★阿修羅♪ > 原発・フッ素32 > 342.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
政府、被曝量の自己管理を提案 「除染完了」説明会で (朝日新聞) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/342.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 6 月 30 日 01:06:00: igsppGRN/E9PQ
 

政府、被曝量の自己管理を提案 「除染完了」説明会で
http://www.asahi.com/politics/update/0629/TKY201306280625.html
2013年6月29日7時1分 朝日新聞


 【青木美希】政府が福島県田村市の除染作業完了後に開いた住民説明会で、空気中の放射線量を毎時0・23マイクロシーベルト(年1ミリシーベルト)以下にする目標を達成できなくても、一人ひとりが線量計を身につけ、実際に浴びる「個人線量」が年1ミリを超えないように自己管理しながら自宅で暮らす提案をしていたことが分かった。

 田村市都路(みやこじ)地区は避難指示解除準備区域に指定され、自宅に住めない。政府が計画した除染作業は一通り終わったが、住宅地は平均毎時0・32〜0・54マイクロにとどまり、大半の地点で目標に届かなかった。政府は今月23日に住民説明会を一部非公開で開いた。

 朝日新聞が入手した録音記録によると、住民から「目標値まで国が除染すると言っていた」として再除染の要望が相次いだが、政府側は現時点で再除染に応じず、目標値について「1日外に8時間いた場合に年1ミリを超えないという前提で算出され、個人差がある」と説明。「0・23マイクロと、実際に個人が生活して浴びる線量は結びつけるべきではない」としたうえで「新型の優れた線量計を希望者に渡すので自分で確認してほしい」と述べ、今夏のお盆前にも自宅で生活できるようにすると伝えた。

 説明会を主催した復興庁の責任者の秀田智彦統括官付参事官は取材に「無尽蔵に予算があれば納得してもらうまで除染できるが、とてもやりきれない。希望者には線量計で一人ひとり判断してもらうという提案が(政府側から)あった」と述べた。除染で線量を下げて住民が帰る環境を整える従来の方針から、目標に届かなくても自宅へ帰り被曝(ひばく)線量を自己管理して暮らすことを促す方向へ、政策転換が進む可能性がある。

 環境省は取材に対して説明会での同省の発言を否定した。録音記録があり、多くの住民も証言していると伝えたが、明確な回答はなかった。

■被曝管理、住民に転嫁

 《解説》地域の放射線量が目標値に下がるまで国の責任で除染を進め、避難区域が解除されてから自宅へ帰る。原発事故で避難した住民の多くはそう思っているに違いない。だが、政府が23日の住民説明会で提案したのは、除染目標を達成できなくても自宅に戻り、線量計を身につけながら被曝(ひばく)線量を自己責任で管理するという生活スタイルだった。

 被曝線量「年1ミリシーベルト以下」という除染目標は平常時の国際基準と同じ値で、政府は「1ミリ以上の地域を国の責任で除染する」としてきた。住民が再除染を求めるのは当然の心情だ。福島県田村市の農業の女性(60)は「自宅の線量は目標値の2倍近く。2歳の孫が安全か分からない。壁を塗って線量を下げようと思う」と心配そうだった。

 除染は大幅に遅れ、作業後も目標に届かない地域が相次ぐ一方、今年度までに1・5兆円を投入し、最終コストは見通せない。政府は今夏に除染計画を見直し、帰還工程表をつくる。避難区域解除や自宅に帰る時期を明示するかが焦点だ。

 23日の説明会では、除染目標に届かなくても帰還をなし崩し的に進める政府の本音がにじんだ。国費で開発した小型線量計を自宅に戻る希望者に無償配布して被曝量を抑える生活を工夫してもらい、帰宅者を増やして避難区域解除の環境を整える狙いが垣間見えた。

 解除後には賠償が打ち切られる。自宅に戻らずに暮らしていけるのかという不安も広がる。除染に責任を持つと言いつつ、再除染を拒んだまま住民に責任を転嫁する形で帰還を進めるのは、国の責任の放棄だ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月30日 01:46:43 : 1ioo7h1uY6
■『政府、被曝量の自己管理を提案』・・・だって

 ○政府なんて・・・ いらない!

 ○税金なんて・・・払わない!



02. 2013年6月30日 03:00:03 : 3nTXkp9TvA
本当にこの国は納税者を守る気が無いのか?

月曜日からまた仕事、
何の為に我々はこんなに頑張っているのだろう…。


03. 2013年6月30日 03:39:05 : 3CCVeWvggg
高濃度放射正物質汚染地帯に、棄民するだけでは、政府として責任を追及される。

そこで自己管理だと言い出したわけだ。

被曝は自己管理ということは自己責任だと言っている事と同じだからだ。

悪辣政府や官僚たちの猿知恵に、振り回されてたまるものか!!


04. 2013年6月30日 03:40:54 : 3CCVeWvggg
03

高濃度放射正物質汚染地帯  は

高濃度放射性物質汚染地帯   に訂正


05. 2013年6月30日 08:37:47 : 7oSKGju5kA
超えたら何処がどういう受付と対応するんかいね。
超えない努力で出る生活への様々な支障に対する保証ってのはどーなるんかね。(活動制限による収入減とか食事制限による栄養障害とかね)
超えると何らかの保証するんかね。(域外への退避費用とか確実な職業斡旋とかね)
…どうせまた連中の考えて居る事だ。結局は自己管理の果ての放置だろうて。官僚の考える事はパターンが単純だ。
 

これでまた着々と棄民政策が進むわいな。


06. 2013年6月30日 08:52:26 : 8NcqzHYN5c
放射性物質を取り扱う施設内で累積線量計を帯同することと、生活環境の中で帯同することは趣旨が違うのではないでしょうか。

もし、事業所に義務付けられている趣旨と同じであるなら、

がん、白血病、白内障の発症者が一定以上の被曝をしていれば過去の労災判例に準じて補償を求めることができなければならないはずですが、補償を求められる根拠となる法律がない。

一定の被曝をしてしまったら、ある期間はそこには住めなくなるが、誰が指示し生活保障するのか。

こういった法律を所管してきた厚労省なら知っているはずだが、やっぱり環境省は素人なので混乱を助長するだけです。


07. 日高見連邦共和国 2013年6月30日 09:15:50 : ZtjAE5Qu8buIw : C7Wqvb1wZA

>政府、被曝量の自己管理を提案

無責任、没義道な政府は、死ねっ!!!!!!!!!!


08. 2013年6月30日 09:29:10 : GpvxjjvCAw
大手メディアが一切語らない辛坊ヨット遭難事故の「自己責任」 (天木直人のブログ) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo149/msg/712.html

庶民は自己責任、お金持ちのニュースキャスターは税金で助けるということ。
そもそも原発被害は自己責任ではないが。


09. 2013年6月30日 10:20:28 : IOzoOzc2YA
>>住宅地は平均毎時0・32〜0・54マイクロにとどまり、大半の地点で目標に届かなかった。政府は今月23日に住民説明会を一部非公開で開いた。


僕のガイガーカウンターなら0.3を超えた時点で警報音がピーピー鳴って緊張する局面なんだが・・・・。チェルノブイリの経験をもつロシア製だからかな。

それにしても自己管理なんて
・・・そんなだったらば 政府は確かに不要 だ。
   いっそのこと政府職員抱えているだけ無駄だから首にして解体せよ。


10. 2013年6月30日 16:48:09 : 9M2h1wQ1z2
そもそもそも数字自体が信用できない。

基準値自体が20倍に蒸かせた数字。加えて測り方も測った位置も調整のし放題。

もうめちゃめちゃな政府になった。


11. 2013年6月30日 17:28:53 : eizMeXSV16
こんな意見、

 言わせるために?

 聞くために?

 税金払ってるの?

  ナニコレ百景に、
  応募するぞ。

  


12. 無段活用 2013年6月30日 18:30:21 : 2iUYbJALJ4TtU : ddGVSlWexS
竹槍の代わりに線量計を持たせるわけだ。

でも、外国渡航が自己責任で、被曝が自己管理なら、そもそも政府を作る意味が
ないでしょう?

高文を通ったエリートかも知れないけど、所詮彼らは無為徒食の徒、と言うことに
ならない?


13. 恵也 2013年6月30日 21:03:41 : cdRlA.6W79UEw : pG2UMwnH3o
>> 環境省は取材に対して説明会での同省の発言を否定した。録音記録が
>> あり、多くの住民も証言していると伝えたが、明確な回答はなかった。

当たり前の事。
原子力の問題に関しては環境省も政府も嘘つきだらけで、本当の事を
喋ると左遷されてしまいます。

メルトダウンを喋った広報官もすぐに左遷されてます。
今の官僚に本当の事を喋るように要求するのは酷。

>> 住民が再除染を求めるのは当然の心情だ。

これは無理な話。
周りの森から放射能が埃に乗って飛んでくるのだから、何回除染しても
すぐに元に戻ってしまいます。

元の放射線量が0.3μSv/hくらいなら、なんとか除染して0.2μSv/hに
低下させ住めるけど田村市のような高汚染地帯じゃ、モトモト無理なんだよ。


14. 2013年7月01日 18:56:49 : kcSNSvuM4M
国民の生命を守らないこの国に税金を払う必要はない
こいつら公務員は犯した罪にふさわしく一匹残らず民衆の手で処刑されなければいけない

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素32掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素32掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧