★阿修羅♪ > 日本の事件31 > 682.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小1女児殺害 遺体解剖の教授「自白と傷に矛盾」:栃木・旧今市市:殺害状況と殺害場所が自白と不適合
http://www.asyura2.com/13/nihon31/msg/682.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 3 月 09 日 01:17:46: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


小1女児殺害 遺体解剖の教授「自白と傷に矛盾」[NHK]
3月8日 18時23分

栃木県の旧今市市、今の日光市で小学1年生の女の子が連れ去られて殺害された事件の裁判員裁判で、解剖に当たった大学教授が弁護側の証人として出席し、被告の自白の内容と刺し傷には矛盾があると指摘しました。

平成17年、今の日光市で小学1年生だった吉田有希ちゃん(当時7)が下校途中に連れ去られ、茨城県の山林で遺体で見つかり、栃木県鹿沼市の勝又拓哉被告(33)が殺人の罪に問われています。

勝又被告は無罪を主張していて、8日、弁護側の証人として、遺体の解剖に当たった大学教授が法廷に立ちました。

この中で教授は、勝又被告が「立たせた状態で胸をナイフで複数回刺した」と供述したことについて、「傷の向きから被害者は寝ていた状態で刺されたと断言できる」と述べ、自白の内容と矛盾があると指摘しました。

また、殺害の場所や時間についても「殺害したと主張する現場に大量の血液の跡はなく、胃の内容物を考えると殺害時刻も違う」などと述べました。

現場に血液がほとんど残っていないことについて、検察は反対尋問で「土の中に血液がしみ込んだ可能性はないか」と教授に質問し、教授は「現場の土に大量の血液がしみ込むことはありえない」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160308/k10010436171000.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 戦争とはこういう物[1139] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年3月11日 02:38:19 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[187]
 事件を立証する物証も、犯人しか知り得ない事実も皆無なのか。ならばなぜ、これで立件できると検察が考えたのか。

2. 戦争とはこういう物[1141] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年3月11日 02:48:38 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[189]
これまでの状況から、発見現場以外で出血させて運んだのはあきらか。捜査員は取り調べの段階で「矛盾」に気が付かなかったのか?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 日本の事件31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
日本の事件31掲示板  
次へ