★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144 > 149.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2月18日 これが小沢総理候補を貶めた『最高裁の罠』のカラクリだ! (一市民が斬る!!) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/149.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 2 月 18 日 10:10:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://civilopinions.main.jp/2013/02/218_1.html
2013年2月18日 一市民が斬る!! [Civil Opinions Blog]


 小沢検審起訴議決は疑惑・謎が多すぎる。
 通常起こりえないこと、説明しえないことが数多く発生した。
 偶然がいくつも重なることはない。
 小沢起訴議決を調査し分析していくうち、「審査員はいなかった。審査会議は開かれなかった。架空議決だった」ということがわかった。

 最高裁は小沢総理候補を「架空議決の罠」にはめるため早くから準備してきた。
 アリバイもしっかり作っていた。

 今ここに 『最高裁の罠』のカラクリと最高裁のアリバイ作りを明らかにする。

1.2004年5月、2度の起訴議決で強制起訴できるよう検察審査会法を改正

2.2008年1月、最高裁は「09年4月から東京第三、第四、第五、第六検察審査会を新設する」と発表(2か所だったものを6ヵ所に増やす)

3.2008年9月、最高裁事務総局が不正操作可能な審査員選定クジ引きソフトを開発、検察審査会に配布(恣意的に審査員を決めることができる)

―2008年11月、検察が西松事件の捜査を始め、09年3月大久保元秘書起訴ー

4.2009年初め、最高裁事務総局は最高検と結託して、検察審査会で小沢氏を起訴することを決めた。彼らは審査会を開かずに起訴議決書を創作することにしたが、この方法については検察に知らせなかった

傍証1 2010年2 月1日 東京地検特捜部吉田副部長が取調べ中の石川知裕議員に「小沢はここで不起訴になっても、検察審査会で裁かれる可能性が高い。そんなことになって良いのでしょうか」と語っていた。

傍証2 大坪弘道元大阪特捜部長(郵政不正事件の一審で有罪)が、「最高検幹部が最高裁幹部と民主党潰しを画策している。大阪特捜部で石井一を、東京特捜部で小沢を捜査するが、検察が小沢起訴するのは難しいので、最高裁が検察審査会を利用して起訴する計画である≠ニ私に打ち明けた」と知人に語っていた。

5.2009年2月から、東京第五検察審査会の「画面上の審査員・補充員」を準備
準備された人達には審査員になったことを告知していない。画面上だけの審査員である。
東京第五検察審査会は小沢検審が終わるまで審査員のいない「空のボックス」だったということになる。

6.2009年4月、最高裁事務総局は 東京第五検察審査会事務局の業務をスタートさせた
東京第五検察審査会の事務局職員は2人。
東京第一検審事務局総務課長に手嶋健氏を据え、審査員選定業務と広報担当に宛てた。 
 
7.2009年5月、改正検察審査会法を施行

8.2010年2月、小沢不起訴案件が検察審査会に申し立てられたが、これを東京第五検察審査会に割り振った。
周りから怪しまれないよう、小沢案件以外の案件も第五検察審査会に割り振った。

9.東京第五検審事務局は、割り振られた案件に対し、「架空の審査会議日程」を立てた。

10.東京第五検審事務局は、「架空の審査会議日程」に合せ、審査員と審査補助員の「日当交通費請求書」を創作した。

11.小沢案件ならびにそれ以外の案件について、それぞれの「架空の議決日」が来ると、審査事件票を創作しそれを最高裁に送った

12.2010年4月27日、事務局は「4月27日、審査員全員一致で一回目起訴議決した」と発表
(メディアが小沢バッシングを続けていたため、架空議決を誰も疑わなかった)

13.検審関係者は「審査補助員がやっと決まった。これから審査が本格化し、議決が10月末になる」と新聞社にリークし、9月8日6紙がそれを一斉に報道した(これは当初の計画)

14.9月8日のすぐ後、民主党幹部から「代表選開票前に議決したことにしてほしい」と頼まれた。最高裁も「もし小沢氏が総理になったら、その後の架空起訴議決はできない」と考え、議決日を9月14日に変更した

 ―9月14日の代表選で小沢氏が敗退ー

15.突然の議決日変更をさとられないため、議決発表を10月4日に延ばした
検察審査会関係者は読売新聞や朝日新聞に、「9月の平日に頻繁に集まって審査を行った」(働き盛りの若者が急に平日頻繁に集まれるわけがないのに)などといった嘘の情報をリークした。

16.議決日を急きょ早めたことにより、議決前に検察審査会に検察官を呼ぶことができなかったので、アリバイ作りのため、9月28日に斉藤検察官を検察審査会に呼んだ。
斉藤検察官は議決したことを知らず、検察審査会事務局らによって用意された人達に向かって説明を行った

最高裁は以下の2つの失敗を冒し、それにより疑惑が大きく膨らんでいった。

1.強引に議決日を代表選前に変えた。
2.若すぎる審査員平均年齢を呈示してしまい、さらに平均年齢の訂正の言い間違いをしてしまった。

 これで足がついたということだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 新自由主義クラブ 2013年2月18日 10:18:57 : 41xQYjMxutK66 : TTzHwB6oS2
「生活の党」の参院選の公約の第一番目は「検察不正の徹底追及」にすべきである。


02. 2013年2月18日 10:35:37 : J5j7p29QJA
ここは小沢裁判は事務的にも粛々と行われ、結果として堂々と無罪になった、でいいだろ。

どうも阿修羅は自説にこだわる本末転倒な投稿が大杉。


03. 米犬 2013年2月18日 10:40:17 : PUHl6PtDGaXFs : 4Q80R8Zler
>「審査員はいなかった。審査会議は開かれなかった。架空議決だった」ということがわかった。

「わかった」と言うからには証人もいると思うが、

『最高裁の罠』のカラクリと最高裁のアリバイ作り・・これはただのフィクション

それほど裁判官が信頼できないものなら、「「小沢氏は無罪」と叫ぶ根拠もなくなる

最近では不正選挙・・小沢氏の為ならたとえ火の中水の中・・妄想が膨らむ


04. 2013年2月18日 11:11:25 : CbD5crET12
最高裁事務総局は市民から疑惑を追及されているのですから堂々と反論して疑惑を晴らさなければならないのです。税金は正しく使われていることを国民に知らせる責任があります。それができないのですから不正が行われたと断定されても仕方ないのです。重大犯罪を犯したのですね。一市民さんありがとうございます。

05. 2013年2月18日 11:30:57 : J5j7p29QJA
市民って誰よ。
所定の手続きでやればいいじゃん。
誰も止めないし。

民主主義は手続きとイコールだからね。
どうぞ、どうぞ。


06. 2013年2月18日 11:38:46 : 8BtHrEFiNs
いまとなってわかったのは
平均年齢(小学生でも出来る)の計算を
間違えた検察審査会事務員は司法の危機を憂慮した
「真の愛国者」ではなかったか

07. 2013年2月18日 11:44:34 : uYehYjHrck
米犬 福島原発の瓦礫処理でもやってからものを言うと信じてもらえるぞ

08. 2013年2月18日 13:34:25 : 3b4gw5bUys
べーいぬのおっさん、誰が瓦礫の処理するって?

09. 2013年2月18日 16:54:19 : YU52u0jUmA
この件は事実が徹底解明されるまで、10年でも100年でも粘り強く追求すべきである。

この事件の解決がなければ我々国民の権利(基本的人権)の回復はあり得ない。


10. 2013年2月18日 17:19:37 : wTV80qhR1Q
非既得権益側に籍を置く人々の中には
感の鋭い人も多い
当たっているね、利害関係が無い方がやっぱり説得力が出る

11. 2013年2月18日 18:08:01 : il8UW33C8Q
>>01. 新自由主義クラブ 2013年2月18日 10:18:57 : 41xQYjMxutK66 : TTzHwB6oS2
>「生活の党」の参院選の公約の第一番目は「検察不正の徹底追及」にすべきである。

  ↑
参院選で勝利するためには、
何方かが言っていたように、
「小沢さんの受けた迫害をより多くの国民に伝え理解してもらうことがより重要である」・・・に尽きると思います。


12. 新自由主義クラブ 2013年2月18日 18:15:59 : 41xQYjMxutK66 : TTzHwB6oS2
>>11さん

>「小沢さんの受けた迫害をより多くの国民に伝え理解してもらうことがより重要である」・・・に尽きると思います。


その通りだと思います。

「二段階覚醒論」における、「一段目の覚醒」とは、そのことです。


13. 2013年2月18日 18:32:19 : nIrUtl9bqM
次々と工作員のコメントが湧いてくる。

01 02 03 投稿文に何とか反論したいが反論に合理的な理由はないことがよくわかる。かき回すのみ。


14. hanako 2013年2月18日 18:38:48 : IWnkF9nvLc5K6 : ZNw9RNUknU
11さまに同感です。
検察審査会関係者の確実な犯罪の証拠がこの先出てくる見込みは薄いかもしれません。
今の段階はあくまで推論でしかありませんので。

小沢さんが国賠訴訟をせずにこのままズルズルといけば最高裁と最高検察庁の組織的体質は何も変わりません。

生活党に唯一期待するとしたら国民の生活に直結した問題の「司法改革」=『検察と検察審査会の徹底追求』を願いたいと思います。
これを今徹底してやらなければ、また他の案件でイチャモンつけられ足をすくわれる可能性がありますので。

自民党が法制化を企んでいる「秘密保全法制」「共謀罪」等、もはや我々一般市民に直結するマターも注視する必要があります。


15. 2013年2月18日 19:50:07 : 0wxIAuUZpw
11,1さん同感。

16. 2013年2月18日 19:56:28 : J5j7p29QJA
私は八木啓代のように、検察審査会不存在の立場に立たないだけ。
小沢氏も同様だろ。

17. 2013年2月18日 20:10:17 : wHlgPJNXL5
■『東京大学法学部の人気が凋落 入試は倍率低下、東大内部でも敬遠』
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-165627/1.htm

−−−−−−−−(引用します)

日本の文系の最高峰、東京大学法学部の人気が凋落している。

ひとつは、法学部進学を前提に入学している文科一類(文一)からの進学希望者が減っていて、12年の進学振り分けでは「定員割れ」した。東大内部での法学部人気が下がっているのだ。

さらに、13年度入試では、文一の倍率が3倍を切り、13年ぶりにセンター試験での「足きり」が実施されなかった。

受験生にも、東大生にも敬遠されるようになったのは一体なぜなのか。

−−−−−−−

理由は明らかだ。

こんな事ばっかりやって生きていく人生なんていやだって誰だって思う。
   ↓
『2月18日 これが小沢総理候補を貶めた『最高裁の罠』のカラクリだ!』

政治家で言えば仙谷由人、財界で言えば経団連の米倉会長、完了で言えば財務省の勝栄二郎、特捜の冤罪請負人でCIA御用達佐久間、司法界ではサイト 竹ア博允最高裁長官や最高裁事務総長の山崎敏充に代表される面々、弁護士会では小沢強制起訴の検審議決を支持し小沢さんの政治活動を長期間拘束した指定弁護士の村本道夫等々。

もうほとんど悪の巣窟、犯罪人の孵化装置といっていい悲惨な状況だ。

日本が自立できず、国民及び国民の富が売られる今日の状況は全て東大法学部出身者が徒党をくんで行っている事実は今や誰でもしっている。

東大法学部はひとます解体しなければならないということだ。

わずかだが、志と正義感をもった優秀な方もいるのだが、いかんせん世の中を支配しづぎて歯止めがかからなくなっている。

長きに渡る自民党政治の腐敗と表裏一体で東大法学部連中も腐っていった。

リセットだ! 


18. 2013年2月18日 21:08:36 : J5j7p29QJA
>>17

これは東大に限らず、法学部人気は他大でも陰りが出ている。
原因は法学部の授業が難しいということと、新司試験で合格しても、
弁護士業にメリットを見いだせないこと。

生き様じゃなくて、将来の収入が努力の割に低いためだ。

民間企業だって社畜になって利益のために魂売っているわけだから、
わざわざ学問的習得困難な道を選ぶ必要も無い。
経済学部で十分だろ。
要は卒業に苦労せず、弁護士より収入の多い民間企業への就職にシフトしているのだよ。


19. 2013年2月18日 21:14:14 : Q82AFi3rQM

「一市民」氏を応援しています。

 細部をきちんと詰めることなくして追求はまっとうできません。だから、いつもありがたく一市民氏を応援しています。

 こんな日本に暮らしていることが嘘のようで、こんな検察、こんな裁判所、こんなメデイア、こんな国、こんなところで暮らしていたのか、と3.11以降思い知りました。とことん、思い知りました。

 村木氏の事件があってもどこ吹く風、小沢氏が無罪になっても知らんぷり、事故調なんてあったのかしら、東電だけには入らず、...これではなにがなんでも国が東電を守るつもりだって、誰にだってわかるじゃん。
もろ、わかるように国が行動してるんだからサ。

 というわけで、一市民氏の行動の意味は今や日本中の誰もがわかっている、(メデイア以外)。

 メデイアは薄々最近の状況をわかりつつあるのかもしれないがNHKと同じで今更逃げようがないのよね。

 一市民様、今後も応援しています。
 こころから応援しています、必要ならカンパもします。
 応援しています。


 

 


20. 2013年2月18日 23:21:51 : i2eP5GOIsg
asilyura
 一市民さん いつも貴重な情報をありがとうございます。
 最高裁の罠 も興味深く読ませていただきました。
 一市民とはとても思えない説得力のある内容と、正義感にあふれた情熱をお持ち で、尊敬しています。
 ここへの投稿を楽しみにしています。

21. 2013年2月18日 23:50:40 : M46znu1apo
19さんの同意します。
日本の本当のガンを裁けない国民の代表の政治家の先生たち・・
民主主義の名の官僚独裁国家
検察の罠・最高裁の罠・今度は不正選挙罠か
政治家の皆さん清き一票まで汚れたら庶民は可哀そうだ

22. 2013年2月19日 03:16:00 : p8VyGZV7QI
 内部告発者や協力者がおられたら、彼を国民全体で守らなければならない。

23. 2013年2月19日 04:30:24 : U60Kxtg1Fw
大和の国 日本は 悪者が大きい 輪を作って 冤罪被害者候補を中に入れる

その後 その輪を締め上げる 大和の手法 朝鮮から渡来した大和の手法が小澤

原日本人 アテルイも同じく 悪者に殺された

小澤もクワズ(すれすれ=葡萄牙語)有罪にされる所だった、

何を隠そう 隠れ小澤シンパは司法にもいる、警察 検察 裁判所、彼らが頑張って小澤を無罪へ導いた。有り難う 君らは救世主。アーメン。


24. 2013年2月19日 06:39:02 : LjDUeYansg
司法と行政(検察庁)がグルになって立法を侵害したと言うことに尽きる、

被害者は立法府の議員であるが、

侵害れたのが国民の民意あることは言うまでもない、

この事案は最高裁が正犯で検察庁が実行犯であり、

それを応援したマスコミは共犯である、

あるまじき行為という他はないが、何れ処断されなけばならない。


25. 2013年2月19日 08:17:41 : vCvFwqHNlY
最高裁の、犯罪は、誰が裁けばいいのかい、偽装裁判の国、日本。

26. JohnMung 2013年2月19日 08:27:57 : SfgJT2I6DyMEc : M5QxOGjY4Q

 24>さんのご指摘に加えて、

 当該事案の背後に麻生自公政権があり、その後、あろうことか、菅・野田政権が加担して、小沢一郎氏を政敵等に売り渡し、同志の政治生命の抹殺に加担したことを決して忘れてはならない。

 ところで、未だに、陸山会事件・小沢裁判に関して、背後の麻生自公政権の指揮権発動によって、検察・司法が連んで起こした政治謀略・人権蹂躙事案であり、かつ大手マスメディア等が世論操作・誘導した冤罪事件であることが理解できない方々は、下記のきっこさんのブログを読んでみなはれ!

 彼女は、2009年3月3日に大久保隆規元秘書が不当逮捕された、2日後には、新聞報道等を基に、下記のようなブログを掲載していたのだ。
 きっこさんの卓見に改めて感服するとともに、検察司法の不法・無法行為と大手マスメディア等の欺瞞性・謀略性に強い憤りを感じた。

“西松建設事件は自民党の自作自演劇” きっこのブログ 2009.03.05
 http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/03/post-e150.html

 ★阿修羅閲覧者、国民・有権者のみなさま!!

 将来に禍根を残さぬよう、いま一度、立ち止まって正すべきは何かを考えてみましょう。

 この国の「大いなる”怪”深まる”闇”」を暴き、国民主権の民主政治を確立するためには、大手マスメディアの偏向・歪曲報道を正すことが枢要かつ喫緊の課題です。
 座視・看過・放置すると、この国は、モノも言えぬ暗黒社会になり、国際的に、かつ後世に恥ずべき状態に陥ってしまいます。
 理不尽・不条理なことには、黙っていないで、声を挙げ、意思表示をしましょう。一人ひとりは微力でも、力を合わせれば、大きなものになります。頑丈な扉でも開き、巨大な壁でも乗り越えます。
 歴史を動かすのは、英雄だけではありません。決定づけるのは、無名のあなたと私、庶民の力です。日本人として、後世に恥じない気概を示しましょう。

 大手マスメディアなどの「政治とカネ」という曖昧表現による犯罪的役割!!

 大手マスメディアは、権力・検察司法の手先となって、ネトウヨ・バカウヨどもとともに、「政治とカネ」という曖昧表現で、小沢一郎氏と3人の元秘書に対するネガキャンに血道を挙げてきた。
 小沢一郎氏と3人の秘書の場合は、検察司法の不法無法行為によって起こされた政治謀略・人権蹂躙事案であり、冤罪である。その背景には、麻生自公政権があり、菅・野田政権が引き継いだ国策操作である。また、大手マスメディアの情報操作・偏向報道によって、小沢氏がさも犯罪を起こしているように世論操作・誘導されたという由々しき事案である。

 本来、「政治とカネ」という表現で取り扱うべきは、政治にはカネが掛かることは避けられないが、「カネ」の多寡ではなく、「カネ」の出所に係る不正や利権供与に繋がる「カネ」などが問題とされるべきである。
 また、そのことに関わりやすい企業・団体献金の禁止や、「カネ」のあまり掛からない選挙のあり方などが問題とされるべきである。

 ★阿修羅閲覧者、国民・有権者のみなさま!!

 小沢一郎氏を、好きか嫌いかに関わらず、政権政党であった民主党内で、下記のような謀略が行われていたことを看過・放置できますか?

 現民主党には、菅直人や野田佳彦をはじめ飛んでもない輩が残っています。あなたは、赦せますか?

 民主党はもとより、小沢一郎らに対する政治謀略・人権蹂躙事案への疑惑満載の自公等々に対しても、理不尽極まりない謀略を、二度と起こさせないため、看過・座視することなく、抗議の意思表示の行動を起こしましょう!

 下記スレに記されている内容は、民主党内で同志小沢一郎氏を貶め政治生命を抹殺しようとする極めて由々しきことが記されています。

”2月8日 菅派の会長だった土肥隆一議員は、検審議決発表前に「小沢は刑事犯として消えて行く」と語っていた! 一市民が斬る”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo143/msg/625.html
 投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 2 月 08 日 14:25:00: igsppGRN/E9PQ

 これに書かれていることの前に、陸山会事件・小沢裁判は、麻生自公政権下で政治謀略・人権蹂躙の冤罪事案として、口火が切られたこと。このことが、小沢氏の総理大臣就任の途を閉ざし、その後の菅・野田簒奪政権によって、小沢氏はさらに厳しい状況に追い込まれることになったのです。

 また、下記のスレの内容も、陸山会事件・小沢裁判の背景として、重要な情報であると思います。

”ウィキリークスが暴露!小沢氏は米国の要求を拒否!米国は小沢一郎のせん滅を決定!日本の裏に米国(正しい情報を探すブログ)”
 http://www.asyura2.com/12/senkyo136/msg/597.html
 投稿者 メジナ 日時 2012 年 10 月 02 日 13:32:20: uZtzVkuUwtrYs

”長谷川幸洋『政府はこうして国民を騙す』〜情報操作は日常的に行われている〜:小沢報道でメディアが犯した罪”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo143/msg/529.html
 投稿者 あっしら 日時 2013 年 2 月 05 日 16:14:49: Mo7ApAlflbQ6s


27. 和モガ 2013年2月19日 10:15:19 : PVnDA2aQ4uvco : NjdaagL8lc
気になった点を何点か

傍証1 2010年2 月1日 東京地検特捜部吉田副部長が取調べ中の石川知裕議員に「小沢はここで不起訴になっても、検察審査会で裁かれる可能性が高い。そんなことになって良いのでしょうか」と語っていた。
→捜査報告書の捏造で八木さん代表の市民の会が検察審査会に不服申立てをしたように、告発による被疑事件の場合は被告発人が不起訴となった場合、不服申立てするのはお決まりのコースで、傍証とはならない。

傍証2 大坪弘道元大阪特捜部長(郵政不正事件の一審で有罪)が、「最高検幹部が最高裁幹部と民主党潰しを画策している。大阪特捜部で石井一を、東京特捜部で小沢を捜査するが、検察が小沢起訴するのは難しいので、最高裁が検察審査会を利用して起訴する計画である≠ニ私に打ち明けた」と知人に語っていた。
→八木さんが大坪氏本人にこの話の真偽を尋ねたが、本人は否定したと言っている。

10.東京第五検審事務局は、「架空の審査会議日程」に合せ、審査員と審査補助員の「日当交通費請求書」を創作した。
→その書類だけでなく、併せて公金を横領するための振込データの書類を作らなければならないが、これは第五検審ではなく東京地裁のお仕事。どうやって?これが架空議決を否定する4つの大きな理由の中の一つ。

13.検審関係者は「審査補助員がやっと決まった。これから審査が本格化し、議決が10月末になる」と新聞社にリークし、9月8日6紙がそれを一斉に報道した(これは当初の計画)
→議決時期に対して検審関係者は誰もリークできない。事務局は当然のこと、審査員の一人がリークできる話ではない。これから審査が本格化し、議決が10月末になると書いたのは記者の見込み記事。

14.9月8日のすぐ後、民主党幹部から「代表選開票前に議決したことにしてほしい」と頼まれた。最高裁も「もし小沢氏が総理になったら、その後の架空起訴議決はできない」と考え、議決日を9月14日に変更した
→ということであれば民主党幹部は第五検審の悪事を知っていたことになる。

15.突然の議決日変更をさとられないため、議決発表を10月4日に延ばした
検察審査会関係者は読売新聞や朝日新聞に、「9月の平日に頻繁に集まって審査を行った」(働き盛りの若者が急に平日頻繁に集まれるわけがないのに)などといった嘘の情報をリークした。
→10月末に議決するとは誰もいっていないので発表を延ばす必要はない。

16.議決日を急きょ早めたことにより、議決前に検察審査会に検察官を呼ぶことができなかったので、アリバイ作りのため、9月28日に斉藤検察官を検察審査会に呼んだ。
斉藤検察官は議決したことを知らず、検察審査会事務局らによって用意された人達に向かって説明を行った
→用意する人がいるのなら架空議決する必要はないのでは?その人達で実際にその日、起訴議決すればよい。


28. JohnMung 2013年2月19日 10:41:41 : SfgJT2I6DyMEc : M5QxOGjY4Q
26>訂正
 国策操作 → 国策捜査

29. 2013年2月19日 10:53:47 : emo19JTzUk
昔陸軍.今東大法。

かつて陸軍大学の秀才が軍部を牛耳り、あげくに日本を壊滅させた。東大法との共通点は、なぞらえる事は上手だが、創造力が乏しいことだ。
にせ画の名人がいる。本物より上手に描くと云う。しかし彼独自の画はかけない。創造力がないからだ。

世の中は国際情勢を含めて刻々と変化する。これに対処するには六法全書がつまつただけで柔軟性のないアタマでは対処できない。おまけに彼らは自分らの利権を護持するのに汲々としている。

東大法を潰さなければ-日本の転落はとまらない。


30. 新自由主義クラブ 2013年2月19日 11:09:03 : 41xQYjMxutK66 : FUviF2HWlS
>>29さん

東大法を潰しても、例えば、京大法が出て来ます。

多数派・大衆が変わらなければ、いけません。


31. 2013年2月19日 12:15:51 : 0EopofEgjc
今年2月に判決が出た「徳島町長暴行事件」が、検審強制起訴事案での初の有罪だったね。
でも求刑罰金20万円に対し判決は「科料9,000円」。
しかもこの件、検察は不起訴にした訳じゃなく微罪という事での「起訴猶予」。
だからこれも検察が下した「起訴猶予」判断をある意味肯定してる形だ。
ってことで、不起訴事案での強制起訴裁判では未だに有罪が一件もない。
しかも検察の起訴権限に対する抑止機能で一番重要なのは「不当な起訴の抑止」。
でもこの機能は今のところ存在しない。
また検察はこれが現実になるのを何より恐れていると思うんだけど・・・

よーく考えて検察審査会の批判をしないと、『「検審の強制起訴権限」を無くしてしまい、以前のように起訴権限を独占したい』という検察の思うつぼになっちゃうと思うよ?

まずは今残ってる判決が出ていない4件の強制起訴裁判の結果を注視したい。

小沢の件は別件として考えるべきだろうなぁ・・・


32. 2013年2月19日 12:16:32 : 0KOJbmBugM
あえて、9月の議決日を維持したのはなぜなんだい?

議決が架空なら、そして、小沢氏が代表選で落選したんだから
あえて「代表選前」「代表戦当日」に拘る必要はあるまい。

検事が赴いた後の議決日にするだろう。

審査員は(意図的な選出だが)存在したから、
日にちを動かせなかったんじゃないの?


33. 中田のみや 2013年2月19日 12:42:54 : Ppx1BoMyX1YIQ : vecfdCa5Dk
あれだけの証拠がありながら、田代が無罪放免になったのは、最高裁事務局の一人芝居だった。捏造調書は、最高裁が、内部告発したものか?そうならば、今や検察と最高裁はどういう状況んおか?それも大いに気になる。

34. 2013年2月19日 13:09:03 : pL1vjVBHyg
>>32
議決は、代表選後になるはずなんだが。
陸山会事件は、平均年齢30歳代の審査員11人が1か月で
審査できる小さな事件ではないんだが。
架空議決、又は、カルト宗教団体議決でなければ、
ありえない議決。


13.検審関係者は「審査補助員がやっと決まった。これから審査が本格化し、議決が10月末になる」と新聞社にリークし、9月8日6紙がそれを一斉に報道した(これは当初の計画)

14.9月8日のすぐ後、民主党幹部から「代表選開票前に議決したことにしてほしい」と頼まれた。最高裁も「もし小沢氏が総理になったら、その後の架空起訴議決はできない」と考え、議決日を9月14日に変更した


35. 2013年2月19日 13:26:44 : F4ptag2t2U
名前は忘れたけど、自民党の議員が7年前から準備してきたと言っていたね、
小沢一郎さんが起訴されたときに、そんな事を言っていた自民党議員が居た。

本当は共謀罪も成立させる予定だったが、これは反対が多くて廃案になった。
共謀罪法案が成立していたら、小沢一郎は共謀罪で起訴されたのでは?


36. 2013年2月19日 15:23:56 : pFP4TjzWxw
東大が悪いとかでなく人間偉くなって権力や金を持つとそれを守るために悪いことでもやってしまう。自分たちの組織を守るためには自分を犠牲にしても悪を隠すなど宿命的な業をもっているとしか言えない。出世や金儲けを犠牲にしても自分なりの良識、正義を守り通せる人物はなかなかいない。俗的な意味でトップにいる人物はすべて悪人です。1%くらいはまともな人間がいるかもしれない。余程の能力を持つ人だろうが。

37. JohnMung 2013年2月19日 19:17:56 : SfgJT2I6DyMEc : XA4sVwYyEs

26>のうち、下記を再掲

“西松建設事件は自民党の自作自演劇” きっこのブログ 2009.03.05
 http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/03/post-e150.html

 この中には、森喜朗が登場するぞ。金額も小沢一郎氏よりぐっと多額だ。これって、「しんきろう」ではなくて「もりきろう」なんだ。どうして逮捕されないのだ。しかも、「もりきろう」は清和会だ。小泉も安倍も清和会だ。
 西松事件では、自民党には献金額は小沢氏より小さくても、贈収賄疑惑の政治家がごろごろいたが、清和会以外の二階の秘書が検挙されたが、軽微の罰で釈放されている。ほかは清和会で、検察も警視庁・警察庁もお構いなしだ。

 下記のスレに掲載されていることの通りのようだな。だとすれば、小沢一郎氏を貶めるためにネガキャン・バッシングをやっている輩は、なんなのだ。ずばり、国賊・売国奴だ。

”ウィキリークスが暴露!小沢氏は米国の要求を拒否!米国は小沢一郎のせん滅を決定!日本の裏に米国(正しい情報を探すブログ)”
 http://www.asyura2.com/12/senkyo136/msg/597.html
 投稿者 メジナ 日時 2012 年 10 月 02 日 13:32:20: uZtzVkuUwtrYs

 バカメディアやネトウヨ・バカウヨどもよ!
 東京地検特捜部にデモをかけて、森喜朗はじめ自民党の議員(前・元含む)どもを逮捕して、豚箱に入れるように騒がんかい! やってみろ! 腰抜けども!


38. 2013年2月19日 20:07:53 : 25Pdbx3kFQ
7>>

やはり獣だな。

なぜお前たちがばら撒く放射能の処理を冤罪の被害者が

やらねばならないのか。獣には脳が無いのか?

即筆を折れ。


39. 2013年2月19日 20:35:50 : 5FQOQRxN4s
29さんに全く同意です。
>昔陸軍.今東大法。
>かつて陸軍大学の秀才が軍部を牛耳り、あげくに日本を壊滅させた。東大法との共通点は、なぞらえる事は上手だが、創造力が乏しいことだ。
>にせ画の名人がいる。本物より上手に描くと云う。しかし彼独自の画はかけない。創造力がないからだ。
>世の中は国際情勢を含めて刻々と変化する。これに対処するには六法全書がつまつただけで柔軟性のないアタマでは対処できない。おまけに彼らは自分らの利権を護持するのに汲々としている。
 ↓
東大法が日本の枢要を占拠しすぎていることが基本的に問題だ。
もっと分散しなければだめだ。
あらゆる分野の中枢を東大法が占拠している現状はやはり異常だ。

地理的条件から純粋培養状態の日本、その日本の中でまた全ての分野が東大法で占拠されている。

これは世界の、そして時代の変化に適切に対応して国が自立して持続し国民が安心して生活できるようにするためには決定的にハンディとなる。

近親婚が禁じられている理由を考えてみるがいい。
長期的に衰亡することが必定であることを誰もが知っているからだ。

こうした人間の、生物の営みの真実は組織や、国にもそのまま当てはまることは大方の阿修羅参加者には理解できることだ。

血を一色で固めるリスクの大きさをここに断言する。

ここ数年のネットで確認できる情報では、完了の「路チュウ」等々のふしだらな情報は決して少なくないように思う。

もう、モラルが失われていて、権力を笠に着た不遜な振る舞いとたたずまいが溢れてしまっているように見える。

女から見ればそうした不遜な、尊大な振る舞いとたたずまいは魅力的に映ることだろう。だから女はなびき官僚はますます尊大になる。
(原発のスポーククスマンの官僚も突然「路チュー」で消えていった)

話はすっかりそれてしまったが、権力は麻薬と同じで人間のモラルなど吹き飛ばしてしまうのだ。

今、東大法の連中はそのような中毒に陥っており、更にその中毒を継続できるように法律さえ変えていこうとしている。

やはり東大法の占拠しすぎは異常であり、日本をそして日本国民を殺すよ。



40. 2013年2月19日 20:45:17 : ajKlOFicVA
一市民T氏に敬意を持って


検察審査会法の趣意は、十分な証拠を持って起訴できるのに起訴しない検察を問質す、あるいは諌めることにあり、証拠がないので起訴できない検察をそそのかすことにあるのではない、とされてきました。

これは、責任の所在も無いという奇妙な起訴議決権を持たされてしまった改正後も同じと理解しています。

石川氏の録音がなかったなら、検察組織はこの「小沢事案」にあたって見え掛り上瑕疵の無いように行動し惚け通せるはずだったのです。

検察が小沢さんを起訴できなかったのは証拠が無かったからだと、大林検事総長(当時)が9月1日に記者クラブ会見で明言しているのも、検察審査会法を熟知した彼ら検察なりの「シナリオ」に沿ったことだったのです。

もし実際に選ばれた最大44人の審査員が実在していたのならば、小沢さんを審査したとされる第5検察審査会は、先ず法の趣意に照らしてその法的正当性を問われるべきで、何人かはきっとそのことに思い至るに違いないのです。

「架空審査会」であるとする所以です。


41. ななしんぼう 2013年2月20日 00:18:21 : JuJrpqvAlCTlA : XoiCjGrRGK
小沢信者曰く、小沢大センセイは検察、裁判所、マスゴミ、ついでにアメリカCIAの陰謀で潰されたそうですが、そこまでして潰さないといけない小沢の凄さってのが一向に説明されませんなw

42. 2013年2月20日 01:47:32 : jvn0q4GtRw
総選挙イカサマ開票で仙谷由人は票の積上げが不可能なほど少なかったのでしょうか・・・徳島と千葉では人口が違いすぎるし

兎に角、ユダ米CIAのこれ以上の日本に対して介入を止めないといけない
ユダヤはつくずく悪魔的諸悪の根源で世界中に猛威を振るっている

見方にしたってろくな事にならない(日本は韓国と同じく餌場)


43. 2013年2月20日 16:15:17 : 3UcEMPEXdI
42さん

●仙谷はしばらく隠しておいた方がいいという戦略ですよ。

目的は2つです。

【目的1】カサマ選挙のカモフラージュのため。

イカサマ選挙なら主立った奴はみんな当選していいはずだと誰もが思う。

そこで、大物を一人落選させることで、やはりイカサマ選挙はなかったんだと信じ込ませる。

【目的2】仙谷を神隠ししして口封じするため。

「最高裁の罠」の直接関係者である仙谷はその役目を終えた。

今は「知りすぎたおしゃべりおじさん」に過ぎず、議員を続けさせるとヤバイ発言をしかねない。

「サポーター票の不正集計」やら「民主党代表選と検審議決」やしゃべりたいネタはいくらでもある。

これまでも舌禍で問責決議を食らったり、エロ裁判の被告として法廷で「起つ、起たない」論争をしたり、表に出しておくことはとてもできない。

これらの犯罪がすっかり風化するまで神隠しだということです。

●我々国民は絶対に、地の果てまで追いかけて逃がしませんがね。


44. 2013年2月20日 19:35:07 : BmlRwCfNDk
日本の警察、検察、裁判所に対する不信感は、一般国民の間では深刻な問題です。
その問題を改善して、より良い社会を築くためには、よりよい政治家を選ばなければいけません。
しかし、そこにはどうしようもない不信感の募る問題が表面化してきてしまいました。
昨年末の衆院選からもう2ヶ月あまり経ちました。その不正選挙の問題ですが、いくらおとなしい、従順な国民性とはいえ、この大きな疑惑は放置しておくわけにはいかないと思います。
静かに、しかし重大な問題として、多くの善良な選挙民はしっかりと認識しています。善良な国民、選挙民にとってはなんともやりきれない、情けない問題ですから。『「選挙の重さ」について。民主主義の国では、政治家は選挙によって選ばれる。(中略)今の日本では、「選挙の重さ」が理解されていないのではないか。そう思えてしょうがない。』これは小沢一郎ご自身が著書のなかで述べていることです。
「小沢一郎政治塾」という私塾、幕末の松下村塾(しょうかそんじゅく)をヒントに始めたものだそうですが、松下政経塾(まつしたせいけいじゅく)とは多くの点で全く異なるはずです。とくに、選挙に対する姿勢が著しく異なるようです。
「政治家になるための勉強?『これを読めば政治家になれる』なんて教科書はどこにもないよ。あれこれ考える前に、行動をする。有権者の中に飛び込んでいって、みんなの話しを聞く。これに勝る勉強はない」と小沢一郎先生は教えている。偉い禅僧の「動中の工夫、静中のそれに勝る百千億倍」と同じことだなと思います。しかし、不正選挙への対抗措置を考えないと、参院選でまた同じ不正が行われる不安が消えません。

45. 2013年2月20日 20:08:01 : zHOy2fZ5na
44さん
マスゴミは阿修羅掲示板のような記事は報道しないので、
一般的な日本国民は司法制度の問題を分かっていない

自分が被告になったときに気がつく


46. カッサンドラ 2013年2月22日 11:27:00 : Ais6UB4YIFV7c : yyMh2dXANk
27. 和モガさんの疑問点へ、⇒で私なりの回答をしてみました。
一市民Tさんの考えと必ずしも一致しているかは分かりません。

傍証1・・・→捜査報告書の捏造で八木さん代表の市民の会が検察審査会に不服申立てをしたように、告発による被疑事件の場合は被告発人が不起訴となった場合、不服申立てするのはお決まりのコースで、傍証とはならない。
⇒検察が自分たちの判断にイチャモンをつける検察審査会の存在を、普通わざわざ被疑者に話すだろうか?  取調べ中に白旗を掲げるようなものではないか。

傍証2・・・→八木さんが大坪氏本人にこの話の真偽を尋ねたが、本人は否定したと言っている。
⇒本人が否定したのならこの話は嘘になるが、それにしては話が具体的だ。 この「知人」は恐るべき創作力を持っていたことになる。

10.・・・→その書類だけでなく、併せて公金を横領するための振込データの書類を作らなければならないが、これは第五検審ではなく東京地裁のお仕事。どうやって?これが架空議決を否定する4つの大きな理由の中の一つ。
⇒第五検審の1部署だけが犯罪を行っても、多大のリスクの割りに何の益にもならない。 だいたい会計を担当する地裁と監督する最高裁のチームが同時に動かないと、そもそもこういう犯罪は成立しない。 検察審査会を怪しいと思うなら、地裁と最高裁も怪しいとしないと追及は尻切れトンボになる恐れがある。

13.・・・→議決時期に対して検審関係者は誰もリークできない。事務局は当然のこと、審査員の一人がリークできる話ではない。これから審査が本格化し、議決が10月末になると書いたのは記者の見込み記事。
⇒検察もそういう意味では捜査状況をリークできないはずだ。 しかしやった形跡が至る所にある。 捜査関係者しか知りえない情報が次々に新聞に掲載されている。 このように建前どおり運ばないのが現実の社会である。 なぜ「検審関係者」だけが全くの善人であるといえるのか?

14.・・・→ということであれば民主党幹部は第五検審の悪事を知っていたことになる。
⇒これは同感である。 民主党幹部は方法も分からずに「お願い」することはしないだろう。 議決日と議決内容を「いかようにも設定できる」と知っていたから、お願いできたのだと思う。

15.・・・→10月末に議決するとは誰もいっていないので発表を延ばす必要はない。
⇒建前上は誰も正式には発言していない。 しかし少なくとも新聞を読んだ読者たちは「10月に議決予定」と思っている。 国民の大多数の意識を無視してまで発表を早めても、拙速感が増すだけと判断することはありうる。 特に、審査期間をいかようにも調節できる「検察・無審査会」ならそれも可能だ。 田代事件の審査はどうなっている?

16.・・・→用意する人がいるのなら架空議決する必要はないのでは?その人達で実際にその日、起訴議決すればよい。
⇒「用意した人たち」が審査まで担当していたかは、また別の話である。 たんに斉藤検察官に対する「サクラ」だった可能性も残っている。 これは検察官の話を実際に聞いた人たちと、以前の審査を担当した審査員名との突き合わせをしない限り、永遠に謎である。
 >その人達で実際にその日、起訴議決すればよい。
9月28日に議決したと発表できるくらいなら、最初からそうしてただろう。 しかし9月14日が急遽「指定」されたから、日程に狂いが生じてきたのではないか?  和モガさんも「9月28日は審査員は出頭していて、結果的には別案件の審査をした」と言ってたのでは?  「審査員」か「用意した人たち」かは別として、当日は人はいたのだ。


47. 和モガ 2013年2月23日 12:45:28 : PVnDA2aQ4uvco : NjdaagL8lc
>46.カッサンドラさま
>検察が自分たちの判断にイチャモンをつける検察審査会の存在を、普通わざわざ被疑者に話すだろうか?取調べ中に白旗を掲げるようなものではないか。

→話すだろうか?というより話したというのは事実ですよね。また、この小沢事件の場合、検察審査会はイチャモンをつける存在ではなく、検察の味方です。

>本人が否定したのならこの話は嘘になるが、それにしては話が具体的だ。 この「知人」は恐るべき創作力を持っていたことになる。

→この話をしているのは某記者さんとのことです。しかし、私はこの大坪氏の発言はなかったとしても検察と最高裁のタッグはあったと思っています。

>第五検審の1部署だけが犯罪を行っても、多大のリスクの割りに何の益にもならない。 だいたい会計を担当する地裁と監督する最高裁のチームが同時に動かないと、そもそもこういう犯罪は成立しない。検察審査会を怪しいと思うなら、地裁と最高裁も怪しいとしないと追及は尻切れトンボになる恐れがある。

→私が問題にしているのは東京地裁の会計係で具体的にどうやればできるのかということです。「なりすまし審査員」の場合は東京地裁を巻き込む必要は全くないのですが。

>検察もそういう意味では捜査状況をリークできないはずだ。しかしやった形跡が至る所にある。捜査関係者しか知りえない情報が次々に新聞に掲載されている。このように建前どおり運ばないのが現実の社会である。なぜ「検審関係者」だけが全くの善人であるといえるのか?

→検察と検察審査会は組織が違います。検察はヒエラルキーで統一のとれた組織ですから捜査状況は誰が話しても同じになるでしょう。しかし、検察審査会は合議制の組織ですから考えていることは統一がとれていません。ですから10月末に決議予定なんて誰もリークは出来ないということです。

>建前上は誰も正式には発言していない。しかし少なくとも新聞を読んだ読者たちは「10月に議決予定」と思っている。国民の大多数の意識を無視してまで発表を早めても、拙速感が増すだけと判断することはありうる。特に、審査期間をいかようにも調節できる「検察・無審査会」ならそれも可能だ。 田代事件の審査はどうなっている?

→拙速感が増すだけと判断するのは、その前提を架空議決としているからです。架空議決でなければ早い、遅いは全く関係がなくなります。

>「用意した人たち」が審査まで担当していたかは、また別の話である。 たんに斉藤検察官に対する「サクラ」だった可能性も残っている。これは検察官の話を実際に聞いた人たちと、以前の審査を担当した審査員名との突き合わせをしない限り、永遠に謎である。
>9月28日に議決したと発表できるくらいなら、最初からそうしてただろう。 しかし9月14日が急遽「指定」されたから、日程に狂いが生じてきたのではないか?和モガさんも「9月28日は審査員は出頭していて、結果的には別案件の審査をした」と言ってたのでは?「審査員」か「用意した人たち」かは別として、当日は人はいたのだ。

→たんにサクラと言いますが、平日に十数人の人を集めるのは困難だと思います。そんなに簡単に人を集められるのなら、何故、審査員なしにしたのか理由が分からないという話をしたのです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧