★阿修羅♪ > 原発・フッ素32 > 827.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人類が経験したことのない海洋汚染が始まろうとしている (田中龍作ジャーナル) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/827.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 8 月 09 日 02:00:01: igsppGRN/E9PQ
 

原子力規制庁の役人。自分に質問が回らない時は、上の空であさっての方角を向いたまま。危機意識のかけらも感じられなかった。=8日、参院会館 写真:筆者=


人類が経験したことのない海洋汚染が始まろうとしている
http://tanakaryusaku.jp/2013/08/0007683
2013年8月9日 01:15  田中龍作ジャーナル


 東電の付け焼き刃の対策と政府の危機意識のない対応が、人類史上かつてない海洋汚染を引き起こそうとしている。

 政府の災害対策本部によれば、毎日300トンもの放射能汚染水が福島第一原発から海に漏れ出している。セシウムばかりでなく、ストロンチウムやらトリチウムやらの猛毒が混じった汚染水が、毎日毎日ドラム缶1,500本分も海に流れ出しているのだ。

 福島第一原発周辺には富岡湧水という名の大きな地下水脈が走る。東電は大量の汚染水が海にあふれ出ることを知っていた―

 東電は事故前、建屋の周辺に57か所もの井戸を掘り、毎日850トンもの地下水を汲み上げていたのである。だが地震と津波でポンプが使えなくなり地下水を汲み上げることができなくなった。

 東電の試算によれば850トンのうち400トンは建屋に行く。残る450トンは海に流れ出る。

 東電が政府に上記を報告したのが今年の4月26日である。だが、政府は参院選挙もあり表だって動かなかった。(海に流出する汚染水の量が、災害対策本部と東電の間で150トンの開きがあるのは、調整の結果だろうか?) 
   
 8日、環境団体などが国会内で対政府交渉を持った。経産省資源エネルギー庁、原子力規制庁などの若手官僚が答弁した。

 驚いたのは汚染水問題に対する政府の危機感のなさだ。東電から原子力規制庁に送られるはずのモニタリング・データが昨年12月初旬から今年5月19日の間、送られていなかった。

 環境団体がこれを追及すると原子力規制庁の官僚は「知らなかった」と臆面もなく答えた。この官僚はモニタリング担当の課長補佐なのである。


事故前の福島第一原発。白い線を描いて左に流れているのは冷却に使った水。=写真:東京電力提供=
http://tanakaryusaku.jp/wp-content/uploads/2013/08/cc5a813523c3ffaf582794e602b4870b.jpg


 山側から大量の地下水が流れ込んでいるにもかかわらず海側だけ止水すれば、水が溢れ出すのは自明の理である。この点を追及すると資源エネルギー庁の官僚は次のように答えた―

 「とれるアクションをとった。海側を優先したことは問題とは思っていない。(ただ)対策を打ったことによって新たなリスクを生んだことは問題だと思っている」。他人事の見本のようなコメントだ。

 いずれにせよ山側から流れ込む大量の地下水が建屋に入らないようにしなければならない。政府は国費を使って1、2、3号機の建屋の回りを凍土で固めることを決めた。

 この工法は前例がなく問題点が多い。範囲が広大であるため完成に2年間もかかる。土を凍らせるのに冷却剤を地下に送り続けなければならない。当然、莫大なコストがかかる。あげくに効果は未知数だ。

 もっと問題なのはゼネコンとの交渉が非公開だったということだ。

 「国費を使うのになぜ公開にしないのか?」8日の対政府交渉で環境団体が資源エネルギー庁の役人を追及すると、いかにも役人らしい答えでかわされた―「技術面の企業秘密があるため非公開とした」。

 莫大なコストがかかるため国費投入を決めたのだろうが、除染同様、ゼネコンを儲けさせるだけだ。それでも汚染の流出が止まればよいが、そうはいかないかもしれない。

 デブリ(メルトダウンしアンパンのようになった核燃料)が、すでに格納容器から抜け落ちて地中にめり込んでいるとの見方がある。50mを超える深い地下水脈に放射性物質が流れ込んでいることになる。

 何十兆円つぎ込もうが、汚染は止らない。「賽(さい)の河原に石を積む」ような作業だ。日本の国家財政が破たんしてもなお世界の海を汚染し続ける。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年8月09日 02:32:02 : v9oECZDkji
今までこの問題について無関心でありすぎた。
ロシアが経済危機に陥り原子力潜水艦の大量処分をしたが、日本も支援した。
その時、20年近く前、最終的に海洋投棄した後の結果では影響は出ていない。

02. 2013年8月09日 03:19:07 : FyodjO52js
>1
垂れ流しと同一視することはできない。
当時、核種は別にして線量総計は、日本の原発がその時点までに海洋に廃棄した放射性物質累計の1万分の1以下という比較試算があったのを知っているか。
長期に渡る経済行為の結果は、一時的問題とは比較にならないほど巨大だということを理解するに良い証左だった。

此処に至ってまだ火消しの理屈を捏ねることに何の意味がある?
この影響が取り返しの付かない甚大な物になることに疑う余地など無い。


03. 2013年8月09日 03:26:44 : pj0KXIvxBk
「ロシアが経済危機に陥り原子力潜水艦の大量処分をしたが、日本も支援した。
その時、20年近く前、最終的に海洋投棄した後の結果では影響は出ていない。」

元々原子力潜水艦として形があるもの。塊として深海の底に沈めるだけなら簡単。
「影響は出ていない」のだろうが、
(というよりも、深海の底の放射能調査などしていないだけだろうが)
福島事故原発の瓦礫だとか超高放射線の核燃料のかけらを固めること自体、
不可能に近い。特に建屋の中、その地面の下にめり込んだデブリ状の
核燃料などはもうどうしようもない。

ソ連の原潜の話はちっとも参考にならない。それだけ未知の領域に事故は最悪化して
いるということだ。


04. 2013年8月09日 03:49:28 : BiaelMOAtI
 では、矢板で四方を囲むとしましょう。地下水の上流も囲むとします。デブリとなった燃料はどうなってるかわからない。水を大量に流して冷やしていれば燃料が再臨界するのを防げているかもしれない。また中性子を遮って再臨界を防いでいるかもしれない。
 ところが、矢板で囲むとこれの条件が皆消えてしまう。即ち再臨界で6千度になったプルトニウムのガスがモクモクと立ち上って風に乗って諸方に流れていく。今度は作業員も全員退避となってしまう。
 そこで苦し紛れの凍結法と言うことになったのでしょう。上流からの水の流入の代わりに永遠に冷気を流し続けるということです。川の流れの中で冷やしていたのを氷の容れモノの中で行うという不可能を前提とすることをやるのです。

05. 不乱坊 2013年8月09日 05:16:58 : kbTBOGSw0930o : GaSTZOivpk
>「賽の河原に石を積む」ような作業だ。日本の国家財政が破たんしてもなお世界の海を汚染し続ける。
誰かが書いてたかもしれんけど、国破れても山河あれば、まだ希望がある。
だが汚染され、人の棲めない土地が残っても、再建する意欲が湧くだろうか。
賽の河原で子どもたちをお救い下さるのは地蔵菩薩だったかな。
街で地蔵さんを見かけたら、せいぜい拝んでおくことにしよう。
>もっと問題なのはゼネコンとの交渉が非公開だったということだ。
こんな人類の危機、地球の危機でも、まだ利権にこだわり、
行く行くの天下り先の心配でもしているかのように見えるヒトビト。
>原子力規制庁の官僚は「知らなかった」と臆面もなく答えた。
>他人事の見本のようなコメントだ。
城山三郎『官僚たちの夏』は、もはや昔の話なんだろうな。

06. 2013年8月09日 07:04:56 : vMy76a7j0k
今でも「官僚たちの夏」はあると思うよ。原発推進が日本国のためになると思って一生懸命やってるわけです。

07. 2013年8月09日 08:12:35 : 3gFErnfx7I
TPP加入で米国の各企業から莫大な損害賠償を請求されますね

08. 2013年8月09日 09:14:49 : Kicxn8HvY6
>人類が経験したことのない海洋汚染

放射性物質は閉じ込めることが原則。わが国ではクリアランスレベルと言う1キログラムあたり100ベクレルを超える放射性廃棄物は原子力関連施設から廃棄する際に分離保管の義務が明確に規定されている。

福島第一原発は原子力関連施設であることに間違いなく、故意に廃棄すれば法令違反であることは確実だ。問題はその悪質性にあるのだろう。クリアランスレベルの100倍、1000倍の汚染度を遥かに超えるような到底許すまじ人為的垂れ流しが、世界に直結している海洋へ対して日本政府主導で為されることは、国際社会から徹底的に叩かれることであろう。

安倍政権よ、悪名高きナチスに習えなどと言ってあまりに恥ずかしい犯罪行為して世界に背を向けるようなことをしてはならない。

海洋汚染を日本政府主導で為されることは絶対にあってはならないことなのだ。


09. taked4700 2013年8月09日 09:52:26 : 9XFNe/BiX575U : PPBZ0dj1Ig
まず、次のことは事実なのだろうか。

>東電は事故前、建屋の周辺に57か所もの井戸を掘り、毎日850トンもの地下水を汲み上げていたのである。だが地震と津波でポンプが使えなくなり地下水を汲み上げることができなくなった。

地下水くみ上げが日常的にこんなに必要な場所に原発を造ったということ自体が信じられない。通常、崖などのそばでも地下水くみ上げが必要になることはない。地下水が湧いてきても普通は単に排水路をつけて排水をすればいいだけだ。

次に、この記事のタイトル「人類が経験したことのない海洋汚染が始まろうとしている」に違和感を感じる。「始まろうとしている」ではなくて、既に2年がたっている。

また、

>驚いたのは汚染水問題に対する政府の危機感のなさだ。東電から原子力規制庁に送られるはずのモニタリング・データが昨年12月初旬から今年5月19日の間、送られていなかった。

>環境団体がこれを追及すると原子力規制庁の官僚は「知らなかった」と臆面もなく答えた。この官僚はモニタリング担当の課長補佐なのである。

というのも奇妙だ。単に規制庁はデータを見ているわけではないはずで、週報や月報という形でレポートを作っているはず。当然、それをチェックする係が別にいて全体像の把握ができないといけない。取材をされるのであれば、ある程度そういったことも取材をしていただきたいものだ。

ともかく、汚染水問題が感心を集めること自体が悪いとは言わないが、今回の騒ぎはショウアップされたものだと感じる。TPP加盟問題をきちんとチェックしないと将来後悔することになるのでは。



10. 2013年8月09日 11:07:18 : h8SWGkHHbQ
福島沖の底引き網漁を全面休止へ 汚染水流出で(08/08 13:59)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000010270.html

 福島第一原発から汚染水が海に流れ出ている問題を受けて、福島県沖で行われている底引き網漁の試験操業が全面的に休止されることになりました。

 相馬双葉漁協・佐藤弘行組合長:「汚染水の問題を早く解決してもらい、試験操業を再開できることを求めています」

 相馬双葉漁協の佐藤弘行組合長によりますと、汚染水の流出を受けて、3日に関係者が会議を開き、モニタリング調査で安全・安心が確認されるまで試験操業を延期することを確認したということです。相馬双葉漁協は、去年6月から福島県沖で底引き網漁の試験操業を続けていました。福島県では、いわき市の漁協もすでに計画の延期を決めていて、福島県沖の試験操業は全面的に休止することになります。


11. 2013年8月09日 12:13:31 : 0kDlBxsDkU
------ 「とれるアクションをとった。海側を優先したことは問題とは思っていない。(ただ)対策を打ったことによって新たなリスクを生んだことは問題だと思っている」。他人事の見本のようなコメントだ。

他人事の見本というとおりだが、小学生ですらあきれるほどの低脳ともいえる。頭をまるで
使っていない。何の議論もなかったのだろう。あれば異論がでるはずだ。国民の税金を無駄
使いしただけだ。

>>02
>ロシアの原子力潜水艦の海洋処分は、日本の原発がその時点までに海洋に廃棄した放射性物質累計
の1万分の1以下という比較試算があったのを知っているか。

これはロシア側からも反論されたことですね。数字は忘れていたので助かります。

>>04
>そこで苦し紛れの凍結法と言うことになったのでしょう。

官僚・東電含めてオープンに議論していないのだから、どうせうまく行かない。それくらいなら
よいが建屋を壊したりしないのか心配だ。


12. 2013年8月09日 14:41:33 : 7wJCqOq2nZ
環境団体の突っ込みが甘すぎだ。つまり頭が悪過ぎということだ。
この頭の悪過ぎは東電や国とやり取りする者たち全員に共通で記者もまったく同じである。

たとえば本記事の場合で言えば、寄生庁に「海側を優先したのは問題と思わない」などと言わせて「ハイそうですかと」黙っている。寄生庁は海側優先の結果汚染水流出のリスクが増したことを問題と認めてる。つまり海側優先がリスクの問題を起こしたのだから「優先」は問題だったのだ。
記者はそのことを指摘し、「優先という考え自体が問題なのだ。優先などでなく一挙に人員と機械を大量動員して山側も海側も同時にやり、とくに山側に戦力を集中して地下水流入量を即刻に減らすべきだったのだ。そうすれば海側も時間を稼げたのだ。優先などという考えは大問題である」と突っ込まなければアホだ。

またゼネコンとの交渉公開に関して、エネ庁に「技術面の企業秘密があるため非公開とした」とかわされたなどと言ってる。
企業内部における実施計画段階等で技術上のノウハウなど企業秘密レベルの技術事項は話合われるが、他者との交渉段階で、知られては困るレベルの企業秘密を話すなどあり得ない。建設技術屋でもないド素人のエネ庁くんだりとの交渉段階程度で出る技術話は、カメラや自動車や産業機械などネットやカタログの概要や基本仕様、あるいは建設なら施工法の基礎知識くらいのものであり企業秘密レベルの技術話など絶対しない。企業にしてみれば、日常他企業とも繋がりがあるエネ庁から秘密が漏れることだってあると判断するからである。

それは東電でも経産省でも記者会見などでたびたび技術問題を突っ込まれて答えに窮してることを見れば判る。お上との協議や交渉する上で、深い技術知識など協力企業や外注企業は誰も教えてないからである。

もっと言えば、企業秘密とは企業内で厳重に留めるから企業秘密であって、相手が誰であれ他者との交渉や協議で話すような秘密は、企業秘密でもなんでない。
バカでも判る話である。

寄生庁や東電や検察が好きにやり放題なのは、想像力も無く頭の悪いクセに、国や東電に顔を出すこの環境団体や記者の尻切れトンボが一役買っている。
国や電力に完全に舐められているのである。


13. 2013年8月09日 14:43:24 : 7wJCqOq2nZ
>>12訂正

× 記者はそのことを指摘し、・・・
○ 環境団体はそのことを指摘し、


14. 2013年8月09日 15:09:34 : pIad38DQnM
>>09

地下水くみ上げって、他の原発でもしているのか気になる。


15. 2013年8月09日 15:13:51 : ICDifRZ5LQ
ここまでうそを重ねていると

やがてそのうそを隠し切れない時がやってくる。
安倍自民党勝利どころか自民党、経産省、東電、マスコミ、法曹界、地方自治体すべてに不信感が広がることになる。

30キロ圏内どころか福島県の大半の地域から人が争って脱出を図りはじめるのもそう遠くない。


16. 2013年8月09日 18:19:32 : AiChp2veWo
明治維新から闇を作りすぎた。どうにもならない。できる事から努力はするが天命をまつ。

17. 2013年8月09日 20:53:25 : tEUEnCDSpC
こんな出鱈目な汚染水対策をして太平洋を汚した日本は世界にどういう顔向けができるんだ?。原発輸出?  ふざけるな 。こんな半島の住人や尖閣諸島でうろつく中国や太平洋諸国の声が聞こえてきそうだ。

安倍さん、原発はもうendにしよう。このままじゃ日本が精神的にも経済的にも追いつめられ本当の世界の孤児になってしまう恐れがある。中国など序の口だ。
この上に南海トラフ地震で再び原発事故を起こしたりすればもう決定的だろう。原発事故の収束が一向に見えてこない状態で再度の事故など絶対にあってはならないことだろう。

すでに予想されてる大震災が日本で再び起きて原発事故が発生した場合、これは日本への天罰に等しいなんら同情に値しないことを日本は続けようとしている。


18. 2013年8月09日 22:06:55 : FcBhowaFIg
>>17
>こんな出鱈目な汚染水対策をして太平洋を汚した日本は世界にどういう顔向けができるんだ?

この問題、世界中が怒っています。ABCニュースでは汚染が西海岸に届くかもしれないと報じたらしい。このダダ漏れに関するNYタイムズの記事に寄せられたコメントには、「西海岸を歩くときにはガイガーカウンターをもつべき」だの「もし自分が西海岸に住んでいて子や孫を持つ身であったとしたら恐ろしい」だの、なぜ最初から対策を講じなかったのかについてアメリカ人も憤慨している。一方、英ガーディアンの6日のダダ漏れ記事に対するスレは340コメント。このような怒りを引き起こしている理由は、誰が見ても100パーセント怠慢による人災に見えるからだ。この点で事故発生時とは異次元。


19. 2013年8月09日 22:49:49 : ZwNM9esa2g
「デモクラTV」(パックインジャーナル)は3・11からすぐにこの事態を危惧していた。

20. 2013年8月09日 23:00:01 : 2sYTZ5DPGg
18さん

「世界中が怒って」いるんなら、まだよい。でもこの放射能汚染問題では「外圧」に期待はできませんよ。
ヨーロッパの西と東の新聞2つ読んでますけど、福島の問題なんてほとんど取り上げられない。今回の汚染水の問題では一応記事がでましたけど、続かない。ヨーロッパでもアフリカでも中東でも、もっと緊急な脅威というものがあって、それは原子力問題ではない。民衆も極東でどんな垂れ流しがあろうが興味がない。
外圧をいうなら、隣国だろうが彼らはこれから原発をつくっていきたい国々だから、そこから原発にマイナスは力は出てこない。
アメリカにはこの問題の別の利用の仕方というものがある。
国連は問題を解決したことが一度もない。期待もされていない。

日本人自体が考えない限り、誰も考えてくれない。日本人が動かない限り、誰も動かない。



21. 2013年8月09日 23:28:57 : JguxTO0y42
>>20さん

まず、おかしな世界とのギャップに気がつくことも大事だと思います。世襲好きの日本人、特にマスコミはケネディの娘が大使になったと喜んでいるが、ケネディの娘では中国大使にもロシア大使にもイギリス大使にもフランス大使にもなれないでしょ。そんな感じのことにでも気がつく人、特に若い人が増えればいいと。

>ヨーロッパの西と東の新聞2つ読んでますけど、

ナチス発言の取り上げられ方は凄まじいですよね。1ページに2枚も麻生氏の写真が掲載されていたりする。でもどうでしょう?日本の雰囲気は。中国についても悪い事しか知らない。このまま、この隔離された世界の中で育った子供達にチャンスなどあり得ますか。別に経済的な成功という意味だけではなくて。

>日本人自体が考えない限り、誰も考えてくれない。日本人が動かない限り、誰も動かない。

そのとおりとは思いますけど、手がかりが無さすぎる。


22. 2013年8月10日 00:01:49 : tEUEnCDSpC
>>18
 >>17です
 >この問題、世界中が怒っています。ABCニュースでは汚染が西海岸に届くかもし
 >れないと報じたらしい。このダダ漏れに関するNYタイムズの記事に寄せられた
 >コメントには、「西海岸を歩くときにはガイガーカウンターをもつべき」だの
 >「もし自分が西海岸に住んでいて子や孫を持つ身であったとしたら恐ろしい」
 >だの、なぜ最初から対策を講じなかったのかについてアメリカ人も憤慨してい
  る。
 >一方、英ガーディアンの6日のダダ漏れ記事に対するスレは340コメント。

そりゃそうだろう。東芝や日立などの原発村べったりの日本のマスコミじゃ口が裂けても発信しそにない内容で、ここにも日本のマスコミの屑さが表れています。


23. 2013年8月10日 00:25:22 : kXX0mVDAHo

http://www.rnzi.com/pages/news.php?op=read&id=78169

Pacific church leaders want action over Fukushima nuclear waste

     Posted at 06:28 on 08 August, 2013 UTC

The Pacific Conference of Churches says regional leaders must urgently revive calls for a nuclear-free PacificThe PCC call comes amid revelations by the Japanese government that radioactive waste from the crippled Fukushima nuclear plant has been leaking into the Pacific Ocean for two yearsThe PCC’s general secretary, the Reverend Francois Pihaatae, says Pacific churches have for nearly four decades consistently called for a nuclear-free Pacific and they renew this call todayHe says Japan has a moral responsibility to keep the region informed of what is happening with the waste and what is being done to contain the seepageReverend Pihaatae, who is French Polynesian, draws parallels with the French territory’s failure to properly deal with the impact of nuclear tests there. He spoke to Don WisemanFRANCOIS PIHAATAE: I’m coming from one of the countries where nuclear tests have been [happening] for more than 30 years now, in Tahiti. And that issue has not been really taken seriously by our local government. But the impact and the damage that the nuclear waste will do upon our people in the Pacific, because it’s leaking and it will be spreading all over our ocean. Most of the fishing companies from Japan and Asia and Europe are coming in our reserves to pull and to fish and to take our tuna. But if that nuclear waste and radioactivity is expanding or leaking and going all around the Pacific, I don’t know what will be the result on the fisheries and the impact of all those fish that will be resent to the Pacific and to our people in the rest of the world to consumeDON WISEMAN: You want governments to act, but what do you want them to do? I guess there’s not a great deal they can do nowFRANCOIS PIHAATAE: For the government, I think there are different levels to address the issues, like addressing the issues in Japan. I think that’s a level of the government that’s a high level of government. For the churches, the action is to raise awareness around the Pacific people in the region. But this new programme coming up and new challenges facing our people in the Pacific, that’s the movement and the action that we call upon both at the level of government to deal with government and from the churches to deal with churches at the grassroots levelDON WISEMAN: And you would like to see this new Pacific organisation, the Pacific Islands Development Forum, take a lead roleFRANCOIS PIHAATAE: Yeah, because it’s our government. We recognise the power they have where they are elected to protect our people. That’s why we put our confidence in this forum to take the lead in addressing issues and challenges our people are facing today. We have really great confidence in those leaders we have in the Pacific and also to recognise their potential to do something for our people. That’s why we put out the statement, especially regarding this emerging issue on nuclear waste 

News Content © Radio New Zealand International
PO Box 123, Wellington, New Zealand
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


24. 2013年8月10日 00:35:06 : NdgqsTj8jc
極めて大変かつ重大な危機的な事態で国家安全保障に関わる国家存亡の危機にも関わらず呑気に

原発の輸出に励み(気が狂ってる)アベノミクスが如何とか(アトムミクスに変化した)

中国の大気汚染が如何とか言う前に放射能汚染を一刻も早く事態収拾するのが

この国の最重要課題である。 世界規模の環境破壊をしているにも拘らずその自覚すら無く

能天気に政治をしている為政者 如何するつもりなのか

日本を滅亡させるつもりか!!原発事故収束が出来ない内閣なら今すぐに総辞職すべきである。

真の救国内閣を作る必要が有る。


25. 2013年8月10日 00:36:56 : uNHRz81wgc
やっぱり after 団塊の若手実務官僚が無責任なやつばかりじゃないのか

団塊人


26. 2013年8月10日 01:01:53 : c4RjiAno26
放射能漏れは日本だけではない。
欧州でもある。
仏の原発放射能漏れで川が汚染され、
南仏のワインが出荷できなかったことがある。

27. 2013年8月10日 01:55:59 : QBrYpzDGwo
放射能漏れは原発が稼働していれば避けることは出来ませんが、ヨーロッパにもある、として済ます訳には行かないのが日本の今回の事故です。
 狭いところに6基も、その内4基もが破壊されてしまい、またその内一基は爆風が天に昇るいわゆる核爆発であり、ストロンチウム、プルトニウムなどの、水素爆発では出ない核種がばら撒かれました。
 もちろん、原発稼働で軽いも重いもなく全て危険と隣り合わせではあるものの、融けた核燃料が地下にめり込んで、遮蔽物もなくなった天然剥き出し原子炉なのですから、他の放射能漏れの例とは比較にはならないのです。

28. 2013年8月10日 04:55:30 : c4RjiAno26
>>27
だから、
原発は人間の手には及ばない
危険性があるということですね。

29. 函館の犬。 2013年8月10日 05:20:17 : bhbAK3m6MJQx2 : 5Tnzd0hBdQ
温排水もフクイチの垂れ流しもテロ行為でしょ。若狭湾の水質ってどうなってるんだろ。もっと危なかったりしてな。

30. 2013年8月10日 08:27:12 : l3Sj6byI9k
東電の本社と霞ヶ関,少なくとも経済産業省,規制庁,文部科学省を福島第一の横に移転させるべきだろう。
少しは真剣さが生まれるかも。

31. 2013年8月10日 09:17:43 : YEE4Sl8Pas
大誤報「ノイズ」発生の三重の海に外国人がたくさん乗った怪しいくっさく船ちきゅう号がいた!
http://www.asyura2.com/13/jisin19/msg/219.html
の書き込み04.をチェック!
!!!!!!!!!!
外国人がたくさん乗ったあの怪しい船ちきゅう号がノイズを発した海域にいた!!?

超巨額損失である新幹線ストップ不通や経済的損失を出した大地震の大誤報の大問題。

ちきゅう号は3.11の時東北にいた。


32. 2013年8月10日 09:29:21 : QPTOZ1BeXg
安倍が進める原発輸出!
契約には日本に不利なことばかり!

事故が起こったら全額日本国民の税金で保障!
使用済み燃料は日本が引き取る!
メンテナンス費用は日本負担!

至れり尽くせりの契約ですねぇ!

さすがは安倍!
日本破壊工作炸裂中!


33. 2013年8月10日 13:10:31 : 5ZEHhBrMAU
フクシマ
海に超濃厚放射能汚染水を何十年も放流する。
さもなくば
臨界を放置する。
さあ どうする

34. 2013年8月10日 16:52:16 : F8FPRynZCg
友人に聞いたかぎりでは、おフランスでは日本のことは極端なポップカルチャーと(それが海外でも受けてると思い込んでる)あれほど原発でひどい目にあいながら原子力止められないアホな国として馬鹿にされています。でもフランスの企業が儲かるのと大西洋には影響ないのでどうでもいいらしい。空中に放射能がもれたらいちょっといやだけどとも。

35. 2013年8月10日 19:39:53 : 3roqHSI1HA
このおフランス人の気持ち、よーく分かります。

36. 2013年8月10日 21:39:43 : QmyrjoZuIs
政治家、官僚に想像力が無いんだな。
眼の前の今のことしか判らない、理解出来ない。

そろそろアメリカの西海岸に放射能で汚染された海流が到達する。
汚染された魚は食べられない。
日本政府の様にウソを言って誤摩化す事は出来ない。
「丁度良い。
 TPPに入って来た日本の思いっきり賠償の請求をしよう」
こんな事がもうすぐ起きる。
ヤベ〜総理。どうするね。

また、爺さんの様に国民を人質かね?


37. 2013年8月10日 23:42:30 : yDKveziTbM
東電も政府も「もうどうすることもできませんわ」と開き直ったな。
ニッチもサッチもいかなくなって、「一億玉砕」を叫んだころと同じ精神状態。
「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則さんが宇宙人に教えられた。
「地球に残された将来はあと数年」
やってくれましたな、日本人!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素32掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素32掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧