★阿修羅♪ > 原発・フッ素32 > 151.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ソ連が米国を日本の核攻撃から救った (ロシアの声) …昭和20年8月の話
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/151.html
投稿者 福助 日時 2013 年 6 月 14 日 05:12:35: Bec2vmwBuKH7M
 

福助からのおことわりです。

戦争版に出すべきかな?ともかんがえたのですが、

戦後日本の原発導入と今後に懸念される「核武装」の問題に絡んでくるのでこちらに出しました。

一応、戦争版にも案内は出しておきます。

「ロシアの声」からの驚くべき情報なのですが、戦時中の日本軍が朝鮮半島で核爆弾の開発を行っていた事は戦後の一部では知られていた情報でした。

それによると、ごく小さな試作品の製造に世界で最初に成功し、天皇にまで報告が行ったのですが、それを知った昭和天皇は「こんなものを実戦に使えば相手側は数倍の報復に出るであろうから決して日本は使ってはならない。直ぐに廃棄せよ」と命じられたとの事ですが、それを無視して密かに開発を続けていたところ爆発事故を起こしてしまい、天皇のお耳に入ってしまい、今度は天皇からきついお叱りを受けて廃棄したとの話になっていたのですが…。

それでもまだ開発を続けていたのかも知れません。

今回の情報源がどこなのかまで明らかにされていないのは残念ですが、それで全くの架空の話と言う事もあり得るのですが、しかし真実なのかもしれません。


http://japanese.ruvr.ru/2013_06_13/115687091

ソ連が米国を日本の核攻撃から救った

13.06.2013, 12:15

1945年8月、ソ連軍の参戦によって、日本軍が米国に核兵器を使用する可能性が排除された。

1945年8月9日、米国・英国との協定に基づき、ソ連が対日戦争に参加した。11日、太平洋艦隊およびソ連陸軍が清津港・元山港占領作戦を開始した。両港の間には咸興(ハムフン)という港町があった。日本軍はそこで密かに核開発を進めていた。ソ連軍に研究施設を占拠されることを危惧した将校らは12日、巨大な金属のコンテナーで核弾頭のサンプルを運び出し、小型の船艇に載せて漕ぎ出し、沖に出ると間もなく点火、もろとも爆破した。巨大な爆発であった。直径1kmの火球が天空に燃えたあと、巨大なきのこ雲が騰がった。米機B-29が投下した広島原爆と同程度の威力の爆弾であった。「祖国」作戦の一環で米軍に対して使用される予定であった。しかし、投下され、炸裂することはなかった。いわばソ連が米国を日本の核攻撃から救ったのである。

Konkurent.Ru、Vladivostok


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月14日 05:24:20 : LJdXtIA6VY
『ソ連参戦で日本の敗北が決定的になった、といわれているがその意味は満州や北朝鮮の核兵器工場が押さえられて反撃の可能性が無くなったということだ』という話はぼつぼつ出回ってますね。

02. 2013年6月14日 05:38:54 : DY5UF9p3s2

日本ではウランの濃縮ができなかったんだろう。大昔、マンガで読んだことがある。

03. 2013年6月14日 05:47:48 : KKUQv68ch6
硫黄島核起爆実験は日本蔑めのガセでしたかね。

銀座中村屋製造の日本製原爆の話は在日の歴史書き換え攪乱工作でしたかね。

ドイツ製だという所までは本当なんでしょうかね。

次々と新しい話が出てきますね。

しかし原爆を廃棄処分で爆発さすものでしょうか。手に駒でしょう。


04. 2013年6月14日 06:14:48 : AiChp2veWo
岡崎の彦坂先生が、当時ヨーロッパでの世界的権威、ボーアの原子物理学理論を凌駕し、猛毒の出ない原発開発をすでに考えていた。ボーアらはこの日本の原子物理学理論を馬鹿にして見せながら実は急遽この理論を取り入れて原子爆弾の完成にいそしみ、米国から日本に落とされた、と読んだ。日本の彦坂先生は米国の千分の一の予算でわら半紙の上でヨーロッパでの世界的権威を上回り完成させ、それの無毒電力開発に向った、かたや、馬鹿にして見せながら大量殺人兵器に取り組んだ。これでは天使と悪魔だ。

05. 2013年6月14日 06:24:11 : DY5UF9p3s2

お笑いの世界だね。日本では研究はしていたがウランの濃縮ができなかったと大昔読んだマンガに書いてあったぞ。

ウランはほとんどがウラン238なので、ほんの少ししか含まれていないウラン235を取り出すのには難しかったらしい。

日本で原爆が完成していたら世の中は大変なことになっていたよ。空想、妄想の世界だ。


06. 2013年6月14日 07:50:26 : nJF6kGWndY

日本のアニメの見過ぎ

07. 2013年6月14日 08:59:44 : QPsgXrQrUc
ナチスが開発したものを極秘裏に手に入れUボートで日本へ運ぶ途中、ソ連に潜水艦を沈められたと何かで読んだような。

08. 2013年6月14日 09:37:09 : 3nTXkp9TvA
漫画は「かわぐちかいじ著•ジパング」ですかね。
本当に「仮に」だが、大戦中の日本が原子爆弾の開発に成功していたとしても、
4発長距離爆撃機等、アメリカ本土への輸送手段も無かったろう。
何とか潜水艦等でグアム•サイパン基地目掛け特攻出来たなら…って、
やはり平行世界を舞台にした戦記小説みたいだね。

09. 2013年6月14日 09:50:21 : ZV1BnYE5tc
原爆製造の難しさはウランの濃縮だけじゃないよ!
分割したウランを連続反応が途切れないように
まとめる方法が確立しないと思ったような威力を
発揮しないよ!

10. 2013年6月14日 11:13:47 : w8RNXi1z12
>国賊、湯川秀樹博士がユダヤからノーベル賞をもらえた真相!! ノーベル賞はカスの賞!!(意識の宇宙)http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/406.html

「ロシアの声」の情報源は、政府関係機関か?

内容は、一部に人々には知られていたこと。


11. 2013年6月14日 12:44:08 : LCgQpp8K5Q
倫理問題は別として、あの仁科博士をもってしても当時の日本の科学技術では新型(核)爆弾は開発できなかった。これが真実。

12. 2013年6月14日 14:27:00 : WPcFCBfHGg
ロシア人にも偽ユダヤがたくさんいるから、そんな奴の仕掛けた戯言にすぎない。
ソ連が国際法を無視して侵攻したことを正当化するためのデマだろう。信じる必要はない。
日本には、旧ソ連の共産主義の工作員、中共支那の工作員、朝鮮の工作員も無数にいるから
福助もそんな一人に違いない。

13. taked4700 2013年6月14日 16:11:13 : 9XFNe/BiX575U : qkOMfYajvM
>巨大な金属のコンテナーで核弾頭のサンプルを運び出し、小型の船艇に載せて漕ぎ出し、沖に出ると間もなく点火、もろとも爆破した。巨大な爆発であった。直径1kmの火球が天空に燃えたあと、巨大なきのこ雲が騰がった。米機B-29が投下した広島原爆と同程度の威力の爆弾であった。

これは、あり得ない。原爆の連続核反応を起こさせるにはかなり高度な爆縮という技術が必要。そして、この爆縮という技術の中には次に引用する連続核分裂を引き起こす最初の種火ともいうべき中性子点火器が必要で、これはそう簡単にはできないはず。

原子爆弾は、単に、「点火」で爆発するような単純なものではない。それに「小型の船艇に載せて漕ぎ出し、沖に出ると間もなく点火」していたら、それこそ、運び出した側が核爆発に巻き込まれてしまう。

なにか、あまりに子供だましのデマだと思います。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3 より一部引用:
中性子点火器
この装置はプルトニウムが核分裂反応を起こすために必要な最初の中性子線を出すための装置である。点火器という名称は燃焼(核分裂反応)を始めるために必要な種火となる中性子を出すための装置であることに由来している。
構造は重量7グラムのベリリウム球の表面に、楔形の溝15本を掘り込んだものに厚さ0.1ミリの金メッキを施し、さらにポロニウム210、11mgをメッキしたものである。爆縮によって急速にベリリウムとポロニウムが混合されるとポロニウムが輻射したアルファ粒子がベリリウム原子に衝突し、束縛から解き放たれた中性子を放射する。


14. 2013年6月14日 17:22:57 : w8RNXi1z12
ロシアの声の情報源は、米国公文書であるようです。

北朝鮮で開発されていたのは、ウラン濃縮型であったようです。
プルトニウム型ではありません。

>1947年の連合軍司令部の情報レポートによると「 1945年8月12日興南沖で閃光とキノコ雲を伴った爆発があり千ヤードほどの直径の火の玉が空に湧いた。 通常爆弾は、これだけ大きなキノコ雲が不可能だった。敗戦後に米国からは日本が興南原爆実験のため降伏を遅らせたとの疑惑を生んだ。軍は人間魚雷、潜水艦などに原爆を搭載し、神風式に攻撃する計画を立てた」「日本の核兵器開発に参加した科学技術者は開発の真相を米国に詳細に報告する代わりに戦犯免除を受けた」以上の記述は、当時の研究者、興南勤務の技術者から米軍が証言を集約した文書である。米の公文書で公表されたが、日本のマスコミは無視した。
http://fujisosho.exblog.jp/16417440


15. 2013年6月14日 17:39:02 : pIFQMxjpo2
糞ボケ陰謀ネタになると、早速特有の要即死陰謀馬鹿共が、腐臭に釣られて銀蝿のように集まってきますね

16. 2013年6月14日 22:02:57 : 8zdZeAoE5o
>>15
うましか工作員、カラッポコメントは要らないから来るな。
ゞ(=^-。-^)シッシッ

米公文書に陰謀ネタが書いてあるとな!

>>14
>当時の研究者、興南勤務の技術者から米軍が証言を集約した文書である。米の公文書で公表された


17. 2013年6月15日 11:51:25 : CYfCJc2mZ6
「今は昔」だ。こんな話、全く何の意味もない。それよりも、明確な事実として日本人は原爆モルモットにされ、数十万人が屠殺された上に、アメリカ植民地にされたということをしっかりと忘れないことだ。敗戦確実だったにもかかわらず使用した事実も忘れるべからず。

白人国ドイツには使用せず、我々には使用した、それも2発もだ。日本人など「人間」と看做さないからこそ使用したのだ。その事実を知るだけで、白人アメリカの思想や価値観が如実に判る(原爆完成がナチス敗北までに間に合わなかったという説もあるが、こんな言い訳無用だ。別の例上げれば、米は石造建物多いドイツに小型で爆弾搭載量も少ないB17をドイツに用いながら、より大型新鋭のB29を木造家屋中心の日本に用いた)。


18. 2013年6月15日 12:27:39 : Szdqsor51g
>>5さんの言う通り 空想科学小説の読み過ぎ

日本が秘かに原爆を研究していた事は事実だが、完全に研究途上で終わってしまった事は周知の事実
アメリカでさえ、ドイツの研究者を引き抜き 途方もない巨額の研究費を使ってもなお間に合わなかった
本当はドイツに対して使うはずだった原爆は、仕方なく日本に対して使われた訳で
>>15さんの言う事ももっともで、日本は実験台にされたという意味も有ると思います

その善悪はともかく、開発するのには途轍もなく膨大な費用と時間と強大な国力が必要です

日本が 原爆などと言う こんな物を実用化できるのだったら そのぐらいの力が有ったなら
そもそも日本は負けたりしません、ってか、始めから戦争する必要も有りません

完全なる妄想話と知ってて わざわざ記事にしてるんでしょうな^^;


19. 2013年6月15日 12:29:54 : Szdqsor51g
↑ 失礼、アンカーミス >>15ではなく >>17でした 

20. 2013年6月15日 16:00:21 : C5qh9oFZDI
『VOICE OF RUSSIA』でしょ?
『RT(ロシア・トゥデイ)』の方ならある程度信憑性感じるけど、『ボイス・オブ・ロシア』の方じゃ・・・。
案の定、情報源や根拠となるものが何も示されていない。折角日本語があっても、これだからここは見ないんだよ。

21. 2013年6月15日 16:04:01 : C5qh9oFZDI
失礼。日本語があっても、でなく「日本語版があっても」ですね(>_<)

22. 2013年6月15日 16:52:05 : 9VRfmNZETQ
そして再度竹槍で米国 に挑むw
アホすぎて笑い死にそうです

日本人を実験台にだって?
731細菌部隊では
誰を実験台にしたんだろ?
この問題を取り上げたら
どんだけ倍返くるかなw


23. 2013年6月15日 19:45:08 : 7OpGsifAXA
真偽不明のことにこれだけ必死に否定するうぞうむぞうが湧くところをみると、
あながちねもはもない噂ではないようだな

24. taked4700 2013年6月16日 01:15:53 : 9XFNe/BiX575U : V74xL3HRs2
>>23

>真偽不明のこと

普通に考えて、この記事の述べていることは「真偽不明」ではなくて、完全に虚偽です。

記事中の

>直径1kmの火球が天空に燃えたあと、巨大なきのこ雲が騰がった。米機B-29が投下した広島原爆と同程度の威力の爆弾であった。

という記述自体があり得ません。広島原爆は地上500メートルから600メートル程度のところで爆発しています。ですから、火球の大きさが数百メートル、多分1キロ程度になりえます。
しかし、日本軍が興南沖で爆発させたのは船上なのでしょう。そうであれば、火球の下半分は海面にぶつかって水面上に水平に広がるだけです。つまり、火球と言うようなものにそもそもなり得ません。きのこ雲が上がることは有り得るかも知れませんが、火球ができることは有り得ません。


25. 2013年6月16日 02:58:38 : Szdqsor51g
>全くの架空の話と言う事もあり得るのですが

一応は、前置きはしているが、完全なる架空話である事は明白 有り得るどころの話じゃ無い
ちょっと考えれば誰にでも判る事 それをいけしゃーしゃーと記事にする図々しさに
呆れるにも程が有る

さらに、こんな子供騙し記事にさえ 擁護する23みたいなカルト信者が現れる
これだから阿修羅は妄想カルトの巣窟だと言えるんだ。


26. 2013年6月16日 08:43:22 : ioEJzXH79E
「戦争を早く終らせるために原爆投下した」などと、例の如く白人アメリカは巧みな「詭弁」吐くが、そんな理由など大嘘だ。原爆投下はるか以前に日本は戦闘能力失っており、事実上既に負けていたのだから。それでも投下した大きな理由は、1)日本への復讐とみせしめ、2)原爆の性能実験と人体実験、3)日本をアメリカの縄張りにするための墨付けやる、4)ソ連への牽制、等だ。人体実験は、投下後の経年症状調査なども含まれている(だからこそ、米医師団は治療よりも調査観察に重点置き続けた)から、その意味でも実に悪質であり、はっきりと日本人はモルモットにされたのである。

投下前は「廃墟になり二度と人間が住めなくなる」と予測さえしたアメリカなのに、なおもこれほどの行為したことは間違いなく人類史上最大最悪の大犯罪だ(そもそも、多くの非戦闘員を狙い虐殺したこと自体が大罪だ)。少なくとも原爆投下についてアメリカには弁解の余地など一切全くない。


27. 2013年6月16日 08:51:03 : 20OK5rg47o
大日本帝国による核武装推進の事実は探せば普通に纏められてるじゃんw
寧ろ実験などの詳細が今に至るまで一切もれでないことにその闇の深さを見る
人体実験部隊然り

28. 2013年6月16日 09:42:41 : GDbXnD7HCA
朝鮮半島での核爆弾開発は情報操作です。
実際には満州東北部で実験開発の研究所があったそうですが実験用の原材料や試験用の機材が整わずかたちは研究所だったが現実には実験する段階にも及んでいなかったそうです。
また、核開発の技術や膨大なデーターが有ったのは事実で全てドイツから入手されたものだったらしい、但し、資料の中の肝心な部分の欠落か、または、ドイツ側も実際に不明な部分だったのか、幾つかの実験を必要としていた所だったようだ。
日本の敗戦と同時に、この施設の研究者は全員ロシアに連行されてシベリア行きと成ったそうです。
アメリカがその資料を持って行ったと言うのは嘘です。
そこで核開発の研究をしたかまでは不明ですが、その内の一人の医学博士は日本に帰国しております。家族の話では出征した時よりも太って帰って来たそうです。(中野学校出身者)
興南沖の爆発は、差ほど大きな爆発では無かった様である。
恐らく、後々に核爆弾を使用した際に日本が先に使ったと言う理由ズケの為の工作だった可能性が濃厚である。
また、世界を震撼させる程の新型爆弾を当時のナチスがいくら同盟国とは言え日本にその仔細情報を出すとは思えない、それと、不可解な事は、どうしてもナチスと日本とアメリカの核開発チームが連携を取っていたような感じが拭い切れないのです。(開発ー成功ー製作ー実験ー使用)この内の使用には理由が必要です。
開発から使用までのプロセスに至るまでキチンとした(国際的な)理由が無ければ開発の為の予算は出ません。と言う事は最初からサル殺しのプロジェクトは決まっていた事に成ります。
第一、中野学校自体が実際は軍や国の支配下では無かったのは今の時代でこそ知りえたもので、つい近年までは大日本帝国のスパイ養成所だという認識しか無かったのもスゴイと思います。
何を言っても当時の博士たちは誰一人この世には居らず、皆、墓まで秘密を抱えて持って行ってしまったのだから事実は土の中、掘り起こしても骨は語れません。

29. 2013年6月16日 17:44:39 : thokxvYSa2
>28
>不可解な事は、どうしてもナチスと日本とアメリカの核開発チームが連携を取っていたような感じが拭い切れないのです。

 湯川秀樹スパイ説は、単なる売国奴というよりもこのような文脈の中で理解すべき話ではないかと認識している。漏れらは檻をガンガンとたたかれてプギープギーと鳴き散らしている家畜に過ぎない。

>中野学校自体が実際は軍や国の支配下では無かった
上であんな事書いといてなんだが、マジすか?!

しかし有害なpIFQMxjpo2はまだ生きてるんだな。現実世界での状況をぜひ見てみたいものである。


30. 2013年6月16日 19:38:44 : Szdqsor51g
マトモに聞こえる無線機さえ作れず、戦闘機に黒板とチョークを積んで書いて会話していた御笑い種
レーダーもソナーも終戦近くまで開発出来ず、米潜水艦にやられ放題だったシーレーン
何十人掛りで松の根掘り起し、取れる僅かな松根油よりも流す汗の方が遥かに多かったと言う

そんな日本に原子爆弾の開発なんて、天地が引っくり返っても絶対 無理無理^^;



31. 2013年6月16日 20:31:29 : k0KstjSaj6
>30
 なので、アメリカがやったように爆弾化し飛行機に乗せて飛ばすのは無理だったのは疑いないところだけど、戦艦大和はとりあえず自力で作ったわけで。根本問題の核物質の入手(北朝鮮にはウラン鉱脈あり)さえ解決すれば、濃縮と核分裂装置の製作ぐらいは戦艦の船体・機関と大砲を作る技術の延長でできたのではないか?と今の原発の以外なローテクぶりをみるとそんなことを考えたりしてしまうんだな

32. 2013年6月17日 03:23:40 : Szdqsor51g
>>31
開発しようとしてたのは、おそらく事実 それは間違いない
だが実際には ウラン濃縮の段階にすら達していない これが一番難しい
巨大なウラン濃縮プラントと、長い研究年月を必要とする

確かに核物質さえ手に入れれば さして製造は難しくなく、日本の国力でも可能
だがそれは後から判ってきたことで、いわば 「後知恵」 である

確かに当時の日本にだって技術は有ったが、それは外国を模倣する所から始まった事
戦艦大和は国産だが、金剛はイギリス製だ、英国の建艦技術を 何十年かけて吸収したから
世界トップクラスの建艦技術を持つ事が出来た

部分的には世界に伍する技術を身に着けてはいたが、あくまでも部分的
ゼロ戦だって、もちろん優秀な戦闘機ではあったが、プロペラの可変ピッチや機関砲なんかは
外国製であり、国産化できたのはかなり後の事

後の技術大国日本の、「片鱗」 は見せ始めてはいたが、まだまだこの当時の日本の技術なんて
基礎的分野では欧米の足元にも及びません なので原爆なんて絶対に無理です。


33. 2013年6月17日 17:16:24 : Szdqsor51g
マンハッタン計画では、のべ何十万人もの労働者が使われ、現在の貨幣価値にして
230億ドル相当の資金が注ぎ込まれた それでもなお、対独戦には間に合わなかった
技術うんぬんよりも強大な国力が無いと 兵器として完成は出来ません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%B3%E8%A8%88%E7%94%BB


34. 2013年6月19日 18:12:03 : 9Kjl1w47aI
311予知でネットで有名になった○○○さんのお父さんが原爆開発に
関わっていて、終戦前に完成していたとお父さんから聞いたそうだ。

35. 2014年4月13日 17:22:38 : aoxfLYm2lI
象徴は原爆が日本製であると示す
http://www5.hp-ez.com/hp/zaphnath-paaneah/page28

36. 2016年5月06日 15:36:50 : F5J8AHSiF2 : 3Sj221gK3Qk[3]
>>35さん、それ、全文転載させてもらいます。

象徴は原爆が日本製であると示す


元スパイのベラスコの証言から、広島に落とされたウラニウム原爆がナチスドイツ製であるという説がある。

ベラスコの証言は正直なものであると思うが、これは情報操作の一種であろう。

それにNHKが放送したという時点でフェイクである。

NHKはまた、日本軍が悪という放送を続けている。

ナチスドイツもしかりである。



確かにドイツは原爆を完成させる技術を持っていたと思われるが、広島に落とされた原爆はドイツ製ではない。



謎を解き明かす鍵は原爆につけられた名称にある。

原爆投下の黒幕はユダヤ財閥である。

この連中はユダヤ教に見えるが、実際は悪魔教である。

占いや日本でいう験担ぎ、名前や日付にとにかくこだわる。

また、イエス・キリストに対して異常なまでの憎しみを持っている。



広島原爆の通称はリトルボーイである。

汚い日本語に訳せばチビやガキである。

これは日本人に対する侮蔑の呼び方である。



長崎原爆はファットマンである。

これも汚い訳にするとデブや豚野郎であろう。

この豚野郎という呼び方から、ユダヤ財閥の悪意を見ることができる。



アメリカの戦争のスローガンはなんだったであろうか。

リメンバー・パールハーバーである。

パールはもちろん真珠のことである。

そしてアメリカの勝利宣言とも言える、長崎原爆のファットマンつまり豚である。

長崎のクリスチャンに対し、豚に真珠と言ったのである。



●豚に真珠とはイエス・キリストの言葉である。

ふさわしくない者に、聖なるものを与えてはならないという意味である。



●リトルボーイとファットマンで、ガキがこんな超兵器を持つのは豚に真珠だ、というような意味になる。



●つまり、原爆は日本製だったのである。

●日本人が持っていた原爆をアメリカが奪い取り、日本に落としたのである。



このことは、平和記念公園の碑文に書かれた言葉に表れている。



「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」

この言葉には議論があり、あのパール判事も過ちを犯したのは日本ではなくアメリカだと言っている。

しかし、この碑文はある意味事実なのである。

●こうなると日本軍が原爆を落としたことに見えるが、日本軍が悪役なのではない。



今まで日本軍は、連合軍に戦争を仕掛けた悪の軍と思われている。

しかも無謀無策に戦争をし、国民に多大な犠牲を出したというのが、(日本人の)日本軍への評価である。

日清戦争から始まり、日露戦争、第一次世界大戦、日中戦争と勝利を重ね、広大な国土(大東亜共栄圏)を有するようになった日本は、無謀な戦争をする理由がない。

真珠湾攻撃も、アメリカの誘いに負けた結果とも言われているが、これすら情報操作の疑いがある。



日本軍は最終兵器、つまり原爆を持っていたからこそ戦争に介入する決意が出来たのではないだろうか。

神風を信仰心つまり象徴と捉えると、象徴に対して実物が存在することになる。

それが原爆である。

なぜなら、アメリカでの原爆実験の際、トリニティ(キリスト教の三位一体の神を指していると思われているが、オッペンハイマーはインド神話の3神を言ったようだ)と呼んだことからも想像できる。

もちろん日本軍は使うつもりはなく、最後の切り札として持っていた。

神風攻撃は最終手段だからである。



●だが、この兵器はアメリカの手に渡った。

●日本側に裏切り者がいたのである。

(こと日本において)イエス・キリストの生涯で最も有名なエピソードの一つは何であろうか。

それはユダの裏切りである。

ユダヤ財閥の回し者が日本の中枢にいたのである。



そしてA級戦犯にすべての責任を押し付けたのだが、大半の日本人もそれに同意してしまっているのが悲しい現実である。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素32掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素32掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧