★阿修羅♪ > 原発・フッ素36 > 419.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
産婦人科に勤務の看護士「最近奇形が多い」「一番多いのが、口唇口蓋裂、次に多いのがダウン症」(原発問題)
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/419.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 2 月 18 日 11:56:00: igsppGRN/E9PQ
 

産婦人科に勤務の看護士「最近奇形が多い」「一番多いのが、口唇口蓋裂、次に多いのがダウン症」
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/14c24612cd717c554904b10b486317ae
2014-02-18 09:57:17  原発問題


Posted by いつみ at 2013年08月22日 23:21


私の友達に産婦人科に勤務している看護士がいるのですが・・・


最近奇形が多いと初めて口にしたのが今日でした。。。
一番多いのが、口唇口蓋裂、次に多いのがダウン症とのことでした。
食べ物が原因かな・・・と言ったきりそれ以上は話してくれませんでした。


今まで、こんな話は口外しない性格です。でもよっぽど精神的にきついんだなと感じました。
私もあれこれ聞きたいのもあったのですが、聞くだけにとどめました。


ここ兵庫県でもこんな話を身近に聞くのを考えると・・・怖いです。
30代の突然死も最近聞きました。


私の長男の鼻血も頻繁です。。。


血液検査しましたが、少し貧血気味で他の数値は正常範囲でした。。。


でも、油断大敵と思ってます。


周りで骨折の子も多いなと感じ、鼻血、貧血の話は最近よく聞いてます。



<産婦人科開業医の話>


 70年代半半ばから、奇形児は増えていた。


 一つ目とか、・・・とか、・・・とか、
 いわゆる「おばけ」として絵画に描かれているような


 死んでいることが多いが、生きている時も、鼻と口を押さえて・・・
 『死産でした』と言う


Posted by 播磨 久美子 at 2012年03月18日 17:41


奇形児と聞くと思い出すのが、
70年代半ば、親しい従姉妹が妊娠出産した時のことです。


彼女の母親の親友のご主人が産婦人科で開業しておられ、
奥様手作りのお食事がとてもおいしくて評判だというので、
そこで出産すると決めて、検診に行くたびに
そのお医者様が話される内容を従姉妹から聞き、びっくりしました。


「最近、奇形児が増えてきている。一つ目とか、・・・とか、・・・とか、
いわゆる「おばけ」として絵画に描かれているような、そのままだ。」、
「死んでいることが多いが、生きている時も、鼻と口を押さえて・・・
『死産でした』と言う」、
「一度などは、赤ちゃんの父親が、子供に会わせてくれ、と言って
聞かないので見せたところ、その場で卒倒した」、等々。


普通の妊婦さんは気味悪がって、他の産院に行ってしまう、と
奥様が、親友である彼女の母親にこぼしておられたとか。


当時は、大気汚染や公害という考えしか無く、
そういうものの影響かと思っていただけでしたが、
福島を経た今、各国の核実験の影響も大きかったのか、と
改めて恐ろしく思います。


福島の方々に対する、東電、政府、官僚の人でなしの対応には
神経を病んでしまいそうになりますが、
それらにめげず、妊婦さん、お母さんのために
「ごまめの歯ぎしり」ながら、出来ることを続けていきたいと思っています。



広島 たくさんの奇形児がでたが、全部殺してる


Posted by どんちゃん at 2012年04月02日 03:05


こちらは広島です。


両親と祖父母や色んな人から沢山の奇形児がでたと聞いています。


全部殺してるそうです。


大嘘つきの戦後でありマスコミと政府と米軍でしたね。


祖父の会社の広島合同木材は200人の内で


生き残ったのが3人だったそうで発表より多くの人が死んでる


と祖父が言ってました。


死亡者数は嘘です。


周辺部の人でも癌その他が多いらしいです。


現在でも放射能は残ってるらしいですよ。


何もかも嘘です。祖父は全身ケロイドで何年も寝たきりでした。



2011年4月23日までのデータ



グラフ転載元:http://blogs.yahoo.co.jp/x_csv/20554675.html 




福島なら翌年から、東京なら4−5年後から、


脊柱側弯症・多指症・兎唇などの奇形児と堕胎の増加


http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/d4bfbc41a6e814feb2e2f29617c23e7b



福島在住の夫婦、震災以降「多指症」の赤ちゃん誕生。


受診すると「多指症の子の手術がいっぱいで100人待」


http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/392a90860209f6fbae9e2df0acfcf954




<ダウン症が8倍!染色体異常の増加>


http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/998e1f89a4f294c2a8bd098e4abb95e7


この世の地獄が出現している。
眼を何回もこすってみて、まちがいでないかと思った。



”ただちに影響がない”その言葉の恐ろしさを実感している被害者たち
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/6d4bbce572c74ff0348fd062283b4195


昨年原発事故後に友人が産んだ子供が口唇口蓋裂。


その友達の産んだ子も口唇口蓋裂。


その友達の友達が産んだ子が多指。


そんな確率で奇形児が産まれますかね。


以前から居たにせよ、友達同士が奇形児で相談し合う福島。


友人の希望でTwitterに載せました。



水俣病でも認められるには時間がかかった。


友人は子供を抱きながら闘っている。


彼女が産んだ上の二人の子に異常は全くなかったんだ。


posted at 23:58:01



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年2月18日 17:45:14 : FPhSdJ1FgU
日本男児の精子が減っている。若者の草食化。若年性痴呆があたかも以前から存在したかのようなゲスゴミの報道。色々考えてみると、日本人はなかなか金メダイとれないなー外人って日本人より体力あるんだなーかなわないなー、なんてのも実は日本人が芯から弱ってきているだけだったりしてな。

02. 2014年2月18日 20:19:12 : X8K3Jt2Lhg
添付されているグラフの数字、いまも莫大な勢いで増えているんでしょ。
これで日本が無事なわけない。
アーメン。

03. 2014年2月18日 21:04:14 : nJF6kGWndY

高齢出産も増えているし、風評被害の精神的ストレスも増えれば当然、増えるだろうな


04. 2014年2月18日 22:34:08 : FVfQJ8R1lU
03のような工作書き込みも、事実の前には、ストレスが溜まって大変だろう。
この掲示板を見ているような方々にはほぼほぼ意味のない工書き込みだしな。
高齢出産、風評被害、精神的ストレス、おー!そうかそうか、そうだったのか‼
とか、思うような人が居るとでも思っとんのかいな?
はぁー?でなによ?ってな反応しか取れんだろう。ある意味、その無意味さは、すげえよ。

05. 2014年2月18日 22:42:37 : A1yA6atfcw
 
 放射能拡散の実害が蓄積すりゃ当然、増えるだろ。

 

 


06. 2014年2月19日 11:04:04 : F06UTV5xLU
今は技術が進んで、出生前診断で奇形がわかることが多い。そうなると事前に
堕胎しようとする。が、皆が皆、出生前診断をうけるわけではないし、またそれに
引っかからない場合もある。

堕胎もあり、死産もありで大幅に出生数は減っている。そこで政府は外人をいれようと
言い出している。というか、いまでも外人は多い。あの手この手で外人を入れている。
不況なのにね。

ヨーロッパでは大好況があって、そのとき外人を入れたのだが相当の混乱が起きて
後悔している。日本は福祉も法治もヨーロッパのようにはやれないから、大混乱となる
だろう。


07. 2014年2月19日 18:39:44 : Atyw20tnCE
またゴミしかいないデマッターの引用か。

08. 2014年2月19日 19:12:55 : XZ0TfnrMmU

放射性物質による被曝の影響は、劣性遺伝だから2代目、3代目などに
被害が現れる。

また晩発性でもあるから、10年、20年後に現れる。

2011年3月15日以降、3月末まで結構首都圏の人々も3号機から
出てきていたプルトニウムなどを結構吸い込んでいるはずなんで、
肺炎や肺がんなど気をつけなければいけない。

また、プルトニウムは生殖器にも蓄積するので、特に子孫に現れてくる可能性
がある。

ガン化などのメカニズムは、放射性物質が発する放射線で活性酸素が発生して、
それが細胞膜に穴を開け、その穴から放射線が遺伝子を傷つける。

よって活性酸素による酸化を防ぐことと、放射性物質を体外に排出することが
重要。

ネット上には、バクテリアなどを使って放射性物質を除去する方法など結構
出ているので試して欲しいね。


09. 2014年2月19日 21:46:46 : DP7RWeW3eQ
口唇口蓋裂に限定して、Cs−137の土壌濃度が、1平方メートルあたり18.5万ベクレル以上の17地域と3.7万ベクレル以下の30地域の発症率(千人あたり)と見てみよう。

18.5万ベクレル以上の17地域(自然線量プラス年間0.25〜0.5mSv以上)

1981–1986  0.65/1000
1987–1988 1.09/1000
1990–2004 1.08/1000

3.7万ベクレル以下の30地域

1981–1986 0.64/1000
1987–1988 0.84/1000
1990–2004 1.23/1000

3.7万ベクレル以下の地域でも、放射線被曝の影響が明らかです。

>TABLE 5.70. Incidence of Officially Registered
Congenital Malformations (per 1,000 Live Births
+ Fetuses) in Contaminated Districts in BelarusTop Line: Data for 17 Districts with Levels above
5 Ci/km2; Bottom Line: Data for 30 Districts with
Levels below 1 Ci/km2 (National Belarussian Report,
2006)


10. 2014年2月20日 01:58:56 : 7TpczkWFhE
エートス (実用的放射線防護文化) の構築にむけて
―ICRP勧告111に基づいた自助による放射線防護―
安東 量子
保健物理
Vol. 47 (2012) No. 2

引用文献(1)
1) 水野義之, 鎌田陽子; 情報社会での原発・放射線情報の共有改善と大学の社会貢献に関する考察, 大学ICT推進協議会2011年度年次大会, 2011年12月8日. 福島のエートス (ETHOS IN FUKUSHIMA) ホームページ, Available at: http://ethos-fukushima.blogspot.jp.


11. 2014年2月20日 04:12:29 : jnaGcYEN5I

チェルノブイリよりも遥かにヒドイ被曝と汚染だから、
もっと多くの健康被害が早めに発覚すると思ってたけど、そうでもない。

もしかしたら、やはり、日本人の遺伝子というのは放射能に強いのかもしれない、、、
な〜んて思ったりもするけど、やっぱり隠匿なのかな。

10年以上前に、将来、日本人がバタバタ死ぬようなことが起こる、、、
って誰かに聞いたか、何かで読んだか、したような記憶があるけど、、、
戦争かなぁ、と思った記憶があるけど、それってこのことだったのかな?


12. 2014年2月20日 11:57:37 : HyWOIYVu9U
福島第一の使用済み燃料プールの放水のため出動した東京消防庁のハイパーレスキュー
隊は、出動部隊の隊員の選定にあたっては、40歳以上、子どもを将来つくらないを
基本とした。

生殖器への放射線の影響が大きいことは常識だからだ。この記事も当然のことが起きて
いるということにすぎない。


13. 2014年2月20日 12:08:27 : 68pup3FIJE
@ 心臓奇形

福島県の場合

平成 24 年度   83.2人/10,000人
平成 23 年度   85.5人/10,000人

国の「T 保健に関する統計」(10) 外表奇形の発生頻度

平成 18 年度  56.2人/10,000人

http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/886.html#c24

A 多指症の場合

福島県の場合

平成 24 年度 22.3人/10,000人
平成 23 年度 25.8人/10,000人

北海道の場合

平成14年から平成23年10月末まで  9.2人/10,000人

石川県の場合

昭和56年-平成9年 6.82人/10,000人
平成10年     8.33人/10,000人

ヨーロッパ平均  7.81人/10,000人

ソースは以下の投稿のコメント欄を見て下さい。

http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/128.html


14. 2014年2月20日 17:58:48 : oASIZLuOvQ
奇形のデータなんか信じてはいけない。
奇形出産なんか闇から闇へ葬られてるんだから。

放射線はあらゆる疾病に関与してると思っておいた方が良い。

放射線の実態は良くわかっていない。
データが殆ど無いのだから。
あっても嘘ばかりなんだから。

だから放射線は怖くないなどと断言する科学者や医者は信じてはいけない。


15. 2014年2月20日 17:59:57 : AiChp2veWo
ガリバー旅行記に出てくるヤプ〜さん、こんにちは。噂を聞いたら教えておくれような〜。

16. 2014年2月20日 18:39:32 : DdITTUW0UQ
>>14
工作員、いい加減なことを言わないように。

>奇形のデータなんか信じてはいけない。
奇形出産なんか闇から闇へ葬られてるんだから。

心臓奇形や多指症の子どもたちも、闇から闇に葬られているのか?


17. 2014年2月20日 18:59:23 : oASIZLuOvQ
>>16
俺は工作員じゃない。

データが信用ならないってことを言ってるんだよ。
奇形産にカウントされることもあればされないこともあるってこと。
見た目すぐわかる奇形は死産にされて奇形にカウントされないことが多いし、
心臓奇形なども闇に葬られていることもあるからデータは信用できないってことさ。


18. 2014年2月20日 19:21:42 : Eb2U9bNMjw
>>16 さん

>>14 さんの
>奇形のデータなんか信じてはいけない。
のデータは公式発表のデータという意味だと思いますよ。


19. 2014年2月21日 00:28:24 : TEcfdNNjuc
いやいや、口唇口蓋裂は早産が原因でしょ。
で、早産の原因は産休をとるにとれない、不景気と職場のせい。

20. 2014年2月21日 04:29:47 : 1geRdsjJSg
思いつきで強弁していて空しくないのかねチミは。

確かに公的な奇形の発生数は信用できない。死産で片付けるからだ。
たまに死産とならない事があるが、そういう子供は公的施設へ収容される。
別に秘密にしているわけではないのだが、誰もその存在を語らない。
タブーになっている。
癩病問題を超える日本最大のタブーかもしれない。


21. 2014年2月21日 10:07:08 : ddsfSHJuKC
>>17
あなたの論法で行くと、福島県の明らかに異常が出ているデータまで否定することになる。敵を利することにならないか?

厚労省の「死産の届出に関する規程」によれば、妊娠12週未満の死産は届出が必要ない。

この期間なら、文字通り「闇から闇に葬り去る」ことができる。

しかし、妊娠12週未満で分かる先天性異常は、限られている。(遺伝子診断によるダウン症候群など)

心臓の先天性奇形は、出産後に判明する場合がある。

そして、多指症を理由として、闇に葬ろうとする親は皆無だろう。

母子手帳交付のために、産院から妊娠届出書が、母親に渡される。これは、妊娠10週前後だといわれている。

妊娠届書を役所に提出すると、母子手帳が交付される。

母子手帳が交付された時点で、もう「闇から闇に葬り去る」ことは、実際上は不可能になる。

多分、届出には、死産とか流産とかの理由付けがされていると思う。


22. 2014年2月21日 11:04:16 : oASIZLuOvQ
>>21
福島が異常なデータということは隠蔽するのに困難なほど異常が多発していると読むべきだろう。

それに多指症を理由として闇に葬ろうとする親が皆無だろうと貴方は何故言い切れるのだね?

また、母子手帳が交付されてても出産直後奇形異常が発見されれば死産とするケースもあるのだよ。
これを貴方はどうやって否定するのだね。

貴方が最後に書いているように出産後奇形判明を死産とか流産として処理していることが奇形を闇から闇に葬っているということじゃないのかね。

要するに公表奇形出産数は殆どあてにならないってことなのだよ。
ましてや原子力ムラの圧力がかかってる現在の日本国中の病院では福島事故前と事故後の奇形出産数があまり乖離することのないよう調整しているであろうことが貴方だって容易に想像出来るだろう?


23. 2014年2月21日 11:14:13 : DwMiVGwwUk
これほんとうなのでしょうか
にわかには信じがたい話ではありますが
ただ放射能漏れは現在進行中であることを忘れないようにしなければ

24. IKA 2014年2月21日 12:54:55 : TNrYfh9bm5GM6 : 4W0WYN4llM
ええと、こんな資料もありますので一応。

平成24年度「妊産婦に関する調査」結果報告
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/260207siryou5.pdf
(PDFにつきご注意)

(以下一部抜粋)
>8. まとめ
・回答率は49.5%と平成23年度(58.2%)を下回った。
・母子健康手帳交付後の流産率、中絶率は変わらなかった。
・早産率5.74%、低出生体重児出生率9.6%と平成23年度よりやや増加していたが、全国平均と変わらなかった。単胎における先天奇形・異常の割合は2.39%であり、平成23年度同様、一般的な発生率とほぼ同様であった。
・うつ傾向ありと判定された母親は25.5%と平成23年度より減少はしているものの、未だ高率であった。
・次回の妊娠は52.9%の方が希望され、平成22年出生動向基本調査結果と変わらなかった 。

(抜粋終了)

スレ記事とは違いが大きいようですね。
って言いますか、もとネタが2012年とか(一部2013年のものもありますが)ってちょっと古いかなぁ、って思いますが。

ネタ切れですかね。


25. 2014年2月21日 15:49:55 : QAmCR5ELlU
>>22
データで示されなければ、どのような科学的な説得力を持つのだろうか?

拠り所が、データではなく、あなたの想像力であるならば、だれが、あなたを信頼するだろうか?

事実が隠蔽されていることも、データを以って裏付けしなければならない。

あなたは、隠蔽されていると言う自分の主張を裏付ける何かさえ示していない。

@ >それに多指症を理由として闇に葬ろうとする親が皆無だろうと貴方は何故言い切れるのだね?

これは、あなたに、こう言う形で跳ね返って来る。

それに多指症を理由として闇に葬ろうとする親がいるだろうと貴方は何故言い切れるのだね?

A >母子手帳が交付されてても出産直後奇形異常が発見されれば死産とするケースもあるのだよ。
これを貴方はどうやって否定するのだね

否定はしていない。きちんと読んでほしい。

「母子手帳が交付された時点で、もう「闇から闇に葬り去る」ことは、実際上は不可能になる。多分、届出には、死産とか流産とかの理由付けがされていると思う。」


26. 2014年2月21日 16:58:06 : wnliPvtvxU
東京の医師が、検査と 東日本からの避難を強く呼びかける 
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2627.html
・・・
《(放射能から免れた)地方都市の医師の話》
「福島原発事故後、貧血が酷くなった」。
「最近、鼻血が出るようになった」。
「喘息が悪化するばかり」。
「周囲では、かんたんに風邪をひいてしまう人が多くなった。そして治らない」。
「帯状疱疹になった。信じられない」。

こうした話を医師仲間から前より 確かに多く聞くようになった。

《都内の内科医の証言》
「咳が収まらず、回復まで長引く人が増えた」。

《都内の小児科の医師の証言》
「最近、好中球に異常がみられる子供が増えた」。
「説明のつかない妙な病態の子供が増えた・・・・

以下略、冒頭のURLを参照


27. 2014年2月21日 17:04:55 : wnliPvtvxU
:::アジア、アフリカに50基の原発を造る計画に利用されている福島の放射能被災者たち:::

写真は、「ほうらいようちえん  ぞうぐみ」の園児たちで、肩から放射線線量計を架けさせられている。むろん、自分たちのためではない、人・体・実・験!!

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2590.html

学童集団疎開は、あの厳しい戦時下でも行なった、ナゼいまできない、やろうとしない?


28. IKA 2014年2月21日 21:00:44 : TNrYfh9bm5GM6 : 5tYCJ7mmyo
多指症だけではないですけど、こんなデータもありますよ。

http://twitter.com/drsteppenwolf/status/427331081558171648

>手の先天異常の手術が、他県に比べて福島県で多いという事実 はない。(むしろ少ないようにも思える。)


29. 2014年2月21日 22:53:30 : hkecSJtBTc
>28
 多摩散人です。

いいね!

あっ、フェイスブックじゃなかった。


30. 2014年2月21日 23:17:39 : hkecSJtBTc
 多摩散人です。

この種の「放射能被害情報」は、検討するのもよいが、この3年間のこの阿修羅の放射能被害情報の中で、一つでもデマでないものがあったか、ちょっとこれを思い出して見て下さい。

http://www.asyura3.com/rnk/ranking_list.php?code=sjis&q=%8C%B4%94%AD&term=0

 まあ、一つくらいはデマでないものがあるかもしれないが。

 それから、過去3年間全部デマだから今回もデマである、とは証明はできないが。


31. IKA 2014年2月22日 23:31:03 : TNrYfh9bm5GM6 : vhe76mdlig
鼻血については以前のコメントから引用

http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/773.html#c75

>(参考)
http://togetter.com/li/349430

>PKA PKAnzug@ つかね、放射線による出血とか下痢ってですね、基本的には細胞の再生機能が失われることで出るもの なんですよ。新陳代謝が起こっている組織で、新しい部品が出来てこないのに古いのが壊れていくか ら、組織が剥き出しになって出血したり浸出液が出る。あとは骨髄で血小板が作られなくなったりも。 2012年8月03日 - 12:38am 

>だから、普通に治ってる時点で、放射線障害が原因だってのは 変なんですよ。出血が止まらず、下痢も止まらず、ちゃんと対 処しないとそのまま死ぬのが放射線障害での出血とか下痢。あ る程度以上ひどいと、対処しても100%死ぬ。何度でも書きま すが、本物の被曝症状を甘く見ないでいただきたい。

http://radi-info.com/q-1545/

>一度に大量の被ばくをすることによって発生する急性放射線障害において、被ばくと 鼻血との関連性は確認されていませんが、科学的に可能性がゼロとは言い切れませ ん。考えられる状況としては、ご指摘頂いた通り、鼻腔内に付着した放射性物質に よって粘膜が被ばくし出血する状況と、白血病を発症し、それに伴い鼻血が出る状況 が考えられます。前者の状況に関しては、毛細血管拡張が見られる線量は一度に約 3000〜6000mSvと、今回の事故からは考えられない程高く、可能性としてはきわめ て低いと考えられます。後者の状況に関しては、100mSv以下の被ばくでは白血病と の関連が明らかになっていない事と、白血病の発症は被ばく後2年以降からなので、 事故後2年以内に見られた鼻血と被ばくとの関連は無いと判断できます。

http://togetter.com/li/150517

>放射線による細胞のダメージはDNA損傷だが、細胞にはこの損 傷を修復する機能がある。だから、血小板がほとんどなくなっ てしまうくらいのダメージが造血幹細胞に入るのは「大量の放 射線が」「一気に」当たった場合だ。具体的には2グレイ (≒2000mシーベルト)以上の放射線量。

…放射線の影響で鼻血は否定出来ませんが、いずれも「現状あり得ないほどの被曝をしないと起こり得ません」って事のようですね。
仮にも医師が被曝量を問題を考慮せずに「放射線の影響で鼻血が増えている」なんて言うものでしょうか?
少なくとも放射線の影響と考えて治療をしようと思うなら、「どの程度被曝したのか」をまず知りたいと思うんですけどね。じゃないと適切な治療が出来ませんから。

ちなみに「福島で実際に治療をされている」小児科の先生は「福島で奇形が増えている、って話は明確なデマ」と言っていましたよ。


32. 内部被曝は超危険 2014年2月23日 00:29:47 : W.DbBF01QlsrQ : XZ0TfnrMmU

この記事の情報源の産婦人科の看護師が嘘をついているとも
思えないが、小児科に来院する赤ちゃんの中にはそのような子を
見ない、と。

だからデマだと。

看護師の方を信じて、食べ物に注意する、まだ時々線量高くなって、
空気中から肺などに入って来るだろうから、出来れば引っ越し
した方がいいな。


33. 2014年2月23日 00:42:55 : Un6heX4IUI
まあ

村山内閣からおかしいと感じていたオイラからすれば日本人減少計画は既に始まっていたわけなんですけどね

それを指摘しても差別主義者とレッテル貼られで弾圧されるだけだから黙らざるを得なかった
その分だけ、ここで朝日新聞やら特定アジアとの癒着者にとって都合悪い情報を流していたみたいですが

知っていても、やめませんでしたのでw♪


34. 2014年2月23日 07:29:21 : aiMZAOJQqY
>>31
>…放射線の影響で鼻血は否定出来ませんが、いずれも「現状あり得ないほどの被曝を
>しないと起こり得ません」って事のようですね。

それは外部被ばくの場合だ。
ホットパーティクルを吸い込んで鼻の粘膜についた場合は、ごく微量でも鼻血が出る。
もはや常識だ。

ウソだというのなら、福島の高汚染地帯にしばらく住んでみろ。

外部、内部被ばくをごっちゃにした安全デマはもう通用しないから、そのつもりで。


35. 2014年2月23日 11:32:39 : X8K3Jt2Lhg
多摩散人のレスはスルーするしかないよ。

36. 2014年2月23日 21:52:19 : h1vjXM48dI
>35 さんへ。
 多摩散人です。

 スルーは大歓迎です。反論する手間が省けるから。

 スルーは阿修羅に於いて、「基本的言論権」です。この権利を認めないと、永遠に議論が終わりません。誰でも、私も、スルーする権利を持っています。

 もちろん、反論する権利だって持っていますよ。


37. 2014年2月24日 02:41:52 : aiMZAOJQqY
馬鹿惨人に何を言っても無駄。

都合の悪い事実はすべて無視、スルーだからね。議論が成立しない。

事実を無視したり隠蔽しないと成立しない原子力産業と同じ。


38. IKA 2014年2月24日 22:39:39 : TNrYfh9bm5GM6 : vhe76mdlig
>>34さん
私の>>31のコメントをよくお読みください。

(一部再掲載)
http://radi-info.com/q-1545/
>前者(注:鼻腔内に放射性物質が付着した場合)の状況に関しては、毛細血管拡張が見られる線量は一度に約 3000〜6000mSvと、今回の事故からは考えられない程高く、可能性としてはきわめ て低いと考えられます。

と、既に「鼻腔内に放射性物質が付着した状況」の説明がされています。
ご指摘の「ホットパーティクル」についてですが、意味が複数あるように思います。主なものでは単に「放射性物質を含む微粒子(粉塵のようなイメージですかね)」と、「タンプリン/コプランによるホットパーティクル説」の 二つがあるようですが。
前者の場合は、先の説明で「可能性としては極めて低い」としていますので、>>34さんのおっしゃるような「常識」とは言えませんね。

で、後者の「タンプリン/コプランによるホットパーティクル説」であるとするなら、以下のような話が「専門家による見解」のようです。

(コロラド氏による「タンプリン/コプランによるホットパーティクル説」の説明)
http://togetter.com/li/261741
>タンプリンの熱い粒子説は 30年前に否定されており、提唱者も取り下げています。日本の み、80〜90年代に世を騒がせましたが、CNICも言及しなく なった完全に死んだ学説ですよ。反原発運動を駄目にした元凶 とすら言われています。

>私は、タンプリン・コクランの熱い粒子説を既に本人らによっ て取り下げられ、欧米では否定されていた90年前後に、その事 実を知りながらプロパガンダに用いた連中はそのことを撤回と 謝罪しない限り、例え現在考えが一致しても同調しない。保安 院と同じく全く信用できない。

>学問は全て第三者の検証に 耐えうる証拠、論文のみに依ります。私は、学者の中でもかな りリスクを高めに評価しており安全説の方々からは不評です が、十和田汚染説やタンプリン・コクラン説を支持しうる学説 や証拠を見たことがありません。

>学者の支援をえたければ、熱い粒子説=ホット・パーティクル 説だけは採用してはいけない。これほどまでに完膚無きまでに 否定され、撤回された説は無い。僕なんかは、これを指標にし て、運動体の正当性を第一次スクリーニングしている。勿論、 学問なんて無意味とするならその限りではない。

……等々、痛烈な批判がされています。(これもやっぱり「常識」とは言えませんね)

と言いますか、「タンプリン/コプランによるホットパーティクル説」はプルトニウムによる内部被曝の問題なんですけど……福島ではプルトニウムは問題になる量は出ていない筈なんですが。
もしかしたら「セシウムによるホットパーティクル説」ってやつですか?
だとしたら一応こちらも。

http://togetter.com/li/320472
>野尻美保子(平常モード) Mihoko_Nojiri@
体に吸収されたセシウムは体に均等に分布して、ほぼモデルど うりに排出されている。ちゃんと勉強したほうがよい。

……こちらも「常識」とはほど遠いようですね。

ところで>>34さんのコメント
>ウソだというのなら、福島の高汚染地帯にしばらく住んでみろ。

とのことですが、「福島の高汚染地帯」ってどこでしょう?
旧警戒区域でも特に放射線量が高い地域は帰還困難区域と言われていますが、残念ながらそこに住むことは出来ませんね。
それ以外の福島県内ではそれなりの時間滞在したり、住んだりしていますが「鼻血」なんて聞いたことありませんよ。


39. 2014年2月25日 08:39:12 : 0rR5JMMHYo
>38
>前者(注:鼻腔内に放射性物質が付着した場合)の状況に関しては、毛細血管拡張が見られる線量は一度に約 3000〜6000mSvと、今回の事故からは考えられない程高く、可能性としてはきわめ て低いと考えられます。
実際のところどうなるかはわからない、と。要は教科書には書いてない話なんですな

>それ以外の福島県内ではそれなりの時間滞在したり、住んだりしていますが「鼻血」なんて聞いたことありませんよ。

ハッタリ大好きのIKA様でありますから、これを真に受ける訳にはいかないのですな。そもそも、聞いても無視する動機が十分に存在する


40. IKA 2014年2月25日 12:30:43 : TNrYfh9bm5GM6 : Fih9vAqHAE
>>39さん
http://radi-info.com/q-1545/
にはっきりと「可能性は極めて低いと考えられます」って書いてあるのに、なんで「実際のところどうなるかはわからない」って読み取れるのか、ちょっと不思議ですね。(可能性は〜考えられます。って具体的な状況が明確じゃないから断言しないだけであって、普通に「んなこたぁないから」って理解すればいいんじゃないですかね)

書いてもいないことを読み取れる特殊能力には敬服します。

それから、「ハッタリ」でもなんでもいいですが(←十分に理解できてるか、と言われれば自信はありませんので)、そのたかが「ハッタリ」に具体的な答えが出せないから、レッテル貼りしちゃいました、って理解しました。


41. IKA 2014年2月25日 12:45:11 : TNrYfh9bm5GM6 : GSDC8gygnU
あ、そうそう。

>>32 内部被曝は超危険さん
私の言った「小児科医(ちなみにここの病院には産科もありますが)」の話も、このスレの得体の知れない看護婦さんも、どちらも匿名ですし、読むひとにとっては「不確定な情報」であることには変わりませんね。

ですので、「俺を信じろ!」みたいなこと言うつもりはありません。
どちらの情報を参考にされるかは、個人の責任で自由だと思います。
引っ越したい人は引っ越せばいい。
でも、「引っ越しに伴う生活リスク」(←個々によって違いますけど…例えば職を失う、友達と離ればなれになるなど、安定した生活を失う可能性が考えられます。そうじゃない、って人は放射線関係なく心機一転の引っ越しはいいかもしれませんね)をキチンと考えて判断してほしい、って思いますけど。


42. 2014年2月26日 16:31:28 : GKXPQSbOmQ
本物の『犬』は嘘を言わない、狗は「それは犬の話だ」と言う。

@Double talk about cesium accumulation in the body by Fukushima officials,
http://dedicatedtothemysterysurroundingthe2tsunamidogs.com/2013/05/26/double-talk-about-cesium-accumulation-in-the-body-by-fukushima-officials/

ATell the Prime Minister of Japan to NOT ALLOW any Fukushima DOGS or CATS for Radiation Reaearch Studies,
http://dedicatedtothemysterysurroundingthe2tsunamidogs.com/

BList of all posted articles,
http://dedicatedtothemysterysurroundingthe2tsunamidogs.com/list-of-all-posted-articles/
--------------------------------------------------
毎日セシウムを3グラム食らう物好きもいないでしょうが、これが日本の医者がセシウムの内部被曝を鼻で笑う理由、
American Cancer Society
Cesium Chloride,
Are there any possible problems or complications?
http://www.cancer.org/treatment/treatmentsandsideeffects/complimentaryandalternativemedicine/herbsvitaminsandminerals/cesium-chloride
-------------------------------------------------------
ガチョウも嘘は言わない、かもしれない、
しかし狗はこう言う「、100ベクレル以下だからガチョウを食っても安全だろう。」
英語でcould be safe for human consumption。
仮定法を使って、シッカリと責任逃れをしていますね。

Distribution of Radioactive CAesium in Ostrich after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident,
http://www.hs.hirosaki-u.ac.jp/~hibaku-pro/rem/file_pdf/2013_vol2-2/rem_vol2_2_11_tsutomu%20sekine.pdf
-----------------------------------------------------
時間切れなので、牛に聞いて終わりにしましょう。
安全率を2にしろと書いてありますが、実際はコンマいくつか(モニタリングポストから推測すると、0.5)でしょうね(笑)。

Distribution of radioactive cesium in edible parts of cattle,
http://www.researchgate.net/publication/236612871_Distribution_of_radioactive_cesium_in_edible_parts_of_cattle



43. 2014年2月26日 18:38:42 : GKXPQSbOmQ
ホットパーティクルに関する参考文献

@プルトニウムで食べているお国の企業の公式見解--日本の御用学者の見解
South African Nuclear Energy Corporation SOC Limited,
Radioactivity and the Environment,
http://www.necsa.co.za/Environment/Radioactivity-and-Environment-425.aspx

A中庸的レビュー(事実の列挙)
ここからは、@のような見解は論理的に結論されない。
Carcionogenic risk of hot particles exposure, M.W.Charles,
http://www.docstoc.com/docs/26777676/Carcinogenic-risks-of-hot-particle-exposures

Bタンプリンとコクランの1974年2月14日付レポート
RADIATION STANDARDS FOR HOT PARTICLES,
A REPORT ON THE INADEQUACY OF EXISTING RADIATION PROTECTION STANDERDS RELATED TO INTERNAL EXPOSURE OF MAN TO INSOLUBLE PARTICLES OF PLUTONIUM AND OTHER ALPHA-EMITTING HOT PARTICLES,
http://www.vff-marenostrum.org/Nuntium-Novitatum/PDF/Tamplin.Cochran.Radiation.std.for.hot.particles.pdf

Cタンプリンとコクランの1974年11月のレポート
The Hot Particle Issue:

A Critique of WASH 1320 as it Related to the Hot Particle Hypothesis,
http://docs.nrdc.org/nuclear/files/nuc_74110001a_2.pdf

Dタンプリントコクランのレポートへの否定説の歴史
A Historical Description of the Hot Particle Deception,
http://nuclearhistory.wordpress.com/2012/06/24/a-historical-description-of-the-hot-particle-deception


44. 2014年2月26日 19:22:56 : GKXPQSbOmQ
>IKA

>>13とそこに挙げられたリンク先の「事実」についてどう推測しましょう?


45. IKA 2014年2月27日 00:02:05 : TNrYfh9bm5GM6 : vhe76mdlig
>>44さん
ええと、私の>>24のコメント、よく読んでくださいね。
そこのリンクにあるデータでは「福島での心臓奇形は0.79%(1万人に79人)」ですね。
一方>>13さんの「0.56%(1万人に56人)」は
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/886.html#c24
こちらのコメントを元にしています。これは、
http://www.env.go.jp/chemi/ceh/outline/data/toukeishu/2012toukeishu_02.pdf#page=14
こちらのデータから「自分で(心臓奇形に該当しそうな項目を)合計して導き出した」数値のようです。(少なくとも私にはそう見えますが)
う〜ん、「自分で合計する」って、正確性に欠けるように思うんですが、どうでしょう。

参考までに
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%85%90%E7%A7%91%E5%AD%A6
より
>心奇形
>発生率は約1%である。
(中略)
>心室中隔欠損症 がもっとも多い。その他には 心房中隔欠損症 、動脈管開存 症、ファロー四徴症、心内膜床欠損 、左心低形成 、完全大血管転位 、修正 大血管転位、両大血管右室起始 、総肺静脈還流異常症 、エブスタイン奇 形、肺動脈弁欠損 、無脾・多脾症候群 、総動脈管遺残 、右室二腔症 、僧帽 弁逸脱症、僧帽弁閉鎖不全 、大動脈弁狭窄 、大動脈弁下狭窄 、大動脈弁閉 鎖不全、肺動脈狭窄 、末梢性肺動脈狭窄 、大動脈縮索症 などが挙げられ る。 複数の心奇形を合併することも多い。

「心臓奇形の自然発生率は1%」ですって。あれれ、福島の方が発生率低くないですかね。
また、「心臓奇形」の分類も「自分で合計した方の」項目よりもかなり多いですね。

この辺が二つの差の原因ではないかと推測します。

ついでに
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/124113
より
>「単胎における先天奇形・異常の 発生率は2.39%で、一般的な発生率 (3〜5%)とほぼ同様。先天奇形・ 異常の中でもっとも多かった疾患 は、心臓奇形の発生率0.79%であっ たが、心臓奇形の自然発生率約1% と変わらなかった」との報告もあっ た。

心臓奇形の自然発生率は1%。福島の調査でもたいして変わりはないようですね。


46. 2014年2月27日 08:08:00 : vKmdrM018b
>45
IKA様は自分が書いたことの中身が全く理解できてないらしい。

>「心臓奇形」の分類も「自分で合計した方の」項目よりもかなり多い
ので、それらの件数をすべて数え上げて全体における割合を計算すると約1%になる、というのがWikipediaの記述の意味。その中で一部の症状を取り出して計算した値が0.56%(1万人に56人)なり0.83%(1万人に83人)なりと約1%よりも小さな値になるのは当然なのだな。
 なので、そのように計算された値を全体の発生率と比較して

>あれれ、福島の方が発生率低くないですかね。
とか書くのは明らかにヘン。わざとやってりゃ詐欺師。で、代表的と思われる症状の件数が有意に増加しているということは、他の症状も同様に増加していると考えられます。なお、ここでの『考えられます』の用法は>>38中の
ttp://radi-info.com/q-1545/
からの引用文におけるものと基本的に同じなので、そこんとこよろしく。

ついでに、>>40の『それから』以降の文言は詐欺師の本領発揮というところだな。
興味のある暇人は>>39と比較してみよう


47. IKA 2014年2月27日 16:17:44 : TNrYfh9bm5GM6 : NN1kEcmC3U
>>46さん
あ〜、ちょっと難しかったですか。
いいですか?私が>>24でリンクした
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/260207siryou5.pdf
は「福島県民健康管理調査」の一環で行われたものです。

http://fukushima-mimamori.jp/outline/

このデータではいちいち「心臓奇形」の症例をあげていませんが、ここの掲示板で行われたように「一部症例のみピックアップして集計した」と考える根拠がわかりませんね。
普通、こういった公式の統計調査では、他の調査と比較できるように統一した基準下で行われる筈なんですが。それこそ「常識」じゃないかと。

で、私がわざわざIWJの記事

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/124113
をリンクしたのは、先に示した「妊産婦の調査」を実施している「福島県民健康管理調査」の「第14回福島 県「県民健康管理調 査」検討委員会」の場で

>心臓奇形の発生率0.79%であっ たが、心臓奇形の自然発生率約1% と変わらなかった

と「自然発生率」との比較がされています。
つ・ま・り、「妊産婦の調査」を行った「福島県民健康管理調査」の「心臓奇形」は「自然発生率」と「同じ基準で調査が行われた」事を読み取ってほしかったんですよね。(そうしないと比較を持ち出すことは出来ませんので)
だから「福島の発生率の方が低い」って言うのはちっとも変じゃないですよ。

そもそも、>>46さんの「考えられます」は、全く根拠が示されていませんし、
科学者の、根拠を示し、キチンと説明した上で、最終的な判断するためのデータが足りないがゆえの「考えられます」とは雲泥の差があります。その辺も理解出来なかったですか…。

読み取りにくい書き方しちゃってすいませんでしたね。



48. 2014年2月28日 07:54:27 : Emh46wtYTU
>47
あちゃ〜、ここではIKA様がまともなことを言ってた訳か。確かに、じっくり見れば別に難しい話ではなかったな。まいった。しかし、せっかく
>心臓奇形の自然発生率約1% と変わらなかった
と書いてあるのに
>「福島の発生率の方が低い」って言うのはちっとも変じゃないですよ。
と主張してしまうのは、やっぱりというところ。
 しかし、問題の「妊産婦の調査」というのは自己申告制の調査なんだな。そこをふまえると、>>24に引用されている
>・回答率は49.5%と平成23年度(58.2%)を下回った。
が何に起因しているのかというのは気になるところである。

>科学者の、根拠を示し、キチンと説明した上で、最終的な判断するためのデータが足りないがゆえの「考えられます」
ttp://radi-info.com/q-1545/ において足りない、最終的な判断をするためのデータとはなにか?明らかに「粘膜に放射性物質が付着した場合に実際に起きることについての情報」だよな


49. IKA 2014年2月28日 12:11:02 : TNrYfh9bm5GM6 : nRwc3ofM0o
>>48さん
おっしゃる通りですね。県民健康管理調査検討委員会では1%の自然発生率に比較して0.79%の福島県での発生率を「変わらない」としていますので、その0.21の差を「誤差の範囲内」と捉えているんでしょうね。

ただ、こちらの掲示板では「0.83%の発生率」と「0.56%の発生率」…その差0.27を「大きな差」として考えているようですので、その感覚で言えば「福島の方が低い」と言えるんではないのかなぁ、って気もしますが。(本質的には検討委員会の誤差の範囲内、って見解を支持したいと思います)

また、「妊産婦の調査」に解答されなかった方々の状況はちょっとわかりませんね。私も気になるところではありますが、こういった「無回答」の問題は統計調査上の一般的な問題としての側面から考えてみてもいいんじゃないか、とも思います。

最後に、私が
http://radi-info.com/q-1545/
について言った「最終的な判断するためのデータ」はちょっと意味が違います。これは「被曝の状況とその被曝量」を意味しています。
実際べらぼうな被曝があれば鼻血も出るかもしれない、って言ってますから、常識的には「可能性はあり得ない」事でも、何か想像も出来ない理由でべらぼうな被曝をしたしてるかもしれない、って事です。


50. 2014年3月02日 15:16:56 : GKXPQSbOmQ
見事に話題を心臓奇形にそらしてけむに巻きましたね。

51. IKA 2014年3月03日 12:40:35 : TNrYfh9bm5GM6 : 6hpZW2eCoo
>>50さん
「心臓奇形に話をそらして」ですか。
う〜ん、私の読解力がよくなかったんですかね〜。

ええと、>>45以降の私のコメントは、>>44に対して行ったものが基本になっていますが
>>44
>>13とそこに挙げられたリンク先の「事実」についてどう推測しましょう?

ですね。で、その>>13さんのコメントは
>@ 心臓奇形

と一番最初に「心臓奇形」のお話をされていたものですから、とりあえずその「心臓奇形」に対して調べて見たんですけどもね〜。
「心臓奇形に話をそらして」ですかそうですか。


52. 2014年8月07日 00:16:33 : taayUbf1IM
静岡県東部に住む者です。先日、身延線の列車内にて口唇裂のお子さんを見かけました。十数年間ここに住んでおりますが、そんな経験は初めてです。

53. 2014年8月07日 12:01:11 : Ke2uc0ClEo

阿修羅掲示板というのはデマ掲示板。こういうものはネットに存在してはいけないものの1つだ。



[32削除理由]:アラシ

54. 2014年8月07日 16:17:58 : asdjYoy9bU
>>53
デマかどうか判断するのは個人の自由だ。
押しつけがましい奴だな。

55. 2014年8月07日 17:08:34 : 4wqrcU2gTs
核実験時代の1950年末から1964年頃、口唇口蓋裂の子供があちこち居たんだよー。あちこち口びるの奇形子供が珍しくもなく居たから、口唇口蓋裂なんて言葉使わず巷では「3つ口」で誰にも通じたんだよー。口びるが裂けて口が三つに見えるからだよー。

3つ口以外に知恵遅れや小児麻痺の子供もあちこち居たんだよー。同級生同士でそういう子を世話したことあるもん。歩けないから仲間で背負って学校行ってやたりさー。

で、正確な年代は覚えてないけど、そういう子どもが少なくなったのかどうか知らないけどあまり聞かなくなったのはそれから10年後くらいだったと思うよー。

当時は3つ口の原因なんか考えもしなかったけど、当時は核実験の放射能以外に環境や食生活に変化なんか無かったんだから、今思えば原因はもちろん放射能しかないよー。


56. 不眠症[276] lXOWsI_H 2016年7月08日 05:31:11 : mBqEoVAF7k : YuLD0e5f9D4[277]

 産婦人科看護士「最近奇形多い 一番が 口唇口蓋裂 次に ダウン症」

⇒なな… 兵庫県でもか ?

 大阪市の 汚染瓦礫焼却影響 かな

 自動車に付着し 高速経由で やってきたのかしら ?



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素36掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧