★阿修羅♪ > 原発・フッ素32 > 826.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
じわりと増え始めた奇形児(鎖肛、口蓋裂・・) (院長の独り言) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/826.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 8 月 08 日 22:05:00: igsppGRN/E9PQ
 

2013年8月7日 毎日新聞熊本版


じわりと増え始めた奇形児(鎖肛、口蓋裂・・)
http://onodekita.sblo.jp/article/72079374.html
2013年08月08日 院長の独り言


【福岡県内の59歳女性】今度生まれた孫娘が、肛門がない「鎖肛」と診断されました。「人工肛門にする必要がある」と言われましたが、普通の病院でできる手術でしょうか。
宮本さん(旭川医科大学) 肛門は上からおりてきた腸と下から開いていく穴とがうまくドッキングしてできたものです。鎖肛は、上からおりてきた腸が途中のところで止まってしまう病気です。便が透けて見える低位のタイプは、穴を開けることで済みますが、腸が高いところで止まる高位の場合は人工肛門を作る必要があります。鎖肛の人工肛門は必ず閉じることを前提に作ります。体重5−7キロくらいでおしりの穴を作り、1ヶ月ぐらいしてか人工肛門を閉じてからつなげます。ただ、その後も便秘や便失禁で苦労しやすいので10歳を過ぎる頃までは浣腸や腸の洗浄などのケアが必要となります。

(鎖肛の模式図 ラングマンより)
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2013080802-thumbnail2.jpg


異常胎児選んで減胎手術36件…長野の産科医
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130804-OYT1T00973.htm?from=tw

 出産の危険が高まる双子や三つ子などの多胎児を妊娠した際、胎児の数を減らす減胎手術の実施を公表している諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町、根津八紘院長)で、異常が見つかった胎児を選んで手術を行ったケースが、これまでに36件あることがわかった。

 8日から大分県別府市で開かれる日本受精着床学会で発表される。母体保護法は減胎手術について定めておらず、国も具体的な指針を作っていないが、こうしたケースが初めて明らかになったことで、今後、議論を呼びそうだ。

 同クリニックによると、減胎手術の理由は、ダウン症などの染色体の病気が25件、胎児のおなかや胸に水がたまる胎児水腫などの病気が11件だった。31件が不妊治療による妊娠だった。

 いずれも、夫婦が「減胎できなければ、すべての胎児を中絶する」との意向を示したという。今回の減胎手術について、根津院長は「一人でも命を助けるために、やむを得ず行った」としている。

 ◆減胎手術=多胎妊娠となった場合に、母子の安全性を高めるための処置として始まった。超音波で確認しながら、子宮内で一部の胎児を心停止させる。通常、胎児の異常がほとんどわからない妊娠初期(12週未満)に行われる。
(2013年8月5日07時02分 読売新聞)


異常妊娠〜無心体双胎〜私の体験記から
http://ameblo.jp/mellow-style-blog/entry-11108754369.html

*無心体*(私の体験したケース)
片方の子は元気に順調に成長しているのですが、もう1人の子には上半身がありません
脂肪のかたまりが体になってて足だけがついてて、頭も腕も心臓もないんです。
それが、『無心体』と言うそうです。
そしてさらに、その元気な方の赤ちゃんが、無心体の子に一生懸命に血液を送って、
(表現は違ってるかもしれないけど)育てていると言う話でした。
35,000〜50,000分娩に1の割合で起こる、要は珍しい奇形の一種だそう・・・
このままだと、一生懸命血液を送り続けている元気な子の心臓に負担がかかって
心不全を引き起こし、最悪死亡、運よく生まれても何らかの障害が残ったり

極度の貧血になったりする可能性もある・・・とのことでした。
つまり、いつ死んでしまうかわからない状態だったんです。

http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2013080803-thumbnail2.jpg

無頭骨無頭無心体(先天奇形図譜)
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2013080804-thumbnail2.jpg


社会 : 県立こども病院に口唇・口蓋裂センター7月開設更新:2013-5-16 6:00
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=28492

 唇や口腔(こうくう)の上側が割れた状態で生まれる口唇裂(こうしんれつ)・口蓋裂(こうがいれつ)の県内での治療体制を充実し、長期間かかる治療や言語リハビリの患者負担を軽減することを狙いに、県立こども病院(安曇野市)に7月、口唇・口蓋裂センターが開設される。主な治療の場として同院と信州大学医学部付属病院(松本市)、松本歯科大学付属病院(塩尻市)が連携するほか、東北南信と山梨県北部地域にそれぞれある基幹病院などが連携する「全国初の多施設間協力型センター」(こども病院)という。

 口唇口蓋裂は、新生児期から成人期までの長期にわたる治療が必要。形成や口腔の外科医、矯正歯科医に加えて、手術で口蓋裂を閉鎖しても発音に影響が出ることがあるため言語聴覚士の関わりが必要なほか、合併症に備えて耳鼻咽喉科や小児科なども入った「チームアプローチが不可欠」(こども病院の藤田研也形成外科副部長)とされる。

 県内ではこれまで、主にこども病院形成外科と信大付属病院形成外科が連携し、県内の医師や言語聴覚士も参加する「口唇口蓋裂治療の会(長野・山梨)」が中心になって患者の治療を進めてきた。1998年からの治療者総数は1067人で、昨年9月時点での治療継続者は513人という。同会の取り組みは「長野モデル」として学会でも評価されてきたが、「医師の異動などに伴う継続性や、窓口がないため患者はどの施設に相談すればよいかわからないなどの課題があった」(同)という。

 開設する口唇口蓋裂センターは、各施設間のつながりを維持し、一貫性のある治療、継続的な情報提供を行うほか、口唇口蓋裂治療の窓口として、必要に応じて適切な治療機関を紹介することが目的。こども病院の形成外科とリハビリテーション科、信大医学部付属病院の形成外科と歯科口腔外科、松本歯科大付属病院の矯正歯科を主な治療の場とし、遠方の患者の場合は県内各地の連携治療施設を紹介し、手術治療などではこども病院や信大病院の医師が参加していく。

 センター開設に向けてこども病院では、院内体制として4月から毎週金曜日午後に、口唇口蓋裂専門外来を開設したほか、言語聴覚士によるリハビリ体制の充実も図った。センター長を務める藤田形成外科副部長は、「患者が安心して治療を受けられるセンターにしたい」とし、センター運営委員長の野口直彦こども病院形成外科部長は、「(口唇口蓋裂治療に取り組む)新たな医師を育てることもセンターの役割」としている。


広島の助産婦の証言 ー ヒバクによる奇形
http://blogs.yahoo.co.jp/mitokosei/30256009.html

 私は昭和20年当時、尾長町で産院を開業していました。41歳でした。その頃はまだ家庭分娩が多うございましたが、だんだん少なくなりまして、昭和30年頃には、皆産院に吸収されました。
 何も記録は持っていませんが、奇形がたくさん出ました。当時はABCCへ、みな報告しなくてはいけないシステムになっていました。奇形が出ましても、報告するのを嫌う人もございましたので、しなかったこともあります。

 一番多かったのは兎唇でございました。それも口蓋裂もあって、泣くと喉の奥まで見えるんです。お乳も飲めないような...それから肢指過剰ですね。多指です。それから鎖肛(正常な位置に肛門がなく、直腸が盲端になっており、5千人に1人の確率で発病する)。肛門のないのも多うございました。兎唇や多指は数が多うございました。分娩で頭の先がでましたら、今度も兎唇じゃないかしらと思ったら、やはりそうで、そのたんびに憂いたことを覚えています。あーどうしてこんなに兎唇が生まれるんかしらと思いました。

 すぐ近所でございましたが、二軒に同じように耳のない子が生まれました。その1人の赤ちゃんのおばあさんは、産婦人科の看護部長をしておられました。奇形が生まれたということで、すぐに病院に電話をされたれしいですが、先生が来られたあくる朝、赤ちゃんは逝きましたからね。もう一軒は可愛い女の子でございましたが、おばあちゃんは「火葬場に持って行くまでは、泣きだしはしませんから。」と言っておられました。これは薬を使ったんだなと私は思いました。もちろん、家族は何も言いませんし、私も聞きもしませんでした。元気な子でしたがね。そのおばあちゃんは生涯悩まれたそうです。可愛い子だったですからね。髪の毛でね、こうやって耳を隠していれば判りはしませんのにね。耳がないんです。ツルッとしておりました、片方だけ。

 それから、内蔵露出で、グルグルと腸が出ておりまして、思い出してもひどいヘルニアだったんですね。大学病院で手術をしてもらい、それはどうにか助かりました。
 まだそれから、鎖肛、これはたくさんありました。それから無脳症ですね。終戦直後ではないから、2〜3年後だと思います。母親は30代でした。どうしても頭の位置がわかりませんのよ。上の方にあるのは確かに臀部だがと思いましても、頭部に触れませんのよ。おかしいなと、みよりましたら、無脳症でございました。氷を氷袋の中にいれて下げたらザラザラしますように、頭蓋骨がぜんぜん固まっていない子でした。だからそんな子が生まれたら、極秘にしてもらいたくてね。こんな事は当時はとても言われませんでした。

2012年3月に寄せられた投書
奇形と分かったご家庭には、保健師をはじめ次々と何人もで訪ねてくること。
妊娠中に突然、胎児の頭部が大きくなり、堕胎をすすめられた方。
口唇裂の赤ちゃんの診察のために病院に出かけた際、「ひとに見られたくない、聞か
れたくない」と
ひと目を気にする方には、病院の方から「お宅だけじゃないですよ。気にしなくても
大丈夫です」と声がかけられること。
実際、おなじ事情に苦悩する患者さんご家族どうしが、「ごろごろと」隣り合って病
院にいること…等々。

長崎 本田孝也医師からの奇形児についての質問
http://www.youtube.com/watch?v=AjKjFg3Etu8&feature=youtu.be

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年8月08日 23:25:18 : 7wJCqOq2nZ
じわりと増えてるというが、この記事(新聞紙面にも)のどこにも比較した記述や表は無い。発症数の推移データやグラフ、あるいは診察や治療した医師や医療機関の証言があるならちゃんとそれを出したうえで「増えてる」と言わなければ信用を無くすだけだ。

たとえ異常な疾患であっても、本記事内容だけでは医療マガジンなどの数ある医療情報のひとつにしか見えない。
もし放射能との関連を意識して書いた記事なら、相関関係にまで踏み込まないにしても発症数の推移データや証言くらい示すべきで、それも示さず「増えてる」と言うのは、素人の騒ぎたてならいざ知らず医療者としてはかなりまずいだろ。


02. 2013年8月08日 23:28:33 : 3nTXkp9TvA
じわりと増え始めた
→少しずつ増え始めた
→かなり増え始めた
→とてつもなく増え始めた
→………!!!!!!!

この国は人類史上、経験の無い恐るべき事態を
やがて迎えてしまうのだろうか?


03. 2013年8月09日 00:15:15 : YZc2HGnTIY
>02

 待ってました。それは何カ月後ですか。何年後ですか。こんな単純なことを、私みたいな複雑な人間に、2年以上も繰り返させないで下さいよ。多摩散人。


04. 2013年8月09日 00:41:26 : poPL50vTq2
「待ってました。」←ねえ…己がとてつもない愚か者だと、はよ気付いてたもんせ。

05. 2013年8月09日 00:56:11 : Bu7hYfpJL6
多摩散人さん
それは、時が証明してくれますよ!

06. 2013年8月09日 01:28:09 : YZc2HGnTIY
>05

 だから、何カ月後ですか、何年後ですかと尋ねているんですよ。多摩散人。


07. 2013年8月09日 06:11:11 : khYMufwVz6
★ http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11380553912.html
<1>〔チェルノブイリ 認知症〕脳神経系障害(知能低下)→交通事故多発
<2>〔チェルノブイリ ハート〕循環器系障害(心筋梗塞等)=赤子だけでない
<3>〔チェルノブイリ エイズ〕感染症の多発(免疫力低下)
 「?I師会マニュアル?」
(1)奇形の増加→〔風疹〕のせいにする!(?風疹に感染させる?)→堕胎させる
(2)心筋梗塞の増加→〔熱中症〕のせいにする!(子供もなっているのに!)
(3)被爆症状の増加→〔手足口病〕のせいにする!
→カレイドサイト http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1850.html
→NAVERサイト http://matome.naver.jp/odai/2134204317511451801
→あしゅらサイト http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/816.html

08. 2013年8月09日 06:49:44 : bHrzMg6C7n
じわりと増え始めた →今
少しずつ増え始めた →一年後
かなり増え始めた  →二年後
とてつもなく増え始めた →三年後
………!!!!!!!  →四年後

予想としてはこんなもんだろう。

人類史上、経験の無い恐るべき事態を迎えてしまわないように
準備し始めたのだろう。

医者には金の卵かもしれない。


09. 2013年8月09日 07:08:29 : YZc2HGnTIY
>08

 記録して、後で検証するため、「4年後」もちゃんと書いて下さい。

じわりと増え始めた →今
少しずつ増え始めた →一年後
かなり増え始めた  →二年後
とてつもなく増え始めた →三年後
全部デマだとばれた!  →四年後

 ですか。多摩散人。


10. 2013年8月09日 11:48:09 : jnIojR7VMw
>>09
>記録して、後で検証するため、「4年後」もちゃんと書いて下さい。

4年後なんて先の話しなくても、どのくらいで影響でるか簡単に検証する方法ありますよw
今から、テントとアウトドアグッズもって計画的避難区域で寝泊りしてみればいいんですよ
まともな封鎖線もないですから夜中に入って山林にでもテント張れば誰も探しに来ません
放射性物質の大半は現在、大気中から地面に落ちたらしいですから、福島原発の近くの地面にマットひいて寝袋で寝ればすぐに年間5ミリシーベルトくらい被曝できると思いますw
飲料水は河川の水をストーブ温めれば使えますし、お手軽に内部被曝の検証もできて一石二鳥w


ちなみに私は多摩散人ほど能天気な楽観主義者じゃありませんのでこういう風評被害をすぐに信じちゃいますww

「1万人、白血病労災基準超す 福島第一で被曝の作業員」
ttp://www.asahi.com/national/update/0805/TKY201308040236.html

多摩散人さん、この夏はぜひ計画的避難区域でバカンスを過ごし、放射能の影響がないことを立証してください
そして、原発作業員の皆さんにタイベックスーツなんか着けなくても平気だから脱ぐべきだと呼びかけてくださいねww


11. 2013年8月09日 12:15:25 : O1r470Qv16
>>10 全くそのとおり。データは調べればいくらでも出ているよ。知りたくないヤツには目に入らないだけだろう。

12. 2013年8月09日 16:36:22 : YZc2HGnTIY
>10

 なんだ、熊本や多摩川の近くの話ではなく、計画的避難区域の話ですか。それはあなたの言うとおりだ。だって、放射能が危険だから、計画的避難区域に指定されているんでしょう。私はもともと、「原発は危険だ。しかし原発は必要だ」と言っていますよ。

 ちゃんと場所を書いて下さいよ。だけど、この新聞記事は、熊本の話ですよ。多摩散人。


13. 2013年8月09日 18:43:02 : MzFZ8GU2Tk
データ、統計を取るのは、権限と手段を持っている公的機関がすべきものだ。

国に求めるのならば、分かるが、権限も手段も持たない一般人に、データを求めるのは、おかしい。

国は何もやらないばかりか、隠蔽さえしようとしている。

否定しようにも、肯定しようにも、国が、そのデータを示さない。

その不作為こそ、批判されるべきだ。

チェルノブイリ原発事故で起きたことが、福島原発事故では起きないと言う根拠は、何もない。


14. 2013年8月09日 19:42:15 : bHrzMg6C7n
>> 9

四年後に全部デマだとばれたら、嬉しいですね。

山下みたいな気違い医者の研究もほとんどパーだ。
役人がせっかく手に入れた除染利権も消失。

韓国や中国の安い原発が世界中に建設されるだろう。


15. 2013年8月09日 22:43:21 : A4GQ7o9O02
先日、東京で子供の夏風邪に似た症状で、喉の奥に蕁麻疹、ぶつぶつが出来ているこどもが増えているという。病名は忘れましたが、ひょっとしたら、大人よりも数十倍敏感なこどもに放射能の影響がなきにしもあらず。

16. 2013年8月09日 22:44:37 : YZc2HGnTIY
>09 >14

>四年後に全部デマだとばれたら、嬉しいですね。

その四年後にどうなるということが、書いてないんですよ。思わせぶりな「………!!!!!!!」なんて記号で、内容が分かりますか。これでは、四年後に検証できません。思わせぶりな脅しはやめてくれと言いたいですね。ナイヨウが
ナイヨウな記号もやめてほしい。さあ、四年後にはどうなるのか、はっきり書いて下さい。多摩散人。


17. 2013年8月09日 23:12:54 : bHrzMg6C7n
四年後、多摩散人ボケ始めた
 四年後、何かが始まらなければいけない訳では無いので、
四年後、多摩散人死亡
 として終わりにしても良い。

特に脅している訳では無いが、四年後に検証するって脅しのつもりですか?


18. 2013年8月09日 23:48:54 : kXX0mVDAHo
 
元・四人囃子(ベース担当)の佐久間氏、末期がんであることを公表


佐久間 正英(さくま まさひで、1952年3月1日 - )は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。
母親は広島の出身で、戦前広島市にあった少女歌劇に在籍。海軍士官だった父親と終戦と共に逃げるように東京に出て来たという。
四人囃子に加入以前は「ミスタッチ」というバンドに在籍し、四人囃子でベースを担当した後、作曲家・編曲家・セッションミュージシャンとして活動。1978年にプラスチックスに参加(「Ma-CHANG」名義)し、1981年に脱退。この間にP-MODELのプロデュースを担当。1984年、自身の活動拠点としてブイ・エフ・ブイスタジオを設立。1999年、ケイト・ピアソン(B-52's)、YUKI(JUDY AND MARY)らと共にNiNaを結成し、シングル「ハッピー・トゥモロー」をリリース。
------------------------------------------------------
http://www.masahidesakuma.net/

By masahide sakuma on August 9, 2013 10:17 PM | Permalink

その昔C言語から始まったプログラム学習で必ず通る"hello world"と言う言葉。その真逆の言葉を自分の口から公に向けなければならない日が来るとは、思いもしていなかった。


2013年4月上旬自分がスキルス胃ガンのステージVI になっている事を知る。今年から小学校の一人娘の入学式前日の出来事。

発見段階で医師からはすでに手の施し様はあまりない事を聞き(発見された転移部位の問題もあり)、手術や抗がん剤等積極的なアプローチにはリアリティを感じなかった。
かと言って、まるまる放置も釈然としないので、すぐに丸山ワクチンと中国漢方だけは始めてみた。
しばらくすると丸山ワクチンの効果か漢方の効果か、それ以前と比べると格段に体調は良くなり気力も増した。それまで感じていた胃の不快感も弱まり、自分が末期癌だなどとは時折冗談のようにすら感じた。
それでもひと月ちょっとの間に体重は10kg減っていた。

余命をリアルに考えはしなかったが、ごく近しい人達には状況は伝えた。

この件は公にはすまい、と思った。何故ならこの話は救いの無い情報に過ぎないからだ。人に知られるのが困る訳でもイヤだった訳でも無い。ただ救いの無い情報が受け手に与える"力"が怖かった。

当初の2週間近くは、さすがに落ち込みもしたし、無駄なほどにあれこれ考えもした。寝ても覚めても癌のこと、治療のこと、家族含め接する人達のこと、今後の身辺整理等に頭を煩わせた。
でもある日、それが無駄な時間の過ごし方であることに気づいた。同じ時間を過ごすなら少しでも楽しく有意義な時を送ろうと気持ちを切り替えるのにさほど時間はかからなかった。

自分の中の癌と戦うことはすでに無意味に思えた。憎き癌細胞も自分の一部に過ぎない。自分で自分の肉体に戦いを挑む様なナンセンスなことに思えたのかも知れない。

いつ死ぬかはわからない、でも確実にその死は一歩一歩近づいて来る …と思うと、実はそれは誰にでも当てはまる当たり前のことでしかない。自分の余命はそういう意味ではみんなとあまり変わりはない。そんな風にも考えた。
癌などと言う厄介な病気になってしまったが、冷静に思えば突発的病気や事故等に会うよりは、人生を振り返ったり改めて考えたり、大切な人たちの事を思ってみたり、身辺整理の時間を持てたり、感謝の心を育てられたり。案外悪くはないのかもしれない。


そんな状況のくせに、やりたいこと、やらなければならないことは次々と新たに生まれて来る。終息に向かう生と新たな希望の誕生との不思議なバランスだった。そんな日常がさらに末期癌というリアリティを失わせた。

自分の日々の気持ちを書き残しておこう、とEverNoteに「Last Days」という日記項目を追加。
同時に最後になるであろうソロアルバムの構想も始めた。タイトルはもちろん「Last Days」。
今のところ完成はおろか、手を付けてもいないのだけれど、表題曲の作曲だけはした。最後にもう一度大好きなTAKUYAと一緒にこの作品を仕上げたい、と企ててみた。
陽の目を見れる公算は限りなく小さいけれど。


さんざん迷った末に、早川義夫さんにはメールで伝えた。それへの返信をすぐに貰い、初めて泣いた。止めどなく涙が溢れた。暖かい、それこそ愛に溢れた言葉の端はしにそれまで我慢して来た何かが決壊したが如く涙が止まらなくなった。


以後何事も無いように普通に仕事をし、普通に暮らしていた。
胃ガンなので幸い痛みも無く、特に体調の不良も感じず(若干の胃の不快感と体力低下くらい)、いつも通りに元気にやって来た。

7月中旬過ぎ、突然左腕の知覚がオカシイことに気づいた。空間認識感覚が無力化した様な何ともイヤな感覚。手を置こうとしたところに手が行かない。目で確認をして初めてそこに手を持っていける。ほんの5分〜10分くらいの間の出来事だった。
咄嗟に楽器が弾けなくなるかもしれないと思ったが、不思議なことにそれは今や大した不安でもなく思えた。

翌日検査で脳腫瘍を発見。おそらく転移。
すでに腫瘍は結構な大きさなので、放置すると障害が出るのは時間の問題。放射線で対処できるサイズを越えているので手術しか道は無さそうだ。
30年ぶりに取れた夏休み直前だったので旅行を諦めるか悩んだが、医師の承諾もあって旅に出てみた。初めての家族旅行中、幸い症状は出ずに済んだ。


8/3 塩釜での早川義夫さんとのライブの朝、久しぶりに内科の検診。
事態は悪転していた。肝臓に多数の転移が認められ、脾臓にも転移。
思った以上に進行が早かったようだ。早ければ1〜2ヶ月、長くても年内いっぱいもつかどうか。そんな現実が突然リアリティを持って顕われた。いよいよ最終章に入って来たのかもしれない。
今回の塩釜が最後のライブツアーになる可能性が一気に高まった。


その夜、塩釜で早川義夫さんと演奏をしながら漠然と思った。
自分はこの人の歌のために音楽をやって来たのではないだろうか。この人と出会うためにギターを弾き続けて来たのではないだろうか、と。そんな風に思えるほど歌にぴったりと寄り添うことができる。
16歳で初めて彼の歌に出会い、どうしようもない衝撃を感じ、そんな少年が61歳になっても同じ気持ちでその人のためにギターを弾く。
手術が済んで、いま一度演奏をすることができる身体に戻れるのなら、この人の歌でもう一度ギターを弾きたい。
10月のシカゴ大学でのコンサートまで持ち堪える可能性は低いかも知れないから、できれば9月中にでも東京でライブをできないか。なるべくたくさんの人に二人での最後の演奏を届けることができたら、と。そんな青臭いことを考えてみた。


8月6日、代々木第一体育館でのAARONのライブ。その日の為だけに組んだスペシャル編成のバンドで参加。
TAKUYA、人時、楠瀬拓哉、DIE そして僕。DIEさん以外は全員弟子(教え子)とも言えるメンバーでの前日のリハーサルはとても良い仕上がりで本番には自信満々で臨んだ。

本番3時間程前になった時、突然脳の障害が発症した。左腕、手の空間認識がおかしくなる。楽屋でギターを弾いてみるが、まともには弾けない。
本番までの時間、時折正常に戻りまた発症し、の繰り返し。運を天に任せる他は無かった。
本番が始まり「幸い!弾ける!!」と思ったのも束の間、一曲目の途中で全く弾けなくなった。ネックを握ろうとすると、ネックの上に手が乗ってしまう。その手をダマしダマしネックの下側へとすべらせネックをどうにか握る。オープンEのコードですら頭の中で冷静にポジションを再確認しながら指をフレット上にひとつひとつ置いて行く。そんな動作の繰り返し。普段自然に何も考えず行っている動作をバラバラに解析し再構築する様な動き。
代々木体育館の大きなステージの上でなす術も無く立ち尽くし、頭の中だけはすごいスピードで解析を繰り返しながら指をどうにか運んで行く。
そんな風にして、自分のミュージシャン人生最後になるだろう大舞台は終わってしまったが、かつての弟子達がそんな自分をしっかりと見事に支えてくれていたのが何よりも嬉しかった。

それ以後症状は消えない。時折マシにはなるがすぐおかしな感覚に戻る。


8月8日、手術に纏わる丁寧な説明を担当医師から受ける。術後にも障害は残るかも知れない。悪化する可能性もある。
自分は演奏家で、ギターをベースをその他の色々な楽器を弾く。そんな人間がもしかしたらもう二度と今までのようには演奏できない身体になる可能性もある。弾けることが当たり前に生きて来た人間にとっては何とも奇妙な感覚だけれど、悲しい気持ちや悔しい気持ちは全く湧いては来ない。今まで自分の演奏に絶対の自信を持って悔いなくやって来たと思える自負からかも知れない。いや、もしかしたら、音楽よりもずっと大切な何かに初めて向き合っているからかも知れない。


やりたいこと、やらなければならないこと、やりかけたこと、守りたいモノ・人、伝えたかったこと・想い…がたくさんある。それらをどうしたら良いのか、未だに皆目検討はついていない。

明日足掛け3年掛けたウラニーノのアルバムが完成する。自信作と言える素晴らしい作品になったと思う。そこで今抱えている仕事は一段落。

来週8月14日に脳腫瘍の手術を受ける。きっと元気に戻って来よう。

2013年8月9日

佐久間正英

----------------------------------------------


19. 2013年8月10日 01:16:53 : Z4gBPf2vUA
原発をした時点でこういうことはわかっていた
それに最悪のタイミングで巣が直人が小沢が代表に選ばれたのに故意に居座った度労棒のような総理の椅子でこのザマだ

あれだけの筋金入りのクズは見たことない
助け舟がたくさん入ったが逮捕するって言った

あれは江戸時代なら市中引き回しの上貼り付け獄門だ
絞首刑くらいしてバチが当たらん

首相更迭制度作らねばならない


20. 2013年8月10日 02:49:56 : FFa4vr0PFk
多摩散人って馬鹿だとよくわかった。

21. 2013年8月10日 06:35:10 : 8HktFtGF86
核の無差別大量被曝強要・殺傷・拡散は、いかなる場合も犯罪。
犯罪を擁護するのは、嘘つきの、刑逃れの犯罪者しかいない。
巨大核の拡散犯罪では、みな被害者だ。
被曝すれば、100パーセント、必ずダメージを及ぼす。
核物質の糞が、そこら中にあるわけで、内・外継続被曝中。
いまだ、核が欲しいという犯罪者には、即時死刑の判決をくだせばよい。
全ての核の即時全廃、避難、救援、事故対処、犯罪者の裁き・・・
面倒でも、司法が職務放棄・振った裁判員・科学時代の、責任ある人の言葉。
見てみぬ振りし、裁かなければ、自首しない卑怯者と同じ、同罪だ。
今、犯罪は現行で、目の前の実行犯グル多摩散人は、死刑判決済み。
誰でも、見かけ次第、その場で始末して合法、日本は現行犯罪実行現場だ。
人は、盗人・詐欺・殺人・排他・独善・拡大・選民ゲームの無抵抗羊じゃねぇ。

[削除理由]:2重投稿
22. 2013年8月10日 07:04:35 : BqePRL8J8k
多摩散人曰く「原発は危険だ。しかし原発は必要だ」

お前は他に考えられないのか。少しは頭を使え。バカ過ぎだ。


23. 2013年8月10日 08:02:22 : RQpv2rjbfs
5年前までは想像だにしなかった原発事故、事故など杞憂であると言われていた。今年も原爆祈念日が来たが核戦争など杞憂だと思いたい。石原や橋下はまだ核兵器をほしがっているのだろうか、核から身を守るには核しかないと、拳銃から身を守るために拳銃を保持するアメリカを笑えない。これは笑えない。

24. 2013年8月10日 10:56:44 : jnIojR7VMw
>>12
>私はもともと、「原発は危険だ。しかし原発は必要だ」と言っていますよ。

多摩散人さんって宗教家だったんですね
「世界には救いがない、だから、救世主の降臨は必要だ」とかいうレベルの思考です


25. 2013年8月10日 12:34:19 : aDK7M0dekk
相変わらず下品で暴力的で社会のルールを守れない、常識がない基地外左翼の糞どもがネットでもリアルでも大暴れだな。ここまで大半の連中が逮捕されずに無事でいられたのは奇跡だ。10年以上前に底辺高校を中退して、カタギの仕事はおろか、大半の連中はカタギでない仕事すら就いたことがなくて放射能に関する知識だけは一人前で、ネット上で「違法」とまではいかなくてもろくでもない書き込みばかりしても、世間に迷惑をかけたり、我が国の品格を損ねるようなことをしなければまだ大目に見てやれたのに。さんざん偉そうなことを言っておきながら自分は法律やルールを全然守らない、自分たちがしていることが嫌われる原因になっていることにも気づかないようじゃ救いようがない。特に>>21はリアルの世界で既に多くの犯罪に手を染めていると思われる。

26. 2013年8月10日 13:16:06 : xlxmEf55aU
赤子にまでこんな苦しみを強いた下手人であるトーデンの勝俣、清水らは全て、天下った挙句、海外逃亡しているぞ!

こいつら皆ひっつかまえて、糞壺にでもたたき込み溺死させねばならぬ。

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方のコメント
27. 2013年8月10日 16:20:08 : 8HktFtGF86
>>25
お前の、極悪犯罪害獣のコメントの、どこに品格がある。
俺のコメントの、どこに品格が無く、犯罪性がある。
お前、日本語を学んだほうが良い。
法とは、読んで字のごとく、流れ去る水の如き清らかな心、
生まれたばかりの赤子のような透明な心を言う。
「無」だ、「無」から始まる、課題の方程式には、一つ残さず事実を入れる。
核の毒糞を、まきちらし、知らぬ振りし、そのままで、
無主物などというのは、今時、流行らねぇ、品位も品格も何もねぇ、
人間じゃねぇ、害獣、公害獣、反公共の福祉、反公衆衛生、違法だ。
ペット散歩の糞でさえ、持ち帰る、品格の時代だ。
腐った凶権力のお前、自由民主主義では、首をはねられる敵だ・・・
お前、核拡散、無差別核被曝強要・殺傷を、自らを明らかにしたからには、
名を名乗れ、品格を見せてみ、腹を斬ってみ。
斬らねぇだろ、だから、法に則り、
皆で斬ってやらねばならねぇ、面倒で、情けねぇことだ。

28. 2013年8月10日 17:49:49 : 8HktFtGF86
>>25
福一から2年以上も経ち、いまだ、お前のような、破廉恥な下品糞害獣が現れる。
表面では、謝った振りしながら、詐欺師、嘘つき、殺人鬼の本性がここに出る。
収拾つかねぇよ。
子どもでも分かる、あまりに単純明快、明白、白昼事件、現行凶悪犯罪だから。
頭がつぶれたような馬鹿な俺でも、これだけ書けるんだ。
お前たちが、自首するか、又は腹を斬るか、皆がお前たちの首をはねるまで。
実体や物性の核の処理は、現在においては、
何十年、何百年、何万年、何億年の困難を極めることも分かる。
公共の福祉、公衆衛生、幸せな人生・社会をめざす法の精神土台の下、
言える事は、避難、救援、核の処理、全核即時廃絶、核犯罪者の極刑。
順序は、簡単なところから、お前たち暴力・殺人・盗人実行犯害獣の始末から。

29. 2013年8月10日 18:45:00 : YZc2HGnTIY
>24

 深く考える時間もないが、ぜんぜん違うことを言っているよ。「しかし」と「だから」と、正反対の接続詞で結ばれた命題が同じ訳がないでしょう。多摩散人。


30. 2013年8月10日 21:08:52 : 7wJCqOq2nZ
>>12

多摩散人:「私はもともと、「原発は危険だ。しかし原発は必要だ」と言っていますよ。」


しばらく前の「汚染水海にダダ漏れ東電認める」阿修羅記事の中で、それを聞いた漁民が「東電は信じられないが、東電を信じるしかない」という訳判らない支離滅裂な発言をしていたが、それと瓜二つの思考回路だな。。


31. 2013年8月10日 21:43:29 : YZc2HGnTIY
>08
 多摩散人です。私の質問は単純です。

(放射能の健康への悪影響が)
じわりと増え始めた →今 少しずつ増え始めた →一年後
かなり増え始めた  →二年後 とてつもなく増え始めた →三年後
………!!!!!!!  →四年後
予想としてはこんなもんだろう。

「四年後」の予想が書いてないから、はっきり書いてくれ、ということです。別に何万人死ぬとか数字まで書かなくてもいいです。だいたい分かればいいんです。「とてつもなく」の一年後はどうなるんだと質問しているんです。

「このコメント投稿は以前にコメント成功済み。最近どこかにコメントした文章に酷似しています。」というコメントが出てアップを拒否された。それはそうだろう。答えてくれないから、同じ質問を繰り返しているんです。


32. 2013年8月11日 00:59:39 : jnIojR7VMw
>>31
>答えてくれないから、同じ質問を繰り返しているんです。

違いますよ
多摩散人さんは最初から原発必要教団の狂信者だから、原発反対の人間を抹殺するか改宗させるかしないと気がすまないのです
そのため、原発がどんな不合理なものか科学的な根拠を示しても異教徒のたわごととして受け入れるつもりがないのです
したがって、「答えてくれないから、同じ質問を繰り返しているんです。」ではなく「答えても都合の悪いことは無視してるから、同じ質問を繰り返す。」ことになるのです


そもそも、原発事故の健康被害の年毎の比較なんてチェルノブイリ原発事故の健康被害とかでググればいくらでも出てきますよね。そんな小学生でも簡単に解決できる資料収集を行わないばかりか、比較する資料を一切提示もせず、他人の原発事故の健康被害への危惧を不合理的で軽視しさせようとするのは利権に狂った宗教家の行動としか思えませんね。


33. 2013年8月11日 05:42:16 : YZc2HGnTIY
>32
多摩散人です。

 文全体が理解できません。要するに「………!!!!!!!  →四年後」の「………!!!!!!!」の意味への質問にすぎないのに、誰も答えてくれないというなら、それはそれで仕方ない。スルーは、基本的言論権である。たぶん、反原発派の人が同じ質問をしても答えられないのだろう。それとも、反原発派から質問があればこう答えるというのを書いてくれてもよい。

 いづれにしても、「とてつもなく増え始めた →三年後」は書いてあるのだから、忘れなければ、三年後の検証は出来る。記録は取ってある。


34. 2013年8月11日 08:11:54 : khYMufwVz6
(1)一般のデータはI師会が申し合わせているので出てこない。
(2)★だが、公人、有名人、芸能人 の事情は隠すことが出来ない
 *1* カレイドサイト http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1850.html
 *2* NAVERサイト http://matome.naver.jp/odai/2134204317511451801
 *3* あしゅらサイト http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/816.html
 *4* はなゆーサイト http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/
*** 「?I師会マニュアル?」
1)奇形の増加→〔風疹〕のせいにする!(?風疹に感染させる?)→堕胎させる
2)心筋梗塞の増加→〔熱中症〕のせいにする!(子供もなっているのに!)
3)被爆症状の増加→〔手足口病〕のせいにする!

35. 2013年8月11日 08:58:27 : EPFNWcPVGI
因果関係は無い、は官僚の常套手段だ
毎日放射能が放出されてるのだから因果関係の可能性はあるだろ

36. 2013年8月11日 10:29:01 : 3ak2497veg
「原発は危険だ、しかし必要だ」

多摩さん、原発がなぜ必要なんですか?
なぜ必要なのかを説明してくれるとありがたいです。


37. 2013年8月11日 18:00:50 : gTV15tmpM6
 
敦賀の カニ市長 こと、現職河瀬の前任は高木といいますが、こいつは市長時代、支持者との会合で、
『 原発による奇形児が将来何百人出るかより、いま貰えるカネが大事なんです! 』
とのたまわって、福井嶺南地方を原発銀座にした張本人の一人です。

ネット上の某所には、そのときの録音も残っているようです。

ちなみに、こいつのムスコは、自民党の衆院議員(原発要員)です。


38. 2013年8月11日 18:17:17 : esmsVHFkrM

多摩散人さま、

「原発は危険だ、しかし必要だ」などという主張を未だにのうのうと開陳して恥じないあなたにはあきれるばかりです。

原発の「必要」なるものはあなたの主権的な主張に過ぎませんが、その「危険」は福島第一の事故ですでに現実となった客観的な事実です。

ではその原発の現実としての「危険」に対しては誰が責任を持つのでしょうか。

「危険」だが「必要」だと主張するあなたは、当然その「危険」を引き受ける覚悟があって「必要」だと主張しているのでしょうね。原発事故の際に(幸運にも日本人がまだ生き残っていれば)その収束のために必要となる被爆作業を率先して引き受ける覚悟がおありなのでしょうね。

あなたにはまずその覚悟があるのかないのかはっきりさせていただきたいと思います。

その覚悟がないのであれば、あなたの言っていることは、結局「俺は原発が必要だと思うが、その危険は誰か他人が引き受けるから知ったことではない」ないしは「原発の危険は誰か他人が引き受けるのだから安心して俺は原発が必要だと主張できる」と言うことになってしまいます。これではあなたの言うことがすべて無責任で不誠実で不道徳な妄言となってしまいます。

いかがでしょうか。

もしあなたにその覚悟がおありになるのであれば、当然のことながら、あなたはすでに現実となっている原発の「危険」である福島第一の事故収束被爆作業に今からでも率先して参加されるはずです。幸いあなたは四六時中ネットに張り付いてコメを連発するほど時間に余裕がおありのはずです。収束まで被爆作業に参加するために福島第一に移住することに何の問題もないでしょう。

ご出発の際はぜひここ阿修羅でお知らせ下さい。みんなで東京駅に見送りに行きましょう。その際の万歳の音頭はこの私がとらせていただきましょう。

さあ、お返事はいかがですか。


39. 2013年8月11日 18:30:18 : jnIojR7VMw
>>33
>文全体が理解できません。

最初から理解する気などないのになにをおっしゃってるのですか?
嘘も百辺繰り返せば真実になるとかいうたぐいの気でいらっしゃるのならここではなく2chあたりのネトウヨ相手にした方が洗脳しやすいですよ

>誰も答えてくれないというなら、それはそれで仕方ない。

チェルノブイリと健康被害とかでググれば年毎の比較資料なんていくらでもあると書きましたよね
未だに原発カルト教を狂信していることで明らかですが多摩散人さんは自分が理解する気ないないくせに同じ質問を何度も繰り返し、その度に皆さんに細かい資料を提示させ議論の相手に徒労感を抱かせることが大好きな方ですよね。
最初から理解する気がないのに何度も同じ質問を繰り返すのは悪質な洗脳技術です。
本気で議論する気があるならまず、チェルノブイリ原発事故から4年間の間にどのような健康被害が報告されたか資料でまとめ、このスレのどこがどのように具体性がないか相違点を比較してください。
もっとも多摩散人さんは原発カルト狂信者ですから反論者に対して学術的議論ではなく火あぶりや洗脳を望んでいることは過去ログみれば明らかですが。


40. 2013年8月13日 02:31:12 : YZc2HGnTIY
>36

>多摩さん、原発がなぜ必要なんですか? なぜ必要なのかを説明してくれるとありがたいです。

 私の意見は特に変わっていません。原発が止まっていると、電気代が上がるからです。多摩散人。


41. 2013年8月13日 02:42:17 : YZc2HGnTIY
>40 追加。多摩散人。

そう、これだけでは簡単すぎるか。

電気代が上がると、日本の工業製品の大部分が値段が上がる。すると、日本の工業製品が輸出競争に勝ちにくくなり、外国に売りにくくなる。すると、外貨が入って来ない。国の収支決算で赤字が増え、外貨が減る。すると、火力発電の燃料を買う金さえ不足する。すると、ますます電気代が上がる。

 これで上の一段落が一巡、これが何回も循環するつまり悪循環に陥る。この悪循環が20年も続けば、まあ、誇張した言い方をすれば、江戸時代に戻ってしまうということです。全然独創性のない、当たり前に言われていることだけです。


42. 2013年8月13日 12:45:11 : ApRMmgiqG6
やだな〜 多摩散人さん、

>36ですが、「原発がないと江戸時代にもどってしまう」なんていうのはとっく
の昔に阿修羅で論破されたことじゃないですか。
とぼけないでね。

だからあなたは >39の言われるとおり「最初から理解する気がなく、嘘も百万
繰り返せば真実になるというたぐいの気」で「そのたびに皆さんに細かい資料を提
示させ議論の相手に徒労感を抱かせる」
これってずいぶん悪質ですな。

さらに >38のご指摘する「俺は原発が必要と思うが、その危険は誰か他人が引き受けるから知ったことではない。だから俺は安心して原発は必要だと主張できる」ですか!

さあ、多摩さん、わたしも東京駅まで見送りにいきますから、ご出発の日時をお知
らせください。


43. 2013年8月13日 13:27:37 : YZc2HGnTIY
>42

>「原発がないと江戸時代にもどってしまう」なんていうのはとっくの昔に阿修羅で論破されたことじゃないですか。

 どこで論破されたか、リンクして教えて下さいよ。多摩散人。


44. 2013年8月13日 19:12:02 : esmsVHFkrM

>>43、多摩散人さま、

わたしは>>38のesmsVHFkrMですが、横から失礼します。

何かわたしの>>38は無視して>>36さんの>>42に対してぬけぬけと開き直っておいでですから、僭越ながら私からあなたならびにあなたの妄論が完全に論破された板とそのリンクを教えて差し上げましょう。もちろんそんな板はたくさんあるですが、その中でも特に私が参加したものをあげておきましょう。

「原発 全54基ストップ この夏、電力は大丈夫なのか 調べたらこの通りの仰天結果 (日刊ゲンダイ)」(http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/484.html

この板においては、あなた(多摩散人)ならびにあなたのお仲間の2cIUw2Wa0Yという原発推進論者が阿修羅の良識ある皆さんによって完膚なきまでに論破されています。またその過程で、あなた(多摩散人)ならびに2cIUw2Wa0Y氏の知性や道義や倫理の欠如までもが白日も下にさらされていますから、これほどあなたの開き直りに対してふさわしい例証はないでしょう。

この板をまさかお忘れではないでしょうね。あの時身に染みたはずでしょう。

これでもまだ「原発が止まっていると、電気代が上がる」とか「原発がないと江戸時代にもどってしまう」とか言い続けるのなら、それはまさに「最初から理解する気がなく、嘘も百万繰り返せば真実になるというたぐいの気」で「そのたびに皆さんに細かい資料を提示させ議論の相手に徒労感を抱かせる」ような卑怯で姑息なまねを繰り返しているということでしょう。

あなたには、知性については言うに及ばず人としての根本的な倫理とか道義とか良心が欠けているのですよ。だからこそ、「俺は原発が必要と思うが、その危険は誰か他人が引き受けるから知ったことではない。だから俺は安心して原発は必要だと主張できる」などという邪悪な原発維持論を平気で繰り返して恥じないのです。

原発とはまさにあなたのような人間の屑にしか支持できないような暗愚と邪悪です。あなたが阿修羅に出現して「原発は必要だ」と主張するたびに自らそれを証明しています。

まあご苦労様なことですが、良心や倫理感もなくさらに恥も知らないと言うことは悲しいことですね。


45. 2013年8月13日 21:17:15 : YZc2HGnTIY
>44

 御返事が遅れてすいません。まず、過去ログの公表については、もちろんあなたの御自由で、その評価は読者の判断に任せます。

 38に対する反論ですが、あなたはどうも他のコメンターと違う面があるので、どう説明しようかとずっと考えていた所です。あなたからこういう手紙が来たら、答えなければならんと思っていた所です。次のように答えたら分かってもらえるでしょうか。

>「危険」だが「必要」だと主張するあなたは、当然その「危険」を引き受ける覚悟があって「必要」だと主張しているのでしょうね。

 その通りです。そういう言論活動をしたために生じた原発の「危険」を、それなりに引き受ける覚悟はあります。例えば私が癌になり、医者から原発事故の放射能が原因だと診断されれば、原発推進論者なのだからと思って、というか、自分の不幸を他人のせいにせず、諦めます。自分の子供や孫やひ孫に奇形児が生まれ、それが原発のせいだと診断されれば、「諦める」というのはぴったりしないが、その事実を受け入れて、以後の努力をするでしょう。

>原発事故の際に(幸運にも日本人がまだ生き残っていれば)その収束のために必要となる被爆作業を率先して引き受ける覚悟がおありなのでしょうね。(中略)
もしあなたにその覚悟がおありになるのであれば、当然のことながら、あなたはすでに現実となっている原発の「危険」である福島第一の事故収束被爆作業に今からでも率先して参加されるはずです。

 私は、自分が原発推進論者だからという理由で、他人に言われて、福島に行って事故収束被爆作業に参加するつもりもないし、その義務・責任があるとも思っていません。これは「覚悟」ではなく、「義務・責任」の問題なのだろうと思います。

>率先して参加されるはずです。

 と思うのはあなたの勝手だが、私は「参加されるはずです」という「あなたの言葉に従って、参加する」つもりはありません。

 要するに、私は原発推進論者だが、それを理由に、他人に福一の原発作業員になれとか、または別の、特定の、勝手な命令されてそれに従う筋合いはないということです。私が自分の言論にどう責任をとるかは自分で考えて実行するし、それをどう評価するか、場合によっては批判や、世間的(つまり法的ではない)処罰を加えるのは世間の自由だと言うことです。もちろん、世間の中にはあなたも入ります。そういうものを受け入れる「覚悟」はあるし、それと戦う「覚悟」もあります。

 これは原発に限らない。自分の言論の責任をとる「覚悟」がある、とはそういうことです。他人の命令ではない、自分の判断で福島に行って働くということもあるかもしれない。しかし、それは私自身が決めることで、また、そんなことを言っても、阿修羅のコメンターは「嘘をつけ」と言うに決まっているので、書かないが…書いたが。

 そういう訳で、私は他人に命令されて原発作業員になるつもりはないが、原発推進の言論はやめない、という訳です。42の人も、東京駅のお見送りは謝絶します。

 あなたの意見は、例えば、「原発をやめてガス発電にすればよい」という論者に
対して、反対の意見を持つ人が、

 それなら、ガスを手に入れるためにアルジェリアに行って、ガス採掘の仕事をして、ゲリラに殺される覚悟がおありなのでしょうね。

 と詰問するのと同じことではないでしょうか。どんな発電法を選んでも、そのための危険な仕事をしている人はいます。それを自分でやらなければ「あなたの言うことがすべて無責任で不誠実で不道徳な妄言となってしまいます。」と言われたら、どんな発電法も支持・推奨できなくなってしまうでしょう。

 暑い時節、私もあなたの勝手な思い込みに反して、仕事があるので、いっぺんに沢山反論や質問はしないで、一つ一つお願いします。これを書くだけでもたいへんだったので、いつスルーするかわかりませんよ。いや、スルーしないように努力します。多摩散人。


46. 2013年8月14日 00:49:21 : esmsVHFkrM

>>45、多摩散人さま、

>>44です。

私に反論いただいて感激です。

反論できない批判に対しては決まって無視を決め込むあなたのことですから(多摩散人とは「弾(批判)」を避けて歩くから「弾散人」だろうと揶揄されたりしていますよね)今度もまた臆病風だろうと思っておりましたから大変うれしく思いました。今回のその勇気に敬意を表します。

また、あなたが>>43で表明された、

「>「原発がないと江戸時代にもどってしまう」なんていうのはとっくの昔に阿修羅で論破されたことじゃないですか。

 どこで論破されたか、リンクして教えて下さいよ。多摩散人」

とのご要望に対して私が僭越ながらお教えした板とリンク(「原発 全54基ストップ この夏、電力は大丈夫なのか 調べたらこの通りの仰天結果 (日刊ゲンダイ)」http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/484.html)にご満足いただけたようでうれしく思います。ね、ほら、誰が読んでも一目瞭然で、完膚なきまでに論破されているでしょう。

でも「過去ログの公表については、もちろんあなたの御自由で」なんてわざわざおっしゃっるところを見ると、自分が論破された過去ログが他人に公表されたことが不本意であるかのようにも見受けられますが、「どこで論破されたか、リンクして教えて下さいよ」とおっしゃったのはあなたですよ。これは、あなたとその主張が「論破された」「過去ログ」のリンクを示せと言う意味ではなかったのですか。「過去ログ」のリンクを公表しないのであればいったい何のリンクを公表すればよかったのでしょうか。不可解ですね。

「論破された証拠があるなら出してみろ」と啖呵を切ったら即座に証拠を出されちゃってそれにグーの音も出ない(「その評価は読者の判断に任せます」としか言えませんよね)、その無念がここに出ちゃいましたか。

まあいずれにしろ、そういう訳で、あなたからはもう「原発が止まっていると、電気代が上がる」とか「原発がないと江戸時代にもどってしまう」とかの妄言は出て来ないものと了解します。その了解の上でもうこの点について追求するのは勘弁して差し上げましょう。

さて、本題についてですが、あなたのお返事にはまたまたあきれるばかりです。あなたの良心の欠如、倫理の退廃、人間性の貧しさが如実に出てしまっているではありませんか。

「その通りです。そういう言論活動をしたために生じた原発の「危険」を、それなりに引き受ける覚悟はあります」と堂々と述べられているから、さてどんな「覚悟」なのかなと次を読めば、「私が癌になり、医者から原発事故の放射能が原因だと診断されれば、原発推進論者なのだからと思って、というか、自分の不幸を他人のせいにせず、諦めます」、「自分の子供や孫やひ孫に奇形児が生まれ、それが原発のせいだと診断されれば、「諦める」というのはぴったりしないが、その事実を受け入れて、以後の努力をするでしょう」ですかあ。

自分のことばかりじゃないですか。

他人はどうなるのですか。私を始めとする原発反対論者はもちろん、積極的に反対しなくても原発に賛成したわけでもない大多数の日本人が「医者から原発事故の放射能が原因だと診断され」たらそれはどうなるのですか。その「子供や孫やひ孫に奇形児が生まれ、それが原発のせいだと診断され」たらどうなるのですか。

あなたは「原発推進論者なのだから」「自分の不幸を他人のせいにせず、諦めます」で済むかもしれませんが、われわれはそうは行きませんよ。みんなあなたのような原発賛成論者が引き起こしたことでしょう。われわれは原発を支持したわけでもそれに賛成したわけでもないのだから「諦める」訳には行きませんよ。

そもそも「危険」とは自分のことだけじゃありませんよ。同じ日本人同胞やはたまた事故の規模によっては世界の人々の被爆やそれによる健康被害や死も「原発の危険」ですよ。それに対して「原発推進者」であるあなたにはどんな「覚悟」があるというのですか。自分のことばかりで他人のことなんかどうでもいいということですか。

さらに、あなたは「私は他人に命令されて原発作業員になるつもりはない」と、なにか私があなたに「原発作業員になる」よう「命令」しているかのように書いておられますが、私はあなたに「命令」など一切していませんよ。私はあなたに「危険を引き受ける覚悟」があるのかどうか訊ねているだけですよ。>>38のその問いをそのまま引用します。

「「危険」だが「必要」だと主張するあなたは、当然その「危険」を引き受ける覚悟があって「必要」だと主張しているのでしょうね。原発事故の際に(幸運にも日本人がまだ生き残っていれば)その収束のために必要となる被爆作業を率先して引き受ける覚悟がおありなのでしょうね。

あなたにはまずその覚悟があるのかないのかはっきりさせていただきたいと思います」。

あなたは何も強制されていませんよ。「原発は危険だが必要だ」と主張するならその「危険」に対してどのような覚悟があるのか、どのような覚悟の下にそのような主張を行っているのか、あなたの覚悟が問われそして試されているだけのことですよ。

行くも行かないもあなたの自由です。その選択が自由であるからこそ、そこにあなたの本当の「覚悟」とあなたの人間性が如実に顕現してしまうのです。そしてそれが私を始めとするこのスレの読者の目にさらされることになるのです。

あなたのお返事はわかりました。「原発事故の際に(幸運にも日本人がまだ生き残っていれば)その収束のために必要となる被爆作業を率先して引き受ける覚悟」はまったくないということです。

あなたらしいお返事です。上に見たように「危険」と言えば自分の被爆と自分の子や孫の奇形のことだけ、他人の「危険」なんて微塵も頭に浮かばないようなあなたですから、自分が主張する「危険だが必要な原発」が事故を起こした際に誰かが死を覚悟して行わなければならない被爆作業などはなから他人事です。いい気なものです。まさに「俺は原発が必要と思うが、その危険は誰か他人が引き受けるから知ったことではない。だから俺は安心して原発は必要だと主張できる」です。

単純な話です。身も蓋もない話です。あなたの人間性とその主張の無責任さが白日も下にさらされています。

だからこそ、あなたは誰も言ってもいない「強制」を持ち出して何人も「強制」されないとか、アルジェリアでガス採掘の仕事と同じだとか、話を混乱させてごまかそうと必死です。なんとも浅ましいことです。

例によって相手の主張を歪曲したあなたの「屁理屈」がアルジェリアのガス採掘の話として出ています。こんな小学生のような「素朴な言い換え」に説得される人がいるとは思いませんが、念のために潰しておきます。

コンバインドサイクル発電を行うための天然ガス採掘については、それを行うことで死亡することが確定しているような決死的な犠牲を要求するものではありません。アルジェリアがテロリストによる襲撃の危険があるのならだれもアルジェリアに行く必要はありません。平和裏に誰の決死的犠牲を要求することもない供給先は、オーストラリアでもインドネシアでもロシアでもいくらでもあります。アルジェリアだってテロリストとの和平ないしはその殲滅による治安の向上に努めることが可能ですしそれを行うのが文明社会というものです。そうなってからアルジェリアで採掘を行えばいいだけのことです。それでも今アルジェリアで採掘を行うと言うならそれはそれを行おうという人間(組織も結局人間の選択です)の欲得とかの自由意思の問題であってそんな「危険」まで他人が責任を負うものではありません。

それに対して、原発の事故収束作業のような被爆作業は決死的な犠牲を要求するものです。それはすでにチェルノブイリ事故によって現実となっています。福島第一事故は現在までの政府東電の公式発表を信じるとすればそのような状況にないようですが、福島第一の事故は現在も進行中であり近い将来チェルノブイリと同じような決死的被爆作業が必要となることはほぼ確実でしょう。またそもそも原発は常に事故の危険と隣り合わせですから、今度起こる原発事故がチェルノブイリや福島第一のような規模で収まる保証は一切ありません。その拡大を防ぐために膨大な数の人間の決死的犠牲を要求するような規模の事故は常に起こりえるのです。

さらに即死に至らなくても原発における被爆作業は確実にその人間の健康を害しその被爆量に応じて一定数の死亡者を生み出します。誰が死ぬかは確率論的な問題だとしても、作業員と言う人間集団の構成員すべてが健康被害を受けその中から死ぬものが出るのは確実です。原発では保守点検においても部品交換とか清掃とかの被爆作業が必須ですから、これは事故に至らなくても平常時においてさえ要求される決死的な犠牲です。

と言うわけで、原発を作りそれを運転する限り一定数の被爆死亡者が出てきますし事故が起これば決死的な被爆作業による犠牲が求められることになります。これが原発です。

「危険」だから行かないというような選択肢があるから結局誰もアルジェリアには行きませんでしたというような平和な結果がアルジェリアの採掘においてはありえますが、原発においてはそのような平和な結果はありえません。事故収束被爆作業に原発推進論者が率先して行ってくれればいいのですが、多摩散人氏のように推進論者は行きませんから、結果として誰も行かないのであれば誰かを強制して行かせるということになります。これが原発です。これが「危険な原発」が要求する悲惨な決死的犠牲です。

多摩散人さま、これでもあなたはまだ「原発は危険だが必要だ」などと主張するのでしょうか。原発の「危険」である決死的被爆作業にあなたが行かないのであれば誰が行くのでしょうか。健康被害や死があなたに及ぶのはあなたの覚悟の問題ですが、他人があなたの主張のために健康被害や死に見舞われるときあなたはどのような覚悟を持って他人に対してその責任をとるのでしょうか。

原発は損得の問題ではありません。これは人間の倫理とか道義とか良心とかの問題です。人はここでその人間性の真実の姿を問われるのです。

だから、私はあなたを軽蔑します。原発推進を主張するすべての人々を軽蔑します。


47. 2013年8月14日 12:03:21 : ApRMmgiqG6
>46
すばらしいご意見、ありがとうございました。
私は>36>42ですが、いつも御貴殿のご意見には感服して読ませていただいて
います。
私はもっと勉強をしなくてはと反省中です。

しかしこの多摩散人なる人物は、おとぼけの名人で、過去に論破されたことを知ら
ぬふりで同じことを繰り返す。
多分何ヶ月かしたらまた「原発がなければ江戸時代に戻る」とか、「原発は危険だ
だが必要だ」なんて言い出すかも〜
やだな〜〜


48. 2015年3月23日 12:17:21 : FpQjPVuqbE
お友達がいなくさびしがり屋の多摩ちゃん、こんなところでおしゃべりしていないでそろそろパソコンを閉じておうちに帰ってねんねしましょうね。

49. 2015年5月03日 19:58:17 : z5KwROzLjE
多摩散人は、
情けないことに、人に対して「何年後ですか」としつこく問いながら、自らが同じ質問を投げかけられるとちっとも答えられない。

少し前にこんなふうに言ったんだけどね。
「「何年後ですか?」は前からこっちが聞いてるだろ!
それに対して「うむ、ゆるりと答えてつかわすぞ、そこな下郎、頭が高い!」(http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/484.html?c122#c122 の116)などとチンケなことを言いながら(失笑)、いまだに回答がない!

多摩散人、「「何年後ですか」という論法を変えるつもりはない。これがデマを見破る一番簡単な方法だし、バカの一つ憶えではあるが、逆に、 継続は力なり。 という格言にも当てはまる。」と。自らが「バカ」で、それを「継続」すると宣言。(http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/401.html?c26#c26 の11。)
極めて珍しく言うことが当たっている。(爆)
で、そんだけ「何年後?」にこだわるものだから、こちらから聞いたんだ。「貴殿もまさか放射線が人体に害を与えること自体は否定しないであろう。
それで、貴殿はいったいどのぐらいの被曝状況において、「何年後に」どのぐらいの被曝症状が現れると考えているのか。貴殿が考え設定する状況・症状でよい。答えてもらおう。
人にやたらと「何年後ですか」と問いかけているぐらいだから、まさか答えられないはずはないであろう。(http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/484.html?c122#c122 の57。)

「答える」と言いながら答えず、また人に「何年後ですか」と「バカの一つ憶え」を言う。もうほんと、終わっとる。」

その醜悪さと低劣さをもって、「多摩」や「多摩川」のイメージをことさらおとしめているのが多摩散人。


50. 2015年5月04日 02:46:39 : fpt8itpB5Q
チェルノブイリの死亡者のグラフを見ると、おおよそ5年後から急に死亡が増えだすでしょ
てことは来年から増えだす可能性があって
今年は、言われてるように夏からアメリカで内戦、秋に経済破綻
となった場合、来年は戦争に突入して被曝による死亡はうやむやになるのかも
安倍も明らかに戦争への準備を急いでる

阪神淡路大震災は神戸製鋼?で安倍・オウム村井が核開発してたからユダヤにやられた
福島原発は4号機で安倍一味が核開発してたからユダヤに爆破された
という話もあって、安倍が原因だとすると、それを隠したいから戦争でめちゃくちゃにしちゃうか


51. 2015年5月04日 07:04:53 : xWjZP72UnM
反・反原発派が必死すぎておもしろいのだが。

チェルノブイリの経験から推測すると、
放射能の人体への影響の潜伏期間はおよそ6年ですね。
いつものグラフですが、
http://blog.goo.ne.jp/rainbowgarnet1/e/e1590db604a932860b5242873e3e459d


52. 2015年5月05日 19:18:00 : afLcw5wwVy
いやいやそうじゃない
口が裂ける というより、
目鼻がひっくりかえる というか・・・
https://www.youtube.com/watch?v=Z7oAJGb4bBM

53. 2015年5月14日 20:08:04 : 6O4tlIPnZw
>01. 2013年8月08日 23:25:18 : 7wJCqOq2nZ
>じわりと増えてるというが、この記事(新聞紙面にも)のどこにも
>比較した記述や表は無い。発症数の推移データやグラフ、あるいは
>診察や治療した医師や医療機関の証言があるならちゃんとそれを出したうえで
>「増えてる」と言わなければ信用を無くすだけだ。

死ぬまで言ってろw


54. 2015年7月04日 01:54:53 : 9wl3i0Youg
名無しのコンビニ店員

コンビニ店員にとって、常連客の把握は当たり前です。来店されなくなった方、頻繁に来店されるがお買い上げ点数が減った・・・等々、全店員が把握しております。だから分かるのです。福島第一原発事故の及ぼしている影響と消費増税;どちらもマイナス志向へと直結しております。総理!何とかして下さい!


55. 命を大切に思う者 2015年11月28日 22:13:05 : 3.LyAsjgHYOKs : sfKNdWtc32
奇形も心配ですが、
自分自身が毒の粉を吸わされ肺癌にされて死ぬ心配をした方がいいです。
なぜなら、10年後に死ぬ人の数が数百万人に上るから。犠牲者の桁が違う。

■3号機プール内、爆発前に燃料の有った場所は見せ方が小出し。見せた全本数は未だに3%=燃料飛散済隠蔽か

プール内画像 http://fukushimadisasternote.1apps.com/fukushima_no3_pool.jpg
画像ソース http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning/committee/osensuitaisakuteam/2015/pdf/1029_3_2c.pdf#page=4&zoom=50

上の福島原発3号機のプール内画像を見てください。
燃料数十本分のラックが見えますが、ラックの中が空っぽです(燃料が無い)。
東電の公開する、ラックの中が見える写真は、いつもラックの中が空っぽ。
これは、ラックの中が見える写真については、
燃料を置いてなかった場所の写真しか、公開してくれないからです。
というより、撤去してもラックの中が見えるようにならない瓦礫しか撤去しない
という手口で、わざと写真が手に入らないようにしてるものと思われます。
ハンドルだけ見えてる写真はあるが、それでさえたった14本。566本の3%でしかない。

●東電は、11月26日の発表で、クレーン不調を口実に、
燃料を置いてる場所を新たに公開することは、しばらく無い、と宣言しています。
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/d151126_07-j.pdf#page=1&zoom=50
赤い字で「SFP内調査 クローラクレーン不調のため、調整中」
クレーン不調を口実にした隠蔽です。同席してた記者達は全員スルー。

■燃料の何割かが飛散済だった場合、事故10年後に200km圏内の

 数百万人が死んで行く(肺癌になって死ぬ)、

という恐ろしい事態になるわけですから、
同じ撤去するのなら、
燃料を置いてる場所で、かつ、撤去すればラックの中が見えるようになる瓦礫
を優先して撤去するのが、正しいやり方です。

●皆さん、問題箇所をわざと瓦礫で覆い隠し続ける手口を許さないよう、
「進捗は、燃料が目視できるようになった本数で報告しろ!
 本数がそうだとわかる証拠写真を公開しろ!」
と迫ろうではないですか!
それでもなお、目視可能本数や写真を隠蔽し続けるようなら、
「目視可能本数や写真の隠蔽をやめろ!」と抗議の声をあげようではないですか!

測定で未発見や今現在肺癌なしは証拠にならない(理由は http://j55.pw/5dkN )、
プール内燃料の 核反応→暴走→溶→飛散 は起こり得る(理由は http://j55.pw/WnAb )、
状況証拠はそれが起こってしまったことを示している(詳細は http://j55.pw/Asa9 )、
のですから、
爆発前に燃料が有った場所を3%(566本中14本くらい)しか見ていないのに
「全部残ってる(一本も飛散してない)に決まってる」
と言える状況ではないのです。


56. デブット・ボオイ 2015年11月28日 23:39:37 : /vywxT0QCLQRI : SRh2bQDIeg
さようなら 未来の子供よ
僕は今向かっている
そして すべてが終わった後で
すべてが終わった後で
気を落さないでおくれ
すべては過ぎ去ったことなのだ
だけど君は恐れているかもしれない

さようなら 未来の子供よ
ここはひどく暗い
そして 僕は太陽を感じたことさえない
僕は考え恐れている「その時」を…

その風が吹くときのことを

命が残忍な苦痛に身を焼き
怒り昂ぶる
ねじ曲げられた言葉を信じ
君は逃げに逃げ去るだろう

君は家路の途中で彼を捕まえるだろう 
君は唾棄し 彼を罵倒するだろう
だけど 皆は君を信じないだろう
君が言うことを気にもしない

さようなら 未来の子供よ
ここはひどく暗い
そして 僕は太陽を感じたことさえない
僕は考えて恐れている「その時」を…

その風が吹くときのことを


57. 2015年11月30日 02:16:08 : A474RYtJnU : XA1LU6Ay9Ew
私は管理人が多摩某をこの掲示板に出入り禁止にしない理由がよ〜く分かった。
原発容認もしくは推進する人間のバカさ加減の標本として格好のパーソナリティなんだな。
かねがね貴重な情報資源をバカに荒らされている事態を憂慮して管理人に出入り禁止の進言をしようと思っていたが、結構、大いに暴れて貰おうじゃないか。東電、自民党も含めてお仲間がハラハラしていると思うが。

58. 2015年11月30日 06:25:31 : gha4wQHsWY : GtXYfrVLY6Y

多摩散人さんって宗教家?

     宗教家って詐欺師みたいなもの。


59. 2015年12月02日 23:47:18 : Kl2TRhX28M : oWEa3ean6PE
多摩散人は原発被害告発スレに、必ず出てくる火消し役の
バイトか東電社員なんだから自己主張を説明できないし、
論理破綻しても何とも思わないんだろう、相手にしないことだ。

60. 2015年12月06日 05:26:42 : hq0TrtvRYo : Qaml3ol4yGw
he and sheのギタリスト荒井吉明さん(61歳)が死去
http://silvershield.link/he-and-she


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素32掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素32掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧