、多くの方がご記憶のことと思います。今回の高沢氏のスクープは、北朝鮮の重大なる関与に迫った、衝撃的な内容です。

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1258250372/801-900


:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::||||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::||||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::||||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::|リ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::|-j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::l|::::::::::::::::::::八斗‐''ナ::兀_二二..|::::::::::::|!:::::::::::::::::|^ヽ.::::::::::::.
::::::::::...         _,.  ,.≧≠¬=ミ|::::::::::::|!:::::::::::::::::|' /:::::::::::::.
:::::::::::::::.         , '´ ,ィ':;/ 、 〃,  |::::::::::::|i:::::::::::::::::j、l{::::::::::::::::
:::::::::::::::::     ,:'  / {::{Ξ :●´=  |::::::::::::||:::::::::::::::::|:} |:::::::::::::::.:  ★
:::::::::::::::::     :., 《.  Vハ , i l 、 ,ィ|::::::::::::||:::::::::::::::::|' !::::::::::::::: :
:::::::::::::::::      ::.,     ヾ:ミー-==彡''|::::::::::::||:::::::::::::::::| /::::::::::::::::: :
:::::::::::::::::            `¨¨¨´   |::::::::::::||:::::::::::::::::|'::::::::::::::::::::. :.  ★
:::::::::::::::::                 |::::::::::::l|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.
:::::::::::::::::                 |::::::::::::l!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.
:::::::::::::::::                 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.  ★
::::::::::::::::::.......                 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
:::::::::::::::::::::               /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.
::::::::::::::::::___,...._           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
::::::::::......____           ,..:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
::::::::::::::::::::::         ,. イ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
:::::::::::::::::::      ,... :::':   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
:::::::::::::::::::.......,. -‐'::::::::::::::   !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.


村井秀夫刺殺事件の犯人 徐裕行は、逮捕後、「上祐、青山、村井の3幹部のうち、誰でもよかった」と供述していたが明らかに嘘である。

どうして村井秀夫でなければならなかったのか?

テレビに出てはペラペラと喋る村井に危機感を感じた人物が、殺害を命じたのであろう。
北朝鮮がらみの覚醒剤・または地下鉄で巻かれたガスについて話されては困るからだ。


北朝鮮工作組織

徐が一緒に住んでいた友人Mの父親が、朝鮮総連の幹部だったこと、東京・五反田のコリアン・クラブ「M」に徐が何度か顔を出していた、という話。ここのママの姉にあたる人物が、北朝鮮の工作員・辛光洙と同居していた人物であることなどが「オウムと北朝鮮の闇」の中にも書かれている。


地下鉄で撒かれたガス

村井は95年4月にテレビにでて、以下のような発言をしている。

「地下鉄事件で使われたのはサリンではなく、別のガスだ。アメリカの研究所もそのことを証明してくれる」

オウム真理教第7サティアンのサリン・プラント設備では、高純度のサリン製造が不可能といわれていたが、いつの間にか、オウムがサリンを製造して撒いたことになっている。

これがサリンではなく、どこかの国から手にいれた別のガスだということがばれてしまえば、製造国、搬入ルート、入手ルート、さまざまな部分を明らかにする必要があり、日本政府や製造国にとっても不利益となったと思われる。

右翼なのに朝鮮人

村井刺殺事件と同様に石井紘基議員刺殺事件もまた右翼なのに朝鮮人という人間に殺されている。
ここに日本の闇があるのだろう。どうして朝鮮人が右翼なのか?
この徐裕行はすでに刑を終えて出所しており、震災地で救援活動をしているらしい。

徐裕行と後藤組

アサヒ芸能に4月21日、宮城県石巻市の避難所5カ所に「西日本小売業協会」「西日本有志の会」などと名乗る集団が現れ、現金3万円入りの茶封筒を被災者に配ったという記事が出ていたが、山口組のなかでも最有力組織である「弘道会」の関係者とのこと。

また徐裕行が副代表を務めるこの団体の背後に後藤組組長の後藤忠正氏がいると噂されており(『宝島』7月号)この徐は後藤組に飼われていた可能性が高い。

http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-947.html

元後藤組組長がつづった、創価学会とヤクザ 2010年5月18日

 先週から、複数の週刊誌で話題になっている新刊書籍があります。

元後藤組組長・後藤忠政氏の『憚りながら』(宝島社)
http://www.amazon.co.jp/%E6%86%9A-%E3%81%AF%E3%81%B0%E3%81%8B-%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89-%E5%BE%8C%E8%97%A4-%E5%BF%A0%E6%94%BF/dp/4796675477


です。何が話題って、創価学会が1960年代末から70年代にかけて静岡県富士宮市で土地を買い漁っていた頃、地元住民の反対運動を封じるために後藤組を利用していたエピソードを、一方の当事者である後藤氏自らがつづっているからです。

 本書は、5月29日付で発刊されたもので、元山口組後藤組の組長・後藤忠政氏(現在は天台宗で得度し、得度名は忠叡)の自叙伝です。後藤氏の生い立ちから現在までがつづられる中、「創価学会との攻防」に一章が割かれています。

 後藤組が創価学会から依頼を受けたのは、創価学会がまだ日蓮正宗から破門される前。当時、創価学会は日蓮正宗の本山である大石寺の周辺の土地を買い漁り、正本堂や霊園の建築・造成を進めていました。しかし左翼などの反発にあい、地元で反対デモなどが起こりました。このとき後藤氏は、創価学会の顧問弁護士だった山崎正友氏(故人)から、「何とかならんか」と相談を持ちかけられたといいます。山崎氏は1980年に創価学会から除名されますが、公明党関係者が後を引き継いで、引き続き後藤氏に時もいと対策を依頼。後藤組が反対派と「話をつけた」そうです。
 本書によると、反対派対策が終結した後、創価学会は「山崎とあんたが勝手にやったことで、ウチは一切知りません」という態度になったとのこと。

http://dailycult.blogspot.com/2010/05/blog-post_5884.html


創価学会が広域暴力団山口組系後藤組と連携関係にあるのは周知の事実である。

 事の発端は、創価学会が富士宮市に霊園を造ろうとしたとき、住民の間で反対運動が起こり、また市議会もこれを問題とした。それを打ち破るために創価学会は後藤組に依頼して、建設反対派のリーダーの腕を日本刀で切り落とし(被害者は後に死亡)、強引に霊園を造成した。

 同様に創価学会からの依頼を受けて、創価学会から造反した山崎正友元学会顧問弁護士が富士宮市の百条委員会で学会と市当局との癒着を証言しようとした際、これを暴力的手段によって阻止している。これらの経緯は、後藤組組長本人が池田大作と当時の公明党委員長竹入氏あてに出した「内容証明」(脅迫状)が残っているから、全ては事実である。

 これまで一方的な記事となっていたが、当事者がこれを今回認めたということは大きな意味を持つことになります。創価学会が日本最大の暴力団山口組の武闘派として恐れられた後藤組を手駒のように使っていたことが明らかとなったからです。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52489885.html


                 i        . i::.:.i : .        
                i    i  . : :i i.::.:i :. .            .:/: : .    :.
                i   :i : :i  i i ii i:::ハ:i : : . .     .://i.: ::i:. . . .iハ
                i . : :i : :i : :i i ii_i::i__八: :.i: :.: i:.:  . ::///!.: ::i : : . i  〉
               i . : :i : :i : :i´i_i_i」L.i:.:.ヽ:i: :.|:i:.:. : ::/.':j´「.: :.i:i : : :i:V/
                    i :.:.::i : :i.:.:.笊恋テミル:.:.:i:|: :.|:i::i:i// i::ノ j:.:.: :i:i : : :iK
               j : j:.i: :.:i: ii^x弋シ′ヽ从: :|:i:从气亥イ:/:.:.:i:i.: : :jハ
                 (__,ノノノ八: :.Yi、´´´     ヽノ'′ ノ //:.i.i.:八:// ∧
                ー=彡〃〃:.\:.:{^ヽ ::::.:.    〉   :::.:. //:.:.从.:::ハ,′/  .
                  ノノノ. : :ノノヽヘ、     __     ー彡イ.::ハ/∧    .
             ー=ニ≦彡ヘ: (  八ノi\   `ー′  ..イ.::ノノイ〃(_,ノ     .          ♪
                     ⌒ヽ:.:彡ヘ:.!  ` .     . (/八.:( ノイ´ `ヽi    i
                   >'"  ノ    `   ´  /   `ヽ 丿    i    i
           ,. -‐…・・・ ´ 、             /        / |      i
             /         \     ヽ    /     /    ,′|    i
.          ,′          ` ー- .        /     ,′ |       i
         i                 `ヽ               {   |     i
         |                                八   |       i
         |     ` (                          \        i
         |      ヽ ´                        \      i
         |        /              `ヽ            \   ,′
         |        ,′                   :.′            :.  /
.           i      ′                   i            ..:.:::::..、  V
.          i                      i          :.:.:r::.,.:.:.   i
            i       i     ..:.:.::::..、         i         、::ゝ..:.:ノ
           :.      i    :.:r';:).::::           八              ′
             :.    :、   ゝ..:.::ノ         ′丶            . '
          :.      丶.               . '     丶.        .. イ

オウムの洗脳技術はCIAからではなくタヴィストック研究所から直接指導されたもの


麻原は宗教家としての権威づけのために、チベットの精神的指導者ダライ・ラマに会いたくて、亡命チベット人ペマ・ギャルポ氏を口説いて謁見を申し入れます。ペマ・ギャルポ氏は中国がチベットを制圧し、最高指導者であるダライ・ラマを拉致しようとしていることを恐れたラサ市民らと共にインドへ亡命、チベット臨時政府を樹立後、日本へ留学したと言う経歴があります。そうしたいきさつから、ペマ氏は麻原をダライ・ラマに紹介したのです。

♦ダライ・ラマは亡命以来1950年から71年までCIAから資金供与を受け、対中国封じ込め政策の一翼を担っていました。最初の亡命地チュシ・ガンドゥクは、チベット族と中華人民共和国が対立、武力闘争を繰り返していましたが、そのときアメリカはチベットゲリラに、武器・弾薬の供与や、米国領土内でのゲリラ部隊の兵士に対する訓練などを行い、全面的にダライ・ラマを援助してきたのです。チュシ・ガンドゥクは、蒋介石率いる台湾の中華民国政府からの援助も受けていました。

♦しかし、1972年アメリカ大統領ニクソンが電撃的に中国を訪問し、米中国交回復がなされ、CIAの支援、援助は打ち切られました。ダライ・ラマは使用済みの雑巾のように捨てられてしまったのです。それを横で見ていたのがロンドンのタヴィストック研究所とオカルト局でした。

タヴィストックの表の顔は「国際的な精神分析の会議を主催する、精神、心理学などの研究機関となっていますが、実態は社会学・文化・宗教・医療・心理学などを用いて植民地支配を行う対外工作、謀略機関なのです。特に人心撹乱・人心操縦(マインドコントエロール)が専門です。

また、オカルト局と言うのは「イギリス陸軍情報部」に属し、対外撹乱工作のために世界のオカルト宗教の指導者を巧みに洗脳して利用するために働いていると言われています。

♦アメリカが米中国交回復をしてもイギリスの金融寡頭権力は16世紀から続けてきたアヘン戦争で乗っ取ろうとした清帝国を取り損ねた無念をいまだ忘れていないのだと聞いています。日清戦争で日本に邪魔されたこともいまだに恨んでいるのかもしれません。いずれにしろ、ダライ・ラマはまだ使い道があるということで、中国テロリストの襲撃から逃れられていると言えるでしょう。

♦ある筋の情報によると、「タヴィストックとオカルト局はダライ・ラマを巧みに利用して中国、アジア、日本の社会不安を醸成し要としていた。その時タイミング良く麻原とダライ・ラマの面談が持たれることになった。オウムがこの面談が行われることを大々的に宣伝した事をタヴィストックは見逃さなかった。「アサハラ」は日本社会に不安定をもたらすナイスカードだと考えたタヴストックとオカルト局は、アサハラに本格的マインドコントロールの手法を教えたのです。

♦ダライ・ラマはかつてアメリカに利用され騙され続けた経験があります。中国の横暴から守ってくれる身仏のようなアメリカが、実は裏切りの家元、仏敵ラーマのような国であったと言う事が深い心の傷として残っていたのでしょう。

CIAの秘密工作の汚いやり口などをアサハラに教え、徹底して反米思想を植え込んだと言われています。その後も、麻原は何度もダライ・ラマに会い親密になって行きました。

♦タヴィストックは入念にアサハラの心理分析をして、何をインプットすれば、どんなアウトプットをするかを予測していたのでしょう。ここで、麻原の反日、反米の復讐劇の筋書きが作られていったのです。

タヴィストックとオカルト局はスリランカとロシアにオウムの支部を置くように勧め現地のテロリスト集団から暗殺訓練を受けることになったようです。スリランカでは過激な宗教グループがテロを繰り返していて、暗殺のスペシャリストがいるから、彼らを日本に連れてきてオウムに暗殺指導をしていたと言うような噂もあります。

♦武器入手

オウムが自動小銃の製造や猛毒のボツリヌス菌などの細菌兵器、サリンなどの化学兵器の開発を手掛けるようになったのは1991年(平成3年)には、麻原彰晃がロシアを初訪問してからのことでした。

当時のロシアはソビエト連邦が崩壊して、政治体制が確立しておらず、武器の横流しが頻繁であり、化学兵器、細菌兵器も手に入れるのは簡単だとオカルト局の斡旋があったのでしょう。オカルト局やMI6と元ソ連の情報機関KGBなどはお互いに情報合戦をしているのだからお友達も多かった筈。麻原は彼等の伝手で旧ソ連のお偉方に会う事が出来たと言われています。日本の新興宗教団体がやってきたという事で、当時のモスクワ放送もこの模様を伝え、クレムリン宮殿で宗教劇の上演が行われたことやルキヤノフ最高会議議長と会談したことなどを報じました。

麻原は、当時ロシア副大統領だったアレクサンドル・ウラージミロヴィッチ・ルツコイやヴィクトル・チェルノムイルジン、ユーリ・ルシコフ等錚々たるロシア政界の上層部と接触し、翌年には後に安全保障会議書記となるオレグ・ロボフが来日し麻原から1億円以上の資金援助の申し出を受けるなど、オウムのロシアの関係は深まって行きました

♦93年オウムは山梨県上九一色村にサリンプラントを建設し、サリン、ボツリヌス菌、自動小銃の増産を始めます。遠藤誠一、中川智正、土谷正美、豊田亨という理科系出身者がこれにあたります。銃はカラシニコフAK47という種類のものが採用されました。

計画が着々と進む中、麻原は「97年、私は日本の王になる」と宣言しました。そして閣僚人事まで決めていますが、麻原帝国の閣僚たちには日本の刑法によって全員の死刑が確定しました。

中川智雅「法皇内庁トップ」新実智光「自治省大臣」井上嘉浩「諜報大臣」土谷正美「第2厚生省大臣」遠藤誠一「第一厚生大臣」早川紀代秀「建設省大臣」橋元悟「自治省メンバー」横山真人「科学技術省次官」広瀬健一「科学技術省次官」林泰男「科学技術省次官」豊田亨「科学技術省次官」

♦知的レベルの高い若者たちが何故このような悲惨な人生を送らねばならなくなったのかという問いには、地下鉄サリン事件の実行犯たちの自供が答えになるのではないかと思います。


♦司法取引で死刑を免れた教団の元医師、林郁夫は「地下鉄に乗り込む駅のベンチに座っていた際に、女性やランドセルを背負った子供たちを見た時、この人たちが死ぬのはいやだなと思った」と言いながら人間としての感情を押し殺して犯行に及んでいます。

共犯の広瀬健一は「葛藤を感じた自分にはヴァジラヤーナの教義が身についていない、これは修行なんだ、実践するしかないと自分に言い聞かせた。と心情を告白しています。

マインドコントロールが如何に凄いものかよくわかります。


♦マインドコントロールの元祖は13世紀のイランにあります。当時はヨーロッパから異教徒征伐と称して十字軍が大挙してイスラムの地を蹂躙し、抵抗するものは容赦なく殺されました。命からがら逃げ延びた人々は北の山奥に隠れ棲むようになります。

マルコ・ポーロの東方見聞録に「山の老人」伝説があります。イランの地他の法にある山の中にコーランの中で説かれている天国のような庭園があり、ブドウ酒・牛乳・蜂蜜・清い水がいつも流れ、思いのままに美女を手に入れ心ゆくばかりの快楽に耽ることができる場所がある。そこには一人の老人が棲んでいて、十人ないし二十人の屈強な若者を選抜していれ、暗殺要員として使っていたと言う話です。


「秘密教団の指導者「山の老人」が大麻によって若者を眠らせて秘密の園に連れこみ、美女をあてがいハッシッシ酒を飲ませ、御馳走を並べ快楽の極みを経験させます。

そうして再び麻薬で眠らせると若者は元の村にいる。若者は再び山へ行き老人に、また、あの快楽を与えてくれと懇願します。この世の楽園への帰還を望む若者に、老人は言います。もし、おまえが殺されたら、ここよりもっと素晴らしいコーランにある通りの本物の神の楽園へ行かれるのだからこんな素晴らしいことはないだろう?と言う究極の甘言で催眠術をかけて洗脳します。

どちらにせよ薬と御馳走と美女がいっぱいの快楽が約束されているのですから、死んでも怖くない訳です。若者たちは老人の言うままに指名された人物を次々に暗殺したと言う話です。これは実話だそうです。老人が指名したのは多くが十字軍の幹部や、敵に寝返ったイスラムの裏切り者達であったようです。

若者にハッシッシ(麻薬)を飲ませて、天国にいるような幻覚を作りだしてやっただけなのだという(この史実から、暗殺者を「アサッシン」というようになったと言うことです。

          ヽ  /  /,..-、                    ヽ   _   _         _
    _,, -===-tz、≦ニニ爻、  彡==─.-─-_ - '' ¨          ̄ : : :::::::::-くυj
  くニニニニ=‐゙ー" -─-、彡'"´ ‥ ''' ¨ ''__ -                : : :::::::::::::lj从
    ヽニ/´  _ -‐ _.. ¨ ´        : : : :::::::7Yr::ijト::...` .、            : : ::::::ιイj::.
    ゙  ,  ´. . :              : : : : :::::冫=彡:::::::: : : 丶            : : : :::::::。::::.
    /  . :              : :/,、j::/j´lj::::::::::::: : : :  \            : : : : : :‘,
.  /.  . :                ι: : :J::::::::::::::::::: : :     ヽ            u    ',
  ,'  ,                     : : : : : : : : : :       ‘,                  ,
. l  ,                       l ./   ノl ヽヽ       .゚,                     ,
 l                          /ハヽ  ヽ/  い       .,                  i
. l                        J U      ´        i                   l
/                                 j          l                ,  、
                                              ,'                    ,'   ヽ
ヘ                                        /                イ     /}
 ヽ                                          ,                 イ     イ/
ヽ、 ` - ,,_                                イ_         _ ,,..   ´   _,, イ/
  ヾミ .,,_ ` -  _                         _  - ´    ̄     ̄     _,, -(> ´
    `( ¨'' -   ,,_''  -   ,, __ ,,     -‐   ''            _,,  -‐≦ _,, - ''.´
      ` ''' ‐-=二 ̄二ニ===─────----───====ニ二 ̄ ニ= '' .¨´
                ̄ ¨'''         ──     '' ¨  ̄


♦タヴィストックやオカルト局は当然この山の老人の物語から、マインドコントロール法を分析研究して現代的にアレンジして、かれらの世界戦略に日々活用しているのです。

ダライ・ラマは麻原にとって「山の老人」の役としてタヴィストックから利用されたのでしょう。聖人と言えど人間です、中国に命を狙われ、味方であると思っていたアメリカには裏切られ、インドでは客人扱いでどこにも安心して住める場所がないのですから、矢張り人間としての保身もあるでしょう。

♦ダライ・ラマは1989年にノーベル平和賞を受賞しましたが、この賞程胡散臭いものはありません。受賞の理由は「世界平和やチベット宗教・文化の普及に対する貢献」が高く評価されたことだそうです。これに対して中国は完全無視を決め込んだだけでなく、関連図書の持込さえも禁止しているそうです。この受賞について識者は「中国とチベットの緊張を高めるおそれさえある。そうなれば『平和賞』の名が泣くことになると批判しています。

英米の思うつぼです。社会が不安定化して戦争がおこり、人類が減ることが彼等の究極の望みなのですから。

♦佐藤栄作総理大臣の沖縄返還への貢献が、ノーベル平和賞受賞となったと言うのですが、自分の国の領土を返してもらったことが平和につながるのかどうか?

これは明らかに、沖縄は日本の領土なのだから日本の国防を行う米軍の駐留費用を全額出せ、と言う命令であったと思います。オキュパイト(占領)しておいて、基地運営費は日本が負担せよと言うのですから図々しい。金丸信に至っては「思いやり予算」と言って通常の負担金に何千億円かおまけで付けていますが、まさに泥棒に追い銭です。

♦そして次が元アメリカ合衆国副大統領であったアル・ゴアです。

地球温暖化は人類の存亡がかかる大問題だ、CO2を削減しないと大変なことになると「不都合な真実」という映画を作って世界中を威しました。それが実は、世界中の火力発電を止めさせ、自分が経営する「原子力」発電に切り替えさせようと言う魂胆があったからでした。このペテン師アル・ゴアもノーベル平和賞受賞です。COP10の京都議定書などもう、どこかへ吹っ飛んでいます。


♦ビルマのアウンサン・スーチーもそうです。軍政が必死になって欧米資本から民族の文化やアイデンティティーを守ろうとしていたのにもかかわらず、イギリス人と結婚して民主化運動を持ち込み民主主義と言う劇薬を撒き散らします。そんなことをすればビルマ社会の秩序が壊れます。軍が彼女を軟禁すると、早速ノーベル平和賞です。これを受賞すると世界は一変にその人物をヒーロー扱いするようになってきます。すると世論はその人物を持ちあげ英雄視するようになり、軍政が悪者になり、風向きが変わります。そしてついに軍政は世界中から非難され、弱体化させられてしまいました。おそらくこれも中国と親しい関係であった軍政を崩壊させ、東南アジアから中国の力を一掃するためにタヴィストックやMI6が仕組んだ芝居です。


♦麻原は結局彼等に乗せられ嵌められた道化の一人でしょう。彼がダライ・ラマに会わず、タヴィストックやオカルト局のマインドコントロールにかからなければあのような狂気の騒乱は起きなかったでしょう。

平成7年、天理教の招きで来日したダライ・ラマは自らオウムとの関連について記者会見を開き、彼(麻原)はチベット仏教の宗教性、精神性について涙を流して聞いていた。当時は真面目な印象を受けた。しかし私と会ったことが利用されたり、間違って運用されてもそれは手が届かないこと。私とは関係ない」と語っています。

http://d.hatena.ne.jp/k1491n/20111126/1322310837


タビストック人間関係研究所(Tavistock Institute of Human Relations)は、研究、コンサルティング及びプロフェッショナル・デベロップメントを行う非営利組織である。 (ロックフェラー財団が資金援助している。) 英国における精神分析理論の拠点の一つとしても知られている。精神病理学、臨床心理学の分野で著名なタビストック・クリニックは研究所の母体である。

タビストック人間関係研究所は、1922年(実質設立年)にイギリスに設立された研究機関。タビストック研究所とも呼ぶ。CFR(外交問題評議会)ないしロックフェラーの系列の機関であり、CIAとも協力関係にある。配下に多くの研究所、財団を持ち、アメリカ全体での資産規模は実質的には600 - 700億ドルに達する。

表向きは、人間管理、心理学等の研究所であるが、実質的にはロックフェラーと彼に追従するイギリス支配階級のための国際諜報機関である。

最終目的は、英米覇権維持のための国際的な大衆プロパガンダおよび完全な人間の心理コントロールの追求であり、その手段・技術の研究を行い、成果を実践することであり、現在に至るまで数多くの各種の大衆洗脳工作の実施に関与していると言わる。一説では、人間の行動制御も可能な技術を保持しており、それらはすでに諜報活動にて実地に応用されているとも言われ、目的のためには反社会的な手段の活用も辞さないとされる。 MKウルトラ、脳内音声兵器など。

20世紀後半のアメリカ社会文化の急激な変質と、世界各国の地域的文化と政治観念の変質破壊ないしアメリカ化は、同研究所の研究を利用して意図的に促進されたと言う。麻薬や同性愛をファッションとして流行させる作戦にもCIAなどとともに関与しているとされ、世界各国の大衆を音楽、薬物、婚外セックスによって政治的に麻痺させ体制迎合的に洗脳するという作戦目標は順調に達成されている。

またビートルズに始まる1960年代から1980年代までのイギリス製、アメリカ製ポップ・ソングの国際的流行は、同研究所の作戦のひとつであったとも言う。1990年代以降のアメリカ黒人音楽・ファッションの急激な一般大衆への浸透についても関与を疑われると言う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BA%BA%E9%96%93%E9%96%A2%E4%BF%82%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80


翩翩翩翩認誑孤|||||||}}}}}}}}}笏『『郊『『憫讚間讚醴醴醴$ .
譖雌翩窗瓰||||||||}}}}浴l{(}i゚(.(.(i゚(}ミ(!!i,(.(.(i゚(}郊朋讚醴雛蝴ge_
窗翩翩孤孤||||}}}Il.[(.(.(.(.(.(`.'.、.'.、:‘(.(.(i゚(!i{(,(,(.(.(i゚(}笏||||||||||||||q_. .
雛翩蹤孤|||}浴lI゙(.(.(i'゙(:゙'.'' ' .'、::、::' ' :゙'.'.(.(.(}}l}ヌlIi:l,(,(l.[(}}}}||||||||朋黏j,...
翩認孤||||}I}Il.[(}i゙('゙'.:.'.、: '   . `` .    ' ' :¨(i゙(!!i'ii洽浴浴I}}}}|||||||朋腸tgj_. .
雌誑回|}}Il.[(.(.(i:'.:.'.、' .               . `.'.`'゙(i浴浴Ii,(浴II}}}}}}}}}|}|||孤諭g,,.
躓蹤回|IIIIi゙(.(.(.'.、: '                   . `'、:''.'ミ浴浴lIi.i33浴浴浴}}}}}}}}照|qj_
雛翩回|IIIIi゙(i゙'.:.'.、                        ` :゙'゙('(IIIIII浴l.[(i{(ii゙(.(.(i゚(}}}}}}}}|黏j,...
醴躓誑||IIIi゙(i;゙::: .                           ` ::‘(}}}||||IIIII;(.(.(.(:゙'.:、'.':゙':'ii゚(}}}}効s,,.
醴雛翩|||III;(i.'.:' .                           、.:.、'.''゙(}I}}}||IIIi゙(.( :.'.、' ' 、'.:、'.'.(.(i゚(}}}}|tq,
醴醴雛即lI゙(.'.、                    .、...:.x.(iicsij:,;、'.::‘(i゚(}}|||ロIl,( :.'.、    . `` '' .(i゙(Il}}][q,
醴醴靈瓰II,(:.:、                  . . . `' `_).''''ミ!}|||Ijj,'。:.(.(}I}||||IIi>.'.、          .'.?ミ(}照|g,、
醴醴醴翩|IIi>:                   . ' . ' ` 'テi;  :゙(}蹤|I,(.'.?.(}I}||||I;(、'..          . ' :‘(浴}}}}諭gg_、
醴醴醴雛||II,( :. .                       、゙(li:ョ涸阨[|Ili.'.:.'.ミII}}|||Ii;、.          .、:::: (i゙(I浴||||謳薑
醴醴醴雛|||I)).:: .                       . .(ii.i}浴屈[}}'、'.':: (.(II}||||I,(. .         . `.'.、.(0IIII||||醴‡゚゙
醴醴醴靈詬I;(i:.:、                      . .('゙(}}}}}笏'゙'... . .'.:ii゙(I}|||回>.           .'.、.(,(II||朋醴「...
醴醴醴醴齟|IIi'。::. .                       . `' `'゙'.'` .  、'.:.(.(泪屈Iiン. .       .、::.'_(.(II泪讃置
醴醴醴醴鑿||II,(>:、..                              丶.'_(i゙(I泪窗||Ii:、..    .、.:.'_(.(.(,(II屈醴歡
醴醴醴靈醴齟Ili.i.'.、                              . `、゙(洽泅膾[IIi、...  . . .'.、.(.(,(lIII||調醴歡
醴醴醴醴醴靈||II,(.(:、..                            . . .(.(iII|屈躓扱i.'... . 、'.:.'_(.(iIIII|朋醴醴‡ .
醴醴醴雛雛醴齟II)ii'。:. .                           .: (.(II泪讃雛拒i'。:::、:.'_(.(,(浴I|||讃醴醴’ .
醴醴醴雛雛雛靄踏II,(i'。::、..                      .:、;.(.(iIII泪讃雛郎I.(i.'.、.'_(浴I|||調醴醴歉
醴醴醴醴雛翩讃雛踏Il,ii,(.(:.:、. .                 、'.;.(.(浴||||朋雛雛部I,(i.(.(.(.(浴朋讃醴置′
醴醴醴醴雛翩翩認讃胞IIII,(,(.(.(:、::. .       、....、:..:、;.(.(洽II||回讃讃韜回IIIi.(.(.(.(III|朋讃醴歡
醴醴醴醴醴雛翩瓰孤孤誑||IIII)i,(,(.(.(x:..、..::;、;.'_(.(.(i,(i)iIIIII|||||朋調誑||||||||||IIlI゙(.(.(浴||||讃醴歡
醴醴醴醴醴雛窗瓰||||||||||||||||回|IIIIIIIlIi:liji.iiji.iii.lIlIi.l浴II}}}||||||||||}}}}}}}}}}}}}}||||||||I;(.(.(i.[(I}||朋讃置


地球を覆う「タヴィストック洗脳研究所」 2011/04/23 1


 不気味な名前ですよね。「タヴィストック洗脳研究所」。いったいどういうことを行なったのでしょうか。

タヴィストックの当初の目的は、第一次世界大戦中に砲弾ショックを受けた兵士の研究と言われ、人間の物理的ストレスに対する精神的限度を研究していましたていましたが、そこから数々の物事への干渉が始まりました。「ウーマン・リブ」に代表される世界中を巻き込んでいる「男女同権運動」を私は支持していますが、それでもその背後には「女性を社会に進出させて家族崩壊へと導く、また女性を社会に進出させることで課税対象を増やし税金収入を増やすという意図が込められています。

 タヴィストックを親元とした数々のネットワークは各種大学から米空軍諜報部にまで及びます。群集心理を利用して群集をコントロールすることで自由・人権が侵されていることに気づかないようにすることをしています。例えば、第二次世界大戦時には「ドイツがいかに邪悪の存在であるか」を印象づける操作が行なわれました。これは、湾岸戦争・イラク戦争時のフセインや9・11に対するビン・ラディンに対する憎悪育成の操作もそうであります。大量虐殺の際に群集がいかなる恐怖を示すかを調べるために、ルーズベルトとチャーチルに都市の住宅地域への空襲を行なわせたのもタヴィストックです。タヴィストックの目標は、「いかにして個人の精神的抵抗力を崩壊させ、世界秩序の独裁体制を実現するか」でありました。

 アメリカでタヴィストックに大きく関与しているシンクタンクを挙げますと、

「スタンフォード・リサーチ」
「ペンシルバニア大学ウォートン校」
「マサチューセッツ工科大学」
「ハドソン研究所」
「ヘリテージ財団」
「ジョージタウン大学」

などがあります。

 かつてCIAが主導して、「MK-ウルトラ」(たぶんウィキペディアに載っています)計画というLSDを使った精神実験が行なわれましたが、それを主催した中には、私が以前示した、「ムダ飯食いの排除(人口削減)」を訴えていたバートランド・ラッセルがいました。タヴィストックを創設した人物にはジョン・ローリング・リース大佐がいましたが、彼は

「人口全体をストレス状態におくことができれば、社会全体を「狂気」にかりたてることが可能」

とする理論を生み出しました。ジョン・コールマン博士は次のように述べています。

 「合衆国政府は1941年以来、わたしたちの精神環境操作を隠蔽するプロジェクトに数百億ドルをつぎ込んでいる。わたしたちの生活には、心理のあらゆる面において常に、米国にあるタヴィストック機関(管理人:親元はイギリス)の顕微鏡が当てられている。こういった実験の結果から、わたしたちが現在あるいは近い将来にどこでどういう生活をするか、米国的な生活のなかでストレスのかかる状況になるとどのように反応するか、集団としての思考はどのようにして「正しい方向」に向け、変えることができるのか・・・・・・が判断されるのだ。」

 オバマ大統領の側近であるブレジンスキーはかつて自身の著書『テクトロニク(情報技術革命)時代』の中で次のように発言しています。

 「好むと好まざるとにかかわらずプライバシーは完全になくなる。」

 「人口削減」を訴える「ローマクラブ」を設立したのもタヴィストックであり、北大西洋条約機構(NATO)を組織したのもタヴィストックです。そして、NATOの重役ポストの職員はすべてタヴィストックが送り込んでいます。


 第二次世界大戦時にできた戦略事務局(OSS:日本に対して「原爆」か「津波」かを画策した組織)を前身として、現在のCIAが誕生しましたが、このCIAはタヴィストックの指示・コントロールを受けています。


タヴィストックの戦争は「見えない戦争」であり、彼らの戦略は「大衆に「変化」を受け入れさせる」であります。それには軍人はいりません。精神科医が必要なのです。

 タヴィストックの下部組織には「ランド研究所」があるが、ここはアメリカのICBM(大陸間弾道ミサイル)計画を管理し、外交政策の基本分析、原子力政策、CIAによるマインドコントロールなど何百というプロジェクトを展開しています。このランド研究所の顧客には「AT&T」「チェースマンハッタン銀行」「アメリカ空軍」「エネルギー省」「IBM」などがあります。こうして、政府、軍に限らず宗教などにも入り込み「地球規模の洗脳」を行なっています。

「ナイラ証言」という有名な「大衆欺きクソ政策」があります。それは、イラクとクウェートが戦争した「湾岸戦争」時、ナイラというクウェートの駐ワシントン大使の娘が「イラク兵がクウェートの病院の保育器から赤ん坊を次々と取り出して床に投げ捨てた」と発言したいうものです。これはイラクに戦争を仕掛けるための「でっちあげ」でした。ナイラは実際、アメリカの駐クウェート大使の娘であり、クウェートには一度も行った時はありませんでした。しかも、この証言はアメリカの大手広告代理店が請け負い、事前にリハーサルをしていました。この時にはペルシャ湾の油まみれの水鳥の映像を流して、「これはイラクが油田を破壊したためた」として、一般大衆の同情を煽りましたが、実際はクウェートの油田をアメリカ空軍が爆撃してイラクをスケープゴートにしたものでした。

http://nikusiminorensa.at.webry.info/201104/article_38.html

タヴィストック工作に不可欠の武器−−麻薬

タヴィストックの工作には一つだけ共通の特徴がある。それがタヴィストックの共通した戦略の正体を明らかにしてくれる。その特徴とは、つまり麻薬の使用である。

CIAの行った悪名高いMKウルトラ計画はシドニー・ゴットリープ博士が指揮したが、なんの疑いももたないCIA職員たちにLSD(Lyserg Saure Diethylamid)を与え、まるで実験動物のように職員たちの反応を研究するというものだった。結果的に数人の死を招くことになり、合衆国政府は犠牲者の家族に何百万ドルもの損害賠償員を支払うはめになったものの、犯人たちはけっして起訴されることはなかった。

そもそもこの計画の発端は、ロンドンのS/G/ウォーバーグ(Siegmund George Warburg)商会の所有するスイスの製薬会社Sandoz社がリゼルグ酸(引用注:特に、リゼルグ酸ジエチルアミド合成法)を開発したことにあった。

ルーズヴェルトの顧問をつとめたジェイムス・ポール・ウォーバーグは、連邦準備法を起草したポール・ウォーバーグの息子であり、ヒットラーに資金提供したマックス・ウォーバーグの甥だった。この人物が麻薬を奨励するために政策研究所(IPS)を設立し、その結果として起こったのが、1960年代のLSD「対抗文化」であり、「学生運動」だった。これに、CIAから2500万ドルの資金が援助されていた。
−−
FRB成立とウォーバーグ家人脈
−−
MKウルトラ計画の一部が「人類環境基金」であった。つまり、CIAがハーバード大学のハーバート・ケルマン博士にも資金を援助して、マインドコントロールにかんするさらなる実験を行ったのである。

1950年代に、CIAはカナダにおけるLSDの広範な実験に資金を提供した。カナダ心理学協会会長でモントリオールにある王立ヴィクトリア病院の理事だったD.ユーアン・キャメロンが、CIAから巨額の支払を受けて、53人の患者に大量のLSDを投与し、患者の反応を記録に取った。

患者たちはLSDの作用で何週間も昏睡状態に陥った。そこで電気ショック療法が与えられた。犠牲者の一人となったカナダの国会議員の妻は現在、CIAに麻薬を提供した合衆国の会社数社を相手取って告訴している。

パワーズ(Thomas Powers)はヘルムズ(Richard Helms, CIA director from 1966-1972)の伝記「The Man Who Kept the Secrets: Richard Helms and the CIA.」 のなかで、こういっている。

ヘルムズは在職中の最後になって、MKウルトラの責任者シドニー・ゴッドリープ博士にCIAの行った麻薬実験計画にかんする全記録を処分するように命じた。そして、1973年1月14日までにヘルムズは6年半のCIA長官在任中に長官室で記録した5000ぺーじものメモを処分した!

タヴィストック研究所が全力を傾けて合衆国を周期的に崩壊させようとしているので、CIAの計画の効果は悲劇的なまでに顕著である。R・エメット・タイレル二世はワシントン・ポスト紙の1984年8月20日付に書いた記事のなかで、「SDS(学生民主協会)にいた60年代過激派の惨めな結末」を取り上げ、「私生児・軽犯罪・麻薬常習・福祉・性病・精神疾患の率が上昇する」結果を招いたといっている。これがウォーバーグ家とCIAがわれわれに残した遺産なのだ。

彼らの中枢機関のIPS(政策研究所)はジェイムス・ポール・ウォーバーグの資金で創設された機関である。共同創立者は、フォード財団理事長マクジョージ・バンディの子分マーカス・ラスキンであった。

バンディはラスキンを国家安全保障会議のケネディ大統領の個人代理人に任命してもらい、そして1963年に学生民主協会に資金を注ぎこんだ。この学生民主協会という組織をとおしてCIAは麻薬文化を操作したのである。

http://satehate.exblog.jp/7651296


LSD 《空の境界>殺人考察(下)》

 とってもシャレにならない幻覚剤。神経ホルモンセロトニン≠フ複雑な誘導体であり、アミンの神経ホルモン作用を左右して幻覚を引き起こす。 身体の大きな動物ほど微量で効果が現れる傾向があり、人間では20〜250μgの極微量で幻覚を生じる。 因みに、LSDの致死量は約1.4mg。

 元々は麦に寄生する麦角菌(有毒成分:エルゴタミン、エルゴトキシン、エルゴクリスチンなどのバッカクアルカロイド)の研究過程で1938年に合成された化合物、リゼルグ酸ジエチルアミド。スイスの製薬会社サンドに勤めていたアルバート・ホフマンが、1943年にその幻覚作用を発見した。 正式名称はLSD‐25。Lはリゼルグ酸ジエチルアミド、Sはサンド社、Dはデリシット(商品名)の頭文字、25はこれが合成された1983年5月2日のこと。

 向精神作用があり、服用すると精神状態、特に視覚認識に強い変化をもたらす。このため目に映る色彩は極めて鮮やかとなり、輝きを持ち、しかも残像が延長して歪んだ映像を見るようになる。 この現象は服用後一時間ほどの間に発現し、六時間から一二時間に渡って持続する。また服用量の増加に伴って映像はさらに色彩に富んだものとなり、音が絵になって目の前に展開するような共感覚(幹也の言っていたアレ)という異常感覚の一種をも発現させる。(余談:生まれつき共感覚能力を持つ人もいる) これらが、いわゆるサイケデリック≠ニいう言葉で表現される精神状態である。

 ホフマンはLSDを精神分裂病(統合失調症)の研究や治療に役立てようと考えたが、社会は全く違う受け入れ方をした。顕著だったのは米国である。 1950年。LSDが米国に輸入されると、これに目をつけたハーバート大学心理学教室のティモシー・レアリー(後に解雇)が学生達に服用を勧め、さらに雑誌のインタビューでもLSD服用を奨励した。このときレアリーはLSDを媚薬であるかのように述べ、若者の乱用に繋がる結果となった。 これをきっかけに米国では大学生や若者の間でLSDの服用が流行。様々な事件を引き起こし、社会問題化した。

 1953年。メリーランド州奥地のロッジに軍とCIAの担当技師を集めて行われた研修会で、LSDによって頭脳を混乱させる作戦を指揮していたシドニー・ゴットリープが、実験のため皆には知らせずカクテルにLSDを混ぜた。 このLSDを盛られたスッタフに、今までまったくLSDを経験したことのなかった細菌戦担当のフランク・オルスンがいたが、彼は周囲が興奮して大笑いする中で深刻な鬱状態に陥ってしまった。数週間後、オルスンは投身自殺を遂げている。 LSDの精神作用はこれを服用する個人の人格、生活歴、服用するときの条件、周囲の状況(ムード)、期待感、薬に対する経験等によって大きく変わる。ある人には多幸感を与え、別の人には恐怖感を生じさせるなど効果は一定しない。一般に情緒不安定になることだけは確かである。 啓太少年みたいな状況でLSDを使うと、割と高確率で自殺して死ねるだろう。気分が沈んでいるので気晴らしにLSD、というのもお勧めできない。因みに、LSD自体は一応アップ系のドラッグである。 米国では1966年にLSDの使用が規制され、日本では1970年に麻薬と指定された。
http://www15.ocn.ne.jp/~ateliera/lsd.html


タヴィストック洗脳研究所 ジョン・コールマン (著),

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E6%B4%97%E8%84%B3%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3/dp/4880861960

コールマン博士は、そのタヴィストック人間関係研究所が極秘秘密組織であり300人委員会が目指すワン・ワールド政府構築のために活動を行っていると主張している。1913年、ロンドンのウェイリントンハウスで初期活動を開始、その後、どんどん力をつけ巨大化したこの研究所は洗脳という手段で人々を操り、ときには非人道的なことまでやってしまうと。

タヴィストックはウェリントンハウスに本拠を置き、プロパガンダの作成と宣伝を手掛ける組織として活動を開始した。当のウェリントンハウスは、ドイツとの開戦に断固として反対する英国大衆を翻意させるプロパガンダ攻撃を仕掛ける目的で設立された組織である。 【本書より】


大戦時、ドイツや日本を徹底的に敵視したこと
アメリカを戦争に引き入れたこと
真珠湾攻撃を仕向けたこと
ケネディ暗殺を企てたこと
イラクやフセインを悪者に仕立て上げたことなど

これらは300人委員会の指示のもと、タヴィストック研究所が動いたと書いてある。手段は主に洗脳だ。

プロパガンダを大々的に行い、都合がいいように捏造を重ね人々を騙し、世論をおもいのままに操る。そのために選ばれたリーダー格の人間は、タヴィストック研究所でこれまた洗脳という手法で訓練されているらしい。リーダーの有名どころとしては、チャーチルやルーズベルトに始まり特にルーズベルト以降のアメリカ大統領があげてある。ブッシュ、クリントンに関しては、かなりきつい表現が多々ある。

さて、このダヴィストック研究所だが、力を発揮したのは第一次大戦、第二次大戦時の対ドイツ・日本だったと書いてある。どんな戦争にもいえるが、大衆を煽るためには誰かを悪魔に仕立て上げる必要がある。一九一三年、あのおぞましい大戦をつうじて悪魔に仕立てられた人物は、ドイツ皇帝ウィルヘルム二世であった。 【本書より】

一九四〇年にチャーチルは、嘘と承知で、ヒトラーが「世界支配」という同じような願望にこだわっていると非難した。チャーチルは、巷で噂されているヒトラー首相の人物像を嘘と知りながら、彼を「狂人」とも呼んだ。 【本書より】

英米の新聞はこれらに飛びつき、精力的に広める。日本もやられたらしいでっちあげの風刺漫画で、大衆を煽ったりもしたらしい。

アウシュビッツのイメージがあるもんだからドイツは非道なことをやっていた、という覚え方をしてはいる。それが、つまり、簡単に言えばドイツは悪だったという見方が正しいのかどうなのか、考えたこともなかった。けれども、この本に、ドイツが英米によってどんな攻撃を受けたか書いてあるのを読んでみると
ん・・・もしかして、ドイツは、ハメられたのか?と思うと同時にひょっとして、わたしら(日本とドイツ)はやりこめられた者同士?と思えなくもない。

1940年、英国はドイツ民間人を標的にした空爆を行っているらしい。このとき、タヴィストック研究所はドイツの労働者住居の65%を破壊するという目標をかかげていたというのだ。

基本的には民間人を攻撃しないというルールがあるはず。これによってロンドンがドイツ軍より報復を受けたらしいがそれはドイツが受けた損害よりも比較的軽微、と書いてある。他にもドレスデンへの大空襲が非人道的であったことが書いてある。世界的にあまり知らされていない英米の行ったらしい虐殺的行為について東京大空襲と二度にわたる原子爆弾を食らった史実がある日本人のわたしとしてはありえるよな、と思っている。

日本が侵略行為を繰り返すことにより他国ともめ いくつもの国がかかわることになった世界大戦について国際的批判を受けての残念な結果なのかもしれないと思っていたがもしも、それが別の視点での世界征服を企む輩にあることないこと情報操作され、洗脳によりカモフラージュされわざと戦争を引き起こそうとした力が働いていたとするなら これまでの認識を大きく変えなければいけないということになる。

原子爆弾投下についてアメリカに対する世界的非難が聞こえてこないこと。そして、テレビ番組で知った東京大空襲時のアメリカの行為が大虐殺であると日本でもあまり知らされていないこと。戦後の教育の中に情報操作があったのだろうと想像している。

フセインは悪い奴だ、ろくな宗教じゃないな、というイメージが残っている。コールマン博士流でいえば、わたしも完全にプロパガンダ汚染組だ。苦笑

大量破壊兵器を隠し持っている、間もなくそれらは使われるということでアメリカ率いる連合軍が攻めこんだが、それらは見つからなかった。

少女が目撃したイラク兵の残虐な行為を涙ながらに語っていた映像により ひどいなぁと思ったが、のちに、その映像はでっちあげだったという報道があった。

アメリカの女性兵士が拉致され救出劇が大々的に報じられたけれども、あれもヤラセがかってたんだよね。

わたしはそれらの出来事に対して、疑問は感じたものの偽装について非難めいたことを考える間もなく流されてしまったように思う。世の中的にも、わたしが引っかかっていることについて弁明はなく大々的な出来事も起きていない。たとえば、連合軍が「間違いでした」といって戦争をやめたとかね。

ちなみに、少女の映像について本に書いてあるには その少女はワシントン駐在のクウェート大使アル・サバ家の娘で戦時中はクウェート大使の父とワシントンDCで暮らしていたためイラク兵の残虐行為を目の当たりにした、ということはありえないらしい。少女の演技に、騙されたのか、予定通りだったのか、アメリカ・上院はそれによってイラク攻撃にGOサインを出したらしいがこのでっちあげがバレたあとも、誰もとがめられることはなかったよね?
このクウェート大使親子が起訴されることもなかったって。

おかしいよね?

これこそが、プロパガンダの達人が言う「首尾よく出来事を再生すること」の真骨頂である。 【本書より】


そういうことなのか?
ショックでもある。まさか、国をしょってたつリーダーが、そんな子供だましの手を使ってまでやりたい放題するなんて、思ってもみなかったから。

ということは先の大戦でも、こういったプロパガンダが行われたというコールマン博士の主張に、大きくうなずける。日本は現在戦争から足を洗っているが、アメリカは今もなお大衆が洗脳され続け、辻褄の合わない戦争に若い命を投げ込んでいるともいえる。「告発のとき」という映画が蘇るよなぁ。


考えてみれば、人を操ることができるのなら、思い通りにコトが運びやすい。怪しげな宗教まがいのことでも、洗脳によってカネを集められるし会社における社員のモチベーションをあげようとすることだって個人よりは会社にとって得な話にもなるわけで。軍隊での、規律を厳しくした中で命令絶対と叩き込むアレも洗脳めいたものといえるんじゃないか。

本当か嘘かはどうでもよくて、その先にある目的のために都合のいい話にすりかえて、あとはそれを多くの人たちに信用させる。世間が信じれば、もしくは異をとなえなければ既成事実となって存在することになる。流行のファッション、音楽、ショップなどにも仕掛け人がいるという話は聞く。メディアが多くとりあげれば、流行っているような気になる。クチコミで広がってメディアが取り上げるのとさも人気があるようにメディアが取り上げることは もとは違ってても伝わる結果は同じようなもんだ。

戦争をしたくてたまらなかったルーズベルトが恰好の標的だった日本をあらゆる方向から刺激して先手を打たせるための裏工作をしたらしいことについて その作戦に乗っかったほうも、問題ありではあるが この男となんとか結婚に結びつけたいと思っている女が真実ではない家庭的である風を装い、はコレに弱いとされるコレをいたるところでアピールし、結婚にこぎつけた場合の話と似ていると思う。結婚後、だまされたー、と気づいたとしても、即離婚だなんて話はあまり聞かない。見え透いた嘘でも始められる戦争と結婚、始めてしまえばあとはなんとかなる?

心理をあやつる、つまり洗脳とは、意外に身近にあるもんだ、ということで。苦笑

ニュースは話半分で聞け、と誰かが言ってたが今、ようやくその意味がわかる。公共の報道で、隠したり、情報操作したり、ありもしない話が流されるなんて夢にも思ってなかったし。 ←騙されやすい青い人ね。 苦笑


ひとつ前の「300人委員会」の本に、メンバー或いは関連機関が名指しされていた。この本にも「米国を牛耳る洗脳機関・洗脳企業」というタイトルで政府の重要機関、大学、金融企業、民間会社などの名前が書かれている。ブッシュ政権擁護のプロパガンダ攻勢を仕掛けた代表的人物リスト(14名)は名前だけでなく写真付きだからね。そしてこう書いてある。

ここに書いたことは紛れもない真実である。しかし、アレキサンダー・キングによって立証されるまでに、私の著書「300人委員会」が一四年、論文「ローマクラブ・レポート」が二五年かかったように、それを立証するには大事件が必要となるだろう。しかし、二〇〇五年の現在、タヴィストックが米国人の生活の隅々まで掌握しているのは間違いない。タヴィストックの目から逃れられるものは一切ない。 【本書より】

コールマン博士は、膨大な時間をかけ、カラダをはって書いているんだなぁ。それにしても、このときの博士は、まだ2008年に起こるサブプライムが発端となっての世界的な恐慌を知らないわけだがこの本に書いてあることを思いうかべながら考えるにまさしくアメリカ潰しを目的としたタヴィストックの作戦のひとつだと思えてしまう。

だからアンタ、洗脳されてるって! ←自分へ。 苦笑


「仕組まれた状況」の例のひとつに、一九四一年一二月の日本軍による真珠湾攻撃がある。真珠湾攻撃は前述したように「仕組まれた」ものである。ロックフェラー資金がスパイの大立者リヒャルド・ゾルゲ経由で日本の皇族に渡り、日本軍に先制攻撃をそそのかす工作資金となった。これは、ルーズヴェルト政権が米国を第二次大戦に引き込む口実を切望したからに他ならない。

嘘がまかりとおると真実は忘れられる。

ウェリントンハウスのプロパガンダは、ドイツ軍が第一次大戦における最大の虐殺行為を働いたと嘘をついた。そのためドイツ人国民は飢餓で苦しみ、復讐を誓うこととなった。ドイツに対する盲目的な敵意を創造したために、ブライスは第二次大戦という争いの種を蒔いたのである。

シェイクスピアはこう言った。「人間が働く悪事は死後も生き残る」「善はしばしば骨とともに葬られる」と。

「黒い貴族」に馴染みのない読者に一言いっておこう。もちろん、その語は黒人を指すものではない。それは大富豪や王朝を指す言葉である。彼らは五〇〇年前から活動し、三〇〇人委員会の背骨をつくりあげた。

私の論議を例証してみよう。クリントン前大統領が相次ぐスキャンダルにもめげず任期をまっとうできたのは、彼の非常識な行動は弾劾訴訟を要求するほどのことではないという世論調査結果が出たからだ。この状況はタヴィストック研究所が創作したものである。世論調査業者は全員がダヴィストックで世論の形成や操作の手ほどきを受けているので、調査の回答は「おあつらえむき」になる。

G.W.ブッシュ大統領も「生き残り組」に加えていい。彼は憲法違反のイラク戦争を始めるために露骨な嘘を重ねたにもかかわらず、ホワイトハウスから追放されなかった。あの戦争は憲法に則って宣戦布告されていない違憲である。さらに米国憲法は、米国に戦争行為を働いていない他国に対する攻撃を禁じている。ブッシュ大統領がどうやって弾劾を免れたのか?答えはタヴィストック研究所とその大衆洗脳力にある。


アラブ諸国は失敗から多くを学んでいた。そして今日、彼らは第一次大戦の開戦当時よりはるかに英国政府を信頼していない。

タヴィストックは当初、「リーダー不在のグループという概念」を用いて活動し、かつての米国を葬った。プロジェクト責任者のW.R.バイオリンは長年、ウォートン経済校を運営している。そこでは自由貿易やケインズ経済学といった無意味なことが教えられている。日本はウォートン校のまやかしに乗らず、マッカーサー将軍に教えられた米国モデルを堅持したので今日の繁栄を築いた。日本人の成功を非難しないで、米国の経済体系を破壊したタヴィストックを非難すべきだ。

米国民は五つの大戦争について、完璧に誤誘導されていた。これだけ騙されれば、他のすべての国も同様になるだろう。しかし不幸にも、イラクやセルビアに対する英米の間断ない空爆は、米国民が湾岸戦争から何も学んでいないこと、戦争が仕組まれた実態も言語道断なやり口で騙され操られた実態も国民が知らないことを示している。


(MKウルトラ実験が残した影響>

スタンフォードやランドなどの研究所によって、悪名高い「MKウルトラ」計画が手掛けられた。「MKウルトラ」計画とは、LSDや他の「人を変える」麻薬を利用した二○年に及ぶ実験のことである。CIAに委託されてオルダス・ハクスリーと「核兵器廃止」運動の大御所バートランド・ラッセル(三〇〇人委員会の幹部政治家)がその指揮をとった。

第二次湾岸戦争では、タヴィストックの養成した工作員がイラクのアブグレイブ刑務所やキューバのグアンタナモ基地に収容されているイスラム人捕虜から「情報」を聞き出す拷問方法を米軍のミラー将軍に教えたことが露見すると、世界中は驚きおののいた。これと同じようなマインドコントロールや人を変える麻薬を利用した、レヴィン、ハクスリー、ラッセルは、米国の若者にとてつもない損害を与えた。彼らの恐ろしい麻薬実験はスタンフォード研究所、マクギル大学、ベセスダ海軍病院、各地に点在する米国陸軍基地でおこなわれた。

戦争によるドイツの民間の犠牲者が軍人の犠牲者よりはるかに多かったのは、ハリス「爆撃機」とドイツ労働者住居に対するRAFの夜間絨毯爆撃のせいである。これはいまだに処罰されていない重大な戦争犯罪だ。

ドレスデンの爆撃と空襲のタイミングは「衝撃と畏怖」によって友人のヨセフ・スターリンの関心を引こうとした「偉人」が、タヴィストックと相談して選んだ冷血な決断だった。四旬節にときを合わせた、紛れもなくキリスト教に対する攻撃ともいえる。

http://www.mypress.jp/v2_writers/markosyosai/story/?story_id=1820744


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

7. 中川隆[-15253] koaQ7Jey 2019年11月28日 19:04:00 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-2331] 報告
統一も創価も朝鮮人が主体の教団であり、朝鮮人脈が支配しています。統一の文鮮明は、北朝鮮生まれの朝鮮人ですし、あまり知られてはいませんが、創価の池田も朝鮮人二世であり、創価学会の幹部の大半は在日か帰化人です。

統一は、北朝鮮の政権中枢と直接のパイプを持っています。ピョンヤンには信者数千人が常駐して、なにやらおかしな事業に手を出しています。文鮮明は、金日成と義兄弟の間柄ですし、北のマスゲームでは、「真の愛国者」として、金日成同様に賛美を以って描かれるそうです。また、北の独裁政権に最大の援助を行ってきたのも、統一教会です。

ブッシュ元大統領は、元CIA長官でもあり、現在でもCIAの影の支配者である。CIAは、ブッシュが長官になってから、秘密裏に麻薬密輸に積極的に取り組んだ。CIAはいまや、世界最大の麻薬密輸組織となった。そのブッシュの中南米での麻薬密輸事業には、統一教会が深く関与していた。

ブッシュ・CIAと文鮮明は、麻薬を介して繋がっていたのだ。いや、むしろ文鮮明の方が主体だったかもしれない。文は、ブッシュの大統領選に資金提供し、見事当選させた。その見返りに、ブッシュは、文の麻薬組織が大量のクラックとコカインを米国内に持ち込む手伝いをしたのだ。

勿論、その仕事に携わったのは、ブッシュ子飼いのCIA要員である。麻薬に手を出しているのは、CIAだけではない。イスラエルの諜報機関、モサドも関わってきている。
http://members.boardhost.com/gwbush/msg/240.html


まだあるよー。

David Icke Magazine

文鮮明は、南米の麻薬カルテルにとって、よく知られたマネーロンダーリング業者であり、CIAの麻薬密輸組織と資金面で提携している。(文は、CIA元長官であるブッシュを買収している。)
http://www.davidicke.net/emagazine/vol18/research/moon.html


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

8. 中川隆[-15252] koaQ7Jey 2019年11月28日 19:06:57 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-2330] 報告
麻薬取引の黒幕は CIA


2019.03.18
麻薬取引はCIAや巨大銀行と密接な関係があり、明治維新の背後には麻薬業者


 ある音楽グループのメンバーで俳優としても活動したいた人物がコカインを摂取した容疑で関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたという。その人物が薬物を使用しているという情報が昨年の秋にあり、内偵していたようだ。

 伝えられているところによると、任意同行を求めて尿検査をしたところコカインの陽性反応が出たのだが、自宅からコカインは見つからなかったという。コカインを使ったと認識した段階で任意同行を求めた可能性が高く、どのようなルートで麻薬を入手し、どこで摂取したのかも当局は知っているのだろう。

 本ブログでも指摘してきたが、麻薬取引はCIAの活動と深く結びつき、麻薬資金を巨大金融機関は扱っている。ベトナム戦争の当時、最大の非合法ケシの産地は東南アジアであり、アフガニスタンでCIAが秘密工作を始めると主要産地はパキスタンとアフガニスタンをまたぐ山岳地帯へ移動、中米で秘密工作を始めるとコカインの流通量が増えた。いずれも黒幕はCIAであり、その儲けを扱うために「CIAの銀行」が存在する。

 世界の金融システムは2008年に破綻した。リーマン・ブラザーズの倒産はその象徴にすぎない。システムが崩れそうになったのだ。この倒産を利用して欧米の支配層は庶民に破綻の尻拭いをさせた。超法規的な救済だが、その後、富が集中するはスピードは加速していく。

 この金融破綻、いわゆるリーマン・ショックを処理する際に麻薬資金も重要な役割を果たしたと伝えられている。UNODC(国連薬物犯罪事務所)のアントニオ・マリア・コスタによると、​麻薬取引で稼いだ利益3520億ドルの大半が経済システムの中に吸い込まれ、いくつかの銀行を倒産から救った可能性​があるという。麻薬資金は流動性が高く、銀行間ローンで利用されたとも言われている。

 本ブログでは繰り返し指摘してきたが、CIAはウォール街の人脈によって作られた情報機関である。同じように、イギリスのMI6(SIS)はシティと結びついている。

 イギリスに限らないが、その支配者は侵略と略奪で富を築いてきた。金や石油といった資源を盗んでいるが、19世紀には中国(清)を侵略するためにアヘンを売りつけ、戦争で利権を奪った。アヘン戦争やアロー戦争だ。

 そのときにアヘン取引で大儲けした会社のひとつがジャーディン・マセソン。インドで傭兵の武装蜂起で始まった大反乱(セポイの反乱)が終わった翌年、1859年に同社はトーマス・グラバーを長崎へ、ウィリアム・ケズウィックを横浜へ派遣した。

 グラバーは明治維新をテーマにしたドラマによく出てくる人物だが、ケズウィックの方が大物だった。ジャーディン・マセソン創立者の一族で、麻薬資金を処理していた香港上海銀行(現在はHSBC銀行)とも深く結びついている。有り体に言うと、明治維新の黒幕は麻薬業者だ。

 CIAがエル・サルバドルを含むラテン・アメリカ諸国で死の部隊を使ってアメリカの巨大企業のカネ儲けに邪魔な人物や団体を抹殺していた当時、ロサンゼルス市警の内部の麻薬担当はCIAの活動に肉薄、司法省などからの攻撃を受ける。捜査チームを追い込むために税務調査が実施され、細かい違法行為を見つけ出して刑務所へ入れると脅され、退職を余儀なくされたと言われている。

 また、CIAの手先だったニカラグアの反革命ゲリラ(コントラ)のコカイン取引を暴く連載記事を1996年に書いたサンノゼ・マーキュリー紙のゲーリー・ウェッブ記者は有力メディアから一斉攻撃を受けて退職を余儀なくされ、自殺に追い込まれた。

 今回のミュージシャン/俳優のコカイン事件を伝えているマスコミも芸能界の実態を知っているだろう。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201903180000/  



▲△▽▼

アフガニスタンでの工作資金を捻出するためにCIAはヘロインを売る。
そのため非合法のケシを栽培する中心地は東南アジア(黄金の三角地帯)からアフガニスタンとパキスタンの山岳地帯へ移動した。
中米における工作ではコカインが使われている。
2018.09.15
米政権はイランの石油輸出を止めようとしたが、中国とインドが買い続けて失敗



 アメリカのドナルド・トランプ政権はイランの現体制を破壊しようとしている。ロスチャイルド資本と関係の深いネオコンにしろ、ウラジミール・ジャボチンスキーを祖とし、ベンヤミン・ネタニヤフにつながるリクードの人脈にしろ、この点は同じだ。


 イランでは1979年にイスラム革命で王制が倒され、その年の11月に「ホメイニ師の路線に従うモスレム学生団」を名乗るグループがアメリカ大使館を占拠、機密文書を手に入れる一方、大使館員など52名を人質にとる。


 その翌年はアメリカで大統領選挙が行われた。現職だったジミー・カーターはパレスチナ人に近すぎるとして親イスラエル派に嫌われ、反カーター・キャンペーンが展開されていたのだが、52名の人質が選挙前に解放された場合、カーターにとって追い風になって再選の可能性があった。


 そこでロナルド・レーガンやジョージ・H・W・ブッシュを支援していた共和党のグループはイスラエルのリクード政権と手を組み、人質の解放を遅らせようとする。この工作は成功し、人質が解放されたのはレーガンの大統領就任式の当日、つまり1981年1月20日のことだった。


 この工作でイランの革命政権ともパイプができ、アメリカからイランへ武器が密輸される。この密輸の儲けがニカラグアの反革命ゲリラ支援に使われ、この工作が発覚してから「イラン・コントラ事件」と呼ばれるようになる。


 この工作の背後にはズビグネフ・ブレジンスキーが始めたアフガニスタンでの秘密工作があった。ソ連軍をアフガニスタンへ誘い込み、サウジアラビアが雇い、送り込んできたサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団を中心に編成した傭兵部隊と戦わせるという内容で、これは成功した。


 アフガニスタンでの工作資金を捻出するためにCIAはヘロインを売る。そのため非合法のケシを栽培する中心地は東南アジア(黄金の三角地帯)からアフガニスタンとパキスタンの山岳地帯へ移動した。中米における工作ではコカインが使われている。


 イスラム革命の翌年、1980年の9月にイラク軍がイランの南部を攻撃してイラン・イラク戦争が始まった。イラクのサダム・フセインはCIAの手先として権力を握った人物で、アメリカ支配層の要請を受けての行動だったのだろう。この戦争でイランはアメリカから武器を調達する必要に迫られ、イランとアメリカとの関係が接近する。


 イラン・イラク戦争は1988年8月に終了、その翌年にイラン大統領となったのはハシェミ・ラフサンジャニ。この政権は新自由主義化を進め、私有化や貿易の自由化を推進した。その結果、少数の大金持ちと多くの貧困層を生み出すことになる。


 当然、イランの庶民は激怒、マフムード・アフマディネジャドが2005年の大統領選で勝利した。新大統領はこうした状況を変えようと試み、まず欧米の金融資本と結びついたパールシヤーン銀行にメスを入れようとしたのだが、成功しなかった。この勢力に西側は期待しているのだろう。


 ハサン・ロウハーニ大統領は西側から「穏健派」、つまりラフサンジャニに近い人物だと見られていたが、西側の思惑通りには動かなかった。そこでトランプ政権による「制裁」につながる。


 イランでは1951年にムハマド・モサデク首相がイギリス系のAIOC(アングロ・イラニアン石油)の国有化を決める。この会社を通じてイギリス支配層はイランの富を盗んでいた。1950だけでAIOCが計上した利益は1億7000万ポンド、そのうち1億ポンドをイギリスへ持ち帰っている。AIOCの筆頭株主はイギリス政府で、発行済み株式の約半分を保有していた、つまりAIOCの利益がイギリスの財政を支えていたのである。イラン国民はほとんど利益を受け取っていない。


 そこでイラン政府はAIOCの国有化を決めたのだが、それに対してイギリス政府はアメリカ支配層の力を借りてクーデターを実行、モサデク政権を倒しているが、その際に米英側はイラン政府が石油をオープン・マーケットで売却することを阻止、イランは経済的に追い詰められた。そこでソ連に接近するのだが、この商談はクーデターで成功しなかった。


 トランプ大統領はこの「成功体験」を再現しようとしたのだろうが、イランの石油の約6割を買っているという中国とインドがアメリカの命令に従わない。イランの石油輸出による収入は今年3月に比べて7月は6割増になっているという。アメリカが仕掛けた経済戦争は裏目に出たようだ。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201809150000/



▲△▽▼

2017年01月17日 世界を支配しているCIA3派とは・・・・
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52001108.html


非常に長い記事ですので一部をざっくりと訳してみました。全てをお伝えできず残念ですが、残りの部分はサイト内の本文をご覧ください。

この記事はCIAについて非常に詳細に説明してくれています。そして世界を実際に支配しているのはCIAの3派閥だとも言っています。これらの3派閥で内紛が勃発しているそうです。またCIA 対 NSAの闘争も起きているそうです。彼らの戦いが激化して共倒れすることを願うばかりです。

日本の政治家もCIAに暗殺されていますが、トランプ氏もケネディ大統領と同様に彼らに暗殺される危険性があります。CIAとは関係がなくスキャンダルも少ないトランプ氏はCIAと主要メディアと戦っていることがよくわかります。主要メディア(日本のマスコミも含め)は、大統領就任式間近の今、反トランプの情報操作を激化しています。マスコミはトランプ氏の暴言について嘲笑しながら伝えていますが、トランプ氏の暴言の内容は非常にまともで本当のことを言っています。これほど本当のことをストレートにいう政治家はいままでいなかったでしょう。
激しくののしっているように聞こえますが、トランプ氏はオルターナティブ・メディアが伝える内容をそのまま言葉にしているだけです。想像以上にアメリカの闇を知り尽くしているのでしょうね。


http://themillenniumreport.com/2017/01/exposed-cia-the-swamp-monsters/

(一部のみ)

1月14日付け


EXPOSED: CIA –The Swamp Monsters


世界を支配しているCIAの3派


By the Anonymous Patriots

The Millennium Report Exclusive


(非常に長い記事ですので、一部しかお伝えできません。ご了承ください。残りの部分はサイト内の記事をご覧ください。)

CIAの国内におけるスパイ活動は全ての米国民を標的にしている。いつ米国民がCIAに狙われ銃で撃たれてもおかしくない状況にある。

大統領選での様々なハッキング騒動は大統領選を無効にするためにCIAが行った偽旗であり、これには国を混乱に陥れているCIAの派閥争いも絡んでいる。
現在、CIAの派閥闘争及びCIAとCIAほど重要でない他の諜報機関(FBI、NSA、国土安全保障省、NIA国家情報機関、その他)の闘争が進行中である。
このような諜報機関同士のスキャンダル合戦は今に始まったものではないが。
米政府の代弁者でしかない主要メディアでさえ、米諜報機関同士の争いが起きていることを報道している。


CIAは他の全ての政府系諜報機関のトップに君臨している。
大統領令は極秘に扱われ、CIA以外の諜報機関には知らされることはない。
大統領の国際的な極秘事項に対してはCIA以外の諜報機関は部外者となる。

現在、オバマ大統領は、米議会、最高裁判所、米国民の承認を得ずに国際戦争を行っている。オバマ大統領は、NDAA(直訳:国防権限法)を修正し大統領の権限を増大させたため、米議会の承認なしに国内外で様々な戦争を行うことができるようになった。オバマはこの8年間で数々の違法な大統領令を確立させ、大統領の権限をかつてないほどに増大させた。


オバマが確立させた大統領令の下で国の安全を理由に大統領はアメリカの全資産を強奪できるようになった。

更に恐ろしいことは、CIAは、国際安全保障の名の下に大統領の上に立つことができるということだ。


CIAは、米連邦議会、大統領、米国民よりも優位な位置に自らを置き、秘密裡に何でも行えるようになってしまった。
CIAの絶大な権限で主要メディアはトランプ次期大統領に関するねつ造報道(ロシアのハッキングやロシアの脅迫など)を展開している。イギリスからこの国へ偽の調査書類が送られた。そしてCIAはトランプ次期大統領に対する


組織的誹謗中傷キャンペーンを実施している。


DNI国家情報長官のジェームズ・クラッパー氏(James Clapper)はCIAが提出した偽の調査書類に同意したことで、政府諜報機関の無能さが露呈した。


1981年にレーガ大統領が大統領令によりDNI国家情報長官を創設した主な理由は、米軍の高級将官が運営していたNSAをなくすためだった。DNIの職務はCIAの監視役として定義され、全諜報機関のトップに立った。しかし彼はCIAを支配することはできない。


国内外の情報活動に携わっている政府機関は世界各地に1271機関あり、政府から委託された民間会社は1931社存在する。つまり、85万4千人以上の職員が機密情報を取り扱っている。
諜報部員は85万4千人以上存在する。


クラッパーDNI国家情報長官は米議会で真実を話すことを宣言したにも関わらず、NSAは米国民の個人情報を収集していないと嘘をついた。
クラッパー氏はDNIに任命される前に、英軍に機密情報を提供している会社(Detica)の業務最高責任者を務めていた。同時に他の民間諜報機関(SRAとBoozAllen Hamilton)にも勤務していた。


クラッパー氏は諜報活動のための約75億ドルの年間国家予算を管理している。また彼はイギリスの元民間スパイである。それでも彼はトランプ氏に関する主要メディアのねつ造報道を見抜けなかったのである。
つまりこの男はプロの諜報部員を従えて年間75億ドルの予算を管理してるのにもかかわらず、CIAがトランプ氏を中傷するために偽の情報を流していることにさえ気づいていないのだ。
一方、我々市民は独立メディアの情報によりその真実を知っている。

法治国家であるならば、CIAによる次期大統領に関するねつ造報道は違法行為と見なされるがアメリカは法治国家ではない。


クラッパー氏は、現在、17の諜報機関(CIA、NSA、国土安全保障省、FBI、国務省、財務省、国防情報局、空軍情報局、陸軍情報局、米海兵隊情報局、沿岸警備情報局、エネルギー省、国家偵察局、麻薬取締局、国家地理空間情報局)のトップに君臨している。同時に彼は今でも3つの政府請負会社(Detica、BAE Systems、SRAインターナショナル、Booz Allen Hamilton)の取締役である。
クラッパー氏はアメリカの全ての情報機関を支配しているが、同時にアメリカの敵でもある。

彼は外国の諜報機関に所属してアメリカをスパイしていたこともある。
彼はアメリカの国家諜報機関のトップに上りつめ、全権力とカネを手に入れた。


オバマがクラッパー氏を国家諜報機関のトップに任命してから、アメリカではねつ造報道のオンパレードとなり、多国籍グローバリストの利益のために売国されるようになった。
CIAは国外の違法なハッカーを雇ってサイバー攻撃を行わせている。ヒラリーと民主党全国大会は彼らのサーバーがハッキングされた後にその調査を国外の民間会社に依頼した。しかしロシアが彼らのサーバーをハッキングした証拠は一切見つかっていない。

ほんの数人に権力が集中すると、必ず誤った方向へ進んでしまう。クラッパー氏は正確な情報を提供することに興味はない。彼はナチスの情報局と同様に単なるプロパガンダ・マシーンなのだ。
クラッパー氏は17の諜報機関を使って、彼らが流す情報は全て正しいと証拠もなしに我々に信じさせようとしている。


オバマの大統領令により、NSAは米国民と世界人類を監視することが可能となった。NSAが盗みとった個人データは全諜報機関が共有している。


スイス、ジュネーブのCIA海外本部はスイスの金融スキャンダルやCIAの犯罪活動に関わっている。


CIAのCiscoルーターやサーバーはNSAによってスパイされCIAの犯罪活動がNSAに知られてしまった。その結果、CIAと共謀したスイスの金融エリートらが逮捕された。NSAは今後もCIAに対するスパイを行っていく。

CIAのスイス本部は極秘施設であり、そこのサーバーがハッキングされたことでCIAは激怒した。
NSAに対するCIAの反撃として、CIA請負エージェントのエドワード・スノーデンを使って、NSAが米国民の個人情報を盗んでいることを示す大量のデータをリークさせた。


CIAは、CIAの3派閥を暴露したNSAがこれ以上CIAをスパイできないように対策を講じている。
クラッパー氏は米議会に呼ばれる度にNSAはスパイ活動を行っていないと嘘の証言をした。

CIAとNSAの闘争の中で、CIAはCisco SystemsやDARPAなどの活動情報をNSAに盗まれないようにした。

現在、CIA、NSAそして他の諜報機関の情報操作、情報収集合戦が進行中である。
しかしCIAは国際安全保障を担っているため国家安全保障を担当するNSAよりも優位に立っている。

CIAは国際的な紛争や事件に必ず関与している。通貨戦争、市場戦争、金融戦争、サイバー戦争、麻薬戦争そしてテロは常にCIAの関心事である。


オバマのNDAAは軍隊がテロリストと見なされた米国民を攻撃することを可能にした。愛国法により、CIAは米国民、企業、機関がテロリストでないことを証明できるまでテロリストと見なすことが可能となった。

CIAは3つの派閥に分類されており、世界中のスパイ活動を通して大きな利益を得ている。
アメリカはCIAに支配されており、ワシントンDCはCIAの泥沼の怪獣に包囲されている。
CIAは国内外で偽旗事件や非人道的犯罪を繰り返している。CIAによる殺人行為で無数の人々が犠牲になり、3兆ドルものアメリカの納税者の血税が無駄に使われた。CIAは国際戦争を勃発させるための偽旗事件を仕掛ける。またCIAはメディアを支配しサブリミナル・メッセージを流すことにより人々を洗脳している。


CIAは、元祖CIA(金に裏付けられたCIA=GB-CIA)、ブッシュCIA、Ex−CIAの3派閥に分かれている。それらの3派閥がアメリカや世界を支配してきた。


GB-CIA:Gold backed CIA

元祖CIA(OSS)は第二次世界大戦中に世界の国々から金(Gold)を盗んだ。ドイツや日本が他の国々から奪い取った金もCIAが奪った。しかしCIAは盗んだ金を返還するつもりはない。CIAが盗んだ金はアメリカには保管されておらず、フィリピンとスイスに保管されている。

GB-CIAはアメリカの国益のために海外で活動することになっているが、彼らは通貨市場、債券市場、株式市場に関与し世界中に影響をあたえている。

GB-CIAのメンバーは米財務省及びアメリカの経済政策を決めるESF経済安定資金に多く入りこんでいる。 ESFは通貨、債券、株式市場を操作し、FRBに金融政策を指示している。ESFはGB‐CIAにとってアメリカの金融市場を支配する上で最も都合の良いツールである。
GB-CIAこそがアメリカ経済を支配している。


GB-CIAは欲深く、世界中に戦争を仕掛けて富を強奪している。邪魔者は容赦なく殺害する。CIAは世界中で数々の残忍な犯罪活動を行っている。
ブッシュやクリントン周辺では、彼らに批判的な銀行のトップ、ブローカー、内部告発者が次々に不審死を遂げている。これまで数百人が殺害された。


また、GB-CIA は、彼らの性的異常行為、ピードフィリア(小児性愛犯罪)、悪魔崇拝の生贄儀式に多くの政治家や企業家を取り込んでいる。彼らは世界的な小児性愛犯罪ネットワークを構築させた。また、彼らは、難民のチャリティ団体を活用して世界最大の性奴隷の人身売買市場を運営している。また世界の麻薬密売も牛耳っており、イランーコントラ・スキャンダルやアフガニスタンのケシ栽培を行ってきた。
彼らは、麻薬、セックス、権力、支配、悪魔崇拝という通貨で絶大な権力を買っている。


Bush CIA (ブッシュ、クリントン、オバマ犯罪ファミリーとも呼ばれる):


パパブッシュが副大統領時代にブッシュCIAが正式に創設された。アメリカの16の諜報機関は国家情報長官によって支配されている。パパブッシュはCIA長官も務めたことがある。レーガン政権を支配していたのはパパブッシュである。彼はレーガンによってアメリカの外交政策の責任者に任命された。当時、パパブッシュはCIAの戦術を使ってソ連を崩壊させた。


パパブッシュ政権時代にジョージ・ソロスとレオ・ワンタが米財務省の偽の米国債を使ってロシア通貨を攻撃し不安定化した。

パパブッシュの兄(弟)は、Riggs Bankを経営しており、その傘下にVelment Bankを創設し、ロシアから奪ったお金とゴールドをロンダリングしている。一部のお金はミット・ロムニーの会社、Bain Capitalを介してロンダリングされた。
ソ連崩壊後、パパブッシュとブッシュのネオコン攻撃部隊(Vulcans)はロシア及びソ連から独立した国々から全ての資産(特に石油)を奪った。パパブッシュとキッシンジャーは、ブッシュCIAのごろつき集団の犯罪を介して個人的に巨額の富を得た。
パパブッシュはブッシュCIAのごろつき集団にホワイトハウス、司法省、国務省を取り込み、勢力を拡大した。その結果、CIAの犯罪は全て連邦判事や国務省の高官によって見逃された。


ブッシュ家はクリントン家とビル・クリントンがアーカンソー州知事になる前から親しい関係にあり、オバマの母親は元CIAエージェントである。そのためオバマは生まれた時からCIAと深い結びつきがあった。オバマは完全にCIAの創造物である。
オバマが抱える問題は、CIAの3派閥ともつながりがあることであり、どの派閥に属してよいのかわからない。彼のめちゃくちゃな政策は、GB-CIAとブッシュCIAの両派閥を満足させようとしたからに他ならない。


ピザゲートで悪名高いジョン・ポデスタ氏と彼の兄(弟)はワシントンで最も有力なロビーストであり、レーガン政権時代から米政府の小児性愛組織を牛耳ってきた。
パパブッシュはレーガン政権の事実上の権力者だったが、当時からホワイトハウスでは小児性愛犯罪が日常的に行われていた。
ホワイトハウスがこのような性犯罪を堂々と行っていたことで連邦議員らの倫理が完全に崩壊した。


パパブッシュはケネディを暗殺したCIAを当時から支配し続けており、やりたい放題のことをやってきた。誰もそれを止めることはできなかった。パパブッシュはレーガン大統領の暗殺も企てたが失敗した。

ホワイトハウスも司法省も国務省もCIAの犯罪行為に慣れてしまい、CIAや政治家の犯罪をひたすら隠蔽してきた。


ケネディが暗殺されたとき、パパブッシュはCIAエージェントだった。
当時GB-CIAは世界の地政学的領域で独占するようになり、政治リーダーの暗殺を行うことで政権を変えることが可能になったとパパブッシュは認識した。
当時、パパブッシュは外交政策の責任者としてCFR(元CIA、政府の諜報部員及び企業の諜報部員で構成されている)の命令に従って政策を実行していた。また、パパブッシュは自分が任命した政治家全員の脅迫状リストを作成し彼らに命令に従うことを約束させた。


パパブッシュはサウジ王族と非常に親しい関係を築いた。そして彼の人生の多くをサウジの宮殿で過ごすことになった。パパブッシュは世界最大の武器商人、麻薬王、マフィア、王族、金融詐欺集団と協力関係にあった。彼はどこの国を訪れてもセキュリティに引っかかることなく自由に入国を許され、彼のビジネス(犯罪活動)を世界中で展開することができた。

最終的にGB-CIAはブッシュCIAの活動に気が付き、両者間の緊張が高まった。


パパブッシュは、配下のジョージ・ソロスとレオ・ワンタがロシア通貨を崩壊させ巨額の富を得た時、ロシアから大量の
金(ゴールド)を盗んだ。
そしてその2年間でパパブッシュは絶大な権力と富を獲得し、ブッシュCIAとGB-CIAのいがみ合いが悪化した。GB-CIAはブッシュの協力を得て政府とのつながりを持ちたかった。彼らはクリントン大統領が単にパパブッシュの命令で動いていることを知っていた。


Ex-CIA:


既にGB-CIA対ブッシュCIAの対立が激化している中で、Ex-CIAがそれに参戦している。
政治家を脅迫して政権を変えることが好きなGB-CIAと非常に欲深く際限のない権力闘争に明け暮れるブッシュCIAの対立を逆手に取りEx-CIAはこれらの2派閥の戦術と利権を盗もうと考えた。多くのEx-CIAは、政府を去り、利益の多い民間の諜報機関に籍を置いている。民間諜報機関はアメリカの諜報活動の65%を行っている。

Ex-CIAは、政府、銀行、企業の最高の地位にいた元CIAエージェントたちである。また、Ex-CIAは、GB-CIA及びブッシュCIAで働いていたエージェントらによる無秩序スパイ集団として創設された。


Ex-CIAのメンバーは政府や大企業で最高の地位を獲得している。
弁護士のジミー・コメィ氏は、FBI長官になる前に、ニューヨーク南部の連邦検事、検事副総長、米最大の軍事契約企業、ロックヒードマーチン社の上席副社長、CIA関連企業の相談役、CIA銀行のHSBC及びGB-CIAの金を保管しているHSBCホールディングズの理事を務めていた。
CIAの高級エージェントはこのよう昇進の梯子を上っていく。


コメィ長官はFBIを去ったあとに別の場所で高い地位を得ることで、 彼が犯罪によって獲得した巨額の富は守られることになる。コメィ長官はCIAの3派閥の命令に従って動いていた。


ジョン・ブレナンCIA長官は、長官になる前に国土安全保障省の副補佐官、サウジアラビアのステーションチーフ、国家反テロセンターの所長、諜報ネットワークのAnalysis CorporationのCEO、National Security Allianceの会長、 Global Strategies 、GlobalIntelligence SolutionsそしてGTECの主任エージェントだった。


これらの3派閥はシリアで破壊活動を行っている。シリアでCIAはペンタゴンが支援している部隊を攻撃していることが明らかになった。

アレッポの外側でアメリカが支援している3つの集団がお互いに戦っていることが分かった。この事実を隠蔽するためにオバマはクラッパー氏に偽の情報を流すよう命令した。
それこそが、ロシアがトランプ氏を脅迫していることや大統領選でロシアがハッキング行為を行ったとするねつ造報道である。また、国土安全保障省が有権者のデータベースをハッキングしたと報道されたのはシリアにおけるオバマの個人的な戦争の実態を隠すための偽装工作である。

クラッパー氏、ブレナン氏、コメィ氏は共に17の諜報機関がメディアを介してねつ造報道を行うことに賛成した。トランプ氏に対する彼らの攻撃により、CIAの3派閥の汚職、共謀、グローバリズム・アジェンダ、反米姿勢が明らかになった。


トランプ氏はCIAに刃向かう戦士である。


トランプ氏はグローバリズムと戦い法の支配を推し進めているため、CIAの3派閥の一番の敵となった。


CIAの3派閥は法の上に君臨して権力を悪用しているが、反グローバリズム、反NWOのトランプ氏が大統領に選ばれたことで彼らはかなりの衝撃を受けている。そのため、3派閥はトランプ氏の信用を落とすためにあらゆる情報操作を行っている。また、彼らが継続的に行ってきた数々の邪悪な犯罪を隠蔽しようとしている。また、ケネディがやろうとして失敗したことをトランプ氏がやろうとしているため、それを阻止しようとしている。


トランプ氏は、CIAがCIAメンバーとCIAの利権を守るためなら容赦なく人を殺すことを知っており、彼の命が危険にさらされていることを十分認識している。
CIAはトランプ氏についての調査書類を持っておらず、彼がワイルドカードだったことをCIAは知らなかった。トランプ氏にはこれまで明らかになったスキャンダル以外は何もないのである。トランプ氏はCIAの3派閥とは一切関わり合いを持っていない。
トランプ氏はワシントンDCの関係者を一切信用していない。なぜなら彼らは既にCIAに取り込まれている恐れがあるからだ。

トランプ氏が1600ペンシルベニア・アベニューのビルにオフィスを構えることをしなかったのは賢い選択である。なぜなら、そのビルの隅々にCIAのスパイ装置が設置されているからである。
愛国者は、トランプ氏が使うことになるホワイトハウスの内装及びリフォームの費用を支援すべきである。


CIAはあらゆる手法を使ってトランプ氏を公然と攻撃しはじめた。CIAの3派閥と繋がりのあるジョージ・ソロスも世界の舞台で公然とトランプ氏を攻撃している。


ビルダーバーグや三極委員会、ボヘミアングローブ、CFRが一同に集まり会議を開いた。そこでトランプ氏を大統領にさせないための作戦を練った。世界中の邪悪なカバラ犯罪集団は神経をとがらせている。既に彼らはトランプ氏を殺害しようとした。また、彼に賄賂を贈ろうともした。彼らは他の政治家に対してならうまくいく戦術がトランプ氏にはうまくいかないことを知った。トランプ氏はCIAが日常的に行っている活動に一切関心がない。

以下省略
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52001108.html


▲△▽▼

(違法薬物等末端価格)
コカイン / 1グラム20,000円
たばこ / 1箱480円
覚醒剤 / 1グラム60,000円
非合法大麻 / 1グラム5,000円
合法大麻 / 1グラム1,000円
警視庁が発表している違法薬物の末端価格になります。1グラムでコカインや覚醒剤は20回分、大麻は2回分ぐらいの量になりますので、違法薬物は1回あたり1,000〜3,000円で楽しむことができます。1本24円のたばこに比べると高く感じますが、月30,000円あればコカインでも毎日常習することができます。世界全体で80兆円のたばこ市場に対して、違法薬物市場は25〜50兆円に上ると言われており、依存性嗜好品の非合法化はマフィアや暴力団の活動資金を増やすことに繋がります。

ニコチンの依存性はコカインより弱いものの覚醒剤や大麻よりも強いため、たばこ市場は今後も一定の規模を維持するものと予想されます。

世界的寡占が進むたばこ業界。中国煙草、BAT、フィリップ・モリスの3社に集約されるのか、それともJTを加えた4社に集約されるのか。JTの生き残りをかけた戦いが始まっています。


4. 中川隆[-11251] koaQ7Jey 2019年11月03日 11:43:27: b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1643] 報告
▲△▽▼

プーチン大統領:世界のテロ攻撃の95%が、CIAによって指揮されている。2019年10月27日
https://sakamoto547416968.com/%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%ef%bc%9a%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e3%83%86%e3%83%ad%e6%94%bb%e6%92%83%e3%81%ae95%ef%bc%85%e3%81%8c%e3%80%81cia%e3%81%ab%e3%82%88/

WORLDDTRUTH.TVより転載

プーチン大統領:世界のテロ攻撃の95%が、CIAによって指揮されている。

ロシアのウラジミールプーチン大統領が「世界のテロ攻撃の95%が、CIAによって指揮されている」と述べた、昨日の臨時会談の後、ショックウェーブはクレムリン周辺で反響を呼んでいる。サンクトペテルブルグで起きた地下鉄の爆発は、「これを念頭に置いて」調査されなければならない。

政府の最高幹部と彼の故郷の街である職員に、非公開のフォーラムで語ったプーチン大統領は、地下鉄の爆発についての質問に対して、世界のテロ攻撃の大部分を誰が指揮しているのかを指摘、米国の影の政府が、世界の主要地域を不安定化させるために、過激なイスラム集団を後援している。

プーチン大統領は、拳をテーブルにぶつけて叫んだ。「もしCIAが、ロシア人の血で手を汚すならば、彼らは、ロシアのクマを穏やかな眠りから覚ましたことを、永遠に後悔することになるだろう」プーチン大統領は、テロリストに対する捜査をさらに進めていくことを誓った。

95%の数字が正確かどうかについて、トップの補佐官が質問すると、プーチン大統領は一歩踏み出し、「説明をする前に、世界がどのように運営されているかに関して、どのように見えるかを考えなければなりません」

プーチン大統領は、CIAこそが、影の政府の謀略機関であり、そして「世界寡占と、NWO新世界秩序」の意志を表明していると主張する。

プーチン大統領は、補佐官の制止に抵抗しつつさらに続ける。大統領は、証拠はどこにでもあり、個人的には、取引に関する徹底的な知識を持っていると述べた。

CIAは、今日アメリカの一部として存在していますが、確かにアメリカ人ではありません。「CIAは、アメリカ人のために働くことも、利益になることもやらない」

サンクトペテルブルクの爆弾が、プーチン大統領を権力から追い出すための、CIAの陰謀とメディアが示唆していることについて、プーチン大統領は、「地下鉄で、私を瞬きさせるためには、ありとあらゆる策略が必要だ」と述べた。

プーチン大統領はまた、人類はメディアと政治によるプログラミングの使用を通じて 「無意識」になるように操作されており、その完璧なサンプルは、最近のWikiLeaks Vault7の漏洩に対する、社会の従順な反応です。

主流のメディアは、CIAのやりすぎや違法行為について、世界的な抗議行動を開始するのではなく、積極的に大衆を黙らせ従属状態に陥れてしまった。
https://sakamoto547416968.com/%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%ef%bc%9a%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e3%83%86%e3%83%ad%e6%94%bb%e6%92%83%e3%81%ae95%ef%bc%85%e3%81%8c%e3%80%81cia%e3%81%ab%e3%82%88/



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

9. 前河[3290] kU@JzQ 2019年11月29日 05:48:33 : VSSjjTpXR6 : WW5XLzdIYURYU2c=[74] 報告
ANさん、私のコメ内容を投稿に選んで頂きありがとうございます。

私は陰謀論を肯定も否定もしない立場です。

社会には裏事情というのがあって、それを状況証拠から見抜くと鋭い人となり、根拠もなく妄想ばかりが先行すると都市伝説になる。

つまり、陰謀論にはリアルなものと都市伝説が混在してる点が要注意。

トランプがキュウなる裏の組織と戦っているという陰謀論
を信じるアメリカ人が、「キュウをやっつけろ」みたいなTシャツを着てトランプを応援していたのには呆れた。

ハリウッド映画の観過ぎか?みたいな。笑)

陰謀論という言葉にマイナスのニュアンスを感じる人もいるだろうから、そういう表面的なイメージで、中には本当にありそうな裏事情をも見過ごしてしまうという事だけは避けて欲しい。

裏事情を暴露するとか探求するというのは、大事な場合もあるだろうし、裏事情は裏事情としてあまり表沙汰にならない方が良いこともあるのかもしれない。

私はあまり深入りしたくないが、上記の陰謀論の内容はネットに広く載っているものばかりだから取り上げても差し障りはないだろう。

どこかコマーシャリズムというか商売的なものは感じてるが。まあ、カルトみたいなものかな。


せっかくのスレ立てに抜擢して頂いたのに誰も書いてないな?笑)

ANさん、また、何かありましたら遠慮なく言って下さい。(^^)

10. しんのすけ99[5] grWC8YLMgreCr4JYglg 2020年2月15日 17:56:13 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[895] 報告
超陰謀論という言い方が 正確なのかどうかは判りませんが、トンデモな陰謀論はただのお遊び

世の中に決して 陰謀と言うものが存在しない訳ではないと私も思いますが、典型的な陰謀論者がよく陥る
典型的なパターンに 「みんなグルになってるに決まってんだろ」 これがあるのです これこそが
超陰謀論とお呼びしていいかどうか なんでしょうかね

つまり 地球温暖化が嘘だとか陰謀だとかって言う連中に 気温データなど矛盾点を突き付けた場合とか
911テロが自作自演で 飛行機はCGで ビルは爆破解体だとかって言う連中にも当てはまりますし
不正選挙とか言っている連中にだって 当てはまる訳ですな

つまり 地球温暖化の捏造なら 世界中の気象関係者がすべてグルにならないと成立しないし
911テロだって、空港関係者から警察消防 世界中のマスメディア全般、それこそ何十万人と関わり
そのほとんどがみな 同時に口裏を合わせてないと成立しない陰謀なんて、絶対に有り得ないのです

そんな陰謀、口止め料だけで 破産してしまいます 国家予算並みの金額を用意しなければなりませんし
一年二年の短期間ならまだしも はした金くらいで口止めされた人なら、マスコミに売る人間が絶対に出るはず
何十年も口止めするには それこそ天文学的数字になる訳です

ちょっと以前は、フリーメーソンがどうこう って、言っていた人たちがいました さすがにもう
フリーメーソンうんぬんは馬鹿にされまくりで言う人はほとんどいなくなりましたが
その代り、ユダヤだのイルミナティだの あるのかないのか定かでもない漠然とした団体名で
ぼやかした存在名を挙げて 陰謀論展開を図る人もいます

でも 冷静によく考えてくださいな 世界中のありとあらゆる関係者を その呼び名だけで沈黙させる
そんな絶大なる権力と情報網と影響力を持つ秘密結社なんぞ、もしもあったなら わざわざ陰謀など図らずも
黙っていたって、その存在のもとに 世界中の富は集まり続けるに決まってるじゃないですか

陰謀と言うものは 存在はするでしょうが、それはあくまでも少数の人間たちだけで秘密を共有できる事
その場合のみ疑うのが本当なのではないか 何万人何十万人と関わらなければ成立しない陰謀なんて
最初から有り得ませんから これを 超陰謀論と呼んで よろしいのではないでしょうか。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ