★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK152 > 391.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本を操る赤い糸〜田中上奏文・ゾルゲ・ニューディーラー等 第11章 『日本解放綱領』の残影
http://www.asyura2.com/13/senkyo152/msg/391.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2013 年 8 月 11 日 18:03:01: 8rnauVNerwl2s
 

(回答先: 日本を操る赤い糸〜田中上奏文・ゾルゲ・ニューディーラー等 第10章 ニューディーラーが日本を改悪 投稿者 会員番号4153番 日時 2013 年 8 月 11 日 17:59:19)


「ほそかわ・かずひこの<オピニオン・サイト>」から
http://homepage2.nifty.com/khosokawa/opinion07b.htm

第11章 『日本解放綱領』の残影

昭和47年(1972)8月、中国共産党の秘密文書なるものが、出現しました。当時は、田中角栄内閣が成立し、マスコミが日中早期国交のキャンペーンを展開していました。三島由紀夫自決や70年安保収束の2年後のことです。
 故・西内雅(ただし)教授(当時中央学院大学、のち皇学館大学)は、北東アジア各地を旅行中に、中共による『日本解放綱領』という文書を入手したと言います。そして、国民新聞社が日本語の翻訳版を出版しました。それが、『中共が工作員に指示した「日本解放」の秘密指令』という小冊子です。
 その後も中国共産党は、極秘の対日政治工作計画を立て、30年以上にわたって、工作活動を続けているのではないか。そう思われる文書が、この『日本解放綱領』です。
 続きは、以下のページをお読み下さい
 http://homepage2.nifty.com/khosokawa/opinion07c.htm
(ページの頭へ)


■『日本解放綱領』の残影〜中国の対日政治工作
2006.1.29改訂

 昭和47年(1972)8月、中国共産党の秘密文書なるものが、出現しました。当時は、田中角栄内閣が成立し、マスコミが日中早期国交のキャンペーンを展開していました。三島由紀夫自決や70年安保収束の2年後のことです。
 故・西内雅(ただし)教授(当時中央学院大学、のち皇学館大学)は、北東アジア各地を旅行中に、中共による『日本解放綱領』という文書を入手したと言います。そして、国民新聞社が日本語の翻訳版を出版しました。それが、『中共が工作員に指示した「日本解放」の秘密指令』という小冊子です。
 その後も中国共産党は、極秘の対日政治工作計画を立て、30年以上にわたって、工作活動を続けているのではないか。そう思われる文書が、この『日本解放綱領』です。(註 全文を後半に掲載)

◆忘れられた文書

 昭和47年の発行当時、本書は、論壇誌で取り上げられたり、日本共産党も言及するなど、反響を呼びました。しかし、その後は、存在すら忘れられたかのようになっていました。私は平成11年から本書について、ネット等に書いてきましたが、出版元の国民新聞社には在庫がなく、原本も所在不明ということで、私が同社に原本をお貸ししたことがあります。
拙稿が世の関心を呼び覚ますことになったのかどうかはわかりませんが、平成13年、『月刊日本』9月号が本書の全文を掲載しました。その後、私は本書が本や雑誌で引用されるのに出会いませんでしたが、ネット上では徐々に注目を集めていました。平成18年1月には、月刊『WiLL』3月号に、『中国の「対日政治工作」』という題名で、全文が掲載されました。
 私は、この文書に中国語の原書が実在するのか、翻訳において創作的な点はないのか、偽書の可能性がないのか、中国問題や外交等の専門家に検討を呼びかけてきました。現在も詳細はわかりません。
しかし、昭和47年発行時、本書に推薦の辞を寄せた鍋山貞親氏(戦前の佐野・鍋山の「転向声明」で有名)は、西内教授は「はったり性の全然ない学究」であり、「持ち帰った文書も、すぐふりまわしはせず、まず3人の中共研究者に、それぞれ個別の検討を委嘱し、3人の判断がいずれも一致しているのを見て、ようやく公表することに踏み切ったというほど、用意周到である」と記しています。
この文書を掲載した『WiLL』の編集部は、次のように書いています。
 「この文書は一部ではかねてより知られていた。驚くべき内容である。中国の対日工作計画がこと細かに、かつ具体的に書かれ、随所に思い当たる点も多い。ただし、出所が不明なため『怪文書』扱いされたこともある」
 「『文書』そのものがこのままの形で存在したものか否かは不明のままだが、内容については信憑性があると判断し、上海領事自殺事件などで中国の諜報活動が問題になっている今、敢えて全文を公開する」と。
『WiLL』編集長の花田紀凱氏の慧眼に敬意を抱く私は、この一文に意を強くした次第です。
 西内雅氏については、『WiLL』編集部が大要次のように紹介しています。
 明治36年生まれ。数学の天才と言われ、陸軍士官学校を出て内閣総力戦研究所所員。東條英機元首相らとも交遊があった。戦後は皇學館大学、京都産業大学、中央学院大学などで教鞭をとった。中国、台湾問題などが専門で、『中国の正体』『日本の防衛』『八千万の運命』などの編著書もある。昭和40年代半ばから、香港で日本語学校を運営、文化大革命で中国から逃げてきた中国人に日本語を教えつつ、情報を収集していた時に、この文書を入手したといわれる、と。

◆日本共産化の基本戦略

 本書『日本解放綱領』が出現した昭和40年代、我が国は、左翼革命運動で騒然としていました。産経新聞を除くほとんどのマスコミは文化大革命を礼賛し、毛沢東に共鳴する一群が活発に活動していました。熱病にかかったような時代でした。未だ実態は明らかではありませんが、背後に中国共産党による何らかの工作・支援があったのではないでしょうか。
 中共の「日本解放」の秘密指令なるものには、次のような内容が書かれています。まず本書は、「我が党の日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有する国力のすべてを我が党の支配下におき、我が党の世界解放戦に奉仕せしめる」と規定しています。
 「日本解放」つまり日本の共産化は、3段階を経て達成するとしています。第1目標は日中国交の樹立、第2目標は「民主連合政府の形成」、第3目標は「日本人民民主共和国の樹立ーー天皇を戦犯の首魁として処刑」である。
 本書は、田中内閣成立で第1目標は達成されつつあるとし、第2目標の民主連合政権樹立に必要とする心理作戦、マスコミ、政党、左右両団体への工作、さらに在日華僑対策を具体的に指示、在日中共大使館開設によってさらに筋金入りの革命工作員2千名を派遣、第3目標達成に全力をあげるとしています。
 「民主連合政府」の形成は、それ自体が目的ではなく、次の「人民共和制=共産政府樹立」に転じていくための、単なる手段にすぎないことが、明記されています。あくまで最後は暴力方式をとって共産政権を樹立することが目標です。その際、連合政権樹立に協力した、当時の既成政党(自民党・社会党・民社党・公明党など)の一切を打倒し、排除することとしています。この過程で最も注目すべきは、天皇を「戦犯の首魁」と規定し、「処刑する」ことが、はっきりと明記されていることです。
 
◆対日工作員への指示内容

 次に、本文の内容から、注目すべき点をまとめてみます。中共工作員の行動要領の第一には、「群集掌握の心理戦」が指示されています。すなわち、「全日本人に中国への好感、親近感をいだかせる」「目的は、我が党、我が国への警戒心を、無意識のうちに捨て去らせることにある」「これは、日本解放工作成功の絶好の温床となる」などとしています。もし日中友好には、このような工作のもとに推進された面もあるとすれば、ゆゆしきことでしょう。
 第二に、「マスコミ工作」が指示されています。マスコミ工作については、「今日では、新聞、雑誌を含め、いわゆるマスコミは、世論造成の不可欠の道具に過ぎない。マスコミを支配する集団の意志が世論を作り上げるのである」という認識が書かれています。当時の日本の保守政権を国交正常化への道に「追い込んだ」のは、「日本のマスコミではない。日本のマスコミを支配下においた我が党の鉄の意志と、たゆまざる不断の工作とが、これを生んだのである」と記しています。そして、新聞・雑誌、テレビ・ラジオ、出版に関する工作の詳細な指示を出しています。
 そのなかには、新聞・雑誌に「強調せしむべき論調の方向」の一つとして「人間の尊重、自由、民主、平和、独立の強調」という項目があります。
 その説明として次のように書かれています。「ここに言う『人間の尊重』とは、個の尊重、全の否定を言う。『自由』とは、旧道徳からの解放、本能の解放を言う。『民主』とは、国家権力の排除を言う。『平和』とは、反戦、不戦、思想の定着促進を言う。『独立』とは、米帝との提携の排除、社帝ソ連への接近阻止を言う」と。その後、わが国のマスコミ・左翼・日教組が強調してきた「人権、民主、平和」などが挙げられていることが、注目されましょう。
 スイスの『民間防衛』では「心理的防衛」の重要性が強調されていますが、いかに重要なことか確認できましょう。
 第三の政党工作においては、連合政府は手段であることが明記されています。「本工作組に与える『民主連合政府の樹立』という任務は、日本解放の第2期における工作目標に過ぎず、その実現は、第3期の『日本人民民主共和国』樹立のための手段に過ぎない」と。
 目標実現のための工作として、本書は国会議員を掌握し、工作員の支配下におくように指示しています。「議員の弱点を利用する」として、「金銭、権力、名声等、ほっするものをあたえ、又は約束し、必要があれば、中傷、離間、脅迫、秘している私事の暴露等、いかなる手段を使用してもよい。敵国の無血占領が、この一事にかかっていることを思い、いかなる困難、醜悪なる手段もいとうてはならず、神聖なる任務の遂行として、やりぬかねばならない」と書かれています。
 政党について、特に自民党に対しては、「自民党を解体し、多数の小党に分裂せしめる」ということを基本方針としています。そのための手段は、「派閥の対立を激化せしめる」こととし、非主流派に政治資金を与えたり、議員個人の掌握を活用することを指示しています。長期単独政権を維持していた自民党がその後分裂し、連立政権時代に移行したことと、符合していて考えさせられましょう。
 注目すべきことに、中共の秘密指令は、日本共産党については、ほとんど触れていません。簡単に「日本共産党を含めた野党共闘を促進する」という一行のみです。「民主連合政府」そして続く「人民民主共和国」の政府において、日本共産党は、どのように位置付けられるのでしょうか。対立か提携か、いずれにせよ、中共の指令書と日共の綱領は、発想が似ていることは、見逃せません。

◆「第二の蒙古襲来」か

 ここで本書を公表した西内教授の見解を紹介します。
 「中共の国是は、世界共産革命の覇権を握ることである。そのための戦略戦術は、目的のためには手段を選ばぬ、千変万化なものである」。そして「1950年の朝鮮戦争の後の基本戦略は、直接侵略(武力戦)の意志と準備の下に、間接侵略(思想戦・外交戦・経済戦)によって相手国の秩序の破壊、人心の収攬を計り、そのまま共産圏に組み入れることを期し、若しも目的を達し得ないときは、タイミングを計らって直接侵略によって、とどめをさすことにある」
 「『日本解放』は、第二の蒙古襲来の警鐘である。700年の昔には、兵甲艦船という物的物理的な目に見える脅威であった。然るに今日の攻撃は間接侵略、特に思想戦であって、しかもラジオ・テレビ・マスコミの発達した現代では、どこからでも攻撃できるし、また攻撃して来ているのである」

◆国際反日運動への残影
 
 中国共産党は、その後、毛沢東の死、「四人組」の追放などを経て、昭和53年にケ小平が実権を握り、路線を大きく転換しました。市場原理と外国資本を導入した中国には、もはや武力侵攻や革命工作を行う可能性など、ほとんどないかに見えます。
 しかし、一方では、中国はソ連の崩壊後、軍拡の道をひた走り、また同時に反日的な宣伝活動を活発化してきました。南京事件の捏造・喧伝、歴史教科書や靖国神社首相参拝への干渉、戦争の謝罪と賠償の要求など、日本への心理的・外交的な攻勢は強まってきました。さらにアイリス・チャンらによる国際反日運動の背後にも、中国政府の関与が指摘されています。日中の真の友好にとって、誠に残念な傾向です。
 こうした中国の対日政策をさかのぼると、『日本解放綱領』なるものが存在し、今日まで、影を落としているのかも知れません。今後の専門家による研究に期待したいと思います。

 私は、漢民族は優れた民族であり、シナ文明は偉大な文明の一つだと思っています。孔子・孟子等による道徳、自然と調和する健康法と東洋医学など、今日もシナの伝統文化に学ぶものは、多いと思います。
 私が批判するのは、中国ではなく、共産党であり、その核心としての共産主義です。共産党と中国の人民は別です。また、共産主義とシナ思想も別です。共産主義による50数年の支配によって、偉大なシナの伝統は破壊され、人心は荒廃し、自然環境は悪化し続けています。 中国の人々の安寧、日中の真の友好、アジアと世界の平和、人類文明と地球の自然の調和を願い、共産主義の矛盾・暴虐を明らかにしたいと私は考えています。
 結びに、20世紀以降、日本は、共産主義の活動によって、大きく進路を狂わされてきています。まだ明らかになっていないことは多くあります。その真相を究明することなくして、日本の進路を軌道修正できないことを再認識したいものです。
(ページの頭へ)
・・・・


※第二次世界大戦と日本の戦前戦後政治、日本のスパイ勢力と左翼
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 米犬 2013年8月11日 19:28:21 : PUHl6PtDGaXFs : 4Q80R8Zler
1-11章 どれも素晴らしい情報です
これだけまとまっていることも素晴らしい。感謝します!!!

02. 2013年8月11日 23:01:46 : 7oSKGju5kA
4153の顔に食込み外せぬ赤い色眼鏡

03. 2013年8月11日 23:46:21 : CqeZ6I0aX6
近世・近代の中共を批判するのもアリだが
全てをゴッチャ煮する意見は役に立たない。
会員番号4153番氏の投稿文に見られる傾向だねぇw
投稿文に対するコメントで中国の利点とか歴史を論ずるコメントにかんして
中共の工作員と断定する低レベルのアホォの意見が出てくるが
バランス感覚が無いと断言する。
中共や近世を賛美しているわけじゃない。
日本は近代においてまで、中国の過去の文化や歴史に敬意をおいている。
江戸時代の貴族や武士が何故漢文の読み書きが出来たか?
今でも高校で漢文を習っているのは何故だ?

今は、小学校の唱歌から外れているが
「箱根の山は天下の険、函谷関もままならず」
っつー歌詞があるよなぁ
函谷関とは今から2000年以上前にあった史記などに出てくる秦の国門だ。
この事実を無視した言論は偏った考えである。
よいものは良い悪い物は悪いの”峻別"ができない者の論説は淘汰される。
偽者はダメだという事だ。


04. 2013年8月13日 00:25:32 : x2e9Qrw4bk
で、共産主義のどの点をどう批判したいの?
政治的特徴だけだと、ちょっと弱いね。
例えば、「共産主義」なるレッテルを貼られた、勢力がいたとして、
それらが、今回取り上げた政治的特徴とズレてたら、どうするの?
「これはtype Bの共産主義です」ってかwじゃ、共産主義ってなんだよw
政治的区分けじゃないんだからさw理解してから喋れよwまじめにやれよw
ウヨクの私でも資本論と共産党宣言ぐらいは、読んで勉強してんだ、駄文書くなヘタレ右翼。
これだから、政治学系は浅いんだよ。

05. 2013年8月13日 00:55:17 : x2e9Qrw4bk
これだから政治学はw内容もないようだけど。

一番ムカつくのは、反共気取ってるくせに、共産主義を政治的特徴だと思ってるとこw
救われない不勉強反共だ。もう、こういう奴は、反共を名乗らないでほしい。
こちとらまじめに反共やってるんで、資本論とか共産党宣言くらいは読んでから、
本質的な批判しろよ。
政治的特徴とか、次出てきたらどうすんだよ!「共産typeBです」かw馬鹿かw


06. 2013年8月13日 00:57:25 : x2e9Qrw4bk
あ、連続投稿失礼。しかも内容変わらず。
キャッシュがロードされてて、投稿できてないのかと思った。消せないので放置します。

07. 2013年8月13日 01:17:22 : uJ8zlHnj5E
しかしよりにもよって持ち出してきたネタが「日本解放綱領」とはね。
行ったいどっからこんな賞もないネタ拾ってきたんやら。

あのな、共産主義中国が、日本の左翼学生を「極左」なんて表現すると思ってるのか?

会員番号〜は、「ぼくバカでーす」って宣言したいのかな?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK152掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK152掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧