★阿修羅♪ > 経世済民80 > 614.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ゴールドマン・サックス証券(GS)は保有する中国商工銀行株のすべてを売却し中国市場から撤退した。共産党一党独裁政権の倒壊
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/614.html
投稿者 TORA 日時 2013 年 6 月 26 日 10:34:24: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu290.html
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
ゴールドマン・サックス証券(GS)は保有する中国商工銀行株のすべてを売却し
中国市場から撤退した。共産党一党独裁政権の倒壊を想定した動きなのか?

2013年6月26日 水曜日

◆世界は今、中国経済の崩壊を想定して動き始めた。迫り来る中国の政治的・経済的・社会的混乱への備えは大丈夫か? 6月25日 じじ放談
http://blog.livedoor.jp/gold_7777/

先般、ユダヤ系金融資本の雄ゴールドマン・サックス証券(GS)は保有する中国商工銀行株のすべてを売却し中国市場から撤退した。不動産バブルの崩壊に始まる中国経済の崩壊→中国大乱→共産党一党独裁政権の倒壊を想定した動きなのか?

中国共産党中央胡錦濤・温家宝指導部は中国が不治の悪性腫瘍に犯されていることを認識しながら、摘出手術等抜本的対策を講じる勇気がなく、痛み止め緩和の対症療法(和諧社会の実現)に終始してきた。無為無策の政治を10年間続けた。結果、中国経済は悪性腫瘍が全身に転移し手のつけられない惨状に至った。

6月24日、上海株式市場(総合)は前日比−5.3%、ついに2000の大台を割り込み1963(前日比−109)に急落。バブル最盛期の3分の1だ。中国の不動産バブルは5年前のリーマンショック以降、崩壊コースを辿っていたが、不良債権の表面化→金融危機→経済恐慌を回避すべく胡錦濤・温家宝指導部は60兆円を超える大規模な財政出動によって不動産バブルの崩壊を防ぎ、バブル崩壊の時期を先送りした。胡錦濤・温家宝はその荷物を後継者の習近平と李克強に背負わせて逃げることができた。

筆者は数年前から繰り返し「中国経済の崩壊→失業者の急増→中国大乱→共産党一党独裁政権の崩壊」を指摘してきた。共産党中央が繰り出す弥縫策(危機回避策)によって死亡宣告時期は若干延期となったが、中国経済の容態はますます悪化した。

第1 地方政府の抱える返済不能の借金が表面化する日は近い

(以下1−6は、6月24日付け大紀元日本「包頭市新投資計画、融資金利20%以上、中国版サブプライムローン危機の縮図」より抜粋。括弧内は筆者)

1.中国モンゴル自治区の包頭市政府は14日、同市東河区の北梁エリアを対象に、建設期間3年、総投資額200億元(約3200億円)の住宅整備計画を発表した。当日開催された記者会見において、同市の高志勇副市長は、総投資額200億元のうち、土地徴収(接収)補償費に充てるのは33億元(約528億円)、建設資金は約77億元(約1232億円)、市政インフラ整備建設が48.5億元(約776億円)、融資利息の支払いに41.5億元(約664億円)を充てると発言した。言い換えれば、今回の包頭市の投資計画の融資金利(年率)は20%以上だ。

(5・6年前から、地方政府は農民の耕作地(国有)を低廉な価格で接収し、住宅や工場用地を造成し転売することで莫大な利益を上げてきた。耕作地を奪われた農民は増えるばかりで、暴動や抗議デモは年間約20万件。地方政府の官僚共は土地転がしで稼いだ莫大な資金を山分けし、又は逼迫する地方政府の運営資金に充当してきた。今や、土地転がしと住宅建設は地方政府にとって唯一の収入源といってよく、地方政府の存続を図る上で必要不可欠な事業になった。)

(内モンゴル自治区包頭市という無名の小都市(地方政府)が計画した住宅整備計画(3年間)の総投資額が3200億円という規模の大きさにもびっくりだが、建設した住宅が高値で売却できると信じているのであろうか?さらに、売却できない住宅が増えたならば、借金や利息の支払いにも窮するであろうが、その場合は党中央に徳政令でも出してもらうつもりなのか?それとも、地方政府を倒産させて借金を踏み倒すつもりなのか?包頭市のケースは氷山の一角であって、中国全土の地方政府が大同小異のやり方で食っている)

(融資金利が年率20%というのは、党中央の金融引締めが強化され資金繰りが窮屈になったこと又は地方政府の杜撰な事業計画には融資してくれる健全な金融機関は皆無で、地下銀行が提示する高金利の融資に依存せざるを得ないということだろう。)

2.高副市長は資金調達ルートについて、「(市の)財政から一部を出し、残りは銀行から借入れ、企業からの立替、社会からの寄付、住民からも出してもらい、さらに上級(中央政府)からも一部出してもらう」と説明した。融資の返済方法や時期などの詳細については全く触れなかった。

(「銀行からの借入れ」が国有銀行なのか、それとも地下銀行なのかは不明であるが、いずれにせよ「金を貸してくれる金融機関・団体・個人から借金する」ということなのだ。仮に、地方政府が返済不能に陥ったとき、その被害は地下銀行だけでなく、一般庶民の生活を直撃する。我が国のバブル崩壊は金融機関や住専の多くを廃業に追い込んだが、中国のバブル崩壊では一般庶民を巻き込んだ社会不安に直結する可能性が高い)

3.今年2月以降、包頭市のように経済成長を保ち、自ら(地方政府官僚)の昇進のために業績を残す目的で、中国各地の地方政府は相次いで新たな大規模投資計画を発表しており、その総規模は20兆元(約320兆円)にも上り、2008年(リーマンショック時)中央政府が主導した4兆元経済刺激計画よりもはるかに大きい。

(古来、中国歴代王朝では「中央に政策あれば、地方に対策あり」と言われ、地方政府が中央政府の命令を無視又は形骸化する風習があったというが、共産党王朝でも同じ)

4.6月13日、国家審計署がまとめた報告書によると、2012年末までに、国内36の地方政府が返済義務を持つ債務残高は約4兆元(約64兆円)に達しており、そのうち10の地方政府の負債率は国際警戒ラインである100%を超えていると警告した。

(1年6か月前の段階(2012年末)で、債務残高が約64兆円で、不動産バブルが崩壊すれば、地方政府の借金は不良債権となる。国有銀行や地下銀行の不良債権が表面化し、債権回収が強化されることで倒産が続出、暴動も多発する)

5.元財務省省長の項懐誠氏は4月6日に開催されたボアオ・アジア・フォーラムにおいて、地方政府の負債の透明度が低く、正確な地方政府の(負債)総額は不明だが、20兆元(約320兆円)を超えたとの推測を述べた。政府当局が公表した4兆元の5倍だ。

(中国政府が公表する統計が信用できないことは、党中央政治局常務委員李克強首相・序列第2位が指摘しているから間違いない。先日、香港との輸出額を重複して計上する操作が行われていたことが発覚したが氷山の一角だろう。地方政府の商慣行とみなしてよい)

6.土地収入に過剰に依存する地方政府の経済発展モデルは持続不可能だ。中国の住宅および土地価格が一旦急落すれば、莫大な負債を持つ地方政府が相次いで財政破綻に陥り債務不履行になることで中国経済が崩壊し、社会が不安定となり、その連鎖反応で世界経済にリーマン・ショック以上の恐ろしいダメージを与えるに違いない。(翻訳編集・超哲)(後略)


(私のコメント)


バブルは早く潰した方がいいのか、できる限り先送りした方がいいのか、その答を見るには今現在の日本と、中国やアメリカの状況を見ていかないと分からない。80年代の日本は高度成長からバブルへと進み始めていましたが、NHKを始めとするテレビがバブルを潰せと言う大キャンペーンを始めて、三重の日銀総裁はバブル退治を始めて、平成の鬼平と言われた。

物価は落ち着いているのに株と土地の値上がりだけが目立ってはいましたが、バブルはもう少し続くと誰もが思っていた。今中国で起きている事と当時の日本の状況がダブって見えますが、ただの農地を宅地に変えて住宅やマンションを建てて売れば短期間で大儲けが出来た。

宅地に転用できないような山間部ならゴルフ場に転用して会員権を売りさばけば、値上がりが確実な財テク商品としてゴルフ会員権が売買されていた。もちろんこのような事は好ましい事ではなくいつまでも続くような事でもない。しかし銀行が宅地開発やゴルフ場建設などにジャンジャン金を貸していたから、大蔵省は総量規制に乗り出した。

今中国で起きている事は、地方政府が農民から農地を取り上げて宅地に転用してビルやマンションを建設している事だ。その為のインフラの整備などにも景気対策の名の元に公共事業が行なわれて来た。中国は日本がしてきたことを繰り返していますが、それはヨーロッパやアメリカでも同じような事が起きていた。要するに住宅ローンバブルであり日本も中国も欧米も根本は同じだ。

このようにして過剰な債務が積み上がれば、膨張する信用を押さえる政策をとらざるを得なくなる。公的資金で銀行を救済すればバブル崩壊は先送りできますが、銀行はブレーキが利かずに融資を拡大し続けて巨額な利益を上げていくことを止める事はできない。アメリカのFRBのバーナンキ議長も大規模な金融緩和と、紙切れとなった不動産担保証券を買い上げて銀行を救済した。

中国も中央銀行が膨らみ続ける信用債権を警戒して引き締めに転じましたが、銀行の信用不安が起きてインターバンクで二桁金利になってしまった。慌てて中央銀行は資金を供給していますが、そうすれば銀行は融資先の焦げ付きを回避する為に追い貸しを続ける。これを止めさせるにはダメな銀行を見せしめに潰す事をしなければ止まらない。アメリカのリーマンも見せしめで潰された。

そうすれば貸し渋りや貸しはがしが起きて倒産や焦げ付きが大量に発生する。アメリカのバーナンキ議長も金融の引き締めを示唆しましたが、アメリカの金融機関も喉元すぎればなんとやらで、危険な新興国への融資を続けた。ゴールドマンサックスなどは金融政策の転換を先取りして中国商業銀行の株式を全て売却して中国から撤退を始めた。

私はバブル当時は銀行員をしていましたが、銀行の支店長に「不動産や建設業への大口融資は危険だ」と意見具申したことがありましたが、銀行の支店長にバブル崩壊が来る事など分かるはずも無く、私の勤めていた銀行は吸収合併されて今は無い。異常な時代に正論をいくら言っても理解する人は少なく、ダメな銀行を救済すれば不良政権を膨らませていくだけだ。

中国やメリカやヨーロッパで、はたしてダメな銀行を潰していくだけの覚悟があるのだろうか? アメリカもリーマンは潰したが他の投資銀行は生き残らせてしまった。生き残らせて金を回せば元投資銀行は同じ事を続けるだろう。ゴールドマンなどの先の読める元投資銀行は中国から資金を回収していますが、邦銀はいまだに中国投資を続けている。バブルの頃の日本の銀行経営陣と大して変わっていないようだ。

問題は中国がバブル崩壊すれば日本も巻き添えを食らう。その為には早めに中国から手を引くことですが、もうこれ以上金をばら撒いてもバブル崩壊の先送りは無理になって来ている。地方政府による住宅開発やビル建設は廃墟のまま放置されている。中国のGDPにはこのような無駄の投資が含まれている。これを止めさせるにはダメな銀行はつぶし地方政府に無駄な投資を止めさせなければならない。しかしそうすれば社会の不満が爆発して中国共産党政府は吹き飛ぶ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月26日 11:35:11 : KO4C9oEhYU
日本もアメリカ国債をサッサと売ってアメリカから撤退しよう。

02. 2013年6月26日 11:36:12 : nJF6kGWndY

>アメリカの金融機関も喉元すぎればなんとやらで、危険な新興国への融資を続けた

リスクテイクとは、そういうものだからな

対策はBISのような規制を厳しくし、潰すべきものは潰すしかないだろう

規制が厳し過ぎれば資本主義の成長のダイナミズムを破壊することにもなるが

結局、その国の国民が決め、過剰規制と保護で日本のような低成長も、キプロスやギリシャのようにバブル崩壊の痛みも引き受けるのが妥当なのだろう


03. 2013年6月26日 11:43:18 : FRmkrBBzaE
アメリカの住宅バブルは、住宅そのものは健全な資産で、それほどひどいバブルではなかった。ところが中国は違う。実体のないバブルが崩壊すれば、回復の芽はなかなか芽生えない。中国経済はアメリカやユーロより厳しい深刻な問題をはらんでいる。

04. 2013年6月26日 12:47:24 : QK7tuUy4Fc
中国で演じられている滅茶苦茶な延命策のバブル経済は、アメリカの詐欺的なサブプライム景気の物真似だが、それを手本に国債の大造刷りりによるアベノミクスで、国民を騙している安倍政治にほかならない。どこの国民も金儲けに熱中することで、権力支配者の餌食になって最後には地獄行きになる。

05. 2013年6月26日 13:06:42 : kFSBHHnrzo

 いっぷく
取り合えず見て知るだけでも、思考は他人まかせで。
2010〜アメリカ地銀倒産は今年に入って50行、昨年は140行、
倒産の危機に晒されている銀行は、全米で2000行、
地銀倒産のニュースは公表されないことに? 2013年〜は?
FDIC Failed Bank List アメリカ地銀倒産
http://www.fdic.gov/bank/individual/failed/banklist.html
世界の銀行総資産 世界ランキング表TOP25(2009)図あり
http://www.asyura2.com/09/hasan66/msg/653.html
 検索→ Deficit banks
 検索→ Net loss banks
 検索→ failed banks       ・画像 Proxy on off ?
 検索→ problem banks
 検索→ failed bank list
 検索→ Deficit ○○
 検索→ Net loss ○○       ・+○○
 検索→ diagram bank
 検索→ Correlation bank
 検索→ 中国 借金 相関図
 検索→ 中国 銀行 相関図
 検索→ 中国の銀行 広瀬隆
 検索→ 世界の銀行 系列 広瀬隆
 検索→ 銀行 オルタナティブ通信
 検索→ 中国の銀行 オルタナティブ通信
 検索→ 世界の銀行 オルタナティブ通信
>中国のこんなのはないかな
ヨーロッパの借金の相関図(2009-12-31)(矢印が「返したい額」)
Europe's Web of Debt - Graphic - NYTimes.com
http://www.nytimes.com/interactive/2010/05/02/weekinreview/02marsh.html
大画面(和訳付き、矢印の方向が「返さなければならない額」です)
http://2.bp.blogspot.com/_APxtmf77Bzc/S_DCSq4l_8I/AAAAAAAAADY/CASiys2rUto/s1600/1273343838039.png

ネタ拾えたら、皆さんの苦労の産物の相関図を
ネットサーフィンの遊び心で、のんびりと・・・
借金相関図     負債相関図    政界相関図
銀行相関図     闇金相関図    サラ金相関図
資金洗浄相関図  外資相関図    証券世界相関図
探偵業相関図   ヤクザ相関図   ヤクザ企業相関図
業界相関図     賄賂相関図    裏金相関図
株証券相関図    裏取引相関図  企業総会屋相関図
闇資金相関図    献金相関図    脱税相関図
抜け道相関図    法律相関図    法律矛盾相関図
裁判相関図     裁判官相関図   因果相関図
省庁裏相関図   省庁裏金相関図  政治資金相関図

CIA相関図    FBI相関図   KGB相関図  北朝鮮相関図
邪悪な相関図   米国政界相関図   陰謀相関図
権力相関図    権力癒着相関図   世界国家相関図
政界癒着相関図  国家相関図     裏表相関図
宗教献金相関図  宗教政治相関図  アングラ経済相関図
世界相関図     米国歴史相関図  軍事産業相関図
海運世界相関図  世界核兵器相関図   謀略相関図
全核保有国の爆弾入手ルート相関図
http://www.gizmodo.jp/2008/12/post_4805.html
http://img.gizmodo.jp/img/post_4793/%60081209nuke.graphic.1200.jpg
「情報中毒」と「好奇心のパラドックス」「ドーパミン神経系は飽きを知らない」
http://wiredvision.jp/news/201011/2010113023.html
心の便秘は言葉の下痢
「バーブラ効果」でウィキリークス増殖、専門家 (AFP)
http://www.asyura2.com/10/warb6/msg/785.html
ネット上の検閲は検閲者の意図とは正反対の効果をもたらす。検閲すれば
コピー拡散増殖、バーブラ効果検閲しようとすればコピーされて拡散するのさ。



06. 2013年6月26日 13:16:31 : KO4C9oEhYU
>03
リーマンショックはどうして起こったのでしょうか。

07. 2013年6月26日 13:59:17 : FRmkrBBzaE
>06
経済の成長率のトレンドからみて、3割近く住宅価格が下落することは誰でも予測できたはずだが、住宅価格の上昇を当て込んで論理と正反対に信用を膨らませたFRBを頂点とする金融機関の学問が足りなかったのだ。


08. 2013年6月26日 14:05:39 : yy7D5jhcis
80年代の日本は高度成長からバブルへと進み始めていましたが、NHKを始めとするテレビがバブルを潰せと言う大キャンペーンを始めて、三重の日銀総裁はバブル退治を始めて、平成の鬼平と言われた。

-----------
こういう曖昧なことを言ってはいけない。「平成の鬼兵」の前に同じ日銀(澄田)が窓口指導で市中銀行に過剰な流動性を押しつけて無理矢理、力尽くでバブルを膨らませたのだ。(選挙で選ばれたわけでもないのに大蔵大臣以上に経済に影響を与及ぼす)世界中の中央銀行総裁が同じ事をやってるのだ。それは連中の背後にいる勢力にとって、バブルの膨張と破裂は、戦争と同じくらいに儲かる商売だからだ。

勘違いしてはだめだ。バブルも戦争も人間の本性なのではなく、誰かが無理矢理、あらゆる手段を駆使して画策するから起こる悲劇なのだ。


09. 2013年6月26日 14:41:32 : e9xeV93vFQ

>>06

サブプライム債混合による債務構造の不透明化

そして金融機関の信用リスクの世界的な分散による危機のグローバル化

 

もし単純な債務構造なら整理は比較的短期間で済み、あれほどの世界的な金融危機にはならなかったろう

日本のバブル崩壊も規模としては大きかったが、世界経済にとって遥かに影響は小さくローカルの問題で終わった



10. 2013年6月26日 20:16:31 : KO4C9oEhYU
>09
結局アメリカの騙し金融という事ですね。それはそうですね、AAAを付けて売った物が紙切れになるのですから。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民80掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧