★阿修羅♪ > 原発・フッ素33 > 516.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
高放射線量地域で生物に異変、奇形疑われるツバメも (TBS) 毛虫の死骸が…チョウや蜂も 
http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/516.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 9 月 12 日 01:06:00: igsppGRN/E9PQ
 

高放射線量地域で生物に異変、奇形疑われるツバメも
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2012585.html
11日15:01 TBS



東日本大震災の発生から11日で2年半です。地震が起きた午後2時46分にあわせて、­各地で黙祷が捧げられました。岩手・宮城・福島では今もあわせて21万人以上が仮設住­宅での生活を余儀なくされています。


 また、福島第一原発の事故については、汚染水の問題が深刻化、さらに除染作業も遅れていて問題は山積みです。そんな中、海外の専門家たちが、福島県内の放射線量の高い地域で生き物の調査を行いました。調査では、奇形が疑われるツバメが高い確率で見つかりました。ビデオでご覧ください。(11日15:01)


関連記事
福島県内のチョウの羽や目に異常。「放射性物質の影響で遺伝子に傷ができたことが原因で、次世代にも引き継がれている」 とネイチャー誌に発表され話題
http://hibi-zakkan.net/archives/13950772.html


福島の奇形蝶についてミシェル・フェルネックス (とある原発の溶融貫通(メルトスルー)) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/505.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月12日 05:17:07 : FHQvE0Nn9U

         永田町にはアルビノの類人猿がイッパイ居るでしょう

           ここだけは数が少なくなれば良いのに



02. 不乱坊 2013年9月12日 05:35:06 : kbTBOGSw0930o : 05Th2PDdmk
写真にありますが、花が咲いているのに、チョウもハチもいないという光景が恐ろしい。
虫が嫌いな人は珍しくありませんが、昆虫がいなくなると、地上の生態系は維持できないと聞きます。
『沈黙の春』が現れているのです。
なんという恐ろしい世界を出現させてしまったのだろうか。
地球の間借り人の一にすぎない人類が、他の入居者である昆虫や鳥や、
さまざまな生き物に迷惑をかけている。

03. 2013年9月12日 09:26:15 : ZNqFZDthEw
↑全く同感です。人類さえいなければ、この星は楽園であり続けたでしょう。

04. 2013年9月12日 10:28:21 : bK3ozBYuCN
福島県内のチョウの羽や目に異常。「放射性物質の影響で遺伝子に傷ができたことが原因で、次世代にも引き継がれている」 とネイチャー誌に発表され話題

http://hibi-zakkan.net/archives/13950772.html


05. 2013年9月12日 10:32:47 : useebn3Ipc
>>02
>さまざまな生き物に迷惑をかけている。

そうだが、人類も罰を受けて同じ被害をこうむる。奇形とガンが待っている。小動物は
人間より一足早く害をうけるだけなのだ。


06. 2013年9月12日 11:32:26 : vSYSxJiuPs
レイディオアクティヴ(radioactive)なライフは、スロー・デスにつながっている。

07. 2013年9月12日 13:52:17 : jUXGRDJo37
虫→鳥→小動物→ヒト
でもたとえその場所に昆虫がいなくなったとしても他からすぐ入ってくる。
死滅→他から新参者→死滅のループを何度も繰り返すうちにその場に適応できるものが生まれ、その子孫が増えるのが自然界のルール。たとえ人間のもたらした災害でも虫や動物は自然のルールに従う。人間も例外ではない。

08. 2013年9月12日 16:13:56 : WyvIipbYdM
ツバメの奇形に関しては、チェルノブイリ原発事故の例がある。その方面で有名な動物学者の評価を取材してもらいたいものだ。そうでないとジャーナリズムとはいえんだろう。まさか、日本政府がその研究者の滞在許可を出さないとは思えないが。
蝶に関しては、元々の奇形の割合との比率が問題とされている。

09. 函館の犬。 2013年9月12日 17:44:57 : bhbAK3m6MJQx2 : xPG8gfvDHE
日本野鳥の会の会誌「野鳥」2013年8月号のなかに、ツバメの放射性物質による影響が報告されてます。チェルノブイリと似てるとのこと。

10. Chavez 2013年9月12日 17:53:27 : oTS9jXtnHqw8g : NiWKPYpjAw
人類の一部は、救い用がないほど愚かです。
問題なのは、愚かな人間に責任を取らせることができないこと。
もう一つは、どんなに後悔しても、地球の現状を元に戻すことは絶対不可能であること。
人間が万物の霊長なんて笑わせます。
一部の人間は、アリにもゾウリムシにも劣ります。

11. 2013年9月12日 18:28:32 : ZNqFZDthEw
↑激しく同意!!

12. 2013年9月12日 18:44:56 : BDDFeQHT6I
ライフサイクルが短い昆虫や鳥に最初に影響が出る、世代交代に20年以上かかる人間に奇形や異常がでるのは何十年も先のことになるが、同じ環境に暮らしていれば同じ様な影響が現れるのは確実だ。

13. 2013年9月13日 00:48:27 : BRDcUt255k
こういう研究をやろうとする日本の研究者がほとんどいないと言うのはなぜ?
いても沖縄だったり、北海道だったり。中央の大学も地元の大学も、誰も取り組まない。
聞くところでは、予算がつかないといわれる。

14. 2013年9月13日 10:58:55 : nLuhmi8kfE
>>07
>たとえ人間のもたらした災害でも虫や動物は自然のルールに従う。人間も例外ではない。

過去の経験で放射能に適応した人類の生まれる可能性はないことがわかっている。悪い変異
ばかりなのだ。


15. 2013年9月13日 11:04:27 : X8K3Jt2Lhg
この教授たちの体も心配だよ

16. 2013年9月13日 14:43:47 : YFVD0INYdQ
原発事故で、垂れ流された放射能のせいで破壊されてしまった生態系は、本当にもうもとには戻せないのだろうか?

実は、これらを回復させることができる技術は、政府に既に手渡されていた。

http://www.onpa.tv/2013/05/13/789-3

政府が昨年11月に14カ国とともに受け取った技術を使えば、このように破壊された生態系をも今の世代が生きているうちに回復させることが可能だ。今の世代が生きているうちに、というのが最大のポイントで、とくに破壊されてしまった生態系問題などは未解明な部分も多く、環境半減期もチェルノブイリでは計算どおりにいかないなど、本当に何百年もかかるのではないかと思うかもしれないが、本当に今の世代が生きているうちに全て解決ができるのである。

何十年、何百年も解決にかかる、何世代も解決にかかるのだから自分には全く関係のないことだ、後の世代が解決するしかないんだという思考こそが、無責任ではないか。今の世代が引き起こした原発問題だからこそ、今の世代がいきているうちに、けじめをつけるべきではないか。ケッシュ財団の技術だけが、このように森や山や大地や海や空の動物たちをも救済できる、唯一の方法である。


17. 2013年9月13日 22:14:45 : jUXGRDJo37
>過去の経験で放射能に適応した人類の生まれる可能性はないことがわかっている。悪い変異ばかりなのだ。

14、放射能に対抗するため大型化して身長3メートルの人間とか。


18. 広瀬隆頑張れ 2013年9月13日 23:21:44 : vov28t6x0zQho : 0Qqy7Pi8UM


小出氏が
言うように
放射能を無毒化出来る
技術などない


そもそも
無毒化出来たら
核など兵器にもしないし
研究もしない


日本人は負けず嫌いだから
すぐできもしない妄想を抱く


19. 2013年9月14日 09:22:10 : c2ugXqEWMY
血腫財団の名称を出して寝言吐く奴の脳みそはウンコなんだろうな。
どこかの宗教法人、原発推進組織、あるいは単なるバカ

世の中では全然使えない範疇の人間であることには間違いない。
そんな愚か者でもネットが使えるのだから驚きだ。


20. 2013年9月14日 11:04:43 : 7osBSgHqG6
>>17
>放射能に対抗するため大型化して身長3メートルの人間とか。

人間の体が蛋白質などで作られている状態を脱しないと、大きくしたり小さくしたり
では無理でしょう。


21. 2013年9月14日 12:28:43 : 0JeApoNAMw
08>>
この番組に出ている、ムソーとメラーが、チェルノブイリのツバメの研究者です。
同じ方法で福島のツバメの調査をしています。

22. 2013年9月14日 23:24:21 : MVEswqjBG2
●「世界の可愛い○ちゃんギャラリー」
●1:30年近くたって全く解決しないどころかますますひどくなるチェルノブイリ!
チェルノブイリから離れた大都市キエフ=丁度東京と同じ位置
●【現在、健康児は2.5%しかいない!】
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201205020147.html
●2:3000キロ離れた西欧で生まれた○ちゃんたち
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2468.html
http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/572.html
●3:ウクライナ・ベラルーシの○ちゃんたち
http://blogs.yahoo.co.jp/saki_happy_life777/38288977.html
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/45993241.html
http://kitanoyamajirou.hatenablog.com/entry/20120317/1331940612
●4:イランの○ちゃんたち
homepage1.nifty.com/KASAI-CHAPPUIS/ExtremeBirthDeformities.htm
・・・・・

23. 2013年9月16日 22:14:04 : CDzZlCnqeQ
>20
古代には今のものよりはるかに巨大なカメやサメのみならず陸上生物にも大型のものがいたから耐放射能等何かの理由があればありうるような気がするが。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素33掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素33掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧