★阿修羅♪ > 経世済民84 > 700.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
実例集 こんなに恐ろしい定年ビンボー 退職金なんてあっという間になくなる 離婚は最悪の選択 (週刊現代) 
http://www.asyura2.com/13/hasan84/msg/700.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 12 月 31 日 09:08:00: igsppGRN/E9PQ
 

実例集 こんなに恐ろしい定年ビンボー 退職金なんてあっという間になくなる 離婚は最悪の選択
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37196
2013年12月31日(火) 週刊現代 :現代ビジネス


第1部 貯金がどんどんなくなる――これが現実です
あ然こんなにカネがかかるなんて!

上司から叱られ、部下から陰口を叩かれるのもあと数年。バラ色の余生を謳歌しよう―そうは問屋が卸さない。あなたの軍資金はすぐに尽き果ててしまう。悲哀に満ちた「定年ビンボー」物語。

■想定外の出費はこんなにある

「こんな定年生活を送るはずじゃなかったのに……」

河田宗助さん(72歳、仮名、以下同)が天を仰ぐ。大手私鉄会社に勤めた後、退職金の大半を費やし自宅を改築した彼は、すでに貯蓄していた1200万円弱を銀行員に勧められるまま、投資信託へつぎ込んだ。

「配当金を期待しての投資でしたが、全然儲かりませんでした。結局、銀行の手数料稼ぎに利用されただけなんですよ。頭に来て1年で解約したので、百数十万円の損失が出ました」

退職直後こそ失敗したとはいえ、企業年金と公的年金を合わせて月二十数万円の年金も支払われ、同い年の妻との生活に限れば、さほど不自由はないはずだったのだが―。

「5年前、音信不通だったひとり息子がアジア人女性と赤ん坊をひき連れて、わが家に転がり込んできたんです。息子は学生の頃から役者になると定職につかず、『インドへ映画の撮影に行く』などと言っては、私のいない隙に妻から小遣いをむしりとっていました。転がり込んだときも無職同然で、いまだに家でゴロゴロ。息子はもう50歳ですよ!年金だけで家族5人が生活していますが、中の上くらいだった生活が一転、下の中になりました」

それからは、会費が1万円かかるからと同窓会や会社のOB会を欠席し、最低3000円はかかるからと地域の会合などにも出なくなった。会社の後輩と会ったときも、最初のうちはたまたま持ち合わせがないとごまかしていたが、最近では体調が悪いとウソをつき、人付き合いそのものを避けるようになったという。

「昔から鮮魚に目がなく、『寿司はカウンターで食うもの』と偉ぶってきた私の御馳走は、月1回、孫と食べる回転寿司。夕食の缶ビールは5年前から1本に減らされ、680円の刺身盛り合わせパックに入っている12切れを、4切れずつ小皿に分け、3日かけて食べる毎日です……」

一方、月の年金16万円と預貯金を頼りに、トップセールスを誇った住宅販売会社を昨年退職した倉吉貞広さん(61歳)も、定年生活を悠々自適に過ごしたい想いを叶えられなかった。

「想定外だったのは、4歳年下の妻から、『あなたが家にいるのがすごくストレス。せめて日に5時間だけは外に出てほしい』と懇願されたことです。

私がやむなく向かった先は、パチンコ店。通い出して4ヵ月後にドル箱を15箱積み上げる大当たりを出しました。その快感が忘れられず、気づいたときには、妻に内緒のへそくり350万円を全部スったんです。

損失を取り戻そうと、なけなしの生活費を競馬につぎ込んでボロ負け。それでも、ギャンブルから足を洗えず、年金が手に入ると、止める妻を払いのけて、パチンコ店に通いました」

家庭内に居場所がなく、外に出たいがためについ始めたパチンコなのに、依存症になってしまう人もいる。倉吉さんは食費を切り詰め、キャベツとそうめんばかりの生活が2週間も続いた頃に、体調不良で1週間入院した。夫の行状に呆れ果てた妻は実家に帰ったという。

「妻や子供たちから軽蔑の目で見られたら、今度は悲しくなってきて、朝から焼酎をがぶ飲みし、アルコール依存症に近づいています。読者の皆さんにはそうなってほしくないから、恥を忍んで今回のインタビューに応じました」

総務省の調査によると、定年後の夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)の実収入は月約22万2000円、支出は26万5000円('11年)。一方、大卒の定年退職者は勤続35年以上で2335万円の退職金をもらう('08年、厚労省調べ)。これに定年前の貯金や定年後の公的年金を加えれば、サラリーマンの多くは、ひとまず安定した老後を送れると思っているはずだ。

しかし、ここで見ているように、定年後に思いがけぬビンボー生活を強いられている人たちが増えていることも現実である。家計の見直し相談センター代表の藤川太氏が解説する。

「本来なら定年後の投資は失敗が許されず、収入も低くなるのに金融機関の言うままに、退職金をそっくり運用にまわす人たちがいます。中には退職金の半分近くも失ってしまうケースもありました。また自分の子供や孫に大金をはたく人が多いのは、彼らに振り向いてほしかったり、他のことに使うより納得度が高いからでしょう。孫の大学の学費に4年で600万円も払う人、子供に仕送りするために70歳すぎても働く人すらいます。

住宅ローンがまだ何千万も残っているなど、私の見たところ、退職者の2~3割は経済的問題を抱えています。定年後、破産状態になる人も少なくありません」

実際に「定年ビンボー」に苦しむ人たちの理由は様々である。彼らの告白に耳を傾けてみよう。

■通院費がバカにならない

■娘にカネを費やし、デパ地下で試食品を食べる毎日(70歳・元運輸会社)

定年時の貯蓄額は約3000万円あったのに、現在ほとんどないのは娘にカネをかけすぎたからです。演劇に熱中する長女には、東京での家賃10万円と生活費を出しました。大学卒業後も定職につかず、『東京で就職活動がしたい』という次女には、交通費や宿泊費を出し続けました。

なのに娘たちは『今月も5万しか稼げなかったから助けて』と、いまだに小遣いをせびります。60歳過ぎてはじめてパートに出た妻は、『この年で働くなんて』とグチってばかりで、料理に手をかけてくれません。情けない話なのですが、デパ地下の試食品めぐりをしています。店内を何周も回り、いろんなものを食べて家に帰るんです。これならおカネを節約し、有り余る時間もつぶせますから。

■夢の田舎暮らしだったが、通院費と獣害でアウト(62歳・元食品加工会社)

定年後の夢だった田舎暮らしを実践するため、退職金2100万円から1500万円を使って、房総半島のとある町に一戸建て付き320坪の土地を購入しました。年金は月23万円ほどあり、57歳の妻とふたりで暮らすには、何の不自由もないと思ったのが大間違いでした。

私たちが移り住んだ地域は集落の身内意識が強く、我々新参者は相手にしてもらえないどころか無視までされてしまいます。おかげで妻は移住3ヵ月で鬱病を発症し、治療費と通院に使う車のガソリン代が月7万円もかかりました。田舎なので、近所に病院がないんですよ。

完全自給を目指していた家庭菜園でしたが、耕耘機や草刈り機などに20万以上費やしたのに、収穫間際の野菜がタヌキやハクビシンに食べられてしまい、さすがに意気消沈しました。

大学生の娘の留学費用もあり、家計は苦しくなる一方。夫婦の楽しみは図書館で本を読むことくらいです。

■退職金で買った新居で、「草むしりのプロ」を自称(64歳・元損保会社)

60歳で定年を迎えたとき、法人部門の部長を務めていました。継続雇用制度で会社にとどまったものの、書類のチェックなど若いOLのような仕事にとても耐えられず、たった2年でやめました。退職金約3000万円のほとんどをつぎこみ、田舎に新居を購入し、あとは年金で生活費をやりくりしています。

しかし引っ越したばかりなので近所付き合いもなく、好きな麻雀やゴルフもする相手がいない。することがないのがこんなに辛いとは思いませんでした。あるとき「料理はすべて自分がやる」と妻に宣言したものの、フライパンの油に火が入り、危うく火事になりかけ、「料理はもうしないで!」と厳命されました。

仕方なく、庭の草むしりに精を出す毎日です。最近、昔の友達に「草むしりのプロ」を自称しています。

■妻が新興宗教にカネをつぎこみ始めて……(65歳・元地方公務員)

妻が新興宗教にハマってから運命が変わりました。教祖に言われるままに、貯金1500万円全額を寄付していたんです。

住まいは父母の残してくれた分譲マンション。子供たちも独立し、退職金と月25万円の年金で十分にやりくりしていけるはずだったのに、年金や退職金、生活費までも勝手に渡していたんです。公務員時代、家にいなくて妻に寂しい思いをさせたから、宗教にハマったのでしょうか?

服はバザーで手に入れたお古ばかりで、食事はスーパーの売れ残りにパンの耳。最近は、友人に「ひとりあたり米2sを、海外の飢えた人に贈る運動をしている」と嘘をつき、分けてもらったおコメを食べています。人間、おカネはなかなか出してくれませんが、おコメはくれるんです。

■仕事をしたくても、再就職先が見つからない(60歳・元コンサル会社)

会社では営業部長でしたが、事業縮小に伴い定年前に会社都合退職しました。ところが、自己都合扱いにされたため、手にした退職金は600万円。しかも、退職直後に妻から離婚を切り出され、その半分が解決金として消えました。

肝心の再就職活動ですが、100社以上アプローチして、面接まで到ったのがたった2社です。ヤケクソだったんでしょう、その合間に昼酒やキャバクラに走った結果、4ヵ月で預金残高は20万円になりました。消費者金融4社から100万円を借り入れて追加融資が受けられなくなり、現在は転職活動と並行して、生活保護を申請中です。

■フランチャイズの経営に失敗して預金が半分に(64歳・元スーパー店員)

まだ枯れたくはなかったので、退職後にファストフードのフランチャイズ経営を始めたんです。出店費用は約2000万円。これで退職金はほぼ消えましたが、最初の1年は妻と二人の生活費用くらいは稼げました。

ところがその後、近所に競合店が次々とできて、売り上げがどんどんダウン。1年半で400万円の赤字となり、3年後に店を閉めたときには800万円あった預金が半分になりました。

ハローワークに通いましたが、仕事は見つからず、時給800円のアルバイトをし、今の収入は月に3万8400円です。妻のバイト代10万円と合わせても15万円弱です。年金はもらえますが、それでも、仕事を続けなければ暮らしていけません。

■ものすごい恥をかく

―前出の藤川氏によると、退職後の生活が破綻してしまう人の中には、定年を迎えても「俺はまだまだ働けるし、仕事口も見つかる」と思い込んでいる人が少なからずいるという。

全国紙の辣腕記者だった森川良治氏(63歳)も、そうしたプライドの高さ≠ェ老後の人生設計を大きく狂わせたひとりである。

「私の年収は最終的に1000万円ほどでしたが、60歳で定年になったとき、手元に残った貯金は1000万円にも満たなかったんです。しかも、住宅ローンは70歳まで残っています。

なぜかといえば、普段の暮らしぶりが派手だったんです。そしてその生活が退職後もやめられない。

私が新聞社を辞めたとき、これまでの実績があるから、生活はなんとかなると考えて、まず『元●●新聞記者』という名刺をつくり、就職活動を始めたんですが、これがまったくの逆効果でした。

肩書のない人間が前職を強調しても、誰も相手にしません。といって、私自身コンビニの店員などの仕事はプライドが許さない。

いまでは貯金も底をつき、自己破産寸前の状態なのに、後輩や友人の前に出ると、つい『きのうはこんな面白い店に行った』などと、生活に余裕があるように振る舞ってしまいます」

様々な事情を抱えている定年ビンボー。

前出の藤川氏は定年後に対する考えを改めるべきだと指摘する。

「私たちはおカネを使わないと楽しく過ごせないとか、時間がつぶせないと誤解しているのではないでしょうか。定年後に生活レベルを落とすことを恐れず、おカネのかからない趣味を定年前に持っておくべきでしょう。現在の収入の半分で暮らすことを心がければ、苦しむ必要はありません」

右の診断テストの結果はどうだったろうか。間もなく訪れる定年ライフを豊かに生活できるよう、定年後の現実を直視しておこう。


第2部 あなたは大丈夫!?
老いてからのビンボーはこんなにみじめです実例

■すぐにダマされる人びと

「ある人の実例ですが、1800万円くらいの退職金をもらった直後に、760万円する高級外車を購入し、『貯金が大幅に減ったじゃない、生きるためのおカネなんだから勝手なことしないで!』と奥さんを大激怒させたケースがありました。長年、少ない小遣いでやりくりしてきた旦那さんにしてみれば、せめて退職金くらいは自由に使いたかったんでしょう」

家計再生コンサルタントの横山光昭氏が語るように、退職金が入ると気が大きくなり、自分へのご褒美として豪華な旅行をしたり、念願の高級車に乗り換えたりする気持ちは理解できなくもない。

だが、「これくらいの贅沢はいいだろう」という考えが、定年後の生活を一変させてしまうのも事実。

ここでは、専門家が実際に相談を受けた実例を中心に、定年ビンボーの「傾向」と「対策」を考えていこう。

前出の横山氏は、自分の親の金使いに関する相談を頻繁に受けるという。

「ここ数年、『親父のおカネの使い方を見てもらいたいんだけど』という相談が増えています。出費が年金をこえるために、息子さんに『ちょっと旅行費用を出してくれないかね』とカネを無心に来るんですよ」

自分の招いたビンボーとはいえ、わが子におカネの使い方を心配されるばかりではなく、おカネを借りに行くとはみじめである。

もちろん、仕事から解放され、ゆっくりと旅行に出かけたい人は多い。定年直後、退職金の使い道としてよくあるのが、世界一周豪華クルーズなどである。

だが、多額の出費の末の夫婦水入らずの楽しみにも、落とし穴が待つ。

「退職時まで、長い時間を一緒に過ごしたことのない夫婦が長期間の船旅に出た場合、困るのが夫婦喧嘩です。お互い逃げ場がなくなり、戻ってくる頃には夫婦関係が修復不可能なほどに悪化してしまうケースもあります」(ファイナンシャルプランナーの畠中雅子氏)

セカンドライフの船出を祝うはずの旅が、離婚の引き金となりかねないのである。実際、定年離婚を切り出すのはほとんどが女性であり、中には定年後の離婚に備えて、3000万円のへそくりを貯めた女性もいたという。想い出づくりの旅行は、格好の離婚の理由づくりになりかねない。

そしていざ離婚となると、退職金の半分を元妻に持って行かれる可能性もあるほか、年金分割制度によって、年金を分け続けなければならない。夫に非があれば慰謝料がそれに加わるし、急な入院では保証人にも困る。

何より日常のことをほとんど妻任せにしてきて、料理もできないとなれば、食費は嵩む一方。離婚は、定年ビンボーへと向かわせる最悪の選択なのである。

また、畠中氏によれば、退職金を自宅のリフォームに使う人はかなり多いというが、ここにも落とし穴がある。

「定年退職者がリフォームする際、気をつけなければならないのが、『いっそ、バリアフリー化したほうがいいですよ。所得税の還付もありますから』という業者の決めゼリフです。

定年後は所得税の還付金なんてたかが知れています。問題なのは、廊下や階段の手すりで家が窮屈と感じる人が若い人に多く、バリアフリー化された家が、高値で売却できないことにあるんです。

定年後の生活はおよそ30年。3000万円の退職金を得られようが、1年間に取り崩せる金額は100万円、ひと月に8万円なので、慎重に使うべきです」

他方、退職金を何かに使うのではなく、さらに増やそうともくろみ、投資に走る人も多い。ところが、これもやはり大失敗するケースが目立つ。

退職金などのまとまったお金が口座に振り込まれたことを察知した銀行員が、投資勧誘に突然訪れることもあるのだ。

経済ジャーナリストの荻原博子氏が解説する。

「じつは、投資話に簡単に引っ掛かるのは、ついこの間までサラリーマン生活を送っていた人なんです。仕事で失敗しても会社が守ってくれましたし、毎月決まった日に給料をもらえるので、リスク感覚が欠如しているからです。定年後、家でぼーっと暇をもて余しているところに、投資話が持ちかけられると、ついつい乗ってしまうんですね。

『上場したときに何十倍にもなります』と、高齢者を狙った未公開株の投資詐欺も横行し、退職金をそっくり巻き上げられたという悲惨な例が増えています」

退職金を狙った勧誘には「保険」も多い。60歳を過ぎると体調に不安を感じるし、「医療保険」くらい入っておいたほうがよさそうだが―。

「高齢者が払い込む保険料はかなり高額なので、高齢になって新たに医療保険に入る意味は乏しいのです。余裕があるのなら、保険料分の金額を手元資金として残しておいたほうが賢いでしょう」(前出・藤川氏)

■いくらあればいいのか

もうひとつバカにならないのが、子供や孫への出費である。親が定年になっても稼ぎのない子供の面倒を見続けるような家庭が、珍しくなくなっている。

「収入のない子供の奨学金を代わりに返済したり、ひきこもりのわが子を社会復帰させるため、得体の知れない団体に1000万円単位の寄付をするなど、老後資金を惜しげもなく使う親はいくらでもいます。

かわいい孫のために大金をはたく人もいて、目立つようになってきたのが、年金生活を送る祖父母同士が孫のランドセルや雛人形などをどちらが買うかで揉めるケース。彼らは自分たちの見栄のために老後資金を取り崩してでも、孫に相手方より高価なプレゼントを贈りたがった末、資金を減らします」(前出・畠中氏)

様々な要因で生活費は減っていく一方で、歯や関節など体のあちこちが悪くなり、予想外の入院費や、通院のためのタクシー代の出費などで老後生活は、さらに逼迫していくことになる。

これまで仕事のことばかりでやりくりのことなどほとんど考えなかったのに、カネのことばかり気にする毎日。やむなく再び働こうと思っても、働き口がない。

何より老いてからのビンボー生活は自分の人生を否定されたようで、みじめさばかりがつのってしまう。

しかしながら、定年後への備えをしていない人は思いのほか多い。フィデリティ退職・投資教育研究所所長の野尻哲史氏が語る。

「70~80代で資金不足が露呈しても、リカバリーは利きません。ですが、今年4月にサラリーマン1万人を対象にアンケート調査を実施したところ、『退職後の生活用に用意している資産は幾ら』の質問に『0円』と答えた50代男性がなんと28%強にものぼっていました。まさしく定年ビンボーの予備軍です」

実際に定年ビンボーにならないためにはどう備えればよいのか。野尻氏は「逆算の資産準備」を提唱する。

「『退職時までに○○円貯める』という考え方ではなく、『75歳でいくら残すか』を設定すべきだと思います。具体的には、95歳で資産が0円になるように逆算して考えるという発想。

たとえば、75歳以降も年金収入以外に月10万円使いたいとして、95歳で残高0円になるには、75歳時点ではまだ2400万円を残すべきということです」

最後に、安定したセカンドライフを望む50代の定年予備軍に、前出の横山氏がアドバイスする。

「いきなり月50万円から30万円の生活レベルに落とすのは、かなり厳しいことです。急激なダイエットがリバウンドを招くのと同様に、定年後、急に生活を切り詰めても失敗する可能性が高い。仮にいま55歳なら、5年かけて少しずつ生活レベルを落として慣れていけば、快適な老後を過ごすことができますよ」

定年後に向けて、自分のライフスタイルを見直すには、今しかない。

「週刊現代」2013年10月12日号より


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月31日 10:07:40 : ELx5cP1cDY
あまり参考にはならない。退職金2千万円を超える人はごく一部。

本当の高齢者の貧乏はもっと悲惨。70才で旗振りをやってやっとメシを食っている人はごろごろいる。都市部では少ない年金でまだ家賃を払っている人も多い。


02. 2013年12月31日 17:07:47 : Q82AFi3rQM

読んでいて、黙って笑いました。

 振り込め詐欺で今年は12月以前、既に10億円以上が騙し取られていま
 す。
 80代が振り込め詐欺にかかるなら、その子供世代は定年後の生活設計
 もできない。
 自分の金の管理すらできないのか。
 
 これではどんなことで騙されてもしょうがない。

 こんなに馬鹿が多いのが何故か、考えると、ま、そういう社会にして
 きた日本とその宗主国アメリカの深い深い思惑が結実したってことで
 しょうね。
  テレビで一億総ハクチ化させた結果が見事に実を結んだってわけだ。

  毎日が死ぬか生きるかの戦場の国であればこんなノー天気な記事も
 出てくるわけがない。天気予報ですら「あったかくしてお出かけくだ
 さい」とか天気以外のお節介を述べたてるこの国の幼稚さ加減をみて
 ると、馬鹿高齢者が金の管理も知らずおろおろしても、もう仕方ない
 と、私は思う。

  自分で考えることを捨てるとこうなるんでしょ。


03. 2013年12月31日 18:34:49 : HDwovAiKsc
>。02さん

 振り込め詐欺被害額は10億円どころでなく300億円程度ではなかったでしょうか?

 日本人は(私も含めてのこと)根本的に他人を「疑う」ことに慣れていません。島国であることが原因なのか、ずるく小賢しい為政者の図る教育のたまものか、それとも他の原因かわからぬところですが、基本的な感性であると思います。でもそれはそれで大変に長所であると考えます。

 他人を騙し陥れることに奔走し、他人を信じられないという生き方は、人間として極めて貧しい状態にあると思います。人間はやはりある程度の豊かさ(安全な環境と衣食住に事欠かぬ状態)を獲得すれば(一部の超強欲主義の反道徳的な人を除いてという前提)今の日本人のような感性・心性に至るのではないでしょうか?

 そのような日本人の人間的な本性(といえるかどうか?)に付け入る「詐欺」の行為者は、何らかの欠陥人間ではないでしょうか?日本が文化国家というならそのような詐欺(非日本人が実行しているとしたら意味のないこととなりますが)行為者がいなくなるような政治・経済(教育)体制・制度に舵を切り替える必要があるということではないでしょうか?

 以上、甘くお目出度い考えとの批判を覚悟で書きましたが、私は「他人を信ずる」という考え方(たの生物に意識があるという主張ではありません)は人間として、他の動物から区別できる基本的普遍的な思想であると信じます。とにかく人間は一人では生きられず、社会的に協力し合うことによってのみ生き延びられる「生物種」であるという認識から考えての私の結論です。


04. 2013年12月31日 19:01:45 : BDDFeQHT6I
幾ら預金が有ったって使えばその内無くなるのは当たり前、有り金使っちゃって貧乏を嘆くなんて餓鬼のやることだ。
まともな大人は、しっかり計算して、大して面白くない老後を送って死んでゆくのだ、これはこれで相当悲しい。

05. 2014年1月01日 00:29:24 : WzX8nPCmYM
もっと現実を反面教師にして日本人はお金を得るということに多角的な考察を始めるべきだ。

せっせと真面目に働いて定年を迎えて退職したら収入がなくなるとは決まりきって当たり前だろ。

有り金など使えばなくなるに決まっている。思った以上に食っていくのは金がかかる世の中だ。

反面教師とは、例えば望むと望まざるにかかわらず、アベノミクス相場で大もうけした日本人がかなりいる。

人ができることもできないで金に困ったと嘆くのは反面では恥ずかしすぎるくらい無能の証ではないのか。

限られた収入を投資に回すという話ではない。儲ける人間が如何なる努力をして収入としているのか知らないから収入が目減りするなどと消極的にならざるを得ないということなんだろ。

有り金を有効に使うことも大事だし、節約して質素に心がけることも大事には違いないが、死ぬまで勉強のように死ぬまで収入を得るという生活態度も大切ではないのか。好きな仕事しかしたくないという人間が退職後に貧乏するのは当たり前だのクライライフだろ。


06. 2014年1月01日 00:31:55 : CemezFthtI
誰が 悪いのかな?

売国亡国 官僚 経団連 自民党 公明党 連立政権が全ての元凶

小泉純一郎により重病化した その前

日本の真の衰退は 橋本龍太郎の労働者派遣法で始まったように思うが

なんせ不正選挙だから 国民はいかんともしがたいが


07. 2014年1月01日 02:57:50 : w194rYW8Oc
子供との同居を目論んで退職金をはたいて2世帯受託建設はむだ。
住宅のためにお金を使い果たしたのに、数年後息子家族は「息が詰まる」などと言って出て行ってしまい、広い家に老夫婦だけ残される。
同居していた間のストレスでうつ病になったり、共働き子供夫婦のために家事や孫の世話で疲れ果てm世代間の意思の疎通もうまくいかず、老年期うつ病になったりもする。
子共家族が出て行ったあとは空の巣症候で一層孤独感にさいなまれ、あんな子ではなかったはずなのにとがっかりもする。
退職金は新築の際使ってしまい何も残らず、医者通いが増えた分だけ年金生活は苦しくなる。
子供を頼らず、病気は早期治療、家事に困るほど体が弱ったら介護保険を使おう。
古い家でも最低限の修理しながら住み続け、退職金を減らさないようにしておこう。
いよいよとなったら福祉施設に入居の際の資金にしなければならない。

08. 2014年1月01日 06:14:10 : YHhOronyPk
私も収入が良かった頃は、そしてケチとか節約は格好悪いっていう風潮があったときは、かなり無駄遣いしてましたね。
でも、現在自営業の私からすれば退職金があるだけ恵まれてます。
今では缶コーヒー買うのも躊躇しています。
小額の買い物なら日々の支出だと気にならないですが、月間そして年間で考えると小額の支出でもバカになりません。
私の周りの人間もみんなケチですよ、ハイ。

09. 2014年1月01日 11:58:17 : 5Vv0w4d6B2
ばか 誰のせいでもない、自業自得

10. 2014年1月01日 16:19:43 : EnYSQ3DJyk
>>06に賛成    ほんで、 >>09おかしくね?

何十年も、真面目に年金納めながら、一般日本人はみんな必死で働いてきたんだよ?

まともな国家なら、老後は至極安泰でアッタリメーじゃん??

そうならないのは、それだけの裏があるからだろーよ。

キレイゴトで人を卑しめるんじゃねーっての。

細かい事で夫婦仲悪くなるのも、意図的に、ダレかに、「テメーらの無能さ加減の因果応報だろうが!」って思わされてるって、好い加減気づけって。

これが肝心だろ?

「上見て暮らすな。下見て暮らせ。贅沢言うたら罰当たる」なんて台詞は、太古からの御上の常套文句。

宗教まで加担してさ。「由らしむべし。知らしむべからず」とか言って。

それを、なんと京都の古刹のお坊さんが批判してたよ。

宗教はいつの時代も政治と結託していて、民に罪の意識を植え付けるお役目があるんだろうさ。

だいたいが、そんな大して贅沢言ってないって。自省的な国民性を持つ大多数の日本人は。


11. 2014年1月01日 18:33:28 : CZAPNn02ic
定年貧乏・・・
私も自己責任だと思う。

生活設計をしっかりやっていなかった結果と思う。
また社会に問題が有るとしたら、
こんな社会を作り出した政党をそのまま生きながらえさせていた
政治への無感心に原因が有る。

いずれにしても自己責任!!!


12. 2014年1月01日 18:54:47 : MVEswqjBG2
{1}常識30{ http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/295.html#c122 }
{2}3年後から{ http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11380553912.html }
{3}原発事故後止まらないもの凄い人口減
{ http://blog-imgs-51.fc2.com/j/y/o/jyouhouwosagasu/soumusyoujinnkoutoukei120901010.jpg }
→「原発常識8−2法則」あらゆる公害は、最終的には【「企業・政府側」が「非」を認める】!!(時間がかかるだけ、水俣、イタイイタイ病すべて例外なく)→これから(原発ゼロを宣言しないかぎり)【 自民党+石原維新 】が滅びるとしたら・・・その原因は原発・放射能問題!・・・ナゼナラ、これだけは、永遠に解決しないから=「遅発性のため3年目から」発生=膨大な被害=全国民の棄民
*> http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/552.html#c549
*> http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/295.html#c98

[12削除理由]:多重コメント
13. 2014年1月01日 19:23:38 : n2qPiYqbYw
大丈夫。これから富裕層以外は簡単に医療にかかれなくなるし原発事故の影響もある。先行きを心配するほど長生きはできない。5年後に必ず生きているなんて断言できる人間はいない。

14. 2014年1月01日 20:13:53 : 2YIBKRexSs
>>3

物事を信じ込むのは楽です。そのような怠け癖がプラスになるような社会なんておかしいと思います。例えばあなたが潜水艦の艦長で、方位270に何かを発見したと報告を受けます。確認もしないで民間船だと信じ込んだら実は敵の潜水艦だった。結果自分の命を落としてしまう。でも何かを発見する度にいちいち疑うのは非常大変で苦痛です。大変で苦痛だけど、実際の世界ではそれをやる人が生き残るのです。

あなたの考えが甘くお目出度いと言いたいのではない。私も疑う事をしない日本社会の気楽さに長年どっぷり浸かってきたのであなたの考えは理解できる。日本が世界一長寿な国になる原因もそこにあるのだろう。しかしそれはまやかしであり、真実の世界とはかけ離れている。真実の世界に適応できない者は滅亡するしかない。


15. 2014年1月01日 21:03:18 : RQpv2rjbfs
他人を信じるのは悪いことではない。騙すより騙される人のほうが豊かな人生を生きているのは、なんでも鑑定団を見ればわかること。

借金のかたに偽物の骨董品をもらってへらへらしている社長は、踏み倒して姿を消す友人よりいつでも充実した暮らしをしているように見える。

ちなみに、私は猜疑心の塊で、ドケチなので詐欺にあったことも、借金を申し込まれたことも無い、騙される人にあこがれている。


16. 2014年1月01日 21:27:22 : sl3Oo0EgYo

   何もかも自己責任なら、官僚も政治家も天下泰平だな。

     


17. 2014年1月02日 01:07:28 : suvcO3SHSw
ネット検索世代の考える能力の無さも大概ですよ。
インターネットはアホ製造機です。

18. 2014年1月02日 09:43:11 : WzX8nPCmYM
自己責任という言葉は自分を厳しく戒めるという意味もあるだろ。

今の自分の状態ではダメだということを出発点にするんだから人それぞれ。

政治を批判しても時間を途方もなく要するだけ、政策実行は程遠いものばかり。

勤労者が定年の後で昔と同じく真剣になって自分の仕事を探して打ち込むばかりが全てではないような気がする。もちをん堅実に。

それでも、人が設立した会社に採用され、会社の人間に雇われ、職務の内容を理解した範囲でしか仕事ができなかったはずだろ。労働の対価として給与所得を維持してきだに過ぎないとも考えられる。一人の人間が定年まで雇用されていただけということだ。

人か働いた賃金を貰うという考えではなく、マネーを得るという視野を広げることもあるべきだ。そして勉強することが必要だろ。


19. 2014年1月02日 18:59:10 : CtFQHpNHh2
>>15

金を持っている人にとってははした金を回収する事よりも、他人に負い目を負わせる方が有利なのです。だって金はあの世まで持って行けないけれども、負い目はずっと残るからね。

マリーアントワネットみたいに断頭台でギロチンにかけられる事に比べれば、借金の踏み倒しなんて軽い物なのだろう。だからへらへらしていられる。リーマンショックで財産が半分になった人はへらへらなんてできないだろうね。


20. 2014年1月02日 19:19:55 : CtFQHpNHh2
>>18

考えてみれば赤の他人が作った組織が定年まで面倒を見てくれるなんて、とても幸運な事だ。やはり冷戦のような特殊な社会情勢にならねばありえないのだろう。

自分の置かれた状況を冷静に分析すれば、みんなで同じように結婚して車やマイホームをローンで買い、子供を育て、80歳まで生きるなんてのは無謀な冒険だと分かるはず。


21. 2014年1月02日 21:13:57 : sl3Oo0EgYo

    共産党に一票だな。

    軍事費を削り、大企業から応分の税金をとり、富裕層に対する税の累進度を高めて、自民党では守られない憲法25条を守ってくれるだろう。

     


22. 爺様 2014年1月03日 02:25:48 : DUh8CM6Jq0W9s : DI7fVExiIQ
昨年 公務員定年退職
家あり、ローン無し
30代で離婚、再婚せず子供なし
女欲しいときは大塚、巣鴨のデリヘル利用


23. 2014年1月03日 12:03:11 : QKj2V8oUfM
20さんの意見は正しい。

私も昨年、定年再雇用も過ぎて60代後半になったが、思いのほか体が経年劣化してきた。長生きも楽じゃないような気がする。この間、街を歩いていたら昔あった寿司屋さんが取り壊されていた。一昨年亡くなった妻がまだ元気だったころ家族で入ったことがあったなあと。古いものが消えて新しいものが生まれてくるんだろうけどね。老後の生活なんて人それぞれ。しぶとく生きている先輩たちを見られるのが今はいちばん嬉しけどね。


24. 2014年1月03日 12:19:07 : WzX8nPCmYM
とにかく世の中は個人の自由が尊重される時代になって明らかに躓いた状態だろ。

人間の本能にある防衛意識が無意識にはたらいて戦争時代に逆戻りするのか否かがはっきり確認できないうちは子孫繁栄より生活防御に意識が傾く。一部の世論にあるような平和ボケして少子高齢化が急速に進んだのではないはずだ。

未だに日本が日本らしさを取り戻していないのである。バブルが崩壊してデフレが長く続いたから少子化の傾向が顕著になって人は生きながらえることに不安を抱くようになった結果が現実だ。

戦争を目的に生めよ増やせよの時代は女性の権利は今では想像できないほど残忍だったのだろう。つくり放題の生みっぱなしを最優先だせれば誰だって人口増加に協力できるが日本人には兵隊に取られるという経験則がはたらき易いのは戦後まだ日が浅いということではないだろうか。


25. 2014年1月03日 15:56:16 : CtFQHpNHh2
>>23

私は45歳だが、若い時なかった筋肉の攣りが頻繁に起こるようになった。今はまだ2週間に一度程度だが、これから歳を取るにつれてもっと頻度が高くなるのだろう。
若い時は250ccのバイクで転倒して足を打っても骨はビクともしなかったのに、この間ホテルの大浴場で転んだら肋骨を骨折してしまった。病気や傷の治りも遅くなって問題が起きると長期間の休養が必要になる。

何かの本で読んだのだが、もともと人間の体の耐用年数は40年らしい。だから40歳を過ぎると特別なケアをしている人以外は、もういつ死んでもおかしくないのだ。
国や会社が福祉でケアをしてくれるのは冷戦に勝つために社会の安定が必要だったからであり、冷戦に勝ってしまえばもう社会をひっくり返す勢力はいない。
だから自己責任が登場し、自分でケアできない人は40歳以降の人生を経年劣化した痛くて苦しい体とともに過ごさねばならないのだろう。現在においてさえ国や会社の行う健康診断はサンプルデータの採集に重点が置かれて病気の早期発見というお題目はないがしろにされている。

本来長寿はお金持ちだけに許される贅沢であり、ゆえに現代において個人の財産は大半が老齢時の医療費に消えてしまう。老人が毎月20万30万年金をもらっていても足りないのだ。若者なら楽しく暮らせるだろうけど。



26. 2014年1月03日 18:31:34 : WzX8nPCmYM
40代ならまだ間に合うでしょ。骨に有益な栄養と骨に良い運動を意識すると健康を維持できるはずだ。

若いころの無理には栄養不足も運動不足も含まれる。毎日でも無理がきくから栄養も運動も眼中になく平気で十年二十年は過ぎてしまう。

骨に必要なカルシュウムが欠乏することなく、跳躍や階段の上り下りなど骨が軽くしなる程度の運動も毎日欠かさずということが骨粗しょう症の予防ということらしいです。

高齢者が一年に何度も骨折する状況はなかなか大変ですぞ。


27. 2014年1月04日 13:08:29 : FfzzRIbxkp
貯蓄から投資へで 小泉改革のときに定期預金や退職金を投資商品に移動させ、
その後のリーマンショックで塩漬けの口座がどんだけ。

アベノミクスで税金たれながして、やっと解約して落ち着いた人も多数。

だけど、年金は減り、年金から国民健康保険料や介護保険料が勝手に引き落とされて手元に残るのはわずか。 増税分がアベノミクスでしたチャンチャン。

一応これ定年まで働いた人の話。
終身雇用も年金も死語になりつつある昨今では、状況はもっとひどいでしょう。

駅の周辺にあふれるママチャリ。
20年くらい前は学生のアルバイトが主だった仕事を主婦が取り合ってる。
大手企業の正社員の奥さんが、家政婦してます。
実家に戻れば、めぼしいものを袋に詰めて持ち帰る。

年末年始の海外旅行はどの層がいくのかね。
欧米の文化の中に、年中行事を海外で!なんてものは見つからない。

年末年始の海外旅行は広告代理店のしわざかね。
一人あたり30万円はかかるでしょ。たとえ物価が低い国の観光であっても。
海外旅行ができるお金があっても、飛行機の中で子供の面倒が見れないとか、
注意を受けたばかりなのにスリの被害に遭ってるとか、
お金と知性のアンバランスが不思議でならない。


28. 2014年1月05日 07:09:49 : ZvcGS9qUik
65歳まで働き、95歳まで生きるとすると・・
33年働き、定年後30年生きることになる。
年金だけでは足りなく、月15万円不足とすると、
現役時代に、月15万円老後のために貯蓄しておかなければならない。

現役時代は、結婚・子育て・家のローンで、月15万円もゆとりはない。

即ち、今の年金制度はもう、プラン自体が破綻していると言うこと。
自己責任の範囲を超えている。

少子化もあり、老人を養うお金は今よりもっと減る。
生活保護用のお金も無くなるだろうし、
物価は消費税増税でどんどん上がるだろうし、
自殺者がどんどん増えるのではないかな?

それとも放射能で短命になるから心配は要らないか?


29. 2014年1月06日 10:41:58 : qj8V4354Xw
現在の収入と支出、老後の収入と支出の予想を
ざっと試算するだけでもいま何が必要なのか、
おおよそ見当がつくというもの。

50、60になって
自分のおかれた現実に気付くなんて悲惨。


30. 夏も爽席 2014年6月10日 19:10:05 : YlJzBCjjO2yEw : htpao1G8LU
長生きリスクなんだってさ
そういえば居酒屋にいかなくなったなあ
家飲み専門
カアチャンをキャバクラ嬢(じつは婆)に見立てて
テレビみてゴキゲンのそぶり
まあ工夫だよ
人生なんて
友人も車も自転車も捨てた
カアチャンだけは
死守したいな

31. 2014年7月15日 18:19:39 : j2EOPrepI2
結論

団塊とそのガキ孫世代は馬鹿を通り越して社会に迷惑をかける知的障害のキチガイばかり

これマジ♪

[12削除理由]:内容が薄い長文多数のため

32. ∀ 2014年9月16日 18:17:23 : OPMiiG9zOweKY : Lk4VUKRq7U
現役世代が子育てしながら30万弱くらいで毎月やりくりしてるのに
リタイヤ世代が年金じゃ足りない足りない騒いでるのはなんなんだ?
特殊な例を抽出して、さも当たり前のように書くのはやめてほしい

逆に定年後に年金だけで普通に暮らしてる人の記事も書いてくれよ


33. 白髪と禿のおじいさん 2015年4月06日 14:22:12 : D6AH5vKL46RXU : bHGBTFmOxI
私は旧国立大学に勤務して5年前に定年退職。岡山在住。それから5年間は非常勤講師として目いっぱいアルバイト。娘3人がいるが、2人は東京、1人はネパールでわけのわからぬ活動をしている。70歳になった今、思い切って娘のいる東京に行こうかと考えている。医者をしている娘の子ども(孫)のもりでもすれば老後をみてもらえると妻がしきりに言うので。妻は持病としてうつ病があるので医者の娘が傍にいてくれれば安心だと思うのです。しかし、友人は岡山の家をたたんで東京に行くことのリスクをさかんに言います。娘や息子を頼って行ったはいいが、結局なじめず返りたくても帰れない。今までつましい生活をしてきたのでそこそこ蓄えはあります。大事な女性の友人もいましたが、わたしがあまりケチるので嫌われて会ってもらえなくなりました。いいとこなしの老後です。

34. けろりん[468] gq@C64LogvE 2016年3月29日 07:19:32 : 27HKu4dCRg : CigpIiZRE1g[225]
>33. 白髪と禿のおじいさん

頼れば頼るほど、人には疎まれる・・・おじいさん。
自分自身もそうなんだから、ひとさまも、いくら実子といえども同じだ。

ひとははだかで産まれてはだかで死んでいく、と肚をくくっていれば
ケチで嫌われたのではない、と解り、大事な女性も戻ってくる。
・・・というよりも、大事なおんなで囲まれ出す。

ええい、もううるさい・・・独りになりたい、などという
贅沢な境地にまで、自分を追い込められる。
人物の中身だよ、中身。



35. 2016年6月20日 10:55:35 : qyzFFyBmmc : FbMR5gvjH7Q[24]
>>33 娘の旦那とうまくやれるのですか?
結局娘の旦那とのっぴきならない対立
もしくは、あなたの妻が娘の旦那と修復不能な対立?

それって娘の旦那に対してマスオさんの強要だよね。

マスオさんがうまくいくのは、波平とマスオさんが毎日さしで酒を酌み交わす
位仲がよく信頼関係構築してるからなんだよ。
あとマスオさんにもマイホーム建てるまで、居候させてもらっている
波平に対しての感謝の気持ちがあるからうまくいってるのだよ。

あなたは、娘の旦那に例えば自営してるならば多額の資金を援助したとか
何かあるのですか。
あれば、いいのですがね。

娘夫婦が自力でマイホーム立ててあなたが婿に対して援助していない
とかなら婿さんと嫌悪関係になりますよ。
よっぽと仏様のようような方でない限り。

まあ婿の立場でやめたがいいですよ。
あなたが婿ならばと想定してください。


36. 2016年6月20日 12:42:09 : EcgyMlZgc2 : Y2TavsrAPhM[89]
>>2
戦争になったら重税で国民の生活は逼迫することがわからないのか。

37. 2016年10月08日 11:42:21 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[263]

 愛の勤めていた会社のOB達は 普通で1億円くらいの財産は持っているぜ〜〜

 企業年金+公的年金で 最低でも 年間 600万くらいはもらっていて

 悠々自適だと 思うよ〜〜〜

 ===

 月の 半分はゴルフだし〜〜 趣味で 農業をやってるのもいることはいる

 子供も 大手の会社に勤めたり 医者になったりで 半数以上は 子供も 成功者だね〜〜

 ===

 ま〜〜 世の中 不公平ではある
 


38. 2016年10月09日 02:06:41 : MgpsnTSnBU : t_3LRxIfc@w[4]
今の時代、医者は失業が多発していてたいへんみたいですよ。

http://www.asyura2.com/12/social9/msg/213.html#c6


39. ネコの目[55] g2yDUoLMlto 2016年10月09日 17:26:37 : kQufOUyS5Y : S8rFd9MT5gs[14]
根本的なことを言う。
もともと、年金暮らしで楽が出来る、、、ということがまかり通っていたのは、70年代だけだ。今の制度は、その70年代をモデルとしているが、現在このモデルは崩壊している。
そもそもだが、自分の祖父母たちの年金額を聞いて驚愕した。家が安いのに、年金は高く、医療費もタダだった! 
けれども現在は年金額は年々下っていっているというし、医療保険は上がっている。
その祖父母たちだが、何と、とんでもない田舎に引っ越してしまい、後が廃墟?っぽくなってしまったのだから、両親はがっかりだろう。

今のシニアの年代では、既に貯金がゼロの家が、三割を占めているのだ。
例え、幾らか蓄えがあっても、このままでは近い内に、生保受給者が増え続けるだろうよ。
自己責任だけではないぞ、昔のまんまの考えしかない政治家たちの責任でもある。

又、叔父の話だが、会社やめたとたんに、M銀行から投資話の電話が何度もあり、うんざりだと言っていた。銀行マンたちの性質も悪くなった。今の銀行は信用できない。無駄な投資話はやめたほうがいいと言っていたがそうかもしれない。

地球一周の旅!? そんな贅沢ができるのは、一部のシニアだけだよ。


40. 2016年10月14日 08:03:05 : SthDIamaKw : SxfB8sz2RT0[30]
60才定年で、多くが雇用延長する中で僕は60才で辞めてしまった。
40年以上働き極度の不眠症でストレスの塊で、60才を待ちに待っていた、
それと、自分のやりたいことをやれる時間なんてそうざらにあるものでもなく
老化した65才からでは遅すぎると思えたからだ。

お蔭で、理系の科目履修生として4年ぐらい専門科目を堪能できた。
恐らく、65才からではそんなパワーも気力も湧かなかっただろうと思う。
僕は、これだけで満足だ、生きてきた甲斐があたっと思っている。
今は、介護と専門科目の更なる自己による深堀を毎日やっている。

年が行くと金は使わないことだよ、それに限る、使わなくても納得のゆく
生活も必ずある。

ただ言えることは、一生働くだけで人生を終えることなんてまっぴらごめんだね。
その意味で、60歳で働くことを止めることが出来る環境にあったことを
感謝している。


41. 2016年10月14日 08:14:05 : SthDIamaKw : SxfB8sz2RT0[31]
追記:年金も減額されて80歳以上になれば貯蓄も枯渇して路頭に迷っている
可能性も否定できないだろうね、しかし、幾ら心配してもきりがいないし
サラリーマンが貯蓄できる金額何て飛びぬけてできるわけがない、まじめに働いて
そこそこの貯蓄をしてそれで駄目なら仕方がないそれに尽きると思う。

60才の時点でリタイや出来て生活が出来るのに将来を心配して65才まで
延ばしても、破綻することが起るような出来事が起こるのならその程度の
対策では無駄だろうと思う。

人生なんて、歳が行くとぼけてしまう、本当に自由で活動のできる貴重な時間は
60才から70才過ぎまでではないだろうかと思う。有意義に使うべきだと思う。


42. shue777[87] gpOCiIKVgoWCVoJWglY 2016年10月31日 07:56:05 : MKQokvJQSg : k3wvULX@IZU[4]
いったん豪華な生活を味わった人が、
ただ闇雲に節制して抑圧したら精神が落ち込んで病気になりますよ。
物質で幸福が得られるか今一度考えましょう。
欲望が肥大化したら結果的に不幸なのだと理解しましょう。

そこをよく哲学すれば、最低限の出費で生活することが喜びとなるはず。
出家僧がすべての財物を捨てて探求の旅に出る意味はそこにある。
真実の幸福は物質では得られません。


43. 2016年11月30日 16:52:07 : s3VXeaueDg : MphHkB9lUW4[4]
快適な老後生活のすすめ

 快適な老後を実現するためのさまざまな知識やノウハウ、考え方についてわかりやすく解説してまいります。
http://rougo.intres1.net/index.html(カテゴリ一覧抜粋)


カテゴリ一覧

老後の生活設計編
http://rougo.intres1.net/ro-98V8CE382DC82C582CC8E9E8AD482C698V8CE382CC8E9E8AD482F08Dl82A682E9.html

老後のマネープラン編
http://rougo.intres1.net/ro-98V8CE382C98CFC82AF82BD9299927E83v8389839382CC8EC08Ds.html

老後における適度な仕事編
http://rougo.intres1.net/ro-98V8CE382C982A882A282C490B682AB8Db94E382C68Co8DCF93I975D97T82F093AF8E9E82C993BE82E995FB9640.html

老後を快適に過ごす場所編
http://rougo.intres1.net/ro-98V8CE382CD93c8EC982C590B68A8882B782E991I91F08E8882E08Dl97B682B582E682A4.html

老後の家族構成編
http://rougo.intres1.net/ro-8Eq8B9F82E289C691B082C693AF8B8F82B582BD82DC82DC8C7D82A682E998V8CE3.html

老後とアンチエイジング編
http://rougo.intres1.net/ro-8E8082CC92BC91O82DC82C58EA997A782B782D782AB95K97v90AB.html

老後の生活とコミュニティ編
http://rougo.intres1.net/ro-98V8CE382C982A882A282C491BD82AD82CC83R837E838583j83e83B82C98EQ89C182B782E98381838A83b83g.html


44. 2016年12月05日 05:48:29 : gseLP5DUAM : iLgzrqzI0go[7]
記事を読んで、苦労していらっしゃる方に同情します。
が、もっとも痛々しいのは、暇を持て余して政治にのめり込む老人だな。
頭固くなってて、偏向しやすい。もっと柔軟になれや。

45. 2016年12月19日 01:32:46 : sMczli7QfQ : g2k@eA3nNoo[1]
年を取れば食事も沢山食べられなくなるし
出かけるところがないから衣類もいらなくなるし
遠くに出かける旅行は疲れてめんどくさくなるし

なんでお金が必要なのかね〜
年金20万なんて使い切れによ


46. 2016年12月20日 21:05:04 : 7Hyf7geeak : 2ypT0q@oobg[7]

小乗仏教の世界を目指しましょう。

若い時は勉強し、

壮年時代は労働し、

老年になれば仏に仕える人生。

金はあっても、無くてもよろし。


47. 2017年1月22日 21:02:28 : cVrHtMMwe9 : sFkFt0sRQ_M[2]
海外にバラまくカネがあるなら老人やホームレスにも出来る仕事を創るべき
それは可能だろう ヒントは刑務所と障碍者施設
それに今の老人は子供に遠慮し過ぎてるよな 
子供に迷惑かけちゃいけないから自分の年金だけで生活しなければと無理をしている
それなら年金制度が出来る前の老人は野垂れ死にしていたのか?
年金制度が出来た時に、日本人は人類は原始時代の事を忘れてしまったのだ
企業の目的は家族・共同体破壊による個人の人生支配 個人をバラバラに狙い撃ちする
しかし、企業システムは己を人類なり日本なりに最初からあった自然な存在のように見せて個人を奴隷化する

48. 2017年2月21日 12:21:33 : GahmTwT1Jg : ce4@0BpsbgA[15]
年金支給が65歳になってしまったが、地方では現状60歳までに正社員条件の働き方を一反定年退職にとされてしまい、それで預貯金取り崩し生活になってしまうのが実情。

そこから5年どうするかというか、アルバイトや嘱託や契約社員状態になるので年間100万かせいだとしても必要額が夫婦で300万いるとすれば200万×5年分の退職一時金のとりくずしになるがそもそも1000万もらえる会社は少ないので実際問題60歳5すぎの夫婦二人とも働きにでるということになっているのが現実社会だ。

ようやく年金がもらえるころには預貯金のない年寄りになってしまう。

だから自治会などのなりてもいなく、民生委員をして頂ける人もおらず、消防団ですらなりてがいなくなって困っている。



49. 2017年3月13日 23:42:59 : WI5EYjwMdo : IC41PL948Nc[1]
実は最終年収が800〜1000万円の正社員でもヤバいんだよね。だから、誰でもヤバいの。

親孝行を説く家族の絆強制を説き、
『自己責任論』を説いて、
国民の生活を政府や政治の責任を放置する『自民党』や日本の保守派や右翼の言うこと鵜呑みに信じるからこういうことになるんだよ。

以下にその理由を書くけど、自民党は年金など
(実はパワハラやセクハラを受けPTSDになって働けなくなった若い人にも支給されているので、
年金は高齢者のものでは無いんだけどね。
今若い人もいつか歳を取るし)
高齢者対策を75歳まで引き上げようとしているのもあり、
定年後と年金を受け取る年齢まで乖離が大きくなるなどで、
定年が54歳と若い韓国のように無けなしの退職金で投資したり事業したりする
国民が増えて多くなると思う。

でも、失敗している人も多いんだって。日本国民も大勢韓国みたいになるだろうね、今のままだとね。

だから、持続可能な社会保障システム、
それを支える持続可能な財政・税制や経済・成長戦略、
それでも社会保障システムから漏れた人々を個人を尊重しつつ、
お互い助け合う地域や社会をどう作るなどの国民的熟議を国家やマスコミなどですぐにやるべきだと思うわ。

*高度成長期や80年代の日本が一人勝ちだった高い経済力の恩恵を
タップリと受けているはずの現在の高齢者でも、
700〜900万人も生活保護を必要とするぐらい困窮しているね。最終年収が1000万円の正社員でもね。

高齢者の4人に一人はそんな悲惨な感じだよ。

*生活保護の受給は2割、大半の8割の人は出来ていない。(不正受給はわずか0.4%)

つまり、年金や生活保護は今でも機能していない。
今後さらに困窮する人は増えて、自殺者も増えるだろうね。

(今後低成長時代は続き、富はさらにお金持ちに集まり格差は拡大していく。
*若者はブラック企業、非正規、長時間労働、奨学金という名の学生がローンで、
鬱など心を病み身体を壊している人が多いね。

二十代の男性の年収のボリュームゾーンも200〜300万円と20年前より100万円も減っている。

40歳を過ぎた男性の年収は300万円を超える程度。

2045年には、現在の4人に一人の高齢者が3人に一人と増える。

将来世代は今よりさらにきつくなるよね)

だから、冒頭に述べたことをすぐに国民が熟議する必要があるね。
時代が進むほど、若者や将来世代になるほど悲惨になるからね。早めに手を打った方が良い。

*それと、何らかの事情で生活が困窮しやすい人は、独り身で孤独な人だよ。
特に男性は孤独になりやすいから、
孤独な人は友達なり知り合いなり恋人なり作って結婚するなりしたほうが良いよね。

愛だな、愛。もはや日本人には愛しかないんだよね。(ただ愛国心を訴える人は疑ったほうがいい。森友学園で分かったでしょう)

・社会保障などの仕組みや制度を持続可能にする。
・自分の周りに信頼出来る人的関係を作る、分厚くする。そのため、困っている人など他者に関心を持つ。

その二つがこれからの日本人には重要かと。

これがベストとは決して思えないけど、
「ベーシックインカム」も本気で検討したほうが良いと思うわ。

フィンランドとかやり出したしね。フィンランドとかも日本と同様な問題があるからだろうね。
日本の社会や人々の考えはアメリカよりも大陸系ヨーロッパに近いから、
ヨーロッパの社会や政策制度設計に関心持つと良いでしょう。


50. 2017年3月22日 17:22:24 : VND0Ztu83U : rjWcDTh1Nrs[5]
【拡散希望】

天下り官僚から末端の公務員のまで、もう血税の無駄は止めさせないと、
この役人天国庶民地獄の日本は滅びる!

下記⬇︎元公務員からのメールは本当の話だと思う。
身内に地方公務員が何人もいるが、選挙投票日の投票所のアルバイトは公務員に人気らしい。
1日のアルバイト代が、まだ若い公務員でも、1人当たり40,000円も!貰えると聞いた。
多い人は、70,000円も!貰えるそうだ。笑いが止まらないだろう。全部血税!税金だ。
一方、選挙投票所での、町会長が貰ったアルバイト代は10,000円だった。
若い公務員の4分の1のアルバイト代。 これが常識あるアルバイト代だろう!!!
⬇︎       ⬇︎       ⬇︎       ⬇︎       ⬇︎       ⬇︎

元公務員の方からのメール
--------------------------
私は元、役所公務員です。
実は、選挙投票所の投票管理人を何回か仰せつかった経験から言わせてもらいます。
遡る事、約12年くらい前ですが、所謂管理職員が選挙事務の業務を遂行する場合には残業手当(選挙事務手当)、時間外手当については本業の管理職手当てが毎月支給されていた為、本来は支給されない事(条例、規則)
に成っているにも関わらず、1時間当たり4000円の選挙事務手当てが支給されていました。
1回の選挙事務(投票事務、開票事務)をする事で、投票事務が朝7時から夜8時で13時間、開票事務が夜9時から深夜12時までで3時間で、合計16時間 ×4000円=64,000円を頂戴していました。
勿論、昼食、夕食、午前午後の、お菓子飲み物は支給されていました、更には通勤手当ても支給されていました。
私は、妻も同じ職場だったので妻も、64,000円位は支給されていたと聞いていました。
1回の選挙事務手当ては、夫婦で128,000円でした皆様の税金で申し訳ありませんでしたこの場を借りてお詫び申し上げます。
しかし、もっと更には、期日前投票もしていれば、その分(土日)の手当ても支給されていた筈ですよ。
選挙事務手当ては、ご指摘のとおり金儲けの手段とし、当時の職員達は皆さん表面上やりたくない仕事といっていましたが本当は自分から進んで選挙事務の依頼を期待していたのでした。
今でも、税金の無駄遣いがあれば是非是正して頂きたく存じます。
大臣様へ、総務省が地方の市区町村に国民の血税を選挙事務の補助金としてバラマク事をやめさせてください。


[32初期非表示理由]:担当:重複コメント

51. 2017年4月12日 18:19:06 : OV00yyTblk : Icles4K8hQU[1]
定年になって退職金が銀行に振り込まれると、銀行支店長辺りから電話がある
ドル投資しないかとか儲かる話を持ってくる(儲かるなら自分の金でやれだ)

電話がしつこく数ヶ月くらい掛けてくる 結局話にはのらなかったが。
銀行といっても信用しては駄目 すっからかんにされるよ 
昔と違って銀行は詐欺師集団 企業年金の受け取りだけに使っているけど
ヘソクリもやりくりしている...
定年後はお金を稼ごうなんて欲を出さないことだ あと女にも気をつけな
もてる訳無いでしょ 普通...  


52. 2017年7月21日 15:43:36 : iB9zLvghrs : XOKIHcplNJI[4]
やっと経済社会から足抜けできる歳になって金の心配してどうするのよ
元気なうちに山においでよ、最後は楢山まいりでよろし

53. 2017年7月22日 17:14:18 : bTEcfEvAPI : YSn75n8mDZA[1]
>>25  
筋肉が吊る人
こむら返りとか、筋肉が吊る時は、カリウムが足りないのですよ
手っ取り早いのはバナナを食べること 後はネットでカリウムが多い果物でも
調べてください あと下肢静脈瘤なんかも関係するから脚の毛細血管調べたほうがいいよ

54. 2017年7月22日 17:44:22 : yNywFulJFU : LHeMEY@jnTQ[263]
私も極貧にちかい貧乏人です。熱いので麦茶など飲み熱中症には注意して「果物は買う金はない」います。方丈記でないが「貧乏を楽しむ」心境になれば、貧乏を苦にせず気楽になれます。金が無いのはたしかに辛いですが、逆に無いゆえに得することも多い。何年に一度も誰からも声は掛からず、交際費がゼロですむ。病院での難しく苦しい検査や、手術なども断る決断が「常識的には危険だが」しやすいし、病院関係者も事情を話せば了解してくれる。食料品も、成人病に掛かるほど<塩分やコレステロールや血糖などを上げる」の量や内容の食品などとても買えない。ので自然治癒が期待できる「少食に病なし」。金「カネ」はあるのに越したことは無いが、無くてもこころの持ち方で、耐えられる。禅語。〈放下着」「莫妄想」

55. 年金少な[75] lE6L4I@tgsg 2017年9月04日 19:10:55 : bgxmWQr4xw : WQMc65tQWDs[43]
 何かの参考になればと書きます。
 今年3月公務員を定年退職しました。勤続37年で退職金は2000万円をピースほど。公務員は昭和34年4月1日生まれまで60歳から年金がもらえるらしいですが、昨年のボーナスのおかげで今年いっぱい厚生年金は無しです。
 もらえたとしても、月13万円台です。65歳からもらえる国民年金が約6万円。一か月20万円にはなりません。しかも税込みです。
 さらにさらに、昭和30年4月2日生まれから、月28万円を超える年収があると厚生年金は減額されます。働き甲斐がありません。(それ以前は46万円)
 ローンがある人は大変ですよ。28万円からローンを引いたお金で生活しなければいけませんから。貯金も目減りする一方です。
 こんな私でも、今の55歳以下の人よりは恵まれていると思っています。
 いろんな記事でコメントを書いていますが、こんな制度にしたのは自民党だと思っています。他党でも同じ結果だったかと思いますが、一部の者にだけ恩恵を与え続けているのは自民党以外にありません。

56. 2017年12月25日 10:00:11 : J5UEmel65Q : qbDMKXkq37c[1]
病気になって働けなくなりオレの低収入(年間250万円)では自分の家族を食わしてくのだけで精一杯で母をとても援助できなくて生活保護申請に行ったら、担当の人がよく今まで月7万円で生活できましたね??と驚かられたそうだ。
本人曰く生活に困窮してなかったしそこそこ贅沢な食事やたまに安旅行に行けたりで楽しくやってきたみたい。

保護を受けては病院代は無料だし自宅に居るのに月数万円も頂けて有難いと感謝してた。
このスレとはあまり関係ない話かもだけど、オレは今でもそんな母さんを尊敬してるんだ


57. 2018年4月10日 08:18:44 : DZXwPH4i7E : EIF9c1577Ak[122]
妻からストレスだから外にいてと言われてパチンコで散財。

何故そこでどこがストレスなのか聞けないのか。

家にいてもふたりで話す機会を持たなかったから、状況が把握出来なくて

益々破滅的になっていったんだろう。


58. 2018年7月02日 10:13:29 : Ef236fAa4M : IuOMV0v5Lh0[100]
>総務省の調査によると、定年後の夫婦の実収入は月約22万2000円

ま、地方じゃ働き盛りでもそんなに稼げないのですがね

>49
愛国に限らず
愛なんてのはバカを騙すための呪文だよ
定年後の男なんてのは女からすれば卵を産まなくなった鶏
愛とは給料のことだなw



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民84掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧