★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK143 > 327.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アベノミクスに潜む新自由主義  東谷暁 
http://www.asyura2.com/13/senkyo143/msg/327.html
投稿者 大塩 日時 2013 年 1 月 30 日 19:54:29: .cSQld2Pk8LuA
 

 確かに安倍政権になり株価は上がり、円は安くなった。しかし、アベノミクスは容易に小泉・竹中路線へと転換しうる恐れがある。それは閣僚の人事からも言えることだ。
 我々は目先の景気回復に騙されず、アベノミクスの本質を見極める必要がある。

『月刊日本』2月号
東谷暁「アベノミクスに潜む新自由主義」より
http://gekkan-nippon.com/?p=4724

まだ十分ではない財政出動

 さる二〇一三年一月十一日、安倍晋三首相の「緊急経済対策」記者会見をテレビで聞いたとき、私は軽い眩暈を覚えた。このところ私の体調は十分とはいえないから、ひょっとしたらそのせいかもしれない。しかし、語られている経済政策と、そのときまでに安倍首相が作り上げた内閣とのあまりの懸隔を考えると、朗々と語る首相の声がしだいに彼方に遠のいていくように感じられたのである。
 麻生太郎氏を副総裁・財務金融相にすえるという人事は、経済再生を謳う安倍政権の目玉と考えてよいかもしれない。その意味では、野田佳彦前政権などと比べればよっぽど現実を見据えているということができる。世界がさらに不況に落ち込もうとするときに、条件付きとはいえ消費税増税に血道をあげた野田政権はあまりに異常といえた。
 発表された緊急経済対策は、「三本の矢」という言葉に見られるように、「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」の三つからなっていて、国の支出だけで十兆三千億円、地方負担分を加えれば二十兆二千億円に達する。
 この規模は鳩山由紀夫政権の総額二十四兆四千億円よりは少ないものの、鳩山政権が社会保障の増額を試みていたのに対して、安倍政権はもっと直接に景気対策に向けた政府支出を目指していることはあきらかで、その意味では久しぶりの大型経済対策といえる。
 朝日新聞などはこれを「膨満財政」と揶揄しているのだが、もっと膨満だった鳩山政権の財政には好意的だったのだから笑ってしまう。
 実は、私は「少ないな」と感じたのだが、国土強靭化計画を取り入れて、インフラの改修を行うことが予定されていることを考えれば、これは継続され、一時的な景気刺激策で終わるとは思えない。


経済再生にそぐわない閣僚人事

 しかし、いっぽう、麻生財務金融相以外の経済関連閣僚を見ていけば、それが必ずしも喫緊の課題である経済再生とはそぐわない人物が抜擢されているように思われる。たとえば、林芳正氏は英語が堪能でアメリカとのパイプを持つ優秀な人物なのかもしれないが、はたしてTPP問題をかかえるいまの農林水産省のトップにふさわしいといえるのだろうか。また、元マッキンゼー・コンサルタントの茂木敏充氏が経産相というのも、いま進行しようとしている拡大路線とはずれがある。
 甘利明氏が経済再生相に就任するというのも、ちょっと違うと感じさせる。甘利氏は元ソニー社員で、小泉政権時代は商工部会長、衆議院商工委員長を務め、経済政策は小泉構造改革をひきついだ第一次安倍政権で経産相に就いている。そして何より、菅義偉氏が官房長官だというのだから、これはやはり小泉─安倍構造改革路線の布陣ということになる。
 菅氏はいくつもの派閥を渡り歩いているのでいまひとつ思想が分かりにくいが、第一次安倍内閣では総務相をつとめ郵政民営化担当相を兼務した。このとき、急激な民営化をしぶる当時の生田正治日本郵政公社総裁に辞任を迫って、日本郵政社長に就任していた西川善文氏に総裁を兼務させたことを思い出すべきだろう。
 こうしてみると、生産性向上を目指す構造改革政策を推進してきた人間たちが、今度はデフレを阻止して金融緩和と財政拡大の経済再生を推進することになる。安倍首相は日本が果てしないデフレに突入していったのは小泉構造改革が大きかったことを忘れているらしい。あるいは、忘れたふりをしているのだ。(以下略)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年1月30日 20:16:37 : CfGDmI55JA
記事の中に幾つかの間違いがある
朝日をまだリベラルと位置づけ、敵対心を顕にしているところをみると
このおっさん、何も分かっちゃいないだろう

========================
日本の為の新自由主義ならまだ救いがある
まあ、新自由主義というものは、どこの国民であれ、幸せにするものではないので
この表現も間違っているのだが

しかし、こいつらのやっていることが果たして誰の為か
問われなければならない


02. 2013年1月30日 20:28:25 : ta0JRQyGaI
「朝日が鳩山政権の財政政策に好意的だった」?そんな事はなかったと思います。他の新聞と一緒になって「財源はどこに?」と言っていたと記憶しています。まあ、安倍政権の経済政策がどんどん「小泉構造改革の再来」になってきているというのは、その通りだと思いますが。

03. 【タヌキ腹組“ぽんぽこ”】 2013年1月31日 06:10:30 : SM2DPWDDuBDzg : bfwGRX3FdY
アベノミクス=アベミザリー

・・・・・財政悪化、格差拡大、国民資産略奪の窮乏化戦略


04. 2013年1月31日 06:44:52 : HrkgpfvQPE
「もっと膨満だった鳩山政権の財政には好意的だったのだから笑ってしまう。」

??

そんな出まかせを平気で言う神経を疑う。

本年度予算のための国債発行額78兆円過去最大。


05. 2013年1月31日 19:53:40 : DI4AtE6DQk
02です。
さすが阿修羅、関連記事がありました。

子供手当て問題に火をつけたのは首相か、メディアか(永田町異聞、2.15)【デマゴミの世論操作の手口が明らかに】
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/550.html
投稿者 南青山 日時 2010 年 2 月 15 日 18:22:46: ahR4ulk6JJ6HU

「鳩山首相が昨日、官邸に父母10人を招いて「リアル鳩カフェ」なる茶話会を開いたそうだ。

その席で一人の母親が言った。「子ども手当てをいただけるのはいいが、将来に借金を残すのが不安です」

これに鳩山首相がこう答えた。「財源は、ムダ削減で余裕ができた分でやろうという仕組みを基本的にはつくりたい」

これが、今日の新聞記事では「首相、満額支給見送り示唆」(日経) 「首相、満額にこだわらず?」(朝日)という見出しになる。

菅直人財務相が「所得税、法人税、消費税、環境税といった本格的な税制の議論を3月には始める」と語った。

すると、今日の新聞記事には「消費税論議、来月から」(日経) 「消費税議論来月に」(朝日)の見出しが躍る。

これらの記事をボードに貼り付けた今朝のテレビワイドショーで、著名な司会者が首をひねる。

「子ども手当ては満額支給しない?」「参院選を前によく消費税論議を持ち出せるものだ」。コメンテーターたちが、またもマニフェスト違反と言いたげな顔でうなずく。

こうして、政治家の発言は単純化され、永田町のみならず、巷の政治談議でも言葉のひとり歩きが始まる。

「子ども手当ての満額支給をあきらめたそうだ」「ほれ、やっぱり消費税アップだ」。毎度のパターンである。(以下略)」

朝日もやっぱり他の新聞と同じですね。決して好意的ではありません。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK143掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK143掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧