★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 219.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
甲状腺がんの発見頻度変わらず 福島と他県で 環境省(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/219.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 3 月 28 日 23:52:34: igsppGRN/E9PQ
 

甲状腺がんの発見頻度変わらず 福島と他県で 環境省
http://www.asahi.com/articles/ASG3X64FWG3XULBJ00Y.html?iref=comtop_list_nat_n05
大岩ゆり2014年3月28日20時13分 朝日新聞


 環境省は28日、福島県外の子ども約4400人の甲状腺検査で、1人ががんと診断されたと発表した。東京電力福島第一原発事故による被曝(ひばく)の影響を調べるための福島県の子どもの甲状腺検査では、結果が判明した約25万4千人のうち74人に甲状腺がんや疑いがあると診断されている。福島県と被曝の影響のない他県で、見つかる頻度はほぼ同じだった。

 環境省は、福島県のデータと比較するため、長崎市と甲府市、青森県弘前市の無症状の3〜18歳を対象に検査を実施。そのうち10代後半の女性が、甲状腺がんと診断されたという。

 福島県の子どもの甲状腺検査ではこれまでに、33人ががん、41人ががんの疑いがあると診断された。全員がんとすると10万人あたり29人になる。宮城県などのがん登録では、10代後半の甲状腺がんは10万人あたり1・7人。何らかの症状があって調べて見つかったがん登録と、症状のない子どもを調べる福島県の検査は単純に比較できないが、「福島の甲状腺がんは多いのでは」という懸念の声もある。

 環境省は「今回の調査により、症状のない子どもを検査すると、被曝とは関係なく、がん登録よりもがんが多く見つかることが確認できた」としている。(大岩ゆり)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年3月29日 00:24:40 : Fpcb0A8XlU
環境省は28日、福島県外の子ども約4400人の甲状腺検査で、1人ががんと診断されたと発表した。》》》》

どう騙すかに必死だな。
検査対象が二人、三人であっても一人が小児甲状腺ガンと診断されたからといって百万人に1.7人の前提は崩れないよ。0.000x人ならいいのかい?
日本では通常人数を数えるには整数値を使う。
なんだか環境省は発狂してるんじゃないか。
統計学を学びなおせよ。 


02. 2014年3月29日 00:46:55 : wI2Qy6eDk2
環境省=環境破壊省

1キログラムあたり8000ベクレルまで汚染された瓦礫を全国に拡散させたのが環境省。本来の許容量の80倍の数字。

今の環境省の発表データなど信じるに足りない。環境省の本部は福島に置くようにしなさい。このままでは相当数の人が環境省に殺されることになる。


03. 2014年3月29日 00:52:18 : eigcf0QzOY
NHK
PM2.5と黄砂 発がん性高い物質に変化 3月28日 4時24分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140328/k10013305521000.html

大気中の汚染物質PM2.5と黄砂が混ざると、より発がん性が高い物質に変化することが金沢大学などのグループの研究で分かり、研究グループは「PM2.5と黄砂が、共に多く観測されるこれから4月ごろまでは、より注意が必要だ」と呼びかけています・・・


ほけほけ放射脳は、こういう話などまったく気にもせず、被害の全くないHUKUSHIMA放射能にケツ穴の毛まで神経ピリピリなのだから、もはや真性キチガイという他ない。


04. 2014年3月29日 01:50:28 : Fpcb0A8XlU
小児甲状腺ガンの発生確率は100万分の1と言われてる。

1. 4400人を調べて1人発生している確率は 0.004380687

2. 254000人調べて74人発生している確率は 2.4039×10^−226
  2.4039×10のマイナス226乗

両者の確率はあまりに違う。
つまり福島ではとても異常な事態が起きていると言うことだ。


05. 2014年3月29日 03:01:50 : aiMZAOJQqY
>>03
PM2.5に罪をなすりつけようと必死だな。

PM2.5は3/11のはるか前から飛来しているのに目だった被害は出ていない。
3/11以降に癌が激増している理由にはならない。

専門家も、PM2.5では最悪でも罹病率は10倍程度にしかならず、
福島で数百から数千倍になっていることは説明できないと明言している。
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/533.html

PM2.5の被害が深刻なら、より近い韓国や北朝鮮で人がバタバタ倒れているはずだ。

残念だね、工作員くん。


06. 2014年3月29日 05:53:22 : rvNqG7Fczo
役所の発表を素直に信じたり心筋梗塞で急逝した人のニュースを持病があったんじゃないかと思ってたりする人結構多い。
ぼくも03さんみたいなおめでたい思考が出来たらよかった。

07. 2014年3月29日 06:00:20 : Shb1Ojlq15
白石草 ‏@hamemen 3月23日
環境省が報ステの甲状腺がん特集について、ネットに見解を掲載した件。桐生参事官は「番組に誤りはなかったため抗議はできなかったが、何かしなくてはと掲載した」と説明する。

research-er.jp/researchers/view/80261832/‎
桐生康生(群馬大学 医学部 助手) 研究課題一覧 KAKEN研究者番号:80261832 関連キーワード:喫煙,自覚症状,飲酒,健康診断,ライフスタイル,肝機能,質問紙健康調査,THI 研究分野:公衆衛生学・健康科学

桐生康生(厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課 主任中央じん肺診査医)

桐生 康生 [群馬大・医・公衆衛生

https://groups.google.com/d/topic/asyura_bbs2/MNFo2jexpvI‎
GP 甲状腺検査情報は正確か ? 桐生担当参事官の黒い影


08. 2014年3月29日 06:14:02 : Shb1Ojlq15
昭和20年8月15日付読売新聞
大本営8月14日発表
 空母 巡艦を大破す
鹿島灘東方 荒鷲機動部隊攻撃

我が航空部隊は・・・航空母艦4隻を基幹とする敵機動部隊の一群を補足攻撃し航空母艦及び巡洋艦各一隻を大破炎上せしめたり

http://homepage2.nifty.com/CCV/YOMIURI%20PAPER%201945.html


09. 2014年3月29日 06:31:18 : Shb1Ojlq15
04補足
計算は2項(ベルヌーイ)分布に従って行いますた。
小児甲状腺ガンか否かの2者択一で判断。

環境省発表のウソ
100万本のクジの中に当りが1本あるとする。
当選確率はどう考えても100万分の一。
最初の者が当たりを引き当てても最後のものが引き当てても確率は変わらない。
ところが
環境省の主張は
4400人目の者が引き当てたら当選確率は4400分の一と言ってるのと同じ。
5人目が引き当てたら確率5分の1となると言うのと同じ。
狂ってる。


10. 2014年3月29日 08:56:43 : ryBGIMbvdM
環境破壊省の願望表明でしょう。

せっせせっせと福島県外に放射性物質を拡散して、全国一律の汚染を広げ、甲状腺がんの発見頻度変わらずの状況にしたいのですね。


11. 2014年3月29日 10:43:55 : 4TKhIEVoOE
そもそもだな、

放射能犯罪医療チーム福島医大の福島県内検査では隠し切れない症例だけカウントし、このたびの環狂省の検査では重箱の隅をつつくように微細に検査するよう検査機関に通達を出し、福島医大だと意図的にスルーする症例もカウントしてるのは間違いない。

ねつ造モニタリングポスト数値や食品検査や放射能水や個人線量計の計算ねつ造計画などと同じく、連中のやることは判で押したようにいつもそうだからさ。
環狂省検査がインチキだというのは憶測の域を脱している。


12. 2014年3月29日 11:14:52 : yGO9GHfreM
正確に比較するためにデータに以下のような操作を施した。

@「福島県外3県における甲状腺有所見率調査結果」の対象者の年齢は3〜18歳である。

福島県外3県の対象者から、0〜3歳児を除いた合計は、4176人である。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16520

A 福島県における甲状腺検査の対象者は、0〜18歳である。

福島県の公開している検査結果では、5歳区切りに対象者の人数が与えられている。

福島県の対象者(受診者)の合計は、269354人である。

この内、0〜5歳の受診者の合計は、77871人である。

福島県の総受診者から、0〜5歳の受診者を除いて人数は、191483人である。

http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/260207siryou2.pdf

福島県でも福島県外3県でも、5歳以下の対象者に甲状腺がん(疑いを含む)は、発生していない。

B それぞれの甲状線がん発生率(悪性疑いを含めて)を求めてみる。

福島県外3県の場合。

1人/4176人 → 2.394人/10000人

福島県の場合。

74人/191483人 → 3.864人/10000人

C 環境省の説明は、意図的に(?)不正確な比較をした結果であり、これを以って「被曝とは関係な」いと結論付けるのは、科学的に誤りである。

福島県の甲状せんがん発生率が、61%も高いことを統計誤差の範囲と考えるのか?


13. 2014年3月29日 11:16:32 : yGO9GHfreM
>>12誤り訂正。結論は変わりません。
@福島県外3県の対象者から、3〜5歳児を除いた合計は、4176人である。

14. 2014年3月29日 11:57:55 : sZvuIKkGjk
被曝による甲状腺ガンとそうでない甲状腺ガンは違いがはっきりあるという。

ガン患者の男女比。ガンの転移の早さ。増殖速度の違い。

この点で福島の小児甲状腺ガン患者は特異な様子をみせている。環境省はそのことを
知っている。環境省はうそつきなのだ。

いずれにせよ、レスにあるように4400人の検査ではなんともいえない。統計学を
なにも知らないという馬鹿であるとおもわれるよ。ウソつきとおもわれるのもつらい
だろうが。


15. 2014年3月29日 13:58:21 : yGO9GHfreM
>>12続き

@ >そのうち10代後半の女性が、甲状腺がんと診断された

上の文章にこだわって、16〜18歳での比較をしてみる。

福島県外3県 1人/906人 → 11.037人/10000人

福島県   40人/30481人 → 13.122人。

福島県の甲状腺がん発生率が、19%高い。

2011年以前の「宮城県などのがん登録では、10代後半の甲状腺がんは10万人あたり1・7人」、すなわち 0.17人/10000人だったならば、福島県はもちろん、福島県外3県の場合も、放射線被曝による影響と考えねばならない。

A 6歳〜15歳で、比較してみる。

福島県外3県 0人/3270人 →  0.000人/10000人

福島県    39人/161002人 → 2.422人/10000人

ここでも、福島県の異常事態が明瞭に見て取れる。


16. taked4700 2014年3月29日 14:43:22 : 9XFNe/BiX575U : GMp4HH7Gkg
>環境省は28日、福島県外の子ども約4400人の甲状腺検査で、1人ががんと診断されたと発表した。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17965
に詳しい報道発表資料があります。

以下引用:

>平成24年度に青森県、山梨県、長崎県で行った「甲状腺結節性疾患有所見率等調査事業」(いわゆる「3県調査」)において甲状腺超音波検査でB判定(5.1mm以上の結節や20.1mm以上ののう胞を認めたもの等)と判定された44名の方々のうち、調査に同意された31名の方々について、平成25年度事業としてその精密検査の結果等を収集しています。

>対象者数(平成24年度) 4,365人
B判定もしくはC判定とされた者 44人
(うちC判定 0人)
結果確定数 31人
甲状腺がんもしくは甲状腺がん疑いと診断された者 1人
(うち甲状腺がん疑い 0人)

>3県調査において甲状腺超音波検査でB判定とされた方44名のうち、調査に対する同意が得られた方31名について、その方が自主的に受診した精密検査結果等に関する情報の収集を行った。

引用できない表にまとまった部分がとても重要なことを示唆しています。

三県検査でB判定であった44人中、31名が自主的にその後の検査をし、結果、
A1判定、つまり、全く異常なしが4人、12.9%、
A2判定、つまり多少以上ありが7名、22.6%もいたのです。つまり、三県検査自体が、12.9+22.6=35.5%も結果判定の食い違いがあったことになります。
なお、残りの64.5%である20人は本来のB判定に該当する結果が自主的な検査でも出ていて、その内2名が細胞診をして1名が癌判定されたということです。

なお、福島県の甲状腺検査のページはエラーになってしまい、今参照することが出来ません。http://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka_g62.html に官邸の甲状腺検査に関するページがあり、それによると、
>平成25年12月31日時点の集計データでは、一次検査の受診者は約27万人であり、いまだ途中経過ですが、そのうち94.4%についてはすでに検査結果が通知されています。この中で、1796名が二次検査対象者と判断され、さらにそのうち甲状腺結節の細胞診検査を受けた中の75名が「悪性ないし悪性疑い」と報告されました。さらに、実際に手術によって小児甲状腺癌と確定診断されたのは33名です。
とされています。

ここで、先ほどの環境省の
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17965
へ戻り、そこの、
《参考》福島県民健康管理調査の結果 平成25年12月31日現在
という表を見ると、

なんと、A判定が471名で35.1%、B判定が871名で64.9%、となっています。これ合計人数は1342名であり、上の官邸のページにある「1796名が二次検査対象者」を考えると1796名中1342名が実際に二次検査を受けたということであるのでしょう。

しかし、三県検査と福島県のものと、ここまで二次検査結果が同じというのはおかしいでしょう。二次検査結果でA判定が福島で35.1%、三県で35.5%。

これでは、何兆円もかけて除染をやっている意味がない。あれだけの事故があって相当の被ばくをしたはずであり、相当程度のデータ隠しをやっている状況証拠がありながら、甲状腺検査結果がこれ!

はっきり言えば、福島のものも三県のものも甲状腺検査結果は相当に信用できないということではないでしょうか。少なくとも、一次検査でB判定であったのにその35%は二次検査でA判定になること自体がおかしいはず。


17. 2014年3月29日 15:02:00 : A7GySWc7Tw
環境省ではなく厚生労働省が調査するべきだ。

18. 2014年3月29日 15:15:16 : d1INYqu1to

http://keisan.casio.jp/exec/user/1367370587 を使用して、サンプルサイズを検証してみる。

母集団の大きさ: 270000
想定する母集団比率: 74/254000
最大許容誤差: 74/254000*0.055456
信頼度: 0.95

ならば

サンプルサイズ: 253999.9536295998251713

であるから、サンプルサイズが254000なら観測される比率は74/254000*(1-0.055456)〜74/254000*(1+0.055456)の範囲に95%の確率で収まる。

ここで、信頼度だけを0.102に変更(もっと小さくしたいのだが正規近似できない)すると

サンプルサイズ: 17168.92448927736965344

となる。

つまり、サンプルサイズ4400では信頼度は0.102未満であり「甲状腺がんの発見頻度変わらず」と主張する事はできない。


19. 2014年3月29日 16:42:55 : W8QitzL4lY
非難の対象ではない。侮蔑の対象だ。ここまでひどいとは。
数学リテラシーもヘッタクレもあったものではない。
策謀者はあいつだろう。

20. 2014年3月29日 17:01:51 : 3wBSrDlC2k

環境省は何を守ろうとしているの?

21. 2014年3月29日 19:25:31 : Fo7zQPH1UE
 
NHKとか朝日とかフジとか読売とか、、原発ムラ所属のゴミの世論操作について

http://viploader.net/ippan/read.cgi/vlippan329488.jpg/l50
http://viploader.net/ippan/12.html?1396076292


EUの研究機関が先日発表、日本のタダチニ移住すべき汚染地(40kBq/m2)

http://up3.viploader.net/news/read.cgi/vlnews074590.jpg/l50
 
 


 
 

 


22. 2014年3月29日 20:05:58 : 4TKhIEVoOE
福島医大や環狂省のデータを統計的に分析し、環狂省の発表は信頼できないとするコメントがあるがその土俵でもまぁそうだろう。

>>11でごく一部の例を述べたが、これまでの再三に渡るねつ造や改ざん工作から判るとおり、イカサマな調査条件や検査条件あるいは隠ぺいや無視を使い元データ自体をねつ造するのがやつらの常套手段だ。

なので、やつらのデータを統計的に分析する以前の問題として、環狂省と福島医大両者の調査地域、被験者の選択、検査手法、検査時間、検査精度など調査・検査条件がどうなってるかを徹底的に洗い上げないとデータ自体の信ぴょう性がまったく担保出来ない。

それらが隅から隅まで明るみに出ないうちは、やつらの発表や見解はインチキと端から判断しておくのが正しい。

福1問題に関しては甲状腺検査に限らずあらゆる局面で、この「データの信ぴょう性」ということが今や最大の問題なのさ。


23. 2014年3月29日 23:05:52 : eigcf0QzOY
放射脳はすでに生きているだけで犯罪である。

てめえらの好みに合うように情報を裏返し科学を裏返し、世界の有り様を裏返す。
ものすごい数の人間が放射能で死んでいるなどと、キチガイじみたデマを平気で撒き散らし、まったく恥を知らない。  

福島もどこも、甲状腺がん罹患率なんか同じなんだだが、それは好みに合わないので、こいつら放射脳は絶対に素直には認めない。

まあ、クルクルパーナだけなんだがね (笑)


24. p4rhfeEDdk 2014年3月29日 23:27:09 : lZxUxsLBAj1i. : J44vhTwdjI
福島県が県外に福島県からの避難者の甲状腺検査の実施を依頼した時期と、
環境省が長崎市、甲府市、弘前市での4400人甲状腺検査を実施した時期が重なっているのが気になる。
まるで、福島県に合わせたかのように・・・・

甲状腺検査の県外実施は、たしか24年の1月に、その年の秋以降にすると福島県から公示されていた。
環境省は、検査が混むのは予測されることで、混雑を避けるのであれば、福島県が県外実施する前に検査を行うべきであった。
長崎市、甲府市、弘前市には被曝検査を期待して福島県民に限らず避難した人が多数いたと思われる。
どさくさに紛れて、4400人の中に避難者を含めていないか?


25. 2014年3月30日 06:13:30 : QvVE6ADp36
極東は狂ってる国が多いね。韓国では甲状腺ガン羅漢率は普通の国の10倍以上で
世界一だが不思議がらず一生懸命反日をやってるよ。
中国ではPM2,5で騒いでるが在日中国人知識人は黄砂の源はウイグル原爆実験跡が含まれるので放射能付きPM2.5を深刻に考えろと忠告してるね。
軍関係者はこのPM2.5のために米軍レーザー兵器での中国弾道ミサイル迎撃を阻止できると言ってるね。
放射能は危険は当たり前だよ。放射脳という輩もいるしね。戦前回帰型右翼はダメだね。日本人がこれだけ苦しめられてるのに放射脳とは未開土人かよ。共産系は反原発と言いながら返す刀でデスカウントジャパン活動をやってるね。
日本のことを愛してる反権力型の愛国集団がこれからの日本を引っ張っていくだろう。過度期でポスト安倍の勢力になってほしいね。

26. 2014年3月30日 09:32:37 : ngcFOyfoKc

★環境大臣 石原 ぶてる
「甲状腺?」「おれ しらねーよ」「向上心は知ってるよ」

★浮島 もこ「放射能って体にいんじゃないかしら」「ラドン温泉ってあるでしょう」


27. 2014年3月30日 10:00:06 : yD2B5aWFcw
>>03

中国からの風に乗せて、福井のベント少し開きました。
なんちゃって


28. 2014年3月30日 10:10:33 : yD2B5aWFcw
>>17

厚労省は、「安全風評」「被曝地死援、食って氏ね」、最も影響があり危機を感じていた会員である子育て中の母親たちを「空気」で黙らせた日本生協連コープの元締めだから、内部被曝の影響調査に関して結論は、環境省と同じ。


29. 2014年3月30日 10:39:29 : 6wsICJqTN2

 ならば、全国のこども全員にしっかり検査を受けさせるべきでしょう。

 福島では、既に何人も手術や治療を行っているのですから。

 他の都道府県のこどもは放っておいていいのですか?


 つまり、環境庁の発表からは、こう判断すべき。

 原発事故の影響でない => 全国のこども全員に検査を実施すべき

 原発事故の影響である => 他都道府県は、あまりナーバスになる必要はない。


 


30. 2014年3月30日 14:10:36 : lMiec1eIqE
@ 環境省が行ったゴマカシ。

★福島県外3県の甲状腺がん発症率

1名 ÷ 3〜18歳の子どもの数

福島県の場合。

74名 ÷ 0〜18歳の子どもの数★

何故、福島県では、0、1、2歳児が加算されて水増しされているのか?

同じ条件で計算すべきだ。

幸いなことに、福島県外3県の3〜5歳児と福島県の0〜5歳児に甲状腺がんを発症した子どもはいません。

それを除いて福島県外3県と福島県の6〜18歳児を分母にして計算した結果が>>12です。

福島県が、3県の61%も高い発症率になります。

A でも、福島県外3県の子どもたちは、原発事故による被曝の影響を免れたと言えるのでしょうか?

環境省は、それに関して、何もデータを提供していません。

ヘルシンキでさえ、I−131を大気中から10mBq/㎥検出したのです。

これは、半端な値ではありません。

http://www.pnnl.gov/main/publications/external/technical_reports/PNNL-21052.pdf#page=54


31. 2014年3月30日 16:30:28 : JKUG0mc36k
いやー、サンプル集団が、3県合算の4400人って?なんで合算するの?サンプル以前の問題があるよね。
その上、一人って、どの県に一人だったの?この調査で、納得できる人の気がしれない、問題外ですよね。青森と長崎を合算する意味が解らない。小学校で勉強しなおしてらっしゃい!社会を。

32. 2014年3月30日 18:55:12 : h7x9c7a5ak
↑31

4400人に一人という福島での「比率」に合わせるため。


33. 2014年3月30日 21:09:46 : 8z0JTJjQpY
現在の自民党政権の下での基地外判断をくだしたときの
各省庁の幹部の氏名を公開し、
永遠に記録しておきましょう。

34. 2014年4月03日 09:55:52 : 4W6huspIbk
>31
なるほどー  それ以外の、意味はないわけで・・科学的ではない・・。
>32
問題外ならぬ・・基地外・・至極・・納得できますね。

35. 2015年9月01日 17:15:28 : v8dKGa6Xz6
延々、国民を騙すことに、税金を使うのなら、
国民は、彼らに、NOを突きつけるべき。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧