★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 155.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
物質の質量の99%は「強い力」のエネルギーから来ている/大栗博司
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/155.html
投稿者 短足鰐 日時 2013 年 10 月 10 日 20:28:05: 1dEIvwQCPSw5M
 

(回答先: ひも理論は実験で観測できるか?〜三つの方法による可能性/伊藤英男 投稿者 短足鰐 日時 2013 年 10 月 08 日 20:02:10)

<物質の質量の99%は「強い力」のエネルギー>
 原子の質量は、ほぼ原子核の質量と等しいと言える。この原子核の質量も、そのほとんどが陽子と中性子の質量です。さらに、この陽子と中性子は、各々三つのクォークからできている。しかし、クォークの質量を足しても、質量のわずか1%にしかならない。
 では、残りの99%はいったいどこからきているのか。それは、クォークを陽子や中性子の中に閉じ込めている「強い力」のエネルギーです。原子と原子、原子核と電子、陽子と中性子を結びつけるエネルギーは、質量に換算すると小さなものです。しかし、クォークの世界になると、そこで働く力は、粒子の質量の99%を説明できるほどの、大きなエネルギーを生じるのです。
 電子やクォークの質量は、全体の1%程度にしかならない。物質の質量のほとんどは、強い力のエネルギーを「E=m×cの2乗」で質量に換算すると説明できるのです。

<ヒッグス粒子は「万物の質量の起源」ではない>
 ヒッグス粒子は「万物の質量の起源」と報道されたが、これはあくまで「素粒子の」という意味で、「全ての物質の」と捉えると誤解になる。陽子や中性子の質量の大部分を生み出しているのは強い力で、ヒッグス粒子が関与しているのはその1%でしかなかったのです。ただし、(それでも)素粒子の質量は重要な効果をもたらす。

<距離がながくなるほど強くなる奇妙な力>
 強い力は、遠ざかるほど強くなり、近づくと消えてしまうように見える。そんな不思議な力をどのように理解すればよいのか。…強い力の不思議な性質の説明も、ヤン−ミルズ理論によって可能になった。

【出典】大栗博司「強い力と弱い力〜ヒッブス粒子が宇宙にかけた魔法を解く」幻冬舎‘13年  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧