★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 140.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
12月2日に放送された報道ステーション「原発大国フランス“核のゴミ”最終処分の現状」を見ての感想
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/140.html
投稿者 taked4700 日時 2013 年 12 月 03 日 22:52:58: 9XFNe/BiX575U
 

12月2日に放送された報道ステーション「原発大国フランス“核のゴミ”最終処分の現状」を見ての感想

 多分、一番重要なことは、フランスでは再処理を行っていて、日本で言うところの高レベル核廃棄物に当たるものがガラス固化体であるということだと思う。日本では、六ヶ所村の再処理工場が稼働できていないため、高レベル核廃棄物というと、アメリカと同じで、使用済み核燃料のことをイメージすると思う。つまり、再処理をしないで使用済み核燃料棒をそのまま処分するためには、ガラス固化体よりもずっと広大な処分場が必要になる。

 地元の反対派にインタビューしたシーンで、「こんなに進展が早いのは金の問題」というような発言が地元の方からあったが、これは、粘土層なので、岩盤を掘るよりずっと簡単で工事が早いという意味だと思う。当然、工事費もかからない。ドイツで岩塩層に処分場を造ったのも岩塩層で岩盤に比べたらずっと掘りやすかったからのはずだ。つまり、本音では両国も地下処分場を使うつもりはなく、単に真似事をやっているだけだということのはずだ。

 では、なぜ真似事をやっているか。それは自国内の原発廃炉が迫っているからだ。原発廃炉になれば、再処理をするにしろしないにしろ高レベル核廃棄物を地層処分しないと地上で保管するのはコストもかかるし危険でしかたないので嫌だという一般市民感情があるからだ。こうやってちゃんと処分場を確保することをやっているから、きちんと廃炉も進みますよと一般市民に言いたいからだ。

 2015年に建設申請、2019年に着工、2025年に操業開始と言うのはそれだけ原発廃炉が待ったなしだからだろう。しかし、この番組の後半でテクニカルセンターと言う見学施設で、横穴に高レベル核廃棄物が入った容器をセットする方法自体がまだ研究段階だと言っていたことから分かるように、とても2015年に建設申請ができる状況ではない。ビュールで地下研究所建設が始まったのがそもそも2000年であり、やっとある程度の施設が完成したというだけだ。

 なぜ、こんなに急いでいるかというと、どうも2000年ごろからアメリカやフランスを含めたヨーロッパで、地下から大音響が聞こえてきたり、建物が地震計で地震波が計測されないのにガタガタ揺れるという現象が観測されだしているからだと思う。一般市民やある程度の専門家、そして、電力会社の関係者が地震が来ると感じていて、早く廃炉にしたいという気持ちが強まりつつあるはずだ。

 ドイツで、ゴアレーベンだったか、低レベルの核廃棄物を一度埋設したのに地下水汚染があるからということでもう一度掘り出すことをやっている。これは、主に一般市民レベルでフランスのビュール村での処分場から地下水汚染が起こることを心配する声が出ていて、それなら、ドイツ国内で低レベル処分の地層処分を止めて、フランスにも地層処分を止めさせようという意味なのだと思う。

 多分、官庁か広告を出している企業の意向なのだろうが、ネット討論会での発言として「放射性物質は遅かれ早かれ自然のものに戻るので地下に埋めておけばいいと思った」というような発言が紹介されている。これ、しかし、巧妙な世論コントロールだ。高レベル核廃棄物はほぼ例外なく放射能だけではなく重金属毒性があり、重金属毒性は永遠に消えないからだ。自然のものに戻っても重金属毒性は残る。

 地下水の問題があるのは、例えば現在でもヒ素の問題があって地下水利用ができないことがあるのと同じで、地下のある程度狭い地域へ重金属毒性のあるものを何万トン、何十万トンもまとめて埋設すれば、その付近一帯が地下水使用ができなくなり、しかもそれが何万年か経過して非常に広い地域へ影響を及ぼす可能性が強いからだ。

 日本の地下へ埋める計画があるはずだと自分は以前主張していたが、この1年程度で、日本の地下へ埋めることは不可能であり、かなり前に日本の地下へ埋設しようという計画は放棄されたのではと感じている。そして、この番組を見てやはりそうだと思いなおした。なぜなら、地下へ埋設するという技術開発がほとんどされていないからだ。日本に埋設するにしてもしないにしても、本気で地下へ埋設をするという
計画があるのであれば、もう少し技術開発がされているのではないかと思う。

 ところで、地下へ埋設しないのであれば乾式キャスクでの保管しか多分やりようはない。今のところキャスクの耐用年数は50年程度でこのぐらいの期間ごとにキャスクの詰め替えが必要になる。しかし、キャスクは詰め替えればいいにしても、高レベル核廃棄物自体の容器が痛み出すはずで、地上保管も困難であることに変わりはない。更に、10万年後にほとんど放射能が無くなったとしても重金属毒性があることに変わりはなく、永遠に管理が必要になる。

 その意味で、原発が核廃棄物を生み出してしまっていて、原発のおかげで我々の手におえないものを背負わされてしまっているというのは事実だが、なぜそんなことになっているかと言えば、もともとは原子爆弾を使って軍事的に優位を保ちたいという勢力がいるからだ。もともと、原爆がなければ原発も存在しえなった。

 番組の最後に、「金の問題で解決しようとするのは間違っている」というようなことがを言われたが、少し注意が必要だと思う。「迷惑施設を金を払って誰かに押し付けるのはよくない」というレベルの話では本来ないからだ。放射性廃棄物、そして、重金属毒性の問題は自分たちの世代どころか、何百世代、何万世代の後も永遠に残る。また、現実問題として、日本では数十年もかからずにそう言った施設が放射能漏れを起こしてずっと広い地域へ環境汚染をもたらす可能性が強いからだ。ある一定の地域が豊かかどうかとか人口が多いかどうかという問題ではなくて、いかにその場所が安全な保管場所になり得るかどうかで判断するべき問題だ。そして、その意味で言えば、国会議事堂の横あたりは最もふさわしい場所の一つだと思う。

2013年12月03日22時35分 武田信弘 ジオログのカウンターの値:39699  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月04日 02:01:11 : qy3Wr4hVQR
おまえの感想なんて糞くらえである

納豆菌の恐怖でも煽っていろ

[12削除理由]:言葉使い

02. 2013年12月04日 03:57:43 : BDDFeQHT6I
固体化しようが液体化しようが危険に変わりは無い、自然に存在しない危険物を作り続けて処分する方法が無いことが問題でこんなことが何時までも続けれれるなんて思う奴は気違いだ。

03. 2013年12月04日 11:27:14 : ZKZMyd2QJA
-------ドイツで岩塩層に処分場を造ったのも岩塩層で岩盤に比べたらずっと掘りやすかったからのはずだ。

感想だからって勝手なこと書いていいわけではない。いくつもおかしな点はあるが、
ひとつあげてみた。岩塩層はそれがあるということは、地下水の浸入がなかったと考え
られる、また仮に地下水の浸入があっても自己修復機能が働くというのが公式の理由の第一だ。

いや違うとして、自分の感想を書くならそのことをすくなくとも言わなくてはね。


04. taked4700 2013年12月04日 12:21:44 : 9XFNe/BiX575U : 3TfXhgpbqg
>>03

>岩塩層はそれがあるということは、地下水の浸入がなかったと考えられる、また仮に地下水の浸入があっても自己修復機能が働くというのが公式の理由の第一だ。

コメントありがとうございます。自己修復機能が働くというのがどういうことを意味しているのか、自分もあいまいではありますが、ある程度イメージできます。現実に岩塩層があり、また地下水漏れも確認されているのですから、その両立ができている仕掛けとしてはそういったものがあるはずだということになると思います。

実を言うと、自分も上の文章を書いたときに「岩塩層はそれがあるということは、地下水の浸入がなかった」という意味であり、それなりに地層処分場をつくるという理由になっていたはずだという感覚はあったのです。ただ、どうも裏があるような感覚があり、それを一つ一つ検証するというか、それをやっているのが大変だという感じがしてしまい、その部分をはしょってしまいました。

多分という言葉をここで使うのはあまりよくないとは感じていますが、そうとしか言えませんので、やはり使わせていただこうと思います。多分、地殻変動は万年単位で見ると地球上のどこでも起こっていて、ヨーロッパの岩塩層もそういったものが出来た当時は安定していたのでしょうが、結局、いつかは地下水によるかどうかは別にして、大規模に地殻変動する状態になっていくのではないでしょうか。

高レベル核廃棄物の問題は、二つの意味で難しいのだと思います。

一つはプルトニウムなどの自然状態ではほとんど発生しない放射性物質の問題です。こういった人工的な放射性物質があるため、それらが生物にどんな影響があるか分からず、どこかに閉じ込めるしかないという結論になっているのだと思います。

もう一つは量の問題で、ウランにしてもその他の放射性物質にしても、そして重金属としての存在の核廃棄物にしても、かなりの量があるため、それをまとまって地層処分すると、未来のいつかの時点で地下水汚染がかなり大規模に始まってしまうという予測ができることです。

ウランを採掘する前の状態に戻して、広い地域へ地層処分することでなんとかなる考えるわけには、新たに発生しているプルトニウムなどの危険性があるため、行かないはずであり、この点が、核廃棄物のどうにもしょうがない点だと思います。


05. taked4700 2013年12月05日 07:31:17 : 9XFNe/BiX575U : hgXh4UvRF6
念のために書いておきますが、

>ドイツで岩塩層に処分場を造ったのも岩塩層で岩盤に比べたらずっと掘りやすかったからのはずだ。つまり、本音では両国も地下処分場を使うつもりはなく、単に真似事をやっているだけだということのはずだ。

と書いたのは、現実にドイツもゴアレーベンなどの岩塩層での処分を止めているからです。いつから地下水問題が出てきたか分かりませんでしたから、細かい検証をすることが出来ていませんが、現実問題として、ドイツは岩塩層への処分を中止しています。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧