★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155 > 512.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
海外「衝撃を受けた」 『大東亜戦争の真実』に外国人から賛否両論(パンドラの憂鬱)
http://www.asyura2.com/13/senkyo155/msg/512.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2013 年 10 月 27 日 10:18:52: 8rnauVNerwl2s
 

イラク戦争は、アメリカの侵略だと大騒ぎする同じ人間が、大東亜戦争はアメリカ、ソ連、中共のパロパガンだ通り、日本の侵略戦争だと主張する。

こんな人間は、「悪魔の飽食」や「はだしのゲン」は読んでも、東条英機の東京裁判での弁明書や昭和天皇語録は読まないのだろう。

移民排斥、経済封鎖、援蒋工作、石油禁輸、資産凍結、ハルノート・・・

強大国アメリカに睨まれ、追い詰められた日本にどのような選択肢があったのか?

昭和天皇は、最後まで対米英強調路線を指向し、アジアの平和を希求した。


正しい歴史認識など存在しない、あるのは冷厳な国際政治の現実と他国のプロパガンダしかない。

パンドラの憂鬱から
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-970.html


海外「衝撃を受けた」 『大東亜戦争の真実』に外国人から賛否両論
今回は「第二次世界大戦の真実-日本は何の為に戦ったのか」という動画から。

動画は戦後にアジアの指導者や欧米の歴史家などの口から語られた、
戦時中の日本に関する発言をまとめたもので、
主に大東亜戦争の意義や「功」の部分にスポットを当てた内容になっています。

外国人からは賛否両論、様々な反応が寄せられていました。

こちらは英語版である翻訳元とは違う動画ですが、殆どの発言がカバーされています。

大東亜戦争 名言集
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=EpZOYRxbjHs#t=241


■ 初めて知った情報に衝撃を受けてる……。 +12 アメリカ
  

■ とある国々は近代、常に同じ手法で一方を悪者に仕立て上げてきた。
  自分たちを正当化させる方法で経済的な裏工作をしながら
  それと同時に、一般市民に敵国は悪魔と思わせるようにプロパガンダも行う。
  自分たちは悪くないと思わせたまま、既に弱っている敵国に対して戦争を仕掛ける。
  戦争が終われば、敗戦国の国民を洗脳し、すべての悪事を押し付けるんだ。 ドイツ
  

■ この一連の発言を本気で信じてるならどうかしてる。
  アメリカが勝ったんだ。現実を受け入れろ。
  泣くのはやめて早く大人になるんだ。 アメリカ


■ 動画で引用されてる発言をグーグルで探しても見つからないけど。 
  引用された発言の証拠資料はどこにあるの? アメリカ

   ■ もうちょっと探してみようぜ。
     パール判事の発言は歴史家のハワード・ジンが証言してるよ。 国籍不明

■ ↑探しても見つからない? チャーチルの言葉とかはそこら中にあるよ。 アメリカ


■ いや、この発言はどれも嘘だろ。 アメリカ
    

(消されていましたが、おそらく「日本は謝罪していない」という類のコメントに対し)

   ■ アメリカはベトナムに対して謝っていないし、
     英仏も植民地支配の歴史を謝罪してない……。
     非難されるのはいつだって日本とドイツだ……。
     もちろん両国による残虐行為はあっただろう……。
     だけど戦争へのトリガーを引いたのは誰なんだよ……。 
     ベルサイユ条約。日本に対する経済封鎖。
     日本は自分たちの力で近代化し、強い軍隊を作り上げた……。
     そのせいで欧米列強から妬まれたんだろう……。 +4 インド

   ■ まず第一にさ、過去の事を現代の人間が謝るとか、
     馬鹿げてるし意味が分からないだろそれ。 クロアチア

■ 日本は無実である。 +8 アメリカ  

   ■ アメリカ人でさえ日本に絆されてるのか? 
     日本は無実なんかじゃないから。 国籍不明

   ■ そのふざけた考えと一緒にここから出て行け。
     どうせお前は日本かぶれなんだろ。 
     過去の日本は帝国主義だったんだぞ。単純明快じゃないか。 アメリカ

      ■ 1927年、蒋介石の国民革命軍の第2軍と第6軍が、
        南京に攻めこんで占領したことがあったよね。(南京事件)
        あの地域への攻撃は中国軍側が始めたんだよ。 国籍不明 

□ コメント欄が無知で溢れてるね。
  あの戦争に参加したすべての国が戦争犯罪を犯してる。
  そして最終的に日本、そしてドイツが裁判にかけられた。
  だけど連合国側が犯した戦争犯罪はどうなんだ?
  ドレスデン大空襲は? ナガサキ・ヒロシマへの原爆投下は?
  日本の一般市民だって被害を受けたんじゃないの?
  そして「日本の戦争目的自体は良い事だった」ってことを否定できる?
  植民地支配することなく、アジアを解放しようとしたんだ。 +6 シンガポール

   ■ 当時の日本政府の目的は、アジアの解放なんかじゃない。
     彼らの支配のもと、アジア帝国を築きあげようとしただけだ。
     日本の一般市民が被害を受けたことは確かだけど。それもひどく。 イタリア

      □ 日本政府の戦争目的がアジアの解放じゃなかったなら、
        どうしてオランダからの独立を目指すインドネシアを支援するために、
        戦後3000人の日本の軍人がインドネシアに残ったの?? シンガポール

         ■ アジアの解放って……。ホント笑わせるわw メキシコ


 
■ 本当に素晴らしい情報だった!
  ただ1つ疑問があるんだけど、なんで日本は満州に侵攻したんだ?
  それから従軍慰安婦の問題もなかったっけ? イギリス 


□ 俺は学校で、日本は自己顕示欲のためにアジアに侵攻して、
  朝鮮人を暴行したって習ったけど。南京事件もあっただろ? 嘘か? イギリス 

   ■ いや、それは嘘なんかじゃないよ。 アイルランド

      □ 嘘じゃない? じゃあ日本は蛮行を働いたってことか?
        それならどうしてみんな「日本は無実」って言ってるんだ? イギリス

         ■ それを言ってるのは日本の歴史修正主義の極右だけ。 メキシコ

            ■ 欧米列強の支配からアジアを開放するために、
              日本軍が戦ったってことは事実だろ。 国籍不明

   ■ 嘘じゃない。当然残虐な行為に加わった軍人は処罰されるべきだ。
     でもそれは、一般の兵士と政府の目的に齟齬があった事例だろう。 国籍不明 

■ こんな歴史の捏造のやり口があるのか……。
  日本が本当に罪を清算したいなら、はっきりと罪を認めればいいのに。
  君等は中国に侵攻した……。そしてその他の国からも搾取した。
  反日の人間がいるのは、君等の行いのせいなんだよ。 
  日本は多くの国を欧米列強の支配から解放させた。それは事実だ。
  だけどそれは、欧米列強に取って代わりたかっただけだろ。
  真実に向きあおうぜ……。 アメリカ    


■ 日本が南京でしでかしたことは嘆かわしい。
  俺は日本が好きだよ。原爆投下だってとんでもないことだって思ってる。
  だけど日本軍が行った蛮行は、あってはならないことだったんだよ。 アメリカ
 


 
■ 俺は日本を敬愛してるし、日本に絶大な信頼を置いてる。
  そんな俺からすると、日本人が意味もなく他国に侵攻したり人を殺めたりって、
  そういうことをする人たちだとは思えないんだよなぁ。
  ニンジャやサムライたちの英雄的な逸話が教えてくれるんだ。 
  彼らがどれだけ正直で誠実な人たちかってことを。
  強い自尊心や誠実さを持つ彼らが、悪いことなんて出来ないよ。 +4 アメリカ


■ 時々、良かれと思ってやったことが、悪い結果を招くことがあるんだよね。
  軍事力を使ってアジアの国を支配下に置こうとしたら、
  最終的には、以前の宗主国(英国・欧州)から独立させちゃったり。
  日本はアジアのコントロールに失敗したんだけど、
  その結果、植民地だったアジア諸国が宗主国を揺さぶる事になったんだよね。
  日本はヒーローではない。名も無き解放者ってとこだね。
  各国からの素敵なコメントは政治的なものかな。 カナダ  

   ■ 君のコメントは真実に限りなく近いけど、真実には達していない。
  
    当時の日本政府内の専門家は確かに口にしてたんだ。
     日本の戦争の目的はアジアの解放にあるってことを。
     だから「名も無き解放者」って表現には疑問が残るね。
     その時の日本の問題点は、日本の戦争目的は何なのか、 
     それが相手国に伝わっていなかったことだと俺は思う。 国籍不明


※正しい歴史認識 国際政治 プロパガンダ 左翼 売国

<参考リンク>

◆世界が語る大東亜戦争と東京裁判―東條由布子氏推薦
 http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=7tsyqPV5XoY


◆大東亜戦争が自衛戦争だった証拠
 http://www.youtube.com/watch?list=PLD211732074E8923A&feature=player_detailpage&v=AS0Hdt2ySwA

http://www.youtube.com/watch?list=PLD211732074E8923A&feature=player_detailpage&v=SKseBxU_ZRw#t=180

http://www.youtube.com/watch?list=PLD211732074E8923A&feature=player_detailpage&v=N65nFsDhfiU#t=76


◆大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書
 http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4898310834/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt/377-9421214-4576057?ie=UTF8&showViewpoints=1

◆昭和天皇語録 (講談社学術文庫)
 http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4061596314/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1


◆イラク戦争をアメリカの侵略戦争という人間たちが、太平洋戦争を日本の侵略戦争という不思議
http://www.asyura2.com/13/senkyo152/msg/259.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月27日 10:41:46 : W18zBTaIM6
_鬼頭久二(1916年8月生まれ)
_第16師団歩兵第33連隊 第1大隊

_南京戦の時、当時の宮さん〔朝香宮〕から命令があって、その命令は中隊長か小隊長から聞いたけど、

「犬も猫も含め生きている者は全部殺せ」

_ちゅう命令やった。

天皇陛下の命令やと言ったな。

当時のことを書いた日記帳は終戦の時に全部焼いた。


[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

02. 2013年10月27日 10:57:22 : F1Sr2Hx0Nj
殺戮した人数
ナチスのユダヤ虐殺 600万人
第二次大戦の独ソ戦争のソ連の死者 2000万人
スターリンの粛清の犠牲者 2000万〜4000万人
毛沢東の悪政(大躍進、文革)による死者 5000万人
とも言われている、

旧日本軍をはるかにしのぐ殺戮ですな、これは誰の命令、天皇陛下の命令とはまさかいわないよね。 W18zBTaIM6 01
君なら言いかねないけど・・・・。

[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

03. 2013年10月27日 11:04:58 : uJ8zlHnj5E
>経済封鎖、援蒋工作、石油禁輸、資産凍結
どれも日本の中国侵略に対する経済制裁とカウンターやんけ。

人の家に盗みに入っといて、実刑食らったら被害者面ですかそうですか。
会員番号〜ってほんとに馬鹿だね。

>昭和天皇は、最後まで対米英強調路線を指向し

う   そ   。

「 勝 て る な ら や る 」。コレが昭和天皇の意向な。
当時の資料とか、読んだことないだろ。

>>02
アジアと西太平洋での日本軍の侵略によって死んだ現地の人の数は推計で
二千万人以上って話もあるけどな。

[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

04. 2013年10月27日 11:22:46 : 1geRdsjJSg
そんな無意味な命令が出るわけがない。保護区には各国外交官が滞在中だというのに。大本営参謀の辻正信が大本営の命令と称して捕虜を全て殺せと部隊長を督励して歩いたという話は多くの証言から事実だろうがね。
だが大本営に確認が取れず、命令が文書化もされていなかった。
これは辻の私的命令だったとされている。
もしそうなら命令系統を乱す統帥権の干犯でもある。辻がなぜ処分されず、戦犯にもならず、おめおめ生き延びて戦後は議員にまでなったのか。
日本のシステムは腐っておったとしか言いようがないが、外地に出かけた辻は行方不明になって今に至る。殺されたんだろう。
天網恢恢疎にして漏らさずだね。

いずれにしても日本は欧米列強程度には邪悪であったが戦勝国ほどには悪質ではなく、かつ戦後、日本の戦争目的は完全に達成された。それどころか思いもかけぬボーナスまでついてきた、というところが正当な歴史の評価というものだろう。

我が国の戦争目的で未達成のことがなにかあるか?
そろそろ新しい目標を立てる頃合いではないか。

[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

05. 2013年10月27日 12:17:07 : ncSlqjrnmw
米英をはじめ、ロシア、オランダ、ドイツ、スペイン、ポルトガルの侵略、略奪工事は日本よりはるかに大規模で悪辣であったことは確かだ。歴史から消え去ってしまった国や部族も多い。言葉も文化も失われた。日本人の性格が温厚であることも間違いない。

しかし日本が侵略行為をしていないということではない。

ウヨはすぐパール判事を持ち出してくるが彼とて日本の中国、韓国、東南アジア諸国に与えた行為が侵略行為でないなどとは一言も言っていない。単に勝者も敗者も同じことをしていたことを指摘していただけだ。

まして、事実としてあった従軍慰安婦に軍の関与がなかった、南京大虐殺はなかったなどといつまでも主張しているから日本はプロパガンダ戦に敗れ、さらに今も傷口を広げているのだ。

日本のウヨほどのアホはこの投稿者を含めて世界中でも珍しい。


[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

06. 2013年10月27日 13:56:17 : 085QMSchMU
南京大虐殺なんてあるわけないじゃん、こんな捏造・大嘘を信じてる馬鹿も
まだいるんだね、ったく。

今の中国みてみろ、嘘ばっかり。



[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

07. 2013年10月27日 14:05:23 : W18zBTaIM6
虐殺命令が

昭和天皇 → 浅香宮 → 各司令官

の順で電報・口頭で伝えられたのは有名な話さ

何も知らなかったのはお飾り司令官の松井岩根だけだったんだな

[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

08. 2013年10月27日 15:02:39 : tV7dGTRB5o
日本もいい加減、自虐史観歴史から脱却すべきでしょうね。マスコミは原発報道でもそうだが歴史報道においても確実に隠蔽している。先の大戦は多方面からみなければ決して評価できない。

タイの元首相ククリット・プラモードは戦後10年経った昭和30年にこのように書いている。果たして外交辞令だけでこれだけのことを言うだろうか??別にタイだけに膨大な経済援助してたわけではないでしょう。

「日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。

今日東南アジアの諸国民が米英と対等に話が出来るのは一体誰のおかげであるのか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。

十二月八日は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大決心をされた日である。われわれはこの日を忘れてはならない」


またイギリスの歴史学者アーノルド・トインビーはこう言っている。

「日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去200年の間に考えられていたような不敗の半神でないことを明らかにした点である」


はるか南太平洋パラオ共和国のペリリュー神社の石碑には、敵将である米太平洋艦隊司令長官ニミッツのこのような言葉が刻まれている。最初はえ???と思いました。

「諸国から訪れる旅人たちよ、この島を守るために日本軍人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い、そして玉砕したかを伝えられよ」


だいたいハルノート(シナから全面撤退、日露戦争以前の日本に戻れ!)なんて、かつてイラクに突きつけた最後通牒(今から48時間以内に武装解除するか、フセイン政権幹部は亡命せよ!)みたいなものでは??しかも日本の場合は排日移民法と石油の全面禁輸のおまけつき。前線の兵士はもちろんだが、国民だって飢え死にするってことでしょう。負けるのはわかってたって戦わざるをえなかった。あまりの米英の横暴さに。そう「のぼうの城」のように、ちょっと美化し過ぎか??



[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

09. 2013年10月27日 15:42:09 : f9WdyZuW9Q
@張作霖爆殺から、暴走関東軍のいわゆる満州事変捏造と軍閥の台頭

A43:1のいわゆる満州国不承認で、国際連盟脱退

B盧溝橋事件を口実に日中戦争開始から、泥沼の戦線拡大

C日独伊防共協定から、三国同盟締結

Dヨーロッパ戦線における一時的ナチス優勢(英ソを除く西欧主要国の降伏崩壊)への幻惑で、ベトナム(仏印)派兵強行

Eモスクワ占領間近とほざくヒトラーより、対米参戦の執拗な督促

F資源目当てのいわゆる「南進論、北進論(参謀本部)」で南進論を採用、etc

以上、必ずこういった自分に都合の悪い項目は、尽くスルーの隠蔽で、第二次大戦の正当化を図る、卑劣きわまるウヨク外道どもの常套手口!!

歴史認識とは、あくまで被害、加害(犯罪)の両認識(両面)から成り立ち、いわば表裏一体不可分の、車の両輪である!!

ウヨク外道どもが勝手な自分の思惑やら妄想で、不遜にも気に入るようにいじくり回せるツールなどでは、断じてあり得ぬし、許されぬことだ!!

因みに「全ての日本人へ(ハリジャン誌)」の公開質問状で、マハトマ・ガンジーは、日本軍国主義の堕落と、中国侵略への厳しい批判メッセージを寄稿!!

●「わたしの非暴力」第2巻 みすず書房 M・ガンジー著 森本達雄訳




[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

10. 2013年10月27日 15:52:32 : tV7dGTRB5o
>06さん。激しく同意!

だいたい広島の原爆で15万人、長崎の原爆で7万5千人、東京大空襲で10万人なのに30万人も殺せるわけがない。銃だってそんなに連発したら砲身が焼けて撃てないだろうし、敵兵を撃つための玉がもったないから使わない。日本刀は錆びて使えなくなる。そもそも当時の南京に非戦闘員は30万人もいない。よって実現不可能。

おまけにどっちの国民が残虐かは、反日デモと東日本大震災を比べてみれば明らか(原発の件は除く)



[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

11. 2013年10月27日 15:54:14 : dGt7yA3wRo

    勝者に「お前も良く戦った」と肩を叩かれて、喜んでいてどうする。

    虎の威を借る狐が、偉そうにしてもまわりの熊や狼からは馬鹿にされるだけだ。敗戦後半世紀以上経って半独立では「自虐史観」がどうのという前に、まず「虎」の言いなりになっている自国を情けないと思うべきだろう。

    唯一自慢の国の経済も次第に落ち目になり、いまや「一強九弱」の格差社会だ。金だけで世渡りしてきた奴が落ちぶれると悲惨だぞ。




[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

12. 2013年10月27日 16:15:56 : W18zBTaIM6
>そもそも当時の南京に非戦闘員は30万人もいない。よって実現不可能。


捕虜10万人以上殺したのも含まれてるよ

[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

13. 2013年10月27日 16:43:25 : tV7dGTRB5o
>09さん

そういう偉大なガンジーも「カースト制度」そのものを否定していたわけではないですよね。確かに最下層の人々を救おうとしましたが。不戦・平和のシンボルで語られていますが・・意外なことです。




[12削除理由]:中川隆名で投稿している方は中川隆名での投稿だけにコメント可能です。それ以外のコメントはご遠慮ください

14. 2013年10月27日 17:13:23 : f9WdyZuW9Q
だいたいどこまで、日米開戦前後(1941/6〜'42/6)の世界情勢を知ってモノを云っているのか!

ヨーロッパでは、図に乗るナチスがほぼ絶頂期にあり、激しい空襲を切り抜け、凄まじい海上封鎖にも、どうにか耐えるイギリスが孤軍奮闘し、ソ連はモスクワ全面にまでヒトラー軍に攻め込まれる、最大の苦境をどうにか必死で撃退し、フランス、ベルギー、オランダ、デンマーク、ノルウェー、ギリシャは、降伏占領下にあり、アメリカは対英軍事援助に追われ、真珠湾攻撃以後も未だ戦争準備が整わず、フィリピンからオーストラリア前面へと後退が続き、イギリスはあっけない東洋艦隊の全滅で、シンガポールを失い、フランス、オランダとも植民地経営だの抵抗だの、一体どうして云える状況かというんだ!

中国(国民政府)は重慶に立てこもり、正規軍の抵抗も空しく、連日空襲下に呻吟し、日本軍緒戦の好調に思い上がり、どう考えても明らかに戦争のイニシアチブは日本側にあった。

都合のいい時だけ、やれ石油禁輸にABCD経済封鎖だの、ハルノートだの振りかざし、戦争せねば国民の総餓死だの、日本の滅亡だのと、いかにも大仰な被害者面でごまかすのは、開戦当時の国民を徹底洗脳した、東條軍閥一味のまさに捏造口実のプロパガンダそのものなんだよ!

例の小泉ですら、「満州を失っても、何の影響はなかったではないか」などと反原発コメントの中で述べているようにだ・・・・・・・・

今更、そんなカビの生えた代物を、もてはやし妄信するのは、戦争実体験もなく惨禍も全く知らぬくせに、自分に都合のいい箇所だけ拾い集めさも粋がる、単細胞トンネルビジョンのウヨク外道どもに操られる、お前らネトウヨどもだけだ!

お前らの徒党内だけで巣食ってないで、少しは広く学んで来い!!


15. 2013年10月27日 18:15:01 : srEK9TDoRA
>捕虜10万人以上殺したのも含まれてるよ
捕虜10万人以上ってのも根拠ないし、どうやって殺害方法も提示されてないけどな。

ちなみにW18zBTaIM6は変態投稿、変態コメント、変態AAで有名な奴ですので。


16. 2013年10月27日 18:22:49 : srEK9TDoRA
ググったらこうなった。

TV朝日ニュースステーション(平成14年8月15日放送)
www.history.gr.jp/~nanking/books_tvasahi020815.html‎
第16師団歩兵第33連隊第1大隊 鬼頭久二さん(76歳・仮名)

2002年で76歳、適当な物だけ拾い上げるてくるとこういう矛盾がすぐ出てくる。


17. 2013年10月27日 18:59:53 : BDDFeQHT6I
最後の世界大戦に負けた国は次の世界大戦まで助からないと言うことだ、日本もドイツも今度こそは勝ち組に乗るために隠忍自重しなければならない。
最善の策は結果が明白になるまで参戦しないことだが、自民党政権じゃ先頭切って負け組アメリカに乗りそうなのが問題だ。

18. 2013年10月27日 19:00:43 : W18zBTaIM6
仮名というのは身元を知られたくないという事だろ

秘密をばらしたのがわかると命が危ないからね。


19. 2013年10月27日 19:07:19 : W18zBTaIM6
1.栗原利一は魚雷営の1日目の中国人の2千人の斬首について、息子に話していた。

2.大湾子の捕虜殺害は1万3千5百人である(スケッチブックより)。

3.65連隊は全体で2万人の捕虜を殺害した(小野賢二氏の聞き取りより)。
  (当時の新聞なども同じ数字を捕獲捕虜として挙げている。)

4.魚雷営の捕虜殺害は65連隊である(小野賢二氏の聞き取りなどにより)。
  (魚雷営の2日目、3日目は5千人が殺害されている。)

結果として65連隊の2万人の捕獲捕虜の殺害について全て明白になる。

栗原利一は全体で7万余人と記述している(スケッチブックより)。
これは当時公表された捕獲捕虜や遺棄死体数とほぼ一致する。

つまり、日本陸軍は南京陥落時に全体として7万余人の捕虜を確信的に殺害したのである。

(中国側の言う30万人は死体の数なので矛盾しない。)


20. 2013年10月27日 20:48:13 : cWWyOG8jcc
>>19

数字がよくわからないや。教えて。

日本軍は7万人の捕虜を引き連れて南京を攻撃し、
7万人の捕虜と23万人の兵士、住民を殺害したということ?

できれば兵士の数と、住民の数も知りたいなー


21. 2013年10月27日 20:50:17 : W18zBTaIM6
日本軍は7万人の捕虜と23万人の住民を屠殺場に連れて行って機関銃で殺しまくったんだろ

22. 2013年10月27日 21:09:27 : cWWyOG8jcc
>>21
>だろ

昔うちの近所に南京の攻撃に参加したというお爺さんがいたよ。
川は血で真っ赤。地面に隠してあった豚肉だったかな?掘り出して食べたとか。
すごい威勢の言いこと言ってたけど。
近所では、見栄っ張りで何でも大げさにいうお爺さんとして有名だったよ。

元日本兵の証言だからと言って、何の疑問も持たずに信じることはできないなー

だから数字を知りたかったんだけどね。

前に従軍慰安婦の話を親切に説明してくれたのが「W18zBTaIM6」だと思ったけど、私の記憶違いか。
ま、いいや。


23. 2013年10月27日 21:16:50 : W18zBTaIM6
俺は忙しいからこれ読んでくれ:

南京事件資料集
http://www.geocities.jp/kk_nanking/


24. 2013年10月27日 21:25:24 : gtqEzts6jg
W18zBTaIM6は変態投稿者かつコメンターであり、ペンネーム中川隆、会員番号666、富山誠、矢野茂である。
http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/173.html

[22削除理由]:無関係
25. 2013年10月27日 21:47:40 : C9Ny8G1k3M
  >>外国人から賛否両論>>  

日本人も外国人も同じ人間であるから当然のことだと納得はいくだろう。

日本人がその内容について考えるとき、両論の存在こそ尊重するべきである。

戦争で決着をつけようと国権を発動したところで戦後には双方の国が多大な犠牲を払ったという因果倶時と向き合わなければならない。人は精神力だけで生きることはできない。あまりにも甚大な犠牲を伴う戦争について賛否両論があるのは誰の心にも同じであるはずだ。

戦争を憎むのは一部の日本人だけでもなく一部の外国人でもない。世界中の人間誰しも殺されたいと思って生きてはいない。戦争は未然に両論を尊重し合うことで回避されるべきが正しい。


26. 2013年10月27日 21:54:05 : esmsVHFkrM

南京虐殺はもちろんあった。これをなかったと主張する日本人がいると言うことは信じがたい。

南京虐殺は、その発生時点から当時の日本政府、陸軍中央の知るところとなり陸軍中央はこれを巡って大騒ぎをしている。

事実について話そう。

南京虐殺については、発生と同時に南京の日本領事館から外務省に報告が送られ、それら報告は陸軍省、海軍省へ送付されている。

当時外務省東亜局長であった石射猪太郎は、戦後1947年東京裁判において、弁護側証人(弁護側である)として以下の証言をしている。

「(1937年)12月13日頃、わが軍が南京に入場する、そのあとをおってわが南京総領事代理(福井敦氏)も上海から南京に復帰した。同総領事代理から本省への最初の現地報告はわが軍のアトロシテーズ(残虐行為)に関するものであった。この電信報告は遅滞なく東亜局から陸軍省軍務局長宛に送付された。当時、外務大臣はこの報告に驚きかつ心配して、私に対し早く何とかせねばならぬとお話があったので、私は電信写はすでに陸軍省に送付されていること、陸海外三省事務当局連絡会議の席上、私から軍当局に警告すべきことを大臣にお答えした。
その直後、連絡会議が私の事務室で行われ(中略)、その席上、私は陸軍軍務局第一課長にたいし右アトロシテーズ問題を提起し、いやしくも聖戦と称し皇軍と称する戦争においてこれは余りにもヒドイ、早速厳重処置することを切実に申し入れた。同課長もまったく同感で、右申し入れを受け入れた。
その後いくばくもなくして在南京総領事代理から書面報告が本省へ到着した。それは南京在住の第三国人で組織された国際安全委員会が作成した我軍アトロシテーズの詳報であって、英文でタイプされてあり、それをわが南京総領事館で受付け、本省に輸送してきたものである。私は逐一これに目を通し、その概要を直ちに大臣に報告した。そして大臣の意を受けて、私は次の連絡会議の席上、陸軍軍務局第一課長にその報告を提示し、重ねて厳重措置方要望したが、軍はもはやすでに現地軍に云ってやったとの話であった」。(桐富雄『日中戦争 南京大虐殺事件資料集 第1巻』青木書店 1985年)

このうち、「軍はもはやすでに現地軍に云ってやった」とは、参謀総長閑院宮載仁親王から中支那方面軍に1938年1月4日付けで下達された訓示を、中支那方面軍参謀長塚田攻少将から各部隊に向けて下達した「軍紀風紀に関する通牒」があり、それは以下の通りである。

「軍紀風紀において忌まわしき事態の発生近時ようやく繁を見、これを信ぜざらんと欲するもなお疑わざるべからざるものあり、惟うに一人の失態は全隊の真価を左右し一隊の過誤もついに全軍の聖業を傷つくるに至らん。(中略)軍紀を厳正にし戦友相戒めてよく越軌粗暴を防ぎ、各人みずから矯めて全軍放縦を戒むべし」。(『続・現代史資料(6)軍事警察』)

さらに、当時陸軍軍事課長であった田中新一大佐は、詳細な『支那事変記録』を記していて、その中で、1938年1月12日の陸軍省局長会報において、中国戦線から帰国した陸軍省人事局長阿南惟幾少将(鈴木終戦内閣の陸相、敗戦時自決)が中支那方面軍の軍紀について次のように報告したと述べている。

「軍紀風紀の現状は皇軍の一大汚点なり。強姦、略奪たえず、現に厳重に取り締まりに努力しあるも部下の掌握不十分、未教育補充兵等に問題なお絶えず」。(『支那事変記録 其の四』防衛研究所図書館蔵)

また、当時陸軍省兵務局防諜班長であった宇都宮直賢少佐はその回想録において、陸軍中央の南京虐殺対応について以下の通り記している。

「南京の暴行残虐事件についても私は帰京後に聞いた。(中略)私は参謀本部の本間(雅晴)第二部長、渡(左近)支那課長、米(アメリカ)班の西(義章)班長以下に会ってこれらの事件の対策について諮問におよばずながら応えいろいろ進言した。
米班長で大本営参謀の西中佐(31期陸大同期)が実地調査のため直ちに南京へ急行することとなり、広田大佐と協同して事件の究明と解決に努力した。次いで杉山陸相の要請で、本間第二部長も急遽南京に向かい事情調査を実施することとなった。
南京の暴行虐殺事件のニュースについては、日本側はこれを発表することを禁止したが、全世界に知れわたって轟々たる非難の的となったことはまことに遺憾千万だった」。(『黄河・揚子江・珠江 − 中国勤務の思い出』 非売品 1980年)

ここにある本間雅晴参謀本部第二部長の現地調査結果を受けて、陸軍中央は松井石根中支那方面軍司令官の不作為による南京虐殺発生を確認、松井を処分する方針となったが、それはあくまでも内部処分の形(直接その責任を問わない)をとり、1938年2月14日松井を中支那方面軍司令官から解任して日本に召還した。

このようなことなかれ主義的処分には陸軍中央内部にも不満が残り、田中隆吉は1939年に1月に兵務局兵務課長となって以後、南京虐殺に関する憲兵隊の調査報告書の提供も受けて、松井石根ら中支那方面軍幹部を軍法会議にかけて裁くように提案したが、参謀総長らに拒否されたという。(『東京裁判資料 田中隆吉尋問調書』大月書店 1994年)

一方松井も、南京虐殺が国際的な非難をあびて自分の更迭につながるであろうことは認識していたと見えて、1938年2月7日に行われた慰霊祭(1973年12月18日の第一回とは別の2回目)で全部隊長を集めて行った訓示においてみずからの悲憤の心中を吐露している。それを目撃した上海派遣軍参謀課長飯沼守少将はその日記に以下の通り松井の言葉を記している。

「南京入場の時は誇らしき気持ちにて、その翌日の慰霊祭(1973年12月18日の第一回)またその気分なりしも、本日は悲しみの気持ちのみなり。それはこの50日間に幾多の忌まわしき事件を起こし、戦没将士の樹てたる功を半減するにいたりたればなり、何をもってこの英霊に見えんや」。(「飯沼守日記」『南京戦史資料集』偕行社 1989年)

さらに、この南京虐殺は南京に総司令部を置いた中支那派遣軍歴代幹部の間では一大不祥事として語り伝えられていたようで、昭和天皇の末弟である三笠宮崇仁親王はその自伝において次のように述べている。

「1943年1月、私は支那派遣軍参謀に補せられ、南京の総司令部に赴任しました。そして1年間在勤しました。その間に私は日本軍の残虐行為を知らされました」。(『古代オリエント史と私』学生社 1984年)

以上、南京虐殺発生直後から政府、陸軍中央には報告が行われ、その存在は認識され、将官を派遣した現地調査が行われ、それに基づいて軍紀粛清の訓示が発出され、責任者である松井石根中支那方面軍司令官の更迭が行われ、松井自身はそれを悔い、南京虐殺自体はその後の陸軍幹部の間で語り継がれたことが事実として確認される。

当時の日本政府および陸軍中央が「ある」ものとして調査、認識、対処、処分を行っていたものを、今になって「なかった」と強弁するのは、いったいいかなる精神によるものであろうか。歴史的事実を正しく客観的に認識できない知的障害があるのか。自己の主張に都合の悪い事実は知らない、無視する、という道義的退廃があるのか。

右翼保守のデマ本を読んで南京虐殺はなかったと信じ込まされてきたネトウヨは今からでも遅くはない。右翼保守のデマゴークが都合が悪くてその本に決して書かない事実を知ってほしい。世界はそれを知っているから、一部日本人の「南京虐殺はなかった」との主張に対して冷笑と軽蔑を返しているのだ。

ここまで書いて、どうせ「そのような不祥事が一部にあったとしても、その犠牲者数はわずかで虐殺と呼ぶには値しない」との右翼保守デマゴークの受け売りが出てくるだろうから、犠牲者数についても検討したい。

そもそも犠牲者数の算出は非常に困難だ。すでに発生から70年以上経過していること、日中戦争と国共内戦その後の毛沢東政権下の混乱により中国側の調査と記録が十分でないこと、日本政府および軍が卑怯にも戦争終結時に組織的かつ徹底的に公文書を焼却して証拠隠滅を行ったこと等によりすべては残された一次資料、証言等から推測を行うほかなくなっている。

しかし、証拠隠滅を免れた日本側の資料は存在する。階行社(旧大日本帝国陸軍将校・陸軍将校生徒・陸軍高等文官および陸上自衛隊・航空自衛隊幹部自衛官の親睦組織)の南京戦史編集委員会は、『南京戦史』(階行社1989年)、『南京戦史資料集』(階行社1989年)、『南京戦史資料集II』を出していて、そのうち『南京戦史資料集』と『南京戦史資料集II』には、松井石根中支方面軍司令官以下、参謀、師団長さらに下士官、兵にいたるまでの陣中日誌や、軍中央、中支方面軍、上海派遣軍、第10軍の作戦命令や、軍、師団、各部隊の通牒、訓示、作戦経過概要、戦時旬報、戦闘詳報、陣中日記など、戦争終結直後の焼却を免れ戦後発見された多くの記録文書が収録されている。

これによって日本の歴史学者は、南京事件を上海から南京への進撃と攻略そして占領といった具体的な歴史展開に即して分析することが可能となった。各部隊の戦闘詳報、陣中日誌、指揮官の陣中日記には、各部隊が処断・処分(即ち殺害)した捕虜や投降兵、敗残兵の数が記録されていて殺害者数を推定する基本資料となっている。ただし、これらは南京戦参加全部隊の約三分の一の分に過ぎず、残りの三分の二は戦争終結時に焼却隠滅されたらしく依然行方不明だ。

これを踏まえ日本の歴史学者の推定を見ていく。

南京虐殺はなかったとの主張を行うものの内唯一歴史学者と呼べる秦郁彦でさえ、その主著『南京事件 − 虐殺の構造』(中公新書 1986年)において、南京虐殺の犠牲者数を3万8千から4万2千人と推計している。

秦の計算は、戦意を完全に失って逃げ回っている「敗残兵」や「投降兵」の殺害を「戦闘の延長として見られる要素もある」として虐殺とみなさないこと、また生存と逃走のため軍服を脱ぎ捨てて民間人の服装をした「敗残兵」がいるはずで、これらは「便衣兵」とみなせるとして、そのような「敗残兵」およびそのような「便衣兵」の容疑をかけられて殺された民間人をすべて虐殺から除いていることなどの操作を行って算出した数字で、当時の日本政府が署名批准していた戦時国際法に則っておらず、とても正確な計算であるとは言えない。

しかし、その秦をしても3万8千から4万2千人という不法殺害の犠牲者数を認めている。これだけでも立派な「大虐殺」だ。

これに対し、日本の歴史学者の多数は犠牲者数をもっと多いものと推定している。

笠原十九司は、当時日本政府が署名批准していた戦時国際法の規定に正しく従い、公刊されている日本軍側の資料から、南京攻略戦に参加した各師団がどのくらい中国兵および中国兵とみなされた民間人を、捕虜・投降兵・敗残兵・「便衣兵」として殺戮・処刑したかの累計し、さらに算定が困難な民間人については、「ラーベの『ヒトラーへの上申書』」、「埋葬諸団体の埋葬記録」(『中国関係資料編』の第V編「遺体埋葬記録」に収録)、「スマイスの『南京地区における戦争被害 ― 一九三七年十二月〜一九三八年三月 ―都市および農村調査』」等の資料により推定を行い、犠牲者総数を十数万以上、それも20万人近いかあるいはそれ以上としている。

と言うわけで、犠牲者数は、南京虐殺否定論者に何かと引用される秦の研究においてすら3万8千から4万2千人、日本の歴史学者の多数派に従えば、十数万以上、それも20万人に近いかあるいはそれ以上という数字になる。どうひっくり返しても「大虐殺」だ。

中国政府の主張する数字は30万人だが、ここで注意を喚起しておけば、あらかじめ「南京虐殺は30万人だ」としたうえで犠牲者数30万人が証明できなければ「南京虐殺」そのものがなかったとする主張は無意味だ。これは右翼保守デマゴークの南京虐殺否定論でよく使われるトリックだが、これがナンセンスなことは普通の大人なら自明のことだ。犠牲者数30万人が証明できなければ、犠牲者数が30万人でないということだけで、そもそも「南京虐殺はなかった」ことにはまったくならない。実際上に見るように犠牲者数が30万人でなかったとしてもどう転んでも「大虐殺」だ。

さらに、中国政府の30万人という数字は、心無い日本人の一部の「南京虐殺はなかった」との主張に対して対抗上出てきたものであることについては特に留意しておきたい。即ち、ほとぼりが冷めてからの「犯人側」の「やってない」との主張に対して「被害者側」が当然怒って被害程度について防御的に多めに主張するようになっているということで、そうであるからこそ、中国を相手にしてもまた国際世論を前にしても、すでに「犯人側」から主張する数字はなんであれまったく説得力を持たなくなってしまったということだ。このような事態に立ち至ったのは、右翼保守の無責任なデマゴークとそれに追従する一部の知力に劣り道義に欠け勇気と誠実さをもたない日本人のおろかな企てによるものだということは、まともな日本人として怒りをもって覚えておきたい。

以上、長々と述べたが、これを読む人には「南京大虐殺はなかった」という主張がどれほど荒唐無稽なものであるか事実に基づいてよくお分かりいただけるものと思う。

誇りあるまともな日本人は「南京大虐殺はなかった」などという戦前の亡霊の復活を許してはならない。ほとぼりが冷めたからなかったことにしようなどという卑怯で女々しいまねを許してはならない。さもなければ、日本人は世界の笑いもので、特にアジアにおいて軽蔑され大事な友人たちを失ってしまう。

南京虐殺はあった。それは確かにあったのだ。



27. 2013年10月27日 21:55:41 : cWWyOG8jcc
>>23

見たけどこのサイトは勘弁だなー。
ひとことで言うと不気味。
ちょっと読む気になれないや。ごめん。


28. 2013年10月27日 22:20:45 : srEK9TDoRA
>日本軍は7万人の捕虜と23万人の住民を屠殺場に連れて行って機関銃で殺しまくったんだろ

そんな機関銃弾が勿体ないことするかよ。
所詮、その程度だよな、変態さんの根拠なんて。


29. 2013年10月27日 22:55:43 : W18zBTaIM6
昭和天皇は南京を占領すれば中国が降伏すると思っていたのさ。

これが最後だと思ってたんだから弾丸をケチるわけないだろ。


30. 2013年10月27日 23:15:37 : J4YfFlQzPI
欧米が早く(まともな)大人になればもう少しまともな世界になるんだろうがな

31. 2013年10月27日 23:35:33 : UGzWbqWQZM
関東軍が天皇のいいなりになってるわけないだろ

むしろ現在の官僚組織のように関東軍が陸軍参謀本部を従えていたが正しい

張作霖の爆殺から満州事変への行動など佐官による独断であったことは資料からも明らかだし
満州国都を「新京」と命名したところなど

関東軍こそが大日本帝国よりも上位の組織であり関東軍は大日本帝国と満州国を傘下に従える
グローバル資本として君臨しようとした

その目指す版図は日本を含む現ASEANまでの沿海諸国と中国本土

今でも対米独立とか言い出す連中の決まって定めるグループ化された領土的包括区域だ

東京裁判で罰されるべきは本土陸軍参謀本部ではなく満州国総督関係者でなくてはならなかったはずだ


32. 2013年10月28日 00:10:23 : y2D6eX286Q
>東京裁判で罰されるべきは本土陸軍参謀本部ではなく満州国総督関係者でなくてはならなかったはずだ


岸じゃね。


33. 2013年10月28日 00:11:52 : oxIwRNuadE

歴史的にも占領行為を非難されていない南方作戦実行部隊と東南アジア・
インドシナ半島駐留部隊は本国編成部隊であり現在まで及ぶ反日戦後補償問題
に関与するのは全て関東軍駐留地帯

日本軍を解放軍と評価する地域は南方軍(内地編成部隊)駐留地帯で東京裁判で
責任追及されたのはこちらで関東軍は罰されていない

もっともボルネオ島でも慰安婦問題は起きており正義の模範軍と呼ぶわけには
いかないが・・・


34. 2013年10月28日 00:43:56 : oxIwRNuadE
日本人が海軍と陸軍のあり方を分別して見解を持つ必要がある

海軍と南方軍の犠牲は戦史にも明確だが関東軍の行方はトンとして音沙汰ない

南方に派遣された部隊は全陸軍の20%程度

半数以上は大陸駐留の関東軍指揮下で昭和19年には中国国民党の主たる相手は毛沢東に交代している

毛沢東本人が日中国交正常化の時点で語っているとおり毛沢東軍と関東軍は戦火を交えていない

八路軍はゲリラ戦で日本軍の輸送路を分断したと記されているが関東軍が八路軍と
激突した戦役は無いのも不自然だし居場所を突き止められないのに現地で八路軍の
炙り出しを行ったという事実も無い

八路軍の本拠は関東軍が正に駐留していた北京であるにも拘らずだ

そして蒋介石を追い出す1949年までに八路軍が使用していた武器は関東軍から接収した
旧大日本帝国の銃剣弾薬で戦ったというのだ

八路軍が関東軍に抵抗していたとは毛沢東が中国国民党との戦いを関東軍から引き継いだ時
それまで何処で何をしていたのかと聞かれたなら答えはそうとしか言えないはずだ

八路軍とは関東軍ではないのか?


35. 2013年10月28日 02:11:07 : plsk27d8TE
4153
見苦しい
負け戦をした時点で
すべて言い訳
勝てる戦争をできなかった
東条は総理を固辞すべきだった
敗軍の将の責任は
日本国民に対してあるだろう
今も昔も日本の最大の欠点は
官僚独裁国家であること
日本TVのドキュメントでは
チェルノブイリで原発責任者は
刑事裁判で有罪だった
あのソ連でも有罪だった
日本では誰も責任とらない
下痢ゾウの放言を
誤見メディアが許す
覚悟ない政治家を育てているのだ
乞食メディアの犬を

36. 2013年10月28日 10:41:41 : nv8qCvPTME
現代の人間の意見が鋭く対立してもそれは当たり前すぎるくらい当たり前だ。

種々の記録を手に取って見てさえ、当時の思想下で行う人間の行為は予想の域を完全に抜け切れるものではない。記録そのものが今の時代の記録方法とはかけ離れているし、歴史の証拠事実になり得てもその証拠能力には限界があることを前提にした議論でなければ、そもそも議論が成立し得ないものだ。

共通する認識として、今の世に生まれたという偶然なのか幸運なのかという問題も考えてみたい。

一人一人の人間が何のために生まれてきたのか、人間の出生さえ因果具時である。


37. 2013年10月28日 13:30:51 : 8I8fJ0gRVQ

「日本はアジアのために欧米と戦った。あれは聖戦だ!」
「南京虐殺を否定するには東京裁判を否定するしかない」
「天皇陛下のための戦いだった」
→右翼への刷り込み。

「日本はアジアを侵略したので、正義の欧米に負けた。自業自得だ」
「東京裁判を否定するのは南京虐殺を否定することだ」
「天皇のための戦わされた」
→左翼への刷り込み。

「日本は経済的に追い詰められて、中国利権までアメリカに奪われそうになった。
さらに日米開戦で資源不足が予想され欧州の植民地だった太平洋にも手を出した。
しかし負けて、欧米の植民地支配の責任まで押し付けられた」
「東京裁判は欧米の都合がたくさん書かれているが、南京虐殺自体はあった」
「天皇はただの飾りで、さほど戦争に対して決定権がなかった」
→これが真実。


ポイントは「日本と欧米、どちらかが正義のはず」という2択思考への落とし込み、
「天皇だから正しい、いや天皇が悪だ」のような、物事の本質よりも
飾りの方に目を奪われるといういつものパターン。

右に倒れたら日本をいつまでも世界の悪役に仕立ててアジア不和を
維持することが出来るし、左に倒れたら天皇を始め日本の伝統文化を攻撃し、
欧米が正しいとプロパガンダを打つことが出来る。


日本国内の左右対立は、欧米によって作られた全くの虚構。


38. 2013年10月28日 13:57:12 : W18zBTaIM6
天皇は飾りじゃない

軍人と政治家はみんな戦争に反対していた

昭和天皇が勝手に始めて勝手に終わらせたのさ


39. 2013年10月28日 20:10:20 : Jdc1B4elnY
第二次世界大戦の本当の勝利者は米英ではない

統一教会を産み出した秘密結社と中国共産党が勝利者である

それまでも資本は戦争に関わる巨大な背後関係を仕切る者であった

が・・・大戦により産み出された2つの犯罪組織は既存の善悪観念・公序良俗の全てを
否定するだけでなく新たな善悪観念・公序良俗を模索・裁定し始めたと言っていいだろう

共通するのはCIAがアメリカ合衆国から予算を献じられて世界中の犯罪組織を当該国行政の
自浄能力から守る活動を行うように@人に犯罪を犯させA犯人を擁護するという手法で
B隷属者を作り出しC隷属化した反社会的工作員を行政府要人として国家潜入させて
D自らは国を持たず各国の社会保障にパラサイトするという方法で生活圏を確保する
・・・者どもとして姿を現した

それらは一見不届き者の碌でなしと同じに見える

しかし実体は・・・その活動は組織化しており周囲に犯罪を促し各行政府へは
買収と恐喝を繰り返しその昔は存在しなかった天下りという行政担当者の民間に対する
パラサイトを斡旋することで国家や社会とはまったく無縁の利益寡占団体として生成
されている

国家の元は民族であり権力者の背景は王侯貴族の肉親や外戚または寺院などの言わば
「広く告知して天下に存在を示す」から権力であったものから「秘密を握られ何時でも
恐喝される弱みを握られる者」ばかりが互いに政権担当することにより組織は雪だるま
式に不正に呑まれ国家破綻に追い込まれていく負の連鎖・・・それを管理しようとする

表現が難しいがそういう人の弱い部分というか本来人類史において実権を握ることのなかった
リーダーたりえない者どもが共謀して利権の座についてしまい統治能力が無いものだから
自身は身を正せず身の正しい者からの指摘を恐れて法規を自身の決済権として集中したがり
人の集団ではなくなっていってしまった物・・・長い名前だがこう呼んでおく

確かに黎明期においてはCIA統一教会側だとチャールズウイロビーとか
ウイロビーが戦争犯罪人として捕縛していて統一教会教祖にした文鮮明とか
ウイロビーが戦争犯罪人として捕縛していて日本に右翼を根付けるため召還した児玉誉士夫とか
文鮮明が日本に送り込んだ弟弟子の池田大作とか・・・統一教会系の結社があった

中国共産党もシンボルマークの主力武器として描かれるチェコ製のマシンガンが
物語るように当時ナチスドイツが保有し同盟軍の日本にしか提供しなかった最新兵器を
1937年の結成当初から使用するには何らかの関係で満州国が結成に関わることを伺わせる

中国の抵抗民間組織として日本軍とも中国軍とも戦ったのだが事実は日本の軍事に深く
関わる組織がその編成には大きく関与しており中国民族のためではなく前述したように
何やら怪しげな組織のため即ち日本でも中国でもない新たな何者かの国(または世界)の
建設を思い描いた者によって結成されているのは明らかだ

よく史実を見るならこの2者が第二次大戦後に棲家を得ているのである


40. 2013年10月28日 20:53:37 : Jdc1B4elnY
満州国に巣食った軍閥は自分たちの独裁国家を築くため自分を統治するものを滅したかった

大日本帝国が滅亡する時
大日本帝国の忠実なしもべのままでは自分たちも取り押さえられてしまう

自分自身の志を有しなくても影で操る軍閥の声に敏感に反応する低能管理者を旗印に
中国と呼ばれる地域・朝鮮と呼ばれる地域で統治能力の無い屍を国家経営者に見たて
革命と名乗った国家乗っ取りが計画されたと視る

謀反人どもは宗主国を滅すため宗主国が勝てない相手を戦争相手に選ぶ必要があった

あまつさえ灰燼に帰した宗主国を乗っ取るため外国人になりすまし当該国で暴力団と
後に呼ばれる朝鮮進駐軍となって宗主国に攻め込んだ

在日本朝鮮人は戦後最大100万人程度と推定されている

内地より南方作戦へ転出した部隊人口は36万人で全陸軍の20%程度だと言われている

全体の50%が関東軍さらに朝鮮駐留軍が関東軍の15%ほどの規模で大陸駐留部隊は57%程度

かんたんな算数をしてみよう
36➗0.2✖️0.57=あーら不思議
戦後に在日朝鮮人と名乗った人口とピッタシカンカン


41. 2013年10月28日 21:21:58 : Jdc1B4elnY
チャールズウイロビーで検索すると

満州国帰国エリート(岸信介ら清和会)が戦争犯罪の責務を追求されなかった理由が書いてあるのに
気づくだろう

中華人民共和国の成立への動きと朝鮮動乱の足音が無ければ自民党清和会は戦争犯罪の責務を
問われ生きて行くことは困難であった

毛沢東と金日成の存在が自民党清和会の設立を認めるウイロビーの背後にあったのだ

そして満州国の最西一部に攻め込んだだけで関東軍全体を捕縛したなどというあり得ない証言者
KGBは日本にその信奉者を残した

即ち
共産主義者の新聞記者だった現読売グループ総帥・渡部恒雄
共産主義者革マルの組合員だった現JR東日本総帥・松崎明
共産主義者の全学連頭目だった現東京都知事・猪瀬直樹らである


42. 2013年10月29日 03:40:22 : whmpTRXNF6
>26さん
よくまとめてあって感心しました。他に、文学畑の火野葦平、石川達三、小林秀雄らがどうであつたに触れてあると、御論考は完璧でしょう。

外務省も軍上層部も南京でなにがあったかよく知っていた。知らぬは日本国民ばかりなり。当時も今もです。まさに、政府、福島県、東電、マスコミの、現在の福一原発事故の欺瞞・隠蔽体質とまったくおなじですね。


43. 2013年10月31日 10:30:32 : aHFznFyPMc
南京ねつ造の話などうんざりだね。80年も前のことを100%否定しようもないが、中国んのプロパガンダ映画(アメリカとの合作だが)、南京記念館の証拠は
殆どがねつ造。記録映像は日本人の虐殺された死体らしいね。
日本人は目をえぐったり、なんだ、猟奇的な性向は無い。
 日本軍が虐殺はともかく、人肉餃子を作って食べたなどウソもバレバレだ。
日本人は中国人のように人肉を食料にしないからだ。気持ち悪くてそんなもの食べるかよ。
 ここに投稿している反日左翼の連中の投稿は食人民族の仲間だろう?

気持ち悪いから日本人を一緒にしないでくれ。あんた方変態かね。

http://www.asyura2.com/13/senkyo155/msg/584.html
 


44. 2017年8月16日 13:41:47 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2123]
  一昨日だったか、NHKで放映されたインパール作戦のドキュメンタリーを視たが、齢90歳を超えた、生き残った将校クラスの元兵隊による述懐が多数残されていた。
   これまで口をつぐんでいた者が、90歳を超えて意を決して泣きながら語ったその体験談を捏造だと否定するのも勝手だが、やはり後世に語り継ぐことにより、次なる国家間戦争の貴重な資料や学習内容となるのは間違い無いのであり、これらの日誌や述懐が、深く個人の家に所蔵されたきり世に出なかったのは、やはり現政府が、過去の戦争体験を歓迎しない体質を持っているからであろう。
    ということは、現政府小野寺防衛大臣の口からは先制攻撃論らしきものも出始めている折り、実は攻撃開始後のマネージメントの大切さが失念されており、戦闘開始後の自軍末端兵士の状況を充分に検証することが如何に重要であるかが示されている。
    開戦の理由として、欧米列強に追い詰められた等と語られる事が多いが、インパール作戦の実録や日誌を視れば、そのような動機は殆ど語られず、単に戦争ギャンブラーとしてのイチかバチかで、何か目立つことをするしか方策が無い、というような軍参謀や大本営の意図が、実録に現れているのである。
    つまり、喧々諤々とリスクとコストについて国民議会等で語られた結果では無く、上層部の一個人の地位と名誉を掛けたギャンブルが進軍で有ったことは間違い無いのである。いわば、声の大きい、威勢の良いものに誰もが辟易した結果、容認したのが実情であり、それが72年を経てもなお、寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろ、場の空気を読んで常に大勢に付くという処世術として社会に引き継がれているだけの話なのである。
    だからこそ、いざ進軍してみたら救国日本どころの騒ぎでは無く、何万人もの日本兵を国に帰すことも出来ずに餓えと病と血と泥の中に放り出し、無意味な玉砕を見せ場にして報告、命からがら将校クラスが凱旋し、末端兵士は屍となったというのが実相である。
   人肉喰いについても、本ドキュメンタリーでは述懐が有ったが、敵兵に遭遇する前に大本営による食糧の補充も無かった餓えた部隊であれば当然ながら、自軍の死者の肉を切り、互いに売り買いしつつ生き延びたということらしく、それが淡々と語られていたのである。
    こうした述懐に目や耳を背けることは、齢90を超えてようやく口に出してくれた元将校クラスの遺言とも言える貴重な体験談を、無にすることであろう。
    戦争に参戦した以上、必ず勝つとは限らないにもかかわらず、当時の軍部は、一旦始めたなら勝つまで止めない、というキャンブラー精神が先に立ち、救国の動機どころか、それが目的である筈の手段に過ぎない戦そのものを目的として突っ走ったのであるから、崇高な理由などは全く無かったのが先の大戦である、と結論付ける必要が有るだろう。   
    それだけの犠牲を払ったにも拘わらず、大政翼賛会改めたような戦後の護送船団方式で政財官によるもたれ合い構造がまたしても起ちあがり、結果無責任となる、責任意識の分散状態であるのは明らかである。
    護送船団ムラの統治エリートの思考回路は、戦争という賭けに多くの兵隊の命を賭けたが運が悪くて負けた、程度の、戦争中毒者のDNAを引き継いでいるからこそ、本来はもっと早くに日誌や実録を公開、生き残り将兵へのインタビューも政府自体で実行し貴重な資料とすべきが、全く実行されずに目や耳を閉ざして靖国へ参り、大本営の最悪なマネージを未だに絶賛し続ける有様である。
   結局、過去の大戦への自省、自戒、自重なき護送船団による、一献傾けて軟化した頭で輝かしい未来を夢想するだけの料亭政治では、軍事的防衛などムリな話なのである。
   よって、右も左も関係無く納税者の意志一つである。次なる戦のために最大限のコストが護送船団ムラの住民と軍産複合体ロビイストの暗躍により投入される事態を検証し、国権の最高機関である議会を最大限に機能させつつ、過去の大戦の大本営のDNAをそのまま、自省、自戒、自重無く受け継いでいるような統治エリートには意思決定をさせないことが大事である。

45. 2018年4月12日 02:00:57 : sKKjtw5eTw : cKR8PtKbNk0[2]
匿名党ブログとてんこもり野郎ヲチスレ(ブログ版)


第二次世界大戦の残り香と第三次世界大戦のキナ臭さ
http://tenkomoriwotisure.blog.fc2.com/blog-date-201804.html


創価学会、戦前は特高に協力
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00010002-socra-soci


(略)


宗教心のかけらもなく時代時代で権力に擦

り寄る銭ゲバカルト宗教!!!!


せんべいがもともと右翼宗教団体だったっ

てことはウィキペを見れば書いてあること

でつが(縛w

支那地区が追い詰められた途端、御用作家

を使って右翼ヅラして掌返すブザマでミジ

メなカルト宗教ってことでつね。

わかり松。


(略)


ソ連のスパイが書いたハル・ノート原案
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180403-00008739-besttimes-pol


(略)


旧ソ連・現ロシアは可汗一味(http://ameblo.jp/tenkomoriwotisure/entry-11755894220.html)発祥の地。

●可汗一味_お茶屋_アカ_ソ連・露助のつ

ながりは今まで何度も書いてきた通り。


●アカ_ルーズベルト_ニューディール政策

も今まで何度も書いてきた通り。


●プーチン_スターリン_コーカソイドもす

でに書いた通り。


出てくる情報すべてこの延長線上にある、

つまりリアル分析は的中してるってことな

んでつね。

わかり松。


(略)


_______________

う〜〜ん、今のプーチン(擬き)は、ソチオリンピックの頃に比べたら、まるで別人じゃないか。

その辺はどーなの?わかり松先生。

↓の写真のCの顔が本物だと思うよ?@とAもかなり似てるけど、どうも違う気がする。

mynews23

プーチン大統領の過去と現在の顔が違う!整形と影武者の真相は?
https://mynews23.com/14416.html



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧