★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 761.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なんじゃこりゃー、4号機爆発で飛び散った燃料棒、どっさり映ってるじゃないか。東電の動画
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/761.html
投稿者 飯岡助五郎 日時 2013 年 11 月 19 日 05:34:52: VssSC.kx7zq3c
 


■4号機と人の背丈
http://endthelie.com/wp-content/uploads/2012/04/endthelieimage3.jpg
爆発後の福島第一原発4号機を見るときの尺度をご案内します。
中央よりもやや下に横たわる灰色の長方形の板、この長方形の短い方の長さが、だいたい人の背丈です。

■燃料棒の外観
http://www.nssmc.com/news/old_smi/2009/images/news2009_09_10_1.jpg
これは燃料被覆管の画像ですが、燃料ペレットは長さ4mくらいの被覆管で覆われているので、外観はこんな感じです。なお、この被覆管の外径は1.3pくらい、女性の小指くらいと思ってください。

■なんじゃこりゃー!!! 4号機爆発で飛び散った燃料棒、どっさり

人の背丈と燃料棒の外観の感じがつかめたことろで、爆発後の福島第一原発4号機の動画に映し出された燃料棒を見つけてください。
2分36秒から映り始めます。
 ※Tepcoからの転載動画 2011年4月16日アップロード
 http://www.youtube.com/watch?v=CW0p2y008NQ
 ※同じ動画 Nuclear Engineering International
 http://www.youtube.com/watch?v=H3XAO77wcXE 
 
◆見つけられなかった人のために
2分37秒、画面手前に横たわる灰色の核燃料ラックのような物に巻きついた灰色のシート状の物に注目。そのシートを貫通しているのが、燃料棒の被覆管。
それが見えたら今度は、それと同様のまっすぐな細い棒がいくつもあるのが見えてくるでしょう。

建屋の金属製の建築資材が湾曲しているのに対し、この細いきゃしゃな棒は、まっすぐを保っています。それは、融点1800℃以上という耐熱性に優れたジルカロイという金属でできた燃料被覆管だからしょう。

■このことから、2011年3月15日朝の福島第一原発4号機の爆発を受けた使用済み核燃料プールについての報道は、まだ日米の情報統制が未調整だったころの外国の報道の方が信憑性が高かったと言えるでしょう。
その主な報道は次の通り。
 ★プールは完全に干上がった
 ★プールは格納室の外に在る
 ★プールには重大な穴やひびがある
 など

◆2011年3月16日 英国のBBC
http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-12762608
米国の原子力規制委員会発表
Over the days of the Fukushima crisis, attention has switched from reactor building 1 to 3, to 2, back to 3 - and now, to 4<中略>
Over the last few days there have been reports suggesting water levels were low and the water "boiling"; and now the US Nuclear Regulatory Commission (NRC), which has a team of 11 experts advising in Japan, says the pool is ★completely dry★.
<中略>
★The pool lies outside the containment chamber★.

◆2011年3月16日 カナダのCTV
http://www.ctvnews.ca/helicopters-drop-water-on-japanese-nuclear-reactor-1.619391
米国の原子力規制委員会委員長グレゴリー・ヤツコ氏発表
"There is ★no water★ in the spent fuel pool and we believe that radiation levels are extremely high, which could possibly impact the ability to take corrective measures," chief of the U.S. Nuclear Regulatory Commission Gregory Jaczko said at a House Energy and Commerce subcommittee hearing Wednesday

◆2011年3月17日 米国の Daily News
http://www.ctvnews.ca/helicopters-drop-water-on-japanese-nuclear-reactor-1.619391
米国の原子力規制委員会委員長グレゴリー・ヤツコ氏発表
He said ★all water had apparently boiled away★ from the cooling pool at Reactor No. 4, where 1,097 tons of spent fuel rods are stored

◆2011年3月17日 米国のThe Wall Street Jeurnal
http://blogs.wsj.com/washwire/2011/03/17/did-nrcs-jaczko-misspeak/
ホワイトハウスで米国の原子力規制委員会委員長グレゴリー・ヤツコ氏発表
He said the NRC's pronouncement that the pool was ★dry★ was based on the best evidence the agency had at the time

◆2011年3月18日 米国のLos Angeles Times
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-japan-quake-wrapup-20110318,0,2262753.story#axzz2kmAyDNhE
米国の原子力規制委員会が評価基盤として採用している事故当時福島第一原発に居た重要な米国の契約業者の評価
That assessment by U.S. Nuclear Regulatory Commission officials is based on the sequence of events since the earthquake and information provided by key American contractors who were in the plant at the time, said government officials familiar with the evaluation. It was compelling evidence, they said, that the wall of the No. 4 reactor pool has ★a significant hole or crack★.

あぁ、わたしら日本国民は裸の王様か?
詐欺師の織物職人が透明の布を織るが如く、愚人には見えない透明の燃料棒を別のプールに移し替えているのだろう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月19日 08:10:26 : yhcXe1ACTY
すでに4号器プールの燃料棒の一部は爆発し一部はメルトダウンしてるというわけですね。実際に燃料棒は抜かれてたという陰謀説もあって本当に何本の燃料棒がポールに入っていたかは解りませんが、爆発した燃料棒の粉塵を関東、東北から長崎に至るまで吸い込んでるわけですね。これは隠蔽というものではないですね。日本民族絶滅アジェンダではないでしょうか。だいたい病気にならないものが福島でいるでしょうか。子供は全滅なのでしょうか。福島を助けずに見て見ぬフリをして見殺しにした西の人間も因果がたたり壊滅でしょう。我々は正気に戻り洗脳から脱却して近代白人文明という牢獄の家畜から退避するべきです。躊躇してるとインデアンのように皆殺しにされますよ。白人の偉いさんは爬虫類人系らしいですから放射能アジェンダは平気らしいですからね。放射能があるほうが元気だそうです。人類は何種類も存在してて平等ではなかったということですね。


[12削除理由]:板違い
02. 2013年11月19日 09:07:47 : 6eA0XNXnew
くだらない記事。

人は7Svで即死と言われているのに、飛び散ったむき出しの燃料棒の近くで2年半に渡り作業ができたことを説明できない。

もしむき出しの燃料棒を片付ける作業が可能ならば1〜4号機の燃料棒取り出しなんて簡単で良いことなのだが。

東電発表の低めの数値でも燃料棒は1,000Svです。


04. taked4700 2013年11月19日 10:02:56 : 9XFNe/BiX575U : iZEfBxXp4U
亜米利加の報道がこのころから既に一種のキャンペーンになっていて、事前にできていたシナリオに沿ったものになっているのが分かる。

4号機のビデオを見ても、原子炉建屋の内部は破壊の跡がほとんど見らず、外壁だけの破壊であることが分かる。

4号機建屋の破壊は、3号機の水素爆発を見て故意に4号機の屋根を破壊し、次にそのカモフラージュのために4号機建屋側面の破壊をやったのではないか。


05. 2013年11月19日 10:36:48 : BxgKgNJpDM
もう飯岡助五郎という男がどんな人間なのかはっきりしたな

06. 2013年11月19日 12:57:39 : E1dAOuYR5e
>>02

その1000Svは、爆発した当初から御用が言ってるが、ガンマ線で1000Sv/hなら、水でも遮蔽は難しい。使用済み燃料は、そのほとんどがアルファ線とベータ線で、たとえ1000Sv/hあっても、容易に遮蔽が可能だ。数メートル離れれば、ガンマ線しか到達しない。

>東電発表の低めの数値でも燃料棒は1,000Svです。

工作員向けのマニュアルをそのまま書いただけで、中身を理解していないだろ。


07. 2013年11月19日 14:27:32 : YRqkISqI9o
飯岡氏と異なり、メルトダウンによる燃料プールの底割れはないと考えている。

臨界は新燃料の方が起きやすい。

新燃料の一部で臨界が起きて瞬間的な水蒸気爆発になり、その周囲にある新燃料を吹き飛ばした。

吹き飛ばされた物は、新燃料だから、使用済み燃料と比べると、放射線の心配はないと考えられる。

冷却水の循環は、津波以降ストップしているので、燃料棒が露出して、、どの位の割合かは分からないが、破損が生じた。

3月19日、4号機プールに放水が始まると、放射性物質の放出が急激に減少した。

事故の初期に対応した原発作業員たちは、かなり亡くなっているのではないかと思う。複数の情報源から、そう言う噂は、何回か、これまでに繰り返された。


08. となりのとろとろ 2013年11月19日 14:41:46 : k0BZBPX7ZLd.Q : PzHplP6CKU
>>2分37秒、画面手前に横たわる灰色の核燃料ラックのような物に巻きついた
>>灰色のシート状の物に注目。そのシートを貫通しているのが、燃料棒の被覆管。

 ちょいと、この燃料棒って騒いでいるのは足場のパイプじゃないの?
だって、燃料棒は女性の小指ほどの太さでしょ。

 だいたいよく見るとパイプには直交クランプ(足場パイプの連結金具)がくっついているじゃないですか。

 あかんよ、そんなウソ言ったら!


09. 飯岡助五郎 2013年11月19日 15:33:44 : VssSC.kx7zq3c : cS7gB4Z4v6
08さんへ

あなたが見つけた棒よりももっと細く長くまっすぐなのが、燃料棒の外観を成す燃料被覆管です。

がんばって、もう少しよく観察してみてください。


10. 2013年11月19日 17:03:45 : YS0q2NWS06
4号機は停止中だった

にもかかわらず炉は消し飛んでいる

燃料棒以外に爆発物が存在しないなら燃料棒が一緒に爆発してないとおかしい

ただメルトダウンとは爆発ではないしプルトニウム炉に変更された4号機は爆発したなら周辺で作業可能な放射性物質の飛散量であるわけがない

メルトダウンで炉まで融解したなら上記写真はあきらかにおかしい

炉は下部から熔融しているはずだからだ

炉はあきらかに上部が爆発で吹き飛び下部は熔融していないようだ

これはメルトダウンではなく燃料棒が原因なら核爆発したことになる

しかし放射線や飛散放射性物質からはそれを否定する数値しか見られない

✴︎4号機は爆破された
✴︎燃料棒は存在しなかった
✴︎これから搬出される燃料棒は事故後に仕込まれた偽装

ここまではわかった


11. 2013年11月19日 17:12:42 : oIjRF9fAyw
まるで心霊フィルムでも見せているのと変わらねえなあ
<お判り頂けただろうか> ってなもんか? 

12. 2013年11月19日 17:46:15 : YS0q2NWS06
>>07
爆発したなら新燃料はそのとおり

しかし臨界は稼働中の場合

4号機は停止中だった

冷却中は使用済み燃料

メルトダウンだと破損状況(脚部融解による転倒や傾斜鎮座が無い)の説明がつかない

破損状況からは何物かの爆発は間違いないが新燃料は上記理由で臨界〜蒸気爆発はありえない

プールも無事なわけはなく本当の使用済み燃料の冷却が中断されたならメルトダウンは起こっていなければ説明がつかないが形跡がない

4号機の床面の映像公開を要求したい

事故は偽装だ


13. 2013年11月19日 19:53:47 : eE5scipEcw
この写真のどこに燃料棒が写っているんですかね。
細長い物体がたくさん写ってたら、それが燃料棒だなんて
まさか、思ってないですよね。

14. 2013年11月19日 20:41:06 : YRqkISqI9o
>>12
4号機に関する爆発映像を含むデータは、隠蔽されているので、様々に考えることが出来る。

例えば、爆発は燃料プールでも原子炉でも起こり得る。

一つだけ間違いを指摘すると、臨界は、燃料プールにおいても、新燃料が、燃料間のギャップを失った場合(その原因については、ここで追及しない)、瞬間的に起こり得る。

ガンダーセン氏の解説。

>I ran a division that built fuel racks, and these high density fuel racks like they have a Fuksuhima are very close to going critical anyway. […] Normally its .95, as high as .99, that means there’s a 1% margin before a self-sustaining chain reaction can occur.

http://enenews.com/gundersen-fuel-racks-very-close-going-critical-unit-4-be-extraordinarily-careful-about-starting-chain-reaction-video


15. 2013年11月19日 20:50:45 : MTuvus0YWw
10さん なるほど なるほど、、、ふむふむ、、

16. 2013年11月19日 22:19:09 : mJoERbeIXo
東電と政府の「隠ぺい力」はすさまじい。
核燃料棒の溶解で発生しているはずの致死放射線まで隠し、作業員が平気な顔で仕事をしている。
この「隠ぺい力」がある限り日本は大丈夫じゃないの。
陰謀史観から見ると、福一原発事故も何かの陰謀かい。
それなら安心だ。能天気史観は気楽でいいね。

17. 2013年11月19日 22:46:40 : zXa491hDRk

【弱者・高齢者を『凍結』させるアベコベと官僚】、

▲ALSなどの難病患者の自己負担を決めた→→7兆円削減→→無駄な道路200兆円かい、

▲介護を国から地方へ譲渡=ボランティアを活用→→見捨てられた地方の老人=2回が1回に減るだろう、

▲「原発」も「TPP」も【秘密保護法安】に含むって、国民を放射能漬けにして騙す気だ→→ブロックの嘘がバレて、いわき・郡山・福島市長選に敗北→→隠すしかない自民=国民が放射能付けにされる。

そう、この三番目、原発も【秘密保護法案】に入れるので、仕込みをしても、合成映像を見せても、後で追及されない。
みんなの党と与党は、教は開示までを『60』年後だ何てふざけている。

2005〜6年頃に津波襲来を共産の吉井議員から追求されても「大丈夫・・」とへらへら笑っていたアベコベ君。
こんな情報も隠されるんだろう・・・。

★★速報★★

 明日からの燃料棒取出しと搬出作業は、危険性を考えて、映像には全く公開しない・・・とさ。
何だ、もしも、仕込みのやらせ映像だったとしても、実際の使用済みを取り出すときの映像は、100%完全にシャットアウト・・・だと、アメリカの月面探査の映像が合成だった・・・のと同じ仕組みだ。

 復興税といいながら、せっせと東電は税金を流用し、8000億円も社債を積み上げた。

これも原発だから、秘密保護法案が通れば、全部隠蔽可能になる。

 シロアリのやることだから、
  何処までが真実なんだか、判断が付きかねる・・・。
   五分五分で、燃料はなくなっているかもしれないなぁ・・・


18. 2013年11月19日 22:53:42 : wlPXwIijho
水道の蛇口からセシウムが出て飲用禁止になったことを都民のどれだけが覚えているか
このときセシウム以外にプルトニウムストロンチウムアメリシウムも当然
検出されたはず
関東二千万は高レベル被爆していると思って間違いない
しかし広島長崎で原爆直下で被爆しても80才以上まで生存している人もいるから
高レベル被爆=短命というわけではない

19. 2013年11月20日 01:40:27 : sBKfHsJibo
飯岡助五郎は爆発でコンクリを剥き出た鉄筋と被覆管の見分けもつかんアホだな。

20. 2013年11月20日 02:18:00 : rqYtC2KAJI
不正選挙クーデター政権になって決められた法案は全部無効になります

21. 2013年11月20日 02:38:28 : yhcXe1ACTY
1号器はベントの配管がなかったそうだから最初から動いてなかったんじゃないかな。

4号器のプールには水が無いそうだから、燃料は飛んでるだろう。壁に穴が空いてるのは水をいれる穴を爆破して作っただそうだ。

4号器はやはりプルト製造炉。↓弁財天様より転載

http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/unit4_the_production_reactor

↑ブタを開けて低出力でウラン燃やしてプルトを作ってたそうだから常時核生成物が↑穴からでてたんだろうね。危険なのを何十年もかくしてたんだろうね。

だから全国の原発では現在プルトを造ってる疑いがある。発電せずに低出力でウラン燃やしてプルト作るんだと。結局プルトを米国に売って金儲けしてたんだね。電力会社は。政府も国連も分け前をもらってた。全部世界中がグル。原爆作るなどの軍事予算で食うのよ。

[12削除理由]:板違い

22. 2013年11月20日 03:48:42 : Fbrymlivsk
ま、いずれにしても即原発ゼロにしないといかんということだな。こんな事故が他でも起ったらどうしようもない。

23. 2013年11月20日 03:54:32 : dbkjeOb9oM
まず東電はどうしようもないウソツキだと改めて示す必要がある。

↓3号機の方だが、これで爆発前の平常時だけに燃料棒が損傷してないはずがないだろう。


【原発】3号機使用済み燃料プールに大量のがれき(11/05/10)
http://www.youtube.com/watch?v=C5_1f9G_uKs


首都圏の汚染からも、少なくとも一度は最悪の事態に既になっていたのだろう。


24. 正誤書き込み 2013年11月20日 03:57:52 : tt4yQ2L5p2Wt2 : dbkjeOb9oM
×↓3号機の方だが、これで爆発前の平常時だけに燃料棒が損傷してないはずがないだろう。

○↓3号機の方だが、これで爆発前の平常時だけに燃料棒が損傷していたはずがないだろう。

【原発】3号機使用済み燃料プールに大量のがれき(11/05/10)
http://www.youtube.com/watch?v=C5_1f9G_uKs


25. 2013年11月20日 04:19:57 : aMWVieTkK6
 

統一協会信者には見えない棒です

いいフレーズだろ
使って良いぞ


26. 2013年11月20日 04:51:10 : dbkjeOb9oM
http://vimeo.com/79413032
Remove TEPCO Before Removing Fuel↑無事な燃料棒だけを公開している東電。それでも何か曲がってますよねえ。
損傷でしょ、これは。


http://godmothers.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-63ed.html
ニューヨークタイムズの放射線量グラフで4号機の火災を検証してみた


4号機の方が線量高いです。
しかもこの時、菅総理は国民に4号機火災について緊急のメッセージを発信しています。


菅直人総理大臣の国民へのメッセージ2011_3_15福島第一原発4号機も火災 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=Di7WqSgQCUU


http://www.kantei.go.jp/jp/kan/statement/201103/15message.html
菅総理からの国民の皆様へのメッセージ

しかし、1号機、3号機の水素の発生による水素爆発に続き、4号機においても火災が発生し、周囲に漏洩している放射能、この濃度がかなり高くなっております。今後、さらなる放射性物質の漏洩の危険が高まっております。


27. 2013年11月20日 06:58:23 : s8gSpCJi5k
忘れてはならないのは、東電が写真すら捏造する魔の巣窟だということだ。

http://portirland.blogspot.jp/2012/09/touden-fukuiti-inpei-shasin-kakou.html
東電福一の隠蔽写真 4号機建屋進入口付近を加工処理


28. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月20日 07:33:42 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc

■『4号機燃料プールの燃料棒が事故直後の爆発で全部吹き飛んでいたなんて、

  そんなの絶対あり得ない! 私、学者生命を賭けてもいいです。』


 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章 2013/11/15


----混乱極める事故直後の米国の原子力規制委員会の論文や、その関係者と見られるメール、福一カメラの映像などの2年8ヶ月を経た最近になって危険を煽るともとられるような複数情報がネット上に存在し、多くの人たちが翻弄されてしまっていることについて。。

そら、無人偵察機がそれを撮ったっていうんでしょ、それ以外の証拠あったんですか?

----あと、動画もあったんですよ、湯気が出ている。。ボロボロの4号機からもの凄い勢いで湯気が上がってて。。

ええ、上がりますよ、もちろん。

----ええ、ですよね、でもそれが燃料プールから出ているものなのかどうなのか分からない。

燃料プールから出ますよ。

----あ〜。。

猛烈な発熱しているわけですから、湯気出なきゃおかしい。

----今、数百分の一に崩壊熱が下がってるけど、当時は熱いわけですよね、まだ。

大変ですよ。そら、1分毎に風呂桶が空になるくらいの蒸気が出てる。

----出て当然てことなんですよね、

当たり前です。

----出て当然。

(笑)

----あれ、、また火災の煙だってみんな思い込んでるんですよね、

火災も起きたでしょ、だって水素爆発おきてるわけだから、可燃物あるわけだし、そら燃えてますよ。


何だって起こります。

----ん〜ん。。

しかし、燃料プールの物が全部爆発で吹き飛ぶなんて言ったら。。

----広島原爆1万4.000発分ですからねぇ、

人間はもう近寄ることもできない。

----1号機〜3号機すら近寄れないんだから、

(笑)そうです。

----そんなわけないじゃないですかねぇ、

4号機に入ることすら出来ないです。

そんなことになったら。

今、使用済み燃料プールの真ん前まで行ってるし、覆いを作ってこれから作業する。

----そうですよね、細野大臣だって行ってましたものね、当時、見に。。


そんなの、絶対あり得ない!私、学者生命を賭けてもいいです。

----はい。そうですよね。。

はい、そんなことぐらい何でわかんないかと!

----本当ですね。。

だから、私はネットは一切関わらないと宣言しているわけですよ。


(馬鹿の巣だから....)




[12削除理由]:アラシ

29. 2013年11月20日 08:12:13 : heVtmrgEsA
*不正選挙で自民党圧勝

*秘密保護法で原発関連情報を機密指定

*原発批判者を秘密保護法違反の疑いで逮捕

*日本を核のゴミ捨て場にする

*以上が原発マフィアの工程表である

[12削除理由]:重複コメント

30. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月20日 08:50:24 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc


燃料棒が大気中に露出している場合、周囲は人が生息できないほどの放射能が放出される

防護服は役に立たず、人は現場に入れない


更に、燃料棒は大気に触れることで臨界する可能性が高くただでは済まない

低脳どもが!




[12削除理由]:アラシ

31. 2013年11月20日 08:59:06 : Z1tikGxeJE
じぁあやっぱり、事故以前に燃料棒は抜き取られてたとしか考えようがない。
三号機も四号機も、建屋が爆発して鉄骨は変形。
建物が傾き続けて、燃料プールに異変が起こらないわけがない!
ましてや、東京五輪招致なんて、大騒ぎしてる場合じゃないもんな。

32. 2013年11月20日 09:09:13 : YS0q2NWS06
>>14
書き方が悪かったか・・・
「冷却中は使用済み燃料」X
「他に臨界の可能性があるのは、冷却中の使用済み燃料」◎
でした

33. 2013年11月20日 09:27:19 : YS0q2NWS06
4号機の爆発シーンは見たことがない

確か1号機は水素爆発と発表された

しかし爆発の煙が黒煙であったので水素爆発(充満暴発)
ではないのではとの指摘がなされた

直後に3号機が爆発

こちらは白煙(というか蒸気暴発らしき形跡)で
水素爆発と発表され1号機は無視され4号機の
心配が吹聴されていったと記憶している

東電は1号機の捏造爆破を看破されたため
その後事故を煽って3号機は水蒸気爆発させた
(つまり電気は止まっておらず炉を稼働させ発生水素を室内に充満させた)

その後の放射性物質飛散の風評で誰も近づけず
3号炉は建屋の水素爆発を誘発できたわけだから
水素爆発の瞬間は炉は無事だったはずで、今のように
炉の破損原因、及び映像の無い4号炉は弾薬爆破なんだろう
当然、黒煙が上がるはずで水素爆発はありえない

だから映像公開ができないのだ


34. こうちゃん工作 2013年11月20日 09:53:41 : 2trC1j8nhQ/Y2 : E7MiuhXF7C
CGのキャプチャー写真なんていまどき信用する人いるの?

アホらし!

[22削除理由]:アラシ認定者

35. 2013年11月20日 11:02:08 : mJoERbeIXo
4号機のプールの水が空になり核燃料棒が溶解したと信じる人たちのためのミステリー
甲 おい、AがBを殺した。
乙 えっ、Bとさっき会ったよ。
甲 それはBの幽霊だ。
乙 足もちゃんとあったよ。
甲 Bの偽物だ。Bに誰かが成りすましている。
乙 しばらく話したけど、おかしいところなかったよ。
甲 お前みたいなバカに何が分かるか!

 甲をどう説得したらいいでしょうか。


36. 2013年11月20日 11:04:36 : ETagdBcg1g
飯岡さんって、もしかして、ものすごい勘違いをしてるんじゃないだろうか?

37. 2013年11月20日 12:47:51 : d0FNn9S7Ms
▼なんじゃこりゃあ、3号機と4号機で水があるのに鉄パイプで内ゲバがあったのか?
http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-2044.html
▼東京電力福島第一原子力発電所 4号機における水素爆発について
(35〜36ページ)
また、3月15日の4号機の爆発の後、3月16日午後に、3号機へのヘリコプターによる放水のための線量確認の際に、4号機のオペレーティングフロア付近にまでヘリコプターで接近しており、4号機使用済燃料プールの水面を目視により観測し、使用済燃料が露出していないことを確認している。
使用済燃料プールに水が保たれていた理由としては、地震の揺れに伴うスロッシング、プール水の蒸発等によるプール水位の低下に伴い、原子炉ウェルと使用済燃料プールとの間のゲートに対する使用済燃料プール側からのシール圧が減少し、原子炉ウェル側に張られた水が使用済燃料プール側へ流入したためであると考えられている。
また、旧原子力安全・保安院※によれば、使用済燃料プール内の燃料の外観観察
により、燃料はラックに収納された状態で維持され、大量の燃料破損はないこと、
また、プール水の核種分析の結果、4号機のセシウム濃度は1〜3号機よりも2
桁以上低いことが確認されている。
※「東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故の技術的知見について」 原子力安全・保安院
(平成24年3月)
以上のことから、4号機の水素爆発発生時点においても燃料は冠水状態が継続
していたと考えられ、ジルコニウム-水反応とそれに伴う大量の水素の発生も起こ
らなかったものと考えられる。
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/jiko_bunseki/data/0004_01.pdf
(関連)▼4号機プールが助かっている理由
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/5969471.html
http://judiciary.asahi.com/articles/2012030800001.html

38. 飯岡助五郎 2013年11月20日 13:47:10 : VssSC.kx7zq3c : cS7gB4Z4v6
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

工作員のみんな

4号機プールは健在だと洗脳してきた小出助教が、ものすごい利益誘導してきたのがばれちゃったよね。

今年8月、京都大学原子炉実験所の山名元教授が国際廃炉研究開発機構の理事長に就任して福一の廃炉の指揮をとってるんだもんなぁ。

米国原子力規制委員会が、2011年3月16日、すでに福島第一原発に出向させていていた米国人委託業者や米軍無人偵察機グローバルホークから得た情報を世界に向けて発表したのにさ、
4号機プールが格納室の外に在るという深刻な状況をさ、
小出助教は善人面してよくもぬけぬけと英語の読めない日本人を騙してきたもんだ。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


39. 2013年11月20日 14:00:30 : aiMZAOJQqY
もし4号機の爆発で燃料棒が飛び散ったならば、3号機のように線量が高すぎて
とても近づけないだろう。

4号機のまわりで燃料棒が見つかったとしたら、おそらくそれは3号機から飛んできたものだろう。

この飯岡助五郎という人は、原子力・放射能の基本的なことが全くわかっていないし、
理詰めでものを考えることもできない。

「こう仮定したら、こうなるはずだ。しかし現実はそうなっていない。つまり仮定が間違っているのだ」
たったこれだけの思考ができない。

確実とは思えないあやふや事象を事実だと断定して大騒ぎするだけ。困った人である。

原子力ムラのかく乱工作員なのか、単なるアホか、どちらなのだろう?


40. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月20日 15:11:55 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc

>飯岡助五郎 2013年11月20日 13:47:10 : VssSC.kx7zq3c : cS7gB4Z4v6

>4号機プールは健在だと洗脳してきた小出助教が、ものすごい利益誘導してきたのがばれちゃったよね


馬鹿か_? こいつは!


小出助教は、「4号機の燃料プールが壊れれば日本はお終いです」と述べたことで有名な人物であり、

民主党政権や東電のデタラメ作業を批判してきた人物である


http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-444699.html?mg=inert-wsj

■小出助教、NY講演直後の「The Wall Street Journal」インタビュー

2012年 5月 18日

――やはり4号機が一番危険なのか。

小出助教 震災時、運転中だった1〜3号機は、炉心が溶け、放射性物質が大量に環境中に吹き出した。残りは溶け落ち、どこにあるか分からない。

 一方、停止中だった4号機は、炉心に燃料がなかったため、溶けることもなかった。だが、使用済み燃料プールがかなり傾いており、いつ壊れて燃料が溶け出すか分からない。そういう状態だ。

――4月、ワイデン議員は、米政府への書簡で4号機の危険性を訴え、米国の支援を要請した。本紙などがそれを報じたが、その後、東電は、4月26日付で、「4号機原子炉建屋は傾いておらず、燃料プールを含め地震で倒れることはありません」という見解を発表している。本当に安全なのか。

小出助教 東電は、事故後すぐに、これは大変だと気づき、耐震補強工事を行った。燃料プールの底に鋼鉄製の柱を何本も入れて落ちないようにした。その後、その鋼鉄の柱の周りにコンクリートを流し込み、補強したから大丈夫、というのが東電の主張だ。

――耐震余裕度を20%以上向上させたというが、十分だと思うか。

小出助教 分からない。ものすごい被ばく環境なので、労働者がゆっくりと作業できない状況だ。コンクリートを打ったといっても、すのない、空気の泡が残っていない状態かどうかも分からない。わたしのところにも、工事に当たった作業員の声が届くが、震度5くらいの地震がきたらプールが壊れると言う人もいる。4号機にリスクがあるのはもちろんだが、どれだけのリスクがあるか分からない。

――米メディアなどからは、日本は米国からの支援に消極的、といった批判も聞かれる。

記者会見後、本コラムの取材に答える小出助教

小出助教 実際の工事や作業で一番力を持っているのは、現場を知っている人たちだ。東電や(原子炉を)製造してきた日立や東芝である。米国の人たちが、そうした実際に働いている人たちが気づかないようなことに気づくとは、あまり思えない。

 唯一期待できるのは、(第1原発を)設計した米ゼネラル・エレクトリック社(GE)だ。あの原子炉のどこに弱点があるのか、などの知識を持っていると思う。ただし、設計されたのは40年前であり、当時の人たちはもういない。おまけに、GEは、自社の生産ラインをすべて失うほど、原子力部門が衰退している。

――米国の支援をもってしても、行程表の迅速化は期待できないのか。

小出助教 壊れたプールからどうやって使用済み燃料を外に取り出すかなど、やらなければならないことは明白だ。プールの底に崩れ落ちたガレキを取り出し、(燃料棒を移すための)キャスクをプールに入れるには、まず巨大なクレーンを造らねばならない。燃料交換機を新たに設置する必要もある。

 そうしたことを一つ一つやる必要があるのだが、被ばく環境がひどいため、なかなかできない。(東電が4号機の使用済み燃料プールの燃料棒を取り出す行程を)10年としているのは長すぎると思う。まだ壊れていない燃料を安全な場所に移すことに全力を尽くさねばならない。だが、なかなか進まないのが現実だ。

――世界の英知を集めても迅速化は無理なのか。

小出助教 知識はすでにある。問題は、実際の作業ができないことだ。もちろん、原発作業員を世界中から集めるといったことは、何がしかの力にはなると思うが。プールの底に沈んでいる使用済み燃料集合体は損傷している。たぶん普通の作業ではできないだろうから、専用のキャスクを造らねばならない。そうした作業をどこかの国が引き受けてくれるのであれば、迅速化は図れると思う。

――たとえば、スリーマイル事故の経験がある米企業からは、どういった支援を受けられると思うか。

小出助教 スリーマイルでは、炉心の半分が溶け、原子炉圧力容器の底に落ちたが、圧力容器そのものは大丈夫だった。溶け落ちた炉心は、圧力容器の底に残っていたのだ。だから、6〜7年後、燃料をつかみ出すことができた。


5月3日、ニューヨークの教会で開かれた講演会には、約400人が集まった。

 だが、福島原発は、圧力容器の底が抜け、溶け出した炉心が下に落ちているので、たぶんつかみ出せないのではないか。東電は、圧力容器の底に穴を開け、下に落ちたものが見えるようにしたいというが、難しい。それができても、落ちた炉心が下にあるのかどうか、つかみ出せるのかどうか分からない。

 最悪の場合、チェルノブイリ同様、石棺で封じ込めるしかないのではないか。その際、米国がスリーマイル事故でやったような作業や知識が役立つだろう。

――それまでに何年くらいかかるのか。

小出助教 東電によれば、4号機の燃料棒のつかみ出し作業が始まるのが、来年12月だ。1〜3号機も、壊れた建屋の上を取り除き、新しいものを造り、クレーンを置く、といった作業を何年がかりでやらねばならない。それが終わらないと、溶けた炉心の処置を始めることさえできない。炉心作業を始めるまでに、たぶん10年はかかるだろう。最短で何十年がかりだ。


----------------


バカゴミには理解できないのだろうか_?




[12削除理由]:アラシ

41. 飯岡助五郎 2013年11月20日 16:10:01 : VssSC.kx7zq3c : cS7gB4Z4v6
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

日本の学校教育で暗記(鵜呑み)能力を磨き上げた諸君へ


小出助教は、★国家公務員★だぞ! 忘れるな

上司(国)の命令に逆らったら職を失うという国家公務員法の下で、言いたい放題野放しにされてきたと思うな

東日本全域から避難させなきゃならないとんでもない一大事を、

「4号機の燃料プールが壊れれば日本はお終いです」
=■燃料プールはまだ安全を保っている■

と、国民を洗脳することが彼の任務だったんだよ。

今年8月、京都大学原子炉実験所の山名元教授が国際廃炉研究開発機構の理事長に就任して福一の廃炉の指揮をとってるんだもんなぁ。

そのせいで、東日本の人間の体には放射能と言う時限爆弾が埋め込まれて、若い者から順番に被曝死する順番を待っている状況だ!

米国原子力規制委員会が、2011年3月16日、すでに福島第一原発に出向させていていた米国人委託業者や米軍無人偵察機グローバルホークから得た情報を世界に向けて発表したのにさ。
英国BBC★The pool lies outside the containment chamber★だってさ、
プールは爆発後、格納室の外にあったんだと。
冗談じゃないぜ!
ウィキペディアの日本語版にはない項だ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Fukushima_Daiichi_units_4,_5_and_6#Spent_fuel_pool


だから2011年3月16日の吉田所長の怒りの名言が遺ってる
「周りで我々見てるんだぜ、それで爆発したら★また★死んじゃうんだぜ」

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


42. おっさんZ 2013年11月20日 17:28:54 : vf1pLsPn/FgHY : MRsD3NJk6M
こりゃただの冷却用配管だね
まあ原発の核燃料が暴走して核爆発すればこんなもんではすまない
なんといってもヒロシマ型原爆とは比べ物にならない量のウラニウム(4号機はプルトニウムも含む)が保管されているんだからね
もっともどうせ居住不可能な事に変わりないのだからいっそ核爆発でぜんぶ吹っ飛んだ方が後片付けは早かったかも知れん
なんといってもいまだに核反応(使用済み燃料棒は核崩壊だが)を続けているのだから

43. 2013年11月20日 18:08:00 : d0FNn9S7Ms
▼吉田昌郎・前福島第一原発所長の逝去と周辺の出来事
「ただ、水を入れればいいと思っていたのかよ。
 まわりで我々見てるんだぜ。
 それで爆発したら、また死んじゃうんだぜ」。
この記録映像は2011年3月16日に撮られたものです。
3月12日15時36分、1号機建屋で最初の水素爆発が起こったとき、約1時間程度遅れて、東京のキー局もその模様を映し出しました。
そのとき、アナウンサーは、こう言ったのです。
「1号機で爆発がありました。40人ほどの東電社員が負傷した模様。今、病院に救急搬送されています」。
初期の頃とはいえ、少なくとも数百万人の視聴者が、これを聞いているはずです。
人数は、40人、あるいは150人とも報道されていたと思います。
私に記憶違いがあるとすれば、この人数の点だけです。数字の違いは、テレビ局の報道の混乱によってもたらされたものです。
その動画は、どこを探しても見当たりません。
その人たちは、いったいどこに消えたのでしょう。
少なくとも、最初の1号機の水素爆発で、大きな怪我を負った東電関係者(協力会社も含めて)が多数いたはずなのです。

その後、吉田前所長は、部下には自身の体調不良を隠しながら、4号機建屋の使用済み燃料プール下の補強工事を完了させたのです。これがなければ、私たちの多くは今頃、病院のベッドに臥せっていたでしょう。
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2221.html
▼吉田昌郎---(wikipedia)所長として、体調不良を押して4号機燃料プールの補強工事を行っていたが、人間ドックで食道癌が発見され、2011年11月24日に入院した。


44. 2013年11月20日 18:43:46 : dcrRgj1iOY
9.11の時インチキ映像やインチキ解説が流れたのとそっくりだ。

45. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月20日 20:13:20 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc


>41. 飯岡助五郎
>だから2011年3月16日の吉田所長の怒りの名言が遺ってる

>43. 2013年11月20日 18:08:00 : d0FNn9S7Ms
>その後、吉田前所長は、部下には自身の体調不良を隠しながら、4号機建屋の使用済み燃料プール下の補強工事を完了させたのです。
>これがなければ、私たちの多くは今頃、病院のベッドに臥せっていたでしょう。


呆れたアホタレども_!!

ココに毎日新聞の重要な記事がある


-------引用開始------


◆福島第1原発:08年に津波可能性 本店は対策指示せず


2008年に東京電力社内で、福島第1原発に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られた際、原発設備を統括する本店の原子力設備管理部が、現実には「あり得ない」と判断して動かず、建屋や重要機器への浸水を防ぐ対策が講じられなかったことが27日、分かった。


12月に中間報告を出す政府の事故調査・検証委員会も経緯を調べており、研究の進展で得た津波リスク評価の扱いや対応が適切だったかが焦点となる。


東電関係者によると、社内研究の成果である新たな津波評価を受け、原子力・立地本部の幹部らが対応策を検討した。その際、設備を主管する原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。評価結果は学術的な性格が強く、深刻に受け取る必要はないとの判断だったという。同本部の上層部もこれを了承した。


原子力設備管理部は、06年に発覚したデータ改ざんの再発防止のため実施した07年4月の機構改革で「設備の中長期的な課題への計画的な対応や設備管理の統括をする」として新設された。

部長は発足時から昨年6月まで吉田昌郎現福島第1原発所長が務めた。


東電は08年春、明治三陸地震が福島沖で起きたと仮定、想定水位5.7メートルを大幅に超え、最大で水位10.2メートル、浸水高15.7メートルの津波の可能性があるとの結果を得た。


東電関係者は「評価結果をきちんと受け止めていれば、建屋や重要機器の水密性強化、津波に対応できる手順書作りや訓練もできたはずだ」と指摘している。


東電広報部は「自主的に試算した内容については、土木学会に審議してもらい、設備に反映させていくつもりだった。学会に審議を要請したのは08年10月で、軽視や放置をしていたわけではない」としている。


毎日新聞 2011年11月28日 2時00分


引用元:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111128k0000m040140000c.html


------引用終了--------


つまり、


1)原子力設備管理部の部長(責任者)は、技術者の吉田氏だった。


2)08年春シュミレーションで15.7mの津波の可能性があるとの結果が出た

 しかし、原子力設備管理部の部長(責任者)であった、吉田氏は、否定し対策を取らなかった。


3)その後、吉田氏は、福島第一原発の所長に転出した


なんと、津波による電源壊失の原因は、吉田所長自身が津波予測を否定した結果だという

驚愕の事実である。


原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。

同本部の上層部もこれを了承したという


実際、福島第一原子力発電所事故の冷却設備を襲った津波は、13mだったと見られている




[12削除理由]:アラシ

46. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月20日 20:20:37 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc


注目すべきは福島第二原発である

アメリカのNRC(原子力規制委員会)の対日支援部長だったチャールズ・カストーの「実際の事故処理と危機管理の点では、福島第二原発の増田尚宏所長こそが本当のヒーローだ」という言葉。


確かに福島第一と同じく冷却機能喪失という事態に陥った第二でメルトダウンが起こっていれば、日本は復興云々どころの状態ではなかった。


福島第二原発でも、津波が発生し電源喪失が発生していた。

しかし、所長判断でヘリを飛ばして、仮設電源を引いている


----引用開始----


3月11日の震災直後、ヘリコプターで東電の資材センター(茨城県土浦市)から(ケーブル資材)を運び込んだ。

100人を超える作業員が12日未明から2日間、夜を徹して敷設し、冷却に必要なポンプに電源をつなげ、津波で失われていた冷却機能を回復させた。


敷地内には津波の爪痕が残るが、原子炉建屋や格納容器内に損傷はほとんどなく、メルトダウン(炉心溶融)から水素爆発に至った第一原発との違いが際だった。


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120209-OYT1T00281.htm


----引用終わり----

この判断は的確だった。

結果的に、福島第二原発は大きな事故を起こしていない


第一原発の仮設電源敷設は、東電の社長・会長どちらも不在で、決済がおりるまでに時間が掛かったため、一週間後になったとされている

これが命取りで、後に来日して福島の事故説明を受けたロシアの専門家たちは、先進国で何故これほど時間がかかったのか??と疑問を述べた件は、有名

第2原発ほど電源敷設が簡単でなかったのかもしれないし、第2原発は所長の越権独断だったのかもしれない。

しかし、第2原発は正解。大きな事故に繋がっていない

第1原発は何もせず、吉田所長が所員に避難命令を出した

結果、第一原発は収拾がつかなくなったのである

後のインタビューで福島第二の増田尚宏所長は、福島第一原発が13mの津波だったのに対して、福島第二原発は9mの津波だった

1・2・4号機の冷却装置は停止していたが、3号機は幸いにも冷却装置が稼働してた

危機対応のための司令塔である免震重要棟は停電になった

しかし、プラントそのものをコントロールする中央制御室は電気が通っていた

停電で現場に入るのに時間がかかったが、11日夜には各炉の状態を把握し、12日には電源回復工事(架設工事)が必要だという結論に達していた

ケーブルやモーターなどの調達に入り、ヘリを飛ばして、13日の明け方には、そのほとんどが運び込まれた

当時働いていた約2000人が手分けして復旧にあたった。

2日間徹夜突貫工事で、電源敷設して14日に電源回復、冷却機能回復した


2012年春の記者会見では、「福島第一原発と同様の事態(=炉心溶解)まで、紙一重だった」と述べている。

14日まではどちらも冷却機能が壊失していた

一時は格納容器内の圧力の高まりは、第一と同じくベントしなければならない段階まで来ていた。

具体的には、「このまま圧力が上がり続けたら、あと2時間でベントしなければいけない」という状況にまで福島第二も至っていましたという

それ故「紙一重」と述べたのだと..

しかし、第二原発では第一原発の状況を把握しておらず、「途中で第一から『こういうものを運んでほしい』『こういう人間を出してほしい』というオーダーを受けて、実行しましたが、なぜそれが必要なのか、その時直ちには理解できないものも結構ありました」と述べている

しかし、第二原発側では、自身の原発を安定させることで精一杯で、他所を思図る余裕はなかったという

本店は両方の原発と連絡を取りながら、状況を把握しておらず、情報伝達や連携が出来なかった

これも、事態を深刻にさせた原因である

第一原発でも電源を直ちに復旧させる為、ヘリで資材を運び突貫工事していれば、今ほどの惨状にはならなかった筈であった

第二原発では、所長判断でそれを成したが、どうして第一原発では出来なかったのだろうか?


確かにルーチン通りであれば、社長または会長の決済をもって電源敷設という順序だろうが、それを待っている状況であっただろうか_?


メディアが、執行役員吉田所長をヒーロに祭り上げる動きは、欺瞞である



[12削除理由]:アラシ

47. けろりん 2013年11月20日 23:05:28 : xfW5FN1G6ouU2 : UKvfMPxF7T


>「4号機の燃料プールが壊れれば日本はお終いです」
=■燃料プールはまだ安全を保っている■
と、国民を洗脳することが彼の任務だったんだよ。


洗脳も糞も、その前に2回も爆発場面を
国民全員が・・見てんだよ・・・
それが、操作された映像にあったにせよ・・
だいたい、何が起こったかは、全員が知ってるんだよ


フクイチに貼り付いている子供でさえ・・・
「わたしは逃げない・・ひとりだけ助かりたく無い・・」・・だ。


子供さえ、覚悟の居残りだ・・・
・・・なにが、洗脳だ・・・いまさら・・・


グダグダ行ってる前に・・・
トウデンや政府を突かんかえ・・・
すけべぇ〜な引きこもり助五郎


48. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月21日 07:13:49 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc

>41. 飯岡助五郎
>だから2011年3月16日の吉田所長の怒りの名言が遺ってる

>43. 2013年11月20日 18:08:00 : d0FNn9S7Ms
>その後、吉田前所長は、部下には自身の体調不良を隠しながら、4号機建屋の使用済み燃料プール下の補強工事を完了させたのです。
>これがなければ、私たちの多くは今頃、病院のベッドに臥せっていたでしょう。


呆れたアホタレども_!!

ココに毎日新聞の重要な記事がある

-------引用開始------

◆福島第1原発:08年に津波可能性 本店は対策指示せず

2008年に東京電力社内で、福島第1原発に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られた際、原発設備を統括する本店の原子力設備管理部が、現実には「あり得ない」と判断して動かず、建屋や重要機器への浸水を防ぐ対策が講じられなかったことが27日、分かった。

12月に中間報告を出す政府の事故調査・検証委員会も経緯を調べており、研究の進展で得た津波リスク評価の扱いや対応が適切だったかが焦点となる。

東電関係者によると、社内研究の成果である新たな津波評価を受け、原子力・立地本部の幹部らが対応策を検討した。その際、設備を主管する原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。評価結果は学術的な性格が強く、深刻に受け取る必要はないとの判断だったという。同本部の上層部もこれを了承した。

原子力設備管理部は、06年に発覚したデータ改ざんの再発防止のため実施した07年4月の機構改革で「設備の中長期的な課題への計画的な対応や設備管理の統括をする」として新設された。

部長は発足時から昨年6月まで吉田昌郎現福島第1原発所長が務めた。

東電は08年春、明治三陸地震が福島沖で起きたと仮定、想定水位5.7メートルを大幅に超え、最大で水位10.2メートル、浸水高15.7メートルの津波の可能性があるとの結果を得た。

東電関係者は「評価結果をきちんと受け止めていれば、建屋や重要機器の水密性強化、津波に対応できる手順書作りや訓練もできたはずだ」と指摘している。

東電広報部は「自主的に試算した内容については、土木学会に審議してもらい、設備に反映させていくつもりだった。学会に審議を要請したのは08年10月で、軽視や放置をしていたわけではない」としている。

毎日新聞 2011年11月28日 2時00分

引用元:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111128k0000m040140000c.html

------引用終了--------

つまり、

1)原子力設備管理部の部長(責任者)は、技術者の吉田氏だった。

2)08年春シュミレーションで15.7mの津波の可能性があるとの結果が出た

 しかし、原子力設備管理部の部長(責任者)であった、吉田氏は、否定し対策を取らなかった。

3)その後、吉田氏は、福島第一原発の所長に転出した

なんと、津波による電源壊失の原因は、吉田所長自身が津波予測を否定した結果だという

驚愕の事実である。


原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。

同本部の上層部もこれを了承したという


実際、福島第一原子力発電所事故の冷却設備を襲った津波は、13mだったと見られている




[12削除理由]:アラシ

49. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月21日 07:14:42 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc

注目すべきは福島第二原発である

アメリカのNRC(原子力規制委員会)の対日支援部長だったチャールズ・カストーの「実際の事故処理と危機管理の点では、福島第二原発の増田尚宏所長こそが本当のヒーローだ」という言葉。


確かに福島第一と同じく冷却機能喪失という事態に陥った第二でメルトダウンが起こっていれば、日本は復興云々どころの状態ではなかった。


福島第二原発でも、津波が発生し電源喪失が発生していた。

しかし、所長判断でヘリを飛ばして、仮設電源を引いている


----引用開始----


3月11日の震災直後、ヘリコプターで東電の資材センター(茨城県土浦市)から(ケーブル資材)を運び込んだ。

100人を超える作業員が12日未明から2日間、夜を徹して敷設し、冷却に必要なポンプに電源をつなげ、津波で失われていた冷却機能を回復させた。


敷地内には津波の爪痕が残るが、原子炉建屋や格納容器内に損傷はほとんどなく、メルトダウン(炉心溶融)から水素爆発に至った第一原発との違いが際だった。


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120209-OYT1T00281.htm


----引用終わり----


この判断は的確だった。

結果的に、福島第二原発は大きな事故を起こしていない


第一原発の仮設電源敷設は、東電の社長・会長どちらも不在で、決済がおりるまでに時間が掛かったため、一週間後になったとされている

これが命取りで、後に来日して福島の事故説明を受けたロシアの専門家たちは、先進国で何故これほど時間がかかったのか??と疑問を述べた件は、有名

第2原発ほど電源敷設が簡単でなかったのかもしれないし、第2原発は所長の越権独断だったのかもしれない。

しかし、第2原発は正解。大きな事故に繋がっていない

第1原発は何もせず、吉田所長が所員に避難命令を出した

結果、第一原発は収拾がつかなくなったのである


後のインタビューで福島第二の増田尚宏所長は、福島第一原発が13mの津波だったのに対して、福島第二原発は9mの津波だった

1・2・4号機の冷却装置は停止していたが、3号機は幸いにも冷却装置が稼働してた

危機対応のための司令塔である免震重要棟は停電になった

しかし、プラントそのものをコントロールする中央制御室は電気が通っていた

停電で現場に入るのに時間がかかったが、11日夜には各炉の状態を把握し、12日には電源回復工事(架設工事)が必要だという結論に達していた

ケーブルやモーターなどの調達に入り、ヘリを飛ばして、13日の明け方には、そのほとんどが運び込まれた

当時働いていた約2000人が手分けして復旧にあたった。

2日間徹夜突貫工事で、電源敷設して14日に電源回復、冷却機能回復した


2012年春の記者会見では、「福島第一原発と同様の事態(=炉心溶解)まで、紙一重だった」と述べている。


14日まではどちらも冷却機能が壊失していた

一時は格納容器内の圧力の高まりは、第一と同じくベントしなければならない段階まで来ていた。

具体的には、「このまま圧力が上がり続けたら、あと2時間でベントしなければいけない」という状況にまで福島第二も至っていましたという

それ故「紙一重」と述べたのだと.しかし、第二原発では第一原発の状況を把握しておらず、「途中で第一から『こういうものを運んでほしい』『こういう人間を出してほしい』というオーダーを受けて、実行しましたが、なぜそれが必要なのか、その時直ちには理解できないものも結構ありました」と述べている

しかし、第二原発側では、自身の原発を安定させることで精一杯で、他所を思図る余裕はなかったという


本店は両方の原発と連絡を取りながら、状況を把握しておらず、情報伝達や連携が出来なかった

これも、事態を深刻にさせた原因である


第一原発でも電源を直ちに復旧させる為、ヘリで資材を運び突貫工事していれば、今ほどの惨状にはならなかった筈であった

第二原発では、所長判断でそれを成したが、どうして第一原発では出来なかったのだろうか?

確かにルーチン通りであれば、社長または会長の決済をもって電源敷設という順序だろうが、それを待っている状況であっただろうか_?


メディアが、執行役員吉田所長をヒーロに祭り上げる動きは、欺瞞である





[12削除理由]:アラシ

50. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月21日 09:12:27 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc


>41. 飯岡助五郎
>だから2011年3月16日の吉田所長の怒りの名言が遺ってる

>43. 2013年11月20日 18:08:00 : d0FNn9S7Ms
>その後、吉田前所長は、部下には自身の体調不良を隠しながら、4号機建屋の使用済み燃料プール下の補強工事を完了させたのです。
>これがなければ、私たちの多くは今頃、病院のベッドに臥せっていたでしょう。


呆れたアホタレども_!!

ココに毎日新聞の重要な記事がある


-------引用開始------


◆福島第1原発:08年に津波可能性 本店は対策指示せず


2008年に東京電力社内で、福島第1原発に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られた際、原発設備を統括する本店の原子力設備管理部が、現実には「あり得ない」と判断して動かず、建屋や重要機器への浸水を防ぐ対策が講じられなかったことが27日、分かった。


12月に中間報告を出す政府の事故調査・検証委員会も経緯を調べており、研究の進展で得た津波リスク評価の扱いや対応が適切だったかが焦点となる。


東電関係者によると、社内研究の成果である新たな津波評価を受け、原子力・立地本部の幹部らが対応策を検討した。その際、設備を主管する原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。評価結果は学術的な性格が強く、深刻に受け取る必要はないとの判断だったという。同本部の上層部もこれを了承した。


原子力設備管理部は、06年に発覚したデータ改ざんの再発防止のため実施した07年4月の機構改革で「設備の中長期的な課題への計画的な対応や設備管理の統括をする」として新設された。

部長は発足時から昨年6月まで吉田昌郎現福島第1原発所長が務めた。


東電は08年春、明治三陸地震が福島沖で起きたと仮定、想定水位5.7メートルを大幅に超え、最大で水位10.2メートル、浸水高15.7メートルの津波の可能性があるとの結果を得た。


東電関係者は「評価結果をきちんと受け止めていれば、建屋や重要機器の水密性強化、津波に対応できる手順書作りや訓練もできたはずだ」と指摘している。


東電広報部は「自主的に試算した内容については、土木学会に審議してもらい、設備に反映させていくつもりだった。学会に審議を要請したのは08年10月で、軽視や放置をしていたわけではない」としている。


毎日新聞 2011年11月28日 2時00分


引用元:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111128k0000m040140000c.html


------引用終了--------


つまり、


1)原子力設備管理部の部長(責任者)は、技術者の吉田氏だった。


2)08年春シュミレーションで15.7mの津波の可能性があるとの結果が出た

 しかし、原子力設備管理部の部長(責任者)であった、吉田氏は、否定し対策を取らなかった。


3)その後、吉田氏は、福島第一原発の所長に転出した


なんと、津波による電源壊失の原因は、吉田所長自身が津波予測を否定した結果だという

驚愕の事実である。


原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。

同本部の上層部もこれを了承したという


実際、福島第一原子力発電所事故の冷却設備を襲った津波は、13mだったと見られている



[12削除理由]:アラシ

51. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月21日 09:13:10 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc


注目すべきは福島第二原発である

アメリカのNRC(原子力規制委員会)の対日支援部長だったチャールズ・カストーの「実際の事故処理と危機管理の点では、福島第二原発の増田尚宏所長こそが本当のヒーローだ」という言葉。


確かに福島第一と同じく冷却機能喪失という事態に陥った第二でメルトダウンが起こっていれば、日本は復興云々どころの状態ではなかった。


福島第二原発でも、津波が発生し電源喪失が発生していた。

しかし、所長判断でヘリを飛ばして、仮設電源を引いている


----引用開始----


3月11日の震災直後、ヘリコプターで東電の資材センター(茨城県土浦市)から(ケーブル資材)を運び込んだ。

100人を超える作業員が12日未明から2日間、夜を徹して敷設し、冷却に必要なポンプに電源をつなげ、津波で失われていた冷却機能を回復させた。


敷地内には津波の爪痕が残るが、原子炉建屋や格納容器内に損傷はほとんどなく、メルトダウン(炉心溶融)から水素爆発に至った第一原発との違いが際だった。


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120209-OYT1T00281.htm


----引用終わり----


この判断は的確だった。

結果的に、福島第二原発は大きな事故を起こしていない


第一原発の仮設電源敷設は、東電の社長・会長どちらも不在で、決済がおりるまでに時間が掛かったため、一週間後になったとされている

これが命取りで、後に来日して福島の事故説明を受けたロシアの専門家たちは、先進国で何故これほど時間がかかったのか??と疑問を述べた件は、有名

第2原発ほど電源敷設が簡単でなかったのかもしれないし、第2原発は所長の越権独断だったのかもしれない。

しかし、第2原発は正解。大きな事故に繋がっていない

第1原発は何もせず、吉田所長が所員に避難命令を出した

結果、第一原発は収拾がつかなくなったのである


後のインタビューで福島第二の増田尚宏所長は、福島第一原発が13mの津波だったのに対して、福島第二原発は9mの津波だった

1・2・4号機の冷却装置は停止していたが、3号機は幸いにも冷却装置が稼働してた

危機対応のための司令塔である免震重要棟は停電になった

しかし、プラントそのものをコントロールする中央制御室は電気が通っていた

停電で現場に入るのに時間がかかったが、11日夜には各炉の状態を把握し、12日には電源回復工事(架設工事)が必要だという結論に達していた

ケーブルやモーターなどの調達に入り、ヘリを飛ばして、13日の明け方には、そのほとんどが運び込まれた

当時働いていた約2000人が手分けして復旧にあたった。

2日間徹夜突貫工事で、電源敷設して14日に電源回復、冷却機能回復した


2012年春の記者会見では、「福島第一原発と同様の事態(=炉心溶解)まで、紙一重だった」と述べている。


14日まではどちらも冷却機能が壊失していた

一時は格納容器内の圧力の高まりは、第一と同じくベントしなければならない段階まで来ていた。

具体的には、「このまま圧力が上がり続けたら、あと2時間でベントしなければいけない」という状況にまで福島第二も至っていましたという

それ故「紙一重」と述べたのだと.しかし、第二原発では第一原発の状況を把握しておらず、「途中で第一から『こういうものを運んでほしい』『こういう人間を出してほしい』というオーダーを受けて、実行しましたが、なぜそれが必要なのか、その時直ちには理解できないものも結構ありました」と述べている

しかし、第二原発側では、自身の原発を安定させることで精一杯で、他所を思図る余裕はなかったという


本店は両方の原発と連絡を取りながら、状況を把握しておらず、情報伝達や連携が出来なかった

これも、事態を深刻にさせた原因である


第一原発でも電源を直ちに復旧させる為、ヘリで資材を運び突貫工事していれば、今ほどの惨状にはならなかった筈であった

第二原発では、所長判断でそれを成したが、どうして第一原発では出来なかったのだろうか?


確かにルーチン通りであれば、社長または会長の決済をもって電源敷設という順序だろうが、それを待っている状況であっただろうか_?


メディアが、執行役員吉田所長をヒーロに祭り上げる動きは、欺瞞である




[12削除理由]:アラシ

52. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月21日 09:54:28 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc

>41. 飯岡助五郎
>だから2011年3月16日の吉田所長の怒りの名言が遺ってる

>43. 2013年11月20日 18:08:00 : d0FNn9S7Ms
>その後、吉田前所長は、部下には自身の体調不良を隠しながら、4号機建屋の使用済み燃料プール下の補強工事を完了させたのです。
>これがなければ、私たちの多くは今頃、病院のベッドに臥せっていたでしょう。


呆れたアホタレども_!!

ココに毎日新聞の重要な記事がある


-------引用開始------


◆福島第1原発:08年に津波可能性 本店は対策指示せず


2008年に東京電力社内で、福島第1原発に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られた際、原発設備を統括する本店の原子力設備管理部が、現実には「あり得ない」と判断して動かず、建屋や重要機器への浸水を防ぐ対策が講じられなかったことが27日、分かった。


12月に中間報告を出す政府の事故調査・検証委員会も経緯を調べており、研究の進展で得た津波リスク評価の扱いや対応が適切だったかが焦点となる。


東電関係者によると、社内研究の成果である新たな津波評価を受け、原子力・立地本部の幹部らが対応策を検討した。その際、設備を主管する原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。評価結果は学術的な性格が強く、深刻に受け取る必要はないとの判断だったという。同本部の上層部もこれを了承した。


原子力設備管理部は、06年に発覚したデータ改ざんの再発防止のため実施した07年4月の機構改革で「設備の中長期的な課題への計画的な対応や設備管理の統括をする」として新設された。

部長は発足時から昨年6月まで吉田昌郎現福島第1原発所長が務めた。


東電は08年春、明治三陸地震が福島沖で起きたと仮定、想定水位5.7メートルを大幅に超え、最大で水位10.2メートル、浸水高15.7メートルの津波の可能性があるとの結果を得た。


東電関係者は「評価結果をきちんと受け止めていれば、建屋や重要機器の水密性強化、津波に対応できる手順書作りや訓練もできたはずだ」と指摘している。


東電広報部は「自主的に試算した内容については、土木学会に審議してもらい、設備に反映させていくつもりだった。学会に審議を要請したのは08年10月で、軽視や放置をしていたわけではない」としている。


毎日新聞 2011年11月28日 2時00分


引用元:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111128k0000m040140000c.html


------引用終了--------


つまり、


1)原子力設備管理部の部長(責任者)は、技術者の吉田氏だった。


2)08年春シュミレーションで15.7mの津波の可能性があるとの結果が出た

 しかし、原子力設備管理部の部長(責任者)であった、吉田氏は、否定し対策を取らなかった。


3)その後、吉田氏は、福島第一原発の所長に転出した


なんと、津波による電源壊失の原因は、吉田所長自身が津波予測を否定した結果だという

驚愕の事実である。


原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。

同本部の上層部もこれを了承したという


実際、福島第一原子力発電所事故の冷却設備を襲った津波は、13mだったと見られている





[12削除理由]:アラシ

53. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月21日 09:55:19 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc

>41. 飯岡助五郎
>だから2011年3月16日の吉田所長の怒りの名言が遺ってる

>43. 2013年11月20日 18:08:00 : d0FNn9S7Ms
>その後、吉田前所長は、部下には自身の体調不良を隠しながら、4号機建屋の使用済み燃料プール下の補強工事を完了させたのです。
>これがなければ、私たちの多くは今頃、病院のベッドに臥せっていたでしょう。


呆れたアホタレども_!!

ココに毎日新聞の重要な記事がある


-------引用開始------


◆福島第1原発:08年に津波可能性 本店は対策指示せず


2008年に東京電力社内で、福島第1原発に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られた際、原発設備を統括する本店の原子力設備管理部が、現実には「あり得ない」と判断して動かず、建屋や重要機器への浸水を防ぐ対策が講じられなかったことが27日、分かった。


12月に中間報告を出す政府の事故調査・検証委員会も経緯を調べており、研究の進展で得た津波リスク評価の扱いや対応が適切だったかが焦点となる。


東電関係者によると、社内研究の成果である新たな津波評価を受け、原子力・立地本部の幹部らが対応策を検討した。その際、設備を主管する原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。評価結果は学術的な性格が強く、深刻に受け取る必要はないとの判断だったという。同本部の上層部もこれを了承した。


原子力設備管理部は、06年に発覚したデータ改ざんの再発防止のため実施した07年4月の機構改革で「設備の中長期的な課題への計画的な対応や設備管理の統括をする」として新設された。

部長は発足時から昨年6月まで吉田昌郎現福島第1原発所長が務めた。


東電は08年春、明治三陸地震が福島沖で起きたと仮定、想定水位5.7メートルを大幅に超え、最大で水位10.2メートル、浸水高15.7メートルの津波の可能性があるとの結果を得た。


東電関係者は「評価結果をきちんと受け止めていれば、建屋や重要機器の水密性強化、津波に対応できる手順書作りや訓練もできたはずだ」と指摘している。


東電広報部は「自主的に試算した内容については、土木学会に審議してもらい、設備に反映させていくつもりだった。学会に審議を要請したのは08年10月で、軽視や放置をしていたわけではない」としている。


毎日新聞 2011年11月28日 2時00分


引用元:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111128k0000m040140000c.html


------引用終了--------


つまり、


1)原子力設備管理部の部長(責任者)は、技術者の吉田氏だった。


2)08年春シュミレーションで15.7mの津波の可能性があるとの結果が出た

 しかし、原子力設備管理部の部長(責任者)であった、吉田氏は、否定し対策を取らなかった。


3)その後、吉田氏は、福島第一原発の所長に転出した


なんと、津波による電源壊失の原因は、吉田所長自身が津波予測を否定した結果だという

驚愕の事実である。


原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。

同本部の上層部もこれを了承したという


実際、福島第一原子力発電所事故の冷却設備を襲った津波は、13mだったと見られている




[12削除理由]:アラシ

54. 2013年11月21日 10:03:00 : heVtmrgEsA
3.11の福島原発において、電気を必要としない「蒸気タービン駆動の非常用炉心冷却装置」は地震で破損していた疑いがある。
事故当時、2号機では3日間、3号機では1.5日間、「蒸気タービン駆動の非常用炉心冷却装置」で炉心に水を注入し続けていたが、それが機能しなくなり炉心メルトダウンに至っていた。

原発の安全性について、地震の少ないヨーロッパと地震大国の日本を同じ土俵で論じることは出来ない。
たとえ核廃棄物処分場が決まったとしても、地震大国の日本で原発を動かすことは、安全保障上も不可能である。

[12削除理由]:重複コメント

55. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月21日 11:25:58 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc



>41. 飯岡助五郎
>だから2011年3月16日の吉田所長の怒りの名言が遺ってる

>43. 2013年11月20日 18:08:00 : d0FNn9S7Ms
>その後、吉田前所長は、部下には自身の体調不良を隠しながら、4号機建屋の使用済み燃料プール下の補強工事を完了させたのです。
>これがなければ、私たちの多くは今頃、病院のベッドに臥せっていたでしょう。


呆れたアホタレども_!!

ココに毎日新聞の重要な記事がある


-------引用開始------


◆福島第1原発:08年に津波可能性 本店は対策指示せず


2008年に東京電力社内で、福島第1原発に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られた際、原発設備を統括する本店の原子力設備管理部が、現実には「あり得ない」と判断して動かず、建屋や重要機器への浸水を防ぐ対策が講じられなかったことが27日、分かった。


12月に中間報告を出す政府の事故調査・検証委員会も経緯を調べており、研究の進展で得た津波リスク評価の扱いや対応が適切だったかが焦点となる。


東電関係者によると、社内研究の成果である新たな津波評価を受け、原子力・立地本部の幹部らが対応策を検討した。その際、設備を主管する原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。評価結果は学術的な性格が強く、深刻に受け取る必要はないとの判断だったという。同本部の上層部もこれを了承した。


原子力設備管理部は、06年に発覚したデータ改ざんの再発防止のため実施した07年4月の機構改革で「設備の中長期的な課題への計画的な対応や設備管理の統括をする」として新設された。

部長は発足時から昨年6月まで吉田昌郎現福島第1原発所長が務めた。


東電は08年春、明治三陸地震が福島沖で起きたと仮定、想定水位5.7メートルを大幅に超え、最大で水位10.2メートル、浸水高15.7メートルの津波の可能性があるとの結果を得た。


東電関係者は「評価結果をきちんと受け止めていれば、建屋や重要機器の水密性強化、津波に対応できる手順書作りや訓練もできたはずだ」と指摘している。


東電広報部は「自主的に試算した内容については、土木学会に審議してもらい、設備に反映させていくつもりだった。学会に審議を要請したのは08年10月で、軽視や放置をしていたわけではない」としている。


毎日新聞 2011年11月28日 2時00分


引用元:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111128k0000m040140000c.html


------引用終了--------


つまり、


1)原子力設備管理部の部長(責任者)は、技術者の吉田氏だった。


2)08年春シュミレーションで15.7mの津波の可能性があるとの結果が出た

 しかし、原子力設備管理部の部長(責任者)であった、吉田氏は、否定し対策を取らなかった。


3)その後、吉田氏は、福島第一原発の所長に転出した


なんと、津波による電源壊失の原因は、吉田所長自身が津波予測を否定した結果だという

驚愕の事実である。


原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。

同本部の上層部もこれを了承したという


実際、福島第一原子力発電所事故の冷却設備を襲った津波は、13mだったと見られている



[12削除理由]:アラシ

56. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月21日 11:26:51 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc


注目すべきは福島第二原発である

アメリカのNRC(原子力規制委員会)の対日支援部長だったチャールズ・カストーの「実際の事故処理と危機管理の点では、福島第二原発の増田尚宏所長こそが本当のヒーローだ」という言葉。


確かに福島第一と同じく冷却機能喪失という事態に陥った第二でメルトダウンが起こっていれば、日本は復興云々どころの状態ではなかった。


福島第二原発でも、津波が発生し電源喪失が発生していた。

しかし、所長判断でヘリを飛ばして、仮設電源を引いている


----引用開始----


3月11日の震災直後、ヘリコプターで東電の資材センター(茨城県土浦市)から(ケーブル資材)を運び込んだ。

100人を超える作業員が12日未明から2日間、夜を徹して敷設し、冷却に必要なポンプに電源をつなげ、津波で失われていた冷却機能を回復させた。


敷地内には津波の爪痕が残るが、原子炉建屋や格納容器内に損傷はほとんどなく、メルトダウン(炉心溶融)から水素爆発に至った第一原発との違いが際だった。


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120209-OYT1T00281.htm


----引用終わり----


この判断は的確だった。

結果的に、福島第二原発は大きな事故を起こしていない


第一原発の仮設電源敷設は、東電の社長・会長どちらも不在で、決済がおりるまでに時間が掛かったため、一週間後になったとされている

これが命取りで、後に来日して福島の事故説明を受けたロシアの専門家たちは、先進国で何故これほど時間がかかったのか??と疑問を述べた件は、有名

第2原発ほど電源敷設が簡単でなかったのかもしれないし、第2原発は所長の越権独断だったのかもしれない。

しかし、第2原発は正解。大きな事故に繋がっていない

第1原発は何もせず、吉田所長が所員に避難命令を出した

結果、第一原発は収拾がつかなくなったのである


後のインタビューで福島第二の増田尚宏所長は、福島第一原発が13mの津波だったのに対して、福島第二原発は9mの津波だった

1・2・4号機の冷却装置は停止していたが、3号機は幸いにも冷却装置が稼働してた

危機対応のための司令塔である免震重要棟は停電になった

しかし、プラントそのものをコントロールする中央制御室は電気が通っていた

停電で現場に入るのに時間がかかったが、11日夜には各炉の状態を把握し、12日には電源回復工事(架設工事)が必要だという結論に達していた

ケーブルやモーターなどの調達に入り、ヘリを飛ばして、13日の明け方には、そのほとんどが運び込まれた

当時働いていた約2000人が手分けして復旧にあたった。

2日間徹夜突貫工事で、電源敷設して14日に電源回復、冷却機能回復した


2012年春の記者会見では、「福島第一原発と同様の事態(=炉心溶解)まで、紙一重だった」と述べている。


14日まではどちらも冷却機能が壊失していた

一時は格納容器内の圧力の高まりは、第一と同じくベントしなければならない段階まで来ていた。

具体的には、「このまま圧力が上がり続けたら、あと2時間でベントしなければいけない」という状況にまで福島第二も至っていましたという

それ故「紙一重」と述べたのだと.しかし、第二原発では第一原発の状況を把握しておらず、「途中で第一から『こういうものを運んでほしい』『こういう人間を出してほしい』というオーダーを受けて、実行しましたが、なぜそれが必要なのか、その時直ちには理解できないものも結構ありました」と述べている

しかし、第二原発側では、自身の原発を安定させることで精一杯で、他所を思図る余裕はなかったという


本店は両方の原発と連絡を取りながら、状況を把握しておらず、情報伝達や連携が出来なかった

これも、事態を深刻にさせた原因である


第一原発でも電源を直ちに復旧させる為、ヘリで資材を運び突貫工事していれば、今ほどの惨状にはならなかった筈であった

第二原発では、所長判断でそれを成したが、どうして第一原発では出来なかったのだろうか?


確かにルーチン通りであれば、社長または会長の決済をもって電源敷設という順序だろうが、それを待っている状況であっただろうか_?


メディアが、執行役員吉田所長をヒーロに祭り上げる動きは、東電の意向であって欺瞞である




[12削除理由]:アラシ

57. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月21日 12:13:58 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc

>41. 飯岡助五郎
>だから2011年3月16日の吉田所長の怒りの名言が遺ってる

>43. 2013年11月20日 18:08:00 : d0FNn9S7Ms
>その後、吉田前所長は、部下には自身の体調不良を隠しながら、4号機建屋の使用済み燃料プール下の補強工事を完了させたのです。
>これがなければ、私たちの多くは今頃、病院のベッドに臥せっていたでしょう。


呆れたアホタレども_!!

ココに毎日新聞の重要な記事がある


-------引用開始------


◆福島第1原発:08年に津波可能性 本店は対策指示せず


2008年に東京電力社内で、福島第1原発に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られた際、原発設備を統括する本店の原子力設備管理部が、現実には「あり得ない」と判断して動かず、建屋や重要機器への浸水を防ぐ対策が講じられなかったことが27日、分かった。


12月に中間報告を出す政府の事故調査・検証委員会も経緯を調べており、研究の進展で得た津波リスク評価の扱いや対応が適切だったかが焦点となる。


東電関係者によると、社内研究の成果である新たな津波評価を受け、原子力・立地本部の幹部らが対応策を検討した。その際、設備を主管する原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。評価結果は学術的な性格が強く、深刻に受け取る必要はないとの判断だったという。同本部の上層部もこれを了承した。


原子力設備管理部は、06年に発覚したデータ改ざんの再発防止のため実施した07年4月の機構改革で「設備の中長期的な課題への計画的な対応や設備管理の統括をする」として新設された。

部長は発足時から昨年6月まで吉田昌郎現福島第1原発所長が務めた。


東電は08年春、明治三陸地震が福島沖で起きたと仮定、想定水位5.7メートルを大幅に超え、最大で水位10.2メートル、浸水高15.7メートルの津波の可能性があるとの結果を得た。


東電関係者は「評価結果をきちんと受け止めていれば、建屋や重要機器の水密性強化、津波に対応できる手順書作りや訓練もできたはずだ」と指摘している。


東電広報部は「自主的に試算した内容については、土木学会に審議してもらい、設備に反映させていくつもりだった。学会に審議を要請したのは08年10月で、軽視や放置をしていたわけではない」としている。


毎日新聞 2011年11月28日 2時00分


引用元:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111128k0000m040140000c.html


------引用終了--------


つまり、


1)原子力設備管理部の部長(責任者)は、技術者の吉田氏だった。


2)08年春シュミレーションで15.7mの津波の可能性があるとの結果が出た

 しかし、原子力設備管理部の部長(責任者)であった、吉田氏は、否定し対策を取らなかった。


3)その後、吉田氏は、福島第一原発の所長に転出した


なんと、津波による電源壊失の原因は、吉田所長自身が津波予測を否定した結果だという

驚愕の事実である。


原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。

同本部の上層部もこれを了承したという


実際、福島第一原子力発電所事故の冷却設備を襲った津波は、13mだったと見られている




[12削除理由]:アラシ

58. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月21日 12:14:39 : .8s1Cm2S.9lOg : 9JX0kQezzc

注目すべきは福島第二原発である
アメリカのNRC(原子力規制委員会)の対日支援部長だったチャールズ・カストーの「実際の事故処理と危機管理の点では、福島第二原発の増田尚宏所長こそが本当のヒーローだ」という言葉。


確かに福島第一と同じく冷却機能喪失という事態に陥った第二でメルトダウンが起こっていれば、日本は復興云々どころの状態ではなかった。


福島第二原発でも、津波が発生し電源喪失が発生していた。

しかし、所長判断でヘリを飛ばして、仮設電源を引いている


----引用開始----


3月11日の震災直後、ヘリコプターで東電の資材センター(茨城県土浦市)から(ケーブル資材)を運び込んだ。

100人を超える作業員が12日未明から2日間、夜を徹して敷設し、冷却に必要なポンプに電源をつなげ、津波で失われていた冷却機能を回復させた。


敷地内には津波の爪痕が残るが、原子炉建屋や格納容器内に損傷はほとんどなく、メルトダウン(炉心溶融)から水素爆発に至った第一原発との違いが際だった。


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120209-OYT1T00281.htm


----引用終わり----


この判断は的確だった。

結果的に、福島第二原発は大きな事故を起こしていない


第一原発の仮設電源敷設は、東電の社長・会長どちらも不在で、決済がおりるまでに時間が掛かったため、一週間後になったとされている

これが命取りで、後に来日して福島の事故説明を受けたロシアの専門家たちは、先進国で何故これほど時間がかかったのか??と疑問を述べた件は、有名

第2原発ほど電源敷設が簡単でなかったのかもしれないし、第2原発は所長の越権独断だったのかもしれない。

しかし、第2原発は正解。大きな事故に繋がっていない

第1原発は何もせず、吉田所長が所員に避難命令を出した

結果、第一原発は収拾がつかなくなったのである


後のインタビューで福島第二の増田尚宏所長は、福島第一原発が13mの津波だったのに対して、福島第二原発は9mの津波だった

1・2・4号機の冷却装置は停止していたが、3号機は幸いにも冷却装置が稼働してた

危機対応のための司令塔である免震重要棟は停電になった

しかし、プラントそのものをコントロールする中央制御室は電気が通っていた

停電で現場に入るのに時間がかかったが、11日夜には各炉の状態を把握し、12日には電源回復工事(架設工事)が必要だという結論に達していた

ケーブルやモーターなどの調達に入り、ヘリを飛ばして、13日の明け方には、そのほとんどが運び込まれた

当時働いていた約2000人が手分けして復旧にあたった。

2日間徹夜突貫工事で、電源敷設して14日に電源回復、冷却機能回復した


2012年春の記者会見では、「福島第一原発と同様の事態(=炉心溶解)まで、紙一重だった」と述べている。


14日まではどちらも冷却機能が壊失していた

一時は格納容器内の圧力の高まりは、第一と同じくベントしなければならない段階まで来ていた。

具体的には、「このまま圧力が上がり続けたら、あと2時間でベントしなければいけない」という状況にまで福島第二も至っていましたという

それ故「紙一重」と述べたのだと.しかし、第二原発では第一原発の状況を把握しておらず、「途中で第一から『こういうものを運んでほしい』『こういう人間を出してほしい』というオーダーを受けて、実行しましたが、なぜそれが必要なのか、その時直ちには理解できないものも結構ありました」と述べている

しかし、第二原発側では、自身の原発を安定させることで精一杯で、他所を思図る余裕はなかったという


本店は両方の原発と連絡を取りながら、状況を把握しておらず、情報伝達や連携が出来なかった

これも、事態を深刻にさせた原因である


第一原発でも電源を直ちに復旧させる為、ヘリで資材を運び突貫工事していれば、今ほどの惨状にはならなかった筈であった

第二原発では、所長判断でそれを成したが、どうして第一原発では出来なかったのだろうか?


確かにルーチン通りであれば、社長または会長の決済をもって電源敷設という順序だろうが、それを待っている状況であっただろうか_?


メディアが、執行役員吉田所長をヒーロに祭り上げる動きは、東電の意向であって欺瞞である


[12削除理由]:アラシ

59. 2013年11月21日 12:36:33 : YS0q2NWS06
小出助教授の言が正しいなら
もう日本に住める人はいなくなっているはずだ

だいたい冷却用のプールと原子炉で
冷却用のプールの方が丈夫なはずは無い

同屋の中で炉が粉微塵になっているのに
プールが軽微な損傷で冷却能力を有しているなど
ありえない

福一は4機が4炉とも損傷しているにもかかわらず
4プールが放水の必要があるとはいえ使用済み燃料の
冷却ができて最悪の事態を免れているという

100%嘘だ

おそらく事故前の既に損傷していた燃料以外は
原発屋には存在しなかった

周辺放射性物質飛散は地震前に既に放射されていたはず


60. 2013年11月21日 13:50:37 : YS0q2NWS06
原発本体が水素爆発で吹き飛んだということは
本体が瓦解炸裂する寸前まで、中のプールにも
貯水にも使用済み燃料にも同圧力がかかって
いたことになる

プールの継ぎ目は原発本体より強力な圧力耐性が
あるのか?

使用済み燃料の外殻は当荷重で損壊しないほど
強靭なのか?

常識的には充満水素は、プールも使用済み燃料も
握り潰した後でなければ本体をぶち破って炸裂する
はずはない

屋本体より強力なのは原子炉のみだ

その原子炉が爆発しているのだ

冷蔵庫が爆発して、中の卵が無事だったみたいな
とんでも話はもうたくさんだ


61. 2013年11月21日 13:56:17 : YS0q2NWS06
911の鉄鋼まで溶かした灼熱の現場から
テロリストの免許証が焼けずに出てきた

ほとんど同レベルの嘘である


62. 飯岡助五郎 2013年11月21日 15:50:22 : VssSC.kx7zq3c : cS7gB4Z4v6
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

高層ビル火災の温度 ★1100℃
 ※出典:耐火被覆専門サイト
 http://www.longlife-building.jp/kasai/

鋼鉄の融点 ★1534℃
 ※出典:株式会社大和鉄工所
 http://www.daiwa-teko.co.jp/coffee/pdf/siryo04.pdf

燃料被覆管(ジルカロイ)の融点 ★1800℃以上
 ※出典:日本原子力技術協会
 http://www.gengikyo.jp/news/20110318.html

だから、女性の小指ほどの細さの長いストローが、まっすぐのまんま残っているのです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


63. 2013年11月21日 17:08:11 : YS0q2NWS06
>>62
何が言いたいのかな?

もしかして1800度まで大丈夫な燃料だってか?

それを水で冷やさなきゃって???

1800度の外気熱を相殺する被覆管が水で影響受ける?

もうウルトラマンとかの世界だね


64. 2013年11月21日 18:15:05 : YS0q2NWS06
単純にもっと単純に
=水素爆発なんて起こってないんだよ
(3号機は起こした、だから3号機上空写真ではプールまで無い)

それでも炉の上部が破損してる!
=爆破しなきゃそうなるわけないんだよ

炉は転倒していない!
=メルトダウンしてたら同じ位置に建ってられないんだよ

答え!
=燃料は事故当時無かったんだよ

でも今ある!
=ならば、この2年8ヶ月の間に持ち込まれたんだよ

それしかない


65. 2013年11月21日 18:27:45 : YS0q2NWS06
ならば、事故の瞬間に燃料は何処に有ったんだ?

って訊かれそうだ

5号機と6号機の中って
その間、誰も見てないよね


66. 飯岡助五郎 2013年11月21日 19:01:41 : VssSC.kx7zq3c : cS7gB4Z4v6
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
高層ビル火災の温度 ★1100℃

鋼鉄の融点 ★1534℃
 
燃料被覆管(ジルカロイ)の融点 ★1800℃以上

燃料ペレット(二酸化ウラン) の融点 ★約2,800 ℃
 http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=04-09-01-04
ーーーーーーーーーーーー

◆2011年3月15日 朝日新聞 
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103150231.html
4号機の原子炉建屋も損傷し、火災が発生した。
建屋に保管中の使用済み燃料の冷却ができなくなった可能性があり、燃料が損傷して漏れ出す可能性が出てきた。鎮火したが、
★付近の放射線量は急上昇した。
消火には★米軍も協力した。

◆2011年3月16日 ★米国原子力委員会の発表を受けて 英国BBC
http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-12762608
★the pool is completely dry.プールは干上がっている
★The pool lies outside the containment chamber.プールは格納室の外に在る

◆2011年3月16日
吉田所長の怒りの証言
「周りで我々見てるんだぜ、それで爆発したら★また死んじゃうんだぜ」
ーーーーーーーーーーーー

だから、女性の小指ほどの細さの長いストローが、まっすぐのまんま残っているのです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


67. 2013年11月21日 19:36:06 : EfM1WsoWPI
日本 特に関東 東北(太平洋側)は既に終った。
東海 は終りつつある。  蛍の光 

68. 小沢カルトは馬鹿ばかり 2013年11月21日 23:42:04 : .8s1Cm2S.9lOg : vTttCeLyoA

■『4号機燃料プールの燃料棒が事故直後の爆発で全部吹き飛んでいたなんて、

  そんなの絶対あり得ない! 私、学者生命を賭けてもいいです。』


 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章 2013/11/15

----混乱極める事故直後の米国の原子力規制委員会の論文や、その関係者と見られるメール、福一カメラの映像などの2年8ヶ月を経た最近になって危険を煽るともとられるような複数情報がネット上に存在し、多くの人たちが翻弄されてしまっていることについて。。


そら、無人偵察機がそれを撮ったっていうんでしょ、それ以外の証拠あったんですか?


----あと、動画もあったんですよ、湯気が出ている。。ボロボロの4号機からもの凄い勢いで湯気が上がってて。。


ええ、上がりますよ、もちろん。


----ええ、ですよね、でもそれが燃料プールから出ているものなのかどうなのか分からない。


燃料プールから出ますよ。


----あ〜。。


猛烈な発熱しているわけですから、湯気出なきゃおかしい。


----今、数百分の一に崩壊熱が下がってるけど、当時は熱いわけですよね、まだ。


大変ですよ。そら、1分毎に風呂桶が空になるくらいの蒸気が出てる。


----出て当然てことなんですよね、


当たり前です。


----出て当然。


(笑)


----あれ、、また火災の煙だってみんな思い込んでるんですよね、


火災も起きたでしょ、だって水素爆発おきてるわけだから、可燃物あるわけだし、そら燃えてますよ。


何だって起こります。


----ん〜ん。。


しかし、燃料プールの物が全部爆発で吹き飛ぶなんて言ったら。。


----広島原爆1万4.000発分ですからねぇ、


人間はもう近寄ることもできない。


----1号機〜3号機すら近寄れないんだから、


(笑)そうです。


----そんなわけないじゃないですかねぇ、


4号機に入ることすら出来ないです。

そんなことになったら。

今、使用済み燃料プールの真ん前まで行ってるし、覆いを作ってこれから作業する。


----そうですよね、細野大臣だって行ってましたものね、当時、見に。。

そんなの、絶対あり得ない!私、学者生命を賭けてもいいです。


----はい。そうですよね。。


はい、そんなことぐらい何でわかんないかと!


----本当ですね。。


だから、私はネットは一切関わらないと宣言しているわけですよ。


(馬鹿の巣だから....)



69. 2013年11月22日 00:18:11 : 5YnrNtgWos
地震の揺れで4階にあるプールの水は流されてあたりいっぺん水浸し、電気はショート、制御不能、配管は地震でづたづた。

70. ニンニン忍者服部くん 2013年12月21日 07:43:37 : 71497ONGMxwsI : kQNpR0fQOQ
私もよく分からなかったので(足場のパイプのように見えたが、それではく別のものだということなので)、どの棒を指しているのか、キャプチャ画像を赤線で囲って矢印を書いて頂けないでしょうか。

71. 性(sing)音楽考古本舗 2014年3月20日 15:28:34 : MzSKOOxs3gJRI : qkClc9jupI
>もう飯岡助五郎という男がどんな人間なのかはっきりしたな

大便糞分五郎って誰のことですか?私はアマさんの板にモンゴメリーで投稿していたときも、阿修羅の飯岡助五郎のコピペをよくしました。まさか、私のことではないですよね?
https://twitter.com/sei_ongakukouko/status/394782293002186753


http://archive.is/fYCMI


日本学術会議のメンバーを信用してはいけない。4号機プールが芝居である可能性を考えなければ皆殺しにされる。
福一に派遣を持つNRCの日誌2011年3月16日14:16ー★4号機プールは50%の燃料破損を経験している

https://twitter.com/sei_ongakukouko/status/445462355254587392

http://archive.is/mD5Jp

社会はほんとうに愚行の極みです。「なんじゃこりゃー、4号機爆発で飛び散った燃料棒、どっさり映ってるじゃないか。東電の動画」
この動画、「お前はもう死んでいる」と東電に言われたような感じがします。

https://twitter.com/search?q=%40sei_ongakukouko%20%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%93%E3%82%8A%E3%82%83%E3%83%BC&src=typd

http://archive.is/tlgFy



[12削除理由]:アラシ

72. 2014年10月05日 12:08:34 : aiMZAOJQqY
この飯岡助五郎という人は、全く原発の仕組みを理解していないし、
小出さんも批判している。
使用済み核燃料がむき出しになったら、危険でとても近くに近寄れない、ということを
理解できていない。
http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/772.html

コメント欄で間違い、矛盾を指摘してもロクに反論できなかった。

故意にデマを流して、阿修羅の信用度を落とそうとしている工作員かも知れない。


73. 2014年10月17日 22:44:21 : PTeX1Bz4WM

 ◆4号機の爆発映像は専門家だけに公開された◆

 
 (1)今中助教は、ただ涙が止まらなくなり・・・・

  「終わった、終わった、日本は終わった・・・」と十数分間も体を振るわせるだけだった・・・

 (2)東電副社長が会見の後に泣き崩れ、社員に脇を抱えられながら退席・・・

   これが全てでしょう・・・

  ★何故、一般に公開できないのかぁ・・・、何故、出せないんだぁ・・・

   未だに、福島の子供の甲状腺がんを、放射能との関係は認められない・・・と平気で言わせる

   越後屋と悪代官だから・・・、良い方に解釈のしようが無いだろう・・・
  


74. 2014年10月18日 00:19:52 : naZxRhmSCc
工作員のウソ記事。
4号棟はたまたま稼働していませんでした。

4号棟のプールは奇跡的に水を保っておりここから燃料棒をいかにして出すか今必死だけれど難しいので頭を抱えています。

ここのプールには、膨大な燃料棒があり、プールから水がなくなったら日本は終わりです。

それこそ、近づくどころではありませんね。
4号棟には人が近づいていますよね。

適当なこと書く工作員多数。 暇だねえ。


75. 2014年10月18日 16:43:57 : G9cWCoNWLM
もうデマ記事を掘り起こすしかネタが無くなったのか

76. 2014年10月18日 23:32:33 : PTeX1Bz4WM

 爆発や破損がどの程度でどのレベルかぁ・・・

 専門家にだけ見せた、4号機の爆発映像を、一般公開しなきゃ、誰も信用しない。

 副社長が泣き崩れたのは、何でだろう・・・・

 ◆>消えた作業員200人ほど<◆

  住民票が無い作業員・・・です、NHKのAtoZでは、893が顔出しで、住民票に無い人間を
  一人に関して紹介料40〜50万貰って、数十人送ったと証言。更に、僕の知り合いも何人かして
  ますねん。

   少し溢れた燃料は、作業員にやらせたんでしょう・・・

  過去にも、部落民に汚染作業をやらせてた日本・・・
  事故の多かった炭鉱も同じだった・・・朝鮮部落民など・・・

  893が派遣してたので、北九州も、炭鉱跡地ごとに893事務所が残っている・・・


  なんだか、色々、隠しまくりなんだろうに・・・
  


77. 2014年10月19日 11:54:18 : i2Jyix8b6w
んっとね。
動画の奥に見える緑色の構造物が燃料を移動させるクレーンですよね。
その真ん中あたりに縦方向に丸い筒状に見える構造物の中に燃料集合体を引き込んで
炉心へ移動させる仕組みになってたと思います。
ってことは、燃料集合体のサイズでこの筒の半分程度だから、動画の解像度的に燃料棒の被覆管は映らないと思うんですが。。。
でもって、クレーンの下から湯気が上がっている。
どういう状態かは想像がつくってもんでしょ。
なんか、4号機の状況を悲観的に言ってる人たちって、使用済み燃料の破壊力を過小評価していない?
あそこの使用済み燃料が全部外に出たら今程度で済んでるわけないって。

78. 2014年10月19日 11:59:56 : KLUtDwBWpA
福島原発が次々と爆発していた時、残った東電の関係者は50人ほどだったという。吉田所長はもうこの世にいない。それ以外で今もずっと生きている人は全く出てこない。一人も出てこない。調書以外の証言もない。

爆発映像を見る限りすさまじい量の放射性物質が周囲に飛び散ったことが推定できる。そのときに至近距離にいて無事だったとはそれこそ考えにくい。


79. 2014年10月19日 12:17:19 : i2Jyix8b6w
私が副社長だったら、上の写真見ただけで気を失う。
事故当時、ECCSが動かないって聞いただけで血の気が引いたし。
えぐい映像ばかり見てるから私も含めて、みんな感覚がマヒしてませんか?
もう一度3.11前の自分に感覚を戻して、上の写真を見てみ?
(心臓の弱い方除く)

80. 2014年10月19日 15:52:06 : 7FIIoEnoGE
>i2Jyix8b6w

本当にそう。今の人は完全に麻痺しているよね。
あれが原発でなければただの事故で済むけど、あれで放射能が広がっていった。
私は福島のものを食べようと思う。宮城県民として同じ被災者の義務だと思うから。
でも原発再稼動だけは自分の良心に従って賛成することは出来ない。堂々と批判したい。
例え安倍シャブが私達に銃を向けて殺してきたとしても私は最後まで自分の意志を貫いて行動する。


81. 2014年10月19日 19:48:22 : AgumpIiQVY
金を貰って再稼動を容認しようとする地元民達よ。

今後、万一原発事故が起こっても税金や他の国民に助けを求めるな。

それこそ自己責任だし、想定内のことだから。

勿論汚染物質も自分達で処理するんだな。


82. 国本勝 2014年10月20日 03:41:48 : 5bSCIcezlZt6g : 5q99IHW0jc
              平成26年10月20日
千葉県富津市財政破綻の真実!!
元、現、国会議員各位803件、報道各位89件、関係各位817件に配信
    送信元、公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
全文はhttp://masaru-kunimoto.com/26-10-20sinnjitu.html に掲載。

安倍晋三総理大臣 殿 高市早苗総務大臣 殿 総務省 御中
佐久間清治市長 殿 富津選挙管理委員会 御中
千葉選挙管理委員会 御中 警察庁 御中

 富津市破綻に至る経緯は滅茶苦茶な無駄使いによるもので、佐久間市長選挙違反事件でも関係者に多額の報酬が支払われ、更にNHKも報道する等「単なる財政破綻ではないきな臭い状況」も見え隠れする。

ネットからの抜粋
Naoki Jibiki - 【富津市、破綻の試算】... - Facebook
   https://www.facebook.com/njibiki/posts/710848215636658
【悲報】千葉県富津市が財政難で破産秒読み それでも公務員の給料下げ ...    http://togetter.com/li/722233
千葉県富津市が2018年度に財政破たんの恐れ、佐久間市長「従来の ...
http://irorio.jp/agatasei/20140921/163020/
諸橋省明千葉県副知事指定廃棄物問題 県が最終処分場早期設置要望   http://www.chiba-tv.com/info/detail/2679
千葉県財政力ランキングで富津市7位
http://area-info.jpn.org/KS02002120006.html


                 1頁
当委員会千葉第2支部長H26.10.14調査の夕張市の破綻状況
回答者
夕張市総務課しさい氏 人口9584人 税収8億円 交付金100億円
「18年の破綻時350億円の債務で、今の富津市とは比較にならないとのコメントを戴きました。」  
  
当委員会HPから
佐久間清二千葉県富津市長の疑惑の選挙違反事件
http://masaru-kunimoto.com/13sakumasennkyoihan.html

上記の頁内の抜粋
平成24年9月24日     現在も堂々と続く選挙違反の現実
http://masaru-kunimoto.com/24-09-24tudukusenkyoihan.html
平成24年10月9日     警察も互助会が常識の選挙違反
http://masaru-kunimoto.com/24-10-09gojyokai.html
平成24年10月17日    無しの礫で逃げる選挙違反か! !
http://masaru-kunimoto.com/24-10-17nasinotubute.html
平成24年10月18日    都合悪いと回答拒否癖の議員達
http://masaru-kunimoto.com/24-10-18tugougawarui.html
    平成25年3月26日      朝日新聞記事
http://masaru-kunimoto.com/25-03-26asahikiji.html
平成25年4月18日      選挙違反疑惑! !
http://masaru-kunimoto.com/25-04-18giwaku.html


公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
自宅 電話/0470-77-1064   Fax/0470-77-1527
携帯/090-4737-1910
メール/masaru.k@ray.ocn.ne.jp  http://masaru-kunimoto.com/
                 2頁


83. 2014年10月20日 04:34:26 : w3M1BHSquE
デマ記事の見本という意味での晒し上げですか

84. アーモンドの芽生え 2014年10月20日 18:34:21 : n5biyl0bqying : PTeX1Bz4WM

 ちょっとだけ、使用済み燃料が逝っちゃって、

  住民票無しの派遣が、命と引き換えに、あと始末をさせられた・・・

    だから今は綺麗でしょう・・・
  
     健康診断したくとも、既に退職し、住民票がない方が200人ほど居まして、

       探しようが無いから、この人たちは諦めます・・・
                                東電公表記者会見

  全く異常無しも可笑しいし、全部いっちゃったも極端・・・

  少しだけ“やっちゃった”・・・、そして、893派遣の数百人に死んでもらった・・・

  結局は、トンネルも炭鉱も原発も、弱い立場の人間が捨てられて成り立ってきた〜〜〜

  〜〜〜ということを隠してるだけだぁ・・・

  検察・警察から32人も天下ってる東電、住民票無しでもすぐに探し出せるだろう・・・
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 これで、≪原発関連で1人も死んだ人が居ない≫====>高市くん・・・日本会義は、

     ≪地下に原発を造る会≫の“会長”だから、

   ★電力の【 裏 金 】を追求して〜日刊ゲンダイさんでもいい〜ドカドカ追い詰めるべし・・・

 ***********

 ▲福島原発、地下水をコントロールできず、台風で汚染が最高値に、国も東電もお手上げ
                                      (10/14 時事通信)
▲福島原発の地下水、過去最高濃度のセシウム25万ベクレル、汚染範囲が不明で東電も打つ手なし                                           (10/15 NHK)
▲新松戸中央公園で10万ベクレル超のセシウム、松戸市役所「除染対象ではない」(PLANET ROCK)

 松戸市の放射能対策課と公園緑地課では環境省のガイドラインに沿って、公園内では地表50センチ地
点での空間線量が0.23μSv/h以上ある場合は除染の対象になるので対応するということでした。

土壌1 北側門脇      690Bq/kg
土壌2 砂場        102Bq/kg
土壌3 すべり台下     439Bq/kg
土壌4 ゴミ箱横     1,620Bq/kg
土壌5 中央けやき下    165Bq/kg
土壌6 トイレ横1    101,000Bq/kg
土壌7 トイレ横2     93,400Bq/kg

http://planetrock2014.blogspot.jp/2014/10/planet-rock-no1.html

▲放射能汚染の関東平野、東京湾に放射性物質が集中、河口付近で1000ベクレル超のセシウム検出も
                                      (10/13 東京新聞)
東京湾奥の17地点で採取。土は乾燥させた後、独協医大のゲルマニウム半導体検出器で8時間かけて
放射性セシウムの濃度を測定した。水はろ過した後、12時間測定した。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014101390074434.html

************

====≫◆環境省の証拠満載◆≪====


 いわき沖 1.5kmほどのもの 環境省HP参照

  
  2014年   クロダイ  12000Bq/kg
  2013年 コモンカスベ  98000Bq/kg
    14年 コモンカスベ    590Bq/kg

  2013年 メバル・カサゴ・ソイ 1F湾内 430000Bq/kg
                        380000
  2014年                 193000

  その他、両生類〜食用カエルも数万Bq/kgだし、コケや海苔類も数万~数十万Bq/kg

 ★Csだけでこの調子・・・・、Csだけで・・・・

  なんだ、環境省でも、データ出してんジャン

  食べて死んでしまえ・・・・のレベルだろうに・・・

 ◆港湾内◆====>>荒波で何度もフェンスが破壊、修理の繰り返し===>>外に逃げる

      誰か食べて死んでるわぁ・・・

 山ほど証拠があるのに、
            誤魔化せないだろう・・・・
                         環境省、HPでばらしちゃってるし・・・
  いい仕事やってるじゃなん・・・

 農協や水産庁や魚協の、デタラメ測定は、全部、ウソジャン・・・・

 厚労省だけかと思ったら、環境省のHPは、かなり詳細に調べている・・・

 ★つまり、役所では、しっかり発表して知らせたんだから、

 ≫◆知りません、病気になりました◆≪・・・なんて、自己責任だから・・・勝手に死んでまえ!!!

 と言うことですね・・・
 
  311と一緒で、10年前に分かってたのに、知りませんじゃ、犬死や一生涯の不幸を背負う・・・
 


85. 2014年11月04日 23:53:12 : 11OvIn0cWg
原発で働いていた人の話によると、地震ですでにボロボロの4号機には1300の使用済み燃料が冷却されていて、もう一度大地震が来て建物が崩壊すれば、新たな臨界が起こるだろうとのこと
地震以外にもテロなんかで爆弾投下でもされれば、一発で日本終了だな


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧