★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146 > 841.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
戦後史の正体:韓国版によせて  孫崎 享 
http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/841.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 4 月 28 日 00:09:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://blogs.yahoo.co.jp/hellotomhanks/folder/1517162.html
★孫崎享氏の視点ー(2013/04/27)★ :本音言いまっせー!


私は36年間外務省で勤務しました。
外国では英国、ソ連、イラク、カナダ、ウズベキスタン、イランで
勤務しました。必ず韓国の外交官に会います。
多くの場合、出だしはぎこちないものになります。
でも、大抵、最も親しい外交官が韓国外交官となります。
それはどこの地の勤務でも同じです。

 韓国の外交官から様々なことを教えてもらいました。

 一人は朴正煕大統領のことを話してくれました。
彼は次のように述べました。

「カーター大統領が訪問し、青瓦台を訪れた。
ここでカーター大統領は韓国の人権問題を批判した。
この時、朴正煕大統領はカーター大統領に対して“米国にも黒人問題という
人権問題がある”と反論した。これを聞いたカーター大統領は顔を
真っ赤にして会談の場を立った。会談はまだ10分もたっていなかった。

 この少し前に盗聴事件が起こっている。米国が青瓦台に盗聴器を
仕掛けていた。これを発見した朴正煕大統領側は逆に米国大使公邸に
盗聴器を仕掛けた。それでカーター大統領は米国大使公邸に戻って怒りを
ぶちまける訳にもゆかず、カーター大統領と在韓国米国大使を乗せた車は
市内をぐるぐる回っていた」

 私は、このエピソードが正しいか否かを判断する力はない。

 しかし、米韓関係は日韓関係よりはるかに緊迫した歴史を持つ。
米国は朝鮮戦争で自国民の血を流した。もし、米国の軍事介入がなかったら
韓国という国家は存在していないかもしれない。それだけに米国としては、
こうあるべきだという強い思いがあるに違いない。
米国が韓国に行った介入は日本に行った介入よりも大きいかもしれない。

 こうした中で、私の書いた『戦後史の正体』は韓国の方々が自分の国の
歴史を見る時の一つの参考になるかもしれない。

 日本が自主外交を行う時、米国として容認しない問題は少なくとも2つある。

 一つは日本が米国の在日米軍基地の縮小をしようとする時。

 今一つは日本が、米国に先行して中国との関係を強化しようとする時。

 在日米軍基地の縮小をしようとする政治家、あるいは米国に先行して
中国との関係を強化しようとする政治家が出る時、ほとんどの場合、
米国が直接この政治家を排除することはない。
日本人自らがこの政治家を排除する。そして排除するのは、政治家、官僚、
経済界、マスコミという一体化された対米従属機構とでもいうべきグループの
集合体である。 私は歴史学者ではない・ まして、戦後史の専門家でもない。

 何故、この本を書こうと思ったか。それは現在を知るためである。
 2009年日本において、総選挙で民主党が成立した。鳩山首相、小沢幹事長の
体制は日本を従来の政治と異なった方向に導くはずであった。
鳩山首相は沖縄における普天間基地を沖縄県民への負担が多すぎるとして、
「最低でも県外(への移転)」を実施しようとした。
さらにアジアでは東アジア共同体を推進しようとした。
小沢氏もまた、米軍の縮小と中国との関係強化を主張した。
そして結果的にこの二人は政治も主要舞台から退かなければならないこと
となった。

 この事件は鳩山、小沢という個々の政治家の問題である。
しかし戦後の日米関係の歴史を見るとしばしば生じてきたことである。
déjà-vuである。

 また、在日米軍基地の問題を見てみよう。
一九五一年九月八日、日本はサンフランシスコで講和条約と日米安保条約に
調印した。重要なのはこの日米安保条約がどのようなものであったかである。
 米軍が日本に駐留することが独立の条件になっていた。

 こうして米国側も用意ができ、日本側も用意ができたところで、
一九五一年一月二五日、ダレス国務省政策顧問が訪日し、日米交渉が
開始された。
 ここでダレスがどのような姿勢で日本との交渉にのぞんだか、
それは次のようなものであった。

「一九五一年一月二六日、日本との交渉に先立ち、ダレスは最初の
スタッフ会議において『われわれは日本に、われわれが望むだけの軍隊を、
望む場所に、望む期間だけ駐留させる権利を確保できるだろうか、
これが根本問題である』と指摘した」。

 このダレスの主張は日米安保条約、そして在日米軍の在り様を決めた
行政協定(日米地位協定に変更)にそのまま盛り込まれている。

 日本では今日オスプレイの配備が問題になっている。その中当時の首相
野田氏は「配備は米政府の方針であり、日本からどうしろこうしろと言う話
では基本的にはない」と述べた。
また2012年7月野田内閣は31日、米新型輸送機MV22オスプレイの
日本国内での低空飛行訓練に関連し、地上の人や物件の安全のために
低空飛行を制限する航空法は適用されないとする政府答弁書を閣議決定した。
ダレスの考え方が今日の日米関係に生きている。

 私は今日の日米関係を理解するために『戦後史の正体』を書いた。
この本が韓国国民の日本理解に貢献することを期待している。
 ひょっとすると「日本も我々と同じか」という声が韓国国民から出るかも
しれない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年4月28日 02:53:55 : YxpFguEt7k
友愛研究会
「五月下旬に予定されていた日中韓首脳会談が、中国側が難色を示し、先送りされると伝えられています。見解の相違があっても、実際に会って話し合うことが重要です。
 友愛研究会は、日中韓首脳会談が早期に開催されることを期待します。」
https://twitter.com/yuaijp/status/327969278462668800

友愛研究会とは縁もゆかりもありませんが、日中韓首脳会談が早期に開催され、国民同士、相互理解が進むことを期待いたします。


02. 日高見連邦共和国 2013年4月28日 07:51:10 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A

『韓国版』発刊おめでとー!!

アチラでも“話題沸騰”確実!!!


03. おじゃま一郎 2013年4月28日 19:56:31 : Oo1MUxFRAsqXk : qin4J9anTk
>外国では英国、ソ連、イラク、カナダ、ウズベキスタン、イランで

孫崎の上げる国の、そのうちいくつかは滞在したことはあるが、
ウズベキスタンはどうしようもない国だ。ソ連の官僚制+
イスラム諸国のいやらしさが合体した国だ。

孫崎もここで大使やってたので、どうしようもないところを
身につけたようだ。

こんなひねくれものを信じてはいけない。


04. 2013年4月28日 23:15:03 : Glt7A88w6E
03おじゃま野郎

孫崎さんの名前を呼び捨てにするな、バカ。

一番信じてはいけないのは、お前みたいなやつだ!


05. 2013年4月28日 23:20:29 : Xwlemfst1A
おじゃま一郎はお邪魔虫

06. 2013年4月29日 08:59:32 : k5d8CAZlm2
おじゃ松井一郎は、新自由主義者の大阪府知事の二番煎じ。

特定の企業が拡大するのには文句を言わないが、国民が真実に気づき豊かになることは我慢ならんらしい。


07. 暖かい闇 2013年4月29日 15:51:57 : EnF8e2VGW7OHg : iWO0CQ2u2c
>>06
おじゃま一郎。国民が真実に気づき豊かになることは我慢ならんらしい。<<
同感です。こいつは、従米の真実を指摘されると、すぐ反応する。BKD野郎です。

08. 2013年4月29日 21:20:13 : 3irjorI66k

おじゃま一郎さん

 阿修羅には・・じゃま です。



09. 2013年4月29日 22:49:25 : CemezFthtI

日本が自主外交を行う時、米国として容認しない問題は少なくとも2つある。
 一つは日本が米国の在日米軍基地の縮小をしようとする時。
 今一つは日本が、米国に先行して中国との関係を強化しようとする時。


納得納得!他にもありそうに思えます…
米国債購入を縮小したり、売却しようとする時
日本独自の兵器開発をすすめようとする時
先行してロシアとの関係を強化しようとする時 等々

総理官邸にもアメ公の強力な盗聴記録機器が活躍しているに違いない

自民党幹部はお仲間だから周知、Gerry安倍もあまり使わないのか?



10. 2013年4月29日 23:43:47 : cCz4ye6Qk7
おじゃまムシは世界がいろいろな人種、宗教があり政治体制もいろいろな国家があるのが許せないのかな。
アメリカ支配に脳ミソをやられていると視野狭窄になるか一方的に色が染まるみたいだ。
おじゃまや米犬のTPPは脳ミソをやられた延長線あるのでは。

11. 2013年4月30日 00:42:58 : 9rXm2Ff3QQ
>>日本が自主外交を行う時、米国として容認しない問題は少なくとも2つある。
 一つは日本が米国の在日米軍基地の縮小をしようとする時。
 今一つは日本が、米国に先行して中国との関係を強化しようとする時。<<

1972年9月田中角栄は、アメリカの頭越しに中国・北京で周恩来と
日中共同声明、国交正常化調印。
また、アメリカからの石油輸入価格が高い事から、直接中東から輸入
しようとした。→結果、田中角栄は潰された。鳩山、小沢と同じ構図


12. おじゃま一郎 2013年4月30日 01:25:31 : Oo1MUxFRAsqXk : qin4J9anTk
>でも、大抵、最も親しい外交官が韓国外交官となります。

他国語に翻訳するなら、マイナーな韓国語でなく、まず英語版が
最初に出るはずなんだが。

最近まで韓国は、日本の文化を受け入れることはなかった。
韓国語に翻訳された時、その翻訳をしたのは韓国側なのか、それとも
日本側なのか、著者の意図が正しく反映されているのか疑問である。

享の経歴から見て、思想の背景がわかったような気がする。


13. 2013年4月30日 06:39:09 : NFsLj6ASb2
 最近、真保裕一著『アンダルシア』を読んだ。フランスとスペインの間にあり、両国の属国みたいなアンドラという国が舞台になっている。
 その3国の警察と日本のはみ出し外交官が自国の名誉をかけて渡り合うのだが、

「日本の外務省には、自分の将来と省益のみを優先させ、国を顧みようとしない者たちが大手を振るっている」とか、

「(アメリカの)飼い犬にも等しい属国日本の外交官」
という表現が出てくる。

 この作者も孫崎氏の著書を読んでいるのだろうか、それとも日本はアメリカの属国というのは常識なのだろうかと思った。

 孫崎氏にはますますのご活躍を期待しております。


14. 2013年4月30日 10:32:12 : rrhrFN6JLd
12)孫崎さんはお前のようなアメポチ輩に理解されなくてもいいんだよ。

15. 2013年4月30日 10:47:33 : BMrorzPuak
私は高校時代と大学時代に社会の先生からアメリカ占領軍の3S政策と呼ばれる日本人の優秀さを削ぐ目的で国力劣化政策があるのだという話を聞かされていたのでそのセックス開放、スポーツ促進、スクリーンによる洗脳などには騙されるまいと今日まできているが、元公務員だった孫崎さんをはじめ自衛隊幹部だった方の発言や最近本をだしている前泊さんの日米地位協定などの話を正確に理解することで頭が明確になった。日本は独立していなかったと。

日本が誤った歴史教育を刷り込まれたのと同様に韓国もアメリカに誤った歴史教育がなされたであろうことは容易に推測できる。
中国はアメリカというよりも毛沢東による誤った歴史教育がなされてきたということであろう。ネットでも動画でもそうした真実があばかれているので日本人も韓国人もほどなく真実に気づかされるのは遠くないであろうと思う。


16. 愛国日本!反日撲滅! 2013年4月30日 14:43:26 : I3Y3nvKcGa5fc : erTMzrbZlk
「日本が自主外交を行う時、米国として容認しない問題は少なくとも2つある。

 一つは日本が米国の在日米軍基地の縮小をしようとする時。

 今一つは日本が、米国に先行して中国との関係を強化しようとする時。」

憲法改正前の現状の日本が独自で自衛に不安が残る中、米軍基地が縮小すれば中国韓国は喜ぶでしょうね。現状において反日国家で日本本土(沖縄は既に危険な状態)を侵略しつつある中国との関係強化?などと・・・その前に模造歴史を基にした反日教育をやめて侵略行為をやめろ!っていう状態ですが何を言ってるんでしょうね。と考えれば、売国の鳩山や小沢の顔が浮かんできますね。

この記事を通じて孫崎亨が言いたいことは、日本と中国・韓国との仲が進展しないのはアメリカのせいで、日本と中国・韓国との仲を良くしようとしているのが良い政治家です、って事なのでしょうが、そこに鳩山や小沢の名前を出してきている時点でもう意図が見え見えです。確かに日本と中国・韓国の仲を悪くしようと裏で動いている存在はあるでしょうが、彼らは元々、日本とは仲が悪かった訳で、それを利用しているだけに過ぎません。そして日本は韓国・中国とも仲良くしようと努力してきましたが、そもそも国ぐるみで反日教育を行い、日本人のやさしさを利用し歴史を模造し、問題がないのに問題にして、保障や賠償をむしりとってきた訳です。そして彼らは日本の内外に工作員を送り込み日本を潰すために活動してきました。結果、洗脳装置のマスコミを手中に収め、諸外国での日本や日本人の信用を落とす模造した情報を流布し、そして民主党政権になったのを機に日本転覆を図ったのです。しかしそれも失敗に終わりました。それは日本という国家と、その礎を築いてきた先人達の行いは、その程度の事では動じない程に立派だったからです。そして私達の今が在るのは、その先人達の行いと、その人達が築いてきた日本という国家のお陰だという事が分かるでしょう。それに応える為にも、私達はこの日本を立て直すために、真実を知り、日本国民一人ひとりが意識するときなのです。見て見ぬフリはやめましょう。誰かがやってくれるなどという考えは捨てましょう。皆が一人ひとり何かを行えば、それだけこの国は良い方向へ向かいます。その為には正しい情報を得なければなりません。正しい情報と思わせる為に詐欺集団が流す反日思想に迎合するような聞こえだけ良い情報に騙されてはいけません。それに騙されれば貴方は偽善者になってしまいます。日本を潰す手助けをすることになってしまいます。

「反日の実態」というサイトで日本の国内外に蔓延する反日思想とはどういうものなのかを、まずは知ってください。
「凛(りん)として愛」という映画が、Youtubeなどで無料配信中です。これらを通じて「大東亜戦争(太平洋戦争)の真実」や、その後の「東京裁判」などを知ってください。私達が義務教育で学んだ歴史がウソで上塗りされていた事、そしてなぜウソで上塗りされたのかが理解できるでしょう。


17. おじゃま一郎 2013年4月30日 16:58:46 : Oo1MUxFRAsqXk : Z58IzuiDOQ
>15
>セックス開放、スポーツ促進、スクリーンによる洗脳などには騙されるまいと今
>日まできているが、

いきぐるしい人生だな。

アメリカというのは、その国に進出するとき若者文化を輸出するんだよ。
海外行くとわかるんだが、低開発国の辺鄙な国でも、政治的に進出している
国にはマクドナルド、ケンタキーフライドチキン、リーバイスのジーンズとかあり、ビルボードのヒット曲が流れている。夜はデイスコでナンパだ。

つまり、民衆がなんの抵抗もなくアメリカを受け入れるようにしている。

日本もアメリカ文化を受け入れている国なのだが、幸か不幸か英語が
出来ない国民なので、カッコはつけるが、アメリカがそれほど
深くは浸透してない。逆に言うと、アメリカが理解できていないし
しようともしない。



18. 2013年4月30日 21:41:21 : MDURCTUJ7k
アメリカ在住者です。

アメリカ人はほとんど全員、受けてきた教育のなかで、
アメリカは全世界で最高の国であり、
民主主義を護る世界の警察の役割を担い、
『アメリカが望むだけの軍隊を、
 望む場所に、望む期間だけ駐留させる権利』というものは、
当然至極持ち合わせているべきもので、
特にそれが日本や韓国やアジアや中近東諸国である場合、
子供が戦闘機の轟音で難聴になろうとも、
ジュゴンの命が消滅しようとも、
仕方ないと考えている。

それは、たとえば日本人の中国や韓国に対する見方同様、
悪意の無い主観なんだと思う。


19. 2013年4月30日 22:20:18 : jzDvZHVKpE
世界で日本人を一番殺したのはアメリカ。
アメリカ兵を一番殺したのは日本でしょうが、比較にならない。
日本はアメリカの一般市民は殺していない。
アメリカは先の大戦で日本の一般市民を含め250万人以上殺しまくった。

「日本を守る為」、「ふるさとを守る為」「妻子や親、家族を守る為」と、
アメリカと戦い命を捧げた日本の英霊たちは天国でどう思ってるでしよう…
現在のアメリカ従属日本をみてどう思うでしょう。

日本は中共と殆ど戦っていない。朝鮮然り。
戦ったのは中共ではなく、アメリカ・ソ連に騙された蒋介石愚連隊・
国民軍でしょう。アメリカから武器や資金を受け、軍事訓練を受けて日本
と戦った蒋介石・国民軍。それでもアメリカに参戦を執拗に促したのが
蒋介石とチャーチルでしょう。アメリカは一次大戦の大量殺戮近代戦争も
あり戦争を避けていた。しかしアメリカもフランスやオランダ、イギリス
など西洋白人諸国のアジア・アフリカ植民地支配を守るため利害が一致。
参戦にふみきった。自由と民主主義などと言うフレーズは支配目的の裏
フレーズ。
実際、終戦後オランダ、イギリスは再びインドネシアを攻撃し再植民地
化しようとした。長年甘い汁を吸い良い思いをした経験が忘れられないのだ。
しかし失敗している。アメリカは黙殺。

そもそも欧米白人勢がアジア・アフリカ等を侵略し植民地化し、富の収奪を
繰り返していた事実を棚に上げ、未だに日本を侵略国扱いする事自体矛盾して
いる。

現在の中国は、反日教育で共産党一党独裁主義を維持する為、日本を利用し
ているだけ。韓国は、中共・北朝鮮、共産国を国境に不安定・危険な位置にあ
り被害妄想も含め反日教育で中国にも多少歩調を合わせている。アメリカ従
属・韓国も日本と同じアメポチ。日・中・韓、アジアの不安定を利用している
のがアメリカ。
アメリカはドイツ、韓国には核保有を許すが日本だけは許さないと言って
いる。アメリカに振り回されっぱなしの日本、アジア。
どこに日本に主権があるのか。生かさず殺さずがアメリカの手法。

世界中で喧嘩を売り危機を煽り、兵器を売りまくっているのは戦争屋アメリ
カでしょう。イラクに大量殺人兵器は無いと知りながら戦争を仕掛け権益を狙
う。軍産複合国家アメリカは常に世界中を危機状態にし、戦争をし、魔の武器
商で財政を支える。しかし現在は逆に軍費負担になり日本に協力させる。
そして、それに加担する長期独裁政権自民こそが売国ではないですか。
屈辱的な「日米地位協定」や「年次改革要望書」はどうですか。

本来日・米・中・ロ・韓・朝、どこの国でも国民は戦争を望んではいない。
いつの時代も戦争やトラブルを起こすのは利害・我欲に狂った政治家・資本化、
支配層だ。国民はまず、自国の政府・マスコミに騙されないよう確り監視する
方がさき。

◇欧米も大切、アジアも大切、中東もアフリカも大切。世界と対等に等距離
外交を理念とする鳩山、小沢氏が何故売国になるのでしょうか。
先の大戦で命を捧げた英霊たちはそれを望んでいたのではないですか。

◇日米「年次改革要望書」参考↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81%E6%9C%9B%E6%9B%B8
「成長のための日米経済パートナーシップ」の一環として最初に「日米規制改革および
競争政策イニシアティブに基づく要望書」(年次改革要望書)が作成されたのは2001年
(平成13年)であるが、これは先行する「日本とアメリカ合衆国との間の規制緩和に関す
る対話に基づく双方の要望書」の枠組みが現行のイニシアティブの形式に整えられたこ
とによる。
由来をたどれば、1993年(平成5年)7月の宮澤喜一首相とビル・クリントン米大統領と
の会談で決まったものとされている。『拒否できない日本』によれば、最初の要望書は
1994年(平成6年)であった。
双方の要望書は両国政府によって公開されており、日本から米国への要望書について
は、外務省のウェブサイトにおいて公開されている。同様に、米国から日本への要望書に
ついては、駐日米国大使館のウェブサイトに日本語訳されたものが公開されている(外部
リンクの節を参照) 。 米国側からの要望が施策として実現した例としては、建築基準法
の改正や法科大学院の設置の実現、著作権保護期間の延長やその強化、裁判員制度を
はじめとする司法制度改革、独占禁止法の強化と運用の厳密化、労働者派遣法改正(労働
者派遣事業の規制緩和)、郵政民営化といったものが挙げられる。米国政府から
の要望で実現していない項目としては、再販制度・特殊指定の廃止・ホワイトカラーエグ
ゼンプションが挙げられるが、年次要望改革書では引き続き取り上げられている。一方、
日本側からアメリカ側への要望の一切が実現されていない。
◇アメリカ政府による日本改造
関岡英之は年次改革要望書はアメリカ政府による日本改造という観点から注目し、アメリ
カによる日本への年次改革要望書の性格は、アメリカの国益の追求という点で一貫して
おり、その中には日本の国益に反するものも多く含まれているとしている。衆議院議員小
泉龍司(2005年9月の総選挙で落選)は、2005年(平成17年)5月31日の郵政民営化
に関する特別委員会において、要望書について「内政干渉と思われるぐらいきめ細かく、
米国の要望として書かれている」と述べている。


20. 2013年4月30日 23:25:19 : KO4C9oEhYU
>03
ほーおじゃまさんウズベキスタンを御存じなのですか。珍しい人ですね。日本人でウズベキスタンに行った事のある人はほんの少数だと思う。いま日本人の駐在員何人いるだろうか。たぶん100人もいないのではないか。知らない国の事をさも知っている風に言われても。

21. 2013年5月01日 09:46:17 : XwXoBESpJ6
今の中韓と反日的日本人には悪口ばかり言われている日本ですが、日本の歴史をひもとくと、いつの時代にも素晴らしい活躍をしていることが分かります。日清戦争終了後と日露戦争前の世界情勢というのはかなりドラマチックでした。世界から奇跡的と言われた「明治維新」を成し遂げた日本でしたが、その後も有色人種が蔑視され続けたなかで、日本人は世界をアッと言わせるようなことをしています。

日本が日清戦争に勝って、朝鮮半島に大韓帝国が生まれたことは朝鮮にとっても日本にとっても良いことでしたが、そのほかに日本は講和条件として遼東半島と台湾を割譲されることになりました。この当時、台湾は「化外の土地」と言われ、本国から省みられることのなかった地でした。遼東半島もまた万里の長城の外にあり清国固有の領土というわけでもありませんでした。つまり、台湾も遼東半島も清にとっては比較的重要な地ではありませんでした。が、アジア大陸の南下に野心を持つロシアだけは遼東半島にこだわったのです。ロシアはドイツとフランスを誘って遼東半島割譲を妨害することにしました。これには以夷制夷(外国を遣って外国を制す)という伝統的発想を持つ清も、ロシアとドイツ・フランスに日本を抑えてもらえれば、いかなる報酬を与えても良いと思ったという背景がありました。これが三国干渉ですね。

結局、日本は遼東半島を清に返還しましたが、清は三国干渉を契機に欧米列強の餌食になっていきました。清の以夷制夷が失敗しました。また、この情勢を見て朝鮮政府内の親ロシア派が台頭し、事大主義(近隣の大国に従属して自国の存続を図る)政策を好む朝鮮の人々は、日本を侮るようになっていきました。この結果、大韓帝国はわずか数年の内にロシアの保護領同然になってしまいました。何のために日清戦争をやったのか分からないような事態ですね。

しかも、ロシアは「東方を征服せよ」というロシア語に由来するウラジオストクに海軍基地を置いていましたが、冬には凍結してしまう。そこで韓国領内に拠点を築きだしました。これは日本の防衛にとって大変な脅威です。とは言っても、ロシアとの開戦は勝ち目がありません。ところが、思わぬ味方が現れました。大英帝国です。明治35年(1902年)の日英同盟が日本を開戦に踏み切らせました。この同盟は日本にとっても国際社会にとってもビッグニュースでした。当時の大英帝国は「栄光ある孤立」を誇りにしていて、ヨーロッパおいてすら他国と同盟を結ばない国でしたから。では、なぜ日英同盟は生まれたのか。

清は日本に圧力をかけることを白人諸国に頼んだために、白人諸国に侵略され悲惨な状態でした。そこで義和団という宗教集団が白人排斥の乱を起こし清全体に広まりました。各地で白人が殺され、教会が焼かれ、北京を制圧し公使館地域を包囲する事態に。清国政府は傍観するのみ。欧米諸国は驚愕し自国に援軍を求めようにも間に合わず、みな日本が援軍を派遣することを望みました。しかし、日本は正式な要請がなければ決して動きませんでした。白人中心に世界は回っていましたから、日本政府はあくまで欧米との協調を優先していました。日本は模範生になるしかなく、全てにおいて涙ぐましい努力の連続の時代でした。欧州各国の意見を代表する形でイギリス政府から正式な申し入れが来て初めて日本は出兵を承諾したのです。

日本から派遣されたのは山口素臣中将引きいる第五師団。彼らは常に欧米連合軍の先頭に立ち、猛暑の中を奮闘。天津も北京も落城します。この時の様子をみて、欧米諸国は日本軍の規律正しさに感嘆しました。特に驚いたのは、日本軍だけが占領地域で略奪行為を行わなかったことです。当時の欧米の兵たちの間では略奪や強姦が常識とされていました。実際、北京でも上海でも大規模な略奪などが行われました。中でもロシア軍は最も悪質・・・日本軍が警備していた清朝の離宮に侵入し財物を根こそぎ持ち帰りました。イギリスのタイムス紙にも「組織的剥奪」と載りました。軍隊そのものが略奪集団となっていたわけです。そういうイギリス軍兵士も略奪した宝石など公使館内でオークションにかけたそうですが。ともあれ、日本軍だけは任務終了後直ちに帰国し、各国からの評価が大変良かったのでした。また、第五師団が到着するまで、北京の公使館区域が持ちこたえたのも日本人の活躍が大きかったのです。北京にある11カ国の公使館員を中心に作られた義勇軍のうち、日本人義勇兵が最も勇敢で功績がありました。日本人は受け持ち区域を防御するだけでなく、イギリス公使館が襲撃された時にも救援に駆けつけ撃退しました。当時日本人とつきあう欧米人はほとんどいなかったのですが、この籠城を通じて、日本人の姿が模範生として、みんなの目に映るようになったのでした。これが、日英同盟を結ぶに至った理由です。イギリスの外交官も記者も、日本軍を見ていたのですね。

世界を驚かせた日英同盟の実現は、この北清事変での日本軍の活躍が信頼を高め、イギリスの日本観が変わったということでしょう。この日英同盟はその後20年間続きました。イギリスと同盟を結んでいるということで、日露戦争以後も日本は大きな利益を受けることになります。20年でなく、ずーっと同盟を結んでいたかったですね。

ところが、この日英同盟の解消を企んだのは、米国と清国でした・・・。
彼らは日英同盟によって日本の地位が向上するのが不満でした。米国は新たな開拓地をアジアに向けていた時期です(国内のどの土地にも入植者が入って、フロンティアの消滅を宣言したのが1890年)。

今の世界情勢を見るにつけ、米国も中国も韓国も歴史(史実)を忘れているのではないかと思ってしまいます。日本に歴史問題をつきつけて人権とか人道とか叫ぶばかり。日本は日清戦争から大東亜戦争まで、開戦に至る理由がありました。そのことを日本人がまず歴史を勉強して知らなくてはならないと思います。そうでなければ、護憲か改憲かという問題一つとっても何も考えられないのではないでしょうか。


22. おじゃま一郎 2013年5月01日 19:38:28 : Oo1MUxFRAsqXk : Z58IzuiDOQ
>21

文章は長いがいうこといい加減なことだられ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧