★阿修羅♪ > 不安と不健康16 > 907.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
農薬が入っていない野菜を食べる 内海聡
http://www.asyura2.com/13/health16/msg/907.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2015 年 11 月 06 日 23:53:34: KqrEdYmDwf7cM
 

(回答先: 砂糖以外の糖について 黒砂糖もてんさい糖も三温糖もハチミツもメープルシロップも、すべて体に超悪い 内海聡 投稿者 てんさい(い) 日時 2015 年 2 月 03 日 11:18:15)

https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/893550170728737

こんなことはヨーロッパでも常識となりつつあるのに、グーミンなニホンジンたちは「しょうがない」とか「そんなこといってたらたべるものがない」とかいって、毎日スーパーの毒入りまみれの野菜を食べているのが現状である。肉や魚が薬物に汚染されているとすれば、植物は農薬によって汚染されているのだ。日本は世界一、二の農薬使用量を誇る国であり、その使用量は常に韓国とトップを争っている。言ってしまえば日本の野菜は世界で一番危険な野菜であると断じてしまってよい。日本でも昔は無農薬栽培が当たり前だったのである。

日本で使われている農薬のスリートップがグリホサート系(ラウンドアップなど)、有機リン類、ネオニコチノイド類であろう。いわゆるラウンドアップは、1970年に某大手アメリカ企業が開発した除草剤だ。某社の悪評についてはもはやここで語るまでもないことである。有機リンは農薬の一種で、炭素−リン結合を含む有機化合物の総称だ。神経系・呼吸器系に対する毒性がある化合物が多いことから、第二次世界大戦前後から殺虫剤として農薬に使われてきた。防虫剤なんかにも普通に入っている。ネオニコチノイドはシナプス部分の後膜に存在する神経伝達物質アセチルコリンの受容体に結合し、神経を興奮させ続けることで昆虫を死に至らしめる農薬である。

これはたとえば野菜や果実だけでなく、ペットボトルのお茶まで及んでいる。ペットボトルのお茶は安全でも何でもなく、茶葉の農薬使用基準が日本と海外が全く違うことは示したとおりである。ペットボトルのお茶(国産)は2番茶の原料が多いとされていて、2番茶のほうが農薬を使われやすいそうだ。2番茶は夏の虫の盛りに収穫することになるからだ。そのような物質を日本では日々散布し日々食べている。ネオニコチノイドなども海外では使用禁止になっているところがある。これらをみてみても農薬という物質はまともな生物には必要のないものである。

ではどうするのか。実は日本にも無農薬の野菜や穀類を作っている人は多数存在する。もっとその人たちから野菜や穀類を買ったほうがいい。買えば買うだけその人たちは作る数を増やすことになる。農薬まみれの野菜の購買数が減れば無農薬の野菜を作る人が増える。これが全国でどこで買えるのか見えるようにするためのシステム化も重要である。私はそれをいま模索中だが、とりあえず私のFBFを眺めるだけで多くの無農薬で作っている農家が存在する。八百屋や自然食品のショップの人も多数名前を連ねているし、その人たちの周囲にはまた私の知らない食関係者がいるであろう。もっともっとその人たちを応援して、その人たちから食品を購入した方がいい。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康16掲示板  
次へ